図面 (/)

技術 コミュニケーション端末、システム、情報提示システム、方法およびプログラム

出願人 日本電気株式会社
発明者 朝倉義晴
出願日 2010年3月16日 (11年2ヶ月経過) 出願番号 2010-058580
公開日 2011年9月29日 (9年7ヶ月経過) 公開番号 2011-193303
状態 未査定
技術分野 検索装置 計算機間の情報転送 電話機の回路等 電話機の機能 電話通信サービス
主要キーワード 一部項目 再発防止策 販促資料 検討会議 コミュニケーション内容 時間通り スケジュール管理アプリケーション 検索属性
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2011年9月29日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (16)

課題

コミュニケーションの内容に十分に適合する情報を提供する。

解決手段

コミュニケーション属性コミュニケーション内容とを取得するコミュニケーション情報得手段11と、取得されたコミュニケーション内容からキーワードを抽出するキーワード抽出手段12と、取得されたコミュニケーション属性もしくは抽出されたキーワードまたはその双方に含まれる、絶対的な尺度を表す情報と相対的な尺度を表す情報から検索属性を作成する検索属性作成手段13と、作成された検索属性に適合するデータを検索する検索実行手段14と、検索されたデータを提示する検索情報提示手段15とを備える。

概要

背景

ユーザが電話チャットまたはメールなどを用いてコミュニケーションを取っている最中に、そのコミュニケーションに関連した情報を参照したいという要求がある。

上記の要求に応える技術が特許文献1に記載されている。特許文献1記載の電話端末装置は、電話会話音声よりキーワードを抽出してユーザに選択させ、選択されたキーワードを用いて情報を検索し、検索された内容を表示する。

概要

コミュニケーションの内容に十分に適合する情報を提供する。コミュニケーション属性コミュニケーション内容とを取得するコミュニケーション情報得手段11と、取得されたコミュニケーション内容からキーワードを抽出するキーワード抽出手段12と、取得されたコミュニケーション属性もしくは抽出されたキーワードまたはその双方に含まれる、絶対的な尺度を表す情報と相対的な尺度を表す情報から検索属性を作成する検索属性作成手段13と、作成された検索属性に適合するデータを検索する検索実行手段14と、検索されたデータを提示する検索情報提示手段15とを備える。

目的

本発明の目的は、上述した課題を解決するコミュニケーション端末、システム情報提示システム、方法およびプログラムを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

コミュニケーション属性コミュニケーション内容とを取得するコミュニケーション情報得手段と、取得された前記コミュニケーション内容からキーワードを抽出するキーワード抽出手段と、取得された前記コミュニケーション属性もしくは抽出された前記キーワードまたはその双方に含まれる、絶対的な尺度を表す情報と相対的な尺度を表す情報から検索属性を作成する検索属性作成手段と、作成された前記検索属性に適合するデータを検索する検索実行手段と、検索された前記データを提示する検索情報提示手段とを備えるコミュニケーション端末

請求項2

前記尺度は、日時である請求項1記載のコミュニケーション端末。

請求項3

前記データの属性を示す情報であるデータ属性と前記データを識別するための情報であるデータ識別子を格納するデータベースをさらに備え、前記検索実行手段は、前記検索属性と前記データ属性が適合するかどうかを判定し、前記検索情報提示手段は、前記データ識別子に基づいて前記データを提示する請求項1または2に記載のコミュニケーション端末。

請求項4

前記データ属性が、前記データを扱うアプリケーションによって、前記データの属性に基づいて作成され、それから、前記データ識別子と共に前記データベースに格納される請求項1から3のいずれかに記載のコミュニケーション端末。

請求項5

前記コミュニケーション属性が、コミュニケーション相手に関する情報もしくはコミュニケーションの日時またはその双方を含む請求項1から4のいずれかに記載のコミュニケーション端末。

請求項6

前記検索属性作成手段が、前記コミュニケーション属性に含まれるコミュニケーションの相手を示す情報から検索属性を作成する請求項1から5のいずれかに記載のコミュニケーション端末。

請求項7

コミュニケーション端末と情報提示サーバを備え、前記コミュニケーション端末は、コミュニケーション属性とコミュニケーション内容とを取得するコミュニケーション情報取得手段と、検索情報提示手段とを備え、前記情報提示サーバは、取得された前記コミュニケーション内容からキーワードを抽出するキーワード抽出手段と、取得された前記コミュニケーション属性もしくは抽出された前記キーワードまたはその双方に含まれる、絶対的な尺度を表す情報と相対的な尺度を表す情報から検索属性を作成する検索属性作成手段と、作成された前記検索属性に適合するデータを検索する検索実行手段とを備え、検索情報提示手段は、検索された前記データを提示する情報提示システム

請求項8

少なくとも2つの端末を備え、前記端末のうち少なくとも1つは請求項1から7のいずれかに記載のコミュニケーション端末である、端末間でコミュニケーションを行うコミュニケーションシステム

請求項9

コミュニケーション属性とコミュニケーション内容とを取得し、取得された前記コミュニケーション内容からキーワードを抽出し、取得された前記コミュニケーション属性もしくは抽出された前記キーワードまたはその双方に含まれる、絶対的な尺度を表す情報と相対的な尺度を表す情報から検索属性を作成し、作成された前記検索属性に適合するデータを検索し、検索された前記データを提示する情報提示方法

請求項10

コミュニケーション属性とコミュニケーション内容とを取得する処理と、取得された前記コミュニケーション内容からキーワードを抽出する処理と、取得された前記コミュニケーション属性もしくは抽出された前記キーワードまたはその双方に含まれる、絶対的な尺度を表す情報と相対的な尺度を表す情報から検索属性を作成する処理と、作成された前記検索属性に適合するデータを検索する処理と、検索された前記データを提示する処理とをコミュニケーション端末のコンピュータに実行させるプログラム

技術分野

0001

本発明は、コミュニケーション端末、システム情報提示システム、方法およびプログラムに関し、特にコミュニケーション内容適合するデータをユーザに提示するコミュニケーション端末、システム、情報提示システム、方法およびプログラムに関する。

背景技術

0002

ユーザが電話チャットまたはメールなどを用いてコミュニケーションを取っている最中に、そのコミュニケーションに関連した情報を参照したいという要求がある。

0003

上記の要求に応える技術が特許文献1に記載されている。特許文献1記載の電話端末装置は、電話会話音声よりキーワードを抽出してユーザに選択させ、選択されたキーワードを用いて情報を検索し、検索された内容を表示する。

先行技術

0004

特開平11−252281
特開平10−334121
特開平5−347621
特開2008−123332

発明が解決しようとする課題

0005

上述した電話端末装置は、抽出したキーワードに単純に一致する情報を検索するため、コミュニケーションの内容に十分に適合する情報を提供できないという問題点があった。例えば、上述した電話端末装置は、10月25日の電話会話音声から「昨日の会議資料」というキーワードを抽出した場合、10月24の会議資料を検索することができない。

0006

本発明の目的は、上述した課題を解決するコミュニケーション端末、システム、情報提示システム、方法およびプログラムを提供することにある。

課題を解決するための手段

0007

本発明に係るコミュニケーション端末は、
コミュニケーション属性とコミュニケーション内容とを取得するコミュニケーション情報得手段と、
取得されたコミュニケーション内容からキーワードを抽出するキーワード抽出手段と、
取得されたコミュニケーション属性もしくは抽出されたキーワードまたはその双方に含まれる、絶対的な尺度を表す情報と相対的な尺度を表す情報から検索属性を作成する検索属性作成手段と、
作成された検索属性に適合するデータを検索する検索実行手段と、
検索されたデータを提示する検索情報提示手段とを備える。

0008

本発明に係る情報提示システムは、
コミュニケーション端末と情報提示サーバを備え、
コミュニケーション端末は、
コミュニケーション属性とコミュニケーション内容とを取得するコミュニケーション情報取得手段と、
検索情報提示手段とを備え、
情報提示サーバは、
取得されたコミュニケーション内容からキーワードを抽出するキーワード抽出手段と、
取得されたコミュニケーション属性もしくは抽出されたキーワードまたはその双方に含まれる、絶対的な尺度を表す情報と相対的な尺度を表す情報から検索属性を作成する検索属性作成手段と、
作成された検索属性に適合するデータを検索する検索実行手段とを備え、
検索情報提示手段は、検索されたデータを提示する。

0009

本発明に係るコミュニケーションシステムは、
少なくとも2つの端末を備え、端末のうち少なくとも1つは上記に記載のコミュニケーション端末であり、端末間でコミュニケーションを行う。

0010

本発明に係る情報提示方法は、
コミュニケーション属性とコミュニケーション内容とを取得し、
取得されたコミュニケーション内容からキーワードを抽出し、
取得されたコミュニケーション属性もしくは抽出されたキーワードまたはその双方に含まれる、絶対的な尺度を表す情報と相対的な尺度を表す情報から検索属性を作成し、
作成された検索属性に適合するデータを検索し、
検索されたデータを提示する。

0011

本発明に係るプログラムは、
コミュニケーション属性とコミュニケーション内容とを取得する処理と、
取得されたコミュニケーション内容からキーワードを抽出する処理と、
取得されたコミュニケーション属性もしくは抽出されたキーワードまたはその双方に含まれる、絶対的な尺度を表す情報と相対的な尺度を表す情報から検索属性を作成する処理と、
作成された検索属性に適合するデータを検索する処理と、
検索されたデータを提示する処理とをコミュニケーション端末のコンピュータに実行させる。

発明の効果

0012

本発明に係るコミュニケーション端末、システム、情報提示システム、方法およびプログラムは、コミュニケーションの内容に適合するデータをユーザに提供することを可能にする。

図面の簡単な説明

0013

本発明の第1の実施形態に係るコミュニケーション端末を構成する要素の機能概要を表すブロック構成図である。
本発明の第2の実施形態に係るコミュニケーション端末を構成する要素の機能概要を示すブロック構成図である。
第2の実施形態に係るコミュニケーション端末1の処理動作を説明するシーケンスチャート(その1)である。
第2の実施形態に係るコミュニケーション端末1の処理動作を説明するシーケンスチャート(その2)である。
本発明の第2の実施形態に係るコミュニケーション端末をPDAに適用した場合(第1の適用例)の構成要素の機能概要を示すブロック構成図である。
第1の適用例における情報データベース161に格納されているデータ属性およびデータ識別子の組の例である。
第1の適用例において液晶ディスプレイ27に検索結果が表示される様子を表す図である。
本発明の第2の実施形態に係るコミュニケーション端末をPCに適用した場合(第2の適用例)の構成要素の機能概要を示すブロック構成図である。
第2の適用例における情報データベース161に格納されているデータ属性およびデータ識別子の組の例である。
第2の適用例において液晶ディスプレイ27に検索結果が表示される様子を表す図である。
本発明の第2の実施形態に係るコミュニケーション端末を携帯電話に適用した場合(第3の適用例)の構成要素の機能概要を示すブロック構成図である。
第3の適用例における情報データベース161に格納されているデータ属性およびデータ識別子の組の例である。
第3の適用例において液晶ディスプレイ27に検索結果が表示される様子を表す図である。
本発明の第3の実施形態に係る情報提示システムを構成する要素の機能概要を示すブロック構成図である。
本発明の第3の実施形態に係る情報提示システムを携帯電話に適用した場合の構成要素の機能概要を示すブロック構成図である。

実施例

0014

次に、本発明の実施形態について図面を参照して詳細に説明する。

0015

[第1の実施形態]
図1は、本発明の第1の実施形態に係るコミュニケーション端末を構成する要素の機能概要を表すブロック構成図である。第1の実施形態に係るコミュニケーション端末1は、コミュニケーション情報取得手段11と、キーワード抽出手段12と、検索属性作成手段13と、検索実行手段14と、検索情報提示手段15を備えている。

0016

コミュニケーション情報取得手段11は、コミュニケーション属性およびコミュニケーション内容を取得する。コミュニケーション属性は、コミュニケーションの相手や日時などの、コミュニケーションの属性情報を含む。コミュニケーション内容は、電話の音声通話のデータや、チャットやメールの文章のデータなどの、コミュニケーションの内容そのものであるデータを含む。

0017

キーワード抽出手段12は、コミュニケーション情報取得手段11が取得したコミュニケーション内容からキーワードを抽出する。キーワードの抽出において、キーワード抽出手段12は、音声認識技術を使用してもよい。また、単語辞書文節解析技術を使用してもよい。

0018

検索属性作成手段13は、コミュニケーション情報取得手段11が取得したコミュニケーション属性と、キーワード抽出手段12が抽出したキーワードを用いて、データを検索するための検索属性を生成する。その際に、検索属性作成手段13は、コミュニケーション属性またはキーワードに含まれる絶対的な尺度を表す情報と相対的な尺度を表す情報を使用して、絶対的な尺度を表す情報を含む検索属性を生成してもよい。例えば、コミュニケーション属性にコミュニケーションの日時を表す「2009年10月25日」が含まれ、キーワードに「昨日」が含まれているものとする。この場合、検索属性作成手段13は、「2009年10月25日」の「昨日」である「2009年10月24日」を生成してもよい。すなわち、コミュニケーション属性に含まれる絶対的な日時を表す情報と相対的な日時を表す情報から、絶対的な日時をあらわす情報を生成してもよい。

0019

また、これら絶対的な尺度と相対的な尺度は、日時以外でもよい。例えば、コミュニケーション属性にコミュニケーション端末1の位置を表す座標情報が含まれ、キーワードに「に100メートル」が含まれているものとする。この場合、検索属性作成手段13は、コミュニケーション端末1の位置から「北に100メートル」の位置を表す座標情報を生成してもよい。例えば、コミュニケーション端末1の座標情報が「北緯35度41分25秒,東経139度41分24秒」であるとする。この場合、検索属性作成手段13は、座標情報およびキーワード「北に100メートル」から、「北緯35度41分28秒,東経139度41分24秒」を生成してもよい。なお、「北緯35度41分28秒,東経139度41分24秒」は、「北緯35度41分25秒,東経139度41分24秒」の地点から、北におよそ100メートルであることに基づいて作成されている。コミュニケーション端末1の座標情報は、コミュニケーション端末1が備えるGPS(Global Positioning System)機能(図示しない)によって取得されてもよい。

0020

なお、絶対的な尺度とは、日時や位置座標などの各種の尺度において、それ自体で特定の日時や位置座標を表すものを指す。例えば、「2009年10月25日」,「北緯35度41分25秒,東経139度41分24秒」は絶対的な尺度である。また、相対的な尺度とは、日時や位置座標などの各種の尺度において、基準となるものからの相対的な差異の値を表すものを指す。例えば、「今日」,「明日」,「昨日」,「この近辺」,「北に100m」,「徒歩10分」は相対的な尺度である。相対的な尺度は、基準となる絶対的な尺度と組み合わせることにより絶対的な尺度を表すこともできる。

0021

また、検索属性作成手段13は、キーワードの種類によって、生成する検索属性の種類を決定してもよい。例えば、キーワードに「今日」,「明日」,「昨日」などの日時に関するものが含まれている場合は、検索属性作成手段13は、日時に関する検索属性を作成してもよい。また、キーワードに「この近辺」,「北に100m」,「徒歩10分」などの位置に関するものが含まれている場合は、検索属性作成手段13は、位置に関する検索属性を作成してもよい。

0022

検索実行手段14は、検索属性作成手段13によって生成された検索属性に適合するデータを検索する。検索の対象となるデータは、コミュニケーション端末の内部にあってもよいし、外部にあってもよい。

0023

検索情報提示手段15は、検索されたデータを提示する。

0024

これらの構成要素は、ハードウェアで構成されていてもよいし、ソフトウェアで構成されていてもよい。

0025

このように、第1の実施形態に係るコミュニケーション端末1は、抽出したキーワードに単純に一致しない情報を含む、コミュニケーションの内容に適合するデータをユーザに提供することを可能にする。なぜならば、検索属性作成手段13が絶対的な尺度を表す情報と相対的な尺度を表す情報を使用して検索属性を生成し、検索実行手段14が検索属性に適合するデータを検索するからである。

0026

[第2の実施形態]
次に、本発明の第2の実施形態を説明する。

0027

図2は、本発明の第2の実施形態に係るコミュニケーション端末を構成する要素の機能概要を示すブロック構成図である。第2の実施形態に係るコミュニケーション端末1は、コミュニケーション情報取得手段11と、キーワード抽出手段12と、検索属性作成手段13と、検索実行手段14と、検索情報提示手段15と、記憶手段16と、表示手段17を備えている。

0028

記憶手段16は、情報データベース161を格納している。記憶手段16は、例えばHDD(Hard Disk Drive)などの磁気ディスク記憶装置でもよいし、RAM(Random Access Memory)やフラッシュメモリなどの半導体記憶装置でもよい。そして、記憶手段16は、これらの記憶装置の制御部を含んでいてもよい。

0029

情報データベース161は、検索されるデータに関するデータ属性とデータ識別子を格納する。データ属性は、データの作成日時や作成者、データの内容を表すキーワードなど、データの属性を示す情報を含む。データ識別子は、データのファイル名や格納場所など、データを識別するための情報を含む。データの格納場所は、記憶手段16の内部でもよいし、外部でもよい。また、コミュニケーション端末1の内部でもよいし、外部でもよい。

0030

表示手段17は、例えば液晶ディスプレイやCRT(Cathode Ray Tube)ディスプレイなどの表示装置である。

0031

他の構成要素については図1と同様であるため、説明を省略する。

0032

これらの構成要素は、ハードウェアで構成されていてもよいし、ソフトウェアで構成されていてもよい。

0033

図3および図4は、第2の実施形態に係るコミュニケーション端末1の処理動作を説明するシーケンスチャートである。以下、第2の実施形態に係るコミュニケーション端末1が行う処理について図2図4を参照して説明する。

0034

最初に、コミュニケーション情報取得手段11は、コミュニケーション属性およびコミュニケーション内容を取得する(図3のステップS301)。そして、コミュニケーション情報取得手段11は、コミュニケーション属性を検索属性作成手段13に送信し(ステップS302)、コミュニケーション内容をキーワード検出手段12に送信する(ステップS303)。

0035

キーワード抽出手段12は、受信したコミュニケーション内容からキーワードを抽出する(ステップS304)。そして、抽出したキーワードを検索属性作成手段13に送信する(ステップS305)。

0036

検索属性作成手段13は、受信したコミュニケーション属性およびキーワードを用いて情報データベース161を検索するための検索属性を作成する(ステップS306)。ここで作成される検索属性は、情報データベース161に格納されているデータ属性を検索キーとする検索を行うためのキー情報を含む。その際に、検索属性作成手段13は、絶対的な日時を表す情報と相対的な日時を表す情報を使用して検索属性を生成してもよい。そして、検索属性作成手段13は、作成した検索属性を検索実行手段14に送信する(図4のステップS401)。

0037

検索実行手段14は、受信した検索属性に適合するデータ属性とデータ識別子の組を情報データベース161から検索する(ステップS402)。そして、検索されたデータ属性とデータ識別子の組を検索情報提示手段15に送信する(ステップS403)。

0038

検索情報提示手段15は、受信したデータ属性から表示文字列を作成して検索結果として表示手段17に表示する(ステップS404)。そして、検索されたデータの表示が要求された場合(ステップS405のY)、検索情報提示手段15は、データ識別子が示すデータを表示手段17に表示する(ステップS406)。

0039

コミュニケーション端末1は、電話やチャット、メールなどのコミュニケーションが行われることに対応して上記ステップS301〜S406の処理を行ってもよい。また、ユーザが処理の実行を指示した場合に行ってもよい。

0040

次に、本発明の第2の実施形態に係るコミュニケーション端末の第1の適用例を説明する。図5は、本発明の第2の実施形態に係るコミュニケーション端末をPDA(Personal Digital Assistant)に適用した場合の構成要素の機能概要を示すブロック構成図である。第1の適用例におけるPDA2は、コミュニケーション情報取得手段11と、キーワード抽出手段12と、検索属性作成手段13と、検索実行手段14と、検索情報提示手段15と、フラッシュメモリ26と、液晶ディスプレイ27を備えている。

0041

図5のPDA2は図2のコミュニケーション端末1に、フラッシュメモリ26は図2の記憶手段16に、液晶ディスプレイ27は図2の表示手段17に相当する。他の構成要素については図2と同様であるため、説明を省略する。これらの構成要素は、ハードウェアで構成されていてもよいし、ソフトウェアで構成されていてもよい。

0042

図6は、第1の適用例における情報データベース161に格納されているデータ属性およびデータ識別子の組の例である。項目タイトル」,「作成者」,「作成日時」,「データフォーマット」はデータ属性である。これらデータ属性およびデータ識別子の組は、情報データベース161にレコード601〜605として格納されている。

0043

以下、第1の適用例におけるPDA2が行う処理について図3図7を参照して説明する。

0044

山田さんが、PDA2を用いて、田中さんとVoIP(Voice over Internet Protocol)通信による会話を2009年10月25日10:30に開始したとする。

0045

コミュニケーション情報取得手段11は、コミュニケーション属性として「相手:田中」,「コミュニケーション開始時間:2009年10月25日10:30」を取得する(図3のステップS301)。そして、コミュニケーション情報取得手段11は、取得したコミュニケーション属性を検索属性作成手段13に送信し(ステップS302)、コミュニケーション内容をキーワード抽出手段12に送信する(ステップS303)。このコミュニケーション内容は、例えば、VoIP通信における会話の音声データである。

0046

ここでは、次の内容がコミュニケーション内容に含まれていたとする。「山田です。お世話になっております。昨日頂いたメールの件です。メールで補足されているとおり、先日の資料競合他社との比較表を追加する必要があります。...では明日打ち合わせを実施しましょう。私のスケジュールですが、...」
キーワード抽出手段12は、受信した上記のコミュニケーション内容より、キーワードとして「昨日」,「メール」,「先日」,「資料」,「明日」,「スケジュール」を抽出する(ステップS304)。そして、これらのキーワードを検索属性作成手段13に送信する(ステップS305)。このとき、キーワード抽出手段12は、各キーワードをグループ分類してもよい。例えば、第1のグループを「昨日」と「メール」、第2のグループを「先日」と「資料」、第3のグループを「明日」と「スケジュール」と分類し、これらのグループに関する情報をさらに送信してもよい。また、検索属性作成手段13は、これらのグループの分類を文章内のキーワードの距離に基づいて行ってもよいし、文節解析技術を使用して行ってもよい。

0047

検索属性作成手段13は、受信したコミュニケーション属性「相手:田中」,「コミュニケーション開始時間:2009年10月25日10:30」と、キーワード「昨日」,「メール」,「先日」,「資料」,「明日」,「スケジュール」から、情報データベース161を検索するための検索属性を以下のように作成する(ステップS306)。

0048

第1の検索属性として、{「作成者:田中」,「作成日時:2009年10月24日」,「データフォーマット:メール」}が作成される。これは、コミュニケーション属性「相手:田中」,「コミュニケーション開始時間:2009年10月25日10:30」およびキーワード「昨日」,「メール」に基づいている。なお、「作成日時:2009年10月24日」は、「コミュニケーション開始時間:2009年10月25日10:30」の「昨日」であることに基づいて作成されている。

0049

第2の検索属性として、{「作成日時:2009年10月17−24日」,「データフォーマット:ODF(Open Document Format)」}が作成される。これは、コミュニケーション属性「コミュニケーション開始時間:2009年10月25日10:30」およびキーワード「先日」,「資料」に基づいている。なお、「作成日時:2009年10月17−24日」は、「コミュニケーション開始時間:2009年10月25日10:30」の「先日」、すなわち遠く無い過去であることに基づいて作成されている。また、「2009年10月17−24日」とは、2009年10月17から24日までの7日間を示す。

0050

第3の検索属性として、{「作成者:山田」,「データフォーマット:スケジュール」}が作成される。これは、キーワード「スケジュール」に基づいている。

0051

そして、検索属性作成手段13は、作成した第1〜第3の検索属性を検索実行手段14に送信する(図4のステップS401)。

0052

上記の検索属性は、データベース161に格納されているデータ属性の一部項目が削除された形式となっている。削除されている項目は、検索属性とデータ属性の一致判定を行うときに、ワイルドカード、すなわち任意の値として解釈される値が指定されているものとして扱われる。

0053

検索属性作成手段13は、上記の検索属性を、キーワードのグループに基づいて作成してもよい。また、検索属性作成手段13は、上記のように1つのグループから1つの検索属性を作成してもよいし、複数作成してもよい。

0054

検索実行手段14は、受信した第1〜第3の検索属性に適合するデータ属性とデータ識別子の組を情報データベース161から検索する(ステップS402)。検索実行手段14は、検索属性とデータ属性が一致すると判定したときに、検索属性と、データ属性とデータ識別子の組が適合すると判断する。

0055

ここでは、第1の検索属性に適合するため、図6のレコード604が抽出される。また、第2の検索属性に適合するため、レコード601〜603が抽出される。また、第3の検索属性に適合するため、レコード605が抽出される。検索実行手段14は、これら抽出されたレコードを検索情報提示手段15に送信する(ステップS403)。

0056

検索情報提示手段15は、受信したレコードに含まれるデータ属性に基づいて検索結果を表す表示文字列を作成する。そして、検索情報提示手段15は、図7に示すように作成した表示文字列を液晶ディスプレイ27に表示する(ステップS404)。

0057

ここで山田さんが、図7の項目701「販促資料(09/10/23 15:03):田中さん作成」を選択してデータの表示を要求したとする(ステップS405のY)。この場合、検索情報提示手段15は、項目701に対応するデータ識別子であるDataID3が示すデータを液晶ディスプレイ27に表示する(ステップS406)。具体的には、例えば、ODF形式のデータを表示するためのアプリケーション起動し、DataID3が示すデータが表示される。

0058

PDA2は、VoIP通信が行われることに対応して上記ステップS301〜S406の処理を1回行ってもよい。または、VoIP通信が行われている間、繰り返し行ってもよい。または、ユーザが処理の実行を指示した場合に行ってもよい。

0059

次に、本発明の第2の実施形態に係るコミュニケーション端末の第2の適用例を説明する。図8は、本発明の第2の実施形態に係るコミュニケーション端末をPC(Personal Computer)に適用した場合の構成要素の機能概要を示すブロック構成図である。第2の適用例におけるPC3は、コミュニケーション情報取得手段11と、キーワード抽出手段12と、検索属性作成手段13と、検索実行手段14と、検索情報提示手段15と、HDD36と、液晶ディスプレイ27を備えている。

0060

図8のPC3は図2のコミュニケーション端末1に、HDD36は図2の記憶手段16に相当する。他の構成要素については図2または図5と同様であるため、説明を省略する。これらの構成要素は、ハードウェアで構成されていてもよいし、ソフトウェアで構成されていてもよい。

0061

図9は、第2の適用例における情報データベース161に格納されているデータ属性およびデータ識別子の組の例である。項目「タイトル」,「作成者」,「作成日時」,「データフォーマット」はデータ属性である。これらデータ属性およびデータ識別子の組は、情報データベース161にレコード901〜902として格納されている。

0062

以下、第2の適用例におけるPC3が行う処理について図3図4図8図10を参照して説明する。

0063

山田さんが、PC3を使用中に、田中さんから電子メールを2009年5月18日9:47に受信したとする。

0064

コミュニケーション情報取得手段11は、コミュニケーション属性として「相手:田中」,「コミュニケーション開始時間:2009年5月18日9:47」を取得する(図3のステップS301)。そして、コミュニケーション情報取得手段11は、取得したコミュニケーション属性を検索属性作成手段13に送信し(ステップS302)、コミュニケーション内容をキーワード抽出手段12に送信する(ステップS303)。このコミュニケーション内容は、例えば、受信したメールのテキストデータである。

0065

ここでは、次の内容がコミュニケーション内容に含まれていたとする。
「田中です。
先週発生した障害について報告します。
先週発生した障害は昨日復旧しました。
詳細は昨日のメールを参照してください。
障害の原因探求はこれからです。原因判明後、再発防止策検討会議を行いたいと思います。以下で都合の良い日時を返信願います。
5/23 10:00−11:00
5/25 13:00−17:00のどこか1時間
5/26 10:00−12:00のどこか1時間
以上、よろしくお願いします。」
キーワード抽出手段12は、受信した上記のコミュニケーション内容より、キーワードとして「昨日」,「メール」,「都合の良い」,「日時」を抽出する(ステップS304)。そして、これらのキーワードを検索属性作成手段13に送信する(ステップS305)。このとき、キーワード抽出手段12は、各キーワードをグループに分類してもよい。例えば、第1のグループを「昨日」と「メール」、第2のグループを「都合の良い」と「日時」と分類し、これらのグループに関する情報をさらに送信してもよい。

0066

検索属性作成手段13は、受信したコミュニケーション属性「相手:田中」,「コミュニケーション開始時間:2009年5月18日9:47」と、キーワード「昨日」,「メール」,「都合の良い」,「日時」から、情報データベース161を検索するための検索属性を以下のように作成する(ステップS306)。

0067

第1の検索属性として、{「作成者:田中」,「作成日時:2009年5月17日」,「データフォーマット:メール」}が作成される。これは、コミュニケーション属性「相手:田中」,「コミュニケーション開始時間:2009年5月18日9:47」およびキーワード「昨日」,「メール」に基づいている。なお、「作成日時:2009年5月17日」は、「コミュニケーション開始時間:2009年5月18日9:47」の「昨日」であることに基づいて作成されている。

0068

第2の検索属性として、{「作成者:山田」,「データフォーマット:スケジュール」}が作成される。これは、キーワード「都合の良い」,「日時」に基づいている。なお、「データフォーマット:スケジュール」は、キーワード「都合の良い」,「日時」がスケジュール確認を示唆することに基づいて作成されている。

0069

そして、検索属性作成手段13は、作成した第1および第2の検索属性を検索実行手段14に送信する(図4のステップS401)。

0070

検索実行手段14は、受信した第1および第2の検索属性に適合するデータ属性とデータ識別子の組を情報データベース161から検索する(ステップS402)。

0071

ここでは、第1の検索属性に適合するため、図9のレコード901が抽出される。また、第2の検索属性に適合するため、レコード902が抽出される。検索実行手段14は、これら抽出されたレコードを検索情報提示手段15に送信する(ステップS403)。

0072

検索情報提示手段15は、受信したレコードに含まれるデータ属性に基づいて検索結果を表す表示文字列を作成する。そして、検索情報提示手段15は、図10に示すように作成した表示文字列を液晶ディスプレイ27に表示する(ステップS404)。

0073

ここで山田さんが、図10の項目1001「山田さんの予定」を選択してデータの表示を要求したとする(ステップS405のY)。この場合、検索情報提示手段15は、項目1001に対応するデータ識別子であるDataID100が示すデータを液晶ディスプレイ27に表示する(ステップS406)。具体的には、例えば、スケジュール管理アプリケーションが起動し、DataID100が示すデータが表示される。

0074

PC3は、メールの受信に対応して上記ステップS301〜S406の処理を行ってもよい。または、ユーザが処理の実行を指示した場合に行ってもよい。

0075

次に、本発明の第2の実施形態に係るコミュニケーション端末の第3の適用例を説明する。図11は、本発明の第2の実施形態に係るコミュニケーション端末を携帯電話に適用した場合の構成要素の機能概要を示すブロック構成図である。第3の適用例における携帯電話4は、コミュニケーション情報取得手段11と、キーワード抽出手段12と、検索属性作成手段13と、検索実行手段14と、検索情報提示手段15と、フラッシュメモリ26と、液晶ディスプレイ27を備えている。

0076

図11の携帯電話4は図2のコミュニケーション端末1に相当する。他の構成要素については図2または図5と同様であるため、説明を省略する。これらの構成要素は、ハードウェアで構成されていてもよいし、ソフトウェアで構成されていてもよい。

0077

図12は、第3の適用例における情報データベース161に格納されているデータ属性およびデータ識別子の組の例である。項目「キーワード」,「作成者」,「作成日時」,「データフォーマット」はデータ属性である。これらデータ属性およびデータ識別子の組は、情報データベース161にレコード1201〜1202として格納されている。

0078

以下、第3の適用例における携帯電話4が行う処理について図3図4図11図13を参照して説明する。

0079

山田さんが、携帯電話4を用いて、田中さんと電話による会話を2010年3月23日18:23に開始したとする。

0080

コミュニケーション情報取得手段11は、コミュニケーション属性として「相手:田中」,「コミュニケーション開始時間:2010年3月23日18:23」を取得する(図3のステップS301)。そして、コミュニケーション情報取得手段11は、取得したコミュニケーション属性を検索属性作成手段13に送信し(ステップS302)、コミュニケーション内容をキーワード抽出手段12に送信する(ステップS303)。このコミュニケーション内容は、例えば、電話における会話の音声データである。

0081

ここでは、次の内容がコミュニケーション内容に含まれていたとする。「山田です。今日の宴会ですが、待ち合わせ場所時間通りに着けそうにありません。すみませんが、30分ほど遅れます。居酒屋の場所は先日のメールに書いてあるので、直接行きます。...」
キーワード抽出手段12は、受信した上記のコミュニケーション内容より、キーワードとして「今日」,「宴会」,「待ち合わせ場所」,「居酒屋」,「先日」,「メール」を抽出する(ステップS304)。そして、これらのキーワードを検索属性作成手段13に送信する(ステップS305)。このとき、キーワード抽出手段12は、各キーワードをグループに分類してもよい。例えば、第1のグループを「今日」と「宴会」、第2のグループを「待ち合わせ場所」と分類し、これらのグループに関する情報をさらに送信してもよい。

0082

検索属性作成手段13は、受信したコミュニケーション属性「相手:田中」,「コミュニケーション開始時間:2010年3月23日18:23」と、キーワード「今日」,「宴会」,「待ち合わせ場所」,「居酒屋」,「先日」,「メール」から、情報データベース161を検索するための検索属性を以下のように作成する(ステップS306)。

0083

第1の検索属性として、{「キーワード:[2010年3月23日,宴会]」}が作成される。これは、コミュニケーション属性「コミュニケーション開始時間:2010年3月23日18:23」およびキーワード「今日」,「宴会」に基づいている。なお、「キーワード:[2010年3月23日]」は、「コミュニケーション開始時間:2010年3月23日18:23」が「今日」であることに基づいて作成されている。

0084

第2の検索属性として、{「キーワード:[2010年3月23日,待ち合わせ場所]」}が作成される。これは、コミュニケーション属性「コミュニケーション開始時間:2010年3月23日18:23」およびキーワード「今日」,「待ち合わせ場所」に基づいている。

0085

そして、検索属性作成手段13は、作成した第1,第2の検索属性を検索実行手段14に送信する(図4のステップS401)。

0086

検索実行手段14は、受信した第1および第2の検索属性に適合するデータ属性とデータ識別子の組を情報データベース161から検索する(ステップS402)。

0087

ここでは、第1の検索属性に適合するため、図12のレコード1201が抽出される。また、第2の検索属性に適合するため、レコード1202が抽出される。検索実行手段14は、これら抽出されたレコードを検索情報提示手段15に送信する(ステップS403)。

0088

なお。項目「キーワード」においては、検索属性の項目「キーワード」がデータ属性の項目「キーワード」の部分集合となっている場合も、検索属性とデータ属性が一致すると判定される。例えば、データ属性の項目「キーワード」が[宴会,2010年3月23日,居酒屋,参加者]である場合、検索属性の項目「キーワード」が[宴会]であっても[居酒屋,参加者]であっても一致すると判定される。

0089

検索情報提示手段15は、受信したレコードに含まれるデータ属性に基づいて検索結果を表す表示文字列を作成する。そして、検索情報提示手段15は、図13に示すように作成した表示文字列を液晶ディスプレイ27に表示する(ステップS404)。

0090

ここで山田さんが、図13の項目1301「田中さんからのメール(10/3/12 11:53):宴会の詳細」を選択してデータの表示を要求したとする(ステップS405のY)。この場合、検索情報提示手段15は、項目1301に対応するデータ識別子であるDataID1が示すデータを液晶ディスプレイ27に表示する(ステップS406)。具体的には、例えば、Webブラウザが起動し、Webメールイトへのログインが行われ、DataID1が示すデータが表示される。

0091

このように、第2の実施形態に係るコミュニケーション端末1は、抽出したキーワードに単純に一致しない情報を含む、コミュニケーションの内容に適合するデータをユーザに提供することを可能にする。なぜならば、検索属性作成手段13が絶対的な日時を表す情報と相対的な日時を表す情報を使用して検索属性を生成し、検索実行手段14が検索属性に適合するデータを検索するからである。

0092

また、第2の実施形態に係るコミュニケーション端末1は、様々な観点においてコミュニケーションの内容に適合するデータを、ユーザに提供することを可能にする。なぜならば、様々な観点からデータの属性を示す情報を含む、データ属性を格納する情報データベース161を、検索実行手段14が検索するからである。

0093

[第3の実施形態]
次に、本発明の第3の実施形態を説明する。

0094

図14は、本発明の第3の実施形態に係る情報提示システムを構成する要素の機能概要を示すブロック構成図である。第3の実施形態に係る情報提示システムは、コミュニケーション端末1と、情報提示サーバ5を備えている。コミュニケーション端末1と情報提示サーバ5はネットワーク6を介して接続されている。コミュニケーション端末1は、コミュニケーション情報取得手段11と、検索情報提示手段15と、表示手段17と、通信手段18を備えている。情報提示サーバ5は、キーワード抽出手段12と、検索属性作成手段13と、検索実行手段14と、記憶手段16と、通信手段19を備えている。記憶手段16は、情報データベース161を格納している。

0095

通信手段18および通信手段19は、外部との通信を行う。他の構成要素については図2と同様であるため、説明を省略する。これらの構成要素は、ハードウェアで構成されていてもよいし、ソフトウェアで構成されていてもよい。

0096

以下、第3の実施形態に係る情報提示システムが行う処理について図3図4図14を参照して説明する。なお、図3のステップS302,ステップS303,図4のステップS403以外については第2の実施形態と同様であるため、説明を省略する。

0097

コミュニケーション情報取得手段11は、通信手段18を用いて、コミュニケーション属性を検索属性作成手段13に送信する(図3のステップS302)。さらに、通信手段18を用いて、コミュニケーション内容をキーワード検出手段12に送信する(ステップS303)。

0098

検索実行手段14は、通信手段19を用いて、検索されたデータ属性とデータ識別子の組を検索情報提示手段15に送信する(図4のステップS403)。

0099

次に、本発明の第3の実施形態に係る情報提示システムの適用例を説明する。図15は、本発明の第3の実施形態に係る情報提示システムを携帯電話に適用した場合の構成要素の機能概要を示すブロック構成図である。第3の実施形態の適用例における携帯電話4は、コミュニケーション情報取得手段11と、検索情報提示手段15と、液晶ディスプレイ27と、通信手段18を備えている。第3の実施形態の適用例における情報提示サーバ5は、キーワード抽出手段12と、検索属性作成手段13と、検索実行手段14と、フラッシュメモリ26と、通信手段19を備えている。

0100

図15の携帯電話4は図14のコミュニケーション端末1に、フラッシュメモリ26は図14の記憶手段16に、液晶ディスプレイ27は図14の表示手段17に相当する。他の構成要素については図14と同様であるため、説明を省略する。これらの構成要素は、ハードウェアで構成されていてもよいし、ソフトウェアで構成されていてもよい。

0101

第3の実施形態の適用例における情報データベース161に格納されているデータ属性およびデータ識別子の組は、第2の実施形態の第3の適用例、すなわち図12と同様であるとする。また、第3の実施形態の適用例においてコミュニケーション情報取得手段11が取得するコミュニケーション属性とコミュニケーション内容も、第2の実施形態の第3の適用例と同様であるとする。

0102

第3の実施形態の適用例における情報提示システムが行う処理は、図3のステップ302,ステップ303,図4のステップS403において、通信手段18または通信手段19が用いられる点が第2の実施形態の第3の適用例と異なる。それ以外については第2の実施形態の第3の適用例における携帯電話4が行う処理と同様であるため、説明を省略する。

0103

第3の実施形態の適用例において液晶ディスプレイ27に検索結果が表示される様子は、第2の実施形態の第3の適用例、すなわち図13と同様である。

0104

このように、第3の実施形態に係る情報提示システムは、第1,第2の実施形態で説明された効果を有しながら、第1,第2の実施形態に比べてコミュニケーション端末1の構成を簡素化する。なぜならば、キーワード抽出手段12,検索属性作成手段13,検索実行手段14,記憶手段16を、コミュニケーション端末1に代わって情報提示サーバ5が備えているからである。このことにより、コミュニケーション端末1の小型軽量化や、製造コストの削減などが可能になる。

0105

本発明の第3の実施形態に係る情報提示システムにおけるコミュニケーション端末は、2つ以上であっても構わない。また、本発明の第3の実施形態に係る情報提示システムにおける情報提示サーバ5も、2つ以上であっても構わない。

0106

本発明の実施形態に係るコミュニケーション端末は、端末間において電話、チャット、またはメールなどのコミュニケーションを行うコミュニケーションシステムの端末として使用することができる。

0107

さらに、本発明の実施形態に係るコミュニケーション端末は、コミュニケーション属性が取得可能であるか、または、コミュニケーション内容からキーワードが抽出可能な他のシステムに適用されてもよい。

0108

電話などの音声通信によるコミュニケーションを行う場合、コミュニケーション情報取得手段11は、通話中の音声データからコミュニケーション内容を取得してもよい。または、留守録音メッセージなどの録音された音声データからコミュニケーション内容を取得してもよい。

0109

情報データベース161に格納されるデータ属性とデータ識別子は、アプリケーションによって自動登録されてもよい。例えば、メールが受信された場合、メールの送信者受信時刻に基づいてデータ属性が自動作成され、データ識別子と共に情報データベース161に登録されてもよい。または、スケジュールが作成された場合、スケジュールの日時や内容に基づいてデータ属性が自動作成され、データ識別子と共に情報データベース161に登録されてもよい。または、資料が作成された場合、資料の作成者や作成時刻に基づいてデータ属性が自動作成され、データ識別子と共に情報データベース161に登録されてもよい。

0110

データ識別子は、ファイル名やファイルの格納ディレクトリ、URL(Uniform Resource Locator)などでもよい。

0111

コミュニケーション端末1の処理は、目的に応じて作製された論理回路で行うようにしてもよい。または、処理内容記述したプログラムをコミュニケーション端末1にて読取可能な記録媒体に記録し、この記録媒体に記録されたプログラムをコミュニケーション端末1に読み込ませ、実行するものであってもよい。コミュニケーション端末1に読取可能な記録媒体とは、フロッピーディスク(登録商標)、光磁気ディスク、DVD(Digital Versatile Disc)、CD(Compact Disc)などの移設可能な記録媒体の他、コミュニケーション端末1に内蔵されたフラッシュメモリやHDDなどの記憶手段を指す。この記録媒体に記録されたプログラムは、コミュニケーション端末1が有するCPU(Central Processing Unit)(図示しない)にて読み込まれ、CPUの制御によって、上述したものと同様の処理が行われる。ここで、CPUは、プログラムが記録された記録媒体から読み込まれたプログラムを実行するコンピュータとして動作するものである。

0112

上記の実施形態の一部又は全部は、以下の付記のようにも記載されうるが、以下には限られない。

0113

(付記1)コミュニケーション属性とコミュニケーション内容とを取得するコミュニケーション情報取得手段と、
取得された前記コミュニケーション内容からキーワードを抽出するキーワード抽出手段と、
取得された前記コミュニケーション属性もしくは抽出された前記キーワードまたはその双方に含まれる、絶対的な尺度を表す情報と相対的な尺度を表す情報から検索属性を作成する検索属性作成手段と、
作成された前記検索属性に適合するデータを検索する検索実行手段と、
検索された前記データを提示する検索情報提示手段とを備えるコミュニケーション端末。

0114

(付記2) 前記尺度は、日時である付記1記載のコミュニケーション端末。

0115

(付記3) 前記データの属性を示す情報であるデータ属性と前記データを識別するための情報であるデータ識別子を格納するデータベースをさらに備え、
前記検索実行手段は、前記検索属性と前記データ属性が適合するかどうかを判定し、
前記検索情報提示手段は、前記データ識別子に基づいて前記データを提示する付記1または2に記載のコミュニケーション端末。

0116

(付記4) 前記データ属性が、前記データを扱うアプリケーションによって、前記データの属性に基づいて作成され、それから、前記データ識別子と共に前記データベースに格納される付記1から3のいずれかに記載のコミュニケーション端末。

0117

(付記5) 前記コミュニケーション属性が、コミュニケーションの相手に関する情報もしくはコミュニケーションの日時またはその双方を含む付記1から4のいずれかに記載のコミュニケーション端末。

0118

(付記6) 前記検索属性作成手段が、前記コミュニケーション属性に含まれるコミュニケーションの相手を示す情報から検索属性を作成する付記1から5のいずれかに記載のコミュニケーション端末。

0119

(付記7) 前記検索属性作成手段が、前記キーワードに含まれるデータのフォーマットを示す情報から検索属性を作成する付記1から6のいずれかに記載のコミュニケーション端末。

0120

(付記8)電話、チャットまたはメールのコミュニケーションにおける端末である付記1から7のいずれかに記載のコミュニケーション端末。

0121

(付記9)コミュニケーション端末と情報提示サーバを備え、
前記コミュニケーション端末は、
コミュニケーション属性とコミュニケーション内容とを取得するコミュニケーション情報取得手段と、
検索情報提示手段とを備え、
前記情報提示サーバは、
取得された前記コミュニケーション内容からキーワードを抽出するキーワード抽出手段と、
取得された前記コミュニケーション属性もしくは抽出された前記キーワードまたはその双方に含まれる、絶対的な尺度を表す情報と相対的な尺度を表す情報から検索属性を作成する検索属性作成手段と、
作成された前記検索属性に適合するデータを検索する検索実行手段とを備え、
検索情報提示手段は、検索された前記データを提示する情報提示システム。

0122

(付記10) 少なくとも2つの端末を備え、前記端末のうち少なくとも1つは付記1から9のいずれかに記載のコミュニケーション端末である、端末間でコミュニケーションを行うコミュニケーションシステム。

0123

(付記11)コミュニケーション属性とコミュニケーション内容とを取得し、
取得された前記コミュニケーション内容からキーワードを抽出し、
取得された前記コミュニケーション属性もしくは抽出された前記キーワードまたはその双方に含まれる、絶対的な尺度を表す情報と相対的な尺度を表す情報から検索属性を作成し、
作成された前記検索属性に適合するデータを検索し、
検索された前記データを提示する情報提示方法。

0124

(付記12)コミュニケーション属性とコミュニケーション内容とを取得する処理と、
取得された前記コミュニケーション内容からキーワードを抽出する処理と、
取得された前記コミュニケーション属性もしくは抽出された前記キーワードまたはその双方に含まれる、絶対的な尺度を表す情報と相対的な尺度を表す情報から検索属性を作成する処理と、
作成された前記検索属性に適合するデータを検索する処理と、
検索された前記データを提示する処理とをコミュニケーション端末のコンピュータに実行させるプログラム。

0125

本発明によれば、電話などの2者以上でコミュニケーションを取ることのできるコミュニケーションシステムにおいて、コミュニケーション内容に適合するデータをユーザに提示する用途に適用できる。

0126

1コミュニケーション端末
11コミュニケーション情報取得手段
12キーワード抽出手段
13検索属性作成手段
14検索実行手段
15検索情報提示手段
16 記憶手段
161情報データベース
17 表示手段
18,19通信手段
2 PDA
26フラッシュメモリ
27液晶ディスプレイ
3 PC
36 HDD
4携帯電話
5情報提示サーバ
6 ネットワーク

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ