図面 (/)

技術 アバレル業界に撮影技術及び、印刷技術導入により集客力を高めると同時に、一般消費者からITを利用し商品開発に必要な情報を得る事でより一般企業や商品開発メーカーと一般消費者の距離を縮める事が可能になるビジネスモデル。

出願人 大和悠生
発明者 大和悠生
出願日 2009年10月22日 (8年10ヶ月経過) 出願番号 2009-258385
公開日 2011年5月6日 (7年4ヶ月経過) 公開番号 2011-090656
状態 拒絶査定
技術分野 特定用途計算機
主要キーワード 開発メーカー 情報管理部門 アパレル業界 試着室 通常営業 商品開発 アパレル 質問メール
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2011年5月6日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (2)

課題

アパレル業界に必要な顧客情報収集を可能とするIT情報収集システムを提供する。

解決手段

アパレル業界の試着室などに撮影技術及び印刷技術を導入する事により一般消費者は服を客観的に判断する事が可能になると同時に、新しい服を着た自分を記念に残すという新たな楽しみができる為、アパレル業界の店鋪は従来にはないシステム集客力を高める事が出来る。その事により以前より多く集まった一般消費者に対し印刷技術を使用するにあたり割り引きなどのサービスを受けるかわりに一般企業開発メーカーなどの質問答えて頂くことにより一般消費者と一般企業や開発メーカーの距離が縮まり無駄な開発を回避する事ができる。また情報管理部門を作りIT技術を利用する事により一般消費者の携帯もしくはパソコン質問メール一斉送信返信を受ける事により従来に比べ小さい労働力で多くの情報を収集する事が可能になる。

概要

背景

従来のアパレル業界は、お客様を集める為には、通常営業において(開店セール閉店セールなど以外)広告を出すか、販売価格下げる方法以外は、確立した物はなかった。又、お客様からの情報収集システムもなかった。

概要

アパレル業界に必要な顧客情報収集を可能とするIT情報収集システムを提供する。アパレル業界の試着室などに撮影技術及び印刷技術を導入する事により一般消費者は服を客観的に判断する事が可能になると同時に、新しい服を着た自分を記念に残すという新たな楽しみができる為、アパレル業界の店鋪は従来にはないシステム集客力を高める事が出来る。その事により以前より多く集まった一般消費者に対し印刷技術を使用するにあたり割り引きなどのサービスを受けるかわりに一般企業開発メーカーなどの質問答えて頂くことにより一般消費者と一般企業や開発メーカーの距離が縮まり無駄な開発を回避する事ができる。また情報管理部門を作りIT技術を利用する事により一般消費者の携帯もしくはパソコン質問メール一斉送信返信を受ける事により従来に比べ小さい労働力で多くの情報を収集する事が可能になる。

目的

アパレル業界の試着室などに撮影技術及び印刷技術を導入する事で、お客様に対し試着した自分を記念に残すという新たな付加価値を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

アパレル業界試着室などに撮影技術及び印刷技術を導入するシステム

請求項2

請求項1のシステム導入により集客力を高める事が可能になり、その事により多く集まった一般消費者インターネットテクノロジー使い小さい労働力情報収集する事ができるIT情報収集システム

請求項3

請求項1、請求項2の完成に向けアパレル業界や撮影メーカーとのシステム開発協議、一般消費者から得た情報の管理、ホームページ作成などの全ての業務を執り行うプロジェクト構築法人

技術分野

0001

本発明は、アパレル業界撮影技術及び印刷技術を導入する事、かつ一般消費者からIT技術を用いて情報を収集する事に関する物である。

背景技術

0002

従来のアパレル業界は、お客様を集める為には、通常営業において(開店セール閉店セールなど以外)広告を出すか、販売価格下げる方法以外は、確立した物はなかった。又、お客様からの情報収集システムもなかった。

発明が解決しようとする課題

0003

従来のアパレル業界は、服を購入するかしないか、どの服を購入するか客観的に判断する方法が存在しなかった。又、集客力を高める為に有効な新システムは、近年開発されて来なかった。又、来店されたお客様に対して有効な情報収集する手段がなかった。本考案は、前述の欠点を解決しようとするものである。

課題を解決するための手段

0004

本考案は、アパレル業界の試着室などに撮影技術及び、印刷技術を導入する。その技術により来店されたお客様に新たな付加価値を提供する事が可能になり、集客力を高める事が出来る。集まったお客様に対し一般企業が欲している情報をインターネット経由で送信し、その質問答える事で撮影技術及び印刷技術の割り引きなどのサービスを受ける事を可能にする事で、小さな労働力で多くの情報を収集する事が可能になる。

発明の効果

0005

アパレル業界の試着室などに撮影技術及び印刷技術を導入する事で、お客様に対し試着した自分を記念に残すという新たな付加価値を提供する事が可能になる。その事によりアパレル店鋪は、従来にないシステムにより集客力を高める事が可能になる。又、従来の試着室はお客様が試着をする事だけの存在でしかなかったためスペース自体は広く必要であるにもかかわらず、特に平日などはあまり使用されずいわゆるデッドスペースになっていたが、本考案を導入する事により新たな付加価値を求めて来店されるお客様が増え試着室の使用頻度が格段に向上する。又、集客力を高める事により、より多く集まるお客様に対しパソコンもしくは携帯アドレス記入して頂き、そちらに一般企業の欲しているお客様の需要を捕らえる為の質問メールを送信する。返信する事で撮影技術及び印刷技術の割り引きサービスなどを受けられる様にする。お客様にとって質問に答える事で実利がある事から、またインターネット経由でその作業をする事で、従来のリサーチと比べるとより正確でより多くの意見を簡単かつ少ない労働力で収集する事が可能になる。

発明を実施するための最良の形態

0006

以下、本発明の実施の形態を図1に基づいて説明する。

0007

図1は、アパレル業界に撮影技術及び、印刷技術導入により集客力を高めると同時に、一般消費者からITを利用し商品開発に必要な情報を得る事でより商品開発メーカーと一般消費者の距離を縮める事が可能になるビジネスモデルであるが、まずアパレル業界にある試着室などに撮影技術及び印刷技術を導入する事により、一般消費者にとって従来は試着した洋服が何着かある場合最初に試着した物と最後に試着した物を判断する場合、曖昧な記憶に頼る方法しかなかったが、撮影した物が印刷物として残る事により最初に試着した物と最後に試着した物とをどちらが似合っているかなどを客観的に判断する事が可能になる。また、試着した物を記念に残すという行為自体が新たな楽しみになる為、撮影技術及び印刷技術を導入したアパレルの店鋪は、従来よりも多くのお客様が来店する事になり、集客力を高める事になる。集まったお客様に対し印刷物を残すシステムを利用するにあたり、一般企業や開発メーカーなどの質問を携帯もしくはパソコンに送信させてもらい、返信した人に割り引きなどのサービスを受ける事ができる会員になって頂く事で、従来のリサーチと比べると格段に多くの情報を少ない労働力で得る事が可能になる。図1−1はアパレル業界であるが、図1−2の撮影メーカーから撮影技術及び印刷技術を導入する事により集客力を高める事が可能になる。図1−3は一般消費者であるが、図1−1に新たなシステムが導入された事により、洋服の判断方法がより明確になると共に新しい服を着た自分が記念に残る事から新たな楽しみとなり、以前より店鋪に足を運ぶ機会が増加する。図1−4は一般企業であるが、より多くの情報を安価で集めたいと考えている企業に対し、図1−1に本案件により以前より多く集まる図1−3に対し印刷物に残すシステムを使用するにあたり図1−4からの質問に答える事で、割り引きなどのサービスを受けられる会員になって頂き、ITを利用しパソコンもしくは携帯にメール送信し返信して頂く事により従来と比べより多くの情報を小さい労働力で収集する事が可能になる事から図1−4により多くの情報を安価で提供する事が可能になる。図1−5は、情報を管理する部門であるが、図1−4が欲している情報を図1−5から図1−3に一斉に送信し図1−3からの返信を図1−5が管理し図1−4に提供する。図1−6はプロジェクト構築法人であるが、撮影メーカーやアパレル業界との協議、一般企業との交渉情報管理部門の管理など全て本案件の開始、継続に関わる業務を執り行う法人である。

0008

以上のように、本実施形態によれば、アパレル業界は新たな楽しみを一般消費者に提供する事ができると同時に集客力を高める事が可能になる。一般消費者は、服を客観的に判断する事が可能になる又、その場で決断するのではなく後日知人に印刷物を見せ判断してもらう事もできる。又、一般消費者の需要などの情報を集客力を高めるシステムとITを利用する事で、小さい労働力で一般企業や開発メーカーに提供する事も可能になる。

0009

アパレル業界の試着室などに印刷技術及び撮影技術を導入する事で、一般消費者に対し新たな洋服の判断方法を提供出来ると共に新たな楽しみをも提供出来る事から、アパレル業界にとって新たな集客システムになる。また、集客力を高めた事により従来よりも多く集まった一般消費者に撮影、印刷技術を使用するにあたり割り引きなどのサービスなどを受けられる会員になってもらい一般企業や開発メーカーなどが欲している情報に答えて頂く事により、又それをIT技術を利用する事により従来よりも簡単かつ小さい労働力で情報収集が可能になる。

図面の簡単な説明

0010

アパレル業界に撮影技術及び、印刷技術導入により集客力を高めると同時に、一般消費者からITを利用し商品開発に必要な情報を得る事でより一般企業や商品開発メーカーと一般消費者の距離を縮める事が可能になるビジネスモデルの全容

0011

1アパレル業界
2撮影メーカー
3一般消費者
4一般企業
5情報管理部門
6プロジェクト構築法人

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

新着 最近 公開された関連が強い 技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する挑戦したい社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ