図面 (/)

技術 加熱調理器、電磁誘導調理器およびそのプログラム

出願人 パナソニック株式会社
発明者 奥田直貞平匡史稲田剛士口野邦和新田浩朗三島基道
出願日 2010年12月10日 (9年11ヶ月経過) 出願番号 2010-275325
公開日 2011年4月14日 (9年7ヶ月経過) 公開番号 2011-075274
状態 拒絶査定
技術分野 電気ストーブ又はレンジ ベイキング、グリル、ロースティング
主要キーワード 金属製箱 通電有無 加熱通電 金属皿 熱反射率 判断温度 電磁誘導調理器 通電開始後
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2011年4月14日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

便性を向上させる事ができる加熱調理器電磁誘導調理器を提供すること。

解決手段

受け皿105に水があるか否かを判断する判断手段107と、上面加熱手段201を通電制御し、かつ、下面加熱手段202に一定電力で所定時間通電制御した後、通電有無の割合を一定の割合で制御するパルス幅変調で制御し、下面加熱手段202の温度を所定温度で安定させる制御手段108とを備え、制御手段108は、判断手段107が受け皿105に水があると判断した場合の下面加熱手段202への電力を、受け皿105に水が無いと判断した場合の下面加熱手段202への電力に比べて増大させるよう構成とし、水の有り無しに関わらず調理時間に差を生じさせずまたは少なくし、利便性を向上できる。

概要

背景

従来、この種の加熱調理器は、被加熱物からの油を受ける受け皿に水を入れて使用する加熱調理器と、受け皿に水を入れずに使用する加熱調理器がある。しかしながらユーザによっては水を入れて使用する加熱調理器に対して、手間を省いて水を入れずに使用する場合や、水を入れずに使用する加熱調理器に対して、被加熱物の油が加熱手段に当たり発煙または発火する事で調理性能が低下するのを防ぐため水を入れて使用する場合がある。このように受け皿に水を入れるか否かはユーザの嗜好にも左右されるという課題があり、この課題を解決する手段として受け皿に熱反射率の高い表面処理を行ったり、受け皿の冷却手段を備えたりする事で、水を入れるか否かに関わらず調理可能な加熱調理器が知られている(例えば、特許文献1参照)。

概要

便性を向上させる事ができる加熱調理器、電磁誘導調理器を提供すること。受け皿105に水があるか否かを判断する判断手段107と、上面加熱手段201を通電制御し、かつ、下面加熱手段202に一定電力で所定時間通電制御した後、通電有無の割合を一定の割合で制御するパルス幅変調で制御し、下面加熱手段202の温度を所定温度で安定させる制御手段108とを備え、制御手段108は、判断手段107が受け皿105に水があると判断した場合の下面加熱手段202への電力を、受け皿105に水が無いと判断した場合の下面加熱手段202への電力に比べて増大させるよう構成とし、水の有り無しに関わらず調理時間に差を生じさせずまたは少なくし、利便性を向上できる。

目的

本発明は、前記従来の課題を解決するもので、受け皿に水がある時には前記加熱手段への電力を増大させる事で、出力する熱量を増大させて調理時間に差を生じさせずまたは従来と比べ短くし、利便性を向上させる事ができる加熱調理器、電磁誘導調理器を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

置台の上に載せた被加熱物を収容する調理室と、前記被加熱物の上面を加熱する上面加熱手段と、前記被加熱物の下面を通電加熱する下面加熱手段と、前記被加熱物からの油を受ける受け皿と、前記受け皿に水があるか否かを判断する判断手段と、前記上面加熱手段を通電制御し、かつ、前記下面加熱手段に一定電力で所定時間通電制御した後、通電有無の割合を一定の割合で制御するパルス幅変調で制御し、前記下面加熱手段の温度を所定温度で安定させる制御手段とを備え、前記制御手段は、前記受け皿の水の有無によって調理時間に差を生じさせないように、通電有無の割合を制御する事により、前記判断手段が前記受け皿に水があると判断した場合の前記下面加熱手段への電力を、前記受け皿に水が無いと判断した場合の前記下面加熱手段への電力に比べて増大させる事を特徴とする加熱調理器

請求項2

前記判断手段は、前記受け皿の温度を検出する受け皿温度検出手段を備え、前記加熱手段へ通電開始後、判定可能時間経過後の前記受け皿温度検出手段の検出した温度が所定度以下の場合は、前記受け皿に水があると判断する事を特徴とする請求項1に記載の加熱調理器。

請求項3

前記判断手段は、前記調理時間が終了するまで前記受け皿に水があるか否かの判断を繰り返し、前記受け皿に入っていた水が無くなったと判断した場合には、前記制御手段は、通電有無の割合を制御し、前記下面加熱手段への電力を、前記受け皿に水があると判断した場合の電力から、前記受け皿に水が無いと判断した場合の電力に変更する事を特徴とする請求項1または2に記載の加熱調理器。

請求項4

請求項1から3のいずれか1項に記載の加熱調理器を搭載した電磁誘導調理器

請求項5

請求項1から4のいずれか1項に記載の加熱調理器の少なくとも1つをコンピュータに実行させるためのプログラム

技術分野

0001

本発明は、短時間でや肉などの被加熱物加熱調理する加熱調理器電磁誘導調理器およびそのプログラムに関するものである。

背景技術

0002

従来、この種の加熱調理器は、被加熱物からの油を受ける受け皿に水を入れて使用する加熱調理器と、受け皿に水を入れずに使用する加熱調理器がある。しかしながらユーザによっては水を入れて使用する加熱調理器に対して、手間を省いて水を入れずに使用する場合や、水を入れずに使用する加熱調理器に対して、被加熱物の油が加熱手段に当たり発煙または発火する事で調理性能が低下するのを防ぐため水を入れて使用する場合がある。このように受け皿に水を入れるか否かはユーザの嗜好にも左右されるという課題があり、この課題を解決する手段として受け皿に熱反射率の高い表面処理を行ったり、受け皿の冷却手段を備えたりする事で、水を入れるか否かに関わらず調理可能な加熱調理器が知られている(例えば、特許文献1参照)。

先行技術

0003

特開2002−177153号公報

発明が解決しようとする課題

0004

しかしながら、前記従来の構成では、水を入れるか否かに関わらず調理可能な加熱調理器の場合、水を入れるか否かによって調理時間に差がかなり生じ、利便性が損なわれるという課題を有していた。

0005

本発明は、前記従来の課題を解決するもので、受け皿に水がある時には前記加熱手段への電力を増大させる事で、出力する熱量を増大させて調理時間に差を生じさせずまたは従来と比べ短くし、利便性を向上させる事ができる加熱調理器、電磁誘導調理器を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0006

前記従来の課題を解決するために、本発明の加熱調理器は、載置台の上に載せた被加熱物を収容する調理室と、前記被加熱物の上面を加熱する上面加熱手段と、前記被加熱物の下面を通電加熱する下面加熱手段と、前記被加熱物からの油を受ける受け皿と、前記受け皿に水があるか否かを判断する判断手段と、前記上面加熱手段を通電制御し、かつ、前記下面加熱手段に一定電力で所定時間通電制御した後、通電有無の割合を一定の割合で制御するパルス幅変調で制御し、前記下面加熱手段の温度を所定温度で安定させる制御手段とを備え、前記制御手段は、前記受け皿の水の有無によって調理時間に差を生じさせないように、通電有無の割合を制御する事により、前記判断手段が前記受け皿に水があると判断した場合の前記下面加熱手段への電力を、前記受け皿に水が無いと判断した場合の前記下面加熱手段への電力に比べて増大させるよう構成している。

発明の効果

0007

本発明の加熱調理器、電磁誘導調理器およびそのプログラムは、受け皿に水がある時には、前記受け皿に水が無いと判断した場合の前記加熱手段への電力に比べて加熱手段への電力を増大させる事で、出力する熱量を増大させて調理時間に差を生じさせずまたは少なくして、利便性を向上できる。

図面の簡単な説明

0008

本発明の実施の形態1における加熱調理器を概略的に示す構成説明図
本発明の実施の形態1における動作シーケンスを示す図
本発明の実施の形態2における加熱調理器を概略的に示す構成説明図
本発明の実施の形態2における動作シーケンスを示す図

実施例

0009

第1の発明は、載置台の上に載せた被加熱物を収容する調理室と、前記被加熱物の上面を加熱する上面加熱手段と、前記被加熱物の下面を通電加熱する下面加熱手段と、前記被加熱物からの油を受ける受け皿と、前記受け皿に水があるか否かを判断する判断手段と、前記上面加熱手段を通電制御し、かつ、前記下面加熱手段に一定電力で所定時間通電制御した後、通電有無の割合を一定の割合で制御するパルス幅変調で制御し、前記下面加熱手段の温度を所定温度で安定させる制御手段とを備え、前記制御手段は、前記受け皿の水の有無によって調理時間に差を生じさせないように、通電有無の割合を制御する事により、前記判断手段が前記受け皿に水があると判断した場合の前記下面加熱手段への電力を、前記受け皿に水が無いと判断した場合の前記下面加熱手段への電力に比べて増大させるよう構成している。

0010

これによって本発明は、受け皿に水がある時には前記加熱手段への電力を増大させる事で、出力する熱量を増大させて調理時間に差を生じさせず、または従来と比べ短くし、利便性を向上させる事ができる。

0011

また、電力の制御にパルス幅変調を用いる事で、位相制御で発生するノイズによる誤作動などの危険性が無い。

0012

第2の発明は、特に、第1の発明において、判断手段は、前記受け皿の温度を検出する受け皿温度検出手段を備え、前記加熱手段へ通電開始後、判定可能時間経過後の前記受け皿温度検出手段の検出した温度が所定度以下の場合は、前記受け皿に水があると判断するよう構成している。

0013

これによって本発明は、受け皿の温度検出によって容易に水ありか否かを判断できる。また温度検出にサーミスタ等の小型の機器を用いる事で調理室を圧迫する事無く構成が可能である。

0014

第3の発明は、特に、第1または第2の発明において、前記判断手段は、前記調理時間が終了するまで前記受け皿に水があるか否かの判断を繰り返し、前記受け皿に入っていた水が無くなったと判断した場合には、前記制御手段は、通電有無の割合を制御し、前記下面加熱手段への電力を、前記受け皿に水があると判断した場合の電力から、前記受け皿に水が無いと判断した場合の電力に変更するよう構成している。

0015

これによって本発明は、調理の開始前は水を入れていたのにも関わらず、調理中に水が蒸発する等して水が無くなった場合であっても水無し用電力に変更する事で、調理時間に差を生じさせず、または従来と比べ短くし、利便性を向上させる事ができる。

0016

第4の発明は、特に、第1〜3のいずれか1つの発明の加熱調理器を搭載した電磁誘導調理器を提供するものである。

0017

これによって本発明は、フライパンなどを加熱調理する電磁誘導調理器において焼き網を使う焼き魚などのメニューが調理可能となり家庭内での調理の幅を広くする事がで
きる。

0018

第5の発明は、特に、第1〜3のいずれか1つの発明において、加熱調理器または電磁誘導調理器の少なくとも1つをコンピュータに実行させるためのプログラムを提供するものである。

0019

そして、プログラムであるので、電気情報機器、コンピュータ、サーバ等のハードリソース協働させて本発明の加熱調理器の少なくとも一部を容易に実現することができる。また記録媒体に記録したり通信回線を用いてプログラムを配信したりすることでプログラムの配布更新やそのインストール作業が簡単にできる。

0020

以下、本発明の実施の形態について、図面を参照しながら説明する。なお、この実施の形態によって本発明が限定されるものではない。

0021

(実施の形態1)
以下、本発明の実施の形態1における加熱調理器について、図面を参照しながら説明する。

0022

図1は本、本発明の実施の形態1における加熱調理器を概略的に示す構成説明図である。

0023

図1は、調理対象である被加熱物101、被加熱物101を載せる載置台102、載置台102の上に載せた被加熱物101を収容する調理室103、被加熱物101を通電加熱する加熱手段104、被加熱物101からの油を受ける受け皿105、受け皿105の温度を検出する温度検出手段106、温度検出手段106が検出した温度より受け皿105に水があるか否かを判断する判断手段107、加熱手段104への電力を制御する制御手段108で構成している。

0024

なお、載置台102には焼き網を、調理室103には金属製箱を、加熱手段104にはシーズヒータを、受け皿105には金属皿を、温度検出手段106にはサーミスタを、判断手段107、制御手段108にはマイクロコンピュータを用いる事でこの構成を容易に実現できる。

0025

以上のように構成された加熱調理器について、以下その動作、作用を説明する。

0026

図2は本発明の実施の形態1における動作シーケンスを示す図である。

0027

ユーザは被加熱物101を載置台102の上に載置し、調理室103の中に入れた後、調理開始手段(図は省略)を用いて調理開始操作を行う(S101)。調理開始操作を受け付けると制御手段108は加熱手段104へ通電し加熱する(S102)。

0028

受け皿105の温度を用いて受け皿105に水があるか否かの判断を行うには、受け皿105あるいは受け皿105の水が十分熱を吸収し、水があるか否かによって受け皿105の温度に差が出る事で判定が可能になる判定可能時間(例えば1分間)を経過するまで加熱手段104により加熱を続ける必要がある。前記判定可能時間を予め制御手段108に記憶させておき、経過するまで加熱手段104の加熱通電を続ける(S103)。

0029

その後に温度検出手段106により受け皿105の温度を検出する(S104)。ここで、受け皿105に水を入れずに判定可能時間経過まで加熱手段104により加熱した場合の受け皿105の判断温度(例えば50℃)を予め制御手段108に記憶させておく。
そして、S104で検出した温度が前記判断温度以上であれば水無しと判断し、前記判断温度未満であれば水有りと判断する(S105)。

0030

水無しと判断した場合、加熱手段104への電力を制御手段108が記憶する水無し用電力に変更し通電加熱する(S106)。また水有りと判断した場合、加熱手段104への電力を制御手段108が記憶する水有り用電力に変更し通電加熱する(S107)。前記水有り用電力を前記水無し用電力に比べ増大させ、調理時間が同値になるよう予め制御手段108に記憶しておく。または、同値でなくても調理時間の差を従来に比べ小さくできるように予め制御手段108に記憶しておく。

0031

その後、予め制御手段108が記憶する調理終了時間を経過したかの判定を行い(S108)、経過するまでの間S104からS107を繰り返す。これにより、調理の開始前は水有りだったが、調理中に水が蒸発して無くなった場合であっても水無し用電力に変更する事で、調理時間に差を生じさせないか、または差を小さくする。

0032

その後、調理終了時間を経過すると調理を終了する(S109)。

0033

また、前記判断温度は被加熱物101が熱を吸収する事を考慮して、調理メニュー毎に所定温度減算するよう構成してもよい。これにより、調理メニュー毎に厳密に水があるか否かの判定を行う事が可能となる。

0034

(実施の形態2)
以下、本発明の実施の形態2における加熱調理器について、図面を参照しながら説明する。

0035

図3は本発明の実施の形態2における加熱調理器を概略的に示す構成説明図である。

0036

図3は、被加熱物101の上面を加熱する上面加熱手段201、被加熱物101の下面を加熱する下面加熱手段202で構成している。他の手段については実施の形態1と同じなので詳細な説明は省く。

0037

なお、上面加熱手段201、下面加熱手段202にはシーズヒータを用いる事でこの構成を容易に実現できる。

0038

以上のように構成された加熱調理器について、以下その動作、作用を説明する。

0039

図4は本発明の実施の形態2における動作シーケンスを示す図である。

0040

ユーザは被加熱物101を載置台102の上に載置し調理室103の中に入れた後、調理開始手段(図は省略)を用いて調理開始操作を行う(S201)。調理開始操作を受け付けると制御手段108は上面加熱手段201と下面加熱手段202へ通電し加熱する(S202)。

0041

受け皿105の温度を用いて受け皿105に水があるか否かの判断を行うには、受け皿105あるいは受け皿105の水が十分熱を吸収し、水があるか否かによって受け皿105の温度に差が出る事で判定が可能になる判定可能時間(例えば1分間)を経過するまで上面加熱手段201と下面加熱手段202により加熱を続ける必要がある。前記判定可能時間を予め制御手段108に記憶させておき、経過するまで上面加熱手段201と下面加熱手段202の加熱通電を続ける(S203)。

0042

その後に温度検出手段106により受け皿105の温度を検出する(S204)。ここで、受け皿105に水を入れずに判定可能時間経過まで加熱手段104により加熱した場合の受け皿105の判断温度(例えば50℃)を予め制御手段108に記憶させておく。そして、S104で検出した温度が前記判断温度以上であれば水無しと判断し、前記判断温度未満であれば水有りと判断する(S205)。

0043

受け皿105の水の有無で調理性能に差が現れるのは受け皿105に近い被加熱物101の下面である。また、調理開始から2〜4分経過すると被加熱物101から油が出始め、下面加熱手段202が高温(例えば550℃)で当たると発火し調理性能が落ちる可能性がある。

0044

そこで、発火の可能性が低くかつ調理性能を落とす事の無い温度(例えば450℃〜500℃)で下面加熱手段202が安定するパルス幅変調による通電有無の時間の割合を予め制御手段108に記憶しておく。この割合が下面加熱手段202への電力と比例する事になる。また、この時、水有り用電力(通電有無の割合)を前記水無し用電力(通電有無の割合)に比べ増大させ、調理時間が同値になるよう制御手段108に記憶しておく。

0045

下面加熱手段を、発火の可能性が低くかつ調理性能を落とす事の無い温度(例えば450℃〜500℃)となるまで一定電力で所定時間通電制御した後、当該温度で安定するように、予め制御手段108に記憶していたパルス幅変調による通電有無の時間の割合で、通電制御する。

0046

そして、水無しと判断した場合、下面加熱手段202への電力を制御手段108が記憶する水無し用電力に変更し通電加熱する(S206)。また水有りと判断した場合、下面加熱手段202への電力を制御手段108が記憶する水有り用電力に変更し通電加熱する(S207)。または、同値でなくても調理時間の差を従来に比べ小さくできるように予め制御手段108に記憶しておく。

0047

その後、予め制御手段108が記憶する調理終了時間を経過したかの判定を行い(S208)、経過するまでの間S204からS207を繰り返す。これにより、調理の開始前は水有りだったが、調理中に水が蒸発して無くなった場合であっても水無し用電力に変更する事で、調理時間に差を生じさせないか、または差を小さくする。

0048

その後、調理終了時間を経過すると調理を終了する(S209)。

0049

なお、本実施の形態で説明した手段は、CPU(またはマイクロコンピュータ)、RAM、ROM、記憶・記録装置、I/Oなどを備えた電気・情報機器、コンピュータ、サーバ等のハードリソースを協働させるプログラムの形態で実施してもよい。プログラムの形態であれば、磁気メディア光メディアなどの記録媒体に記録したりインターネットなどの通信回線を用いて配信したりすることで新しい機能の配布・更新やそのインストール作業が簡単にできる。

0050

なお、実施の形態1または2に記載の加熱調理器を電磁誘導調理器に搭載してもよい。

0051

また、判断手段は受け皿の温度を検出する受け皿温度検出手段を備え、受け皿温度検出手段の検出した温度が所定度以下の場合は前記受け皿に水があると判断することとしたが、これに限られず、受け皿に水があるか否かを判断することができれば他の判断手段であってもよい。

0052

本発明の加熱調理器、電磁誘導調理器とそのプログラムは受け皿に水がある時には前記加熱手段への電力を増大させる事で、出力する熱量を増大させて調理時間に差を生じさせず、利便性を向上させる事ができる。この動作をパルス幅変調で制御せず、位相制御等により加熱手段への電力を制御する事でも構成にも適用できる。

0053

101被加熱物
102 載置台
103調理室
104 加熱手段
105受け皿
107 判断手段
108 制御手段
201 上面加熱手段
202 下面加熱手段

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 三菱電機株式会社の「 加熱調理器」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】食パンに含有する水分を適度に維持しつつ、外殻ケースの過熱を防止して連続的な調理ができる加熱調理器を提供する。【解決手段】加熱調理器本体と、この本体の上方を覆う蓋体とを備え、加熱調理器本体上面に... 詳細

  • 三菱電機株式会社の「 筐体、及び加熱調理器」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】開閉を判断する蓋の貫通穴に汚れや食品カスなどの異物が付着してもマイクロスイッチの動作を阻害されずに蓋の開閉状態の検知が確実にできる加熱調理器を提供する。【解決手段】加熱調理器の背面側に配置され... 詳細

  • パナソニックIPマネジメント株式会社の「 加熱調理器」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】なるべく使用者に負担をかけずに被加熱物の加熱制御情報を認識させ、簡単に加熱調理ができる加熱調理器を提供すること。【解決手段】操作部の所定のキーの操作有無と、ドア開閉検知部(204,704)で検... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ