図面 (/)

技術 長尺部材の横振動生成方法及び振動部を備えるマイクロデバイス

出願人 国立大学法人山口大学
発明者 江鐘偉森田実モハマドアジョダニアン
出願日 2010年7月1日 (11年4ヶ月経過) 出願番号 2010-150714
公開日 2012年1月19日 (9年10ヶ月経過) 公開番号 2012-011014
状態 特許登録済
技術分野 手術用機器
主要キーワード 微粒粒子 分別部材 往復動部材 集合配管 屈折状態 チューブ状部材 材料密度 弾性体材料
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2012年1月19日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (12)

課題

長尺部材の先端から離れた位置に振動付与手段を配設する場合であっても、該長尺部材の先端が確実に横振動するデバイスを提供する。

解決手段

後方から伝播する縦弾性波の進行方向を前方へ向かう範囲内で変更させて横振動を誘起する振動部が先端に設けられる長尺部材と、該長尺部材の後端に縦弾性波を付与する振動付与手段と、を備えることを特徴とする。

概要

背景

脳梗塞心筋梗塞は命に関わる病気であり、その原因となる脳の血管や心臓冠状動脈等にできた血栓は速やかに除去する必要がある。

従来より、血栓症治療法として、侵襲性が少なくかつ迅速で有効な血栓溶解治療法が注目されており、本件出願人は、先に血栓を効果的に溶解し除去するカテーテルを提案した(特許文献1参照)。

図10は、従来の医療用機器110の使用状況の概略説明図を示す。また、図11は、該医療用機器110のカテーテル111における作動状況の概略説明図を示す。 従来の医療用機器110は、カテーテル111と該カテーテル111に配設される圧電素子112を備えるものである。 そして、該医療用機器110は、血管120内に血栓溶解剤注入しながら前記圧電素子112によって前記カテーテル111の先端を横振動させることで、血栓121を速やかに溶解し除去することができる。

ところで、前記カテーテル111に配設される圧電素子112は、前記医療用機器110の先端側に位置するものであるが、該医療用機器110の先端側は末梢血管内にまで挿入されるため、該圧電素子112のサイズが著しく制限されて大きな出力を得ることができず、前記カテーテル111の先端を十分に横振動させることができない。

そこで、前記カテーテル111を長尺なものとして、圧電素子112を医療用機器110の先端側から遠く離れた位置に配設し、該圧電素子112により前記長尺なカテーテル111の後方横弾性波を与えることで該カテーテル111の先端を横振動させることが考えられる。

ところが、前記長尺となるカテーテル111において、圧電素子112により先端から離れた位置に横弾性波を与えた場合、該カテーテル111を伝播する横弾性波はその伝播途中において当該カテーテル111を内包するチューブ状部材等にエネルギーを吸収されるため、該カテーテル111の先端を十分に横振動させることができないという問題がある。

概要

長尺部材の先端から離れた位置に振動付与手段を配設する場合であっても、該長尺部材の先端が確実に横振動するデバイスを提供する。後方から伝播する縦弾性波の進行方向を前方へ向かう範囲内で変更させて横振動を誘起する振動部が先端に設けられる長尺部材と、該長尺部材の後端に縦弾性波を付与する振動付与手段と、を備えることを特徴とする。

目的

本発明は、長尺部材の先端から離れた位置に振動を付与する場合であっても、該長尺部材の先端を確実に横振動させる方法を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

後方から伝播する縦弾性波の進行方向を外形形状の変化により前方へ向かう範囲内で変更させて先端に横振動誘起する長尺部材の横振動生成方法

請求項2

後方から伝播する縦弾性波の進行方向を前方へ向かう範囲内で変更させて横振動を誘起する振動部が先端に設けられる長尺部材と、該長尺部材の後端に縦弾性波を付与する振動付与手段と、を備えることを特徴とするデバイス

請求項3

前記振動部は、前記長尺部材の外形形状を変化させて形成される反射面により前記縦弾性波の進行方向を変更させる変更部と、当該振動部の先端に位置し前記変更部で進行方向が変更した縦弾性波により横振動が誘起される動作部と、を少なくとも有することを特徴とする請求項2記載のデバイス。

請求項4

前記振動部における前記変更部と前記動作部との間には、前記変更部において進行方向を変更させた縦弾性波を集約する集約部を有することを特徴とする請求項3記載のデバイス。

請求項5

前記動作部は、前記変更部又は前記集約部の外形形状を不連続に拡大してなることを特徴とする請求項3又は4記載のデバイス。

請求項6

前記動作部は、前記変更部における前方端の外形形状を一定のまま延長してなることを特徴とする請求項3記載のデバイス。

請求項7

前記長尺部材はカテーテルであることを特徴とする請求項2乃至6の何れか一項記載のデバイス。

技術分野

0001

本発明は、長尺部材の先端に横振動誘起する長尺部材の横振動生成方法及び長尺部材の先端部に振動部が設けられるデバイスに関し、特に、血管内に付着する血栓生体内に発生する腫瘍等を除去するためのカテーテルを備える医療用マイクロデバイス等、ミクロンオーダーの用途にも用いて好適なデバイスに関する。

背景技術

0002

脳梗塞心筋梗塞は命に関わる病気であり、その原因となる脳の血管や心臓冠状動脈等にできた血栓は速やかに除去する必要がある。

0003

従来より、血栓症治療法として、侵襲性が少なくかつ迅速で有効な血栓溶解治療法が注目されており、本件出願人は、先に血栓を効果的に溶解し除去するカテーテルを提案した(特許文献1参照)。

0004

図10は、従来の医療用機器110の使用状況の概略説明図を示す。また、図11は、該医療用機器110のカテーテル111における作動状況の概略説明図を示す。 従来の医療用機器110は、カテーテル111と該カテーテル111に配設される圧電素子112を備えるものである。 そして、該医療用機器110は、血管120内に血栓溶解剤注入しながら前記圧電素子112によって前記カテーテル111の先端を横振動させることで、血栓121を速やかに溶解し除去することができる。

0005

ところで、前記カテーテル111に配設される圧電素子112は、前記医療用機器110の先端側に位置するものであるが、該医療用機器110の先端側は末梢血管内にまで挿入されるため、該圧電素子112のサイズが著しく制限されて大きな出力を得ることができず、前記カテーテル111の先端を十分に横振動させることができない。

0006

そこで、前記カテーテル111を長尺なものとして、圧電素子112を医療用機器110の先端側から遠く離れた位置に配設し、該圧電素子112により前記長尺なカテーテル111の後方横弾性波を与えることで該カテーテル111の先端を横振動させることが考えられる。

0007

ところが、前記長尺となるカテーテル111において、圧電素子112により先端から離れた位置に横弾性波を与えた場合、該カテーテル111を伝播する横弾性波はその伝播途中において当該カテーテル111を内包するチューブ状部材等にエネルギーを吸収されるため、該カテーテル111の先端を十分に横振動させることができないという問題がある。

先行技術

0008

特開2006−263125号公報

発明が解決しようとする課題

0009

そこで、本発明は、長尺部材の先端から離れた位置に振動を付与する場合であっても、該長尺部材の先端を確実に横振動させる方法を提供することを目的とする。 また、本発明は、長尺部材の先端から離れた位置に振動付与手段を配設する場合であっても、該長尺部材の先端が確実に横振動するデバイスを提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0010

上記目的を達成するため、本発明の長尺部材の横振動生成方法は、後方から伝播する縦弾性波の進行方向を外形形状の変化により前方へ向かう範囲内で変更させて先端に横振動を誘起することを特徴とするものである。

0011

また、本発明のデバイスは、後方から伝播する縦弾性波の進行方向を前方へ向かう範囲内で変更させて横振動を誘起する振動部が先端部に設けられる長尺部材と、該長尺部材の後端に縦弾性波を付与する振動付与手段と、を備えることを特徴とするものである。

0012

本発明のデバイスは、前記振動部が、前記長尺部材の外形形状を変化させて形成される反射面により前記縦弾性波の進行方向を変更させる変更部と、当該振動部の先端側に位置し前記変更部で進行方向が変更した縦弾性波により横振動が誘起される動作部と、を少なくとも有することが好ましい。

0013

本発明のデバイスは、前記振動部における前記変更部と前記動作部との間に、前記変更部において進行方向を変更させた縦弾性波を集約する集約部を有することが好ましい。

0014

本発明のデバイスは、前記動作部が、前記変更部又は前記集約部の外形形状を不連続に拡大してなることが好ましい。

0015

本発明のデバイスは、前記動作部が、前記変更部における前方端の外形形状を一定のまま延長してなることが好ましい。

0016

本発明のデバイスは、前記長尺部材がカテーテルであることが好ましい。

発明の効果

0017

本発明の長尺部材の横振動生成方法は、後方から伝播する縦弾性波の進行方向を外形形状の変化により前方へ向かう範囲内で変更させるが、その際に一部が横弾性波に変換され、前記進行方向を変更した縦弾性波と前記横弾性波との相乗作用により先端に横振動を誘起するものであるので、長尺部材の先端から離れた位置に振動を付与する場合であっても、該長尺部材の先端部を確実に横振動させることができる。

0018

また、本発明のデバイスは、長尺部材の後端に縦弾性波を付与する振動付与手段を備えるものであり、該長尺部材の先端から離れた位置に振動付与手段を配設するものであるため、該振動付与手段についてサイズの制約が小さく、出力の大きな振動付与手段を用いることができる。また、本発明のデバイスは、長尺部材の後端に縦弾性波を付与するものであるので、前記長尺部材の伝播途中における弾性波エネルギー損失を低く抑えることができる。そして、本発明のデバイスは、後方から伝播する縦弾性波の進行方向を前方へ向かう範囲内で変更させて横振動を誘起する振動部が先端部に設けられる長尺部材を備えるものであるため、長尺部材の先端から離れた位置に振動付与手段を配設する場合であっても、前記縦弾性波が進行方向を変更するに際し一部が横弾性波に変換され、該進行方向を変更した縦弾性波と該横弾性波との相乗作用により当該長尺部材の先端が確実に横振動する。

0019

本発明のデバイスは、前記振動部が、長尺部材の外形形状を変化させて形成される反射面により縦弾性波の進行方向を変更させる変更部と、当該振動部の先端側に位置し前記変更部で進行方向が変更した縦弾性波により横振動が誘起される動作部と、を少なくとも有するものであれば、前記変更部で進行方向が変更した縦弾性波と該縦弾性波の進行方向の変更に際し一部が変換された横弾性波との相乗作用により長尺部材の先端に位置する前記動作部が確実に横振動する。

0020

本発明のデバイスは、前記振動部における前記変更部と前記動作部との間に、前記変更部において進行方向を変更させた縦弾性波を集約する集約部を有するものであれば、該集約部で縦弾性波のエネルギーが集約され、前記動作部に大きな横振動が誘起される。

0021

本発明のデバイスは、前記動作部が、前記変更部又は前記集約部の外形形状を不連続に拡大してなるものであれば、当該不連続に拡大する前記動作部の質量と曲げ剛性により該動作部の変位を拡大することができるとともに、断面積の違いを利用して該動作部から後方への縦弾性波の戻り遮断することができるため、当該動作部の横振動による動作を適切に制御することが可能となる。

0022

本発明のデバイスは、前記動作部が、前記変更部における前方端の外形形状を一定のまま延長してなるものであれば、当該動作部に微細な横振動が誘起される。

0023

本発明のデバイスは、前記長尺部材がカテーテルであれば、生体内における病変部、例えば血管内における血栓溶解やその他生体内における腫瘍切除等を適切に行うことができる。

0024

なお、本発明において「長尺部材」とは、特定の長さや特定のアスペクト比以上の部材に限定することを意味するものでなく、本発明によって当該部材の先端を横振動させることができる全てを包含するものである。

図面の簡単な説明

0025

本発明の実施の形態における医療用マイクロデバイスの概略説明図。
図1に示す医療用マイクロデバイスにおけるカテーテルの先端側斜視図。
図2に示すカテーテルの説明図。
図1に示す医療用マイクロデバイスにおけるカテーテル先端部の各種態様の模式図。
本発明の他の実施の形態におけるデバイスの概略説明図。
本発明の他の実施の形態におけるデバイスの概略説明図。
本発明の他の実施の形態におけるデバイスの概略説明図。
本発明においてデバイスを構成する長尺部材の他の例を示す先端側斜視図。
本発明においてデバイスを構成する長尺部材先端部の他の態様を示す側方から見た模式図。
従来の医療用機器の使用状況の概略説明図。
従来の医療用機器におけるカテーテルの作動状況の概略説明図。

実施例

0026

<本発明の実施の形態> 本発明の実施の形態を図面に基づいて説明する。図1は本発明の実施の形態における医療用マイクロデバイスの概略説明図であって、(a)は該医療用マイクロデバイスの使用状況の説明図、(b)は該医療用マイクロデバイスにおける振動部4の側面拡大図、(c)は(a)におけるA−A断面図を示す。 また、図2は、図1の医療用マイクロデバイスにおけるカテーテルの先端側斜視図を示す。図3は、図2に示すカテーテルの説明図であって、(a)は図2におけるB方向から見た図、(b)は(a)のC方向から見た図、(c)は(a)のD方向から見た図を示す。

0027

図1に示す本実施の形態における医療用マイクロデバイス1は、カテーテル2と、該カテーテル2を内包する透明チューブ3を備える。該カテーテル2の先端部には振動部4が一体的に設けられている。また、該カテーテル2の後端には圧電素子5が配設されている。当該圧電素子5は、前記カテーテル2の後端に対し縦弾性波を付与するものである。さらに、前記チューブ3内には薬剤注入路6と病変部吸入路7が形成されている。

0028

図1乃至図3に示すように、本実施の形態において、カテーテル2は、ワイヤ等の長尺な弾性体材料からなり軸方向に同一又は略同一な円形の外形形状を有する部材であって、先端部に振動部4が設けられるものである。

0029

本実施の形態において、カテーテル2の先端部に設けられる振動部4は、図1乃至図3に示すように変更部41と集約部42と動作部43から構成される。 ここで、前記振動部4は、カテーテル2の先端部を加工して形成するものでもよいし、別部材で形成した後にカテーテル2の先端に接着剤等の適宜の手段により取り付けるものでもよい。振動部4を別部材で形成する場合は、カテーテル2先端との界面における縦弾性波の反射や減衰への影響を考慮して、カテーテル2と材料密度が同程度の弾性体材料を用いることが好ましい。

0030

前記振動部4における変更部41は、後方からカテーテル2を伝播する縦弾性波の進行方向を、該縦弾性波が当該振動部4の先端に向かう範囲内で変更させる部位である。図1乃至図3に示す例では、当該変更部41は、図3(a)におけるC方向から見た図において外形の一部を削るように前方に向けて傾斜させた縦弾性波の反射面411を有するものである。 ここで、当該変更部41は、後方からカテーテル2を伝播する縦弾性波の進行方向を、該縦弾性波が当該振動部4の先端に向かう範囲内で変更させることができれば、該縦弾性波が複数回反射を繰り返しても後方への戻り波を生じることがない範囲内で適宜な構造とすることができる。 本実施の形態において、前記カテーテル2は、当該振動部4の変更部41において前記縦弾性波の進行方向を変更させるが、その際に一部が横弾性波に変換され、前記進行方向を変更した縦弾性波と前記横弾性波との相乗作用により前記動作部43に横振動が誘起される。

0031

次に、前記振動部4における集約部42は、前記変更部41において進行方向を変更させた縦弾性波を繰り返し反射させ、前記動作部43を横振動させるためのエネルギーを集約する部位である。図1乃至図3に示す例では、前記集約部42は、前記変更部41における前方端の外形形状を一定のまま前方に延長してなるものである。 本実施の形態において、前記カテーテル2は、前記変更部41で進行方向が変更した縦弾性波のエネルギーを当該集約部42において集約することで前記動作部43に大きな横振動が誘起されるものである。

0032

前記振動部4における動作部43は、前記集約部42で集約した縦弾性波のエネルギーにより大きな横振動が誘起される部位である。図1乃至図3に示す例では、前記動作部43は、前記集約部42における前方端の外形形状を不連続に拡大してなるものである。 本実施の形態において、前記カテーテル2は、前記集約部42の前方端から外形形状が拡大する動作部43の質量と曲げ剛性により該動作部43の変位を拡大することができる。 また、本実施の形態において、前記カテーテル2の先端部に設けられる振動部4の動作部43は、前記集約部42における前方端の外形形状を不連続に拡大してなるものであるので、断面積の違いを利用して該動作部43から後方への縦弾性波の戻りを遮断することができ、前記動作部43の前記横振動による動作を適切にコントロールすることが可能となる。

0033

図1に示すように、本実施の形態における医療用マイクロデバイス1は、生体外に配設される圧電素子5からカテーテル2後端に付与される縦弾性波により、生体内、例えば血管内に挿入され該カテーテル2の先端部に設けられる振動部4の動作部43が横振動するものである。そして、本実施の形態における医療用マイクロデバイス1は、カテーテル2を内包するチューブ3に形成される薬剤注入路6の先端から薬剤を注入し前記動作部43を横振動させて撹拌することで血栓を効果的に溶解させ、血管中に溶解しきれずに残る細かな血栓を該チューブ3に形成される病変部吸入路7の先端から吸入し生体外に排出するものである。

0034

本実施の形態における医療用マイクロデバイス1は、圧電素子5が生体外に配設されるので、該圧電素子5についてサイズが制限されず大きな出力を確保することができる。また、本実施の形態における医療用マイクロデバイス1は、圧電素子5からカテーテル2の後端に縦弾性波を付与するので、横弾性波を付与する場合のようにカテーテル2の伝播途中においてチューブ3にエネルギーをあまり多く吸収されずに済む。そして、本実施の形態における医療用マイクロデバイス1は、カテーテル2の先端部に設けられる振動部4の上記構造によって、カテーテル2の後端に付与される縦弾性波により該振動部4の動作部43を確実に横振動させることができる。

0035

図4は、上記本実施の形態の医療用マイクロデバイスにおけるカテーテル先端部の各種態様の模式図を示す。これらは、図3(a)におけるC方向から見たものに対応する。図4(a)は、図1乃至図3に示されるカテーテルに対応するものであって、カテーテル2の先端部に変更部41と集約部42と動作部43を有する振動部4が設けられ、カテーテル2の後端に当該カテーテル2に縦弾性波を付与する圧電素子5が配設されるものである。

0036

図4(b)及び図4(c)は、上記本実施の形態の医療用マイクロデバイスにおけるカテーテル先端部の他の態様を示す模式図である。図4(b)に示すカテーテル2は、外形の一部を前方に向けて直線状に傾斜させた縦弾性波の反射面411を有する変更部41と、該変更部41における前方端の外形形状を不連続に拡大する動作部43とを有する振動部4が先端部に設けられるものである。

0037

図4(c)に示すカテーテル2は、外形の一部を前方へ向けて直線状に傾斜させた縦弾性波の反射面411を有する変更部41と、該変更部41における前方端の外形形状を一定のまま延長してなる動作部43とを有する振動部4が先端部に設けられるものである。本態様において、前記カテーテル2先端部に設けられる振動部4の動作部43には微細な横振動が誘起される。

0038

上記本発明の実施の形態において、圧電素子5は生体外に位置する状態で使用するものとして説明したが、サイズ制限が厳しくなければ当該圧電素子5は生体内に位置する状態で使用するものでもよい。

0039

上記本発明の実施の形態における医療用マイクロデバイスは、カテーテルの先端部に設けられる振動部の動作部を横振動させるものであったが、本発明は上記医療用マイクロデバイスに限らない。本発明は、縦弾性波が伝播する弾性体材料からなり軸方向に同一又は略同一な外形形状を有する長尺な部材を備える他のデバイスに適用できるものである。

0040

<本発明の他の実施の形態>図5は、本発明の他の実施の形態における二液混合デバイス60を示す。 本実施の形態における二液混合デバイス60は、二つの配管61a,61bが合流する地点撹拌部材62が配置され、当該撹拌部材62によって前記二つの配管61a,61bから供給される二液を合流地点において撹拌混合集合配管63に供給するものである。 当該二液混合デバイス60においても、前記撹拌部材62は、長尺部材の先端部に振動部64が設けられるとともに、該長尺部材の後端に圧電素子65が配設されるものである。 そして、当該二液混合デバイス60は、前記撹拌部材62が長尺部材の後端に対し前記圧電素子65により縦弾性波を付与され、当該縦弾性波によって振動部64先端の動作部が横振動することにより、二液を混合撹拌するものである。

0041

図6は、本発明の他の実施の形態における微小粒子等の分別デバイス70を示す。 本実施の形態における分別デバイス70は、一つの配管71が二つの配管73a,73bに分岐する地点に分別部材72が配置され、当該分別部材72によって前記一つの配管71から供給される複数の微小粒子等の中から特定の微粒粒子76を二つの配管73a,73bの内の一方の配管73aに分別するものである。 当該分別デバイス70においても、前記分別部材72は、長尺部材の先端部に振動部74が設けられるとともに、該長尺部材の後端に圧電素子75が配設されるものである。 そして、当該分別デバイス70は、前記分別部材72が長尺部材の後端に対し前記圧電素子75により縦弾性波を付与され、当該縦弾性波によって振動部74先端の動作部が横振動することにより、微小粒子等を分別するものである。

0042

図7は、本発明の他の実施の形態におけるマイクロマシンにおける伝動装置80を示す。 本実施の形態における伝動装置80は、二つのマイクロ歯車81a,81bを備え、一方のマイクロ歯車81aを駆動部材82によって駆動し、当該マイクロ歯車81aの回転を他方のマイクロ歯車81bに伝動することで、往復動部材83を往復動させるものである。 当該伝動装置80においても、前記駆動部材82は、長尺部材の先端部に振動部84が設けられるとともに、該長尺部材の後端に圧電素子85が配設されるものである。 そして、当該伝動装置80は、前記駆動部材82が長尺部材の後端に対し前記圧電素子85により縦弾性波を付与され、当該縦弾性波によって振動部84先端の動作部が横振動することにより、前記一方のマイクロ歯車81aを回転駆動するものである。 ここで、前記駆動部材82は、振動部84の先端にマイクロ歯車81aと噛み合う歯が形成され、当該振動部84の先端が、図7において下方に移動する場合にのみ前記マイクロ歯車81aと噛み合うように横振動させればよい。

0043

上記本発明の各実施の形態におけるデバイスは、長尺部材の外形形状を、図1乃至図3に示す円形に代えて、用途や目的に応じた適宜なものとすることができる。図8は、本発明においてデバイスを構成する長尺部材の他の例の先端側斜視図を示す。図8に示す長尺部材は、軸方向に同一又は略同一な角形の外形形状を有するものであり、その先端部に変更部、集約部、動作部からなる振動部が設けられるものである。

0044

上記本発明の各実施の形態におけるデバイスは、長尺部材の先端部に設けられる振動部の構造を、前記長尺部材の後方から伝播する縦弾性波の進行方向を前方へ向かう範囲内で変更させて先端動作部を横振動させることができる範囲内において適宜変更することが可能である。図9は、本発明においてデバイスを構成する長尺部材の先端部の他の態様を側方から見た模式図を示す。 上記本発明の各実施の形態において、振動部における変更部は、側方から見て該振動部の外形の一部を進行方向前方へ向けて例えば直線状に傾斜させた縦弾性波の反射面を有するものであったが、例えば図9(a)に示すように、振動部24における変更部241の縦弾性波の反射面2411は、側面視において指数関数的な形状の曲面であってもよい。また、図9(b)に示すように、振動部24を長尺部材の先端部に当該長尺部材の軸心に対し屈折した状態で設け、該屈折状態を利用した反射面2411を有するものとしてもよい。

0045

本発明の各実施の形態におけるデバイスは、長尺部材の材料、振動部における変換部、集約部、動作部の各寸法や構造、圧電素子により長尺部材の後端に付与する周波数などを適宜組み合わせることにより、当該長尺部材先端の動作部に誘起される振動の周期振幅、その他の動きを用途や目的に応じて調整可能である。

0046

上記本発明の各実施の形態として、医療用マイクロデバイス、二液混合デバイス、微小粒子等の分別デバイス、マイクロマシンにおける伝動装置を例示したが、本発明は、上記実施の形態に例示したデバイスに限るものではなく、例えば、各種配管内に付着する付着物を除去するデバイス等、様々な分野の様々なデバイスに適用できるものである。 そして、長尺部材の先端部に設けられる振動部の動作部は、それぞれの用途や目的に応じた適宜の構造とすることができる。

0047

なお、上記本発明の各実施の形態において、長尺部材の後端には圧電素子5により縦弾性波を付与するものとしたが、それ以外の振動子を用いてもよいことはいうまでもない。

0048

本発明において「長尺部材」とは、特定の長さや特定のアスペクト比以上の部材に限定することを意味するものでなく、本発明によって当該部材の先端を横振動させることができる全てを包含するものである。

0049

本発明は、上記実施の形態に限るものでなく発明の範囲を逸脱しない限りにおいて適宜構成を変更できることはいうまでもない。

0050

本発明の長尺部材の先端に横振動を誘起する長尺部材の横振動生成方法及び長尺部材の先端部に振動部が設けられるマイクロデバイスは、幅広い分野で利用可能であり非常に有用である。

0051

1医療用マイクロデバイス2カテーテル(長尺部材)3 透明チューブ4振動部41 変更部411反射面42集約部43動作部5圧電素子6薬剤注入路7病変部吸入路12 長尺部材14 振動部24 振動部60二液混合デバイス61a,61b配管62撹拌部材(長尺部材)63集合配管64 振動部65 圧電素子70微小粒子等の分別デバイス71 配管72分別部材(長尺部材)73a,73b 配管74 振動部75 圧電素子76 特定の微粒粒子80マイクロマシンにおける伝動装置81a,81bマイクロ歯車82駆動部材(長尺部材)84 振動部85 圧電素子110医療用機器111 カテーテル112 圧電素子120 血管121 血栓

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 日本ライフライン株式会社の「 スコアリングデバイスおよびスコアリングシステム」が 公開されました。( 2021/09/30)

    【課題・解決手段】治療の際の利便性を向上させることが可能なスコアリングデバイス等を提供する。本発明のスコアリングデバイス(3)は、軸方向に沿って延在するシャフト(31)と、このシャフトの先端側に設けら... 詳細

  • 川崎重工業株式会社の「 屈曲機構及び医療装置」が 公開されました。( 2021/09/30)

    【課題・解決手段】屈曲機構は、シャフト部と、近位端が前記シャフト部の遠位端に連なり、前記シャフト部の軸線と直交する方向に屈曲可能である屈曲部と、近位端が前記屈曲部に連なる先端部と、前記シャフト部及び前... 詳細

  • テルモ株式会社の「 医療デバイス」が 公開されました。( 2021/09/30)

    【課題・解決手段】挿入されるガイドワイヤを適切に保護できる医療デバイスを提供する。生体管腔内の物体を切削する医療デバイス(10)であって、管状の駆動シャフト(20)と、駆動シャフト(20)の先端部に固... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ