図面 (/)

技術 情報記録体の製造方法

出願人 大日本印刷株式会社
発明者 内廣晋治
出願日 2010年6月21日 (9年8ヶ月経過) 出願番号 2010-140252
公開日 2012年1月5日 (8年1ヶ月経過) 公開番号 2012-000931
状態 未査定
技術分野 クレジットカード等 熱転写、熱記録一般 デジタルマーク記録担体
主要キーワード 特定金属イオン ヘッド面積 ヒートスタンプ 色素染料 樹脂層形成用塗工液 メッシュ状織物 文字情報部分 変性シリコーンポリマー
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2012年1月5日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (14)

課題

文字情報および画像情報が記録された情報記録体を製造する方法において、画像情報の画質を維持しつつプリンタ装置高速化および小型化できる情報記録体の製造方法を提供する。

解決手段

色材を含んでなる色材層を備えた画像情報記録用熱転写シートを用いて、色材を被記録体受像層側に熱転写して画像情報を印画し、前記受像層上の画像情報形成部以外の部分に、文字情報記録用熱転写シートを用いて、色材を前記被記録体の受像層側に熱転写して文字情報を印画する際に、前記被記録体に印画された前記画像情報形成部の加熱を行う。

概要

背景

身分証明書等のIDカード銀行等のキャッシュカードにおいて、個別認識できるように、その一方の面に、人物の顔写真等の画像情報とその人物の住所名前等の文字情報とが記録されたものが使用されている。このようなIDカードや銀行等のキャッシュカード等の情報記録体は、プラスチック等のカードの一方の面に画像情報と文字情報とを記録することにより製造されている。このような情報記録体は、画像情報の鮮明性や文字情報を印字する際の簡便性を考慮して、熱転写シートを用いて製造されている。例えば、基材上にイエローマゼンタおよびシアン等の色材層を設けた熱転写シートを用いて、カード上にカラー人物画像を記録し、次いで、ブラックの色材層を設けた熱転写シートを用いて、基材上の人物画像を形成した以外の部分に文字等を記録することにより製造されている。熱転写シートを用いて得られる画像は、中間色の再現性や階調性に優れ、フルカラー写真画像匹敵する高品質な画像を形成できるため、特に身分証明書等のIDカードや銀行等のキャッシュカードのような、記録画像により個別認識を必要とするような情報記録体においては、熱転写シートを用いて製造することが一般的となっている。

近年、プリンタ高速化に伴い、より低いエネルギーで画像の濃淡表現でき、かつ優れた画像耐久性を実現できる、いわゆるポストキレート方式による熱転写方法が提案されている。ポストキレート方式とは、受像層中に特定の金属イオン化合物を含有させた被記録体と、その特定金属イオンキレート錯体を形成し得る染料を色材層とした熱転写シートとを用いて、熱転写後に、それらを反応させてキレート錯体を形成させることにより画像を形成する方法である(例えば、特開平4−89292号公報や特開平4−292989号公報等)。このポストキレート方式により形成された画像は、染料の褪色や滲みが生じにくく耐光性にも優れることから、上記したようなカード類等の情報記録体にも適用され始めている。

ポストキレート方式を用いて画像情報を情報記録体に形成する場合、色材を熱転写シートから情報記録体の受像層へ移行させる際の熱エネルギーだけでは、受像層中の金属イオン化合物と色材との反応が不十分な場合があり、良好な色調が得られない場合がある。特にプリンタの高速化により、熱転写時のエネルギーだけではキレート反応を十分に進めることができないという問題がある。この問題を解決するために、例えば特開2003−58847号公報には、画像情報と文字情報とを記録した後に、画像情報が記録された部分に透明保護転写箔転写して、転写時の熱エネルギーにより、画像情報が記録された部分を再加熱してキレート反応を完全ならしめることが行われている。

概要

文字情報および画像情報が記録された情報記録体を製造する方法において、画像情報の画質を維持しつつプリンタ装置を高速化および小型化できる情報記録体の製造方法を提供する。色材を含んでなる色材層を備えた画像情報記録用熱転写シートを用いて、色材を被記録体の受像層側に熱転写して画像情報を印画し、前記受像層上の画像情報形成部以外の部分に、文字情報記録用熱転写シートを用いて、色材を前記被記録体の受像層側に熱転写して文字情報を印画する際に、前記被記録体に印画された前記画像情報形成部の加熱を行う。

目的

本発明の目的は、文字情報および画像情報が記録された情報記録体を製造する方法において、画像情報の画質を維持しつつプリンタ装置を高速化および小型化できる情報記録体の製造方法を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

文字情報および画像情報が同一面上に記録された情報記録体を製造する方法であって、画像情報記録用熱転写シート中の色材キレート錯体を形成し得る金属イオン含有化合物を含んでなる受像層を備えた被記録体を準備し、前記色材を含んでなる色材層を備えた画像情報記録用熱転写シートを用いて、色材を前記被記録体の受像層側に熱転写して画像情報を印画し、前記受像層上の画像情報形成部以外の部分に、文字情報記録用熱転写シートを用いて、色材を前記被記録体の受像層側に熱転写して文字情報を印画する際に、前記被記録体に印画された前記画像情報形成部の加熱を行う、ことを含んでなることを特徴とする、方法。

請求項2

前記画像情報形成部の加熱が、前記文情報記録用熱転写シートから色材を熱転写する際のサーマルヘッドからの熱エネルギーにより行われる、請求項1に記載の方法。

請求項3

前記文字情報記録用熱転写シートが、基材上に、パターニングされた色材層を備えてなり、サーマルヘッドからの熱エネルギーにより色材層の色材を熱転写して文字情報を印画する際に、前記文字情報記録用熱転写シートの色材層を備えていない部分にサーマルヘッドから熱エネルギーを付与して、前記被記録体に印画された前記画像情報形成部の加熱を行う、請求項1または2に記載の方法。

請求項4

前記画像情報記録用熱転写シートが、基材上に、シアン染料層マゼンタ染料層およびイエロー染料層を面順位に設けた色材層を備え、前記シアン染料層、前記マゼンタ染料層および前記イエロー染料層の順に色材を熱転写して、画像情報を印画する、請求項1〜3のいずれか一項に記載の方法。

請求項5

前記画像情報記録用熱転写シートが、基材上に、シアン染料層、マゼンタ染料層およびイエロー染料層を面順位に設けた色材層と、パターニングされた熱溶融ブラック色材層と、を備えてなり、前記画像情報記録用熱転写シートが前記文字情報記録用熱転写シートを兼ねる、請求項3または4に記載の方法。

請求項6

前記文字情報記録用熱転写シートの、前記色材層を備えていない基材上に、前記色材とキレート錯体を形成し得る金属イオン含有化合物を含んでなるキレート促進層が設けられている、請求項3〜5のいずれか一項に記載の方法。

請求項7

前記文字情報記録用熱転写シートの、前記色材層を備えていない基材上に、染料受容防止層が設けられている、請求項3〜6のいずれか一項に記載の方法。

請求項8

前記文字情報記録用熱転写シートの色材層が、前記被記録体上の画像情報が印画された部分と前記色材層とが対応するように、パターニングされてなる、請求項3〜7のいずれか一項に記載の方法。

請求項9

前記被記録体の前記画像情報が印画された部分に、透明樹脂層を熱転写することをさらに含んでなる、請求項1〜8のいずれか一項に記載の方法。

請求項10

前記被記録体へ前記画像情報および/または前記文字情報を印画した後、前記被記録体上へ光学変化素子層を熱転写することをさらに含んでなる、請求項1〜9のいずれか一項に記載の方法。

請求項11

請求項1〜10のいずれか一項に記載の方法により得られた、情報記録体。

技術分野

0001

本発明は、文字情報および画像情報が記録された情報記録体の製造方法に関し、さらに詳細には、文字情報と画像情報とが同一面上に記録された、IDカードキャッシュカード等の情報記録体を製造する方法に関する。

背景技術

0002

身分証明書等のIDカードや銀行等のキャッシュカードにおいて、個別認識できるように、その一方の面に、人物の顔写真等の画像情報とその人物の住所名前等の文字情報とが記録されたものが使用されている。このようなIDカードや銀行等のキャッシュカード等の情報記録体は、プラスチック等のカードの一方の面に画像情報と文字情報とを記録することにより製造されている。このような情報記録体は、画像情報の鮮明性や文字情報を印字する際の簡便性を考慮して、熱転写シートを用いて製造されている。例えば、基材上にイエローマゼンタおよびシアン等の色材層を設けた熱転写シートを用いて、カード上にカラー人物画像を記録し、次いで、ブラックの色材層を設けた熱転写シートを用いて、基材上の人物画像を形成した以外の部分に文字等を記録することにより製造されている。熱転写シートを用いて得られる画像は、中間色の再現性や階調性に優れ、フルカラー写真画像匹敵する高品質な画像を形成できるため、特に身分証明書等のIDカードや銀行等のキャッシュカードのような、記録画像により個別認識を必要とするような情報記録体においては、熱転写シートを用いて製造することが一般的となっている。

0003

近年、プリンタ高速化に伴い、より低いエネルギーで画像の濃淡表現でき、かつ優れた画像耐久性を実現できる、いわゆるポストキレート方式による熱転写方法が提案されている。ポストキレート方式とは、受像層中に特定の金属イオン化合物を含有させた被記録体と、その特定金属イオンキレート錯体を形成し得る染料を色材層とした熱転写シートとを用いて、熱転写後に、それらを反応させてキレート錯体を形成させることにより画像を形成する方法である(例えば、特開平4−89292号公報や特開平4−292989号公報等)。このポストキレート方式により形成された画像は、染料の褪色や滲みが生じにくく耐光性にも優れることから、上記したようなカード類等の情報記録体にも適用され始めている。

0004

ポストキレート方式を用いて画像情報を情報記録体に形成する場合、色材を熱転写シートから情報記録体の受像層へ移行させる際の熱エネルギーだけでは、受像層中の金属イオン化合物と色材との反応が不十分な場合があり、良好な色調が得られない場合がある。特にプリンタの高速化により、熱転写時のエネルギーだけではキレート反応を十分に進めることができないという問題がある。この問題を解決するために、例えば特開2003−58847号公報には、画像情報と文字情報とを記録した後に、画像情報が記録された部分に透明保護転写箔転写して、転写時の熱エネルギーにより、画像情報が記録された部分を再加熱してキレート反応を完全ならしめることが行われている。

先行技術

0005

特開平4−89292号公報
特開平4−292989号公報
特開2003−58847号公報

発明が解決しようとする課題

0006

しかしながら、プリンタの更なる高速化が希求されており、キレート反応を完全ならしめるための再加熱工程が高速化の障害となっていた。また、上記の特開2003−58847号公報に開示されている方法においては、図12に示すように、イエロー、マゼンタおよびシアンの各色材層を面順次の設けた熱転写シートを用いて、先ず画像情報部分を形成し、次いで、図13に示すような、ブラック色材層と透明保護転写箔とが面準位に設けられた熱転写シートを用いて、文字情報を画像形成部分以外の部分に形成した後に、画像形成部分に透明保護転写箔を転写することが行われていた。そのため、転写工程が複雑となりプリンタ装置自体を小型化することが困難であった。また、プリンタ装置を高速化すると、熱転写シートに付着しているゴミ等がプリンタ装置内で舞いやすくなるため、画像形成部分にゴミが付着したまま透明保護転写箔が転写されてしまう場合があった。

0007

本発明者らは、今般、文字情報および画像情報が記録された情報記録体を製造する方法において、ポストキレート熱転写方式により基材上に画像を形成し、次いで基材上の画像形成部分以外の部分に文字情報を熱転写により記録する際に、同時に画像形成部分を再加熱することにより、画像情報の画質を維持しつつプリンタ装置を高速化および小型化できる、との知見を得た。本発明はかかる知見によるものである。

0008

したがって、本発明の目的は、文字情報および画像情報が記録された情報記録体を製造する方法において、画像情報の画質を維持しつつプリンタ装置を高速化および小型化できる情報記録体の製造方法を提供することである。

0009

また、本発明の別の目的は、上記の方法により得られた情報記録体を提供することである。

課題を解決するための手段

0010

本発明による文字情報および画像情報が同一面上に記録された情報記録体を製造する方法は、画像情報記録用熱転写シート中の色材とキレート錯体を形成し得る金属イオン含有化合物を含んでなる受像層を備えた被記録体を準備し、
前記色材を含んでなる色材層を備えた画像情報記録用熱転写シートを用いて、色材を前記被記録体の受像層側に熱転写して画像情報を印画し、
前記受像層上の画像情報形成部以外の部分に、文字情報記録用熱転写シートを用いて、色材を前記被記録体の受像層側に熱転写して文字情報を印画する際に、前記被記録体に印画された前記画像情報形成部の加熱を行う、
ことを含んでなることを特徴とするものである。

0011

また、本発明の態様においては、前記画像情報形成部の加熱が、前記文情報記録用熱転写シートから色材を熱転写する際のサーマルヘッドからの熱エネルギーにより行われることが好ましい。

0012

また、本発明の態様においては、前記文字情報記録用熱転写シートが、基材上に、パターニングされた色材層を備えてなり、サーマルヘッドからの熱エネルギーにより色材層の色材を熱転写して文字情報を印画する際に、前記文字情報記録用熱転写シートの色材層を備えていない部分にサーマルヘッドから熱エネルギーを付与して、前記被記録体に印画された前記画像情報形成部の加熱を行うことが好ましい。

0013

また、本発明の態様においては、前記画像情報記録用熱転写シートが、基材上に、シアン染料層マゼンタ染料層およびイエロー染料層を面順位に設けた色材層を備え、前記シアン染料層、前記マゼンタ染料層および前記イエロー染料層の順に色材を熱転写して、画像情報を印画することが好ましい。

0014

また、本発明の態様においては、前記画像情報記録用熱転写シートが、基材上に、シアン染料層、マゼンタ染料層およびイエロー染料層を面順位に設けた色材層と、パターニングされた熱溶融ブラック色材層と、を備えてなり、前記画像情報記録用熱転写シートが前記文字情報記録用熱転写シートを兼ねることが好ましい。

0015

また、本発明の態様においては、前記文字情報記録用熱転写シートの、前記色材層を備えていない基材上に、前記色材とキレート錯体を形成し得る金属イオン含有化合物を含んでなるキレート促進層が設けられていることが好ましい。

0016

また、本発明の態様においては、前記文字情報記録用熱転写シートの、前記色材層を備えていない基材上に、染料受容防止層が設けられていることが好ましい。

0017

また、本発明の態様においては、前記文字情報記録用熱転写シートの色材層が、前記被記録体上の画像情報が印画された部分と色材層とが対応するように、パターニングされてなることが好ましい。

0018

また、本発明の態様においては、前記被記録体の前記画像情報が印画された部分に、透明樹脂層を熱転写することをさらに含んでなることが好ましい。

0019

また、本発明の態様においては、前記被記録体へ前記画像情報および/または前記文字情報を印画した後、前記被記録体上へ光学変化素子層を熱転写することをさらに含んでなることが好ましい。

0020

本発明においては、上記の方法により得られた情報記録体も提供される。

発明の効果

0021

本発明の方法によれば、被記録体の受像層に画像情報が印画し、続いて、文字情報記録用熱転写シートを用いて、色材を前記被記録体の受像層側に熱転写して文字情報を印画する際に、被記録体に印画された前記画像情報形成部の加熱を行うことにより、従来のポストキレート方式による熱転写のように、別途、画像情報形成部を再加熱する必要がなくなるため、その結果、情報記録体を連続して製造するような場合の工程の高速化を図ることができる。また、従来のヒートローラー等の再加熱手段が不要となるため、製造装置自体も小型化することができる。

図面の簡単な説明

0022

本発明に用いられる被記録体の一実施形態を示した断面概略図である。
本発明に用いられる被記録体の別の実施形態を示した断面概略図である。
本発明に用いられる画像情報記録用熱転写シートの一実施形態を示した断面概略図である。
本発明に用いられる画像情報記録用熱転写シートの別の実施形態を示した斜視概略図である。
本発明に用いられる文字情報記録用熱転写シートの一実施形態を示した斜視概略図である。
本発明に用いられる文字情報記録用熱転写シートの別の一実施形態を示した斜視概略図である。
本発明に用いられる画像/文字情報記録用熱転写シートの一実施形態を示した斜視概略図である。
本発明による情報記録体の製造方法に用いられる製造装置の一実施形態を示した概略構成図である。
透明保護層転写箔シートの一実施形態を示した断面概略図である。
光学変化素子転写箔シートの一実施形態を示した断面概略図である。
本発明による情報記録体の一実施形態を示した断面概略図である。
従来の情報記録体の製造に用いられていた画像情報記録用熱転写シートを示した断面概略図である。
従来の情報記録体の製造に用いられていた文字情報記録用熱転写シートを示した断面概略図である。

実施例

0023

本発明による情報記録体の製造方法は、1)画像情報記録用熱転写シート中の色材とキレート錯体を形成し得る金属イオン含有化合物を含んでなる受像層を備えた被記録体を準備する工程と、2)前記色材を含んでなる色材層を備えた画像情報記録用熱転写シートを用いて、色材を前記被記録体の受像層側に熱転写して画像情報を印画する工程と、3)前記受像層上の画像情報形成部以外の部分に、文字情報記録用熱転写シートを用いて、色材を前記被記録体の受像層側に熱転写して文字情報を印画する際に、前記被記録体に印画された前記画像情報形成部の加熱を行う工程と、を少なくとも含むものである。以下、本発明による情報記録体の製造方法を、図面を参照しながら各工程順に説明する。

0024

<被記録体の準備工程
本発明による情報記録体の製造方法においては、受像層を一方の面に備えた被記録体に文字情報および画像情報を印画することにより、文字情報および画像情報が同一面上に記録された情報記録体が製造される。本発明においては、身分証明書等のIDカードや銀行等のキャッシュカードのような情報記録体を製造することを目的とするものであり、従って、被記録体として、ICチップを供えたIDカード基材に文字情報や画像情報等を印画することを一例に、被記録体について、まず説明する。

0025

図1は、ICカード基材2と受像層3とを備えた被記録体1の断面図を示したものである。ICカード基材2は、第1のシート部材4と第2のシート部材5との間に所定の厚みの電子部品8とを備えており、電子部品8は、アンテナ体8a、ICチップ8b等からなり、この電子部品8のICモジュールインレット7に備えられている。第1のシート部材4と第2のシート部材5との間にインレット7を配置し、接着剤6を介在して、各部材を積層した積層構造である。また、被記録体は、図2に示すように、電子部品8を接着剤6中に備えた構造としてもよい。

0026

被記録体1は、ICカード基材2の第2シート部材5側に受像層3が設けられている。受像層3は、熱転写記録方式昇華もしくは熱拡散性染料画像を受容して、被記録体1に文字情報および画像情報を印画するためのものである。受像層を形成するための材料としては、昇華性染料または熱溶融性インキ等の熱移行性の色材を受容し易い従来公知の樹脂材料を使用することができる。例えば、ポリプロピレン等のポリオレフィン系樹脂ポリ塩化ビニルもしくはポリ塩化ビニリデン等のハロゲン化樹脂ポリ酢酸ビニル塩化ビニル酢酸ビニル系共重合体エチレン酢酸ビニル共重合体もしくはポリアクリル酸エステル等のビニル系樹脂ポリエチレンテレフタレートもしくはポリブチレンテレフタレート等のポリエステル樹脂ポリスチレン系樹脂ポリアミド系樹脂、エチレンもしくはプロピレン等のオレフィンと他のビニルポリマーとの共重合体系樹脂アイオノマーもしくはセルロースジアスターゼ等のセルロース系樹脂ポリカーボネート等が挙げられ、特に、塩化ビニル系樹脂アクリルスチレン系樹脂またはポリエステル樹脂が好ましい。

0027

本発明においては、受像層3は、後記する色材である色素化合物と反応してキレートを形成し得る金属イオン含有化合物を含有している。すなわち、本発明においては、色材である色素化合物を受像層へ熱転写した後、受像層中の金属イオン含有化合物と色素化合物とを反応させてキレート錯体を形成する、いわゆるポストキレート方式により、画像情報および/または文字情報を被記録体に転写して画像形成するものである。ポストキレート方式を採用することにより、被記録体へ転写された画像や文字の耐光性を向上させることができる。

0028

受像層中に含有させる金属イオン含有化合物としては、従来公知のものを使用することができ、第I、第VIII族に属する2価および多価の金属の無機または有機の塩および金属錯体を好適に使用することができる。例えば、Ni2+、Cu+、Co2+、Cr2+およびZn2+を含有する、下記一般式
[M(Q1)k(Q2)m (Q3)n]p+p(L−)
(式中、Mは金属イオンを表し、Q1、Q2、Q3は各々Mで表される金属イオンと配位結合可能な配位化合物を表わし、Lは錯体を形成しうる対アニオンを表し、kは1、2または3の整数を表し、mは1、2または0を表し、nは1または0を表すが、これらは前記一般式で表される錯体が4座配位か、6座配位かによって決定されるか、あるいはQ1、Q2、Q3の配位子の数によって決定され、pは1、2または3を表す。)で表される錯体が好ましく用いられる。これらの中でも、金属と配位結合する少なくとも一個アミノ基を有する配位化合物が好ましく、具体的にはエチレンジアミンおよびその誘導体グリシンアミドおよびその誘導体、ピコリンアミドおよびその誘導体が挙げられる。また、錯体を形成しうる対アニオンLとしては、Cr、SO4、ClO4等の無機化合物アニオンベンゼンスルホン酸誘導体アルキルスルホン酸誘導対等の有機化合物アニオンが挙げられるが、特に好ましくはテトラフェニルホウ素アニオンおよびその誘導体、ならびにアルキルベンゼンスルホン酸アニオンおよびその誘導体である。このような金属イオン含有化合物としては、米国特許第4,987,049号明細書に例示されたものを挙げることができる。

0029

金属イオン含有化合物の樹脂中への添加量は0.5〜20g/m2が好ましく、1〜15g/m2がより好ましい。

0030

受像層には、離型剤が添加されていてもよい。離型剤としては、用いるバインダーと相溶性のあるものが好ましく、具体的には変性シリコーンオイル変性シリコーンポリマーが代表的であり、例えばアミノ変性シリコーンオイル、エポキシ変性シリコーンオイルポリエステル変性シリコーンオイル、アクリル変性シリコーン樹脂ウレタン変性シリコーン樹脂等が挙げられる。このなかでもポリエステル変性シリコーンオイルはインクシートとの融着を防止するが、受像層の2次加工性を妨げないという点で特に優れている。その他の離型剤として、シリカ等の微粒子硬化型シリコーン化合物等を使用することもできる。

0031

上記した各成分を溶媒に分散あるいは溶解させた受像層用塗工液を調製し、受像層用塗工液をICカード基材の一方のシート部材上に塗布し、乾燥することよって受像層を形成することができる。受像層の厚みは、一般的に1〜50μm、好ましくは2〜10μm程度である。

0032

受像層には、画像情報や文字情報を印画する前に、予め、罫線等のフォーマット印刷がされていてもよい。フォーマット印刷は、オフセット印刷グラビア印刷シルク印刷スクリーン印刷凹版印刷凸版印刷インクジェット方式昇華転写方式電子写真方式熱溶融方式等のいずれの方式によって形成することができる。

0033

ICカード基材2は、図1および2に示したように、第1のシート部材4と第2のシート部材5との間に所定の厚みの電子部品8とを備えており、電子部品8は、アンテナ体8a、ICチップ8b等からなり、この電子部品8のICモジュールはインレット7または接着層6に備えられている。ICカード基材2は、第1のシート部材4と第2のシート部材5との間にインレット7を配置し、接着剤6を介在して、各部材を積層した積層構造を有する。ICカード基材に用いられるシート部材としては、例えば、ポリエチレンテレフタレート、ポリブチレンテレフタレート、ポリエチレンテレフタレート/イソフタレート共重合体等のポリエステル樹脂、ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリメチルペンテン等のポリオレフィン樹脂ポリフッ化ビニルポリフッ化ビニリデン、ポリ4フッ化エチレン、エチレン−4フッ化エチレン共重合体、等のポリフッ化エチレン系樹脂、ナイロン6、ナイロン6.6等のポリアミド、ポリ塩化ビニル、塩化ビニル/酢酸ビニル共重合体、エチレン/酢酸ビニル共重合体、エチレン/ビニルアルコール共重合体ポリビニルアルコールビニロン等のビニル重合体生分解性脂肪族ポリエステル生分解性ポリカーボネート、生分解性ポリ乳酸、生分解性ポリビニルアルコール、生分解性セルロースアセテート生分解性ポリカプロラクトン等の生分解性樹脂三酢酸セルロースセロファン等のセルロース系樹脂、ポリメタアクリル酸メチル、ポリメタアクリル酸エチルポリアクリル酸エチル、ポリアクリル酸ブチル、等のアクリル系樹脂ポリスチレン、ポリカーボネート、ポリアリレートポリイミド等の合成樹脂シート、または上質紙薄葉紙グラシン紙、硫酸紙等の紙、金属箔等の単層体あるいはこれら2層以上の積層体が挙げられる。

0034

シート部材の厚みは30〜300μm、好ましくは50〜200μmである。50μm以下であるとシート部材1,2を互いに貼り合わせる際に熱収縮等を起こす場合がある。なお、熱収縮率を低減させるシート部材のアニール処理を行ってもよい。

0035

また、シート部材上に後加工密着性向上のため易接処理を行っていても良く、チップ保護のために帯電防止処理を行っていても良い。具体的には、帝人デュポンフィルム株式会社製のU2シリーズ、U4シリーズ、ULシリーズ、東洋紡績株式会社製クリスパーGシリーズ、東レ株式会社製のE00シリーズ、E20シリーズ、E22シリーズ、X20シリーズ、E40シリーズ、E60シリーズQEシリーズを好適に用いることができる。

0036

電子部品8は、一般的に、電子カード利用者の情報を電気的に記憶するICチップ8bおよびICチップ8bに接続されたコイル状のアンテナ体8aとから構成される。ICチップはメモリのみやそれに加えてマイクロコンピューターなどである。場合により電子部品にコンデンサーを含んでもよい。この発明はこれに限定はされず情報記録部材に必要な電子部品であれば特に限定はない。電子部品で構成されるICモジュールは、アンテナコイルを有するものであるが、アンテナパターンを有する場合、導電性ペースト印刷加工、または銅箔エッチング加工巻線溶着加工等のいずれかの方法を用いてもよい。プリント基板としては、ポリエステル等の熱可塑性のフィルムが用いられ、更に耐熱性が要求される場合はポリイミドが有利である。ICチップとアンテナパターンとの接合銀ペースト銅ペーストカーボンペースト等の導電性接着剤日立化成工業のEN−4000シリーズ、東ケミカルのXAPシリーズ等)や、異方性導電フィルム(日立化成工業製アニソルム等)を用いる方法、あるいは半田接合を行う方が知られているが、いずれの方法を用いてもよい。

0037

予めICチップを含む部品を所定の位置に載置してから樹脂を充填するために、樹脂の流動による剪断力で接合部が外れたり、樹脂の流動や冷却に起因して表面の平滑性を損なったりと安定性欠けることを解消するため、インレットが用いられる。インレットは、予め基板シートに樹脂層を形成しておいて前記樹脂層内に部品を封入するために電子部品を多孔質樹脂フィルム、多孔質の発泡性樹脂フィルム、可撓性の樹脂シート多孔性の樹脂シートまたは不織布シート状にして使用されることが好ましい。樹脂シートとしては、ポリエチレンテレフタレート(PET)、PET−G、ポリエチレンナフタレート(PEN)、塩化ビニル、ポリカーボネート、トリアセチルセルロース、アクリル等のシートを好適に使用することができるが、機械的強度や寸法安定性、耐溶剤性の観点から、PET、PET−GまたはPENが好ましい。また、これらの中でも、透明性、加工適性およびコストの観点から、PETまたはPET−Gが特に好ましい。

0038

例えば、不織シート部材として、不織布などのメッシュ状織物や、平織綾織繻子織織物などがある。また、モケットプラッシュベロアシールベルベットスウェードと呼ばれるパイルを有する織物などを用いることができる。材質としては、ナイロン6、ナイロン66ナイロン8等のポリアミド系、ポリエチレンテレフタレート等のポリエステル系、ポリエチレン等のポリオレフィン系、ポリビニルアルコール系、ポリ塩化ビニリデン系、ポリ塩化ビニル系、ポリアクリロニトリルアクリルアミドメタクリルアミド等のアクリル系、ポリシアンビニリデン系、ポリフルオロエチレン系、ポリウレタン系等の合成樹脂、綿、羊毛、セルロース系、セルロースエステル系等の天然繊維再生繊維レーヨンアセテート)、アラミド繊維の中から選ばれる1種または2種以上を組み合わせた繊維が上げられる。これらの繊維材料において好ましくは、ナイロン6、ナイロン66等のポリアミド系、ポリアクリロニトリル、アクリルアミド、メタクリルアイド等のアクリル系、ポリエチレンテレフタレート等のポリエステル系、再生繊維としてのセルロース系、セルロースエステル系であるレーヨン及びアセテート、アラミド繊維があげられる。

0039

また、電子部品8を含むインレット7または接着剤6中には、ICチップは点圧強度が弱いためにICチップ近傍に補強板9を備えていてもよい。インレットを含む電子部品の全厚さは100〜600μmが好ましく、より好ましくは150〜500μm、特に好ましくは、150〜450μmである。

0040

第1のシート部材と第2のシート部材との間に所定の電子部品と設けた積層構造を形成する方式としては、熱貼合法、接着剤貼合法、接着剤塗布法及び射出成形法が挙げられるが、いずれの方法で各部材を貼り合わせてもよい。貼り合わせに接着剤を使用する場合、特に制限されることなく従来公知の接着剤を用いることができるが、本発明においては、ホットメルト接着剤等を好適に使用することができ、例えば、エチレン・酢酸ビニル共重合体(EVA)系や、ポリエステル系、ポリアミド系、熱可塑性エラストマー系、ポリオレフィン系の接着剤を挙げることができる。これらのなかでも、湿気硬化型の接着剤が好ましい。上記したもの以外でも、湿気硬化型接着剤として、特開2000−036026号公報、特開2000−211278号公報、特開2000−219855号公報等に開示されている接着剤を好適に使用することができる。なお、接着剤を用いて、各部材を貼り合わせる場合、接着剤の層と電子部品の層(インレットの厚み)との合計の厚みで100〜600μmが好ましく、より好ましくは150〜500μm、特に好ましくは、150〜450μmである。

0041

また、接着剤には、ワックス熱可塑性樹脂無機微粒子レベリング剤ゴム弾性粒子、熱可塑性エラストマー、熱可塑性樹脂、粘着剤硬化剤硬化触媒流展剤、平板状粒子針状粒子等のその他添加剤等を含有させてもよい。

0042

インレット(電子部品)の裏表、あるいは第1および第2シート部材の一方の面に、接着剤を、所定厚となるように塗布し、各部材を貼り合わせることにより、ICカード基材を作製することができる。接着剤の塗布方法としては、ローラー方式、Tダイ方式、ダイス方式等の従来公知の方式を用いることができるが、これらの塗工方法に限定されるものではなく、ストライプ状に接着剤を塗布したり、特開2000−036026号公報、特開2000−219855号公報、特開2000−211278号公報、特開平10−316959号公報、特開平11−5964号公報等で提案されている塗布方法を採用してもよい。

0043

また、本発明においては、図1に示した被記録体のように、受像層3と第2シート部材2との間にクッション層10が設けられていてもよい。クッション層を設けると、熱転写の際の表面の凹凸の影響を緩和することができ画像や文字を再現性良く転写記録することができる。上記したように、インレット内にはICチップ等の電子部品が含まれているため、その表面に凹凸を生じ易い。被記録体であるカード基材の表面に凹凸があると、後記する文字/画像情報の記録の際に、文字や画像がかすれて記録される場合がある。本発明においては、クッション層を設けることにより、被記録体の面内傾斜は0.004以下となるようにしている。なお、面内傾斜とは、被記録体の表面の中立面に対して、隆起した部分の頂上から、その隆起部分の裾までのあらゆる点において接線をひいた時に、その接線と中立面との傾斜角度(傾き)と定義する。

0044

クッション層を形成する材料としては、ポリオレフィンが好ましい。例えばポリエチレン、ポリプロピレン、エチレン−酢酸ビニル共重合体、エチレン−アクリル酸エチル共重合体スチレンブタジエンスチレンブロック共重合体、スチレン−イソプレン−スチレンブロック共重合体、スチレン−エチレン−ブタジエン−スチレンブロック共重合体、スチレン−水素添加イソプレン−スチレンブロック共重合体、ポリブタジエン光硬化型樹脂層のような柔軟性を有し、熱伝導性の低いものが適する。具体的には、特願平2001−16934等のクッション層を使用することができる。

0045

また、IC基材カード1の受像層3を設ける側とは反対の面に位置する第1シート部材4表面(すなわち、画像情報等が印画される面とは反対側の面)には、筆記層(図示せず)が設けられていてもよい。筆記層とは、IDカードの裏面に筆記をすることができるようにした層である。筆記層としては、例えば炭酸カルシウムタルクケイソウ土酸化チタン硫酸バリウム等の無機微細粉末を含有させた熱可塑性樹脂(ポリエチレン等のポリオレフィン類や、各種共重合体等)フィルムを第1シートの最表面に設けることにより、形成することができる。

0046

各部材を貼り合わせる際には、シート基材表面平滑性や、第1のシート部材と第2のシート部材との間に設ける電子部品の密着性を向上させるために、加熱及び加圧を行うことが好ましく、上下プレス方式ラミネート方式等で製造することが好ましい。加圧によるIC部品の破損を考慮して、ローラプレスよりも平面プレス型とするのが好ましい。加熱は、10〜180℃が好ましく、より好ましくは30〜150℃である。加圧は、1〜300kgf/cm2が好ましく、より好ましくは1〜200kgf/cm2である。これより圧が高いとICチップが破損する場合がある。加熱および加圧時間は、加熱および加圧条件にもよるが、概ね0.001〜90秒が好ましく、より好ましくは0.001〜60秒である。

0047

ICカード基材は、接着剤貼合法や樹脂射出法で連続シートとして形成された貼り合わせた枚葉シートまたは連続塗工ラミロールとして形成してもよく、それらシートないしラミロールを所定のカードサイズ成形して所望の大きさのICカード基材を作製することができる。なお、ICカード基材を作製した後、受像層を設ける前又は後に、他方の面上に、個人識別情報ではない一般的な書誌事項印刷することもできるが、シートないしラミロール状の状態で、連続して一般的な書誌事項を印刷しておく方が好ましい。所定のカードサイズに成形する方法としては、打ち抜く方法、断裁する方法等を主として採用できる。

0048

<画像情報印画工程>
本発明においては、上記した被記録体の受像層に、画像情報記録用熱転写シートを用いて、画像情報を印画する。上記したような被記録体と画像情報記録用熱転写シートとを、被記録体の受像層と画像情報記録用熱転写シートの色材層とが対抗するように重ね合わせて、画像情報記録用熱転写シート側から、サーマルヘッド等の加熱手段により加熱して、色材層中の色材を、被記録体の受像層へ熱転写することにより、画像情報を被記録体へ画像情報を印画する。

0049

画像情報記録用熱転写シート10は、図3に示すように、基材11の一方の面に設けた色材層12を備えたものである。基材11の前記色材層12を設けた面とは反対側の面に耐熱滑性層13を設けてもよい。色材層12は、従来公知の熱転写シートと同様に、イエロー染料層、マゼンタ染料層、シアン染料層とから構成されていてよいが、本発明においては、図4に示すように、シアン染料層(C)、マゼンタ染料層(M)およびイエロー染料層(Y)が面順位に設けられた画像情報記録用熱転写シートを用い、シアン、マゼンタ、およびイエローの順で、各染料を被記録体の受像層へ熱転写して画像情報の印画を行うことが好ましい。後記するように、画像情報記録用熱転写シートに使用される昇華性染料として、いわゆるポストキレート色素を用いる場合、ポストキレート色素は、上記の被記録体の受像層中のメタルソースと反応して発色する。そのため、必ずしも画像情報記録用熱転写シート上に設けた色材層の色(シアン、マゼンタ、イエロー)と、被記録体へ画像情報を熱転写した後の色(すなわち、受像層で色素染料がメタルソースと反応した後の色)とが同じように発色せず、むしろ全く異なる色となる場合がある。熱転写時の熱量が不十分で、色素とメタルソースとの反応が不完全な場合、未反応のポストキレート色素の色が、被転写体の受像層に形成された画像部分に残存するため、画像の色濁りが生じやすくなる。特に、メタルソースと反応する前のポストキレートシアン染料やポストキレートマゼンタ染料の濃度は、ポストキレートイエロー染料の濃度と比べて高くなる傾向があるため、ポストキレート反応が不完全であると、被記録体の受像層に熱転写した際に、イエロー染料からなる色成分にシアンやマゼンタ染料が混入して、印画部分に色濁りが生ずる場合がある。本発明においては、染料層において染料濃度が高くなる順に、画像情報記録用熱転写シート上に、シアン染料層(C)、マゼンタ染料層(M)およびイエロー染料層(Y)を面順位に設けて、画像形成の際に、シアン、マゼンタ、イエローの順で熱転写を行うことにより、熱転写時に、染料濃度の高い染料ほどより多くの熱エネルギーを付与することができる。その結果、染料濃度の高いシアンやマゼンタ染料が受像層中でのメタルソースとより完全に反応し、所望の染料の発色が得られるため、形成画像の色濁りが生じにくくなる。特に、上記のような順で各染料層を設けることにより、シアン染料が熱転写された印画部分のマゼンタ濁りが解消する。

0050

上記したようなポストキレート色素としては、従来公知のものを使用することができ、このようなキレート形成可能な昇華性色素としては、例えば特開昭59−78893号、同59−109349号、特願平2−213303号、同2−214719号、同2−203742号に記載されている、少なくとも2座のキレートを形成することができるシアン色素マゼンタ色素およびイエロー色素を挙げることができる。キレートの形成可能な好ましい昇華性色素は、下記一般式で表わすことができる。
X1−N=N−X2−G
(式中、X1は、少なくとも一つの環が5〜7個の原子から構成される芳香族炭素環、または複素環を完成するのに必要な原子の集まりを表わし、アゾ結合に結合する炭素原子隣接位の少なくとも一つが、窒素原子またはキレート化基で置換された炭素原子であり、X2は、少なくとも一つの環が5〜7個の原子から構成される芳香族複素環または、芳香族炭素環を表わし、Gはキレート化基を表わす。)

0051

上記したようなポストキレート昇華性色素の使用量は、通常、基材1m2当たり0.1〜20g、好ましくは0.2〜5gである。

0052

色材層を構成するバインダーとしては、特に制限がなく従来から公知のものを使用することができる。さらに前記インク層には、従来から公知の各種添加剤を適宜に添加することができる。

0053

画像情報記録用熱転写シートは、インク層を形成する前記各種の成分を溶媒に分散ないし溶解させた塗工液を調製し、これを基材表面に塗工し、乾燥することにより作製することができる。色材層の厚さは、通常0.2〜10μmであり、好ましくは、0.3〜3μmである。

0054

<文字情報印画工程>
画像情報記録用熱転写シートを用いて画像情報が被記録体に印画した後、続いて、被記録体と文字情報記録用熱転写シートとを、被記録体の受像層と文字情報記録用熱転写シートの色材層とが対抗するように重ね合わせて、文字情報記録用熱転写シート側から、サーマルヘッド等の加熱手段により加熱して、色材層中の色材を、被記録体の受像層へ熱転写することにより、文字情報を被記録体へ印画する。文字情報記録用熱転写シートとしては、従来公知のものを使用することができ、例えば、基材上に熱溶融ブラック色材層を備えた熱転写シートを好適に使用することができる。

0055

本発明においては、文字情報の印画時に、サーマルヘッド等の加熱手段により加熱する際、加熱手段を利用して、被記録体に印画された前記画像情報形成部の加熱を行う。この加熱により、画像情報が印画された被記録体において、被記録体の受像層中の金属イオン含有化合物と画像情報を形成する色材(シアン染料、マゼンタ染料およびイエロー染料)とのキレート反応が進行して反応率が向上し、優れた発色性と耐光性とを有する画像を得ることができる。また、従来の情報記録体の製造方法のように、画像情報と文字情報とを被記録体に印画した後に、画像情報印画部分を再加熱して色材の反応率を上げる必要がなくなるため、情報記録体の製造が簡便となるとともに、連続的にインラインで情報記録体を製造する際の工程速度を向上させることができる。

0056

本発明による方法で用いられる文字情報記録用熱転写シートは、色材層がパターニングされていることが好ましく、例えば、図5に示すように、文字情報記録用熱転写シート20の熱溶融ブラック色材層22が、前記被記録体上の画像情報が印画された部分に相当する部分23以外の部分が熱溶融ブラック色材層22となるように、パターニングされていることが好ましい。このような文字情報記録用熱転写シートを使用することにより、文字情報の印画と同時に、被記録体に印画された画像情報部分を、同じサーマルヘッドからの熱により加熱することができる。但し、図5に示したような文字情報記録用熱転写シートでは、文字情報の印画と同時に、画像情報部分をサーマルヘッドで加熱した場合に、先に文字情報を印画した部分(ないし先に加熱した画像情報部分)の熱が、被記録体の下流側(印画の進行方向側)に伝わり、熱転写条件によっては、被記録体の下流側に印画した画像情報部分に画像ムラが発生したり、文字情報部分に文字潰れ等が発生することがある。画像情報と文字情報の両方を良好に被記録体上に記録するためには、後記するような、ヘッド面積の小さなユニットを2つ組み合わせたサーマルヘッドを用いるか、または、図6に示すような、熱溶融ブラック色材層22以外の部分23が、文字情報記録用熱転写シートのシート幅方向により広くなるように形成した文字情報記録用熱転写シートを用いることができる。

0057

文字情報記録用熱転写シート20において、基材24上の熱溶融ブラック色材層22が設けられていない部分(即ち、被記録体の画像情報形成部分に相当する部分23)に、金属イオン含有化合物を含んでなるキレート促進層(図示せず)が設けられていることが好ましい。キレート促進層を設けることにより、文字情報の印画と同時に、被記録体に印画された画像情報部分を加熱する際に、キレート促進層中の金属イオン含有化合物が、被記録体の画像情報が印画された部分に移行するため、金属イオン含有化合物と画像情報を形成する色材(シアン染料、マゼンタ染料およびイエロー染料)とのキレート反応が進行して反応率が向上し、より優れた発色性と耐光性とを有する画像を得ることができる。

0058

キレート促進層は、上記した金属イオン含有化合物とバインダーとを適当な溶剤に分散または溶解させた塗工液を調製し、基材上の熱溶融ブラック色材層が設けられていない部分に塗布、乾燥することにより形成することができる。

0059

文字情報記録用熱転写シートをロール状にして保管等しておく場合、熱溶融ブラック色材層からの色材が基材上の色材層が設けられていない部分に付着することがある。このように、基材上の熱溶融ブラック色材層が設けられていない部分(即ち、被記録体の画像情報形成部分に相当する部分)に色材が付着していると、文字情報の印画する際に、付着した色材が、被記録体の画像情報印画部分に転写されて、画像情報印画部分を汚してしまうことも想定される。画像情報印画部分の汚染を防止するため、本発明においては、文字情報記録用熱転写シート20の基材24上の熱溶融ブラック色材層22が設けられていない部分(即ち、被記録体の画像情報形成部分に相当する部分以外の部分23)に、染料受容防止層(図示せず)が設けられていることが好ましい。

0060

染料受容防止層としては、文字情報記録用熱転写シート20の基材24上の熱溶融ブラック色材層22が設けられていない部分に滑性剤や離型剤等を塗布することにより形成することができる。滑性剤としては、従来公知のものを使用することができ、例えば、ポリオレフィンおよびエチレン性不飽和カルボン酸またはそのエステル無水物から誘導されたポリマーを含むワックス等を好適に使用することができる。また、離型剤としては、ポリビニルブチラール樹脂ポリビニルアセタール樹脂、および脂肪酸エステル等の従来公知の離型剤を使用することができる。滑性剤や離型剤の塗布量は、画像情報形成部分に影響のない範囲で適宜調整することができる。また、文字情報記録用熱転写シートの基材の裏面(染料層が設けられた面とは反対の面)に、マイクロシリカ研磨剤等を含有させることにより、文字情報記録用熱転写シートをロール状にした場合の基材の裏面と染料層との接触面積を小さくして、基材裏面へ染料が移行するのを低減することもできる。

0061

また、染料受容防止層は背面層(図示せず)を兼ねてもよい。背面層は、熱転写時の熱で熱転写シートが変形しないように耐熱性を向上させるとともに、また熱転写時のサーマルヘッドの走行性を改善してスティッキング等を抑制する機能を有する。

0062

本発明において、上記した画像情報記録用熱転写シートおよび文字情報記録用熱転写シートは別個独立したものであってもよく、また、図7に示すように、基材24上に、シアン染料層(C)、マゼンタ染料層(M)およびイエロー染料層(Y)を面順位に設けた色材層と、パターニングされた熱溶融ブラック色材層22とを備えたものであってもよい。

0063

上記の画像情報記録用熱転写シートおよび文字情報記録用熱転写シートは、従来公知の熱転写シートと同様に、転写保護層として、接着層、剥離層離型層下引き層等のその他の層が設けられていてもよい。

0064

<情報記録体の製造方法>
上記した画像情報記録用熱転写シートおよび文字情報記録用熱転写シートを用いた情報記録体の製造方法の一例を、図面を参照しながら説明する。

0065

図8は、本発明による方法の一実施形態を実施するための情報記録体製造装置の概略構成図を示したものである。情報記録体製造装置30は、上方位置にカード基材供給部40及び情報記録部50が配置され、下方位置に、透明保護層付与部及び/又は光学変化素子層付与部60、並びに樹脂層形成用塗工液付与部及び/又は活性放射線照射部70が配置されている。本実施形態においては、一例として、カード状の情報記録体を製造する方法を説明するが、情報記録体としてシート状のものを製造できることは言うまでもない。

0066

カード基材供給部40には、カード使用者個人情報を書き込むために予め枚葉状にカットされた複数枚のカード基材1が、顔写真等の画像情報を記録する面(即ち受像層を設けた面)を上に向けてストックされている。本実施形態においては、受像層を備えたカード基材1が1枚ずつ、カード基材供給部40から所定のタイミングで自動供給される。

0067

情報記録部50は、図4に示したようなイエロー染料層、マゼンタ染料層およびシアン染料層が面順次に設けられた画像情報記録用熱転写シート10が配置され、その位置に対応してサーマルヘッド51が配置された画像情報記録部52と、図5または図6に示したような熱溶融ブラック色材層がパターニングされて設けられた文字情報記録用熱転写シート20が配置され、その位置に対応してサーマルヘッド53が配置された文字情報記録部54とから構成されている。なお、図4に示したような画像/文字情報記録用熱転写シートを用いる場合には、情報記録部のサーマルヘッドを1つにすることができるため、より装置の簡素化が図られることは言うまでもない。

0068

カード基材供給部40から供給されたカード基材1は、先ず画像情報記録部52において、カード基材1が移動している間に、その受像層の所定領域にカード使用者の顔写真等の諧調を有する画像情報が、画像情報記録用熱転写シートによりイエロー、マゼンタ、シアンの順に記録される。

0069

受像層への画像情報の熱転写に続いて、カード基材1の所定領域に、カード使用者の氏名やカード発行日等の文字情報が、文字情報記録用熱転写シート20により記録される。その際、受像層の画像情報が記録されている領域にもサーマルヘッドからの熱エネルギーが付与され、画像情報が記録された受像層中の色材(イエロー染料、マゼンタ染料およびシアン染料)と金属イオン含有化合物とがキレート反応が促進されて、所望の発色及び階調を有する画像情報が形成される。従って、ポストキレート方式により画像情報を形成した情報記録体の製造方法において、本発明では、従来の方法のように画像情報を形成した後にヒートスタンプホットローラ等による再加熱の工程を必要としない。その結果、製造工程を簡略化できるため、製造装置を小型化することができる。また、カード基材に文字情報を記録すると同時に画像情報部分の加熱を行うため、連続して情報記録体を製造する場合の各工程を高速化することができる。

0070

免許証やIDカード等の文字情報および画像情報が同一面上に記録された情報記録体においては、人物の顔等が画像情報として記録されることが多いが、一般的に、画像部分は情報記録体の全面積に対して比較的小さい割合である。そのため、通常は、画像部分の周辺まで文字情報が書き込まれている場合が多い。このよう情報記録体を製造する場合、文字情報を被記録体に熱転写する際に、文字情報記録用熱転写シート用のサーマルヘッドで、先に形成された画像部分の再加熱を行い、ポストキレート染料の発色性を向上させる場合がある。被転写体への文字情報の記録と同時に、先に形成された画像部分の再加熱行う場合、画像の発色性を向上させるために再加熱を充分にすると、熱溶融ブラック色材により記録した文字情報が影響を受けることがあり、例えば、情報記録体の画像部分の周辺の文字潰れが生じる場合がある。特に、再加熱した画像部分の周縁部は熱が伝わりやすくなるため文字記録部分が受ける影響も顕著である。そのため、文字潰れが生じないような熱量で熱溶融ブラック色材の転写を行う必要があり、同じサーマルヘッド等の加熱手段を用いて先に形成した画像部分を再加熱する場合に、再加熱の熱量が不足することがある。

0071

本発明においては、同じ加熱手段(すなわち、文字情報を記録する際の画像情報記録用熱転写シートへのサーマルヘッド等の熱源)を用いて、文字潰れの解消と再加熱時の熱量増加を行うために、以下のような方法が好ましく適用できる。例えば、文字情報を熱転写する際の印画速度を高速化するとともに、熱転写時の熱エネルギーの付与を、高温化かつ短時間化することができる。例えば、従来の情報記録体を製造する際の印画速度は6.8mm/s程度であったが、これを15〜30mm/s、より好ましくは20mm/s程度とし、熱転写時の熱エネルギーの付与時間を、従来7.5ms/lであったのを、0.5〜5ms/l、より好ましくは1〜3ms/lとする。なお、「ms/l」とは、1ライン印画(加熱)するのに要する時間(秒数)を意味する。印画速度を高速化は、熱転写シートの巻き取り装置の速度を上げることにより行われるが、巻き取り装置のモーターは、精度が高くかつ高出力で小型のものを使用することが好ましい。

0072

また、上記のように、印画速度を上げ、再加熱の熱量を上げることに伴い、文字情報記録用熱転写シートの基材の厚みを薄くして熱伝導性を良くしたり、基材が熱で変形したりしないよう、熱転写シートの背面層を熱に対し最適化することが好ましい。例えば、基材の厚みは2〜10μm、好ましくは2〜6μm、より好ましくは2〜4μmである。基材は薄い方が好ましいが、2μm未満では張力により、熱転写シートが変形し易くなる。また、熱転写シートの背面層が、メチルメタアクリレートモノマー疎水性モノマーとを共重合した樹脂からなることが好ましく、メチルメタアクリレートモノマー100質量部に対して、疎水性モノマーを25〜100質量部含む共重合樹脂がより好ましい。疎水性モノマーの割合が25質量部よりも少ないと染料色素定着性が低下して、画像形成に悪影響を与える。一方、疎水性モノマーの割合が50質量%を超えると、基材フィルムとの密着性が低下する。熱伝動性の観点から、背面層の厚みは0.1〜0.5μmの範囲とするのが好ましい。

0073

また、熱転写シートの背面層の最適化とともに、剥離層を最適化してもよい。剥離層は、熱溶融ブラックインク色材の基材への膜付性や膜強度などの機械的性質を維持し、かつ熱転写時に熱溶融ブラック色材層が基材から離脱する際に、熱溶融性インク層剥離して、速やかに被転写体の受容層へ転写する機能を有している。この剥離層の成分である熱可塑性樹脂として、融点もしくは軟化点が、50〜150℃、特に60〜120℃の範囲にあるもの、や2種以上の混合によって上記の温度範囲になるものを好適に使用できる。また、熱可塑性樹脂の他に、必要に応じて、パルミチン酸ステアリン酸マルガリン酸およびベヘン酸等の高級脂肪酸パルミチルアルコールステアリルアルコールベヘニルアルコールマルガニルアルコールミリシルアルコールおよびエイコサノール等の高級アルコールバルミチン酸セチル、バルミチン酸ミリシル、ステアリン酸セチルおよびステアリン酸ミリシル等の高級脂肪酸エステル;アセトアミドプロピオン酸アミド、パルミチン酸アミドステアリン酸アミドおよびアミドワックス等のアミド類;ならびにステアリルアミン、ベヘニルアミンおよびパルミルアミン等の高級アミン類などを添加してもよい。これら添加成分は、1種単独で用いてもよいし、2種以上を併用してもよい。また、剥離性を調節するため界面活性剤を含んでいてもよく、好適な界面活性剤として、ポリオキシエチレン鎖含有化合物が挙げられる。さらに、無機あるいは有機の微粒子(金属粉シリカゲルなど)や、オイル類アマニ油鉱油など)を添加することもできる。また、剥離層の厚みを、0.2〜4μm、好ましくは0.5〜2.5μmとするのが好ましい。

0074

さらに本発明においては、文字潰れの解消と再加熱時の熱量増加を行うために、印画速度や再加熱時の熱量を増加させることの他、画像情報が形成された部分へ供給する熱量を補うため、画像情報形成時にサーマルヘッド周囲の環境温湿度を高めたり、基材の裏面から熱を加える装置を備え付けて、ポストキレート反応を促進させる方法が好ましく用いられる。

0075

また、図5に示したような、熱溶融ブラック色材層がパターニングされた熱転写シートを用いて、効率よく被転写体に熱転写を行う手段として、ヘッド面積の小さなユニットを2つ組み合わせたサーマルヘッドを用いてもよい。2つのユニットからなるサーマルヘッドを用いることにより、画像情報が形成された部分を、文字情報の熱転写時に再加熱する際、文字情報記録用ヘッド(すなわち熱溶融ブラック色材層を熱転写するためのユニット)とは別に、画像情報部分側のヘッドの電圧を上げて熱量を増やすことができ、それによりポストキレート反応をより効率よく促進することができる。

0076

受像層に画像および文字情報が記録されたカード基材1は、次いで、透明保護層付与部及び/又は光学変化素子層付与部60に移動する。透明保護層付与部及び/又は光学変化素子層付与部には、保護層転写箔シート61および/または光学変化素子転写箔シート62が配置され、その位置に対応してヒートローラー63が配置されている。

0077

透明保護層転写箔シート61は、図9に示すように、支持体611その支持体611の一方の面に設けられた透明保護転写層612とから構成され、透明保護転写層612は、支持体611側から順に、離型層613、透明保護層614および接着層615が積層した構造を有する。この透明保護層転写箔シート61は、サーマルヘッド、ヒートローラー、ホットスタンプ等の加熱手段により、透明保護層転写層612が支持体611から剥離して被記録体である基材カード1に転写されるものである。また、光学変化素子転写箔シート62は、図10に示すように、支持体621とその支持体621の一方の面に設けられた光学変化素子転写層622とから構成され、光学変化素子転写層622は、支持体621側から順に、離型層623、光学変化素子層624および接着層625が積層した構造を有する。この光学変化素子転写箔シート62は、サーマルヘッド、ヒートローラー、ホットスタンプ等の加熱手段により、光学変化素子転写層622が支持体621から剥離して被記録体である基材カード1に転写されるものである。

0078

透明保護層付与部及び/又は光学変化素子層付与部60に移動したカード基材1は、この工程において、適宜、透明保護転写層および/または光学変化素子転写層が転写される。例えば、カード基材1上の画像情報を記録した部分にのみ透明保護転写層61を設けたり、カード基材1上の任意の位置に光学変化素子転写層62を設けたりすることができる。カード基材1の画像情報記録部分に透明保護転写層61を設ける際には、上記したように、サーマルヘッド、ヒートロール、ホットスタンプ等の加熱手段を利用して透明保護転写層がカード基材1に熱転写されるため、画像情報部分の再加熱を兼ねることになる。その結果、受像層中の色材と金属イオン含有化合物とのキレート反応がさらに促進することになり、より優れた発色と階調を有する画像情報をカード基材上に形成することができる。また、光学変化素子転写層をカード基材上に転写することにより、情報記録体の変造を抑制することができる。

0079

上記した透明保護層転写箔シートや光学変化素子転写箔シートは、従来公知のものを使用することができる。例えば、透明保護層としては、被記録体に記録された画像情報を保護するために、耐久性や透明性に優れた樹脂であれば、従来公知の何れの樹脂も使用でき、例えば、アクリル樹脂、セルロース系樹脂、ポリビニルアセタール樹脂、ポリエステル樹脂、ポリアミド樹脂エポキシ樹脂等が挙げられる。透明保護層は、例えば、適当な溶剤又は分散液に、上記の樹脂を溶解又は分散させた保護層塗工液を、支持体又は離型層の表面に、厚みが0.5〜5g/m2(乾燥基準)程度となるように塗布し、乾燥させることにより形成することができる。透明樹脂層の厚みは0.3〜50μmが好ましく、より好ましくは0.3〜30μm、特に好ましくは0.3〜20μmである。

0080

光学変化素子層としては、従来公知の光学変化素子を用いることができ、例えば、キネグラムのような回折格子の2次元CG画像であって線画像構成の画像が移動、回転、膨張縮小事由動き、変化する点に特徴があるもの、ピクセルグラムのような画像がポジネガに変化する点に特徴があるもの、OSD(Optical Security Device)のような色が金色から緑色に変化する点に特徴があるもの、LEAD(Long Economical Anticopy Device)のような画像が変化して見える点に特徴を有するもの、ストライプ型OVD(Optical VariableDevice)、金属箔、および日本印刷学会誌(1998年)第35巻第6号第482〜496頁に記載されているような素材、特殊な印刷法、特殊なインキ等により形成されたもの、を用いることができる。また、ホログラム等も好適に使用できる。

0081

また、上記の透明保護層転写箔シートや光学変化素子転写箔シートの支持体としては、ポリエチレンテレフタレート、ポリブチレンテレフタレート等のポリエステル樹脂、ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリメチルペンテン等のポリオレフィン樹脂、ポリフッ化ビニル、ポリフッ化ビニリデン、ポリ4フッ化エチレン、エチレン−4フッ化エチレン共重合体、等のポリフッ化エチレン系樹脂、ナイロン6、ナイロン6.6等のポリアミド樹脂、ポリ塩化ビニル、塩化ビニル/酢酸ビニル共重合体、エチレン/酢酸ビニル共重合体、エチレン/ビニルアルコール共重合体、ポリビニルアルコール、ビニロン等のビニル重合体、三酢酸セルロース、セロファン等のセルロース系樹脂、ポリメタアクリル酸メチル、ポリメタアクリル酸エチル、ポリアクリル酸エチル、ポリアクリル酸ブチル、等のアクリル系樹脂、ポリスチレン、ポリカーボネート、ポリアリレート、ポリイミド等の合成樹脂シート、又は上質紙、薄葉紙、グラシン紙、硫酸紙等の紙、金属箔等の単層体またはこれら2層以上の積層体が挙げられる。支持体の厚みは10〜200μm、好ましくは15〜80μmである。

0083

透明保護層転写箔シートや光学変化素子転写箔シートの接着層としては、熱貼着性樹脂としてエチレン酢酸ビニル樹脂エチンエチルアクリレート樹脂、エチレンアクリル酸樹脂、アイオノマー樹脂ポリブタジエン樹脂、アクリル樹脂、ポリスチレン樹脂、ポリエステル樹脂、オレフィン樹脂ウレタン樹脂粘着付与剤などが挙げられ、それらの共重合体や混合物でもよい。具体的には、ハイテックS−6254、S−6254B、S−3129等(東邦化学工業(株)製)、ジュリマーAT−210、AT−510、AT−613等(日本純薬(株)製)、プラスサイズL−201、SR−102、SR−103、J−4等(互応化学工業(株)製)の市販のものを使用することができる。接着層の厚みは0.1〜1.0μm程度である。

0084

また、透明保護層転写箔シートや光学変化素子転写箔シートは、支持体、離型層、透明保護層または光学変化素子層、ならびに接着層の各層の接着性を向上させるため、各層の間に中間層としてプライマー層バリア層が設けられていてもよい。

0085

透明保護転写層61および/または光学変化素子転写層62が転写されたカード基材1は、続いて、活性放射線硬化層付与部及び/又は活性放射線照射部70に移動する。本工程において、画像/文字情報が記録され、透明保護転写層等が転写されたカード基材1の表面に活性放射線硬化液が塗布され、活性放射線により露光が行なわれ、活性放射線硬化層が形成される。活性放射線硬化層は、カード基材上に記録された文字/画像情報や光学変化素子層等を保護し、情報記録体の耐久性を向上させるために設ける任意の層である。

0086

活性放射線硬化層は、紫外線電子線等の活性放射線の照射により硬化する樹脂であれば従来公知のものを使用することができ、例えばエポキシ変性アクリレート樹脂、ウレタン変性アクリレート樹脂、アクリル変性ポリエステル等に光重合開始剤光増感剤を添加した電離放射線硬化性樹脂を使用できる。電離放射線硬化樹脂は、これらの樹脂を主成分とする共重合樹脂、または、混合体アロイを含む)であっても良い。

0087

<情報記録体>
上記のようにして得られた情報記録体90は、図11に示すように、カード基材1の受像層3中に画像情報81および文字情報82が記録され、画像情報81が記録された部分には、透明保護転写層61が設けられ、また、カード基材表面の任意の位置に光学変化素子転写層62が設けられている。さらに、これら文字情報82、透明保護転写層61、および光学変化素子転写層62を覆うように、活性放射線硬化層71が設けられている。また、カード基材1の受像層3を設けていない側の面には、任意の層として、筆記層や帯電防止層(図示せず)を設けてもよい。

0088

1被記録体(ICカード)
2カード基材
3受像層
10画像情報記録用熱転写シート
11基材
12色材層(YMC)
13耐熱滑性層
20文字情報記録用熱転写シート
21 基材
22熱溶融ブラック色材層
23 被記録体の画像情報形成部分に相当する部分
30情報記録体製造装置
40 カード基材供給部
50情報記録部
60透明保護層付与部及び/又は光学変化素子層付与部
61 透明保護層転写箔シート
62光学変化素子転写箔シート
70樹脂層形成用塗工液付与部及び/又は活性放射線照射部
71 活性放射線硬化層
81 画像情報
82文字情報
90 情報記録体

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ