図面 (/)

技術 テープカセット

出願人 ブラザー工業株式会社
発明者 山口晃志郎佐郷朗堀内誉史加藤努
出願日 2010年3月26日 (9年10ヶ月経過) 出願番号 2010-073748
公開日 2011年10月20日 (8年4ヶ月経過) 公開番号 2011-206911
状態 特許登録済
技術分野 目的に特徴のあるプリンター 連続用紙の取扱い 複写材料及びその取扱い ウエブロールの交換
主要キーワード 支柱先端 鉤状体 ケース成型 調整リブ 分離リブ 断面視略三角形状 左右方向中心位置 金型孔
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2011年10月20日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

テープ印字装置への装着時にテープカセットが適正な姿勢から傾斜することを抑制可能なテープカセットを提供する。

解決手段

テープカセット30は、箱状のカセットケース31を備える。カセットケース31の外形内には、テープ収納領域400、410が規定されている。カセットケース31の外形とテープ収納領域400、410との間には、ガイド孔47およびローラ支持孔が設けられている。ガイド孔47およびローラ支持孔は、第2角部322および第4角部324を結ぶ対角線の両端部に設けられている。テープカセット30がカセット装着部8に装着される場合、ガイド孔47およびローラ支持孔に、それぞれテープ駆動軸100およびガイド軸120が挿入される。

概要

背景

従来、テープカセットは、テープカセットが所定高さの側面を有する直方体状のカセットケースを有する。テープ印字装置でテープカセットを使用する場合、テープカセットはカセット装着部に対して垂直に装着される。具体的には、ユーザがカセットケースの側面を指で挟持しながら、カセットケースの平面および底面を略水平に維持しつつ、テープカセットをカセット装着部に垂直に装着する(例えば、特許文献1参照)。

概要

テープ印字装置への装着時にテープカセットが適正な姿勢から傾斜することを抑制可能なテープカセットを提供する。テープカセット30は、箱状のカセットケース31を備える。カセットケース31の外形内には、テープ収納領域400、410が規定されている。カセットケース31の外形とテープ収納領域400、410との間には、ガイド孔47およびローラ支持孔が設けられている。ガイド孔47およびローラ支持孔は、第2角部322および第4角部324を結ぶ対角線の両端部に設けられている。テープカセット30がカセット装着部8に装着される場合、ガイド孔47およびローラ支持孔に、それぞれテープ駆動軸100およびガイド軸120が挿入される。

目的

本発明は、上記課題を解決するためになされたものであり、テープ印字装置への装着時にテープカセットが適正な姿勢から傾斜することを抑制可能なテープカセットを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

印字ヘッドを有するヘッドホルダおよびカセット装着部を備えたテープ印字装置着脱可能なテープカセットであって、底面を形成する底壁と、上面を形成する上壁と、側面を形成する側壁とが外形を規定し、且つ、複数の角部を含む箱状のカセットケースと、前記外形内に規定されるテープ収納領域収納された、少なくとも一つのテープと、前記底壁から延び、且つ、前記テープ収納領域と前記外形との間で、一の前記角部および他の前記角部を結ぶ対角線の両端部に設けられた一対のキャビティと、前記カセットケースを上下方向に貫通する空間であって、前記テープカセットが前記カセット装着部に装着された場合に、前記ヘッドホルダが挿入されるヘッド挿入部と、前記ヘッド挿入部の端部に連接して設けられた、前記底面から上方に凹んだ凹部である支持受け部とを備え、前記一対のキャビティは、前記テープカセットが前記カセット装着部に装着される場合に、前記テープ印字装置が備える一対の案内軸が挿入され、且つ、前記一対の案内軸に沿って前記テープカセットを前記カセット装着部の適正位置に案内し、前記支持受け部は、前記テープカセットが前記カセット装着部の適正位置に案内された場合に、前記テープ印字装置が備える支持部によって下方から支持されることを特徴とするテープカセット。

請求項2

前記支持受け部は、前記テープの搬送方向において前記印字ヘッドの挿入位置の上流側および下流側の少なくとも一方において、前記ヘッド挿入部を臨む位置に設けられたことを特徴とする請求項1に記載のテープカセット。

請求項3

前記支持受け部は、前記挿入位置の前記上流側に設けられ、前記支持部に含まれる上流側支持部によって支持される上流側受け部と、前記挿入位置の前記下流側に設けられ、前記支持部に含まれる下流側支持部によって支持される下流側受け部とを含むことを特徴とする請求項2に記載のテープカセット。

請求項4

前記上流側受け部は、前記ヘッド挿入部から第1の方向に凹んだ平面視形状を有する、前記底面から前記上面に向かって設けられた凹部であって、前記下流側受け部は、前記ヘッド挿入部から前記第1の方向と直交する第2の方向に凹んだ平面視形状を有する、前記底面から前記上面に向かって設けられた凹部であることを特徴とする請求項3に記載のテープカセット。

請求項5

前記支持受け部と前記カセットケースに収納される前記テープの上下方向中心位置との距離は、前記テープカセットの種類にかかわらず一定であることを特徴とする請求項1から4のいずれかに記載のテープカセット。

請求項6

インクリボン巻回されたリボンロールを備え、前記少なくとも一つのテープは、前記テープが巻回されたテープロールを含み、前記テープロールは、前記一対のキャビティを結ぶ線を基準として前記カセットケースが分けられる2つの領域のうちの第1領域に重心が位置するように、前記カセットケースの内部に収納され、前記リボンロールは、前記2つの領域のうちの前記第1領域とは異なる第2領域に重心が位置するように、前記カセットケースの内部に収納されたことを特徴とする請求項1から5のいずれかに記載のテープカセット。

請求項7

前記底壁と前記上壁との間で回転可能に設けられ、前記リボンロールから引き出されて印字に使用された前記インクリボンを巻き取るリボン巻スプールを備え、前記リボン巻取スプールは、前記第2領域に重心が位置するように、前記カセットケースの内部に設けられたことを特徴とする請求項6に記載のテープカセット。

請求項8

前記底壁と前記上壁との間で回転可能に設けられ、前記テープロールから前記テープを引き出すテープ駆動ローラを備え、前記テープ駆動ローラは、前記テープ駆動ローラを回転させる前記テープ印字装置が備える駆動軸が挿嵌される挿嵌孔を有しており、前記一対のキャビティの少なくとも一方は、前記挿嵌孔を臨むことを特徴とする請求項6または7に記載のテープカセット。

請求項9

前記底壁から延び、且つ、前記テープロールの巻回中心に形成された孔を臨む第3のキャビティを備え、前記第3のキャビティは、前記テープカセットが前記カセット装着部に装着される場合に、前記テープ印字装置が備える第3の案内軸が挿入されることを特徴とする請求項6から8のいずれかに記載のテープカセット。

技術分野

0001

本発明は、テープ印字装置着脱可能なテープカセットに関する。

背景技術

0002

従来、テープカセットは、テープカセットが所定高さの側面を有する直方体状のカセットケースを有する。テープ印字装置でテープカセットを使用する場合、テープカセットはカセット装着部に対して垂直に装着される。具体的には、ユーザがカセットケースの側面を指で挟持しながら、カセットケースの平面および底面を略水平に維持しつつ、テープカセットをカセット装着部に垂直に装着する(例えば、特許文献1参照)。

先行技術

0003

特許第3543659号公報

発明が解決しようとする課題

0004

例えばユーザがテープカセットを正しく装着しなかった場合やテープ印字装置を正しく操作しなかった場合に、テープカセットが適正な姿勢から傾斜した状態でカセット装着部に装着されることがある。カセット装着部内でテープカセットが傾斜している状態で印字動作が行われると、テープ印字装置においてテープ走行不良や印字ヘッド印字不良などが生じるおそれがあった。

0005

本発明は、上記課題を解決するためになされたものであり、テープ印字装置への装着時にテープカセットが適正な姿勢から傾斜することを抑制可能なテープカセットを提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0006

本発明の一態様に係るテープカセットは、印字ヘッドを有するヘッドホルダおよびカセット装着部を備えたテープ印字装置に着脱可能なテープカセットであって、底面を形成する底壁と、上面を形成する上壁と、側面を形成する側壁とが外形を規定し、且つ、複数の角部を含む箱状のカセットケースと、前記外形内に規定されるテープ収納領域収納された、少なくとも一つのテープと、前記底壁から延び、且つ、前記テープ収納領域と前記外形との間で、一の前記角部および他の前記角部を結ぶ対角線の両端部に設けられた一対のキャビティと、前記カセットケースを上下方向に貫通する空間であって、前記テープカセットが前記カセット装着部に装着された場合に、前記ヘッドホルダが挿入されるヘッド挿入部と、前記ヘッド挿入部の端部に連接して設けられた、前記底面から上方に凹んだ凹部である支持受け部とを備え、前記一対のキャビティは、前記テープカセットが前記カセット装着部に装着される場合に、前記テープ印字装置が備える一対の案内軸が挿入され、且つ、前記一対の案内軸に沿って前記テープカセットを前記カセット装着部の適正位置に案内し、前記支持受け部は、前記テープカセットが前記カセット装着部の適正位置に案内された場合に、前記テープ印字装置が備える支持部によって下方から支持されることを特徴とする。

0007

本態様に係るテープカセットがカセット装着部に着脱される場合、一対のキャビティに一対の案内軸が挿入される。一対のキャビティに挿入された一対の案内軸に沿って、ユーザがテープカセットをカセット装着部に対して着脱することで、テープカセットが適正な姿勢から傾斜することが抑制される。ひいては、テープカセットがカセット装着部内で傾斜していることに起因するテープの走行不良や印字ヘッドの印字不良などを抑制できる。

0008

さらに、テープカセットがカセット装着部に装着されると、支持受け部が支持部によって下方から支持される。この場合、支持受け部は、テープに印字を行う印字ヘッドと近接した位置で、支持部によって支持される。したがって、カセット装着部への装着時にテープカセットの上下方向位置を正確に位置決めできる。ひいては、印字ヘッドによる上下方向の印字中心位置と、テープの幅方向中心位置とが精度よく一致するため、印字品質を向上させることができる。

0009

一対のキャビティに挿入された一対の案内軸によって、テープカセットが着脱方向に案内され、且つ、着脱方向とは異なる方向への移動が規制される。したがって、カセット装着部に対するテープカセットの位置決めが容易である。これにより、テープカセットがカセット装着部に装着される際に、ヘッドホルダがヘッド挿入部の外縁に接触するのが抑制される。ユーザは、ヘッドホルダをヘッド挿入部内にスムーズに挿入できる。さらに、ユーザは、支持受け部を支持部上に正確に位置決めできる。その結果、支持受け部が支持部によって確実に支持されるため、印字品質をさらに向上させることができる。

0010

本態様に係るテープカセットにおいて、前記支持受け部は、前記テープの搬送方向において前記印字ヘッドの挿入位置の上流側および下流側の少なくとも一方において、前記ヘッド挿入部を臨む位置に設けられてもよい。この場合、テープに印字を行う印字ヘッドと近接した位置で、テープカセットが支持される。したがって、カセット装着部への装着時に、テープカセットの上下方向位置をより正確に位置決めできる。

0011

本態様に係るテープカセットにおいて、前記支持受け部は、前記挿入位置の前記上流側に設けられ、前記支持部に含まれる上流側支持部によって支持される上流側受け部と、前記挿入位置の前記下流側に設けられ、前記支持部に含まれる下流側支持部によって支持される下流側受け部とを含んでもよい。この場合、テープ搬送方向においてテープに印字を行う印字ヘッドの両側で、テープカセットが支持される。したがって、テープカセットの上下方向位置をより正確に位置決めできる。

0012

本態様に係るテープカセットにおいて、前記上流側受け部は、前記ヘッド挿入部から第1の方向に凹んだ平面視形状を有する、前記底面から前記上面に向かって設けられた凹部であって、前記下流側受け部は、前記ヘッド挿入部から前記第1の方向と直交する第2の方向に凹んだ平面視形状を有する、前記底面から前記上面に向かって設けられた凹部であってもよい。この場合、上流側受け部および下流側受け部がそれぞれ上流側支持部および下流側支持部によって支持されるので、印字ヘッドとヘッド挿入部との適正な位置関係を保持できる。

0013

本態様に係るテープカセットにおいて、前記支持受け部と前記カセットケースに収納される前記テープの上下方向中心位置との距離は、前記テープカセットの種類にかかわらず一定であってもよい。この場合、テープカセットの種類にかかわらず、テープカセットが支持される高さ位置を共通化できるため、同一のテープ印字装置に複数種類のテープカセットを使用できる。

0014

本態様に係るテープカセットにおいて、インクリボン巻回されたリボンロールを備え、前記少なくとも一つのテープは、前記テープが巻回されたテープロールを含み、前記テープロールは、前記一対のキャビティを結ぶ線を基準として前記カセットケースが分けられる2つの領域のうちの第1領域に重心が位置するように、前記カセットケースの内部に収納され、前記リボンロールは、前記2つの領域のうちの前記第1領域とは異なる第2領域に重心が位置するように、前記カセットケースの内部に収納されてもよい。この場合、重量物であるテープロールおよびリボンロールがそれぞれ第1領域および第2領域に分散配置される。したがって、第1領域と第2領域との重量差を小さくして、テープカセットの重量分布偏りを抑制できる。

0015

本態様に係るテープカセットにおいて、前記底壁と前記上壁との間で回転可能に設けられ、前記リボンロールから引き出されて印字に使用された前記インクリボンを巻き取るリボン巻スプールを備え、前記リボン巻取スプールは、前記第2領域に重心が位置するように、前記カセットケースの内部に設けられてもよい。この場合、テープロールのほうがリボンロールよりも重量が大きくても、リボン巻取スプールの重量によって第1領域と第2領域との重量差を小さくして、テープカセットの重量分布の偏りを抑制できる。

0016

本態様に係るテープカセットにおいて、前記底壁と前記上壁との間で回転可能に設けられ、前記テープロールから前記テープを引き出すテープ駆動ローラを備え、前記テープ駆動ローラは、前記テープ駆動ローラを回転させる前記テープ印字装置が備える駆動軸が挿嵌される挿嵌孔を有しており、前記一対のキャビティの少なくとも一方は、前記挿嵌孔を臨んでもよい。この場合、テープ駆動ローラを回転駆動させる駆動軸を、一対の案内軸の1つとして利用できる。したがって、テープ走行や印字品質への影響が大きいテープ駆動ローラの近傍を、一対の案内軸に沿って正確に位置決めできる。

0017

本態様に係るテープカセットにおいて、前記底壁から延び、且つ、前記テープロールの巻回中心に形成された孔を臨む第3のキャビティを備え、前記第3のキャビティは、前記テープカセットが前記カセット装着部に装着される場合に、前記テープ印字装置が備える第3の案内軸が挿入されてもよい。この場合、一対のキャビティに挿入された一対の案内軸と、第3のキャビティに挿入された第3の案内軸とに沿って、ユーザがテープカセットをカセット装着部に対して着脱できる。したがって、テープカセットが適正な姿勢から傾斜することを確実に抑制できる。

図面の簡単な説明

0018

カセットカバー6が閉じられた状態にあるテープ印字装置1の斜視図である。
カセットカバー6が開かれた状態にあるテープ印字装置1の斜視図である。
テープカセット30およびカセット装着部8を説明するための斜視図である。
カセット装着部8の平面図である。
プラテンホルダ12が待機位置にある場合の、ラミネートタイプのテープカセット30が装着されたカセット装着部8の平面図である。
プラテンホルダ12が印字位置にある場合の、ラミネートタイプのテープカセット30が装着されたカセット装着部8の平面図である。
プラテンホルダ12が印字位置にある場合の、レセプタタイプのテープカセット30が装着されたカセット装着部8の平面図である。
プラテンホルダ12が印字位置にある場合の、サーマルタイプのテープカセット30が装着されたカセット装着部8の平面図である。
ヘッドホルダ74の正面図である。
ヘッドホルダ74の左側面図である。
プラテンホルダ12の背面図である。
図11のIII−III線における矢視方向断面図である。
図3のI−I線における矢視方向断面図である。
テープ印字装置1の電気的構成を示すブロック図である。
テープカセット30の平面図である。
テープカセット30の底面図である。
テープカセット30の上方からの斜視図である。
ケース311および下ケース312に部品展開された状態にあるカセットケース31の斜視図である。
上ケース311および下ケース312に部品展開された状態にあるカセットケース31の他の斜視図である。
下ケース312の平面図である。
第1円筒部材881Bの斜視図である。
上ケース311の底面図である。
第1圧入ピン881Aの斜視図である。
第1圧着部881の側面断面図である。
アーム面壁35の近傍を拡大した、テープカセット30の正面図である。
アーム前面壁35の近傍を拡大した、テープカセット30の他の正面図である。
下ケース312の分離壁33および対応する上ケース311部分の側面断面図である。
上ケース311および下ケース312に部品展開された状態にある分離部61の斜視図である。
上ケース311が取り除かれた状態にあるテープカセット30の斜視図である。
図15のIV−IV線における矢視方向断面図である。
図15のV−V線における矢視方向断面図である。
テープカセット30を部品展開した斜視図である。
図15のVI−VI線における矢視方向断面図である。
回転部材571、クラッチバネ572および下テープ支持部66Bの斜視図である。
図15のVII−VII線における矢視方向断面図である。
ガイド孔47を一部断面で示す、テープカセット30の右側面図である。
テープカセット30の正面図であって、アーム前面壁35に設けられる各種構成要素の位置関係を示す説明図である。
アーム前面壁35に含まれる特定領域R0の説明図である。
アーム前面壁35の近傍を拡大した、テープカセット30の正面図である。
印字用情報テーブル510のデータ構成を示す図である。
後方凹部360の近傍を拡大した、テープカセット30の底面図である。
上ケース311を取り除いた状態で後方凹部360の近傍を拡大した、テープカセット30の平面図である。
比較例における、上ケース311を取り除いた状態で後方凹部360の近傍を拡大した、テープカセット30の平面図である。
色情報テーブル520のデータ構成を示す図である。
テープカセット30が装着される途中のカセット装着部8を右側から見た説明図である。
テープカセット30が装着された後のカセット装着部8を右側から見た説明図である。
ヘッドホルダ74で支持されるテープカセット30を正面側から見た説明図である。
ヘッドホルダ74で支持されるテープカセット30を左側面側から見た説明図である。
図5のII−II線における矢視方向断面図である。
図39に示すテープカセット30に図12に示すプラテンホルダ12が対向した状態を示す、図39のVIII−VIII線における矢視方向断面図である。
図42に示すテープカセット30に図13に示す後方支持部813が対向した状態を示す、図42のIX−IX線における矢視方向断面図である。
テープ印字装置1の印字に係る処理を示すフローチャートである。
変形例における、プラテンホルダ12が印字位置にある場合の、ラミネートタイプのテープカセット30が装着されたカセット装着部8の平面図である。
変形例における、プラテンホルダ12が印字位置にある場合の、ラミネートタイプのテープカセット30が装着されたカセット装着部8の他の平面図である。

実施例

0019

本発明を具体化した実施の形態について、図面を参照して説明する。なお、参照する図面は、本発明が採用しうる技術的特徴を説明するために用いられるものであり、単なる説明例である。

0020

図1図52を参照して、本実施形態に係るテープ印字装置1およびテープカセット30について説明する。本実施形態の説明では、図1および図2の左下側、右上側、右下側、左上側を、それぞれテープ印字装置1の前側、後側、右側、左側とする。図3の右下側、左上側、右上側、左下側を、それぞれテープカセット30の前側、後側、右側、左側とする。

0021

本実施形態では、テープカセット30に収納される各種テープ(例えば、感熱紙テープ55、印字テープ57、両面粘着テープ58、フィルムテープ59)を、総称してテープという。テープカセット30に収納されるテープの種類(例えば、テープ幅印字態様テープ色文字色など)を、総称してテープ種類という。

0022

はじめに、図1図14を参照して、テープ印字装置1について説明する。説明の便宜上、図3図8では、カセット装着部8の周囲を形成する側壁が図示されているが、これらの図はあくまでも模式図であるため、図中に示す側壁は実際よりも厚く描かれている。図3に図示されているギヤ91、93、94、97、98、101を含むギヤ群は、実際にはキャビティ811の底面により覆い隠されている。これらのギヤ群を説明する必要上、図3にはキャビティ811の底面は図示されていない。図5図8において、カセット装着部8に装着されているテープカセット30は、上ケース311が取り外された状態である。

0023

テープ印字装置1の概略構成について説明する。テープ印字装置1は、1台でサーマルタイプ、レセプタタイプ、ラミネートタイプ等、各種のテープカセットが使用可能な汎用のテープ印字装置である。サーマルタイプのテープカセットは、感熱紙テープを備えている。レセプタタイプのテープカセットは、印字テープとインクリボンとを備えている。ラミネートタイプのテープカセットは、両面粘着テープとフィルムテープとインクリボンとを備えている。

0024

図1および図2に示すように、テープ印字装置1は、略直方体形状の本体カバー2を備えている。本体カバー2上面の前側には、キャラクタキー機能キーを含むキーボード3が配設されている。キーボード3の後側には、キーボード3で入力されたキャラクタなどを表示可能なディスプレイ5が設けられている。ディスプレイ5の後側には、テープカセット30(図3参照)の交換時に開閉されるカセットカバー6が設けられている。

0025

カセットカバー6は、平面視略長方形状の蓋部である。カセットカバー6は、本体カバー2の背面上方の左右両端部で軸支され、図1に示す閉鎖位置と、図2に示す開放位置との間で回動可能である。本体カバー2の内部には、テープカセット30を着脱可能な領域であるカセット装着部8が設けられている。カセット装着部8は、カセットカバー6が閉鎖位置にあるときに被覆され(図1参照)、カセットカバー6が開放位置にあるときに露出する(図2参照)。

0026

カセットカバー6の下面には、係止ロック413と、ヘッド押え部材7と、周縁押え部材911〜914とが設けられている。係止ロック413は、下方に突出する鉤状体である。本体カバー2のカセット装着部8の前側には、係止ロック413に対応するロック孔412が設けられている。カセットカバー6が閉じられると、係止ロック413がロック孔412に嵌め込まれて、カセットカバー6の自然開放が防止される(図1参照)。

0027

ヘッド押え部材7および周縁押え部材911〜914は、下方に突出する角柱体である。ヘッド押え部材7は、カセットカバー6が閉じられた場合に、カセット装着部8に装着されているテープカセット30の押え受け部393(図15参照)を上方から押圧する。周縁押え部材911〜914は、カセットカバー6が閉じられた場合に、カセット装着部8に装着されているテープカセット30の周縁を上方から押圧する。

0028

本体カバー2の左側面後方には、排出スリット111が設けられている。排出スリット111は、印字済みのテープをカセット装着部8から排出する。カセットカバー6の左側面には、排出窓112が設けられている。排出窓112は、カセットカバー6が閉じられている場合に、排出スリット111を外部に露出させる。

0029

図3図8を参照して、カセットカバー6下の本体カバー2の内部構造について説明する。図3および図4に示すように、カセット装着部8は、キャビティ811および角支持部812を含む。キャビティ811は、カセットケース31の底面302の形状と略対応するように凹設された、平面状の底面を有する凹部である。角支持部812は、キャビティ811の外縁から水平に延びる平面部である。テープカセット30がカセット装着部8に装着された場合、角支持部812はテープカセット30の周縁の下面を支持する。

0030

角支持部812の2箇所に、2つの位置決めピン102、103が設けられている。具体的には、キャビティ811の左側に、位置決めピン102が設けられている。キャビティ811の右側に、位置決めピン103が設けられている。位置決めピン102、103は、テープカセット30がカセット装着部8に装着された場合に、カセットケース31のピン孔62、63(図16参照)にそれぞれ挿入される。このとき、位置決めピン102、103は、テープカセット30の周縁部の左右位置で、テープカセット30を前後・左右方向に位置決めする。

0031

カセット装着部8の前部には、ヘッドホルダ74が設けられている。ヘッドホルダ74は、発熱体(図示せず)を備えるサーマルヘッド10を搭載している。カセット装着部8の外側(図3では右上側)には、ステッピングモータであるテープ駆動モータ23が配設されている。テープ駆動モータ23の駆動軸の下端には、ギヤ91が固着されている。ギヤ91は、開口を介してギヤ93に噛み合っている。ギヤ93は、ギヤ94に噛み合っている。ギヤ94は、ギヤ97に噛み合っている。ギヤ97は、ギヤ98に噛み合っている。ギヤ98は、ギヤ101に噛み合っている。

0032

ギヤ94の上面には、リボン巻取軸95が立設されている。リボン巻取軸95は、リボン巻取スプール44に着脱可能な軸体である。リボン巻取軸95の基部側から先端側に向けて、複数のカム部材95Aが平面視で放射状に設けられている(図45参照)。ギヤ101の上面には、テープ駆動軸100が立設されている。テープ駆動軸100は、テープ駆動ローラ46に着脱可能な軸体である。テープ駆動軸100の基部側から先端側に向けて、複数のカム部材100Aが平面視で放射状に設けられている(図45参照)。

0033

テープカセット30がカセット装着部8に装着された状態で、テープ駆動モータ23が反時計回り方向にギヤ91を回転駆動すると、ギヤ93、ギヤ94を介して、リボン巻取軸95が反時計回り方向に回転駆動する。リボン巻取軸95は、リボン巻取軸95に装着されたリボン巻取スプール44を回転駆動する。さらに、ギヤ94の回転は、ギヤ97、ギヤ98、ギヤ101を介してテープ駆動軸100に伝達されて、テープ駆動軸100が時計回り方向に回転駆動する。テープ駆動軸100は、テープ駆動軸100に装着されたテープ駆動ローラ46を回転駆動する。

0034

ギヤ98の後側には、補助軸110が立設されている。補助軸110は、第1テープ支持孔65に挿脱可能な略円柱状の軸体である。カセット装着部8の右側後部には、ガイド軸120が立設されている。ガイド軸120は、ガイド孔47(図5参照)に挿脱可能な軸体である。

0035

ガイド軸120は、直径が異なる2つの軸部(大径軸部120Aおよび小径軸部120B)と、テーパ部120Cとを含む(図45参照)。大径軸部120Aは、ガイド軸120の基部側を構成する軸部であり、ガイド軸120において直径が最も大きい。小径軸部120Bは、ガイド軸120の先端側を構成する軸部であり、大径軸部120Aよりも直径が小さい。テーパ部120Cは、大径軸部120Aと小径軸部120Bとの間に設けられた軸部である。テーパ部120Cは、大径軸部120A側から小径軸部120B側に向けて軸径漸減するテーパ面を有する。

0036

キャビティ811の後縁部は、平面視で2つの弧が左右に並んだような形状を有している。これら2つの弧の間に位置する角支持部812の一部が、後方支持部813である。後方支持部813は、テープカセット30がカセット装着部8に装着された場合、後方凹部360(図16参照)を支持する。

0037

後方支持部813には、複数の検出スイッチ310を含む後方検出部300が設けられている。検出スイッチ310のスイッチ端子317(図13参照)は、後方支持部813から上方に突出している。テープカセット30がカセット装着部8に装着されると、スイッチ端子317は底面302側(詳細には、図16に示す後方段差壁360A)と対向する。以下では、後方検出部300に設けられた検出スイッチ310を、後方検出スイッチ310という。本実施形態の後方検出部300は、5つの後方検出スイッチ310A〜310Eを有する。

0038

図4図8に示すように、ヘッドホルダ74の後側には、カセットフック75が立設されている。カセットフック75は、突出部751および爪部752を備えている(図49参照)。突出部751は、キャビティ811の底面(図示せず)から略垂直に上方へ突出する板状体である。爪部752は、突出部751の上端部から後方(図49では左方向)に突出する、断面視略三角形状突起部である。突出部751は、前後方向(図4の上下方向)の可撓性を有している。爪部752は、テープカセット30がカセット装着部8に装着された場合、係止部397(図49参照)に係止される。

0039

ヘッドホルダ74の前側には、アーム状のプラテンホルダ12が設けられている。プラテンホルダ12は、軸支部121を中心に揺動可能に軸支されている。プラテンホルダ12の先端側には、プラテンローラ15および可動搬送ローラ14が回転可能に軸支されている。プラテンローラ15は、サーマルヘッド10に相対して、サーマルヘッド10と接離可能である。可動搬送ローラ14は、テープ駆動軸100に装着されているテープ駆動ローラ46に相対して、テープ駆動ローラ46と接離可能である。

0040

プラテンホルダ12には、カセットカバー6の開閉に連動して左右方向に移動する図示外のリリースレバーが連結されている。カセットカバー6が開放されると、リリースレバーが右方向に移動して、プラテンホルダ12が図5に示す待機位置に向けて移動する。図5に示す待機位置では、プラテンホルダ12がカセット装着部8から離間しているので、人がテープカセット30をカセット装着部8に対して着脱可能である。プラテンホルダ12は、図示外の巻きバネにより常に待機位置に弾性付勢されている。

0041

カセットカバー6が閉鎖されると、リリースレバーが左方向に移動して、プラテンホルダ12が図6図8に示す印字位置に向けて移動する。図6図8に示す印字位置では、プラテンホルダ12がカセット装着部8に近接している。具体的には、図6に示すように、ラミネートタイプのテープカセット30がカセット装着部8に装着されている場合、プラテンローラ15がフィルムテープ59とインクリボン60とを介してサーマルヘッド10を押圧する。同時に、可動搬送ローラ14が両面粘着テープ58とフィルムテープ59とを介してテープ駆動ローラ46を押圧する。

0042

図7に示すように、レセプタタイプのテープカセット30がカセット装着部8に装着されている場合、プラテンローラ15が印字テープ57とインクリボン60とを介してサーマルヘッド10を押圧する。同時に、可動搬送ローラ14が印字テープ57を介してテープ駆動ローラ46を押圧する。図8に示すように、サーマルタイプのテープカセット30がカセット装着部8に装着されている場合、プラテンローラ15が感熱紙テープ55を介してサーマルヘッド10を押圧する。同時に、可動搬送ローラ14が感熱紙テープ55を介してテープ駆動ローラ46を押圧する。

0043

図6図8に示す印字位置では、テープ印字装置1がカセット装着部8に装着されているテープカセット30を使用して印字を行うことが可能である。感熱紙テープ55、印字テープ57、両面粘着テープ58、フィルムテープ59およびインクリボン60の詳細は、後述する。

0044

排出スリット111(図2参照)の右側には、印字済テープ50を所定位置で切断するカット機構17が設けられている。カット機構17は、固定刃18と移動刃19とを有する。移動刃19は、固定刃18に対向して前後方向(図4図8の上下方向)に移動可能である。

0045

図4図8に示すように、プラテンホルダ12の後側面には、その長手方向の中間位置からやや右側に、複数の検出スイッチ210を含むアーム検出部200が設けられている。以下では、プラテンホルダ12の後側面、つまり、サーマルヘッド10と対向する側の面を、カセット対向面122という。検出スイッチ210のスイッチ端子222(図12参照)は、カセット対向面122からカセット装着部8に向けて略水平に突出している。

0046

言い換えると、スイッチ端子222は、カセット装着部8に対するテープカセット30の着脱方向(図3の上下方向)と略直交する方向に突出している。テープカセット30がカセット装着部8に装着されると、スイッチ端子222はテープカセット30の前面(詳細には、アーム前面壁35)と対向する。以下では、アーム検出部200に設けられた検出スイッチ210を、アーム検出スイッチ210という。本実施形態のアーム検出部200は、5つのアーム検出スイッチ210A〜210Eを有する。

0047

図9および図10を参照して、ヘッドホルダ74の詳細について説明する。図9および図10に示すように、ヘッドホルダ74は、1枚の板状部材で形成されており、台座部743とヘッド固着部744とを備えている。台座部743は、キャビティ811の底面(図示せず)の下方に固定されている。ヘッド固着部744は、台座部743から略垂直に屈曲されて上方へ延び、且つ、左右方向に沿って配置されている。

0048

テープカセット30がカセット装着部8に装着された場合、ヘッドホルダ74はヘッド挿入部39に挿入される。ただし、ヘッドホルダ74がヘッド挿入部39に挿入された状態で、ヘッドホルダ74の右端部がヘッド挿入部39の右端部よりも右側に延びている。サーマルヘッド10は、ヘッド固着部744の前面に固着されている(図5図8参照)。

0049

ヘッド固着部744には、第1支持部741および第2支持部742が設けられている。第1支持部741および第2支持部742は、テープ印字装置1に装着されているテープカセット30を下方から支持する。第1支持部741は、ヘッド固着部744の右端部を正面視でL字型切り欠くことにより所定の高さ位置に形成された段差部である。第2支持部742は、ヘッド固着部744の左端部からヘッド固着部744に対して略垂直に屈曲して後方へ延びる側面視長方形状延設片である。第1支持部741および第2支持部742は、同一の上下方向位置(高さ位置)に設けられている。

0050

つまり、第1支持部741と第2支持部742とは、平面視で互いに略直交する方向に延びている。第1支持部741と第2支持部742は、それぞれ、サーマルヘッド10に対するテープ搬送方向の上流側と下流側とにおいて、テープカセット30を同一の高さ位置で支持する。第1支持部741および第2支持部742は、サーマルヘッド10の上下方向中心位置から上下方向に所定距離離れた位置に設定されている。よって、第1支持部741および第2支持部742は、サーマルヘッド10の上下方向中心位置に対してテープカセット30を上下方向に位置決めする基準となる。

0051

図11および図12を参照して、アーム検出スイッチ210の詳細について説明する。図11に示すように、プラテンホルダ12のカセット対向面122には、5つの貫通孔123が上下方向に3列に並べて設けられている。具体的には、最上列に2つ、真ん中の列に2つ、最下列に1つの配置である。貫通孔123の左右方向の位置は、それぞれ異なっている。

0052

すなわち、カセット対向面122の右側(図11の左側)から順に、最下列、最上列の右側、真ん中の列の右側、最上列の左側、そして真ん中の列の左側の順に、5つの貫通孔123がジグザグに配置されている。これらの貫通孔123に対応して、カセット対向面122の左側(図11の右側)から順に、5つのアーム検出スイッチ210A、210B、210C、210D、210Eが設けられている。

0053

図12に示すように、アーム検出スイッチ210は、本体部221およびスイッチ端子222を備えている。本体部221は、プラテンホルダ12の内部で水平に設置された円筒体である。本体部221の前端部(図12の右端部)は、プラテンホルダ12の内部に設置されているスイッチ支持板220に固定されている。

0054

スイッチ端子222は、本体部221の後端部(図12の左端部)に設けられた棒状体であり、貫通孔123を介して略水平に進退可能である。スイッチ端子222は、本体部221の内部に設けられたバネ部材(図示せず)によって、常には本体部221から後方側(図12の左側)に伸出した状態に保持される。スイッチ端子222は、後方から押圧されていないときは本体部221から伸出した状態(オフ状態)になり、後方から押圧されているときは本体部221内に押し込まれた状態(オン状態)になる。

0055

カセット装着部8にテープカセット30が装着されている場合、プラテンホルダ12が待機位置に向けて移動すると(図5参照)、アーム検出スイッチ210はテープカセット30から離間するため、全てオフ状態となる。プラテンホルダ12が印字位置に向けて移動すると(図6図8参照)、アーム検出スイッチ210は、後述のアーム指標部800(図3参照)によって選択的に押圧される。テープ印字装置1は、アーム検出スイッチ210のオンオフ組合せに基づいて、テープカセット30のテープ種類を検出する。

0056

図11および図12に示すように、プラテンホルダ12のカセット対向面122には、左右方向に延びる突起部である係止片225が設けられている。具体的には、係止片225は、カセット対向面122から後方側(図12の左側)に突出するように、プラテンホルダ12と一体成形されている。つまり、係止片225は、スイッチ端子222と同様に、カセット対向面122からカセット装着部8に向けて略水平に突出している。カセット対向面122を基準とした係止片225の突出高さは、カセット対向面122を基準としたスイッチ端子222の突出高さよりも若干大きい。

0057

係止片225は、先端側(図12の左側)に向けて厚みが漸減するように、下面の一部が水平方向に対して傾斜した傾斜部226を有する。係止片225は、テープカセット30がカセット装着部8の適正位置に装着された状態で、係止孔820(図3参照)と相対する高さ位置に設けられている。本実施形態では、係止片225は、カセット対向面122において、上下方向においては最上列のアーム検出スイッチ210より上方、左右方向においては最下列のアーム検出スイッチ210に重なる位置に配置されている。

0058

図4および図13を参照して、後方検出スイッチ310の詳細について説明する。図4に示すように、後方支持部813には、5つの貫通孔814が前後方向に2列に並べて設けられている。具体的には、後側の列に4つ、前側の列に1つの配置である。これらの貫通孔814に対応して、4つの後方検出スイッチ310A〜310Dが右側(図13では左側)から順に後方支持部813の後端部に沿って1列に並び、且つ、左から2番目の後方検出スイッチ310Cの前側に、残る1つの後方検出スイッチ310Eが並んでいる。

0059

図13に示すように、後方検出スイッチ310は、本体部316およびスイッチ端子317を備えている。本体部316は、後方支持部813の下方で垂直に設置された円筒体である。本体部316の下端は、本体カバー2の内部に設置されているスイッチ支持板315に固定されている。

0060

スイッチ端子317は、本体部316の上端部に設けられた棒状体であり、貫通孔814を介して上下方向に進退可能である。スイッチ端子317は、本体部316の内部に設けられたバネ部材(図示せず)によって、常には本体部316から上方に伸出した状態に保持される。スイッチ端子317は、上方から押圧されていないときは本体部316から伸出した状態(オフ状態)になり、上方から押圧されているときに本体部316内に押し込まれた状態(オン状態)になる。

0061

テープカセット30がカセット装着部8に装着されていない場合、後方検出スイッチ310はテープカセット30から離間しているため、全てがオフ状態となる。テープカセット30がカセット装着部8の適正位置に装着されると、後方検出スイッチ310は、後述の後方指標部900(図16参照)によって選択的に押圧される。テープ印字装置1は、後方検出スイッチ310のオン・オフの組合せに基づいて、テープカセット30のテープ種類を検出する。

0062

図4を参照して、カセット装着部8に立設された各部材の位置関係について説明する。図4における二点鎖線は、平面視でテープ駆動軸100とガイド軸120とを結んだ仮想線である分割線Jを示している。テープ駆動軸100、ガイド軸120、補助軸110、リボン巻取軸95、ヘッドホルダ74は、テープカセット30がカセット装着部8に装着された状態で、ローラ支持孔64、ガイド孔47、第1テープ支持孔65、巻取スプール支持孔68、ヘッド挿入部39と対応する位置にそれぞれ設けられている(図45参照)。

0063

テープ駆動軸100は、カセット装着部8における左前方に位置する角部を含む領域P1に立設されている。領域P1は、カセット装着部8の前部中央に固設されたヘッドホルダ74の左側に位置している。言い換えると、領域P1は、テープ搬送方向におけるサーマルヘッド10の印字位置よりも下流側に位置している。ガイド軸120は、カセット装着部8における右後方に位置する角部を含む領域P2に立設されている。つまり、カセット装着部8を平面視した場合、領域P2に含まれる角部は、領域P1に含まれる角部の対角に位置している。

0064

平面視、カセット装着部8を分割線Jで分割した場合に、分割線Jよりも後側を占めるのが領域P3であり、分割線Jよりも前側を占めるのが領域P4である。補助軸110は、領域P3に立設されており、詳細にはカセット装着部8の平面視中央よりも左後側に位置している。リボン巻取軸95は、領域P4に立設されており、詳細にはカセット装着部8の平面視中央よりも右前側に位置している。つまり、補助軸110およびリボン巻取軸95は、平面視で分割線Jを中心としてほぼ対称に位置している。

0065

テープ駆動軸100の後側には、位置決めピン102が隣接して設けられている。ガイド軸120の前側には、位置決めピン103が隣接して設けられている。位置決めピン102,103は、カセット装着部8に装着されたテープカセット30を、それぞれテープ駆動軸100およびガイド軸120の近傍で位置決めする。

0066

図14を参照して、テープ印字装置1の電気的構成について説明する。図14に示すように、テープ印字装置1は、制御基板上に形成された制御回路部600を備えている。制御回路部600では、ROM602、CGROM603、RAM604、入出力インターフェース611が、データバス610を介してCPU601に接続されている。

0067

ROM602には、CPU601がテープ印字装置1を制御するために実行する各種プログラムが記憶されている。カセット装着部8に装着されたテープカセット30のテープ種類を特定するためのテーブル(図40図44参照)も、ROM602に記憶されている。CGROM603には、キャラクタを印字するための印字用ドットパターンデータが記憶されている。RAM604には、テキストメモリ印字バッファ等、複数の記憶エリアが設けられている。

0068

入出力インターフェース611には、アーム検出スイッチ210A〜210E、後方検出スイッチ310A〜310E、キーボード3、液晶駆動回路(LCDC)605、駆動回路606、607、608等が接続されている。駆動回路606は、サーマルヘッド10を駆動するための電子回路である。駆動回路607は、テープ駆動モータ23を駆動するための電子回路である。駆動回路608は、カッターモータ24を駆動するための電子回路である。カッターモータ24は、印字済テープ50を切断するために、移動刃19を前後方向に移動させる。LCDC605は、ディスプレイ5に表示データを出力するためのビデオRAM(図示外)を有する。

0069

次に、図3図5図8図15図44を参照して、テープカセット30について説明する。説明の便宜上、図18図19および図32では、上ケース311および下ケース312に分解されたカセットケース31が、内部に収納されるテープ類およびスプール類を取り除いて図示されている。ただし、図32では、フィルムテープ59、インクリボン60、およびこれらに関する部材が図示されている。図28では、分離部61近傍の構成のうち、フィルムテープ59、インクリボン60および規制部材361、362を仮想線で示している。図29では、上ケース311を取り除いたラミネートタイプのテープカセット30が図示されている。

0070

テープカセット30の概略構成について説明する。テープカセット30は、内部に収納されるテープの種類、および、インクリボンの有無などを適宜変更することによって、前述のサーマルタイプ、レセプタタイプ、ラミネートタイプ等に実装可能な汎用カセットである。

0071

図3図15図17に示すように、テープカセット30は、その筐体であるカセットケース31を備えている。カセットケース31は、全体としては平面視で丸みを帯びた角部を有する略直方体状箱型)である。カセットケース31は、上ケース311および下ケース312を含む。下ケース312は、カセットケース31の底面302を形成する底板306(図20参照)を含む。上ケース311は、カセットケース31の上面301を形成する上板305(図22参照)を含み、下ケース312の上部に固定される。底面302から上面301までの距離を、テープカセット30またはカセットケース31の高さという。

0072

本実施形態のカセットケース31は、上板305および底板306の周縁全体が側面を形成する周壁によって囲われているが、必ずしも全体が囲われている必要はない。例えば、周壁の一部(例えば背面)にカセットケース31内を露出させるような開口部が設けられていたり、その開口部を臨む位置に上板305および底板306を接続するボスが設けられたりしてもよい。

0073

カセットケース31は、テープカセット30のテープ種類にかかわらず、同一の幅(上下方向の長さが同一)に形成された4つの角部321〜324を有する。以下では、左後方の角部を第1角部321、右後方の角部を第2角部322、右前方の角部を第3角部323、左前方の角部を第4角部324と呼ぶ。第1〜第3角部321〜323は、平面視で直角をなすようにカセットケース31の側面から外側方向に突出している。第4角部324は、排出案内部49が角に設けられているため、直角をなしていない。角部321〜324の下面は、テープカセット30がカセット装着部8に装着されたときに、角支持部812に支持される部位である。

0074

図16に示すように、第4角部324および第2角部322の下面の2箇所に、テープ印字装置1の位置決めピン102、103に対応するピン孔62、63が設けられている。具体的には、第4角部324の下面に設けられた凹部が、位置決めピン102が挿入されるピン孔62である。第2角部322の下面に設けられた凹部が、位置決めピン103が挿入されるピン孔63である。

0075

図3および図17に示すように、カセットケース31の上下方向(つまり、上面301と底面302とが対向する高さ方向)において角部321〜324と同一の位置、且つ、同一の幅でカセットケース31の側面を全周に亘って取り巻く部位(角部321〜324を含む)を、共通部32という。詳細には、共通部32は、カセットケース31の上下方向における中心線Nに関して、上下方向に対称の幅を有する部位である(図39参照)。テープカセット30の高さは、カセットケース31に収納されるテープの幅に応じて異なっている。一方、共通部32の幅(上下方向の長さ)Tは、カセットケース31に収納されるテープの幅にかかわらず、同一寸法に設定されている。

0076

具体的には、テープカセット30のテープ幅が大きくなると(例えば、18mm、24mm、36mm)、それに応じてカセットケース31の高さも大きくなる。一方、共通部32の幅T(図39参照)は、テープ幅に関係なく、例えば12mmで一定である。なお、テープ幅が共通部32の幅T以下である場合(例えば、6mm、12mm)、カセットケース31の高さ(つまり、幅)は、共通部32の幅Tに所定幅を加えた大きさで一定である。この場合、カセットケース31の高さは最も小さくなる。

0077

カセットケース31には、カセットケース31内に装着されるスプール類を回転可能に支持するための4つの支持孔65〜68が複数設けられている。以下では、カセットケース31の左側後部、右側後部、右側前部に設けられた孔部を、それぞれ、第1テープ支持孔65、第2テープ支持孔66、リボン支持孔67と呼ぶ。平面視で第1テープ支持孔65とリボン支持孔67との間に設けられた孔部を、巻取スプール支持孔68と呼ぶ。

0078

第1テープ支持孔65は、第1テープスプール40(図5参照)を回転可能に支持する。第2テープ支持孔66は、第2テープスプール41(図5参照)を回転可能に支持する。リボン支持孔67は、リボンスプール42(図5参照)を回転可能に支持する。巻取スプール支持孔68は、リボン巻取スプール44(図5参照)を回転可能に支持する。リボン巻取スプール44の下部には、クラッチバネ340(図16参照)が取り付けられている。クラッチバネ340は、リボン巻取スプール44が逆転することで巻き取ったインクリボン60が緩んでしまうのを防止するコイルバネである。

0079

図5図8に示すように、カセットケース31内には、第1テープ領域400、第2テープ領域410、第1リボン領域420および第2リボン領域440が設けられている。第1テープ領域400および第2テープ領域410は、それぞれテープを収納可能な領域である。第1リボン領域420は、未使用のインクリボン60を収納可能な領域である。第2リボン領域440は、印字に使用された後のインクリボン60(以下、使用済みのインクリボン60)を収納可能な領域である。テープおよびインクリボン60は、各々の幅方向がテープカセット30の上下方向と平行となるように、カセットケース31内で収納および搬送される。

0080

第1テープ領域400は、第1角部321に隣接した、カセットケース31内の左半分をほぼ占める平面視略円形の領域である。第2テープ領域410は、第2角部322に隣接した、カセットケース31内の右後部に設けられた平面視略円形の領域である。第1リボン領域420は、第3角部323およびヘッド挿入部39に隣接した、カセットケース31内の右前部に設けられた領域である。第2リボン領域440は、カセットケース31内で第1テープ領域400と第1リボン領域420との間に設けられた領域である。支持孔65〜68は、平面視で、それぞれ第1テープ領域400、第2テープ領域410、第1リボン領域420、第2リボン領域440の略中央部に設けられている。

0081

図5および図6に示すラミネートタイプのテープカセット30では、カセットケース31内に、両面粘着テープ58、フィルムテープ59、およびインクリボン60の3種類のロール体が収納される。両面粘着テープ58は、両面に接着剤が塗布され、且つ一面に剥離紙が貼着されたテープである。フィルムテープ59は、インクリボン60を用いた印字が施される印字面を有する透明なテープである。インクリボン60は、インクが一面に塗布されたインク面を有する。

0082

第1テープ領域400には、剥離紙を外側に向けて第1テープスプール40に巻回された両面粘着テープ58が収納される。第2テープ領域410には、印字面を内側に向けて第2テープスプール41に巻回されたフィルムテープ59が収納される。第1リボン領域420には、インク面を内側に向けてリボンスプール42に巻回された未使用のインクリボン60が収納される。第2リボン領域440には、リボン巻取スプール44に巻き取られた使用済みのインクリボン60が収納される。

0083

ラミネートタイプのテープカセット30では、フィルムテープ59の引き出しに伴って、第2テープスプール41が平面視で時計回り方向に回転する。第2テープスプール41から引き出されたフィルムテープ59は、カセットケース31の右前隅部(図5および図6では右下隅部)に向けて搬送される。カセットケース31の右前隅部では、リボンスプール42に巻回されているインクリボン60の外周に沿って、且つ、インクリボン60に対して間隔を置いて、フィルムテープ59が搬送される。これにより、搬送中のフィルムテープ59と、リボンスプール42に巻回されているインクリボン60との接触が抑制されるため、フィルムテープ59を安定的に搬送できる。

0084

インクリボン60の引き出しに伴って、リボンスプール42が平面視で反時計回り方向に回転する。リボンスプール42から引き出されたインクリボン60は、搬送ピン531に向けて搬送される。両面粘着テープ58の引き出しに伴って、第1テープスプール40が平面視で反時計回り方向に回転する。第1テープスプール40から引き出された両面粘着テープ58は、カセットケース31の左前隅部(図5および図6では左下隅部)に設けられたテープ駆動ローラ46に向けて搬送される。

0085

図7に示すレセプタタイプのテープカセット30では、印字テープ57およびインクリボン60の2種類のロール体が、カセットケース31内に収納される。印字テープ57は、インクリボン60を用いた印字が施される印字面を有し、且つ、印字面とは反対側の面に剥離紙が貼着された片面テープである。第1テープ領域400には、剥離紙を外側に向けて第1テープスプール40に巻回された印字テープ57が収納される。第1リボン領域420には、リボンスプール42に巻回された未使用のインクリボン60が収納される。第2リボン領域440には、リボン巻取スプール44に巻き取られた使用済みのインクリボン60が収納される。第2テープ領域410には何も収納されないため、第2テープスプール41は設けられていない。

0086

レセプタタイプのテープカセット30では、印字テープ57の引き出しに伴って、第1テープスプール40が平面視で時計回り方向に回転する。第1テープスプール40から引き出された印字テープ57は、カセットケース31の右前隅部に向けて搬送される。インクリボン60の引き出しに伴って、リボンスプール42が平面視で反時計回り方向に回転する。リボンスプール42から引き出されたインクリボン60は、搬送ピン531に向けて搬送される。

0087

図8に示すサーマルタイプのテープカセット30では、感熱紙テープ55の1種類のロール体が、カセットケース31内に収納される。感熱紙テープ55は、感熱方式で印字が施される印字面を有し、且つ、印字面とは反対側の面に剥離紙が貼着された片面テープである。第1テープ領域400には、剥離紙を外側に向けて第1テープスプール40に巻回された感熱紙テープ55が収納される。第2テープ領域410、第1リボン領域420、および第2リボン領域440には何も収納されないため、第2テープスプール41、リボンスプール42、およびリボン巻取スプール44は設けられていない。

0088

サーマルタイプのテープカセット30では、感熱紙テープ55の引き出しに伴って、第1テープスプール40が平面視で時計回り方向に回転する。第1テープスプール40から引き出された感熱紙テープ55は、カセットケース31の右前隅部に向けて搬送される。

0089

図5図8に示すように、カセットケース31の右前隅部、すなわち第1リボン領域420の右前側には、屈曲部533が立設されている。屈曲部533は、屈曲部533を経由するテープの搬送経路を、第1リボン領域420の外周に沿って鋭角状に屈曲させるピンである。カセットケース31の左前隅部に向けて搬送されたテープは、屈曲部533を経由してカセットケース31の左前隅部に向けて搬送され、後述のアーム部34内に案内される。

0090

屈曲部533は、円筒状の回転体であるコロ部材535の軸孔に挿入されている。屈曲部533は、コロ部材535を回転可能に支持する。コロ部材535は、屈曲部533を経由するテープに接触して回転する。コロ部材535の回転によって、屈曲部533を経由するテープは、カセットケース31の左前隅部に向けて円滑に送り出される。

0091

搬送ピン531は、第1リボン領域420の左側、且つ、第1円筒部材881B(図18参照)の右前部に設けられている。搬送ピン531は、インクリボン60の搬送経路をアーム部34の内部に向けて屈曲させるピンである。リボンスプール42から引き出されたインクリボン60は、搬送ピン531を経由して、アーム部34内に案内される。

0092

第1リボン領域420の右側には、底板306から立設された規制リブ532が設けられている。言い換えると、規制リブ532は、屈曲部533よりもテープの搬送方向上流側に設けられた板状部材である。規制リブ532は、カセットケース31の右側面から左方向に延び、且つ、左端部がテープの搬送経路の近傍に位置している。規制リブ532は、搬送中のテープには接触しない一方、裏面(印字面とは反対側の面)側へ移動しようとするテープに接触する。つまり、規制リブ532は、第1リボン領域420の近傍でテープが広がるのを規制する。

0093

図3および図17に示すように、カセットケース31の前面には、平面視で略半円状の溝部である半円溝84が設けられている。半円溝84は、カセットケース31の上下方向に亘って設けられている。半円溝84は、テープカセット30がカセット装着部8に装着されたときに、プラテンホルダ12の軸支部121がカセットケース31と干渉しないように設けられた逃がし部である。

0094

カセットケース31の前面壁のうち、半円溝84から左に延びる部分は、アーム前面壁35である。アーム前面壁35から後方へ離間した位置に上下方向に亘って設けられた壁部は、アーム背面壁37である。アーム前面壁35およびアーム背面壁37とで前後に規定される、テープカセット30の右前部から左方に延びる部位が、アーム部34である。

0095

アーム前面壁35の左端部は、後方へ向かって屈曲している。アーム前面壁35とアーム背面壁37の左端部との間で上下方向に延びる隙間が、排出口341である。排出口341は、アーム部34からテープ(およびインクリボン60)を排出する。アーム前面壁35のうちで排出口341に隣接する左端部が、アーム先端部85である。アーム先端部85のうちで上ケース311および下ケース312が接離される部分が、接離部86である。アーム前面壁35には、アーム指標部800および係止孔820が設けられているが、詳細は後述する。

0096

図5図8に示すように、アーム部34内では、第1テープスプール40または第2テープスプール41から引き出されたテープが、アーム前面壁35と略平行に延びる搬送経路に沿って案内され、排出口341から排出される。リボンスプール42から引き出されたインクリボン60は、アーム部34内でテープとは異なる搬送経路に沿って案内され、排出口341から排出される。ただし、ラミネートタイプのテープカセット30では、アーム部34内を案内されたフィルムテープ59およびインクリボン60が、排出口341で重ね合わされて排出される。レセプタタイプのテープカセット30では、アーム部34内を案内された印字テープ57およびインクリボン60が、排出口341で重ね合わされて排出される。

0097

アーム背面壁37の右端部から後方に延び、且つ、アーム背面壁37と平行に延びる周壁は、ヘッド周壁36である。アーム背面壁37とヘッド周壁36とによって規定される、テープカセット30を上下方向に貫通する平面視略長方形状の空間は、ヘッド挿入部39である。ヘッド挿入部39は、テープカセット30の前面側に設けられた露出部77を介して、テープカセット30の前面側でも外部とつながっている。ヘッド挿入部39には、サーマルヘッド10を支持するヘッドホルダ74が挿入される。

0098

露出部77では、排出口341から排出されたテープの一面(裏面)が前方に露出し、且つ他面(印字面)がサーマルヘッド10に対向する。サーマルヘッド10は、露出部77に位置するテープに印字を行う。ただし、ラミネートタイプのテープカセット30では、露出部77に排出されたフィルムテープ59の印字面が、インクリボン60を挟んでサーマルヘッド10に対向する。レセプタタイプのテープカセット30では、露出部77に排出された印字テープ57の印字面が、インクリボン60を挟んでサーマルヘッド10に対向する。サーマルヘッド10は、露出部77に位置する印字テープ57またはフィルムテープ59にインクリボン60を用いた印字を行う。

0099

図5図8および図17に示すように、ヘッド挿入部39の左側には、分離部61が設けられている。分離部61は、露出部77のテープ搬送方向下流側で、印字に使用されたテープおよびインクリボン60を分離する部位である。分離部61は、規制部材361、362、リボン案内壁38、隔離壁43などを含む。

0100

規制部材361、362は、印字が施されたテープを排出案内部49に向かって案内する、上下一対の板状体である。リボン案内壁38は、使用済みのインクリボン60をリボン巻取スプール44に向かって案内する壁部である。隔離壁43は、ラミネートタイプのテープカセット30において、リボン案内壁38に沿って案内される使用済みのインクリボン60と、テープ駆動ローラ46に向けて引き出される両面粘着テープ58とが接触するのを防ぐ壁部である。

0101

リボン案内壁38とリボン巻取スプール44との間には、隔離壁48が設けられている。隔離壁48は、第1テープ領域400の前側に設けられ、且つ、第1テープ領域400の外周縁の一部に沿って設けられている。隔離壁48は、リボン案内壁38からリボン巻取スプール44に向けて案内される使用済みのインクリボン60と、第1テープスプール40に巻回されている両面粘着テープ58とが互いに接触するのを防止する壁部である。

0102

分離部61の左側(つまり、テープ搬送方向の下流側)には、ローラ支持孔64が設けられている。ローラ支持孔64の内側には、テープ駆動ローラ46が回転可能に軸支されている。図5および図6に示すように、ラミネートタイプのテープカセット30がカセット装着部8に装着されている場合、テープ駆動ローラ46と可動搬送ローラ14との協働によって、第2テープスプール41からフィルムテープ59が引き出され、且つ、第1テープスプール40から両面粘着テープ58が引き出される。

0103

印字後のフィルムテープ59は、規制部材361、362によってテープ搬送方向の下流側に案内される。印字後のフィルムテープ59がテープ駆動ローラ46と可動搬送ローラ14との間を経由するときに、両面粘着テープ58がフィルムテープ59の印字面に接着される。接着後のフィルムテープ59、すなわち印字済テープ50は、排出案内部49に向かって搬送される。

0104

図7に示すように、レセプタタイプのテープカセット30がカセット装着部8に装着されている場合、テープ駆動ローラ46と可動搬送ローラ14との協働によって、第1テープスプール40から印字テープ57が引き出される。印字後の印字テープ57、すなわち印字済テープ50は、規制部材361、362によってテープ搬送方向の下流側に案内され、テープ駆動ローラ46と可動搬送ローラ14との間を経由して排出案内部49に向かって搬送される。

0105

図8に示すように、サーマルタイプのテープカセット30が装着されている場合は、テープ駆動ローラ46と可動搬送ローラ14との協働によって、第1テープスプール40から感熱紙テープ55が引き出される。印字後の感熱紙テープ55、すなわち印字済テープ50は、規制部材361、362によってテープ搬送方向の下流側に案内され、テープ駆動ローラ46と可動搬送ローラ14との間を経由して排出案内部49に向かって搬送される。

0106

図5図8に示すように、排出案内部49は、カセットケース31の左側面の前端部から僅かに前方に離間して設けられた、上面301と底面302に亘る板状部材である。排出案内部49は、テープ駆動ローラ46を経由して搬送されてきた印字済テープ50を、カセットケース31の左側面の前端部との間に形成される通路内に案内する。印字済テープ50は、この通路終端からテープカセット30の外部に排出される。

0107

カセットケース31の右後部には、テープカセット30の着脱時にガイド軸120が挿脱されるガイド孔47が設けられている。本実施形態のガイド孔47の開口形状は、平面視で分割線K(図15参照)と平行な両辺が直線状であり、且つ、分割線Kに略直交する両辺がガイド孔47の開口中心からの距離が一定となるような曲線状である。言い換えると、ガイド孔47は、分割線Kと直交する方向に開口幅が小さく、且つ、分割線Kに沿って延びる長孔である。

0108

ガイド孔47の開口幅は、平面視でガイド孔47の開口中心を通る全ての方向について、ガイド軸120の小径軸部120B(図45参照)の直径よりも大きい。ただし、ガイド孔47は、平面視でガイド孔47の開口中心を通る分割線Kにおける開口幅が最も大きい。ガイド孔47は、平面視でガイド孔47の開口中心を通り、且つ、分割線Kと直交する線(図15に示す仮想線G)における開口幅が最も小さい。仮想線Gにおけるガイド孔47の開口幅は、ガイド軸120の大径軸部120A(図45参照)の直径と略等しい。

0109

図16図18および図19に示すように、カセットケース31の後部における左右方向の略中央位置には、後方凹部360が設けられている。後方凹部360は、底板306の一部を底面302よりも上方に向けて凹ませた凹部である。言い換えると、後方凹部360は、第1テープ領域400と第2テープ領域410とカセットケース31の背面との間に形成された段差部である。

0110

後方凹部360は、底面302より上方に位置する平面状の壁部(凹部の底部分)である後方段差壁360Aを有する。後方段差壁360Aは、後方支持部813(図3参照)と略対応する形状、すなわち底面視で略三角形状を有する。後方段差壁360Aは、共通部32の下端部と同じ高さ位置に形成されている。そのため、カセットケース31の中心線Nから後方段差壁360Aまでの距離は、共通部32と同様に、テープカセット30のテープ種類にかかわらず一定である。後方段差壁360Aには、後述の後方指標部900が設けられている。

0111

図15図28を参照して、上ケース311および下ケース312の詳細な構造について説明する。特に、上ケース311と下ケース312とを連結するための構造と、テープおよびインクリボン60の幅方向位置を規制するための構造とを、上ケース311と下ケース312とに分けて説明する。

0112

図16図21図27および図28を参照して、下ケース312の構造について説明する。図18および図19に示すように、下ケース312の外形は、底板306と下周壁304とで形成されている。下周壁304は、底面302の外縁に沿って、底板306から所定の高さで上方へ延びる側壁である。下周壁304のうち、アーム前面壁35の下側部分を構成する壁部は、下アーム前面壁35Bである。下アーム前面壁35Bから後方へ離間して底板306から立設された壁部は、アーム背面壁37の下側部分を構成する下アーム背面壁37Bである。下アーム背面壁37Bに連続して延びる周壁は、ヘッド周壁36の下側部分を構成する下ヘッド周壁36Bである。

0113

下ケース312におけるヘッド挿入部39周辺の詳細な構成について、説明する。図16および図20に示すように、下ケース312のヘッド挿入部39の外周上には、第1受け部391および第2受け部392が設けられている。言い換えると、第1、第2受け部391、392は、ヘッド挿入部39を臨む位置に設けられている。第1、第2受け部391、392は、カセット装着部8に装着されるテープカセット30の上下方向の位置決めに使用される。

0114

具体的には、サーマルヘッド10(図5参照)の挿入位置(詳細には、印字位置)を基準として、テープ搬送方向の上流側および下流側の2箇所に、第1受け部391および第2受け部392が設けられている。第1受け部391は、アーム部34のテープ搬送方向上流側の端部、およびヘッド挿入部39の上流側端部に連接している。第2受け部392は、ヘッド挿入部39の下流側端部に連接している。

0115

第1、第2受け部391、392は、いずれも底板306の一部を底面302よりも上方に向かって凹ませた凹部である。さらに、第1受け部391は、アーム前面壁35に沿った方向にヘッド挿入部39から凹んでいる。第2受け部392は、アーム前面壁35とは直交する方向にヘッド挿入部39から凹んでいる。つまり、第1受け部391と第2受け部392とは、互いに直交する方向でヘッド挿入部39を臨んでいる。

0116

第1、第2受け部391、392は、それぞれ、第1下側平面部391Bおよび第2下側平面部392Bを有する。第1、第2下側平面部391B、392Bは、底面302より上方に位置する底面視略長方形状の平面部(凹部の底部分)の下側の面である。

0117

下ケース312における第1、第2下側平面部391B、392Bの高さ位置(つまり、上下方向位置)と、カセットケース31に収納されるテープおよびインクリボン60の幅方向中心位置とは、テープカセット30のテープ種類にかかわらず、つまりテープカセット30の上下方向の高さが異なっていても一定である。よって、テープカセット30に収納されるテープおよびインクリボン60の幅がより大きいほど、第1下側平面部391Bの高さ位置を基準とした第1受け部391の深さは大きくなり、且つ、第2下側平面部392Bの高さ位置を基準とした第2受け部392の深さは大きくなる。

0118

本実施形態では、第1、第2下側平面部391B、392Bは、テープおよびインクリボン60の幅方向中心位置から上下方向に同一の距離だけ離れた位置にある。つまり、第1、第2下側平面部391B、392Bは、下ケース312において同一の高さ位置にある。なお、テープおよびインクリボン60の幅方向中心位置と、カセットケース31の上下方向中心位置とは一致している。

0119

第1、第2下側平面部391B、392Bは、それぞれ、下ケース312における基準面である。基準面とは、ある部位の寸法設定寸法測定の際に基準として用いられる面である。本実施形態では、第1、第2下側平面部391B、392Bは、テープおよびインクリボン60の幅方向への移動を規制する各種規制部に対する基準面である。また、第1、第2下側平面部391B、392Bは、テープカセット30がカセット装着部8に装着された場合、それぞれ、第1、第2支持部741、742(図5参照)によって下方から支持される部位としても機能する。

0120

図16および図20に示すように、下ケース312のヘッド挿入部39の外周上(つまり、ヘッド挿入部39を臨む位置)には、係止部397が設けられている。詳細には、係止部397は、下ヘッド周壁36Bの左右方向のほぼ中心位置に設けられ、下アーム背面壁37Bと前後方向に対向している。係止部397は、下ヘッド周壁36Bの底面302から所定高さより上の一部分を切り欠くことによって形成されている。係止部397(切り欠かれた下ヘッド周壁36Bの上端)は、テープカセット30がカセット装着部8に装着された場合に、カセットフック75の爪部752(図49参照)が係止される。

0121

下ケース312におけるアーム部34近傍を構成する部分の詳細について、説明する。図17図20に示すように、下ケース312におけるアーム部34の構成部分は、下アーム前面壁35B、下アーム背面壁37B、および分離壁33を含む。分離壁33は、下アーム前面壁35Bと下アーム背面壁37Bとの間に設けられた、底板306から上方に延びる壁部である。下アーム前面壁35Bにおける左端部の近傍には、金型孔850が設けられている。金型孔850は、下アーム前面壁35Bの上部から正面視縦長長方形状に切り欠かれた部位である。金型孔850は、下ケース312を成形する際に使用される金型の逃がし孔であり、下ケース312に上ケース311が組み付けられるとアーム前面壁35に貫通孔を形成する。

0122

分離壁33は、アーム部34の3つの壁部(下アーム前面壁35B、下アーム背面壁37B、分離壁33)のうちで最も高く形成されている。分離壁33の高さは、カセットケース31に収納されるテープの幅より僅かに大きい。下アーム前面壁35Bのうち、金型孔850の左側部分は分離壁33の半分程度の高さを有し、金型孔850の右側部分は分離壁33の三分の二程度の高さを有する。下アーム背面壁37Bは、分離壁33より僅かに低く、インクリボン60の幅とほぼ同一の高さを有する。分離壁33の平面視円柱状の右端部は、アーム部34のほぼ中央に位置する。分離壁33の左端は、下ケース312の前後方向において、下アーム前面壁35Bに設けられた金型孔850に対向する位置にある。

0123

図17および図18に示すように、下アーム前面壁35Bにおける金型孔850の左側部分は、アーム先端部85の下側部分を構成する下先端部85Bである。下先端部85Bの上端が、接離部86の下側部分を構成する下接離部86Bである。下ケース312において下アーム前面壁35Bの右側に形成された溝部が、半円溝84の下側部分を構成する下半円溝84Bである。

0124

下先端部85Bには、上下方向に延びる先端孔部687が設けられている。先端孔部687は、テープカセット30の底板306に貫通する孔であり、平面視で円形に形成されている。先端孔部687は、テープカセット30の底板306を貫通しない凹状の孔に形成してもよい。先端孔部687の上部は、上端部の開口径が最大となるように、上方に向かって徐々に広くなっている。

0125

図20に示すように、下ケース312におけるアーム部34の構成部分では、下アーム前面壁35Bと分離壁33との間に、テープの搬送経路が形成される。分離壁33と下アーム背面壁37Bとの間に、インクリボン60の搬送経路が形成される。これらの搬送経路上には、テープやインクリボン60の幅方向(つまり、上下方向)の移動を規制する規制片が設けられている。

0126

テープの搬送経路に関しては、分離壁33の左端部および右端部の下端に、それぞれ、テープの下方向への移動を規制する第1テープ下規制部381B、382Bが設けられている。第1テープ下規制部381B、382Bは、それぞれ、底板306の上面から上方へ僅かに突出し、且つ、前方に向かって下アーム前面壁35Bまで延びている。分離壁33の左端部の上端には、テープの上方向への移動を規制する分離壁規制部383が設けられている。分離壁規制部383は、分離壁33の上端から前方に向かって突出する突出片である。第1テープ下規制部381B、382Bと、分離壁規制部383との上下方向の距離は、テープの幅と同一である。

0127

図18および図27を参照して、分離壁33の左端部の詳細な構成について説明する。図27に示すように、分離壁33の左端部における上端および下端には、それぞれ、分離壁規制部383および第1テープ下規制部381Bが設けられている。分離壁規制部383と第1テープ下規制部381Bとの間に、第1印字面側規制部389が設けられている。第1印字面側規制部389は、平面視で左右方向の中央部が僅かに盛り上がるような膨らみ部である。さらに、第1印字面側規制部389は、側面視で上下方向の中心部が僅かに前方(図27では右側)に突出する凸レンズのような形状を有する。つまり、第1印字面側規制部389の規制面389Aは、左右方向においても上下方向においても、中心部が周辺部よりも僅かに盛り上がっている。

0128

図18に示すように、分離壁規制部383は、下アーム前面壁35Bよりも高い位置に設けられている。第1テープ下規制部381Bは、金型孔850の背後に設けられている。分離壁規制部383および第1テープ下規制部381Bは、下ケース312に上ケース311が組み付けられる前の状態で、下アーム前面壁35Bの前方に露出する。さらに、分離壁33の左端部、つまり分離壁規制部383および第1テープ下規制部381Bは、正面視で後述のアーム指標部800と隣接している(図25参照)。したがって、分離壁規制部383および第1テープ下規制部381Bと、アーム指標部800とを、人が下ケース312の前方から同時に目視可能である。

0129

図20に示すように、インクリボン60の搬送経路に関しては、分離壁33の右端部の下端に、第1リボン下規制部387Bが設けられている。第1リボン下規制部387Bは、インクリボン60の下方向への移動を規制する。第1リボン下規制部387Bは、底板306の上面から上方へ僅かに突出し、且つ、分離壁33の右端部から後方に向かって下アーム背面壁37Bまで延びている。

0130

第1テープ下規制部381B、382B、分離壁規制部383、および第1リボン下規制部387Bは、それぞれ、第1、第2下側平面部391B、392Bを基準面として、下ケース312における高さ位置が設定されている。

0131

詳細には、第1テープ下規制部381B、382Bの突出端(上端)と、第1、第2下側平面部391B、392Bとの上下方向の距離は、テープの幅に応じて設定されている。分離壁規制部383の下端と、第1、第2下側平面部391B、392Bとの上下方向の距離は、テープの幅に応じて設定されている。第1リボン下規制部387Bの突出端(上端)と、第1、第2下側平面部391B、392Bとの上下方向の距離は、インクリボン60の幅に応じて設定されている。先述のように、第1、第2下側平面部391B、392Bは、それぞれ、ヘッド挿入部39の上流側端部および下流側端部の近傍に設けられている。したがって、アーム部34内に設けられた各規制部は、基準面である第1、第2下側平面部391B、392Bと近接している。

0132

従来では、規制部の寸法設定や、製造後の寸法測定を行う際に使用されていた基準位置(例えば、ピン孔62、63の底部)は、規制部とは離れた位置にあったため、両者を成形する金型のが異なる場合があった。この場合、基準位置の駒が遠くなるほど、製造されたテープカセット30の規制部の寸法誤差が大きくなるおそれがあった。また、同一の駒で形成できたとしても、基準位置と規制部とが離れた位置にある場合には、測定誤差が発生して寸法精度が低くなるおそれがあった。そのため、従来のテープカセットの製造工程では、規制部の寸法設定や製造後の寸法測定などを、作業者が厳密に行っていた。

0133

本実施形態のように、規制部と基準面の距離をより近くすれば、測定誤差が少なくなるとともに、両者を同じ駒で成形できる可能性が高くなる。その結果、各規制部の高さ位置を正確に規定でき、ひいてはテープおよびインクリボン60の搬送精度を向上させることができる。アーム部34は、サーマルヘッド10(図5参照)によって印字が行われる位置(具体的には、露出部77)の上流側近傍にある。そのため、アーム部34内のテープおよびインクリボン60の搬送精度の向上に伴って、サーマルヘッド10の印字精度も向上させることができる。さらに、上記のように規制部の寸法設定などを作業者が厳密に行う負担が軽減される。

0134

下ケース312の製造後には、第1、第2下側平面部391B、392Bを基準として、各規制部の寸法管理を容易に行うことができる。例えば、下ケース312の検品時には、基準面である第1、第2下側平面部391B、392Bを治具の載置面に載置して、各規制部の寸法測定が行われる。この際、各規制部と基準面との距離が近いので、検査員は正確に寸法を測定できる。

0135

第1、第2下側平面部391B、392Bは、カセットケース31に収納されたテープおよびインクリボン60の幅方向中心位置から上下方向に一定の距離をおいて設けられている。したがって、第1、第2下側平面部391B、392Bの上下方向位置に対するテープおよびインクリボン60の上下方向位置がより明確になる。その結果、テープおよびインクリボン60の搬送精度をさらに向上させることができる。

0136

本実施形態では、テープおよびインクリボン60の幅方向中心位置と、第1、第2下側平面部391B、392Bと上下方向の距離は、テープおよびインクリボン60の幅によらず一定である。したがって、収納されるテープおよびインクリボン60の幅が異なる複数種類のテープカセット30について、第1、第2下側平面部391B、392Bの高さ位置を統一的な基準で定めることができる。その結果、カセットケース31の寸法測定や部品管理を容易にすることができる。

0137

アーム部34内の各規制部は、下ケース312の左右方向において第1、第2下側平面部391B、392Bの間にあり、いずれの基準面にも近接している。つまり、いずれかの基準面を用いて寸法設定や寸法測定を行うこともできるし、両方の基準面を用いて行うこともできる。両方の基準面を用いることにより、各規制部を製造する際の寸法精度をさらに高めることができる。したがって、テープおよびインクリボン60の搬送精度をさらに向上させることができる。加えて、下ケース312の製造後には、各規制部の寸法管理をさらに正確且つ容易に行うことができる。

0138

さらに、アーム部34内では、テープが幅方向に規制されるのみならず、第1印字面側規制部389によって印字面側への移動が規制される。第1印字面側規制部389は左右方向の中心部が前方に突出しているので、アーム部34内で搬送されるテープはヘッド挿入部39側に屈曲される。第1印字面側規制部389は上下方向の中心部が前方に突出しているので、テープの張力が幅方向の中心部に集中する。その結果、アーム部34内で搬送されるテープにバックテンションが付与されるため、テープの走行を安定させることができる。

0139

図20に示すように、テープ搬送方向においてアーム部34よりもさらに上流側の第3角部323近傍には、屈曲部533が設けられている。屈曲部533の下端には、規制部384Bが設けられている。規制部384Bは、第1テープ下規制部381B、382Bと同様にテープの下方向への移動を規制する。よって、第1テープ下規制部381B、382Bと同様に、隣接する第1下側平面部391Bを基準面として、規制部384Bの寸法設定や寸法管理を行ってもよい。

0140

下ケース312における分離部61近傍を構成する部分の詳細について、説明する。図18図20および図28に示すように、下ヘッド周壁36Bのうち、ヘッド挿入部39の左側で前後方向に延びる壁部が、リボン案内壁38である。言い換えると、リボン案内壁38は、ヘッド挿入部39におけるテープ搬送方向の下流側端部を規定する壁部である。リボン案内壁38は、平面視で第2受け部392の左側に隣接している。

0141

リボン案内壁38の左側、且つ、後述の開口部64Bの右側には、隔離壁43が立設されている。隔離壁43は、平面視で開口部64Bの一部に沿って、カセットケース31の前後方向に緩やかな弧を描くように設けられている。隔離壁43の開口部64B側の面は、両面粘着テープ58が接着するのを防ぐために、平面視でのこぎりの歯状に形成されている。リボン案内壁38の左前方、且つ、隔離壁43の前方には、底板306から上方に延びる規制部材362が設けられている。

0142

先述のように、アーム部34から排出されたテープおよびインクリボン60は、露出部77を経由して分離部61内に案内される。リボン案内壁38と規制部材362との間に形成される縦長の隙間が、導入口61Aの下側部分として機能する。導入口61Aは、露出部77と連通する、テープおよびインクリボン60の搬送経路の一部である。導入口61Aは、印字済みのテープおよび使用済みのインクリボン60を分離部61内に案内する。

0143

隔離壁43と規制部材362との間に形成される縦長の隙間は、テープ案内口61Bの下側部分として機能する。テープ案内口61Bは、導入口61Aの下流側に連続して設けられた、テープ搬送経路の一部である。テープ案内口61Bは、印字済みのテープをテープ駆動ローラ46(図5参照)の前方に向けて案内する。

0144

リボン案内壁38および隔離壁43の間に形成される縦長の隙間は、リボン案内口61Cとして機能する。リボン案内口61Cは、導入口61Aの下流側に連続して設けられた、インクリボン60の搬送経路の一部である。リボン案内口61Cは、使用済みのインクリボン60を第2リボン領域440(図5参照)に向けて案内する。

0145

導入口61Aおよびリボン案内口61Cの下端部では、底板306の上面が凹凸のない連続した平面を形成している。一方、隔離壁43の基部と規制部材362の基部とに亘って、底板306の上面から上方へ僅かに突出した第2テープ下規制部363Bが設けられている。そのため、テープ案内口61Bの下端部(つまり、第2テープ下規制部363Bの突出端)は、導入口61Aの下端部(つまり、底板306の上面)よりも上方に位置している。言い換えると、第2テープ下規制部363Bは、テープ案内口61Bの下端部が導入口61Aの下端部よりも高くなるような段差を形成している。

0146

第2テープ下規制部363Bは、テープ案内口61Bを経由するテープの下方向への移動を規制する。さらに、第2テープ下規制部363Bは、分離部61内で印字済みのテープから使用済みのインクリボン60を剥がすための分離リブとして機能する。

0147

隔離壁43の前端部の上端には、前方へ突出する突出片である隔離壁規制部364が設けられている。隔離壁規制部364は、テープ案内口61Bを経由するテープの上方向への移動を規制する。隔離壁規制部364の上部には、上方に突出するピンである突起部398が設けられている。第2テープ下規制部363Bと隔離壁規制部364との上下方向の距離は、テープの幅と同一である。

0148

隔離壁43の前端面には、第2印字面側規制部43A、43Bが設けられている。第2印字面側規制部43Aは、隔離壁規制部364の下部に設けられた、隔離壁43の前端面から若干前方に突出した段差部である。第2印字面側規制部43Bは、隔離壁43の基部に設けられた、隔離壁43の前端面から若干前方に突出した段差部である。

0149

第2テープ下規制部363Bおよび隔離壁規制部364は、それぞれ隣接する第2下側平面部392Bを基準面として、下ケース312における高さ位置が設定されている。詳細には、第2テープ下規制部363Bの突出端(上端)と第2下側平面部392Bとの上下方向の距離、および隔離壁規制部364の下端と第2下側平面部392Bとの上下方向の距離は、テープの幅に応じて設定されている。したがって、第2下側平面部392Bを基準面として、第2テープ下規制部363Bおよび隔離壁規制部364を製造する際の寸法精度を高めることができる。下ケース312の製造後には、第2テープ下規制部363Bおよび隔離壁規制部364の寸法管理を容易に行うことができる。

0150

本実施形態では、第2テープ下規制部363Bおよび隔離壁規制部364は、テープ駆動ローラ46の近傍に設けられる。分離部61内では、これらの規制部によって、テープが幅方向に位置決めされる。したがって、分離部61からテープ駆動ローラ46に対して、テープの幅方向中心線に対して平行に精度よくテープを搬送できる。

0151

さらに、分離部61内では、テープが幅方向に規制されるのみならず、第2印字面側規制部43A、43Bによって印字面側への移動が規制される。第2印字面側規制部43A、43Bは前方に突出しているので、テープ案内口61Bを経由するテープはテープ駆動ローラ46側に屈曲される。その結果、テープ案内口61Bを経由するテープにバックテンションが付与されるため、テープの走行を安定させることができる。

0152

下ケース312における第1角部321、第2角部322、およびテープおよびインクリボン60の収納領域を構成する部分の詳細について説明する。図16図18図20に示すように、下ケース312は、第1角部321の下面である第3下側平面部321B、および第2角部322の下面である第4下側平面部322Bを含む。第3下側平面部321Bおよび第4下側平面部322Bは、いずれも底面302よりも上方に位置する平面部である。

0153

下ケース312における第3、第4下側平面部321B、322Bの高さ位置と、テープおよびインクリボン60の幅方向中心位置とは、テープカセット30のテープ種類にかかわらず一定である。よって、テープカセット30に収納されるテープおよびインクリボン60の幅がより大きいほど、底面302から第3、第4下側平面部321B、322Bまでの距離は大きくなる。

0154

本実施形態では、第3、第4下側平面部321B、322Bは、第1、第2下側平面部391B、392Bと同様に、テープおよびインクリボン60の幅方向中心位置から上下方向に同一の距離だけ離れた位置にある。つまり、第1〜第4下側平面部391B、392B、321B、322Bは、下ケース312において全て同一の高さ位置にある。第3、第4下側平面部321B、322Bは、テープおよびインクリボン60の下方向への移動を規制する規制部に対する基準面として用いられる。

0155

図18図20に示すように、下ケース312は、第1下テープ領域400B、第2下テープ領域410B、第1下リボン領域420B、および第2下リボン領域440Bを含む。第1下テープ領域400Bは、第1テープ領域400の下側部分を構成する。第2下テープ領域410Bは、第2テープ領域410の下側部分を構成する。第1下リボン領域420Bは、第1リボン領域420の下側部分を構成する。第2下リボン領域440Bは、第2リボン領域440の下側部分を構成する。

0156

図20に示すように、第1下テープ領域400Bには、底板306の上面から僅かに上方に突出する突出部が設けられている。詳細には、第1テープスプール40(図5参照)が配置される第1下テープ領域400Bの中心位置に、環状の突出部が設けられている。この環状の突出部から放射状に、3本の線状の突出部が第1下テープ領域400Bの周縁まで延びている。これらの突出部が、第3テープ下規制部401Bである。第3テープ下規制部401Bは、第1テープ領域400に収納されているテープ(図5図8参照)の下方向への移動を規制する。

0157

第3テープ下規制部401Bは、隣接する第3下側平面部321Bを基準面として、下ケース312における高さ位置が設定されている。詳細には、第3テープ下規制部401Bの突出端(上端)と、第3下側平面部321Bとの上下方向の距離は、テープ幅に応じて設定されている。したがって、第3下側平面部321Bを基準面として、第3テープ下規制部401Bを製造する際の寸法精度を高めることができる。下ケース312の製造後には、第3テープ下規制部401Bの寸法管理を容易に行うことができる。

0158

リボン案内壁38の後端部には、第2リボン下規制部388Bが設けられている。第2リボン下規制部388Bは、分離部61から第2リボン領域440へ搬送されるインクリボン60の下方向への移動を規制する。第2リボン下規制部388Bは、底板306の上面から上方へ僅かに突出しており、且つ、後方に向かって第1下テープ領域400Bの手前まで延びている。

0159

第2リボン下規制部388Bは、隣接する第2下側平面部392Bを基準面として、下ケース312における高さ位置が設定されている。詳細には、第2リボン下規制部388Bの突出端(上端)と、第2下側平面部392Bとの上下方向の距離は、インクリボン60の幅に応じて設定されている。したがって、第2下側平面部392Bを基準面として、第2リボン下規制部388Bを製造する際の寸法精度を高めることができる。下ケース312の製造後には、第2リボン下規制部388Bの寸法管理を容易に行うことができる。

0160

第2下テープ領域410Bには、第1下テープ領域400Bと同様、底板306の上面から僅かに上方に突出する突出部が設けられている。詳細には、第2テープスプール41(図5参照)が配置される第2下テープ領域410Bの中心位置に環状の突出部が設けられている。この環状の突出部から放射状に、8本の線状の突出部が第2下テープ領域410Bの周縁まで延びている。これらの突出部が、第4テープ下規制部411Bである。第4テープ下規制部411Bは、第2テープ領域410に収納されているテープ(図5および図6参照)の下方向への移動を規制する。

0161

第4テープ下規制部411Bは、隣接する第4下側平面部322Bを基準面として、下ケース312における高さ位置が設定されている。詳細には、第4テープ下規制部411Bの突出端(上端)と、第4下側平面部322Bとの上下方向の距離は、テープ幅に応じて設定されている。したがって、第4下側平面部322Bを基準面として、第4テープ下規制部411Bを製造する際の寸法精度を高めることができる。下ケース312の製造後には、第4テープ下規制部411Bの寸法管理を容易に行うことができる。

0162

第1下リボン領域420Bには、底板306の上面から僅かに上方に突出する突出部が設けられている。詳細には、リボンスプール42(図5参照)が配置される第1下リボン領域420Bの中心位置に環状に設けられた突出部が、第3リボン下規制部421Bである。第3リボン下規制部421Bは、第1リボン領域420に収納されている未使用のインクリボン60(図5図7参照)の下方向への移動を規制する。

0163

第3リボン下規制部421Bは、隣接する第1下側平面部391Bを基準面として、下ケース312における高さ位置が設定されている。詳細には、第3リボン下規制部421Bの突出端(上端)と、第1下側平面部391Bとの上下方向の距離は、インクリボン60の幅に応じて設定されている。したがって、第1下側平面部391Bを基準面として、第3リボン下規制部421Bを製造する際の寸法精度を高めることができる。下ケース312の製造後には、第3リボン下規制部421Bの寸法管理を容易に行うことができる。

0164

本実施形態では、第1〜第4テープ下規制部381B、382B、363B、401B、411Bの突出端は、各々の配設位置にかかわらず全て同じ高さ位置に設定されている。したがって、第1テープ領域400に収納されたテープ、および第2テープ領域410に収納されたテープは、アーム部34および分離部61に存在するテープと同じ高さ位置で、それぞれ下方向への移動が規制される。

0165

さらに、第1〜第3リボン下規制部387B、388B、421Bの突出端は、各々の配設位置にかかわらず全て同じ高さ位置に設定されている。したがって、第1リボン領域420に収納されたインクリボン60は、アーム部34および分離部61に存在するインクリボン60と同じ高さ位置で、下方向への移動が規制される。

0166

下ケース312には、上ケース311と下ケース312とを接合するための円筒部材および連結孔が設けられている。

0167

図18図20に示すように、第1受け部391の上側には、円筒状の第1円筒部材881Bが立設されている。言い換えると、第1円筒部材881Bは、第1下側平面部391Bの鉛直方向上方に設けられている。第1円筒部材881Bは、下ヘッド周壁36Bに接触しているが、下周壁304から離間している。

0168

図21に示すように、第1円筒部材881Bは、円筒孔部891を有する。円筒孔部891は、第1円筒部材881Bの軸線に沿って形成された、平面視円形の凹部である。円筒孔部891の径は、円筒孔部891の上端部で最大となるように、上方に向かって徐々に大きくなっている。後述の第2〜第7円筒部材882B、883B、884B、885B、886B、887Bの構成は、第1円筒部材881Bの構成と同様である。

0169

図18図20に示すように、テープ駆動ローラ46(詳細には、後述の開口部64B)の後側、且つ、第1下テープ領域400Bの左前側には、第2円筒部材882Bが設けられている。第2円筒部材882Bに対して第1下テープ領域400Bの平面中心(詳細には、後述の開口部65B)を挟んだ反対側、すなわち第1下テープ領域400Bの右後側には、第4円筒部材884Bが設けられている。第3下側平面部321Bの裏面、すなわち第1下テープ領域400Bの左後側には、第3円筒部材883Bが設けられている。

0170

つまり、第2〜第4円筒部材882B、883B、884Bは、下ケース312における第1下テープ領域400Bの外周に沿って設けられている。第3、第4円筒部材883B、884Bは、第1下テープ領域400Bの外周縁の一部に沿って立設された第1周辺壁70に接触している。第2〜第4円筒部材882B、883B、884Bは、下ケース312の下周壁304から離間して設けられている。

0171

第4下側平面部322Bの裏面、すなわち第2下テープ領域410Bの右後側には、第5円筒部材885Bが設けられている。第5円筒部材885Bに対して第2下テープ領域410Bの平面中心(詳細には、後述の下テープ支持部66B)を挟んだ反対側、すなわち第2下テープ領域410Bの左前側には、第6円筒部材886Bが設けられている。第3角部323の下面の裏面、すなわち第1下リボン領域420Bの右前側には、第7円筒部材887Bが設けられている。

0172

つまり、第5、第6円筒部材885B、886Bは、下ケース312における第2下テープ領域410Bの外周に沿って設けられている。第5、第6円筒部材885B、886Bは、第2下テープ領域410Bの外周縁の一部に沿って立設された第2周辺壁71に接触している。第5〜第7円筒部材885B、886B、887Bは、下ケース312の下周壁304から離間して設けられている。

0173

下ケース312の下半円溝84Bにおける左部の上端よりやや下側には、第1連結孔871Bが設けられている。下ヘッド周壁36Bにおける係止部397の左右両側には、第2連結孔872B(図28参照)および第3連結孔873B(図30参照)がそれぞれ設けられている。第2連結孔872Bは、第2下側平面部392Bの上方に設けられている。

0174

下ケース312の下周壁304に含まれる背面側の壁部は、カセットケース31の背面の下側部分を構成する後壁370である。後壁370には、第4連結孔874Bおよび第5連結孔875Bが設けられている。第4連結孔874Bは、第1下テープ領域400Bの左後側に設けられている。第5連結孔875Bは、第2下テープ領域410Bの後側に設けられている。第1〜第5連結孔871B、872B、873B、874B、875Bは、正面視または背面視で左右方向に長い矩形状の貫通孔である。

0175

第2円筒部材882Bの後側、且つ、第1下テープ領域400Bの左前側には、左側内壁861が設けられている。第2下テープ領域410Bの右前側、且つ、第1下リボン領域420Bの右後側には、右側内壁862が設けられている。左側内壁861および右側内壁862は、下周壁304よりも若干内側に設けられた、平面視で矩形枠状の壁部である。左側内壁861には、側面視で前後方向に長い矩形状の貫通孔である第6連結孔876Bが設けられている。右側内壁862には、側面視で前後方向に長い矩形状の貫通孔である第7連結孔877Bが設けられている。

0176

図15図17図19図22図23図27および図28を参照して、上ケース311の構造について説明する。図18および図19に示すように、上ケース311の外形は、上板305(図22参照)と上周壁303とで形成されている。上周壁303は、上面301の外縁に沿って、上板305から所定の高さで下方へ延びる側壁である。上周壁303のうち、アーム前面壁35の上側部分を構成する壁部は、上アーム前面壁35Aである。上アーム前面壁35Aから後方へ離間して上板305から下方へ延びる壁部は、アーム背面壁37の上側部分を構成する上アーム背面壁37Aである。上アーム背面壁37Aに連続して延びる周壁は、ヘッド周壁36の上側部分を構成する上ヘッド周壁36Aである。

0177

上ケース311におけるヘッド挿入部39周辺の詳細な構成について、説明する。図15および図22に示すように、上ケース311のヘッド挿入部39のテープ搬送方向における上流側端部に連接して、押え受け部393が設けられている。押え受け部393は、上ケース311が下ケース312に組み付けられた場合に、第1受け部391と上下に重なる。押え受け部393は、上板305の一部を上面301よりも下方に向かって凹ませた凹部である。押え受け部393は、第1受け部391と同様、アーム前面壁35に沿った方向にヘッド挿入部39から凹んでいる。

0178

押え受け部393は、第1上側平面部393Aを有する。第1上側平面部393Aは、上面301より下方に位置する平面視略長方形状の平面部(凹部の底部分)の上側の面である。上ケース311における第1上側平面部393Aの高さ位置(つまり、上下方向位置)と、カセットケース31に収納されるテープおよびインクリボン60の幅方向中心位置とは、テープカセット30のテープ種類にかかわらず一定である。よって、テープカセット30に収納されるテープおよびインクリボン60の幅がより広いほど、第1上側平面部393Aの高さ位置を基準とした押え受け部393の深さは大きくなる。

0179

第1上側平面部393Aは、上ケース311における基準面である。本実施形態では、第1上側平面部393Aは、テープおよびインクリボン60の上方向への移動を規制する各種規制部に対する基準面として設けられている。また、第1上側平面部393Aは、テープカセット30がカセット装着部8に装着され、カセットカバー6が閉じられた場合に、ヘッド押え部材7(図2参照)によって上方から押圧される部位としても機能する。

0180

第1上側平面部393Aの直下には、下ケース312の第1下側平面部391B(図16参照)が位置する。つまり、第1上側平面部393Aと第1下側平面部391Bとは、テープカセット30の上下方向で少なくとも一部が対向する。第1上側平面部393Aの後方には、傾斜部394が設けられている。傾斜部394は、第1上側平面部393Aの後端から上後方に向かって傾斜した、第1上側平面部393A後端から上面301に亘る押え受け部393の側面である。

0181

上ケース311におけるアーム部34近傍を構成する部分の詳細について、説明する。図17図19および図22に示すように、上ケース311におけるアーム部34の構成部分は、上アーム前面壁35Aおよび上アーム背面壁37Aを含む。上アーム前面壁35Aおよび上アーム背面壁37Aは、それぞれ、下ケース312の下アーム前面壁35Bおよび下アーム背面壁37Bに対応する。よって、上アーム前面壁35Aの方が、上アーム背面壁37Aよりも高さが大きい。

0182

上板305には、下ケース312の分離壁33に対応する位置に、固定溝331が設けられている。固定溝331は、平面視で分離壁33と同一形状の溝部である。上ケース311と下ケース312とが組み付けられると、分離壁33の上端部330が固定溝331に嵌め込まれて、上ケース311と下ケース312とが固定される(図27参照)。

0183

図17および図18に示すように、上アーム前面壁35Aの左端部は、アーム先端部85の上側部分を構成する上先端部85Aである。上先端部85Aの下端が、接離部86の上側部分を構成する上接離部86Aである。上ケース311において上アーム前面壁35Aの右側に形成された溝部が、半円溝84の上側部分を構成する上半円溝84Aである。上半円溝84Aの左側部分には、平面視で凹状に形成された窪み部684が設けられている。窪み部684の凹み部分の深さは、下ケース312の下半円溝84Bを形成する壁の厚みと略同一である。

0184

上接離部86Aには、下方に向けて突出する凸部689が設けられている。凸部689は、先端孔部687の径より小さく形成された略円柱体である。凸部689は、上下方向における中央よりやや上側から下端に向かって徐々に細くなっている。つまり、凸部689の軸径は、先端(下端)に向けて徐々に小さくなっている。

0185

図22に示すように、上ケース311におけるアーム部34の構成部分では、上アーム前面壁35Aと固定溝331との間にテープの搬送経路が形成される。固定溝331と上アーム背面壁37Aとの間に、インクリボン60の搬送経路が形成される。これらの搬送経路上に、下ケース312と同様、テープやインクリボン60の上方向への移動を規制する規制片が設けられている。

0186

テープの搬送経路に関しては、固定溝331の左端部に接して、第1テープ上規制部381Aが設けられている。固定溝331の右端部に接して、第1テープ上規制部382Aが設けられている。第1テープ上規制部381A、382Aは、それぞれ、上板305の下面から下方へ僅かに突出し、且つ、前方に向かって上アーム前面壁35Aまで延びている。第1テープ上規制部381A、382Aは、それぞれ、テープの上方向への移動を規制する。

0187

インクリボン60の搬送経路に関しては、固定溝331の右端部に接して、インクリボン60の上方向への移動を規制する第1リボン上規制部387Aが設けられている。第1リボン上規制部387Aは、上板305の下面から下方へ僅かに突出し、且つ、後方に向かって上アーム背面壁37Aまで延びている。

0188

第1テープ上規制部381A、382Aおよび第1リボン上規制部387Aは、それぞれ、第1上側平面部393Aを基準面として、上ケース311における高さ位置が設定されている。

0189

詳細には、第1テープ上規制部381A、382Aの突出端(下端)と、第1上側平面部393Aとの上下方向の距離は、テープの幅に応じて設定されている。第1リボン上規制部387Aの突出端と、第1上側平面部393Aとの上下方向の距離は、インクリボン60の幅に応じて設定されている。先述のように、第1上側平面部393Aは、ヘッド挿入部39の上流側端部近傍にある。つまり、アーム部34内に設けられた各規制部は、基準面である第1上側平面部393Aと近接している。

0190

したがって、第1上側平面部393Aを基準面として、各規制部の製造時の寸法精度を高めることができ、ひいてはテープおよびインクリボン60の搬送精度を向上させることができる。アーム部34は、サーマルヘッド10(図5参照)によって印字が行われる位置(具体的には、露出部77)の上流側近傍にある。そのため、アーム部34内のテープおよびインクリボン60の搬送精度の向上に伴って、サーマルヘッド10の印字精度も向上させることができる。

0191

本実施形態では、下ケース312に加えて上ケース311にも、アーム部34内の規制部を設けた。これにより、アーム部34内において、テープおよびインクリボン60は幅方向の移動がさらに規制される。したがって、テープおよびインクリボン60の搬送精度、ひいてはサーマルヘッド10の印字精度をさらに向上させることができる。加えて、上ケース311の製造後には、第1上側平面部393Aを基準として、各規制部の寸法管理を容易に行うことができる。

0192

第1上側平面部393Aは、カセットケース31に収納されたテープおよびインクリボン60の幅方向中心位置から上下方向に一定の距離をおいて設けられている。したがって、第1上側平面部393Aの上下方向位置に対するテープおよびインクリボン60の幅方向位置がより明確になり、テープおよびインクリボン60の搬送精度をさらに向上させることができる。

0193

上ケース311における分離部61近傍を構成する部分の詳細について、説明する。図18図19図22および図28に示すように、上板305には、下ケース312の隔離壁43に対応する位置に、固定溝332が設けられている。固定溝332は、平面視で隔離壁43と同一形状の溝部である。隔離壁43に設けられた突起部398に対応する位置に、突起部398と同径の固定穴399が設けられている。上ケース311が下ケース312に組み付けられると、隔離壁43の上端部が固定溝332に嵌まり、且つ、突起部398が固定穴399に嵌まって、上ケース311と下ケース312とが固定される。

0194

固定溝332の前方には、上板305から下方に延びる規制部材361が設けられている。上ケース311が下ケース312に組み付けられた場合、リボン案内壁38と規制部材361と間に形成される縦長の隙間が、導入口61Aの上側部分として機能する。隔離壁43と規制部材361と間に形成される縦長の隙間は、テープ案内口61Bの上側部分として機能する。なお、上板305において固定溝332から右側に延びる部分は、リボン案内口61Cの上端部を形成する壁部である。

0195

導入口61Aの上端部およびリボン案内口61Cの上端部では、上板305の下面が凹凸のない連続した平面を形成している。一方、固定溝332と規制部材361の基部とに亘って、上板305から下方へ僅かに突出する第2テープ上規制部363Aが設けられている。言い換えると、第2テープ上規制部363Aは、下ケース312の第2テープ下規制部363Bと上下方向に対応する位置に設けられ、テープ案内口61Bの上端部として機能する。テープ案内口61Bの上端部(つまり、第2テープ上規制部363Aの突出端)は、導入口61Aの上端部(つまり、上板305の下面)よりも下方に位置している。言い換えると、第2テープ上規制部363Aは、テープ案内口61Bの上端部が導入口61Aの上端部よりも低くなるような段差を形成している。

0196

上ケース311が下ケース312に組み付けられた状態で、第2テープ上規制部363Aは下ケース312の隔離壁規制部364と左右に並ぶ。このとき、第2テープ上規制部363Aの突出端(下端)と、隔離壁規制部364の下端とが、同じ高さ位置で並ぶ。したがって、第2テープ上規制部363Aは、隔離壁規制部364とともに、テープ案内口61Bを経由するテープの上方向への移動を規制する。

0197

本実施形態では、下ケース312に加えて上ケース311にも、分離部61内の規制部を設けた。これにより、分離部61内において、テープは幅方向の移動がさらに規制される。したがって、分離部61からテープ駆動ローラ46に対して、さらに精度よく、テープの幅方向中心線に対して平行にテープを搬送できる。

0198

上ケース311における第1角部321、第2角部322、およびテープおよびインクリボン60の収納領域を構成する部分の詳細について説明する。図18図19および図22に示すように、上ケース311は、第1角部321の上面である第2上側平面部321A、および第2角部322の上面である第3上側平面部322Aを含む。第2上側平面部321Aおよび第3上側平面部322Aは、いずれも上面301よりも下方に位置する平面部である。第2上側平面部321Aおよび第3上側平面部322Aは、上ケース311が下ケース312に組み付けられた場合に、それぞれ、第3下側平面部321Bおよび第4下側平面部322B(図16参照)と上下に対向する。

0199

上ケース311における第2、第3上側平面部321A、322Aの高さ位置と、テープおよびインクリボン60の幅方向中心位置とは、テープカセット30のテープ種類にかかわらず一定である。よって、テープカセット30に収納されるテープおよびインクリボン60の幅がより広いほど、上面301から第2、第3上側平面部321A、322Aまでの距離は大きくなる。

0200

本実施形態では、第2、第3上側平面部321A、322Aは、第1上側平面部393Aと同様に、テープおよびインクリボン60の幅方向中心位置(本実施形態では、カセットケース31の上下方向中心位置)から上下方向に同一の距離だけ離れた位置にある。つまり、第1〜第3上側平面部393A、321A、322Aは、上ケース311においてすべて同一の高さ位置にある。第2、第3上側平面部321A、322Aは、テープおよびインクリボン60の上方向の移動を規制する規制部に対する基準面として用いられる。

0201

上ケース311は、第1上テープ領域400A、第2上テープ領域410A、第1上リボン領域420A、および第2上リボン領域440Aを含む。第1上テープ領域400Aは、第1テープ領域400の上側部分を構成する。第2上テープ領域410Aは、第2テープ領域410の上側部分を構成する。第1上リボン領域420Aは、第1リボン領域420の上側部分を構成する。第2上リボン領域440Aは、第2リボン領域440の上側部分を構成する。

0202

図22に示すように、第1上テープ領域400Aには、上板305の下面から僅かに下方に突出する突出部が設けられている。詳細には、第1テープスプール40(図5参照)が配置される第1上テープ領域400Aの中心位置に、環状の突出部が設けられている。この環状の突出部から放射状に、3本の線状の突出部が第1上テープ領域400Aの周縁まで延びている。これらの突出部が、第3テープ上規制部401Aである。

0203

第3テープ上規制部401Aは、第1テープ領域400に収納されているテープ(図5図8参照)の上方向への移動を規制する。つまり、第1テープ領域400に収納されているテープは、第3テープ上規制部401Aおよび第3テープ下規制部401B(図20参照)によって幅方向に位置決めされる。

0204

第3テープ上規制部401Aは、隣接する第2上側平面部321Aを基準面として、上ケース311における高さ位置が設定されている。詳細には、第3テープ上規制部401Aの突出端(下端)と、第2上側平面部321Aとの上下方向の距離は、テープの幅に応じて設定されている。したがって、第2上側平面部321Aを基準面として、第3テープ上規制部401Aを製造する際の寸法精度を高めることができる。上ケース311の製造後には、第3テープ上規制部401Aの寸法管理を容易に行うことができる。

0205

固定溝332の後端部のやや右側には、上板305の下面から下方へ僅かに突出する第2リボン上規制部388Aが設けられている。第2リボン上規制部388Aは、下ケース312の第2リボン下規制部388Bと上下方向に対応する位置に設けられている。第2リボン上規制部388Aは、分離部61から第2リボン領域440へ搬送されるインクリボン60の上方向への移動を規制する。つまり、分離部61から第2リボン領域440へ搬送されるインクリボン60は、第2リボン上規制部388Aおよび第2リボン下規制部388B(図20参照)によって、カセットケース31内で幅方向に位置決めされる。

0206

第2上テープ領域410Aには、第1上テープ領域400Aと同様、上板305の下面から僅かに下方に突出する突出部が設けられている。詳細には、第2テープスプール41(図5参照)が配置される第2上テープ領域410Aの中心位置に環状の突出部が設けられている。この環状の突出部から放射状に、8本の線状の突出部が第2上テープ領域410Aの周縁まで延びている。これらの突出部が、第4テープ上規制部411Aである。

0207

第4テープ上規制部411Aは、第2テープ領域410に収納されているテープ(図5および図6参照)の上方向への移動を規制する。つまり、第2テープ領域410に収納されているテープは、第4テープ上規制部411Aおよび第4テープ下規制部411B(図20参照)によって幅方向に位置決めされる。

0208

第4テープ上規制部411Aは、隣接する第3上側平面部322Aを基準面として、上ケース311における高さ位置が設定されている。詳細には、第4テープ上規制部411Aの突出端(下端)と、第3上側平面部322Aとの上下方向の距離は、テープ幅に応じて設定されている。したがって、第3上側平面部322Aを基準面として、第4テープ上規制部411Aを製造する際の寸法精度を高めることができる。上ケース311の製造後には、第4テープ上規制部411Aの寸法管理を容易に行うことができる。

0209

第1上リボン領域420Aには、上板305の下面から僅かに下方に突出する突出部が設けられている。詳細には、リボンスプール42(図5参照)が配置される第1上リボン領域420Aの中心位置に環状に設けられた突出部が、第3リボン上規制部421Aである。第3リボン上規制部421Aは、第1リボン領域420に収納されている未使用のインクリボン60(図5図7参照)の上方向への移動を規制する。つまり、第1リボン領域420に収納されているインクリボン60は、第3リボン上規制部421Aおよび第3リボン下規制部421B(図20参照)によって幅方向に位置決めされる。

0210

第3リボン上規制部421Aは、隣接する第1上側平面部393Aを基準面として、上ケース311における高さ位置が設定されている。詳細には、第3リボン上規制部421Aの突出端(下端)と、第1上側平面部393Aとの上下方向の距離は、インクリボン60の幅に応じて設定されている。したがって、第1上側平面部393Aを基準面として、第3リボン上規制部421Aを製造する際の寸法精度を高めることができる。上ケース311の製造後には、第3リボン上規制部421Aの寸法管理を容易に行うことができる。

0211

本実施形態では、第1〜第4テープ上規制部381A、382A、363A、401A、411Aの突出端と、隔離壁規制部364および分離壁規制部383の下端とは、各々の配設位置にかかわらず全て同じ高さ位置に設定されている。したがって、第1テープ領域400に収納されたテープ、および第2テープ領域410に収納されたテープは、アーム部34および分離部61に存在するテープと同じ高さ位置で、それぞれ上方向への移動が規制される。

0212

さらに、第1〜第3リボン上規制部387A、388A、421Aの突出端は、各々の配設位置にかかわらず全て同じ高さ位置に設定されている。したがって、第1リボン領域420に収納されたインクリボン60、および分離部61から第2リボン領域440へ向かうインクリボン60は、アーム部34に存在するインクリボン60と同じ高さ位置で、それぞれ上方向への移動が規制される。

0213

これにより、図7に示すレセプタタイプのテープカセット30では、第1テープ領域400、アーム部34、分離部61にわたって、印字テープ57を幅方向中心線に対して平行に精度よく搬送できる。図8に示すサーマルタイプのテープカセット30では、第1テープ領域400、アーム部34、分離部61にわたって、感熱紙テープ55を幅方向中心線に対して平行に精度よく搬送できる。

0214

図5および図6に示すラミネートタイプのテープカセット30では、第2テープ領域410、アーム部34、分離部61にわたって、フィルムテープ59を幅方向中心線に対して平行に精度よく搬送できる。同時に、第1テープ領域400に収納された両面粘着テープ58を、テープ駆動ローラ46に向けて幅方向中心線に対して平行に精度よく搬送できる。ひいては、両面粘着テープ58とフィルムテープ59との幅方向位置を精度よく一致させることができる。

0215

レセプタタイプおよびラミネートタイプのテープカセット30では、第1リボン領域420、アーム部34、第2リボン領域440にわたって、インクリボン60を幅方向中心線に対して平行に精度よく搬送できる。したがって、いずれのタイプのテープカセット30であっても、テープ及びインクリボン60の搬送精度、ひいてはサーマルヘッド10の印字精度を向上させることができる。

0216

本実施形態では、第1〜第4テープ下規制部381B、382B、363B、401B、411Bの突出端、隔離壁規制部364および分離壁規制部383の下端、および第1〜第3リボン下規制部387B、388B、421Bの突出端は、全て同じ高さ位置に設定されている。すなわち、下ケース312に設けられた各規制部によって、テープおよびインクリボン60は同じ高さ位置で下方向への移動が規制される。

0217

さらに、第1〜第4テープ上規制部381A、382A、363A、401A、411Aの突出端、および第1〜第3リボン上規制部387A、388A、421Aの突出端は、全て同じ高さ位置に設定されている。すなわち、上ケース311に設けられた各規制部によって、テープおよびインクリボン60は同じ高さ位置で上方向への移動が規制される。

0218

したがって、レセプタタイプのテープカセット30では、印字テープ57およびインクリボン60を、互いの幅方向位置が一致した状態で精度よく搬送できる。ラミネートタイプのテープカセット30では、フィルムテープ59およびインクリボン60を、互いの幅方向位置が一致した状態で精度よく搬送できる。よって、テープ及びインクリボン60の搬送精度、ひいてはサーマルヘッド10の印字精度をさらに向上させることができる。

0219

上ケース311には、上ケース311と下ケース312とを接合するための圧入ピンおよび連結アームが設けられている。

0220

図18図19および図22に示すように、押え受け部393には、下方へ突出する第1圧入ピン881Aが設けられている。言い換えると、第1圧入ピン881Aは、第1上側平面部393Aの鉛直方向下方に設けられている。第1圧入ピン881Aは、第1上側平面部393Aにおいて、下ケース312の第1円筒部材881B(図20参照)に対応する位置に設けられている。

0221

図23に示すように、押え受け部393の下側には、円柱部393Bが設けられている。円柱部393Bは、押え受け部393の下面(第1上側平面部393Aの裏面)から下方に突出する円柱体である。第1圧入ピン881Aは、円柱部393Bの底面中央から下方に延びている。円柱部393Bは、第1円筒部材881Bの上端部と当接することによって、テープカセット30の高さを決定する。

0222

第1圧入ピン881Aは、支柱部896と突起部材897とを含む。支柱部896は、円柱部393Bの底面中央から下方に延びる略円柱状の軸体である。支柱部896のうち、上下方向における中央よりやや下側部分は、支柱先端部898である。支柱先端部898の軸径は、支柱先端部898の下端部で最小となるように、下方に向かって徐々に小さくなっている。支柱先端部898の下端部の軸径は、第1円筒部材881Bの円筒孔部891(図21参照)の径より小さい。

0223

支柱部896の周囲には、複数の突起部材897が放射状に設けられている。突起部材897は、支柱部896の外周面に沿って、円柱部393Bの底面から支柱部896の上下方向略中央まで延びている。突起部材897は、平面視で円弧状に支柱部896から突出している。突起部材897を含んだ第1圧入ピン881Aの直径は、円筒孔部891(図21参照)の径より大きい。

0224

突起部材897の下部では、支柱部896からの突出幅が下方に向かって徐々に小さくなっている。これにより、第1圧入ピン881Aが円筒孔部891(図21参照)に挿入される場合に、突起部材897の下部が第1円筒部材881B(図21参照)の上面に引っかかることが抑制される。後述の第2〜第7圧入ピン882A、883A、884A、885A、886A、887Aの構成は、第1圧入ピン881Aの構成と同様である。

0225

図18図19および図22に示すように、テープ駆動ローラ46(詳細には、後述の開口部64A)の後側、且つ、第1上テープ領域400Aの左前側には、第2圧入ピン882Aが設けられている。第2圧入ピン882Aに対して第1上テープ領域400Aの平面中心(詳細には、後述の開口部65A)を挟んだ反対側、すなわち第1上テープ領域400Aの右後側には、第4圧入ピン884Aが設けられている。第2上側平面部321Aの裏面、すなわち第1上テープ領域400Aの左後側には、第3圧入ピン883Aが設けられている。

0226

つまり、第2〜第4圧入ピン882A、883A、884Aは、上ケース311における第1上テープ領域400Aの外縁の一部に沿って、それぞれ下ケース312の第2〜第4円筒部材882B、883B、884B(図20参照)に対応する位置に設けられている。第2〜第4圧入ピン882A、883A、884Aは、上ケース311の上周壁303から離間して設けられている。

0227

第3上側平面部322Aの裏面、すなわち第2上テープ領域410Aの右後側には、第5圧入ピン885Aが設けられている。第2上テープ領域410Aの平面中心(詳細には、後述の上テープ支持部66A)を挟んだ反対側、すなわち第2上テープ領域410Aの左前側には、第6圧入ピン886Aが設けられている。第3角部323の上面の裏面、すなわち第1上リボン領域420Aの右前側には、第7圧入ピン887Aが設けられている。

0228

つまり、第5、第6圧入ピン885A、886Aは、上ケース311における第2上テープ領域410Aの外縁の一部に沿って、それぞれ下ケース312の第5、第6円筒部材885B、886B(図20参照)に対応する位置に設けられている。第7圧入ピン887Aは、下ケース312の第7円筒部材887B(図20参照)に対応する位置に設けられている。第5〜第7圧入ピン885A、886A、887Aは、上ケース311の上周壁303から離間して設けられている。

0229

窪み部684から下方に延びる板状体は、第1連結アーム871Aである。第1連結アーム871Aは、下ケース312の第1連結孔871B(図20参照)に対応する位置に設けられている。第1連結アーム871Aは、平面視で上アーム前面壁35Aの右端部から右上方向に延びている。第1連結アーム871Aは、斜め前後方向からの外圧に対する可撓性を有する。第1連結アーム871Aの下端部には、右斜め前方に向かって突出する爪部が設けられている。後述の第2〜第7連結アーム872A、873A、874A、875A、876A、877Aの構成は、第1連結アーム871Aの構成と同様であるが、爪部の突出方向が異なっている。

0230

上ヘッド周壁36Aにおける左右両側には、第2連結アーム872Aおよび第3連結アーム873Aが設けられている。第2、第3連結アーム872A、873Aは、それぞれ、下ケース312の第2、第3連結孔872B、873B(図20参照)に対応する位置で下方に突出している。第2、第3連結アーム872A、873Aの爪部は、前方に突出している。

0231

上ケース311の上周壁303に含まれる背面壁には、第4連結アーム874Aおよび第5連結アーム875Aが設けられている。第4連結アーム874Aは、第1上テープ領域400Aの左後側に設けられている。第5連結アーム875Aは、第2上テープ領域410Aの後側に設けられている。第4、第5連結アーム874A、875Aは、それぞれ、下ケース312の第4、第5連結孔874B、875B(図20参照)に対応する位置で下方に突出している。第4、第5連結アーム874A、875Aの爪部は、後方に突出している。

0232

第2圧入ピン882Aの後側、且つ、第1上テープ領域400Aの左前側には、第6連結アーム876Aが設けられている。第6連結アーム876Aは、上周壁303よりも若干内側に設けられ、下ケース312の第6連結孔876B(図20参照)に対応する位置で下方に突出している。第2上テープ領域410Aの右前側、且つ、第1上リボン領域420Aの右後側には、第7連結アーム877Aが設けられている。第7連結アーム877Aは、上周壁303よりも若干内側に設けられ、下ケース312の第7連結孔877B(図20参照)に対応する位置で下方に突出している。第6連結アーム876Aの爪部は右方向に突出し、第7連結アーム877Aの爪部は左方向に突出している。

0233

本実施形態のテープカセット30における上ケース311と下ケース312との接合構造について説明する。

0234

図21図23および図24を参照して、第1〜第7圧着部881〜887の接合構造について説明する。図24は、第1円筒部材881Bと第1圧入ピン881Aとの接合態様を例示しているが、第2〜第7円筒部材882B〜887Bと、第2〜第7圧入ピン882A〜887Aとの接合態様も、これと同じである。

0235

図21および図23に示すように、作業者が上ケース311を下ケース312に組み付けると、まず第1圧入ピン881Aの支柱先端部898が、第1円筒部材881Bの円筒孔部891に挿入される。前述したように、支柱先端部898の先端部(下端部)の軸径は円筒孔部891の径より小さく、且つ、円筒孔部891の径は上端部で最も大きい。このため、支柱部896を円筒孔部891内へスムーズに案内できる。

0236

第1圧入ピン881Aが円筒孔部891の所定深さまで挿入されると、突起部材897が円筒孔部891の内周壁に接触する。前述したように、突起部材897の下端部は、支柱部896からの突出幅が最も小さい。このため、突起部材897を、第1円筒部材881Bの上面に引っかかることなく、円筒孔部891内へスムーズに案内できる。

0237

突起部材897を含んだ第1圧入ピン881Aの直径は、円筒孔部891の径より大きい。このため、突起部材897が第1円筒部材881Bによって加圧されつつ、第1圧入ピン881Aは円筒孔部891内に挿入される。第1圧入ピン881Aが円筒孔部891内に挿入されるにつれて、第1円筒部材881Bが突起部材897の反発力によって若干外側に広がる。

0238

第1圧入ピン881Aが円筒孔部891にさらに挿入されると、図24に示すように、第1円筒部材881Bの上端面と、押え受け部393の円柱部393Bとが接触する。これにより、第1円筒部材881Bと第1圧入ピン881Aとが強固に連結して、第1圧着部881が形成される(図5図8参照)。

0239

同様にして、作業者が上ケース311を下ケース312に組み付けると、第2圧入ピン882A(図22参照)が第2円筒部材882B(図20参照)に挿入され、第2圧着部882が形成される。第3圧入ピン883A(図22参照)が第3円筒部材883B(図20参照)に挿入され、第3圧着部883が形成される。第4圧入ピン884A(図22参照)が第4円筒部材884B(図20参照)に挿入され、第4圧着部884が形成される。

0240

第5圧入ピン885A(図22参照)が第5円筒部材885B(図20参照)に挿入され、第5圧着部885が形成される。第6圧入ピン886A(図22参照)が第6円筒部材886B(図20参照)に挿入され、第6圧着部886が形成される。第7圧入ピン887A(図22参照)が第7円筒部材887B(図20参照)に挿入され、第7圧着部887が形成される。これらの第1〜第7圧着部881〜887により、下ケース312と上ケース311とが接合される。

0241

図5図8に示すように、最も重量の大きいテープを収納する第1テープ領域400の周囲には、4つの圧着部(つまり、第2圧着部882、第3圧着部883、第4圧着部884、第6圧着部886)が設けられている。第2、第4圧着部882、884は、第1テープ領域400の略平面中心を挟んで対向している。第3、第6圧着部883、886は、第1テープ領域400の略平面中心を挟んで対向している。2番目に重量の大きいテープを収納する第2テープ領域410の周囲には、2つの圧着部(つまり、第5圧着部885、第6圧着部886)が設けられている。第5、第6圧着部885、886は、第2テープ領域410の略平面中心を挟んで対向している。

0242

第2リボン領域440の周囲には、2つの圧着部(つまり、第1圧着部881、第6圧着部886)が設けられている。第1、第6圧着部881、886は、第2リボン領域440の略平面中心を挟んで対向している。さらに、テープカセット30の平面視における4つの角部321〜324の近傍には、4つの圧着部(つまり、第2圧着部882、第3圧着部883、第5圧着部885、第7圧着部887)が設けられている。

0243

このように、カセットケース31の内部に収納されるテープおよびインクリボン60の周囲、および、カセットケース31の四隅で、下ケース312と上ケース311とが強固に接合される。このため、例えばテープカセット30が落下した場合のように、カセットケース31に大きな物理的衝撃が加えられても、下ケース312と上ケース311との接合状態が保持されやすい。つまり、下ケース312と上ケース311との間における浮きや隙間の発生を抑制できる。

0244

さらに、第6圧着部886は、第1テープ領域400、第2テープ領域410、第2リボン領域440の周囲およびテープカセット30の中央位置で、下ケース312および上ケース311を固定する。テープカセット30の四隅を固定する圧着部のうち、第5圧着部885は第2テープ領域410の周囲で下ケース312および上ケース311を固定する。第2圧着部882および第3圧着部883は、第1テープ領域400の周囲で下ケース312および上ケース311を固定する。第7圧着部887は、第1リボン領域420の周囲で下ケース312および上ケース311を固定する。このように、第1〜第7圧着部881〜887は、それぞれ二以上の固定機能を兼ねているため、下ケース312と上ケース311とを効率的に固定できる。

0245

従来では、第1円筒部材881Bと第1圧入ピン881Aとの寸法関係が適正な範囲を超えている場合、第1圧入ピン881Aが第1円筒部材881Bに挿入されると、突起部材897によって拡径された第1円筒部材881Bに、外観上の変形や白化を生じるおそれがあった(第2〜第7円筒部材882B〜887Bも同様)。そのため、従来のテープカセットの製造工程では、第1〜第7円筒部材881B〜887Bと第1〜第7圧入ピン881A〜887Aとの寸法関係を、作業者が厳密に管理していた。

0246

本実施形態のテープカセット30では、第1〜第7円筒部材881B〜887Bの全てが下周壁304から離間している。よって、第1〜第7円筒部材881B〜887Bに変形や白化が発生しても、その影響がテープカセット30の外観に及びにくい。さらに、第1〜第7圧入ピン881A〜887Aを挿入する圧力を高めることで(例えば、第1〜第7圧入ピン881A〜887Aを太くする等)、テープカセット30の外観の悪化を抑制しつつ、下ケース312と上ケース311とをさらに確実に固定できる。ひいては、上記のような寸法管理を行う作業者の負担を軽減できる。

0247

従来では、カセットケース31に設けられた円筒部材が下周壁304に接触しているため、ケース内側における円筒部材と下周壁304との接触部分は、合成樹脂の厚みが大きくなりやすくかった。このため、ケース成型時に、下周壁304の外面にいわゆるヒケが発生しやすかった。そのため、従来のテープカセットの製造工程では、ケース成型時にヒケが発生しないように高度な作業精度が要求されていた。

0248

本実施形態のテープカセット30では、第1〜第7円筒部材881B〜887Bのすべてが下周壁304から離間している。よって、下ケース312の成型時に下周壁304の厚みが大きくなることが抑制される。つまり、下ケース312の成型時におけるヒケの発生が抑制されるため、テープカセット30の外観の悪化を抑制できる。ひいては、上記のように高度な作業精度でケース成型を行う作業者の負担が軽減される。

0249

図17図18図25図27を参照して、アーム部34近傍の接合構造について説明する。図18に示すように、作業者が上ケース311を下ケース312に組み付けると、まず凸部689の下部が先端孔部687に挿入される。前述したように、凸部689は先端側(下端側)に向けて細くなっており、且つ、先端孔部687の径は上端部で最も大きい。このため、凸部689を、先端孔部687内へスムーズに案内できる。

0250

凸部689が先端孔部687内の所定深さまで挿入されると、第1連結アーム871Aの爪部が下半円溝84Bの背面に接触して、第1連結アーム871Aが若干後方に撓む。さらに凸部689が先端孔部687内に挿入されるのに伴って、第1連結アーム871Aの爪部が下半円溝84Bの背面に沿って下方向に移動する。第1連結アーム871Aの爪部は、第1連結孔871Bの位置に到達すると、第1連結アーム871Aの弾性力によって第1連結孔871Bに嵌め込まれる。

0251

これにより、図17および図25に示すように、第1連結部871が形成される。第1連結部871によって、アーム部34におけるテープの搬送方向上流側の端部の近傍で、下ケース312と上ケース311とが固定される。同時に、上接離部86Aと下接離部86Bとが接触して接離部86が形成される。凸部689の軸径は先端孔部687の径より小さいので、アーム先端部85では上ケース311と下ケース312とが固定されない。そのため、図26に示すように、先端孔部687内に挿入された凸部689は、外圧に応じて先端孔部687内から離脱する方向(つまり、上方向)に移動可能である。つまり、接離部86では、上接離部86Aと下接離部86Bとが接離可能である。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ