図面 (/)

技術 電子熱核燃料原石核融合発電と放射能廃棄物処理方法。コメント2008年6月19日(木)PM14時17分34秒薄曇りのまま美馬牛市街地先程は見かけぬ客人の鳥が来ていた明日給料日カンキチ原子力処理装置先知的所有財産書き急ぐ事する。

出願人 墫野和夫
発明者 墫野和夫
出願日 2011年4月19日 (9年10ヶ月経過) 出願番号 2011-092821
公開日 2011年10月27日 (9年3ヶ月経過) 公開番号 2011-215148
状態 未査定
技術分野 核融合炉
主要キーワード 固形窒素 先考案 加圧層 世界最速 円柱鋼 使用構造 知的所有財産 区切り板
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2011年10月27日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

放射能廃棄物を少なくする発電方法を提供する。

解決手段

原子力廃棄物を少なくする為に、電子核燃料核融合臨界温度調整を電子熱制御で行い、圧縮酸素高温圧力装置を使用して蒸気タービン間での距離をスクリュー管使用によって、蒸気スピード増しタービンを回転させて、圧電素子磁石内蔵のダイナモ装置回転作動発電出来る原子力発電で有り、放射能線と液体シリコン合成の人工ダイヤパネルによって、微量放射線の放出の無いパネルカメラの安全な利用が確立出来た放射能線利用方法

概要

背景

従来の原子力発電技術は、核燃料原石を粉にしてモーター回転原子炉核燃料摩擦熱電気熱発電原子炉で有っが、日本の活断層地震によって、原子炉炉心複数歯車ミッション金属の
破損事故などが多く起こり日本国民に原子炉放射能漏れ事故の危険感を取り除く事が、出来ない地震対応の原子力発電が確立されてなかった。

下図1~図9に基ずいて過去の地震対応出来ていない原子力発電と本先発明の地震対応してある原子力発電の違いを図1~図9に基ずいて説明する。
図1に於いては、現在まで使用されて入る原子炉核燃料加圧蒸気タービンダイナモ回転発電機の図で有る。(例えば図説電気・電子用語事典・発行所実教出版株式会社の図説参照。)。

図2に於いて、図1図との違いは、原子炉の核燃料の核融合臨界温度まで、持って行くための核燃料物質が原石と粉の違いは、住友の原子力ウラン物質放射能もれ事故によってウ
ランは、粉にして使用しているのが、テレビ放映で判明したのであるが、今までの核燃料核融合臨界温度までは、時間を掛けてゆっり、モータミッション原子炉回転核燃料摩擦熱融
合しなければならない事実は、ウラン事態が100パーセントプルニュームと異なる物質であるため、つまりウラン自体が不純物と言う放射能廃棄物が、核融合臨界温度燃焼で燃
え切らない物質自体が、不純物が、おそらく90パーセント以上で有る事が、放射能廃棄物の輩出量をマスコミで騒ぐ事実で明白で有る。
そのため、図2の核燃料原石又は陶器の箱にウラン原石を粉にした物質又はウランの粉を箱型に固めた物質又はウラン原石を粉にした物質とプルトニュームを混合圧縮技術も有
るが、ウラン原石の粉を圧縮し固めた物質に電子エネルギーを加え続けると臨界温度まで、電子熱エネルギーを加え続けると原子力の臨界が始まるのだが、この技術は、電子熱の
追加による臨界温度調整制御技術だけで有り、問題は、固められたウラン鉱石を保護する構造物質は、陶器物質としているが、何層もの陶器と鋼鉄板を重ねた多層構造高熱蒸気
循環循環蒸気タービンで有るが、タービンを回した後の蒸気復水器で冷やさずスクリユー蒸気循環複数タービンの複数ダイナモ発電方式の方が、熱エネルギーの再利用とし
ては適ってる技術と言える。
更に、図2説明では、蒸気調整制御が、書かれていないため、一回一回蒸気を冷やす無駄なエネルギー使用が、図によって明らかで有る。(例えば、図説・電気・電子用語事典・発行所実
教出版株式会社の図説参照。)。更に新しい循環蒸気タービンの説明を後で図説で行う。
コメント
2008年6月19日PM17時32分24秒腹がへり夕食とする美カンキチ。
2008年6月19日PM18時20分56秒塚崎商店アイスとソウセージを買いに行く美馬牛カンキチ外はにわか雨の様子で有る。

図3の説明では、動力源として水発電機を使用していて緊急補助機械発電機1と、緊急補助発電機2を積載して入るてんで有り、モーターは2連結以上モーター使用で有り、ライト
カメラ使用に地下GPS地図認識確認全自動ロボット装置を採用して入る点で有る。
更に、官滑り止めゴム付きカニロボット機械を採用している点で有る。
そして、ホイスト劣化摩耗に強いレールモーター電気ホイストを採用している点である。
そして、万が一のパンク対応として、チューブなしタイヤで有る。
そして、衝突吸収ゴム補助ケイ素軽水ニッケルバッテリーシステムを積載してる。
(特許文献1,2,3,4、参照)。
コメント
2008年6月19日PM19時24分18秒お湿り程度の雨美馬牛カンキチ。
2008年6月19日PM23時9分37秒8行めから再び書く図面の手直し再び時間が掛かる美馬牛カンキチ
2008年6月19日AM8時36分7秒美馬牛静けさのなかでの曇り大雪山の吹きおろしで、晴れるのだかってるばかり、美馬牛カンキチへ向かって頑張ろう。再び8行目からチャレン

図4の説明を始める。
原子力廃棄物地下貯蓄施設においての万に一つの放射能飛散事故対応に対しての放射能の水の放射能融合特性を生かして放射廃棄物資が、こぼれた場合などの放射能物質を洗い
流してバキュームで吸い取り放射能水として、再び再処理するための、放射能エアー連続噴水カーテン処理に続いて穴空き固形水素(固形液体マグネシウム)放射能センサーによ
って、第一放射能水処理冷蔵庫タンク放射線濃度が、上がるまで、放射能水の0度以下低温の放射能水の連続気化作動によって濃い放射能水を第一タンクにストック出来る針穴
空き固形水素冷却ガスカンパネルの空間付き5重層ぐらいの固形水素又は炭素液マグネシウム合成水素などが、真空装置エアー吸い込み口の前に取り付くのも放射能除去装置
特有の構造である、更に強制水の気化吸入された気化酸素気化水素は、再び水の噴水シャワーカーテンを通る事で、残りの放射能を噴水と共に洗い落とし更に気化水吸引モータ
ー1によって、放射能センサー計測によって電動仕切り弁が開き、気化水吸引モーターが、作動し穴空き固形水素又は穴空き炭素合成液体マグネシウムの気化酸素と気化水素の融
合体瞬間吸収発電する事で、放射能の入っていない水を作り出す事が出来る装置。(特許文献1,2,3,4,参照。)。

図5の説明を始める。
原子力廃棄物地下貯蔵施設に於いての万が一の放射能漏れ又は飛散事故に対して、放射能だけを取り除く装置に於いて、空気中の飛散放射能を6段階噴水シャワー装置電動仕切
り弁更に放射能センサーによって、第四放射能水処理タンクの放射能水の放射能度が、規定の放射能センサーチエックによって、高レベル放射能水として、別の一時高レベル放射
能水貯蓄タンクへ保管されるシステム構造説明で有る。
更に放射能の入っていない気化酸素と気化水素の融合している水の気化物質は、穴空き固形水素固形液体マグネシウムに瞬間吸収発電する事によって、再び放射能の入っていな
い水は、複数放射能エアー清浄噴水装置の噴水用水として再利用出来る水の再利用システムで有る。(特許文献1,2,3,4,参照)。

図6の説明を始める。
図1及び図2の新しい原子力そして図10の最新の原子力装置に欠かせない部品技術が、図6の電動モーター仕切り弁つまり、電動モーター水仕切り弁と電動モーターエアー仕切り弁
装置で有り、すなわち水及びエアー等の仕切り弁手動ハンドル軸モーター軸を取り付けた電動仕切り弁装置説明で有る。(特許文献1参照。)。
コメント
2008年6月20日(金)AM11時47分42秒早めの昼食美馬牛カンキチまだは厚い様子である。
2008年6月20日(金)昼PM12時37分30秒郵便局貯蓄高10万円有るので、なんとか暮らせる。美馬牛方角が、先に雲がなくなりそうで有る。
2008年6月20日(金)PM13時0分11秒美馬牛郵便局で、未納済みの電気料金支払う。大雪山の方角やや明るめどうやら十勝帯広方面は、晴れの様子で有る。美馬牛カンキチ再び書き
始める。

図7の説明を始める。
図7は、原子力廃棄物を、保存する為のアルミニューム亜鉛合金ドラム官の中央部を細めたカニ型挟みロボットで、処理しゃすい用にドラム官中央を細め更にドラム官の底蓋
して、ゴムナット型の放射能廃棄物のドラム官衝撃防止構造になって居り、原子力廃棄物を入れる際、ドラム官の通常の入れ口構造では、放射能廃棄物が、流れたりこぼれたりする
おそれが有るため、図7のような大きいナット型の蓋構造として、更にドラム官を、固定するための金具取り付け装置を、ドラム官蓋の脇側に取り付ける構造で有る。
従って、放射能廃棄物が、入れられた後、衝撃吸収ゴム蓋が取り付けられる。
また、火災などのゴム燃焼防止策として、アルミニュームのカバー付きの衝撃吸収ゴム蓋構造が、無難対策だと考える。
確かにケイ素及びヨウ素及びホウ素及びフッ素及び窒素合成パネル材等で、作った燃えずらい物質などが、衝撃吸収ゴムの代用品などが上げられる。
更にドラム官は、挟み装置の衝撃に耐える構造にする為アルミニューム粘着テープをドラム官に巻く事で、ドラム官強度を更に増す役目をしている原子力廃棄物収納ドラム官構
造とした原子力廃棄物収納ドラム官構造説明で有る。

図8の説明を始める。
図8は、原子力発電所から発電された生の電気を電気抵抗を掛けずに電気分割する方法として、図8の人口ダイヤ電気カット方式によって、電気配線から放電される短い距離の間に
人口ダイヤの先の鋭いカット人口ダイヤで、電気を二分割しながら電気圧を小さくして送電する方法が人口ダイヤカット電気分割方式で有り、圧電素子等の電気分割は、熱電気
耐えれる構造すなわち、超圧縮圧電素子鋼鉄をかぶし更に陶器絶縁体をかぶした4分割配線構造でも、電気熱に耐えれず無理になると推定される。
そのため、人口ダイヤカット方式の電気抵抗を掛けないで電気分割する方法を活用する事とする高圧電気分割の電圧下げる方法の有り方説明。
コメント
2008年6月20日(金)PM14時27分35秒美馬牛市街地北の空から晴れ間になる大雪山麓付近は、にわか雨なのかもしれないいつもの風の流れる有り様の事で有る。ペットボトルガス
官を投げて来る。美馬牛カンキチ。

図9の説明を始める。
図9は放射能廃棄物の分類として、水分と土及び岩石の粉及び放射線物質に分けられる。その内の水は、再利用として活用され、土と岩の粉はコンクリート材として再利用を目的と
して、更に一番問題な放射線物質を、アルフアー線及びベーター線及びガンマー線に分けて液体シリコン混合合成させた放射線液体シリコン又は放射線固形シリコンなどの放
射線被害をなくす為に、図9の人口ダイヤ筒パネルに放射線液体混合シリコンを入れて蓋をした透明人口ダイヤ筒パネルの強度を増す為にアルミニーム枠をボルトナット止めし
た放射線シリコン内蔵人口ダイヤパネル装置構造説明とする。
別途使用用途説明
レントゲンカメラ等の放射線パネル。
アルフアー線カメラ等の放射線カメラ
ベーター線カメラ等の放射線カメラ
ガンマー線カメラ等の放射線カメラ
この他別途ニュートリノ線液体シリコンパネルカメラまたは、可視光線液体シリコンパネルカメラなどの固定元素として、捕らえる事の出来ない物質または人または動物等に害
を与える物質の利用方法追加別途説明とする。

図10の説明を始める。
図10の原子力発電方法の図1と図2の発電方法と異なる場所の説明を始める。
図1及び図2の復水器が、図10に設けられていない変わりにスクリュー官と電動仕切り弁装置が設けられているのに気が付くはずです。
更に、原子力核燃料は、陶器箱器に原子力核燃料の圧縮物質この場合、原子力圧縮物質を堅い容器などに閉じ込めない用にしなければならない理由は、核物質は、圧縮すればするほ
ど、エネルギーは、増大する物質で有る。
その事を踏まえて電子熱過熱の核燃料融合臨海温度は、おそらく核燃料の圧縮度によって
わずか微量の電気エネルギーでも、発火爆発になるため、弱い電子エネルギーでゆっくりあたためいきながら、核燃料の臨海温度及び核燃料熔解状態になる。
問題は、核燃料熔解炉は、冷やさずに安定した温度を保ち続けなければ、原子力廃棄物をたくさん作るだけの無駄な作業になる。
そのため、一度加圧機で、作られた水の超高圧物質をここでは、合えて酸素加圧機のみとし水素は、過熱すると燃焼する際ここでも、微量の放射能が出るからで有る。
そのため、原子力核燃料に使用されるのは冷却材の水ではなく、酸素のみとして、加圧機で、
高温まで、上げらりた酸素を一度に冷やそうとすると莫大風エネルギーが、発生する。
それが、蒸気発生機で有り、電動仕切り弁等で調整する。
更に、莫大な蒸気風エネルギーをスクリュー官使用によって更にスピード増してタービンを今まで以上の高速回転を求めた高圧蒸気使用方法説明で有る。
更に、タービンで使用された高速蒸気は、復水機を使用せず再び蒸気発生機に戻され加圧機の高温酸素によって、再び莫大な蒸気エネルギーつまり高温酸素と水またはスクリュー
官蒸気は、再び加圧高温酸素エネルギーと融合する事で、再びスクリュー官を通り複数タービンを回転させたタービン軸のダイナモ回転発電エネルギーになる構造が現在の新し
い核燃料発電方法の概要説明で有る。
追加説明。
原子力核燃料は、圧縮すると水素圧縮する事によってエネルギーが増大する特性を生かした原子力核物質の原子炉モーター回転核燃料圧縮核融合臨海温度制御方法の説明は、マ
スコミの写真に基ずいた推定説明で有る。
そのため、将来は、核物質自体を薄く延ばしたりした陶器などの複数重ね構造の核燃料の有り方へ向かう意味は、現在の核燃料物質の使い過ぎと、無駄な核燃料物質の核融合の有
り方によって、原子力廃棄物の多量な輩出は、マスコミ報道海外フラス技術の核燃料再処理技術を持ち得なければ、最終最後までのウラン燃焼技術が、得る事の出来ない漠
子力廃棄物再利用発電は、日本国民の生活に税金として重くのしかかる原子力構造説明で有る。
コメント
2008年6月20日PM16時8分22秒美馬牛佐商店基の源八商店へ買い物トイレ電球一つとバナナを買ってくる。漸く生活費なんとかなる美馬牛カンキチ。
最終説明。
上記説明に基ずく先発明の技術分野説明。
問題は、核燃料の再処理費用に莫大な金が掛かる費用を省く原子力核燃料の臨海温度達成までの核燃料の温度を上げる方法を、弱電子熱から少しずつ電子熱を上げて行く原子力
核燃料燃焼融合方法で有る。
つまり、太陽コロナと同じ考え方の核燃料融合物質の電子熱核融合電子熱調整は、無だがなく電子熱で、炭素物質と放射線物質になるまで、核燃料を燃やし続ける方法を美馬牛カ
ンキチつまり、原子力廃棄物の少ない方と原子力廃棄物再処理に基ずく処理を一切必要としない程核燃料の電子熱燃焼方法を選ぶのだが、核融合炉の核燃料の冷却材の水を暖め
る際に水素と酸素に別れる蒸気は、酸素と軽水素そして重水素のプルトニュームは、核融合温度まで上がるため、水素プルトニュームは、微量の放射線放出は、実際に微量だが、放
射能放出されるの、正しい考え方と思える。
そのため、加圧機に用いるのは、水又は冷却材ではなく、酸素を用いるため微量放射能は出ない説明で有る。
電子熱を使用した原子炉説明。
電子熱で、最後まで、原子炉燃焼するため、冷えた原子炉の中の放射線を、水の中にとり入れるか液体シリコン合成を行った上で、人口ダイヤ筒パネルに放射線シリコン合成の人口
ダイヤパネルまで、一度に放射能吸引に基ずいて処理したうえで、放射線の抜け殻つまり原子力灰つまり炭素灰にしかならないのは、電子エネルギー燃焼方法による核燃料燃焼発
電の原子力廃棄物処理として、原子力灰は、コンクリートとして再利用で有る。
断り書き説明。
確かに、新しい原子力説明だが、低い温度の蒸気制御循環の蒸気発電方法または液体マグネシウム瞬間吸収連続発電などが、有るため原子力発電は、増え過ぎても困る放射線シリ
コンパネル機材物質説明までだからである。
コメント
2008年6月20日PM16時47分34秒原子力説明が、読む人に、マスコミ公開原子力技術と本などの原子力技術を総集した新しい原子力発電技術は、使ってもらいたくないのが身上であ
る。
放射能除去技術は、お金があればロシアチエノブ発電所近辺の放射能を無料で全自動ロボット放射能処理技術を使って一日も早く救出したのが心情で有るが現在の身の上
では無理で有る。

従って、図29から図39に関しての技術は、平成23年すなわち、2011年3月上旬の東北太平洋側のマグニチュード9の地震津波被害によって、福島原子力発電所崩壊した為、対策案として、原子力被爆事故を最低限にする為の技術に成り、2011年テレビマスコミと国の原子力機関が、原子力事故対策を、しているが、テレビマスコミで、確認している用に、原子力事故後の、原子力対策装置を、備えた原子力発電施設は、日本にただ一つの北海道泊り原子力発電所の、放射線遮断油圧上扉装置が、付いている原子力発電施設に成り、東北の六か所の、原子力廃棄物仮貯蔵施設にも、放射線遮断油圧またはモーター天上扉装置は、おそらく取り付けられていない構造に成り、実際に泊まり原子力発電所で、原子力事故が、起きた場合、高温気化水素爆発では、泊り原子力発電所の天上放射線遮断扉でも、曲がる恐れが有る為、爆風吸収官スプリング壁室なども、今後必要視されるが、現在は、泊り原子力発電所の放射線放出後の冷却施設が、活動している時に閉める放射線防護遮断天上仕切りの厚手金属板壁に成る。

概要

放射能廃棄物を少なくする発電方法を提供する。原子力廃棄物を少なくする為に、電子熱核燃料核融合臨界温度調整を電子熱制御で行い、圧縮酸素高温圧力装置を使用して蒸気タービン間での距離をスクリュー管使用によって、蒸気スピードを増してタービンを回転させて、圧電素子磁石内蔵のダイナモ装置回転作動発電出来る原子力発電で有り、放射能線と液体シリコン合成の人工ダイヤ筒パネルによって、微量放射線の放出の無いパネルカメラの安全な利用が確立出来た放射能線利用方法。

目的

本先知的所有財産の先発明は、原子力発電の無駄を無くし更に放射能廃棄物の適切な再処理と飛散させない、誰でも使用可能な微量放射線利用を実現する事を目的とする

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

本先知的所有財産先発明核燃料原石を粉にしないで、核燃料原石そのままを大型の電子発生装置電子熱による核融合臨界温度調整及び核融合臨界温度電子熱制御を行った加圧蒸気タービンダイナモ発電方式のシステム原子力発電装置。

請求項2

本先知的所有財産の先発明の原子力発電のダイナモ装置は、通常ダイナモ装置の中心部に圧電素子磁石を内蔵させたダイナモ発電装置圧電素子内蔵ダイナモ装置を、積載内臓した請求項1記載の原子力発電システム装置。

請求項3

本先知的所有財産の先発明の原子力発電所発電された生の電気中に含まれる電気抵抗を取り除くために圧電素子磁石装置を使用した電気中の電気抵抗取り除き装置として、先発明考案してあった圧電素子4電子磁気分割装置を使用した電気中の電気抵抗電気を取り除く事が出来る装置を、積載内臓した請求項1記載の原子力発電システム。

請求項4

本先知的所有財産の先発明の原子力発電所などの発電された電気中に含まれて入る電気抵抗電気を再び圧電素子4電子磁気分割装置に電気を通して、更に圧電素子4分割装置に行くまでの銅線ダイオード熱発電体を取り付けた熱抵抗電気の熱電気再処理発電装置を取り付けた熱電気リサイクル発電システムを積載内臓した請求項1記載の原子力発電システム装置。

請求項5

本先知的所有財産の先発明の原子力廃棄物地下再処理場及び放射線水及び放射線内蔵パネル貯蔵庫などの放射線漏れの処理を行う為の原子力廃棄物放射能飛散全自動飛散放射線処理GPSロボットシステムを、積載内臓した請求項1記載の原子力発電システム装置。

請求項6

本先知的所有財産の先発明の原子力廃棄物専用の取り付け型ゴム底アルミニューム補強クッションテープを巻いたドラム官を地下室内GPS機械ロボットで全自動回収及び移動及び全自動カメラ保管管理出来る原子力廃棄物全自動ロボット処理とロボット移動出来るシステムを積載内臓した請求項1記載の原子力発電システム装置。コメント2008年6月19日(木)昼PM12時19分47秒昼飯の時間のため、一時休憩とする美カンキチ。2008年6月19日(木)昼PM12時41分13秒残りカレー終了再び美馬牛カンキチ書き始める。

請求項7

本先知的所有財産の先発明の原子力廃棄物貯蔵施設放射能漏れ事故対応策として6段階放射能エアー放射能除去装置として、エアーダクトモーターフアン吸収処理官に、複数の噴水カーテン装置を設けて更に放射能汚染水貯蔵するタンクに空気中に放射能がなくるまで、つまり放射能センサーの反応がなくなるまで、空気全自動洗浄を行う放射能エアー全自動除去システムを積載内臓した請求項1記載の原子力発電システム装置。

請求項8

本先知的所有財産の先発明の原子力廃棄物を収納するドラム官は、アルミニュームと亜鉛合金を使用して、ドラム官は円錐形とは少し異なりアルミニューム補強クッションテープを巻くため、ドラム官中央が少し狭まっていて、アルミニューム補強クッションテープを巻く構造になってる原子力廃棄物貯蔵官を積載内臓した請求項1記載の原子力発電システム装置。

請求項9

本先知的所有財産の先発明の原子力廃棄物を収納するドラム官底は、ゴム敷き蓋型ナット式構造になってるため、ドラム官の地盤衝撃を押さえて、ドラム官蓋構造は、ドラム官本体に吊り金具2つが取り付けられる構造で有り、原子力廃棄物を入れる際、こぼしたり、取り扱い不便なため、大きなナット式蓋構造とし、ドラム官底のゴムナット敷き蓋をドラム官上蓋にも後付けで地震振れ防止対策として被せる構造になっている装置を積載内臓した請求項1記載の原子力発電システム装置。

請求項10

本先知的所有財産の先発明は、原子力発電で発電された電気を人口ダイヤ絶縁電気カット装置によって、電気に無理を欠けずに電気減圧出来る電気減圧装置を積載内臓した請求項1記載の原子力発電システム装置。

請求項11

本先知的所有財産の先発明は、原子力廃棄物の削減努力として、放射能の再利用方法として、レントゲンカメラ超小型化に基ずいた、人口ダイヤ平板筒パネルに放射能液体シリコン合成物質閉じ込めた透明の放射線人口ダイヤ平板筒パネル装置の超小型レントゲンデジタル及びノーマルカメラ等によって、医療施設まで、行かなくてもレントゲン写真検査が、放射能飛散なしで出来る人口ダイヤ平板筒液体シリコン合成放射能線パネル装置を、積載内臓した請求項1記載の原子力発電システム装置。

請求項12

本追加の著作権先技術優先権主張の発明は、2011年3月の東地震によって、福島県原子力発電所の地震破壊を、受けて、原子力発電所自体を、守る為に、原子力発電所の地下に、コロ免振装置の電磁石反発によって、原子力施設建物一つを、電磁石反発技術によって、原子力発電所建物と原子力発電装置全体を、地盤基礎から数ミリメートル単位の幅によって、原子力発電所の原子力発電装置全体を、電磁石の反撥力によって施設建物全体を、浮かして地震災害から原子力施設を、守る事の出来る装置を積載内臓した請求項1記載の原子力システム装置。

請求項13

本追加の著作権先技術優先権主張の発明は、強化超太スプリング圧電素子磁石体粒子入りビニールを内蔵した免振横揺れ収金属スプリングを積載内臓して、更に、免振横揺れ支え免振杭内蔵のコンクリート立方体を、積載内臓した請求項1記載の原子力システム装置。

請求項14

本追加の著作権先技術優先権主張の発明は、万が一に原子力施設が、崩壊した場合、放射線を、原子力施設外に出さない手段として、仮設防護グラスファイバー組立枠を、超大型クレーンで、四角枡状の二重枠を、クレーンで、吊り上げれる構造にした放射線防護パネルを、設置した後、二重枠の四角枡の間に酸化鉄または、鉄粉入りプラスチック溶液を、二重の四角枡枠内に流し込んで、四角枡全体を、地面にスクリュー杭を、設置して四角枡枠を、ポルトナット止めする事によって、原子力施設全体の放射線漏れを、少なくした後付け放射線防護パネルを、積載内臓した請求項1記載の原子力システム装置。

請求項15

本追加の著作権先技術優先権主張の発明は、万が一に原子力施設が、崩壊した場合、原子力施設復旧作業員の、放射線被爆を少なくする為の、作業員放射線水防護仮設足場超薄ステンレス板内蔵アルミニューム板は、地盤調整ゴムと地盤高調整金具と放射線水吸引水ポンプ継ぎ官を取り付けた構造の装置を、準備した請求項1記載の原子力システム装置。

請求項16

本追加の著作権先技術優先権主張の発明は、万が一に原子力施設が、崩壊した場合、原子力施設復旧作業員の放射線被爆を少なくする為の、通常のビニールゴム長靴より、放射線被爆を、少なく出来る超薄アルミニューム板を、長靴のゴムと綿入りゴムの間に内蔵積載して、更に情報を、随時外部連絡出来るアンテナライトカメラ充電池を、積載内臓した請求項1記載の原子力システム装置。

請求項17

本追加の著作権先技術優先権主張の発明は、万が一に原子力施設が、崩壊した場合、原子力施設復旧作業員の放射線被爆を少なくする為の、放射線四角形状の防護板に、固定ヒモを取り付けた構造の浮遊用発泡ウレタン板と超薄アルミニュームステンレス板を、内蔵した水に浮く放射線防護板は、連結出来る構造を有した放射線防護板を、積載内臓した請求項1記載の原子力システム装置。

請求項18

本追加の著作権先技術優先権主張の発明は、放射線の廃棄物の熱を、下げる為の、鉄ドラム官に錆び止めのアルミニューム板を張り付けた構造のドラム官に冷却機能の有る固形窒素粒子を、ドラム官のアルミニューム金属とアルミニューム金属の間に冷却材を、内蔵積載した熱放出の有る放射線廃棄物を、貯蓄出来る冷却機能付きドラム官を、準備した請求項1記載の原子力システム装置。

請求項19

本発明の、電気電子熱火力発電機は、日本国の推進する二酸化炭素排出ゼロと無害給油技術で有る、水素酸素の瞬間吸収発電物質液体マグネシウムを使った水発電機改良型の、発電物質を水物質から、軽水素酸素水を水発電機に積載内臓する事で、軽水素トリチウム電子と酸素の常温気化物質を、水素と酸素の瞬間吸収発電スピードより、速い酸素と水素の発電物質とする為に、水素中の重水素プルニュームを取り除いた軽水素と酸素のみの水を、水発電機の別名の循環燃料電池発電機の発電物質とした国の全額借金返済都道府県市町村区の全額借金返済を目的とした最終的には弱者国民一人一人の財団設立の本人の意思に基ずく為の無期限永遠の著作権を文部科学省と特許に請求する為の請求項1記載の原子力システム装置。

請求項20

本発明の、原子炉及び原子力発電所等のコンクリートビル建屋に積載内臓するコロ電磁石反発免振装置は、コロ免振の欠点とゴム免振の欠点とゴムと鉄の交互の合わせた免振の欠点を、永遠に補う事を目的としたコロ電磁石反発免振装置は、複数の円柱コロ装置を、電磁石コイルだけの入った永久磁石に変えコロ円柱の上下の鋼鉄板を、銅筒官コイル配線内蔵の電磁石板構造にする事と複数のコロ電磁石反発免振装置を、左右の揺れ固定する複数金具を取り付ける事で、重量物建屋の縦揺れを、吸収する免振付きの構造として、左右の揺れを、吸収する為の、免振支えコンクリートと免振横振れ吸収スプリングと免振横揺れ吸収の圧電素子磁石体粒子内蔵の強化ビニールを内蔵積載する事で、地震によるコンクリート建屋の横揺れを、吸収する装置と地震時でも、半永久に電気を供給出来る循環型燃料電池別名の水発電機を設置積載内臓する事によって、アンテナ地震計連絡等の地震時に、原子力設備建屋全体を浮かす事で、マグニチュード9以上の地震でも、耐える事の出来る免振装置を内蔵した請求項1記載の原子力システム装置。

請求項21

本発明の、放射線水を真水と放射線水に分ける装置は、連続して半永久に高出力発電出来る自動電池と超小型の高出力モーターを使用積載した遠心分離機複数針穴形状の円盤の放射線区切り板と穴空き圧電素子磁石体粒子内蔵の冷却合成調整窒素マグネシウムパネルを取り付ける事で、気化した常温気化水素酸素水と放射線を、電動仕切り弁区切り弁と穴空き圧電素子磁石体粒子内蔵の冷却合成調整窒素マグネシウムパネルに、放射線入りの気化酸素水素水を、遠心分離気化吸収させて、発電させる事によって、放射線を、冷却合成調整窒素マグネシウムパネルに内蔵させると同時に水だけを落下させる事によって、放射線入りの穴空き圧電素子磁石体粒子内蔵の冷却合成窒素マグネシウムパネルに内蔵下放射線を、電動仕切り弁を閉じて、遠心分離する事で、穴あき圧電素子磁石体粒子内蔵の冷却合成窒素マグネシウムパネルから放射線を、分離させて、濃厚度放射線水室に電動仕切り弁付きのスクリュー官を通じて、放射の分離出来る2011年4月10日特許技術訂正の放射線水を、放射線と水に分ける装置を持ち運び可能な超小型にした放射線水放射線分離発電装置を積載した請求項1記載の原子力システム装置。

請求項22

本発明の、放射線水を真水と放射線水に分ける装置は、連続して半永久に高出力発電出来る自動電池と超小型の高出力モーターを使用積載した遠心分離機と複数針穴形状の円盤の放射線区切り板と穴空き圧電素子磁石体粒子内蔵の冷却合成調整窒素水銀パネルを取り付ける事で、気化した常温気化水素酸素水と放射線を、電動仕切り弁の区切り弁と穴空き圧電素子磁石体粒子内蔵の冷却合成調整窒素水銀パネルに、放射線入りの気化酸素水素水を、遠心分離気化吸収させて、発電させる事によって、放射線を、冷却合成調整窒素水銀パネルに内蔵させると同時に水だけを落下させる事によって、放射線入りの穴空き圧電素子磁石体粒子内蔵の冷却合成窒素水銀パネルに内蔵下放射線を、電動仕切り弁を閉じて、遠心分離する事で、穴あき圧電素子磁石体粒子内蔵の冷却合成窒素水銀パネルから放射線を、分離させて、濃厚度放射線水室に電動仕切り弁付きのスクリュー官を通じて、放射の分離出来る2011年4月10日特許技術訂正の放射線水を、放射線と水に分ける装置を持ち運び可能な超小型にした放射線水放射線分離発電装置を積載した請求項1記載の原子力システム装置。

請求項23

本発明の、放射線水を真水と放射線水に分ける装置は、連続して半永久に高出力発電出来る自動電池と超小型の高出力モーターを使用積載した遠心分離機と複数針穴形状の円盤の放射線区切り板と放射線を一時貯蔵出来る炭素以外のケイ素ヨウ素等のパネルを取り付ける事で、気化した常温気化水素酸素水と放射線を、電動仕切り弁の区切り弁と穴空き圧電素子磁石体粒子内蔵の冷却合成調整窒素水銀パネルに、放射線入りの気化酸素水素水を、遠心分離気化吸収させる事によって、放射線を、ケイ素ヨウ素等に内蔵させると同時に水だけを落下させる事によって、放射線入りのケイ素ヨウ素パネルに内蔵して遠心分離機を使って放射線を、分離させて、濃厚度放射線水室に電動仕切り弁付きのスクリュー官を通じて、放射の分離出来る2011年4月10日特許技術訂正の放射線水を、放射線と水に分ける装置を持ち運び可能な超小型にした放射線水放射線分離装置を積載した請求項1記載の原子力システム装置。

請求項24

本発明の、万が一の原子力事故破壊処理をする場合、放射線除去作業と伴って、作業する人型ロボットは、無害無給油の循環型燃料電池発電機の別名の水発電機を積載し、高出力レール2連内コイルモーターをロボットの制御モーターとして、積載内臓した作業インプット式の発光膜カラーパネルを使った全自動のカラーライト発光ラインカメラ焦点距離の全自動ロボットデータ多層そうカードシステム認識して、放射線内蔵パネルのサモーカメラと金属認識センサーカメラと別途補助リモコン回路システムを備えた全自動人型ロボットを積載した請求項1記載の原子力システム装置。

請求項25

本発明の、放射線水を真水と放射線水に分ける装置は、連続して半永久に高出力発電出来る自動電池と超小型の高出力モーターを使用積載した遠心分離機と複数針穴形状の円盤の放射線区切り板と放射線を一時貯蔵出来る炭素以外のケイ素ヨウ素等のパネルを取り付ける事で、気化した常温気化水素酸素水と放射線を、電動仕切り弁の区切り弁と穴空き圧電素子磁石体粒子内蔵の冷却合成調整窒素水銀パネルに、放射線入りのシリコン気化酸素水素水を、遠心分離気化吸収させる事によって、放射線を、ケイ素ヨウ素等にシリコン放射線として内蔵吸収させると同時に水だけを落下させる事によって、放射線入りのケイ素ヨウ素パネルにシリコン内蔵して遠心分離機を使って放射線を、分離させて、濃厚度放射線水室に電動仕切り弁付きのスクリュー官を通じて、放射の分離出来る2011年4月10日特許技術訂正の放射線水を、放射線と水に分ける装置を持ち運び可能な超小型にした放射線水放射線分離装置を積載した請求項1記載の原子力システム装置。

技術分野

0002

2011年3月上旬の東太平洋側のマグニチュード9の地震津波災害によっての福島原子力発電所原子力施設崩壊後の処理技術説明。

背景技術

0003

従来の原子力発電技術は、核燃料原石を粉にしてモーター回転原子炉核燃料摩擦熱電気熱発電原子炉で有っが、日本の活断層地震によって、原子炉炉心複数歯車ミッション金属の
破損事故などが多く起こり日本国民に原子炉放射能漏れ事故の危険感を取り除く事が、出来ない地震対応の原子力発電が確立されてなかった。

0004

下図1~図9に基ずいて過去の地震対応出来ていない原子力発電と本先発明の地震対応してある原子力発電の違いを図1~図9に基ずいて説明する。
図1に於いては、現在まで使用されて入る原子炉核燃料加圧蒸気タービンダイナモ回転発電機の図で有る。(例えば図説電気・電子用語事典・発行所実教出版株式会社の図説参照。)。

0005

図2に於いて、図1図との違いは、原子炉の核燃料の核融合臨界温度まで、持って行くための核燃料物質が原石と粉の違いは、住友の原子力ウラン物質放射能もれ事故によってウ
ランは、粉にして使用しているのが、テレビ放映で判明したのであるが、今までの核燃料核融合臨界温度までは、時間を掛けてゆっり、モータミッション原子炉回転核燃料摩擦熱融
合しなければならない事実は、ウラン事態が100パーセントプルニュームと異なる物質であるため、つまりウラン自体が不純物と言う放射能廃棄物が、核融合臨界温度燃焼で燃
え切らない物質自体が、不純物が、おそらく90パーセント以上で有る事が、放射能廃棄物の輩出量をマスコミで騒ぐ事実で明白で有る。
そのため、図2の核燃料原石又は陶器の箱にウラン原石を粉にした物質又はウランの粉を箱型に固めた物質又はウラン原石を粉にした物質とプルトニュームを混合圧縮技術も有
るが、ウラン原石の粉を圧縮し固めた物質に電子エネルギーを加え続けると臨界温度まで、電子熱エネルギーを加え続けると原子力の臨界が始まるのだが、この技術は、電子熱の
追加による臨界温度調整制御技術だけで有り、問題は、固められたウラン鉱石を保護する構造物質は、陶器物質としているが、何層もの陶器と鋼鉄板を重ねた多層構造高熱蒸気
循環循環蒸気タービンで有るが、タービンを回した後の蒸気復水器で冷やさずスクリユー蒸気循環複数タービンの複数ダイナモ発電方式の方が、熱エネルギーの再利用とし
ては適ってる技術と言える。
更に、図2説明では、蒸気調整制御が、書かれていないため、一回一回蒸気を冷やす無駄なエネルギー使用が、図によって明らかで有る。(例えば、図説・電気・電子用語事典・発行所実
教出版株式会社の図説参照。)。更に新しい循環蒸気タービンの説明を後で図説で行う。
コメント
2008年6月19日PM17時32分24秒腹がへり夕食とする美カンキチ。
2008年6月19日PM18時20分56秒塚崎商店アイスとソウセージを買いに行く美馬牛カンキチ外はにわか雨の様子で有る。

0006

図3の説明では、動力源として水発電機を使用していて緊急補助機械発電機1と、緊急補助発電機2を積載して入るてんで有り、モーターは2連結以上モーター使用で有り、ライト
カメラ使用に地下GPS地図認識確認全自動ロボット装置を採用して入る点で有る。
更に、官滑り止めゴム付きカニロボット機械を採用している点で有る。
そして、ホイスト劣化摩耗に強いレールモーター電気ホイストを採用している点である。
そして、万が一のパンク対応として、チューブなしタイヤで有る。
そして、衝突吸収ゴム補助ケイ素軽水ニッケルバッテリーシステムを積載してる。
(特許文献1,2,3,4、参照)。
コメント
2008年6月19日PM19時24分18秒お湿り程度の雨美馬牛カンキチ。
2008年6月19日PM23時9分37秒8行めから再び書く図面の手直し再び時間が掛かる美馬牛カンキチ
2008年6月19日AM8時36分7秒美馬牛静けさのなかでの曇り大雪山の吹きおろしで、晴れるのだかってるばかり、美馬牛カンキチへ向かって頑張ろう。再び8行目からチャレン

0007

図4の説明を始める。
原子力廃棄物地下貯蓄施設においての万に一つの放射能飛散事故対応に対しての放射能の水の放射能融合特性を生かして放射廃棄物資が、こぼれた場合などの放射能物質を洗い
流してバキュームで吸い取り放射能水として、再び再処理するための、放射能エアー連続噴水カーテン処理に続いて穴空き固形水素(固形液体マグネシウム)放射能センサーによ
って、第一放射能水処理冷蔵庫タンク放射線濃度が、上がるまで、放射能水の0度以下低温の放射能水の連続気化作動によって濃い放射能水を第一タンクにストック出来る針穴
空き固形水素冷却ガスカンパネルの空間付き5重層ぐらいの固形水素又は炭素液マグネシウム合成水素などが、真空装置エアー吸い込み口の前に取り付くのも放射能除去装置
特有の構造である、更に強制水の気化吸入された気化酸素気化水素は、再び水の噴水シャワーカーテンを通る事で、残りの放射能を噴水と共に洗い落とし更に気化水吸引モータ
ー1によって、放射能センサー計測によって電動仕切り弁が開き、気化水吸引モーターが、作動し穴空き固形水素又は穴空き炭素合成液体マグネシウムの気化酸素と気化水素の融
合体瞬間吸収発電する事で、放射能の入っていない水を作り出す事が出来る装置。(特許文献1,2,3,4,参照。)。

0008

図5の説明を始める。
原子力廃棄物地下貯蔵施設に於いての万が一の放射能漏れ又は飛散事故に対して、放射能だけを取り除く装置に於いて、空気中の飛散放射能を6段階噴水シャワー装置電動仕切
り弁更に放射能センサーによって、第四放射能水処理タンクの放射能水の放射能度が、規定の放射能センサーチエックによって、高レベル放射能水として、別の一時高レベル放射
能水貯蓄タンクへ保管されるシステム構造説明で有る。
更に放射能の入っていない気化酸素と気化水素の融合している水の気化物質は、穴空き固形水素固形液体マグネシウムに瞬間吸収発電する事によって、再び放射能の入っていな
い水は、複数放射能エアー清浄噴水装置の噴水用水として再利用出来る水の再利用システムで有る。(特許文献1,2,3,4,参照)。

0009

図6の説明を始める。
図1及び図2の新しい原子力そして図10の最新の原子力装置に欠かせない部品技術が、図6の電動モーター仕切り弁つまり、電動モーター水仕切り弁と電動モーターエアー仕切り弁
装置で有り、すなわち水及びエアー等の仕切り弁手動ハンドル軸モーター軸を取り付けた電動仕切り弁装置説明で有る。(特許文献1参照。)。
コメント
2008年6月20日(金)AM11時47分42秒早めの昼食美馬牛カンキチまだは厚い様子である。
2008年6月20日(金)昼PM12時37分30秒郵便局貯蓄高10万円有るので、なんとか暮らせる。美馬牛北の方角が、先に雲がなくなりそうで有る。
2008年6月20日(金)PM13時0分11秒美馬牛郵便局で、未納済みの電気料金支払う。大雪山の方角やや明るめどうやら十勝帯広方面は、晴れの様子で有る。美馬牛カンキチ再び書き
始める。

0010

図7の説明を始める。
図7は、原子力廃棄物を、保存する為のアルミニューム亜鉛合金ドラム官の中央部を細めたカニ型挟みロボットで、処理しゃすい用にドラム官中央を細め更にドラム官の底蓋
して、ゴムナット型の放射能廃棄物のドラム官衝撃防止構造になって居り、原子力廃棄物を入れる際、ドラム官の通常の入れ口構造では、放射能廃棄物が、流れたりこぼれたりする
おそれが有るため、図7のような大きいナット型の蓋構造として、更にドラム官を、固定するための金具取り付け装置を、ドラム官蓋の脇側に取り付ける構造で有る。
従って、放射能廃棄物が、入れられた後、衝撃吸収ゴム蓋が取り付けられる。
また、火災などのゴム燃焼防止策として、アルミニュームのカバー付きの衝撃吸収ゴム蓋構造が、無難対策だと考える。
確かにケイ素及びヨウ素及びホウ素及びフッ素及び窒素合成パネル材等で、作った燃えずらい物質などが、衝撃吸収ゴムの代用品などが上げられる。
更にドラム官は、挟み装置の衝撃に耐える構造にする為アルミニューム粘着テープをドラム官に巻く事で、ドラム官強度を更に増す役目をしている原子力廃棄物収納ドラム官構
造とした原子力廃棄物収納ドラム官構造説明で有る。

0011

図8の説明を始める。
図8は、原子力発電所から発電された生の電気を電気抵抗を掛けずに電気分割する方法として、図8の人口ダイヤ電気カット方式によって、電気配線から放電される短い距離の間に
人口ダイヤの先の鋭いカット人口ダイヤで、電気を二分割しながら電気圧を小さくして送電する方法が人口ダイヤカット電気分割方式で有り、圧電素子等の電気分割は、熱電気
耐えれる構造すなわち、超圧縮圧電素子鋼鉄をかぶし更に陶器絶縁体をかぶした4分割配線構造でも、電気熱に耐えれず無理になると推定される。
そのため、人口ダイヤカット方式の電気抵抗を掛けないで電気分割する方法を活用する事とする高圧電気分割の電圧下げる方法の有り方説明。
コメント
2008年6月20日(金)PM14時27分35秒美馬牛市街地北の空から晴れ間になる大雪山麓付近は、にわか雨なのかもしれないいつもの風の流れる有り様の事で有る。ペットボトルガス
官を投げて来る。美馬牛カンキチ。

0012

図9の説明を始める。
図9は放射能廃棄物の分類として、水分と土及び岩石の粉及び放射線物質に分けられる。その内の水は、再利用として活用され、土と岩の粉はコンクリート材として再利用を目的と
して、更に一番問題な放射線物質を、アルフアー線及びベーター線及びガンマー線に分けて液体シリコン混合合成させた放射線液体シリコン又は放射線固形シリコンなどの放
射線被害をなくす為に、図9の人口ダイヤ筒パネルに放射線液体混合シリコンを入れて蓋をした透明人口ダイヤ筒パネルの強度を増す為にアルミニーム枠をボルトナット止めし
た放射線シリコン内蔵人口ダイヤパネル装置構造説明とする。
別途使用用途説明
レントゲンカメラ等の放射線パネル。
アルフアー線カメラ等の放射線カメラ
ベーター線カメラ等の放射線カメラ
ガンマー線カメラ等の放射線カメラ
この他別途ニュートリノ線液体シリコンパネルカメラまたは、可視光線液体シリコンパネルカメラなどの固定元素として、捕らえる事の出来ない物質または人または動物等に害
を与える物質の利用方法追加別途説明とする。

0013

図10の説明を始める。
図10の原子力発電方法の図1と図2の発電方法と異なる場所の説明を始める。
図1及び図2の復水器が、図10に設けられていない変わりにスクリュー官と電動仕切り弁装置が設けられているのに気が付くはずです。
更に、原子力核燃料は、陶器箱器に原子力核燃料の圧縮物質この場合、原子力圧縮物質を堅い容器などに閉じ込めない用にしなければならない理由は、核物質は、圧縮すればするほ
ど、エネルギーは、増大する物質で有る。
その事を踏まえて電子熱過熱の核燃料融合臨海温度は、おそらく核燃料の圧縮度によって
わずか微量の電気エネルギーでも、発火爆発になるため、弱い電子エネルギーでゆっくりあたためいきながら、核燃料の臨海温度及び核燃料熔解状態になる。
問題は、核燃料熔解炉は、冷やさずに安定した温度を保ち続けなければ、原子力廃棄物をたくさん作るだけの無駄な作業になる。
そのため、一度加圧機で、作られた水の超高圧物質をここでは、合えて酸素加圧機のみとし水素は、過熱すると燃焼する際ここでも、微量の放射能が出るからで有る。
そのため、原子力核燃料に使用されるのは冷却材の水ではなく、酸素のみとして、加圧機で、
高温まで、上げらりた酸素を一度に冷やそうとすると莫大風エネルギーが、発生する。
それが、蒸気発生機で有り、電動仕切り弁等で調整する。
更に、莫大な蒸気風エネルギーをスクリュー官使用によって更にスピード増してタービンを今まで以上の高速回転を求めた高圧蒸気使用方法説明で有る。
更に、タービンで使用された高速蒸気は、復水機を使用せず再び蒸気発生機に戻され加圧機の高温酸素によって、再び莫大な蒸気エネルギーつまり高温酸素と水またはスクリュー
官蒸気は、再び加圧高温酸素エネルギーと融合する事で、再びスクリュー官を通り複数タービンを回転させたタービン軸のダイナモ回転発電エネルギーになる構造が現在の新し
い核燃料発電方法の概要説明で有る。
追加説明。
原子力核燃料は、圧縮すると水素圧縮する事によってエネルギーが増大する特性を生かした原子力核物質の原子炉モーター回転核燃料圧縮核融合臨海温度制御方法の説明は、マ
スコミの写真に基ずいた推定説明で有る。
そのため、将来は、核物質自体を薄く延ばしたりした陶器などの複数重ね構造の核燃料の有り方へ向かう意味は、現在の核燃料物質の使い過ぎと、無駄な核燃料物質の核融合の有
り方によって、原子力廃棄物の多量な輩出は、マスコミ報道海外フラス技術の核燃料再処理技術を持ち得なければ、最終最後までのウラン燃焼技術が、得る事の出来ない漠
子力廃棄物再利用発電は、日本国民の生活に税金として重くのしかかる原子力構造説明で有る。
コメント
2008年6月20日PM16時8分22秒美馬牛佐商店基の源八商店へ買い物トイレ電球一つとバナナを買ってくる。漸く生活費なんとかなる美馬牛カンキチ。
最終説明。
上記説明に基ずく先発明の技術分野説明。
問題は、核燃料の再処理費用に莫大な金が掛かる費用を省く原子力核燃料の臨海温度達成までの核燃料の温度を上げる方法を、弱電子熱から少しずつ電子熱を上げて行く原子力
核燃料燃焼融合方法で有る。
つまり、太陽コロナと同じ考え方の核燃料融合物質の電子熱核融合電子熱調整は、無だがなく電子熱で、炭素物質と放射線物質になるまで、核燃料を燃やし続ける方法を美馬牛カ
ンキチつまり、原子力廃棄物の少ない方と原子力廃棄物再処理に基ずく処理を一切必要としない程核燃料の電子熱燃焼方法を選ぶのだが、核融合炉の核燃料の冷却材の水を暖め
る際に水素と酸素に別れる蒸気は、酸素と軽水素そして重水素のプルトニュームは、核融合温度まで上がるため、水素プルトニュームは、微量の放射線放出は、実際に微量だが、放
射能放出されるの、正しい考え方と思える。
そのため、加圧機に用いるのは、水又は冷却材ではなく、酸素を用いるため微量放射能は出ない説明で有る。
電子熱を使用した原子炉説明。
電子熱で、最後まで、原子炉燃焼するため、冷えた原子炉の中の放射線を、水の中にとり入れるか液体シリコン合成を行った上で、人口ダイヤ筒パネルに放射線シリコン合成の人口
ダイヤパネルまで、一度に放射能吸引に基ずいて処理したうえで、放射線の抜け殻つまり原子力灰つまり炭素灰にしかならないのは、電子エネルギー燃焼方法による核燃料燃焼発
電の原子力廃棄物処理として、原子力灰は、コンクリートとして再利用で有る。
断り書き説明。
確かに、新しい原子力説明だが、低い温度の蒸気制御循環の蒸気発電方法または液体マグネシウム瞬間吸収連続発電などが、有るため原子力発電は、増え過ぎても困る放射線シリ
コンパネル機材物質説明までだからである。
コメント
2008年6月20日PM16時47分34秒原子力説明が、読む人に、マスコミ公開原子力技術と本などの原子力技術を総集した新しい原子力発電技術は、使ってもらいたくないのが身上であ
る。
放射能除去技術は、お金があればロシアチエノブ発電所近辺の放射能を無料で全自動ロボット放射能処理技術を使って一日も早く救出したのが心情で有るが現在の身の上
では無理で有る。

0014

従って、図29から図39に関しての技術は、平成23年すなわち、2011年3月上旬の東北太平洋側のマグニチュード9の地震津波被害によって、福島原子力発電所が崩壊した為、対策案として、原子力被爆事故を最低限にする為の技術に成り、2011年テレビマスコミと国の原子力機関が、原子力事故対策を、しているが、テレビマスコミで、確認している用に、原子力事故後の、原子力対策装置を、備えた原子力発電施設は、日本にただ一つの北海道泊り原子力発電所の、放射線遮断油圧上扉装置が、付いている原子力発電施設に成り、東北の六か所の、原子力廃棄物仮貯蔵施設にも、放射線遮断油圧またはモーター天上扉装置は、おそらく取り付けられていない構造に成り、実際に泊まり原子力発電所で、原子力事故が、起きた場合、高温気化水素爆発では、泊り原子力発電所の天上放射線遮断扉でも、曲がる恐れが有る為、爆風吸収官スプリング壁室なども、今後必要視されるが、現在は、泊り原子力発電所の放射線放出後の冷却施設が、活動している時に閉める放射線防護遮断天上仕切りの厚手金属板壁に成る。

発明が解決しようとする課題

0015

以上述べた従来の原子力発電方法では、無駄が多すぎて発電コストが、国と地方の財政をマスコミ報道の1000兆円近くになる赤字は、企業抜きの国民では借金返済が無理な所まで
来ている事実は国民生活に借金苦として重くのしかかる事となった事実で有る。

0016

本先知的所有財産の先発明は、原子力発電の無駄を無くし更に放射能廃棄物の適切な再処理と飛散させない、誰でも使用可能な微量放射線利用を実現する事を目的とするもので
有る。
コメント
2008年6月20日(金)PM18時6分45秒から野菜炒め混ぜご飯を食べて梅湯を飲む美馬牛カンキチ雲は、大雪に向かって吹いているのが、雲の流れで一目瞭然、後5時間30分少し頑張ろ
う美馬牛カンキチ。

課題を解決するための手段

0017

そして、本知的所有財産の先発明は、上記目的を達成するために、原子炉モーター回転による核燃料圧縮と圧縮熱による核融合臨海温度の蒸気タービンダイナモ連続作動発電方法
だったのが、今までの発電方法で有る。
原子炉の核物質の核融合発電方法は、核燃料のウラン原石若しくは、ウラン原石を粉状にした物質を、箱型に固めるかウラン原石の粉末を固めて圧縮した閉じ込めていない剥き出
しの核燃料を臨海温度まで上げる方法手段として、弱電子熱をゆっくりかけて温度を上げて臨界温度まで、持って行く事で、少量の電子熱で、核燃料物質を臨界温度のまま保ち続
ける事が出来るため、大型の原子炉を必要せず、モーター回転など、ミッションギアーの摩耗交換などの心配もなく、核燃料が一度臨界温度まで、熱すると後の電子熱微調整が出来
るのは、原子力核燃料ウランの本来持ち得ている冷めずらいと言う特徴と核燃料ウラン臨界温度核融合が、続くのも核燃料ウランの本来の特徴で有り、電子熱で、核融合調整制御
するのは、理解していただけたと思います。

0018

第2の解決手段として、(図説・電気・電子用語事典・発行所実教出版株式会社第18刷発行140Pの軽水形原子力発電説明文章参照。)又は図1参照。
すなわち、加圧器に通される冷却材つまり、水は、高温加圧する場合水は、高温になる時、気化酸素と気化水素の高温融合物質になる。
理由は、原子炉核融合炉とも呼ばれ臨界温度まで、核燃料物質の原子炉は、モーター回転圧縮しながらの原子炉核融合臨界温度制御になる、実教出版第18刷発行の140P説明の図説
になる。
すなわち、原子炉が、臨界温度まで、上がるが、それ以上上がらないのも原子力ウランの臨界温度の特徴で有るが、水が、高温気化した際水素は、核燃料の臨界温度まで向かうと水素
は、燃焼する事も考えられる事と、加圧器の圧力調整事故などの防止のため、ここの部分を酸素加圧器に変える事とし、循環高温酸素循環蒸気発生器する。
尚、不足酸素は、圧力低下に基ずいて酸素補給とするが、おそらく酸素補給なしが、通常の状態だと思われる。
従って、高温酸素を、高圧縮させた高温ガス蒸気発生器高温酸素ガス官を通す事で、蒸気発生器の水またはお湯等の液体は、一瞬にして液体から気体蒸気ガス膨張と共にスク
リュー官を通ってタービンを高温蒸気風によって連続高速タービン回転が出来る構造で有り、タービン回転軸連動しているダイナモを回す発電方式で有る。
すなわち、今までと異なる発電システムでは、復水器を使用しないで、スクリュー官使用によって、通常の加圧蒸気のスピードを更に上げる理由は、復水器を使用せず、蒸気発生器
を、厚い鋼鉄性蒸気発生装置として、電動仕切り弁を多く使ってるのが特徴でも有り、タービンをスクリュー高温沸騰水がタービンを回した後のスクリュー水を平常なお湯に戻
す場合は、蒸気発生機には、いつでもお湯又は、水が有る程度入ってなければ、スクリュー水衝撃は、まともな力として、蒸気発生器に受けるため、予めお湯等を入れておき、お湯の
中にスクリュー水を戻す事で、スクリュー衝撃を消す働きを持つ構造お湯入れシステムをきちんとしなければならない。
更に、蒸気タービンは、循環蒸気タービン構造として、原子炉の電子熱核融合炉を小さくする事を目的として、更にウラン鉱石が、最後まで、臨界温度燃焼する事によって、原子力廃
棄物を少なくして、放射能線をすべて冷えた形で、放射能吸引して、図9の液体シリコン放射線混合合成によって、レントゲンカメラなど等の放射線パネル利用として一般庶民活用
の方向へ知的所有財産活用の原子力廃棄物の安全な超微量放射線パネルの連続活用が可能になるため、今まで国家試験のレントゲンカメラの一般使用の道が、開ける事となる。

0019

そして、第3の課題解決手段として、図7にも有るように原子力放射能廃棄物の容器の有り方として、通常ドラム官は鉄性のためさび易く、原子力廃棄物官として適していないその
ため、亜鉛アルミニューム合金のドラム官使用で有り、中央が狭まった形状で有り図3の全自動GPSロボットは、金属センサ位置確認と地下GPS天上位置固定の地下CD地図の十字
ライン位置においての天上ライトカメラ焦点距離位置認識確認装置及びロボット車体位置十字カメラ地図位置認識確認の3種類の位置確認認識装置によって、ロボット機械位置
の把握に基ずいて地下ロボット機械の全自動ライトカメラ作動出来る放射能廃棄物ドラム官処理ロボットによって無理なく放射能処理ドラム官を運ぶロボット機械によって容
易に運べるドラムム官構造にした放射能処理貯蓄の為の原子力廃棄物官で有る。

0020

そして、第4の課題解決手段として、地下ロボット機械の金属センサー認識装置説明として、
ドラム官は、アルミニューム亜鉛の為、地下ロボットは、アルミニューム亜鉛の有る場所を
探すだけで無く、最初に記憶されているドラム官位置を、機械整理順番に、全自動金属センサー位置確認する方法を取っている。
この場合、ドラム官に金又は銀などの金属位置確認出来る目印のため、ドラム官に超小型金属を取り付ける方法も取られる技術も容易して有る。
ただし、故障などの場合は地上からカメラライトリモコン操作も可能な全自動ロボット機械で有る。

0021

そして、第5の課題解決手段として、地下には、上空GPS電波は、届かないため、部屋それぞれの天上に地下ロボット機械用の電波送受信地下GPS装置を取り付ける事で、天上の電波
送受信装置位置安定によって、地下の室内地図距離が、スロー電波送受信時間にて地下ロボット距離の電波送受信距離認識確認が出来る装置。

0022

そして、第6の課題解決手段として、天上固定ライトカメラ位置のカメラ立体位置データー地図の確認認識とは、天上固定カメラから見る地下ロボット機械のカメラ焦点位置距離
に対して現在位置の地下GPS装置位置との位置合意によって、地下のロボット機械位置は確定する。

0023

そして、第7の課題解決手段として、地下ロボット機械カメラの補助確認装置説明は、原子力
廃棄物ドラム缶の金属センサー確認認識だけでは、ロボット機械が、原子力廃棄物ドラム缶認識出来ないため、挟み装置の先二か所に超小型カメラを内蔵させ、更に原子力廃棄
物ドラム缶に色の目印を原子力廃棄物ドラム缶に取れないように付けなければならない事になる。
理由は、ライトに照らされた原子力ドラム缶位置を、缶挟み装置が、ダイオードカラー色確認認識と金属センサー認識とカメラ焦点距離位置認識などの3段階認識確認によって、地
下ロボット機械の原子力廃棄物全自動処理のドラム缶全自動説明とする。

0024

そして、第8の課題解決手段として、スピーディーに動ける地下ロボット機械の更なる電波センサー使用は、地下ロボットの周囲に取り付けられている電波発信装置電波受信
置の地下室の電波跳ね返り受信によって、地下ロボット機械は、ぶつからずスピーディーに作業出来る秘密で有る。

0025

そして、第9の課題解決手段として、地下ロボット機械が、ぶつからずスピーディに作業出来る秘密は、カラー色ライトラインサイド360度取り付けとそれに伴うカラー色ライト
安全距離データー比較によって、カラー色ライトの360度決められたライトカメラカラー色ラインライト安全距離認識確認のダイオードカラー色ライトライン距離カメラ認識デ
ーター確認装置によって、更なる補助地下ロボット位置確認認識技術説明になり、これら複数の地下ロボット機械位置確認技術が、有ればこそ全自動CD表裏両面地下GPSデータ
カメラ焦点チェック技術とカメラダイオードカラー色確認データー比較認識技術と電波送受信距離チェック技術とカメラ物体テレポーテイション物体ストック写真データーダ
イオード写真形状認識によって、本来無理とされて来た全自動地下原子力廃棄物処理ロボット機械全自動装置の説明とする。

0026

そして、第10の課題解決手段として地下原子力廃棄物処理貯蔵室で、万が一の放射能漏れ事故を想定して、放射能全自動処理回収の再貯蔵処理までの地下ロボット機械の放射能漏
れの処理手順の説明に入る。
従って第9の解決手段まで、地下ロボット機械の全自動作動方法は、説明した通りで有り、次に原子力放射能及び廃棄物処理ロボット機械の説明に入る。
図3又は図4のロボツト機械の電力は、無害給油連続ダイナモ連続作動発電機及び水発電機など、緊急補助機械式発電機積載の連続発電される電気エネルギーによって、2連結以
モーター制御レールモーターのダブル制御モーターによって、1センチ以下の範囲まで、モーター制御出来る技術が、有ってこそ第9までの全自動認識確認装置のスピーディーな
動きが連続無休憩無給油作動出来る説明は、第10の無害無給連続発電機の電気エネルギーを使用したダブル制御モーターの存在は、これから未来の全自動制御ダブルモーター制
御技術は、必ず使用される技術紹介で有る。
コメント
2008年6月21日AM8時39分25秒本日の美馬牛深い朝どうやら冷たい空気が入りぱなしの状態で有り、風でも出てくれれば直ぐに晴れそうそんな朝美馬牛カンキチ頑張って行こ
う。

0027

そして第10の解決手段は、放射能水を水と放射能に分ける技術説明である。
図4に書かれている用に、水発電機などの無害無給油の連続発電機の電気エネルギーで全自動機械作動出来る説明は、第9で説明した通りで有る。
地下の施設で、放射能漏れの場合まず全自動室内GPSロボット機械の全自動バキュームで、放射能水を、第一放射能水処理タンクに一時保存するので有るが、低い位置に穴空き固形
水素冷却ガス官パネルに放射能水が収まる透き間の有る空間を持ち得た5重構造の穴空き固形水素冷却ガス官パネル構造の上にモーター回転式の穴空きのパネルを設置し回転さ
せる
気化水素と気化酸素は、回転してる穴を真空状態で、通過するが、放射線は、回転する穴を通らず跳ね返って下に沈む理屈になる。
この場合この回転穴空きパネルは、穴空き固形水素冷却ガス官パネルの下に付けるだけでなく、穴空き固形水素冷却ガス官パネルの間すべてに回転穴空き式の放射能返し装置
、取り付けられる構造になる。
すなわち、低い温度で放射能水は、瞬間気化と同時に穴空きパネルは、既に回転作動しているため、放射線返し装置によって放射線だけは、穴空きパネルを通らない構造の仕組みで
有る。
従って放射線から離れた気化酸素と気化水素は、放射能噴水カーテン連続分離装置かけられまだ残っていた放射線は噴水と共に第二放射能水処理タンクへ噴水シャワーと共に放
射能も落ちて溜まり、更に第二放射能水処理タンクにも、放射線返しの穴空きモーターパネルが取り付けられて有る。
更に最終の気化酸素と気化水素が、放射能の入ってない水に戻す装置は、液体マグネシウムと炭素合成の発電装置によって、気化酸素と気化水素は水に戻る事となる説明で有る。
コメント
2008年6月21日(土)AM10時35分12秒第12の解決手段まで、美馬牛郵便局ポストへ先発明証明のため、ビバスーパーのアイス領収書時間付きで、320円分の切手を貼って出す。
チエリエノブ原子力発電事故の処理が、終えて無いのは、放射能除去装置が、誰も作りえて
いないのが現状だと思える。
明日は我が身つきまり、原子力事故が、起こり大量の放射能飛散事故の対策が無い現状に対して少し対策を考えておかなければならない時代で有る。
2008年6月21日(土)AM10時58分58秒米を研いで炊飯洗い物済ませ再び挑戦

0028

そして第11の課題解決手段は、放射能の入った空気を奇麗な空気にする装置説明を始める。
その上で、図5のエアーダクト装置には、空気中の放射線を洗い流すための複数噴水カーテン装置が取り付けられており、穴空きモーター回転パネル装置が、6段階の噴水装置と共
に別れて取り付けられており、放射線の入って無い奇麗な空気だけが、エアー吸引モーター装置によって気化酸素及び気化水素吸引される。
従って、奇麗な放射能の入っていない気化酸素と気化水素は、放射能センサーの放射能有無の確認の上で穴空き固形水素冷却ガス官パネル装置の下側に気化酸素及び気化水素と
して挿入される。
この場合、後の試験結果によって、直接固形炭素及び液体マグネシウムの合成固形水素に瞬間に気化酸素と気化水素の吸収発電によって、再び奇麗な水として再利用される構造が
、放射能除去装置の概要説明になる。
また、第四放射能水処理タンクは吸引エアー一杯になり、更に複数散水装置によって、空気中の放射能を噴水シャワーカーテンで洗い流した放射能入りの水は、第10の課題解決
手段同様に一度溜められた放射能水は、穴空きモーター回転パネル及び針穴空き固形水素冷却ガス官パネルの取り付けられて入る第四放射能水処理タンクの部屋の空気をすべて
真空装置によって取り除き、この時点で、穴空きモーター回転パネルは、既に作動していて、第四放射能水処理タンクの部屋は、真空状態になるため、穴空きパネルの高速回転の一
瞬の透き間をくぐり抜けて、給水貯蓄水タンクに取り付けられて入る針穴空き固形水素パネル発電を行って、奇麗な放射能の入っていない水になる。
追加説明。
図5に使用される無害無給油連続発電機は水発電機を使用する。

0029

そして、第12の課題解決手段は全自動放射能水処理に絶対必要とされる電動仕切り弁モーター装置。

0030

そして第13の課題解決手段は図8に書かれて入る原子力発電所から生の電気が送電線に送る場合、生の電気を一度分けなければならないので有るが、電気に無理を掛けずに電気を
2分化ずつに分ける人口ダイヤ電気カット方式で有る。
ラスまたはマイナスそれぞれの電気配線口に、人口ダイヤカット口を当てて電気を人口ダイヤの刃で、2当分する技術を、人口ダイヤ電気カット方式と言う。
コメント
2008年6月21日PM14時26分51秒追加図面の為、時間がかかるどうやら曇り空で終わる様で有る美馬牛の空そして、微風大雪山は、完全に靄がかかりぱなし美馬牛カンキチ。

0031

そして、第14の課題解決手段は、図9に書かれて入る放射能線の再利用方法の説明を始める。
現在までの医療現場で、使用されて入るレントゲンカメラは、わずか微量だが、放射線を放出してレントゲン写真を取る技術が、一般化されて来ていたのが現状である。
そのため、レントゲンカメラの微量でも有るが放射線を放出飛散させない技術として人口ダイヤ筒パネルに放射線と液体シリコンの混合合成液を、人口ダイヤ筒パネルに入れて
蓋をして漏れない構造にしてから、アルミニューム板枠などで、ボルト止めした人口ダイヤ筒パネル装置説明で有る。

0032

そして、第15の課題解決手段は、図10に書かれて入る新しい原子力発電システム図で有る。 図10の説明を始める。
核燃料は、ウラン鉱石を、陶器箱に入れて電子熱で少しずつ過熱していって、核燃料臨界温度まで、核燃料ウランを過熱し続ける事で、臨界温度まで達するまで、過熱し続ける。
そのため、一度臨界温度まで、達せられた原子力核燃料ウランは、冷えずいそのためわずかな電子エネルギーを足して核融合炉の臨界温度を保つ事とする。
第二の作業は、核融合炉は、鋼鉄二重構造になってるため強制酸素を送って加圧した空気を蒸気発生鋼鉄二重構造に流して、超高温圧縮空気によって、瞬間的に高温蒸気を発生さ
せて高温蒸気は、スクリュー官を通って更に高温蒸気は、スピードを加えてタービンを回転させてタービン軸と連動なって入るダイナモ装置を、今まで以上の回転発電させる事が
出来る原子力蒸気タービン発電機で有る。
更に、復水機を持たない蒸気タービンから出る高温なお湯は、鋼鉄蒸気発生機に返り再び加圧機の高温圧縮空気によって、高温蒸気発生になり再びスクリュー官を通りタービン装
置を回して発電する。
この繰り返し発電を新しい空気加圧型スクリュー蒸気タービン発電方法で有る。

0033

そして、第16の課題解決手段は、図12に書かれて入る図は、図4と図5を大きく拡大して説明した図説明である。
図12の穴空き放射能取り除き放射能返し装置で有る。
この装置は、真空装置で、水位センサーで決められた放射能水量の水を瞬間冷却気化させ、
穴空き放射能取り除き装置は、レールモーター回転し、真空装置で瞬間気化した気化酸素と
気化水素だけが、回転中の穴空き放射能取り除き装置を通る事が出来る構造説明で有る。
上記課題解決手段16項目に於いて今まで以上の原子力発電電気量が望め、更に放射能廃棄物を減らした原子力発電方法で有り、更に原子力廃棄物の放射能の安全な使用方法を確
立した人口ダイヤ液体シリコン放射能合成筒パネル装置で有り、地下原子力廃棄物放射の漏れ事故の全自動ロボット機械放射能廃棄物処理出来るロボットによって、原子力管理
に少しでも、安全追求の説明を添える事によって、金の余りかからない原子力発電処理まで、提供出来る。

0034

そして、2011年つまり平成23年の3月上旬の東北太平洋側マグニチュード9の地震津波事故によって、福島原子力発電所の第17としての課題解決手段を、図29によって、2011年
3月27日pm13時27分から図説を始める。
福島原子力発電所の事故の問題点説明。
第一問題点
福島原子力発電所及び全国の原子力発電所は、過去の日本の原子力発電所の鋼鉄軸破損事故を、受けて原子力ミッション軸を、太くする改善によって、原子力発電施設のミッション破損は、免れたが、原子力タービン室の床板亀裂等の事故によって、濃高度の放射線水が、漏れて原子力復旧工事の人の放射線被爆事故が、報道されているのも、現状なのは、過去に放射線事故が、余り日本に無く、マグニチュード9近い地震事故例が、無い為、放射線事故パターン予測を、しないで放射線処理を、行っている事は、東京電力の過失に成り、おそらく海外の原子力事故例に、基ずく被爆対策の作業員教育は、行って無い為、被爆事故が、起こって入るのも事実な事が、明白に成る。
従って、最終的には、福島原子力発電所の放射線水を、処理する場合、原子力発電装置の核分裂原子炉室の壁に亀裂が、入ってる為、放射線水が、外に漏れているのも、現状で有り、放射線を、回収する必要性とは、東京電力以外の財産に、放射能水被害を、及ぼすと、場合によって、何拾年または何百年そして、半永久に、放射線汚染によって日本国民の財産を、放射線被害物件にしてしまう恐れが有るからなのは明白で有る。
第二問題点
福島原子力発電所が、地震の為、緊急停止して、原子炉にひびが入り、高温状態が、続く事によって、より多くの放射線が、外に出る為、原子炉を、緊急に海水等で、冷やしたが、原子等のひびが入ってる部分の修復は、外側から、溶接しても、再び地震が起こるとすぐにひび割れ状態が、更に悪化する恐れが有る2011年3月27日の事実判断に成る。
第三の問題点
停止中の原子炉内の核物質は、六か所村に、核廃棄物として、移動不可能なのは、一度核融合した核物質は、完全にさめない状態のまま半永久に続く為、別の核融合発電施設で、核融合発電を、行って、余り熱の発生しない放射線廃棄物化するまで、原子力プルトニウムを、使い切らなければ成らない事実。
第四の問題点
福島原子力発電所を、完全停止するのが、国から認可された場合、原子炉に有る核物質を、持ち運び運搬出来る大きさまで、小さくしてから、運搬したり、核廃棄物の再処理
を、フランス国に依頼して、プルサーマル使用用の核燃料に炭素固形核燃料に変えてから処理する方法が考えられる。
第四の問題点
福島原子力発電所は、6号機まで、原子力廃棄物を、冷やしているのも、現状だが、水を入れて冷やさないと、温度が上がり水分の気化水素化と気化酸素の膨張によって、放射線廃棄物自体が、危険物に成るが、放射線再処理を、行った放射線廃棄物の場合、放射線廃棄物つまり、アルフアーペーターガンマー線だけの廃棄物では、温度上昇は、余り
行わない為、青森県の六か所村でも、処理貯蔵が、可能に成る。
第五の問題点
福島原子力発電所内に、放射線廃棄物の、移動型再処理施設または、放射線廃棄物の再処理施設を、作らなければならなく成る事。
最終の図29の説明
従って、2011年の3月の福島県原子力発電所事故以外では、東京近辺の千葉県もしくは、県の原子ウラン粉末の混合合成時に発生した核融合の小さな放射線被爆事故が、有るが、日本国自体での、放射線事故は、戦前の広島原爆事故と長崎原爆事故以外無い為、本当の原子力の知識を知り得た知識人は、少ないはずで有り、放射線は、戦後、レントゲンカメラの、超微量のガンマー線放射カメラに成り、レントゲンカメラ内の強制放射線放出事実は、個人的には、確認した事が無く、レントゲンカメラの被爆事故報告
テレビマスコミ報道事実は、無いのも現状で有るが、今回の、福島県原子力発電所の事故による放射線濃度が、国の定める規定量の数千倍から数万倍と報道されている事実から、少なくても、異常で有り、被爆者は、放射線やけどの恐れが有るまでテレビマスコミ報道されている事実を、受けて図29の説明を始める。
確かに、図36と図37と図38では、放射線水からの放射線水被曝を、少なくする装置を、急遽公開する事にしたが、図29の高出力水発電機は、液体マグネシウムの水素と酸素の気化物質の融合体を、瞬間に吸収発電させて発電する技術と新2連振子型機械式発電機高出力発電回路高出力ダイナモと高出力電磁誘導発電装置と高出力熱瞬間吸収磁気
電気変換発電シートパネル装置等の世界最新の発電技術を、簡単に言えば燃料電池の循環発電型の発電機に、二つのダイナモ発電装置の電気量と燃料電池の発生する無駄な熱を電気変換させる技術と圧電素子磁石体軽水素トリチウム電子を、使った電気を、軽水素入りの圧電素子磁石体に高圧電気を通すだけで、発電する装置は、全世界が、の前の、ああだったら良いなーの夢の途中の発電技術を、複数使用する事で、世界で騒がれている無害な水素タンクに水素の補給式の燃料電池より、多い発電量が、手に入る高出力水発電機の発電機の発電量は、災害時の、ガソリン給油と軽油給油と充電池の電気充電ガスタンクガス補給と水素タンクの水素補給等が、全く必要の無い画期的な、発明財産によって、いかなる災害の場所でも、適用出来る無害無給油の無休憩の全自動発電装置が、高出力水発電機に成り、通常の水発電機は、既に、実用新案登録済の財産に成り、全自動ロボットの著作権文章と全自動自動車と全自動建設機械などは、著作権文章は、書き上がっている現状だが、今回は、誰でも、直ぐに解るリモコン装置遠隔
操作可能な濃厚度の放射線水を、現在知られているバキュームカーの改良タイプを、紹介する事に成り、高出力水発電機等の別途説明は、墫野和夫の他の特許提出文章の参考を、踏まえて簡略説明とし、簡単に言えば、燃料電池は、水素と酸素の液体マグネシウムの瞬間吸収発電時に、水だけを残す為、水を再び、真空装置等を、使って、酸素と水素の気化融合物質を作り、水素と酸素の気化融合物質を、再び、液体マグネシウム等に、瞬間吸収発電の連続発電を、可能にしたのが、水発電機で有り、水発電機の総合発電量を、燃料電池より、遥かに発電量を多くしたのが、高出力水発電機に成る。
高出力水発電機を使用した放射線水の放射線と水に分ける装置は、特許切れ遠心分離機を、改良した複数の針穴が空いた錆び止め加工した鋼鉄板加工板に閉じ込められた放射線水を、世界最高スピードの出るモーター遠心分離機回転によって、放射線水は、水素と酸素に別れて軽い水素の放射線水素と酸素に一度分けてから、濃厚度の放射線水素を、放射線水に混合する事で、濃厚度の放射線水が出来る事に成る。
従って、放射線を取り除いた酸素は、フイルターを、使用して、大気中に無害酸素を放出する事で、放射線量の多く入った放射線水素水が出来る事に成り、放射線水保管の専用容器に入れて保管する技術が、放射線水の回収技術に成り、高出力モーター及び高出力水発電機及び高出力リモコン装置には、多くの軽水素が、使われて入るのも現状で有る。
従って、放射能水の放射能と水に分ける図12の装置は、遠心分離機で回転させる放射線水が、水素と酸素に別れた遠心分離機速度中遠心分離機内に放射能返しの小さな複数の板の放射線返りによって、複数の針穴から、放射線だけを、取り除く放射線除去装置の別途構造の説明に成る。
2011年3月27日pm16時48分小休止をしてから再び書く事に成る千葉県の墫野和夫ペンネームカンキチ木白子ニャンで有る。
2011年3月27日pm17時59分から再び書き始める千葉県の墫野和夫で有る。
更に、図29の前後左右上下カメラは、原子力発電所内の上下左右前後の物体を、確認認識する為のライトカメラ装置に成り、新技術の軽水素トリチウム電子入りダイオードLEDライト使用に成る。
この他、高出力2連結以上モーターは、軽水素トリチウム電子入りの圧電素子磁石体粒子内蔵の、超軽量高出力圧電素子磁石体を、使用積載しているのも、特徴の一つで有り、
軽水素トリチウム電子入り圧電素子磁石体シートパネル複数針穴構造の軽水素トリチウム電子入りチタン酸リームシートパネルを、交互に貼り合わせた高出力圧電素子磁石体は、軽水素トリチウム電子量を、たっぷり圧電素子磁石体粒子内に、取り込んで入る為、圧電素子磁石体の圧電効果が上がった圧電素子磁石体に成り、一例として、高出力圧電素子磁石体を、電子ライターの石に使用すると、電子が発生及び飛び出す電子量が多く成り、電子レンジマグネトロンに高出力圧電素子磁石体を、使用積載した場合は、少ない電気量で、電子発生を、多くの電子量を得る事の出来る電子レンジ装置が可能に成る。
従って、高出力モーターに使用積載内臓する高出力圧電素子磁石体に、超薄型の複数針穴構造のステンレス永久磁石板を、高出力圧電素子磁石体に被せる用に貼り付けた高出力内コイル永久人工合成磁石板に、高出力銅筒官コイル配線の軽水素トリチウム電子入りの圧電素子磁石体粒子を、銅筒官コイル官の筒状の中に軽水素トリチウム電子の多く入った圧電素子磁石体粒子を、銅筒官コイル配線に内蔵したコイル配線を、永久人工合成磁石体板に高出力銅筒官コイル配線を、巻く事で、超軽量のモーター内コイル板が、出来上がり、必然的に、通常内コイル板より、軽い為、世界最高速度のモーター内コイル回転が、可能に成り、更に、電気の通り易い物質の軽水素トリチウム電子を、コイル配線と内コイル板に、積載内臓している為、電気が、通り易く成っ為、尚一層電気のモーター電気消費を、少なくしている簡単な理由で有り、世界で一番高速回転モーター技術と世界で一番のモーター消費省電気消費モーター技術を、世界で初めて可能にした事に成る。
従って、本田技研のハイブリットエンジンに積載内臓しているDCブラシレスインバータ制御モーターのコイルと永久磁石電磁石インバータ装置の圧電素子磁石体と電気配線等を、高出力技術に変えた、同じデザイン形状のモーターでは、高出力DCブラシレスインバータ制御レールモーターの方が、電気消費が少なく、世界最高速度のモーター回転を、得る事が出来る装置に成る。
この他、高出力DCブラシレスインバータ制御レールモーターの永久人工合成磁石板と高出力電磁石の厚みを、2ミリメートル以下にした電気配線付きの高出力電磁石を、積載内臓した高出力DCブラシレスインバータ制御レールモーターの場合は、2ミリメートル内のモーター微調整が、可能に成るが、モーター電磁石配線束は、必然的に太く成る。
この様に走行用高出力モーターは、高出力DCブラシレスインバータ制御レールモーターを、使用積載する事に成り、バキューム吸引用モーターは、2連結以上モーターの外コイル式を、使用した高出力モーター構造が望ましいモーター構造に成る。

0035

第18の課題解決手段として、図30の説明を、始める2011年3月27日の千葉県の墫野和夫で有り、2011年の平成23年の3月上旬の東北太平洋側のマグニチュード9の地震津波事故に因る福島県原子力発電所の高温水蒸気水素爆発と水素爆風と放射線水素爆風によって、地震によって原子炉の壁に亀裂が、入ったのは、原子炉用の地震の震度を軽減する原子炉免振装置が、日本全国の、一か所も原子炉用の免振装置の設置が、無かった事で有り、日本には、ビル免振のゴム免振は、振動を、軽減出来ず原子炉免振に適して無いのが
事実で有り、飛島建設のエアーホイストビル免振も、振動を、全て吸収出来なくて不適切の免振装置に成り、最近テレビの宣伝で、騒がれて入る複数鉄板パネルと複数強化プラスチックゴムを、複数重ねした鉄球軸の免振装置も、振動を、全て吸収出来ない為、原子炉の免振使用には、不適切に成り、今回の、2011年3月上旬の東北太平洋側福島県の地震津波事故と成り、免振装置としては、列車免振装置などが有り、古くから有る技術として、橋すなわち橋脚コロ免振装置が、有るが、重量物揺れから来る金属摩耗が、欠点の免振装置で有った為か、1999年までの、地震に於いての原子力事故としては、地震の揺れに耐えれる強度を、持った鋼鉄ミッション歯車を、一回の予測設計で、書けなかった東京電力のミスで、原子力停止事故が、起こり、今回の様な、放射線の大量流出の前に、発電し続けて、核融合物質の放射線放出熱量が治まった処で、新聞発表を、行って、改善策設計書を、国に提出する事で、乗り切ったのが、過去の原子力の日本の事故説明に成り、原子力は、一度動かして、臨界まで、達すると、核物質の熱放出が治まるまで、放射線を出し続ける為、危険物質に成っている理由の一つで有る。
対策としては、零度水より、低いマイナス振動水によって、核融合物質を、冷やし続けると核分裂が、停止する可能性は、未定より、低く成り、零度近く成った放射線物質を
二重の放射線廃棄物の固形窒素ヘリウムを混合合成したヘリウム窒素を、内蔵した放射線廃棄物処理官に放射線廃棄物を、入れた放射線廃棄物官を、永遠に冷凍庫で、にして、放射線活動を、停止させる方法が、有るが、この装置を、作った場合の、企業が、国に請求する金額が、過去の原子力むつの国の年間予算の3年分から5年分以上の、請求額に成らない用に、注意しなければ成らない。
従って、2011年3月27日付けの領収書を、貼り付けた原子力廃棄物処理の著作権簡略文章を、北海道知事宛てに出して置く事にする事と、確認の為の図面として、特許図面として公開して置く事によって、莫大な放射線流失の熱放射線プルトニウムの処理の莫大な請求額の対処を、行って置く事にする2011年3月27日pm20時58分セブンレブに向かう
千葉県の墫野和夫で有る。
外部へ放射線が、漏れない用にする対策説明
2011年3月28日am6時10分現在、放射線は、蒸気と成って、漏れ続けている理由として、福島県原子力発電所の壁が、壊れた事と、水蒸気を、回収して、原子炉水に蒸気を、戻すリサイクルシステムの故障によって、外部へ放射線が、漏れている理由に成る。
現況の対策説明
現在、福島原子力発電所の壁の破壊鉄骨破壊によって、建物自体の普及には、一度こわしてから、新たに鉄骨を、汲んで復旧する場合は、日数が、掛る事と、放射線放出量が多い場所では、冷やす作業までに成る為、最終的に、放射線を、外部に漏れない対策として、一回り大きい放射線の通らない壁を、二日程で、作り上げる技術は、木製型枠
では、日数が、掛り過ぎて、放射線の元で、作業する建築大工がいない事などが理由に成る為、一日で放射線を、防止出来る壁が必要視される。
従って、仮設用で簡単に出来て放射線を、防ぐ事の出来る壁材として仮設防護壁材として、グラスファイバー組立枠が、考えられる。
その為、ステンレス板などが、内蔵に成っているガンマー線まで、防止出来るボルト止めと繋ぎ部分は、鉄粉プラスチック溶液によって、固定する構造に成る。
注意点説明
グラスファイバー組立枠に成る為、四角枠の枠防護引っ張り金具が必要に成るが、隙間部分は、酸化鉄粒子プラスチック溶液などで、固めて固定出来る利点が有る。

0036

第19の課題解決手段として図31の説明を始める2011年3月28日月曜日am6時51分から日本国民と国の話し合いによって、原子力発電所を、続ける場合の地震事故防止対策として
原子力発電所の原子炉用の免振装置が必要に成る。
免振装置の選ば無ければ地震の揺れから来る原子炉破壊を、防ぐ事が出来ない理由に成る。
従って、日本国内には、免振装置として、ビル免振として、ゴム免振が有るが、二階建の免振装置として、一部の企業及び公共の建物に使用積載されているのも現状だが、高層ビルの免振装置には、不向きなのは、逆に揺れて大事故に成る為、10階等のコンクリートビルでも、ゴム免振が使用されない理由として、コンクリート重量で、ゴムが潰れるから免振装置の役割を、果たさないからで有る。
そして、最近テレビ放送で、免振装置として、ゴム免振の改良型として、強化ゴムパネルと鉄板パネルを、交互に貼り合わせる事でゴム免振の欠点を無くす装置に成り、東京都のはずれの埼玉県越谷市の10階程のビルに免振装置が、取り付けられているが、地下一階に、免振装置が、取りつけられて入るが、ビルが、高く成る程、地下3階以上つまり
地下5階及び地下7階等にした底に、免振装置を、取り付けてビル全体の重量を、支える免振技術と、ビル全体の横揺れを、吸収する為の免振技術が、必要に成るが、ゴムパネル分横揺れを、防げない欠点が有るが、ゴム免振より、階数を増やす事が、出来るが、高層ビルは不向きに成る。
従って、原子力施設に使用しても、全ての地震の揺れを、取れない為、使用に対しては、疑問で有る。
この他、余り使用された報道を聞かない飛島建設のエアーホイスト免振技術でも、茨城県の免振試験場で、試験をしたテレビ放映を見た事が有るが、横揺れを吸収仕切れ無いのが現状の陽で有った。
更に、橋など、古い橋に使用された三本の鉄製の円柱を使用積載内臓したコロ免振だか、ゴム免振と揺れ方が少し異成り、同じ方向に揺れるのがコロ免振だけでは全ての揺れ
を、取り除く事が出来ないのも事実に成る。
本発明の、電磁石反発コロ免振技術。
本発明のコロ電磁石反発免振装置は、鋼鉄製の円柱だけで、地震の縦揺れと横揺れを、吸収出来ない為、円柱のコロ免振部分を、永久鋼鉄磁石に変えてコロ免振の上下の鋼鉄板を、電磁石板に変えて免振装置に乗る建物は、超高層ビルまでの重量は、耐えれれる事が、出来るが、地下3階から地下5階などの、超高層ビルの地下構造を、変えなければ
成らないのが、事実で有り、鋼鉄柱などと、鋼鉄鉄筋が必要に成る。
更に、横揺れを、吸収する為に免振横揺れ吸収金属スプリングと免振支えコンクリートが、他の会社のビル免振構造に無い免振の横揺れ吸収システム装置が、地震の横揺れ対策を、している。
2011年3月29日pm21時3分本日は、ここまでで終えるが、全自動ロボットなども、2008年に既に書き上がった著作権も有るが、福島原子力発電所の、進まない原子力処理と原子力を、再復活するまでの日数と費用に対しての新しい安全な湯熱タービン発電を、紹介しなければならない事を考えている現状で有る。
2011年3月30日pm18時54分免振装置とは、ゴム免振及びエアーホイストにも、必要とされる免振は、夫で、硬い地盤床で無ければ免振装置の役目が、成され無い為、免振杭は、鋼鉄太鉄筋などが、構造には必要に成り、一度免振装置を、使用した免振床は、100年以上〜200年以上免振床が、再利用されるだけで無く建物自体が、100年以上から200年以上建て替えしない建物の構造が、必要に成り、コンクリート劣化防止パネル及び鋼鉄鉄筋などが構造に必要視されるのは、資材枯渇として、セメントなども、永遠の素材で無いのも、現状に成る。
更に、円柱鋼鉄コロ免振は、故障つまり、コロ電磁石反発免振の自家発電機電源が、途絶えた場合、最悪の場合は、円柱鋼鉄免振装置と免振横揺れ吸収金属スプリングと免振支えコンクリートによって、地震の横揺れを、幾分吸収して、鋼鉄鉄筋建てコンクリート劣化防止ビルなどの、地震防止装置を、備える事で、自家発電体制の、緊急時でも
連続無停止発電出来る、高出力水発電機及び燃料電池の循環式発電機などの緊急発電システムも、必要に成る時代は、超大型発電施設全体を、小型無給油無停止の連続作動発電機が、必要に成るのも、言うまでも無く、これを除けば、地下電気配線ケーブルネットワークに成り、あらゆる地方からの緊急電気供給配線が、必要に成る計算に成る。
従って、コロ電磁石反発免振装置が、完全に電気が、通り続けると、地震の横を揺れを、殆んど吸収して、地震の縦揺れは、免振杭によって、吸収して、コロ電磁石反発免振
装置が、100年越えそして、200年越えの鉄筋コンクリートの建物保存に、チャレンジする時代が来た事を、痛感する2011年3月上旬の福島県原子力発電所の地震事故災害の結果
を、見て痛感する他社と異なる免振先技術著作権の発明者の墫野和夫はそう考えるので有る。

0037

第20の課題解決手段として、図32の説明を始める。
図の32に伴って、北海道の泊原発を、思い出していただきたい理由として、原子炉の天上には、爆風などの、原子炉故障によって、放射線が、外に漏れ無い用に、分厚い鋼鉄製の油圧仕切り弁天上式の、原子炉格納型の原子力発電所なのは、テレビマスコミ公開によって、日本国民の多くは知って入る原子力放射線の外部流出防止システム構造の原子力発電所だが、残念な事に、免振構造の原子力発電所で無い為、非常給水装置と非常給水循環装置が、地震に強いグラスファイバー官等の水道官及び循環水の地下貯蓄水タンクなどは、付いて無い為、将来的には、日本海側に、マグマプレートが、アジア大陸及び太平洋側から、動いた場合、万が一の原子力発電所停止と原子炉亀裂事故の場合、原子炉全体の全自動確認の、ライトカメラが、複数必要に成り、非常電源も、必要に成るが、残念ながら、このままで入ると、福島県原子力発電所事故と同じ地震が来た場合
北海道の泊原子力発電所の安全神話も、崩れさるのが、事実の為、早急に対策を、行わなければ、北海道経済は、破滅を迎えて終う事に成る。
その為、天井の原子力放射線防止装置は、原子炉停止後の、原子炉冷却機能が、完全に作動しない限り、天井の放射線防止仕切り弁は、閉める事が、危険に成るのも、今回の
高温水蒸気の水素爆発事故で、今後の泊原子力発電所の天井仕切り弁の使用の有りかたを、北海道電力の社員教育に成っているのか心配に成る事実の対策を、図32に於いて説明する。
従って、図32に説明する用に、確かに、地下に造られているが、緊急用の水を、入れるのも、道路側溝を使用しても、良いが、電動仕切り弁の著作権先技術は、墫野和夫だけで有るが、手動水門及び油圧水門などの技術も、取り入れる対策と地下の井戸水を、3キロ程離れた場所から、水を引き込むパイプも、鉄官で無い、グラスファイバー官及び
プラスチックネジ官等の長い官を、海から船輸送によって、運ぶのが理想に成り、水道官のジョイントが、少ない方が、地震に強い事と、水道管の下には、水道免振杭が必要に成り、千葉県の地震事故の場合は、水道管免振杭が必要に成るのは、今後明白に成るが、工事費は、免振杭工法を、取り入れた工事費分だけ、高く付くが、地震によっての
水道官破損事故は、少なく成る。
漏電対策説明2011年3月30日pm20時55分ここまでとする千葉県の墫野和夫で有る。
過去の原子力の問題点説明
従って原子炉等以外は、海岸岩盤まで、掘削している場所は、原子力敷地内に成り、他の給水場所などは、岩盤まで、掘削に成って無い為、地盤が悪い場所では、地盤改良
材によって、地盤改良材は、コンクリートは、割れる為、無駄に成る為、ゴム溶液とプラスチック溶液と樹脂溶液の混合合成液等の注入路盤改良手段が、考えられる。
二つ目の問題点
コンクリート床の鉄筋は、ブロック網鉄筋構造の新しいタイプの床用網構造に成っているタイプは、ブロック網鉄筋接合部分は、完全溶接とボルトナット止め構造にしなければ、地震時鉄筋接合部分から亀裂が、入る事に成る為、接合部分の重視も考え方を、変えなければ成らない。
2011年3月31日am6時46分仕事の為、ここまでとする千葉県の墫野和夫。
2011年4月1日am6時24分少しだけ書く千葉県の墫野和夫。
今回の福島原子力発電所の欠点が、冷却水だけで、冷やす構造を、窒素発砲スチロールを、二重金属の本来真空構造部分の魔法瓶壁構造部分に、窒素ガス混合合成発砲スチロールパネル等の冷却パネルで有り、固形窒素入り冷却パネルなどの使用によって、給水冷却する事で、更に原子炉を、冷やす構造にしてなかったのが、今回の福島原子力発電所の冷却システムの欠点で有り、将来的には、マイナス水つまり、マイナス1度から2度の水で、冷却する方法を取るしか無いのも、今回の福島原子力発電所事故の教訓に成り
ヘリウム内蔵固形窒素固形複数穴空き冷却物質に、窒素入りプラスチックシートを、ヘリウム内蔵固形窒素固形複数穴空き冷却物質と窒素ガスを、使用した冷風機を使用した
冷却水製造装置によって、福島県原子力発電所の原子炉を、冷やす構造に成る。
2011年4月1日am6時49分仕事の為、ここまでとする千葉県の墫野和夫で有る。
2011年4月3日am8時13分休日の為、福島県原子力発電所の対策の著作権技術特許文章を、書く事で、電気代値下げを、完全に計る千葉県の墫野和夫で有る。
三っ目の問題点
現在の、排水官は、コンクリート管の場合は、地震によるコンクリート管の破壊破損は、水漏れ事故によって、地下水への放射線漏れ事故に成っており、この場合、確かに劣化防止排水管技術として、クボタ株式会社の小石粒子入りビニールプラスチック官が有るのだが、残念な事に、地震対策官で無い為、水漏れ事故に成る排水管なのは、コンクリート管と形状は、同じ官に成る為、地震による地盤沈下等によって、官口が外れる為、地震に不向きに成る。
例えば、プラスチックビニールの厚手の官の欠点が、石油ローリー事故などの、油の流出事故による地下排水官の燃焼事故防止の為に、コンクリート官にビニールを巻いた官
形状に、官口を、ネジ式に対して、官口を、ゴムパッキンを、当てて、官口の接合部分に、接着用液を、流し込んで固める事によって、地震の振動に耐える構造にした新技術官に成る。
この他、鉄官及びアルミ官に固形窒素入りグラスファイバー官を、官の内側と外側に被せた劣化防止官構造に対して、官接合部分は、ネジ式に対して、接着式ゴムカバーを取り付ける構造が今後の、放射線の地下水の流出防止対策として、考えなければ成らない事に成る。
四つ目の問題点
現在、福島原子力発電所は、発電所内の水が、放射線除去装置無しで、海に垂れ流し状態なのが、明白に成っているのは、テレビマスコミ報道事実で、明白に成り、現状の、漁業補償は、貝類保障として、東京電力が、全額賠償しなければ、日本国が、支払うのなら、資本主義企業保護主義国家に疑問を、抱くだけで無く、人権無視の裁判によって、現在、実用新案登録の水発電機などが、発電機の変わりが有る為、弱者国民全員で、国に勝てる裁判を、決行する事を、願う事と、墫野和夫は、日本国の全額者金返済と都道府県市町村区の全額借金返済の為に、無料で技術提供すると同時に海外の全ての特許に無料の特許提出だけを、切願する事に成る。
五つ目の問題点
現在、福島原子力発電所の、清掃掃除水の、海の放出を、避けた原子力発電所の清掃処理水の、汚染物質の除去装置が、必要に成り、高出力電動モーター仕切り弁を複数使用して、超大型貯水槽全体を、コロ電磁石反発高出力免振装置を貯水タンク槽全体の下に取り付けた構造と、固形窒素内蔵グラスファイバーコンクリート劣化防止枠を取り付けた金属枠防水シートパッキン使用の金属枠貯水槽の内側に、コンクリート枠壁にした錆び止めの貯水タンク槽などが、必要に成り、高出力真空装置によって、汚れた水のゴミ
だけを、取り除いた放射能水を、高出力放射能返し遠心分離機で、放射能と水を、瞬間に分けて、放射能の濃い水を、専用の金属ドラム官に全自動で濃い放射能水を専用のドラム官に詰めて、一時処理するまでが技術確立に成っていなければ成らない。
六つ目の問題点
現在、福島原子力発電所の、中の放射能測定装置が、設置されていない事と、放射能度を、テレビの文字放送で公開していない事実には、問題点ばかりに成り、例えば、新しく作る原子力発電所内の、放射能測定値のテレビ文字放送公開と原子炉の処理温度の文字放送公開と原子力廃棄物貯蔵タンク室の水温のテレビ文字放送公開が、必要に成り、インターネットで、原子炉内の映像の24時間公開によって、万が一の遅れた原子力処理対応の補助を、今後、残った原子力発電所の日本国民全体の監視管理が、必要視される。
六か所村原子力廃棄物一時管理施設の問題点
これからの、原子力廃棄物の監視管理は、国民全員管理体制が、必要に成った事は、原子力委員会などの、国の管理システムだけに、任せないで、危険状態が、国民が分かれば、インターネットを、通じて、原子力管理の是正を、直ぐに公のインターネットマスコミで、誰でも、危険個所の指摘が、出来る管理システムと東京電力の年間所得額の国民公開に成り、名前は、未公開として、東京電力の職員全体の年間所得の公開が、必要に成るのは、今後、原子力発電所に掛るお金が莫大な金額に成る為、注意しなければならない時代が来た事に成る。
七つ目の問題点
現在、放射能漏れ防止対策は、北海道の、泊原発に成り、大型の油圧仕切り扉の構造だが、原子力停止後、直ぐに閉めて、高温水ガス爆発を、起こしてからでは、意味が無く、おそらく鋼鉄製の扉自体が、曲がる恐れが有る為、万が一の水素爆発が、起こった場合の、後の処理が、簡単に出来る構造として、グラスファイバー半円球屋根などで、原子炉の屋根構造として、吹っ飛んだ場合に、原子炉の上を、取り除いて、緊急用の金属板を、被せて放射能漏れを、防止する構造にしたいのが現状で有る。

0038

第21の課題解決手段として、図33の説明に入る。
図33の、冷却水の取りいれ官の床には、冷却水官床の、免振杭の設置必要性と冷却水取り入れ官の破損防止として、長めのビニール管と長めのビニール管を、二重に止める官
は、接着式のグラスファイバーパネルを、半割部品を、二つ合わせた構造に対して、鋼鉄ポルトに、ビニールプラスチックを、被せた錆び止めポルトナットを使用した長めのビニール管の水漏れ防止対策を、行った官口処理技術に成る。
この他、管台に、強化ゴム管台を、使用して、グラスファイバー官止めキャンバなどが、使用するのは、永遠使用構造にふさわしい材質を、考慮した冷却水の取り入れ官構造に成り、コンクリート管は、地震に弱いのが、欠点なのが弱点に成る。
2011年4月3日am10時52分日本企業の豊田と本田といすゞと三菱電機日立電気とナシナル電気とソニー電気と東電気などの中国の特許提出の著作権と特許文章の著作権盗作及び不正競争の中国特許庁確認の為の中国語日本語に変えるソフトを、買いに出かける為、ここまでとする千葉県の墫野和夫で有る。
2011年4月4日pm19時19分消灯の時間まで、少し書く事にする千葉県の墫野和夫で有る。
今後、福島県原子力発電所の様な地震事故は、他の原子力発電所で起こる可能性が高い為、給水管及び排水官は、今後コンクリートを、最低でも、塩化ビニール官から固形窒素内蔵グラスファイバー官は、給水用の水を、固形窒素内蔵グラスファイバー官などの、冷却機能の有る地震に強いグラスファイバーパネル官によって、水を冷やす事が可能に成り、原子力発電所の冷却水に、適した水を提供出来る。
更に、フロンガスを、シリコン石灰に混合合成した物質に固形窒素を、弱混合合成した物質を、円柱のグラスファイバー官の二重パネル官の空間に固形合成のフロンガスを
内蔵した合成固形フロンを、内蔵したグラスファイバー二重空間構造のパネル官に合成冷却材を、入れたグラスファイバー官は冷却機能の優れた給水管と排水官構造に成る。

0039

第22の課題解決手段として、図35の説明に入る。
図35の、固形窒素入り酸化鉄プラスチック溶液枠または、超薄ステンレス板内蔵グラスファイバー枠は、現在の福島県原子力発電所の放射線のアルフアー線及びへーター線及びガンマー線を、外に逃がさない為の対策の組み立て枠に成り、超大型クレーンリモコンロボット等の遠隔操作または、全自動人型ロボットインプット式の人の音声指示補助型のロボットでなければ、長引く福島原子力発電所の放射能漏れ事故の壊れた建物全体を、組立型の放射線防止パネルによって、今回の様な放射線漏れの事故対策とするのが、良いと考えるのは、組立が、簡単で速いのが利点で有る。
テレビマスコミの案件で有る。アルミニュームシートを、被せる対策が有るが、風に煽られて切れたりする為、考える必要性有りに成り、アルミニュームシートは、小さな火災の油火災などの、消化用には効果的に成る。
従って、福島県原子力発電所を、仮に囲んでも、現在の水を、追加し続ける冷却方式では、放射能水を、増やす事に成る為、福島県原子炉の冷却方法の説明として、強制冷却
用の、クーラー窒素ガスにも、フロンガスを、固形窒素合成炭素に混合合成した複数穴空きブロックに、固形窒素とフロンガスを、混合合成した物質を、ビニールに混合合成した冷却シートを、固形窒素と炭素合成の物質にフロンガスを、混合合成した複数穴空き物質にフロンガスの大気放出防止用の固形窒素とフロンガスを、混合合成した物質を
ビニールに内蔵した冷却シートを、複数穴空き固形フロンブロックに被せて接着する事で、フロンガスを、大気に放出しない構造にして、窒素ガスを、フロンガスの代わりに
冷却ガスとして、使用する事で、クーラー用の冷却装置に成り、今回の福島県原子力発電所の冷却水と冷風を、使用する事で、これから暑くなる夏場対策としての冷却水の有り方説明に成る。
更に、フロンガスの代わりに、福島県原子力発電所用の冷却装置として、フロンガスの代わりにヘリュームガスを、使用する事で、冷却温度を下げる事が可能に成る。
例えば、福島県原子力発電所を、仮設の放射線遮断パネルで、放射線防止を可能にした次の作業は、循環水だけでは、冷却仕切れない理由として、活動中の原子力を、急停止
した為、原子力核融合物質の温度上昇停止までは、時間がかかる為、他の原子力発電所の発電用の原子炉の再利用核融合物質として、取り扱う事に成る。
2011年4月4日pm21時17分ここまでで、ペンを置く千葉県の墫野和夫で有る。
2011年4月5日am5時57分仕事の時間まで少し書く事にする千葉県の墫野和夫。
今回の、福島県原子力発電所の場合、稼働中の原子炉を、緊急停止したままの為、原子核発熱量を、下げる技術が、冷やす事と原子核を、小さく分散して、冷却容器に保存
するしか無いのが現状の為、但し、他の原子力発電所で使用する等の解決手段に成る。
従って、例えば、福島県原子力発電所を、囲む事が可能に成り、処理後は、放射線蒸気が、原子炉室内に多く発生する為、放射線蒸気を、回収する為のダクト官は、ステンレス官に、錆び止めのプラスチックシートカバーなどの対策が、施されている構造が良いと考えられ、金属枠プールは、冷却材パネル貼り付けの冷却パネル付きの金属枠プール
が、必要視されるのも現状に成る。
この他、強制冷却ガス循環の金属官は、原子炉プールに入れて放射線水を、冷やす為の冷却官は、冷蔵庫の冷凍システム配管を、長くした冷却管を、更に冷却官を保護する
二重冷却管にする事で、長い冷却管でも、冷やす事を、可能にしている構造に成り、発砲スチロールパネルとゴムパネルを、重ねた半割官を、金属バンド止め構造にする事で
外気冷気放出しない構造によって、冷却時間を、短縮している構造も特徴の一つに成り、今回の場合、冷却水の水量を、減らす対策の説明文章に成る。
2011年4月5日am6時45分仕事の為、ここまでとする千葉県の墫野和夫で有る。
2011年4月5日pm18時13分寝る時間まで、少し書く事にする千葉県の墫野和夫で有る。
このの他、将来的には、原子炉建物外壁を、二重にして、循環水を、原子炉の建物の屋根毎冷やすシステムによって、原子炉内の冷房システムの使用電源を、下げる対策として、効果が期待出来る水循環式の建物全体を冷やす事で、冷房費を節約する方法に成る。

0040

第23の課題解決手段として、図36の説明に成る。
図36の、原子炉室の足場浸水した放射線入り水から、作業員を守る為のステンレス薄パネル内蔵アルミニューム足場は、持ち運び軽量タイプ構造の滑り止め構造の足場と水中ポンプの配管取り付け口など、放射線防止の軽量足場の下には、ゴムパネルなどの装置安定設置した緊急時に使用する放射線防止装置。

0041

第24の課題解決手段として、図37の説明に成る。
図37の、放射線防護ゴム長靴は、超薄アルミニューム板と綿入りゴムとビニールゴムの三重構造のゴム長靴は、超薄ステンレス板構造のより、軽量にしているが、アルフアー線とペーター線は、防ぐ事が出来ても、ガンマー線は、防げない為、重く成る長くつしか対応出来ないのも、考え物に成りそうで有る。

0042

第25の課題解決手段として、図38の説明に入る。
現在の、福島県原子力発電所内の原子炉の作業に当たる場合、アルフアー線とベーター線は、雨合羽ガムテープで、防ぐ事が出来ても、ガンマー線の被爆量を、減らす為に
アルミニュームシートを、雨合羽に内蔵した放射線防止服などが、考えられるが重い為、世界で一番軽い木材灰入りテトロン糸に、ステンレス細糸を、木材灰入りテトロン糸に内蔵した糸で編んだ服などは、放射線のガンマー線を、弱冠防止する事を、期待した超軽量の金属糸の説明に成る。
この他、木材灰入りプラスチックビニールに超薄ステンレス板を、内蔵した雨合羽は、超軽量の金属入り雨合羽に成るが、未来は、おそらく放射線防止服を、普段から着る時代が、来るとしたら、原子力発電を、続行するとしたら、何らかの対策として、普段から気構えが大事と考えるしか無いのかとふと考えます。
この様に、放射線防止服がアルフアー線とベーター線は、防げても、ガンマー線を、完全に防ぐには、ステンレスパネルを、体に纏わなければ成らないのも事実に成る為、放射線量を、弱冠減らす事の出来る放射線防止服に成る。
従って、放射線防止服及び放射線防止雨合羽で、放射線を防げない分の対策として、水に浮く超薄アルミニュームステンレス板を、内蔵した浮遊用発泡スチロールウレタン素材のパネル板に、放射線防護板固定ヒモ付きの放射線防止板は、ペーター線被爆を減らす事を、目的とした装置に成る。

0043

第26の課題解決手段として、図34と図39の封書は、北海道知事宛てに、著作権発明日の確認と国と都道府県市町村区の全額借金返済の為の特許提出に必要な著作権発明日の特定は、郵便物受理書の公開必要性から、著作権発明日特定の証拠図面に成り、原子力発電に因る電気料金の値上げを、防ぐ装置に成る。

0044

第27の課題解決手段として、図40の北海道知事宛てに出した福島県原子力発電所の急速冷却技術を、説明した葉書に成り、マイナス一度の流動冷水を、原子炉の冷却水の循環
水を、使用する事で、原子炉の冷却水の温度を徹底的に、冷やして、最低10度管理など、現在の、放射線廃棄物の保管温度が、高い為、長い年月に渡って、放射線を、30度近くで、保管すると、微量の放射線が、漏れて蓄積するおそれが有るのは、言うまでも無いが、プラス2度からプラス10度の放射線水の管理を長年行っても、弱冠の水蒸気が発生
する事も有るのは、沸騰しない風呂水38度でも、大量の水蒸気が、発生している事に気が付かれる通り、水の蒸気化は、マイナスでも、蒸気化するが、蒸気発生量が少ない為
余り、気が付かないのが、現状で有る。
今回の、福島県原子力発電所は、緊急処置として、水を使用して、最終的に海水を、使用する事態に成り、放射線廃棄物水を、増産しても原子炉を、冷やさなければ、放射線
放出活動を、弱める事が出来ない結果、水蒸気の超高温水素爆発を、起こす事に成り、強制排出による超高温水素ガスの原子炉内の強制排出装置も無く、緊急発電装置が、燃料使用等の、緊急発電装置も、無い事に気が付くのですが、原子炉発電所の初歩の設計ミスに成り、今回の水蒸気超高温水素爆発を、他の、原子力発電所で、起こして貰いたく無い為、無害無給油の高出力水発電機及び循環式の無給油の燃料電池発電装置が、用意出来ない場合は、超小型の軽油補助タンク付きの軽油のハイブリット発電機を、本田
技研自動車工業に依頼して、緊急用のハイブリット発電機などを、緊急用として、用意する等の対策が必要に成り、燃料電池発電機などでも、緊急時用として、超小型の水素
製造装置を、設置する事で、緊急時の電気は、賄えるが、特許権使用料契約などは、必要に成るが、東京電力と異なる東京ガスの燃料電池ガス発電機が、設置されていない
のも、疑問視するしか無いのも、事実で有り、北海道知事宛てに、出した技術は、超大型冷蔵庫の冷風装置の冷却ガスのフロンガスから、ヘリュームガス転換で、冷却冷風装置が、仮に作れるが、問題なのは、冷風装置の送風口の氷の付着等に注意する事で、簡単に冷風装置が、出来る事と、大型冷房車の改良タイプを、数拾台用意するだけで、冷風装置は出来上がるのですが、原子力開発機構等の個人的考えだけに走らず、広く国民から、声を聞く事も、大事な事で有り、庶民全体の著作権保護も、必要になるが、原子力の安全を、完璧に国民全体と話し合って安全にするのが今後の課題だと言える。
最終の第27の課題解決手段説明。
国の最終決断の東京電力の原子力発電所の賠償と原子力発電所を作らない場合の説明。
従って、福島県原子力発電所の賠償によって、東京電力が潰す事を、国が決めた場合の発電装置の対策案として、本発明の新しい原子力発電所の原子炉部分を、軽水素トリチウム電子酸素水循環型の燃料電池発電機の別名の、高出力水発電機の電気エネルギーを、使用して、沸騰水のタービン発電機より、熱効率の良い軽水素酸素水を、タービン回転のスクリュー官と高出力ダイナモ新技術などで、100度より低い電気熱で、沸騰水を作る事を可能にして、通常ストレート官を、スクリュー官に変える事で、沸騰水の100度近辺の沸騰水スピードを、上げる事の出来る新技術によって、現在有る火力発電所に応用した場合、今まで以上のタービン沸騰水回転作動のダイナモの発電量を増やす事の
出来る装置に成り、今後の電気不足の対処として、循環燃料電池発電機の新技術を使った電気熱電気火力沸騰水発電所等の、発電量を、現在以上に増やす事を、可能にする事
が出来る技術が、新原子力発電技術の沸騰水に使用する水を、通常の水から、軽水素酸素水に変える新技術とストレート官を、スクリュー官に変える技術と通常ダイナモを、高出力ダイナモ新技術の、軽水素トリチウム電子入り圧電素子磁石体の別名の高出力圧電素子を、通常ダイナモの中間部分に内蔵させた高出力ダイナモの新技術によって、電気熱火力発電所が、可能な事を、大学著名者などが、原子力に変わる低コストの発電システムを、理解していただきたい事と、燃料電池の液体マグネシウムの水素と酸素の瞬間吸収物質の世界特許の発明者を、NHK及びテレビマスコミに招待して、今後の無害無給油発電装置の液体マグネシウムの特許使用料金など、公の場の公開説明をする事と
東京ガスの、水素と酸素の瞬間吸収発電物質の使用料金の公開説明を、NHKテレビとテレビ各社で行う事で、国民により安い電気を、供給出来る東京ガスの水素と酸素の瞬間吸収物質の特許使用料金の支払い説明などを、NHKテレビ局と他のテレビ局が、情報公開をする事で、より安い電気を、国民に提供する最短近道なので有る。

発明の効果

0045

上述したように本先知的所有財産の原子力発電処理管理まで、海外技術を使わないで、発電及び原子力廃棄物処理まで行えるため、安い価格の電気を提供出来る。

0046

また、地下原子力廃棄物処理全自動ロボット機械技術には、地上の全自動機械ロボットの技術利用が、かなり見込めるため、日本経済発展に大きい効果をもたらす事が明らかで
有る。

図面の簡単な説明

0047

図説電気・電子用語事典140ページ現在までの軽水形原子力発電説明図。
電子熱核燃料原石ウラン核融合臨界温度電子調整の加圧蒸気タービン発電機図説。
地下天上ライトカメラ固定GPS全自動作動放射能廃棄物処理ロボット機械説明図。
地下天上ライトカメラ固定GPS全自動作動放射能線水処理ロボット機械説明図。
地下天上ライトカメラ固定GPS全自動放射能線エアー清浄回収処理機械説明図。
電動仕切り弁説明図。
原子力廃棄物処理回収貯蔵ドラム缶装置説明図。コメント2008年6月23日昼PM12時5分39秒昼飯にする美馬牛カンキチ2008年6月23日昼PM12時59分48秒カレー仕込みを終えゴミ空き缶など片付け二日分の食料確保、大雪山も見えて来た北の空は快晴風の精で有ろう美馬牛カンキチ。
高圧電気人口ダイヤ電気カット減圧電気装置
人口ダイヤ筒パネル枠装置の放射線液体透明シリコン混合内蔵パネル説明図。
新型電子熱核燃料ウラン臨界温度電子熱調整の酸素加圧スクリュー蒸気タービン発電機の図説の説明図。
図説電気・電子用語事典140ページの軽水形原子力発電説明原本図。
穴空き放射能線取り除き放射線返し装置及び放射能線処理説明図。
北海道庁広報広聴第3ー37号の2001年5月2日~5月7日までの先発明考案先知的所有財産の原本郵便物北海道庁受理書。
2001年5月2日美馬牛市街地自宅で墫野和夫が書いてあった北海道民財産の当初、永久発電機の固形水素及び液体マグネシウムの水の電熱線気化によって、発電する構造を書いて有った説明図原本の写し図で有る。
2001年5月2日美馬牛市街地自宅で、墫野和夫が既に、現在の水発電機の永久発電機は、既に考案して有り真空装置と電熱線で水を気化酸素と気化水素に瞬間に変えてコンプレッサーの反対フアン強制エアー吸入装置と固形水素にわずかな透き間を作って、水素と酸素に瞬間的に酸素を取り出せると考えて書いた図で有るが、何処まで書いても、燃料電池発電の意味にしかならないばかりか、水の瞬間気化に対しては質量が同じため、酸素だけも、残らず発電に終わってしまった図説で有る。後の放射能線除去装置すなわち、放射線は、堅い物質に跳ね返り、水などには融合する特徴が有り、後の固形水素の中身大理石又はガラスの粉などにしなければ、すべ て再び発電してしまい水になると言う結果しか生まない事実を変える為の水の瞬間気化装置の説明図原本の写し図で有る。
2001年5月7日美馬牛市街地自宅で墫野和夫が、当初マスコミで、原子力廃棄物処理問題に対して騒いでいたで、有り国の全額借金及び都道府県市町村の全額借金を子供達または、これから生まれてくる子供達に借金全額を払わす事を、国会議員が、テレビ画面上で発言したため、放射能貯蓄そして、保存そして、再利用の決まって無い頃、原子力廃棄物の処理貯蓄に対して説明文書図の北海道庁保管の先発明先考案の先知的所有財産の原子力廃棄物処理保管技術を説明した文章図写し図で有る。
2001年5月7日美馬牛市街地自宅で墫野和夫が、原子力廃棄物缶に対して錆びない構造のアルミニューム合金製の説明で有り、地震による原子力廃棄物缶の対策として、アルミニューム布で巻いたりして、クッションの役目など、ロボット機械既に全自動ロボットを導入予定で有った事の説明文章図の写し図で有る。
2001年5月7日美馬牛市街地自宅で墫野和夫が、原子力廃棄物缶の取り扱い処理説明に対してカニ型ロボット機械などロボット機械を修理するロボットシステムなどの先考案設定して有り、強制放射能洗浄装置、水で洗い流して別の地下などの放射能線水の仮の貯蓄水槽に溜めて処理する予定の放射能線強制洗浄6段階装置などの使用予定を書いた文章図で有り、24時間モニター監視システム故障に対応する部品交換全自動ロボットリモコンロボットなどの予定して有った先考案説明文書図で有る。
2001年5月7日美馬牛市街地自宅で墫野和夫が、原子力廃棄物缶を貯蔵再利用するため保管する地下の地層地盤説明、税金説明、テロロボット機械侵入防止対策のトンネル構造と金属は、鋼鉄使用で行う事などの地下原子力廃棄物の貯蔵管理説明の文章図の写し図で有る。
2002年9月26日北海道庁広報広聴第3ー183号で有り2002年9月24日などの圧電素子4電子磁気分割電気を使用した核燃料ウラン電子熱臨界温度発電方法などの先発明先考案及び先知的所有財産の郵便物受理書。
2002年9月24日木県真岡市下高間木でウラン鉱石から電子熱臨界温度電子熱調整技術を使用して発電する方法の説明文章図で有る。
2002年9月24日栃木県真岡市下高間木で、放射能水を、水と放射線に分ける技術を説明した文章説明図で有る。
平成15年1月6日岩手県胡四王簡易郵便局から墫野和夫の先知的所有財産の確認の為に東京都日本消費者連合殿へ送ったゆうパック領収書。
平成15年1月6日岩手県胡四王簡易郵便局から墫野和夫の先知的所有財産の確認の為に東京都NHKふれあいセンーター殿へ送ったゆうパック領収書。
平成15年1月6日岩手県胡四王簡易郵便局から墫野和夫の先知的所有財産の確認の為にアムネスティインターナショナル支部殿へ先知的所有財産を送ったゆうパック領収書。
平成15年1月6日岩手県胡四王簡易郵便局から墫野和夫の先知的所有財産の確認の為に東京都日本共産党委員会志位和夫殿へ先知的所有財産を送ったゆうパック領収書
平成15年3月末日岩手県胡四王簡易郵便局から墫野和夫の先知的所有財産の確認の為に東京都社民党本部土井高子殿へ先知的所有財産を送ったゆうパック領収書
平成16年1月4日旭川市中央郵便局から墫野和夫の先知的所有財産の確認の為に東京都民主党本部民主党党首殿へ先知的所有財産を送ったゆうパック領収書。
平成23年3月上旬に起きた東北太平洋側のマグニチュード9の地震津波災害によって、福島原子力発電所の崩壊によって、放射線水の未処理水を、逸早く処理する為の高出力技術を、積載内臓した原子力放射線水を、瞬間にドラム官処理する為の、放射線水を、処理する為の高出力遠心分離機を積載内臓した概略説明図。
平成23年3月上旬に起きた東北太平洋側のマグニチュード9の地震津波災害によって、福島原子力発電所の崩壊によって、原子力発電所内の放射線を、原子力施設内に一時的に、閉じ込める装置として、人手と手間を、少なくする事で、放射線被爆事故を、防ぐ事を目的とした仮設防護グラスファイバー組立枠と酸化鉄入りプラスチック溶液を、放射線パネル構造にした組立式放射線防護枠の説明図。
平成23年3月上旬に起きた東北太平洋側のマグニチュード9の地震津波災害によって、福島原子力発電所の崩壊によって、原子力発電所内の地盤亀裂によって、放射線水の流失事故を、二度と無くす為の、原子力施設それぞれに、世界初の、施設全体を、電磁石反発機能によって、施設全体を、浮かす技術を、説明したコロ電磁石反発免振技術の免振杭を含めた説明図。
平成23年3月上旬に起きた東北太平洋側のマグニチュード9の地震津波災害によって、福島原子力発電所の崩壊事実を、受けた対策処置例の、原子力発電所の爆破事故対応した地面より低い位置に、原子力発電所自体を、設置して、原子力発電所の緊急冷却装置官と放射線施設を、守るコロ電磁石反発免振装置と地盤改良材の投入構図と万が一爆風によって、飛び散った天上の仮修復の、緊急時鉛板クレーン吊用のロボットクレーンの投入構図等の、放射線を、極力外に出さない為の処置を説明した図。
平成23年3月上旬に起きた東北太平洋側のマグニチュード9の地震津波災害によって、福島原子力発電所の崩壊事実を、受けた対策処置例の原子力施設を、冷やす為の給水管及び排水官を、地震から守る為の配管防護処置例を説明した概略図。
平成23年3月25日テレビマスコミと国の原子力機関の事故対応の遅さによって、被害拡大を懸念して、北海道知事に著作権先技術発明説明図として、北海道知事に確認して戴く事によって、他の者からの、莫大な特許料金請求と莫大な著作権料を、東京電力に請求する事で、電気料金の大幅アップを、防ぐ為の対策図を、北海道知事に提出した時の証拠の送付封筒の写し図。
平成23年3月上旬に起きた東北太平洋側のマグニチュード9の地震津波災害によって、福島原子力発電所の崩壊事故を、受けた対策処置例の中の高濃度放射線水を、放射線処理ドラムに入れて保管する前の高濃度放射線を、処理する為の処理を説明した図。
平成23年3月上旬に起きた東北太平洋側のマグニチュード9の地震津波災害によって、福島原子力発電所の崩壊事故によって、放射線被爆事故を、少なくする為の、放射線水のカバー金属足場の構造説明図で、有り、高濃度の放射線水から、人を守る為の、最低限の処理処置を、説明した図。
平成23年3月上旬に起きた東北太平洋側のマグニチュード9の地震津波災害によって、福島原子力発電所の崩壊事故によって、放射線被爆事故を、少なくする為の、放射線カバーを弱冠取り入れた軽量を重視した超薄アルミニューム板と綿入りゴムとビニールゴムを、構造とした放射線被爆防護服の、装置の構造説明図。
平成23年3月上旬に起きた東北太平洋側のマグニチュード9の地震津波災害によって、福島原子力発電所の崩壊事故によって、放射線被爆事故を、少なくする為の、放射線水から、幾分、放射線を浴びる事を少なくする為の放射線水に浮く放射線防護板の構造説明図。
平成23年3月上旬に起きた東北太平洋側のマグニチュード9の地震津波災害によって、原子力発電所の復旧作業に携わる人の放射線被爆を少なくする為の装置を書いた著作権先技術説明図を、北海道知事に送付した封筒の写し図で有り、特許料金と著作権料金が、莫大な金額に成らない用に対策した著作権説明図の送付封筒の写し図。
処理平成23年3月上旬に起きた東北太平洋側のマグニチュード9の地震津波災害によって、福島原子力発電所の放射線核融合物質を、永遠にする有一の冷却方法の手段の簡略文章にした著作権文章を、北海道知事に連絡した時の葉書著作権文書
平成23年3月上旬に起きた東北太平洋側のマグニチュード9の地震津波災害によって、福島原子力発電所の電源火災を、防ぐ方法を説明した北海道知事送付の葉書説明証拠図。
国会で、東京電力を潰す事と原子力発電所の追加建設を、取りやめた場合の、追加発電物質資源の一切必要としない電気電子熱火力発電所の構造説明図。
2011年4月9日北海道知事へ国の全額借金返済と都道府県市町村区の全額借金返済の為に考えた電気電子熱火力蒸気タービンW発電装置の図面を、北海道知事に送付した時の事実証明証拠図。

実施例

0048

以下、本発明の試作実施の形態を図1~図12に基ずいて説明する。

0049

図1に於いての説明は、図説・電気・電子用語事典・発行所・実教出版株式会社のP140の軽水形
原子力発電図を模写した図で有る。

0050

図2に於いて電子熱で核燃料原石等をゆっくり暖めて、臨海温度まで持って行く技術は、2002年9月24日栃木県真岡市下高間木で、先知的所有財産として先発明考案された原子力発
電方法の原子力廃棄物が、少なくて済む原子力発電方法で有る。
そして、2002年9月26日の北海道庁広報広聴第3ー183号は、北海道民財産の郵便物受理証明書で有る。
図2の(1)は、電子発生放射装置で有り、(2)は、核燃料原石で有り(3)は、二重冷却水加圧層装置で有り、その他は全て図1と同じで有る。

0051

図3に書かれて入る放射能廃棄物の地下室GPS全自動放射能廃棄物アルミニューム亜鉛合金官の処理ロボット機械構造説明を始める。 そして、(15)は、無害無給油連続作動発電機の水発電機で有り(9)チユーブなしゴムタイヤをダブル制御モーターの2連結以上モーターとレールモーターを一つのモーター軸ダブ
制御駆動出来るモーターを使用しているのも特徴で有る。
更に、図3の原子力廃棄物官処理ロボット機械は、油圧を一切使わずレールモーター電気ホイストを使用しているのが特徴でも有る。
従って、(6)レールモーター第一ホイストで有り、(7)レールモーター第二ホイストで有り(8)は、レールモーター第三ホイストで有り、これらホイストは、複数電磁石連続磁極切り
替え装置インバーター磁極切り替え装置によって、作動制御電気ホイスト装置で有り、走行モーター及びレールモーターホイストは、油圧機器制御と異なり1センチ以下のモー
ター制御も可能で有る。
コメント2008年6月21日PM21時5分34秒からビデオ休憩と野菜炒め混ぜ御飯美馬牛墫野
更に、放射能廃棄物の地下GPS全自動放射能廃棄物官処理ロボットと放射能飛散回収処理ロボット機械のセンサー説明を始める。
図3の原子力廃棄物処理ロボット機械は、(4)官滑り止め装置に(70)の金属センサー超小型カメラは、金属センサー確認とカラー色ダイオード色確認認識が出来るカメラ確認認識
出来る装置で有り、(84)は天井固定GPSライトカメラ装置で有り地上のGPSの考え方で、地下固定スロー電波発信受信装置によって、原子力廃棄物処理ロボット機械装置及び原子力
放射能飛散回収処理ロボット機械の地下GPS地図によって位置確認認識が、(84)の天井固定GPSライトカメラ装置によって原子力廃棄物処理ロボット及び原子力廃棄物放射能処理
ロボット機械の電波地図位置確認認識が出来る装置で有る。
この他、カラー色ライトライン装置は、カラー色のライト光をロボット機械の周囲から地下室の壁に向かってカラー色ライトライン光を放つ事によって、カラー色ライト光の距離
で、地下室のロボット機械それぞれの位置を壁から幾らの距離なのかを、カメラライトライン色の距離によって壁からの距離位置を、全自動カメラ距離計算出来るカメラダイオ
ドカラー色ライン光認識確認カメラ装置で有る。
更に地下地図を備えたロボット機械が更にスピーディーに動くために電波センサーと電波の跳ね返りを受信して機械位置を壁から幾らの距離で有るか全自動電波センサー跳ね
返り電波受信読み取りで、壁など障害物に当たらずに走行出来る原子力廃棄物ドラム官処理ロボット機械と原子力廃棄物飛散放射能回収処理ロボット機械で有り、テレーポーテ
イションカメラ物体及び人及び動物のカメラ画像形状認識確認全自動作動が出来るカメラ技術によって、地下室の物体のカメラ画像形状データーを、全てデーター入力しておく
事で、物体の確認認識までもが、出来て地上の非常事態連絡に対しては緊急連絡を全自動で行うライトカメラ装置で有る。
更に地下原子力廃棄物処理ロボット機械それぞれは、地上から地下のライトカメラと無線リモコン装置によって、リモコン操作も出来る原子力廃棄物処理ロボツト及び原子力廃
棄物放射能処理ロボット機械全自動作動説明で有る。
最後に地下地図をデーター入力再生するのは、表裏両面のCD装置で有り、モーターは、超小型レールモーターを使用して、省電気エネルギー消費装置圧電素子4電子磁気分割装置
を採用しているのも、特徴の一つで有る。

0052

図4及び図12の飛散放射能水回収及び放射能全自動分別装置説明を始める。
図4の放射能処理ロボット説明は、レールモーター第四ホイストは、ライトカメラ全自動確認認識装置によって、放射能廃棄物を水で洗い流し地下用水路タンクに集められた放射
能水を(78)の放射能バキューム装置で、放射能水を吸い取り(32)の第一放射能水処理タンクへ(79)の水位センサーが、満水を示すと(27)電動仕切り弁装置をシステム全自動で閉
め更に(78)放射能バキューム装置を止め(76)穴空き放射能取り除き放射能線返し装置それぞれの(74)レールモーター装置を作動させ更に(24)真空装置を作動させる事によって、
(32)第一放射能水処理タンクの空気ゼロまで、空気を抜く事で、放射能水は、瞬間気化すると同時に瞬間気化した物質を(21)放射能気化水物質の水複数シャワーカーテンによって
、更に(68)の放射能センサーによって、(21)の放射能気化物質の水複数シャワーカーテン装置が作動する構造になって入る。
従って、(76)の穴空き放射能取り除き放射能線返し装置の説明は、針の穴程のアルミニューム円形状の板に複数穴が空いて入る装置は、モーター高速回転し(24)真空装置の吸引モ
ーター力で、低温の放射能水つまり、(73)の穴空き固形水素冷却ガス官パネルによって、放射能水を低温の状態にしなければならない理由は、低温状態ならば、放射能の活動が、ゆ
っくりしている為の理由によって、(73)穴空き固形水素冷却ガス官パネルは、(57)の冷却冷蔵装置によって、(32)の第一放射能水処理タンクを常時0度~マイナス1度に保つ説明は、
原子力廃棄物の放射能線の動きを止める為である。
更に、(24)真空装置によって、(32)の第一放射能水処理タンクの空気を全て抜く作業によって、既に回り続けて入る(76)の穴空き放射能線取り除き放射線返し装置に気化した酸素
と水素だけをくぐり抜かせる為の(76)穴空き放射能線取り除き放射能線返し装置で有る。
コメント
2008年6月22日(日)AM8時55分45秒美馬牛市街地晴れ間が出て来て入る大雪山は、曇りこれから曇り空は、取れて来る今日も自衛隊演習ここまで、振動波磁波衝撃の圧電マグマ磁
波そして北海道らしい朝でも有る。北有建機の仕事は、もうない恐らく9月~10月まで、仕事がないのも現状で有る。
コメント
2008年6月22日(日)昼PM12時3分53秒昼飯にする美馬牛市街地晴れで有る。
2008年6月22日(日)昼PM12時35分8秒大雪山白い雲そして晴れ北は、雲がない美馬牛カンキチ
図4の補助説明拡大図12の、(76)の穴空き放射能取り除き放射線返し装置及び(75)穴空き固形水素冷却ガス官パネル止め金装置は、放射線の動きを冷却する事で、酸素と水素の空
気の流れを押さえ更に、放射線自体の動きを押さえる事で、(76)の穴空き放射能取り除き放射線返し装置によって、酸素密度及び水素密度及び放射線密度は、知り得ている知識で
は、酸素密度及び水素密度より、放射線密度が、大きいと予測されるため、(74)レールモーターで、
超高速回転で(76)の穴空き放射能線取り除き放射能線返し装置の穴からは、酸素と水素が、
出てくる事が、予測されまた、一番最初の穴空き固形水素冷却ガス官パネルに放射能線が止まる計算になる。
放射線は、固い物体には跳ね返る性質が有り、逆に液体及び気体には融合する性質が有る
そのため、穴空き固形水素の場合は、固形水素の中身は、炭素などの、放射能線が通らないフイルターガラスの粉と炭素粉合成フイルターまたは、大理石の粉フイルター又は原子力
廃棄物のウラン物質を取り除いたただの石くずなどの固形水素つまり、液体マグネシウムと炭素合成の長方形物質の中央に入れる物質説明が、放射線を通さない固い粉状の物質
であり、水に濡れても大丈夫で有り、水に濡れても縮まない固い粉の物質で有る事である。
その上で、空気を通す物質でなければならない。
そのため、穴空き固形水素は、無数の針穴が空いたアルミニュームパネルの上に炭素と液体マグネシウム合成の複数の針穴が空いた正方形物質パネルで有り、中央は、放射線を跳
ね返す粉物質例えば大理石の粉又はガラスの粉などを入れて上蓋は、大理石粉及びガラス粉がこぼれたりしない金属網で蓋をした空気だけを通す事を目的とした穴空き固形水素
冷却ガス官パネル説明で有る。
上記説明の続き説明。
放射能センサーでまだ放射能線が混ざってる気化酸素及び水素は、(63)の第二放射能線水処理タンクの上に取り付けられている(21)の放射能線連続水分別機によって酸素と水素
融合の空気中の放射能線を洗い流す機械システムだが、放射能線センサーが反応しない場合は、(33)の第三放射能線処理タンクへ(64)の穴空き固形水素固形液体マグネシウム発
電装置によって再利用の水になる原子力廃棄物放射能線取り除き回収処理装置の放射能線の処理方法説明である。
従って、濃度の高レベル放射能は別のドラム官または図9の放射能線液体シリコンの人口ダイヤ筒パネル化する事としてる。
コメント
2008年6月22日PM13時56分28秒久々に風呂に入る美馬牛カンキチで有る。
2008年6月22日PM14時36分54秒風呂入り美馬牛晴れの日の知的所有財産書き美馬牛カンキチ

0053

図5の説明に入る。
図5の放射能センサー反応によって(44)水発電機3は放射能センサー作動して(37)放射能エアー吸収モーター(36)複数放射能エアー清浄噴水装置の水補給の為の(42)の給水ポン
プ1
及び(57)の冷却装置2が、作動して(35)の電動仕切り弁6を作動させて、更に(38)の電動仕切り弁4を開き更に(39)の電動仕切り弁5を開き(67)の第四放射能線水処理タンクの(58)
水位センサーの反応によって図12の(76)の穴空き放射能取り除き放射能線返し装置を(74)レールモーターによって作動回転させ更に(73)の穴空き固形水素冷却ガス官パネルを
作動させて、(69)の放射能センサーによって、放射能反応が有るまで、放射能線水から、水だけを取り出す事を続ける装置で有り、(69)の放射能センサーが濃度の濃い放射能線水値
を示した時点で、放射能線水の別容器に全自動で保管される放射能線水の全自動処理で有る。
そして、放射能の入ってない気化酸素と気化水素融合体は、(65)の真空装置作動と(66)の穴空き固形水素固形液体マグネシウム装置に瞬間吸収発電され、放射能線の入ってない水
だけが残る。
そして、この水は、(36)の複数放射能線エアー清浄噴水装置の水として全自動使用される。
更に、放射能線の濃い水の放射能は、放射能濃度を一定調整して、図9の(60)人口ダイヤ筒パネルの中に入れる弱放射能線混合液体シリコンパネル材に放射能線再利用として、使用
する事を目的としている。
コメント
2008年6月22日PM15時59分33秒競馬テレビ10分程見る美馬牛市街地少し風が出て来ている。
今日こそは、原子力廃棄物処理再利用を書き終えなければならない。

0054

図6の説明に入る。
図6の説明として、小さなモーター電動仕切り弁装置で有り、(45)は、電動仕切り弁モーター1そして、(47)は電動仕切り弁の弁装置で有り、(46)は電動仕切り弁カバー装置で有る。
従って、この(45,46,47,)の電動仕切り弁装置は、図3及び図4及び図5及び図12の原子力廃棄物の放射能線水の処理機械の全自動システムを可能にするための大事な小さなモータ
ー電動仕切り弁装置(45,46,47,)で有る。
更に、図10の最新の技術を入れた原子力発電の電子熱制御酸素加圧蒸気スクリュータービン連続圧電素子内蔵ダイナモ連続回転動発電機の酸素加圧圧力温度調整の(45,46,47,
)の電動仕切り弁装置使用並びに、タービンを回した後の復水器を使用しないで蒸気発生機に戻す場合の蒸気戻り超小型ダイナモ発電は、復水器の変わりの蒸気スピードを抑え
る為の、蒸気戻り官超小型官プロペラ軸発電方法の紹介でも有る。
ただし、官自体は、二重構造として、緊急冷却の場合は冷却空気で、冷やしてから水で冷やす方法を取る。
理由は、蒸気官は鋼鉄官でも、常時水又は蒸気が通る事で、摩耗劣化するため、通常は、内部の蒸気官保護二重構造官としている。

0055

図7の説明に入る。
図7の説明として、(49)原子力廃棄物ドラム缶説明で有る。
現在使用されている原子力廃棄物缶は、鉄製の為錆び安く原子力廃棄物自体が水分を多く含むため、原子炉廃棄物処理施設換気を良くしてても、原子力廃棄物缶の内側から錆び
て原子力廃棄物漏れ事故になるのは、原子力廃棄物缶を変えない限り必ず水分の多い原子力廃棄物の内側から錆びる結果は言うまでもなく鉄は錆びるの答えで有る。
鉄にする場合は、鋼鉄板ドラム缶ならば重い変わりに幾らか錆びるのが長引く、この場合
錆び止め材を原子力廃棄物に入れる方法を取れば、原子力廃棄物は更に増える結果になる。
そのため、先知的所有財産のアルミニューム亜鉛合金の少し厚めのドラム缶使用が望ましく、原子力廃棄物缶の処理専用のロボット機械も必要視されるのは明らかである。
コメント
2008年6月22日PM16時55分31秒風呂の残り湯でつけ洗い洗濯美馬牛市街地晴れ大雪山薄曇り風は強しどうやら北からへ吹いてる様子で有る。残り説明書き続ける美馬牛カンキ

図7の続けての説明に入る。
すなわち、鉄のドラム缶の放射能廃棄物使用は、長く使用すると危険な状態になるため、避けなければならない。
そのため、原子力放射能線廃棄物は、図7に掲げるアルミニューム亜鉛の合金板を使用した(49)の原子力廃棄物ドラム缶または、アルミニューム亜鉛鉄の三種類合金板のドラム缶
使用が、望ましく考えられる。
そのため、(49)の原子力廃棄物ドラム官は、中央が細いドラム缶構造にして、図3の(5)缶挟み装置付きのロボット機械などが(49)原子力廃棄物ドラム缶などを挟んだ時に(49)の原
子力廃棄物ドラム缶が、破損しないように(51)のアルミニューム補強クッションアルミニューム接着テープを巻く事によって(49)の原子力廃棄物ドラム缶に直接の衝撃波を避け
るための工夫で有る。
そのため、(49)の原子力廃棄物ドラム缶の底の衝撃を抑える為に、(59)衝撃吸収ゴムナット蓋装置によって地震などの振れ対応を行うそのため上ぶたも(59)の衝撃吸収ゴムナッ
ト蓋装置が取り付く。
この場合、ゴム蓋劣化防止のため強化プラスチック固形窒素ゴムなど又はケイ素及びヨウ素及びフッ素及びホウ素の燃えない建材ペーパーを(59)の衝撃吸収ゴムナット蓋装置に
接着する事で、(59)の衝撃吸収ゴムナット蓋を燃えずらい構造にしなければならないのは、テロ対策の一つと言える。
更に、(49)の原子力廃棄物ドラム缶の地震の揺れ又は振れによっての(49)の原子力廃棄物ドラム缶の転倒防止の為に(50)の非常のロボット機械吊り金具装置で有り、地震揺れ
策または振れ対策の為に壁に設けた取り付け金具に(50)のロボット機械吊り金具装置一つ一つを固定して置く事で、地震による転倒防止策としている点で有る。
更に、(49)の原子力廃棄物ドラム缶に、原子力廃棄物を入れる場合蓋を少し大きくして有る。更に補助的の小さなナット蓋が、二つ(48)の蓋に取り付く構造で有り、蓋が三つ取り付
く構造になる。
理由は、作業効率時間短縮で有る。
更に、作業をしやすくする事を目的としている。

0056

図8の説明を始める。
図8では、原子力発電所及び水力発電所の高圧電気を減圧する場合、電気抵抗を掛けずに高圧電気を下げるために、人口ダイヤつまり、ガラス炭素の超高圧圧縮技術による人口ダイ
ヤを図8のように先を刃の用にとがらかせた人口ダイヤ絶縁体を使用してプラス電気及びマイナス電気のプラスならプラス一本の配線の2等分に位置する部分に人口ダイヤカッ
ト刃を当ててプラスならプラス電気配線のプラス電気2等分化をする装置で有る。
従って、マイナス電気に対しても同じで有る。
注意事項説明。
使用に当たって、注意しなければならない点は、発電する電気送電量を一定にしなければならないそのため、一定量発電方法が、確立した場合のみ、つまりタービン軸と圧電素子内
蔵のダイナモ装置に大型のレールモーターを取り付けてダイナモの回転作動数を一定に維持した場合の発電方法では、発電される電気量が一定の為、他の発電量が、一定されない
、発電システムでは、ダイナモモーター補助発電を行い一定電圧にする方法なども有る。
電気の発電方法が、改善されるならば、電気抵抗器を使わない電気量分割が可能になる。
コメント
2008年6月22日PM18時58分どうしても、高圧電気の解けない圧電素子体への挑戦として、あらかじめ鋼鉄永久磁石板または、蓋付きの別々の鋼鉄永久磁石蓋付き箱磁石を容易して
圧電素子磁石を入れて蓋をして更に高圧縮掛けた鋼鉄圧電素子永久磁石が、高圧電気に耐えれる場合使用する事して、現在圧電素子に変わる電気抵抗取り除き装置思案中で有る。
対策として、高圧電気を、人口ダイヤ電気カットで、100ボルトまで、電気カットし続けここで、圧電素子電子磁気4分割装置を使用して、電気抵抗を取り除いた複数の電気を束にし
て改めて送電する方法で有り、電気抵抗電気は、軽水素ダイオード熱電気再発電装置によって、再び熱電気の再利用化になる。
この方法で、電気送電した場合は、放電する電気が少なくなるため、電気エネルギーの無駄のない使用方法だが、広い地下施設などが必要視される。

0057

図9の説明を始める。
図9は、(60)は人口ダイヤ筒パネル図で有る。
現在、原子力廃棄物が処理しきれない現状を踏まえて、原子力廃棄物の放射線の安全で子供でも使用出来る弱放射線の再利用方法の説明をする。
図8の(60)の人口ダイヤ筒パネルに入れる透明液体シリコンと弱放射線を混合させた透明な液体を(60)の人口ダイヤ筒パネルの中に入れて蓋をした後(61)のアルミニューム枠な
どで、ボルト止めする構造で有る。
此のほか、(60)の人口ダイヤ筒パネルに透明液体シリコンと原子力廃棄物の放射線とを混合させた液体シリコン混合放射線を(60)の人口ダイヤ筒パネルに入れ蓋をした後プラス
チック溶着を行う手段が考えられる図8の(60)の人口ダイヤ筒パネル液体シリコン微量放射線パネル構造説明で有る。
コメント
2008年6月22日PM20時16分20秒図10と図11と図12の説明を残すばかり、夕食を軽く食べて今日中に終わらせる新しい原子力発電方法の説明と原子力廃棄物処理貯蔵と再利用方法
を本日中に美馬牛カンキチが書き終わらせる頑張るべし。美馬牛墫野
コメント
2008年6月22日PM21時15分51秒最後の図面補修補正番号入れ何とか後2時間30分で終わらせる美馬牛カンキチ墫野。

0058

図10の説明を始める。
図10は、新しい原子力電子熱酸素加圧蒸気タービンの圧電素子内蔵ダイナモ発電の番号による説明を始める。
図10の(2)核燃料または核燃料原石ウランを直接ゆっくりと(1)電子発生放射機装置で、(2)
核燃料ウランを核融合臨海温度まで、電子熱を与え続けて(2)核燃料ウランコロナ状態にするため、(2)核燃料ウランの受け皿は、厚手の陶器箱に入れて(1)の電子発生放射機装置
によって、ゆっくり暖め続けられて臨海温度まで、もって行く、此の場合(1)の原子炉は、二重及び三重構造になり、厚手の陶器箱の下は石炭灰などの一度燃えた灰などが、耐熱とし
て入れられている。
更に、(3)の原子炉の熱を使用する為に(3)鋼鉄の箱型原子炉は、高熱圧縮酸素を作るために
(3)の鋼鉄原子炉は、高温圧縮酸素が、循環出来る(3)原子炉構造で有りもう一つの構造つまり三重目になる空間は、石炭灰などが、ぎっしり詰まってる構造になっている。
更に、緊急的に(3)の原子炉を冷やす場合は、(3)の原子炉の回りをコンクリートなどの水を入れる事の出来る水槽型にしてある構造で有る。
おそらく、水を入れて冷やす事は、最後までないと考える。 更に、(3)の原子炉の中の放射能は、水を入れて別タンクで処理する方法と、真空にして
中の空気放射線を抜き取り、原子力灰をバキューム回収する技術で有る。
この場合、再び(1)原子炉装置は、再び使用出来て、地震などでも、放射能漏れが過去の原子力より安全なのは明白で有る。
次に、(85)の加圧器の説明に入る。
今までの加圧器は、水蒸気スプリング加圧器で有る。
そのため、臨海温度まで、水蒸気を熱すると水素のプルトニュームも、実際上臨海温度に達するため、微量の放射能が出る。
そのため、水蒸気加圧は、臨海温度まで行かない温度設定で有る。
そして、発行所実教出版株式会社図説電気・電子用語事典の図解では、図1と図2に有るように(97)の冷却材ポンプと書かれているため、(96)の蒸気発生器つまり、(85)の加圧器は、
別名名前をつけるとすれば、高温スプリング加圧機になるため、(96)の冷えた水に(85)の超高温の圧縮蒸気を水に入れる時莫大な蒸気風が発生する。
つまりこの時、(85)の超高圧高温の蒸気は、冷えた水とぶつかり会う事で、蒸気風エネルギーが発生する。
しからば、(85)の高温酸素スプリング圧縮によって加圧された高温酸素は、スプリングスイッチによって、(86)の電動仕切り弁Aを開き(96)の蒸気発生器の水と(85)の超高温圧縮
酸素とぶつかり合って、水蒸気風を起こして(87)電動仕切り弁を開き(88)スクリュー官装置Aつまり、今まで以上の原子力発電の電気発電量を上げる第一工夫は、スクリュー官で
有る。
(89)の蒸気風に更にスピードを付ける為に、蒸気に回転エネルギーを与える為に、(88)蒸気
スクリュー官Aそして、(90)スクリュー官装置Bなどを(89)の蒸気を通す事で、蒸気は、更にスピードを増して(93)のタービンを回して(94)のタービン軸によって第二の発電量アッ
プ技術の圧電素子内蔵ダイナモを高速回転させて発電する方法で有る。
更に、復水器を使用しないで、(91,92,95,)の電動仕切り弁C,D,E,を使用して再び(96)の蒸気発生器に持って行くまでは、超小型官内蔵羽回転ダイナモ発電を行ってから(96)の蒸
気発生装置に(89)の蒸気を持って行く構造説明だが、蒸気発生しずらいと言うならば復水器を使用した発電方法に変える事も可能である。
コメント
2008年6月22日(日)PM22時44分49秒正直言って原子力発電だけは、絶対に書きたくなかったのが心情なのです。正直言ってだいっ嫌いなのです。所が、その原子力発電で、この先子
供達の国政生活権と都道府県市町村生活権が、お金と言う生活の財源から脅かされる事態だから、子供達に水発電機などの無害無給油連続作動発電機と一緒に理解していただき
たく新しくて今まで以上の発電力アップの原子力と原子力廃棄物の少なくてコストが安く済む原子力を書いて見ました参考に一度読んで未来を考えて見て下さい。

0059

図10に於いての説明を続ける。
図10の原子力発電機の一つ目の改善策の特徴は圧縮高温酸素を使用している事。
次に、二つ目の改善策は今まで以上の(89)の蒸気スピードを上げるために(88,90,)のスクリュー官使用で有り短い距離で、蒸気スピードを上げる方法がこのスクリュー蒸気回転
方法で有る。
三つ目の改善策は、ダイナモ構造で有り、軽水素内蔵圧電素子磁石をダイナモの中心部に内蔵してボルトナット止めした軽水素内蔵圧電素子内蔵のダイナモ装置で有る。

0060

図11に於いての説明を始める。
図11は、今回原子力発電の新しいタイプの原子力発電方法を書くにあたって、基本となる資料が必要になり、図説・電気・電子用語事典・発行所実教出版株式会社1999年12月20日第1
8刷発行の140ページの軽水形原子力発電の図説を見て、新しい技術の入れる場所を考慮して新しい原子力発電方法を書く為に参考にした図11の図説で有る。

0061

図12に於いての説明を始める。
図12は、図4と図5の原子力廃棄物又は原子力廃棄物放射能線の回収と放射能線の別回収方法と水と放射能線を分ける技術説明で有り、図4と図5で、説明した通りで有る。
従って以上図1~図12で説明した新しい原子力発電方法では、原子力廃棄物の削減と今まで以上の発電量アップと原子力核燃料の廃棄物の微量放射能線パネルの安全な使用方法の
説明を行う事で、借金で苦しむ国政と都道府県市町村の財政に対して、絶対に飛散しない微量放射能パネルの有効な活用と新しい絶対に飛散しない微量放射線パネルの活用によ
って、金ばかり掛かる原子力財政にメスを入れて国民一人一人にすべて解る原子力資産財政の時代作りの為の第一歩を理解していただきたい。

0062

図13の、説明を始める。
図13は、北海道庁広報広聴第3ー37号の2001年5月2日~5月7日までの先発明考案の先知的所有財産の原本郵便物北海道庁受理書。

0063

図14の、説明を始める。
図14は、2001年5月2日美馬牛市街地自宅で墫野和夫が書いてあった北海道民財産の当初、永久発電機の固形水素及び液体マグネシウムの水の電熱線気化によって、発電する構造
を書いて有った説明図原本の写し図で有る。

0064

図15の、説明を始める。
図15は、2001年5月2日美馬牛市街地自宅で、墫野和夫が既に、現在の水発電機の永久発電機は、既に考案して有り真空装置と電熱線で水を気化酸素と気化水素に瞬間に変えてコンプレッサーの反対フアンの強制エアー吸入装置と固形水素にわずかな透き間を作って、水素と酸素に瞬間的に酸素を取り出せると考えて書いた図で有るが、何処まで書いても、燃料電池発電の意味にしかならないばかりか、水の瞬間気化に対しては質量が同じため、酸素だけも、残らず発電に終わってしまった図説で有る。
後の放射能線除去装置すなわち、放射線は、堅い物質に跳ね返り、水などには融合する特徴が有り、後の固形水素の中身が大理石又はガラスの粉などにしなければ、すべ て再び発
電してしまい水になると言う結果しか生まない事実を変える為の水の瞬間気化装置の説明図原本の写し図で有る。

0065

図16の、説明を始める。
図16は、2001年5月7日美馬牛市街地自宅で墫野和夫が、当初マスコミで、原子力廃棄物処理問題に対して騒いでいた頃で、有り国の全額借金及び都道府県市町村の全額借金を子
供達または、これから生まれてくる子供達に借金全額を払わす事を、国会議員が、テレビ画面上で発言したため、放射能貯蓄そして、保存そして、再利用の決まって無い頃、原子力廃
棄物の処理貯蓄に対して説明文書図の北海道庁保管の先発明先考案の先知的所有財産の原子力廃棄物処理保管技術を説明した文章図写し図で有る。

0066

図17の、説明を始める。
図17の、2001年5月7日美馬牛市街地自宅で墫野和夫が、原子力廃棄物缶に対して錆びない構造のアルミニューム合金製の説明で有り、地震による原子力廃棄物缶の対策として、
アルミニューム布で巻いたりして、クッションの役目など、ロボット機械既に全自動ロボットを導入予定で有った事の説明文章図の写し図で有る。

0067

図18の、説明を始める。
図18の、2001年5月7日美馬牛市街地自宅で墫野和夫が、原子力廃棄物缶の取り扱い処理説明に対してカニ型ロボット機械などロボット機械を修理するロボットシステムなどの
先考案設定して有り、強制放射能洗浄装置、水で洗い流して別の地下などの放射能線水の仮の貯蓄水槽に溜めて処理する予定の放射能線強制洗浄6段階装置などの使用予定を書い
た文章図で有り、24時間モニター監視システム故障に対応する部品交換全自動ロボットリモコンロボットなどの予定して有った先考案説明文書図で有る。

0068

図19の、説明を始める。
図19の、2001年5月7日美馬牛市街地自宅で墫野和夫が、原子力廃棄物缶を貯蔵再利用するため保管する地下の地層地盤説明、税金説明、テロロボット機械侵入防止対策のトン
ル構造と金属は、鋼鉄使用で行う事などの地下原子力廃棄物の貯蔵管理説明の文章図の写し図で有る。

0069

図20の、説明を始める。
図20の、2002年9月26日北海道庁広報広聴第3ー183号で有り2002年9月24日などの圧電素子4電子磁気分割電気を使用した核燃料ウラン電子熱臨界温度発電方法などの先発明先
考案及び先知的所有財産の郵便物受理書。

0070

図21の、説明を始める。
図21の、2002年9月24日栃木県真岡市下高間木でウラン鉱石から電子熱臨界温度電子熱調整技術を使用して発電する方法の説明文章図で有る。

0071

図22の、説明を始める。
図22の、2002年9月24日栃木県真岡市下高間木で、放射能水を、水と放射線に分ける技術を説明した文章説明図で有る。
コメント
2011年4月5日pm21時48分睡眠の時間の為、ここでペンを置く千葉県の墫野和夫で有る。
コメント
2011年4月6日am5時54分一時間程書く事にする千葉県の墫野和夫で有る。

0072

図23の、説明を始める。
図23の、平成15年1月6日岩手県胡四王簡易郵便局から墫野和夫の先知的所有財産の確認の為に東京都日本消費者連合殿へ送ったゆうパック領収書。

0073

図24の、説明を始める。
図24の、平成15年1月6日岩手県胡四王簡易郵便局から墫野和夫の先知的所有財産の確認の為に東京都NHKふれあいセンーター殿へ送ったゆうパック領収書。

0074

図25の、説明を始める。
図25の、平成15年1月6日岩手県胡四王簡易郵便局から墫野和夫の先知的所有財産の確認の為にアムネスティインターナショナル支部殿へ先知的所有財産を送ったゆうパック領
収書。

0075

図26の、説明を始める。
図26の、平成15年1月6日岩手県胡四王簡易郵便局から墫野和夫の先知的所有財産の確認の為に、東京都日本共産党委員会志位和夫殿へ先知的所有財産を送ったゆうパック領収書。

0076

図27の、説明を始める。
図27の、平成15年3月末日岩手県胡四王簡易郵便局から墫野和夫の先知的所有財産の確認の為に東京都社民党本部土井高子殿へ先知的所有財産を送ったゆうパック領収書。

0077

図28の、説明を始める。
図28の、平成16年1月4日旭川市中央郵便局から墫野和夫の先知的所有財産の確認の為に東京都民主党本部民主党党首殿へ先知的所有財産を送ったゆうパック領収書。
コメント
2011年4月6日am6時47分仕事の時間なので、ここまでとする千葉県の墫野和夫。
2011年4月6日am6時26分仕事が終わり睡眠時間まで少し書き始める事にする千葉県の墫野和夫。

0078

図29の、説明を始める。
ここからは、2011年3月上旬の東北太平洋側のマグニチュード9の地震津波災害を、受けて書く事にした原子力事故を、少なくしたり、原子力廃棄物を、少なくする技術を、図面の符号説明によって紹介する。
従って、図29は、放射線水の、放射線と水に分ける装置は、127の無害無給油の連続作動の半永久発電機の高出力水発電機の電気を使って、パキュームカーを、リモコンタイプにした128の、前後左右ライトカメラと133の、前後上下左右作動確認ライトカメラによって、リモコン操作可能に成る。
更に、バキュウームリモコンホースに使用積載する高出力モーターは、複数の軽水素トリチウム電子入りの圧電素子磁石体シートパネルと軽水素トリチウム電子入りチタン酸
バリウムシートを、交互に貼り合わせた高出力圧電素子の軽水素トリチウム電子が、圧電素子磁石体の中に大量に入れた圧電素子磁石体構造に高出力圧電素子磁石体のモーター回転による圧電素子磁石体の滑落防止の複数穴空きの超薄ステンレス板によって、高出力圧電素子磁石体全体を、包む用に囲む事でモーターコイルの総重量を、軽くする事
と、モーターコイル磁気力を、上げる為に、モーター内コイル内の圧電素子磁石体に軽水素トリチウム電子を、大量に入れる事の出来るモーター内コイル板の構造に成る。
更に、通常の銅コイル配線より、軽量にする事と通常の銅コイル配線より、電気の流れを早く出来るコイル配線の新技術として、銅コイル配線を、コイル筒官形状にする事と
銅コイル筒官形状の中に電気の通り易い物質の軽水素トリチウム電子と圧電素子磁石体粒子を、混合合成した軽水素トリチウム電子入りの圧電素子磁石体粒子を、銅筒官コイル形状の中に内蔵する事で、電気の通り易い超軽量の銅筒官コイル配線が出来上がり、高出力圧電素子磁石体の超薄の複数針穴構造のステンレス磁石板で、包んだ高出力圧電素子磁石体に超軽量の銅筒官コイルを巻いたモーター内コイルは、超軽量で、モーター内コイルに流れる電気スピードは、電子スピードに成る為、モーターの電気消費は、世界最小に成る。
バキューム吸引力の世界最速吸引説明。
上記に、説明した用に、高出力モーターは、電気消費の世界で一番少ない電気消費と世界で一番高速回転が可能に成るモーターの内コイルを、複数連結させたモーターが、高出力2連結以上モーターに成り、本発明の124のバキューム装置は、放射線の吸引力が、世界最速に成る。
高出力遠心分離機の説明。
本発明の、124のバキューム装置は、放射線水を、一度129の、仮貯蔵タンクに放射線水を、貯蔵して、131の高出力遠心分離機は、複数針穴の鋼鉄板と高出力電動モーター仕切り弁を、内蔵した構造と、遠心分離機内には、数個の放射線返しの金属突起小板の遠心分離機によって、放射線を、小さな複数の針穴から、放射線を放出させる装置が、最終的に追加の遠心分離機としての最新技術の説明に成り、134の水と高濃度放射線水を高濃度放射線物質貯蔵タンクに高濃度放射能を貯蔵して、タンク備え付けの高出力電動モーター仕切り弁によって、高濃度放射線水を、貯蔵したタンクは、取り外しても、アダプタタンクの為、放射線の出入り口の、高出力電動モーター仕切り弁口からは、高出力電動モーター仕切り弁口構造の為、放射線が、外に出無い構造に成る。
従って、放射線水処理の為には、満水に成ったタンクアダプタ毎を、取り換える構造に成る。
更に、132のスクリュー無線波リモコン装置によって、高速リモコン操作によって遠隔ライトカメラによって操作可能な放射線水の真水と高濃度放射線水に分離出来て、専用の
の134の、濃厚度放射線水貯蔵タンクに、濃厚度放射線を、貯蔵処理出来る装置に成り、134の濃厚度放射線物質貯蔵タンクは、ヘリューム窒素石灰物質のパネルを、内蔵した
134の、二重構造の高濃度放射線物質貯蔵タンクに成る。

0079

図30の、説明を始める。
ここに、書かれている装置は、テレビマスコミ報道の放射線防止シートと異なる台風の風被害の為、台風被害の無い放射線遮断パネルの説明を始める。
従って、136の、福島原子力発電所全体を、囲う為の、138の仮設防護グラスファイバー組立て枠は、超薄ステンレスパネル内蔵のグラスファイバー組立パネルは、床部分は床のロックボルト固定と接着の為の、137の酸化鉄プラスチック入り溶液によって、床の隙間部分を、塞ぐ技術に成って入る。
その為、135の仮設枠止めポルト穴は、138の仮設防護グラスファイバー組立枠を、固定する為の、135のボルト穴に成り、138の仮設防護グラスファイバー枠と枠は、差し込み構造に対して、金板とポルトとナットで、止める構造になり、一回り大きい屋根パネルを、被せて金板とポルトナット止めによって、136の福島原子力発電所の放射線防止パネルは、クレーンと高所作業車に全自動ロボットもしくは、リモコンロボットなどで、ポルトとナットの取り付けと138の仮設防護グラスファイバー枠を、組み立てる事が出来る
構造に成る。
コメント
2011年4月6日pm22時7分ペンを置く千葉県の墫野和夫で有る。
コメント
2011年4月7日am6時8分仕事の時間まで、少し書く事にする千葉県の墫野和夫で有る。
コメント
2011年4月7日am6時48分仕事の為、ペンを置く千葉県の墫野和夫で有る。
コメント
2011年4月7日pm18時55分寝る時間まで、少し書き始める千葉県の墫野和夫で有る。

0080

図31の、説明を始める。
ここでは、136の福島県原子力発電所の、地震事故を、未然に防ぐ為の101のコロ電磁石反発免振装置は、136の福島県原子力発電所の一つの原子炉建屋そっくりを、101のコロ電磁石反発免振装置の高出力電磁石板の新技術の銅筒官コイルの軽水素トリチウム電子入り圧電素子磁石体粒子を、銅コイル官の筒状形状コイル電気線の中に内蔵した電気の通り易い物質の電子の流れるスピードと同じスピードで、電気が、銅筒官コイル官の電線の中の電子物質の軽水素トリチウム電子を、伝わって電気が流れるコイル配線と鋼鉄板と鋼鉄板の間に、高出力圧電素子磁石体の、構造の、軽水素トリチウム電子入り圧電素子磁石体パネルと軽水素トリチウム電子入りチタン酸パリームシートパネルを、交互に貼り合わせた軽水素トリチウム電子の大量に入った圧電素子磁石体合成の複数重ねの圧電素子磁石に複数針穴形状の超薄ステンレス永久磁石体を、被せた高出力永久磁石体に新技術の銅筒官コイルを被せて、高出力電磁石部分が、潰れ無い用に、鋼鉄永久磁石で挟む用に高出力電磁石を、被せる事で、電気消費を、少なくさせた電磁石反発の力で
136の原子力建屋全体を、持ち上げて浮かせて振動を減らす装置で有る。
従って、免振装置自体が、左右に振れた場合、コロ免振装置のコロ部分の上下の鋼鉄電磁石板が、左右のストッパ金具合計で、8ッ箇所以上の上下の電磁石を、鋼鉄厚板に止め
太ボルトが、2ケ所取り付いた装置が、8個以上から16個以上取り付ける事で、コロ電磁石反発免振装置の左右の振れから発生するコロ電磁石反発免振の免振支え軸の破損を避け強度を、高めた構造に成り、コロ電磁石反発免振装置の左右の揺れの吸収の為の102の免振横揺れ吸収の複数金属スプリング装置と、103の免振支えコンクリートによって、完全に原子炉と原子炉建屋全体の、地震の振動を、コロ電磁石反発免振の横揺れを、吸収する装置で有り、縦揺れは、104の免振杭とコロ電磁石反発免振装置の電磁石反発装置によって、振動を吸収する事によって、100の原子力建物と99の原子力発電装置に成る。

0081

図32の、説明を始める。
ここで、福島県原子力発電所が、次にもう一度原子力発電所を、作った場合の説明を始める。
従って、99の原子力発電装置及び原子炉は、104の免振杭装置と、101のコロ電磁石反発免振装置付きに成り、100の原子炉建物のコンクリートには、鋼鉄鉄筋が、使用内蔵され
コンクリートの劣化防止の固形窒素内蔵パネル構造に成り、緊急冷却の為の、冷却窒素ガスコンプレッサーの窒素ガスタンクとコンプレッサーを併用した装置よって、緊急冷却出来る冷却ガス噴射装置を備えた放射線水を増やさない装置に成る。
更に、地盤は、地下水に、放射線水が、しない用に、113の地盤改良材として、地盤凝固剤によって、放射線水を、地下水に入れない基礎地盤構造に成り、114の金網ブロック
入りコンクリートは、通常の金網より、コンクリート亀裂を、防護する為の立体ブロック鉄筋装置に成る。
この他、万が一放射線水が、漏れた場合、112の放射線回収官は、プラスチック突起官の裏表を、固形窒素及びガラス粒子内蔵セメントによって、プラスチック官の表裏を、セメント官でも、水漏れしないで、火災対応した放射線専用の回収官に成り、111の、放射線水濾過装置付きの99の原子力装置に成る。
この他、99の、原子力発電所内を、全自動撮影出来る110の緊急監視用ライトカメラは、高出力自動電池の半永久連続発電作動出来る充電池とライトは、軽水素トリチウム電子
入り高出力ダイオード発光ライトを使用し、カメラは、魚眼レンズを使用する事で、一つのカメラで、原子炉内を、監視出来るカメラに成り、全自動魚眼レンズ修正装置によって、99の原子力発電装置室内を、監視出来る装置に成る。
その他、109の緊急冷却用ビニールプラスチック排水管は、固形窒素とケイ素ヨウ素とガラス粒子と木材灰とセメントを、混合合成した物質を、ビニールプラスチック官の裏表に貼り付けた109の緊急冷却用ビニールプラスチック排水管に成り、106の高出力モーターの手動W電動仕切り弁によって、109の緊急冷却用水を、制御する事が出来る。
コメント
2011年4月7日pm21時29分寝る時間なのでペンを置く事にする。
コメント
2011年4月8日am6時1分仕事の時間まで、少し書く事にする千葉県の墫野和夫で有る。
そして、105の雨水排水槽の砂利層の下には、116のコンクリート割れ防止ゴムパネルシートが、敷かれている構造に成る。

0082

図33の、説明を始める。
ここで、福島県原子力発電所が、次にもう一度原子力発電所を、作った場合の説明を始める。
従って、121の排水官は、原子力発電所内に、緊急補助発電装置の軽油発電機と大量の貯蓄軽油を、保管した場合を、含めての対策として、火災事故地震振動破壊事故の二つ
の対策を、可能にした121の、排水官の構造は、グラスファイバー官の表裏に突起面を作って、固形窒素と石英粒子とセラミック粒子とセメントを混合合成させたセメント官を、グラスファイバー官の表裏両面に、取り付けた官構造を、取り付ける事に成り、管台は、120の強化ゴム管台を使用して、官止めに、119のグラスファイバーキャンバーが、使用されている構造に成り、118のコンクリート層のしたには、116の、コンクリート割れ防止ゴムと104の地震の地割れ防止装置として、104の免振杭が、地震の揺れを、弱冠
吸収して、118のコンクリート層には、122の固形窒素木材灰入り防水シートなどによって、放射線を、地下水に入れない構造に成って入る。
コメント
2011年4月6日am6時41分仕事の為、ここでペンを置く千葉県の墫野和夫で有る。
コメント
2011年4月9日am6時33分仕事が休みの為、朝から書き始める千葉県の墫野和夫で有る。

0083

図34の、説明を始める。
北海道知事に福島原子力発電所の今後の、再生原子力の構造説明図によって、国と、都道府県市町村区の全額借金返済の為の、著作権技術発明図を封書で送った時の証拠図。

0084

図35の、説明を始める。
従って、図35では、136の、福島県原子力発電所建物は、140の、固形窒素入り酸化鉄プラスチック溶液枠または、超薄ステンレス板内蔵グラスファイバー枠によって、2011年3月の原子力事故の対策として、放射性蒸気の大気中放出を、避ける為に、超薄板のステンレス板内蔵の、140の固形窒素入り酸化鉄プラスチック溶液枠を、金属板とポルトナットで、136の、福島県原子力発電所建物の、天井と周囲を、囲む事で、放射線蒸気を、空気中に放出しない事により、136の、福島県原子力発電所建物内の、放射線度が、上がりっぱなしに成る為、141の放射線蒸気ダクト官と142の、放射線蒸気回収の為の水を溜める為の143の、金属枠プールが、必要に成り、設置した図設に成り、144の放射線水回収弁が、143の、金属枠プールが、必要に成り、144の、放射線水回収弁は、放射線水の濾過装置によって、水と濃厚度放射線水に分ける装置に繋げる事に成り、この時点では
136の、福島県原子力発電所内に、入れる放射線防護服は、実在して無い事に成り、リモコン人型ロボットと全自動インプット人型ロボットしか136の、福島県原子力発電所建物内では、作業出来ない事に成り、136の、福島県原子力発電所建物内の、放射線を、空気中に放出を、止めた場合、次の課題説明とは、濃厚度の放射線処理を、行いながら、
固形窒素水などの、冷却水で、わずかに下がっても、熱吸収をすると、放射線水の温度が、下がらなく成る為、超大型の冷却冷風を、放射線水に入れて、水蒸気の量を、削減
しながら、136の、福島県原子力発電所建物内の、発生の弱まった放射線空気を、別に強制吸引して、143の、金属枠プールに、濃厚度放射線を一時貯めるのだが、現在、原子炉の治まって無い原子炉の原子力臨界温度を達した放射線原子の処理を、再び、作動させて、原子力物質の熱放出活動を止める場合、小さく小分けにした原子力物質を、固形ヘリュームを、使用した超マイナス窒素ガス冷蔵庫に保管しなければ、原子力物質の熱放出と放射線放出は、止める事が、出来ない原子力発電所の利点で有り、欠点に成るのが、現在の知り得ている知識に成り、原子力物質を、超高速遠心分離する技術によって、鉛液で、固めるまでの技術しか無いと一度原子力事故を、起こした結末で、有り、必然式に、放射線物質が、多く成り、果たして、熱放出が、止まる物質まで、遠心分離出来るかが知識不足に成るが、処理の道は、ここにしか無いのも、事実の様で有るが、処理方法としては、136の、福島県原子力発電所無いの、原子核物質を、他の原子力発電所で、原子核物質を、もう一度作動させて、低レベル原子核物質にする方法が、一番放射線物質を、減らすメドの立つ処理方法に成るが、最終的に、136の、福島県原子力発電所内に、臨時の、原子力免振装置付きの発電所を、ロボットなどで作るか、構造を、丸っきり変えた組立型の仮設原子力発電所を、作って低レベル原子核物質にする手段を、取らない限り、長引く136の、福島県原子力発電所建物の放射線の発生物質処理をどのようにするかがの、国の判断は、どの様にするのかが、今後の注目する技術公開に成り、全国の原子力関係の大学技術公開は、急がれる日本の緊急課題で有り、話し合って頑張るしか無い。

0085

図36の、説明を始める。
従って、図36の、放射線事故後の147の作業員放射線水防護仮設足場超薄ステンレス板内蔵アルミニューム足場は、緊急時使用する放射線防護服を、来て作業する足元の放射線
量を、少なくする為の装置で有り、150の地盤調整ゴムと148の足場繋ぎポルト穴に成り、149の、放射線水水中ポンプ繋ぎ官は、アダプタ式の構造に成り、この装置の場合は放射線濃度が、低い場合にしか効果が無い放射線足場防護装置に成る。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ