図面 (/)

技術 画像化コード技術を利用した音声と音楽情報処理装置

出願人 胡力游
発明者 胡力游
出願日 2010年3月3日 (10年4ヶ月経過) 出願番号 2010-067057
公開日 2011年9月15日 (8年9ヶ月経過) 公開番号 2011-180566
状態 未査定
技術分野 音声の分析・合成
主要キーワード コーデング 音楽符号 二次元画像化 三次元画像化 発声装置 案内書 三次元コード 一次元画像
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2011年9月15日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (2)

課題

画像化コード文字情報などを比較的大量に格納できるが、音声音楽などの情報を格納するのに容量が足りないことがある。画像化コード技術を音声や音楽情報の伝達にも使えることを課題とする。

解決手段

文字などの情報を音声や音楽の符号として画像化コードに格納し、画像化コードのデコード部分に音声合成や音楽合成機能を追加して実現させる。

概要

背景

バーコードの様な一次元コードQRコードの様な二次元コード或いは二次元コードに色要素を追加した三次元コードを画像として簡単に印刷され、簡単な読取装置デジタルカメラで読み取られるので、情報の表示と伝達に便利な手段として、商品管理広告宣伝セキュリティー管理などの情報処理分野で広く実用されている。このようなコードは画像で表現するので、画像化コードと称することができる。

数センチ長の一次元画像化コードは数十バイト情報量を格納できる。数センチの正方形二次元画像化コードは数百バイトの情報量を格納できる。数センチの正方形の三次元画像化コードは数千バイトの情報量を格納できる。

数センチの正方形の三次元画像化コードに数千バイトの情報を格納されるのは、普通のA4用紙の数ページ分の文字情報を数センチの正方形に含まれることである。従って、読み取り装置やデジタルカメラでこの数センチの画像を取り込み、デコーダーに処理さればA4用紙数ページ分の文字を表示される。このように、エンコーディング技術で文字情報を数平方センチ画像コードに変換して格納し、使いいところに印刷し、表現したいときに読み取り装置で読み取ってデコーデング技術で逆変換してから表示することは、広く応用されている情報伝達方法である。情報を数平方センチの画像に格納できることは、情報を伝達したり公開したり宣伝するような情報処理にとても便利を齎す。

概要

画像化コードで文字情報などを比較的大量に格納できるが、音声音楽などの情報を格納するのに容量が足りないことがある。画像化コード技術を音声や音楽情報の伝達にも使えることを課題とする。文字などの情報を音声や音楽の符号として画像化コードに格納し、画像化コードのデコード部分に音声合成や音楽合成機能を追加して実現させる。

目的

本発明は画像化コード技術を用いて音声や音楽情報を便利に伝達できることを課題とする

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

印刷されたバーコードの様な一次元コードQRコードの様な二次元コード或いは二次元コードに色要素を追加した三次元コード取り入れる読取部と、取り入れたコードを符号に復元するデコード部と、デコードされた符号を音声データ或いは音楽データに合成する変換部と、合成された音声或いは音楽データを音で表現する発生部を有することを特徴とする情報処理装置

請求項2

前記情報処理装置の変換部が情報機器音声出力できるために音声合成の手法を用いて音声データを作成することを特徴とする請求項1の情報処理装置。

請求項3

前記情報処理装置の変換部が情報機器で音楽出力できるために音楽合成の手法を用いて音楽データを作成することを特徴とする請求項1の情報処理装置。

技術分野

0001

情報のコーディング、デコーデング、伝達、表示技術に関する。

背景技術

0002

バーコードの様な一次元コードQRコードの様な二次元コード或いは二次元コードに色要素を追加した三次元コードを画像として簡単に印刷され、簡単な読取装置デジタルカメラで読み取られるので、情報の表示と伝達に便利な手段として、商品管理広告宣伝セキュリティー管理などの情報処理分野で広く実用されている。このようなコードは画像で表現するので、画像化コードと称することができる。

0003

数センチ長の一次元画像化コードは数十バイト情報量を格納できる。数センチの正方形二次元画像化コードは数百バイトの情報量を格納できる。数センチの正方形の三次元画像化コードは数千バイトの情報量を格納できる。

0004

数センチの正方形の三次元画像化コードに数千バイトの情報を格納されるのは、普通のA4用紙の数ページ分の文字情報を数センチの正方形に含まれることである。従って、読み取り装置やデジタルカメラでこの数センチの画像を取り込み、デコーダーに処理さればA4用紙数ページ分の文字を表示される。このように、エンコーディング技術で文字情報を数平方センチ画像コードに変換して格納し、使いいところに印刷し、表現したいときに読み取り装置で読み取ってデコーデング技術で逆変換してから表示することは、広く応用されている情報伝達方法である。情報を数平方センチの画像に格納できることは、情報を伝達したり公開したり宣伝するような情報処理にとても便利を齎す。

発明が解決しようとする課題

0005

しかしながら、数十秒以上の音声音楽データは、普段、メガ単位の情報量を持っているので、このような画像化コードに格納することが難しい。普通は数十秒以上の音声や音楽情報を格納して伝達するのに、CDやDVDなどの専用メディアを用いるので格納と配布にはコストが高い。
そこで、本発明は画像化コード技術を用いて音声や音楽情報を便利に伝達できることを課題とする。

課題を解決するための手段

0006

以上の課題を解決するために、本発明は画像化コードのデコーダーに音声合成と音楽合成機能を追加して実現させる。

発明の効果

0007

本発明によれば、従来の画像化コード技術を利用して音声情報や音楽情報を伝達することができる。すると、あらゆる案内書展示会資料、広告宣伝、手紙、御祝い状などの内容を従来のように画像化コードに格納して印刷物として配布され、読取装置で音声や音楽として発声することが可能になる。従って、視覚的な印刷宣伝品は発声てきる宣伝品になれる。

実施例

0008

本発明の一実施形態は図1に示す。本実施形態では、情報処理処置は画像化コードの読取部1と、読取った画像化コードを音声符号或いは音楽符号復元するデコード部3と、音声符号或いは音楽符号を音声データ或いは音楽データに変換する音声・音楽合成部4と、音声データ或いは音楽データを音として表現する発声部5から構成される。

0009

読取部1は、携帯電話に搭載したカメラ、普通のデジタルカメラ、ウェブカメラ或いは専用読取装置などで実現させる。

0010

デコード部3は画像化コード作成の逆操作で、読取部1で読み込んだ画像データ2を音声や音楽を表現する符号に変換する。音声を表現する符号には普通の文字を使えるが、特別に定義した符号でも良い。音楽を表現する符号には楽譜記号を使えるが、特別に定義した符号でも良い。デコード装置は市販のものや特別開発したもので実現される。

0011

音声・音楽合成部4は音声符号或いは音楽符号に従って、音声データ或いは音楽データを合成し、発声部に送る。音声合成と音楽合成の装置は市販のものでも良いし、特別開発した装置でも実現される。

0012

発声部5は音声・音楽合成部で生成した音声データ或いは音楽データをスピーカ或いはイヤホーンなど発声装置で発生させる。発声部は市販の発声装置や特別開発された発声装置で実現される。
以上のそれぞれの部分は一つの機械として作成することが出来る。用途により、幾つの機械に分散させることも可能である。

図面の簡単な説明

0013

本発明のシステム実施の一例、システム構成

1 読取部;画像化コードを画像として読み取る
2 画像データ;読取部が読み込んだ画像データ
3デコード部;画像データを画像化コード技術でデコードし、音声符号(文字など)或いは音楽符号(楽譜など)へ変換
4音声・音楽合成部;音声符号或いは音楽符号を音声データ或いは音楽データへ変換
5発声部;音声データや音楽データを発声する

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ