図面 (/)

技術 弾球遊技機

出願人 株式会社平和
発明者 梶原千寛
出願日 2010年7月21日 (10年4ヶ月経過) 出願番号 2010-163914
公開日 2012年2月9日 (8年9ヶ月経過) 公開番号 2012-024195
状態 未査定
技術分野 弾球遊技機(パチンコ等)
主要キーワード 時間延長処理 生起条件 誘導孔 規制レール 両テーブル 当選遊技状態 変動停止指示 振り分け部材
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2012年2月9日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (14)

課題

時短遊技によって享受可能な遊技者の利益が損なわれることを防止する。

解決手段

時短遊技の生起時に普通図柄が変動表示中であり、変動表示中の普通図柄が確定普通図柄として停止表示される前に特別図柄の変動表示を開始するとき、変動表示中の普通図柄が確定普通図柄として停止表示されるまでの普通図柄変動残存時間を、電子的な抽選に基づいて設定した特別図柄通常変動時間に加算して特別図柄延長変動時間を設定し、特別図柄延長変動時間に達するまで特別図柄の変動表示を継続し、特別図柄延長変動時間に達したときに確定特別図柄を停止表示する。

概要

背景

特許文献1には、従前の第1種特別電動役物による遊技と第2種特別電動役物による遊技とを組み合わせた混合タイプ弾球遊技機が記載されている。この弾球遊技機は、第1始動入賞口への遊技球入賞契機として電子的な特別図柄抽選を実行し、特別図柄を変動表示し、特別図柄抽選の結果が当選の場合、特別図柄を大当たり図柄で停止し、第1大当たり遊技状態生起する。第1大当たり遊技状態では、第1入賞領域を所定回数開放する。第1入賞領域の1回の開放は、所定数以上の遊技球が入賞するか又は所定時間が経過するまで継続される。また、遊技球がスルーチャッカを通過すると、電子的な普通図柄抽選を実行し、普通図柄を変動表示する。普通図柄抽選の結果が当選の場合、普通図柄を所定図柄で停止し、第2始動入賞口を開放し、第2始動入賞口に遊技球が入賞すると、第2大当たり遊技状態を生起し、可動役物装置の第2入賞領域を開放する。第2入賞領域に入賞した遊技球は、可動役物装置内に流入し、特定領域誘導孔又は一般領域誘導孔の何れかに振り分けられる。遊技球が特定領域誘導孔に振り分けられると、第2大当たり遊技の第1段階から第2段階への継続条件成立し、第1入賞領域を所定回数開放する。第1大当たり遊技状態又は第2大当たり遊技状態が終了すると、時短遊技状態が生起される。時短遊技状態では、通常遊技状態に比べて、普通図柄抽選の当選確率が高く設定され、普通図柄抽選の当選時の第2始動入賞口の開放時間が長く設定され、且つ特別図柄及び普通図柄の変動時間が短く設定される。時短遊技状態は、特別図柄抽選の当否判定回数が所定回数に達したことを条件に終了する。

概要

時短遊技によって享受可能な遊技者の利益が損なわれることを防止する。時短遊技の生起時に普通柄が変動表示中であり、変動表示中の普通柄が確定普通柄として停止表示される前に特別柄の変動表示を開始するとき、変動表示中の普通柄が確定普通柄として停止表示されるまでの普通柄変動残存時間を、電子的な抽選に基づいて設定した特別柄通常変動時間に加算して特別柄延長変動時間を設定し、特別柄延長変動時間に達するまで特別柄の変動表示を継続し、特別柄延長変動時間に達したときに確定特別柄を停止表示する。

目的

本発明は、上記実状に鑑みてなされたものであり、時短遊技によって享受可能な遊技者の利益が損なわれることのない弾球遊技機の提供を目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
4件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

遊技盤に、特定入賞口と、該特定入賞口へ遊技球入賞し難い通常状態と入賞し易い普通図柄当選状態とに選択的に設定される特定入賞制限手段と、通過する遊技球を検知する第1及び第2の遊技球検知手段とが設けられ、前記特定入賞口への遊技球の入賞によって遊技者に対して所定の遊技価値が付与される弾球遊技機であって、普通図柄表示手段と、前記第1の遊技球検知手段による遊技球の検知を契機として電子的な普通図柄抽選当否判定を実行し、前記普通図柄表示手段に普通図柄を変動表示した後、前記普通図柄抽選の当否判定の結果を確定普通図柄として停止表示し、該確定普通図柄の停止表示後に次の普通図柄抽選の当否判定が実行可能となる普通図柄変動処理手段と、前記普通図柄抽選の当否判定の結果が当選のとき、前記確定普通図柄の停止表示後に前記通常状態の前記特定入賞制限手段を前記普通図柄当選状態に変更して前記通常状態に戻す普通図柄当選制御手段と、特別図柄表示手段と、前記第2の遊技球検知手段による遊技球の検知を契機として電子的な抽選を実行し、該抽選の結果に応じた特別図柄通常変動時間を設定する特別図柄通常変動時間設定手段と、前記第2の遊技球検知手段による遊技球の検知を契機として電子的な特別図柄抽選の当否判定を実行し、前記特別図柄表示手段に特別図柄を変動表示し、該変動表示の時間が前記特別図柄通常変動時間に達したときに前記特別図柄抽選の当否判定の結果を確定特別図柄として停止表示し、該確定特別図柄の停止表示後に次の特別図柄抽選の当否判定が実行可能となる特別図柄変動処理手段と、前記普通図柄抽選の当否判定の実行が不可能な期間中に前記第1の遊技球検知手段が遊技球を検知したとき、当該検知を契機とした普通図柄抽選を所定の上限数まで記憶し、記憶した普通図柄抽選の当否判定が実行されたとき、該普通図柄抽選の記憶を消去する普通図柄抽選保留手段と、前記特別図柄抽選の当否判定の実行が不可能な期間中に前記第2の遊技球検知手段が遊技球を検知したとき、当該検知を契機とした特別図柄抽選を所定の上限数まで記憶し、記憶した特別図柄抽選の当否判定が実行されたとき、該特別図柄抽選の記憶を消去する特別図柄抽選保留手段と、前記特別図柄抽選の当否判定の結果が当選のとき、前記確定特別図柄の停止表示後に当選遊技状態生起し、また、所定の特別遊技生起条件成立に応じて特別遊技状態を生起し、該特別遊技状態での前記特別図柄抽選の当否判定回数所定回数に達したときに該特別遊技状態を終了する遊技制御手段と、前記特別遊技状態の生起時に普通図柄が変動表示中であり、該変動表示中の普通図柄が確定普通図柄として停止表示される前に前記特別図柄変動処理手段が特別図柄の変動表示を開始するとき、該変動表示中の普通図柄が確定普通図柄として停止表示されるまでの普通図柄変動残存時間を、前記特別図柄通常変動時間設定手段が設定した特別図柄通常変動時間に加算して特別図柄延長変動時間を設定する特別図柄延長変動時間設定手段と、を備え、前記普通図柄当選制御手段は、前記特別遊技状態では、前記普通図柄当選状態の継続時間期待値が非特別遊技状態よりも増大するように前記特定入賞制限手段を制御し、前記特別図柄変動処理手段は、前記特別遊技状態の生起時に普通図柄が変動表示中であり、該変動表示中の普通図柄が確定普通図柄として停止表示される前に特別図柄の変動表示を開始した場合、前記特別図柄延長変動時間設定手段が設定した特別図柄延長変動時間に達するまで該特別図柄の変動表示を継続し、該特別図柄延長変動時間に達したときに確定特別図柄を停止表示することを特徴とする弾球遊技機。

請求項2

請求項1に記載の弾球遊技機であって、前記第2の遊技球検知手段は、前記特定入賞口に入賞した遊技球を検知し、前記特定入賞口に遊技球が入賞したときに遊技者に対して付与される所定の遊技価値は、前記特別図柄変動処理手段による特別図柄抽選の当否判定であり、前記遊技領域には、入賞領域と、該入賞領域を閉止する通常状態と開放する特別図柄当選状態とに選択的に設定される開閉手段とが設けられ、前記入賞領域は、該入賞領域に入賞した遊技球が選択的に進入可能な特定領域を有し、前記遊技制御手段は、前記当選遊技状態において前記開閉手段を制御して特別図柄当選状態を所定回数生起し、また、前記特定領域への遊技球の進入に応じて遊技者が賞球を獲得し易い大当たり遊技状態を生起し、前記特別遊技生起条件は、前記大当たり遊技状態の終了を含むことを特徴とする弾球遊技機。

技術分野

0001

本発明は、弾球遊技機に関する。

背景技術

0002

特許文献1には、従前の第1種特別電動役物による遊技と第2種特別電動役物による遊技とを組み合わせた混合タイプの弾球遊技機が記載されている。この弾球遊技機は、第1始動入賞口への遊技球入賞契機として電子的な特別図柄抽選を実行し、特別図柄を変動表示し、特別図柄抽選の結果が当選の場合、特別図柄を大当たり図柄で停止し、第1大当たり遊技状態生起する。第1大当たり遊技状態では、第1入賞領域を所定回数開放する。第1入賞領域の1回の開放は、所定数以上の遊技球が入賞するか又は所定時間が経過するまで継続される。また、遊技球がスルーチャッカを通過すると、電子的な普通図柄抽選を実行し、普通図柄を変動表示する。普通図柄抽選の結果が当選の場合、普通図柄を所定図柄で停止し、第2始動入賞口を開放し、第2始動入賞口に遊技球が入賞すると、第2大当たり遊技状態を生起し、可動役物装置の第2入賞領域を開放する。第2入賞領域に入賞した遊技球は、可動役物装置内に流入し、特定領域誘導孔又は一般領域誘導孔の何れかに振り分けられる。遊技球が特定領域誘導孔に振り分けられると、第2大当たり遊技の第1段階から第2段階への継続条件成立し、第1入賞領域を所定回数開放する。第1大当たり遊技状態又は第2大当たり遊技状態が終了すると、時短遊技状態が生起される。時短遊技状態では、通常遊技状態に比べて、普通図柄抽選の当選確率が高く設定され、普通図柄抽選の当選時の第2始動入賞口の開放時間が長く設定され、且つ特別図柄及び普通図柄の変動時間が短く設定される。時短遊技状態は、特別図柄抽選の当否判定回数が所定回数に達したことを条件に終了する。

先行技術

0003

特開2007−97696号公報

発明が解決しようとする課題

0004

上記弾球遊技機では、時短遊技状態が生起されると、普通図柄の変動時間が短縮され、普通図柄が所定図柄で停止する確率が高く設定され、且つ第2始動入賞口の開放時間が延長されるため、遊技球が第2始動入賞口に入賞し易くなり、遊技者は、通常遊技状態に比べて第2大当たり遊技状態が生起され易いという利益を享受することができる。

0005

しかし、時短遊技の開始時に普通図柄が変動している場合、遊技者が上記利益を享受できるのは、変動中の普通図柄が停止した後である。すなわち、時短遊技の開始時に変動中の普通図柄抽選の当否判定は、通常遊技状態の低い当選確率の条件下で実行されたものであり、且つその変動時間は、短縮前の長い時間が設定されている。また、時短遊技状態は、普通図柄抽選とは無関係に独立して実行される特別図柄抽選の当否判定回数が所定回数に達したことを条件に終了し、且つ時短遊技状態では特別図柄の変動時間が短縮される。

0006

このため、時短遊技の開始時に変動中の普通図柄が停止するまでの間(遊技者が時短遊技による利益を享受できる前)に、特別図柄抽選の当否判定が繰り返して実行されてしまう可能性があり、時短遊技によって享受可能な遊技者の利益が損なわれ、遊技者が不満感じてしまうおそれがある。

0007

本発明は、上記実状に鑑みてなされたものであり、時短遊技によって享受可能な遊技者の利益が損なわれることのない弾球遊技機の提供を目的とする。

課題を解決するための手段

0008

上記目的を達成するため、本発明の第1の態様は、遊技盤特定入賞口と特定入賞制限手段と第1及び第2の遊技球検知手段とが設けられ、特定入賞口への遊技球の入賞によって遊技者に対して所定の遊技価値が付与される弾球遊技機であって、普通図柄表示手段と、普通図柄変動処理手段と、普通図柄当選制御手段と、特別図柄表示手段と、特別図柄通常変動時間設定手段と、特別図柄変動処理手段と、普通図柄抽選保留手段と、特別図柄抽選保留手段と、遊技制御手段と、特別図柄延長変動時間設定手段と、を備える。

0009

特定入賞制限手段は、特定入賞口へ遊技球が入賞し難い通常状態と入賞し易い普通図柄当選状態とに選択的に設定される。第1及び第2の遊技球検知手段は、それぞれ通過する遊技球を検知する。

0010

普通図柄変動処理手段は、第1の遊技球検知手段による遊技球の検知を契機として電子的な普通図柄抽選の当否判定を実行し、普通図柄表示手段に普通図柄を変動表示した後、普通図柄抽選の当否判定の結果を確定普通図柄として停止表示する。普通図柄変動処理手段における次の普通図柄抽選の当否判定は、確定普通図柄の停止表示後に実行可能となる。普通図柄当選制御手段は、普通図柄抽選の当否判定の結果が当選のとき、確定普通図柄の停止表示後に通常状態の特定入賞制限手段を普通図柄当選状態に変更して通常状態に戻す。特別図柄通常変動時間設定手段は、第2の遊技球検知手段による遊技球の検知を契機として電子的な抽選を実行し、この抽選の結果に応じた特別図柄通常変動時間を設定する。特別図柄変動処理手段は、第2の遊技球検知手段による遊技球の検知を契機として電子的な特別図柄抽選の当否判定を実行し、特別図柄表示手段に特別図柄を変動表示し、変動表示の時間が特別図柄通常変動時間に達したときに特別図柄抽選の当否判定の結果を確定特別図柄として停止表示する。特別図柄変動処理手段における次の特別図柄抽選の当否判定は、確定特別図柄の停止表示後に可能となる。普通図柄抽選保留手段は、普通図柄抽選の当否判定の実行が不可能な期間中に第1の遊技球検知手段が遊技球を検知したとき、当該検知を契機とした普通図柄抽選を所定の上限数まで記憶し、記憶した普通図柄抽選の当否判定が実行されたとき、該普通図柄抽選の記憶を消去する。特別図柄抽選保留手段は、特別図柄抽選の当否判定の実行が不可能な期間中に第2の遊技球検知手段が遊技球を検知したとき、当該検知を契機とした特別図柄抽選を所定の上限数まで記憶し、記憶した特別図柄抽選の当否判定が実行されたとき、該特別図柄抽選の記憶を消去する。遊技制御手段は、特別図柄抽選の当否判定の結果が当選のとき、確定特別図柄の停止表示後に当選遊技状態を生起し、また、所定の特別遊技生起条件の成立に応じて特別遊技状態(例えば時短遊技状態)を生起し、この特別遊技状態での特別図柄抽選の当否判定回数が所定回数に達したときに特別遊技状態を終了する。普通図柄当選制御手段は、特別遊技状態では、普通図柄当選状態の継続時間期待値が非特別遊技状態よりも増大するように特定入賞制限手段を制御する。

0011

特別図柄延長変動時間設定手段は、特別遊技状態の生起時に普通図柄が変動表示中であり、該変動表示中の普通図柄が確定普通図柄として停止表示される前に特別図柄変動処理手段が特別図柄の変動表示を開始するとき、該変動表示中の普通図柄が確定普通図柄として停止表示されるまでの普通図柄変動残存時間を、特別図柄通常変動時間設定手段が設定した特別図柄通常変動時間に加算して特別図柄延長変動時間を設定する。特別図柄変動処理手段は、特別遊技状態の生起時に普通図柄が変動表示中であり、該変動表示中の普通図柄が確定普通図柄として停止表示される前に特別図柄の変動表示を開始した場合、特別図柄延長変動時間設定手段が設定した特別図柄延長変動時間に達するまで該特別図柄の変動表示を継続し、該特別図柄延長変動時間に達したときに確定特別図柄を停止表示する。

0012

上記構成では、特別図柄通常変動時間設定手段は、第2の遊技球検知手段による遊技球の検知を契機とした電子的な抽選の結果に応じた特別図柄通常変動時間を設定する。特別遊技状態を生起した遊技制御手段は、特別図柄抽選の当否判定回数が所定回数に達したときに特別遊技状態を終了する。遊技制御手段による特別遊技状態の生起時に普通図柄が変動表示中であり、この変動表示中の普通図柄が確定普通図柄として停止表示される前に特別図柄変動処理手段が特別図柄の変動表示を開始するとき、特別図柄延長変動時間設定手段は、変動表示中の普通図柄が確定普通図柄として停止表示されるまでの普通図柄変動残存時間を、特別図柄通常変動時間設定手段が設定した特別図柄通常変動時間に加算して特別図柄延長変動時間を設定する。特別図柄変動処理手段は、特別図柄延長変動時間設定手段が設定した特別図柄延長変動時間に達するまで該特別図柄の変動表示を継続し、該特別図柄延長変動時間に達したときに確定特別図柄を停止表示する。

0013

例えば、特別遊技状態の終了条件となる特別図柄抽選の当否判定回数(所定回数)が、特別図柄抽選保留手段が記憶可能な特別図柄抽選の上限数以下であり、特別遊技状態の生起時に普通図柄が変動表示中であり、この変動表示中の普通図柄が停止表示される前に特別図柄変動処理手段が特別図柄の変動表示を開始し、且つ当該変動の開始時に特別図柄抽選保留手段が上限数の特別図柄抽選を記憶している場合、当該特別図柄の変動時間が特別図柄通常変動時間設定手段によって設定された特別図柄通常変動時間のままであると、変動表示中の普通図柄が停止表示される前に、特別図柄の変動及び停止が繰り返して実行され、記憶されている特別図柄抽選が消化されて(記憶されている特別図柄抽選の当否判定が実行されて)、特別遊技状態が終了してしまう可能性がある。

0014

これに対し、上記構成では、特別遊技状態の生起時に普通図柄が変動表示中であり、この変動表示中の普通図柄が停止表示される前に特別図柄変動処理手段が特別図柄の変動表示を開始する場合、当該変動表示中の普通図柄が確定普通図柄として停止表示されるまでの普通図柄変動残存時間を特別図柄通常変動時間に加算した特別図柄延長変動時間を特別図柄延長変動時間設定手段が設定し、この特別図柄延長変動時間に達するまで特別図柄の変動表示が継続されるので、変動表示中の普通図柄が停止表示される前(特別遊技状態下での次の普通図柄抽選の当否判定が実行可能となる前)に、記憶されている特別図柄抽選が消化されることによって特別遊技状態が終了してしまうことがなく、特別遊技状態によって享受可能な遊技者の利益が損なわれることがない。

0015

また、本発明の第2の態様は、上記第1の態様の弾球遊技機であって、第2の遊技球検知手段は、特定入賞口に入賞した遊技球を検知する。特定入賞口に遊技球が入賞したときに遊技者に対して付与される所定の遊技価値は、特別図柄変動処理手段による特別図柄抽選の当否判定である。遊技領域には、入賞領域と、該入賞領域を閉止する通常状態と開放する特別図柄当選状態とに選択的に設定される開閉手段とが設けられ、入賞領域は、入賞領域に入賞した遊技球が選択的に進入可能な特定領域を有する。遊技制御手段は、当選遊技状態において開閉手段を制御して特別図柄当選状態を所定回数生起し、また、特定領域への遊技球の進入に応じて遊技者が賞球を獲得し易い大当たり遊技状態を生起する。特別遊技生起条件は、大当たり遊技状態の終了を含む。

0016

また、本発明の第3の態様は、上記第1の態様の弾球遊技機であって、遊技盤には第2の特定入賞口が設けられ、第2の遊技球検知手段は、第2の特定入賞口に入賞した遊技球を検知する。特定入賞制限手段は、通常状態では特定入賞口への遊技球の入賞を禁止する。遊技領域には、入賞領域と、該入賞領域を閉止する通常状態と開放する開放状態とに選択的に設定される開閉手段とが設けられる。入賞領域は、入賞領域に入賞した遊技球が選択的に進入可能な特定領域を有する。遊技制御手段は、特定入賞口への遊技球の入賞を契機として開閉手段を制御して開放状態を所定回数生起し、特定領域への遊技球の進入に応じて遊技者が賞球を獲得し易い第2の大当たり遊技状態を生起する。特別遊技生起条件は、当選遊技状態の終了又は大当たり遊技状態の終了を含む。特定入賞口に遊技球が入賞したときに遊技者に対して付与される所定の遊技価値は、入賞領域の開放状態が所定回数生起されることである。

0017

また、本発明の第4の態様は、上記第1の態様の弾球遊技機であって、遊技盤には第2の特定入賞口が設けられ、第2の遊技球検知手段は、特定入賞口に入賞した遊技球を検知する第1検知部と、第2の特定入賞口に入賞した遊技球を検知する第2検知部とを有する。特定入賞制限手段は、通常状態では特定入賞口への遊技球の入賞を禁止する。特別図柄通常変動時間設定手段は、第1検知部による遊技球の検知を契機として電子的な抽選を実行し、その抽選の結果に応じた第1の特別図柄通常変動時間を設定し、また第2検知部による遊技球の検知を契機として電子的な抽選を実行し、その抽選の結果に応じた第2の特別図柄通常変動時間を設定する。特別図柄変動処理手段は、第1検知部による遊技球の検知を契機とした電子的な第1の特別図柄抽選の当否判定と、第2検知部による遊技球の検知を契機とした電子的な第2の特別図柄抽選の当否判定とを実行し、第1及び第2の特別図柄抽選の当否判定結果を表示するため、特別図柄表示手段に特別図柄を変動表示し、第1の特別図柄抽選の場合は、変動表示の時間が第1の特別図柄通常変動時間に達したときに確定特別図柄を停止表示し、第2の特別図柄抽選の場合は、変動表示の時間が第2の特別図柄通常変動時間に達したときに確定特別図柄を停止表示する。遊技制御手段は、第1の特別図柄抽選の当否判定の結果が当選のとき、確定特別図柄の停止表示後に第1の当選遊技状態を生起し、第2の特別図柄抽選の当否判定の結果が当選のとき、確定特別図柄の停止表示後に第2の当選遊技状態を生起し、特別遊技状態での第1の特別図柄抽選及び第2の特別図柄抽選の総回数が所定回数に達したときに特別遊技状態を終了する。特別遊技生起条件は、第1の当選遊技状態の終了又は第2の当選遊技状態の終了を含む。特定入賞口に遊技球が入賞したときに遊技者に対して付与される所定の遊技価値は、特別図柄変動処理手段による第1の特別図柄抽選の当否判定である。

発明の効果

0018

本発明によれば、時短遊技によって享受可能な遊技者の利益が損なわれてしまうことを防止することができる。

図面の簡単な説明

0019

本発明の実施の形態例に係るパチンコ機外観斜視図である。
図1に示すパチンコ機の遊技領域を示す平面図である。
図1に示すパチンコ機の背面図である。
図1に示すパチンコ機の電気的構成を示すブロック図である。
図4に示す変動パターン用乱数抽選部の詳細を示すブロック図である。
図4に示すコマンド参照テーブルの詳細を説明するための図である。
図4に示す特別図柄抽選部の詳細を説明するためのブロック図である。
特別図柄変動時間延長処理を示すフローチャートである。
時短開始時に普通図柄が変動中の場合の特別図柄抽選の保留記憶数推移を示すタイミングチャートであり、特別図柄変動時間延長処理の実行機能を有さない遊技機において時短開始時に変動中の普通図柄が時短遊技の途中で停止する例を示している。
時短開始時に普通図柄が変動中の場合の特別図柄抽選の保留記憶数の推移を示すタイミングチャートであり、特別図柄変動時間延長処理の実行機能を有さない遊技機において継続変動中の普通図柄が停止せずに時短遊技状態が終了する例を示している。
時短開始時に普通図柄が変動中の場合の特別図柄抽選の保留記憶数の推移を示すタイミングチャートであり、特別図柄変動時間延長処理の実行機能を有する遊技機の例を示している。
第2実施形態の遊技領域を示す平面図である。
第3実施形態の遊技領域を示す平面図である。

実施例

0020

以下、発明の実施の形態例を図面を参照して説明する。

0021

<第1実施形態>
[遊技機の概略構成
図1及び図2に示すように、本発明の実施の形態例に係るパチンコ機(弾球遊技機)Pは、遊技場島設備に設置される縦長方形状機枠1と、機枠1に扉状に開閉自在に取り付けられた前面枠2と、前面枠2の内側に収容された遊技盤3と、前面枠2の前面に扉状に開閉自在に取り付けられ、中央に大きく開口部8が形成されたガラス扉4と、このガラス扉4の開口部8に取り付けられた透明なガラス板10と、前面枠2の下側に開閉自在に配設され、遊技球を収容する受皿5を有する前面ボード6と、前面枠2の下部に設けられた発射装置9(図4参照)と、前面ボード6に取り付けられたハンドル7等を具備している。さらに、ガラス扉4の上部にはスピーカ20が左右に1個ずつ取り付けられており、遊技に関する様々な効果音を発している。

0022

図3に示すように、このパチンコ機Pは、背面側に、主制御処理部11と、副制御処理部を構成する演出制御処理部12a、特別図柄表示制御部12b、ランプ制御処理部12c、払出制御処理部12e、および普通図柄表示制御部12fと、発射制御処理部13と、賞球払出装置14等を備えている。

0023

[遊技機の前面側の構成]
図1及び図2に示すように、遊技盤3は、その盤面に遊技領域31を有し、前面枠2に遊技盤3を装着すると、ガラス板10から遊技領域31を観察することができるようになっている。遊技領域31は、遊技球を滑走させるガイドレール32と遊技球規制レール33によって略円形状となるように区画形成されており、発射装置9によって打ち出された遊技球はこの遊技領域31内を流下する。また、遊技領域31内には、特別図柄表示装置(特別図柄表示手段)17と、演出表示装置34と、スルーチャッカ21と、普通図柄表示装置(普通図柄表示手段)22と、電動チューリップ(特定入賞制限手段)49と、ステージ36と、始動入賞口(始動口、特定入賞口)37と、一般入賞口38と、アウト口39と、多数の遊技釘40と、風車50と、第1アタッカー装置41と、可動役物装置51等が設けられている。

0024

演出表示装置34と可動役物装置51とは、一体的に構成され、遊技盤3の略中央部に設けられる。演出表示装置34は、遊技球がスルーチャッカ21を通過することを契機に行われた普通図柄に係る電子抽選の結果に基づいて所定の演出態様を表示するものであって、本実施形態では液晶表示装置が用いられている。この演出表示装置34には、所定の演出態様の一部として、普通図柄表示装置22に変動表示される普通図柄と同期をとってダミー図柄演出図柄)が変動表示されるようになっている。

0025

特別図柄表示装置17は、始動入賞口37に遊技球が入賞することを契機に行われた特別図柄に係る電子抽選(特別図柄抽選)の結果を表示するためのものであって、より具体的には、特別図柄抽選の結果を、特別図柄(数字絵柄)を変動させた後に停止させるといった態様で特別図柄表示領域17aに表示するものである。この特別図柄表示装置17は、本実施形態では7セグメント表示器が用いられており、演出表示装置34を見ている遊技者の視界に同時に入らないように遊技盤3の右下部分に離れて設けられている。なお、この特別図柄表示装置17には、保留球乱数が特別図柄保留球乱数記憶部(メモリ)174(図7参照)に記憶された場合に保留表示(保留球乱数が記憶された旨の表示)を行うための複数(本実施形態では4つ)の特別図柄抽選保留球表示ランプ17bが設けられている。

0026

スルーチャッカ21は、遊技球が通過可能なゲート構造を成しており、その内部には遊技球が通過したことを検知する磁気センサタイプのスルーチャッカ検知センサ(第1の遊技球検知手段)46(図4参照)が内蔵されている。

0027

普通図柄表示装置22は、スルーチャッカ21を遊技球が通過したことを契機に行われる普通図柄に係る電子抽選(普通図柄抽選)の結果を表示するためのものであり、特別図柄表示装置17の斜め下方に設けられている。普通図柄表示装置22は、本実施形態では、特別図柄表示装置17と同様に、7セグメント表示器が用いられており、普通図柄(数字や絵柄)を変動させた後に停止させるといった態様で普通図柄抽選の結果を普通図柄表示領域22aに表示する。普通図柄当たりのときには、確定普通図柄として所定の普通図柄が停止表示され、ハズレのときには、それ以外の普通図柄が確定普通図柄として停止表示される。なお、この普通図柄表示装置22にも、特別図柄表示装置17と同様に、保留球乱数が保留球乱数記憶部(メモリ)115(図4参照)に記憶された場合に保留表示(普通図柄用保留球乱数が記憶された旨の表示)を行うための複数(本実施形態では4つ)の普通図柄抽選保留球表示ランプ22bが設けられている。

0028

電動チューリップ49は、始動入賞口37の入口に設けられ、遊技盤3の面に直交する軸を中心に回動する一対の羽根部材を備えており、ソレノイド通電がなされると一対の羽根部材が互いに離れる方向に回動して、始動入賞口37の入口を拡大するようになっている。すなわち、電動チューリップ49は、始動入賞口37へ遊技球が入賞し難い通常状態と入賞し易い普通図柄当選状態とに選択的に設定される。ステージ36は、演出表示装置34の下方に配置されており、遊技球が転動しながら一時的に滞在する構造物である。このステージ36の中央には溝が形成されており、この溝の真下の位置には始動入賞口37が配されている。そのため、溝から落下した遊技球は、高い確率で始動入賞口37へと導かれる。

0029

可動役物装置51は、入賞誘導路(入賞領域)52と第2アタッカ装置(開閉手段)53と回転振り分け部材54とを備える。入賞誘導路52は、演出表示装置34の上部で開口し、演出表示装置34の側方から下方へ延びる。第2アタッカ装置53は、入賞誘導路52の上端部に設けられ、入賞誘導路52の上部開口を閉止する通常状態と開放する特別図柄当選状態とに選択的に設定される。第2アタッカ装置53は、始動入賞口37に遊技球が入賞することを契機に行われる特別図柄に係る電子抽選の判定結果が当選となって当選遊技移行した場合に所定回数開放される装置である。第2アタッカー装置53が開放すると、入賞誘導路52の上部開口が露呈し、入賞誘導路52への遊技球の進入(入賞)が可能となる。上部開口から入賞誘導路52へ進入した遊技球は、入賞誘導路52内を流下する。回転振り分け部材54は、入賞誘導路52の下端部に設けられ、回転駆動振り分け部材駆動モータ57(図4参照)からの駆動を受けて一定の速度で回転する。回転振り分け部材54には、2個の一般領域用ポケット部(入賞領域)55と1個の特定領域用ポケット部(入賞領域、Vゾーン、特定領域)56がそれぞれ放射状に配置されている。各ポケット部55,56は、それぞれU字状に形成され、入賞誘導路52内を流下した遊技球は、ポケット部55,56の何れかに進入する。一般領域用ポケット部55に進入した遊技球は、一般入賞回収通路(図示省略)から背面側に回収され、特定領域用ポケット部56に進入した遊技球は、特定回収通路(図示省略)から背面側に回収される。特定領域用ポケット部56の内部には遊技球が通過したことを検知する特定入賞検知センサ48(図4参照)が内蔵されている。

0030

第1アタッカー装置41は、大入賞口42(特別入賞口)を閉止する通常状態と開放する特別図柄当選状態とに選択的に設定され、遊技球が特定領域用ポケット部56に入賞して大当たり遊技に移行した場合に所定回数開放される装置である。第1アタッカー装置41が開放すると、大入賞口42が露呈し、そこに遊技球が入賞することで多くの賞球が獲得できるようになっている。また、始動入賞口37、一般入賞口38及び入賞誘導路51に遊技球が入賞すると、所定個数の遊技球が賞球として遊技者に払い出される。そして、始動入賞口37や一般入賞口38や入賞誘導路51に入らなかった遊技球は、アウト口39から回収される。なお、始動入賞口37の内部には始動入賞口センサ(第2の遊技球検知手段)43が、一般入賞口38の内部には一般入賞口検知センサ44が、大入賞口42の内部には大入賞口検知センサ45が、入賞誘導路51の上部開口の近傍には入賞誘導路検知センサ47が、それぞれ遊技球の通過を検知するために設けられている(図4参照)。

0031

図1に示すように、前面ボード6には、遊技球を収容するとともに、外部に排出可能な受皿5が取り付けられている。この受皿5は、遊技者が投入した遊技球を収容するだけでなく、賞球払出装置14から賞球として払い出された遊技球も収容可能となっている。また、遊技球を遊技領域31に向けて発射するための発射装置9(図4参照)が前面枠2の下部に取り付けられており、受皿5に収容されている遊技球がこの発射装置9に1個ずつ供給される。そして、前面ボード6の右下に取り付けられたハンドル7を回動させると、その回動量に応じた発射強度で発射装置9が遊技球を遊技領域31へと発射することができるようになっている。また、受皿5の側部には、遊技者が押下操作するタッチボタン60が設けられている。

0032

[主制御処理部]
図3に示すように、主制御処理部11は、遊技盤3(図2参照)の裏面に支持部材等を介して設けられている。この主制御装置11は、CPU(Central Processing Unit)と、予め定められた制御プログラムを格納するROM(Read Only Memory)と、生成された処理情報一時記憶及び記憶した情報の削除を行うRAM(Random Access Memory)等とにより構成されている。このCPUがROMに格納された各種プログラムやデータを読み込んで実行することにより、遊技に関する主要な処理が行われる。

0033

具体的には、図4に示すように、始動入賞口37に遊技球が入賞したことを契機に特別図柄に係る電子抽選及びその当否判定(遊技者に対して付与される所定の遊技価値)を行う普通図柄抽選部(普通図柄変動処理手段)110と、この普通図柄抽選部110が判定した抽選結果に応じて特別図柄を決定する普通図柄決定部(普通図柄変動処理手段)120と、遊技コマンドである変動パターンコマンドを決定するための変動パターンコマンド決定部(普通図柄変動処理手段)140と、始動入賞口37に遊技球が入賞したことを契機に特別図柄に係る電子抽選及びその当否判定を行う特別図柄抽選部(特別図柄変動処理手段、特別図柄通常変動時間設定手段、特別図柄抽選保留手段、遊技制御手段、特別図柄延長変動時間設定手段)170と、遊技球が特定領域用ポケット部56に入賞した場合に第1アタッカー装置41のソレノイドを作動させて大当たり遊技に移行する大当たり遊技制御部(遊技制御手段)160と、電動チューリップ49の作動を制御する電動チューリップ作動制御部(普通図柄当選制御手段)180と、特別図柄抽選部110による抽選結果の判定が当選となった場合に第2アタッカー装置53のソレノイドを作動させて当選遊技に移行する当選遊技制御部(遊技制御手段)190と、回転振り分け部材54が一定速度で回転するように回転駆動振り分け部材駆動モータ57を制御する回転振り分け部材制御部200とを備えて主制御処理部11は構成されている。

0034

普通図柄抽選部110は、周期的(例えば2ミリ秒毎)に入力される割り込み信号に基づいてループカウンタの値を所定の範囲で1ずつ更新させることによりソフトウェア乱数を生成する普通図柄用乱数発生部111と、スルーチャッカ21を遊技球が通過したことを契機に(スルーチャッカ検知センサ46からの検知信号が主制御処理部11に入力されたタイミングで)乱数を1つ取得(ラッチ)する普通図柄用乱数取得部112と、この普通図柄用乱数取得部112が取得した乱数が当選であるか否かを普通図柄判定テーブル114を参照して決定する(普通図柄抽選の当否判定を実行する)普通図柄当否判定部113と、普通図柄用乱数取得部112が乱数を取得したときに普通図柄が変動中である場合(普通図柄抽選の当否判定の実行が不可能な期間中)に、この取得した乱数を4個(所定個数)の上限まで保留球乱数として記憶する保留球乱数記憶部(普通図柄抽選保留手段)115と、を備えている。保留球乱数記憶部115は、記憶した保留球乱数の当否判定が実行されたとき、当否判定実行後の保留球乱数の記憶を消去する。

0035

普通図柄抽選部110は、普通図柄用乱数取得部112が取得した乱数に基づいて普通図柄変動時間を決定し、普通図柄の変動開始を指示する普通図柄変動開始指示コマンドを送信し、普通図柄変動開始指示コマンドの送信から普通図柄変動時間が経過したとき(内部タイマを上記決定した普通図柄変動時間からカウントダウンし、内部タイマがゼロになったとき)に普通図柄停止指示コマンドを送信する。

0036

変動パターンコマンド決定部140は、演出態様を決定するためのコマンドである変動パターンコマンドの決定に用いられる変動パターン用乱数の抽選処理を行う変動パターン用乱数抽選部130と、変動パターン用乱数と変動パターンコマンドのパターンNo.(遊技コマンド)とが対応づけられたテーブルが複数記憶されたコマンド参照テーブル135と、を備えている。この変動パターン用乱数抽選部130は、図5に示すように、周期的(例えば2ミリ秒毎)に入力される割り込み信号に基づいてループカウンタの値を所定の範囲(0〜63まで)で1ずつ更新させることによりソフトウェア乱数を生成する変動パターン用乱数発生部131と、スルーチャッカ21を遊技球が通過したことに基づいて(スルーチャッカ検知センサ46からの検知信号が主制御処理部11に入力されたタイミングで)乱数を1つ取得(ラッチ)する変動パターン用乱数取得部132と、この変動パターン用乱数取得部132が取得した乱数を記憶する変動パターン用乱数記憶部134と、を備えている。

0037

また、コマンド参照テーブル135は、図6に示すように、取得した普通図柄用乱数が当たり乱数である場合に参照される当たり時参照テーブル135aと、ハズレの場合に参照されるハズレ時参照テーブル135bとを有しており、これらのテーブル135a、135bを参照して、変動パターンコマンド決定部140は、変動パターンNo.を決定している。

0038

より具体的に説明すると、当たり時参照テーブル135aには、遊技コマンドである変動パターンNo.1〜64までが割り当てられ、ハズレ用時参照テーブル135bには遊技コマンドである変動パターンNo.65〜127までが割り当てられている。そして、普通図柄用乱数取得部112が取得した乱数が当たり乱数である場合には、変動パターンコマンド決定部140は変動パターンNo.1〜64の中から変動パターン用乱数に基づいて1つのパターンを選択して、そのパターンを変動パターンコマンドとして演出制御処理部12aに送信している。

0039

同様に、ハズレの場合には、変動パターンコマンド決定部140は、変動パターンNo.65〜127の中から変動パターン用乱数に基づいて1つのパターンを選択して演出制御処理部12aにそのコマンドを送信している。なお、変動パターンNo.1〜64までは、変動パターンNo.65〜127に比べて全体的に普通図柄の変動時間が長い変動パターンコマンドとなっており、変動時間が長い演出態様が表示されると、遊技者は当たりの可能性が高いのではないかと予測することができるようになっている。

0040

特別図柄抽選部170は、図7に示すように、普通図柄用乱数発生部111と同様に乱数を発生させる特別図柄用乱数発生部171と、始動入賞口37に遊技球が入賞したことを契機に(始動入賞口検知センサ43からの検知信号が主制御処理部11に入力されたタイミングで)乱数を1つ取得(ラッチ)する特別図柄用乱数取得部172と、この特別図柄用乱数取得部172が取得した乱数が特別図柄当たり(当選)であるか否かを特別図柄判定テーブル(図示省略)を参照して決定する特別図柄当否判定部173と、特別図柄用乱数取得部172が乱数を取得したときに特別図柄が変動中である場合(特別図柄抽選の当否判定の実行が不可能な期間中)に、この取得した乱数を4個(所定個数)の上限まで特別図柄用保留球乱数として記憶する特別図柄用保留球乱数記憶部(特別図柄抽選保留手段)174と、を備えている。特別図柄用保留球乱数記憶部174は、記憶した特別図柄保留球乱数の当否判定が実行されたとき、当否判定実行後の特別図柄保留球乱数の記憶を消去する。特別図柄用乱数取得部172が取得する乱数は、ハズレ乱数当選乱数とに大別される。また、特別図柄抽選部170は、特別図柄用乱数取得部172が取得した乱数に基づいて特別図柄通常変動時間を決定し、特別図柄の変動開始を指示する特別図柄変動開始指示コマンドを送信し、特別図柄変動開始指示コマンドの送信から特別図柄通常変動時間が経過したとき(内部タイマを上記決定した特別図柄通常変動時間からカウントダウンし、内部タイマがゼロになったとき)に特別図柄停止指示コマンドを送信する。

0041

なお、主制御処理部11は、普通図柄の場合と同様に機能する特別図柄決定部(図示省略)及び変動パターン決定部(図示省略)を備えている。

0042

電動チューリップ作動制御部180は、普通図柄抽選部110による電子抽選で普通図柄当たりに当選したコマンドに基づいて、電動チューリップ49のソレノイドに通電して開閉するよう制御している。

0043

当選遊技制御部190は、特別図柄抽選部170が取得した特別図柄用乱数が当選乱数である場合に、当選遊技状態へ移行し、所定の回数(例えば5回)だけ第2アタッカー装置53の開閉を行うように、第2アタッカー装置53に対して開放指示コマンドと閉止指示コマンドとを交互に送信する。開放指示コマンドは、各回の開始時に送信され、閉止指示コマンドは、開放指示コマンドの送信から所定時間が経過したとき送信される。当選遊技状態では、第2アタッカー装置53が入賞誘導路52を開放するので、遊技球が入賞誘導路52へ入賞可能となる。

0044

大当たり遊技制御部160は、遊技球が入賞誘導路52から特定領域用ポケット部56へ進入した(特定入賞検知センサ48が遊技球を検知した)ことによって大当たり遊技状態へ移行し、所定のラウンド数だけ第1アタッカー装置41の開閉を行うように、第1アタッカー装置41に対して開放指示コマンドと閉止指示コマンドとを交互に送信する。開放指示コマンドは、各ラウンドの開始時に送信され、閉止指示コマンドは、大入賞口42への入賞数が所定数(例えば10個)に達したとき又は開放から所定時間が経過したときの何れか一方が成立したときに送信される。また、大当たり遊技制御部160は、最終ラウンドの閉止指示コマンドを送信してから所定時間経過後に、演出制御処理部12aに大当たり遊技状態終了コマンドを送信し、大当たり遊技状態を終了する。なお、普通図柄当否判定部113は、大当たり遊技中においても当否判定を実行する。この場合、後述する通常用の判定テーブル(長時間開放当たりの発生確率が低く、短時間開放当たりの発生確率が高く設定された判定テーブル)が使用される。これに対し、特別図柄当否判定部173は、大当たり遊技中は当否判定を実行しない。

0045

また、大当たり遊技制御部160は、大当たり遊技状態の終了時に、時短遊技状態(特別遊技状態)への移行を指示する時短遊技状態移行コマンドを普通図柄抽選部110及び電動チューリップ作動制御部180へ送信するとともに、特別図柄抽選部170が実行する特別図柄抽選の当否判定回数のカウントを開始し、特別図柄抽選の当否判定回数が所定回数(本実施形態では4回)に達したときに、時短遊技状態を終了して通常遊技状態への移行を指示する時短遊技状態終了コマンドを普通図柄抽選部110及び特別図柄抽選部170へ送信する。なお、大当たり遊技制御部160は、時短遊技中に大当たり遊技状態が生起されたとき(遊技球が特定領域用ポケット部56へ進入したとき)も、時短遊技状態終了コマンドを普通図柄抽選部110及び特別図柄抽選部170へ送信する。

0046

さらに、大当たり遊技制御部160は、大当たり遊技状態から時短遊技状態へ移行し、さらに大当たり遊技状態へ移行する場合(大当たり遊技状態が継続する場合)、生起した大当たり遊技状態の回数(継続回数)をカウントし、大当たり遊技状態の継続回数が所定回数に達した場合、当該大当たり遊技状態の後に時短遊技状態へ移行せず、通常遊技状態へ移行する。

0047

また、特別図柄抽選部170は、時短遊技への移行時に普通図柄が変動表示中(普通図柄抽選部110による普通図柄変動開始指示コマンドの送信後であって普通図柄停止指示コマンドの送信前)であり、変動表示中の普通図柄が確定普通図柄として停止表示される前(普通図柄抽選部110による普通図柄停止指示コマンドの送信前)に特別図柄の変動表示を開始するとき(特別図柄変動開始指示コマンドを送信したとき)、普通図柄抽選部110が普通図柄変動時間からカウントダウンしている内部タイマのカウント値を変動表示中の普通図柄が確定普通図柄として停止表示されるまでの普通図柄変動残存時間として取得し、特別図柄用乱数取得部172が取得した乱数に基づいて決定した特別図柄通常変動時間に、上記取得した普通図柄変動残存時間を加算して特別図柄延長変動時間を算出し、特別図柄変動開始指示コマンドの送信から特別図柄延長変動時間が経過したとき(内部タイマを上記算出した特別図柄延長変動時間からカウントダウンし、内部タイマがゼロになったとき)に特別図柄変動停止指示コマンドを送信する。このように特別図柄通常変動時間を特別図柄延長変動時間に延長する処理は、時短遊技状態への移行後に、普通図柄の変動表示が継続したまま特別図柄の変動及び停止が繰り返されてしまうことによる遊技者の不利益を防止するために実行される。このため、当該処理は、時短遊技状態への移行時に、特別図柄用保留球乱数記憶部174に特別図柄用保留球乱数が記憶されていない場合には、その実効性が低いため、特別図柄用保留球乱数が記憶されていることを条件に実行される。

0048

[副制御処理部]
続いて、主制御処理部11からの指令(コマンド)を受けて各種装置を制御する副制御処理部について説明する。副制御処理部を構成する演出制御処理部12a、特別図柄表示制御部(特別図柄変動処理部)12b、ランプ制御処理部12c、払出制御処理部12e、および普通図柄表示制御部(普通図柄変動処理手段)12fは、遊技盤3の裏面に支持部材等を介して設けられており、主制御処理部11が生成した処理情報に従って、演出表示装置34やスピーカ20、その他の演出装置LED装置など)などの制御を行っている。

0049

演出制御処理部12aは、変動パターンコマンド決定部140から受けた変動パターンコマンドに応じて、遊技に用いる演出を決定し、決定した演出態様を演出表示装置34に表示するよう制御する。

0050

普通図柄表示制御部12fは、主制御処理部11の普通図柄決定部120が決定した特別図柄のコマンドと、変動パターンコマンド決定部140が決定した変動パターンコマンドとに基づき、普通図柄表示装置22に普通図柄を所定の時間だけ変動させた後に停止させる態様で、普通図柄決定部120が決定した普通図柄(確定普通図柄)を表示する。

0051

特別図柄表示制御部12bは、主制御処理部11の特別図柄決定部(図示省略)が決定した特別図柄のコマンドと、変動パターンコマンド決定部(図示省略)が決定した変動パターンコマンドとに基づき、特別図柄表示装置17に特別図柄を所定の時間だけ変動させた後に停止させる態様で、特別図柄決定部(図示省略)が決定した特別図柄(確定特別図柄)を表示する。なお、特別図柄表示制御部12bは、上記した普通図柄表示制御部12fによる表示制御と比べて表示する図柄の対象が相違するものの、表示制御の基本構成はほぼ同じである。また、ランプ制御処理部12cは、主制御処理部11からコマンドを受けて各種ランプや電飾点灯制御を行うものである。

0052

払出制御処理部12eは、CRユニットからの信号を受けて遊技球を遊技者に貸し出すように賞球払出装置14を制御する他、主制御処理部11からの払出指令を受けて、所定個数の賞球を遊技者に対して払い出すように賞球払出装置14を制御する。この賞球払出装置14は、遊技球を1個ずつ保持する切欠きが形成されたスプロケット(図示せず)と、このスプロケットを回転させるモータ(図示せず)とを備えて構成されている。そして、モータの回転を制御することにより、必要な数だけ賞球を払い出すことができるようになっている。具体的には、始動入賞口検知センサ43、一般入賞口検知センサ44、大入賞口検知センサ45等が遊技球の通過を検知したら、賞球払出装置14は主制御処理部11を経由して受けたコマンドに基づき遊技球を払い出す。

0053

発射制御処理部13は、ハンドル7の回動量に応じて、発射装置9に対する作動の制御を行う装置である。より具体的に言うと、発射装置9に対して通電させたり、通電を停止したり、あるいは、通電電流を変化させるといった制御処理を行う。なお、この発射制御処理部13は、払出制御処理部12eと接続されており、CRユニットが接続されていない場合に発射停止信号が受信されるようになっている。

0054

[普通図柄制御処理]
次に、主制御処理部11の普通図柄抽選部110、普通図柄決定部120、変動パターンコマンド決定部130及び電動チューリップ作動制御部180と、副制御処理部の普通図柄表示制御部12fとが実行する普通図柄制御処理について、詳細に説明する。

0055

主制御処理部11の普通図柄抽選部110において、普通図柄用乱数取得部112は、スルーチャッカ21を遊技球が通過したことを契機に乱数を1つ取得する。普通図柄用乱数取得部112による乱数取得時に、普通図柄が変動中ではなく、且つ確定普通図柄の停止表示時間が予め設定された所定時間に達している場合、普通図柄当否判定部113は、普通図柄用乱数取得部112が取得した乱数が普通図柄当たりであるか否かを、普通図柄判定テーブル114を参照して決定する(普通図柄抽選の当否判定を実行する)。一方、普通図柄用乱数取得部112による乱数取得時に、普通図柄が変動中である、又は確定普通図柄の停止表示時間が予め設定された所定時間に達していない場合、普通図柄用保留球乱数記憶部115は、普通図柄用乱数取得部112が取得した乱数を所定の上限値を限度として記憶し、普通図柄当否判定部113は、確定普通図柄の停止表示時間が所定時間に達したときに、次の普通図柄抽選の当否判定を実行する。すなわち、普通図柄抽選の当否判定が実行されると、その判定結果に対応する確定普通図柄が停止してから所定の停止表示時間の経過を待って、次の普通図柄抽選の当否判定が実行可能となる。

0056

普通図柄判定テーブル114は、通常用の判定テーブルと時短遊技用の判定テーブルとを含み、両テーブルは、電動チューリップ49の開放時間の期待値が通常遊技状態(非特別遊技状態)よりも時短遊技状態の方が高くなる(平均開放時間が長くなる)ように設定される。本実施形態では、普通図柄当たりが長時間開放(5.8秒開放)当たりと短時間開放(0.2秒開放)当たりとからなり、通常用の判定テーブルは、長時間開放当たりと短時間開放当たりとハズレとを含み、長時間開放当たりの発生確率が1/57に、短時間開放当たりの発生確率が55/57に、ハズレの発生確率が1/57に設定され、時短遊技用の判定テーブルは、長時間開放当たりとハズレとを含み、長時間開放当たりの発生確率が56/57に、ハズレの発生確率が1/57に設定される。

0057

普通図柄抽選部110は、普通図柄当否判定部113が普通図柄抽選の当否判定を完了する度に、普通図柄表示制御部12fに対して普通図柄変動開始指示コマンドを送信する。普通図柄変動開始指示コマンドを受信した普通図柄表示制御部12fは、普通図柄の変動表示を開始する。普通図柄抽選部110は、普通図柄変動開始指示コマンドの送信時から内部タイマのカウントダウンを開始し、そのカウント値がゼロに達したとき(変動時間が普通図柄通常変動時間に達したとき)に、普通図柄表示制御部12fに対して普通図柄変動停止指示コマンドを送信する。普通図柄変動停止指示コマンドは、確定普通図柄を特定する情報を含む。普通図柄変動停止指示コマンドを受信した普通図柄表示制御部12fは、普通図柄の変動表示を終了し、確定普通図柄を停止表示する。また、普通図柄抽選部110は、普通図柄変動停止指示コマンドの送信時から所定の停止表示時間が経過するまでの間、普通図柄抽選の当否判定を実行せず、普通図柄変動開始指示コマンドを送信しない。

0058

普通図柄抽選部110は、普通図柄抽選の当否判定の結果が当たりの場合、普通図柄変動停止指示コマンドの送信と同じタイミングで、電動チューリップ作動制御部180に対して開放指示コマンドを送信した後、所定時間(長時間開放当たりの場合には5.8秒間、短時間開放当たりの場合には0.2秒間)経過後に、閉止指示コマンドを送信する。電動チューリップ作動制御部180は、開放指示コマンドの受信に応じて電動チューリップ49を開放し、閉止指示コマンドの受信に応じて電動チューリップ49を閉じる。

0059

時短遊技状態では、普通図柄判定テーブルが通常用の判定テーブルから時短遊技用の判定テーブルに変更され、上述のように電動チューリップ作動制御部180による電動チューリップ49の開放時間の期待値が高くなる。また、普通図柄用乱数取得部112が取得した乱数に基づく普通図柄通常変動表示時間が通常遊技状態よりも短く設定される。さらに、確定普通図柄の停止表示時間が通常遊技状態よりも短縮される。これにより、始動入賞口37への遊技球の入賞率が高まり、遊技者は遊技球の減少を抑えて遊技を行うことが可能となる。なお、電動チューリップ49の開放時間の期待値が通常遊技状態よりも時短遊技状態の方が高くなるように設定する方法は、上記に限定されるものではなく、例えば、通常用及び時短遊技用の双方の判定テーブルが長時間開放当たりとハズレとを含み、時短遊技用の判定テーブルの方が通常用の判定テーブルよりも長時間開放当たりの発生確率が高くなるように設定してもよい。

0060

[特別図柄制御処理]
次に、主制御処理部11の特別図柄抽選部170、特別図柄決定部(図示省略)、変動パターンコマンド決定部(図示省略)及び当選遊技制御部190と、副制御処理部の特別図柄表示制御部12bとが実行する特別図柄制御処理について、詳細に説明する。

0061

主制御処理部11の特別図柄抽選部170において、特別図柄用乱数取得部172は、始動入賞口37へ遊技球が入賞したことを契機に乱数を1つ取得する。特別図柄用乱数取得部172による乱数取得時に、特別図柄が変動中ではなく、且つ確定特別図柄の停止表示時間が予め設定された所定時間に達している場合、特別図柄当否判定部173は、特別図柄用乱数取得部172が取得した乱数が当選であるか否かを、特別図柄判定テーブル(図示省略)を参照して決定する(特別図柄抽選の当否判定を実行する)。一方、特別図柄用乱数取得部172による乱数取得時に、特別図柄が変動中である、又は確定特別図柄の停止表示時間が予め設定された所定時間に達していない場合、特別図柄用保留球乱数記憶部174は、特別図柄用乱数取得部172が取得した乱数を所定の上限値を限度として記憶し、特別図柄当否判定部173は、確定特別図柄の停止表示時間が所定時間に達したときに、次の特別図柄抽選の当否判定を実行する。すなわち、特別図柄抽選の当否判定が実行されると、その判定結果に対応する確定特別図柄が停止してから所定の停止表示時間の経過を待って、次の特別図柄抽選の当否判定が実行可能となる。

0062

特別図柄抽選部170は、特別図柄当否判定部173が特別図柄抽選の当否判定を完了する度に、特別図柄表示制御部12bに対して特別図柄変動開始指示コマンドを送信する。特別図柄変動開始指示コマンドを受信した特別図柄表示制御部12bは、特別図柄の変動表示を開始する。特別図柄抽選部170は、特別図柄変動開始指示コマンドの送信時から内部タイマのカウントダウンを開始し、そのカウント値がゼロに達したとき(変動時間が特別図柄通常変動時間に達したとき)に、特別図柄表示制御部12bに対して特別図柄変動停止指示コマンドを送信する。特別図柄変動停止指示コマンドは、確定特別図柄を特定する情報を含む。特別図柄変動停止指示コマンドを受信した特別図柄表示制御部12bは、特別図柄の変動表示を終了し、確定特別図柄を停止表示する。また、特別図柄抽選部170は、変動停止指示コマンドの送信時から所定の停止表示時間が経過するまでの間、特別図柄抽選の当否判定を実行せず、特別図柄変動開始指示コマンドを送信しない。

0063

特別図柄抽選部170は、特別図柄抽選の当否判定の結果が当選の場合、当選遊技状態へ移行し、特別図柄変動停止指示コマンドの送信と同じタイミングで又はその所定時間経過後に、第2アタッカー装置53に対して、開放指示コマンドと閉止指示コマンドとを、所定の回数(例えばそれぞれ5回ずつ)交互に送信する。第2アタッカー装置53は、開放指示コマンドの受信に応じて入賞誘導路52を開放し、閉止指示コマンドの受信に応じて入賞誘導路52を閉じる。

0064

時短遊技状態では、特別図柄用乱数取得部172が取得した乱数に基づく特別図柄通常変動表示時間が通常遊技状態よりも短く設定される。また、確定特別図柄の停止表示時間が通常遊技状態よりも短縮される。

0065

また、特別図柄抽選部170は、時短遊技への移行時に、後述する特別図柄変動時間延長処理を実行する。

0066

[遊技の概要
次に、上記弾球遊技機Pによる遊技の概要について簡単に説明する。

0067

通常遊技状態において、発射された遊技球がスルーチャッカ21を通過すると、普通図柄抽選及びその当否判定が実行される。この通常遊技状態では、電動チューリップ49の開放時間の期待値が低く設定されており、長時間開放当たりは発生し難い。普通図柄抽選の判定結果が長時間開放当たりであると、電動チューリップ49が長時間(5.8秒)開放され、始動入賞口37に遊技球が入賞し易くなる。なお、電動チューリップ49が閉じているときや、電動チューリップ49が短時間(0.2秒)しか開放されない短時間開放当たりでは、始動入賞口37に遊技球が殆ど入賞しないように電動チューリップ49の上方に遊技釘4が配置されている。

0068

始動入賞口37に遊技球が入賞すると、特別図柄抽選及びその当否判定が実行される。特別図柄抽選の判定結果が当たり(当選)であると、当選遊技状態へ移行し、第2アタッカー装置53が所定の回数開閉する。第2アタッカー装置53の開放によって遊技球が入賞誘導路52へ入賞し、さらに特定領域用ポケット部56へ進入すると、大当たり遊技状態へ移行し、第1アタッカー装置41が開閉され、遊技者は多くの賞球を得ることができる。

0069

大当たり遊技状態が終了すると、時短遊技状態へ移行する。時短遊技状態は、確定特別図柄が所定回数(4回)停止表示されるまで継続する。時短遊技状態では、通常遊技状態に比べて、普通図柄抽選の長時間開放当たりが発生し易く、第2アタッカー装置53の開放頻度が高くなる。このため、遊技球が特定領域用ポケット部56へ進入する可能性が高くなり、大当たり遊技状態へ移行し易くなる。時短遊技中に遊技球が特定領域用ポケット部56へ進入すると、最大継続回数を上限として、大当たり遊技状態が連続的に生起され、遊技者は、さらに多くの賞球を得ることができる。なお、時短遊技中に遊技球が1球も特定領域用ポケット部56へ進入しなかった場合には、時短遊技状態から通常遊技状態へ移行する。

0070

[特別図柄変動時間延長処理]
次に、特別図柄抽選部170が実行する特別図柄変動時間延長処理について、図8に示すフローチャートを参照して説明する。

0071

本処理は、大当たり遊技状態への移行時に開始され、大当たり中に繰り返して実行される。本処理が開始されると、特別図柄抽選部170は、大当たり遊技状態から時短遊技状態へ移行したか否かを判定する(ステップS1)。

0072

時短遊技状態へ移行したと判定すると(ステップS1:YES)、普通図柄が変動表示中か否かを判定する(ステップS2)。普通図柄が変動表示中であると判定すると(ステップS2:YES)、特別図柄抽選の保留記憶(特別図柄用保留球乱数の記憶)があるか否かを判定する(ステップS3)。

0073

特別図柄抽選の保留記憶があると判定すると(ステップS3:YES)、普通図柄抽選部110が普通図柄変動時間からカウントダウンしている内部タイマのカウント値を変動表示中の普通図柄が確定普通図柄として停止表示されるまでの普通図柄変動残存時間として取得し、特別図柄用乱数取得部172が取得した乱数に基づいて決定した特別図柄通常変動時間に、上記取得した普通図柄変動残存時間を加算して特別図柄延長変動時間を算出し、特別図柄変動開始指示コマンドを送信して特別図柄の変動表示を開始し、特別図柄変動開始指示コマンドの送信から特別図柄延長変動時間が経過したとき(内部タイマを上記算出した特別図柄延長変動時間からカウントダウンし、内部タイマがゼロになったとき)に特別図柄変動停止指示コマンドを送信し(ステップS4)、本処理を終了する。なお、時短遊技状態へ移行していないと判定した場合(ステップS1:NO)、普通図柄が変動表示中ではないと判定した場合(ステップS2:NO)、並びに特別図柄抽選の保留記憶がないと判定した場合(ステップS3:NO)には、ステップS4の処理を実行せず、本処理を終了する。

0074

次に、大当たり終了時(時短開始時)に普通図柄が変動中の場合の特別図柄抽選の保留記憶数の推移を、図9図11を参照して説明する。図9図11は、普通図柄の表示状態(普図の変動/停止)、始動入賞口37(電動チューリップ49)の開閉状態(普通電動役物の作動/停止)、特別図柄の表示状態(特図の変動/停止)、入賞誘導路52(第2アタッカ装置53)の開閉状態(特別電動役物の作動/停止)、大入賞口42(第1アタッカ装置41)の開閉状態(役物連続作動装置の作動/停止)、時短遊技の開始及び終了(時短の作動/停止)、特別図柄抽選の保留記憶数(特図保留球数)の経時変化を示す図であり、図9は、特別図柄変動時間延長処理の実行機能を有さない遊技機において時短開始時に変動中の普通図柄(継続変動中の普通図柄)が時短遊技の途中で停止する例であり、図10は、特別図柄変動時間延長処理の実行機能を有さない遊技機において継続変動中の普通図柄が停止せずに時短遊技状態が終了する例であり、図11は、特別図柄変動時間延長処理の実行機能を有する遊技機の例である。なお、簡略化のため、遊技状態が変わる際のエンディング演出オープニング演出、始動入賞口37が閉止された後のセンサの有効時間、及び始動入賞口37及び大入賞口42の開閉に要する時間は省略している。また、時短開始時の特別図柄抽選の保留記憶数は上限数(4個)であり、時短遊技中の普通図柄抽選は、常に保留記憶され、特別図柄抽選の当選確率は100%に設定されているものとする。また、時短前の普通図柄抽選は当選せず、時短中の普通図柄抽選は必ず当選し、電動チューリップ49が閉止しているときには遊技球が始動入賞口37へ入賞せず、電動チューリップ49の1回の開放によって1個の遊技球が始動入賞口37へ必ず入賞するものと仮定する。

0075

図9図11に示すように、大当たり遊技状態から時短遊技状態へ移行すると、役物連続作動装置が作動状態から停止状態に変わり、特別図柄の変動が開始され、特別図柄の変動及び停止が4回実行され、最後(4回目)の確定特別図柄の停止表示時間が所定時間に達したときに、時短遊技状態が終了して通常遊技状態へ移行する。

0076

図9は、時短開始後の2回目の確定特別図柄の停止表示後に、時短開始時の普通図柄の変動が停止する例である。継続変動中の普通図柄が停止する前は、普通図柄抽選の当否判定が実行されないため、普通電動役物の停止状態が維持され、始動入賞口37へ遊技球は入賞せず、特別図柄抽選の保留記憶数は4個から2個まで減少する。そして、継続変動中の普通図柄の変動が停止し、次の普通図柄抽選の当否判定が実行されると、普通図柄抽選に当選して普通電動役物が作動し、始動入賞口37へ遊技球が入賞する。特別図柄抽選の保留記憶数は、普通図柄抽選に当選と特別図柄の停止とに応じて増減し、特別図柄抽選の保留記憶数が上限(4個)に達した状態で時短が終了となる。従って、遊技者には、時短終了から4回の特別図柄抽選の当否判定の機会が付与される。

0077

しかし、図10に示す例のように、継続変動中の普通図柄が停止する前に特別図柄の変動及び停止が4回実行されて時短遊技状態が終了すると、時短中に特別図柄抽選の保留記憶数は一方的に消化され、特別図柄抽選の保留記憶数がゼロの状態で時短が終了となる。従って、遊技者は時短遊技による利益を実質的に得ることができない。

0078

これに対し、図11の例では、時短開始直後に変動を開始した1回目の特別図柄の変動停止時期は、特別図柄通常変動時間に普通図柄変動残存時間が加算された特別図柄延長変動時間の経過時であるため、1回目の特別図柄の変動中に継続変動中の普通図柄が必ず停止し、次の普通図柄抽選の当否判定が実行され、普通図柄抽選に当選して普通電動役物が作動し、始動入賞口37へ遊技球が入賞する。特別図柄抽選の保留記憶数は、普通図柄抽選に当選と特別図柄の停止とに応じて増減し、特別図柄抽選の保留記憶数が上限(4個)に達した状態で時短が終了となる。従って、遊技者には、時短終了から4回の特別図柄抽選の当否判定の機会が付与される。

0079

以上説明したように、本実施形態によれば、特別遊技状態の生起時に普通図柄が変動表示中であり、この変動表示中の普通図柄が停止表示される前に特別図柄の変動表示が開始される場合、当該変動表示中の普通図柄が確定普通図柄として停止表示されるまでの普通図柄変動残存時間を特別図柄通常変動時間に加算した特別図柄延長変動時間が設定され、この特別図柄延長変動時間に達するまで特別図柄の変動表示が継続される。従って、変動表示中の普通図柄が停止表示される前(時短遊技状態下での次の普通図柄抽選の当否判定が実行可能となる前)に、記憶されている特別図柄抽選が消化されることによって特別遊技状態が終了してしまうことがなく、特別遊技状態によって享受可能な遊技者の利益が損なわれることがない。

0080

<第2実施形態>
次に、本発明の第2実施形態について説明する。

0081

図12に示すように、本実施形態では、始動入賞口37が第1アタッカー装置41の上方に配置され、スルーチャッカ21が始動入賞口37の側方に配置され、始動入賞口37の上方に第2始動入賞口(第2の特定入賞口)58が設けられ、第2始動入賞口58の内部には第2始動入賞口センサ(第2の遊技球検知手段、図示省略)が設けられている。閉止状態の電動チューリップ49は始動入賞口37への遊技球の入賞を禁止し、電動チューリップ49の開放時にのみ始動入賞口37への遊技球の入賞が許容される。なお、第1実施形態と同様の構成については、同一の符号を付してその説明を省略する。

0082

本実施形態のパチンコ機の主制御処理部11等は、第2始動入賞口58への遊技球の入賞を契機として特別図柄抽選を実行し、特別図柄を変動表示し、特別図柄抽選の結果が当選の場合、特別図柄を大当たり図柄で停止し、第1大当たり遊技状態を生起する。第1大当たり遊技状態では、第1アタッカー装置41を作動して大入賞口42を所定回数開放する。大入賞口42の1回の開放は、所定数以上の遊技球が入賞するか又は所定時間が経過するまで継続する。また、遊技球がスルーチャッカ21を通過すると、普通図柄抽選を実行し、普通図柄を変動表示する。普通図柄抽選の結果が当選の場合、普通図柄を所定図柄で停止し、電動チューリップ49を作動して始動入賞口37を開放し、始動入賞口37に遊技球が入賞すると、第2大当たり遊技状態を生起し、可動役物装置51の第2アタッカ装置53を作動して入賞誘導路52を開放する(遊技者に所定の遊技価値を付与する)。入賞誘導路52に入賞した遊技球は、回転振り分け部材54によって一般領域用ポケット部55又は特定領域用ポケット部56の何れかに振り分けられる。遊技球が特定領域用ポケット部56に振り分けられると、第2大当たり遊技の第1段階から第2段階への継続条件が成立し、第1アタッカー装置41を作動して大入賞口42を所定回数開放する。第1大当たり遊技状態又は第2大当たり遊技状態が終了すると、時短遊技状態を生起し、特別図柄抽選の当否判定回数が所定回数(例えば4回)に達したことを条件に時短遊技状態を終了して通常遊技状態へ移行する。

0083

本実施形態のパチンコ機においても、第1実施形態と同様に、時短遊技への移行時に普通図柄が変動表示中であり、変動表示中の普通図柄が確定普通図柄として停止表示される前に特別図柄の変動表示を開始するとき、変動表示中の普通図柄が確定普通図柄として停止表示されるまでの普通図柄変動残存時間を取得し、取得乱数に基づいて決定した特別図柄通常変動時間に普通図柄変動残存時間を加算して特別図柄延長変動時間を算出し、特別図柄の変動開始から特別図柄延長変動時間が経過したときに、確定特別図柄を停止表示する。

0084

本実施形態の場合も、第1実施形態と同様に、変動表示中の普通図柄が停止表示される前(時短遊技状態下での次の普通図柄抽選の当否判定が実行可能となる前)に、記憶されている特別図柄抽選が消化されることによって時短遊技が終了してしまうことがなく、時短遊技によって享受可能な遊技者の利益が損なわれることがない。

0085

<第3実施形態>
次に、本発明の第3実施形態について説明する。

0086

図13に示すように、本実施形態では、第2実施形態と同様に、始動入賞口37が第1アタッカー装置41の上方に配置され、スルーチャッカ21が始動入賞口37の側方に配置され、始動入賞口センサ43は、第1の検知部として機能し、始動入賞口37の上方に第2始動入賞口(第2の特定入賞口)58が設けられ、第2始動入賞口58の内部には第2始動入賞口センサ(第2の検知部、図示省略)が設けられている。閉止状態の電動チューリップ49は、始動入賞口37への遊技球の入賞を禁止し、電動チューリップ49の開放時にのみ始動入賞口37への遊技球の入賞が許容される。但し、第1及び第2実施形態と異なり、第2アタッカ装置53、入賞誘導路52及び回転振り分け部材54は設けられていない。なお、第1実施形態と同様の構成については、同一の符号を付してその説明を省略する。

0087

本実施形態のパチンコ機の主制御処理部11等は、始動入賞口37への遊技球の入賞を契機として電子的な抽選を実行し、その抽選の結果に応じた第1の特別図柄通常変動時間を設定し、また第2始動入賞口58への遊技球の入賞を契機として電子的な抽選を実行し、その抽選の結果に応じた第2の特別図柄通常変動時間を設定する。また、始動入賞口37への遊技球の入賞を契機とした電子的な第1の特別図柄抽選の当否判定と、第2始動入賞口58への遊技球の入賞を契機とした電子的な第2の特別図柄抽選の当否判定とを実行し、第1及び第2の特別図柄抽選の当否判定結果を表示するため、特別図柄表示領域17aに特別図柄を変動表示し、第1の特別図柄抽選の場合は、変動表示の時間が第1の特別図柄通常変動時間に達したときに確定特別図柄を停止表示し、第2の特別図柄抽選の場合は、変動表示の時間が第2の特別図柄通常変動時間に達したときに確定特別図柄を停止表示する。また、第1の特別図柄抽選の当否判定の結果が当選の場合、確定特別図柄の停止表示後に大当たり遊技状態(第1の当選遊技状態)を生起し、所定のラウンド数だけ第1アタッカー装置41の開閉を行った後、時短遊技状態へ移行する。同様に、第2始動入賞口58への遊技球の入賞を契機として第2の特別図柄抽選を実行し、第2の特別図柄を変動表示し、第2の特別図柄抽選の当否判定の結果が当選の場合、第1の特別図柄抽選の場合と同様の大当たり遊技状態(第2の当選遊技状態)を生起し、所定のラウンド数だけ第1アタッカー装置41の開閉を行った後、時短遊技状態へ移行する。時短遊技状態への移行後、第1の特別図柄抽選及び第2の特別図柄抽選の総回数が所定回数に達したときに時短遊技状態を終了する。第1の特別図柄抽選の保留と第2の特別図柄抽選の保留とは、それぞれ個別に記憶されて表示され、各保留に上限数(例えば、それぞれ4個)が設定されている。

0088

始動入賞口37に遊技球が入賞したときに遊技者に対して付与される所定の遊技価値は、第1の特別図柄抽選の当否判定であり、特別図柄抽選の当選時に遊技者に付与される利益は、第2の特別図柄抽選よりも第1の特別図柄抽選の方が大きくなるように設定されている。例えば、第1の特別図柄抽選で当選した場合の方が、第2の特別図柄抽選で当選した場合よりも大当たり時の第1のアタッカー装置41の開放回数が多くなる、或いは通常遊技状態に移行せずに(時短遊技中に)大当たり遊技状態が継続して生起される確率が高くなる等である。

0089

本実施形態のパチンコ機においても、第1実施形態と同様に、時短遊技への移行時に普通図柄が変動表示中であり、変動表示中の普通図柄が確定普通図柄として停止表示される前に特別図柄の変動表示を開始するとき、変動表示中の普通図柄が確定普通図柄として停止表示されるまでの普通図柄変動残存時間を取得し、取得乱数に基づいて決定した特別図柄通常変動時間に普通図柄変動残存時間を加算して特別図柄延長変動時間を算出し、特別図柄の変動開始から特別図柄延長変動時間が経過したときに、確定特別図柄を停止表示する。

0090

本実施形態のパチンコ機では、普通図柄抽選に当選し、電動チューリップ49が開放されて始動入賞口37に遊技球が入賞し、第1の特別図柄抽選に当選する方が、第2始動入賞口58に遊技球が入賞し、第2の特別図柄抽選に当選するよりも遊技者にとって利益となる。このため、時短遊技の開始後に、普通図柄抽選の当否判定が1度も実行されないまま第2の特別図柄抽選のみが実行されて当選してしまうと、遊技者は時短遊技による利益を実質的に享受することができない。

0091

この点に関し、本実施形態では、変動表示中の普通図柄が停止表示される前(時短遊技状態下での次の普通図柄抽選の当否判定が実行可能となる前)に、第2の特別図柄抽選の当否判定が繰り返して実行されてしまうことがなく、時短遊技によって享受可能な遊技者の利益が損なわれることがない。

0092

以上、本発明者によってなされた発明を適用した実施形態について説明したが、この実施形態による本発明の開示の一部をなす論述及び図面により本発明は限定されることはない。すなわち、この実施形態に基づいて当業者等によりなされる他の実施形態、実施例及び運用技術等は全て本発明の範疇に含まれることは勿論であることを付け加えておく。

0093

3…遊技盤、11…主制御処理部、12f…普通図柄表示制御部(普通図柄変動処理手段)、17…特別図柄表示装置(特別図柄表示手段)、22…普通図柄表示装置(普通図柄表示手段)、31…遊技領域、37…始動入賞口(特定入賞口)、41…第1アタッカー装置、42…大入賞口(特別入賞口)、43…始動入賞口センサ(第2の遊技球検知手段)、46…スルーチャッカ検知センサ(第1の遊技球検知手段)、49…電動チューリップ(特定入賞制限手段)、52…入賞誘導路(入賞領域)、53…第2アタッカ装置(開閉手段)、56…特定領域用ポケット部(特定領域)、110…普通図柄抽選部(普通図柄変動処理手段)、115…保留球乱数記憶部(普通図柄抽選保留手段)、120…普通図柄決定部(普通図柄変動処理手段)、140…変動パターンコマンド決定部(普通図柄変動処理手段)、160…大当たり遊技制御部(遊技制御手段)、170…特別図柄抽選部(特別図柄変動処理手段、特別図柄通常変動時間設定手段、特別図柄抽選保留手段、遊技制御手段、特別図柄延長変動時間設定手段)、174…特別図柄用保留球乱数記憶部(特別図柄抽選保留手段)、180…電動チューリップ作動制御部(普通図柄当選制御手段)、190…当選遊技制御部(遊技制御手段)、P…パチンコ機(弾球遊技機)

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社三共の「 遊技機」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】遊技者にとって有利な状況を示唆する演出を好適に行うことができる遊技機を提供する。【解決手段】特定演出は、共通パートの後、特典が付与されていることが示唆される成功パート、または特典が付与されてい... 詳細

  • 株式会社三共の「 遊技機」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】遊技者にとって有利な状況を示唆する演出を好適に行うことができる遊技機を提供する。【解決手段】特定演出は、共通パートの後、特典が付与されていることが示唆される成功パート、または特典が付与されてい... 詳細

  • 株式会社三共の「 遊技機」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】遊技者にとって有利な状況を示唆する演出を好適に行うことができる遊技機を提供する。【解決手段】特定演出は、共通パートの後、特典が付与されていることが示唆される成功パート、または特典が付与されてい... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ