図面 (/)

技術 映像系加入者線終端装置の遠隔設定システム、映像系加入者線終端装置の遠隔監視システム、映像系加入者線終端装置、データ系加入者線端局装置、映像系加入者線終端装置の遠隔設定方法及び映像系加入者線終端装置の遠隔監視方法

出願人 日本電信電話株式会社
発明者 山崎仁安原夏樹藤本幸洋
出願日 2010年7月6日 (9年2ヶ月経過) 出願番号 2010-154336
公開日 2012年1月26日 (7年7ヶ月経過) 公開番号 2012-019296
状態 特許登録済
技術分野 小規模ネットワーク(3)ループ,バス以外 光通信システム
主要キーワード 設定内容データ 電気変換機 電源ポート 遠隔設定 故障修理 UNIポート 波長分岐 警報内容
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2012年1月26日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (10)

課題

本発明は、映像系加入者線終端装置遠隔設定及び遠隔監視を実行し、映像系加入者線終端装置の効率的な運用を可能とする技術を提供することを目的とする。

解決手段

本発明は、D−OLT1と、V−OLT2と、データ系信号をD−OLT1との間で送受信するD−PON機能部32と、映像系信号をV−OLT2から受信し、自己設定内容を示すデータの送受信又は自己の警報内容を示すデータの送信を、D−PON機能部32を介してD−OLT1との間で実行するV機能部33と、を備えることを特徴とする映像系加入者線終端装置の遠隔設定システム又は遠隔監視システムである。

概要

背景

光加入者システムは、加入者線端局装置(OLT)及び加入者線終端装置(ONU)の間の通信制御プロトコル等が標準化されたEPONシステム映像配信システム並びにIEEE802.3ahによる物理インタフェースを、同一の光ファイバに収容したシステムである。光加入者システムは、データ系加入者線端局装置(D−OLT)及び映像系加入者線端局装置(V−OLT)を電話局等に備え、ONUをユーザ宅内やユーザビル構内等に備える。D−OLTは、上位ネットワークに接続され、データ系信号をONUとの間で送受信する。V−OLTは、映像配信キャリアに接続され、映像系信号をONUに送信する。ONUは、ユーザ端末に接続され、データ系信号をD−OLTとの間で送受信し、映像系信号をV−OLTから受信する。ここで、データ系信号とは、イーサネット登録商標フレーム集合体を意味する。

図1は、ポイントツーポイントの光加入者システムを示す図である。図1の光加入者システムは、上位ネットワークN、映像配信キャリアC、ユーザ端末T、光ファイバF、光スプリッタS、D−OLT1、V−OLT2及びONU3から構成される。D−OLT1及びV−OLT2は、ONU3とポイントツーポイントで接続される。図2は、ポイントツーマルチポイントの光加入者システムを示す図である。図2の光加入者システムは、上位ネットワークN、映像配信キャリアC、ユーザ端末T−1、T−2、・・・、T−N、光ファイバF、光スプリッタS、D−OLT1、V−OLT2及びONU3−1、3−2、・・・、3−Nから構成される。D−OLT1及びV−OLT2は、ONU3−1、3−2、・・・、3−Nとポイントツーマルチポイントで接続される。

概要

本発明は、映像系加入者線終端装置遠隔設定及び遠隔監視を実行し、映像系加入者線終端装置の効率的な運用を可能とする技術を提供することを目的とする。本発明は、D−OLT1と、V−OLT2と、データ系信号をD−OLT1との間で送受信するD−PON機能部32と、映像系信号をV−OLT2から受信し、自己設定内容を示すデータの送受信又は自己の警報内容を示すデータの送信を、D−PON機能部32を介してD−OLT1との間で実行するV機能部33と、を備えることを特徴とする映像系加入者線終端装置の遠隔設定システム又は遠隔監視システムである。

目的

本発明は、映像系加入者線終端装置の遠隔設定及び遠隔監視を実行し、映像系加入者線終端装置の効率的な運用を可能とする技術を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

データ系加入者線端局装置と、映像系加入者線端局装置と、データ系信号を前記データ系加入者線端局装置との間で送受信するデータ系加入者線終端装置と、映像系信号を前記映像系加入者線端局装置から受信し、自己設定内容を示すデータの送信及び受信のうち少なくともいずれかを前記データ系加入者線終端装置を介して前記データ系加入者線端局装置との間で実行する映像系加入者線終端装置と、を備えることを特徴とする映像系加入者線終端装置の遠隔設定システム

請求項2

データ系加入者線端局装置と、映像系加入者線端局装置と、データ系信号を前記データ系加入者線端局装置との間で送受信するデータ系加入者線終端装置と、映像系信号を前記映像系加入者線端局装置から受信し、自己の警報内容を示すデータの送信を前記データ系加入者線終端装置を介して前記データ系加入者線端局装置との間で実行する映像系加入者線終端装置と、を備えることを特徴とする映像系加入者線終端装置の遠隔監視システム

請求項3

映像系加入者線終端装置であって、映像系信号を映像系加入者線端局装置から受信する映像系信号受信部と、前記映像系加入者線終端装置の設定内容を示すデータの送信及び受信のうち少なくともいずれかをデータ系加入者線終端装置を介してデータ系加入者線端局装置との間で実行する設定内容データ通信部と、を備えることを特徴とする映像系加入者線終端装置。

請求項4

映像系加入者線終端装置であって、映像系信号を映像系加入者線端局装置から受信する映像系信号受信部と、前記映像系加入者線終端装置の警報内容を示すデータの送信をデータ系加入者線終端装置を介してデータ系加入者線端局装置との間で実行する警報内容データ送信部と、を備えることを特徴とする映像系加入者線終端装置。

請求項5

データ系信号をデータ系加入者線終端装置との間で送受信するデータ系信号送受信部と、映像系加入者線終端装置の設定内容を示すデータの送信及び受信のうち少なくともいずれかを前記データ系加入者線終端装置を介して前記映像系加入者線終端装置との間で実行する設定内容データ通信部と、を備えることを特徴とするデータ系加入者線端局装置。

請求項6

データ系信号をデータ系加入者線終端装置との間で送受信するデータ系信号送受信部と、映像系加入者線終端装置の警報内容を示すデータの受信を前記データ系加入者線終端装置を介して前記映像系加入者線終端装置との間で実行する警報内容データ受信部と、を備えることを特徴とするデータ系加入者線端局装置。

請求項7

データ系加入者線端局装置において、映像系加入者線終端装置の設定内容を示すデータをデータ系加入者線終端装置に送信する設定内容データ下り送信テップと、前記データ系加入者線終端装置において、前記映像系加入者線終端装置の設定内容を示すデータを前記映像系加入者線終端装置に中継する設定内容データ下り中継ステップと、前記映像系加入者線終端装置において、自己の設定内容を示すデータを前記データ系加入者線終端装置から受信する設定内容データ下り受信ステップと、を順に備えることを特徴とする映像系加入者線終端装置の遠隔設定方法。

請求項8

前記設定内容データ下り送信ステップでは、前記データ系加入者線端局装置において、前記映像系加入者線終端装置の設定内容を示すデータを含むOAMフレームを作成し前記データ系加入者線終端装置に送信し、前記設定内容データ下り中継ステップでは、前記データ系加入者線終端装置において、前記映像系加入者線終端装置の設定内容を示すデータを含むOAMフレームを解析することを特徴とする請求項7に記載の映像系加入者線終端装置の遠隔設定方法。

請求項9

映像系加入者線終端装置において、自己の設定内容を示すデータをデータ系加入者線終端装置に送信する設定内容データ上り送信ステップと、前記データ系加入者線終端装置において、前記映像系加入者線終端装置の設定内容を示すデータを前記データ系加入者線端局装置に中継する設定内容データ上り中継ステップと、前記データ系加入者線端局装置において、前記映像系加入者線終端装置の設定内容を示すデータを前記データ系加入者線終端装置から受信する設定内容データ上り受信ステップと、を順に備えることを特徴とする映像系加入者線終端装置の遠隔設定方法。

請求項10

前記設定内容データ上り中継ステップでは、前記データ系加入者線終端装置において、前記映像系加入者線終端装置の設定内容を示すデータを含むOAMフレームを作成し、前記データ系加入者線端局装置に送信し、前記設定内容データ上り受信ステップでは、前記データ系加入者線端局装置において、前記映像系加入者線終端装置の設定内容を示すデータを含むOAMフレームを解析することを特徴とする請求項9に記載の映像系加入者線終端装置の遠隔設定方法。

請求項11

映像系加入者線終端装置において、自己の警報内容を示すデータをデータ系加入者線終端装置に送信する警報内容データ送信ステップと、前記データ系加入者線終端装置において、前記映像系加入者線終端装置の警報内容を示すデータを前記データ系加入者線端局装置に中継する警報内容データ中継ステップと、前記データ系加入者線端局装置において、前記映像系加入者線終端装置の警報内容を示すデータを前記データ系加入者線終端装置から受信する警報内容データ受信ステップと、を順に備えることを特徴とする映像系加入者線終端装置の遠隔監視方法

請求項12

前記警報内容データ中継ステップでは、前記データ系加入者線終端装置において、前記映像系加入者線終端装置の警報内容を示すデータを含むOAMフレームを作成し前記データ系加入者線端局装置に送信し、前記警報内容データ受信ステップでは、前記データ系加入者線端局装置において、前記映像系加入者線終端装置の警報内容を示すデータを含むOAMフレームを解析することを特徴とする請求項11に記載の映像系加入者線終端装置の遠隔監視方法。

技術分野

0001

本発明は、映像系加入者線終端装置遠隔設定及び遠隔監視を実行する技術に関する。

背景技術

0002

光加入者システムは、加入者線端局装置(OLT)及び加入者線終端装置(ONU)の間の通信制御プロトコル等が標準化されたEPONシステム映像配信システム並びにIEEE802.3ahによる物理インタフェースを、同一の光ファイバに収容したシステムである。光加入者システムは、データ系加入者線端局装置(D−OLT)及び映像系加入者線端局装置(V−OLT)を電話局等に備え、ONUをユーザ宅内やユーザビル構内等に備える。D−OLTは、上位ネットワークに接続され、データ系信号をONUとの間で送受信する。V−OLTは、映像配信キャリアに接続され、映像系信号をONUに送信する。ONUは、ユーザ端末に接続され、データ系信号をD−OLTとの間で送受信し、映像系信号をV−OLTから受信する。ここで、データ系信号とは、イーサネット登録商標フレーム集合体を意味する。

0003

図1は、ポイントツーポイントの光加入者システムを示す図である。図1の光加入者システムは、上位ネットワークN、映像配信キャリアC、ユーザ端末T、光ファイバF、光スプリッタS、D−OLT1、V−OLT2及びONU3から構成される。D−OLT1及びV−OLT2は、ONU3とポイントツーポイントで接続される。図2は、ポイントツーマルチポイントの光加入者システムを示す図である。図2の光加入者システムは、上位ネットワークN、映像配信キャリアC、ユーザ端末T−1、T−2、・・・、T−N、光ファイバF、光スプリッタS、D−OLT1、V−OLT2及びONU3−1、3−2、・・・、3−Nから構成される。D−OLT1及びV−OLT2は、ONU3−1、3−2、・・・、3−Nとポイントツーマルチポイントで接続される。

先行技術

0004

特開2009−296336号公報

発明が解決しようとする課題

0005

特許文献1が開示する光加入者システムでは、データ系加入者線終端装置(D−ONU)及び映像系加入者線終端装置(V−ONU)は、それぞれ独立のONUである。ここで、D−OLTは、データ系信号をD−ONUとの間で送受信するが、V−OLTは、映像系信号をV−ONUに送信するのみであり、データ系信号をV−ONUとの間で送受信しない。よって、D−OLTは、データ系信号によるD−ONUの遠隔設定及び遠隔監視を実行することができるが、V−OLTは、データ系信号によるV−ONUの遠隔設定及び遠隔監視を実行することができない。そこで、V−ONUの設定についてはお客様宅にて対応しており、V−ONUの監視については対応しておらず、通信事業者はお客様から故障情報を得た後にお客様宅にて故障修理を行う非効率的な運用を求められている。

0006

そこで、前記課題を解決するために、本発明は、映像系加入者線終端装置の遠隔設定及び遠隔監視を実行し、映像系加入者線終端装置の効率的な運用を可能とする技術を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0007

上記目的を達成するために、映像系加入者線終端装置が、データ系加入者線終端装置を介してデータ系加入者線端局装置の間で、自己設定内容を示すデータの送受信を実行するようにした。映像系加入者線終端装置が、データ系加入者線終端装置を介してデータ系加入者線端局装置の間で、自己の警報内容を示すデータの送信を実行するようにした。

0008

具体的には、本発明は、データ系加入者線端局装置と、映像系加入者線端局装置と、データ系信号を前記データ系加入者線端局装置との間で送受信するデータ系加入者線終端装置と、映像系信号を前記映像系加入者線端局装置から受信し、自己の設定内容を示すデータの送信及び受信のうち少なくともいずれかを前記データ系加入者線終端装置を介して前記データ系加入者線端局装置との間で実行する映像系加入者線終端装置と、を備えることを特徴とする映像系加入者線終端装置の遠隔設定システムである。

0009

この構成によれば、データ系加入者線終端装置を介して、映像系加入者線終端装置の遠隔設定をデータ系加入者線端局装置から実行することができ、映像系加入者線終端装置の設定内容をデータ系加入者線端局装置に送信することができる。

0010

また、本発明は、データ系加入者線端局装置と、映像系加入者線端局装置と、データ系信号を前記データ系加入者線端局装置との間で送受信するデータ系加入者線終端装置と、映像系信号を前記映像系加入者線端局装置から受信し、自己の警報内容を示すデータの送信を前記データ系加入者線終端装置を介して前記データ系加入者線端局装置との間で実行する映像系加入者線終端装置と、を備えることを特徴とする映像系加入者線終端装置の遠隔監視システムである。

0011

この構成によれば、データ系加入者線終端装置を介して、映像系加入者線終端装置の遠隔監視をデータ系加入者線端局装置から実行することができる。

0012

また、本発明は、映像系加入者線終端装置であって、映像系信号を映像系加入者線端局装置から受信する映像系信号受信部と、前記映像系加入者線終端装置の設定内容を示すデータの送信及び受信のうち少なくともいずれかをデータ系加入者線終端装置を介してデータ系加入者線端局装置との間で実行する設定内容データ通信部と、を備えることを特徴とする映像系加入者線終端装置である。

0013

この構成によれば、データ系加入者線終端装置を介して、映像系加入者線終端装置の遠隔設定をデータ系加入者線端局装置から実行することができ、映像系加入者線終端装置の設定内容をデータ系加入者線端局装置に送信することができる。

0014

また、本発明は、映像系加入者線終端装置であって、映像系信号を映像系加入者線端局装置から受信する映像系信号受信部と、前記映像系加入者線終端装置の警報内容を示すデータの送信をデータ系加入者線終端装置を介してデータ系加入者線端局装置との間で実行する警報内容データ送信部と、を備えることを特徴とする映像系加入者線終端装置である。

0015

この構成によれば、データ系加入者線終端装置を介して、映像系加入者線終端装置の遠隔監視をデータ系加入者線端局装置から実行することができる。

0016

また、本発明は、データ系信号をデータ系加入者線終端装置との間で送受信するデータ系信号送受信部と、映像系加入者線終端装置の設定内容を示すデータの送信及び受信のうち少なくともいずれかを前記データ系加入者線終端装置を介して前記映像系加入者線終端装置との間で実行する設定内容データ通信部と、を備えることを特徴とするデータ系加入者線端局装置である。

0017

この構成によれば、データ系加入者線終端装置を介して、映像系加入者線終端装置の遠隔設定をデータ系加入者線端局装置から実行することができ、映像系加入者線終端装置の設定内容をデータ系加入者線端局装置に送信することができる。

0018

また、本発明は、データ系信号をデータ系加入者線終端装置との間で送受信するデータ系信号送受信部と、映像系加入者線終端装置の警報内容を示すデータの受信を前記データ系加入者線終端装置を介して前記映像系加入者線終端装置との間で実行する警報内容データ受信部と、を備えることを特徴とするデータ系加入者線端局装置である。

0019

この構成によれば、データ系加入者線終端装置を介して、映像系加入者線終端装置の遠隔監視をデータ系加入者線端局装置から実行することができる。

0020

また、本発明は、データ系加入者線端局装置において、映像系加入者線終端装置の設定内容を示すデータをデータ系加入者線終端装置に送信する設定内容データ下り送信テップと、前記データ系加入者線終端装置において、前記映像系加入者線終端装置の設定内容を示すデータを前記映像系加入者線終端装置に中継する設定内容データ下り中継ステップと、前記映像系加入者線終端装置において、自己の設定内容を示すデータを前記データ系加入者線終端装置から受信する設定内容データ下り受信ステップと、を順に備えることを特徴とする映像系加入者線終端装置の遠隔設定方法である。

0021

この構成によれば、データ系加入者線終端装置を介して、映像系加入者線終端装置の遠隔設定をデータ系加入者線端局装置から実行することができる。

0022

また、本発明は、前記設定内容データ下り送信ステップでは、前記データ系加入者線端局装置において、前記映像系加入者線終端装置の設定内容を示すデータを含むOAMフレームを作成し前記データ系加入者線終端装置に送信し、前記設定内容データ下り中継ステップでは、前記データ系加入者線終端装置において、前記映像系加入者線終端装置の設定内容を示すデータを含むOAMフレームを解析することを特徴とする映像系加入者線終端装置の遠隔設定方法である。

0023

この構成によれば、OAMフレームを利用することにより、データ系加入者線終端装置を介して、映像系加入者線終端装置の遠隔設定をデータ系加入者線端局装置から実行することができる。

0024

また、本発明は、映像系加入者線終端装置において、自己の設定内容を示すデータをデータ系加入者線終端装置に送信する設定内容データ上り送信ステップと、前記データ系加入者線終端装置において、前記映像系加入者線終端装置の設定内容を示すデータを前記データ系加入者線端局装置に中継する設定内容データ上り中継ステップと、前記データ系加入者線端局装置において、前記映像系加入者線終端装置の設定内容を示すデータを前記データ系加入者線終端装置から受信する設定内容データ上り受信ステップと、を順に備えることを特徴とする映像系加入者線終端装置の遠隔設定方法である。

0025

この構成によれば、データ系加入者線終端装置を介して、映像系加入者線終端装置の設定内容をデータ系加入者線端局装置に送信することができる。

0026

また、本発明は、前記設定内容データ上り中継ステップでは、前記データ系加入者線終端装置において、前記映像系加入者線終端装置の設定内容を示すデータを含むOAMフレームを作成し、前記データ系加入者線端局装置に送信し、前記設定内容データ上り受信ステップでは、前記データ系加入者線端局装置において、前記映像系加入者線終端装置の設定内容を示すデータを含むOAMフレームを解析することを特徴とする映像系加入者線終端装置の遠隔設定方法である。

0027

この構成によれば、OAMフレームを利用することにより、データ系加入者線終端装置を介して、映像系加入者線終端装置の設定内容をデータ系加入者線端局装置に送信することができる。

0028

また、本発明は、映像系加入者線終端装置において、自己の警報内容を示すデータをデータ系加入者線終端装置に送信する警報内容データ送信ステップと、前記データ系加入者線終端装置において、前記映像系加入者線終端装置の警報内容を示すデータを前記データ系加入者線端局装置に中継する警報内容データ中継ステップと、前記データ系加入者線端局装置において、前記映像系加入者線終端装置の警報内容を示すデータを前記データ系加入者線終端装置から受信する警報内容データ受信ステップと、を順に備えることを特徴とする映像系加入者線終端装置の遠隔監視方法である。

0029

この構成によれば、データ系加入者線終端装置を介して、映像系加入者線終端装置の遠隔監視をデータ系加入者線端局装置から実行することができる。

0030

また、本発明は、前記警報内容データ中継ステップでは、前記データ系加入者線終端装置において、前記映像系加入者線終端装置の警報内容を示すデータを含むOAMフレームを作成し前記データ系加入者線端局装置に送信し、前記警報内容データ受信ステップでは、前記データ系加入者線端局装置において、前記映像系加入者線終端装置の警報内容を示すデータを含むOAMフレームを解析することを特徴とする映像系加入者線終端装置の遠隔監視方法である。

0031

この構成によれば、OAMフレームを利用することにより、データ系加入者線終端装置を介して、映像系加入者線終端装置の遠隔監視をデータ系加入者線端局装置から実行することができる。

発明の効果

0032

本発明は、映像系加入者線終端装置の遠隔設定及び遠隔監視を実行し、映像系加入者線終端装置の効率的な運用を可能とする技術を提供することができる。

図面の簡単な説明

0033

ポイントツーポイントの光加入者システムを示す図である。
ポイントツーマルチポイントの光加入者システムを示す図である。
本発明の光加入者システムを示す図である。
本発明の共通実装機能部を示す図である。
本発明のD−PON機能部を示す図である。
本発明のV機能部を示す図である。
本発明のV−ONUの遠隔設定方法を示す図である。
本発明のV−ONUの遠隔監視方法を示す図である。
本発明のV−ONUの遠隔設定方法及び遠隔監視方法を示す図である。

実施例

0034

添付の図面を参照して本発明の実施形態を説明する。以下に説明する実施形態は本発明の実施の例であり、本発明は以下の実施形態に制限されるものではない。なお、本明細書及び図面において符号が同じ構成要素は、相互に同一のものを示すものとする。

0035

本発明においても従来技術と同様に、図1のポイントツーポイントの光加入者システム及び図2のポイントツーマルチポイントの光加入者システムを適用することができる。図3は、本発明の光加入者システムを示す図である。図3の光加入者システムは、制御端末TC、ユーザデータ情報端末TD、テレビ受像機TV、光ファイバF、光スプリッタS、D−OLT1、V−OLT2及びONU3から構成される。ONU3は、共通実装機能部31、D−PON機能部32、V機能部33、PON−IFポート34、UNIポート35及びRF−OUT36から構成される。

0036

共通実装機能部31は、データ系及び映像系に共通の処理を実行し、PON−IFポート34をインタフェースとして上り方向の光ファイバF及び光スプリッタSに接続される。D−PON機能部32は、データ系に特有の処理を実行し、UNIポート35をインタフェースとしてユーザデータ情報端末TDに接続される。V機能部33は、映像系に特有の処理を実行し、RF−OUT36をインタフェースとしてテレビ受像機TVに接続される。制御端末TCは、D−OLT1に接続され、D−PON機能部32及びV機能部33を制御する。D−PON機能部32は、データ系加入者線終端装置として機能し、V機能部33は、映像系加入者線終端装置として機能する。

0037

図4は、本発明の共通実装機能部を示す図である。図4の共通実装機能部31は、光送受信部311、波長分岐部312、電源部313及び電源ポート314から構成される。

0038

光送受信部311は、D−OLT1との間でデータ系信号を送受信し、V−OLT2との間で映像系信号を受信する。波長分岐部312は、データ系信号及び映像系信号を分岐し、D−PON機能部32内の後述のPMD機能部321との間でデータ系信号を送受信し、V機能部33内の後述の光/電気変換機能部331との間で映像系信号を送信する。電源部313は、D−PON機能部32内及びV機能部33内の後述の各機能部に電源を供給し、電源ポート314をインタフェースとして不図示の電源に接続される。

0039

図5は、本発明のD−PON機能部を示す図である。図5のD−PON機能部32は、PMD機能部321、UNIポート機能部322、OAM機能部323、保守機能部324、認証機能部325、ブリッジVLAN機能部326、暗号化/復号化機能部327、MAC Controlクライアント機能部328、MPCP機能部329及びRS/PCS/PMA機能部330から構成される。D−PON機能部32内の各機能部は、共通実装機能部31内の電源部313から電源を供給される。

0040

PMD機能部321は、共通実装機能部31内の波長分岐部312との間でデータ系信号を送受信する。UNIポート機能部322は、ユーザデータ情報端末TDとの間でデータ系信号を送受信する。OAM機能部323は、IEEE802.3ah標準で規定されたD−OLT1及びD−PON機能部32の間における通信制御用のOAMフレームを生成及び解析する。保守機能部324は、ONU3のIPアドレス、暗号のON/OFF設定値警報発生中の警報内容及び警報発生時に警報内容をD−OLT1に通知するかどうかを規定する設定値等を保持する。D−PON機能部32の保守機能部324は、V機能部33の後述の保守機能部335と接続される。

0041

認証機能部325は、データへのアクセスに対する認証を実行する。ブリッジ/VLAN機能部326は、IEEE802.1Dで規定されているブリッジ機能及びIEEE802.1Qで規定されているVLAN機能を提供する。暗号化/復号化機能部327は、データの暗号化/復号化を実行する。MAC Controlクライアント機能部328は、P2MPディスカバリによる通信リンク確立上り信号制御を行う。MPCP機能部329は、D−PON機能部32がD−OLT1に送信するデータの容量を制御する。RS/PCS/PMA機能部330は、OLT及びONUの間のイーサネット(登録商標)フレームを識別するためのプリアンブルの識別子の埋め込みやデータの符号化を行う。

0042

図6は、本発明のV機能部を示す図である。図6のV機能部33は、光/電気変換機能部331、復調機能部332、電気増幅機能部333、監視機能部334及び保守機能部335から構成される。V機能部33内の各機能部は、共通実装機能部31内の電源部313から電源を供給される。光/電気変換機能部331、復調機能部332及び電気増幅機能部333は、映像系信号受信部として機能し、保守機能部335は、設定内容データ通信部及び警報内容データ送信部として機能する。

0043

光/電気変換機能部331は、共通実装機能部31内の波長分岐部312との間で映像系信号を受信し、光信号電気信号に変換する。復調機能部332は、映像系信号を復調する。電気増幅機能部333は、映像系信号を増幅し、テレビ受像機TVとの間で映像系信号を送信する。監視機能部334は、光/電気変換機能部331、復調機能部332及び電気増幅機能部333に異常がないかどうかを監視する。

0044

保守機能部335は、映像視聴可否設定値及び電気増幅機能の増幅レベル値等のV機能部33に関する設定値、RF−OUT信号の異常を通知するOUT警報情報、映像系光入力断の警報情報、映像系装置故障等の警報情報、警報発生時に警報内容をD−OLT1に通知するかどうかを規定する設定値並びに光入力レベル値等を保持する。V機能部33の保守機能部335は、D−PON機能部32の保守機能部324と接続され、D−PON機能部32の保守機能部324との間でV機能部33の設定情報入出力し、D−PON機能部32の保守機能部324との間でV機能部33の警報情報を出力する。

0045

図7は、本発明のV−ONUの遠隔設定方法を示す図である。D−OLT1の不図示のデータ系信号送受信部及び設定内容データ通信部は、OAMフレームを送信し、D−PON機能部32のPMD機能部321は、OAMフレームを受信する(設定内容データ下り送信ステップ、ステップS11)。

0046

D−PON機能部32のOAM機能部323は、OAMフレームを解析する(ステップS12)。D−PON機能部32のOAM機能部323は、OAMフレームがV機能に関するものであるとき(ステップS12においてYES)、D−PON機能部32の保守機能部324を介して、V機能部33の保守機能部335にOAMフレームの内容を処理させる(設定内容データ下り中継ステップ及び設定内容データ下り受信ステップ、ステップS13〜ステップS18)。D−PON機能部32のOAM機能部323は、OAMフレームがD機能に関するものであるとき(ステップS12においてNO)、D−PON機能部32の保守機能部324にOAMフレームの内容を処理させる(ステップS19)。

0047

V機能部33の保守機能部335は、OAMフレームが視聴可否設定に関するものであるとき(ステップS13においてYES)、視聴可否設定を実行する(ステップS14〜ステップS17)。V機能部33の保守機能部335は、OAMフレームが視聴可否設定に関するものでないとき(ステップS13においてNO)、視聴可否設定でないD−OLT1の要求を実行する(ステップS18)。

0048

V機能部33の保守機能部335は、OAMフレームが視聴の有効化に関するものであるとき(ステップS14においてYES)、光/電気変換機能部331を有効化する(ステップS15)。V機能部33の保守機能部335は、OAMフレームが視聴の無効化に関するものであるとき(ステップS14においてNO)、光/電気変換機能部331を無効化する(ステップS16)。

0049

V機能部33の保守機能部335は、D−PON機能部32の保守機能部324を介して、D−PON機能部32のOAM機能部323に設定結果を含むOAMフレームを作成させる。D−PON機能部32のPMD機能部321は、設定結果を含むOAMフレームを送信し(ステップS17)、D−OLT1の不図示の設定内容データ通信部は、設定結果を含むOAMフレームを受信する。

0050

図7を用いて説明したように、D−PON機能部32の保守機能部324及びV機能部33の保守機能部335は接続されているため、V機能部33の設定内容はD−OLT1の制御端末TCからD−PON機能部32を介してV機能部33へと送信される。よって、V機能部33の効率的な遠隔設定を可能とすることができる。

0051

図8は、本発明のV−ONUの遠隔監視方法を示す図である。V機能部33の監視機能部334は、電気増幅機能部333の出力信号閾値以下であり異常信号であることを確認する(ステップS21)。V機能部33の保守機能部335は、異常信号情報を警報情報として保存する(ステップS22)。V機能部33の保守機能部335は、警報情報をD−OLT1に通知するかどうかを規定する設定値を確認する(ステップS23)。

0052

ステップS23の設定値が警報情報をD−OLT1に通知することを規定しているとき(ステップS24においてYES)、V機能部33の保守機能部335は、D−PON機能部32の保守機能部324を介して、D−PON機能部32のOAM機能部323に警報情報を含むOAMフレームを作成させる(警報内容データ送信ステップ)。D−PON機能部32のPMD機能部321は、警報情報を含むOAMフレームを送信し(警報内容データ中継ステップ、ステップS25)、D−OLT1の不図示の警報内容データ受信部は、警報情報を含むOAMフレームを受信する(警報内容データ受信ステップ)。ステップS23の設定値が警報情報をD−OLT1に通知しないことを規定しているとき(ステップS24においてNO)、遠隔監視処理を終了する。

0053

図8を用いて説明したように、D−PON機能部32の保守機能部324及びV機能部33の保守機能部335は接続されているため、V機能部33の警報情報はV機能部33からD−PON機能部32を介してD−OLT1の制御端末TCへと送信される。よって、V機能部33の効率的な遠隔監視を可能とすることができる。

0054

図9は、本発明のV−ONUの遠隔設定方法及び遠隔監視方法を示す図である。D−OLT1の制御端末TCがV機能部33にV機能部33の設定内容及び警報情報を要求し、V機能部33がD−OLT1の制御端末TCにV機能部33の設定内容及び警報情報を通知する点で、図9のV−ONUの遠隔設定方法及び遠隔監視方法は、図7のV−ONUの遠隔設定方法及び図8のV−ONUの遠隔監視方法と異なる。

0055

D−OLT1の不図示のデータ系信号送受信部は、OAMフレームを送信し、D−PON機能部32のPMD機能部321は、OAMフレームを受信する(ステップS31)。D−PON機能部32のOAM機能部323は、OAMフレームを解析する(ステップS32)。D−PON機能部32のOAM機能部323は、OAMフレームがV機能に関するものであるとき(ステップS32においてYES)、D−PON機能部32の保守機能部324を介して、V機能部33の保守機能部335にOAMフレームの内容を処理させる(ステップS33〜ステップS36)。D−PON機能部32のOAM機能部323は、OAMフレームがD機能に関するものであるとき(ステップS32においてNO)、D−PON機能部32の保守機能部324にOAMフレームの内容を処理させる(ステップS37)。

0056

V機能部33の保守機能部335は、OAMフレームが設定内容又は警報情報の取得に関するものであるとき(ステップS33においてYES)、設定内容又は警報情報の通知を実行する(ステップS34、ステップS35)。V機能部33の保守機能部335は、OAMフレームが設定内容又は警報情報の取得に関するものでないとき(ステップS33においてNO)、設定内容又は警報情報の通知でないD−OLT1の要求を実行する(ステップS36)。

0057

V機能部33の保守機能部335は、D−PON機能部32の保守機能部324を介して、D−PON機能部32のOAM機能部323に設定内容又は警報情報を含むOAMフレームを作成させる(設定内容データ上り送信ステップ又は警報内容データ送信ステップ、ステップS34)。D−PON機能部32のPMD機能部321は、設定内容又は警報情報を含むOAMフレームを送信し(設定内容データ上り中継ステップ又は警報内容データ中継ステップ、ステップS35)、D−OLT1の不図示の設定内容データ通信部又は警報内容データ受信部は、設定内容又は警報情報を含むOAMフレームを受信する(設定内容データ上り受信ステップ又は警報内容データ受信ステップ)。

0058

図9を用いて説明したように、D−PON機能部32の保守機能部324及びV機能部33の保守機能部335は接続されている。V機能部33の設定内容又は警報情報は、D−OLT1の制御端末TCからD−PON機能部32を介してV機能部33へと要求され、V機能部33からD−PON機能部32を介してD−OLT1の制御端末TCへと通知される。V機能部33の効率的な遠隔設定又は遠隔監視を可能とすることができる。

0059

V機能部33の警報情報として、図8で説明した映像系信号の異常に関する情報の他に、V機能部33の各機能部の異常に関する情報があげられる。V機能部33の警報情報が映像系信号の異常に関する情報であったとき、D−OLT1の制御端末TCはV−OLT2及び映像配信キャリアCといった上位装置に異常が発生していることを検知できる。V機能部33の警報情報がV機能部33の各機能部の異常に関する情報であったとき、D−OLT1の制御端末TCはV機能部33の各機能部といった下位装置に異常が発生していることを検知できる。このように、異常が発生した箇所の切り分けが容易になる。

0060

データ系システム及び映像系システムは、本実施形態では、同一の光ファイバFに収容されているが、変形例として、異なる光ファイバFに収容されていてもよい。D−PON機能部32及びV機能部33は、本実施形態では、同一のONU3という同一の装置に収容されているが、変形例として、異なる装置に収容されていてもよい。要するに、D−PON機能部32及びV機能部33が接続されていればよい。図7のV−ONUの遠隔設定方法、図8のV−ONUの遠隔監視方法並びに図9のV−ONUの遠隔設定方法及び遠隔監視方法について、本実施形態では、すべてが実行されているが、変形例として、少なくともいずれかが実行されていてもよい。

0061

本発明に係る映像系加入者線終端装置の遠隔設定システム、映像系加入者線終端装置の遠隔監視システム、映像系加入者線終端装置、データ系加入者線端局装置、映像系加入者線終端装置の遠隔設定方法及び映像系加入者線終端装置の遠隔監視方法は、通信媒体を光に限定されない加入者システムに適用することができる。

0062

N:上位ネットワーク
C:映像配信キャリア
T:ユーザ端末
TC:制御端末
TD:ユーザデータ情報端末
TV:テレビ受像機
F:光ファイバ
S:光スプリッタ
1:D−OLT
2:V−OLT
3:ONU
31:共通実装機能部
32:D−PON機能部
33:V機能部
34:PON−IFポート
35:UNIポート
36:RF−OUT
311:光送受信部
312:波長分岐部
313:電源部
314:電源ポート
321:PMD機能部
322:UNIポート機能部
323:OAM機能部
324:保守機能部
325:認証機能部
326:ブリッジ/VLAN機能部
327:暗号化/復号化機能部
328:MAC Controlクライアント機能部
329:MPCP機能部
330:RS/PCS/PMA機能部
331:光/電気変換機能部
332:復調機能部
333:電気増幅機能部
334:監視機能部
335:保守機能部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 三菱電機株式会社の「 光空間通信装置」が 公開されました。( 2019/08/08)

    【課題・解決手段】信号処理部(101e)は、初期捕捉が完了すると、光可変アッテネータ(10−4)および制御信号生成部(10−5)を制御して初期捕捉用光の光パワーを減衰させる。... 詳細

  • 三菱電機株式会社の「 運転制御システムおよび運転支援方法」が 公開されました。( 2019/07/25)

    【課題・解決手段】運転支援部(700)は、運転支援システムの機能である運転支援機能を実行する。第1電子制御装置(401)は、第1センサ(501)を有する。第2電子制御装置(402)は、第2センサ(50... 詳細

  • 三菱電機株式会社の「 マスタ制御装置およびこれを用いた同期通信システム」が 公開されました。( 2019/07/25)

    【課題】ネットワークを介して接続された複数のスレーブ制御装置のタイミング同期を確認できるマスタ制御装置を得る。【解決手段】ネットワークを介して、複数のスレーブ制御装置と接続されたマスタ制御装置110は... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ