図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2011年4月21日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

外出先日常生活旅行先でコップ等がなくても、気軽にうがいができるようにする。

解決手段

市販されているペットボトルを使用して、うがい薬をうがいに適した濃度にはじめから希釈して、ペットボトルに入れる事により、いつでも何処でも素早くうがいができる。

概要

背景

従来は、紙コップを使用したものがある。

概要

外出先日常生活旅行先でコップ等がなくても、気軽にうがいができるようにする。市販されているペットボトルを使用して、うがい薬をうがいに適した濃度にはじめから希釈して、ペットボトルに入れる事により、いつでも何処でも素早くうがいができる。なし

目的

本発明は、外出先・日常生活・旅行先でコップ等がなくても、気軽にうがいができる様ペットボトルを使用して、いつでも何処でも素早くうがいができる事を目的とする

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

外出先日常生活旅行先でコップ等がなくても、気軽にうがいができるペットボトル

請求項2

ペットボトルの性質上、持ち運びに便利である事からいつでも何処でも素早くうがいが可能、うがいだけでなく手洗いにも使用可能。

技術分野

0001

本発明は、市販されている何処でも手に入るペットボトル特化した(素早く、直ぐにうがいが可能な)うがい薬販売方法に関する。

背景技術

0002

従来は、紙コップを使用したものがある。

発明が解決しようとする課題

0003

ところが、前記のものでは、コップがなければうがいが困難であり、又、使い終わったコップの廃棄に時間を要する(苦慮する)場合があった。

0004

そこで、本発明は、外出先日常生活旅行先でコップ等がなくても、気軽にうがいができる様ペットボトルを使用して、いつでも何処でも素早くうがいができる事を目的とする。

課題を解決するための手段

0005

請求項1に記載の発明は、うがい薬をうがいに適した濃度にはじめから希釈して、ペットボトルに入れる事により、外出先・日常生活・旅行先でコップ等がなくても、気軽にうがいができる。

0006

請求項2に記載の発明は、外出先で使用した際に洗面所等を汚しにくい色にし、衛生面に配慮、又、キャップの色を飲料用ペットボトルと区別する事によって、誤飲を防ぐようにした。

発明の効果

0007

請求項1に記載の発明によれば、外出先・日常生活・旅行先でコップ等がなくても、気軽にうがいができ、又、いつでも何処でもうがいができる。又、うがいだけでなく手洗いにも使用可能である事と、ペットボトル用のホルダー等を使用する事によって、持ち運びに便利である事から、素早く手軽にうがいができる。

0008

請求項2に記載の発明は、キャップの色を飲料用ペットボトルと区別する事によって、誤飲を防ぐように考慮している事や、外出先で使用した際に洗面所等を汚しにくい色にし、衛生面に配慮した事からペットボトルを使用する事で発生する問題点の回避が可能となる。又、用途に合わせてサイズが選べる。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社吉野工業所の「 二重容器」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】キャップ高さを抑制してデザインの自由度を高めた二重容器を提案する。【解決手段】本発明に係る二重容器100は、内容物を収容する内層体3とスクイズ可能な外層体4とを備える二重容器本体2と、内容物を... 詳細

  • 株式会社吉野工業所の「 振出し容器」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】振出し口付近に付着した内容物の固化物を粉砕し、十分に除去できる振出し容器を提案する。【解決手段】前記口頸部8の外周面に嵌合されたキャップ周壁14の上面に頂板16を張設し、この頂板16に連通孔2... 詳細

  • 株式会社吉野工業所の「 箱型容器」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】 対象者による開蓋操作を防止すると共に、非対象者による開蓋操作を許容するチャイルドレジスタンス機能を備える箱型容器を創出することを課題とする。【解決手段】 内容物を収容する有底筒状の容器本... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い法人

関連性が強い法人一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ