図面 (/)

技術 潤滑油の状態量測定装置

出願人 ボルボパワートレインアーベー
発明者 斉藤淳久松祐樹
出願日 2010年2月15日 (11年2ヶ月経過) 出願番号 2010-030123
公開日 2011年8月25日 (9年8ヶ月経過) 公開番号 2011-163310
状態 拒絶査定
技術分野 流体圧力測定 温度及び熱量の測定 内燃機関の潤滑 内燃機関潤滑の細部、換気 内燃機関の潤滑
主要キーワード センサ取付孔 潤滑油出口 迂回通路 要領書 エンジン周囲 潤滑系統 排気規制 アルミダイキャスト
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2011年8月25日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (2)

課題

潤滑油状態量を測定するセンサの取り付け、及び、このセンサへのワイヤハーネス配索作業を容易にする。

解決手段

エンジン潤滑系統の一部を迂回させた迂回通路10に、潤滑油の状態量としての圧力及び温度を測定する圧力センサ30及び温度センサ40を取り付けるためのアタッチメント20を配設する。そして、アタッチメント20に圧力センサ30及び温度センサ40を取り付け、これらのセンサにワイヤハーネスを接続する。このようにすれば、圧力センサ30及び温度センサ40を車両の任意の位置で取り付けることが可能となり、エンジン周囲に多くの機器が取り付けられていても、各種センサ取付スペースを容易に確保できると共に、ワイヤハーネス配索作業を容易にすることができる。

概要

背景

車両には、エンジンの各摺動部や回転部に潤滑油を供給し、潤滑油が有する減磨,冷却,清浄などの作用によって、エンジンの焼き付きを抑制しつつ、その機能を発揮させる潤滑系統が備えられている。潤滑系統には、潤滑油の供給状態を把握することを目的として、潤滑油の状態量の一つとしての圧力を測定する圧力センサが取り付けられている。圧力センサは、エンジンブロックに取り付けられていたり、「整備要領書2005大型車(G105R)II」(非特許文献1)に記載されるように、エンジンブロックと一体化されたオイルクーラに取り付けられている。

概要

潤滑油の状態量を測定するセンサの取り付け、及び、このセンサへのワイヤハーネス配索作業を容易にする。エンジン潤滑系統の一部を迂回させた迂回通路10に、潤滑油の状態量としての圧力及び温度を測定する圧力センサ30及び温度センサ40を取り付けるためのアタッチメント20を配設する。そして、アタッチメント20に圧力センサ30及び温度センサ40を取り付け、これらのセンサにワイヤハーネスを接続する。このようにすれば、圧力センサ30及び温度センサ40を車両の任意の位置で取り付けることが可能となり、エンジン周囲に多くの機器が取り付けられていても、各種センサ取付スペースを容易に確保できると共に、ワイヤハーネス配索作業を容易にすることができる。

目的

本発明は従来問題点に鑑み、潤滑油の状態量を測定するセンサの取り付け、及び、このセンサへのワイヤハーネス配索作業を容易にした潤滑油の状態量測定装置を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

エンジン潤滑系統の一部を迂回又は分岐させた通路に、潤滑油状態量を測定する少なくとも1つのセンサを取り付けるためのセンサ取付孔が開設されたアタッチメントを配設し、該アタッチメントのセンサ取付孔にセンサを取り付けたことを特徴とする潤滑油の状態量測定装置

請求項2

前記アタッチメントには、該アタッチメントを車両の一部に固定するための固定部が一体化されていることを特徴とする請求項1記載の潤滑油の状態量測定装置。

請求項3

前記潤滑油の状態量は、圧力及び温度であることを特徴とする請求項1又は請求項2に記載の潤滑油の状態量測定装置。

技術分野

0001

本発明は、潤滑油状態量、例えば、圧力,温度などを測定する技術に関する。

背景技術

0002

車両には、エンジンの各摺動部や回転部に潤滑油を供給し、潤滑油が有する減磨,冷却,清浄などの作用によって、エンジンの焼き付きを抑制しつつ、その機能を発揮させる潤滑系統が備えられている。潤滑系統には、潤滑油の供給状態を把握することを目的として、潤滑油の状態量の一つとしての圧力を測定する圧力センサが取り付けられている。圧力センサは、エンジンブロックに取り付けられていたり、「整備要領書2005大型車(G105R)II」(非特許文献1)に記載されるように、エンジンブロックと一体化されたオイルクーラに取り付けられている。

先行技術

0003

「整備要領書2005大型車(G105R)II」,日産ディーゼル工業株式会社,2005年5月,P.LB−30

発明が解決しようとする課題

0004

ところで、近年においては、排気規制強化に伴い、エンジン周囲に取り付けられる機器が多くなる傾向があるため、エンジンブロックやオイルクーラに圧力センサを取り付けるスペースを確保することが困難になってきている。また、同様な理由から、圧力センサに接続するワイヤハーネス配索作業が困難である、という問題点もある。なお、潤滑油の状態量としての圧力を測定する圧力センサなどについても、同様な問題がある。

0005

そこで、本発明は従来問題点に鑑み、潤滑油の状態量を測定するセンサの取り付け、及び、このセンサへのワイヤハーネス配索作業を容易にした潤滑油の状態量測定装置を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0006

このため、本発明では、エンジン潤滑系統の一部を迂回又は分岐させた通路に、潤滑油の状態量を測定する少なくとも1つのセンサを取り付けるためのセンサ取付孔が開設されたアタッチメントを配設し、該アタッチメントのセンサ取付孔にセンサを取り付ける。

発明の効果

0007

本発明によれば、エンジン潤滑系統の一部を迂回又は分岐させた通路にアタッチメントが配設され、ここに潤滑油の状態量を測定する少なくとも1つのセンサが取り付けられる。このため、エンジン周囲に多くの機器が取り付けられていても、各種センサ取付スペースを確保することが容易である。また、各種センサへのワイヤハーネス配索作業も容易となり、その作業工数の低減も期待できる。

図面の簡単な説明

0008

潤滑油の状態量測定装置の一例を説明するための斜視図

実施例

0009

以下、添付された図面を参照して本発明を詳述する。

0010

図1は、本発明を具現化した潤滑油の状態量測定装置の一例を示す。

0011

エンジン潤滑系統の一部、例えば、エンジンブロックのオイルギャラリを迂回させた迂回通路10には、潤滑油の状態量を測定する各種センサを取り付けるため、内部に潤滑油通路が形成されたアタッチメント20が配設される。

0012

アタッチメント20には、潤滑油の圧力を測定する圧力センサ30を取り付けるためのセンサ取付孔が開設された第1のボス20Aと、潤滑油の温度を測定する温度センサ40を取り付けるためのセンサ取付孔が開設された第2のボス20Bと、が夫々突出形成される。第1のボス20A及び潤滑油出口が開設された第3のボス20C、並びに、第3のボス20C及び第2のボス20Bは、アタッチメント20の強度を向上させることを目的として、リブ20D及び20Eで夫々連結される。

0013

また、アタッチメント20には、これを車両の一部、例えば、オイルクーラ50に固定する固定部として、アタッチメント20の中間部から側方へと延びる第1の固定部22と、アタッチメント20の端部から軸方向へと延びる第2の固定部24と、が一体化されている。第1の固定部22は、その先端(自由端)にボルトなどの締結部材挿通されるボルト挿通孔22Aが開設される。第2の固定部は、その先端及び中間にボルトなどの締結部材が挿通されるボルト挿通孔24Aが夫々開設される。なお、固定部としては、図示の形状に限らず、車両の一部にアダプタ20を固定できる形状であればどのような形状をなしていてもよい。

0014

ここで、アタッチメント20は、製造効率を考慮し、例えば、アルミダイキャストで製造することが望ましい。

0015

そして、第1の固定部22及び第2の固定部24を介してオイルクーラ50に固定されたアタッチメント20に、潤滑油の状態量としての圧力及び温度を測定するための圧力センサ30及び温度センサ40を夫々取り付け、これらのセンサにワイヤハーネスを接続する。

0016

かかる潤滑油の状態量測定装置によれば、エンジン潤滑系統の一部を迂回させた迂回通路10にアタッチメント20が配設され、ここに潤滑油の状態量としての圧力及び温度を測定する圧力センサ30及び温度センサ40が夫々取り付けられる。アタッチメント20は、その固定部を適宜変更することで、エンジンブロックのみならず、車両の任意の位置に取り付けることができる。このため、エンジン周囲に多くの機器が取り付けられていても、圧力センサ30及び温度センサ40の取付スペースを確保することが容易である。また、温度センサ30及び温度センサ40へのワイヤハーネス配索作業も容易となり、その作業工数の低減も期待できる。さらに、潤滑油の圧力及び温度に限らず、他の状態量を測定する必要があれば、アタッチメント20の交換などにより容易に対処できる。その他、各種センサが集中的に配設されるため、例えば、その取り付け,ワイヤハーネスの配索及びメンテナンスの各作業の効率を向上させることができる。

0017

なお、図示の例では、アタッチメント20に圧力センサ30及び温度センサ40が取り付けられているが、潤滑油の状態量を測定するための少なくとも1つのセンサが取り付けられていればよい。また、アタッチメント20は、図示の形状に限らず、その機能を確保できる形状であれば如何なる形状を有していてもよい。さらに、アタッチメント20は、エンジン潤滑系統の一部を迂回させた迂回通路10ではなく、エンジン潤滑系統の一部を分岐させた分岐通路に配設するようにしてもよい。

0018

10迂回通路
20アタッチメント
22 第1の固定部
24 第2の固定部
30圧力センサ
40 温度センサ

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • BiodataBank株式会社の「 温度センサユニット及び体内温度計」が 公開されました。( 2021/03/18)

    【課題・解決手段】低コストで製造可能な温度センサユニット及び体内温度計を提供する。温度センサユニット(1)は、被検者の体内温度として深部体温Tiを測定するために用いられる。温度センサユニット(1)は、... 詳細

  • いすゞ自動車株式会社の「 オイル交換時期判定装置」が 公開されました。( 2021/03/18)

    【課題】エンジンの使われ方をも考慮して、オイルを交換すべき時期を判定するオイル交換時期判定装置を提供する。【解決手段】エンジンで使用されるオイルを交換すべき時期を判定するオイル交換時期判定装置100で... 詳細

  • いすゞ自動車株式会社の「 内燃機関のブローバイガス還流装置」が 公開されました。( 2021/03/18)

    【課題】ブローバイガス中のオイルに起因するコンプレッサのコーキング異常を抑制できる内燃機関のブローバイガス還流装置を提供する。【解決手段】内燃機関1のブローバイガス還流装置100であって、内燃機関1は... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ