図面 (/)

技術 踏みつけ部用クッションシート

出願人 株式会社村井
発明者 村井隆
出願日 2010年6月4日 (9年9ヶ月経過) 出願番号 2010-129340
公開日 2011年12月22日 (8年2ヶ月経過) 公開番号 2011-254859
状態 特許登録済
技術分野 履物及びその付属品、製法、装置
主要キーワード 発泡ラテックス 立ち仕事 弾性突起 最外周領域 パンプス 着地衝撃 靴底面 クッションシート
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2011年12月22日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

通常、ヒトの正常な足骨格には、3つのアーチがあるが、例えばヒールの高い履物を長時間着用すると、第一中足骨頭部から第五中足骨頭部にかけての横アーチが低下し、特に圧力が集中する足裏の第2中足骨頭部と第3中足骨頭部に胼胝(たこ)、及びそれに伴う疼痛が発生し、また歩行時には歩きにくくなるという問題が生じている。

解決手段

靴底側に配置されるべきベース0102と、ベースの地面側の面であるベース面に配置される第一弾性突起0103と、ベース面に配置され、第一弾性突起0103にて少なくとも周囲の一部を囲まれた除圧部0108と、からなる踏みつ部用クッションシート0101を提供する。これにより、除圧効果が得られると共に、歩行時の衝撃を吸収して履き心地を向上させ、また、防滑性を向上させることができる。

概要

背景

通常、ヒトの正常な足骨格には、3つのアーチがある。この3つのアーチは、踵骨から第一中足骨頭部へかけての内側縦アーチと、踵骨から第五中足骨頭部にかけての外側縦アーチ、第一中足骨頭部から第五中足骨頭部にかけての横アーチである。これらは、立位時には、安定感をもたらし、歩行時には、着地衝撃圧を吸収する重要な役割をなしている。

ところが、立ち仕事などで立位姿勢を保持する場合に、例えば高さ3cm以上のヒールを備えた婦人パンプスのようなヒールの高い履物を長時間着用すると、前足部よりも踵部が高いため、体重負荷が前足部に集中し、足骨格を保持する横アーチが低下して、特に圧力が集中する足裏の第2中足骨頭部と第3中足骨頭部に胼胝(たこ)、及びそれに伴う疼痛が発生し、また歩行時には歩きにくくなるという問題が生じている。

そこで、本願出願人により、第2中足骨頭部と第3中足骨頭部に対応する部位に除圧部を設けたことを特徴とする履物の本底が提案されている(特許文献1)。さらに当該文献中には、表面に滑り止めのためのエンボス加工等を行うことが開示されている(0028段落参照)。

概要

通常、ヒトの正常な足骨格には、3つのアーチがあるが、例えばヒールの高い履物を長時間着用すると、第一中足骨頭部から第五中足骨頭部にかけての横アーチが低下し、特に圧力が集中する足裏の第2中足骨頭部と第3中足骨頭部に胼胝(たこ)、及びそれに伴う疼痛が発生し、また歩行時には歩きにくくなるという問題が生じている。靴底側に配置されるべきベース0102と、ベースの地面側の面であるベース面に配置される第一弾性突起0103と、ベース面に配置され、第一弾性突起0103にて少なくとも周囲の一部を囲まれた除圧部0108と、からなる踏みつ部用クッションシート0101を提供する。これにより、除圧効果が得られると共に、歩行時の衝撃を吸収して履き心地を向上させ、また、防滑性を向上させることができる。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

靴底側に配置されるべきベースと、ベースの地面側の面であるベース面に配置される第一弾性突起と、ベース面に配置され、第一弾性突起にて少なくとも周囲の一部を囲まれた除圧部と、からなる踏みつ部用クッションシート

請求項2

前記除圧部は、第一弾性突起よりも柔らかい材料の突起である柔軟突起から構成されている請求項1に記載の踏みつけ部用クッションシート。

請求項3

第一弾性突起は、除圧部を囲む枠部分に配置される枠部分第一弾性突起と、枠部分第一弾性突起以外のその他第一弾性突起とからなり、枠部分第一弾性突起は、その他第一弾性突起よりも相対的に高い請求項1または2に記載の踏みつけ部用クッションシート。

請求項4

請求項1から3のいずれか一に記載の踏みつけ部用クッションシートを備えた本底

請求項5

請求項1から3のいずれか一に記載の踏みつけ部用クッションシートを備えた靴。

技術分野

0001

本発明は、靴底に配置して使用する踏みつ部用クッションシート、このクッションシートを備えた本底及び靴に関する。

背景技術

0002

通常、ヒトの正常な足骨格には、3つのアーチがある。この3つのアーチは、踵骨から第一中足骨頭部へかけての内側縦アーチと、踵骨から第五中足骨頭部にかけての外側縦アーチ、第一中足骨頭部から第五中足骨頭部にかけての横アーチである。これらは、立位時には、安定感をもたらし、歩行時には、着地衝撃圧を吸収する重要な役割をなしている。

0003

ところが、立ち仕事などで立位姿勢を保持する場合に、例えば高さ3cm以上のヒールを備えた婦人パンプス靴のようなヒールの高い履物を長時間着用すると、前足部よりも踵部が高いため、体重負荷が前足部に集中し、足骨格を保持する横アーチが低下して、特に圧力が集中する足裏の第2中足骨頭部と第3中足骨頭部に胼胝(たこ)、及びそれに伴う疼痛が発生し、また歩行時には歩きにくくなるという問題が生じている。

0004

そこで、本願出願人により、第2中足骨頭部と第3中足骨頭部に対応する部位に除圧部を設けたことを特徴とする履物の本底が提案されている(特許文献1)。さらに当該文献中には、表面に滑り止めのためのエンボス加工等を行うことが開示されている(0028段落参照)。

発明が解決しようとする課題

0005

しかしながら、より快適な歩行を実現するためには、歩行時の衝撃を吸収して履き心地を向上させ、また、防滑性を向上させることが望ましい。
特開2006−198084

課題を解決するための手段

0006

以上の課題を解決するため、本願出願人は、以下に記載の発明を提案する。

0007

すなわち、第一の発明として、靴底側に配置されるべきベースと、ベースの地面側の面であるベース面に配置される第一弾性突起と、ベース面に配置され、第一弾性突起にて少なくとも周囲の一部を囲まれた除圧部と、からなる踏みつけ部用クッションシートを提案する。

0008

また、第二の発明として、前記除圧部は、第一弾性突起よりも柔らかい材料の突起である柔軟突起から構成されている第一の発明に記載の踏みつけ部用クッションシートを提案する。

0009

また、第三の発明として、第一弾性突起は、除圧部を囲む枠部分に配置される枠部分第一弾性突起と、枠部分第一弾性突起以外のその他第一弾性突起とからなり、枠部分第一弾性突起は、その他第一弾性突起よりも相対的に高い第一の発明または第二の発明に記載の踏みつけ部用クッションシートを提案する。

0010

第四の発明として、第一の発明から第三の発明のいずれか一に記載の踏みつけ部用クッションシートを備えた靴の本底を提案する。

0011

第五の発明として、第一の発明から第三の発明のいずれか一に記載の踏みつけ部用クッションシートを備えた靴を提案する。

発明の効果

0012

本発明に係る踏みつけ部用クッションシートは、足の第2中足骨頭部と第3中足骨頭部、場合によりさらに第4中足骨頭部に対応する靴底の領域に対応する位置に除圧部が位置するように配置して用いることが適切である。

0013

このように適切に配置した場合、足の第2中足骨頭部と第3中足骨頭部、場合によりさらに第4中足骨頭部に対応する領域にかかる圧力を分散して軽減することができるので、この部分に胼胝(たこ)、及びそれに伴う疼痛が発生することを防止できる。また、防滑性が向上する。

発明を実施するための最良の形態

0014

以下、本件発明の実施の形態について、添付図面を用いて説明する。なお、本件発明は、これら実施形態に何ら限定されるべきものではなく、その要旨を逸脱しない範囲において、種々なる態様で実施し得る。なお、実施形態1は請求項1から5などに関する。
<<実施形態1>>
<実施形態1:概要>

0015

本実施形態において、第一弾性突起にて少なくとも周囲の一部を囲まれた除圧部を有することを特徴とする踏みつけ部用クッションシートについて説明する。本実施形態の踏みつけ部用クッションシートを適切に靴底に取り付けた場合、足の第2中足骨頭部と第3中足骨頭部、場合によりさらに第4中足骨頭部に対応する靴底の領域に対応する位置に除圧部が位置することとなる。

0016

図1に本実施形態の踏みつけ部用クッションシートの一例を示す。(a)が女性用の踏みつけ部用クッションシートの底面図、(b)が男性用の踏みつけ部用クッションシートの底面図、(c)が図(b)の踏みつけ部用クッションシートを曲線A−A´で切断した場合の切断面の様子を示す模式図であり、この図では、後述する弾性突起の断面が模式的に示されている。
<実施形態1:構成>

0017

本実施形態に係る踏みつけ部用クッションシート(0101)は、靴底側に配置されるベース(0102)と、第一弾性突起(0103)と、除圧部(0108)と、からなる。

0018

踏みつけ部用クッションシートは、靴の製造工程で取り付けられる靴の構成部品である場合と、使用者が靴に後から貼り付ける場合の双方を含んでいる。

0019

また、本件発明のクッションシートには、クッションシートとして靴や靴底と区別可能な形態で構成されている場合のほか、靴や靴底との境界なく靴底と一体的に成形されている場合も含まれる。このような場合でも本件発明のクッションシート、本件発明の靴、または本件発明の靴の本底と解釈する。その場合にはベース面は靴底面をさすように解釈する。

0020

また靴や靴の本底とクッションシートとが区別可能な形態で構成されている場合でも靴や靴の本底の生産工程にて後付けされたものでなく、靴や靴の本底の生産工程にて靴底と一体化して形成されていている場合もある。このような場合も一体化して形成されている部分は本件発明にいうクッションシートであり、これを備えた靴は本件発明に言う靴であり、またこれを備えた靴の本底は本件発明に言う靴の本底と解釈される。

0021

「ベース」(0102)は、靴底側に配置される、平板状の部材である。この図では、太線で囲まれた部分である。ベースの厚みは、特に限定されないが、例えば、1mm程度の厚みとすればよい。また、ベースの素材は、特に限定されないが、例えば後述する第一弾性突起と同様とし、一体的に成形すれば、第一弾性突起が取れてしまうおそれが少なくなるので好ましい。

0022

本実施形態の踏みつけ部用クッションシートは、使用者が後から靴底に接着して用いることとしてもよい。この場合、ベースの靴底に接着する側には、接着剤を付しておけば、接着作業が容易である。

0023

図2は、本実施形態の踏みつけ部用クッションシートのベースの形状について説明するための図である。ベースの形状は特に限定されないが、靴底(0201)のつま先側形状と似た形状とし、靴底の踏みつけ部付近(0202)に対応する部分の幅(0203)よりやや狭い程度の大きさとしてもよい。この場合、使用者が取り付ける際に、靴底の貼付け位置を判断しやすく、また、接着面積が広くなるので、使用中に踏みつけ部用クッションシートが、ずれたり剥がれたりするのを防止できる。

0024

再び図1を参照する。

0025

「第一弾性突起」(0103)は、ベース面に配置される。ベース面は、ベースの地面側の面をいう。この図では、第一弾性突起は、灰色(濃灰色及び薄灰色)で示されている。

0026

第一弾性突起の材質は、ゴム発泡ラテックスなど、弾性を備える素材であれば、特に限定されないが、耐磨耗性が高い素材である方が、長期間使用できるので好ましい。

0027

第一弾性突起の硬度は、特に限定されず、利用目的に応じて設計できるが、たとえばA40から60/S、好ましくはA50/Sである(JIS K 6253準拠のタイプAデュロメーターで測定した場合の数値。以下、本明細書中で硬度を示す場合、同様である。)。地面がやわらかい場合には、第一弾性突起が固い方が地面に食い込んで滑り止め効果を発揮することとなる。しかしながら、オフィスビルの内部の廊下アスファルトなど、固い地面を歩行する場合には、第一弾性突起がやわらかく、地面との摩擦力が高い方が滑り止め効果を発揮できる。また、ある程度やわらかい方が歩行時の衝撃を吸収することができ、履き心地が向上する。そこで、これらの事情総合考慮して、経験則により、好ましい硬度を決定した。

0028

ここで、図3を参照する。この図は、除圧部を説明するための概念図である。

0029

この図の(a)で示すように、「除圧部」は、踏みつけ部用クッションシート(0301)において、ベース(0302)の地面側の面であるベース面に配置され、第一弾性突起(0303)にて少なくとも周囲の一部を囲まれている。すなわち、この図において、除圧部は、0304の点線で囲まれた領域である。なおこの図において、第一弾性突起は、除圧部を囲む部分のみに限定して示されている。

0030

少なくとも周囲の一部を囲むとは、後述する第一弾性突起が、除圧部の周囲の一部を囲むように配置されることをいう。すなわち、例えば、踵側には、第一弾性突起が配置されていなくともよい。この図の(b)から(g)に示すように、少なくとも周囲の一部が囲まれていれば、馬蹄形(b)、三角形(c)、コの字形(d)、四角形(e)でもよく、第一弾性突起相互に多少の隙間がある形状((f)、(g))でも良い。さらに、図示されないが、つま先側と踵側の二方のみが囲まれている場合、足の内側と外側の二方のみが囲まれている場合も含む。

0031

除圧部は、本実施形態の踏みつけ部用クッションシートが適切に取り付けられた場合、足の第2中足骨頭部と第3中足骨頭部、場合によりさらに第4中足骨頭部に対応する靴底の領域に対応することとなる。以下、図を用いて説明する。

0032

図4は、足と本実施形態の踏みつけ部用クッションシートとの対応関係を説明するための図である。本実施形態の踏みつけ部用クッションシート(0401)において、除圧部(0403)は、足の第2中足骨頭部(0404)と第3中足骨頭部(0405)に対応する靴底の領域(0406)に対応している。0406は、黒色の点線で示された部分を指す。なお、本図でも、第一弾性突起(0402)は、一部のみが示されている。また、薄灰色の点線は、靴底(0407)を示している。なお、図示しないがさらに第4中足骨頭部に対応する領域まで除圧部の領域が広がっていてもよい。

0033

除圧部は第一弾性突起にて少なくとも周囲の一部を囲まれている。これにより、例えば、除圧部には突起が配置されていないか、第一弾性突起よりも低い突起が配置されている場合は、地面に対して相対的に凹形状となる。この場合、歩行時に、除圧部に対応する領域に圧力がかかると、ベースにおける除圧部に対応する領域が地面に向かって徐々に凸形状に変形していくので、歩行時に除圧部に対応する足の第2中足骨頭部と第3中足骨頭部、場合によりさらに第4中足骨頭部にかかる圧力が軽減される。

0034

なお、後述するように、本実施形態の踏みつけ部用クッションシートは、除圧部に第一弾性突起よりも柔らかい材料の突起である柔軟突起が配置されていてもよい。この場合は、柔軟突起の方が、第一弾性突起よりも小さな圧力で変形することとなる。この場合、歩行時に除圧部に対応する領域に圧力がかかると、柔軟突起の方が少ない力で変形していくので、歩行時に除圧部に対応する足の第2中足骨頭部と第3中足骨頭部、場合によりさらに第4中足骨頭部にかかる圧力が軽減される。

0035

すなわち、「除圧」とは、本実施形態の踏みつけ部用クッションシートを使用しない場合に比べて、圧力を軽減させることができることをいう。

0036

ここで、再び図1を参照して説明する。

0037

第一弾性突起は、この図に示すように、つま先側まで、広い領域に多数配置されていても良い。歩行時の衝撃を広い領域に分散して吸収することができるからである。

0038

前述した第一弾性突起は異なる高さのものを配置してもよい。すなわち、第一弾性突起(0103)は、除圧部を囲む枠部分に配置される枠部分第一弾性突起(0106)と、枠部分第一弾性突起以外のその他第一弾性突起(0107)とからなる。突起の高さは、ベース面を基準にすれば、枠部分第一弾性突起をベース面から1mmから3mm程度、好ましくは2mm前後、例えば2.17mm程度の高さとし、その他第一弾性突起を、ベース面から0.5mmから1.5mm程度、好ましくは1mm前後、例えば1.0mm程度の高さとするといった具合である。

0039

この場合、相対的に高い枠部分第一弾性突起の方が先に接地することとなる。その際、枠部分第一弾性突起がたわむことで、衝撃を吸収する。枠部分第一弾性突起がたわみ、ベース面と地面とが接近すると、その他第一弾性突起が接地し、その他第一弾性突起がたわむこととなる。この場合、枠部分第一弾性突起のみが接地している場合の方が相対的に接地面積が小さく、個々の突起が強い圧力を受けるので大きくたわむこととなり、その他第一弾性突起も接地した場合には小さくたわむこととなる。すなわち、歩行時に、段階的に緩衝効果を得ることができるので、じゅうたんの上を歩いているような快適な歩行を実現できる。

0040

この図で枠部分第一弾性突起は、濃い灰色で示されている部分(0106)であり、その他第一弾性突起は薄い灰色で示されている部分(0107)である。この図に示すように、枠部分第一弾性突起はつま先側が細い三角形状に多数配置されていても良い。この場合、次の効果がある。

0041

すなわち、歩行時には、徐々につま先側に配置された枠部分第一弾性突起が接地していくこととなるが、つま先側が細い三角形状に配置されているので、新規に接地する面積は徐々に減少していく。一方で、接地面積が増えるにつれて荷重は分散されるので、新規に接地する領域にかかる荷重は、減少していくこととなる。その結果、新規に接地する領域の枠部分第一弾性突起にかかる圧力は、接地開始時から接地面積が最大となる時まで、略一定となり、均一に平均的なたわみ量を実現でき、快適な歩行を実現できる。

0042

なお、第一弾性突起の個々の形状は、特に限定されない。より好ましくは、略円錐形状又は略円錐台形状である。歩行中着地時にはその弾性により、衝撃を吸収するとともに、体重移動に伴い、強い圧力を受ける時は、突起と地面との接地面積が広くなり、摩擦による滑り止め効果を十分に発揮することができるからである。さらに、略円錐形状又は略円錐台形状では、歩行中に横方向から歪んでたわませようとする力がかかった場合であっても、曲げ弾性が強いので、横滑りしたような感覚を足に与えにくい。

0043

本実施形態における踏みつけ部用クッションシートは、さらに、除圧部が、第一弾性突起よりも柔らかい材料の突起である柔軟突起から構成されていてもよい。

0044

柔軟突起の形状は、特に限定されない。円柱形状とすれば、均一にたわむので、じゅうたんの上を歩いているような快適な歩行を実現できる。柔軟突起の材質は、ゴム、発泡ラテックスなど、弾性を備える素材であれば、特に限定されないが、耐磨耗性が高い素材である方が、長期間使用できるので好ましい。

0045

柔軟突起を備える場合には、着地時の衝撃を、除圧部を含む広い領域に分散して吸収することができるので、快適な歩行を実現できる。

0046

また、柔軟突起の代わりに、除圧部は、相対的に第一弾性突起より低い複数の第二弾性突起を備える構成としてもよい。第二弾性突起は、図1において0104で示した部分であり、この図の(a)及び(b)において、白色の丸印の部分を指す。

0047

第二弾性突起を備えることにより、横滑りしたような感触を足に与えることを防止できる。すなわち、第一弾性突起に対して縦方向以外の方向から力が加わる場合、第一弾性突起は均一にたわむのではなく、斜め方向や横方向に歪んだ形でたわむこととなるため、歩行時に、横滑りしたような感触を足に与えることとなる。しかしながら、第二弾性突起が接地して第一弾性突起と共に荷重を支えることにより、第二弾性突起接地後は、第一弾性突起がそれ以上、歪んだ形でたわむことを防止できるので、横滑りしたような感触を足に与えることを防止できる。

0048

この第二弾性突起の高さは特に限定されないが、ベース面を基準にすれば、ベース面から0.2mmから1.2mm程度、好ましくは0.7mm前後、例えば0.68mm程度の高さとするといった具合である。

0049

また第二弾性突起の個々の形状は、特に限定されない。しかしながら、上述したような横滑りしたような感触を足に与えることを防止するためには、径は大きめで横方向に歪んだ形でたわませようとする力に対して抵抗力が大きい方が好ましい。より好ましくは、おわん状である。第二弾性突起の材質及び硬度については、第一弾性突起について述べたところと同様である。

0050

また、ベース面に配置される突起のなかで最外周領域に配置され、第一弾性突起よりも低い第三弾性突起をさらに備える構成としてもよい。第三弾性突起は、図1において、0105で示した部分であり、この図の(a)及び(b)において、中心に「・」を付した丸印の部分を指す。第三弾性突起は、第二弾性突起と同様の機能により、第一弾性突起が歪んだ形でたわむことにより、横滑りしたような感触を足に与えることを防止するのに役立つ。

0051

この第三弾性突起の高さと第二弾性突起との相対的高さについては、限定されず、例えば、第二弾性突起と同じ高さであっても良い。また、第三弾性突起の個々の形状は、特に限定されない。しかしながら、上述したような横滑りしたような感触を足に与えることを防止するためには、径は大きめで横方向に歪んだ形でたわませようとする力に対して抵抗力が大きい方が好ましい。より好ましくは、おわん状である。第三弾性突起の材質及び硬度については、第一弾性突起について述べたところと同様である。

0052

さらに、本実施形態の踏みつけ部用クッションシートを備えた靴の本底としてもよい。

0053

さらに、本実施形態の踏みつけ部用クッションシートを備えた靴としてもよい。
<実施形態1:効果>

0054

本発明に係る踏みつけ部用クッションシートは、足の第2中足骨頭部と第3中足骨頭部、場合によりさらに第4中足骨頭部に対応する靴底の領域に対応する位置に除圧部が位置するように配置して用いることが適切である。

0055

このように適切に配置した場合、足の第2中足骨頭部と第3中足骨頭部、場合によりさらに第4中足骨頭部に対応する領域にかかる圧力を分散して軽減することができるので、この部分に胼胝(たこ)、及びそれに伴う疼痛が発生することを防止できる。また、防滑性が向上する。

図面の簡単な説明

0056

実施形態1に係る踏みつけ部用クッションシートの概念図の一例
実施形態1の踏みつけ部用クッションシートのベースの形状について説明するための図
除圧部を説明するための図
足と実施形態1の踏みつけ部用クッションシートとの対応関係を説明する図

0057

踏みつけ部用クッションシート0101、0301、0401
ベース0102、0302
第一弾性突起0103、0303、0402
第二弾性突起 0104
第三弾性突起 0105
枠部分第一弾性突起 0106
その他第一弾性突起 0107
除圧部 0108、0304、0403
靴底0201、0407
靴底の踏みつけ部付近0202
靴底の踏みつけ部付近に対応する部分の幅 0203
第2中足骨頭部 0404
第3中足骨頭部 0405

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社アダストリアの「 履物、及びその製造方法」が 公開されました。( 2019/09/19)

    【課題】本発明は、ソールが厚くても歩き易い履物、及びその製造方法を提供することを目的とする。【解決手段】ソール2を有する履物において、前記ソール2は、壁部6で画定された凹部7が前部に形成された本体部4... 詳細

  • 株式会社メディカサトウの「 中敷きおよび履物」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】屈筋を使って身体を上手く動かす能力を高めて体のバランスを良くすることができる中敷きおよび履物を提供する。【解決手段】足底21に対応した中敷き本体10の足長軸Aに直行し、最長幅間隔線wの中間点o... 詳細

  • グンゼ株式会社の「 ルームシューズ」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】経時変化によっても足に未装着の状態で全体形状を維持することが可能なルームシューズを提供する。【解決手段】このルームシューズ100は、室内用の足被覆具であって、足甲を覆う足甲部110、足の左右側... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ