図面 (/)

技術 機能設定装置、画像形成装置、機能設定方法、機能設定プログラム及び記録媒体

出願人 株式会社リコー
発明者 杉野誠
出願日 2010年7月15日 (10年4ヶ月経過) 出願番号 2010-161031
公開日 2012年2月2日 (8年9ヶ月経過) 公開番号 2012-020529
状態 未査定
技術分野 ファクシミリ一般 デジタル計算機のユーザインターフェイス 付属装置、全体制御 デジタル計算機のユーザインターフェイス
主要キーワード 基準動作 基準機 機能特定情報 変更記憶 機能設定装置 注意通知 権限管理情報 確認指令
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2012年2月2日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (12)

課題

本発明は、機能設定を分かりやすくかつ簡単に行う機能設定装置画像形成装置機能設定方法機能設定プログラム及び記録媒体に関する。

解決手段

画像形成装置1は、記憶部11に記憶されている機能情報を、操作部3のディスプレイ22に表示させて、該機能情報に対する機能変更が行われた変更後機能情報に基づいて機能実行処理が行われると、ユーザ情報管理機能部Ykが、変更後機能情報と基本機能情報との設定変更、機能ID及び実行時刻機能変更関連情報として取得して、ユーザ管理情報Juに記憶し、履歴参照画面呼び出し部Brが操作されて、機能変更関連情報の表示要求があると、ユーザ管理情報Juから機能変更関連情報を取得してディスプレイ22に表示して、適宜の機能変更関連情報が選択されると、選択された機能変更関連情報を、機能変更関連情報に対応する基本機能情報に反映させて変更後機能情報を生成する。

概要

背景

複写装置プリンタ装置ファクシミリ装置複合装置スキャナ装置コンピュータ等の各種機器、特に、複写装置、プリンタ装置、ファクシミリ装置、複合装置、スキャナ装置等の画像形成装置画像処理装置においては、機能の高度化と複雑化にともなって、ユーザが操作部で機能設定してユーザの意図する機能を実現させるのに、長時間の設定時間を必要とするようになり、機能設定の設定性能の向上が要望されている。

そして、従来、ユーザアカウント毎登録設定された設定項目についての履歴情報を設定記憶手段に記憶して、ユーザアカウントログインを受付けた後は、そのユーザについての履歴情報を参照して、直前のログイン中に変更された設定項目の有無を判別し、変更された設定項目があったときには、注意通知を行うことなく、確認指令を受付けると、直前のログイン中に変更された設定項目を、装置の機能設定に反映させる技術が提案されている(特許文献1参照)。すなわち、この従来技術は、ユーザ毎にユーザがカスタマイズした履歴を保存し、ユーザがカスタマイズ内容を変更すると、次のログイン時にその旨を通知して、変更内容復元して機能設定に反映させている。

また、従来、読み取り手段で読み取った画像データを外部メモリ転送して記憶させるスキャンtoメモリ機能を実行する際の処理機能設定条件、例えば、読み取り条件が設定手段で設定されると、設定条件を記憶手段にスキャンtoメモリと関連させて記憶して、次回、外部メモリが接続されたときに、該記憶手段に記憶された機能を実行し、表示部に実行する機能に対応する内容を表示する技術が提案されている(特許文献2参照)。すなわち、この従来技術は、ユーザが機能を実行した際の設定内容外部メディアに保存し、その外部メディアを使用して同じ設定を復元している。

概要

本発明は、機能設定を分かりやすくかつ簡単に行う機能設定装置、画像形成装置、機能設定方法機能設定プログラム及び記録媒体に関する。画像形成装置1は、記憶部11に記憶されている機能情報を、操作部3のディスプレイ22に表示させて、該機能情報に対する機能変更が行われた変更後機能情報に基づいて機能実行処理が行われると、ユーザ情報管理機能部Ykが、変更後機能情報と基本機能情報との設定変更、機能ID及び実行時刻機能変更関連情報として取得して、ユーザ管理情報Juに記憶し、履歴参照画面呼び出し部Brが操作されて、機能変更関連情報の表示要求があると、ユーザ管理情報Juから機能変更関連情報を取得してディスプレイ22に表示して、適宜の機能変更関連情報が選択されると、選択された機能変更関連情報を、機能変更関連情報に対応する基本機能情報に反映させて変更後機能情報を生成する。

目的

本発明は、ユーザの意図する機能設定を、効率的にかつ簡単に設定することのできる機能設定装置、画像形成装置、機能設定方法、機能設定プログラム及び記録媒体を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
2件
牽制数
4件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

機能実行手段によって実行される各種機能動作の所定の基準動作内容を規定する基準機能情報を記憶する機能情報記憶手段と、情報を表示する表示手段と、ユーザを特定するユーザ特定情報を入力するユーザ特定情報入力手段と、機能情報を前記表示手段に表示させて該機能情報の設定変更を行う機能変更手段と、前記ユーザ特定情報入力手段から前記ユーザ特定情報が入力されて、前記機能変更手段で変更された変更後機能情報に基づいて前記機能実行手段が機能処理を実行すると、少なくとも該変更後機能情報と前記基準機能情報との機能変更内容を示す機能変更情報変更対象となっている機能を特定する機能特定情報及び機能変更情報を時系列に特定する時系列情報を、機能変更関連情報として取得する機能変更関連情報取得手段と、前記機能変更関連情報を記憶する変更関連情報記憶手段と、前記機能変更関連情報取得手段の取得した前記機能変更関連情報を、前記ユーザ特定情報に対応させて前記変更関連情報記憶手段に記憶させる変更記憶制御手段と、前記機能変更関連情報の前記表示手段への表示を要求する変更関連情報要求手段と、前記ユーザ特定情報入力手段から前記ユーザ特定情報が入力されて、前記変更関連情報要求手段から前記機能変更関連情報の表示要求があると、前記変更関連情報記憶手段から該ユーザ特定情報の前記機能変更関連情報を取得して前記表示手段に表示させる表示制御手段と、前記表示手段に表示されている前記ユーザ特定情報に対応する前記機能変更関連情報から適宜の該機能変更関連情報を選択する選択手段と、前記選択手段で選択された前記機能変更関連情報を、該機能変更関連情報に対応する前記基本機能情報に反映させて変更後機能情報を生成する変更後機能情報生成手段と、を備えていることを特徴とする機能設定装置

請求項2

前記表示制御手段は、前記機能変更関連情報を前記時系列情報に基づいて最新の該機能変更関連情報から優先的に前記表示手段に表示させることを特徴とする請求項1記載の機能設定装置。

請求項3

前記表示制御手段は、前記ユーザ特定情報入力手段から前記ユーザ特定情報が入力されて、前記機能変更手段が前記表示手段に機能情報を表示させている状態で、前記変更関連情報要求手段によって前記機能変更関連情報の表示要求があると、該ユーザ特定情報に対応するとともに、該機能情報に対応する前記機能特定情報を有する前記機能変更関連情報のみを前記変更関連情報記憶手段から取得して該表示手段に表示させることを特徴とする請求項1または請求項2記載の機能設定装置。

請求項4

前記機能設定装置は、前記表示手段に表示されている前記機能変更関連情報に関連する機能を選択する機能選択手段を、さらに備え、前記表示制御手段は、前記ユーザ特定情報入力手段から前記ユーザ特定情報が入力されて、前記機能選択手段で機能が選択されると、該ユーザ特定情報に対応するとともに、選択された該機能に対応する前記機能特定情報を有する前記機能変更関連情報のみを前記変更関連情報記憶手段から取得して前記表示手段に表示させることを特徴とする請求項1から請求項3のいずれかに記載の機能設定装置。

請求項5

前記変更後機能情報生成手段は、前記機能変更関連情報を、該機能変更関連情報に対応する前記基本機能情報に反映させて変更後機能情報を生成するとともに、該機能変更関連情報によって反映された機能項目部分を強調する処理を施すことを特徴とする請求項1から請求項4のいずれかに記載する機能設定装置。

請求項6

前記機能変更関連情報取得手段は、前記機能変更関連情報として、前記機能実行手段が実行した機能処理に関連するデータのサムネイル画像をも取得し、前記変更関連情報記憶手段は、前記機能変更関連情報として、前記サムネイル画像をも記憶し、前記表示制御手段は、前記機能変更関連情報の一部として、前記サムネイル画像をも表示することを特徴とする請求項1から請求項5のいずれかに記載の機能設定装置。

請求項7

少なくとも機能設定部で設定された機能情報に基づいて被画像形成媒体への画像形成処理を行う画像形成装置において、前記機能設定部として、請求項1から請求項6のいずれかに記載の機能設定装置を搭載していることを特徴とする画像形成装置。

請求項8

ユーザを特定するユーザ特定情報を取得するユーザ特定情報取得処理テップと、機能情報記憶手段に記憶されていて、機能実行処理によって実行される各種機能動作の所定の基準動作内容を規定する基本機能情報または変更された機能情報を表示手段に表示させて該機能情報の設定変更を行う機能変更処理ステップと、前記ユーザ特定情報取得処理ステップで前記ユーザ特定情報が取得されて、前記機能変更処理ステップで変更された変更後機能情報に基づいて前記機能実行処理ステップで機能処理が実行されると、少なくとも該変更後機能情報と前記基本機能情報との機能変更内容を示す機能変更情報、変更対象となっている機能を特定する機能特定情報及び機能変更情報を時系列に特定する時系列情報を機能変更関連情報として取得する機能変更関連情報取得処理ステップと、前記機能変更関連情報取得処理ステップで取得された前記機能変更関連情報を、前記ユーザ特定情報に対応させて変更関連情報記憶手段に記憶する変更記憶制御処理ステップと、前記機能変更関連情報の前記表示手段への表示を要求する変更関連情報要求処理ステップと、前記ユーザ特定情報取得処理ステップで前記ユーザ特定情報を取得して、前記変更関連情報要求処理ステップで前記機能変更関連情報の表示要求があると、前記変更関連情報記憶手段から該ユーザ特定情報の前記機能変更関連情報を取得して前記表示手段に表示させる表示制御処理ステップと、前記表示手段に表示されている前記ユーザ特定情報に対応する前記機能変更関連情報から適宜の該機能変更関連情報を選択する選択処理ステップと、前記選択処理ステップで選択された前記機能変更関連情報を、該機能変更関連情報に対応する前記機能情報に反映させて変更後機能情報を生成する変更後機能情報生成処理ステップと、を有することを特徴とする機能設定方法

請求項9

コンピュータに、ユーザを特定するユーザ特定情報を取得するユーザ特定情報取得処理と、機能情報記憶手段に記憶されていて、機能実行処理によって実行される各種機能動作の所定の基準動作内容を規定する基本機能情報または変更された機能情報を表示手段に表示させて該機能情報の設定変更を行う機能変更処理と、前記ユーザ特定情報取得処理で前記ユーザ特定情報が取得されて、前記機能変更処理で変更された変更後機能情報に基づいて前記機能実行処理で機能処理が実行されると、少なくとも該変更後機能情報と前記基本機能情報との機能変更内容を示す機能変更情報、変更対象となっている機能を特定する機能特定情報及び機能変更情報を時系列に特定する時系列情報を機能変更関連情報として取得する機能変更関連情報取得処理と、前記機能変更関連情報取得処理で取得された前記機能変更関連情報を、前記ユーザ特定情報に対応させて変更関連情報記憶手段に記憶する変更記憶制御処理と、前記機能変更関連情報の前記表示手段への表示を要求する変更関連情報要求処理と、前記ユーザ特定情報取得処理で前記ユーザ特定情報を取得して、前記変更関連情報要求処理で前記機能変更関連情報の表示要求があると、前記変更関連情報記憶手段から該ユーザ特定情報の前記機能変更関連情報を取得して前記表示手段に表示させる表示制御処理と、前記表示手段に表示されている前記ユーザ特定情報に対応する前記機能変更関連情報から適宜の該機能変更関連情報を選択する選択処理と、前記選択処理で選択された前記機能変更関連情報を、該機能変更関連情報に対応する前記機能情報に反映させて変更後機能情報を生成する変更後機能情報生成処理と、を実行させることを特徴とする機能設定プログラム

請求項10

請求項9記載の機能設定プログラムを記録したことを特徴とするコンピュータが読み取り可能な記録媒体

技術分野

0001

本発明は、機能設定装置画像形成装置機能設定方法機能設定プログラム及び記録媒体に関し、詳細には、機能設定を分かりやすくかつ簡単に行う機能設定装置、画像形成装置、機能設定方法、機能設定プログラム及び記録媒体に関する。

背景技術

0002

複写装置プリンタ装置ファクシミリ装置複合装置スキャナ装置コンピュータ等の各種機器、特に、複写装置、プリンタ装置、ファクシミリ装置、複合装置、スキャナ装置等の画像形成装置や画像処理装置においては、機能の高度化と複雑化にともなって、ユーザが操作部で機能設定してユーザの意図する機能を実現させるのに、長時間の設定時間を必要とするようになり、機能設定の設定性能の向上が要望されている。

0003

そして、従来、ユーザアカウント毎登録設定された設定項目についての履歴情報を設定記憶手段に記憶して、ユーザアカウントログインを受付けた後は、そのユーザについての履歴情報を参照して、直前のログイン中に変更された設定項目の有無を判別し、変更された設定項目があったときには、注意通知を行うことなく、確認指令を受付けると、直前のログイン中に変更された設定項目を、装置の機能設定に反映させる技術が提案されている(特許文献1参照)。すなわち、この従来技術は、ユーザ毎にユーザがカスタマイズした履歴を保存し、ユーザがカスタマイズ内容を変更すると、次のログイン時にその旨を通知して、変更内容復元して機能設定に反映させている。

0004

また、従来、読み取り手段で読み取った画像データを外部メモリ転送して記憶させるスキャンtoメモリ機能を実行する際の処理機能設定条件、例えば、読み取り条件が設定手段で設定されると、設定条件を記憶手段にスキャンtoメモリと関連させて記憶して、次回、外部メモリが接続されたときに、該記憶手段に記憶された機能を実行し、表示部に実行する機能に対応する内容を表示する技術が提案されている(特許文献2参照)。すなわち、この従来技術は、ユーザが機能を実行した際の設定内容外部メディアに保存し、その外部メディアを使用して同じ設定を復元している。

発明が解決しようとする課題

0005

しかしながら、上記公報記載の従来技術にあっては、機能設定をより簡単でわかりやすくする上で、改良の必要があった。すなわち、特許文献1記載の従来技術にあっては、ユーザのカスタマイズした履歴から機能設定が復元されたり、機能を実行した際の設定内容が記憶手段からそのまま読み出されるため、ユーザが設定変更した内容を確認して機能を選択することができず、以前の設定とは多少変更した機能を設定するうえで、面倒であり、改良の必要があった。

0006

また、特許文献2記載の従来技術にあっては、外部メディアに機能設定内容を保存しているため、機能設定内容を復元させるには、外部メディアを使用することが条件となり、利用性が悪いという問題があった。

0007

なお、過去のジョブ履歴から設定を復元する方法もあるが、ジョブが増えるほど、ユーザが意図しないジョブに対する設定情報が大量に表示されることとなり、意図する機能設定を簡単に行う上で、改良の必要があった。

0008

そこで、本発明は、ユーザの意図する機能設定を、効率的にかつ簡単に設定することのできる機能設定装置、画像形成装置、機能設定方法、機能設定プログラム及び記録媒体を提供することを目的としている。

課題を解決するための手段

0009

本発明は、上記目的を達成するために、機能情報記憶手段に記憶されていて、機能実行処理によって実行される各種機能動作の所定の基準動作内容を規定する機能情報を表示手段に表示させて該機能情報に対する機能変更を設定した変更後機能情報に基づいて機能実行処理が行われると、少なくとも該変更後機能情報と所定の基準機能情報との機能変更情報変更対象となっている該機能を特定する機能特定情報及び機能変更情報を時系列に特定する時系列情報機能変更関連情報として取得して、変更関連情報記憶手段に記憶し、機能変更関連情報の表示要求があると、該変更関連情報記憶手段から該機能変更関連情報を取得して表示手段に表示して、表示されている機能変更関連情報から適宜の該機能変更関連情報が選択されると、選択された機能変更関連情報を、該機能変更関連情報に対応する機能情報に反映させて変更後機能情報を生成することを特徴としている。

0010

また、本発明は、前記表示手段に機能情報を表示している状態で、前記変更関連情報要求手段によって前記機能変更関連情報の表示要求があると、該機能情報に対応する前記機能特定情報を有する該機能変更関連情報のみを前記変更関連情報記憶手段から取得して該表示手段に表示することを特徴としてもよい。

0011

さらに、本発明は、前記表示手段に表示されている前記機能変更関連情報に関連する機能が選択されると、選択された該機能に対応する前記機能特定情報を有する前記機能変更関連情報のみを前記変更関連情報記憶手段から取得して該表示手段に表示することを特徴としてもよい。

発明の効果

0012

本発明によれば、ユーザの意図する機能設定を、効率的にかつ簡単に設定することができる。

図面の簡単な説明

0013

本発明の第1実施例を適用した画像形成装置の要部ブロック構成図。
ユーザ管理情報の一例を示す図。
コピー機能設定画面の一例を示す図。
ログイン初期画面の一例を示す図。
機能設定変更履歴を機能設定に反映させるまでの処理手順を示す図。
履歴参照画面の一例を示す図。
機能設定変更情報保存処理の処理手順を示す図。
第2実施例の機能設定処理手順を示す図。
機能設定画面から呼び出された場合の履歴参照画面の一例を示す図。
機能選択機能を搭載する履歴参照画面の一例を示す図。
履歴参照画面の機能選択機能で選択された設定変更処理手順を示す図。

0014

以下、本発明の好適な実施例を添付図面に基づいて詳細に説明する。なお、以下に述べる実施例は、本発明の好適な実施例であるので、技術的に好ましい種々の限定が付されているが、本発明の範囲は、以下の説明によって不当に限定されるものではなく、また、本実施の形態で説明される構成の全てが本発明の必須の構成要件ではない。

0015

図1図7は、本発明の機能設定装置、画像形成装置、機能設定方法、機能設定プログラム及び記録媒体の一実施例を示す図であり、図1は、本発明の機能設定装置、画像形成装置、機能設定方法、機能設定プログラム及び記録媒体の一実施例を適用した画像形成装置1の要部ブロック構成図である。

0016

図1において、画像形成装置1は、コントローラ2、操作部3及びエンジン4等を備えているとともに、図示しないが、原稿の画像を読み取るスキャナ部、ファクシミリ通信部、ネットワークを介して他の端末とデータの授受を行うネットワーク部等を備えていて、複合機能を実現する。

0017

コントローラ2は、図示しないCPU(Central Processing Unit )を搭載しているとともに、ROM(Read Only Memory)やRAM(Random Access Memory)等で構成されている記憶部11等を搭載しており、記憶部11は、画像形成装置1としての基本プログラムや本発明の機能設定方法を実現する機能設定プログラム及びシステムデータ等を格納するとともに、CPUのワークメモリ領域が確保されている。記憶部(機能情報記憶手段、変更関連情報記憶手段)11は、ハードディスク(HDD:Hard Disk Drive)、NAND型フラッシュメモリNANDFlash Memory)、SDカード等が用いられており、また、NAND型フラッシュメモリとハードディスク等の複数種類のメモリが同時に接続されていてもよい。なお、コントローラ2は、無線通信機能を有していてもよく、無線通信機能としては、無線LAN(Local Area Network)やブルーツース(Bluetooth)、赤外線等を用いることができる。

0018

すなわち、画像形成装置1は、ROM、EEPROM(Electrically Erasable and Programmable Read Only Memory )、EPROM、フラッシュメモリフレキシブルディスクCD−ROM(Compact Disc Read Only Memory )、CD−RW(Compact Disc Rewritable )、DVD(Digital Versatile Disk)、SD(Secure Digital)カード、MO(Magneto-Optical Disc)等のコンピュータが読み取り可能な記録媒体に記録されている本発明の機能設定方法を実行する機能設定プログラムを読み込んで記憶部11に導入することで、後述する機能設定をユーザの意図する機能設定に簡単に設定することのできる機能設定装置及び該機能設定装置を搭載した画像形成装置として構築されている。この機能設定プログラムは、アセンブラ、C、C++、C#、Java(登録商標)等のレガシープログラミング言語オブジェクト指向ブログラミング言語等で記述されたコンピュータ実行可能なプログラムであり、上記記録媒体に格納して頒布することができる。

0019

そして、コントローラ(機能変更関連情報取得手段、変更記憶制御手段、変更関連情報要求手段、表示制御手段、変更後機能情報生成手段)2は、記憶部11のプログラムに基づいて画像形成装置1の各部を制御することで、記憶部11内に丸で囲んで機能ブロックを示すように、図示しないスキャナ部で読み取った原稿の画像データをエンジン4で用紙に印刷出力するコピー機能Ck、スキャナ部で読み取った原稿の画像データを記憶部11に格納したり、図示しないネットワークを介してコンピュータ等のホスト装置や他の画像形成装置に出力するスキャン機能Sk、スキャナ部で読み取った原稿の画像データを図示しないファクシミリ部から電話回線等で接続されたってファクシミリ装置やファクシミリ機能を搭載する画像形成装置等にファクシミリ送信したり、相手装置からファクシミリ送信されてきた画像データを記憶部11に記憶したり、エンジン4で用紙に印刷出力するFAX機能Fk及び画像形成装置1を利用するユーザによる画像処理装置1の各機能の設定内容をユーザ毎に管理するユーザ情報管理機能Yk等の各機能を実行し、とくに、ユーザ情報管理機能Ykは、上記本発明の機能設定プログラムに基づいて構築される。そして、記憶部11には、ユーザ情報管理機能Ykで使用するユーザ管理情報Juを格納している。

0020

ユーザ管理情報Juは、図2に示すように、各ユーザ毎に、ユーザA管理情報Jua、ユーザB管理情報Jub、・・・、ユーザN管理情報Junの下位に、それぞれ権限管理情報Kja〜Kjn、UI設定情報Uja〜Ujn、設定変更情報Hja〜Hjnが登録され、UI設定情報Ujの下位には、各UI設定内容情報Uja1〜Ujan、・・・、Ujb1〜Ujbnが登録される。また、設定変更情報Hjには、設定変更のあった毎に、個別設定変更情報Hja1〜Hjan、・・・、Hjn1〜Hjnnが登録され、各個別設定変更情報Hja1〜Hjan、・・・、Hjn1〜Hjnnには、機能設定変更の実行時間ta1〜tan、・・・、tn1〜tnn、具体的な設定変更の内容である設定変更Hta11〜Htann、・・・、Htn11〜Htnnnが、設定変更内容の数だけ登録されているとともに、各設定変更実行毎に、機能IDtia1〜tian、・・・、tin1〜tinnが登録されている。

0021

上記権限管理情報Kja〜Kjnは、該当するユーザが画像形成装置1に対して何を実行できるかを意味する情報である。

0022

UI設定情報(基本機能情報)Uja〜Ujnは、機能選択時に、ディスプレイに表示される画面であり、デフォルトで設定されている機能情報である。

0023

個別設定変更情報(機能変更関連情報)Hja1〜Hjan、・・・、Hjn1〜Hjnnは、UI設定情報Uja〜Ujnのユーザが、機能の変更を行って該機能を使用した場合に、記憶される設定変更の履歴情報であり、該変更後の機能を実行した実行時刻(時系列情報)ta1〜tan、・・・、tan1〜tnn、機能の設定変更内容である設定変更(機能変更情報)Hta11〜Htann、・・・、Htn11〜Htnnn及びその機能の機能ID(機能特定情報)tia1〜tian、・・・、tin1〜tinnからなる。

0024

また、操作部(ユーザ情報入力手段、機能変更手段、変更関連情報要求手段、選択手段)3は、各種キー21、ディスプレイ22及び記憶部23等を備えており、コントローラ2に接続されている。

0025

キー21は、画像形成装置1に画像形成装置1の備えている各種機能を実行させるために必要な設定を行うのに使用される。

0026

ディスプレイ(表示手段)22は、液晶ディスプレイ等が用いられ、キー21から入力された各種命令内容を表示するとともに、コントローラ2の制御下で、画像形成装置1からユーザに通知する各種情報、特に、機能設定に必要な各種画面や各種情報を表示する。なお、ディスプレイ22は、液晶ディスプレイにタッチパネルが積層されたタッチパネル付きディスプレイであってもよい。ディスプレイ22は、コントローラ2の制御下で、ユーザに現在選択されている機能、機能実行時における選択可能なオプション、現在選択されているオプション等を表示する。

0027

記憶部23は、ハードディスク、NAND型フラッシュメモリ、SDカード等が用いられており、画像形成装置1が備えている機能であって、ディスプレイ22に表示する機能設定画面、例えば、ファクシミリ機能の設定を行うためのFAX機能設定画面データFg、コピー機能の設定を行うためのコピー機能設定画面データCg、スキャナ機能の設定を行うためのスキャナ機能設定画面データSg、ユーザの設定変更履歴を表示するための履歴参照画面Rg及び履歴参照画面の表示を要求するための履歴参照画面呼び出し部Rr等を記憶している。

0028

操作部3は、コントローラ2の制御下で、記憶部23に記憶している各機能画面Fg、Cg、Sg、Rgをディスプレイ22に表示するとともに、機能設定画面Fg、Cg、Sg、Rgで設定された設定内容や参照内容をコントローラ2に出力する。また、履歴参照画面呼び出し部Rrは、例えば、図3に示すログイン初期画面G1にボタン表示され、このログイン初期画面G1では、履歴参照画面呼び出し部Rrのボタンの他に、画像形成装置1の各機能であるコヒー機能、スキャン機能、FAX機能、蓄積文書機能を呼び出すボタン及びログアウトのボタンが表示されている。このログイン初期画面G1で、例えば、コヒー機能を呼び出すボタンがタッチ操作されると、コントローラ2は、記憶部23の記憶しているコピー機能設定画面Cgを呼び出して、ディスプレイ22に、例えば、該コピー機能設定画面を表示し、このコピー機能設定画面Gcにも、ユーザが、過去に行った設定変更履歴を参照するための履歴参照画面呼出し部Rrを表示する。なお、図3コピー画面G1は、コピー機能モードの各種機能設定を行うことができ、例えば、「原稿スキャンの設定(片面/両面)」、「原稿に対する出力のサイズ」、「出力の紙サイズ」、「出力濃度」、「出力の向き」等の設定項目が表示されている。

0029

次に、本実施例の作用について説明する。本実施例の画像形成装置1は、画像形成装置1の機能設定を変更した履歴を記憶して、機能設定において該機能変更履歴を機能設定に反映させる。

0030

すなわち、画像形成装置1は、ユーザがユーザID等(ユーザ特定情報)の入力を、操作部3のキー操作やカード読み取り器でのIDカードの読み取らせ等の方法で行ってログインすると、コントローラ2が、図4に示したようなログイン初期画面G1をディスプレイ22に表示させ、このログイン初期画面G1で、利用する機能が選択されると、該機能の設定画面Gf、Gc、Gs、例えば、コピー機能設定画面Gcへと移行するが、このログイン初期画面G1で、図5に示すように、履歴参照画面呼び出し部Rrが選択操作されると(S1)、現在ログインしているユーザに対応する履歴参照画面Grを、ユーザ情報管理機能Ykに問い合わせ(S3)、ユーザ情報管理機能Ykが、ユーザ管理情報Yua〜Yunを検索して、現在ログインしているユーザの管理情報ユーザ管理情報Yua〜Yunを取得する(S4)。コントローラ2は、取得したユーザ管理情報から、設定変更履歴を取得して(S5)、取得した設定変更履歴情報Hja〜Hjnを操作部3の履歴参照画面Grに通知し(S6)、履歴参照画面Grに設定変更履歴情報Hja〜Hjnを描画して(S7)、例えば、図6に示すように、ディスプレイ22に表示する(S8)。

0031

この履歴参照画面Grには、図6に示すように、過去に使用した機能名称、機能を実行した時刻(実行時刻)、設定を変更した変更内容が表示され、ユーザ管理情報Juに保存されている履歴情報が多く、ディスプレイ22内に表示しきれない場合には、スライダーバー表示内容スライドさせて表示したり、画面切り替えボタン複数画面切り替えて表示する。また、履歴参照画面Grには、機能実行に使用した画像のサムネイル画像をユーザ管理情報Juから読み出して表示してもよい。

0032

この履歴参照画面Grで、ユーザがディスプレイ22に表示された履歴情報変更後の設定変更履歴を参照して、設定変更履歴を選択すると(S9)、コントローラ2は、選択された設定変更内容を、記憶部11のユーザ管理情報Juから読み出して、選択された該機能設定変更内容に対応する機能の設定画面Gf、Gc、Gs、例えば、コピー機能設定画面Gcに通知し(S10)、コピー機能設定画面Gcは、受信した設定変更内容を機能設定に反映させる(S11)。コントローラ2は、選択された設定変更内容の設定変更履歴がユーザ管理情報Juに存在しない場合には、設定変更履歴がない旨を履歴参照画面Grに通知して、その旨を表示させる。

0033

コピー機能設定画面Gcは、履歴参照画面Grから機能設定画面に表示要求が送られると(S12)、設定変更を行った項目が強調されるように描画し(S13)、描画した変更結果を含んだ機能設定画面であるコピー機能設定画面Gcをディスプレイ22に表示させる(ステップS14)。コントローラ2は、この変更項目の強調を、例えば、点滅表示、他の部分と異なる色での表示、他の部分よりも線の太い文字での表示、あるいは、これらの組み合わせによる表示によって実施する。

0034

そして、コントローラ2は、上記設定変更情報の保存処理を、図7に示すように行う。すなわち、コントローラは、ユーザが、任意の機能設定画面、例えば、コピー機能設定画面Gcにおいて機能実行要求を行うと(S21)、コピー機能設定画面Gcからコピー機能Ckに現在の機能設定内容を通知し(S22)、コピー機能Ckに対してコピー機能の実行を要求して、コピー機能Ckが、要求されたコピー機能を実行する(S23)。

0035

コピー機能設定画面Gcは、ログインしてコピー機能の実行を要求したユーザのコピー機能Ckに対するデフォルト設定と現在の機能設定の差分を求め(S24)、ユーザのデフォルトの機能設定と現在の機能設定との差分があるときには、該差分の機能の機能ID、現在時刻(実行時刻)及び機能設定の差分をパラメータとしてユーザ情報管理機能Ykに登録要求を行う(S25)。

0036

ユーザ情報管理機能部Ykは、現在ログインしているユーザの管理情報Jua〜Junをユーザ管理情報Juから検索して取得し(S26)、取得したユーザ管理情報Jua〜Junの設定変更情報(設定変更履歴)Hja〜Hjnに対して、機能設定画面(コピー機能設定画面Gc)から受け取った機能ID、実行時刻及び機能設定の基本機能情報に対する差分をユーザ管理情報Juに保存する(S27)。

0037

このように、本実施例の画像形成装置1は、記憶部11に記憶されていて、コントローラ2によって実行される各種機能動作の動作内容を規定する機能情報を、操作部3のディスプレイ22に表示させて、該機能情報に対する機能変更を設定した変更後機能情報に基づいて機能実行処理が行われると、ユーザ情報管理機能部Ykが、少なくとも該変更後機能情報と変更前機能情報との設定変更(機能変更情報)Hta11〜Htann、・・・、Htn11〜Htnnn、変更対象となっている機能を特定する機能ID(機能特定情報)tia1〜tian、・・・、tin1〜tinn及び機能変更情報を時系列に特定する実行時刻(時系列情報)ta1〜tan、・・・、tan1〜tnnを機能変更関連情報として取得して、記憶部11のユーザ管理情報Juに記憶し、履歴参照画面呼び出し部Brが操作されて、機能変更関連情報の表示要求があると、ユーザ管理情報Juから該機能変更関連情報を取得してディスプレイ22に表示して、表示されている機能変更関連情報から適宜の該機能変更関連情報が選択されると、選択された機能変更関連情報を、該機能変更関連情報に対応する機能情報に反映させて変更後機能情報を生成している。

0038

したがって、ユーザ毎の機能変更履歴である個別設定変更情報Hja1〜Hjan、・・・、Hjn1〜Hjnnを記憶部11に記憶して、記憶部11のメモリ容量を削減しつつ、この個別設定変更情報Hja1〜Hjan、・・・、Hjn1〜Hjnnを参照して、ユーザが過去に設定した機能設定の変更情報である個別設定変更情報Hja1〜Hjan、・・・、Hjn1〜Hjnnを反映した機能設定を行うことができ、メモリ容量を削減して、安価にかつ各ユーザに適切な機能設定を簡単に行うことができる。

0039

また、本実施例の画像形成装置1は、履歴参照画面Grに表示する機能変更履歴がユーザによって選択されると、該機能変更履歴を反映された機能情報を生成している。

0040

したがって、設定変更にかかるユーザの負担を軽減することができる。

0041

さらに、本実施例の画像形成装置1は、コントローラ2が、履歴参照画面Grにおいて、個別設定変更情報Hja1〜Hjan、・・・、Hjn1〜Hjnnを、実行時刻(時系列情報)ta1〜tan、・・・、tan1〜tnnに基づいて最新の個別設定変更情報Hja1〜Hjan、・・・、Hjn1〜Hjnnから優先的にディスプレイ22に表示させている。

0042

したがって、ユーザに取って利用した最新の機能設定を優先して参照して、目的の個別設定変更情報Hja1〜Hjan、・・・、Hjn1〜Hjnnを速やかにかつ容易に見つけ出すことができ、利用性を向上させることができる。

0043

図8及び図9は、本発明の機能設定装置、画像形成装置、機能設定方法、機能設定プログラム及び記録媒体の第2実施例を示す図である。

0044

本実施例は、第1実施例と同様の画像形成装置1に適用したものであり、本実施例の説明においては、第1実施例の説明で用いた符号をそのまま用いて説明する。

0045

本実施例は、機能設定画面から機能履歴参照を行うと、該機能の機能IDを有する機能設定履歴のみを表示して機能設定を可能とする。

0046

すなわち、画像形成装置1は、図8に示すように、ユーザがログインすると、コントローラ2が、操作部3のディスプレイ22に、図4に示したログイン初期画面G1を表示させ、ユーザがログイン初期画面G1で、実行させたい機能、例えば、コピー機能を選択すると(S31)、ログイン初期画面G1から選択された機能、例えば、コピー機能の設定画面であるコピー機能設定画面Gcの表示を要求し(S32)、ディスプレイ22にコピー機能設定画面Gcを表示する(S33)。

0047

ユーザが、このコピー機能設定画面Gcにおいて履歴参照画面呼び出し部Brを選択操作すると(S34)、履歴参照画面呼び出し部Brが、コピー機能設定画面Gcから機能IDを取得し(S35)、取得した機能IDをパラメータとして、現在ログインしているユーザの機能設定変更履歴の表示を履歴参照画面Grに要求する(S36)。

0048

履歴参照画面Grは、受け取った機能IDをパラメータとして、現在ログインしているユーザの機能設定変更履歴を、ユーザ情報管理機能Ykに問い合わせる(S37)、ユーザ情報管理機能部Ykは、現在ログインしているユーザの管理情報Jua〜Junをユーザ管理情報Juから探索して取得する(S38)。ユーザ情報管理機能部Ykは、取得したユーザ管理情報Jua〜Junから、履歴参照画面Grから受信した機能IDを有する設定変更情報Hja1〜Hjan、・・・、Hjn1〜Hjnnを取得し(S39)、取得した設定変更情報Hja1〜Hjan、・・・、Hjn1〜Hjnnを履歴参照画面Grに通知する(S40)。

0049

履歴参照画面Grは、受信した設定変更情報Hja1〜Hjan、・・・、Hjn1〜Hjnnを描画して(S41)、例えば、図9に示すような履歴参照画面Grをディスプレイ22に表示する(S42)。この履歴参照画面Grでは、図9に示すように、既にユーザが選択している機能に関する履歴のみが表示される。

0050

ユーザが、この履歴参照画面Grで機能設定を選択操作すると、機能設定変更内容を機能設定画面であるコピー機能設定画面Gcに通知する(S44)。

0051

コピー機能設定画面Gcは、受信した機能設定変更を機能設定に反映させて(S45)、履歴参照画面Grから機能設定画面であるコピー機能設定画面Gcに表示を要求する(S46)。

0052

コピー機能設定画面Gcは、履歴参照画面Grから表示要求があると、先に設定変更を反映させたコピー機能設定画面Grのうち、機能設定変更のあった設定項目を、強調表示するように描画して(S47)、描画したコピー機能設定画面Grをディスプレイ22に表示する(S48)。

0053

なお、本実施例の場合においても、機能設定変更内容の保存は、第1実施例の図7と同様である。

0054

このように、本実施例の画像形成装置1は、コントローラ2が、ディスプレイ22に機能設定画面Gf、Gc、Gs等を表示している状態で、履歴参照画面呼び出し部Brが操作されて機能変更関連情報の表示要求があると、該機能情報に対応する機能ID(機能特定情報)tia1〜tian、・・・、tin1〜tinnを有する個別設定変更情報(機能変更関連情報)Hja1〜Hjan、・・・、Hjn1〜Hjnnのみをユーザ管理情報Juから取得してディスプレイ22に表示させている。

0055

したがって、ユーザが機能を選択した後に履歴参照画面を呼び出すと、選択した機能の機能IDを有する個別設定変更情報(機能変更関連情報)Hja1〜Hjan、・・・、Hjn1〜Hjnnのみがディスプレイ22に表示され、ユーザの意図が反映された機能選択を速やかにかつ容易に行うことができる。すなわち、ユーザは、使用したい機能が分かっているときには、先にその機能を選択することで、過去の設定変更履歴の再利用をより一層容易にかつ適切に行うことができる。

0056

図10及び図11は、本発明の機能設定装置、画像形成装置、機能設定方法、機能設定プログラム及び記録媒体の第3実施例を示す図である。

0057

本実施例は、第1実施例と同様の画像形成装置1に適用したものであり、本実施例の説明においては、第1実施例の説明で用いた符号をそのまま用いて説明する。

0058

本実施例は、履歴参照画面Grが表示する機能を呼び出すための機能選択機能を搭載し、該機能選択機能で選択された機能の機能IDを有する機能変更情報(機能変更履歴)のみを表示する。

0059

すなわち、画像形成装置1は、操作部3の記憶部23に格納されている履歴参照画面Grの一機能として、図10に示すような機能選択機能Kkを搭載し、履歴参照画面Grに機能変更情報を表示させる機能を選択することができる。図10では、コピー機能、SCAN・メール送信、SCAN・SMB送信、SCAN・蓄積文書、FAX送信の各機能を選択することができることが示されている。また、図10では、履歴参照画面Grに、それぞれの機能変更情報の項目毎に、該機能変更後の設定内容で実行した処理における画像のサムネイル画像が表示されている状態を示している。

0060

そして、コントローラ2は、図11に示すように、履歴参照画面Grで、機能選択機能Kkが操作されて、目的とする機能が選択操作されると(S51)、機能選択機能Kkが、履歴参照画面Grに対して、選択された機能の機能IDをパラメータとして、表示要求を行う(S52)。

0061

履歴参照画面Grは、機能選択機能Kkから受信した機能IDをパラメータとして、現在ログインしているユーザの設定変更履歴の問い合わせをユーザ情報管理機能Ykに対して行なう(S53)。

0062

ユーザ情報管理機能Ykは、設定変更履歴の問い合わせがあると、現在ログインしているユーザの管理情報Jua〜Junをユーザ管理情報Ju検索して取得し(S54)、取得したユーザ管理情報Jua〜Junから受信した機能IDを保持する設定変更履歴(設定変更情報)のみを取得して(S55)、取得した設定変更履歴情報を履歴参照画面Grに通知する(S56)。

0063

そして、ユーザ管理情報Juは、設定変更履歴として、実行時に使用、または、作成されたサムネイル画像をも保持しており、ユーザ情報管理機能Ykは、設定変更履歴と対応付けられている画像のサムネイル画像も取得する。ユーザ情報管理機能Ykは、取得した設定変更履歴及びサムネイル画像を履歴参照画面Grに渡す。

0064

履歴参照画面Grは、ユーザ情報管理機能Ykから受信した設定変更履歴及びサムネイル画像を描画し(S57)、描画した設定変更履歴及びサムネイル画像を履歴参照画面Grとしてディスプレイ22に表示することで、履歴参照画面Grを更新する(S58)。

0065

このように、本実施例の画像形成装置1は、履歴参照画面Grに機能選択機能Kkを搭載して、該履歴参照画面Grに表示されている個別設定変更情報(機能変更関連情報)Hja1〜Hjan、・・・、Hjn1〜Hjnnに関連する機能が選択されると、コントローラ2が、機能選択機能Kkで選択された機能に対応する機能IDtia1〜tian、・・・、tin1〜tinnを有する個別設定変更情報Hja1〜Hjan、・・・、Hjn1〜Hjnnのみをユーザ管理情報Juから取得してディスプレイ22に表示させている。

0066

したがって、ユーザの意図する個別設定変更情報Hja1〜Hjan、・・・、Hjn1〜Hjnnを速やかに選択して、選択した個別設定変更情報Hja1〜Hjan、・・・、Hjn1〜Hjnnの反映された機能を生成することができ、利用性をより一層向上させることができる。

0067

また、上記各実施例においては、個別設定変更情報Hja1〜Hjan、・・・、Hjn1〜Hjnnを、該個別設定変更情報Hja1〜Hjan、・・・、Hjn1〜Hjnnに対応する機能情報に反映させて変更後機能情報を生成するとともに、該個別設定変更情報Hja1〜Hjan、・・・、Hjn1〜Hjnnによって反映された機能項目部分を強調している。

0068

したがって、機能の変更部分をユーザが適切かつ確実に認識することができ、利用性をより一層向上させることができる。

0069

また、上記各実施例においては、個別設定変更情報Hja1〜Hjan、・・・、Hjn1〜Hjnnとして、コントローラ2が実行した機能処理に関連するデータのサムネイル画像をも取得して、ユーザ管理情報Juに記憶し、履歴参照画面Grにおいて、サムネイル画像をも表示している。

0070

したがって、ユーザが、何のために使用した機能設定であるかを容易に認識することができ、意図する機能設定をより一層速やかに勝つ適切に選択することができる。その結果、利用性をより一層向上させることができる。

0071

なお、上記各実施例においては、画像形成装置1に適用した場合について説明したが、コンピュータ、スキャナ装置等の各種機能動作を設定に応じて実行する装置一般に適用することができる。

実施例

0072

以上、本発明者によってなされた発明を好適な実施例に基づき具体的に説明したが、本発明は上記実施例で説明したものに限定されるものではなく、その要旨を逸脱しない範囲で種々変更可能であることはいうまでもない。

0073

本発明は、機能の設定操作を容易にする機能設定装置、該機能設定装置を搭載する複合装置等の画像形成装置、機能設定方法、機能設定プログラム及び記録媒体に利用することができる。

0074

1画像形成装置
2コントローラ
3 操作部
4エンジン
11 記憶部
Juユーザ管理情報
Jua〜Jun ユーザ管理情報
Kja〜Kjn権限管理情報
Uja〜UjnUI設定情報
Hja〜Hjn設定変更情報
Uj UI設定情報
Uja1〜Ujan、・・・、Ujb1〜UjbnUI設定内容情報
Hj 設定変更情報
Hja1〜Hjan、・・・、Hjn1〜Hjnn個別設定変更情報
ta1〜tan、・・・、tn1〜tnn 実行時間
Hta11〜Htann、・・・、Htn11〜Htnnn設定変更
tia1〜tian、・・・、tin1〜tinn 機能ID
21キー
22ディスプレイ
23 記憶部
FgFAX機能設定画面データ
Cgコピー機能設定画面データ
Sgスキャナ機能設定画面データ
Rg履歴参照画面
Rr 履歴参照画面呼び出し部

先行技術

0075

特開2007−251432号公報
特開2009−201134号公報

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • シチズン時計株式会社の「 プリンタ」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】 ファンで発生した風を無駄なくサーマルヘッドの狙いの位置に当てることができるプリンタを提供する。【解決手段】 ケース2の縦壁に配置されるファン41と、ケース2の開口部2aを開閉するカバー(... 詳細

  • 東芝テック株式会社の「 画像処理装置および画像処理方法」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】 本発明が解決しようとする課題は、所定の条件を満たした場合に宛先やアドレスを全桁表示することで適切な宛先を選択できるようにすることである。【解決手段】 上記課題を解決するために、本実施形態... 詳細

  • セイコーエプソン株式会社の「 記録装置」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】筐体の上部を開閉するスキャナーに設けられたパネルをチルトさせたままスキャナーを開くと、パネルが見え難く操作性が低下する場合がある。【解決手段】プリンター1は、パネルユニット13を第1姿勢にする... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ