図面 (/)

技術 お風呂用読書ケース

出願人 奥山宜子
発明者 奥山宜子
出願日 2009年10月30日 (10年4ヶ月経過) 出願番号 2009-249666
公開日 2011年5月12日 (8年10ヶ月経過) 公開番号 2011-092447
状態 特許登録済
技術分野 浴槽の付属品 本・特殊印刷物 テーブル、机、サービス用ワゴン
主要キーワード 弾性スペーサー 本固定用 左右入れ替え 機械作業 固定用クリップ フィルム固定 ベース台 準備操作
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2011年5月12日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

従来そのまま本を持ち込んでお風呂読書すると、濡れた手で触れて本が湿気たり、又ビニール袋に入れて読むと頁をめくることが困難だった。そこでお風呂で本を濡らさずに読書できて、外部から頁めくりができるケースを提供することを課題とする。

解決手段

気密性の高いケース内に開本した状態で本を固定して次に読みたい頁にフィルム等を挟み、外部から操作できる板等を先のフィルムと本の頁の間に入れて板を移動することで頁をめくり、読みたい頁を開くことのできる機構を設ける。これらを気密性の高いケースに入れることで本が濡れたり湿気ることがない。又透明な蓋にすることで蓋を通して読書できる。

概要

背景

従来はビニール袋に本を入れたり、そのまま本を持ち込み風呂読書していた。

概要

従来そのまま本を持ち込んでお風呂で読書すると、濡れた手で触れて本が湿気たり、又ビニール袋に入れて読むと頁をめくることが困難だった。そこでお風呂で本を濡らさずに読書できて、外部から頁めくりができるケースを提供することを課題とする。気密性の高いケース内に開本した状態で本を固定して次に読みたい頁にフィルム等を挟み、外部から操作できる板等を先のフィルムと本の頁の間に入れて板を移動することで頁をめくり、読みたい頁を開くことのできる機構を設ける。これらを気密性の高いケースに入れることで本が濡れたり湿気ることがない。又透明な蓋にすることで蓋を通して読書できる。1

目的

本発明は、本を濡らさずに確実に頁めくりができ、簡単な構造で使いやすいお風呂で読書できるケースを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

開本した状態の書物ケース内部の台に固定し、次に読む予定の頁にフィルムを挟んでおき、ケース内部にある板を外部から操作して、先のフィルムと本の頁の間に板を入れ移動させることによって、次に読む予定の頁を開くことのできる機構を持つ、透明な蓋を有する気密性の高い読書用ケース

請求項2

前記台の下にスプリングバネ弾性体スペーサーを備えた、請求項1又は3又は4記載の読書用ケース。

請求項3

ケース側面に明けた穴に前記板の一部を通し、ケース内部にある板をケース外部から操作できる機構を備えた、請求項1又は2又は4記載の読書用ケース。

請求項4

前記フィルムの代わりに紙やビニールポリエチレンゴム等、弾力のある材料を使用した、また前記板の代わりに金属やプラスチック等、剛性も弾力ある材料を使用した請求項1又は2又は3記載の読書用ケース。

技術分野

0001

この発明は、本を濡らさずにお風呂で読めるケースに関するものである。

背景技術

0002

従来はビニール袋に本を入れたり、そのまま本を持ち込みお風呂で読書していた。

先行技術

0003

特開2008−086629号公報
特開2007−062341号公報

発明が解決しようとする課題

0004

解決しようとする問題点は、そのまま風呂に本を持ち込むと、風呂の蒸気や、濡れた手で直接触れて、本が湿気ってしまうことである。又ビニール袋に本を入れると湿気ることは防げるが、袋の外からでは本の頁をめくりにくいことである。
そこで本発明は、本を濡らさずに確実に頁めくりができ、簡単な構造で使いやすいお風呂で読書できるケースを提供することを課題とする。

課題を解決するための手段

0005

本発明は上記の課題を達成する為に、開本した状態の書物ケース内部の台に固定し、次に読む予定の頁にフィルムを挟んでおき、ケース内部にある板を外部から操作して、先のフィルムと本の頁の間に板を入れ移動させることによって、次に読む予定の頁を開くことのできる機構を持つ、透明な蓋を有する気密性の高い読書用ケースとした。
前記台の下にスプリングバネ弾性体スペーサーを備えた事により開本した本を
透明な蓋に押し当て、頁が閉じるのを防止できる。ケース側面に明けた穴に前記板の一部を通し、ケース内部にある板をケース外部から操作できる機構を備えた。

発明の効果

0006

(1)気密性の高いケースに入っている為に本が濡れることはない。又、透明
な蓋を通して内部の本を読むことができる。
(2) ケースの外部から操作して頁をめくる為に手が濡れていても本が湿気ら
ない。

図面の簡単な説明

0007

図1は本発明の全体を示す斜視図である。
図2は本を固定して使用した時の正面図である。
図3は頁をめくる方法を示す動作説明図である。
図4は頁をめくる方法を示す動作説明図である。

0008

この発明の一実施形態を図1〜図4に基づいて説明する。

0009

図において、透明な蓋に本を押し当てる為の弾性スペーサー6の上にベース台2(以下台)がある。台2の右に本固定用バインダー3があり、本8を固定する。

0010

左には、透明な、頁を予定するフィルム4(以下フィルム)が固定用クリップ7で、読む頁の数だけ留めてある。上記のすべてが透明な蓋をもつ密閉できる本体ケース1(以下本体ケース)に収められている。

0011

本体ケースの左右側面には、頁移動用板5(以下板)と防水栓10が入る穴がありパッキン9により気密が保たれている。

0012

以降、上記構成の準備操作を説明する。本体ケース1を開けて、板5を左に寄せる。フィルム4を、読む頁分用意してベース台2にフィルム固定クリップ7で固定する。本8をバインダー3で固定し、読み終わり予定の頁を開く。フィルム4の一番上の一枚を頁の上に置く。読み終わりから二番目の頁を開き、フィルム4の二番目を頁の上に置く。以下同様の作業を繰り返して読み始め頁まで進める。板5を読み始め頁の右側の上に置く。本体ケース1の蓋を閉じる。

0013

以降、上記構成の頁めくり操作を説明する。現在開いている頁を読み終えたら、右にある板5を左に動かし、図3のBの位置に置く。板5を下げ本の頁を押さえながら左に移動していき、図3のAの位置までくると一番上のフィルム4をはずすことができる。図4の、Aの位置にある板の右端で二枚目のフィルム4を下に押しながら本の頁の下に入るように板5を右に移動する。そのままB,Cの位置まで動かすと、頁をめくることができる。以下この操作を繰り返すことで頁を進め、読み終わり頁まで進む。

実施例

0014

この例は、右から左に読む本の場合の説明だが、左から右に読む本の場合は、二通りやり方がある。
(1)本体ケースの両側面の穴にパッキンを介して入っている防水栓と板を左右入れ替える。ベース台と弾性スペーサーを左右反転させて、セットして使用する。
(2)本体ケースの上下を逆にして使用する。

0015

手が濡れていても、汚れていても頁めくりが出来て開本状態の本が読める事から、以降のような風呂以外の場所でも使用できる。料理の本を見ながら調理する台所、図面や取扱説明書を見る機械作業、風のある屋外での土木作業

0016

1 蓋が透明な密閉できる本体ケース(ケース)
2ベース台(台)
3本固定用バインダー
4 透明な頁を予定するフィルム(フィルム)
5 頁移動用板 (板)
6弾性スペーサー
7フィルム固定用クリップ
8 本
9パッキン
10 防水栓

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • TOTO株式会社の「 浴槽水循環型吐水装置又はそれを備えた浴槽装置」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】浴槽内に居る入浴者の首に向かって取り込んだ湯水を吐出することができる浴槽循水環型吐水装置であって、浴槽内の湯水の温度が高い場合であっても入浴者が早期に逆上せてしまうことを抑制できる浴槽水循環型... 詳細

  • PHCホールディングス株式会社の「 食品搬送車」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】事故発生時の記録を残すことで、記録された情報をその後の事故防止対策に活かすことが可能な食品搬送車を提供する。【解決手段】再加熱カート10は、本体部11、複数の走行輪12a,12b、操作ハンドル... 詳細

  • 株式会社ノーリツの「 浴室洗浄装置」が 公開されました。( 2019/09/05)

    【課題】複数回の洗剤液散布動作を間欠的に実行する場合に、先に散布された洗剤液が湯水によって流されるなどの不具合をなくし、優れた洗浄能力を得ることが可能な浴室洗浄装置を提供する。【解決手段】洗浄ノズル2... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ