図面 (/)

技術 移動通信システム、基地局装置、移動局装置、および、通信方法

出願人 シャープ株式会社
発明者 大内渉相羽立志鈴木翔一
出願日 2010年8月3日 (11年2ヶ月経過) 出願番号 2010-174365
公開日 2012年2月23日 (9年8ヶ月経過) 公開番号 2012-039167
状態 特許登録済
技術分野 移動無線通信システム
主要キーワード 所定後 グループスケジューリング 巡回冗長検査符号 物理信号 時間成分 準静的 一定時刻 各物理層
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2012年2月23日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (11)

課題

基地局装置が、複数の下りリンク制御フォーマットを、同一サブフレームで、および/または、ある特定の期間において、移動局装置通知した際に、基地局装置によって、効率的なスケジューリングを行うことができる移動通信システムおよび通信方法を提供する。

解決手段

基地局装置と移動局装置から構成される移動通信システムであって、前記基地局装置は、サウンディングリファレンスシグナル送信指示パラメータとを含む下りリンク制御情報フォーマットを、少なくとも1つは含む複数の下りリンク制御フォーマットを、同一サブフレームで、前記移動局装置へ通知し、前記移動局装置は、前記複数の下りリンク制御フォーマットのうち、所定の下りリンク制御フォーマットが、サウンディングリファレンスシグナルの送信指示とパラメータとを含んでいる場合には、前記パラメータに基づいて設定したサウンディングリファレンスシグナルを前記基地局装置へ送信する。

概要

背景

3GPP(3rd Generation Partnership Project)は、W−CDMA(Wideband-Code Division Multiple Access)と、GSM(Global System for Mobile Communications)とを発展させたネットワークを基本した移動通信システム仕様の検討・作成を行なうプロジェクトである。3GPPでは、W−CDMA方式が第3世代セルラー移動通信方式として標準化され、順次サービスが開始されている。また、通信速度をさらに高速化させたHSDPA(High-speed Downlink Packet Access)も標準化され、サービスが開始されている。3GPPでは、第3世代無線アクセス技術進化(以下、「LTE(Long Term Evolution)」または「EUTRA(Evolved Universal Terrestrial Radio Access)」とも呼称する)、および、より広帯域周波数帯域を利用して、さらに高速なデータの送受信を実現する移動通信システム(以下、「LTE−A(Long Term Evolution-Advanced)」または「Advanced−EUTRA」とも呼称する)に関する検討が進められている。

LTEにおける通信方式としては、互いに直交するサブキャリアを用いてユーザ多重化を行なうOFDMA(Orthogonal Frequency Division Multiple Access)方式、および、SC−FDMA(Single Carrier-Frequency Division Multiple Access)方式が検討されている。すなわち、下りリンクでは、マルチキャリア通信方式であるOFDMA方式が、上りリンクでは、シングルキャリア通信方式であるSC−FDMA方式が提案されている。

一方、LTE−Aにおける通信方式としては、下りリンクでは、OFDMA方式が、上りリンクでは、SC−FDMA方式に加えて、Clustered−SC−FDMA(Clustered-Single Carrier-Frequency Division Multiple Access、DFT-s-OFDMwith Spectrum Division Control、DFT-precoded OFDMとも呼称される)方式を導入することが検討されている。ここで、LTEおよびLTE−Aにおいて、上りリンクの通信方式として提案されているSC−FDMA方式、Clustered−SC−FDMA方式は、シングルキャリア通信方式の特性上(シングルキャリア特性によって)、データ(情報)を送信する際のPAPR(Peak to Average Power Ratio:ピーク電力対平均電力比送信電力)を低く抑えることができるという特徴を持っている。

また、LTE−Aでは、一般的な移動通信システムで使用する周波数帯域は連続であるのに対し、連続および/または不連続な複数の周波数帯域(以下、「コンポーネントキャリア(CC:Component Carrier)」または「キャリアコンポーネント(CC:Carrier Component)」とも呼称する)を複合的に使用して、1つの広帯域な周波数帯域として運用する(周波数帯域集約:Carrier aggregationとも呼称される)ことが提案されている。また、基地局装置移動局装置が、広帯域な周波数帯域をより柔軟に使用して通信するために、下りリンクの通信に使用される周波数帯域と上りリンクの通信に使用される周波数帯域を異なる周波数帯域幅とする(非対称周波数帯域集約:Asymmetric carrier aggregation)ことも提案されている(非特許文献1)。

図8は、従来の技術における周波数帯域集約された移動通信システムを説明する図である。図8に示されるような下りリンク(DL:Down Link)の通信に使用される周波数帯域と上りリンク(UL:Up Link)の通信に使用される周波数帯域を同じ帯域幅とすることは、対称周波数帯域集約(Symmetric carrier aggregation)とも呼称される。図8に示すように、基地局装置と移動局装置は、連続および/または不連続な周波数帯域である複数のコンポーネントキャリアを複合的に使用することによって、複数のコンポーネントキャリアによって構成される広帯域な周波数帯域で通信を行うことができる。

図8では、例として、100MHzの帯域幅を持った下りリンクの通信に使用される周波数帯域(DLシステム帯域(幅)でも良い)が、20MHzの帯域幅を持った5つの下りリンクコンポーネントキャリア(DCC1:Downlink Component Carrier1、DCC2、DCC3、DCC4、DCC5)によって構成されていることを示している。また、例として、100MHzの帯域幅を持った上りリンクの通信に使用される周波数帯域(ULシステム帯域(幅)でも良い)が、20MHzの帯域幅を持った5つの上りリンクコンポーネントキャリア(UCC1:Uplink Component Carrier1、UCC2、UCC3、UCC4、UCC5)によって構成されていることを示している。

図8において、下りリンクコンポーネントキャリアそれぞれには、物理下りリンク制御チャネル(以下、PDCCH:Physical Downlink Control Channel)、物理下りリンク共用チャネル(以下、PDSCH:Physical Downlink Shared Channel)等の下りリンクのチャネルが配置される。

基地局装置は、PDSCHを使用して送信される下りリンクトランスポートブロックを送信するための下りリンク制御情報(DCI:Downlink Control Information)を、PDCCHを使用して移動局装置へ割り当て(スケジュールし)、PDSCHを使用して、下りリンクトランスポートブロックを移動局装置へ送信する。ここで、図8において、基地局装置は、同一サブフレームで、最大5つまでの下りリンクトランスポートブロック(PDSCHでも良い)を移動局装置へ送信することができる。

また、上りリンクコンポーネントキャリアそれぞれには、物理上りリンク制御チャネル(以下、PUCCH:Physical Uplink Control Channel)、物理上りリンク共用チャネル(以下、PUSCH:Physical Uplink Shared Channel)等の上りリンクのチャネルが配置される。

移動局装置は、PUCCHおよび/またはPUSCHを使用して、下りリンクのチャネル状態を示すチャネル状態情報(CSI:Channel Statement information)や、下りリンクトランスポートブロックに対するHARQにおけるACK/NACK(肯定応答:Positive Acknowledgement/否定応答:Negative Acknowledgement)を示す情報や、スケジューリング要求(SR:Scheduling Request)などの上りリンク制御情報(UCI:Uplink Control Information)を基地局装置へ送信する。ここで、図8において、移動局装置は、同一サブフレームで、最大5つまでの上りリンクトランスポートブロック(PUSCHでも良い)を基地局装置へ送信することができる。

同様に、図9は、従来の技術における非対称周波数帯域集約された移動通信システムを説明する図である。図9に示すように、基地局装置と移動局装置は、下りリンクの通信に使用される周波数帯域と上りリンクの通信に使用される周波数帯域とを異なる帯域幅とし、これらの周波数帯域を構成する連続および/または不連続な周波数帯域であるコンポーネントキャリアを複合的に使用して広帯域な周波数帯域で通信を行うことができる。

図9では、例として、100MHzの帯域幅を持った下りリンクの通信に使用される周波数帯域が、20MHzの帯域幅を持った5つの下りリンクコンポーネントキャリア(DCC1、DCC2、DCC3、DCC4、DCC5)によって構成されている。また、例として、40MHzの帯域幅を持った上りリンクの通信に使用される周波数帯域が、20MHzの帯域幅を持った2つの上りリンクコンポーネントキャリア(UCC1、UCC2)によって構成されていることを示している。

図9において、下りリンク/上りリンクのコンポーネントキャリアそれぞれには下りリンク/上りリンクのチャネルが配置され、基地局装置は、PDCCHを使用してPDSCHを移動局装置へ割り当て(スケジュールし)、PDSCHを使用して下りリンクトランスポートブロックを移動局装置へ送信する。ここで、図9において、基地局装置は、同一サブフレームで、最大5つまでの下りリンクトランスポートブロック(PDSCHでも良い)を移動局装置へ送信することができる。

また、移動局装置は、PUCCHおよび/またはPUSCHを使用して、チャネル状態情報や、下りリンクトランスポートブロックに対するHARQにおけるACK/NACKを示す情報や、スケジューリング要求などの上りリンク制御情報を基地局装置へ送信する。ここで、図9において、移動局装置は、同一サブフレームで、最大2つまでの上りリンクトランスポートブロック(PUSCHでも良い)を基地局装置へ送信することができる。

さらに、LTE−Aでは、基地局装置が、上りリンクのチャネルを測定するために、移動局装置が、参照信号(以下、サウンディングリファレンスシグナルSRS:Sounding Reference Signalとも呼称する)を、上りリンクを使用して基地局装置へ送信することが検討されている。基地局装置は、移動局装置から送信されるSRSに基づいて、移動局装置をスケジューリングし、例えば、PUSCHリソースの割り当てやPUSCHに施すべき変調方式符号化率の決定などを行う。

移動局装置によるSRSの送信に関しては、基地局装置が、移動局装置に対して、周期的なSRS(以下、P−SRS:Periodic SRSとも呼称する)の送信に加えて、非周期的なSRS(以下、A−SRS:Aperiodic SRS、Dynamic SRS、Scheduled SRSとも呼称する)の送信を指示(要求、トリガ)することが検討されている。例えば、基地局装置は、移動局装置に対して、下りリンクに対する下りリンク制御情報フォーマットDCIフォーマットダウンリンクグラント:Downlink grant、ダウンリンクアサインメント:Downlink assignmentとも呼称する)を使用して、A−SRSの送信を指示することが提案されている(非特許文献2)。また、例えば、基地局装置は、移動局装置に対して、上りリンクに対する下りリンク制御情報フォーマット(DCIフォーマット、アップリンクグラント:UL grant、アップリンクアサインメント:Uplink assignmentとも呼称する)を使用して、A−SRSの送信を指示することが提案されている(非特許文献3)。

概要

基地局装置が、複数の下りリンク制御フォーマットを、同一サブフレームで、および/または、ある特定の期間において、移動局装置へ通知した際に、基地局装置によって、効率的なスケジューリングを行うことができる移動通信システムおよび通信方法を提供する。基地局装置と移動局装置から構成される移動通信システムであって、前記基地局装置は、サウンディングリファレンスシグナルの送信指示パラメータとを含む下りリンク制御情報フォーマットを、少なくとも1つは含む複数の下りリンク制御フォーマットを、同一サブフレームで、前記移動局装置へ通知し、前記移動局装置は、前記複数の下りリンク制御フォーマットのうち、所定の下りリンク制御フォーマットが、サウンディングリファレンスシグナルの送信指示とパラメータとを含んでいる場合には、前記パラメータに基づいて設定したサウンディングリファレンスシグナルを前記基地局装置へ送信する。

目的

本発明は、このような事情に鑑みてなされたものであり、基地局装置が、複数のDCIフォーマットを、同一サブフレームで、および/または、ある特定の期間において、移動局装置へ通知した際に、基地局装置によって、効率的なスケジューリングを行うことができる移動通信システムおよび通信方法を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
2件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

基地局装置移動局装置から構成される移動通信システムであって、前記基地局装置は、サウンディングリファレンスシグナル送信指示パラメータとを含む下りリンク制御情報フォーマットを、少なくとも1つは含む複数の下りリンク制御フォーマットを、同一サブフレームで、前記移動局装置へ通知し、前記移動局装置は、前記複数の下りリンク制御フォーマットのうち、所定の下りリンク制御フォーマットが、サウンディングリファレンスシグナルの送信指示とパラメータとを含んでいる場合には、前記パラメータに基づいて設定したサウンディングリファレンスシグナルを前記基地局装置へ送信することを特徴とする移動通信システム。

請求項2

基地局装置と移動局装置から構成される移動通信システムであって、前記基地局装置は、複数の下りリンク制御フォーマットを、同一サブフレームで、前記移動局装置へ通知し、前記移動局装置は、前記複数の下りリンク制御フォーマットの全てが、サウンディングリファレンスシグナルの送信指示とパラメータとを含んでいる場合には、所定のサブフレームで通知されたパラメータに基づいて設定したサウンディングリファレンスシグナルを前記基地局装置へ送信することを特徴とする移動通信システム。

請求項3

基地局装置と移動局装置から構成される移動通信システムであって、前記基地局装置は、サウンディングリファレンスシグナルの送信指示とパラメータとを含む下りリンク制御情報フォーマットを、少なくとも1つは含む複数の下りリンク制御フォーマットを、ある特定の期間において、前記移動局装置へ通知し、前記移動局装置は、前記複数の下りリンク制御フォーマットのうち、所定の下りリンク制御フォーマットが、サウンディングリファレンスシグナルの送信指示とパラメータとを含んでいる場合には、前記パラメータに基づいて設定したサウンディングリファレンスシグナルを前記基地局装置へ送信することを特徴とする移動通信システム。

請求項4

基地局装置と移動局装置から構成される移動通信システムであって、前記基地局装置は、サウンディングリファレンスシグナルの送信指示とパラメータとを含む下りリンク制御情報フォーマットを、少なくとも1つは含む複数の下りリンク制御フォーマットを、ある特定の期間において、前記移動局装置へ通知し、前記移動局装置は、サウンディングリファレンスシグナルを送信するサブフレームの所定前のサブフレームに最も近いサブフレームで通知された下りリンク制御フォーマットが、サウンディングリファレンスシグナルの送信指示とパラメータとを含んでいる場合には、前記パラメータに基づいて設定したサウンディングリファレンスシグナルを前記基地局装置へ送信することを特徴とする移動通信システム。

請求項5

基地局装置と移動局装置から構成される移動通信システムであって、前記基地局装置は、複数の下りリンク制御フォーマットを、ある特定の期間において、前記移動局装置へ通知し、前記移動局装置は、前記複数の下りリンク制御フォーマットの全てが、サウンディングリファレンスシグナルの送信指示とパラメータとを含んでいる場合には、所定のサブフレームで通知されたパラメータに基づいて設定したサウンディングリファレンスシグナルを前記基地局装置へ送信することを特徴とする移動通信システム。

請求項6

前記サウンディングリファレンスシグナルの送信指示とパラメータとを含む下りリンク制御情報フォーマットは、移動局装置固有検索領域に配置されることを特徴とする請求項1から請求項5のいずれかに記載の移動通信システム。

請求項7

前記サウンディングリファレンスシグナルの送信指示とパラメータとを含む下りリンク制御情報フォーマットは、共通検索領域に配置されることを特徴とする請求項1から請求項5のいずれかに記載の移動通信システム。

請求項8

基地局装置と移動局装置から構成される移動通信システムにおける基地局装置であって、サウンディングリファレンスシグナルの送信指示とパラメータとを含む下りリンク制御情報フォーマットを、少なくとも1つは含む複数の下りリンク制御フォーマットを、同一サブフレームで、前記移動局装置へ通知する手段と、前記複数の下りリンク制御フォーマットのうち、所定の下りリンク制御フォーマットが、サウンディングリファレンスシグナルの送信指示とパラメータとを含んでいる場合には、前記パラメータに基づいて設定されたサウンディングリファレンスシグナルを前記移動局装置から受信する手段と、を備えることを特徴とする基地局装置。

請求項9

基地局装置と移動局装置から構成される移動通信システムにおける基地局装置であって、サウンディングリファレンスシグナルの送信指示とパラメータとを含む下りリンク制御情報フォーマットを、少なくとも1つは含む複数の下りリンク制御フォーマットを、ある特定の期間において、前記移動局装置へ通知する手段と、前記複数の下りリンク制御フォーマットのうち、所定の下りリンク制御フォーマットが、サウンディングリファレンスシグナルの送信指示とパラメータとを含んでいる場合には、前記パラメータに基づいて設定されたサウンディングリファレンスシグナルを前記移動局装置から受信する手段と、を備えることを特徴とする基地局装置。

請求項10

基地局装置と移動局装置から構成される移動通信システムにおける移動局装置であって、サウンディングリファレンスシグナルの送信指示とパラメータとを含む下りリンク制御情報フォーマットを、少なくとも1つは含む複数の下りリンク制御フォーマットを、同一サブフレームで、前記基地局装置から通知される手段と、前記複数の下りリンク制御フォーマットのうち、所定の下りリンク制御フォーマットが、サウンディングリファレンスシグナルの送信指示とパラメータとを含んでいる場合には、前記パラメータに基づいて設定したサウンディングリファレンスシグナルを前記基地局装置へ送信する手段と、を備えることを特徴とする移動局装置。

請求項11

基地局装置と移動局装置から構成される移動通信システムにおける移動局装置であって、サウンディングリファレンスシグナルの送信指示とパラメータとを含む下りリンク制御情報フォーマットを、少なくとも1つは含む複数の下りリンク制御フォーマットを、ある特定の期間において、前記基地局装置から通知される手段と、前記複数の下りリンク制御フォーマットのうち、所定の下りリンク制御フォーマットが、サウンディングリファレンスシグナルの送信指示とパラメータとを含んでいる場合には、前記パラメータに基づいて設定したサウンディングリファレンスシグナルを前記基地局装置へ送信する手段と、を備えることを特徴とする移動局装置。

請求項12

基地局装置と移動局装置から構成される移動通信システムにおける基地局装置の通信方法であって、サウンディングリファレンスシグナルの送信指示とパラメータとを含む下りリンク制御情報フォーマットを、少なくとも1つは含む複数の下りリンク制御フォーマットを、同一サブフレームで、前記移動局装置へ通知し、前記複数の下りリンク制御フォーマットのうち、所定の下りリンク制御フォーマットが、サウンディングリファレンスシグナルの送信指示とパラメータとを含んでいる場合には、前記パラメータに基づいて設定したサウンディングリファレンスシグナルを前記移動局装置から受信することを特徴とする通信方法。

請求項13

基地局装置と移動局装置から構成される移動通信システムにおける基地局装置の通信方法であって、サウンディングリファレンスシグナルの送信指示とパラメータとを含む下りリンク制御情報フォーマットを、少なくとも1つは含む複数の下りリンク制御フォーマットを、ある特定の期間において、前記移動局装置へ通知し、前記複数の下りリンク制御フォーマットのうち、所定の下りリンク制御フォーマットが、サウンディングリファレンスシグナルの送信指示とパラメータとを含んでいる場合には、前記パラメータに基づいて設定したサウンディングリファレンスシグナルを前記移動局装置から受信することを特徴とする通信方法。

請求項14

基地局装置と移動局装置から構成される移動通信システムにおける移動局装置の通信方法であって、サウンディングリファレンスシグナルの送信指示とパラメータとを含む下りリンク制御情報フォーマットを、少なくとも1つは含む複数の下りリンク制御フォーマットを、同一サブフレームで、前記基地局装置から通知され、前記複数の下りリンク制御フォーマットのうち、所定の下りリンク制御フォーマットが、サウンディングリファレンスシグナルの送信指示とパラメータとを含んでいる場合には、前記パラメータに基づいて設定したサウンディングリファレンスシグナルを前記基地局装置へ送信することを特徴とする通信方法。

請求項15

基地局装置と移動局装置から構成される移動通信システムにおける移動局装置の通信方法であって、サウンディングリファレンスシグナルの送信指示とパラメータとを含む下りリンク制御情報フォーマットを、少なくとも1つは含む複数の下りリンク制御フォーマットを、ある特定の期間において、前記基地局装置から通知され、前記複数の下りリンク制御フォーマットのうち、所定の下りリンク制御フォーマットが、サウンディングリファレンスシグナルの送信指示とパラメータとを含んでいる場合には、前記パラメータに基づいて設定したサウンディングリファレンスシグナルを前記基地局装置へ送信することを特徴とする通信方法。

技術分野

0001

本発明は、基地局装置および移動局装置から構成される移動通信システムおよび通信方法に関する。

背景技術

0002

3GPP(3rd Generation Partnership Project)は、W−CDMA(Wideband-Code Division Multiple Access)と、GSM(Global System for Mobile Communications)とを発展させたネットワークを基本した移動通信システムの仕様の検討・作成を行なうプロジェクトである。3GPPでは、W−CDMA方式が第3世代セルラー移動通信方式として標準化され、順次サービスが開始されている。また、通信速度をさらに高速化させたHSDPA(High-speed Downlink Packet Access)も標準化され、サービスが開始されている。3GPPでは、第3世代無線アクセス技術進化(以下、「LTE(Long Term Evolution)」または「EUTRA(Evolved Universal Terrestrial Radio Access)」とも呼称する)、および、より広帯域周波数帯域を利用して、さらに高速なデータの送受信を実現する移動通信システム(以下、「LTE−A(Long Term Evolution-Advanced)」または「Advanced−EUTRA」とも呼称する)に関する検討が進められている。

0003

LTEにおける通信方式としては、互いに直交するサブキャリアを用いてユーザ多重化を行なうOFDMA(Orthogonal Frequency Division Multiple Access)方式、および、SC−FDMA(Single Carrier-Frequency Division Multiple Access)方式が検討されている。すなわち、下りリンクでは、マルチキャリア通信方式であるOFDMA方式が、上りリンクでは、シングルキャリア通信方式であるSC−FDMA方式が提案されている。

0004

一方、LTE−Aにおける通信方式としては、下りリンクでは、OFDMA方式が、上りリンクでは、SC−FDMA方式に加えて、Clustered−SC−FDMA(Clustered-Single Carrier-Frequency Division Multiple Access、DFT-s-OFDMwith Spectrum Division Control、DFT-precoded OFDMとも呼称される)方式を導入することが検討されている。ここで、LTEおよびLTE−Aにおいて、上りリンクの通信方式として提案されているSC−FDMA方式、Clustered−SC−FDMA方式は、シングルキャリア通信方式の特性上(シングルキャリア特性によって)、データ(情報)を送信する際のPAPR(Peak to Average Power Ratio:ピーク電力対平均電力比送信電力)を低く抑えることができるという特徴を持っている。

0005

また、LTE−Aでは、一般的な移動通信システムで使用する周波数帯域は連続であるのに対し、連続および/または不連続な複数の周波数帯域(以下、「コンポーネントキャリア(CC:Component Carrier)」または「キャリアコンポーネント(CC:Carrier Component)」とも呼称する)を複合的に使用して、1つの広帯域な周波数帯域として運用する(周波数帯域集約:Carrier aggregationとも呼称される)ことが提案されている。また、基地局装置と移動局装置が、広帯域な周波数帯域をより柔軟に使用して通信するために、下りリンクの通信に使用される周波数帯域と上りリンクの通信に使用される周波数帯域を異なる周波数帯域幅とする(非対称周波数帯域集約:Asymmetric carrier aggregation)ことも提案されている(非特許文献1)。

0006

図8は、従来の技術における周波数帯域集約された移動通信システムを説明する図である。図8に示されるような下りリンク(DL:Down Link)の通信に使用される周波数帯域と上りリンク(UL:Up Link)の通信に使用される周波数帯域を同じ帯域幅とすることは、対称周波数帯域集約(Symmetric carrier aggregation)とも呼称される。図8に示すように、基地局装置と移動局装置は、連続および/または不連続な周波数帯域である複数のコンポーネントキャリアを複合的に使用することによって、複数のコンポーネントキャリアによって構成される広帯域な周波数帯域で通信を行うことができる。

0007

図8では、例として、100MHzの帯域幅を持った下りリンクの通信に使用される周波数帯域(DLシステム帯域(幅)でも良い)が、20MHzの帯域幅を持った5つの下りリンクコンポーネントキャリア(DCC1:Downlink Component Carrier1、DCC2、DCC3、DCC4、DCC5)によって構成されていることを示している。また、例として、100MHzの帯域幅を持った上りリンクの通信に使用される周波数帯域(ULシステム帯域(幅)でも良い)が、20MHzの帯域幅を持った5つの上りリンクコンポーネントキャリア(UCC1:Uplink Component Carrier1、UCC2、UCC3、UCC4、UCC5)によって構成されていることを示している。

0008

図8において、下りリンクコンポーネントキャリアそれぞれには、物理下りリンク制御チャネル(以下、PDCCH:Physical Downlink Control Channel)、物理下りリンク共用チャネル(以下、PDSCH:Physical Downlink Shared Channel)等の下りリンクのチャネルが配置される。

0009

基地局装置は、PDSCHを使用して送信される下りリンクトランスポートブロックを送信するための下りリンク制御情報(DCI:Downlink Control Information)を、PDCCHを使用して移動局装置へ割り当て(スケジュールし)、PDSCHを使用して、下りリンクトランスポートブロックを移動局装置へ送信する。ここで、図8において、基地局装置は、同一サブフレームで、最大5つまでの下りリンクトランスポートブロック(PDSCHでも良い)を移動局装置へ送信することができる。

0010

また、上りリンクコンポーネントキャリアそれぞれには、物理上りリンク制御チャネル(以下、PUCCH:Physical Uplink Control Channel)、物理上りリンク共用チャネル(以下、PUSCH:Physical Uplink Shared Channel)等の上りリンクのチャネルが配置される。

0011

移動局装置は、PUCCHおよび/またはPUSCHを使用して、下りリンクのチャネル状態を示すチャネル状態情報(CSI:Channel Statement information)や、下りリンクトランスポートブロックに対するHARQにおけるACK/NACK(肯定応答:Positive Acknowledgement/否定応答:Negative Acknowledgement)を示す情報や、スケジューリング要求(SR:Scheduling Request)などの上りリンク制御情報(UCI:Uplink Control Information)を基地局装置へ送信する。ここで、図8において、移動局装置は、同一サブフレームで、最大5つまでの上りリンクトランスポートブロック(PUSCHでも良い)を基地局装置へ送信することができる。

0012

同様に、図9は、従来の技術における非対称周波数帯域集約された移動通信システムを説明する図である。図9に示すように、基地局装置と移動局装置は、下りリンクの通信に使用される周波数帯域と上りリンクの通信に使用される周波数帯域とを異なる帯域幅とし、これらの周波数帯域を構成する連続および/または不連続な周波数帯域であるコンポーネントキャリアを複合的に使用して広帯域な周波数帯域で通信を行うことができる。

0013

図9では、例として、100MHzの帯域幅を持った下りリンクの通信に使用される周波数帯域が、20MHzの帯域幅を持った5つの下りリンクコンポーネントキャリア(DCC1、DCC2、DCC3、DCC4、DCC5)によって構成されている。また、例として、40MHzの帯域幅を持った上りリンクの通信に使用される周波数帯域が、20MHzの帯域幅を持った2つの上りリンクコンポーネントキャリア(UCC1、UCC2)によって構成されていることを示している。

0014

図9において、下りリンク/上りリンクのコンポーネントキャリアそれぞれには下りリンク/上りリンクのチャネルが配置され、基地局装置は、PDCCHを使用してPDSCHを移動局装置へ割り当て(スケジュールし)、PDSCHを使用して下りリンクトランスポートブロックを移動局装置へ送信する。ここで、図9において、基地局装置は、同一サブフレームで、最大5つまでの下りリンクトランスポートブロック(PDSCHでも良い)を移動局装置へ送信することができる。

0015

また、移動局装置は、PUCCHおよび/またはPUSCHを使用して、チャネル状態情報や、下りリンクトランスポートブロックに対するHARQにおけるACK/NACKを示す情報や、スケジューリング要求などの上りリンク制御情報を基地局装置へ送信する。ここで、図9において、移動局装置は、同一サブフレームで、最大2つまでの上りリンクトランスポートブロック(PUSCHでも良い)を基地局装置へ送信することができる。

0016

さらに、LTE−Aでは、基地局装置が、上りリンクのチャネルを測定するために、移動局装置が、参照信号(以下、サウンディングリファレンスシグナルSRS:Sounding Reference Signalとも呼称する)を、上りリンクを使用して基地局装置へ送信することが検討されている。基地局装置は、移動局装置から送信されるSRSに基づいて、移動局装置をスケジューリングし、例えば、PUSCHリソースの割り当てやPUSCHに施すべき変調方式符号化率の決定などを行う。

0017

移動局装置によるSRSの送信に関しては、基地局装置が、移動局装置に対して、周期的なSRS(以下、P−SRS:Periodic SRSとも呼称する)の送信に加えて、非周期的なSRS(以下、A−SRS:Aperiodic SRS、Dynamic SRS、Scheduled SRSとも呼称する)の送信を指示(要求、トリガ)することが検討されている。例えば、基地局装置は、移動局装置に対して、下りリンクに対する下りリンク制御情報フォーマットDCIフォーマットダウンリンクグラント:Downlink grant、ダウンリンクアサインメント:Downlink assignmentとも呼称する)を使用して、A−SRSの送信を指示することが提案されている(非特許文献2)。また、例えば、基地局装置は、移動局装置に対して、上りリンクに対する下りリンク制御情報フォーマット(DCIフォーマット、アップリンクグラント:UL grant、アップリンクアサインメント:Uplink assignmentとも呼称する)を使用して、A−SRSの送信を指示することが提案されている(非特許文献3)。

先行技術

0018

"Carrier aggregation inLTE-Advanced", 3GPP TSG RAN WG1 Meeting #53bis, R1-082464, June 30-July 4, 2008.
"AperiodicSRSfor LTE-A", 3GPP TSG RAN WG1 Meeting #60bis, R1-102114, April 12-16, 2010.
"Further Details on SRS for Release 10", 3GPP TSG RAN WG1 Meeting #60bis, R1-0101746, April 12-16, 2010.

発明が解決しようとする課題

0019

しかしながら、従来の技術では、基地局装置が、複数の下りリンク制御フォーマット(以下、DCIフォーマット)を、同一サブフレームで、移動局装置へ通知した際に、移動局装置が、A−SRSを基地局装置へ送信するための送信方法が明確化されていなかった。また、基地局装置が、複数のDCIフォーマットを、ある特定の期間において、移動局装置へ通知した際に、移動局装置が、A−SRSを送信するための送信方法が明確化されていなかった。ここで、ある特定の期間とは、例えば、移動局装置が、SRSを基地局装置へ送信した次のサブフレームから、再度、SRSを基地局装置へ送信するサブフレームまでの期間を示している。

0020

すなわち、従来の技術では、基地局装置が、複数のDCIフォーマットを、同一サブフレームで、および/または、ある特定の期間において、移動局装置へ通知した際の、移動局装置によるA−SRSの送信方法が明確化されていないために、移動局装置が、A−SRSを基地局装置へ送信するかどうかが分からなかった。例えば、基地局装置が、A−SRSの送信指示とA−SRSのパラメータ(以降、パラメータと呼称する)とを含んだDCIフォーマットとA−SRSの送信を指示しないDCIフォーマットを、同一サブフレームで、および/または、ある特定の期間において、移動局装置へ通知した際に、移動局装置が、A−SRSを基地局装置へ送信するかどうかが分からなかった。

0021

すなわち、基地局装置が、複数のDCIフォーマットを、同一サブフレームで、および/または、ある特定の期間において、移動局装置へ通知した際に、移動局装置が、A−SRSが送信するかどうかが分からないために、基地局装置によって、効率的なスケジューリングを行えないという問題があった。

0022

本発明は、このような事情に鑑みてなされたものであり、基地局装置が、複数のDCIフォーマットを、同一サブフレームで、および/または、ある特定の期間において、移動局装置へ通知した際に、基地局装置によって、効率的なスケジューリングを行うことができる移動通信システムおよび通信方法を提供する。

課題を解決するための手段

0023

(1)上記の目的を達成するために、本発明は、以下のような手段を講じた。すなわち、本発明の移動通信システムは、基地局装置と移動局装置から構成される移動通信システムであって、前記基地局装置は、サウンディングリファレンスシグナルの送信指示とパラメータとを含む下りリンク制御情報フォーマットを、少なくとも1つは含む複数の下りリンク制御フォーマットを、同一サブフレームで、前記移動局装置へ通知し、前記移動局装置は、前記複数の下りリンク制御フォーマットのうち、所定の下りリンク制御フォーマットが、サウンディングリファレンスシグナルの送信指示とパラメータとを含んでいる場合には、前記パラメータに基づいて設定したサウンディングリファレンスシグナルを前記基地局装置へ送信することを特徴としている。

0024

(2)また、基地局装置と移動局装置から構成される移動通信システムであって、前記基地局装置は、複数の下りリンク制御フォーマットを、同一サブフレームで、前記移動局装置へ通知し、前記移動局装置は、前記複数の下りリンク制御フォーマットの全てが、サウンディングリファレンスシグナルの送信指示とパラメータとを含んでいる場合には、所定のサブフレームおよび/または所定の下りリンク制御フォーマットで通知されたパラメータに基づいて設定したサウンディングリファレンスシグナルを前記基地局装置へ送信することを特徴としている。

0025

(3)また、基地局装置と移動局装置から構成される移動通信システムであって、前記基地局装置は、サウンディングリファレンスシグナルの送信指示とパラメータとを含む下りリンク制御情報フォーマットを、少なくとも1つは含む複数の下りリンク制御フォーマットを、ある特定の期間において、前記移動局装置へ通知し、前記移動局装置は、前記複数の下りリンク制御フォーマットのうち、所定の下りリンク制御フォーマットが、サウンディングリファレンスシグナルの送信指示とパラメータとを含んでいる場合には、前記パラメータに基づいて設定したサウンディングリファレンスシグナルを前記基地局装置へ送信することを特徴としている。

0026

(4)また、基地局装置と移動局装置から構成される移動通信システムであって、前記基地局装置は、サウンディングリファレンスシグナルの送信指示とパラメータとを含む下りリンク制御情報フォーマットを、少なくとも1つは含む複数の下りリンク制御フォーマットを、ある特定の期間において、前記移動局装置へ通知し、前記移動局装置は、サウンディングリファレンスシグナルを送信するサブフレームの所定前のサブフレームに最も近いサブフレームで通知された下りリンク制御フォーマットが、サウンディングリファレンスシグナルの送信指示とパラメータとを含んでいる場合には、前記パラメータに基づいて設定したサウンディングリファレンスシグナルを前記基地局装置へ送信することを特徴としている。

0027

(5)また、基地局装置と移動局装置から構成される移動通信システムであって、前記基地局装置は、複数の下りリンク制御フォーマットを、ある特定の期間において、前記移動局装置へ通知し、前記移動局装置は、前記複数の下りリンク制御フォーマットの全てが、サウンディングリファレンスシグナルの送信指示とパラメータとを含んでいる場合には、所定のサブフレームおよび/または所定の下りリンク制御フォーマットで通知されたパラメータに基づいて設定したサウンディングリファレンスシグナルを前記基地局装置へ送信することを特徴としている。

0028

(6)また、前記サウンディングリファレンスシグナルの送信指示とパラメータとを含む下りリンク制御情報フォーマットは、移動局装置固有検索領域に配置されることを特徴としている。

0029

(7)また、前記サウンディングリファレンスシグナルの送信指示とパラメータとを含む下りリンク制御情報フォーマットは、共通検索領域に配置されることを特徴としている。

0030

(8)また、基地局装置と移動局装置から構成される移動通信システムにおける基地局装置であって、サウンディングリファレンスシグナルの送信指示とパラメータとを含む下りリンク制御情報フォーマットを、少なくとも1つは含む複数の下りリンク制御フォーマットを、同一サブフレームで、前記移動局装置へ通知する手段と、前記複数の下りリンク制御フォーマットのうち、所定の下りリンク制御フォーマットが、サウンディングリファレンスシグナルの送信指示とパラメータとを含んでいる場合には、前記パラメータに基づいて設定されたサウンディングリファレンスシグナルを前記移動局装置から受信する手段と、を備えることを特徴としている。

0031

(9)また、基地局装置と移動局装置から構成される移動通信システムにおける基地局装置であって、サウンディングリファレンスシグナルの送信指示とパラメータとを含む下りリンク制御情報フォーマットを、少なくとも1つは含む複数の下りリンク制御フォーマットを、ある特定の期間において、前記移動局装置へ通知する手段と、前記複数の下りリンク制御フォーマットのうち、所定の下りリンク制御フォーマットが、サウンディングリファレンスシグナルの送信指示とパラメータとを含んでいる場合には、前記パラメータに基づいて設定されたサウンディングリファレンスシグナルを前記移動局装置から受信する手段と、を備えることを特徴としている。

0032

(10)また、基地局装置と移動局装置から構成される移動通信システムにおける移動局装置であって、サウンディングリファレンスシグナルの送信指示とパラメータとを含む下りリンク制御情報フォーマットを、少なくとも1つは含む複数の下りリンク制御フォーマットを、同一サブフレームで、前記基地局装置から通知される手段と、前記複数の下りリンク制御フォーマットのうち、所定の下りリンク制御フォーマットが、サウンディングリファレンスシグナルの送信指示とパラメータとを含んでいる場合には、前記パラメータに基づいて設定したサウンディングリファレンスシグナルを前記基地局装置へ送信する手段と、を備えることを特徴としている。

0033

(11)また、基地局装置と移動局装置から構成される移動通信システムにおける移動局装置であって、サウンディングリファレンスシグナルの送信指示とパラメータとを含む下りリンク制御情報フォーマットを、少なくとも1つは含む複数の下りリンク制御フォーマットを、ある特定の期間において、前記基地局装置から通知される手段と、前記複数の下りリンク制御フォーマットのうち、所定の下りリンク制御フォーマットが、サウンディングリファレンスシグナルの送信指示とパラメータとを含んでいる場合には、前記パラメータに基づいて設定したサウンディングリファレンスシグナルを前記基地局装置へ送信する手段と、を備えることを特徴としている。

0034

(12)また、基地局装置と移動局装置から構成される移動通信システムにおける基地局装置の通信方法であって、サウンディングリファレンスシグナルの送信指示とパラメータとを含む下りリンク制御情報フォーマットを、少なくとも1つは含む複数の下りリンク制御フォーマットを、同一サブフレームで、前記移動局装置へ通知し、前記複数の下りリンク制御フォーマットのうち、所定の下りリンク制御フォーマットが、サウンディングリファレンスシグナルの送信指示とパラメータとを含んでいる場合には、前記パラメータに基づいて設定したサウンディングリファレンスシグナルを前記移動局装置から受信することを特徴としている。

0035

(13)また、基地局装置と移動局装置から構成される移動通信システムにおける基地局装置の通信方法であって、サウンディングリファレンスシグナルの送信指示とパラメータとを含む下りリンク制御情報フォーマットを、少なくとも1つは含む複数の下りリンク制御フォーマットを、ある特定の期間において、前記移動局装置へ通知し、前記複数の下りリンク制御フォーマットのうち、所定の下りリンク制御フォーマットが、サウンディングリファレンスシグナルの送信指示とパラメータとを含んでいる場合には、前記パラメータに基づいて設定したサウンディングリファレンスシグナルを前記移動局装置から受信することを特徴としている。

0036

(14)また、基地局装置と移動局装置から構成される移動通信システムにおける移動局装置の通信方法であって、サウンディングリファレンスシグナルの送信指示とパラメータとを含む下りリンク制御情報フォーマットを、少なくとも1つは含む複数の下りリンク制御フォーマットを、同一サブフレームで、前記基地局装置から通知され、前記複数の下りリンク制御フォーマットのうち、所定の下りリンク制御フォーマットが、サウンディングリファレンスシグナルの送信指示とパラメータとを含んでいる場合には、前記パラメータに基づいて設定したサウンディングリファレンスシグナルを前記基地局装置へ送信することを特徴としている。

0037

(15)また、基地局装置と移動局装置から構成される移動通信システムにおける移動局装置の通信方法であって、サウンディングリファレンスシグナルの送信指示とパラメータとを含む下りリンク制御情報フォーマットを、少なくとも1つは含む複数の下りリンク制御フォーマットを、ある特定の期間において、前記基地局装置から通知され、前記複数の下りリンク制御フォーマットのうち、所定の下りリンク制御フォーマットが、サウンディングリファレンスシグナルの送信指示とパラメータとを含んでいる場合には、前記パラメータに基づいて設定したサウンディングリファレンスシグナルを前記基地局装置へ送信することを特徴としている。

発明の効果

0038

本発明によれば、基地局装置が、複数の下りリンク制御フォーマットを、同一サブフレームで、および/または、ある特定の期間において、移動局装置へ通知した際に、基地局装置によって、効率的なスケジューリングを行うことができる。

図面の簡単な説明

0039

本発明の実施形態に係る物理チャネルの構成を概念的に示す図である。
本発明の実施形態に係る基地局装置の概略構成を示すブロック図である。
本発明の実施形態に係る移動局装置の概略構成を示すブロック図である。
本発明の実施形態が適用可能な移動通信システムの例を示す図である。
移動局装置によるSRSの送信の例を示す図である。
移動局装置によるA−SRSの送信の例1を示す図である。
移動局装置によるA−SRSの送信の例2を示す図である。
従来の技術における周波数帯域集約の例を示す図である。
従来の技術における非対称周波数帯域集約の例を示す図である。
移動局装置によるA−SRSの送信の例3を示す図である。

実施例

0040

次に、本発明に係る実施形態について、図面を参照しながら説明する。図1は、本発明の実施形態におけるチャネルの一構成例を示す図である。下りリンクの物理チャネルは、物理下りリンク制御チャネル(PDCCH:Physical Downlink Control Channel)、物理下りリンク共用チャネル(PDSCH:Physical Downlink Shared Channel)によって構成される。上りリンクの物理チャネルは、物理上りリンク共用チャネル(PUSCH:Physical Uplink Shared Channel)、物理上りリンク制御チャネル(PUCCH:Physical Uplink Control Channel)によって構成される。

0041

また、基地局装置は、下りリンク参照信号(DRS:Downlink Reference Signal、下りリンクパイロット信号、下りリンクパイロットチャネルとも呼称する)を、移動局装置へ送信する。また、移動局装置は、上りリンク参照信号(URS:Uplink Reference Signal、上りリンクパイロット信号、上りリンクパイロットチャネルとも呼称する)を基地局装置へ送信する。ここで、上りリンク参照信号には、基地局装置が、主に、PUCCHおよび/またはPUSCHを復調するために使用する復調参照信号(DRS:Demodulation Reference Signal)が含まれる。また、上りリンク参照信号には、基地局装置が、主に、上りリンクのチャネル状態を推定するために使用するサウンディング参照信号(SRS:Sounding Reference Signal)が含まれる。

0042

PDCCHは、PDSCHのリソース割り当て下りリンクデータに対するHARQ処理情報、および、PUSCHのリソース割り当てなどを、移動局装置に通知(指定)するために使用されるチャネルである。PDDCHは、複数の制御チャネル要素(CCE:Control Channel Element)から構成され、移動局装置は、CCEから構成されるPDCCHを検出することによって、基地局装置からのPDCCHを受信する。このCCEは、周波数、時間領域において分散している複数のリソースエレメントグループ(REG:Resource Element Group、mini-CCEとも呼ばれる)によって構成される。ここで、リソースエレメントとは、1OFDMシンボル時間成分)、1サブキャリア(周波数成分)で構成される単位リソースである。

0043

また、PDCCHによって送信される下りリンク制御情報(DCI:Downlink Control Information)には、複数のフォーマットが定義される。以下、下りリンク制御情報のフォーマットを、DCIフォーマット(DCI format)とも呼称する。

0044

例えば、下りリンクに対するDCIフォーマットとしては、基地局装置が、PDSCHを1つの送信アンテナポート、または、複数の送信アンテナポートを使用して送信ダイバーシチ方式で送信する際に用いられるDCIフォーマット1/1Aが定義される。また、例えば、下りリンクに対するDCIフォーマットとしては、基地局装置が、PDSCHを、MIMO(Multiple Input Multiple Output)を利用したSM(空間多重:Spatial Multiplexing)で送信する際に用いられるDCIフォーマット2が定義される。ここで、DCIフォーマットは、同じビット数を持った複数のDCIフォーマット、異なるビット数を持った複数のDCIフォーマットを定義することができる。

0045

また、例えば、上りリンクに対するDCIフォーマットとしては、移動局装置が、PUSCHを1つの送信アンテナポートで送信する際に用いられるDCIフォーマット0が定義される。また、例えば、上りリンクスケジューリングに対するDCIフォーマットとしては、移動局装置が、PUSCHを、MIMOを利用したSMで送信する際に用いられるDCIフォーマット0Aが用意される。

0046

また、例えば、DCIフォーマットとして、複数の移動局装置に対するグループスケジューリングに使用されるDCIフォーマットが定義される。例えば、DCIフォーマットとして、複数の移動局装置に対する複数のTPCコマンド(Transmission Power Control Command)を含むDCIフォーマット3/3Aが定義される。例えば、基地局装置は、識別子と1つのインデックスを移動局装置へ通知し、移動局装置は、基地局装置から通知された識別子によって識別されるDCIフォーマット3/3Aに含まれるインデックスに対応するTPCコマンドを、自装置宛のTPCコマンドとして認識する。

0047

ここで、基地局装置は、DCIフォーマット3/3Aを使用して移動局装置へ通知するTPCコマンドが、PUCCHに対するTPCコマンドなのか、または、PUSCH(PUSCHとSRSでも良い)に対するコマンドなのか、を識別するために、2つの識別子を移動局装置へ通知することもできる。すなわち、基地局装置は、移動局装置に対して、2つの識別子それぞれにつき1つのインデックスを通知することができる。ここで、基地局装置によって通知される2つの識別子のうち、PUCCHに対するTPCコマンドが含まれるDCIフォーマットに施される識別子を、TPC−PUCCH−RNTIとも呼称する。また、PUSCH(PUSCHとSRSでも良い)に対するTPCコマンドが含まれるDCIフォーマットに施される識別子をTPC−PUSCH−RNTIとも呼称する。

0048

また、複数の移動局装置に対するグループスケジューリングに使用されるDCIフォーマット3/3Aは、複数の移動局装置によって受信される(検出される)必要があるために、全ての移動局装置がPDCCHの検索(検出)を試みる共通検索領域(CSS:Common Search Spaceとも呼称する)に配置される。ここで、ある(特定の)移動局装置宛てのPDCCHは、ある(特定の)移動局装置がPDCCHの検索(検出)を試みる移動局装置固有検索領域(USS:User equipment specific Search Space、UE specific Search Spaceとも呼称する)に配置される。

0049

基地局装置は、DCIを基に生成した巡回冗長検査CRC:Cyclic Redundancy Check)符号を、RNTI(Radio Network Temporary Identity)でスクランブル(scramble)した系列をDCIに付与して、移動局装置へ送信する。移動局装置は、巡回冗長検査符号がいずれのRNTIでスクランブルされているかに応じて、DCIの解釈を変更する。例えば、移動局装置は、DCIが、基地局装置から割り当てられたC−RNTI(Cell-Radio Network Temporary Identity)によって巡回冗長検査符号がスクランブルされていた場合には、そのDCIを、自装置宛のDCIだと判断する。

0050

PDCCHは、移動局装置ごと、種別ごとに別々に符号化(Separate Coding)される。すなわち、移動局装置は、複数のPDCCHを検出して、下りリンクのリソース割り当てや、上りリンクのリソース割り当てや、その他の制御情報を取得する。各PDCCHには、そのフォーマットを識別可能なCRC(巡回冗長検査)の値が付与されており、移動局装置は、PDCCHが構成される可能性のあるCCEのセットのそれぞれに対してCRCを行い、CRCが成功したPDCCHを、自装置宛のPDCCHとして取得する。これは、ブラインドデコーディング(blind decoding)とも呼称され、移動局装置が、ブラインドデコーディングを行うPDCCHが構成される可能性のあるCCEのセットの範囲は、検索領域(Search Space)と呼称される。すなわち、移動局装置は、検索領域内のCCEに対して、ブラインドデコーディングを行い、自装置宛のPDCCHの検出を行う。

0051

移動局装置は、自装置宛のPDCCHに、PDSCHのリソース割り当てが含まれる場合、基地局装置からのPDCCHによって指示されたリソース割り当てに応じて、PDSCHを使用して、下りリンク信号(下りリンクデータ(下りリンク共用チャネル(DL−SCH)に対するトランスポートブロック)および/または下りリンク制御データ(下りリンク制御情報)および/または下りリンク参照信号(DRS))を受信する。すなわち、このPDCCHは、下りリンクに対するリソース割り当てを行なう信号(以下、「下りリンク送信許可信号」、「下りリンクグラント」とも呼称する)とも言える。

0052

また、移動局装置は、自装置宛のPDCCHに、PUSCHのリソース割り当てが含まれる場合、基地局装置からのPDCCHによって指示されたリソース割り当てに応じて、PUSCHを使用して、上りリンク信号上りリンクデータ上りリンク共用チャネル(UL−SCH)に対するトランスポートブロック)および/または上りリンク制御データ(上りリンク制御情報)および/または上りリンク参照信号(URS))を送信する。すなわち、このPDCCHは、上りリンクに対するデータ送信許可する信号(以下、「上りリンク送信許可信号」、「上りリンクグラント」とも呼称する)とも言える。

0053

PDSCHは、下りリンクデータ(下りリンク共用チャネル(DL−SCH)に対するトランスポートブロック)またはページング情報ページングチャネル:PCH)を送信するために使用されるチャネルである。基地局装置は、PDCCHによって割り当てたPDSCHを使用して、下りリンクトランスポートブロック(下りリンク共用チャネル(DL−SCH)に対するトランスポートブロック)を移動局装置へ送信する。

0054

ここで、下りリンクデータとは、例えば、ユーザーデータを示しており、DL−SCHは、トランスポートチャネルである。DL−SCHでは、HARQ、動的適応無線リンク制御サポートされ、また、ビームフォーミング利用可能である。DL−SCHは、動的なリソース割り当て、および、準静的なリソース割り当てがサポートされる。

0055

PUSCHは、主に、上りリンクデータ(上りリンク共用チャネル(UL−SCH)に対するトランスポートブロック)を送信するために使用されるチャネルである。移動局装置は、基地局装置から送信されたPDCCHによって割り当てられたPUSCHを使用して、上りリンクトランスポートブロック(上りリンク共用チャネル(UL−SCH)に対するトランスポートブロック)を基地局装置へ送信する。また、基地局装置が、移動局装置をスケジューリングした場合には、上りリンク制御情報(UCI)もPUSCHを使用して送信される。

0056

ここで、上りリンクデータとは、例えば、ユーザーデータを示しており、UL−SCHは、トランスポートチャネルである。また、PUSCHは、時間領域、周波数領域によって定義される(構成される)物理チャネルである。UL−SCHでは、HARQ、動的適応無線リンク制御がサポートされ、また、ビームフォーミングを利用可能である。UL−SCHは、動的なリソース割り当て、および、準静的なリソース割り当てがサポートされる。

0057

ここで、上りリンクデータ(UL−SCH)および下りリンクデータ(DL−SCH)には、基地局装置と移動局装置の間でやり取りされる無線資源制御信号(以下、「RRシグナリング:Radio Resource Control Signaling」と呼称する)が含まれていても良い。また、上りリンクデータ(UL−SCH)および下りリンクデータ(DL−SCH)には、基地局装置と移動局装置の間でやり取りされるMAC(Medium Access Control)コントロールエレメントが含まれていても良い。

0058

基地局装置と移動局装置は、RRCシグナリングを上位層無線リソース制御(Radio Resource Control)層)において送受信する。また、基地局装置と移動局装置は、MACコントロールエレメントを上位層(媒体アクセス制御(MAC:Medium Access Control)層)において送受信する。

0059

PUCCHは、上りリンク制御情報(UCI)を送信するために使用されるチャネルである。ここで、上りリンク制御情報には、チャネル状態情報(CSI)や、チャネル品質識別子(CQI)や、プレコーディングマトリックス識別子(PMI)や、ランク識別子(RI)が含まれる。また、上りリンク制御情報には、下りリンクトランスポートブロックに対するHARQにおけるACK/NACKを示す情報が含まれる。また、上りリンク制御情報には、移動局装置が上りリンクデータを送信するためのリソースの割り当てを要求する(UL−SCHでの送信を要求する)スケジューリング要求が含まれる。

0060

[基地局装置の構成]
図2は、本発明の実施形態に係る基地局装置100の概略構成を示すブロック図である。基地局装置100は、データ制御部101と、送信データ変調部102と、無線部103と、スケジューリング部104と、チャネル推定部105と、受信データ復調部106と、データ抽出部107と、上位層108と、アンテナ109と、を含んで構成される。また、無線部103、スケジューリング部104、チャネル推定部105、受信データ復調部106、データ抽出部107、上位層108およびアンテナ109で受信部を構成し、データ制御部101、送信データ変調部102、無線部103、スケジューリング部104、上位層108およびアンテナ109で送信部を構成している。

0061

アンテナ109、無線部103、チャネル推定部105、受信データ復調部106、データ抽出部107で上りリンクの物理層の処理を行なう。アンテナ109、無線部103、送信データ変調部102、データ制御部101で下りリンクの物理層の処理を行なう。

0062

データ制御部101は、スケジューリング部104からトランスポートチャネルを受信する。データ制御部101は、トランスポートチャネルと、物理層で生成される信号およびチャネルを、スケジューリング部104から入力されるスケジューリング情報に基づいて、物理チャネルにマッピングする。以上のようにマッピングされた各データは、送信データ変調部102へ出力される。

0063

送信データ変調部102は、送信データをOFDM方式に変調する。送信データ変調部102は、データ制御部101から入力されたデータに対して、スケジューリング部104からのスケジューリング情報や、各PRBに対応する変調方式および符号化方式に基づいて、データ変調、符号化、入力信号直列並列変換IFFT(Inverse Fast Fourier Transform:逆高速フーリエ変換)処理、CP(Cyclic Prefix)挿入、並びに、フィルタリングなどの信号処理を行ない、送信データを生成して、無線部103へ出力する。ここで、スケジューリング情報には、下りリンク物理リソースブロックPRB(Physical Resource Block)割り当て情報、例えば、周波数、時間から構成される物理リソースブロック位置情報が含まれ、各PRBに対応する変調方式および符号化方式には、例えば、変調方式:16QAM、符号化率:2/3コーディングレートなどの情報が含まれる。

0064

無線部103は、送信データ変調部102から入力された変調データを無線周波数アップコンバートして無線信号を生成し、アンテナ109を介して、移動局装置200に送信する。また、無線部103は、移動局装置200からの上りリンクの無線信号を、アンテナ109を介して受信し、ベースバンド信号ダウンコンバートして、受信データをチャネル推定部105と受信データ復調部106とに出力する。

0065

スケジューリング部104は、媒体アクセス制御(MAC:Medium Access Control)層の処理を行なう。スケジューリング部104は、論理チャネルとトランスポートチャネルのマッピング、下りリンクおよび上りリンクのスケジューリング(HARQ処理、トランスポートフォーマットの選択など)などを行なう。スケジューリング部104は、各物理層の処理部を統合して制御するため、スケジューリング部104と、アンテナ109、無線部103、チャネル推定部105、受信データ復調部106、データ制御部101、送信データ変調部102およびデータ抽出部107との間のインターフェースが存在する(ただし、図示しない)。

0066

スケジューリング部104は、下りリンクのスケジューリングでは、移動局装置200から受信した上りリンク信号(CSI、CQI、PMI、RIや、下りリンクトランスポートブロックに対するACK/NACKを示す情報や、スケジューリング要求や、参照信号など)や、各移動局装置使用可能なPRBの情報や、バッファ状況や、上位層108から入力されたスケジューリング情報などに基づいて、各データを変調するための下りリンクのトランスポートフォーマット(送信形態、すなわち、物理リソースブロックの割り当ておよび変調方式および符号化方式など)の選定処理およびHARQにおける再送制御および下りリンクに使用されるスケジューリング情報の生成を行なう。これら下りリンクのスケジューリングに使用されるスケジューリング情報は、データ制御部101へ出力される。

0067

また、スケジューリング部104は、上りリンクのスケジューリングでは、チャネル推定部105が出力する上りリンクのチャネル状態(無線伝搬路状態)の推定結果、移動局装置200からのリソース割り当て要求、各移動局装置200の使用可能なPRBの情報、上位層108から入力されたスケジューリング情報などに基づいて、各データを変調するための上りリンクのトランスポートフォーマット(送信形態、すなわち、物理リソースブロックの割り当ておよび変調方式および符号化方式など)の選定処理および上りリンクのスケジューリングに使用されるスケジューリング情報の生成を行なう。これら上りリンクのスケジューリングに使用されるスケジューリング情報は、データ制御部101へ出力される。

0068

また、スケジューリング部104は、上位層108から入力された下りリンクの論理チャネルをトランスポートチャネルにマッピングし、データ制御部101へ出力する。また、スケジューリング部104は、データ抽出部107から入力された上りリンクで取得した制御データとトランスポートチャンネルを、必要に応じて処理した後、上りリンクの論理チャネルにマッピングし、上位層108へ出力する。

0069

チャネル推定部105は、上りリンクデータの復調のために、復調参照信号(DRS:Demodulation Reference Signal)から上りリンクのチャネル状態を推定し、その推定結果を受信データ復調部106に出力する。また、上りリンクのスケジューリングを行なうために、サウンディング参照信号(SRS:Sounding Reference Signal)から上りリンクのチャネル状態を推定し、その推定結果をスケジューリング部104に出力する。

0070

受信データ復調部106は、OFDM方式、および/または、SC−FDMA方式に変調された受信データを復調するOFDM復調部および/またはDFT−Spread−OFDM(DFT−S−OFDM)復調部を兼ねている。受信データ復調部106は、チャネル推定部105から入力された上りリンクのチャネル状態推定結果に基づいて、無線部103から入力された変調データに対し、DFT変換、サブキャリアマッピング、IFFT変換、フィルタリング等の信号処理を行なって、復調処理を施し、データ抽出部107に出力する。

0071

データ抽出部107は、受信データ復調部106から入力されたデータに対して、正誤を確認するとともに、確認結果(ACKまたはNACK)をスケジューリング部104に出力する。また、データ抽出部107は、受信データ復調部106から入力されたデータからトランスポートチャネルと物理層の制御データとに分離して、スケジューリング部104に出力する。分離された制御データには、移動局装置200から送信されたCSI、CQI、PMI、RIや、下りリンクトランスポートブロックに対するACK/NACKを示す情報や、スケジューリング要求などが含まれている。

0072

上位層108は、パケットデータ統合プロトコル(PDCP:Packet Data Convergence Protocol)層、無線リンク制御(RLC:Radio Link Control)層、無線リソース制御(RRC:Radio Resource Control)層の処理を行なう。上位層108は、下位層の処理部を統合して制御するため、上位層108と、スケジューリング部104、アンテナ109、無線部103、チャネル推定部105、受信データ復調部106、データ制御部101、送信データ変調部102およびデータ抽出部107との間のインターフェースが存在する(ただし、図示しない)。

0073

上位層108は、無線リソース制御部110(制御部とも言う。)を有している。また、無線リソース制御部110は、各種設定情報の管理、システム情報の管理、ページング制御、各移動局装置の通信状態の管理、ハンドオーバーなどの移動管理、移動局装置ごとのバッファ状況の管理、ユニキャストおよびマルチキャストベアラ接続設定の管理、移動局識別子(UEID)の管理などを行なっている。上位層108は、別の基地局装置への情報および上位ノードへの情報の授受を行なう。

0074

[移動局装置の構成]
図3は、本発明の実施形態に係る移動局装置200の概略構成を示すブロック図である。移動局装置200は、データ制御部201と、送信データ変調部202と、無線部203と、スケジューリング部204と、チャネル推定部205と、受信データ復調部206と、データ抽出部207と、上位層208、アンテナ209と、を含んで構成されている。また、データ制御部201、送信データ変調部202、無線部203、スケジューリング部204、上位層208、アンテナ209で送信部を構成し、無線部203、スケジューリング部204、チャネル推定部205、受信データ復調部206、データ抽出部207、上位層208、アンテナ209で受信部を構成している。

0075

データ制御部201、送信データ変調部202、無線部203、で上りリンクの物理層の処理を行なう。無線部203、チャネル推定部205、受信データ復調部206、データ抽出部207、で下りリンクの物理層の処理を行なう。

0076

データ制御部201は、スケジューリング部204からトランスポートチャネルを受信する。トランスポートチャネルと、物理層で生成される信号およびチャネルを、スケジューリング部204から入力されるスケジューリング情報に基づいて、物理チャネルにマッピングする。このようにマッピングされた各データは、送信データ変調部202へ出力される。

0077

送信データ変調部202は、送信データをOFDM方式、および/または、SC−FDMA方式に変調する。送信データ変調部202は、データ制御部201から入力されたデータに対し、データ変調、DFT(離散フーリエ変換)処理、サブキャリアマッピング、IFFT(逆高速フーリエ変換)処理、CP挿入、フィルタリングなどの信号処理を行ない、送信データを生成して、無線部203へ出力する。

0078

無線部203は、送信データ変調部202から入力された変調データを無線周波数にアップコンバートして無線信号を生成し、アンテナ209を介して、基地局装置100に送信する。また、無線部203は、基地局装置100からの下りリンクのデータで変調された無線信号を、アンテナ209を介して受信し、ベースバンド信号にダウンコンバートして、受信データを、チャネル推定部205および受信データ復調部206に出力する。

0079

スケジューリング部204は、媒体アクセス制御(MAC:Medium Access Control)層の処理を行なう。スケジューリング部104は、論理チャネルとトランスポートチャネルのマッピング、下りリンクおよび上りリンクのスケジューリング(HARQ処理、トランスポートフォーマットの選択など)などを行なう。スケジューリング部204は、各物理層の処理部を統合して制御するため、スケジューリング部204と、アンテナ209、データ制御部201、送信データ変調部202、チャネル推定部205、受信データ復調部206、データ抽出部207および無線部203との間のインターフェースが存在する(ただし、図示しない)。

0080

スケジューリング部204は、下りリンクのスケジューリングでは、基地局装置100や上位層208からのスケジューリング情報(トランスポートフォーマットやHARQ再送情報)などに基づいて、トランスポートチャネルおよび物理信号および物理チャネルの受信制御、HARQ再送制御および下りリンクのスケジューリングに使用されるスケジューリング情報の生成を行なう。これら下りリンクのスケジューリングに使用されるスケジューリング情報は、データ制御部201へ出力される。

0081

スケジューリング部204は、上りリンクのスケジューリングでは、上位層208から入力された上りリンクのバッファ状況、データ抽出部207から入力された基地局装置100からの上りリンクのスケジューリング情報(トランスポートフォーマットやHARQ再送情報など)、および、上位層208から入力されたスケジューリング情報などに基づいて、上位層208から入力された上りリンクの論理チャネルをトランスポートチャネルにマッピングするためのスケジューリング処理および上りリンクのスケジューリングに使用されるスケジューリング情報の生成を行なう。なお、上りリンクのトランスポートフォーマットについては、基地局装置100から通知された情報を利用する。これらスケジューリング情報は、データ制御部201へ出力される。

0082

また、スケジューリング部204は、上位層208から入力された上りリンクの論理チャネルをトランスポートチャネルにマッピングし、データ制御部201へ出力する。また、スケジューリング部204は、チャネル推定部205から入力されたCSIや、CQIや、PMIや、RIや、データ抽出部207から入力されたCRCチェックの確認結果についても、データ制御部201へ出力する。また、スケジューリング部204は、データ抽出部207から入力された下りリンクで取得した制御データとトランスポートチャネルを、必要に応じて処理した後、下りリンクの論理チャネルにマッピングし、上位層208へ出力する。

0083

チャネル推定部205は、下りリンクデータの復調のために、復調参照信号から下りリンクのチャネル状態を推定し、その推定結果を受信データ復調部206に出力する。また、チャネル推定部205は、基地局装置100に下りリンクのチャネル状態(無線伝搬路状態、CSI、CQI、PMI、RI)の推定結果を通知するために、下りリンク参照信号から下りリンクのチャネル状態を推定し、この推定結果を、例えば、CSIや、CQIや、PMIや、RIとして、スケジューリング部204に出力する。

0084

受信データ復調部206は、OFDM方式に変調された受信データを復調する。受信データ復調部206は、チャネル推定部205から入力された下りリンクのチャネル状態推定結果に基づいて、無線部203から入力された変調データに対して、復調処理を施し、データ抽出部207に出力する。

0085

データ抽出部207は、受信データ復調部206から入力されたデータに対して、CRCチェックを行ない、正誤を確認するとともに、確認結果(ACKまたはNACKを示す情報)をスケジューリング部204に出力する。また、データ抽出部207は、受信データ復調部206から入力されたデータからトランスポートチャネルと物理層の制御データに分離して、スケジューリング部204に出力する。分離された制御データには、下りリンクまたは上りリンクのリソース割り当てや上りリンクのHARQ制御情報などのスケジューリング情報が含まれている。

0086

上位層208は、パケットデータ統合プロトコル(PDCP:Packet Data Convergence Protocol)層、無線リンク制御(RLC:Radio Link Control)層、無線リソース制御(RRC:Radio Resource Control)層の処理を行なう。上位層208は、下位層の処理部を統合して制御するため、上位層208と、スケジューリング部204、アンテナ209、データ制御部201、送信データ変調部202、チャネル推定部205、受信データ復調部206、データ抽出部207および無線部203との間のインターフェースが存在する(ただし、図示しない)。

0087

上位層208は、無線リソース制御部210(制御部とも言う)を有している。無線リソース制御部210は、各種設定情報の管理、システム情報の管理、ページング制御、自局の通信状態の管理、ハンドオーバーなどの移動管理、バッファ状況の管理、ユニキャストおよびマルチキャストベアラの接続設定の管理、移動局識別子(UEID)の管理を行なう。

0088

(第1の実施形態)
次に、基地局装置100および移動局装置200を用いた移動通信システムにおける第1の実施形態を説明する。第1の実施形態では、基地局装置は、SRSの送信指示とパラメータとを含むDCIフォーマットを、少なくとも1つは含む複数のDCIフォーマットを、同一サブフレームで、移動局装置へ通知し、移動局装置は、複数のDCIフォーマットのうち、所定のDCIフォーマットが、SRSの送信指示とパラメータとを含んでいる場合には、SRSを基地局装置へ送信する。すなわち、基地局装置は、複数のDCIフォーマットを、同一サブフレームで、移動局装置へ通知し、移動局装置は、複数のDCIフォーマットのうち、少なくとも1つのDCIフォーマットが、SRSの送信指示とパラメータを含んでいる場合には、SRSを基地局装置へ送信する。

0089

また、基地局装置は、複数のDCIフォーマットを、同一サブフレームで、移動局装置へ通知し、移動局装置は、複数のDCIフォーマットの全てが、SRSの送信指示とパラメータとを含んでいる場合には、所定のサブフレームおよび/または所定のDCIフォーマットで通知されたパラメータに基づいて設定したSRSを基地局装置へ送信する。

0090

この際、移動局装置は、基地局装置から複数のDCIフォーマットを通知されたサブフレームの所定後のサブフレーム(例えば、4サブフレーム後のサブフレーム)で、SRSを基地局装置へ送信することができる。また、基地局装置は、移動局装置が、SRSを基地局装置へ送信するサブフレームを、セル固有に、移動局装置へ設定することができる。また、基地局装置は、移動局装置が、SRSを基地局装置へ送信するサブフレームを、移動局装置固有に、移動局装置へ設定することができる。移動局装置は、基地局装置から設定されたサブフレームで、SRSを基地局装置へ送信することができる。

0091

また、基地局装置は、SRSの送信指示とパラメータとを含むDCIフォーマットを、移動局装置固有検索領域(USS:UE specific Search Space)に配置することができる。また、基地局装置は、USSに配置するSRSの送信指示とパラメータとを含むDCIフォーマットに、下りリンクスケジューリングの情報を含めて、移動局装置へ通知することができる。また、基地局装置は、USSに配置するSRSの送信指示とパラメータとを含むDCIフォーマットに、上りリンクスケジューリングの情報を含めて、移動局装置へ通知することができる。

0092

さらに、基地局装置は、SRSの送信指示とパラメータとを含むDCIフォーマットを、共通検索領域(CSS:Common Search Space)に配置することができる。

0093

以下、本実施形態では、周波数帯域は、帯域幅(Hz)で定義されているが、周波数と時間で構成されるリソースブロック(RB)の数で定義されても良い。すなわち、帯域幅は、リソースブロックの数によって定義されても良い。また、帯域幅やリソースブロックの数は、サブキャリアの数によって定義することもできる。

0094

本実施形態におけるコンポーネントキャリアとは、(広帯域な)周波数帯域(システム帯域でも良い)を持った移動通信システムにおいて、基地局装置と移動局装置が通信を行なう際に複合的に使用する(狭帯域な)周波数帯域を示している。基地局装置と移動局装置は、複数のコンポーネントキャリア(例えば、20MHzの帯域幅を持った5つの周波数帯域)を集約することによって、(広帯域な)周波数帯域(例えば、100MHzの帯域幅を持った周波数帯域)を構成し、これら複数のコンポーネントキャリアを複合的に使用することによって、高速なデータ通信(情報の送受信)を実現することができる。

0095

コンポーネントキャリアとは、この(広帯域な)周波数帯域(例えば、100MHzの帯域幅を持った周波数帯域)を構成する(狭帯域な)周波数帯域(例えば、20MHzの帯域幅を持った周波数帯域)それぞれのことを示している。また、コンポーネントキャリアとは、この(狭帯域な)周波数帯域それぞれの(中心)キャリア周波数を示していても良い。

0096

すなわち、下りリンクコンポーネントキャリアは、基地局装置と移動局装置が、下りリンクの情報を送受信する際に使用可能な周波数帯域の中の一部の帯域(幅)を有し、上りリンクコンポーネントキャリアは、基地局装置と移動局装置が、上りリンクの情報を送受信する際に使用可能な周波数帯域の中の一部の帯域(幅)を有している。さらに、コンポーネントキャリアは、ある特定の物理チャネル(例えば、PDCCHやPUCCHなど)が構成される単位として定義されても良い。

0097

また、コンポーネントキャリアは、連続な周波数帯域に配置されていても、不連続な周波数帯域に配置されていても良く、基地局装置と移動局装置は、連続および/または不連続な周波数帯域である複数のコンポーネントキャリアを集約することによって、広帯域な周波数帯域を構成し、これら複数のコンポーネントキャリアを複合的に使用することによって、高速なデータ通信(情報の送受信)を実現することができる。

0098

さらに、コンポーネントキャリアによって構成される下りリンクの通信に使用される周波数帯域と上りリンクの通信に使用される周波数帯域は、同じ帯域幅である必要はなく、基地局装置と移動局装置は、コンポーネントキャリアによって構成される異なる帯域幅を持った下りリンクの周波数帯域、上りリンクの周波数帯域を複合的に使用して通信を行なうことができる(上述した非対称周波数帯域集約:Asymmetric carrier aggregation)。

0099

図4は、第1の実施形態が適用可能な移動通信システムの例を示す図である。図4では、例として、図9に示したような非対称周波数帯域集約された移動通信システムを示しているが、第1の実施形態は、対称周波数帯域集約および非対称周波数帯域集約されたいずれの移動通信システムにでも適用可能である。

0100

図4は、例として、100MHzの帯域幅を持った下りリンクの通信に使用される周波数帯域が、20MHzの帯域幅を持った5つの下りリンクコンポーネントキャリア(DCC1、DCC2、DCC3、DCC4、DCC5)によって構成されていることを示している。また、40MHzの帯域幅を持った上りリンクの通信に使用される周波数帯域が、20MHzの帯域幅を持った2つの上りリンクコンポーネントキャリア(UCC1、UCC2)によって構成されていることを示している。

0101

図4において、下りリンク/上りリンクのコンポーネントキャリアそれぞれには下りリンク/上りリンクのチャネルが配置され、基地局装置は、PDCCHを使用してPDSCHを移動局装置へ割り当て(スケジュールし)、PDSCHを使用して下りリンクトランスポートブロックを移動局装置へ送信する。ここで、図4において、基地局装置は、同一サブフレームで、最大5つまでの下りリンクトランスポートブロック(PDSCHでも良い)を移動局装置へ送信することができる。

0102

また、移動局装置は、PUCCHおよび/またはPUSCHを使用して、チャネル状態情報や、下りリンクトランスポートブロックに対するHARQにおけるACK/NACKを示す情報や、スケジューリング要求などの上りリンク制御情報を基地局装置へ送信する。また、移動局装置は、基地局装置からのPDCCHによって割り当てられた(スケジュールされた)、PUSCHを使用して上りリンクトランスポートブロックを基地局装置へ送信することができる。ここで、図4において、移動局装置は、同一サブフレームで、最大2つまでの上りリンクトランスポートブロック(PUSCHでも良い)を基地局装置へ送信することができる。

0103

図4において、基地局装置は、移動局装置に対して、周期的なSRS(P−SRS:Periodic SRS)の送信を指示することができる。例えば、基地局装置は、移動局装置が、P−SRSを送信する際のインターバル送信周期)を示す情報を、移動局装置毎に送信するRRCシグナリングに含めて移動局装置へ送信することによって、移動局装置に対して、P−SRSの送信を指示することができる。

0104

基地局装置によってP−SRSの送信が指示された移動局装置は、周期的にP−SRSを基地局装置へ送信する。例えば、移動局装置は、基地局装置によって設定されたインターバルに従って、P−SRSを基地局装置へ送信する。

0105

また、図4において、基地局装置は、移動局装置に対して、非周期的なSRS(A−SRS:Aperiodic SRS)の送信を指示することができる。例えば、基地局装置は、下りリンク制御情報フォーマット(DCIフォーマット、PDCCHでも良い)に、A−SRSの送信指示とパラメータとを含めて移動局装置へ送信することによって、移動局装置に対して、通知されたパラメータに基づいて設定したA−SRSの送信を指示することができる。

0106

例えば、基地局装置は、下りリンクに対するDCIフォーマット(ダウンリンクグラント、ダウンリンクアサインメントとも呼称する)に、A−SRSの送信指示とパラメータとを含めて送信することによって、移動局装置に対して、A−SRSの送信を指示することができる。すなわち、基地局装置は上述したようなDCIフォーマット1/1A(DCIフォーマット1/1Aと同様のDCIフォーマットでも良い)を使用して、移動局装置に対して、A−SRSの送信を指示することができる。また、基地局装置は上述したようなDCIフォーマット2(DCIフォーマット2と同様のDCIフォーマットでも良い)を使用して、移動局装置に対して、A−SRSの送信を指示することができる。

0107

以下、簡単のために、この下りリンクに対するDCIフォーマット(DCIフォーマット1/1A、DCIフォーマット1/1Aと同様のDCIフォーマット、DCIフォーマット2、DCIフォーマット2と同様のDCIフォーマット、でも良い)を、DCIフォーマットAと呼称する。

0108

ここで、例えば、DCIフォーマットAは、基地局装置が、PDSCHをスケジューリングする際に使用される。すなわち、DCIフォーマットAは、基地局装置が、PDSCHを1つの送信アンテナポートで送信する際に使用される。また、DCIフォーマットAは、基地局装置が、PDSCHを2つの送信アンテナポート(ただし、送信アンテナポート数は2つ以上であっても良い)で送信する際に使用される。また、DCIフォーマットAは、基地局装置が、ランダムアクセスプロシージャ(random access procedure)に関する指示を行う際に使用される。

0109

例えば、DCIフォーマットAで送信される情報には、リソース割り当てタイプを示すリソース割り当てヘッダ情報(Resource allocation header)、PDSCHに対するリソース割り当て情報(Resource block assignment)、変調方式や符号化率を示すMCS情報(Modulation and Coding Scheme)、HARQのプロセスナンバーを示す情報(HARQ process number)、送信データが新データかどうかを識別するための情報(New data indicator)、再送用のパラメータを示す情報(Redundancy version)、PUCCHに対するTPCコマンド情報(TPC command for PUCCH)が含まれる。

0110

また、例えば、DCIフォーマットAで送信される情報には、他のDCIフォーマットとの識別に使用される情報(Flag for format differentiation)、バーチャルリソースブロックの割り当て方法の識別に使用される情報(Localized/DistributedVRB assignment flag)、ランダムアクセスプロシージャに関する指示に使用される情報(Preamble Index、PRACH Mask Index)、パディングビット(Padding bit)が含まれる。

0111

すなわち、これらの情報(情報ビット)がマップされる情報フィールドが、DCIフォーマットAに定義される。すなわち、DCIフォーマットAには、下りリンクスケジューリング情報が含まれる。ここで、DCIフォーマットAは、ある(特定の)移動局装置に対する下りリンクに対する情報が含まれる。すなわち、DCIフォーマットAは、基地局装置によって、移動局装置固有検索領域(USS:UE specific Search Space)に配置される。

0112

基地局装置は、DCIフォーマットAに、A−SRSの送信指示とパラメータとを含めて移動局装置へ送信し、移動局装置に対して、通知されたパラメータに基づいて設定したA−SRSの送信を指示することができる。ここで、A−SRSの送信指示は、例えば、DCIフォーマットAにA−SRSの送信指示に対する情報フィールド(例えば、1ビットの情報フィールド)を定義することによって、実現することができる。

0113

また、A−SRSの送信指示および/またはパラメータは、上述したようなDCIフォーマットAに含まれる情報フィールド(情報)の中の、ある特定の情報フィールド(情報)をある特定の値にセットすることによって、実現することができる。例えば、A−SRSの送信指示および/またはパラメータは、DCIフォーマットAに含まれるFlag for format differentiationを“0”に、Localized/DistributedVRB assignment flagを“1”にセットすることによって、実現することができる。また、この際、DCIフォーマットAに含まれる残りの情報フィールド(ある特定の情報フィールド以外の情報フィールド)を、移動局装置が、A−SRSを送信するための情報フィールド(移動局装置が、A−SRSを送信する際に使用するA−SRSパラメータがマップされる情報フィールド)として使用することもできる。

0114

ここで、DCIフォーマットAに含まれるどの情報フィールド(どの情報)をどの値にセットした際に、A−SRSの送信指示および/またはパラメータを示すのかは、仕様等によって事前に定義され、基地局装置と移動局装置の間で、既知とすることができる。このように、DCIフォーマットに含まれるある特定の情報フィールド(情報)をある特定の値にセットすることによって、(本来の用途(例えば、下りリンクスケジューリング)とは異なる)ある用途に用いること(例えば、A−SRSの送信指示とパラメータとに用いること)は、DCIフォーマットにコードポイント(Code point)をセットするとも呼称される。

0115

移動局装置は、事前に定義された情報フィールドがある特定の値にセットされているかどうかに応じて、そのDCIフォーマットが、例えば、下りリンクスケジューリングを指示しているのか、A−SRSの送信を指示しているのかを認識する。また、移動局装置は、事前に定義された情報フィールドがある特定の値にセットされているかどうかに応じて、DCIフォーマットに含まれる情報フィールドの解釈を変更する。例えば、移動局装置は、事前に定義された情報フィールドがある特定の値にセットされている場合には、残りの情報フィールドを、A−SRSを送信するためのA−SRSパラメータがマップされる情報フィールドへ、解釈を変更することができる。

0116

すなわち、基地局装置は、DCIフォーマットAに、A−SRSの送信指示とパラメータとを明示的に含めて移動局装置へ送信し(例えば、A−SRSの送信を指示する1ビットの情報を移動局装置へ送信し)、移動局装置に対して、A−SRSの送信を指示することができる。また、基地局装置は、DCIフォーマットAに含まれるある特定の情報フィールドをある特定の値にセットすることによって、A−SRSの送信指示およびパラメータを移動局装置へ送信し、移動局装置に対して、A−SRSの送信を指示することができる。

0117

また、例えば、基地局装置は、上りリンクに対するDCIフォーマット(アップリンクグラント、アップリンクアサインメントとも呼称する)に、A−SRSの送信指示とパラメータとを含めて送信することによって、移動局装置に対して、動的にパラメータの変更が可能なA−SRSの送信を指示することができる。すなわち、基地局装置は上述したようなDCIフォーマット0/0A(DCIフォーマット0/0Aと同様のDCIフォーマットでも良い)を使用して、移動局装置に対して、A−SRSの送信を指示することができる。すなわち、基地局装置は、通信環境に応じて、A−SRSのパラメータを変更し、効率的なA−SRSの送信を行なうことができる。

0118

以下、簡単のために、この上りリンクに対するDCIフォーマット(DCIフォーマット0/0A、DCIフォーマット0/0Aと同様のDCIフォーマットでも良い)を、DCIフォーマットBと呼称する。

0119

ここで、例えば、DCIフォーマットBは、基地局装置が、PUSCHをスケジューリングする際に使用される。すなわち、DCIフォーマットBは、移動局装置が、1つの送信アンテナポートでPUSCHを送信する際に使用される。また、DCIフォーマットBは、移動局装置が、2つの送信アンテナポート(送信アンテナポート数は2つ以上であっても良い)でPUSCHを送信する際に使用される。

0120

例えば、DCIフォーマットBで送信される情報には、他のDCIフォーマットとの識別に使用される情報(Flag for format differentiation)、ホッピングを伴う送信を指示する情報(Hoppingflag)、PUSCHに対するリソース割り当て情報(Resource block assignment)、変調方式や符号化率、再送用のパラメータを示す情報(Modulation and Coding Scheme and Redundancy version)、送信データが新データかどうかを識別するための情報(New data indicator)、スケジュールされたPUSCHに対するTPCコマンド(TPC command for scheduled PUSCH)情報、復調参照信号に施されるサイクリックシフトを示す情報(Cyclic shift forDMRS)、CQIの送信要求情報(CQI request)、パディングビット(Padding bit)が含まれる。

0121

すなわち、これらの情報(情報ビット)がマップされる情報フィールドが、DCIフォーマットBに定義される。すなわち、DCIフォーマットBには、上りリンクスケジューリング情報が含まれる。ここで、DCIフォーマットBは、ある(特定の)移動局装置に対する上りリンクスケジューリング情報が含まれる。すなわち、DCIフォーマットBは、基地局装置によって、移動局装置固有検索領域(USS:UE specific Search Space)に配置される。

0122

基地局装置は、DCIフォーマットBに、A−SRSの送信指示とパラメータとを含めて移動局装置へ送信し、移動局装置に対して、A−SRSの送信を指示することができる。ここで、A−SRSの送信指示とパラメータとは、例えば、DCIフォーマットBにA−SRSの送信指示とパラメータとに対する情報フィールド(例えば、1ビットの情報フィールド)を定義することによって、実現することができる。

0123

また、A−SRSの送信指示とパラメータとは、上述したようなDCIフォーマットBに含まれる情報フィールド(情報)の中の、ある特定の情報フィールド(情報)をある特定の値にセットすることによって、実現することができる。例えば、A−SRSの送信指示とパラメータとは、DCIフォーマットBに含まれるFlag for format differentiationを“0”に、Resource block assignmentを“1”に設定することによって、実現することができる。また、この際、DCIフォーマットBに含まれる残りの情報フィールド(ある特定の情報フィールド以外の情報フィールド)を、A−SRSを送信するための情報フィールド(移動局装置が、A−SRSを送信する際に使用するA−SRSパラメータがマップされる情報フィールド)として使用することもできる。

0124

ここで、DCIフォーマットBに含まれるどの情報フィールド(どの情報)をどの値にセットした際に、A−SRSの送信指示とパラメータとを示すのかは、仕様等によって事前に定義され、基地局装置と移動局装置の間で、既知とすることができる。

0125

すなわち、基地局装置は、DCIフォーマットBに、A−SRSの送信指示とパラメータとを明示的に含めて移動局装置へ送信し(例えば、A−SRSの送信を指示する1ビットの情報を移動局装置へ送信し)、移動局装置に対して、A−SRSの送信を指示することができる。また、基地局装置は、DCIフォーマットBに含まれるある特定の情報フィールドをある特定の値にセットすることによって、A−SRSの送信指示とパラメータとを移動局装置へ送信し、移動局装置に対して、A−SRSの送信を指示することができる。

0126

また、例えば、基地局装置は、複数の移動局装置に対する複数のTPCコマンドを含むDCIフォーマットに、A−SRSの送信指示とパラメータとを含めて送信することによって、移動局装置に対して、A−SRSの送信を指示することができる。すなわち、基地局装置は上述したようなDCIフォーマット3/3A(DCIフォーマット3/3Aと同様のDCIフォーマットでも良い)を使用して、移動局装置に対して、A−SRSの送信を指示することができる。

0127

基地局装置によってA−SRSの送信が指示された移動局装置は、非周期的にA−SRSを基地局装置へ送信する。例えば、移動局装置は、基地局装置からA−SRSの送信指示とパラメータとが含まれるDCIフォーマット(PDCCHでも良い)が通知されたサブフレームの所定後のサブフレーム(例えば、4サブフレーム後のサブフレーム)で、A−SRSを基地局装置へ送信することができる。

0128

また、基地局装置は、移動局装置が、P−SRSを送信するサブフレームを、セル固有(cell specific)および/または移動局装置固有(UE specific)に、移動局装置へ設定することができる。また、基地局装置は、移動局装置がA−SRSを送信するサブフレームを、セル固有(cell specific)および/または移動局装置固有(UE specific)に、移動局装置へ設定することができる。以下、基地局装置によって設定される、移動局装置が、P−SRSおよび/またはA−SRSを送信するサブフレームをSRSサブフレームとも呼称する。

0129

例えば、基地局装置は、SRSサブフレームを、報知情報報知チャネル)を使用して、セル固有に、移動局装置へ設定することができる。また、基地局装置は、SRSサブフレームを、RRCシグナリングを使用して、移動局装置固有に、移動局装置へ設定することができる。例えば、基地局装置は、SRSサブフレームを、基準となるあるサブフレームからのオフセット値と周期によって設定することができる。

0130

移動局装置は、基地局装置によって設定されたSRSサブフレームで、P−SRSを送信することができる。例えば、移動局装置は、基地局装置によって設定されたインターバルに従って、SRSサブフレームで、周期的にP−SRSを送信する。

0131

また、移動局装置は、基地局装置によって設定されたSRSサブフレームで、A−SRSを送信することができる。例えば、移動局装置は、基地局装置によってA−SRSの送信指示とパラメータとが含まれるDCIフォーマットが通知されたサブフレームの後の、最初のSRSサブフレームで、A−SRSを送信する。すなわち、移動局装置は、基地局装置からA−SRSの送信指示とパラメータとが含まれるDCIフォーマットを検出した後の、最初のSRSサブフレームで、A−SRSを送信する。

0132

また、基地局装置は、移動局装置が、P−SRSを送信する際に使用するパラメータ(P−SRSパラメータ)を、移動局装置に対して設定することができる。例えば、基地局装置は、P−SRSパラメータを、RRCシグナリングを使用して、移動局装置へ設定することができる。また、例えば、基地局装置は、移動局装置が、P−SRSパラメータを、PDCCHを使用して、移動局装置へ設定することができる。

0133

ここで、P−SRSパラメータには、移動局装置がP−SRSを送信する際のインターバル(送信周期)が含まれる。また、P−SRSパラメータには、移動局装置がP−SRSを送信するための送信帯域幅SRS送信帯域幅)が含まれる。また、P−SRSパラメータには、移動局装置間または信号間の直交性を維持するために使用されるサイクリックシフト(CS:Cyclic Shit)が含まれる。また、P−SRSパラメータには、P−SRSを配置する周波数位置を示す周波数割り当て位置を示す情報が含まれる。また、P−SRSパラメータには、P−SRSの送信を満了するための送信回数または送信停止時間が含まれる。また、P−SRSパラメータには、P−SRSを送信するアンテナポートアンテナインデックス)が含まれる。また、P−SRSパラメータには、MIMOのように複数のアンテナを同時に使用してP−SRSの送信を行うか否かを示す複数アンテナ同時送信フラグが含まれる。また、P−SRSパラメータには、P−SRSに対するTPCコマンド(送信電力制御情報)が含まれる。

0134

また、基地局装置は、移動局装置が、A−SRSを送信する際に使用するパラメータ(A−SRSパラメータ)を、移動局装置に対して設定することができる。例えば、基地局装置は、A−SRSパラメータを、RRCシグナリングを使用して、移動局装置へ設定することができる。また、例えば、基地局装置は、移動局装置が、A−SRSパラメータを、PDCCHを使用して、移動局装置へ割り当てることができる。また、上述したように、基地局装置は、DCIフォーマットにコードポイントをセットすることによって、A−SRSパラメータを、移動局装置へ割り当てることができる。

0135

ここで、A−SRSパラメータには、移動局装置がA−SRSを送信する際の送信帯域幅(SRS送信帯域幅)が含まれる。また、A−SRSパラメータには、移動局装置間または信号間の直交性を維持するために使用されるサイクリックシフト(CS:Cyclic Shit)が含まれる。また、A−SRSパラメータには、A−SRSを配置する周波数位置を示す周波数割り当て位置を示す情報が含まれる。また、A−SRSパラメータには、A−SRSの送信を満了するための送信回数または送信停止時間が含まれる。また、A−SRSパラメータには、A−SRSを送信するアンテナポート(アンテナインデックス)が含まれる。また、A−SRSパラメータには、MIMOのように複数のアンテナを同時に使用してA−SRSの送信を行うか否かを示す複数アンテナ同時送信フラグが含まれる。また、A−SRSパラメータには、A−SRSに対するTPCコマンド(送信電力制御情報)が含まれる。

0136

ここで、A−SRSパラメータは、A−SRSの送信を指示するDCIフォーマット毎に設定されても良い。例えば、基地局装置からのDCIフォーマットAによってA−SRSの送信が指示された場合に使用するA−SRSパラメータと、DCIフォーマットBによってA−SRSの送信が指示された場合に使用するA−SRSパラメータが、それぞれ設定されても良い。移動局装置は、基地局装置からのA−SRSの送信指示とパラメータとを含んだDCIフォーマットに応じて、使用するA−SRSパラメータを切り替えて、A−SRSを基地局装置へ送信することができる。

0137

また、A−SRSパラメータは、A−SRSの送信を指示するDCIフォーマットに依らずに、共通のA−SRSパラメータ(単一のA−SRSパラメータ)として設定されても良い。移動局装置は、基地局装置からA−SRSの送信指示とパラメータとを含んだDCIフォーマットが通知された場合には、DCIフォーマットに依らずに(どのDCIフォーマットによってA−SRSの送信が指示されたとしても)、単一のA−SRSパラメータを使用して、A−SRSを基地局装置へ送信することができる。

0138

図5は、移動局装置によるSRS(P−SRS、A−SRS)送信の例を示す図である。図5において、横軸はサブフレーム(時間)を示している。また、縦軸は周波数(周波数帯域)を示している。ここで、図5は、例として、移動局装置による1つの上りリンクコンポーネントキャリア内におけるSRSの送信を示している。

0139

図5に示すように、例えば、基地局装置は、移動局装置に対して、上りリンクコンポーネント毎にSRS(P−SRS、A−SRS)の送信を指示(設定)し、移動局装置は、基地局装置からの指示に従って、上りリンクコンポーネント毎にSRS(P−SRS、A−SRS)を基地局装置へ送信することもできる。すなわち、基地局装置は、P−SRSパラメータおよび/またはA−SRSパラメータを、上りリンクコンポーネント毎に、移動局装置へ設定することができる。

0140

ここで、移動局装置が、上りリンク信号をマッピングするSC−FDMAシンボルそれぞれは、異なる用途に使用される。例えば、移動局装置が、上りリンク信号を7つのSC−FDMAシンボル(0番から6番の7つのSC−FDMAシンボル)にマッピングして基地局装置へ送信する場合、SRS(P−SRS、A−SRS)は、6番目のSC−FDMAシンボルにマップされる。

0141

以下、簡単のために、移動局装置は、サブフレームにおいてSRS(P−SRS、A−SRS)を基地措置へ送信すると記載するが、SRS(P−SRS、A−SRS)は、サブフレーム内の、あるSC−FDMAシンボルにマッピングされて基地局装置へ送信されても良い。また、以下に記載するような、P−SRSの送信とA−SRSの送信が同時に生じる(P−SRSの送信とA−SRSの送信が衝突する)ことは、P−SRSの送信とA−SRSの送信が、シンボルレベルで、同時に生じる(衝突する)ことを示していても良い。

0142

図5では、基地局装置が、SRSサブフレームとして、サブフレームn−2、サブフレームn、サブフレームn+2、サブフレームn+4、サブフレームn+6、サブフレームn+8、サブフレームn+10を移動局装置へ設定していることを示している。移動局装置は、基地局装置によって設定されたSRSサブフレームで、SRS(P−SRS、A−SRS)を基地局装置へ送信することができる。

0143

また、移動局装置は、基地局装置からA−SRSの送信指示とパラメータとを含むDCIフォーマットが通知されたサブフレームの所定後のサブフレーム(例えば、4サブフレーム後のサブフレーム)で、A−SRSを送信することができる。また、移動局装置は、基地局装置からA−SRSの送信指示とパラメータとを含むDCIフォーマット(PDCCHでも良い)が通知されたサブフレームの後の、最初のSRSサブフレーム(SRSを送信可能なサブフレーム)で、A−SRSを送信することができる。

0144

図5では、移動局装置が、基地局装置からの指示に従って、P−SRS(網線で示される)を、サブフレームn−2、サブフレームn+2、サブフレームn+4、サブフレームn+6、サブフレームn+10で基地局装置へ送信していることを示している。すなわち、移動局装置は、基地局装置によって設定されたインターバル(2サブフレーム毎、2ms毎)に従って、周期的に(2サブフレーム毎に、2ms毎に)P−SRSを基地局装置へ送信する。

0145

ここで、移動局装置は、サブフレームn+4、サブフレームn+10で、基地局装置によって設定された送信帯域幅(SRS送信帯域幅)に従って、帯域Cの一部である(帯域Cを分割した帯域の一部である)帯域C−1でP−SRSを基地局装置へ送信する。また、移動局装置は、サブフレームn−2、サブフレームn+2、サブフレームn+6、サブフレームn+10で、基地局装置によって設定された送信帯域幅(SRS送信帯域幅)に従って、帯域Cの一部である(帯域Cを分割した帯域の一部である)帯域C−2でP−SRSを基地局装置へ送信する。ここで、移動局装置が、ある帯域(帯域C−1、帯域C−2)で、P−SRSを送信する送信する順番は、予め定義される(基地局装置によって設定されても良い)。また、基地局装置は、P−SRSを1回だけ送信するように、移動局装置へ設定することができる。

0146

また、図5では、移動局装置が、基地局装置からの指示に従って、A−SRS(斜線で示される)を、サブフレームn、サブフレームn+8で基地局装置へ送信していることを示している。

0147

ここで、移動局装置は、サブフレームnで、基地局装置によって設定された送信帯域幅(SRS送信)帯域幅)に従って、帯域AでA−SRSを基地局装置へ送信する。また、移動局装置は、サブフレームn+8で、基地局装置によって設定された送信帯域幅(SRS送信)帯域幅)に従って、帯域BでA−SRSを基地局装置へ送信する。

0148

また、図5において、サブフレームn、サブフレームn+8は、P−SRSの送信とA−SRSの送信が同時に生じているサブフレームを示している。図5において、移動局装置は、P−SRSの送信とA−SRSの送信が同時に生じた場合には、P−SRSを送信せずに(ドロップして)、A−SRSを基地局装置へ送信することができる。ここで、移動局装置は、P−SRSの送信とA−SRSの送信が同時に生じた場合には、P−SRSとA−SRSを多重して共に、基地局装置へ送信することもできる。例えば、移動局装置は、P−SRSの送信とA−SRSの送信が同時に生じた場合には、P−SRSとA−SRSをコード多重して共に、基地局装置へ送信することができる。

0149

ここで、図5では、例として、移動局装置が、基地局装置によって設定されたSRSサブフレーム全てにおいて、SRS(P−SRS、A−SRS)を送信しているが、移動局装置は、基地局装置によってSRSの送信が指示されていない場合には、SRSを送信しない。すなわち、移動局装置は、基地局装置によって設定された全てのSRSサブフレームで、SRSを送信しなくても良い。

0150

図6は、移動局装置によるA−SRS送信の例を説明する図である。図6において、横軸は、サブフレーム(時間)を表している。また、基地局装置が、SRSサブフレームとして、サブフレームn−2、サブフレームn+6を移動局装置へ設定していることを示している。また、移動局装置が、基地局装置によって設定されたサブフレームn−2、サブフレームn+6で、P−SRS(網線で示される)を送信していることを示している。また、移動局装置が、サブフレームn+4で、A−SRS(斜線で示される)を送信していることを示している。

0151

図6において、基地局装置は、A−SRSの送信指示とパラメータとを含むDCIフォーマットを少なくとも1つは含む複数のDCIフォーマットを、同一サブフレームで、移動局装置へ通知することができる。すなわち、基地局装置は、複数の異なるDCIフォーマットを、同一サブフレームで、移動局装置へ通知することができる。図6では、基地局装置が、A−SRSの送信指示とパラメータとを含むDCIフォーマットを少なくとも1つは含む複数のDCIフォーマット(第1のDCIフォーマット、第2のDCIフォーマット、第3のDCIフォーマットで示される)を、サブフレームnで、移動局装置へ通知していることを示している。

0152

ここで、図6では、例として、基地局装置が、3つのDCIフォーマットを、同一サブフレームで、移動局装置へ通知しているが、基地局装置によって、同一サブフレームで通知されるDCIフォーマットは、いくつであってもいいことは勿論である。

0153

ここで、基地局装置によって、移動局装置へ通知されるDCIフォーマットには、上述したようなDCIフォーマットA、DCIフォーマットBが含まれる。また、基地局装置によって、移動局装置へ通知されるDCIフォーマットには、上述したようなA−SRSの送信指示とパラメータとを含むDCIフォーマットA、A−SRSの送信指示とパラメータとを含むDCIフォーマットBが含まれる。

0154

図6において、A−SRSの送信指示とパラメータとを含むDCIフォーマットを少なくとも1つは含む複数のDCIフォーマットを、同一サブフレームで、基地局装置から通知された移動局装置は、複数のDCIフォーマットのうち、所定のDCIフォーマットがA−SRSの送信指示とパラメータとを含んでいる場合には、A−SRSを基地局装置へ送信することができる。図6では、移動局装置は、A−SRSを、基地局装置からA−SRSの送信指示とパラメータとが含まれるDCIフォーマットが通知されたサブフレームの4サブフレーム後のサブフレーム(サブフレームn+4)で、A−SRSを基地局装置へ送信していることを示している。

0155

例えば、移動局装置は、基地局装置から通知された複数のDCIフォーマットのうち、DCIフォーマットAがA−SRSの送信指示とパラメータとを含んでいる場合には(A−SRSの送信指示とパラメータとを含むDCIフォーマットAが通知された場合には、A−SRSの送信指示とパラメータとを含むDCIフォーマットAを検出した場合には)、A−SRSを基地局装置へ送信することができる。

0156

また、例えば、移動局装置は、基地局装置から通知された複数のDCIフォーマットのうち、DCIフォーマットBがA−SRSの送信指示とパラメータとを含んでいる場合には(A−SRSの送信指示とパラメータとを含むDCIフォーマットBが通知された場合には、A−SRSの送信指示とパラメータとを含むDCIフォーマットBを検出した場合には)、A−SRSを基地局装置へ送信することができる。

0157

ここで、基地局装置から通知された複数のDCIフォーマットのうち、どのDCIフォーマットがA−SRSの送信指示とパラメータとを含んでいる場合に、移動局装置が、A−SRSを送信するのかは、仕様等によって事前に定義される。すなわち、基地局装置と移動局装置の間で、基地局装置から通知された複数のDCIフォーマットのうち、どのDCIフォーマットがA−SRSの送信指示とパラメータとを含んでいる場合に、A−SRSを送受信するのかが、事前に定義される。

0158

また、基地局装置から通知された複数のDCIフォーマットのうち、どのDCIフォーマットがA−SRSの送信指示とパラメータとを含んでいる場合に、移動局装置が、A−SRSを送信するのかは、基地局装置によって、例えば、RRCシグナリングを使用して、設定されても良い。例えば、基地局装置は、DCIフォーマットAにA−SRSの送信指示とパラメータとが含まれている場合には、そのパラメータに基づいて設定したA−SRSを送信することを、移動局装置へ設定することができる。

0159

また、図6において、A−SRSの送信指示とパラメータとを含むDCIフォーマットを少なくとも1つは含む複数のDCIフォーマットを、同一サブフレームで、基地局装置から通知された移動局装置は、複数のDCIフォーマットのうち、所定のDCIフォーマットを優先し、優先したDCIフォーマットがA−SRSの送信指示とパラメータとを含んでいる場合には、そのパラメータに基づいて設定したA−SRSを基地局装置へ送信することができる。

0160

例えば、移動局装置は、基地局装置から通知された複数のDCIフォーマットのうち、DCIフォーマットAを優先し、優先したDCIフォーマットがA−SRSの送信指示とパラメータとを含んでいる場合には、A−SRSを基地局装置へ送信することができる。

0161

また、例えば、移動局装置は、基地局装置から通知された複数のDCIフォーマットのうち、DCIフォーマットBを優先し、優先したDCIフォーマットBがA−SRSの送信指示とパラメータとを含んでいる場合には、そのパラメータに基づいて設定したA−SRSを基地局装置へ送信することができる。

0162

ここで、基地局装置から通知された複数のDCIフォーマットのうち、移動局装置が、どのDCIフォーマットを優先するのかは、仕様等によって事前に定義される。すなわち、基地局装置が、複数のDCIフォーマットを、同一サブフレームで、移動局装置へ通知した際に、移動局装置が、どのDCIフォーマットに従って動作するのかが、事前に定義される。すなわち、基地局装置と移動局装置の間で、基地局装置から複数のDCIフォーマットが通知された場合に、複数のDCIフォーマットのうち、どのDCIフォーマットに従って動作するのかが、事前に定義される。

0163

また、基地局装置から通知された複数のDCIフォーマットのうち、移動局装置が、どのDCIフォーマットに従って動作するのかは、基地局装置によって、例えば、RRCシグナリングを使用して、設定されても良い。例えば、基地局装置は、移動局装置に対して、DCIフォーマットAに従って動作することを、設定することができる。

0164

例えば、基地局装置と移動局装置の間で、基地局装置から通知された複数のDCIフォーマットのうち、A−SRSの送信指示とパラメータとを含むDCIフォーマットBを最も優先し、次に、A−SRSの送信指示とパラメータとを含むDCIフォーマットAを優先することが、事前に定義される。すなわち、基地局装置と移動局装置の間で、基地局装置から複数のDCIフォーマットが通知された場合に、A−SRSの送信指示とパラメータとを含むDCIフォーマットBに従って動作することが、事前に定義される。

0165

また、例えば、基地局装置と移動局装置の間で、基地局装置から通知された複数のDCIフォーマットのうち、DCIフォーマットBを最も優先し、次に、DCIフォーマットAを優先することが、事前に定義されても良い。すなわち、DCIフォーマットA、DCIフォーマットBに対する優先度のみが、事前に定義されても良い。すなわち、基地局装置と移動局装置の間で、基地局装置から複数のDCIフォーマット(DCIフォーマットA、DCIフォーマットB)が通知された場合に、複数のDCIフォーマットのうち、どのDCIフォーマットに従って動作するのかが、事前に定義されても良い。

0166

例えば、基地局装置から通知された複数のDCIフォーマットのうち、DCIフォーマットBに従って動作することが事前に定義された移動局装置は、基地局装置から通知されたDCIフォーマットBにA−SRSの送信指示とパラメータとが含まれている場合には、A−SRSを基地局装置へ送信することができる。すなわち、基地局装置から通知された複数のDCIフォーマットのうち、DCIフォーマットBに従って動作することが事前に定義された移動局装置は、A−SRSの送信指示とパラメータとを含むDCIフォーマットBに従って、A−SRSを基地局装置へ送信することができる。

0167

また、例えば、基地局装置から通知された複数のDCIフォーマットのうち、DCIフォーマットBに従って動作することが事前に定義された移動局装置は、基地局装置から通知されたDCIフォーマットAにA−SRSの送信指示とパラメータとが含まれていたとしても、A−SRSを基地局装置へ送信しない。例えば、基地局装置から通知された複数のDCIフォーマットのうち、DCIフォーマットBに従って動作することが事前に定義された移動局装置は、A−SRSの送信指示とパラメータとを含まないDCIフォーマットBによってスケジュールされたPUSCHを使用して、上りリンクデータを基地局装置へ送信する。

0168

また、図6において、複数のDCIフォーマットを、同一サブフレームで、基地局装置から通知された移動局装置は、複数のDCIフォーマットの全てがA−SRSの送信指示とパラメータとを含んでいる場合には、所定のサブフレームおよび/または所定のDCIフォーマットで通知されたパラメータに基づいて設定したA−SRSを基地局装置へ送信することができる。ここで、所定のサブフレームおよび/または所定のDCIフォーマットは、予めシステム一意に決定されていても良いし、報知情報として基地局装置から移動局装置に一斉に通知されても良いし、基地局装置から個別の移動局装置へ通知されても良い。

0169

例えば、移動局装置は、基地局装置から通知された複数のDCIフォーマット(第1のDCIフォーマット、第2のDCIフォーマット、第3のDCIフォーマット)の全てにA−SRSの送信指示とパラメータとが含まれている場合には、そのパラメータに基づいて設定したA−SRSを基地局装置へ送信することができる。

0170

上記までに示したように、基地局装置が、複数のDCIフォーマットを、同一サブフレームで、移動局装置へ通知した際に、移動局装置が、所定のDCIフォーマットにA−SRSの送信指示とパラメータとが含まれている場合には、そのパラメータに基づいて設定したA−SRSを基地局装置へ送信することによって、基地局装置と移動局装置の間で、移動局装置によるA−SRSの送信が行われることを共有(認識)することができる。

0171

また、基地局装置が、複数の(異なる)DCIフォーマットを、同一サブフレームで、移動局装置へ通知した際に、移動局装置が、複数のDCIフォーマットの全てにA−SRSの送信指示とパラメータとが含まれている場合には、そのパラメータに基づいて設定したA−SRSを基地局装置へ送信することによって、基地局装置と移動局装置の間で、移動局装置によるA−SRSの送信が行われることを共有(認識)することができる。また、同じDCIフォーマットが複数受信した場合であっても基地局装置より指示された送信アンテナポート数によって、移動局装置は、A−SRSを送信するDCIフォーマットの優先度を変えても良い。

0172

例えば、ある特定の期間内に通知された1つの送信アンテナポートのDCIフォーマットAと2つの送信アンテナポートのDCIフォーマットAがそれぞれA−SRSの送信指示とパラメータとを含んでいる場合、2つの送信アンテナポートのDCIフォーマットAを優先してA−SRSを基地局装置へ送信することもできる。送信アンテナポート数による優先度は、予めシステムで一意に決定されていても良いし、報知情報として基地局装置から移動局装置に一斉に通知されても良いし、基地局装置から個別の移動局装置へ通知されても良い。また、優先された送信アンテナポート数に応じて、A−SRSを基地局装置へ送信する。

0173

また、1つの送信アンテナポートのDCIフォーマットが優先されている場合に、2つの送信アンテナポートでA−SRSを基地局装置へ送信しても良いし、2つの送信アンテナポートのDCIフォーマットが優先されている場合に、1つの送信アンテナポートでA−SRSを基地局装置へ送信しても良い。これらのA−SRSの送信方法については、予めシステムで一意に決定されていても良いし、報知情報として基地局装置から移動局装置に一斉に通知されても良いし、基地局装置から個別の移動局装置へ通知されても良い。

0174

基地局装置は、移動局装置から送信されるA−SRSに基づいて、移動局装置をスケジューリングし、例えば、PUSCHリソースの割り当てやPUSCHに施すべき変調方式、符号化率の決定などを行うことができる。すなわち、基地局装置によって、移動局装置に対する効率的なスケジューリングを行うことができる。

0175

(第2の実施形態)
次に、基地局装置100および移動局装置200を用いた移動通信システムにおける第2の実施形態を説明する。第2の実施形態では、基地局装置は、SRSの送信指示とパラメータとを含むDCIフォーマットを、少なくとも1つは含む複数のDCIフォーマットを、ある特定の期間において、移動局装置へ通知し、移動局装置は、複数のDCIフォーマットのうち、所定のDCIフォーマットが、SRSの送信指示とパラメータとを含んでいる場合には、SRSを基地局装置へ送信する。すなわち、基地局装置は、複数のDCIフォーマットを、ある特定の期間において、移動局装置へ通知し、移動局装置は、複数のDCIフォーマットのうち、少なくとも1つのDCIフォーマットが、SRSの送信指示とパラメータを含んでいる場合には、SRSを基地局装置へ送信する。

0176

また、基地局装置は、SRSの送信指示とパラメータとを含むDCIフォーマットを、少なくとも1つは含む複数のDCIフォーマットを、ある特定の期間において、移動局装置へ通知し、移動局装置は、SRSを送信するサブフレームの所定前のサブフレームに最も近いサブフレームで通知されたDCIフォーマットが、SRSの送信指示とパラメータとを含んでいる場合には、SRSを前記基地局装置へ送信する。例えば、最も近いサブフレームの前のサブフレームで通知されたDCIフォーマットにA−SRSの送信指示とパラメータが含まれており、既にそのA−SRSのパラメータが設定されていた場合には、最も近いサブフレームで通知されたパラメータに基づいて再設定される(A−SRSのパラメータの設定が上書き(更新)される)。

0177

また、基地局装置は、複数のDCIフォーマットを、ある特定の期間において、移動局装置へ通知し、移動局装置は、複数のDCIフォーマットの全てが、SRSの送信指示とパラメータとを含んでいる場合には、所定のサブフレームおよび/または所定のDCIフォーマットで通知されたSRSを基地局装置へ送信する。

0178

ここで、ある特定の期間とは、移動局装置が、SRSを基地局装置へ送信した次のサブフレームから、再度、SRSを前記基地局装置へ送信するサブフレームまでの期間が含まれる。また、ある特定の期間とは、移動局装置が、SRSを基地局装置へ送信したサブフレームから、再度、SRSを前記基地局装置へ送信するサブフレームまでの期間が含まれる。すなわち、ある特定の期間とは、基地局装置によって設定されたSRSサブフレーム(連続するSRSサブフレーム)間の期間が含まれる。例えば、ある特定の期間には、図7におけるサブフレームn−1からサブフレームn+6までの期間が含まれる。また、例えば、ある特定の期間には、図7におけるサブフレームn−2からサブフレームn+6までの期間が含まれる。

0179

また、ある特定の期間とは、移動局装置が、SRSを基地局装置へ送信した次のサブフレームから、再度、SRSを基地局装置へ送信するサブフレームの所定前のサブフレーム(例えば、4サブフレーム前のサブフレーム)までの期間が含まれる。また、ある特定の期間とは、移動局装置が、SRSを基地局装置へ送信したサブフレームから、再度、SRSを基地局装置へ送信するサブフレームの所定前のサブフレーム(例えば、4サブフレーム前のサブフレーム)までの期間が含まれる。例えば、ある特定の期間には、図7におけるサブフレームn−1からサブフレームn+2までの期間が含まれる。また、例えば、ある特定の期間には、図7におけるサブフレームn−2からサブフレームn+2までの期間が含まれる。

0180

また、ある特定の期間とは、SRSサブフレームの所定前のサブフレームから基地局装置よって設定されるSRSサブフレームの周期分までの期間が含まれる。すなわち、ある特定の機関とは、SRSサブフレーム周期と同じ値(長さ)が与えられる。例えば、SRSサブフレームの周期が5サブフレーム、所定前のサブフレームが4サブフレームである場合のある特定の期間には、図10におけるサブフレームn−3からサブフレームn+1までの期間が含まれる。ここで、SRSサブフレームの周期は、セル固有であっても良いし、移動局装置固有であっても良いし、予めシステムで一意であっても良い。この期間内に受信したDCIフォーマットにA−SRSの送信指示が含まれている場合には、この期間後の最初のSRSサブフレームでA−SRSを基地局装置へ送信する。すなわち、図10では、第2のフォーマットにA−SRSの送信指示とパラメータが含まれている場合には、サブフレームn+5でA−SRSを基地局装置へ送信する。

0181

例えば、SRSサブフレームをサブフレームnとすると、ある特定の期間は、n−k−a_Period+1からn−kによって表される。ここで、a_Periodは、基地局装置によって設定されるSRSサブフレーム周期を示し、kは、所定の値(例えば、k=4)を示す。

0182

ここで、移動局装置が、SRSを基地局装置へ送信するサブフレームとは、移動局装置が、P−SRSを基地局装置へ送信するサブフレームが含まれる。また、移動局装置が、SRSを基地局装置へ送信するサブフレームとは、移動局装置が、A−SRSを基地局装置へ送信するサブフレームが含まれる。

0183

また、ある特定の期間とは、基地局装置から移動局装置へ設定される期間が含まれる。例えば、基地局装置は、ある特定の期間を、報知情報を使用して、移動局装置へ設定することができる。また、例えば、基地局装置は、ある特定の期間を、RRCシグナリングを使用して、移動局装置へ設定することができる。

0184

また、基地局装置は、移動局装置が、SRSを基地局装置へ送信するサブフレームを、セル固有に、移動局装置へ設定することができる。また、基地局装置は、移動局装置が、SRSを基地局装置へ送信するサブフレームを、移動局装置固有に、移動局装置へ設定することができる。移動局装置は、基地局装置から設定されたサブフレームで、SRSを基地局装置へ送信することができる。

0185

また、基地局装置は、SRSの送信指示とパラメータとを含むDCIフォーマットを、移動局装置固有検索領域(USS:UE specific Search Space)に配置することができる。ここで、基地局装置は、USSに配置するSRSの送信指示とパラメータとを含むDCIフォーマットに、下りリンクスケジューリングの情報を含めて、移動局装置へ通知することができる。また、基地局装置は、USSに配置するSRSの送信指示とパラメータとを含むDCIフォーマットに、上りリンクスケジューリングの情報を含めて、移動局装置へ通知することができる。

0186

また、基地局装置は、SRSの送信指示とパラメータとを含むDCIフォーマットを、共通検索領域(CSS:Common Search Space)に配置することができる。

0187

第2の実施形態は、第1の実施形態で説明した移動通信システムと同様の移動通信システムに適用可能である。すなわち、第2の実施形態は、対称周波数帯域集約および非対称周波数帯域集約されたいずれの移動通信システムにでも適用可能である。

0188

第1の実施形態で説明したように、基地局装置は、移動局装置に対して、P−SRSの送信を指示することができる。また、基地局装置は、移動局装置に対して、A−SRSの送信を指示することができる。ここで、基地局装置によるP−SRSの送信指示とパラメータと、A−SRSの送信指示とパラメータとに関しては、第1の実施形態で説明したので省略する。

0189

また、移動局装置は、基地局装置からの指示に従って、周期的にP−SRSを基地局装置へ送信することができる。また、移動局装置は、基地局装置からの指示に従って、非周期的にA−SRSを基地局装置へ送信することができる。ここで、移動局装置によるP−SRSの送信、A−SRSの送信に関しては、第1の実施形態で説明したので省略する。

0190

図7は、移動局装置によるA−SRS送信の例を説明する図である。図7において、横軸は、サブフレーム(時間)を表している。また、基地局装置が、SRSサブフレームとして、サブフレームn−2、サブフレームn+6を移動局装置へ設定していることを示している。また、移動局装置が、基地局装置によって設定されたサブフレームn−2で、P−SRS(網線で示される)を送信していることを示している。また、移動局装置が、基地局装置によって設定されたサブフレームn+6で、A−SRS(斜線で示される)を送信していることを示している。

0191

すなわち、図7において、移動局装置は、基地局装置からA−SRSの送信指示とパラメータとを含むDCIフォーマット(PDCCHでも良い)が通知されたサブフレームの後の、最初のSRSサブフレーム(SRSを送信可能なサブフレーム)で、A−SRSを基地局装置へ送信する。

0192

図7において、基地局装置は、A−SRSの送信指示とパラメータとを含むDCIフォーマットを少なくとも1つは含む複数のDCIフォーマットを、ある特定の期間において、移動局装置へ通知することができる。すなわち、基地局装置は、複数の異なるDCIフォーマットを、ある特定の期間において、移動局装置へ通知することができる。図7では、基地局装置が、A−SRSの送信指示とパラメータとを含むDCIフォーマットを少なくとも1つは含む複数のDCIフォーマット(第1のDCIフォーマット、第2のDCIフォーマット、第3のDCIフォーマットで示される)それぞれを、サブフレームn−1、n+1、n+5で、移動局装置へ通知していることを示している。

0193

ここで、以下の説明では、ある特定の期間を、移動局装置が、SRSを基地局装置へ送信した次のサブフレームから、再度、SRSを基地局装置へ送信するサブフレームまでの期間として説明するが、上述したような期間であれば、同様の実施形態が適用できることは勿論である。また、図7では、例として、基地局装置が、3つのDCIフォーマットを、ある特定の期間において、移動局装置へ通知しているが、基地局装置によって、ある特定の期間において通知されるDCIフォーマットは、いくつであってもいいことは勿論である。

0194

ここで、基地局装置によって、移動局装置へ通知されるDCIフォーマットには、上述したようなDCIフォーマットA、DCIフォーマットBが含まれる。また、基地局装置によって、移動局装置へ通知されるDCIフォーマットには、上述したようなA−SRSの送信指示とパラメータとを含むDCIフォーマットA、A−SRSの送信指示とパラメータとを含むDCIフォーマットBが含まれる。

0195

図7において、A−SRSの送信指示とパラメータとを含むDCIフォーマットを少なくとも1つは含む複数のDCIフォーマットを、ある特定の期間において、基地局装置から通知された移動局装置は、複数のDCIフォーマットのうち、所定のDCIフォーマットがA−SRSの送信指示とパラメータとを含んでいる場合には、A−SRSを基地局装置へ送信することができる。

0196

例えば、移動局装置は、基地局装置から通知された複数のDCIフォーマットのうち、DCIフォーマットAがA−SRSの送信指示とパラメータとを含んでいる場合には(A−SRSの送信指示とパラメータとを含むDCIフォーマットAが通知された場合には、A−SRSの送信指示とパラメータとを含むDCIフォーマットAを検出した場合には)、A−SRSを基地局装置へ送信することができる。

0197

また、例えば、移動局装置は、基地局装置から通知された複数のDCIフォーマットのうち、DCIフォーマットBがA−SRSの送信指示とパラメータとを含んでいる場合には(A−SRSの送信指示とパラメータとを含むDCIフォーマットBが通知された場合には、A−SRSの送信指示とパラメータとを含むDCIフォーマットBを検出した場合には)、A−SRSを基地局装置へ送信することができる。

0198

ここで、基地局装置から通知された複数のDCIフォーマットのうち、どのDCIフォーマットがA−SRSの送信指示とパラメータとを含んでいる場合に、移動局装置が、A−SRSを送信するのかは、仕様等によって事前に定義される。すなわち、基地局装置と移動局装置の間で、基地局装置から通知された複数のDCIフォーマットのうち、どのDCIフォーマットがA−SRSの送信指示とパラメータとを含んでいる場合に、A−SRSを送受信するのかが、事前に定義される。

0199

また、基地局装置から通知された複数のDCIフォーマットのうち、どのDCIフォーマットがA−SRSの送信指示とパラメータとを含んでいる場合に、移動局装置が、A−SRSを送信するのかは、基地局装置によって、例えば、RRCシグナリングを使用して、設定されても良い。例えば、基地局装置は、移動局装置に対して、A−SRSの送信指示とパラメータとがDCIフォーマットAに含まれている場合には、A−SRSを送信することを、設定することができる。

0200

また、図7において、A−SRSの送信指示とパラメータとを含むDCIフォーマットを少なくとも1つは含む複数のDCIフォーマットを、ある特定の期間において、基地局装置から通知された移動局装置は、複数のDCIフォーマットのうち、所定のDCIフォーマットを優先し、優先したDCIフォーマットがA−SRSの送信指示とパラメータとを含んでいる場合には、そのパラメータに基づいて設定したA−SRSを基地局装置へ送信することができる。

0201

例えば、移動局装置は、基地局装置から通知された複数のDCIフォーマットのうち、DCIフォーマットAを優先し、優先したDCIフォーマットがA−SRSの送信指示とパラメータとを含んでいる場合には、そのパラメータに基づいて設定したA−SRSを基地局装置へ送信することができる。

0202

また、例えば、移動局装置は、基地局装置から通知された複数のDCIフォーマットのうち、DCIフォーマットBを優先し、優先したDCIフォーマットBがA−SRSの送信指示とパラメータとを含んでいる場合には、A−SRSを基地局装置へ送信することができる。

0203

ここで、基地局装置から通知された複数のDCIフォーマットのうち、移動局装置が、どのDCIフォーマットを優先するのかは、仕様等によって事前に定義される。すなわち、基地局装置が、複数のDCIフォーマットを、ある特定の期間において、移動局装置へ通知した際に、移動局装置が、どのDCIフォーマットに従って動作するのかが、事前に定義される。すなわち、基地局装置と移動局装置の間で、基地局装置から複数のDCIフォーマットが通知された場合に、複数のDCIフォーマットのうち、どのDCIフォーマットに従って動作するのかが、事前に定義される。

0204

また、基地局装置から通知された複数のDCIフォーマットのうち、移動局装置が、どのDCIフォーマットに従って動作するのかは、基地局装置によって、例えば、RRCシグナリングを使用して、設定されても良い。例えば、基地局装置は、移動局装置に対して、DCIフォーマットAに従って動作することを、設定することができる。

0205

例えば、基地局装置と移動局装置の間で、基地局装置から通知された複数のDCIフォーマットのうち、A−SRSの送信指示とパラメータとを含むDCIフォーマットBを最も優先し、次に、A−SRSの送信指示とパラメータとを含むDCIフォーマットAを優先することが、事前に定義される。すなわち、基地局装置と移動局装置の間で、基地局装置から複数のDCIフォーマットが通知された場合に、A−SRSの送信指示とパラメータとを含むDCIフォーマットBに従って動作することが、事前に定義される。

0206

また、例えば、基地局装置と移動局装置の間で、基地局装置から通知された複数のDCIフォーマットのうち、DCIフォーマットBを最も優先し、次に、DCIフォーマットAを優先することが、事前に定義されても良い。すなわち、DCIフォーマットA、DCIフォーマットBに対する優先度のみが、事前に定義されても良い。すなわち、基地局装置と移動局装置の間で、基地局装置から複数のDCIフォーマット(DCIフォーマットA、DCIフォーマットB)が通知された場合に、複数のDCIフォーマットのうち、どのDCIフォーマットに従って動作するのかが、事前に定義されても良い。

0207

例えば、基地局装置から通知された複数のDCIフォーマットのうち、DCIフォーマットBに従って動作することが事前に定義された移動局装置は、基地局装置から通知されたDCIフォーマットBにA−SRSの送信指示とパラメータとが含まれている場合には、A−SRSを基地局装置へ送信することができる。すなわち、基地局装置から通知された複数のDCIフォーマットのうち、DCIフォーマットBに従って動作することが事前に定義された移動局装置は、A−SRSの送信指示とパラメータとを含むDCIフォーマットBに従って、A−SRSを基地局装置へ送信することができる。

0208

また、例えば、基地局装置から通知された複数のDCIフォーマットのうち、DCIフォーマットBに従って動作することが事前に定義された移動局装置は、基地局装置から通知されたDCIフォーマットAにA−SRSの送信指示とパラメータとが含まれていたとしても、A−SRSを基地局装置へ送信しない。例えば、基地局装置から通知された複数のDCIフォーマットのうち、DCIフォーマットBに従って動作することが事前に定義された移動局装置は、A−SRSの送信指示とパラメータとを含まないDCIフォーマットBによってスケジュールされたPUSCHを使用して、上りリンクデータを基地局装置へ送信する。

0209

また、図7において、A−SRSの送信指示とパラメータとを含むDCIフォーマットを少なくとも1つは含む複数のDCIフォーマットを、ある特定の期間において、基地局装置から通知された移動局装置は、SRSを送信するサブフレームの所定前のサブフレーム(例えば、4サブフレーム前のサブフレーム)に最も近い(最近の、直前の、latestな)サブフレームで通知されたDCIフォーマットが、A−SRSの送信指示とパラメータとを含んでいる場合には、A−SRSを基地局装置へ送信することができる。

0210

すなわち、移動局装置は、SRSを送信するサブフレームの所定前のサブフレーム(例えば、4サブフレーム前のサブフレーム)に最も近いサブフレームで通知されたDCIフォーマットに従って、動作することができる。

0211

例えば、図7において、ある特定の期間(例えば、サブフレームn−1からサブフレームn+6までの期間)において、A−SRSの送信指示とパラメータとを含むDCIフォーマットを少なくとも1つは含む複数のDCIフォーマットが通知された移動局装置は、サブフレームn+6で、A−SRSを送信する。すなわち、移動局装置が、SRSを送信するサブフレームは、サブフレームn+6である。

0212

すなわち、図7において、移動局装置は、SRSを送信するサブフレーム(サブフレームn+6)の所定前のサブフレーム(例えば、4サブフレーム前のサブフレームn+2)に最も近いサブフレームで通知されたDCIフォーマットが、A−SRSの送信指示とパラメータとを含んでいる場合には、A−SRSを基地局装置へ送信することができる。すなわち、移動局装置は、SRSを送信するサブフレーム(サブフレームn+6)の所定前のサブフレーム(例えば、4サブフレーム前のサブフレームn+2)に最も近いサブフレームで通知されたDCIフォーマットに従って、動作することができる。

0213

すなわち、図7において、移動局装置は、SRSを送信するサブフレーム(サブフレームn+6)の所定前のサブフレーム(例えば、4サブフレーム前のサブフレームn+2)に最も近いサブフレームで通知された第2のDCIフォーマットが、A−SRSの送信指示とパラメータとを含んでいる場合には、A−SRSを基地局装置へ送信することができる。すなわち、移動局装置は、SRSを送信するサブフレーム(サブフレームn+6)の所定前のサブフレーム(例えば、4サブフレーム前のサブフレームn+2)に最も近いサブフレームで通知された第2のDCIフォーマットに従って、動作することができる。

0214

図7において、基地局装置から通知された複数のDCIフォーマットのうち、第2のDCIフォーマットに従って動作することを認識した移動局装置は、基地局装置から通知された第2のDCIフォーマットにA−SRSの送信指示とパラメータとが含まれている場合には、A−SRSを基地局装置へ送信することができる。すなわち、基地局装置から通知された複数のDCIフォーマットのうち、第2のDCIフォーマットに従って動作することを認識した移動局装置は、A−SRSの送信指示とパラメータとを含む第2のDCIフォーマットに従って、A−SRSを基地局装置へ送信することができる。

0215

また、例えば、基地局装置から通知された複数のDCIフォーマットのうち、第2のDCIフォーマットに従って動作することを認識した移動局装置は、基地局装置から通知された第1のDCIフォーマットおよび/または第3のDCIフォーマットにA−SRSの送信指示とパラメータとが含まれていたとしても、A−SRSを基地局装置へ送信しない。例えば、基地局装置から通知された複数のDCIフォーマットのうち、第2のDCIフォーマットに従って動作することを認識した移動局装置は、A−SRSの送信指示とパラメータとを含まない第2のDCIフォーマットによってスケジュールされたPUSCHを使用して、上りリンクデータを基地局装置へ送信する。

0216

また、図7において、A−SRSの送信指示とパラメータとを含むDCIフォーマットを少なくとも1つは含む複数のDCIフォーマットを、ある特定の期間において、基地局装置から通知された移動局装置は、SRSを送信するサブフレームに最も近い(最近の、直前の、latestな)サブフレームで通知されたDCIフォーマットが、A−SRSの送信指示とパラメータとを含んでいる場合には、A−SRSを基地局装置へ送信することができる。

0217

すなわち、移動局装置は、SRSを送信するサブフレームに最も近いサブフレームで通知されたDCIフォーマットに従って、動作することができる。

0218

例えば、図7において、ある特定の期間(例えば、サブフレームn−1からサブフレームn+6までの期間)において、A−SRSの送信指示とパラメータとを含むDCIフォーマットを少なくとも1つは含む複数のDCIフォーマットが通知された移動局装置は、サブフレームn+6で、A−SRSを送信する。すなわち、移動局装置が、SRSを送信するサブフレームは、サブフレームn+6である。

0219

すなわち、図7において、移動局装置は、SRSを送信するサブフレーム(サブフレームn+6)に最も近いサブフレームで通知されたDCIフォーマットが、A−SRSの送信指示とパラメータとを含んでいる場合には、A−SRSを基地局装置へ送信することができる。すなわち、移動局装置は、SRSを送信するサブフレーム(サブフレームn+6)に最も近いサブフレームで通知されたDCIフォーマットに従って、動作することができる。

0220

すなわち、図7において、移動局装置は、SRSを送信するサブフレーム(サブフレームn+6)に最も近いサブフレームで通知された第3のDCIフォーマットが、A−SRSの送信指示とパラメータとを含んでいる場合には、A−SRSを基地局装置へ送信することができる。すなわち、移動局装置は、SRSを送信するサブフレーム(サブフレームn+6)に最も近いサブフレームで通知された第3のDCIフォーマットに従って、動作することができる。

0221

すなわち、図7において、基地局装置から通知された複数のDCIフォーマットのうち、第3のDCIフォーマットに従って動作することを認識した移動局装置は、基地局装置から通知された第3のDCIフォーマットにA−SRSの送信指示とパラメータとが含まれている場合には、A−SRSを基地局装置へ送信することができる。すなわち、基地局装置から通知された複数のDCIフォーマットのうち、第3のDCIフォーマットに従って動作することを認識した移動局装置は、A−SRSの送信指示とパラメータとを含む第3のDCIフォーマットに従って、A−SRSを基地局装置へ送信することができる。

0222

また、例えば、基地局装置から通知された複数のDCIフォーマットのうち、第3のDCIフォーマットに従って動作することを認識した移動局装置は、基地局装置から通知された第1のDCIフォーマットおよび/または第2のDCIフォーマットにA−SRSの送信指示とパラメータとが含まれていたとしても、A−SRSを基地局装置へ送信しない。例えば、基地局装置から通知された複数のDCIフォーマットのうち、第3のDCIフォーマットに従って動作することを認識した移動局装置は、A−SRSの送信指示とパラメータとを含まない第3のDCIフォーマットによってスケジュールされたPUSCHを使用して、上りリンクデータを基地局装置へ送信する。

0223

ここで、移動局装置が、SRSを送信するサブフレーム(SRSサブフレームでも良い)は、ある特定の期間に含まれても良い。また、移動局装置が、SRSを送信するサブフレーム(SRSサブフレームでも良い)は、ある特定の期間において、移動局装置が、最後にSRSを送信するサブフレーム(SRSサブフレームでも良い)であっても良い。また、移動局装置が、SRSを送信するサブフレーム(SRSサブフレームでも良い)は、P−SRSを送信するサブフレームが含まれる。また、移動局装置が、SRSを送信するサブフレーム(SRSサブフレームでも良い)は、A−SRSを送信するサブフレームが含まれる。

0224

また、図7において、複数のDCIフォーマットを、ある特定の期間において、基地局装置から通知された移動局装置は、複数のDCIフォーマットの全てがA−SRSの送信指示とパラメータとを含んでいる場合には、所定のサブフレームおよび/または所定のDCIフォーマットで通知されたパラメータに基づいて設定したA−SRSを基地局装置へ送信することができる。

0225

例えば、移動局装置は、基地局装置から通知された複数のDCIフォーマット(第1のDCIフォーマット、第2のDCIフォーマット、第3のDCIフォーマット)の全てにA−SRSの送信指示とパラメータとが含まれている場合には、A−SRSを基地局装置へ送信することができる。

0226

上記までに示したように、基地局装置が、複数のDCIフォーマットを、ある特定の期間において、移動局装置へ通知した際に、移動局装置が、所定のDCIフォーマットにA−SRSの送信指示とパラメータとが含まれている場合には、通知されたパラメータに基づいて設定したA−SRSを基地局装置へ送信することによって、基地局装置と移動局装置の間で、移動局装置によるA−SRSの送信が行われることを共有(認識)することができる。

0227

また、基地局装置が、複数のDCIフォーマットを、ある特定の期間において、移動局装置へ通知した際に、移動局装置が、SRSを送信するサブフレームの所定前のサブフレームに最も近いサブフレームで通知されたDCIフォーマットにA−SRSの送信指示とパラメータとが含まれている場合には、そのパラメータに基づいて設定したA−SRSを基地局装置へ送信することによって、基地局装置と移動局装置の間で、移動局装置によるA−SRSの送信が行われることを共有(認識)することができる。

0228

また、基地局装置が、複数のDCIフォーマットを、ある特定の期間において、移動局装置へ通知した際に、移動局装置が、複数のDCIフォーマットの全てにA−SRSの送信指示とパラメータとが含まれている場合には、所定のサブフレームおよび/または所定のDCIフォーマットで通知されたA−SRSのパラメータに基づいて設定されたA−SRSを基地局装置へ送信することによって、基地局装置と移動局装置の間で、移動局装置によるA−SRSの送信が行われることを共有(認識)することができる。

0229

基地局装置は、移動局装置から送信されるA−SRSに基づいて、移動局装置をスケジューリングし、例えば、PUSCHリソースの割り当てやPUSCHに施すべき変調方式、符号化率の決定などを行うことができる。すなわち、基地局装置によって、移動局装置に対する効率的なスケジューリングを行うことができる。

0230

以上説明した実施形態は、基地局装置および移動局装置に搭載される集積回路チップセットにも適用される。また、以上説明した実施形態において、基地局装置内の各機能や、移動局装置内の各機能を実現するためのプログラムコンピュータ読み取り可能な記録媒体に記録して、この記録媒体に記録されたプログラムをコンピュータシステムに読み込ませ、実行することにより基地局装置や移動局装置の制御を行なっても良い。なお、ここでいう「コンピュータシステム」とは、OSや周辺機器等のハードウェアを含むものとする。

0231

また、「コンピュータ読み取り可能な記録媒体」とは、フレキシブルディスク光磁気ディスク、ROM、CD−ROM等の可搬媒体、コンピュータシステムに内蔵されるハードディスク等の記憶装置のことをいう。更に「コンピュータ読み取り可能な記録媒体」とは、インターネット等のネットワークや電話回線等の通信回線を介してプログラムを送信する場合の通信線のように、短時刻の間、動的にプログラムを保持するもの、その場合のサーバクライアントとなるコンピュータシステム内部の揮発性メモリのように、一定時刻プログラムを保持しているものも含むものとする。また上記プログラムは、前述した機能の一部を実現するためのものであっても良く、更に前述した機能をコンピュータシステムに既に記録されているプログラムとの組み合わせで実現できるものであっても良い。

0232

以上、この発明の実施形態について図面を参照して詳述してきたが、具体的な構成はこの実施形態に限られるものではなく、この発明の要旨を逸脱しない範囲の設計等も特許請求の範囲に含まれる。

0233

100基地局装置
101データ制御部
102送信データ変調部
103無線部
104スケジューリング部
105チャネル推定部
106 受信データ復調部
107データ抽出部
108 上位層
109アンテナ
110無線リソース制御部
200移動局装置
201 データ制御部
202 送信データ変調部
203 無線部
204 スケジューリング部
205 チャネル推定部
206 受信データ復調部
207 データ抽出部
208 上位層
209 アンテナ
210 無線リソース制御部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ