図面 (/)

技術 無線ネットワークにおけるOMADMサーバからの通知にファイアウォールをバイパスさせる技術

出願人 インテル・コーポレーション
発明者 ナタン、エーテイ
出願日 2008年12月3日 (10年11ヶ月経過) 出願番号 2010-540720
公開日 2011年4月7日 (8年7ヶ月経過) 公開番号 2011-511505
状態 特許登録済
技術分野 広域データ交換 計算機・データ通信
主要キーワード 制御スタック 経済モデル ポート番 標準ポート 無線デジタル通信 情報格納媒体 インタセプト ドライバインタフェース
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2011年4月7日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (3)

課題・解決手段

本発明のある実施形態は、特定のOMADMパケットが、OMADMクライアントに関連付けられたWiMAXモデムによって取得され、所定のドライバインタフェースを介して送られることを要件とすることにより、WiMAX無線ネットワークにおけるOMADM(Open Mobile Alliance Device Management)サーバからの通知ファイアウォールバイパスできるようにする方法を提供する。

概要

背景

IEEE802.16としても知られるWiMAX(Worldwide Interoperability for Microwave Access)は、無線MAN(Metropolitan Area Network)向けの無線デジタル通信ステムである。WiMAXは、固定局では最大30マイル(50km)、移動局では3〜10マイル(5〜15km)のブロードバンド無線アクセス(BWA)を提供可能である。対照的に、WiFi/802.11無線LAN(Local Area Network)規格は、多くの場合100〜300フィート(30〜100m)に限定される。WiMAXでは、干渉の問題を軽減しつつ、WiFi同様のデータ速度が容易に実現される。WiMAXは、免許要および免許不要の両方の周波数帯で動作し、発展可能な経済モデルと安定した環境とを無線キャリアにもたらす。WiMAXは、より一般的なWiFiプロトコルとほぼ同じように、無線ネットワークで用いられる。

WiMAXは、より効率的な帯域使用干渉回避とを可能にし、遠距離でより高速なデータ速度を実現することを目的とした、第2世代のプロトコルである。IEEE802.16規格は、通信プロトコル技術的特徴を定義している。通信プロトコルにおいては、WiMAXアタッチメントプロセスの間、ネットワークサーバOMADMサーバ)からクライアントノートPCへのプロビジョニング情報の搬送にOMADMプロトコルが使用される。WiMAXネットワークのクライアントは、WiMAX接続パラメータの設定を行うOMADMクライアント起動している必要がある。

OMADM通信は、次の2つの段階によって開始される。(a)DMサーバがクライアントにUDP通知を送信(b)DMクライアントサーバへのHTTPセッションを開始

ファイアウォールブロックされる可能性を有し、問題となるのは段階(a)である。従って、WiMAXネットワークにおいてOMADMサーバからの通知にファイアウォールをバイパスさせる技術に対する多大なニーズが存在する。

概要

本発明のある実施形態は、特定のOMADMパケットが、OMADMクライアントに関連付けられたWiMAXモデムによって取得され、所定のドライバインタフェースを介して送られることを要件とすることにより、WiMAX無線ネットワークにおけるOMADM(Open Mobile Alliance Device Management)サーバからの通知がファイアウォールをバイパスできるようにする方法を提供する。

目的

WiMAXは、より効率的な帯域使用と干渉回避とを可能にし、遠距離でより高速なデータ速度を実現することを目的とした

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

特定のオープンモバイルアライアンスデバイスマネージメントパケット(OMADMパケット)が、OMADMクライアントに関連付けられたWiMAXモデムによって取得され、所定のドライバインタフェースを介して送られることを要件とすることにより、WiMAX無線ネットワークにおけるOMADMサーバからの通知ファイアウォールバイパスさせるようにする方法。

請求項2

前記OMADMパケットは、IPパケットである請求項1に記載の方法。

請求項3

前記所定のドライバインタフェースは、IOCTLのWiMAXドライバインタフェースである請求項1に記載の方法。

請求項4

前記OMADMサーバは、無線デバイス内の前記OMADMクライアントへUDPパケットを送信することで前記OMADMクライアントとの接続を開始する請求項1に記載の方法。

請求項5

前記OMADMパケットは、WiMAXのRFでWiMAXモデムへ転送され、前記無線デバイスのOSのIPスタックを介し、前記OMADMクライアントのアプリケーションへ送信される請求項4に記載の方法。

請求項6

前記WiMAXモデムまたは関連したドライバは、入力されるUDPパケットを監視し、通常のIPスタックへブートストラップパッケージ0パケットを送信する代わりに、もしくはこれに加えて、前記OMADMパケットをインタセプトし、前記WiMAXモデムはさらに、所有ドライバのIOCTL制御インタフェースを介してWiMAX制御スタックへ、また前記WiMAX制御スタックから前記OMADMクライアントのアプリケーションへ情報を送信する請求項5に記載の方法。

請求項7

前記パケットのインタセプトは、ポート番号、UDPパケットのデータのパターンマッチング、またはUDPソースIPアドレスと前記OMADMサーバの所定のIPアドレスとの比較によって行われ、前記所定のIPアドレスは、前記OMADMクライアントが予めモデムに設定する請求項6に記載の方法。

請求項8

OMADMサーバと、WiMAXネットワークで前記OMADMサーバと通信する無線クライアントとを備え、特定のOMADMパケットが前記無線クライアントに関連付けられたWiMAXモデムによって取得され、所定のドライバインタフェースを介して送られることを要件とすることにより、WiMAX無線ネットワークにおいてOMADMサーバからの通知にファイアウォールをバイパスさせるようにするシステム

請求項9

前記OMADMパケットは、IPパケットである請求項8に記載のシステム。

請求項10

前記所定のドライバインタフェースは、IOCTLのWiMAXドライバインタフェースである請求項8に記載のシステム。

請求項11

前記OMADMサーバは、無線デバイス内のOMADMクライアントへUDPパケットを送信することで前記OMADMクライアントとの接続を開始する請求項8に記載のシステム。

請求項12

前記OMADMパケットは、WiMAXのRFでWiMAXモデムへ転送され、前記無線デバイスのOSのIPスタックを介し、前記OMADMクライアントのアプリケーションへ送信される請求項11に記載のシステム。

請求項13

前記WiMAXモデムは、入力されるUDPパケットを監視し、通常のIPスタックへブートストラップ/パッケージ0パケットを送信する代わりに、もしくはこれに加えて、前記OMADMパケットをインタセプトし、前記WiMAXモデムはさらに、所有ドライバのIOCTL制御インタフェースを介してWiMAX制御スタックへ、また前記WiMAX制御スタックからOMADMクライアントアプリケーションへ情報を送信する請求項12に記載のシステム。

請求項14

前記パケットのインタセプトは、ポート番号、UDPパケットのデータのパターンマッチング、あるいはUDPソースIPアドレスと前記OMADMサーバの所定のIPアドレスとの比較によって行われ、前記所定のIPアドレスは、前記OMADMクライアントが予めモデムに設定する請求項13に記載のシステム。

請求項15

WiMAXネットワークでOMADMサーバと通信する無線デバイスを備え、前記無線デバイスは、特定のOMADMパケットが無線デバイスに関連付けられたWiMAXモデムによって取得され、所定のドライバインタフェースを介して送られることを要件とすることにより、前記WiMAXネットワークにおけるOMADMサーバからの通知がファイアウォールをバイパス可能とする装置。

請求項16

前記OMADMパケットはIPパケットである請求項15に記載の装置。

請求項17

前記所定のドライバインタフェースは、IOCTLのWiMAXドライバインタフェースである請求項15に記載の装置。

請求項18

前記OMADMサーバは、前記無線デバイスへUDPパケットを送信することで前記無線デバイスとの接続を開始する請求項15に記載の装置。

請求項19

前記OMADMパケットは、WiMAXのRFで前記WiMAXモデムへ、さらに前記無線デバイスのOSのIPスタックを介して転送される請求項18に記載の装置。

請求項20

前記WiMAXモデムは、入力されるUDPパケットを監視し、通常のIPスタックへブートストラップ/パッケージ0パケットを送信する代わりに、もしくはこれに加えて、前記OMADMパケットをインタセプトし、前記WiMAXモデムはさらに、所有ドライバのIOCTL制御インタフェースを介してWiMAX制御スタックへ、また前記WiMAX制御スタックから前記無線デバイスへ情報を送信する請求項19に記載の装置。

背景技術

0001

IEEE802.16としても知られるWiMAX(Worldwide Interoperability for Microwave Access)は、無線MAN(Metropolitan Area Network)向けの無線デジタル通信ステムである。WiMAXは、固定局では最大30マイル(50km)、移動局では3〜10マイル(5〜15km)のブロードバンド無線アクセス(BWA)を提供可能である。対照的に、WiFi/802.11無線LAN(Local Area Network)規格は、多くの場合100〜300フィート(30〜100m)に限定される。WiMAXでは、干渉の問題を軽減しつつ、WiFi同様のデータ速度が容易に実現される。WiMAXは、免許要および免許不要の両方の周波数帯で動作し、発展可能な経済モデルと安定した環境とを無線キャリアにもたらす。WiMAXは、より一般的なWiFiプロトコルとほぼ同じように、無線ネットワークで用いられる。

0002

WiMAXは、より効率的な帯域使用干渉回避とを可能にし、遠距離でより高速なデータ速度を実現することを目的とした、第2世代のプロトコルである。IEEE802.16規格は、通信プロトコル技術的特徴を定義している。通信プロトコルにおいては、WiMAXアタッチメントプロセスの間、ネットワークサーバOMADMサーバ)からクライアントノートPCへのプロビジョニング情報の搬送にOMADMプロトコルが使用される。WiMAXネットワークのクライアントは、WiMAX接続パラメータの設定を行うOMADMクライアント起動している必要がある。

0003

OMADM通信は、次の2つの段階によって開始される。(a)DMサーバがクライアントにUDP通知を送信(b)DMクライアントサーバへのHTTPセッションを開始

0004

ファイアウォールブロックされる可能性を有し、問題となるのは段階(a)である。従って、WiMAXネットワークにおいてOMADMサーバからの通知にファイアウォールをバイパスさせる技術に対する多大なニーズが存在する。

図面の簡単な説明

0005

本発明の主題は、具体的に説明され、明細書の終盤に明確に請求されている。しかしながら、本発明の動作の構成および方法の両方は、その目的、機能、利点と共に、以下の詳細な説明を添付の図面と共に参照することでより良く理解され得る。

0006

本発明のある実施形態による、システム構成要素およびOMADM通信を図示する。

0007

本発明のある実施形態による、OMADMの初期パケットの流れを示す。

0008

当然のことながら、図の単純化および明確化を目的として、図面に示した要素の縮尺は必ずしも正しいとは限らない。例えば、明確化のため、要素のいくつかはその他の要素に対してより強調されている。

0009

さらに、対応あるいは類似の要素を示すべく、複数の図面で同じ参照番号が適宜繰り返し使用されている。

実施例

0010

以下の詳細な説明では、本発明の十分な理解を提供するべく、様々な具体的な詳細を示す。しかしながら、これらの具体的な詳細を用いることなく本発明を実施可能であることは、当業者にとって明らかである。また、本発明を不明瞭にすることを避けるべく、一般的な方法、構成要素、および回路については詳述しない。

0011

以下の詳細な説明では、本発明の十分な理解を促進すべく、様々な具体的な詳細を示す。しかしながら、当業者にとって、本発明がこれらの具体的な詳細を用いることなく実施可能であることは明らかである。また、発明を不明瞭にすることを避けるべく、一般的な方法、構成要素、ユニットおよび/または回路については詳述しない。

0012

本発明の実施形態はこの点において限定されないが、例えば「処理」、「コンピューティング」、「計算」、「決定」、「確立」、「分析」、「確認」、またはその類似の用語を用いた議論は、コンピュータレジスタおよび/またはメモリ内物理的な(例えば、電子的な)数量として表現されたデータを、コンピュータのレジスタおよび/またはメモリ、もしくは動作および/またはプロセスを実行する命令を格納可能なその他の情報格納媒体内で同様に物理的な数量として表現されたデータへと操作および/または変換する、コンピュータ、コンピューティングプラットフォームコンピューティングシステム、またはその他のコンピューティングデバイスの動作および/またはプロセスを示してよい。

0013

本発明の実施形態はこの点において限定されないが、ここで用いられる用語「複数」および「複数の」は、例えば「複数」または「2つ以上」を含み得る。明細書全体において、用語「複数」または「複数の」は、2つ以上の構成要素、デバイス、要素、ユニット、パラメータ、またはその類似を示すべく用いられてよい。例えば「複数の端末」は、2つ以上の端末を含んでよい。

0014

本発明は、WiMAXスタックによる、ファイアウォールとは無関係なプロビジョニングと管理支援とを可能にし、WiMAX技術の状態を向上させる。クライアント端末では、異なる種類の個人的なファイアウォールアプリケーションを用いてよい。これらのファイアウォールは、異なるAPIおよびGUIを有し、アプリケーション(API)およびユーザ(GUI)によるコンフィギュレーションに用いる。ファイアウォールの中にはAPIを有さないものもある。通常、これらの製品は、自動コンフィギュレーションにあたってユーザの承認を要求する。ファイアウォールは、供給業者オペレーティングシステム(Linux(登録商標)、Windows(登録商標))およびAPI言語(C、Java(登録商標)など)に応じた異なるAPIを有してよい。従って、OMADMクライアントのWiMAX対応は、手動/ユーザによるファイアウォールのコンフィギュレーションによるか、もしくは存在する全てのAPI(不十分な場合もある)に対応することで、サービスプロバイダ用いられる完全なサービスを提供する。

0015

本発明のある実施形態は、WiMAXデバイスの管理における、上述のファイアウォールのコンフィギュレーション問題に対処する。典型的なWiMAXアクセスは、OMADM(セルラー管理プロトコルオープンモバイルアライアンス・デバイス・マネージメント(Open Mobile Alliance Device Management))を用いて、WiMAXモデム初期設定およびプロビジョニングを行う。WiMAXの場合、OMADMは、トランスポートプロトコルにIP/HTTPSを用いることから、機械インストールされた個人的なファイアウォールによるブロックの対象となる。

0016

本発明のある実施形態は、WiMAXモデムのファームウェアおよび/またはWiMAXモデムドライバに対する変更の提案であり、この変更はクライアントのファイアウォールのコンフィギュレーションを不要にする。本発明のWiMAXプロビジョニングソリューションは、ファイアウォールのコンフィギュレーションに依存しない。数多くのファイアウォール製品が存在することから、ファイアウォールの標準的なソフトウェアベースの設定を作成することは困難である。さらに、ファイアウォールの防衛機能そのものが、ファイアウォールのソフトウェアベースの設定を阻む場合がある。

0017

従って、本発明のある実施形態は、IPパケットである特定のOMADMパケットパケット0)がWiMAXモデムによって取得され、OSのネットワークスタックへパケットを送る通常の処理(Windows(登録商標)ではNDIS)に代えて、IOCTLのWiMAXドライバインタフェースを介して送信される。

0018

図1の100は、本発明のある実施形態による、システム構成要素およびOMADM通信を図示する。オペレータのOMADM105は、オペレータの基地局110を介し、WiMAXネットワーク115で無線デバイス120へOMADMを通信する。無線デバイス120は、例えばWiMAX対応のノートPCであるが、これに限定されない。ノートPC120は、WiMAXモデム125、OSTCPスタック130およびOMADMクライアント135を含んでよい。動作は以下のように進行してよい。

0019

WiMAX Cat3デバイス145が、160で初期ネットワークエントリ150を提供する。

0020

ネットワーク150におけるWiMAXデバイス145のIPアドレスが162で取得され、新規デバイスのインジケーション164がプロビジョナル/OMADMサーバ155に送信される。

0021

165において、WiMAXデバイス145がポート2948をリスンし、170において、プロビジョナル/OMADMサーバ155からWiMAXデバイス145へPUSH over IPが送信され、デバイスのプロビジョニングが175で行われる。

0022

180において、WiMAXデバイス145がネットワーク150へフルネットワークエントリ180を提供する。140は、OMADMブートストラップパッケージ0パケットである。

0023

図2の200は、点線240で示された、WiMAXにおけるOMADMの第1プロビジョニングパケットの流れを図示する。OMADMサーバ205は、ノートPC220内のOMADMクライアント230へUDPパケットを送信することでOMADMクライアント230との接続を開始する。OMADMにおける、このようなパケット235としては、「パッケージ0」および「ブートストラップ」と呼ばれる2種類が想定される。パケットは、オペレータの基地局210を介し、WiMAXのRF215でWiMAXモデム244へと転送されてよく、OSのIPスタック245を介してOMADMクライアントアプリケーション230へと送信される。

0024

本発明のある実施形態が提案する新たな流れを実線242で示す。WiMAXモデム244は、入力されるUDPパケットを監視し、OMADMブートストラップ/パッケージ0パケット235をインタセプトする。WiMAXモデム244は、これらのパケットを通常のIPスタック245へ送信するだけでなく、自己のドライバのIOCTL制御インタフェース252を介してWiMAX制御スタックへ、またWiMAX制御スタックからOMADMクライアントアプリケーション230へ情報を送信する。

0025

パケットのインタセプトは、ポート番号(OMADMの標準ポートは2948)、UDPパケットのデータのパターンマッチング、もしくはUDPソースIPアドレスとOMADMサーバの所定のIPアドレスとの比較によって行われてよい。所定のIPアドレスは、OMADMクライアントが予めモデムに設定してよい。

0026

ここでは、本発明の特定の特徴を図示および説明したが、当業者であれば数多くの修正代替、変更、および等価物を想到し得る。従って、添付の特許請求の範囲は、本発明の真の趣旨に含まれるこのような修正および変更の全てに及ぶことを目的としていることが理解されるべきである。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ