図面 (/)

技術 盤式歯車の入力側の二輪駆動システム

出願人 楊泰和
発明者 楊泰和
出願日 2011年4月6日 (9年8ヶ月経過) 出願番号 2011-084421
公開日 2011年11月4日 (9年1ヶ月経過) 公開番号 2011-220524
状態 拒絶査定
技術分野 ハイブリッド電気車両 減速機2 動力伝達装置の配置~クラッチ,変速~ 減速機1
主要キーワード 電機エネルギー 傘型歯車 差動歯車列 出力輪 摩擦輪 外燃エンジン ボディシェル 入力傘歯車
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2011年11月4日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (18)

課題

盤式歯車の入力側の二輪駆動ステムを提供する。

解決手段

盤式歯車の入力側の二輪駆動システムは、差動歯車列アセンブリ伝動機能の盤式傘歯車によって駆動される差動歯車列の入力ロッカーアームとし、第1伝動装置および第2伝動装置(302)により駆動される。第1伝動装置は、第1伝動装置の入力傘歯車(503)及び第1伝動装置の盤式傘歯車(504)により構成される。第1伝動装置により差動歯車列の入力ロッカーアームとエンジンとの間の回転エネルギー伝送し、第2伝動装置(302)により差動歯車列の入力ロッカーアームと第2駆動装置(201)との間の回転エネルギーを伝送し、第1伝動装置、第2伝動装置(302)のいずれか一つ以上により差動歯車列の入力ロッカーアームを駆動する。

概要

背景

一般に、従来の差動歯車列アセンブリの盤式傘歯車により差動歯車列を駆動する混合駆動システムは、差動歯車列の入力側の駆動傘歯車と盤式傘歯車とをカップリングすることにより、第1伝動装置を構成し、エンジンからの動力伝送し、及び第2駆動装置、例えば電機によって駆動される傘歯車を通して、同一の盤式傘歯車にカップリングすることにより電機との間のエネルギーを伝送する。

概要

盤式歯車の入力側の二輪駆動システムを提供する。盤式歯車の入力側の二輪駆動システムは、差動歯車列アセンブリを伝動機能の盤式傘歯車によって駆動される差動歯車列の入力ロッカーアームとし、第1伝動装置および第2伝動装置(302)により駆動される。第1伝動装置は、第1伝動装置の入力傘歯車(503)及び第1伝動装置の盤式傘歯車(504)により構成される。第1伝動装置により差動歯車列の入力ロッカーアームとエンジンとの間の回転エネルギーを伝送し、第2伝動装置(302)により差動歯車列の入力ロッカーアームと第2駆動装置(201)との間の回転エネルギーを伝送し、第1伝動装置、第2伝動装置(302)のいずれか一つ以上により差動歯車列の入力ロッカーアームを駆動する。

目的

本発明は盤式歯車の入力側の二輪駆動システムを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
2件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

差動歯車列アセンブリを盤式傘歯車によって駆動される差動歯車列の入力ロッカーアームとし、第1伝動装置および第2伝動装置によって駆動され、前記第1伝動装置により前記差動歯車列の入力ロッカーアームとエンジンとの間の回転エネルギー伝送し、前記第2伝動装置により前記差動歯車列の入力ロッカーアームと第2駆動装置との間の回転エネルギーを伝送し、前記第1伝動装置、前記第2伝動装置のいずれか一つ以上により前記差動歯車列の入力ロッカーアームを駆動する盤式歯車の入力側の二輪駆動ステムであり、差動歯車列アセンブリ(300)は、歯車または摩擦輪プーリスプロケット及びCVホイールのいずれか一つ以上により構成され、第1伝動装置(301)、第2伝動装置(302)、差動歯車列(800)を設けることにより外部に対して同軸出力する差動出力軸(311)と差動出力軸(312)、及び差動歯車列アセンブリのボディシェル軸受を備え、制御可能なクラッチ装置(CL101)及び/または伝動装置により、第1駆動装置(101)と差動歯車列(800)の傘型遊星歯車動力伝送ロッカーアーム(804)との間の回転エネルギーを伝送し、第2駆動装置(201)と差動歯車列(800)の傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)との間の回転エネルギーを伝送し、制御可能なクラッチ装置(CL101)は、人力または電力磁力機械力大気の圧力、液圧力及び遠心力のいずれか一つ以上により駆動され、伝動連結または離脱機能のクラッチ装置またはシステムを含み、回転する入力側及び回転する出力側を備え、差動歯車列(800)は、傘型歯車または型摩擦輪により構成される傘型差動輪であり、左傘型差動出力輪(801)、右傘型差動出力輪(802)、左傘型差動出力輪(801)と右傘型差動出力輪(802)とにカップリングする傘型遊星歯車セット(803)、および傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)を備え、傘型遊星歯車セット(803)を傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)に設置し、傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)により、差動歯車列(800)と第1伝動装置(301)及び/または第2伝動装置(302)との間に回転エネルギーを伝送し、第1伝動装置(301)は、歯車または摩擦輪、プーリと伝動ベルト、CVTホイールと伝動ベルト、及びスプロケットと伝動スプロケットチェーンのいずれか一つ以上により構成される伝動装置であり、入力軸出力軸との間に平行な伝動装置、または非平行な角軸伝動装置を含み、入力端が第1駆動装置(101)により駆動され、第1伝動装置(301)の駆動輪によって、差動歯車列(800)の傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)を駆動し、第2伝動装置(302)は、歯車または摩擦輪、プーリと伝動ベルト、CVTホイールと伝動ベルト、及びスプロケットと伝動スプロケットチェーンのいずれか一つ以上により構成される伝動装置であり、入力軸と出力軸との間に平行な伝動装置、または非平行な角軸伝動装置を含み、入力端が第2駆動装置(202)により駆動され、第2伝動装置(302)の駆動輪によって、差動歯車列(800)の傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)を駆動し、差動歯車列アセンブリ(300)の差動出力軸(311)及び差動出力軸(312)は、第1駆動装置(101)及び/または第2駆動装置(201)によって駆動され、差動動作をすることを特徴とする盤式歯車の入力側の二輪駆動システム。

請求項2

差動歯車列アセンブリ(300)は、第1伝動装置の入力傘歯車(503)と第1伝動装置の盤式傘歯車(504)とにより構成される第1伝動装置(301)、入力歯車(505)と伝動歯車(506)とにより構成される第2伝動装置(302)、差動歯車列(800)を設けることにより外部に対して同軸出力する差動出力軸(311)と差動出力軸(312)、及び差動歯車列アセンブリのボディシェルと軸受を備え、制御可能なクラッチ装置(CL101)及び/または伝動装置により、第1駆動装置(101)と差動歯車列(800)の傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)との間の回転エネルギーを伝送し、第2駆動装置(201)と差動歯車列(800)の傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)との間の回転エネルギーを伝送し、制御可能なクラッチ装置(CL101)は、人力または電力、磁力、機械力、大気の圧力、液圧力及び遠心力のいずれか一つ以上により駆動され、伝動連結または離脱機能のクラッチ装置またはシステムを含み、回転する入力側及び回転する出力側を備え、差動歯車列(800)は、傘型歯車または傘型摩擦輪により構成される傘型差動輪であり、左傘型差動出力輪(801)、右傘型差動出力輪(802)、左傘型差動出力輪(801)と右傘型差動出力輪(802)とにカップリングする傘型遊星歯車セット(803)、および傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)を備え、傘型遊星歯車セット(803)を傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)に設置し、傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)により、差動歯車列(800)と第1伝動装置(301)及び/または第2伝動装置(302)との間の回転エネルギーを伝送し、差動歯車列アセンブリ(300)の差動出力軸(311)及び差動出力軸(312)は、第1駆動装置(101)及び/または第2駆動装置(201)によって駆動され、差動動作をすることを特徴とする請求項1に記載の盤式歯車の入力側の二輪駆動システム。

請求項3

第2駆動装置(201)を構成する電機の回転部の出力端と第2伝動装置の入力歯車(505)との間に、制御可能なクラッチ装置(CL201)を設置することにより、電機の回転部の出力端と第2伝動装置の入力歯車(505)との間の係合または離脱を制御することを特徴とする請求項2に記載の盤式歯車の入力側の二輪駆動システム。

請求項4

第2駆動装置(201)は、第2駆動装置(201)を構成する電機の回転部の出力端、変速伝動装置(T201)、および制御可能なクラッチ装置(CL201)と連結する第2伝動装置の入力歯車(505)を介して、変速伝動装置(T201)により電機の回転部の出力端と制御可能なクラッチ装置(CL201)の入力端との間の速比を変更させ、制御可能なクラッチ装置(CL201)により、変速伝動装置(T201)の出力端と第2伝動装置の入力歯車(505)との間の係合または離脱を制御することを特徴とする請求項2に記載の盤式歯車の入力側の二輪駆動システム。

請求項5

第1電機によって駆動される回転動力源により構成される第2駆動装置(201)と、第2電機によって駆動される回転動力源により構成される第2駆動装置(202)とを備え、第1電機、第2電機のいずれか一つ以上により第2伝動装置(302)の入力歯車(505)を駆動することを特徴とする請求項2に記載の盤式歯車の入力側の二輪駆動システム。

請求項6

第1電機によって駆動される回転動力源により構成される第2駆動装置(201)と、第2電機によって駆動される回転動力源により構成される第2駆動装置(202)とを備え、第1電機の回転部の出力端と第2伝動装置(302)の入力歯車(505)との間に、制御可能なクラッチ装置(CL201)を設置し、第2電機の回転部の出力端と第2伝動装置(302)の入力歯車(505)との間に、制御可能なクラッチ装置(CL202)を設置し、第1電機、第2電機のいずれか一つ以上により第2伝動装置(302)の入力歯車(505)を駆動することを特徴とする請求項3に記載の盤式歯車の入力側の二輪駆動システム。

請求項7

第1電機によって駆動される回転動力源により構成される第2駆動装置(201)と、第2電機によって駆動される回転動力源により構成される第2駆動装置(202)とを備え、第1電機の回転部の出力端と第2伝動装置(302)の入力歯車(505)との間に、変速伝動装置(T201)を設置し、第2電機の回転部の出力端と第2伝動装置(302)の入力歯車(505)との間に、変速伝動装置((T202)を設置し、第1電機、第2電機のいずれか一つ以上により第2伝動装置(302)の入力歯車(505)を駆動することを特徴とする請求項6に記載の盤式歯車の入力側の二輪駆動システム。

請求項8

第1電機によって駆動される回転動力源により構成される第2駆動装置(201)と、第2電機によって駆動される回転動力源により構成される第2駆動装置(202)とを備え、第1電機の回転部は、出力端が制御可能なクラッチ装置(CL201)と変速伝動装置(T201)とを介して、第2伝動装置(302)の入力歯車(505)と連結し、第2電機の回転部は、出力端が制御可能なクラッチ装置(CL202)と変速伝動装置(T202)とを介して、第2伝動装置(302)の入力歯車(505)と連結し第1電機、第2電機のいずれか一つ以上により第2伝動装置(302)の入力歯車(505)を駆動することを特徴とする請求項6に記載の盤式歯車の入力側の二輪駆動システム。

請求項9

第1電機によって駆動される回転動力源により構成される第2駆動装置(201)と、第2電機によって駆動される回転動力源により構成される第2駆動装置(202)とを備え、第1電機の回転部は、出力端が変速伝動装置(T201)と制御可能なクラッチ装置(CL201)とを介して、第2伝動装置(302)の入力歯車(505)と連結し、第2電機の回転部は、出力端が変速伝動装置(T202)と制御可能なクラッチ装置(CL202)とを介して、第2伝動装置(302)の入力歯車(505)と連結し、第1電機、第2電機のいずれか一つ以上により第2伝動装置(302)の入力歯車(505)を駆動することを特徴とする請求項6に記載の盤式歯車の入力側の二輪駆動システム。

請求項10

第2駆動装置(201)は、電機の回転部を構成する出力端を通し、第2伝動装置(302)及び制御可能なクラッチ装置(CL500)にカップリングする第1伝動装置の盤式傘歯車(504)を介して、傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)と連結し、差動歯車列アセンブリ(300)は、第1伝動装置(301)の駆動輪群と第2伝動装置(302)の駆動輪群との間に設けられる制御可能なクラッチ装置(CL500)を備え、第1伝動装置(301)の駆動輪群と第2伝動装置(302)の駆動輪群との係合または離脱を制御し、第1伝動装置の入力傘歯車(503)及び第1伝動装置の盤式傘歯車(504)により第1伝動装置(301)を構成し、第1駆動装置(101)を通して制御可能なクラッチ装置(CL101)により、及び/または変速伝動装置により第1伝動装置の入力傘歯車(503)を駆動し、第1伝動装置の入力傘歯車(503)により第1伝動装置の盤式傘歯車(504)を駆動し、傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)を駆動し、及び/または第2駆動装置(201)の回転エネルギーにより、第2伝動装置(302)及び制御可能なクラッチ装置(CL500)により、差動歯車列(800)の傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)を駆動し、差動歯車列アセンブリ(300)は、差動歯車列(800)によって外部に対して同軸出力する差動出力軸(311)と差動出力軸(312)、及び差動歯車列アセンブリのボディシェルと軸受を備え、制御可能なクラッチ装置(CL101)、(CL500)は、人力または電力、磁力、機械力、大気の圧力、液圧力及び遠心力のいずれか一つ以上により駆動され、伝動連結または離脱機能のクラッチ装置またはシステムを含み、回転する入力側及び回転する出力側を備え、差動歯車列(800)は、傘型歯車または傘型摩擦輪により構成される傘型差動輪であり、左傘型差動可出力輪(801)、右傘型差動可出力輪(802)、左傘型差動可出力輪(801)と右傘型差動可出力輪(802)とにカップリングする傘型遊星歯車セット(803)、および傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)を備え、傘型遊星歯車セット(803)を傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)に設置し、傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)により、差動歯車列(800)と第1伝動装置(301)及び/または第2伝動装置(302)との間の回転エネルギーを伝送し、差動歯車列アセンブリ(300)の差動出力軸(311)及び差動出力軸(312)は、第1駆動装置(101)及び/または第2駆動装置(201)によって駆動され、差動動作をすることを特徴とする請求項1に記載の盤式歯車の入力側の二輪駆動システム。

請求項11

傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)を差動歯車列(800)の差動出力軸(311)及び差動出力軸(312)に平行する両側に設置し、片側にある傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)は、第1伝動装置の盤式傘歯車(504)と結合し、他側にある傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)は、制御可能なクラッチ装置(CL500)を介して第2伝動装置(302)にカップリングすることにより、第2伝動装置(302)と差動歯車列(800)との間の係合または離脱を制御し、差動歯車列アセンブリ(300)は、第2伝動装置(302)の駆動輪群と傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)との間に設置する制御可能なクラッチ装置(CL500)を備え、第2伝動装置(302)の駆動輪群と傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)との係合または離脱を制御し、第1伝動装置の入力傘歯車(503)及び第1伝動装置の盤式傘歯車(504)により第1伝動装置(301)を構成し、第1駆動装置(101)により制御可能なクラッチ装置(CL101)により、及び/または変速伝動装置により第1伝動装置の入力傘歯車(503)を駆動し、第1伝動装置の入力傘歯車(503)により第1伝動装置の盤式傘歯車(504)を駆動し、傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)を駆動し、及び/または第2駆動装置(201)の回転エネルギーにより、第2伝動装置(302)及び制御可能なクラッチ装置(CL500)を介して、差動歯車列(800)の傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)を駆動し、差動歯車列アセンブリ(300)は、差動歯車列(800)によって外部に対して同軸出力する差動出力軸(311)と差動出力軸(312)、及び差動歯車列アセンブリのボディシェルと軸受を備え、制御可能なクラッチ装置(CL101)、(CL500)は、人力または電力、磁力、機械力、大気の圧力、液圧力及び遠心力のいずれか一つ以上により駆動され、伝動連結または離脱機能のクラッチ装置またはシステムを含み、回転する入力側及び回転する出力側を備え、差動歯車列(800)は、傘型歯車または傘型摩擦輪により構成される傘型差動輪であり、左傘型差動出力輪(801)、右傘型差動出力輪(802)、左傘型差動出力輪(801)と右傘型差動出力輪(802)とにカップリングする傘型遊星歯車セット(803)、および傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)を備え、傘型遊星歯車セット(803)を傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)に設置し、傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)を通して、差動歯車列(800)と第1伝動装置(301)及び/または制御可能なクラッチ装置(CL500)とにより、第2伝動装置(302)と傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)との間の回転エネルギーを伝送し、差動歯車列アセンブリ(300)の差動出力軸(311)及び差動出力軸(312)は、第1駆動装置(101)及び/または第2駆動装置(201)によって駆動され、差動動作をすることを特徴とする請求項1に記載の盤式歯車の入力側の二輪駆動システム。

請求項12

差動歯車列アセンブリ(300)は、制御可能なクラッチ装置(CL5011)、(CL5012)を備え、制御可能なクラッチ装置(CL5011)を傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)と第1伝動装置(301)の駆動輪群との間に設置し、制御可能なクラッチ装置(CL5012)を傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)と第2伝動装置(302)の駆動輪群との間に設置し、作動機能に従って、制御可能なクラッチ装置(CL5011)及び制御可能なクラッチ装置(CL5012)の係合または離脱を制御し、第1伝動装置の入力傘歯車(503)及び第1伝動装置の盤式傘歯車(504)により第1伝動装置(301)を構成し、また第1駆動装置(101)を通して制御可能なクラッチ装置(CL101)により、及び/または変速伝動装置により第1伝動装置の入力傘歯車(503)を駆動し、第1伝動装置(301)の入力傘歯車(503)により第1伝動装置(301)の盤式傘歯車(504)を駆動し、制御可能なクラッチ装置(CL5011)により、傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)を駆動し、及び/または第2駆動装置(201)の回転エネルギーにより、第2伝動装置(302)及び制御可能なクラッチ装置(CL5012)を通し、差動歯車列(800)の傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)を駆動し、差動歯車列アセンブリ(300)は、差動歯車列(800)によって外部に対して同軸出力する差動出力軸(311)と差動出力軸(312)、及び差動歯車列アセンブリのボディシェルと軸受を備え、制御可能なクラッチ装置(CL5011)、(CL5012)は、人力または電力、磁力、機械力、大気の圧力、液圧力及び遠心力のいずれか一つ以上により駆動され、伝動連結または離脱機能のクラッチ装置またはシステムを含み、回転する入力側及び回転する出力側を備え、差動歯車列(800)は、傘型歯車または傘型摩擦輪により構成される傘型差動輪であり、左傘型差動出力輪(801)、右傘型差動出力輪(802)、左傘型差動出力輪(801)と右傘型差動出力輪(802)とにカップリングする傘型遊星歯車セット(803)、および傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)を備え、傘型遊星歯車セット(803)を傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)に設置し、制御可能なクラッチ装置(CL5011)により、傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)と第1伝動装置(301)との間の回転エネルギーを伝送し、及び/または制御可能なクラッチ装置(CL5012)により、傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)と第2伝動装置(302)との間の回転エネルギーを伝送し、差動歯車列アセンブリ(300)の差動出力軸(311)及び差動出力軸(312)は、第1駆動装置(101)及び/または第2駆動装置(201)によって駆動され、差動動作をすることを特徴とする請求項1に記載の盤式歯車の入力側の二輪駆動システム。

請求項13

第2駆動装置(201)は、電機により構成され、第2伝動装置(302)の入力端を駆動し、差動歯車列アセンブリ(300)は、制御可能なクラッチ装置(CL5011)、(CL5012)を備え、傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)を差動歯車列(800)の差動出力軸(311)及び差動出力軸(312)に平行する両側に設置し、片側にある傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)と第1伝動装置の盤式傘歯車(504)との間に、制御可能なクラッチ装置(CL5011)を設置し、傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)の他側と第2伝動装置(302)の駆動輪との間に、制御可能なクラッチ装置(CL5012)を設置し、作動機能に従って、制御可能なクラッチ装置(CL5011)及び制御可能なクラッチ装置(CL5012)の係合または離脱を制御し、第1伝動装置の入力傘歯車(503)及び第1伝動装置の盤式傘歯車(504)により第1伝動装置(301)を構成し、第1駆動装置(101)を通して制御可能なクラッチ装置(CL101)により、及び/または変速伝動装置により第1伝動装置の入力傘歯車(503)を駆動し、第1伝動装置の入力傘歯車(503)により第1伝動装置の盤式傘歯車(504)を駆動し、制御可能なクラッチ装置(CL5011)により傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)を駆動し、及び/または第2駆動装置(201)の回転エネルギーにより、第2伝動装置(302)及び制御可能なクラッチ装置(CL5012)により、傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)を駆動し、差動歯車列アセンブリ(300)は、差動歯車列(800)によって外部に対して同軸出力する差動出力軸(311)と差動出力軸(312)、及び差動歯車列アセンブリのボディシェルと軸受を備え、制御可能なクラッチ装置(CL5011)、(CL5012)は、人力または電力、磁力、機械力、大気の圧力、液圧力及び遠心力のいずれか一つ以上により駆動され、伝動連結または離脱機能のクラッチ装置またはシステムを含み、回転する入力側及び回転する出力側を備え、差動歯車列(800)は、傘型歯車または傘型摩擦輪により構成される傘型差動輪であり、左傘型差動出力輪(801)、右傘型差動出力輪(802)、左傘型差動出力輪(801)と右傘型差動出力輪(802)とにカップリングする傘型遊星歯車セット(803)、および傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)を備え、傘型遊星歯車セット(803)を傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)に設置し、制御可能なクラッチ装置(CL5011)により、傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)と第1伝動装置(301)との間の回転エネルギーを伝送し、及び/または制御可能なクラッチ装置(CL5012)により、傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)と第2伝動装置(302)との間の回転エネルギーを伝送することを特徴とする請求項1に記載の盤式歯車の入力側の二輪駆動システム。

請求項14

差動歯車列(800)の傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)は、差動出力軸(311)及び差動出力軸(312)に垂直する両側に向かって延伸し、第1伝動装置の盤式傘歯車(504)及び第1伝動装置の入力傘歯車(503)を設置し、第2伝動装置の盤式傘歯車(5042)と第2伝動装置の入力傘歯車(507)とを分離させ、第1伝動装置の入力傘歯車(503)は、第1駆動装置(101)によって駆動され、制御可能なクラッチ装置(CL101)を通して、第1伝動装置の盤式傘歯車(504)により、傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)の片側を駆動し、第2伝動装置の入力傘歯車(507)は、第2駆動装置(201)によって駆動され、第2伝動装置の盤式傘歯車(5042)により、傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)の他側を駆動し、回転エネルギーを傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)により差動歯車列(800)へ伝送し、制御可能なクラッチ装置(CL101)は、人力及び電力、磁力、機械力、大気の圧力、液圧力及び遠心力のいずれか一つ以上により駆動され、伝動連結または離脱機能のクラッチ装置またはシステムを含み、回転する入力側及び回転する出力側を備え、差動歯車列(800)は、傘型歯車または傘型摩擦輪により構成される傘型差動輪であり、左傘型差動出力輪(801)、右傘型差動出力輪(802)、左傘型差動出力輪(801)と右傘型差動出力輪(802)とにカップリングする傘型遊星歯車セット(803)、および傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)を備え、傘型遊星歯車セット(803)を傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)に設置し、傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)により、差動歯車列(800)と第1伝動装置(301)及び/または第2伝動装置(302)との間の回転エネルギーを伝送し、差動歯車列アセンブリ(300)の差動出力軸(311)及び差動出力軸(312)は、第1駆動装置(101)及び/または第2駆動装置(201)によって駆動され、差動動作をすることを特徴とする請求項1に記載の盤式歯車の入力側の二輪駆動システム。

請求項15

第2駆動装置(201)は、電機により構成され、第2伝動装置(302)の入力端の第2伝動装置の入力傘歯車(507)を駆動し、差動歯車列(800)の傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)は、差動出力軸(311)及び差動出力軸(312)に垂直する両側に向かって延伸し、第1伝動装置の盤式傘歯車(504)及び第1伝動装置の入力傘歯車(503)を設置し、第2伝動装置の盤式傘歯車(5042)と第2伝動装置の入力傘歯車(507)とを分離させ、第2伝動装置の盤式傘歯車(5042)と傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)との間に制御可能なクラッチ装置(CL500)を設け、第1伝動装置の入力傘歯車(503)は、第1駆動装置(101)によって駆動され、第1伝動装置の盤式傘歯車(504)により、傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)の片側を駆動し、第2伝動装置の入力傘歯車(507)は、第2駆動装置(201)によって駆動され、第2伝動装置の盤式傘歯車(5042)により、制御可能なクラッチ装置(CL500)を駆動し、傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)の他側を駆動し、制御可能なクラッチ装置(CL101)、(CL500)は、人力または電力、磁力、機械力、大気の圧力、液圧力及び遠心力のいずれか一つ以上により駆動され、伝動連結または離脱機能のクラッチ装置またはシステムを含み、回転する入力側及び回転する出力側を備え、差動歯車列(800)は、傘型歯車または傘型摩擦輪により構成される傘型差動輪であり、左傘型差動出力輪(801)、右傘型差動出力輪(802)、左傘型差動出力輪(801)と右傘型差動出力輪(802)とにカップリングする傘型遊星歯車セット(803)、および傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)を備え、傘型遊星歯車セット(803)を傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)に設置し、傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)を通して、差動歯車列(800)と第1伝動装置(301)及び/または制御可能なクラッチ装置(CL500)により、第2伝動装置(302)との間の回転エネルギーを伝送し、差動歯車列アセンブリ(300)の差動出力軸(311)及び差動出力軸(312)は、第1駆動装置(101)及び/または第2駆動装置(201)によって駆動され、差動動作をすることを特徴とする請求項1に記載の盤式歯車の入力側の二輪駆動システム。

請求項16

第2駆動装置(201)は、電機により構成され、第2伝動装置(302)の入力端を駆動し、差動歯車列(800)の傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)は、差動出力軸(311)及び差動出力軸(312)に垂直する両側に向かって延伸し、第1伝動装置の盤式傘歯車(504)及び第1伝動装置の入力傘歯車(503)を設置し、第2伝動装置の盤式傘歯車(5042)と第2伝動装置の入力傘歯車(507)とを分離させ、第1伝動装置の盤式傘歯車(504)と傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)との間に、制御可能なクラッチ装置(CL5011)を設け、第2伝動装置の盤式傘歯車(5042)と傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)との間に、制御可能なクラッチ装置(CL5012)を設け、第1伝動装置の入力傘歯車(503)は、第1駆動装置(101)によって駆動され、第1伝動装置の盤式傘歯車(504)により、制御可能なクラッチ装置(CL5011)を駆動し、傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)の片側を駆動し、第2伝動装置の入力傘歯車(507)は、第2駆動装置(201)によって駆動され、第2伝動装置の盤式傘歯車(5042)により、制御可能なクラッチ装置(CL5012)を駆動し、傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)の他側を駆動し、制御可能なクラッチ装置(CL5011)、(CL5012)は、人力または電力、磁力、機械力、大気の圧力、液圧力及び遠心力のいずれか一つ以上により駆動され、伝動連結または離脱機能のクラッチ装置またはシステムを含み、回転する入力側及び回転する出力側を備え、差動歯車列(800)は、傘型歯車または傘型摩擦輪により構成される傘型差動輪であり、左傘型差動出力輪(801)、右傘型差動出力輪(802)、左傘型差動出力輪(801)と右傘型差動出力輪(802)とにカップリングする傘型遊星歯車セット(803)、および傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)を備え、傘型遊星歯車セット(803)を傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)に設置し、制御可能なクラッチ装置(CL5011)により、傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)と第1伝動装置(301)との間の回転エネルギーを伝送し、及び/または制御可能なクラッチ装置(CL5012)により、傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)と第2伝動装置(302)との間の回転エネルギーを伝送することを特徴とする請求項1に記載の盤式歯車の入力側の二輪駆動システム。

技術分野

0001

本発明は、盤式歯車の入力側の二輪駆動ステムに関する。

背景技術

0002

一般に、従来の差動歯車列アセンブリの盤式傘歯車により差動歯車列を駆動する混合駆動システムは、差動歯車列の入力側の駆動傘歯車と盤式傘歯車とをカップリングすることにより、第1伝動装置を構成し、エンジンからの動力伝送し、及び第2駆動装置、例えば電機によって駆動される傘歯車を通して、同一の盤式傘歯車にカップリングすることにより電機との間のエネルギーを伝送する。

発明が解決しようとする課題

0003

しかしながら、従来の差動歯車列アセンブリの盤式傘歯車により差動歯車列を駆動する混合駆動システムは、第2駆動装置の電機とエンジンエネルギーによって駆動される盤式傘歯車との間の入力を通して傘歯車を伝動し、速比はエンジンの入力側の速比と同じになるように制限され、かつ傘歯車はカップリングするエンジンからの回転エネルギーによって駆動される傘歯車と同じになるようにしなければならない。
上記問題を解決するため、本発明は盤式歯車の入力側の二輪駆動システムを提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0004

本発明による盤式歯車の入力側の二輪駆動システムは、差動歯車列アセンブリを伝動機能の盤式傘歯車によって駆動される差動歯車列の入力ロッカーアームとし、第1伝動装置および第2伝動装置により駆動される。第1伝動装置により差動歯車列の入力ロッカーアームとエンジンとの間の回転エネルギーを伝送し、第2伝動装置により差動歯車列の入力ロッカーアームと第2駆動装置との間の回転エネルギーを伝送し、第1伝動装置、第2伝動装置のいずれか一つ以上により差動歯車列の入力ロッカーアームを駆動する。

0005

第2駆動装置は、電機エネルギーで作動する電機モータ及び/または発電機能を有する発電機、液圧または気圧によって駆動される流体回転駆動装置フライホイールまたはばねによって駆動される回転駆動装置のいずれか一つ以上である。

図面の簡単な説明

0006

従来の差動歯車列アセンブリの盤式傘歯車差動歯車列により駆動する混合駆動システムの構成を示す模式図である。
本発明の第1実施形態による盤式歯車の入力側の二輪駆動システムの構成を示す模式図である。
本発明の第2実施形態による盤式歯車の入力側の二輪駆動システムの構成を示す模式図である。
本発明の第3実施形態による盤式歯車の入力側の二輪駆動システムの構成を示す模式図である。
本発明の第4実施形態による盤式歯車の入力側の二輪駆動システムの構成を示す模式図である。
本発明の第5実施形態による盤式歯車の入力側の二輪駆動システムの構成を示す模式図である。
本発明の第6実施形態による盤式歯車の入力側の二輪駆動システムの構成を示す模式図である。
本発明の第7実施形態による盤式歯車の入力側の二輪駆動システムの構成を示す模式図である。
本発明の第8実施形態による盤式歯車の入力側の二輪駆動システムの構成を示す模式図である。
本発明の第9実施形態による盤式歯車の入力側の二輪駆動システムの構成を示す模式図である。
本発明の第10実施形態による盤式歯車の入力側の二輪駆動システムの構成を示す模式図である。
本発明の第11実施形態による盤式歯車の入力側の二輪駆動システムの構成を示す模式図である。
本発明の第12実施形態による盤式歯車の入力側の二輪駆動システムの構成を示す模式図である。
本発明の第13実施形態による盤式歯車の入力側の二輪駆動システムの構成を示す模式図である。
本発明の第14実施形態による盤式歯車の入力側の二輪駆動システムの構成を示す模式図である。
本発明の第15実施形態による盤式歯車の入力側の二輪駆動システムの構成を示す模式図である。
本発明の第16実施形態による盤式歯車の入力側の二輪駆動システムの構成を示す模式図である。

実施例

0007

従来の差動歯車列アセンブリの盤式傘歯車差動歯車列により駆動する混合駆動システムは、図1に示すように、通常、差動歯車列アセンブリ(300)の入力側の第1伝動装置の入力傘歯車(503)と第1伝動装置の盤式傘歯車(504)とをカップリングし、第1伝動装置(301)を構成する。制御可能なクラッチ装置(CL101)により、第1駆動装置(101)例えばエンジンからの動力を伝送する。

0008

第2駆動装置(201)例えば電機は、回転エネルギーにより、第2伝動装置(302)の第2伝動装置の入力傘歯車(507)を駆動し、第1伝動装置の入力傘歯車(503)と第1伝動装置の盤式傘歯車(504)とにカップリングすることにより、回転エネルギーを伝送し、エンジンの動力及び/または電機をモータの機能として第1伝動装置の盤式傘歯車(504)を駆動する。第1伝動装置の盤式傘歯車(504)は、電機の回転部の第2伝動装置の入力傘歯車(507)と結合し、電機を駆動して発電させる。

0009

第2駆動装置(201)の電機によって駆動される第2伝動装置の入力傘歯車(507)と第1駆動装置(101)のエンジンエネルギーによって駆動される第1伝動装置の入力傘歯車(503)とは共同して、第1伝動装置の盤式傘歯車(504)を駆動する。電機駆動側の速比は、エンジンの入力側の速比と同じになるように制限される。第2伝動装置の入力傘歯車(507)は、カップリングするエンジンからの回転エネルギーによって駆動される第1伝動装置の入力傘歯車(503)と同じである。

0010

(第1実施形態)
本発明の第1実施形態による盤式歯車の入力側の二輪駆動システムは、差動歯車列アセンブリ(300)を備える。差動歯車列アセンブリ(300)には、差動歯車列(800)が設けられる。差動歯車列(800)の傘型遊星歯車動力伝送ロッカーアーム(804)は、第1伝動装置および第2伝動装置により駆動される。第1伝動装置(301)によって、差動歯車列(800)の傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)と第1駆動装置(101)との間の回転エネルギーを伝送する。第2伝動装置(302)によって、差動歯車列(800)の傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)と第2駆動装置(201)との間の回転エネルギーを伝送する。第1伝動装置、第2伝動装置のいずれか一つ以上は、差動歯車列(800)の傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)を駆動して回転エネルギーを伝送し、差動出力軸(311)、差動出力軸(312)を駆動して速度差があるように出力させる。

0011

第2駆動装置(201)は、電機エネルギーを通して作動する電機モータ及び/または発電機能を有する発電機、液圧または気圧によって駆動される流体回転駆動装置、フライホイールまたはばねによって駆動される回転駆動装置、人力畜力風力水流位置エネルギーのうち少なくとも一つによって駆動される流体回転駆動装置のいずれか一つ以上である。

0012

図2に示すように、内燃エンジン外燃エンジン、電機、液圧または気圧、ばね、フライホイールのうち少なくとも一つにより駆動され、または人力、畜力、風力、水流の位置エネルギーのうち少なくとも一つにより駆動される回転動力源によって、第1駆動装置(101)を構成する。内燃エンジン、外燃エンジン、電機、液圧または気圧、ばね、フライホイールのうち少なくとも一つにより駆動され、または人力、畜力、風力、水流の位置エネルギーのうち少なくとも一つにより駆動される回転動力源によって、第2駆動装置(201)を構成する。その主な構成は下記の通りである。

0013

差動歯車列アセンブリ(300)は、歯車または摩擦輪プーリスプロケット及びCVホイールのうち少なくとも一つにより構成され、第1伝動装置(301)、第2伝動装置(302)、差動歯車列(800)を設けることにより外部に対して同軸出力する差動出力軸(311)と差動出力軸(312)、及び差動歯車列アセンブリのボディシェル軸受を備える。制御可能なクラッチ装置(CL101)及び/または伝動装置により、第1駆動装置(101)と差動歯車列(800)の傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)との間の回転エネルギーを伝送し、第2駆動装置(201)と差動歯車列(800)の傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)との間の回転エネルギーを伝送する。

0014

制御可能なクラッチ装置(CL101)は、人力または電力磁力機械力大気の圧力、液圧力及び遠心力のうち少なくとも一つにより駆動され、伝動連結または離脱機能のクラッチ装置またはシステムを含み、回転する入力側及び回転する出力側を備える。

0015

差動歯車列(800)は、傘型歯車または型摩擦輪により構成される傘型差動輪であり、左傘型差動出力輪(801)、右傘型差動出力輪(802)、左傘型差動出力輪(801)と右傘型差動出力輪(802)とにカップリングする傘型遊星歯車セット(803)、および傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)を備える。傘型遊星歯車セット(803)を傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)に設置し、傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)により、差動歯車列(800)と第1伝動装置(301)及び/または第2伝動装置(302)との間に回転エネルギーを伝送する。

0016

第1伝動装置(301)は、歯車または摩擦輪、プーリと伝動ベルト、CVTホイールと伝動ベルト、及びスプロケットと伝動スプロケットチェーンのうち少なくとも一つにより構成される伝動装置であり、入力軸と出力との間に平行な伝動装置、または非平行な角軸伝動装置を含む。第1伝動装置の入力端は、第1駆動装置(101)によって駆動され、第1伝動装置の駆動輪によって、差動歯車列(800)の傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)を駆動する。

0017

第2伝動装置(302)は、歯車または摩擦輪、プーリと伝動ベルト、CVTホイールと伝動ベルト、及びスプロケットと伝動スプロケットチェーンのうち少なくとも一つにより構成される伝動装置であり、入力軸と出力との間に平行な伝動装置、または非平行な角軸伝動装置を含む。第2伝動装置の入力端は、第2駆動装置(202)により駆動され、第2伝動装置の駆動輪によって、差動歯車列(800)の傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)を駆動する。

0018

上述の構造を通して、盤式歯車の入力側の二輪駆動システムを構成する。差動歯車列アセンブリ(300)の差動出力軸(311)及び差動出力軸(312)は、第1駆動装置(101)及び/または第2駆動装置(201)によって駆動され、差動動作をする。

0019

(第2実施形態)
本発明の第2実施形態による盤式歯車の入力側の二輪駆動システムは、シングルセットの第2駆動装置(201)を構成する電機の回転部を通して、第2伝動装置の入力歯車(505)により、第2伝動装置の伝動歯車(506)を駆動してから、更に第1伝動装置の盤式傘歯車(504)が個別または共同して傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)を駆動する。

0020

図3に示すように、内燃エンジンによって駆動される回転動力源により、第1駆動装置(101)を構成し、一個の電機によって駆動される回転動力源により、第2駆動装置(201)を構成する。その主な構成は下記の通りである。

0021

差動歯車列アセンブリ(300)は、第1伝動装置の入力傘歯車(503)及び第1伝動装置の盤式傘歯車(504)により構成される第1伝動装置(301)、第2伝動装置の入力歯車(505)と第2伝動装置の伝動歯車(506)により構成される第2伝動装置(302)、差動歯車列(800)を設けることにより外部に対して同軸出力する差動出力軸(311)と差動出力軸(312)、及び差動歯車列アセンブリのボディシェルと軸受を備える。制御可能なクラッチ装置(CL101)及び/または伝動装置により、第1駆動装置(101)と差動歯車列(800)の傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)との間の回転エネルギーを伝送し、第2駆動装置(201)と差動歯車列(800)の傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)との間の回転エネルギーを伝送する。

0022

制御可能なクラッチ装置(CL101)は、人力または電力、磁力、機械力、大気の圧力、液圧力及び遠心力のうち少なくとも一つにより駆動され、伝動連結または離脱機能のクラッチ装置またはシステムを含み、回転する入力側及び回転する出力側を備える。

0023

差動歯車列(800)は、傘型歯車または傘型摩擦輪により構成される傘型差動輪であり、左傘型差動出力輪(801)、右傘型差動出力輪(802)、左傘型差動出力輪(801)と右傘型差動出力輪(802)とにカップリングする傘型遊星歯車セット(803)、および傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)を備える。傘型遊星歯車セット(803)を傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)に設置し、傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)により、差動歯車列(800)と第1伝動装置(301)及び/または第2伝動装置(302)との間の回転エネルギーを伝送する。

0024

上述の構造を通して、盤式歯車の入力側の二輪駆動システムを構成する。差動歯車列アセンブリ(300)の差動出力軸(311)及び差動出力軸(312)は、第1駆動装置(101)及び/または第2駆動装置(201)によって駆動され、差動動作をする。

0025

(第3実施形態)
図4に示すように、シングルセットの第2駆動装置(201)を構成する電機の回転部の出力端と第2伝動装置の入力歯車(505)との間に、制御可能なクラッチ装置(CL201)を設置することにより、電機の回転部の出力端と第2伝動装置の入力歯車(505)との間の係合または離脱を制御する。

0026

(第4実施形態)
図5に示すように、第2駆動装置(201)を構成する2セットの電機の回転部の出力端は、変速伝動装置(T201)を通して、制御可能なクラッチ装置(CL201)と連結する第2伝動装置の入力歯車(505)を通して、変速伝動装置(T201)により電機の回転部の出力端と制御可能なクラッチ装置(CL201)の入力端との間の速比を変化させ、及び制御可能なクラッチ装置(CL201)を通して、変速伝動装置(T201)の出力端と第2伝動装置の入力歯車(505)との間の係合または離脱を制御する。

0027

(第5実施形態)
図6に示すように、2個の電機を設置し、2個の電機によって駆動される回転動力源により第2駆動装置(201)、(202)を構成する。2個の電機またはその中の一つにより第2伝動装置の入力歯車(505)を駆動する。

0028

(第6実施形態)
図7に示すように、2個の電機を設置し、2個の電機によって駆動される回転動力源により第2駆動装置(201)、(202)を構成する。2個の電機の回転部の出力端と第2伝動装置の入力歯車(505)との間に、制御可能なクラッチ装置(CL201)、(CL202)を設置する。2個の電機またはその中の一つにより第2伝動装置の入力歯車(505)を駆動する。

0029

(第7実施形態)
図8に示すように、2個の電機を設置し、2個の電機によって駆動される回転動力源により第2駆動装置(201)、(202)を構成する。2個の電機の回転部の出力端と第2伝動装置の入力歯車(505)との間に、変速伝動装置(T201)、(T202)を設置する。2個の電機またはその中の一つにより第2伝動装置の入力歯車(505)を駆動する。

0030

(第8実施形態)
図9に示すように、2個の電機を設置し、また2個の電機によって駆動される回転動力源により第2駆動装置(201)、(202)を構成する。2個の電機の回転部の出力端は、制御可能なクラッチ装置(CL201)及び(CL202)を通して、変速伝動装置(T201)、(T202)を通して、第2伝動装置の入力歯車(505)と連結する。また2個の電機またはその中の一つにより第2伝動装置の入力歯車(505)を駆動する。

0031

(第9実施形態)
図10に示すように、2個の電機を設置し、また2個の電機によって駆動される回転動力源により第2駆動装置(201)、(202)を構成する。2個の電機の回転部の出力端は、別々に変速伝動装置(T201)、(T202)を通して、制御可能なクラッチ装置(CL201)、(CL202)を通して、第2伝動装置の入力歯車(505)と連結する。2個の電機またはその中の一つにより第2伝動装置の入力歯車(505)を駆動する。

0032

(第10実施形態)
本発明の第10実施形態において、シングルセットの第2駆動装置(201)の中の電機の回転部を構成する出力端を通して、第2伝動装置(302)及び制御可能なクラッチ装置(CL500)にカップリングする第1伝動装置の盤式傘歯車(504)を介して、傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)と連結する。
図11に示すように、内燃エンジンによって駆動される回転動力源により、第1駆動装置(101)を構成する。一個の電機によって駆動される回転動力源により、第2駆動装置(201)を構成する。その主な構成は下記の通りである。

0033

差動歯車列アセンブリ(300)は、第1伝動装置の駆動輪群と第2伝動装置の駆動輪群との間に設けられる制御可能なクラッチ装置(CL500)を備え、第1伝動装置(301)の駆動輪群と第2伝動装置(302)の駆動輪群との係合または離脱を制御する。第1伝動装置の入力傘歯車(503)及び第1伝動装置の盤式傘歯車(504)により第1伝動装置(301)を構成する。

0034

第1駆動装置(101)により制御可能なクラッチ装置(CL101)により、及び/または変速伝動装置により第1伝動装置の入力傘歯車(503)を駆動してから、第1伝動装置の入力傘歯車(503)により第1伝動装置の盤式傘歯車(504)を駆動し、傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)を駆動する。及び/または第2駆動装置(201)の回転エネルギーにより、第2伝動装置(302)及び制御可能なクラッチ装置(CL500)により、差動歯車列(800)の傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)を駆動する。差動歯車列アセンブリ(300)は、差動歯車列(800)によって外部に対して同軸出力する差動出力軸(311)と差動出力軸(312)、及び差動歯車列アセンブリのボディシェルと軸受を備える。

0035

制御可能なクラッチ装置(CL101)、(CL500)は、人力または電力、磁力、機械力、大気の圧力、液圧力及び遠心力のうち少なくとも一つにより駆動され、伝動連結または離脱機能のクラッチ装置またはシステムを含み、回転する入力側及び回転する出力側を備える。

0036

差動歯車列(800)は、傘型歯車または傘型摩擦輪により構成される傘型差動輪であり、左傘型差動出力輪(801)、右傘型差動出力輪(802)、左傘型差動出力輪(801)と右傘型差動出力輪(802)とにカップリングする傘型遊星歯車セット(803)、および傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)を備える。傘型遊星歯車セット(803)を傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)に設置し、傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)により、差動歯車列(800)と第1伝動装置(301)及び/または第2伝動装置(302)との間の回転エネルギーを伝送する。

0037

上述の構造を通して、盤式歯車の入力側の二輪駆動システムを構成する。差動歯車列アセンブリ(300)の差動出力軸(311)及び差動出力軸(312)は、第1駆動装置(101)及び/または第2駆動装置(201)によって駆動され、差動動作をする。

0038

(第11実施形態)
本発明の第11実施形態において、シングルセットの第2駆動装置(201)の中の電機の回転部の出力端によって駆動される第2伝動装置(302)を通して、制御可能なクラッチ装置(CL500)により、差動歯車列(800)の片側にある傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)に結合する。他側にある傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)は、第1伝動装置の盤式傘歯車(504)に結合し、第1伝動装置により傘歯車(503)へ入力する第1駆動装置(101)によって駆動される。

0039

図12に示すように、内燃エンジンによって駆動される回転動力源により、第1駆動装置(101)を構成する。一個の電機によって駆動される回転動力源により、第2駆動装置(201)を構成する。その主な構成は下記の通りである。

0040

差動歯車列アセンブリ(300)は、第2伝動装置(302)の駆動輪群と傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)との間に設けられる制御可能なクラッチ装置(CL500)を備え、第2伝動装置(302)の駆動輪群と傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)との係合または離脱を制御する。第1伝動装置の入力傘歯車(503)及び第1伝動装置の盤式傘歯車(504)により第1伝動装置(301)を構成する。

0041

第1駆動装置(101)を介して制御可能なクラッチ装置(CL101)により、及び/または変速伝動装置により第1伝動装置の入力傘歯車(503)を駆動してから、第1伝動装置の入力傘歯車(503)により第1伝動装置の盤式傘歯車(504)を駆動し、傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)を駆動する。及び/または第2駆動装置(201)の回転エネルギーにより、第2伝動装置(302)及び制御可能なクラッチ装置(CL500)により、差動歯車列(800)の傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)を駆動する。差動歯車列アセンブリ(300)は、差動歯車列(800)によって外部に対して同軸出力する差動出力軸(311)と差動出力軸(312)、及び差動歯車列アセンブリのボディシェルと軸受を備える。

0042

制御可能なクラッチ装置(CL101)、(CL500)は、人力または電力、磁力、機械力、大気の圧力、液圧力及び遠心力のうち少なくとも一つにより駆動され、伝動連結または離脱機能のクラッチ装置またはシステムを含み、回転する入力側及び回転する出力側を備える。

0043

差動歯車列(800)は、傘型歯車または傘型摩擦輪により構成される傘型差動輪であり、左傘型差動出力輪(801)、右傘型差動出力輪(802)、左傘型差動出力輪(801)と右傘型差動出力輪(802)とにカップリングする傘型遊星歯車セット(803)、および傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)を備える。傘型遊星歯車セット(803)を傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)に設置する。傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)を通して、差動歯車列(800)と第1伝動装置(301)及び/または制御可能なクラッチ装置(CL500)により、第2伝動装置(302)と傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)との間の回転エネルギーを伝送する。

0044

上述の構造を通して、盤式歯車の入力側の二輪駆動システムを構成する。差動歯車列アセンブリ(300)の差動出力軸(311)及び差動出力軸(312)は、第1駆動装置(101)及び/または第2駆動装置(201)によって駆動され、差動動作をする。

0045

(第12実施形態)
本発明の第12実施形態において、制御可能なクラッチ装置(CL5011)を傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)と第1伝動装置(301)の駆動輪群との間に設置し、制御可能なクラッチ装置(CL5012)を傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)と第2伝動装置(302)の駆動輪群との間に設置する。

0046

図13に示すように、内燃エンジンによって駆動される回転動力源により、第1駆動装置(101)を構成する。一個の電機によって駆動される回転動力源により、第2駆動装置(201)を構成する。その主な構成は下記の通りである。

0047

差動歯車列アセンブリ(300)は、制御可能なクラッチ装置(CL5011)、(CL5012)を備える。制御可能なクラッチ装置(CL5011)を傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)と第1伝動装置の駆動輪群との間に設置し、制御可能なクラッチ装置(CL5012)を傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)と第2伝動装置(302)の駆動輪群との間に設置することにより、作動機能に従って、制御可能なクラッチ装置(CL5011)及び制御可能なクラッチ装置(CL5012)に対して、係合または離脱を制御する。

0048

第1伝動装置の入力傘歯車(503)及び第1伝動装置の盤式傘歯車(504)により第1伝動装置(301)を構成する。第1駆動装置(101)を介して制御可能なクラッチ装置(CL101)により、及び/または変速伝動装置により第1伝動装置の入力傘歯車(503)を駆動してから、第1伝動装置の入力傘歯車(503)により第1伝動装置の盤式傘歯車(504)を駆動し、制御可能なクラッチ装置(CL5011)により、傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)を駆動する。及び/または第2駆動装置(201)の回転エネルギーにより、第2伝動装置(302)及び制御可能なクラッチ装置(CL5012)を介して、差動歯車列(800)の傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)を駆動する。差動歯車列アセンブリ(300)は、差動歯車列(800)によって外部に対して同軸出力する差動出力軸(311)及び差動出力軸(312)、及び差動歯車列アセンブリのボディシェル及び軸受を備える。

0049

制御可能なクラッチ装置(CL5011)、(CL5012)は、人力または電力、磁力、機械力、大気の圧力、液圧力及び遠心力のうち少なくとも一つにより駆動され、伝動連結または離脱機能のクラッチ装置またはシステムを含み、回転する入力側及び回転する出力側を備える。

0050

差動歯車列(800)は、傘型歯車または傘型摩擦輪により構成される傘型差動輪であり、左傘型差動出力輪(801)、右傘型差動出力輪(802)、左傘型差動出力輪(801)と右傘型差動出力輪(802)とにカップリングする傘型遊星歯車セット(803)、および傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)を備える。傘型遊星歯車セット(803)を傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)に設置する。制御可能なクラッチ装置(CL5011)により、傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)と第1伝動装置(301)との間の回転エネルギーを伝送し、及び/または制御可能なクラッチ装置(CL5012)により、傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)と第2伝動装置(302)との間の回転エネルギーを伝送する。

0051

上述の構造を通して、盤式歯車の入力側の二輪駆動システムを構成する。差動歯車列アセンブリ(300)の差動出力軸(311)及び差動出力軸(312)は、第1駆動装置(101)及び/または第2駆動装置(201)によって駆動され、差動動作をする。

0052

(第13実施形態)
本発明の第13実施形態において、第2駆動装置(201)は、一個の電機により構成され、第2伝動装置(302)の入力端を駆動する。傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)を差動歯車列(800)の差動出力軸(311)及び差動出力軸(312)に平行する両側に設置する。片側にある傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)と第1伝動装置の盤式傘歯車(504)との間に、制御可能なクラッチ装置(CL5011)を設置する。傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)の他側と第2伝動装置(302)との間に、制御可能なクラッチ装置(CL5012)を設置する。

0053

図14に示すように、内燃エンジンによって駆動される回転動力源により、第1駆動装置(101)を構成する。一個の電機によって駆動される回転動力源により、第2駆動装置(201)を構成する。その主な構成は下記の通りである。

0054

差動歯車列アセンブリ(300)は、制御可能なクラッチ装置(CL5011)、(CL5012)を備える。傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)を差動歯車列(800)の差動出力軸(311)及び差動出力軸(312)に平行する両側に設置する。片側にある傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)と第1伝動装置の盤式傘歯車(504)との間に、制御可能なクラッチ装置(CL5011)を設置する。傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)の他側と第2伝動装置(302)の駆動輪との間に、制御可能なクラッチ装置(CL5012)を設置する。これにより、作動機能に従って、制御可能なクラッチ装置(CL5011)及び制御可能なクラッチ装置(CL5012)の係合または離脱を制御する。

0055

第1伝動装置の入力傘歯車(503)及び第1伝動装置の盤式傘歯車(504)により第1伝動装置(301)を構成する。第1駆動装置(101)を介して制御可能なクラッチ装置(CL101)により、及び/または変速伝動装置により第1伝動装置の入力傘歯車(503)を駆動してから、第1伝動装置の入力傘歯車(503)により第1伝動装置の盤式傘歯車(504)を駆動し、制御可能なクラッチ装置(CL5011)により駆動傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)を駆動する。及び/または第2駆動装置(201)の回転エネルギーにより、第2伝動装置(302)及び制御可能なクラッチ装置(CL5012)を介して、傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)を駆動する。差動歯車列アセンブリ(300)は、差動歯車列(800)によって外部に対して同軸出力する差動出力軸(311)及び差動出力軸(312)、及び差動歯車列アセンブリのボディシェル及び軸受を備える。

0056

制御可能なクラッチ装置(CL5011)、(CL5012)は、人力または電力、磁力、機械力、大気の圧力、液圧力及び遠心力のうち少なくとも一つにより駆動され、伝動連結または離脱機能のクラッチ装置またはシステムを含み、回転する入力側及び回転する出力側を備える。

0057

差動歯車列(800)は、傘型歯車または傘型摩擦輪により構成される傘型差動輪であり、左傘型差動出力輪(801)、右傘型差動出力輪(802)、左傘型差動出力輪(801)と右傘型差動出力輪(802)とにカップリングする傘型遊星歯車セット(803)、および傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)を備える。傘型遊星歯車セット(803)を傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)に設置する。制御可能なクラッチ装置(CL5011)により、傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)と第1伝動装置(301)との間の回転エネルギーを伝送する。及び/または制御可能なクラッチ装置(CL5012)により、傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)と第2伝動装置(302)との間の回転エネルギーを伝送する。

0058

(第14実施形態)
本発明の第14実施形態において、第2駆動装置(201)は、一個の電機により構成され、第2伝動装置(302)の入力端の第2伝動装置の入力傘歯車(507)を駆動する。差動歯車列(800)の傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)は、差動出力軸(311)及び差動出力軸(312)に垂直する両側に向かって延伸する。第1伝動装置の盤式傘歯車(504)及び第1伝動装置の入力傘歯車(503)を設置し、第2伝動装置の盤式傘歯車(5042)と第2伝動装置の入力傘歯車(507)とを分離させる。

0059

図15に示すように、第2駆動装置(201)は、一個の電機により構成され、第2伝動装置(302)の入力端の第2伝動装置の入力傘歯車(507)を駆動する。その主な構成は下記の通りである。

0060

差動歯車列(800)の傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)は、差動出力軸(311)及び差動出力軸(312)に垂直する両側に向かって延伸する。第1伝動装置の盤式傘歯車(504)及び第1伝動装置の入力傘歯車(503)を設置し、第2伝動装置の盤式傘歯車(5042)と第2伝動装置の入力傘歯車(507)とを分離させる。第1伝動装置の入力傘歯車(503)が第1駆動装置(101)によって駆動されてから、制御可能なクラッチ装置(CL101)を介して、第1伝動装置の盤式傘歯車(504)により、傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)の片側を駆動する。第2伝動装置の入力傘歯車(507)が第2駆動装置(201)によって駆動されてから、第2伝動装置の盤式傘歯車(5042)により、傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)の他側を駆動する。

0061

制御可能なクラッチ装置(CL101)は、人力及び電力、磁力、機械力、大気の圧力、液圧力及び遠心力のうち少なくとも一つにより駆動され、伝動連結または離脱機能のクラッチ装置またはシステムを含み、回転する入力側及び回転する出力側を備える。

0062

差動歯車列(800)は、傘型歯車または傘型摩擦輪により構成される傘型差動輪であり、左傘型差動出力輪(801)、右傘型差動出力輪(802)、左傘型差動出力輪(801)と右傘型差動出力輪(802)とにカップリングする傘型遊星歯車セット(803)、および傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)を備える。傘型遊星歯車セット(803)を傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)に設置する。傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)により、差動歯車列(800)と第1伝動装置(301)及び/または第2伝動装置(302)との間の回転エネルギーを伝送する。

0063

上述の構造を通して、盤式歯車の入力側の二輪駆動システムを構成する。差動歯車列アセンブリ(300)の差動出力軸(311)及び差動出力軸(312)は、第1駆動装置(101)及び/または第2駆動装置(201)によって駆動され、差動動作をする。

0064

(第15実施形態)
本発明の第15実施形態において、第2駆動装置(201)は、一個の電機により構成され、第2伝動装置(302)の入力端の第2伝動装置の入力傘歯車(507)を駆動する。差動歯車列(800)の傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)は、差動出力軸(311)及び差動出力軸(312)に垂直する両側に向かって延伸する。第1伝動装置の盤式傘歯車(504)と第1伝動装置の入力傘歯車(503)を設置し、第2伝動装置の盤式傘歯車(5042)と第2伝動装置の入力傘歯車(507)とを分離させる。第2伝動装置の盤式傘歯車(5042)と傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)との間に、制御可能なクラッチ装置(CL500)を設置する。

0065

図16に示すように、第2駆動装置(201)は、一個の電機により構成され、第2伝動装置(302)の入力端を駆動する。その主な構成は下記の通りである。

0066

差動歯車列(800)の傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)は、差動出力軸(311)及び差動出力軸(312)に垂直する両側に向かって延伸する。第1伝動装置の盤式傘歯車(504)及び第1伝動装置の入力傘歯車(503)を設置し、第2伝動装置の盤式傘歯車(5042)と第2伝動装置の入力傘歯車(507)とを分離させる。第2伝動装置の盤式傘歯車(5042)と傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)との間に制御可能なクラッチ装置(CL500)を設ける。

0067

第1伝動装置の入力傘歯車(503)が第1駆動装置(101)によって駆動されてから、第1伝動装置の盤式傘歯車(504)により、傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)の片側を駆動する。第2伝動装置の入力傘歯車(507)が第2駆動装置(201)によって駆動されてから、第2伝動装置の盤式傘歯車(5042)により、制御可能なクラッチ装置(CL500)を駆動し、傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)の他側を駆動する。

0068

制御可能なクラッチ装置(CL101)、(CL500)は、人力または電力、磁力、機械力、大気の圧力、液圧力及び遠心力のうち少なくとも一つにより駆動され、伝動連結または離脱機能のクラッチ装置またはシステムを含み、回転する入力側及び回転する出力側を備える。

0069

差動歯車列(800)は、傘型歯車または傘型摩擦輪により構成される傘型差動輪であり、左傘型差動出力輪(801)、右傘型差動出力輪(802)、左傘型差動出力輪(801)と右傘型差動出力輪(802)とにカップリングする傘型遊星歯車セット(803)、および傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)を備える。傘型遊星歯車セット(803)を傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)に設置する。傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)を通して、差動歯車列(800)と第1伝動装置(301)及び/または制御可能なクラッチ装置(CL500)により、第2伝動装置(302)との間の回転エネルギーを伝送する。

0070

上述の構造を通して、盤式歯車の入力側の二輪駆動システムを構成する。差動歯車列アセンブリ(300)の差動出力軸(311)及び差動出力軸(312)は、第1駆動装置(101)及び/または第2駆動装置(201)によって駆動され、差動動作をする。

0071

(第16実施形態)
本発明の第16実施形態において、第2駆動装置(201)は、一個の電機により構成され、第2伝動装置(302)の入力端を駆動する。差動歯車列(800)の傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)は、差動出力軸(311)及び差動出力軸(312)に垂直する両側に向かって延伸する。第1伝動装置の盤式傘歯車(504)及び第1伝動装置の入力傘歯車(503)を設置し、第2伝動装置の盤式傘歯車(5042)と第2伝動装置の入力傘歯車(507)とを分離させる。第1伝動装置の盤式傘歯車(504)と傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)との間に、制御可能なクラッチ装置(CL5011)を設け、第2伝動装置の盤式傘歯車(5042)と傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)との間に、制御可能なクラッチ装置(CL5012)を設置する。

0072

図17に示すように、第2駆動装置(201)は、一個の電機により構成され、第2伝動装置(302)の入力端を駆動する。その主な構成は下記の通りである。
差動歯車列(800)の傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)は、差動出力軸(311)及び差動出力軸(312)に垂直する両側に向かって延伸する。第1伝動装置の盤式傘歯車(504)及び第1伝動装置の入力傘歯車(503)を設置し、第2伝動装置の盤式傘歯車(5042)と第2伝動装置の入力傘歯車(507)とを分離させる。

0073

第1伝動装置の盤式傘歯車(504)と傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)との間に制御可能なクラッチ装置(CL5011)を設け、第2伝動装置の盤式傘歯車(5042)と傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)との間に制御可能なクラッチ装置(CL5012)を設ける。第1伝動装置の入力傘歯車(503)が第1駆動装置(101)によって駆動されてから、第1伝動装置の盤式傘歯車(504)により、制御可能なクラッチ装置(CL5011)を駆動し、傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)の片側を駆動する。第2伝動装置の入力傘歯車(507)が第2駆動装置(201)によって駆動されてから、第2伝動装置の盤式傘歯車(5042)により、制御可能なクラッチ装置(CL5012)を駆動し、傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)の別の側を駆動する。

0074

制御可能なクラッチ装置(CL5011)、(CL5012)は、人力または電力、磁力、機械力、大気の圧力、液圧力及び遠心力のうち少なくとも一つにより駆動され、伝動連結または離脱機能のクラッチ装置またはシステムを含み、回転する入力側及び回転する出力側を備える。

0075

差動歯車列(800)は、傘型歯車または傘型摩擦輪により構成される傘型差動輪であり、左傘型差動出力輪(801)、右傘型差動出力輪(802)、左傘型差動出力輪(801)と右傘型差動出力輪(802)とにカップリングする傘型遊星歯車セット(803)、および傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)を備える。傘型遊星歯車セット(803)を傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)に設置する。制御可能なクラッチ装置(CL5011)により、傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)と第1伝動装置(301)との間の回転エネルギーを伝送する。及び/または制御可能なクラッチ装置(CL5012)により、傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム(804)と第2伝動装置(302)との間の回転エネルギーを伝送する。

0076

(CL101)、(CL201)、(CL202)、(CL500)、(CL5011)、(CL5012) ・・・制御可能なクラッチ装置
(101) ・・・第1駆動装置
(201)、(202) ・・・第2駆動装置
(T201)、(T202) ・・・変速伝動装置
(300) ・・・差動歯車列アセンブリ
(301) ・・・第1伝動装置
(302) ・・・第2伝動装置
(311)、(312) ・・・差動出力軸
(503) ・・・第1伝動装置の入力傘歯車
(504) ・・・第1伝動装置の盤式傘歯車
(505) ・・・第2伝動装置の入力歯車
(506) ・・・第2伝動装置の伝動歯車
(507) ・・・第2伝動装置の入力傘歯車
(800) ・・・差動歯車列
(801) ・・・左傘型差動出力輪
(802) ・・・右傘型差動出力輪
(803) ・・・傘型遊星歯車セット
(804) ・・・傘型遊星歯車の動力伝送ロッカーアーム
(5042) ・・・第2伝動装置の盤式傘歯車

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 广州成呈智能科技有限公司の「 ゴブレットクリーニング設備」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】本発明はゴブレットクリーニング設備を開示した。【解決手段】本体および前記本体の中に設置される操作チャンバを含み、前記操作チャンバの右側端壁の中には外部と連通している置き孔が設置され、前記操作チ... 詳細

  • 三菱電機株式会社の「 スタータ及びその製造方法」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】スタータ部品の作製工数を減らすことでコストを低減したスタータを得る。【解決手段】モータ6の回転子軸に設けられた太陽歯車14と内歯車16と太陽歯車と内歯車の間に設けられた遊星歯車18を有し、回転... 詳細

  • 青島▲か▼唯鎖業有限公司の「 ボタン式便ふた上げ機」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】現有技術の中の便ふた上げ機を更に一歩の改良を進め、利便性を向上した便ふた上げ機を提供する。【解決手段】底板10を含み、前記底板の中には移動溝11が設けられ、前記移動溝の右側には噛合溝26が連通... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ