図面 (/)

技術 串焼き製造装置

出願人 株式会社ひびき日疋好春
発明者 日疋好春
出願日 2010年5月28日 (9年10ヶ月経過) 出願番号 2010-123607
公開日 2011年12月8日 (8年3ヶ月経過) 公開番号 2011-245185
状態 特許登録済
技術分野 ベイキング、グリル、ロースティング
主要キーワード 屈曲杆 可動挟持体 ピン挿入溝 垂直杆 挿通長孔 装着数 製品取出口 設置板
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2011年12月8日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (16)

課題

食材を均一に加熱することができ、保護網体交換作業が容易で、時間がかからず、タレ串焼き材料を確実に浸漬でき、串保持具の装着、交換串保持具搬送機構清掃修理に時間がかからない串焼き製造装置を提供する。

解決手段

無端回動チェーン7に装着された串保持具20によって串Aに食材Bを刺した串焼き材料Cを垂直状態にして搬送する串保持具搬送機構2と、串焼き材料Cを搬送する間に両側から加熱する加熱装置3,4と、串焼き材料Cをタレに浸漬するタレ貯槽5と、前記串保持具搬送機構2の作動、停止、搬送速度を制御する制御装置6とから串焼き製造装置1を構成する。前記加熱装置3,4の放熱面の高さを適宜調整できるようにすると共に、加熱装置の保護網体24を案内体25A,25Bに沿って滑動させ、基台11の正面から取り出すことができるようする。

概要

背景

肉、野菜等を串に刺して加熱調理する方法は古くから知られているが、居酒屋、料理屋、販売店等で提供、販売できる焼き鳥、もつ焼き等の串焼きを製造するには、熟練者に付いて何年も修練する必要があった。又、近年にあっては、居酒屋、料理屋、販売店等が大型化したため、短時間のうちに大量かつ迅速に串焼きを製造する必要が生じた。

そこで、特に修練する必要もなく、短時間のうちに大量かつ迅速に串焼きを製造できる装置として、無端回動チェーン所定間隔で多数の串保持具を装着し、これら串保持具に食材を串に刺した串焼き材料を順次保持させ、加熱装置に沿って搬送させつつ串焼き材料を加熱して、串焼きを製造する装置が提案されている(特許文献1参照)。

しかし、特許文献1に記載の串焼き製造装置では、串保持具に串焼き材料を保持させる際、串焼き材料を略水平に保持しなければならないが、水平に保持することは作業者には難しいと共に、串の先端部を手前にして保持しなければならないので、食材が手指に触れて衛生的でない、という問題点があった。

又、無端回動チェーンによって加熱装置に沿って串焼き材料を搬送させつつ加熱する工程中に、串焼き材料をタレ漬ける工程が存在しないから、串焼き材料を加熱して焼いた後、タレに漬けて再度加熱して焼く必要があり、串焼きを製造するのに手間と時間がかかる、という問題点があった。

又、無端回動チェーンに串保持具を装着するのに、連結ピン等によって連結しているから、串保持具の装着数を変更したり、故障等のために串保持具を交換する際、一々無端回動チェーンをスプロケットから取り外し、その後、串保持具を脱着する必要があり、串保持具の脱着作業は極めて面倒で、時間がかかった。

そこで、本発明者は、これらの問題点を解決すべく、作業者が簡単に串保持具を保持できると共に、食材が手指に触れずに衛生的であり、又、串焼きを製造するのに手間と時間がかからず、さらには、串保持具の脱着作業が容易であり、時間もかからない串焼き製造装置を開発した(特許文献2参照)。

概要

食材を均一に加熱することができ、保護網体交換作業が容易で、時間がかからず、タレに串焼き材料を確実に浸漬でき、串保持具の装着、交換、串保持具搬送機構清掃修理に時間がかからない串焼き製造装置を提供する。無端回動チェーン7に装着された串保持具20によって串Aに食材Bを刺した串焼き材料Cを垂直状態にして搬送する串保持具搬送機構2と、串焼き材料Cを搬送する間に両側から加熱する加熱装置3,4と、串焼き材料Cをタレに浸漬するタレ貯槽5と、前記串保持具搬送機構2の作動、停止、搬送速度を制御する制御装置6とから串焼き製造装置1を構成する。前記加熱装置3,4の放熱面の高さを適宜調整できるようにすると共に、加熱装置の保護網体24を案内体25A,25Bに沿って滑動させ、基台11の正面から取り出すことができるようする。

目的

本発明は、かかる従来の問題点に鑑みて為されたものであって、串焼き材料の食材の串への取付位置に係わらず、食材を均一に加熱することができ、保護網体の交換作業が容易で、時間がかからず、タレに串焼き材料を確実に浸漬でき、串保持具同士が絡まって、作動に支障を来たすこともない串焼き製造装置を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

無端回動チェーンに装着された串保持具によって串に食材を刺した串焼き材料垂直状態にして搬送する串保持具搬送機構と、串焼き材料を搬送する間に両側から加熱する加熱装置と、串焼き材料をタレに浸漬するタレ貯槽と、前記串保持具搬送機構の作動、停止、搬送速度を制御する制御装置とから構成した串焼き製造装置であって、前記加熱装置の放熱面の高さを適宜調整できるようにしたことを特徴とする串焼き製造装置。

請求項2

前記加熱装置の保護網体案内体に沿って滑動させ、基台の正面から取り出すことができるようにしたことを特徴とする請求項1に記載の串焼き製造装置。

請求項3

前記タレ貯槽近傍に串保持具規制部材を配設し、串保持具を強制的に下降させるようにしたことを特徴とする請求項1又は2に記載の串焼き製造装置。

請求項4

駆動スプロケット駆動軸とを低強度のキーを介して連結したことを特徴とする請求項1乃至3の何れかに記載の串焼き製造装置。

請求項5

前記串保持具搬送機構の構成部品を一体として取り外すことができるようにしたことを特徴とする請求項1乃至4の何れかに記載の串焼き製造装置。

技術分野

0001

本発明は、肉、野菜等を串に刺し、加熱調理してできる焼き鳥、もつ焼き等の串焼きを大量かつ迅速に製造できる串焼き製造装置に関する。

背景技術

0002

肉、魚、野菜等を串に刺して加熱調理する方法は古くから知られているが、居酒屋、料理屋、販売店等で提供、販売できる焼き鳥、もつ焼き等の串焼きを製造するには、熟練者に付いて何年も修練する必要があった。又、近年にあっては、居酒屋、料理屋、販売店等が大型化したため、短時間のうちに大量かつ迅速に串焼きを製造する必要が生じた。

0003

そこで、特に修練する必要もなく、短時間のうちに大量かつ迅速に串焼きを製造できる装置として、無端回動チェーン所定間隔で多数の串保持具を装着し、これら串保持具に食材を串に刺した串焼き材料を順次保持させ、加熱装置に沿って搬送させつつ串焼き材料を加熱して、串焼きを製造する装置が提案されている(特許文献1参照)。

0004

しかし、特許文献1に記載の串焼き製造装置では、串保持具に串焼き材料を保持させる際、串焼き材料を略水平に保持しなければならないが、水平に保持することは作業者には難しいと共に、串の先端部を手前にして保持しなければならないので、食材が手指に触れて衛生的でない、という問題点があった。

0005

又、無端回動チェーンによって加熱装置に沿って串焼き材料を搬送させつつ加熱する工程中に、串焼き材料をタレ漬ける工程が存在しないから、串焼き材料を加熱して焼いた後、タレに漬けて再度加熱して焼く必要があり、串焼きを製造するのに手間と時間がかかる、という問題点があった。

0006

又、無端回動チェーンに串保持具を装着するのに、連結ピン等によって連結しているから、串保持具の装着数を変更したり、故障等のために串保持具を交換する際、一々無端回動チェーンをスプロケットから取り外し、その後、串保持具を脱着する必要があり、串保持具の脱着作業は極めて面倒で、時間がかかった。

0007

そこで、本発明者は、これらの問題点を解決すべく、作業者が簡単に串保持具を保持できると共に、食材が手指に触れずに衛生的であり、又、串焼きを製造するのに手間と時間がかからず、さらには、串保持具の脱着作業が容易であり、時間もかからない串焼き製造装置を開発した(特許文献2参照)。

先行技術

0008

特開2004−057463号公報
特開2009−005880号公報

発明が解決しようとする課題

0009

しかし、特許文献2に記載の串焼き製造装置では、加熱装置は支持部材を介して基台に固定され、その放熱面は所定高さに設定されているから、串焼き材料の食材の串への取付位置によっては、放熱面に対向する位置より食材が上下に離反し、食材を均一に加熱することができない場合があった。

0010

又、加熱装置には放熱面を保護する保護網体を設置してあるが、この保護網体の金網が破損した場合には、串保持具、無端回動チェーン、カバー等を取り外し、加熱装置を取り外して、保護網体を交換しなければならず、保護網体の交換作業は極めて面倒であり、時間がかかった。

0011

又、串保持具は支持部材に垂直方向回動自在に支持してあるが、串保持具と支持部材との連結部にタレが付着し、蓄積すると、串保持具が円滑に回動しなくなり、タレ貯槽近傍において、串保持具昇降部材に沿って円滑に下降せず、タレに串焼き材料を浸漬できなくなったり、串保持具同士が絡まって、作動に支障を来たす事態も生じた。

0012

又、串焼き製造装置の作動時に、何らかの原因により無端回動チェーンが移動しなくなった場合、過負荷がかかって、無端回動チェーン、駆動スプロケットが破損して、飛び散り、作業者にとって危険であると共に、駆動モーターも加熱して、破壊してしまうこともあった。

0013

さらに、串保持具を装着、交換したり、駆動装置清掃修理したりする場合には、無端回動チェーン、駆動スプロケット、従動スプロケット等を取り外すと共に、支持軸等も取り外さなければならないが、これら部品を取り外すのは面倒であり、串保持具の装着、交換、駆動装置の清掃、修理には長時間がかかった。

0014

本発明は、かかる従来の問題点に鑑みて為されたものであって、串焼き材料の食材の串への取付位置に係わらず、食材を均一に加熱することができ、保護網体の交換作業が容易で、時間がかからず、タレに串焼き材料を確実に浸漬でき、串保持具同士が絡まって、作動に支障を来たすこともない串焼き製造装置を提供することを目的とする。

0015

又、無端回動チェーンが移動しなくなった場合にも、無端回動チェーン、駆動スプロケット、駆動モーターが破壊することはなく、駆動装置の構成部品を取り外すのが容易であり、串保持具の装着、交換、駆動装置の清掃、修理に時間がかからない串焼き製造装置を提供することをも目的とする。

課題を解決するための手段

0016

上記目的を達成するために、本発明の串焼き製造装置は、無端回動チェーンに装着された串保持具によって串に食材を刺した串焼き材料を垂直状態にして搬送する串保持具搬送機構と、串焼き材料を搬送する間に両側から加熱する加熱装置と、串焼き材料をタレに浸漬するタレ貯槽と、前記串保持具搬送機構の作動、停止、搬送速度を制御する制御装置とから構成したものであって、前記加熱装置の放熱面の高さを適宜調整できるようにしたことを特徴とする。

0017

さらに、加熱装置の保護網体を案内部材に沿って滑動させ、基台の正面から取り出すことができるようにしたことを特徴とする。かかる構成によれば、金網が破損した場合に、保護網体を容易に交換することができる。

0018

又、タレ貯槽近傍に、串保持具規制部材を配設し、串保持具を強制的に下降させるようにしたことを特徴とする。かかる構成によれば、タレに串焼き材料を確実に浸漬でき、串保持具同士が絡まって、作動に支障を来たすこともない。

0019

ここで、駆動スプロケットとスプロケット軸とを低強度のキーを介して連結すれば、無端回動チェーンが移動しなくなった場合にも、無端回動チェーン、駆動スプロケット、駆動モーターを破壊することはない。

0020

又、駆動装置の構成部品を一体として取り外すことができるようにすれば、駆動装置の構成部品の取り外しは容易であり、串保持具の装着、交換、駆動装置の清掃、修理に時間がかからない。

発明の効果

0021

本発明の串焼き製造装置によれば、串焼き材料の食材の串への取付位置に係わらず、食材を均一に加熱することができ、保護網体の金網が破損した場合に、保護網体を容易に交換することができる。

0022

又、本発明の串焼き製造装置によれば、タレに串焼き材料を確実に浸漬でき、串保持具同士が絡まって、作動に支障を来たすこともない。

0023

さらに、本発明の串焼き製造装置によれば、無端回動チェーンが移動しなくなった場合にも、無端回動チェーン、駆動スプロケット、駆動モーターを破壊することはなく、串保持具の装着、交換、駆動装置の清掃、修理に時間がかからない。

図面の簡単な説明

0024

本発明の串焼き製造装置の平面図である。
本発明の串焼き製造装置の左側面図である。
本発明の串焼き製造装置の正面図である。
本発明の串焼き製造装置の背面図である。
駆動装置の(A)は平面図、(B)は断面図である。
駆動スプロケット取付部の(A)は平面図、(B)は断面図である。
従動スプロケット取付部の(A)は平面図、(B)は断面図である。
加熱装置設置部の(A)は正面図、(B)は側面図である。
串保持具を支持部材に支持した状態の(A)は平面図、(B)は側面図である。
串保持具本体の(A)は平面図、(B)は側面図である。
串保持具を支持部材に装着する方法を示す説明図である。
開放機構の作用を示す(A)は平面図、(B)は側面図である。
タレ漬け防止機構50の(A)は平面図、(B)は側面図である。
串保持具保持部材を下方に位置させた場合のタレ貯槽近傍における串保持具の動作を示す(A)は平面図、(B)は側断面図である。
串保持具保持部材を上方に位置させた場合のタレ貯槽近傍における串保持具の動作を示す(A)は平面図、(B)は側断面図である。

実施例

0025

以下、本発明の串焼き製造装置の好適な実施形態について、図面を参照して具体的に説明する。
図1は、本発明の串焼き製造装置の平面図、図2は、その左側面図、図3は、その正面図、図4は、その背面図、図5は、駆動装置の(A)は平面図、(B)は断面図である。

0026

本発明の串焼き製造装置1は、図1乃至図5に示すように、串保持具搬送機構2、加熱装置3,4、タレ貯槽5及び制御装置6から構成される。

0027

串保持具搬送機構2は、無端回動チェーン7、駆動スプロケット8、従動スプロケット9及び駆動モーター10から構成される。

0028

図5に示すように、基台11の上面に底面板12Aを載置し、その底面板12Aにブラケット12B,12Cを介して支持板12Dを載置してある。その支持板12Dには、長さ方向に所定間隔で支柱13,13を立設し、この支柱13,13の上端部に天井板14を配設してある。

0029

基台11の後側には駆動軸15を立設し、図5及び図6に示すように、駆動軸15の上端部には駆動スプロケット8を固定してある。又、駆動軸15の下端部には連結部材16を介して駆動モーター10の軸10aを連結してある。

0030

ここで、図6に示すように、駆動軸15にはキー溝15aを、駆動スプロケット8にはキー溝8aを穿設してあり、このキー溝15a,8aに手指でキー17を嵌入させ、又は脱出させることによって、駆動スプロケット8を駆動軸15に容易に装着、脱出できるようにしてある。
尚、駆動スプロケット8の下方移動を阻止するため、駆動軸15には段部15bを形成してある。

0031

基台11の前側には従動軸18を立設し、図5及び図7に示すように、従動軸18の上端部にはベアリング19を介して従動スプロケット9を固定してある。

0032

ここで、図7に示すように、従動スプロケット9の嵌合孔9aにはベアリング19を圧入してあるが、従動軸18にはベアリング19を遊嵌してある。従って、従動スプロケット9は、強く上方に引っ張ることによって、従動軸18から比較的容易に脱出できるようになっている。
尚、従動スプロケット9の下方移動を阻止するため、従動軸18には段部18aを形成してある。

0033

そして、駆動スプロケット8と従動スプロケット9とに亘って無端回動チェーン7を掛け渡し、無端回動チェーン7には所定間隔で複数の串保持具20,20,・・・を装着してある。
尚、駆動スプロケット8と従動スプロケット9の配設位置は、基台11の前側、後側の何れであってもよい。

0034

上記キー17は、アルミニウム等の低強度の金属材料L型成形したものであり、駆動軸15と駆動スプロケット8との間に過負荷がかかると、キー17は破壊されるようになっている。
よって、何らかの原因により無端回動チェーン7が移動しなくなった場合には、駆動軸15と駆動スプロケット8との間に過負荷がかかり、キー17が破壊され、それ以後は、駆動軸15が空回りするようになるから、無端回動チェーン7、駆動スプロケット8、駆動モーター10が破壊されることはない。

0035

又、串保持具搬送機構2は、図5に示すように、無端回動チェーン7、駆動スプロケット8、従動スプロケット9及び駆動モーター10等が一体化されている。
よって、串保持具搬送機構2の構成部品を一体として容易に取り外すことができ、串保持具20の装着、交換、又、構成部品の清掃、修理に時間がかからない。
尚、連結部材16において、駆動軸15と駆動モーター10の軸10aとの連結を解除することによって、駆動モーター10だけを容易に分離することができ、交換、清掃、修理等の便宜を図ることができる。

0036

加熱装置3,4は、串保持具搬送機構2の左右両側に配設され、所定間隔で対向配置されガスバーナー21A,21Bから構成される。
図8に示すように、基台11の上面に支持体22を介して設置板23を立設してあり、この設置板23にガスバーナー21A,21Bを固定、設置してある。

0037

ここで、支持体22には高さ方向に挿通長孔22aを、設置板23には螺子孔23aを形成してあるから、設置板23の高さを適宜調整し、螺子によって支持体22と設置板23とを締結すれば、ガスバーナー21A,21Bの放熱面の位置を適宜高さに調整することができる。
よって、串焼き材料の食材の串への取付位置に係わらず、放熱面に対向するように食材を位置させることができ、食材を均一に加熱することができる。

0038

又、図8に示すように、ガスバーナー21A,21Bの放熱面には、放熱面を保護するための保護網体24を装着してある。
この保護網体24は、放熱面に螺子等によって固定してあるが、その上端部及び下端部は、設置板23に固着した案内体25A,25Bに当接させてあり、保護網体24を設置板23から取り外した時には、案内体25A,25Bに沿って滑動させ、基台11の正面から取り出すことができるようになっている。
よって、保護網体24の金網24aが破損した場合には、保護網体24を設置板23から取り外し、案内体25A,25Bに沿って滑動させ、基台11の正面から取り出すことができるから、保護網体24の交換作業は容易であり、時間がかからない。

0039

又、ガスバーナー21Aは、串保持具搬送機構2を被覆するカバー26Aによって、その放熱面が外側に位置するように被覆され、ガスバーナー21Bは、それ自身を被覆するカバー26Bによって、その放熱面が内側に位置するように被覆されている。
尚、本実施形態においては、ガスバーナー21A,21Bとして遠赤外線ガスバーナーを使用しているが、ガスバーナーに限らず、電気ヒーターを使用してもよい。

0040

さらに、ガスバーナー21A,21Bのガス導入口は、配管27,27・・・を介して基台11の正面部前方に配置したマニホールド28に接続してあり、このマニホールド28には、ガス導入用コック29、火力調整用コック30,30,・・・を配設してある。

0041

タレ貯槽5は、基台11上であって、その後端部に配置され、基台11上に装着自在となっている。

0042

制御装置6は、基台11内に配置され、駆動モーター10を制御して、串保持具搬送機構2を作動、停止させ、搬送速度を制御するようになっている。
基台11の正面部には操作パネル31を配設してあり、操作パネル31には作動ダイヤル32及び作動ランプ33を配置してある。

0043

串保持具20は、図8及び図9に示すように、無端回動チェーン7に複数の支持部材34,34,・・・を所定間隔で固定してあり、この支持部材34に支持ピン35を介して垂直方向に回動自在に支持してある。

0044

串保持具20は、図9及び図10に示すように、保持具本体36と可動挟持体37とから構成され、保持具本体36に可動挟持体37を枢支ピン38によって水平方向に回動自在に連結してあり、通常時は、バネ39によって弾力付勢され、串Aを挟持して保持するようになっている。

0045

保持具本体36は、図9及び図10に示すように、金属製の矩形杆状体であって、先端部側面には、半円形状を呈する串挟持用溝36aを、中間部側面には、バネ装着用凹部36bを穿設してある。又、中間部には、ピン挿入孔36cを、基端部には、所定角度傾斜させて上端面から中心部に至るピン挿入溝36dを穿設してある。
ここで、ピン挿入溝36dに挿入された支持ピン35は、保持具本体36の後端面が支持部材34の装着部内面34aによって水平方向移動規制されるから、ピン挿入溝36dから容易には脱出しないが、さらに脱出し難くするため、図10(B)に示すように、ピン挿入溝36dを屈曲させておくのが好ましい。

0046

可動挟持体37は、図9に示すように、金属製板材コ型折曲して、上面部、側面部及び下面部を形成したものであって、上面部及び下面部の先端部側面には、半円形状を呈する串挟持用溝37aを、中間部には、ピン挿通孔37bを穿設してある。又、上面部の基端部には、開放ピン40を固着、立設してある。

0047

串保持具20は、上記のような構成であるから、図11(A)に示すように、先端部を上方にして所定角度傾斜させ、串保持具20を上方に移動させれば、図11(B)に示すように、支持部材34の支持ピン35を保持具本体36のピン挿入溝36dに案内させ、挿入することができる。次いで、串保持具20を下方に回動させれば、図11(C)に示すように、串保持具20を支持部材34に略水平に支持することができる。
よって、従来のように、支持ピン35を一々脱着することなく、串保持具20を支持部材34に支持することができる。

0048

串保持具搬送機構2には、図1に示すように、無端回動チェーン7に沿って、その外方にレール状の串保持具案内部材41を設置してあり、この串保持具案内部材41の上端面に保持具本体36が載置されて、通常時、串保持具20は略水平状態で搬送されるようになっている。

0049

串保持具搬送機構2の左前側部には、串開放機構42が配設されており、串開放機構42は、図1に示すように、天井板14に固定した支持板43と、支持板43に支軸44を介して回転自在に支持された押当ローラ45とから構成される。

0050

押当ローラ45は、図12に示すように、加熱された串焼き製品Dを保持した串保持具20が移動してきて、可動挟持体37に固着された開放ピン40に押当すると、バネ39の弾性力に抗して可動挟持体37を回動させ、保持具本体36と可動挟持体37とによる挟持を解いて、串焼き製品Dを開放して落下させるようになっている。

0051

そして、串保持具20から落下した串焼き製品Dは、基台11の左前側部に形成されたシュート46に沿って滑り、基台11の正面部に形成された製品取出口47から排出されて、受皿48に挿入されるようになっている。

0052

串保持具搬送機構2の後端部のタレ貯槽5近傍には、図1及び図4に示すように、その上端面が曲面状となっていて、高さ位置が変化する串保持具昇降部材49が配設されている。串保持具昇降部材49は、その始端及び終端を前記串保持具案内部材41に接続してあり、串保持具20がタレ貯槽5の側面部5a,5bに到達する位置において、その上端面の高さが最高位置となり、タレ貯槽5の中央部に到達する位置において、その上端面の高さが最低位置となるように形成されている。

0053

よって、図14に示すように、串保持具案内部材41に載置され、水平状態で搬送されてきた串保持具20は、串保持具昇降部材49に転載される。そして、串保持具昇降部材49に載置されて上方に回動し、タレ貯槽5の側面部5aに到達する位置において、串保持具20は最大傾斜状態となり、タレ貯槽5の中央部に到達する位置において、略水平状態に戻り、タレ貯槽5の側面部5bに到達する位置において、最大傾斜状態となるようになっている。

0054

串焼き製造装置1には、又、図13に示すように、タレ付け防止機構50が配設されている。タレ付け防止機構50は、円弧状を呈する串保持具保持部材51、屈曲杆状の保持部材支持杆52、把持部材53、直線杆状の把持部材支持杆54及び保持部材支持杆52と把持部材支持杆54とを連結する連結部材55とから構成され、連結部材55は、支軸56によって垂直方向に回動自在となっている。
又、保持部材支持杆52は、垂直杆部52a、屈曲杆部52b及び水平杆部52cに適宜個所で分割してあり、その分割部分に雄ネジ部を形成し、雌ネジ部を形成した長さ調整部材57,57と螺合させることによって、垂直方向及び水平方向の長さを調整できるようになっている。

0055

串保持具保持部材51は、図2及び図3に示すように、通常時、串保持具昇降部材49の上端面より下方に位置し、保持部材支持杆52は、串保持具搬送機構2のカバー23,24内の下側に、基台11の後側から前側にかけて配置してある。
把持部材支持杆54は、串保持具搬送機構2の正面部を被覆するカバー58に穿設した支持杆案内孔58aより突出させてある。

0056

よって、図3に示すように、通常時、把持部材53及び把持部材支持杆54を支持杆案内孔58aの上側に位置させておいた場合には、串保持具保持部材51は、図14に示すように、串保持具昇降部材49の上端面より下方に位置しているから、串保持具20は、上記のように、串保持具昇降部材49に載置されて昇降動する。

0057

一方、作業者が把持部材53を把持し、押下して、把持部材53及び把持部材支持杆54を支持杆案内孔58aの下側に位置させた場合には、保持部材支持杆52は上方に回動して、串保持具保持部材51は、図15に示すように、串保持具昇降部材49の上端面と略同位置に位置する。

0058

よって、串保持具20は、串保持具昇降部材49に載置されて上方に回動して、最大傾斜状態となり、次に、串保持具保持部材51に載置されて、そのまま最大傾斜状態を保持し、再び、串保持具昇降部材49に載置されて下方に回動して、次に、串保持具案内部材41に載置され、水平状態に戻る。

0059

従って、通常時、把持部材53及び把持部材支持杆54を支持杆案内孔58aの上側に位置させておいた場合には、串保持具20を昇降動させ、串焼き材料をタレ貯槽5に貯留したタレに漬けることができ、一方、把持部材53を押下して、把持部材53及び把持部材支持杆54を支持杆案内孔58aの下側に位置させた場合には、串保持具20を上方位置に保持させ、串焼き材料Cをタレに付けないようにすることができる。

0060

しかし、串保持具20と支持部材34との連結部にタレが付着し、蓄積すると、串保持具20が円滑に回動しなくなり、串保持具昇降部材49に沿って円滑に下降せず、タレに串焼き材料Cを浸漬できなくなったり、串保持具20,20同士が絡まって、作動に支障を来たす事態も生じかねない。
そこで、図14に示すように、串保持具規制部材59を配設してある。串保持具規制部材59は、串保持具20が串保持具昇降部材49に円滑に案内され、下降するように、串保持具20に上方から当接して、下降させるものである。

0061

本発明の串焼き製造装置1は、以上のような構成であって、以下のように使用して、串焼きを製造する。

0062

作業者は、基台11の正面部に位置し、作動ダイヤル32を右に廻し、串焼き製造装置1の電源をONにする。これによって、作動ランプ33が点灯し、串焼き製造装置1が作動を開始し、駆動モーター10が駆動して、無端回動チェーン7が移動する。

0063

作業者は、基台11の正面部において、串保持具20の保持具本体36と可動挟持体37の串挟持用溝36a,串挟持用溝37aに、串Aに食材Bを刺した串焼き材料Cの串A基端部を押し込み、保持具本体36と可動挟持体37とによって挟持させて、串保持具20に串焼き材料Cを吊下、保持させる。

0064

串保持具20に保持された串焼き材料Cは、図1及び図3に示すように、吊下された状態で加熱装置3が配設された部分に到達する。そして、無端回動チェーン7によって搬送されつつ、ガスバーナー21A,21Bによって加熱される。

0065

タレ貯槽5に近づいた串焼き材料Cは、図1及び図14に示すように、串保持具20が串保持具昇降部材49に案内され、上方に回動すると、上方に回動して傾斜し、タレ貯槽5の側面部5aに到達する時には最大傾斜状態となり、側面部5aを乗り越える。
その後、串保持具20が下方に回動すると、串焼き材料Cも下方に回動して、タレ貯槽5に貯留されたタレに串焼き材料Cが浸漬される。
さらに、串保持具昇降部材49に案内され、串保持具20が再度上方に回動すると、串焼き材料Cも上方に回動して傾斜し、タレ貯槽5の側面部5bに到達する時には最大傾斜状態となり、側面部5bを乗り越える。

0066

タレを付けられた串焼き材料Cは、図1及び図3に示すように、再度、吊下された状態で加熱装置4が配設された部分に到達する。そして、無端回動チェーン7によって搬送されつつ、ガスバーナー21A,21Bによって加熱される。

0067

完全に加熱処理された串焼き製品Dは、串開放機構42の配設部分に到達し、押当ローラ45が串保持具20の可動挟持体37に固着された開放ピン40に押当すると、可動挟持体37が回動して、串Aの挟持が解かれるので、串保持具20から落下する。

0068

落下した串焼き製品Dは、シュート46に沿って滑り、製品取出口47から排出され、受皿48に挿入される。このようにして、串保持具20に串焼き材料Cを保持させる作業を除き、略自動的に串焼き製品Dを製造することができる。

0069

タレ付けしない、いわゆる塩焼き等の串焼きを製造したい場合には、把持部材53を押下して、把持部材53及び把持部材支持杆54を支持杆案内孔58aの下側に位置させればよい。

0070

こうすれば、串保持具保持部材51が上昇し、図15に示すように、串保持具昇降部材49の上端面と略同位置に位置するから、串保持具20は、タレ貯槽5近傍においては、串保持具昇降部材49及び串保持具保持部材51に載置、案内されて、最大傾斜状態を保持し、串焼き材料Cをタレに漬けないようにすることができる。

0071

以上のように、本発明の串焼き製造装置1によれば、串焼き材料Cを垂下して串Aの基端部を手指で摘み、基台11の正面部を串保持具20が移動していく間に、保持具本体36と可動挟持体37の先端部に串Aの基端部を押入れさえすればよいから、串保持具20に容易に串焼き材料Cを保持させることができ、食材Bに手指が触れることもなく、衛生的である。

0072

又、無端回動チェーン7によって加熱装置3,4に沿って串焼き材料Cを搬送させつつ加熱する工程中に、串焼き材料Cをタレに付ける工程を設けたから、串焼き製品Dを製造するのに手間と時間を要しない。

0073

又、保持具本体36に所定角度傾斜させたピン挿入溝36dを穿設したから、串保持具20を傾斜させて上方に移動させ、下方に回動させるという操作だけで、串保持具20を支持部材34に、すなわち、無端回動チェーン7に装着することができる。
よって、串保持具20の装着数を変更したり、故障等のために串保持具20を交換する際、一々無端回動チェーン7をスプロケット8,9から取り外す必要がなく、串保持具20の脱着作業は極めて容易であり、直ちにすることができる。

0074

さらに、何等工具を必要とせず、駆動軸15に駆動スプロケット8を、又、従動軸18に従動スプロケット9を脱着できるようにしたから、無端回動チェーン7を取り外し、一気に多数の串保持具20を脱着、交換する作業も、容易にすることができる。

0075

又、設置板23の高さを適宜調整し、螺子によって支持体22と設置板23とを締結すれば、ガスバーナー21A,21Bの放熱面の高さを適宜調整できるから、串焼き材料の食材の串への取付位置に係わらず、食材を均一に加熱することができる。

0076

又、保護網体24の上端部及び下端部を案内体25A,25Bに当接させ、保護網体24を案内体25A,25Bに沿って滑動させ、基台11の正面から取り出すことができるようにしたから、保護網体24の交換作業は容易であり、時間がかからない。

0077

又、串保持具規制部材59を配設して、串保持具20に上方から当接させ、下降させるようにしたから、串保持具昇降部材49に沿って円滑に下降せず、タレに串焼き材料Cを浸漬できなかったり、串保持具20同士が絡まって、作動に支障を来たすことはない。

0078

又、何らかの原因により無端回動チェーン7が移動しなくなった場合には、過負荷によって、キー17が破壊され、駆動軸15が空回りするようになるから、無端回動チェーン7、駆動スプロケット8、駆動モーター10が破壊されることはない。

0079

さらに、串保持具搬送機構2は、無端回動チェーン7、駆動スプロケット8、従動スプロケット9等が一体化されているから、一体として容易に取り外すことができ、串保持具20の装着、交換、又、構成部品の清掃、修理に時間がかからない。

0080

1串焼き製造装置
2串保持具搬送機構
3,4加熱装置
5タレ貯槽
6制御装置
7無端回動チェーン
8駆動スプロケット
11基台
15駆動軸
17キー
20串保持具
24保護網体
25A,25B案内体
34支持部材
35支持ピン
36保持具本体
36d 支持ピン案内溝
37可動挟持体
39バネ
40開放ピン
42 串開放機構
49串保持具昇降部材
50タレ付け防止機構
51串保持具保持部材
52保持部材支持杆
53把持部材
54 把持部材支持杆
55連結部材
56支軸
59 串保持具規制部材
A 串
B食材
C串焼き材料
D 串焼き製品

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社大神の「 加熱撹拌調理システム」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】食材を段階的に加熱しながら撹拌して調理を行うといった複雑な調理を容易に行わせることができる加熱撹拌調理システムを提供すること。【解決手段】本発明では、加熱撹拌調理システム(1)において、中空状... 詳細

  • 大阪瓦斯株式会社の「 加熱調理器」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】加熱部の配置位置に制約されることなく調理用プレートの底面温度を測定可能であり、かつ、清掃が容易な加熱調理器を提供することを目的とする。【解決手段】加熱調理器は、天面壁25aと、互いに対向する一... 詳細

  • 大阪瓦斯株式会社の「 加熱調理方法及びその加熱調理方法を実行可能な加熱調理器」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】被調理物を適正に調理することが可能な加熱調理方法及びその加熱調理方法を実行可能な加熱調理器を提供することを目的とする。【解決手段】天面壁25aと、一対の側壁25bと、背面壁25cと、底面壁25... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ