図面 (/)

技術 鉄道車両用集電装置のカバー取り付けボルト抜け止め構造

出願人 東洋電機製造株式会社
発明者 佐藤仁志
出願日 2009年12月10日 (10年2ヶ月経過) 出願番号 2009-280343
公開日 2011年6月23日 (8年7ヶ月経過) 公開番号 2011-125131
状態 特許登録済
技術分野 ボルト・ナット・座金 電気的推進車両の集電装置
主要キーワード カバー着 字形金具 中間ヒンジ 字金具 カバー面 ボルト径 取り付けボルト ボルト挿
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2011年6月23日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

課題

カバー着脱の際に取り付けボルトカバーから脱落しない抜け止め構造を有する車両用集電装置を提供すること。

解決手段

カバー1の取り付け穴に断面形状がU字形のU字形金具2と特殊ボルト3を設ける。上記U字形金具の向かい合う辺の幅はカバーの厚さと同じ寸法とし、一方はねじ穴、一方はボルト径より大きな穴を同軸上に配置し、カバーには固定せず、カバーの取り付け穴と特殊ボルトの隙間分カバー面上を自由に動く事が出来るようにする。上記特殊ボルトは、集電装置ねじ穴ねじ込む部分以外のねじ山を無くし、雄ねじ谷径以下としたものとする。

概要

背景

鉄道車両用集電装置カバーは、主に新幹線車両用集電装置空力騒音を低減する目的で集電装置の支え中間ヒンジ部、台枠具備されている。カバーは集電装置本体にボルト締結されている。カバーを有する集電装置の一例を図6に示す。集電装置の保守点検の際は、車両の屋根上で取り付けボルトを外してカバーを外す必要があるが、この際取り付けボルトが脱落すると、車両の屋根の隙間から車両内部にまで落下し、回収が非常に困難となるため、作業に注意が必要であった。

従来の技術によるカバー取り付けボルトの抜け止め構造の第1の実施例を図3に示す。先端部のみねじ山を残した特殊ボルトをカバーの穴に挿入後雌ねじを有する抜け止めをねじ込み、ボルトを緩めてもカバーからボルトが抜けない構造である。

従来の技術によるカバー取り付けボルトの抜け止め構造の第2の実施例を図4に示す。従来の技術によるカバー取り付けボルトの抜け止め構造の第1の実施例にカバー内にボルトの抜き代を付加したものである。

概要

カバー着脱の際に取り付けボルトがカバーから脱落しない抜け止め構造を有する車両用集電装置を提供すること。カバー1の取り付け穴に断面形状がU字形のU字形金具2と特殊ボルト3を設ける。上記U字形金具の向かい合う辺の幅はカバーの厚さと同じ寸法とし、一方はねじ穴、一方はボルト径より大きな穴を同軸上に配置し、カバーには固定せず、カバーの取り付け穴と特殊ボルトの隙間分カバー面上を自由に動く事が出来るようにする。上記特殊ボルトは、集電装置のねじ穴ねじ込む部分以外のねじ山を無くし、雄ねじ谷径以下としたものとする。

目的

本発明によれば、以下のように、容易かつ低コストなボルトの抜け止め構造を有する集電装置のカバーを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

カバーボルト締結する構造を有する車両用集電装置であって、該カバーのボルト締結部に断面がU字形金具を追加することでボルトを該カバーから抜くことなしに本体から着脱可能としたことを特徴とする鉄道車両用集電装置

技術分野

0001

本発明は、鉄道車両集電装置に係わり、カバーを有する集電装置に関する。

背景技術

0002

鉄道車両用集電装置のカバーは、主に新幹線車両用の集電装置の空力騒音を低減する目的で集電装置の支え中間ヒンジ部、台枠具備されている。カバーは集電装置本体にボルト締結されている。カバーを有する集電装置の一例を図6に示す。集電装置の保守点検の際は、車両の屋根上で取り付けボルトを外してカバーを外す必要があるが、この際取り付けボルトが脱落すると、車両の屋根の隙間から車両内部にまで落下し、回収が非常に困難となるため、作業に注意が必要であった。

0003

従来の技術によるカバー取り付けボルトの抜け止め構造の第1の実施例を図3に示す。先端部のみねじ山を残した特殊ボルトをカバーの穴に挿入後雌ねじを有する抜け止めをねじ込み、ボルトを緩めてもカバーからボルトが抜けない構造である。

0004

従来の技術によるカバー取り付けボルトの抜け止め構造の第2の実施例を図4に示す。従来の技術によるカバー取り付けボルトの抜け止め構造の第1の実施例にカバー内にボルトの抜き代を付加したものである。

先行技術

0005

特開2005−261065号公報

発明が解決しようとする課題

0006

前述の従来の技術によるカバー取り付けボルトの抜け止め構造の第1の実施例は、図
3に示すとおりカバーの着脱方向がボルトの挿入方向と一致している場合に適用可能であるが、図5に示すカバーの着脱方向とボルトの挿入方向が一致しない場合はカバーに残ったボルトが引っかかり、カバーを取り外す事は出来ない。

0007

前述の従来の技術によるカバー取り付けボルトの抜け止め構造の第2の実施例は、図4に示す通り、カバーの着脱方向とボルトの挿入方向が一致しない場合でもボルトの抜き代をカバー側に設ける事でボルトが引っかからず着脱可能とした構造である。カバーと取り付け雌ねじとの製作誤差による穴の心ずれは、カバーの穴と抜け止めの隙間分だけ許容できるが、カバーの穴を大きくするとボルト締結の信頼性が低下する。また、カバーの成型コストが高く、後から構造を追加する事も出来ない。

課題を解決するための手段

0008

請求項1の発明によれば、カバーをボルト締結する構造を有する車両用集電装置であって、該カバーのボルト締結部に断面がU字形金具を追加することでボルトを該カバーから抜くことなしに本体から着脱可能としたことを特徴とする鉄道車両用集電装置。

0009

すなわち、本発明においては、上記課題を次のように解決する。
カバーをボルト締結する構造を有する車両用集電装置において、カバーの取り付け穴に断面形状がU字形の金具と特殊ボルトを設ける。
上記U字形金具の向かい合う辺の幅はカバーの厚さと同一寸法とし、一方はねじ穴、一方はボルト径より大きな穴を同軸上に配置したもので、カバーに差し込むだけでは固定せず、カバーの取り付け穴と特殊ボルトの隙間分カバー面上を自由に動く事が出来るようにする。
上記特殊ボルトは、集電装置のねじ穴ねじ込む部分以外のねじ山を無くしたものとする。

発明の効果

0010

本発明によれば、以下のように、容易かつ低コストなボルトの抜け止め構造を有する集電装置のカバーを提供することが可能となり、カバー着脱時にボルトが脱落しない集電装置を得ることができる。
(1)特殊ボルトは、U字形金具のねじ穴にねじ込むため抜けず、U字金具もボルトが抜けないとカバーから抜けないため、ボルトの抜け止め構造とすることができる。また、ボルト挿入方向とカバー着脱方向が一致しない場合にも適用可能である。
(2)U字形金具はカバーに固定されないため、U字形金具の位置を動かす事で容易に台枠側のねじ穴との心ずれを調整する事が出来る。
(3)上記U字形金具は簡単な構造のため低コストである。
(4)ボルトの抜け止め構造のないカバーに対し、上記U字形金具と、特殊ボルトを追加することでボルトの抜け止め構造を後から付加する事が可能である。

図面の簡単な説明

0011

本発明の実施例を示す図である。
図1のA部の詳細図である。
従来技術の実施例の第1の実施例を示す図である。
従来技術の実施例の第2の実施例を示す図である。
従来の技術によるカバー取り付けボルトの抜け止め構造の第1の実施例で、カバー着脱方向とカバー取り付け方向が一致しない例の説明図である。
カバーを有する集電装置の例を示す図である。

0012

以下、図面を参照して、本発明の好適な実施の形態を詳細に説明する。

0013

図1は本発明の実施例を示す図であり、図2図1のA部の拡大図である。
同図において、1はカバー、2はU字形金具、5は特殊ボルトである。
カバー1は特殊ボルト3の呼び径より大きな径の取り付け穴を有する。
U字形金具2は、向かい合う辺の幅はカバーの厚さと同じ寸法とし、一方には雌ねじ3、一方はボルト径より大きな穴4を同軸上に設ける。
特殊ボルト5の雄ねじ長さは、U字形金具2の雌ねじ3と台枠6の雌ねじ7に同時に掛からない寸法とし、カバー1が特殊ボルト5のねじ頭締め付けられるようにする。

0014

U字形金具2は、カバー1の取り付け穴部に差し込み、カバー1を挟み込む状態とするが、固定はされないためカバー面上に動かす事が出来る。この際、U字形金具2に設けた雌ねじ3がカバー1の外側となるよう配置する。

0015

カバーを外す際、特殊ボルト5の雄ねじが台枠6の雌ねじ7から抜けてもU字形金具2の雌ねじ3にねじ込まれているため、特殊ボルト5はU字形金具2の雌ねじ3までしか抜けない。また、特殊ボルト5がカバー1から抜けないため、カバー1に差し込んだだけのU字形金具2も脱落しないため抜け止め構造となる。

0016

U字形金具2は、カバー1を挟み込む状態とするが固定はされないため、カバー1の取り付け穴と台枠6の雌ねじ7の中心がずれていても位置合わせをすることができる。

0017

U字形金具2は、金属製の薄板曲げて穴を開けただけの構造で、低コストである。

実施例

0018

既存のカバー1に対し、U字形金具2と特殊ボルト5を付加するだけで抜け止め構造とする事が可能である。

0019

容易かつ低コストのボルトの抜け止め構造を有する集電装置のカバーを提供することが可能となり、産業上大いに有用である。
さらに、カバー着脱時にボルトが脱落しない集電装置を得ることができ、安全面にも資することができる。

0020

1カバー
2 U字形金具
3 U字形金具の雌ねじ
4 U字形金具の穴
5 特殊ボルト
6台枠
7 台枠の雌ねじ
座金
9 抜け止め

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ