図面 (/)

技術 ノロウイルス検出用材料および該材料を用いるノロウイルスの検出方法

出願人 国立研究開発法人水産研究・教育機構富士シリシア化学株式会社
発明者 松山幸彦中村耕二
出願日 2010年2月2日 (10年9ヶ月経過) 出願番号 2010-020833
公開日 2011年8月18日 (9年3ヶ月経過) 公開番号 2011-155919
状態 特許登録済
技術分野 酵素、微生物を含む測定、試験 突然変異または遺伝子工学
主要キーワード 出現特性 微粉末シリカゲル 分析機関 河口付近 気流式粉砕装置 ケイ酸アルキル 物理的性 海水試料
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2011年8月18日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (2)

課題

ノロウイルス検出用材料および該材料を用いるノロウイルス検出方法の提供。

解決手段

シリカゲルを含むノロウイルス検出用材料を得て、試料に含まれる夾雑物を該材料に吸着させることによるノロウイルスの検出方法を提供する。

概要

背景

ノロウイルスは、非細菌性急性胃腸炎を引き起こすウイルス一種であり、カキなどの貝類による食中毒の原因になることや、ノロウイルスに感染したヒトの糞便嘔吐物、またはこれらが乾燥したものからの塵埃を介して経口感染することが知られている。これらの危険を避けるために、カキなどの食品や、河川水下水処理水海水などの環境水等に、ノロウイルスがどれだけ含まれているかを調べることが重要である。

ノロウイルスの検出にあたり、検出に用いる試料超遠心ポリエチレングリコール法などによって濃縮し、ノロウイルス粒子阻害物質を分ける技法が多用されている。しかし、複雑な混成物からなる試料中から、ノロウイルスを効率的に取り出すことは困難である。この方法を用いたノロウイルスの検出には、試料に含まれるノロウイルスの遺伝子をPCR等によって増幅することで行われるのがほとんどであるが(非特許文献1、2)、ノロウイルスの遺伝子増幅時にこれらの夾雑物PCR反応阻害し、ノロウイルスの検出を妨げる要因となっている。

そこで、未精製の試料中より、夾雑物の影響を受けずにノロウイルスを検出する方法として、抗原抗体反応を利用したELISA法が開発されている。しかし、この方法によるノロウイルスの検出感度は1gあたり10の7乗以上のウイルス密度が必要であり、1gあたり10の1〜2乗程度の汚染レベル監視する必要がある食品、あるいは1mL中に10の1乗以下の汚染レベルが問題となる海水試料等には適用できないという問題があった。

本発明者らはこのような問題を解決するために、シリカゲルを含むノロウイルス検出用材料を本発明において開発した。シリカゲルは、その吸着性能を利用して乾燥剤や、吸着剤として様々な分野に利用されており、近年では、吸着対象物質に応じて、適したシリカゲルが開発されている。

例えば、飼育のために、細孔径範囲2〜100Å(0.2〜10nm)のシリカゲルと細孔径範囲50〜500Å(5〜50nm)のシリカゲルとを混合して、アンモニア硝酸化合物硫黄化合物を吸着する魚飼育濾過剤が開発されている(例えば、特許文献1)。また、触媒触媒担体クロマトグラフ分離吸着剤等に使用するために、細孔容積が0.8〜1.8ml/gであり、比表面積が20〜500m2/gであり、さらに平均細孔径が80〜1000Å(8〜100nm)の耐熱性耐水性、強度等の物理的性質の優れたシリカゲルの製法なども開発されている(例えば、特許文献2)。しかし、ノロウイルスの検出感度を高めるために適切なシリカゲルや、そのシリカゲルを用いるノロウイルス検出用材料の開発はされていなかった。

概要

ノロウイルス検出用材料および該材料を用いるノロウイルスの検出方法の提供。シリカゲルを含むノロウイルス検出用材料を得て、試料に含まれる夾雑物を該材料に吸着させることによるノロウイルスの検出方法を提供する。なし

目的

本発明は、ノロウイルス検出用材料および該材料を用いるノロウイルスの検出方法の提供を課題とする

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

細孔容積が0.2〜2.5ml/g、比表面積が20〜900m2/g、平均細孔径が1〜1000nmであるシリカゲルを含むノロウイルス検出用材料

請求項2

細孔容積が1.0〜1.8ml/g、比表面積が100〜700m2/g、平均細孔径が5〜50nmであるシリカゲルを含むノロウイルス検出用材料。

請求項3

請求項1または2に記載のノロウイルス検出用材料を用いるノロウイルス検出方法

請求項4

試料に含まれる夾雑物を請求項1または2に記載のノロウイルス検出材料吸着させ、ノロウイルス検出のための前処理を行う請求項3に記載のノロウイルス検出方法。

請求項5

請求項4に記載の前処理を行った後の試料を用い、該試料に含まれるノロウイルスのRNAを鋳型として、PCR法によって増幅させることによる請求項3に記載のノロウイルス検出方法。

技術分野

0001

本発明は、ノロウイルス検出用材料および該材料を用いるノロウイルス検出方法に関する。更に詳しくは、カキなどの食品河川水下水処理水海水などの環境水中に含まれるノロウイルスを検出するためのノロウイルス検出用材料および該材料を用いるノロウイルスの検出方法に関する。

背景技術

0002

ノロウイルスは、非細菌性急性胃腸炎を引き起こすウイルス一種であり、カキなどの貝類による食中毒の原因になることや、ノロウイルスに感染したヒトの糞便嘔吐物、またはこれらが乾燥したものからの塵埃を介して経口感染することが知られている。これらの危険を避けるために、カキなどの食品や、河川水、下水処理水、海水などの環境水等に、ノロウイルスがどれだけ含まれているかを調べることが重要である。

0003

ノロウイルスの検出にあたり、検出に用いる試料超遠心ポリエチレングリコール法などによって濃縮し、ノロウイルス粒子阻害物質を分ける技法が多用されている。しかし、複雑な混成物からなる試料中から、ノロウイルスを効率的に取り出すことは困難である。この方法を用いたノロウイルスの検出には、試料に含まれるノロウイルスの遺伝子をPCR等によって増幅することで行われるのがほとんどであるが(非特許文献1、2)、ノロウイルスの遺伝子増幅時にこれらの夾雑物PCR反応阻害し、ノロウイルスの検出を妨げる要因となっている。

0004

そこで、未精製の試料中より、夾雑物の影響を受けずにノロウイルスを検出する方法として、抗原抗体反応を利用したELISA法が開発されている。しかし、この方法によるノロウイルスの検出感度は1gあたり10の7乗以上のウイルス密度が必要であり、1gあたり10の1〜2乗程度の汚染レベル監視する必要がある食品、あるいは1mL中に10の1乗以下の汚染レベルが問題となる海水試料等には適用できないという問題があった。

0005

本発明者らはこのような問題を解決するために、シリカゲルを含むノロウイルス検出用材料を本発明において開発した。シリカゲルは、その吸着性能を利用して乾燥剤や、吸着剤として様々な分野に利用されており、近年では、吸着対象物質に応じて、適したシリカゲルが開発されている。

0006

例えば、飼育のために、細孔径範囲2〜100Å(0.2〜10nm)のシリカゲルと細孔径範囲50〜500Å(5〜50nm)のシリカゲルとを混合して、アンモニア硝酸化合物硫黄化合物を吸着する魚飼育濾過剤が開発されている(例えば、特許文献1)。また、触媒触媒担体クロマトグラフ分離吸着剤等に使用するために、細孔容積が0.8〜1.8ml/gであり、比表面積が20〜500m2/gであり、さらに平均細孔径が80〜1000Å(8〜100nm)の耐熱性耐水性、強度等の物理的性質の優れたシリカゲルの製法なども開発されている(例えば、特許文献2)。しかし、ノロウイルスの検出感度を高めるために適切なシリカゲルや、そのシリカゲルを用いるノロウイルス検出用材料の開発はされていなかった。

0007

特開平8−228635号公報
特公平7−64543号公報

先行技術

0008

山幸彦海水中ノロウイルスのLAMP法による直接検出平成20年度日本水産学会大会2008 3 28発表平成20年度日本水産学会春季大会講演要旨集, p.202−202, 2008 3
松山幸彦マガキ漁場付近の海水中ノロウイルスの鉛直出現特性平成20年度 日本水産学会中国・四国支部大会 2008 11 23発表 平成20年度日本水産学会中国・四国支部大会講演要旨集, p.26−26, 2008 11

発明が解決しようとする課題

0009

本発明は、ノロウイルス検出用材料および該材料を用いるノロウイルスの検出方法の提供を課題とする。更に詳しくは、カキなどの食品、河川水、下水処理水、海水などの環境水中に含まれるノロウイルスを検出するためのノロウイルス検出用材料および該材料を用いるノロウイルスの検出方法を提供することを課題とする。

課題を解決するための手段

0010

本発明者らは上記課題を解決するために鋭意検討した結果、ノロウイルスの検出にあたり、シリカゲルを含むノロウイルス検出用材料で、試料に含まれる夾雑物を該材料に吸着させることにより、ノロウイルスの検出率を5倍以上に高めることができることを見出し、本発明を完成するに至った。本発明のノロウイルス検出用材料は、カキなどの食品や、河川水、下水処理水、海水などの環境水等を試料としたノロウイルスの検出においても有効に利用することができる。

0011

即ち、本発明は次の(1)〜(5)のノロウイルス検出用材料または該材料を用いるノロウイルスの検出方法に関する。
(1)細孔容積が0.2〜2.5ml/g、比表面積が20〜900m2/g、平均細孔径が1〜1000nmであるシリカゲルを含むノロウイルス検出用材料。
(2)細孔容積が1.0〜1.8ml/g、比表面積が100〜700m2/g、平均細孔径が5〜50nmであるシリカゲルを含むノロウイルス検出用材料。
(3)上記(1)または(2)に記載のノロウイルス検出用材料を用いるノロウイルス検出方法
(4)試料に含まれる夾雑物を上記(1)または(2)に記載のノロウイルス検出材料に吸着させ、ノロウイルス検出のための前処理を行う上記(3)に記載のノロウイルス検出方法。
(5)上記(4)に記載の前処理を行った後の試料を用い、該試料に含まれるノロウイルスのRNAを鋳型として、PCR法によって増幅させることによる上記(3)に記載のノロウイルス検出方法。

発明の効果

0012

本発明のノロウイルス検出用材料を使用して、食品や環境水などの試料中の夾雑物を該材料に吸着させることにより、PCRの増幅効率を向上することができる。これによって調製された試料を検出に用いることにより、食品や環境水などの試料中に低濃度にしか含まれていないノロウイルスについても感度良く検出することが可能となる。

図面の簡単な説明

0013

破砕状シリカゲルの製造方法の一例を示した図である。
球状シリカゲルの製造方法の一例を示した図である。

0014

本発明の「ノロウイルス検出用材料」とは、試料に含まれるノロウイルスを検出するために、試料に含まれる夾雑物を吸着させるための材料のことをいう。本発明の「ノロウイルス検出用材料」は、細孔容積が0.2〜2.5ml/g、比表面積が20〜900m2/g、平均細孔径が1〜1000nmであるシリカゲルを含むものであればいずれのものであってもよく、さらに、細孔容積が1.0〜1.8ml/g、比表面積が100〜700m2/g、平均細孔径が5〜50nmであるシリカゲルを含むものであることが好ましい。

0015

本発明の「ノロウイルス検出用材料」に含まれるシリカゲルは、ノロウイルス検出において、試料に含まれる夾雑物を吸着させ、この試料を用いて試料中のノロウイルスを検出できるシリカゲルであればどのような形状のものであってもよく、例えば、破砕状シリカゲル、球状シリカゲルなどが挙げられる。

0016

このようなシリカゲルは、市販のものを用いることもでき、また、従来知られているシリカゲルの製造方法によって独自に製造したものを用いることもできる。例えば、湿式法ゲル化法により製造された球状、または破砕状のシリカゲルであって、原料としてアルカリ金属ケイ酸塩と、鉱酸との中和反応により合成されるシリカゲルや、アルカリ金属ケイ酸塩と、鉱酸との中和反応によれば湿式法の沈降法により得られるシリカゲルのほかにケイ酸アルキルエステル加水分解してゲル化させる方法によって得られるシリカゲル等が挙げられる。

0017

このうち、破砕状シリカゲルの製造方法としては、アルカリ金属ケイ酸塩水溶液無機酸を混合して攪拌し、中和反応によりシリカゾルを生成する。続いてシリカゾルをゲル化し、シリカヒドロゲルを得た後、水洗して可溶性塩を除去する。これを一般的な箱型乾燥機のほか流動層乾燥機噴霧乾燥器気流乾燥機減圧乾燥器等を使用することにより乾燥し、シリカキセロゲルとした後、機械式粉砕装置気流式粉砕装置乾式粉砕機の他、湿式粉砕機などを使用して粉砕することにより粒度調整を行なう、等の方法が挙げられる。破砕状シリカゲルの製造方法の一例を図1に示した。

0018

また、球状シリカゲルは、上記と同様にシリカヒドロゾルを製造し、続いて例えば次のような方法によって製造することができる。
(1)予めpHの調整されているシリカゾルを、これとは非親和性の油のような媒体中に懸濁させ、懸濁中にゲル化させる方法。
(2)シリカゾルを噴霧してシリカヒドロゲルとする方法、すなわちシリカゾルを空気中に一定の流速飛散させて液滴化した後、ゲル化させる方法。
(1)または(2)によって得られた球状シリカヒドロゲルに含まれている可溶性塩は水洗によって除去し、これを箱型乾燥装置回転乾燥装置等により乾燥する。
シリカヒドロゲルの球状化は前記の他、シリカヒドロゲルを湿式粉砕処理した後、シリカヒドロゲルと水のスラリー噴霧乾燥することにより得られる。またシリカキセロゲルを粉砕した微粉末シリカゲルを水に分散したスラリーを噴霧乾燥してもよい。スラリーはバインダーを使用してもよいし、pHを調整し噴霧しやすい粘度に調製してもよい。さらに造粒装置等により球状化することも出来る。球状シリカゲルの製造方法の一例を図2に示した。

0019

これらのシリカゲルの製造方法において、使用する原料は、アルカリ金属ケイ酸塩としてはケイ酸ナトリウムケイ酸カリウムケイ酸アンモニウム等が挙げられ、鉱酸としては硫酸硝酸塩酸等が挙げられるが、工業的にはケイ酸ナトリウムと硫酸が好ましいがいずれを用いてもよい。

0020

本発明の「ノロウイルス検出用材料」は、これらのシリカゲルそのものを「ノロウイルス検出用材料」とすることもでき、シリカゲルに加えて、さらに、ケイソウ土パーライト等のろ過助剤等を含むものであっても良い。
本発明の「ノロウイルス検出用材料」は、そのまま、またはカラム等に詰めた形状で、ノロウイルスの検出方法に用いることができる。本発明の「ノロウイルス検出用材料」を含むカートリッジカラムシリンジフィルター、フィルターチップまたはディスク等は、例えば「ノロウイルス検出器材」として用いることができる。
なお、本発明の「ノロウイルス検出用材料」は、ノロウイルス以外のアデノウイルスポリオウイルス等のウイルスにおいても、試料に含まれる夾雑物を吸着させることで、試料中のウイルスの検出感度の向上のために用いることができる。

0021

本発明の「ノロウイルス検出用材料」を用いる試料としては、ノロウイルスの存在が予測される物質であればいずれのものでもよいが、例えばカキなどの食品や、河川水、下水処理水、海水などの環境水等が挙げられる。
これらの試料に含まれる夾雑物としては、試料に含まれるノロウイルスの検出感度を下げる物質であればいずれの物質も該当するが、例えば、粘液腐植酸などの多糖類タンパク質色素グリコーゲン等が挙げられる。
タンパク質については、従来、蛋白分解酵素プロナーゼなど)や、SDSやtween 20などのタンパク質変成剤などで、試料から除く方法が行われているが、カキや環境水に適応しても良好な検出率を得られておらず、本発明の「ノロウイルス検出用材料」の方が高い効率でタンパク質を除くことができ好ましい。

0022

本発明の「ノロウイルス検出方法」は、本発明の「ノロウイルス検出用材料」を用いてノロウイルスを検出する方法であればいずれの方法も該当する。本発明の「ノロウイルス検出用材料」を用いて試料に含まれる夾雑物を吸着させ、ノロウイルス検出のための前処理を行い、この前処理後の試料を用いて試料中のノロウイルスのRNAを鋳型として、PCR法によって増幅させることにより、ノロウイルスを検出する方法であることが好ましい。
本発明において行うPCR法は、RT−PCR法、リアルタイムPCR法等のいずれの方法であってもよく、LoopampノロウイルスGI検出試薬キットやLoopamp
ノロウイルスGII検出試薬キット等の市販のキットを用いて行ってもよい。
本発明の「ノロウイルス検出方法」においてはさらに、増幅されたノロウイルスのRNAを用いて、ノロウイルスを特定する対象配列を検出することも含むことができる。ノロウイルスを特定する対象配列としては、公開されているノロウイルスの配列情報(例えば、参考文献参照)に基づいて設計されたプライマーなどが挙げられる。
参考文献:Kageyama et al. (2003) J. Clin. Microbiol. 41: 1548−1557

0023

以下、実施例をあげて本発明をさらに詳細に説明するが,本発明はこれらに限定されるものではない。

0024

ノロウイルス検出用材料
1.シリカゲルの調製
ケイ酸ソーダ(SiO2:20重量%)に硫酸(12N)を混合機中で反応させ、過剰酸濃度1Nのシリカヒドロゾルを調製した。これを室温にて放置しゲル化させた。得られたシリカヒドロゲルをpH7.5、水温40℃で水洗し、硫酸ナトリウムを除去した後、pH2−8、温度20−100℃の水中で水熱処理した。このシリカヒドロゲルを80−100℃で3時間、箱型乾燥装置(田葉井製作所製 SAFETY OVEN SHPS−212)で乾燥してシリカゲルとしたのち、粉砕機ホソカワミクロン(株)製マイクロACMパルベライザー)により粒度調整を行い、破砕状シリカゲルとして微粒子シリカゲルAまたは微粒子シリカゲルBを得た。

0025

比較として、ケイ酸ソーダ(SiO2濃度20重量%)と無機酸とを混合容器内に連続的に送り込み容器内で反応して生成したシリカゾルを、これとは非親和性の油のような媒体中に懸濁させ、懸濁中にゲル化させた生成した球状のシリカヒドロゲルを水洗し、可溶性塩を除去した後、80−100℃で3時間、箱型乾燥装置で乾燥して、球状シリカゲルとして微粒子シリカゲルCを得た。

0026

物性の測定
本発明における各物性は下記により求めた。
比表面積は簡便窒素吸着法(柴田科学器工業(株)製迅速表面積測定装置SA−1000)により測定した。細孔容積は窒素吸着法により求めた。
平均細孔径(nm)は次式により求めた。
平均細孔径=4,000×細孔容積/比表面積

0027

2.シリカゲルの物性値
上記にて調製した微粒子シリカゲルA〜Cのそれぞれの物性を表1に示した。

0028

0029

3.ノロウイルス検出用材料の作製
上記1.で製造した微粒子シリカゲルAまたはBをそのまま本発明のノロウイルス検出用材料とした。

0030

ノロウイルスの検出方法
実施例1で作製したノロウイルス検出用材料を用いて試料に含まれるノロウイルスを検出した。

0031

1.試料の調製
1)海水試料
中国または九州各地の河口付近採取した海水(採取:2008年1月〜2009年2月)を、それぞれ0.45ないしは0.7ミクロンのフィルターでろ過し、200〜2000mL用いて、加圧(0.1kg/cm2)しながら限外ろ過膜(分画分子量100,000)で限外ろ過した。これにより、海水中に含まれるウイルス画分が濃縮された海水試料1〜7をそれぞれ5〜18mLを得た。
このように調製した海水試料を、調製当日にノロウイルスの検出に用いないで保存する場合には、採取した段階の海水にクロロホルムを適宜添加することで、数週間以上冷蔵保存が可能であり、ノロウイルスの検出に用いることができる。
なお、限外ろ過は、ノロウイルスの限外ろ過膜への非特異的吸着を防止するために、0.05%の牛血清アルブミンに1分間浸して膜面をブロッキングしてから用いた。また、ノロウイルスは安定なウイルスなので、室温で濃縮を行った。

0032

ノロウイルスの検出にあたり、上記で調製した海水試料1〜7について、ノロウイルス検出用材料として微粒子シリカゲルA、比較として微粒子シリカゲルCまたはケイソウ土(商品名ケイソウ土、荷電型,046−28181(和光純薬興行株式会社))を試水の量に応じてそれぞれ0.01−0.02gの範囲で添加して1分間攪拌して混合した。これを0.2μmのシリンジフィルターでろ過して、微粒子シリカゲルA、微粒子シリカゲルCまたはケイソウ土を除去した。
このろ過液および未処理の海水試料(コントロール)を、それぞれ分画分子量200,000の簡易型限外ろ過器アドバンテック社製、USY−20)に供してすべて通水し、ノロウイルスを膜上に捕捉した。

0033

2)マガキ中腸腺試料
全10個体の生鮮養殖マガキの中腸腺を摘出し、8倍容リン酸緩衝液(pH 7.4)を加えてブレンダーで攪拌して乳剤とした。この乳剤を12,000 rpmで5分間遠心分離し、上清を0.45μmのフィルターでろ過してウイルス画分を含むマガキ中腸腺試料を得た。
このように調製したマガキ中腸腺試料は、海水試料と同様に、乳剤とした段階でクロロホルムを適宜添加することにより、数週間以上冷蔵保存が可能であり、ノロウイルスの検出に用いることができる。

0034

ノロウイルスの検出にあたり、上記で調製したウイルス画分1.0mLに、ノロウイルス検出用材料として微粒子シリカゲルBまたは比較として微粒子シリカゲルCを0.2g添加して1分間攪拌して混合した後、12,000rpmで1分間遠心分離して上清を得た。この上清560μLまたは未処理のマガキ中腸腺試料(コントロール)を分画分子量20万の限外ろ過器(USY−20)に供して残液量をゼロとし、フィルター上にウイルス画分を捕捉させた。

0035

2.ノロウイルスの検出
上記1)および2)において膜上に捕捉された各ウイルス画分からウイルス由来のRNAを抽出した。
即ち、0.14 mLのDPEC処理水を添加して膜上に補足されたウイルスを懸濁したのち、RNA抽出キット(QIamp Viral RNA Mini Kit;キアゲン社製)を用いてウイルスの遺伝子を抽出した。抽出されたRNA溶液の最終容量は0.05mLであり、海水試料1〜7における濃縮係数はそれぞれ4,000−10,000倍であり、マガキ中腸腺試料における濃縮係数は32倍であった。

0036

RNA溶液のうち、0.0025〜0.004 mLを用い、RT−LAMP法によるノロウイルス検出キットを用いてノロウイルスの検出を行った。ノロウイルスの検出には、GenotypeI型(以下、GIと示す)のノロウイルスを検出するLoopampノロウイルスGI検出試薬キットおよびLoopampノロウイルスGII検出試薬キッ
ト(以下、GIIと示す)(いずれも栄研化学株式会社)を用い、常法に従って反応試薬を混合し、反応温度は63℃で、70分間測定を行い、0.1秒間隔で吸光度のデータを記録した。テラメックス社製のリアルタイム濁度計(LA−200)で検出を行った。この検出方法では、試料中にノロウイルスが存在すると、明瞭な濁度の上昇が認められる。
なお、海水試料5〜7より得たRNA溶液は、1倍(1/1)、5倍(1/5)または10倍(1/10)となるように希釈したものを用いて同様に検出を行った。

0037

3.結果
本発明のノロウイルス検出用材料を用い、検出されたノロウイルスGIおよびGIIについて、ノロウイルスの検出時間および検出されたノロウイルスのRNA量を調べた(表2〜5)。
その結果、表2、3および5に示すように、海水試料およびカキ中腸試料において、本発明のノロウイルス検出用材料(微粒子シリカゲルA)を用いて処理することにより、未処理のもの(コントロール)や比較として用いた微粒子シリカゲルCまたはケイソウ土で処理したものと比べて、短い時間でノロウイルスが検出でき、検出できるノロウイルスのRNA量も多いことが確認できた。
また、表4に示すように、海水試料を希釈した場合においても、本発明のノロウイルス検出用材料(微粒子シリカゲルA)で処理したものは、5倍希釈した試料を用いた場合でもノロウイルスが検出できた。比較としてケイソウ土で処理したものは、5倍希釈ではノロウイルスがほとんど検出できておらず、検出時間も長いことから、本発明のノロウイルス検出用材料(微粒子シリカゲルA)を用いて処理することにより、未処理のもの(コントロール)や比較として用いたケイソウ土で処理したものと比べて、5倍以上検出感度が高められることが確認できた。
これらの結果より、本発明のノロウイルス検出材料を用いることにより、試料に含まれる夾雑物を高い吸着率で吸着させ、取り除くことにより、ノロウイルスの検出感度が高められることが確認された。

0038

0039

0040

実施例

0041

0042

本発明のノロウイルス検出用材料および該材料を用いるノロウイルス検出方法は、食品の分析機関や河川水、下水処理水、海水などの環境水を管理する下水処理場等において、幅広く利用することができる。また、大学や研究所などのノロウイルスを試料として試験・研究を行う機関においても、有効に利用することができる。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ