図面 (/)

技術 窓付き封筒

出願人 大日本印刷株式会社
発明者 大畑拓郎檀上耕太郎
出願日 2010年7月26日 (10年3ヶ月経過) 出願番号 2010-167632
公開日 2012年2月9日 (8年9ヶ月経過) 公開番号 2012-025458
状態 特許登録済
技術分野 封筒及び類似の袋
主要キーワード 使用説明文 ゴム系溶剤形接着剤 液形接着剤 封筒体 型抜き機 型抜き刃 OMR 隙間発生
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2012年2月9日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

課題

窓付き封筒を用いて、親展書類送付する場合や、複数枚におよぶ書類を送付する場合に、それらの書類を封筒封入して郵送したり、また、ダイレクトメールを、特定の顧客に直接送付することが、さかんに行われているため、各顧客のポストには、1日に多数の郵便物配送物投函され、その多数の郵便物や配送物のなかから、封筒送付人や、その窓から確認できる範囲で、各人が必要な郵便物や配送物を選択し、その選択された郵便物や配送物のみ開封され、他の郵便物や配送物は開封もされず廃棄されることが多かった。

解決手段

窓付き封筒の窓の部分に透明レリーフホログラムシートを貼着して、他の郵便物や、配送物との差別化を図る。 しかも、その透明性とホログラム再生像鮮明性両立を可能としたことで、郵便適正を確保しつつ、より確実な開効率向上を図れる窓付き封筒とした。

概要

背景

(主なる用途)本発明の窓付き封筒の主なる用途としては、
長形、角形、洋形封筒であって、定形郵便物定形外郵便物の大きさの封筒、
第一種郵便物、第二種郵便物、第三種郵便物、第四種郵便物、市内特別郵便物、異種合装等の通常郵便物、及び小包郵便物等に用いられる封筒、
書留、速達、引受時刻証明配達証明内容証明代金引換特別送達、年賀特別郵便、翌郵便、新超特急郵便、配達日指定郵便、巡回郵便、新特急郵便、配達記録郵便、保冷郵便、本人限定受取郵便等に用いられる封筒、
郵便規則(平成一四年最終改正)第二章第一節第七条における「窓のある封筒及び袋は、当該窓を薄い透明物又はこれに類するもので密着させて閉じたものに限り、これを郵便物の包装に使用することができる」とするものに対応する封筒、
同規則第二章第二節第一款第十一条における、「定形郵便物について郵便法第二十一条第二項第一号に掲げる厚さ及びその他の形状の基準を満足するものであって、表面に窓を設けたものにあつては、(イ)郵便物のあて名を記載した部分又は第九条第一項ただし書の規定によりあて名を透視できるようにした部分の下部(横に長いものにあつては、左側部)に窓を設けたもの(ロ)横に長いもので、長さ六センチメートル、幅三センチメートルを超えない大きさの窓一か所を第九条第一項ただし書の規定によりあて名を透視できるようにした部分の右側部に設けたもの(ハ)ビニール樹脂ポリエチレン樹脂等の合成樹脂を主たる材料とする封筒若しくは袋を包装に使用したもの又は第七条第一項ただし書の規定により包装を省略したもので当該合成樹脂を主たる材料としたものにあつては、別に告示する形状のものであること、のいずれかに該当するものであること」とするものに対応する封筒など。

また、中貼、左横貼、右横逆貼、内カマス貼、外カマス貼、ダイヤ貼の封筒、
窓付き封筒として窓の素材、あて名用窓の大きさが郵便規則に準拠しているもの、すなわち、「セロファンのように透明度の高いもの(JIS P 8138試験による不透明度が20%以下のもの)及び、あて名用窓の大きさが短辺45mm以上、長辺80mm以上のもの」に対応するものであって、その多くは、郵便区分機等による仕分け処理に対応している封筒、
もしくは、運送会社による宅配配送物の中から、「紛失時の損害額減額」,「小サイズに限定」,「ポストインで判取り不要」を条件に、配送伝票コストダウンを図り、バーコード追跡システムを維持しつつ配送費用のコストダウンを実現した「メール便」と呼ばれる宅配サービスにおいて、郵便規則等の制限なく用いられる封筒、
また、各種の通知案内状又は請求書などの書面を送付する手段として、さらには、親展書類等を送付する手段として利用され、その内の一つの形態として封筒本体に窓部を有してその窓部を透明なフィルムで覆って封筒本体の内部を見ることができる窓開き封筒であって、書面の方に受取人住所氏名を印字して封筒本体内に入れることで、その受取人住所氏名が窓部を通して外から確認することができ、封筒本体の表面に受取人住所氏名の記載、印字を行なう手間を無くす利点があり、各種の会社が顧客宛への書面送付などに際して利用する封筒、
主に過去に利用したことのある HYPERLINK "http://ja.wikipedia.org/wiki/a°a£2ao" \o "小売店" 小売店や、入会している HYPERLINK "http://ja.wikipedia.org/wiki/a ̄a¬a,aaa≪aシa" \o "クレジットカード"クレジットカード会社などの HYPERLINK "http://ja.wikipedia.org/wiki/aaooaa±" \o "個人情報"顧客情報の HYPERLINK "http://ja.wikipedia.org/wiki/aaシaソaaシa1" \o "データベース" データベースから購入頻度などの属性で抽出され、 HYPERLINK "http://ja.wikipedia.org/wiki/eμaセソ" \o "郵便" 郵便や HYPERLINK "http://ja.wikipedia.org/wiki/a!aシa≪aセソ" \o "メール便" メール便を利用して届けられるダイレクトメールとして、銀行証券会社、クレジットカード会社、百貨店量販店などが、大量に顧客に送付しているもの等であって、多くは自動封入封緘機によりその封筒への封入物の挿入・封緘が行われる封筒など。

さらに、各種の商品商品見本、おまけ、割引券、さらには、商品券手形小切手等の各種金券の封入物を封入するもの、商品やサービス宣伝であるが、通信販売では定期的にカタログ最新のものとして送られて来て、消費者はこれを見て商品やサービスを購入することが出来き、また、これら通信販売の楽しみ方として、定期的に送られてくるカタログを眺めることを趣味とするなど、一定のメディアとしての機能も持ち、通信販売会社側では読まれたらすぐに捨てられるカタログではなく、一種雑誌として編集情報価値をもたせる封筒、さらには、書類、冊子、カタログ、ポスターカレンダーパンフレットTシャツなどをメール便で送る、メール便用板紙封筒、耐ショック構造で書籍・書類等の内容物をしっかり保護する再生紙使用の板ボール小包ケースダンボールの目を利用してフリーサイズ折込が可能なダンボール製ケース、ワンタッチ組立が出来、底貼り作業不要なダンボール製組函ケース、再生紙使用の板ボール製冊子小包用封筒、エアクッション入封筒、再生紙使用の板ボール製マチ付封筒、片面ダンボール製封筒、透明度抜群のOPP規格袋等、飲食店、通信販売、貸金業、不動産会社などにおいて、広告・ 宣伝を目的に、ビラチラシを、各個宅の郵便受け直接投入する行為に用いられるものや、商業目的ではない公共性を有する例として、地方自治体地域限定行事案内やお知らせ)や水道局(主に工事による断水やにごり水、交通規制のお知らせ)によって行われる場合に用いられる封筒等、市場において流通する全ての窓付き封筒に用いられる。
これらの中には、あらかじめ封筒を展開した形状に仕上げ封筒製袋機にて窓用フィルムを供給しつつ貼付製袋するもの、及び、連続帳票印刷・加工し、その工程内にて窓用フィルムを供給、貼着して、窓付き封筒として仕上げるもの、さらには、銀行等の各種預金口座公共料金自動払い、カード発行等の申込みや、各種会員制組織への入会等のための申込書等のごとく、申込者が必要事項記入後に自ら製袋するもの等がある。
以上の分野の中でも、特に、意匠性に優れ、且つ、その開封率を高める必要のある分野に好適である。

先行技術)
近時、透視窓透明フィルムを貼着した、紙製の透視窓付きの郵便封筒などが、広く使われている。それは、ラインプリンター等で請求書等を作成する際に、その請求書等の一部に送付先住所・氏名等を印字して窓付封筒の窓から見えるようにすれば、封筒に送付先の住所・氏名等を印字する手間が省け、事務能率を大に向上することが出来るからである。かかる窓付封筒に関する文献として、特開昭57−28756号公報,実開昭60−161045号公報,実開昭61−40338号公報等が挙げられる。特開昭57−28756号公報の窓付き連続封筒およびその製造装置は、透明窓を有する封筒体形成連続紙と中入れ用連続紙とをそれぞれバーストして封筒単位の封筒体形成片と中入れ片とし、封筒体形成片を二つ折りする際に中入れ片を封筒体形成片内に挿入し、次いで封筒体形成片の周縁を封閉接着するものであり、中入れ片を封筒体内にフリーな状態で納め、封筒の表層用連続紙,通信文等の連続紙,封筒の裏層用連続紙を連続紙のまま重ね合わせ、封筒単位毎に縁辺を接着した後、連続紙をバーストしている、それまでの連続封筒では、通信文等の縁辺が封筒体の表裏の縁辺に貼着され、封筒体の一部を開封しただけでは通信文を取り出すことが出来なかった点を改良している。
また、実開昭60−161045号公報の窓つき封筒は、窓つき封筒の裏側用紙部にその上縁又は下縁から窓に向かって突出する切欠きを設け、その切欠きから露出する表側用紙部の一部に封緘用舌片の一部を貼着するもので、封筒内で伝票ががさつくのを防止するものである。
この透視窓に貼着する透明フィルムとしては、強度と透明度とが優れた、ポリエチレンフィルムポリプロピレンフィルムポリエステルフィルムなどの、プラスチックフィルムが用いられているものである。

このような窓付き封筒を用いて、上記したように、受取人以外にその内容を知られたくない親展書類を送付する場合や、葉書には書ききれない多量の情報などの複数枚におよぶ書類を送付する場合に、それらの書類を封筒に封入して郵送したり、また、バーゲン情報新装開店の情報、通信販売のカタログなどを封筒に封入したダイレクトメールを、特定の顧客に直接送付することが、さかんに行われているため、各顧客のポストには、1日に多数の郵便物や配送物が投函され、その多数の郵便物や配送物のなかから、封筒送付人や、その窓から確認できる範囲で、各人が必要な郵便物や配送物を選択し、その選択された郵便物や配送物のみ開封され、他の郵便物や配送物は開封もされず廃棄されることが多かった。
これに対処すべく、例えば、ダイレクトメールの開封率の向上をはかるために、本来の郵送・配送目的である「広告」のほかに、商品見本や、おまけ、若しくは割引券などの「封入物」を封筒に封入することが行われており、「封入」される帳票(書面)には、所定窓部用の宛名等の印字に加えて、例えば、郵便の場合には(郵便法や、郵便規則等の制限あり。)、郵便法等で認められる範囲で、他の窓を設け、この窓から、封筒内部の帳票に印刷された内容の一部や、同封された景品等の内容が見えるようにして、封筒の開封率を高める工夫がなされている。(例えば、特開平8−282678公報参照。)
さらには、封筒部材に宛名部ではなく、「別の窓」を新たに設け、その位置に光回折パターンを設けて、他の郵便物に対して、封筒の外観差別化を行い、もって、封筒の開封率の向上を図る工夫もなされている。(例えば、特開平8−175546公報参照。)
しかしながら、多量に且つ、多数回送付するものに、毎回、高価な景品等を封入することはできず、また、封筒の窓として、所定の位置に大きいサイズを確保できる宛名用の窓部ではなく、別途窓を設けて、その位置に合わせて光回折パターンを形成しただけでは、他の封筒との差別化の効果も薄く、また、その封筒の外観を視認するだけで、その「光回折パターンのデザイン」を確認できるため、特に開封する必要もなく、「直接的に開封率を向上する」という効果の小さいものであった。
さらに、「封入物」そのものに光回折パターンを設け、やはり宛名用の窓部以外の別に設けた窓から覗けるように配置する方法も、個別情報を印字する帳票等に個々に光回折等の特殊加工を施すことが求められ、煩雑であるとともに、やはりコストのかかるものとなっていた。
その上、得意先毎に、さらには、送付する目的ごとに、封筒の宛名用窓部以外の所に別途開口部(別の窓)を設け、その位置に合わせて、光回折パターンを設けたシートを貼付する工程は、その検査工程をも含め、多品種小ロット生産が求められる今日においては、煩雑そのものであり、効率が低く、量産性に欠けるものであった。

概要

窓付き封筒を用いて、親展書類を送付する場合や、複数枚におよぶ書類を送付する場合に、それらの書類を封筒に封入して郵送したり、また、ダイレクトメールを、特定の顧客に直接送付することが、さかんに行われているため、各顧客のポストには、1日に多数の郵便物や配送物が投函され、その多数の郵便物や配送物のなかから、封筒送付人や、その窓から確認できる範囲で、各人が必要な郵便物や配送物を選択し、その選択された郵便物や配送物のみ開封され、他の郵便物や配送物は開封もされず廃棄されることが多かった。 窓付き封筒の窓の部分に透明レリーフホログラムシートを貼着して、他の郵便物や、配送物との差別化をる。 しかも、その透明性とホログラム再生像鮮明性両立を可能としたことで、郵便適正を確保しつつ、より確実な開効率向上をれる窓付き封筒とした。

目的

これに対処すべく、例えば、ダイレクトメールの開封率の向上をはかるために、本来の郵送・配送目的である

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

透明な窓を備えた窓付き封筒において、前記透明な窓が、少なくともその一方の面にレリーフホログラム網点状に形成された透明レリーフホログラムシートで構成され、その網点面積率が、30%〜50%であることを特徴とする窓付き封筒。

請求項2

前記レリーフホログラムを構成する網点が、10μm〜100μmの大きさの範囲でランダムに形成されていることを特徴とする請求項1に記載の窓付き封筒。

請求項3

前記レリーフホログラムの前記網点上に透明反射性薄膜層が形成されていることを特徴とする請求項1又は2に記載の窓付き封筒。

技術分野

0001

本発明は、封筒の一部に情報が目視可能な透明な窓を設けた窓付き封筒において、特にその窓にホログラムを有する窓付き封筒に関するものである。
本明細書において、配合を示す「部」は特に断わらない限り質量基準である。また、 「ホログラム」はホログラムと、回折格子などの光回折性機能を有するものも含む。

背景技術

0002

(主なる用途)本発明の窓付き封筒の主なる用途としては、
長形、角形、洋形封筒であって、定形郵便物定形外郵便物の大きさの封筒、
第一種郵便物、第二種郵便物、第三種郵便物、第四種郵便物、市内特別郵便物、異種合装等の通常郵便物、及び小包郵便物等に用いられる封筒、
書留、速達、引受時刻証明配達証明内容証明代金引換特別送達、年賀特別郵便、翌郵便、新超特急郵便、配達日指定郵便、巡回郵便、新特急郵便、配達記録郵便、保冷郵便、本人限定受取郵便等に用いられる封筒、
郵便規則(平成一四年最終改正)第二章第一節第七条における「窓のある封筒及び袋は、当該窓を薄い透明物又はこれに類するもので密着させて閉じたものに限り、これを郵便物の包装に使用することができる」とするものに対応する封筒、
同規則第二章第二節第一款第十一条における、「定形郵便物について郵便法第二十一条第二項第一号に掲げる厚さ及びその他の形状の基準を満足するものであって、表面に窓を設けたものにあつては、(イ)郵便物のあて名を記載した部分又は第九条第一項ただし書の規定によりあて名を透視できるようにした部分の下部(横に長いものにあつては、左側部)に窓を設けたもの(ロ)横に長いもので、長さ六センチメートル、幅三センチメートルを超えない大きさの窓一か所を第九条第一項ただし書の規定によりあて名を透視できるようにした部分の右側部に設けたもの(ハ)ビニール樹脂ポリエチレン樹脂等の合成樹脂を主たる材料とする封筒若しくは袋を包装に使用したもの又は第七条第一項ただし書の規定により包装を省略したもので当該合成樹脂を主たる材料としたものにあつては、別に告示する形状のものであること、のいずれかに該当するものであること」とするものに対応する封筒など。

0003

また、中貼、左横貼、右横逆貼、内カマス貼、外カマス貼、ダイヤ貼の封筒、
窓付き封筒として窓の素材、あて名用窓の大きさが郵便規則に準拠しているもの、すなわち、「セロファンのように透明度の高いもの(JIS P 8138試験による不透明度が20%以下のもの)及び、あて名用窓の大きさが短辺45mm以上、長辺80mm以上のもの」に対応するものであって、その多くは、郵便区分機等による仕分け処理に対応している封筒、
もしくは、運送会社による宅配配送物の中から、「紛失時の損害額減額」,「小サイズに限定」,「ポストインで判取り不要」を条件に、配送伝票コストダウンを図り、バーコード追跡システムを維持しつつ配送費用のコストダウンを実現した「メール便」と呼ばれる宅配サービスにおいて、郵便規則等の制限なく用いられる封筒、
また、各種の通知案内状又は請求書などの書面を送付する手段として、さらには、親展書類等を送付する手段として利用され、その内の一つの形態として封筒本体に窓部を有してその窓部を透明なフィルムで覆って封筒本体の内部を見ることができる窓開き封筒であって、書面の方に受取人住所氏名を印字して封筒本体内に入れることで、その受取人住所氏名が窓部を通して外から確認することができ、封筒本体の表面に受取人住所氏名の記載、印字を行なう手間を無くす利点があり、各種の会社が顧客宛への書面送付などに際して利用する封筒、
主に過去に利用したことのある HYPERLINK "http://ja.wikipedia.org/wiki/a°a£2ao" \o "小売店" 小売店や、入会している HYPERLINK "http://ja.wikipedia.org/wiki/a ̄a¬a,aaa≪aシa" \o "クレジットカード"クレジットカード会社などの HYPERLINK "http://ja.wikipedia.org/wiki/aaooaa±" \o "個人情報"顧客情報の HYPERLINK "http://ja.wikipedia.org/wiki/aaシaソaaシa1" \o "データベース" データベースから購入頻度などの属性で抽出され、 HYPERLINK "http://ja.wikipedia.org/wiki/eμaセソ" \o "郵便" 郵便や HYPERLINK "http://ja.wikipedia.org/wiki/a!aシa≪aセソ" \o "メール便" メール便を利用して届けられるダイレクトメールとして、銀行証券会社、クレジットカード会社、百貨店量販店などが、大量に顧客に送付しているもの等であって、多くは自動封入封緘機によりその封筒への封入物の挿入・封緘が行われる封筒など。

0004

さらに、各種の商品商品見本、おまけ、割引券、さらには、商品券手形小切手等の各種金券の封入物を封入するもの、商品やサービス宣伝であるが、通信販売では定期的にカタログ最新のものとして送られて来て、消費者はこれを見て商品やサービスを購入することが出来き、また、これら通信販売の楽しみ方として、定期的に送られてくるカタログを眺めることを趣味とするなど、一定のメディアとしての機能も持ち、通信販売会社側では読まれたらすぐに捨てられるカタログではなく、一種雑誌として編集情報価値をもたせる封筒、さらには、書類、冊子、カタログ、ポスターカレンダーパンフレットTシャツなどをメール便で送る、メール便用板紙封筒、耐ショック構造で書籍・書類等の内容物をしっかり保護する再生紙使用の板ボール小包ケースダンボールの目を利用してフリーサイズ折込が可能なダンボール製ケース、ワンタッチ組立が出来、底貼り作業不要なダンボール製組函ケース、再生紙使用の板ボール製冊子小包用封筒、エアクッション入封筒、再生紙使用の板ボール製マチ付封筒、片面ダンボール製封筒、透明度抜群のOPP規格袋等、飲食店、通信販売、貸金業、不動産会社などにおいて、広告・ 宣伝を目的に、ビラチラシを、各個宅の郵便受け直接投入する行為に用いられるものや、商業目的ではない公共性を有する例として、地方自治体地域限定行事案内やお知らせ)や水道局(主に工事による断水やにごり水、交通規制のお知らせ)によって行われる場合に用いられる封筒等、市場において流通する全ての窓付き封筒に用いられる。
これらの中には、あらかじめ封筒を展開した形状に仕上げ封筒製袋機にて窓用フィルムを供給しつつ貼付製袋するもの、及び、連続帳票印刷・加工し、その工程内にて窓用フィルムを供給、貼着して、窓付き封筒として仕上げるもの、さらには、銀行等の各種預金口座公共料金自動払い、カード発行等の申込みや、各種会員制組織への入会等のための申込書等のごとく、申込者が必要事項記入後に自ら製袋するもの等がある。
以上の分野の中でも、特に、意匠性に優れ、且つ、その開封率を高める必要のある分野に好適である。

0005

先行技術)
近時、透視窓透明フィルムを貼着した、紙製の透視窓付きの郵便封筒などが、広く使われている。それは、ラインプリンター等で請求書等を作成する際に、その請求書等の一部に送付先住所・氏名等を印字して窓付封筒の窓から見えるようにすれば、封筒に送付先の住所・氏名等を印字する手間が省け、事務能率を大に向上することが出来るからである。かかる窓付封筒に関する文献として、特開昭57−28756号公報,実開昭60−161045号公報,実開昭61−40338号公報等が挙げられる。特開昭57−28756号公報の窓付き連続封筒およびその製造装置は、透明窓を有する封筒体形成連続紙と中入れ用連続紙とをそれぞれバーストして封筒単位の封筒体形成片と中入れ片とし、封筒体形成片を二つ折りする際に中入れ片を封筒体形成片内に挿入し、次いで封筒体形成片の周縁を封閉接着するものであり、中入れ片を封筒体内にフリーな状態で納め、封筒の表層用連続紙,通信文等の連続紙,封筒の裏層用連続紙を連続紙のまま重ね合わせ、封筒単位毎に縁辺を接着した後、連続紙をバーストしている、それまでの連続封筒では、通信文等の縁辺が封筒体の表裏の縁辺に貼着され、封筒体の一部を開封しただけでは通信文を取り出すことが出来なかった点を改良している。
また、実開昭60−161045号公報の窓つき封筒は、窓つき封筒の裏側用紙部にその上縁又は下縁から窓に向かって突出する切欠きを設け、その切欠きから露出する表側用紙部の一部に封緘用舌片の一部を貼着するもので、封筒内で伝票ががさつくのを防止するものである。
この透視窓に貼着する透明フィルムとしては、強度と透明度とが優れた、ポリエチレンフィルムポリプロピレンフィルムポリエステルフィルムなどの、プラスチックフィルムが用いられているものである。

0006

このような窓付き封筒を用いて、上記したように、受取人以外にその内容を知られたくない親展書類を送付する場合や、葉書には書ききれない多量の情報などの複数枚におよぶ書類を送付する場合に、それらの書類を封筒に封入して郵送したり、また、バーゲン情報新装開店の情報、通信販売のカタログなどを封筒に封入したダイレクトメールを、特定の顧客に直接送付することが、さかんに行われているため、各顧客のポストには、1日に多数の郵便物や配送物が投函され、その多数の郵便物や配送物のなかから、封筒送付人や、その窓から確認できる範囲で、各人が必要な郵便物や配送物を選択し、その選択された郵便物や配送物のみ開封され、他の郵便物や配送物は開封もされず廃棄されることが多かった。
これに対処すべく、例えば、ダイレクトメールの開封率の向上をはかるために、本来の郵送・配送目的である「広告」のほかに、商品見本や、おまけ、若しくは割引券などの「封入物」を封筒に封入することが行われており、「封入」される帳票(書面)には、所定窓部用の宛名等の印字に加えて、例えば、郵便の場合には(郵便法や、郵便規則等の制限あり。)、郵便法等で認められる範囲で、他の窓を設け、この窓から、封筒内部の帳票に印刷された内容の一部や、同封された景品等の内容が見えるようにして、封筒の開封率を高める工夫がなされている。(例えば、特開平8−282678公報参照。)
さらには、封筒部材に宛名部ではなく、「別の窓」を新たに設け、その位置に光回折パターンを設けて、他の郵便物に対して、封筒の外観差別化を行い、もって、封筒の開封率の向上を図る工夫もなされている。(例えば、特開平8−175546公報参照。)
しかしながら、多量に且つ、多数回送付するものに、毎回、高価な景品等を封入することはできず、また、封筒の窓として、所定の位置に大きいサイズを確保できる宛名用の窓部ではなく、別途窓を設けて、その位置に合わせて光回折パターンを形成しただけでは、他の封筒との差別化の効果も薄く、また、その封筒の外観を視認するだけで、その「光回折パターンのデザイン」を確認できるため、特に開封する必要もなく、「直接的に開封率を向上する」という効果の小さいものであった。
さらに、「封入物」そのものに光回折パターンを設け、やはり宛名用の窓部以外の別に設けた窓から覗けるように配置する方法も、個別情報を印字する帳票等に個々に光回折等の特殊加工を施すことが求められ、煩雑であるとともに、やはりコストのかかるものとなっていた。
その上、得意先毎に、さらには、送付する目的ごとに、封筒の宛名用窓部以外の所に別途開口部(別の窓)を設け、その位置に合わせて、光回折パターンを設けたシートを貼付する工程は、その検査工程をも含め、多品種小ロット生産が求められる今日においては、煩雑そのものであり、効率が低く、量産性に欠けるものであった。

先行技術

0007

特開平8−282678公報
特開平8−175546公報

発明が解決しようとする課題

0008

本発明は、上記した問題を解決すべく、窓付き封筒において、大きい領域を確保可能な「窓」部に、すなわち、受取人が本人なのか若しくは家族等であるのかを確認するため、必ず視認する宛名用窓部に、その下にある宛名等の印字を目視にて十分視認でき、及び、郵便区分け機等の光学機械読み取りに支障なく認識可能である、透明レリーフホログラムシートを設けることにより、封筒における所定の一つの位置に十分な大きさの窓部を確保でき、且つ、顧客の注意を十分に喚起して、その開封率を向上し、さらに、量産性に優れる、窓付き封筒を提供することにある。
さらに、その透明レリーフホログラムシートの透明性を確保して、郵便区分け機等の機械読み取り適正を有し、郵便規則に適合する、窓付き封筒を提供する。

課題を解決するための手段

0009

上記の課題を解決するために、
本発明の窓付き封筒の第1の態様は、透明な窓を備えた窓付き封筒において、前記透明な窓が、少なくともその一方の面にレリーフホログラム網点状に形成された透明レリーフホログラムシートで構成され、その網点面積率が、30%〜50%であることを特徴とするものである。
上記第1の態様の窓付き封筒によれば、透明な窓を備えた窓付き封筒において、前記透明な窓が、少なくともその一方の面にレリーフホログラムが網点状に形成された透明レリーフホログラムシートで構成され、その網点面積率が、30%〜50%である、窓付き封筒を提供でき、郵便規則を満足する透明性を有し、且つ、ホログラム再生像の視認性に優れる透明レリーフホログラムシートを有する窓付き封筒を提供することができる。
本発明の窓付き封筒の第2の態様は、前記レリーフホログラムを構成する網点が、10μm〜100μmの大きさの範囲でランダムに形成されていることを特徴とするものである。
上記第2の態様の窓付き封筒によれば、前記レリーフホログラムを構成する網点が、10μm〜100μmの大きさの範囲でランダムに形成されている窓付き封筒を提供でき、高い透明性を有し、且つ、ホログラム再生像の視認性に優れる透明レリーフホログラムシートを有する窓付き封筒を提供することができる。
本発明の窓付き封筒の第3の態様は、前記レリーフホログラムの前記網点上に透明反射性薄膜層が形成されていることを特徴とするものである。
上記第3の態様の窓付き封筒によれば、前記レリーフホログラムの前記網点上に透明反射性薄膜層が形成されている窓付き封筒を提供でき、より高い透明性を有し、且つ、ホログラム再生像の視認性に特に優れる透明レリーフホログラムシートを有する窓付き封筒を提供することができる。

0010

封筒に用いられる紙、若しくは板紙は、一般的には、その使用目的により、印刷用紙・情報用紙包装用紙衛生用紙雑種紙、若しくは、段ボール原紙紙器用板紙に大別される。
さらに小分類としては、
質紙中質紙色上質紙アート紙、コート紙、マットコート紙ミラーコート紙、アートポスト、ケント紙更紙ノーカーボン紙模造紙グラシン紙、再生紙、白板紙色板紙加工紙、上級印刷紙、中級印刷紙、下級印刷紙、微塗工紙軽量コート紙インクジェット用紙、POD用紙、昇華熱転写用紙等のプリンター用紙フォーム用紙、ノーカーボン紙、感熱紙、OCR用紙OMR用紙、磁気記録紙等(情報用紙)、未晒クラフト紙半晒クラフト紙、塗工晒クラフト紙再生可能防湿紙等(包装用紙)、表面に様々なエンボス加工を加えた紙、他の素材を混ぜ合わせた紙、風合いを出した紙、パール加工紙、ライナー中芯原紙等(段ボール原紙)、表面に顔料が塗られていないもので、木材(原料)を化学処理した化学パルプと、木材(原料)をほぐしただけの機械パルプを混ぜた、非塗工紙、上質紙、中質紙をベースに片面または両面に塗料を塗って、圧力をかけたロールの間を通し光沢を出した、塗工紙等、木材パルプを原料とし、機械により大量生産された洋紙に対して、(コウゾ)、三椏(ミツマタ)、雁皮(ガンピ) 、まゆみ)等を原料とした和紙等がある。
封筒に用いられる素材としては、上記の他に、樹脂含浸紙、合成紙、樹脂フィルム等も用いられる。樹脂フィルムとしては、ポリエチレン(PE)、ポリプロピレン(PP)、延伸ポリプロピレン(OPP)、ポリスチレン(PS)、メタクリル樹脂アクリル樹脂ABS樹脂(ABS)、ポリ塩化ビニル等が用いられる。

0011

これらの紙、若しくは板紙、さらには、樹脂フィルムを用いて、上記した様々な用途に用いられる「窓付き封筒」を、枚葉製袋機や、窓貼装置・口糊付装置を組み込んだ輪転製袋機、各種のフォーム印刷加工機等を用いることにより作製することができる。
これら製袋機は、作製する封筒の名称を用いて、平盤製袋機ガゼット製袋機、縦型封筒用洋封筒製袋機、横型封筒用製袋機、若しくは、外カマス製袋機枚葉型角底製袋機等とも呼ばれるものである。
窓付き封筒は、判や四六判等の平判の枚葉用紙を、断裁機、若しくは所定の形に打ち抜くことが可能な型抜き刃を有する型抜き機等を用いて、所定の形(封筒を展開した形。所定の位置に窓としての開口を設けておくことができる。)とし、この1片1片を、製袋機によって、窓用フィルムを貼りながら、所定の箇所を糊付けして、作製することができる。
この時、製袋用と、封筒封緘用の糊とは別のものとし、製袋用の糊は、乾燥することで固着する水系アクリルエマルジョン接着剤や、部分的に加圧することで接着する感圧接着剤粘着剤、加熱により固化反応が促進される感熱接着剤・粘着剤、さらには、高周波乾燥性の接着剤等、窓付き封筒に用いられる封筒素材に対応して、種々のものを用いることができる。
封筒封緘用の糊は、封筒封緘部にアラビア糊等の再湿性の糊を設けておき、封緘時に水等を付着し、封緘するものや、両面テープ方式のもの、さらには、封筒封緘部の「フタ」の部分と「折り返し」部分の両方に糊を設けておく、アドヘアタイプが用いられる。

0012

また、窓用フィルムに用いられる接着剤・粘着剤も上記のものなどを適用することができるが、本発明の透明な窓に用いられる窓用フィルムには、その一方の面にレリーフホログラムが形成された透明レリーフホログラムシートを用いるため、この透明レリーフホログラムシートと、封筒用紙との接着が可能な接着剤を選定する。
特に、この透明レリーフホログラムシートを、その窓付き封筒開封後に、封筒用紙から剥して、鑑賞用として保管する場合に、その「接着剤・粘着剤の跡」(接着・粘着残渣を意味する。)が残らない、「再剥離性」を有するものを使用することが好適である。
窓付き封筒は、封筒本体の片面に窓部を備えてその窓部の周辺に透明なフィルムの辺部を貼着することでその窓部を覆った基本構造を有する。
封筒本体は、例えば、窓部を有する封筒上紙とこの封筒上紙に重ね合わせる封筒下紙とからなり、相対する四辺に設けた接着手段を介して四方封着されたものからなる。
この形状の窓付き封筒は、ロール状の封筒上しとロール状の封筒下紙に、用紙送りのためのマージナルパンチ部を設け、それらを分離された状態で準備し、さらに複数枚の封筒上紙が切り取りミシン目を介して連続しているとともに、複数枚の封筒下紙も切り取りミシン目を介して連続していて、一枚ずつ封筒上紙と、窓用の透明なフィルム片とを対応させ、封筒上紙の窓用開口部のその開口より少し内側に感圧接着剤をパターン状に設け、その上にその透明なフィルムを重ねて、四方を圧着して、透明なフィルムを封筒上紙に接着し、そして、再度、一枚ずつの封筒上紙と封筒下紙とを対応させて、四方を封着することで複数単位の窓付き封筒を分離可能にして、連続して得ることができるものである。
封筒本体を構成している封筒上紙と封筒下紙とは、フォーム上質紙等からなるものである。

0013

封筒下紙の重ね合わせ面には封筒上紙の窓部に対応する位置に宛名部が設けられているとともに、封着部分に囲まれた内部領域であってその窓部に対応しない位置に情報記録部が設けられていて、この宛名部と情報記録部とは、予め、フォーム印刷用インキ等を用いて、所要情報罫線、図柄などの印刷すべき事項が印刷形成され、さらに、宛て名人毎の個別情報等をノンインパクトプリンター等により印字形成し、また、封筒上紙の重ね合わせ面に地紋等が印刷されていて、情報記録部側に表示する情報を外部から見えないようにしたりして、一体の窓付き封筒とする。
また、例えば、郵便物として郵送する場合には、封筒上紙の外表面(封筒本体としての外面)には郵便料金前納表示マークが印刷され、封筒上紙のマーク以外の領域と封筒下紙の外表面(封筒本体としての外面)にも必要に応じて印刷すべき事項を設ける。
このようにして、所定の印刷が行なわれた後に各種の個別可変情報の印字がなされ、そして、封筒上紙と封筒下紙とが重ね合わされて四方が封着されることで、複数単位が連続している窓付き封筒が得られ、この後、切り取りミシン目から分離して一単位としての窓付き封筒が得られる。
この場合にも、その窓部に、その一方の面にレリーフホログラムが形成された透明レリーフホログラムシートを用いるため、上記同様に、この透明レリーフホログラムシートと、封筒用紙との接着が可能な接着剤を用いる。
但し、上記加工は、高速、且つ、連続処理により行われるため、一方の面にレリーフホログラムが形成された透明レリーフホログラムシートが貼着された状態で、多数の搬送用ガイドロール(フォーム印刷加工機等の金属ガイドロールを意味する。)にその上面及び下面が接触することになる。
従って、この接触によって、そのレリーフホログラムのレリーフが傷ついたり、そのレリーフが変形されることのないよう、十分な表面硬度を有する、透明レリーフホログラムシートを用いることが好適である。
このことから、透明レリーフホログラムを形成する材料として、電離放射線硬化タイプのものを使用することはさらに望ましい。透明レリーフホログラムシートが多層構成であるならば、少なくともそのレリーフホログラムが形成されている層において使用する。

0014

また、返信用封筒内臓する、窓付き封筒としては、例えば、
上記の様にして作成した、宛名用の窓部を有する窓付き封筒内に、新たに、返信用封筒上紙と返信用封筒下紙の対向面の封着すべき三周縁は剥離困難に、他の部分は剥離可能に接着し、宛名情報を印字した一辺開口型の返信用封筒を、その宛名情報が、窓付き封筒のその窓部と対応位置するように封入することで作成することができる。
その返信用封筒上紙と返信用封筒下紙の対向面の封着すべき三周縁は剥離困難に、他の部分は剥離可能に接着する構成として、例えば、対向面の一方の全面に接着後に剥離可能な感圧性接着剤による接着剤層を設け、対向面の他方の三周縁にその感圧性接着剤の接着力を増強する接着力増強層を設ける構成を挙げることができる。接着力増強層としては、平均粒子系の小さい微細シリカ粉末ポリビニルアルコールカルボキシメチルセルロースセルロースエーテルでんぷん、及びその誘導体ゼラチンアルブミンアラビアゴムアルキネート類、ポリアクリルアミド、または、ポリビニルピロリドン、あるいはこれらの混合物等からなる樹脂組成物と等量以上混合したものを数μmの厚さで所定のパターン状に形成することで得られる。
この様な返信用封筒は、返信用封筒上紙と返信用封筒下紙の対向面が剥離可能に接着されるので、返信用封筒面上等へのノンインパクト・プリンター印字等による隙間発生がなく、返信用封筒表面を適正な電荷状態とでき、ドラムとの接触状態も適正なものとなり、確実な印字が可能となる。また、返信用封筒はあたかも1枚のシートのようになるので、窓付き封筒に挿入する作業が容易であって、返信時には、返信用封筒上紙と返信用封筒下紙の剥離可能な接着面を剥離して、申込書等の各種書面を封入することができるものとなる。

0015

さらに、例えば、窓付き封筒は、1枚のシートを折って糊代部を接着してなる通常の封筒であり、開口部を透明フィルムで閉塞して窓部を形成している。そして、この窓付き封筒内に返信用封筒と申込書とを封入することもできる。申込書は、例えば、切り用ミシン目を境として入会申込書入会案内書とに区分けされ、その入会申込書には表面に「入会申込書」なる表題のほか、入会申込文、申込年月日記入欄、入会者住所氏名記入欄捺印欄等が印刷される一方、入会案内書には表面に「○○会へ入会のご案内」なる表題と入会案内文が、裏面に返信用封筒の使用説明文が、それぞれ印刷される。
返信用封筒は、宛名情報印字部を表面に有する返信用封筒上紙と表面が返信先情報印字部となった返信用封筒下紙からなり、宛名情報印字部は窓付き封筒に返信用封筒を封入した際に、窓部に対応する位置に設けられている。封筒上紙の裏面である封筒下紙との対向面には、接着後に剥離可能な感圧性接着剤が全面的に塗布されてなる接着剤層が設けられ、封筒下紙の裏面である封筒上紙との対向面には、封着すべき三周縁に接着力増強層が設けられている。
返信用封筒は当初、折り兼切り用ミシン目を介して単位封筒連接された連続状態にあり、返信用封筒上紙の右端と封筒下紙の左右端には、それぞれ切り用ミシン目が設けられ、これら切り用ミシン目を境として移送孔を設けた用紙搬送用マージナル部が形成されている。
接着後に剥離可能な感圧性接着剤としては、また、天然ゴムに、スチレンメタクリル酸メチルとをグラフト共重合させた天然ゴムラテックステルペン樹脂系等の粘着付与剤等を添加したものも用いることができる。
返信用封筒上紙と返信用封筒下紙とは、感圧性接着剤の接着条件である所定の圧を加えることにより、封着すべき三周縁では接着力増強層に感圧性接着剤が浸透して接着力が増強されることによって剥離困難に強接着し、他の部分においては剥離可能に弱接着している。このようにして、返信用封筒は、返信用封筒上紙と返信用封筒下紙の対向面が密着したシート状態となっている。

0016

従って、この連続状態にある返信用封筒を、各移送マージナル穴を利用してトラクタ装置により移送しながら、ノンインパクト・プリンターにかけても、封筒上紙と封筒下紙との間に隙間を生じないので、適正状態で電荷がかかり、また、適正状態でドラムと接触するので、返信用封筒上紙の宛名情報印字部に対する宛名情報がカスレ等なく確実になされる。
同様にして、返信用封筒下紙の表出面に印字する返信先情報もカスレ等なく確実になされる。なお、この返信先情報は全ての返信用封筒に共通の不変情報であるから、あらかじめ印刷しておいてもよい。
そして、印字後の連続状態にある返信用封筒は、封筒ごとに切り用ミシン目で分離され、各宛名情報が窓付き封筒の窓部に対応位置するようにして、申込書とともに、窓付き封筒内に封入・封緘装置等を用いて封入・封緘される。この封入・封緘作業は、返信用封筒が1枚のシート状になっているので、円滑かつ確実になされる。
但し、窓付き封筒には、既に、窓用フィルムとして、透明レリーフホログラムシートが貼着されているため、この挿入時に、返信用封筒等が、この透明レリーフホログラムシートに引っ掛かって折れ曲がったり、逆に透明レリーフホログラムシートを封筒面から剥離することの無いよう(元々、剥離可能な程度の接着力しか持たないため。)、その挿入時に衝突防止用の「ガイド」(薄く平坦な金属へらを、透明レリーフホログラムシートの上にあてておく等の処理を行うという意味。)を用いることも好適である。

0017

以上の工程によって、窓付き封筒は、一般の封筒と同様に投函可能となって、宛て名人に対して郵送若しくは配送される。
この窓付き封筒を受け取った宛て名人(受取人)は、その窓部に設けられている「宛名」を確認し、自分宛のものか、若しくは、家族宛のものか、さらには、全く他人宛の誤配送のものか等を、確認するが、その時に、その窓部にある「ホログラム」を確実に視認し、その「ホログラムデザイン」をほぼ100%の確率で「鑑賞」することになる。
もちろん、その宛名が家族もしくはその他の人のものであったならば、その窓付き封筒は、いずれ、その「該当者」に渡され、その際、再び、その「該当者」がほぼ100%の確率で、「鑑賞」することになる。
この「鑑賞」率の高さが、すなわち、開封率向上に寄与することは言うまでも無い。
その後、開封して返信用封筒及び申込書を取り出し、この入会案内書の案内文及び説明文を読み、入会を希望する場合には、入会申込書の各記入欄所定事項を記入したうえ、捺印欄に自己印鑑捺印し、さらに、切り用ミシン目を破断して入会申込書と入会案内書を分離する。そして、返信用封筒の封筒上紙と封筒下紙の剥離可能な接着部分を離反し、入会申込書を挿入したうえ、糊付けして封緘する。これによって、返信用封筒は一般の封筒と同様な投函可能状態となり、返信先に対して郵送される。
そして、窓付き封筒そのもの、若しくは、透明レリーフホログラムシートを、窓付き封筒の封筒本体より分離し、個人の鑑賞用として保管することもできる。
さらに、透明レリーフホログラムシートは、通過する光を回折する機能を持つため、その透明レリーフホログラムシートの直下にある「宛名等の情報」を、斜め上方から視認する行為に対して、その視認性を低下させる効果を有する。
窓付き封筒の宛名等は、「個人情報」として保護すべき対象であって、不要な開示を避ける必要があるが、宛名等の上に、透明レリーフホログラムシートを設けることで、斜めからの不要な視認(本人の横又は後ろから覗き見したり、封筒を離れた位置から見ようとするなど。)を抑制することができる。特に、メール便等への対応限定となるが、形成するホログラムの回折効率を高いものとすることで、悪意を持った宛名部分の複写等(コピー機や、デジタルカメラ等での光学的な複写を意味する。)までをも抑制することが可能となる。
なお、例えば、返信用封筒の封筒上紙と封筒下紙を剥離可能に接着する構造として、エチレン酢酸ビニル系樹脂アクリル系樹脂塩化ビニル系樹脂塩化ビニリデン系樹脂合成ゴム系樹脂をベースにした感圧性接着剤を用いてもよい。また、返信用封筒の封緘は糊付けによるほか、あらかじめ両面接着テープを設けて、一方を剥離紙で被覆保護するよう構成してもよい。さらに、返信用封筒は連続状態ではなく、当初から単位状態にあってもよい。この場合には、移送用マージナル穴を有するマージナル部は不要になる。
また、この窓付き封筒に封入するものとしては、返信用封筒と申込書の組合わせに限らず、返信用封筒は必須要件であるが、申込書に加えて関連する他の文書類を同封したり、申込書に換えて、残高通知等に対する確認書等を同封することもできる。さらに、返信用封筒の宛名情報と返信先情報を同一面に印字してもよい。

0018

一方の面にレリーフホログラムが形成された透明レリーフホログラムシートは、透明なフィルムそのものを、ホログラムレリーフを有する「ホログラム形成層」とする方法、又は、透明基材の少なくともその一方の面に、透明な樹脂コーティングして、ホログラムレリーフを有する「ホログラム形成層」を設けた積層体とする方法により得られる。
前者の方法においては、ホログラム形成層は、透明な樹脂材料又は、透明な樹脂フィルム(以下、総称して「樹脂」とも称する。)で構成される。
その透明な樹脂としては、アクリル酸エステル樹脂等の各種の熱可塑性樹脂不飽和ポリエステル樹脂等の熱硬化性樹脂、もしくはエポキシアクリレート等の電離放射線硬化性樹脂を用いることができる。
上記の樹脂を用いてホログラム形成層を形成するには、感光性樹脂材料にホログラムの干渉露光を行なって現像することによって直接的に形成することもできるが、予め作成したレリーフホログラムもしくはその複製物、またはそれらのメッキ型等を複製用型として用い、その型面(ホログラムレリーフをその表面に有する。)を上記の樹脂に押し付けることにより、賦型を行なう。
若しくは、成形用型に上記ホログラムレリーフを形成し、押出成形法ブロー成形法真空成形法カレンダー加工法等の各種成形方法により、樹脂を成形すると同時にホログラムレリーフを形成して、ホログラム形成層とすることもできる。
そのホログラム形成層の厚さは、5μm〜200μmとする。好適には、20μm〜50μmである。もちろん、この厚さは薄い方がコスト面や、透明性を確保するためには有利であるが、5μm未満では、シートとしての強度が不十分で封筒加工適正や、郵送や配送適正に欠け、200μmを超えると、窓部とその他の部分とに大きな段差が生じ、封筒加工時に引っ掛かりが起きる等、封筒加工適正や、郵送や配送適正に欠けるものとなる。

0019

以上の方法は、樹脂を担持するための透明基材を介することなく、直接樹脂から形成することができるため、あらかじめ透明基材に樹脂をコーティングしておく工程が不要となり、コスト面及び、管理面において優れる。
また、後者の方法においては、その透明基材として、厚みを薄くすることが可能であって、機械的強度や、透明レリーフホログラムシートを製造する際の処理や加工、さらには、窓付き封筒加工時の封筒用紙との接触や、各種加工機の搬送用ガイドロールとの接触に対する耐磨耗性等が高く、それらの処理や、加工に適した耐溶剤性耐熱性及び耐摩耗性等を有するものであって、封筒に用いる材料との適度な接着性および再剥離性を有する、透明基材を用いることが好ましい。
その加工方法にもよるので、限定されるものではないが、フィルム状もしくはシート状のプラスチックが好ましい。
例えば、ポリエチレンテレフタレート(PET)、ポリカーボネート、ポリビニルアルコール、ポリスルホン、ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリスチレン、ポリアリレートトリアセチルセルロース(TAC)、ジアセチルセルロース、ポリエチレン/ビニルアルコール等の各種のプラスチックフィルムを例示することができる。
透明基材の厚さは、通常5〜100μmであるが、その取り扱い適正から25〜100μmとすることが望ましい。
この透明基材上にコーティングした透明な樹脂に、上記と同様な手法を用いてホログラムレリーフを形成することができる。

0020

ホログラムは物体光参照光との光の干渉による干渉縞凹凸レリーフ形状で記録されたもので、例えば、フレネルホログラムなどのレーザ再生ホログラム、イメージホログラム及びレインボーホログラムなどの白色光再生ホログラム、さらに、それらの原理を利用したカラーホログラムコンピュータジェネレーティッドホログラム(CGH)、ホログラフィック回折格子などがある。また、マシンリーダブルホログラムのように、その再生光受光部でデータに変換し所定の情報として伝達したり、真偽判定を行うものであってもよい。
但し、ホログラム形成層上にその中心を置き、その前後に像を再生するイメージホログラムや、ホログラムとしての再生効率が高いものは、ホログラム形成層中での光の屈折散乱若しくは光を反射する率が高く、透明レリーフホログラムシートを通過して、その下にある宛名情報等を光学的に認識する場合には不向きであるため、上記した郵便規則で定められている光学的特性を満足するものとするためには、ホログラム再生像の再生する位置(結像位置)を、そのホログラム形成面から2.0mm〜20mmの距離とした、レーザ再生ホログラム、白色光再生ホログラム、カラーホログラム、CGH及びマシンリーダブルホログラムとする。
そこで、これらの制限を払拭し、イメージホログラムや、ホログラムとしての再生効率が高いものを使用可能とするため、ホログラムレリーフを部分的に形成(以下、「ホログラムレリーフ形成領域」とも称す。)し、ホログラムレリーフを形成していない部分を完全に透明な状態(透過率100%を意味する。以下、「透明な領域」とも称す。)として、その「透明な領域」の面積率を十分に確保することで、透明レリーフホログラムシートの「封筒の窓」としての透明性を確保し(郵便規則による「不透明性20%以下」を確保するという意味。)、且つ、鮮明なホログラムの再生をも可能とする。

0021

ホログラムそのものは、高い冗長性を有するため、「網点状」に「ホログラムレリーフ形成領域」を設けても、その再生ホログラムの「再現性」や、「鮮明度」が劣化しない性質を有する。
従って、その網点面積率が、50%以下となっても、その再生ホログラムの「再現性」や、「鮮明度」を維持することができる。但し、網点面積率が30%未満となると、ホログラム再生像そのものの明るさが低下し、視認性の低下を招くことになる。このことから、その網点面積率を30%以上、50%以下とする。
すなわち、「透明な領域」の面積率は、70%未満50%超ということになる。
このような透明レリーフホログラムシートの下にある「宛名情報等」は、この「透明な領域」からは「100%透過」してみることができ、さらに、これに加えて、「ホログラムレリーフ形成領域」においても、その0次回折光によって、やはり、透過してみることができる。
以上の状況を、さらに詳細に説明すると、ホログラム再生像は、網点状に点在している「ホログラムレリーフ形成領域」の位置の真上(もしくは、真下)の領域にのみ存在し、「透明な領域」にはみ出すことが無いため、「透明な領域」から、その下にある「宛名情報等」を、目視においても、また、機械認識方法においても、正確に読み取ることが可能となる。
郵便規則において、その透明性は、「80%以上」必要となるため、上記した網点面積率30%の場合は、70%の透明性に加え、0次回折光から10%以上の透明性を確保すればよく、±1次回折光として35%程度の回折効率の高いホログラムを形成することが可能となる。

0022

また、網点面積率50%の場合には、50%の透明性に加えて、0次回折光から30%以上の透明性が必要となるため、±1次回折光として20%以下の回折効率のホログラムとしなければならないが、網点面積率が1.6倍となっているため、ホログラム再生像全体の明るさは確保できることになる。
さらに、「網点」の「形状」は、その面積率を確保できるものであれば、特に制限はないが、その離散的な領域に出現するホログラム再生像を、連続的な像として認識しやすいものが好ましく、円形方形楕円形等の比較的単純な形状が好適である。
もちろん、ホログラム再生像の実際のデザインに調和するように、ホログラム再生像が精密に描かれている部分の網点率を高くし、ホログラム再生像があまり複雑でない部分の網点率を低く設定し、「宛名情報等」の視認性を確保することも好適である。
特に、封筒の「宛名情報等」は、その配置がほぼ固定位置となっているため、その配置にあわせて上記した網点面積率の配分をすることも可能となる。
例えば、郵便番号や、住所、氏名、所定の郵便情報、さらには、顧客管理番号等の一次元二次元バーコード等の位置の網点面積率を30%〜35%とし、その他の領域の網点面積率を45%〜50%とすることも好適である。
もちろん、これらの位置のホログラム再生効率を調整することも好適である。
窓付き封筒に封入された書面等の上に記録された宛名等の情報は、その封筒に封入された状態において、その宛名等と透明レリーフホログラムシートのホログラムレリーフ面とは、通常、接しているか、透明レリーフホログラムシートの厚さ分だけ離れているのみであるため、ホログラム結像位置が、ホログラム形成面(ホログラムレリーフ面)から、2.0mm以上離れていることで、その光学的読み取りへの影響を抑制することができる。また、レリーフホログラムにおいて、その結像位置が、20mm以上離れるとその再生像の視認性が低下する。
また、上記した意味において、リップマンホログラム等の体積ホログラム不適当であって、本発明の対象を、透明性に優れ、通過する光の散乱性の低い、「レリーフホログラム」とする。

0023

ところで、レリーフホログラムは、その微細な凹凸によって、それを通過する光、もしくはそれによって反射する光に位相差を与え、この位相差がホログラムを再生するものである。以下、一方の面にのみホログラムレリーフを形成した例について説明するが、透明な樹脂フィルムの両面に形成してもよいし、積層体とする場合には、透明基材の両面にホログラム形成層を設けてもよい。
位相差は、通過する場合は、単純に凹凸深さをdとし、構成する樹脂の屈折率をnとして、単純に、樹脂を通過する場合のn×dから、空気(屈折率=1)を通過する場合の1×dを差し引いたもの、すなわち、位相差=(n−1)d となる。
しかし、反射する場合には、その状況がより複雑であって、その凹凸が接している「空気」との界面において反射が起きる為、例えば、その凹凸面側から光を照射し、樹脂に光が入る前に、その「空気と樹脂との界面(ここに凹凸が存在する。)」にて反射する場合には、空気の屈折率が1であるため、位相差は2d(位相差=2d)となる。
もしくは、その樹脂面から光を照射し、樹脂中を光が通過し、その光が樹脂を出る前に、その「空気と樹脂との界面(ここに凹凸が存在する。)」にて反射する場合には、樹脂の屈折率がnであるため、その位相差は2nd(位相差=2nd)となる。

0024

ホログラムの再生効率を、回折格子の回折効率、例えば、最も単純化して、微細凹凸の深さをhとした、樹脂屈折率n=1.5のラミナー格子において、説明すると、以下の様になる。
入射光波長λ、入射光の入射角α回折光回折角βとすると、その回折効率が最大となる「h」の最適値(最適深さ)は、
・空気側からの入射: 最適深さh1=λ/2(cosα+cosβ)
・樹脂側からの入射: 最適深さh2=λ/2×1.5(cosα+cosβ)
となる。
従って、ホログラムを観察する状況によって、その最適深さを適用する。
以上のごとく、ホログラム再生像の鮮明度は、参照する光に与える位相差にによって大きく影響を受け、理論的には、参照光と物体光が形成した「光の干渉縞」領域におけるここの微細領域における微細な「位相分布」に等しい「位相差」を与えるものが、歪みやボケの無い、最も鮮明な再生像を与え、この「位相分布」から外れた「位相差」を与えた場合には、再生像の鮮明性が著しく劣化する。
微細な凹凸を精密に作成するため、光学的な方法だけでなく、電子線描画装置を用いて、精密に設計されたレリーフ構造を作り出し、より精密で複雑な再生光を作り出すものであってもよい。このレリーフ形状は、ホログラムを再現もしくは再生する光もしくは光源の波長(域)と、再現もしくは再生する方向、及び強度によって、そして上記の設定条件を加味して、その凹凸のピッチや、深さ、もしくは特定の周期的形状が設計される。凹凸のピッチ(周期)は再現もしくは再生角度に依存するが、通常0.1μm〜数μmであり、凹凸の深さは、再現もしくは再生強度に大きな影響を与える要素であるが、通常0.1μm〜1μmである。

0025

これらの微細な凹凸が光を反射し、その反射光が干渉しあって、上記した所望の「位相差」を出現するためには、その微細な凹凸が連続して形成されている領域として、すなわち、「ホログラムレリーフ形成領域」の最小単位として、少なくとも10μm以上(干渉縞1本のピッチが1μmとして、10本以上を意味する。)の大きさが必要である。好適には、20μm以上が望ましい。
そして、「透明な領域」を通して、その下にある「宛名情報等」を視認するためには、郵便規則等で定められている、その文字情報や、バーコード情報の大きさから、少なくとも、300μm以内の周期でその「透明な領域」が点在している必要がある。好適には、100μm以内とする。
従って、「ホログラムレリーフ形成領域」は、少なくとも10μm以上300μm以下の領域からなり、好適には、10μm以上100μm以下とする。
ホログラムの干渉縞は、単純に1μmピッチで統一されておらず、0.1μm〜数μmであり、10μm以上とすることでその安定性を確保できる。また、「宛名情報等」の文字画線幅や、バーコードの線幅は、100μm以下ということもあり、より安定して「宛名情報等」の視認性や、機械読み取りを確保するためには、100μm以下とすることが好ましい。
さらに、「ホログラムレリーフ形成領域」の最小領域の大きさを、10μm周期のように、微細なものとすると、この最小領域形状が「同一形状同一周期」として整然と並ぶことで、あたかも「回折格子」状となり、これらを照明する光が、これらによって、「回折格子による回折光」を発生させるため、「宛名情報等」の視認性や機械認識適正を低下させる。

0026

従って、この擬似的な「回折光」を抑制するため、「網点」の「大きさ」、「周期(網点間の距離を意味する。)」や、その「形状」そのものを規則性の無い状態、すなわち、「ランダム」なものとする。
例えば、「大きさ」でいえば、直径10μm〜直径100μmの円形領域が、その網点面積率を均一に保ちながら、ランダムに離間している状態をいう。
すなわち、最も単純な例示により説明すると、300μm四方の正方形イメージしたとき、その一つの正方形の中には、直径20μmの円形領域のみが、20μmだけ離間して整然と並び、隣の正方形の中には、直径100μmの円形領域のみが、100μmだけ離間して整然と並び、その二つの正方形の面積率は、いずれも50%と同一である、というような状態をいう。
もちろん、上記したように整然と並ぶことは必要なく、その並び方もランダムなものとすることが好ましいことはいうまでもない。
さらに、ホログラムレリーフ界面における反射率を向上するため、このホログラムレリーフに追従して、透明反射性薄膜等の透明性と反射性を兼ね備えた薄膜層を形成することも好適である。
この薄膜は、上記した「ホログラムレリーフ形成領域」の網点の部分のみに形成されている。

0027

このことにより、ホログラム再生像の反射率のみを向上させ、それ以外の領域である「透明な領域」の透明性を阻害する(「透明な領域」における、不要な界面反射等を生じないという意味。)ことがない。
この薄膜を網点の部分のみに形成する方法としては、物理的、化学的薄膜形成方法にて、10〜2000nm程度、好ましくは20〜1000nmの厚さになるように形成し、フォトレジスト処理等により、「透明な領域」上の薄膜を除去する方法を用いる。
また、透明基材上に、ホログラム形成層を設け、その全面にホログラムレリーフを形成し、さらに、その全面に透明反射性薄膜層を形成した後、その上に、網点状の耐エッチング印刷を施し、ウェットエッチングや、ドライエッチングによって、ホログラム形成層及び、透明反射性薄膜層の2層を同時に除去して、透明基材面を露出させる方法を用い、ホログラムレリーフと薄膜との同調性を確保し、且つ、「透明な領域」を透明基材のみとして、「透明な領域」に存在する界面の数を減らしてその透明性を高くすることも好適である。
もちろん、その同調性を高めるため、ホログラム形成層そのものを、フォトレジストとし、ホログラムの干渉縞を露光するとともに、網点状のパターン露光も施し、さらに、透明反射性薄膜層を形成した後、現像処理して、不要なレジストや、不要な透明反射性薄膜を一度に透明基材から除去する方法もさらに好適である。
透明反射性薄膜層としては、ZnS、TiO2、Al2O3、Sb2S3、SiO、SnO2、ITOなどがある。
好ましくは、金属酸化物、窒化物、又は、それらを2種以上を混合したものなどが例示できる。

発明の効果

0028

本発明によれば、窓付き封筒において、大きい領域を確保可能な、宛名等に割り当てられた「窓」部に、すなわち、受取人が本人なのか若しくは家族等であるのかを確認するため、必ず視認する宛名用窓部に、その下にある宛名等の印字を目視にて十分視認でき、及び、郵便区分け機等の光学的機械読み取りに支障なく認識可能である、透明レリーフホログラムシートを設けることにより、封筒における所定の一つの位置に十分な大きさを確保でき、且つ、顧客の注意を十分に喚起して、その開封率を向上し、さらに、量産性に優れる、窓付き封筒を提供することができる。
さらに、その透明レリーフホログラムシートの透明性を確保して、郵便区分け機等の機械読み取り適正を有し、郵便規則に適合する、窓付き封筒を提供する。

図面の簡単な説明

0029

以下、本発明の実施形態について、図面を参照しながら、詳細に説明する。
本発明の1実施例を示す窓付き封筒の加工中の図である。
本発明の1実施例を示す窓付き封筒(封緘前)である。
本発明の別の実施例を示す窓付き封筒である。
本発明の1実施例に用いられる透明レリーフホログラムシートの断面図を示す 図(その一方の面に網点状にホログラムレリーフが形成されている例。)であ る。
本発明の1実施例に用いられる別の透明レリーフホログラムシートの断面図 を示す図(その一方の面に網点状にホログラムレリーフが形成され、さらに 、その反対面において、透明基材に担持されている例。)である。
本発明の1実施例に用いられるさらに別の透明レリーフホログラムシートの 断面図を示す図(その一方の面に網点状にホログラムレリーフが形成され、 さらにその上のみに、透明反射性薄膜層が形成されている例。)である。

0030

(窓付き封筒、封筒本体)
本発明の窓付き封筒1は、上記したように、種々の製袋機を用いて、加工可能であるが、その一例としては、封筒本体2の窓部3に、透明レリーフホログラムシート4を上記した適宜な接着剤(図示せず。)を用いて、貼着したものとする。
但し、この接着剤は、一般的な粘着剤や接着剤を用いることができるが、特に、「再剥離性」を有することが好ましい。
接着剤には、エポキシ変成シリコーン樹脂系等の弾性系接着剤、熱可塑性樹脂系接着剤オレフィン樹脂系、EVA系などのホットメルト系接着剤酢酸ビニル系、EVA系、アクリル系などのエマルジョン系接着剤エラストマー系接着剤熱硬化性樹脂系接着剤アルキル-α-シアノアクリレート系等の瞬間系接着剤、粘着・接着形接着剤、ゴム系接着剤、一液形接着剤二液混合形接着剤、エポキシ樹脂系接着剤、反応形アクリル系接着剤ポリウレタン系接着剤塩化ビニル・酢酸ビニル系、ウレタン系、ポリエステル系、ニトロセルロース系などの樹脂系溶剤形接着剤クロロプレンゴム系、ニトリルゴム系、SBRゴム系などのゴム系溶剤形接着剤エポキシ変性ポリビニルアセタール変性、ニトリルゴム変性などのフェノール樹脂ポリ乳酸系接着剤(環境配慮)、さらには、再湿接着剤(水分を加えることで接着性を復活させるもの)等を用いることができる。
粘着剤には、天然ゴム系合成ゴム系熱可塑性エラストマー系などのゴム系粘着剤溶剤型アクリル系、エマルション型アクリル系、、液状紫外線硬化型電子線硬化型などのアクリル系粘着剤過酸化物硬化型シリコーン系付加型シリコーン系などのシリコーン系粘着剤ポリウレタン系粘着剤、ポリエステル系粘着剤等に、適宜、ロジン系、テルペン系石油樹脂系などの粘着付与剤を添加したものや、これらのエマルション型やホットメルト型等、さらに、再剥離型アクリル系粘着剤、微粘着型シリコーン系粘着剤、ポリ乳酸系粘着剤(環境配慮)、さらには、再湿粘着剤(水分を加えることで粘着性を復活させるもの)等を用いることができる。

0031

また、これらの混合系を用いることができ、さらに、種々の添加剤、すなわち、マイクロシリカ炭酸カルシウム等の体質顔料など、種々の通常用いられる添加剤も用いることができ、本発明においても、用途に応じ、これらを適宜入れ替えたり、混合したりして用いることができる。
これらは、処理する方法により、例えば、圧力を掛けて処理する場合には、感圧接着剤・粘着剤と呼ばれ、加熱処理する場合には、感熱接着剤・粘着剤と呼ばれる。
その形成厚さは、「紙」の上に適用する場合は、「紙」への浸透を考慮し、3μm〜10μmの厚さで、「フィルム」の上に適用する場合には、その浸透がないため、薄くすることができ、0.5μm〜3μmの厚さで形成する。
もちろん、これら材料をパターン印刷処理する代わりに、適宜な幅の両面テープを適用して接着(粘着)させることも好適である。特に、受取人に封緘処理をさせる場合などは、その封緘部分に両面テープを剥離紙を残したまま適用する。(再湿接着剤や再湿粘着剤も用いうる。)
一般的には、封筒上紙の開口部の開口位置から数mmの位置に、幅1mm程度で、厚さ5μm程度のパターン状に形成され、透明レリーフホログラムシート4をその上に載せた後、透明レリーフホログラムシート4全体に圧力を掛け、接着剤形成部にて圧着されることで、透明レリーフホログラムシート4を固定する。

0032

このとき、ホログラムレリーフ形成面は、表側にあっても、裏側(封筒内部側)にあってもよいが、開封率を向上させるために、ホログラムレリーフ深さを調節する場合は、裏側を向いていた方が設計が容易である。その上、郵送、乃至は、配送される際にそのホログラムレリーフ面が他の郵便物や、配送物等と接触しないため、損傷を受けにくいという利点を有する。
封筒本体2は、封筒上紙5と、封筒上紙6とを製袋処理ユニットをセットした、一般的なフォーム印刷機等を用いて、上記した適宜な接着剤から選択した、封筒製袋用の接着剤11により製袋され、バースト処理されて、個々の封筒となる。封筒上紙5には、必要に応じ所定のマーク10(郵便マーク等)が印刷されている。
封筒本体2、封筒上紙5と、封筒上紙6には、その用途の応じ、封筒に用いられる紙、若しくは板紙は、一般的には、印刷用紙・情報用紙、包装用紙、雑種紙、若しくは、段ボール原紙、紙器用板紙等を適宜選択し用いる。その厚さは、用途により適宜選択するが、例えば、連量が45kg/四六判(メートル坪量52.3g/m2)〜180kg/四六判(メートル坪量209.3g/m2)の上質紙等を用いる。
この個々の封筒本体2には、一般的な封入・封緘機を用いて、別途準備した、所定の位置に印字された宛名部8や、その他の部分に印字された情報記録部9をその表面に持つ、書面等12からなる封入物が挿入され、封緘されて、郵便物もしくは配送物となって、郵便配達乃至は、宅配配送される。郵便物の場合には、郵便法及び郵便規則に準拠して、材料選択及び加工処理される。
製袋加工時や、封入・封緘時に貼着されている透明レリーフホログラムシート4のホログラムレリーフ面が損傷を受けないよう配慮することが必要である。もちろん、その反対面が傷ついた場合にも、その透明性が低下するため、いずれの面も擦り傷等の損傷を受けないよう十分な配慮が必要となる。

0033

(透明レリーフホログラムシート、ホログラム形成層、透明基材、及び反射性透明薄膜)
透明レリーフホログラムシート4(以下A、A´又はA´´とも称す。)は、透明レリーフホログラムシートA(図4参照。)を構成するホログラム形成層13(以下、ホログラム形成層13ともいう。)単独構成、もしくは、透明レリーフホログラムシートA´(図5参照。)を構成する透明基材14(以下、透明基材14とも称す。)と、ホログラム形成層13との2層、そして、その網点状のホログラムレリーフ15、さらには、それらの網点状のホログラムレリーフ15面に追従するように設ける金属化合物材料からなる反射性透明薄膜16(透明レリーフホログラムシートA´´(図6参照。))や、その上にさらに適宜な透明性を有する樹脂からなる保護層(図示せず。)や、透明基材14のホログラム形成層13とは反対の面に、耐擦傷性離型処理層(図示せず。)等を設けたものを用いることができる。それぞれの層は一般的に用いられる方法を用いて、適宜な厚さに形成される。
ホログラム形成層13は、透明な樹脂材料又は、透明な樹脂フィルムで構成される。
その透明な樹脂材料又は、樹脂フィルムとしては、各種の熱可塑性樹脂、熱硬化性樹脂、もしくは電離放射線硬化性樹脂を用いることができる。熱可塑性樹脂としてはアクリル酸エステル樹脂、アクリルアミド樹脂ニトロセルロース樹脂、もしくはポリスチレン樹脂等が、また、熱硬化性樹脂としては、不飽和ポリエステル樹脂、アクリルウレタン樹脂、エポキシ変性アクリル樹脂、エポキシ変性不飽和ポリエステル樹脂、アルキッド樹脂、もしくはフェノール樹脂等が挙げられる。
さらには、ポリメチルメタクリレート屈折率n=1.49)、ポリメチルアクリレート(n=1.47)、ポリベンジルメタクリレート(n=1.57)、ポリブチルアクリレート(n=1.44)、ポリイソブチルアクリレート(n=1.48)、硝酸セルロース(n=1.54)、メチルセルロース(n=1.50)、セルロース・アセテートプロピオネート(n=1.47)、ポリスチレン(n=1.60)、ポリエチレンテレフタレート(n=1.64)、ポリ酢酸ビニル(n=1.47)、ポリ塩化ビニル・酢酸ビニル(n=1.54)、メラミン樹脂(n=1.56)、エポキシ樹脂(n=1.61)、フェノール樹脂(n=1.60)等を適宜用いることができる。
これらの熱可塑性樹脂および熱硬化性樹脂は、1種もしくは2種以上を使用することができる。これらの樹脂の1種もしくは2種以上は、各種イソシアネート樹脂を用いて架橋させてもよいし、あるいは、各種の硬化触媒、例えば、ナフテン酸コバルト、もしくはナフテン酸亜鉛等の金属石鹸を配合するか、または、熱もしくは紫外線重合を開始させるためのベンゾイルパーオキサイドメチルエチルケトンパーオキサイド等の過酸化物ベンゾフェノンアセトフェノンアントラキノンナフトキノンアゾビスイソブチロニトリル、もしくはジフェニルスルフィド等を配合しても良い。
また、電離放射線硬化性樹脂としては、エポキシアクリレート、ウレタンアクリレートアクリル変性ポリエステル等を挙げることができ、このような電離放射線硬化性樹脂に架橋構造を導入するか、もしくは粘度を調整する目的で、単官能モノマーもしくは多官能モノマー、またはオリゴマー等を配合して用いてもよい。

0034

上記の樹脂材料を用いてホログラム形成層13を形成するには、直接的に形成することもできるが、複製用型を用い、賦型を行なうこともできる。
熱硬化性樹脂や電離放射線硬化性樹脂を用いる場合には、型面に未硬化の樹脂を密着させたまま、加熱もしくは電離放射線照射により、硬化を行わせ、硬化後に剥離することによって、硬化した透明な樹脂材料からなる層の片面にレリーフホログラム15の微細凹凸を形成することができる。なお、同様な方法によりパターン状に形成して模様状とした回折格子を有する回折格子形成層光回折構造として使用できる。
若しくは、押出成形法、ブロー成形法、真空成形法、カレンダー加工法等の各種成形方法により、樹脂を成形すると同時に網点状のホログラムレリーフ15を形成して、ホログラム形成層13とすることもできる。
ホログラムは、レーザ再生ホログラム、白色光再生ホログラム、さらに、それらの原理を利用したカラーホログラム、コンピュータジェネレーティッドホログラム(CGH)、ホログラフィック回折格子、複合回折格子で構成されるホログラムや、マシンリーダブルホログラムなどを用いることができる。
本発明において、「ホログラム」を鑑賞用とし、「開封率向上」をその目的として設けているが、その窓付き封筒が信頼できる送付人から送られてきたことを示すという、いわゆる、偽造防止性を併せ持つことも好適である。例えば、送付人が窓付き封筒を送付した後、受け取り人が、その中にある申込書等に所定の個人情報等を記入して、同封されている返信用封筒をその送付人に送付する際に、その申込書が正しい送付人に送付されるものであることを保証するような目的で使われることも好適である。

0035

但し、宛名情報等を光学的に認識する場合には、上述したように、所定の条件を満足したホログラムとすることが必要である。
凹凸のピッチ(周期)は、通常0.1μm〜数μmであり、凹凸の深さは、通常0.1μm〜1μmである。
単一回折格子のように、全く同一形状の凹凸の繰り返しであるものは、隣り合う凹凸が同じ形状であればある程、反射する光の干渉度合い増しその強度が強くなり、最大値へと収束する。回折方向ぶれも最小となる。立体像のように、画像の個々の点が焦点に収束するものは、その焦点への収束精度が向上し、再現もしくは再生画像が鮮明となる。
さらに、透明金属化合物薄膜、すなわち、反射性透明薄膜16の場合は、その薄膜の上下の面が、同一レリーフ形状であり且つ、その面と面の距離(すなわち膜厚さ)が均一であればあるほど、再現もしくは再生強度が大きくなる。また、レリーフ面ホログラム画像の凹凸とは異なる周期、形状の凹凸が存在すると、それはホログラムもしくは回折格子の再現もしくは再生時のノイズとなり、画像を不鮮明にする要因となる。
レリーフ形状を賦形(複製ともいう)する方法は、回折格子や干渉縞が凹凸の形で記録された原版プレス型スタンパという)として用い、上記ホログラム形成層13上に、もしくは、反射性透明薄膜16層上から、その原版を重ねて加熱ロールなどの適宜手段により、両者を加熱圧着することにより、原版の凹凸模様を複製することができる。形成するホログラムパターンは単独でも、複数でもよい。
上記の極微細な形状を精密に再現するため、また、複製後熱収縮などの歪みや変形を最小とするため、原版は金属を使用し、低温高圧下で複製を行う。

0036

原版は、Niなどの硬度の高い金属を用いる。光学的撮影もしくは、電子線描画などにより形成したガラスマスターなどの表面にCr、Ni薄膜真空蒸着法スパッタリングなどにより5〜50nm形成後、Niなどを電着法電気めっき、無電解めっき、さらには複合めっきなど)により50〜1000μm形成した後、金属を剥離することで作ることができる。
高圧回転式の複製に用いるためには、このNi層厚み精度を高くする必要があり、通常±10μm、好ましくは、±1μmとする。このため、裏面の研磨や、平坦化方法を用いてもよい。
複製方式は、高圧とするため、平板式でなく、回転式を用い、線圧0.1トン/m〜10トン/m、好ましくは、5トン/m以上とする。複製用シリンダーは、その直径が小さいとレリーフの再現性が低下するため、複製シリンダー直径は大きい方が好ましく、通常、直径0.1m〜2.0m、好ましくは、1.0m以上の弧を使用する。
例えば、透明基材14上のホログラム形成層13をこの複製用シリンダーに沿って押し当て、裏面より(透明基材14側から)金属製シリンダーにより上記圧力にて複製を実施する。複製後の熱収縮などの歪みや変形を最小限とするためには、透明な基材14全体を加熱するのではなく、ホログラム形成層13面側の一部のみを加熱する方法が望ましい。通常60℃〜110℃に加熱する。さらには、裏面の金属製シリンダーを常温に保つ、もしくは冷却することで、さらにその精度を向上させることができる。

0037

透明基材14は、厚みを薄くすることが可能であって、機械的強度や、透明レリーフホログラムシートを製造する際の処理や加工に適した耐溶剤性および耐熱性を有するものが好ましい。使用目的にもよるので、限定されるものではないが、フィルム状もしくはシート状のプラスチックが好ましい。
例えば、ポリエチレンテレフタレート(PET)、ポリカーボネート、ポリビニルアルコール、ポリスルホン、ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリスチレン、ポリアリレート、トリアセチルセルロース(TAC)、ジアセチルセルロース、ポリエチレン/ビニルアルコール等の各種のプラスチックフィルムを例示することができる。
さらに、環境に配慮して、上記した生分解プラスチックを透明基材14として用いることも好適である。
透明レリーフホログラムシート4においては、ホログラム形成層13の上に形成されている網点状のホログラムレリーフ15に接して、且つ、追従するように反射性透明薄膜16層を形成することができ、これにより、ホログラム再生像の視認性を向上させることができる。
この薄膜は、入射した光を反射する必要があるため、ホログラム形成層13よりも高い屈折率を有する透明性薄膜であれば、特に限定されない。
透明反射性薄膜層16としては、ほぼ無色透明色相で、その光学的な屈折率がホログラム形成層13のそれとは異なることにより、金属光沢が無いにもかかわらず、ホログラムなどの光輝性を視認できることから、透明なホログラムを作製することができる。例えば、ホログラム形成層13よりも光屈折率の高い薄膜、例として、ZnS、TiO2、Al2O3、Sb2S3、SiO、SnO2、ITOなどがある。
好ましくは、金属酸化物又は窒化物であり、具体的には、Be、Mg、Ca、Cr、Mn、Cu、Ag、Al、Sn、In、Te、Ti、Fe、Co、Zn、Ge、Pb、Cd、Bi、Se、Ga、Rb、Sb、Pb、Ni、Sr、Ba、La、Ce、Auなどの酸化物又は窒化物他はそれらを2種以上を混合したものなどが例示できる。またアルミニウムなどの一般的な光反射性金属薄膜も、厚みが20nm以下になると、透明性が出てきて透明反射層として使用できる。
透明金属化合物の形成は、金属の薄膜と同様、ホログラム形成層13のホログラムレリーフ面に、10〜2000nm程度、好ましくは20〜1000nmの厚さになるよう、蒸着、スパッタリング、イオンプレーティングCVD(化学蒸着法)などの真空薄膜法や、メッキ法などにより設ければよい。
また、上記の材料を透明基材14上に均一に形成し、フォトレジスト等による湿式エッチングや、物理的なドライエッチング法を用いて、直接ホログラムレリーフ15を形成することも可能である。
この場合には、この層そのものが高い屈折率を有するホログラム形成層13となる。

0038

以下、実施例及び比較例により、本発明を更に詳細に説明するが、これに限定されるものではない。なお、溶媒を除き、各層の各組成物固形分換算の質量部である。
(実施例1)
図1のごとく、封筒上紙5と、封筒上紙6に、連量が70kg/四六のロール状の上質紙を用い、フォーム輪転印刷機を用いて、マージナル部7の加工や、ミシン加工その他の加工、及び、窓部3(宛名部8用開口部、45mm×80mm)の開口処理をしながら、通常の印刷用インキ、及び通常用いる接着剤11(封筒製袋用糊)等にて、マーク10を含む所定の固定情報印刷加工や糊加工を行った。
その後、インクジェットプリンターにて、宛名部8や、情報記録部9に個別情報や、追加の固定情報を印字した後、製袋ユニット及び窓加工部を有する連続製袋機にて、長形3号(235mm×120mm)の封筒本体2(図2参照。その変形例として、図3の形とすることもできる。)を作製し、別途作製した書面等12の所望の封入物を封入して、実施例1の窓付き封筒1とした。
この時、窓用フィルムとして、透明レリーフホログラムシート4をタテ55mm×ヨコ90mmにカットしたものを準備した。
これに用いたホログラムは、レーザー光学系を用いて、30mm×70mmサイズの「絵画モチーフ」をレインボーホログラムとして、その結像位置を、記録面から10mmの位置として撮影し、且つ、網点状[直径200μmの円形領域を、300μm四方の正方形の中心に配置したもの:網点率35%]の露光を行い、現像処理して、網点状のホログラムレリーフ15とし、そのレリーフ面を型取りしたNi原盤によって、回転方式にて、線圧1トン/m、150℃にて、30μmの透明な無延伸ポリエチレンフィルムにエンボス加工して、実施例1の窓付き封筒1に用いられる実施例1の透明レリーフホログラムシート4(A)としたものを用いた。

0039

その回折効率(入射光に対する回折光の強度。)は25%とし、ホログラムレリーフ15を封筒の内側に向くようにした。
透明レリーフホログラムシート4用の粘着剤(図示せず。)は、微粒子マイクロシリカを混入させたゴム系(再剥離性を有する。)とし、2mm幅で厚さ5μmの開口部より一回り大きい長方形のパターンとした。
封入物は別途印刷加工し、所望の印刷及び宛名等、個別情報印字をして、A4サイズの3つ折とし、書面等12としたものを、その宛名等が、封筒本体1の窓部4位置に合うよう調整して、封入し、実施例1の窓付き封筒1を作製し、その後、封緘した。
この実施例1の窓付き封筒1を封緘した郵便物は、通常郵便物第一種郵便物(封書)に準拠しており、郵送時、郵便区分け機によ光学的宛名読み取りに支障のないものであった。
この郵便物の窓部を視認すると、「絵画モチーフ」を鑑賞することができた。
また、この郵便物を開封し、その窓部3から、透明レリーフホログラムシート4(A)を剥したところ、粘着残渣は全く無く、観賞用として適していると思われた。

0040

(実施例2)
網点状のホログラムレリーフ15の網点を、[直径40×4個、50×2個、60、70、80、90μm各1個の円形領域を、100μm四方の正方形の中心(重心として)にランダムに配置したもの:網点率45%]とし、ホログラムの回折効率を15%としたこと以外は、実施例1と同様にして、実施例2の窓付き封筒1を作製した。
実施例1と同様に評価し、同様の良好な結果を得た。
(実施例3)
透明レリーフホログラムシート4を、透明レリーフホログラムシート4を構成する透明基材14として、16μm透明ポリエチレンテレフタレートフィルムを使用し、その上に、下記ホログラム形成用組成物グラビアリバースコーティング方式により塗布し、乾燥して厚さ3μmの透明レリーフホログラムシートを構成するホログラム形成層13とした積層体(A´)にしたこと以外は、実施例1と同様にして、実施例3の窓付き封筒1、そして、その郵便物を得た。
〈ホログラム形成用組成物〉
メラミン樹脂(n=1.56) 20部
トルエン40部
メチルエチルケトン40部
実施例1と同様に観察すると、封筒本体2の加工処理時のハンドリング性が向上したこと、以外は、実施例1と同様であり、実施例1と同様の良好な結果を得た。
(実施例4)
透明基材14のホログラム形成層13を形成した面と反対側に、下記組成耐擦傷性層用組成物を、グラビアリバースコーティング方式により塗布し、乾燥後、120度2分の硬化処理をして厚さ1μmの耐擦傷性層を設けたこと(図示せず。)以外は、実施例3と同様にして、実施例4の窓付き封筒1、そして、その郵便物を得た。
〈耐擦傷性層用組成物〉
メラミン樹脂 20部
シリコン樹脂3部
トルエン 37部
メチルエチルケトン 40部
封筒本体2の加工処理時に、透明レリーフホログラムシート4(A´)の表面に擦り傷が全く発生しなかったこと以外は、実施例3と同様であり、実施例3と同様に観察すると、実施例3と同様の良好な結果を得た。

実施例

0041

(実施例5)
ホロラムレリーフ15面に追従するように、電子ビーム加熱蒸着法により、TiO2の透明反射性薄膜層16を20nm厚さで均一に形成し、透明レリーフホログラムシート4(A´´)としたこと以外は、実施例1と同様にして、実施例5の窓付き封筒1、そして、その郵便物を得た。
実施例1と同様に観察すると、ホログラム再生像の明るさが向上したこと、以外は、実施例1と同様であり、実施例1と同様の良好な結果を得た。
(比較例)
(比較例1)30μmの透明な無延伸ポリエチレンフィルムにホログラムレリーフをエンボス加工しないこと以外は、実施例1と同様にし、比較例1の窓付き封筒を得た。
この窓付き封筒を実施例1と同様に評価したところ、なんら特徴がなく、受け取り人の注意も惹かず、開封率の向上は見込めないものと思われた。
[回折効率測定方法]
:光源:半導体レーザー:キコー技研 MLX標準コリメートレーザー
電圧DC4.8〜6.5V・平行光時ビーム径拡大6mm
:効率:反射光強度入射光強度*100(%)

0042

A 透明レリーフホログラムシート(1層構成
A´ 透明レリーフホログラムシート(2層構成)
A´´ 透明レリーフホログラムシート(2層構成)
1窓付き封筒
2封筒本体
3 窓部
4 透明レリーフホログラムシート
5封筒上紙
6封筒下紙
7マージナル部
8 宛名部
9情報記録部
10マーク
11接着剤(封筒製袋用糊)
12 書面等
13 透明レリーフホログラムシートを構成するホログラム形成層
14 透明レリーフホログラムシートを構成する透明基材
15 透明レリーフホログラムシートを構成する網点状に形成された
ホログラムレリーフ
16 透明レリーフホログラムシートを構成する網点状のホログラム
レリーフ上にそのレリーフ形状に追従して設けられた透明反射性薄膜層

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • ケイディケイ株式会社の「 折り畳み封書及びその製造方法」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】一つの封書に複数の紙片、情報を封入する際に起こる他人の情報の誤封入等の事故が起こらず、封書にする際のコストのアップを押さえることができる、折り畳み封書を提供する。【解決手段】複数の葉片2,3,... 詳細

  • 宇野公二の「 封筒」が 公開されました。( 2020/09/17)

    【課題】 ハサミやナイフあるいはミシン目の部分を慎重に開けて内容の全容が容易に覗ける状態にしてから、シート状の内容物等を出現させていた。しかしこれらの出現方法では、喜びや驚きをあの人に贈る仕掛け... 詳細

  • 株式会社クラウン・パッケージの「 包装具」が 公開されました。( 2020/07/16)

    【課題】商品を台紙に固定した状態で外部から視認可能に包装する包装具で、加熱装置等の包装のための他の装置が必要なく、多様な形状・大きさの被包装物に対応可能で、かつ、台紙を縦向きにして使用しても被包装物が... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ