図面 (/)

技術 携帯電話を用いる電子支払手段の充填金額移転システム及びその方法

出願人 ティー-モネットカンパニーリミテッド
発明者 ファン,ジンウーリー,ソンクパク,ジンウー
出願日 2009年2月2日 (11年10ヶ月経過) 出願番号 2011-516102
公開日 2011年9月29日 (9年3ヶ月経過) 公開番号 2011-526022
状態 特許登録済
技術分野 デジタルマーク記録担体 特定用途計算機 金融・保険関連業務,支払い・決済 カ-ドリ-ダライタ及び複合周辺装置 記録担体の読み取り
主要キーワード 移転作業 入出力プロトコル 使用者識別番号 SIMチップ 充填過程 充填方式 移転処理 保安装置
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2011年9月29日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (13)

課題・解決手段

本発明は携帯電話を用いる電子支払手段の充填金額移転ステム係り、第1使用者から入力された充填金額移転要請情報によって第1電子決済支払手段に保存された充填残額検索し、移転すべき金額が充填残額より小さければ、生成された充填金額移転要請SMSを発信し、第1充填金額移転完了SMSを受信して第1電子決済支払手段に保存された充填残額を更新する第1使用者端末機と、充填金額移転要請SMSによって既に保存された第1使用者情報を検索するとともに充填金額移転確認要請SMSを生成して発信し、充填金額移転確認SMSを受信して充填保存DBに既に保存された第1及び第2使用者情報を更新し、生成した第1及び第2充填金額移転完了SMSを発信する充填サーバーと、充填金額移転確認要請SMSを受信して第2使用者から入力された充填金額移転確認情報によって充填金額移転確認SMSを生成して発信し、第2充填金額移転完了SMS受信して第2電子決済支払手段に保存された充填残額を更新する第2使用者端末機とを含む。

概要

背景

スマートカードはIC(IntegratedCircuit:集積回路記憶素子を装着して大容量の情報を格納することができる電子式クレジットカードであり、メモリ型スマートカード、マイクロプロセッサー内装スマートカード及び対話型スマートカードに区分される。

メモリスマートカードはマイクロプロセッサーを内蔵しないスマートカードで、公衆電話カード物品購入券のような有価証券として取り扱われる分野に主に使用するメモリの外に保安装置が含まれた形態と、保険証のような純粋データ保管用のもので、単にメモリだけ内蔵した形態を持つ。

マイクロプロセッサー内装スマートカードはマイクロプロセッサーとメモリを内蔵して、判断、演算及びデータ保護などの機能の遂行が可能なカードであり、対話型スマートカードはマイクロプロセッサー、メモリ、入出力プロトコル及びアプリケーションを内蔵して両方向への情報伝達支援するカードである。

普遍的にたくさん使われている対話型スマートカードは、その内部に内蔵したUSIM(Universal Subscriber Identity Module)にスマートカード識別情報充填金額情報を内蔵して、使用者物品購買交通料金決済の際に支払手段の役目をする。

このようなスマートカードはクレジットカードに取り替えられるが、発給基準が複雑であるから、青少年を含む学生が利用するのに困難さがあり、発給されたクレジットカードの紛失の際に莫大な害を被るため、多くの使用者が充填方式のスマートカードを好んでいる。

しかし、通用しているスマートカードは、内部に充填された残額一定金額を維持するように充填しなければならなく、このような充填過程は、使用者が現金を持ち、充填手段の備えられた場所を直接訪問して充填するか、あるいはコンピュータのような記録媒体を介してオンライン上で使用者確認及び金融社による充填決済を遂行しなければならない不便さをもたらす。

概要

本発明は携帯電話を用いる電子支払手段の充填金額移転ステム係り、第1使用者から入力された充填金額移転要請情報によって第1電子決済支払手段に保存された充填残額検索し、移転すべき金額が充填残額より小さければ、生成された充填金額移転要請SMSを発信し、第1充填金額移転完了SMSを受信して第1電子決済支払手段に保存された充填残額を更新する第1使用者端末機と、充填金額移転要請SMSによって既に保存された第1使用者情報を検索するとともに充填金額移転確認要請SMSを生成して発信し、充填金額移転確認SMSを受信して充填保存DBに既に保存された第1及び第2使用者情報を更新し、生成した第1及び第2充填金額移転完了SMSを発信する充填サーバーと、充填金額移転確認要請SMSを受信して第2使用者から入力された充填金額移転確認情報によって充填金額移転確認SMSを生成して発信し、第2充填金額移転完了SMS受信して第2電子決済支払手段に保存された充填残額を更新する第2使用者端末機とを含む。

目的

本発明は前記のような問題点を解消ためになされたもので、使用者が充填手段の備えられた場所を直接訪問するか、あるいはコンピュータのような記録媒体を介してオンライン上で使用者確認及び金融社による複雑な充填決済を遂行しなくても、無線で充填サーバーを経て第1使用者端末機の電子決済支払手段に充填された金額を第2使用者端末機の電子決済支払手段に移転させる、携帯電話を用いる電子支払手段の充填金額移転システム及びその方法を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

携帯電話を用いる電子支払手段の充填金額移転ステムにおいて、第1使用者10から入力された充填金額移転要請情報によって第1電子決済支払手段120に保存された充填残額検索し、移転すべき金額が充填残額より小さければ、生成された充填金額移転要請SMSを発信し、第1充填金額移転完了SMSを受信して前記第1電子決済支払手段120に保存された充填残額を更新する第1使用者端末機100;前記充填金額移転要請SMSによって既に保存された第1使用者情報を検索するとともに充填金額移転確認要請SMSを生成して発信し、充填金額移転確認SMSを受信して充填保存DB220に既に保存された第1及び第2使用者情報を更新し、生成した第1及び第2充填金額移転完了SMSを発信する充填サーバー200;及び前記充填金額移転確認要請SMSを受信して第2使用者20から入力された充填金額移転確認情報によって充填金額移転確認SMSを生成して発信し、前記第2充填金額移転完了SMS受信して第2電子決済支払手段330に保存された充填残額を更新する第2使用者端末機300;を含むことを特徴とする、携帯電話を用いる電子支払手段の充填金額移転システム。

請求項2

前記第1使用者端末機100は、前記第1使用者10の操作によって前記充填金額移転要請情報を受ける第1入力手段110;第1使用者の充填残額、第1端末機識別番号、前記充填金額移転要請情報、及び充填金額移転完了情報を保存する第1電子決済支払手段120;前記充填金額移転要請情報を受けて前記第1電子決済支払手段120に保存された充填残額を検索し、移転すべき金額が充填残額より小さければ、前記充填金額移転要請SMSを生成し、前記第1充填金額移転完了SMSによって前記第1電子決済支払手段120に保存された充填残額を更新し、充填残額が更新されることによって充填が完了したことを示す充填金額移転確認情報を生成する第1制御手段130;前記充填金額移転要請SMSを発信して前記第1充填金額移転完了SMSを受信する第1通信手段140;及び前記充填金額移転要請情報、充填残額、充填金額移転要請SMS、第1充填金額移転完了SMS、及び充填金額移転確認情報を出力する第1出力手段150;を含むことを特徴とする、請求項1に記載の携帯電話を用いる電子支払手段の充填金額移転システム。

請求項3

前記充填金額移転要請情報は、移転すべき金額、第2使用者端末機識別番号、及び第1使用者識別番号を含むことを特徴とする、請求項1に記載の携帯電話を用いる電子支払手段の充填金額移転システム。

請求項4

前記第1電子決済支払手段120に保存された充填残額の更新は、前記第1充填金額移転完了SMSによって前記第1電子決済支払手段120に既に保存された第1使用者の充填残額から前記充填金額移転要請情報に含まれた移転要請金額を差し引くことで、前記第1使用者情報に含まれた充填残額を更新することを特徴とする、請求項1に記載の携帯電話を用いる電子支払手段の充填金額移転システム。

請求項5

前記充填サーバー200は、前記充填金額移転要請SMSを受信して前記充填金額移転確認要請SMSを発信し、前記充填金額移転確認SMSを受信して前記第1及び第2充填金額移転完了SMSを発信する第2通信手段210;前記第1及び第2使用者情報、充填金額移転確認要請SMS、充填金額移転確認SMS、及び第1及び第2充填金額移転完了SMSを保存する充填保存DB220;及び前記充填金額移転要請SMSによって第1使用者情報を検索して前記充填金額移転確認要請SMSを生成し、前記充填金額移転確認SMSによって前記充填保存DB220に既に保存された前記第1使用者の充填残額から充填金額移転要請情報に含まれた移転要請金額を差し引き、差し引かれた金額に相当する前記第2使用者の充填残額を増減して前記第1及び第2使用者情報を更新して前記第1及び第2充填金額移転完了SMSを生成する充填金額移転手段230;を含むことを特徴とする、請求項1に記載の携帯電話を用いる電子支払手段の充填金額移転システム。

請求項6

前記第1及び第2使用者情報は、前記第1及び第2使用者の識別番号、第1及び第2使用者の端末機識別番号、及び第1及び第2使用者の充填残額を含むことを特徴とする、請求項1に記載の携帯電話を用いる電子支払手段の充填金額移転システム。

請求項7

前記第2使用者端末機300は、前記充填金額移転確認要請SMSを受信して前記充填金額移転確認SMSを発信し、前記第2充填金額移転完了SMSを受信する第3通信手段310;前記第2使用者20の操作による前記充填金額移転確認情報を受ける第2入力手段320;第2使用者の充填残額、第2端末機識別番号、前記充填金額移転確認情報、及び前記充填金額移転完了情報を保存する第2電子決済支払手段330;前記充填金額移転要請情報及び充填金額移転確認要請SMSを受けて前記充填金額移転確認SMSを生成し、前記第2充填金額移転完了SMSによって前記第2電子決済支払手段330に保存された充填残額を更新し、充填残額が更新されることによって充填が完了したことを示す前記充填金額移転完了情報を生成する第2制御手段340;及び前記充填金額移転確認要請SMS、充填金額移転確認情報、充填残額、充填金額移転確認SMS、第2充填金額移転完了SMS、及び充填金額移転完了情報を出力する第2出力手段350;を含むことを特徴とする、請求項1に記載の携帯電話を用いる電子支払手段の充填金額移転システム。

請求項8

前記第2電子決済支払手段330に保存された充填残額の更新は、前記第2充填金額移転完了SMSによって前記第2電子決済支払手段330に既に保存された前記第2使用者の充填残額から前記充填金額移転確認情報に含まれた移転確認金額を増減させることで、前記第2使用者情報に含まれた充填残額を更新することを特徴とする、請求項1に記載の携帯電話を用いる電子支払手段の充填金額移転システム。

請求項9

携帯電話を用いる電子支払手段の充填金額移転方法において、第1使用者端末機100が第1使用者10から充填金額移転要請情報を受けて充填残額を検索し、移転すべき金額が充填残額より小さければ、充填金額移転要請SMSを生成して充填金額移転要請SMSを充填サーバー200に発信する第1過程;前記充填サーバー200が第1使用者情報を検索して充填金額移転確認要請SMSを生成し、前記充填金額移転確認要請SMSを第2使用者端末機300に発信する第2過程;前記第2使用者端末機300が前記充填金額移転確認要請SMSを受信し、第2使用者20から充填金額移転確認情報を受信して充填金額移転確認SMSを生成し、前記充填金額移転確認SMSを前記充填サーバー200に発信する第3過程;前記充填サーバー200が前記充填金額移転確認SMSを受信して前記第1使用者情報及び第2使用者情報を更新し、第1充填金額移転完了SMSを生成して前記第1使用者端末機100に発信し、第2充填金額移転完了SMSを生成して前記第2使用者端末機300に発信する第4過程;前記第1使用者端末機100が受信した前記第1充填金額移転完了SMSによって充填残額を更新し、充填残額が更新されることによって充填が完了したことを示す充填金額移転確認情報を生成して前記第1使用者10に提供する第5過程;及び前記第2使用者端末機300が受信した前記第2充填金額移転完了SMSによって充填残額を更新し、充填残額が更新されることによって充填が完了したことを示す充填金額移転完了情報を生成して前記第2使用者20に提供する第6過程;を含むことを特徴とする、携帯電話を用いる電子支払手段の充填金額移転方法。

請求項10

前記第1過程において、前記移転すべき金額が検索された充填残額より大きければ、前記第1使用者10から前記充填金額移転要請情報をさらに受ける第7過程;をさらに含むことを特徴とする、請求項9に記載の携帯電話を用いる電子支払手段の充填金額移転方法。

請求項11

前記第6過程の後、第1使用者端末機400が前記第1使用者10から入力された充填金額移転取消要請情報によって充填金額移転取消SMSを生成して充填サーバー500に発信する第8過程;充填サーバー500が受信した充填金額移転取消SMSと対応する第1及び第2使用者情報を検索して第1及び第2使用者情報を更新し、第1充填金額移転取消完了SMSを生成して前記第1使用者端末機400に発信し、第2充填金額移転取消完了SMSを生成して第2使用者端末機600に発信する第9過程;前記第1使用者端末機400が受信した第1充填金額移転取消完了SMSによって充填残額を更新し、充填残額が更新されることによって充填が取り消されたことを示す充填金額移転取消完了情報を生成して前記第1使用者10に提供する第10過程;及び前記第2使用者端末機600が受信した第2充填金額移転取消完了SMSによって充填残額を更新し、充填残額が更新されることによって充填が取り消されたことを示す充填金額移転取消完了情報を生成して前記第2使用者20に提供する第11過程;をさらに含むことを特徴とする、請求項9に記載の携帯電話を用いる電子支払手段の充填金額移転方法。

請求項12

前記第6過程の後、第2使用者端末機600が前記第2使用者20から入力された充填金額移転拒絶要請情報によって充填金額移転拒絶SMSを生成して充填サーバー500に発信する第12過程;前記充填サーバー500が受信した充填金額移転拒絶SMSと対応する第1及び第2使用者情報を検索して前記第1及び第2使用者情報を更新し、第2充填金額移転拒絶完了SMSを生成して前記第2使用者端末機600に発信し、第1充填金額移転取消完了SMSを生成して第1使用者端末機400に発信する第13過程;前記第2使用者端末機600が受信した第2充填金額移転拒絶完了SMSによって充填残額を更新し、充填残額が更新されることによって充填金額移転が拒絶されたことを示す充填金額移転拒絶完了情報を生成して前記第2使用者20に提供する第14過程;及び前記第1使用者端末機400が受信した第1充填金額移転拒絶完了SMSによって充填残額を更新し、充填残額が更新されることによって充填金額移転が拒絶されたことを示す充填金額移転拒絶完了情報を生成して前記第1使用者10に提供する第15過程;をさらに含むことを特徴とする、請求項9に記載の携帯電話を用いる電子支払手段の充填金額移転方法。

請求項13

携帯電話を用いる電子支払手段の充填金額移転方法において、充填サーバー200が第1使用者端末機100から受信した充填金額移転要請SMSによって第1使用者情報を検索して生成した充填金額移転確認要請SMSを前記第1使用者端末機100に発信する第16過程;前記第1使用者端末機100が前記充填金額移転確認要請SMSを受信して内部に保存された充填残額を差し引いて更新し、第1充填金額移転完了SMSを生成して第1使用者10に提供するとともに前記充填サーバー200に発信する第17過程;前記充填サーバー200が前記第1充填金額移転完了SMSを受信して検索された第1使用者情報の充填残額を差し引いて更新し、第2使用者情報を検索して生成した充填金額移転確認要請SMSを第2使用者端末機300に発信する第18過程;前記第2使用者端末機300が第2使用者20から入力された充填金額移転確認情報によって内部に保存された充填残額を増減して更新するとともに生成した第2充填金額移転完了SMSを前記充填サーバー200に発信するとともに前記第2使用者20に提供する第19過程;及び前記充填サーバー200が前記第2充填金額移転完了SMSを受信して検索された第2使用者の充填残額を増減して更新する第20過程;を含むことを特徴とする、携帯電話を用いる電子支払手段の充填金額移転方法。

請求項14

前記第1使用者端末機100が前記第1使用者10から充填金額移転取消要請情報を受けて生成した充填金額移転取消SMSを前記充填サーバー200に発信する第21過程;を含み、前記充填サーバー200が前記第16過程の手続きを行う前に前記第1充填金額移転取消SMSを受信すれば、前記第1使用者10の充填残額を増減して更新し、第1充填金額移転取消完了SMSを生成して前記第1使用者端末機100に発信する第22過程;及び前記第1使用者端末機100が受信した第1充填金額移転取消完了SMSによって内部に保存された充填金額を増減して更新するとともに生成した充填金額移転取消完了情報を前記第1使用者10に提供する第23過程;を含むことを特徴とする、請求項13に記載の携帯電話を用いる電子支払手段の充填金額移転方法。

技術分野

0001

本発明は携帯電話を用いる電子支払手段の充填金額移転ステム及びその方法に係り、より詳しくは情報通信網を介して充填サーバーを経て第1使用者端末機電子決済支払手段に充填された金額を第2使用者端末機の電子決済支払手段に移転させる、携帯電話を用いる電子支払手段の充填金額移転システム及びその方法に関する。

背景技術

0002

スマートカードはIC(IntegratedCircuit:集積回路記憶素子を装着して大容量の情報を格納することができる電子式クレジットカードであり、メモリ型スマートカード、マイクロプロセッサー内装スマートカード及び対話型スマートカードに区分される。

0003

メモリスマートカードはマイクロプロセッサーを内蔵しないスマートカードで、公衆電話カード物品購入券のような有価証券として取り扱われる分野に主に使用するメモリの外に保安装置が含まれた形態と、保険証のような純粋データ保管用のもので、単にメモリだけ内蔵した形態を持つ。

0004

マイクロプロセッサー内装スマートカードはマイクロプロセッサーとメモリを内蔵して、判断、演算及びデータ保護などの機能の遂行が可能なカードであり、対話型スマートカードはマイクロプロセッサー、メモリ、入出力プロトコル及びアプリケーションを内蔵して両方向への情報伝達支援するカードである。

0005

普遍的にたくさん使われている対話型スマートカードは、その内部に内蔵したUSIM(Universal Subscriber Identity Module)にスマートカード識別情報と充填金額情報を内蔵して、使用者物品購買交通料金決済の際に支払手段の役目をする。

0006

このようなスマートカードはクレジットカードに取り替えられるが、発給基準が複雑であるから、青少年を含む学生が利用するのに困難さがあり、発給されたクレジットカードの紛失の際に莫大な害を被るため、多くの使用者が充填方式のスマートカードを好んでいる。

0007

しかし、通用しているスマートカードは、内部に充填された残額一定金額を維持するように充填しなければならなく、このような充填過程は、使用者が現金を持ち、充填手段の備えられた場所を直接訪問して充填するか、あるいはコンピュータのような記録媒体を介してオンライン上で使用者確認及び金融社による充填決済を遂行しなければならない不便さをもたらす。

発明が解決しようとする課題

0008

本発明は前記のような問題点を解消ためになされたもので、使用者が充填手段の備えられた場所を直接訪問するか、あるいはコンピュータのような記録媒体を介してオンライン上で使用者確認及び金融社による複雑な充填決済を遂行しなくても、無線で充填サーバーを経て第1使用者端末機の電子決済支払手段に充填された金額を第2使用者端末機の電子決済支払手段に移転させる、携帯電話を用いる電子支払手段の充填金額移転システム及びその方法を提供することに特徴的な目的がある。

課題を解決するための手段

0009

このような技術的課題を達成するための本発明の第1実施例による携帯電話を用いる電子支払手段の充填金額移転システムは、第1使用者から入力された充填金額移転要請情報によって第1電子決済支払手段に保存された充填残額検索し、移転すべき金額が充填残額より小さければ、生成された充填金額移転要請SMSを発信し、第1充填金額移転完了SMSを受信して第1電子決済支払手段に保存された充填残額を更新する第1使用者端末機と、充填金額移転要請SMSによって既に保存された第1使用者情報を検索するとともに充填金額移転確認要請SMSを生成して発信し、充填金額移転確認SMSを受信して充填保存DBに既に保存された第1及び第2使用者情報を更新し、生成した第1及び第2充填金額移転完了SMSを発信する充填サーバーと、充填金額移転確認要請SMSを受信して第2使用者から入力された充填金額移転確認情報によって充填金額移転確認SMSを生成して発信し、第2充填金額移転完了SMS受信して第2電子決済支払手段に保存された充填残額を更新する第2使用者端末機とを含む。

0010

また、第1使用者端末機は、第1使用者の操作によって充填金額移転要請情報を受ける第1入力手段と、第1使用者の充填残額、第1端末機識別番号、充填金額移転要請情報、及び充填金額移転完了情報を保存する第1電子決済支払手段と、充填金額移転要請情報を受けて第1電子決済支払手段に保存された充填残額を検索し、移転すべき金額が充填残額より小さければ、充填金額移転要請SMSを生成し、第1充填金額移転完了SMSによって第1電子決済支払手段に保存された充填残額を更新し、充填残額が更新されることによって充填が完了したことを示す充填金額移転確認情報を生成する第1制御手段と、充填金額移転要請SMSを発信して第1充填金額移転完了SMSを受信する第1通信手段と、充填金額移転要請情報、充填残額、充填金額移転要請SMS、第1充填金額移転完了SMS、及び充填金額移転確認情報を出力する第1出力手段とを含む。

0011

また、充填金額移転要請情報は、移転すべき金額、第2使用者端末機識別番号、及び第1使用者識別番号を含むことを特徴とする。

0012

また、第1電子決済支払手段に保存された充填残額の更新は、第1充填金額移転完了SMSによって第1電子決済支払手段に既に保存された第1使用者の充填残額から充填金額移転要請情報に含まれた移転要請金額を差し引くことで、第1使用者情報に含まれた充填残額を更新することを特徴とする。

0013

また、充填サーバーは、充填金額移転要請SMSを受信して充填金額移転確認要請SMSを発信し、充填金額移転確認SMSを受信して第1及び第2充填金額移転完了SMSを発信する第2通信手段と、第1及び第2使用者情報、充填金額移転確認要請SMS、充填金額移転確認SMS、及び第1及び第2充填金額移転完了SMSを保存する充填保存DBと、充填金額移転要請SMSによって第1使用者情報を検索して充填金額移転確認要請SMSを生成し、充填金額移転確認SMSによって充填保存DBに既に保存された第1使用者の充填残額から充填金額移転要請情報に含まれた移転要請金額を差し引き、差し引かれた金額に相当する第2使用者の充填残額を増減して第1及び第2使用者情報を更新して第1及び第2充填金額移転完了SMSを生成する充填金額移転手段とを含むことを特徴とする。

0014

また、第1及び第2使用者情報は、第1及び第2使用者の識別番号、第1及び第2使用者の端末機識別番号、及び第1及び第2使用者の充填残額を含むことを特徴とする。

0015

また、第2使用者端末機は、充填金額移転確認要請SMSを受信して充填金額移転確認SMSを発信し、第2充填金額移転完了SMSを受信する第3通信手段と、第2使用者の操作による充填金額移転確認情報を受ける第2入力手段と、第2使用者の充填残額、第2端末機識別番号、充填金額移転確認情報、及び充填金額移転完了情報を保存する第2電子決済支払手段と、充填金額移転要請情報及び充填金額移転確認要請SMSを受けて充填金額移転確認SMSを生成し、第2充填金額移転完了SMSによって第2電子決済支払手段に保存された充填残額を更新し、充填残額が更新されることによって充填が完了したことを示す充填金額移転完了情報を生成する第2制御手段と、充填金額移転確認要請SMS、充填金額移転確認情報、充填残額、充填金額移転確認SMS、第2充填金額移転完了SMS、及び充填金額移転完了情報を出力する第2出力手段とを含む。

0016

そして、第2電子決済支払手段に保存された充填残額の更新は、第2充填金額移転完了SMSによって第2電子決済支払手段に既に保存された第2使用者の充填残額から充填金額移転確認情報に含まれた移転確認金額を増減させることで、第2使用者情報に含まれた充填残額を更新することを特徴とする。

0017

一方、本発明の第1実施例による携帯電話を用いる電子支払手段の充填金額移転方法は、第1使用者端末機が第1使用者から充填金額移転要請情報を受けて充填残額を検索し、移転すべき金額が充填残額より小さければ、充填金額移転要請SMSを生成して充填金額移転要請SMSを充填サーバーに発信する第1過程と、充填サーバーが第1使用者情報を検索して充填金額移転確認要請SMSを生成し、充填金額移転確認要請SMSを第2使用者端末機に発信する第2過程と、第2使用者端末機が充填金額移転確認要請SMSを受信し、第2使用者から充填金額移転確認情報を受信して充填金額移転確認SMSを生成し、充填金額移転確認SMSを充填サーバーに発信する第3過程と、充填サーバーが充填金額移転確認SMSを受信して第1使用者情報及び第2使用者情報を更新し、第1充填金額移転完了SMSを生成して第1使用者端末機に発信し、第2充填金額移転完了SMSを生成して第2使用者端末機に発信する第4過程と、第1使用者端末機が受信した第1充填金額移転完了SMSによって充填残額を更新し、充填残額が更新されることによって充填が完了したことを示す充填金額移転確認情報を生成して第1使用者に提供する第5過程と、第2使用者端末機が受信した第2充填金額移転完了SMSによって充填残額を更新し、充填残額が更新されることによって充填が完了したことを示す充填金額移転完了情報を生成して第2使用者に提供する第6過程とを含む。

0018

また、第1過程において、移転すべき金額が検索された充填残額より大きければ、第1使用者から充填金額移転要請情報をさらに受ける第7過程をさらに含む。

0019

また、第1使用者端末機が第1使用者から入力された充填金額移転取消要請情報によって充填金額移転取消SMSを生成して充填サーバーに発信する第8過程と、充填サーバーが受信した充填金額移転取消SMSと対応する第1及び第2使用者情報を検索して第1及び第2使用者情報を更新し、第1充填金額移転取消完了SMSを生成して第1使用者端末機に発信し、第2充填金額移転取消完了SMSを生成して第2使用者端末機に発信する第9過程と、第1使用者端末機が受信した第1充填金額移転取消完了SMSによって充填残額を更新し、充填残額が更新されることによって充填が取り消されたことを示す充填金額移転取消完了情報を生成して第1使用者に提供する第10過程と、第2使用者端末機が受信した第2充填金額移転取消完了SMSによって充填残額を更新し、充填残額が更新されることによって充填が取り消されたことを示す充填金額移転取消完了情報を生成して第2使用者に提供する第11過程とをさらに含む。

0020

そして、第2使用者端末機が第2使用者から入力された充填金額移転拒絶要請情報によって充填金額移転拒絶SMSを生成して充填サーバーに発信する第12過程と、充填サーバーが受信した充填金額移転拒絶SMSと対応する第1及び第2使用者情報を検索して第1及び第2使用者情報を更新し、第2充填金額移転拒絶完了SMSを生成して第2使用者端末機に発信し、第1充填金額移転取消完了SMSを生成して第1使用者端末機に発信する第13過程と、第2使用者端末機が受信した第2充填金額移転拒絶完了SMSによって充填残額を更新し、充填残額が更新されることによって充填金額移転が拒絶されたことを示す充填金額移転拒絶完了情報を生成して第2使用者に提供する第14過程と、第1使用者端末機が受信した第1充填金額移転拒絶完了SMSによって充填残額を更新し、充填残額が更新されることによって充填金額移転が拒絶されたことを示す充填金額移転拒絶完了情報を生成して第1使用者に提供する第15過程とをさらに含む。

0021

一方、本発明の第2実施例による携帯電話を用いる電子支払手段の充填金額移転方法は、充填サーバーが第1使用者端末機100から受信した充填金額移転要請SMSによって第1使用者情報を検索して生成した充填金額移転確認要請SMSを前記第1使用者端末機に発信する第16過程と、第1使用者端末機が充填金額移転確認要請SMSを受信して内部に保存された充填残額を差し引いて更新し、第1充填金額移転完了SMSを生成して第1使用者に提供するとともに充填サーバーに発信する第17過程と、充填サーバーが第1充填金額移転完了SMSを受信して検索された第1使用者情報の充填残額を差し引いて更新し、第2使用者情報を検索して生成した充填金額移転確認要請SMSを第2使用者端末機に発信する第18過程と、第2使用者端末機が第2使用者から入力された充填金額移転確認情報によって内部に保存された充填残額を増減して更新するとともに生成した第2充填金額移転完了SMSを充填サーバーに発信するとともに第2使用者に提供する第19過程と、充填サーバー200が第2充填金額移転完了SMSを受信して検索された第2使用者の充填残額を増減して更新する第20過程とを含む。

0022

そして、第1使用者端末機が第1使用者から充填金額移転取消要請情報を受けて生成した充填金額移転取消SMSを充填サーバーに発信する第21過程を含み、充填サーバーが第16過程の手続きを行う前に第1充填金額移転取消SMSを受信すれば、第1使用者の充填残額を増減して更新し、第1充填金額移転取消完了SMSを生成して第1使用者端末機に発信する第22過程と、第1使用者端末機が受信した第1充填金額移転取消完了SMSによって内部に保存された充填金額を増減して更新するとともに生成した充填金額移転取消完了情報を第1使用者に提供する第23過程とを含むことを特徴とする。

発明の効果

0023

前記のような本発明によれば、情報通信網を介して無線で充填サーバーを経て第1使用者端末機の電子決済支払手段に充填された金額を第2使用者端末機の電子決済支払手段に移転させることで、使用者が充填手段の備えられた場所を直接訪問するか、あるいはコンピュータのような記録媒体を介してオンライン上で使用者確認及び金融社による複雑な充填決済を遂行しなくても、端末機に充填された充填金額を他の使用者の端末機に移転することができる効果がある。

0024

また、使用者が現金、クレジットカード、銀行口座及びマイレージを備えなくても他の使用者の端末機に充填金額を移転させることができる効果がある。

図面の簡単な説明

0025

本発明の第1実施例による携帯電話を用いる電子支払手段の充填金額移転システムSを示す構成図である。
本発明の第1実施例による携帯電話を用いる電子支払手段の充填金額移転システムの第1使用者端末機100の構成要素間の関係を示す図である。
本発明の第1実施例による携帯電話を用いる電子支払手段の充填金額移転システムの充填サーバー200の構成要素間の関係を示す図である。
本発明の第1実施例による携帯電話を用いる電子支払手段の充填金額移転システムの第2使用者端末機300の構成要素間の関係を示す図である。
本発明の第1実施例による携帯電話を用いる電子支払手段の充填金額移転方法を示すフローチャートである。
本発明の第1実施例による携帯電話を用いる電子支払手段の充填金額移転方法の構成要素間の関係を示すフローチャートである。
本発明の第1実施例による携帯電話を用いる電子支払手段の充填金額移転方法に対する第1使用者端末機100の一例を示すフローチャートである。
本発明の第1実施例による携帯電話を用いる電子支払手段の充填金額移転方法に対する第2使用者端末機300の一例を示すフローチャートである。
本発明の第1実施例による携帯電話を用いる電子支払手段の充填金額移転方法の充填金額取消方法を示すフローチャートである。
本発明の第1実施例による携帯電話を用いる電子支払手段の充填金額移転方法の充填金額拒絶方法を示すフローチャートである。
本発明の第2実施例による携帯電話を用いる電子支払手段の充填金額移転方法を示すフローチャートである。
本発明の第2実施例による携帯電話を用いる電子支払手段の充填金額移転方法の充填金額取消方法を示すフローチャートである。

実施例

0026

本発明の具体的な特徴及び利点は添付図面に基づいた以降の詳細な説明からより明らかになるであろう。これに先立ち、本明細書及び請求範囲に使用された用語や単語は発明者が自分の発明を最良の方法で説明するために用語の概念を適切に定義することができるという原則に従い、本発明の技術的思想に合う意味と概念に解釈されなければならない。また、本発明に係わる公知機能及びその構成についての具体的な説明が本発明の要旨を不必要にあいまいにすることができると判断される場合には、その具体的な説明を省略することに気をつけなければならない。

0027

図1は本発明による携帯電話を用いる電子支払手段の充填金額移転システムSを示す構成図、図2は本発明の携帯電話を用いる電子支払手段の充填金額移転システムによる第1使用者端末機100の構成要素間の関係を示す図、図3は本発明の携帯電話を用いる電子支払手段の充填金額移転システムによる充填サーバー200の構成要素間の関係を示す図、図4は本発明の携帯電話を用いる電子支払手段の充填金額移転システムによる第2使用者端末機300の構成要素間の関係を示す図である。

0028

本発明の第1実施例による携帯電話を用いる電子支払手段の充填金額移転システムSは、図1に示すように、第1使用者端末機100、充填サーバー200及び第2使用者端末機300を含んでなる。

0029

以下では説明を省略するが、本発明による第1使用者端末機100、充填サーバー200及び第2使用者端末機300間の情報伝送無線インターネットを支援するプロトコルであるWAP(Wireless Access Protocol)を含む情報通信網を介してなされ、第1使用者端末機100及び第2使用者端末機300の内部にはスマートカード(以下、‘第1電子決済支払手段及び第2電子決済支払手段’)を備えるとともに充填サーバー200との接続を提供するVM(Virtual Machine)が搭載された3G(3 Generation)端末機であるものであると想定する。

0030

第1使用者端末機100は、第1使用者10から入力された充填金額移転要請情報によって第1電子決済支払手段に保存された充填残額を検索し、移転すべき金額が充填残額より小さければ、生成された充填金額移転要請SMS(Shot Message Service)を発信し、第1充填金額移転完了SMSを受信し、第1電子決済支払手段に保存された充填残額を更新する機能をするもので、第1入力手段110、第1電子決済支払手段120、第1制御手段130、第1通信手段140及び第1出力手段150を含んでなる。

0031

具体的に図2を参照して説明すれば、第1入力手段110は第1使用者10の操作による充填金額移転要請情報を受け、第1電子決済支払手段120は第1使用者の充填残額、第1端末機識別番号、充填金額移転要請情報及び充填金額移転完了情報を保存する。

0032

ここで、第1電子決済支払手段120は第1使用者端末機100に挿入されるUSIM(Universal Subscriber Identity Module)チップ及びOTA(Over The Air)チップのいずれか一つでなり、充填金額移転要請情報は、移転すべき金額、第2使用者端末機識別番号、及び第1使用者識別番号を含む。

0033

第1制御手段130は、充填金額移転要請情報を受け、第1電子決済支払手段120に保存された充填残額を検索し、移転すべき金額が充填残額より小さければ、充填金額移転要請SMSを生成し、第1充填金額移転完了SMSによって第1電子決済支払手段120に保存された充填残額を更新し、充填残額が更新されることによって充填が完了したことを示す充填金額移転確認情報を生成する。

0034

ここで、第1電子決済支払手段120に保存された充填残額の更新は、第1充填金額移転完了SMSによって既に保存された第1使用者の充填残額から充填金額移転要請情報に含まれた移転要請金額を差し引くことで、第1使用者情報に含まれた充填残額を更新する。

0035

また、充填金額移転要請情報によって充填残額を検索し、移転すべき金額が充填残額より大きければ、第1使用者10から充填金額移転要請情報をさらに受ける。

0036

第1通信手段140は充填金額移転要請SMSを発信して第1充填金額移転完了SMSを受信し、第1出力手段150は充填金額移転要請情報、充填残額、充填金額移転要請SMS、第1充填金額移転完了SMS、及び充填金額移転確認情報を出力する。

0037

充填サーバー200は、充填金額移転要請SMSによって既に保存された第1使用者情報を検索するとともに充填金額移転確認要請SMSを生成して発信し、充填金額移転確認SMSを受信して既に保存された第1及び第2使用者情報を更新し、生成した第1及び第2充填金額移転完了SMSを発信する機能をするもので、第2通信手段210、充填保存DB220、及び充填金額移転手段230を含んでなる。

0038

具体的に図3を参照して説明すれば、第2通信手段210は、充填金額移転要請SMSを受信して充填金額移転確認要請SMSを発信し、充填金額移転確認SMSを受信して第1及び第2充填金額移転完了SMSを発信する。

0039

充填保存DB220は、第1及び第2使用者情報、充填金額移転確認要請SMS、充填金額移転確認SMS、及び第1及び第2充填金額移転完了SMSを保存する。ここで、第1及び第2使用者情報は、第1及び第2使用者識別番号、第1及び第2使用者の端末機識別番号、及び第1及び第2使用者の充填残額を含む。

0040

充填金額移転手段230は、充填金額移転要請SMSによって第1使用者情報を検索して充填金額移転確認要請SMSを生成する。

0041

また、充填金額移転確認SMSによって既に保存された第1使用者の充填残額から充填金額移転要請情報に含まれた移転要請金額を差し引き、差し引かれた金額に相当する第2使用者の充填残額を増減して第1及び第2使用者情報を更新することで第1及び第2充填金額移転完了SMSを生成する。

0042

第2使用者端末機300は、充填金額移転確認要請SMSを受信し、第2使用者20から入力された充填金額移転確認情報によって充填金額移転確認SMSを生成して発信し、第2充填金額移転完了SMS受信して第2電子決済支払手段に保存された充填残額を更新する機能をするもので、第2通信手段310、第2入力手段320、第2電子決済支払手段330、第2制御手段340、及び第2出力手段350を含んでなる。

0043

具体的に図4を参照して説明すれば、第2通信手段310は、充填金額移転確認要請SMSを受信して充填金額移転確認SMSを発信し、第2充填金額移転完了SMSを受信する。

0044

第2入力手段320は第2使用者20の操作による充填金額移転確認情報を受け、第2電子決済支払手段330は充填残額、第2端末機識別番号、充填金額移転確認情報、及び充填金額移転完了情報を保存する。

0045

ここで、第2電子決済支払手段330は、第1電子決済支払手段120と同様に、USIMチップ及びOTAチップのいずれか一つでなり、充填金額移転確認情報は移転される金額及び第1使用者端末機識別番号を含む。

0046

第2制御手段340は、充填金額移転要請情報及び充填金額移転確認要請SMSを受けて充填金額移転確認SMSを生成し、第2充填金額移転完了SMSによって第2電子決済支払手段330に保存された充填残額を更新し、充填残額が更新されることによって充填が完了したことを示す充填金額移転完了情報を生成する。

0047

ここで、第2電子決済支払手段330に保存された充填残額の更新は、第2充填金額移転完了SMSによって既に保存された第2使用者の充填残額から充填金額移転確認情報に含まれた移転確認金額を増減させることで、第2使用者情報に含まれた充填残額を更新する。

0048

第2出力手段350は、充填金額移転確認要請SMS、充填金額移転確認情報、充填残額、充填金額移転確認SMS、第2充填金額移転完了SMS、及び充填金額移転完了情報を出力する。

0049

以下、上述した本発明による携帯電話を用いる電子支払手段の充填金額移転システムSによる充填金額移転方法について図5及び図6を参照して説明すれば次のようである。

0050

まず、第1使用者端末機100が第1使用者10から充填金額移転要請情報を受けて充填残額を検索し(S10)、移転すべき金額が充填残額より小さければ、充填金額移転要請SMSを生成し(S20、S30)、充填金額移転要請SMSを充填サーバー200に発信する(S40)。

0051

ついで、充填サーバー200が第1使用者情報を検索して充填金額移転確認要請SMSを生成し(S50、S60)、充填金額移転確認要請SMSを第2使用者端末機300に発信する(S70)。

0052

また、充填金額移転確認要請SMSと対応するように検索された第1使用者情報を更新し(S80)、生成した第1充填金額移転完了SMSを第1使用者端末機100に発信する(S90、S100)。

0053

ついで、第1使用者端末機100が受信した第1充填金額移転完了SMSによって充填残額を差し引いて更新し(S110)、充填残額が更新されることによって充填が完了したことを示す充填金額移転確認情報を生成して第1使用者10に提供する(S120)。

0054

一方、第2使用者端末機300が充填サーバー200から充填金額移転確認要請SMSを受信し(S70)、第2使用者20から充填金額移転確認情報を受信して充填金額移転確認SMSを生成し(S130)、充填金額移転確認SMSを充填サーバー200に発信する(S140)。

0055

ついで、充填サーバー200が充填金額移転確認SMSを受信して第2使用者情報を更新し(S150)、第2充填金額移転完了SMSを生成して第2使用者端末機300に発信する(S160、S170)。

0056

そして、第2使用者端末機300が受信した第2充填金額移転完了SMSによって充填残額を更新し(S180)、充填残額が更新されることによって充填が完了したことを示す充填金額移転完了情報を生成して第2使用者20に提供する(S190)。

0057

また、上述したS20段階で移転すべき金額が検索された充填残額より大きければ、第1使用者から充填金額移転要請情報をさらに受ける(S200)。

0058

図7及び図8は本発明による携帯電話を用いる電子支払手段の充填金額移転システムSを利用した充填金額移転方法の一例を示す図であり、図7プレゼントすることは充填金額移転要請情報と理解することができ、第1電子決済手段の検索をChip accessと解釈することができ、既存の残額は第1使用者端末機100の充填残額と、プレゼントすべき携帯電話番号は第2使用者端末機識別番号と解釈することが好ましい。

0059

以下、上述した本発明の第1実施例による携帯電話を用いる電子支払手段の充填金額移転システムSを利用した充填金額移転方法の取消及び拒絶方法について図9及び図10を参照して説明すれば次のようである。

0060

以下では説明を省略するが、充填金額移転方法の取消及び拒絶方法による充填金額移転取消SMS生成、第1充填金額移転取消完了SMSによる充填残額更新、及び第1充填金額移転拒絶完了SMSによる充填残額の更新は第1使用者端末機100が含む第1制御手段130によって行われるものであると想定する。

0061

また、第2充填金額移転取消完了SMSによる充填残額の更新、充填金額移転拒絶SMS生成、及び第2充填金額移転拒絶完了SMSによる充填残額の更新は第2使用者端末機300が含む第2制御手段340によって行われるものであると想定する。

0062

まず、図9を参照して充填金額移転取消方法について説明すれば次のようである。

0063

第1使用者端末機100が第1使用者10から受けた充填金額移転取消要請情報によって充填金額移転取消SMSを生成して充填サーバー200に発信する(S210、S220)。

0064

ついで、充填サーバー200が受信した充填金額移転取消SMSと対応する第1及び第2使用者情報を検索して第1及び第2使用者情報を更新し(S230a、S240a)、第1充填金額移転取消完了SMSを生成して第1使用者端末機100に発信し(S250a、S260a)、第2充填金額移転取消完了SMSを生成して第2使用者端末機300に発信する(S270a、S280a)。

0065

ついで、第1使用者端末機100が受信した第1充填金額移転取消完了SMSによって差し引かれた充填残額を増減して更新し(S290)、充填残額が更新されることによって充填が取り消されたことを示す充填金額移転取消完了情報を生成して第1使用者10に提供する(S300)。

0066

そして、第2使用者端末機300が受信した第2充填金額移転取消完了SMSによって増減された充填残額を差し引いて更新し(S310)、充填残額が更新されることによって充填が取り消されたことを示す充填金額移転取消完了情報を生成して第2使用者20に提供する(S320)。

0067

一方、図10を参照して本発明の第1実施例による充填金額移転拒絶方法について説明すれば次のようである。第2使用者端末機300が第2使用者20から入力された充填金額移転拒絶要請情報によって充填金額移転拒絶SMSを生成して充填サーバー200に発信する(S330、S340)。

0068

ついで、充填サーバー200が受信した充填金額移転拒絶SMSと対応する第1及び第2使用者情報を検索して第1及び第2使用者情報を更新し(S230b、S240b)、第2充填金額移転拒絶完了SMSを生成して第2使用者端末機300に発信し(S240b、S250b)、第1充填金額移転取消完了SMSを生成して第1使用者端末機100に発信する(S270b、S280b)。

0069

ついで、第2使用者端末機300が受信した第2充填金額移転拒絶完了SMSによって増減された充填残額を差し引いて更新し(S350)、充填残額が更新されることによって充填金額移転が拒絶されたことを示す充填金額移転拒絶完了情報を生成して第2使用者20に提供する(S360)。

0070

そして、第1使用者端末機100が受信した第1充填金額移転拒絶完了SMSによって差し引かれた充填残額を増減して更新し(S370)、充填残額が更新されることによって充填金額移転が拒絶されたことを示す充填金額移転拒絶完了情報を生成して第1使用者10に提供する(S380)。

0071

以下、本発明の第2実施例による充填金額移転方法について説明する。第2実施例による携帯電話を用いる電子支払手段の充填金額移転方法は第1実施例システム及びその方法に基づくが、図11に示すように、第1使用者端末機、充填サーバー及び第2使用者端末機のそれぞれの構成間の充填金額移転処理による処理過程が異なる。

0072

すなわち、第1実施例は、第1使用者端末機100から充填金額移転要請SMSを受信した充填サーバー200が充填金額を差し引いて第1使用者情報の充填残額を差し引いて更新し、生成した第1充填金額移転完了SMSを第1使用者端末機100に発信した後、第1使用者端末機100が第1充填金額移転完了SMSを受信すれば、内部に保存された充填残額を差し引いて更新して充填金額の移転作業を完了するように構成される。

0073

また、第2使用者端末機300が充填金額移転確認要請SMSを受信するとともに第2使用者20から充填金額移転確認情報を受けて生成した充填金額移転確認SMSを充填サーバー200に発信し、充填サーバー200が充填金額を差し引いて第2使用者情報の充填残額を増減して更新し、生成した第2充填金額移転完了SMSを第2使用者端末機300に発信した後、第2使用者端末機300が第2充填金額移転完了SMSを受信すれば、内部に保存された充填残額を増減して更新して充填金額の移転作業を完了するように構成される。

0074

一方、本発明による第2実施例の充填金額移転方法は、第1使用者端末機100から充填金額移転要請SMSを受信した充填サーバー200が第1使用者情報を検索して生成した充填金額移転確認要請SMSを第1使用者端末機100に発信する(S390〜S450)。

0075

ついで、充填金額移転確認要請SMSを受信した第1使用者端末機100が内部に保存された充填残額を差し引いて更新するとともに第1充填金額移転完了SMSを生成して第1使用者10に提供するとともに充填サーバー200に発信する(S460〜S490)。

0076

その後、充填サーバー200が第1充填金額移転完了SMSを受信して検索された第1使用者情報の充填残額を差し引いて更新し(S500)、第2使用者情報を検索して生成された充填金額移転確認要請SMSを第2使用者端末機300に発信する(S510、S520)。

0077

ついで、第2使用者20から充填金額移転確認情報を受けた第2使用者端末機300が内部に保存された充填残額を増減して更新するとともに生成した第2充填金額移転完了SMSを充填サーバー200に発信するとともに第2使用者20に提供する(S530〜S560)。

0078

そして、充填サーバー200が第2充填金額移転完了SMSを受信して検索された第2使用者の充填残額を増減して更新する(S570)。

0079

また、前記第1実施例のS200段階と同様に、移転すべき金額が検索された充填残額より大きければ、第1使用者から充填金額移転要請情報をさらに受ける(S580)。

0080

以下、図12を参照して本発明の第2実施例による充填金額移転方法の充填金額移転取消過程について説明すれば次のようである。

0081

第1使用者端末機100が第1使用者10から充填金額移転取消要請情報を受ける。これを受けた第1使用者端末機100は生成した充填金額移転取消SMSを充填サーバー200に発信する(S580、S590)。

0082

この際、充填サーバー200が前記S520段階に先立ち、つまり第2使用者端末機300に充填金額移転確認要請SMSを発信する手続きを行うに先立ち、第1使用者端末機100から充填金額移転取消SMSを受信すれば、第1使用者の充填残額を増減して更新し(S600)、第1充填金額移転取消完了SMSを生成して第1使用者端末機100に発信する(S610、S620)。

0083

そして、第1使用者端末機100が受信した第1充填金額移転取消完了SMSによって内部に保存された充填金額を増減して更新するとともに生成した充填金額移転取消完了情報を第1使用者10に提供する(S630、S640)。

0084

以上、本発明の技術的思想を例示するための好適な実施例に基づいて説明して示したが、本発明はこのように示されるか説明されたような構成及び作用にだけ限定されるものではなく、技術的思想の範疇を逸脱することなしに、本発明の多数の変更及び修正が可能であることが当業者であればよく理解可能であろう。したがって、そのようないずれの適切な変更、修正及び均等物も本発明の範囲に属するものと見なされなければならない。

0085

S:携帯電話を用いる電子支払手段の充填金額移転システム
10:第1使用者
20:第2使用者
100:第1使用者端末機
110:第1入力手段
120:第1電子決済支払手段
130:第1制御手段
140:第1通信手段
150:第1出力手段
200:充填サーバー
210:第2通信手段
220:充填保存DB
230:充填金額移転手段
300:第2使用者端末機
310:第3通信手段
320:第2入力手段
330:第2電子決済支払手段
340:第2制御手段
350:第2出力手段

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ