図面 (/)

技術 携帯電子機器

出願人 京セラ株式会社
発明者 根橋孝幸
出願日 2009年9月28日 (11年2ヶ月経過) 出願番号 2009-223552
公開日 2011年4月7日 (9年8ヶ月経過) 公開番号 2011-071944
状態 特許登録済
技術分野 アンテナの細部 アンテナの支持 電話機の構造 電話機の回路等 電話機の機能
主要キーワード 側面スリット 金属ソケット スタブ部分 反対側部分 筐体フロントケース 非結合状態 筐体リアケース ソケット側コネクタ
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2011年4月7日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (12)

課題

アンテナ感度の高い筺携帯電子機器を提供することである。

解決手段

着脱可能な通信モジュール100と、該通信モジュール100を収納するためのソケット101と、を有し、ソケット101の少なくとも一部にはアンテナ部が形成され、該アンテナ部と前記機能モジュールとが電磁気的に結合されている。

概要

背景

特許文献1には、接触型又は非接触型ICカードを、別の種類の非接触型の情報入力端子装置対応させる為のICカード用非接触アダプタ装置が開示されている。

概要

アンテナ感度の高い筺携帯電子機器を提供することである。、着脱可能な通信モジュール100と、該通信モジュール100を収納するためのソケット101と、を有し、ソケット101の少なくとも一部にはアンテナ部が形成され、該アンテナ部と前記機能モジュールとが電磁気的に結合されている。

目的

本発明の目的は、アンテナ感度の高い携帯電子機器を提供することである

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

着脱可能な機能モジュールと、該機能モジュールを収納するためのソケットと、を有し、前記ソケットの少なくとも一部にはアンテナ部が形成され、該アンテナ部と内蔵される通信モジュールとが電磁気的に結合される携帯電子機器

請求項2

前記ソケットは、アンテナ機能を発揮するアンテナ部と、前記機能モジュールを保持する保持部と、を有し、前記アンテナ部と前記保持部は、電磁気的に非結合状態となるように接続部によってスタブ接続されている請求項1に記載の携帯電子機器。

請求項3

前記接続部は、前記機能モジュールが使用する波長の4分の1の長さの第1のショートスタブによって形成されている請求項2に記載の携帯電子機器。

請求項4

前記ソケットの側面には第2のショートスタブが形成され、前記第2のショートスタブは、千鳥状の側面スリットによって、前記機能モジュールが使用する波長の4分の1の長さを有する請求項3に記載の携帯電子機器。

請求項5

前記アンテナ部は、スリットが形成されている請求項1〜4いずれか1項に記載の携帯電子機器。

請求項6

前記機能モジュールは、前記通信モジュールの少なくとも一部を構成するとともに内蔵アンテナを有し、前記アンテナ部は、前記内蔵アンテナと電磁気的に結合されて、アンテナ機能を発揮する請求項1〜5いずれか1項に記載の携帯電子機器。

請求項7

前記アンテナ部は、前記内蔵アンテナとの電磁気的な結合を強化するためのコイルを有する請求項6に記載の携帯電子機器。

請求項8

前記内蔵アンテナは、チップアンテナによって形成されている請求項6又は7に記載の携帯電子機器。

技術分野

0001

本発明は携帯電話機、PDA、携帯型ゲーム機携帯用テレビ携帯用ラジオ等の携帯電子機器に関する。

背景技術

0002

特許文献1には、接触型又は非接触型ICカードを、別の種類の非接触型の情報入力端子装置対応させる為のICカード用非接触アダプタ装置が開示されている。

先行技術

0003

特開2000—227949号公報

発明が解決しようとする課題

0004

しかしながら、着脱可能な無線通信モジュール金属ソケットに装着した場合には、ソケットの影響を受けアンテナ感度劣化するという不利益がある。

0005

本発明の目的は、アンテナ感度の高い携帯電子機器を提供することである。

課題を解決するための手段

0006

本発明の携帯電子機器は、着脱可能な機能モジュールと、該機能モジュールを収納するためのソケットと、を有し、前記ソケットの少なくとも一部にはアンテナ部が形成され、該アンテナ部と内蔵される通信モジュールとが電磁気的に結合される。

0007

好適には、前記ソケットは、アンテナ機能を発揮するアンテナ部と、前記機能モジュールを保持する保持部と、を有し、前記アンテナ部と前記保持部は、電磁気的に非結合状態となるように接続部によってスタブ接続されている。

0008

好適には、前記接続部は、前記機能モジュールが使用する波長の4分の1の長さの第1のショートスタブによって形成されている。

0009

好適には、前記ソケットの側面には第2のショートスタブが形成され、前記第2のショートスタブは、千鳥状の側面スリットによって、前記機能モジュールが使用する波長の4分の1の長さを有する。

0010

好適には、前記アンテナ部は、スリットが形成されている。

0011

好適には、前記機能モジュールは、前記通信モジュールの少なくとも一部を構成するとともに内蔵アンテナを有し、前記アンテナ部は、前記内蔵アンテナと電磁気的に結合されて、アンテナ機能を発揮する。

0012

好適には、前記アンテナ部は、前記内蔵アンテナとの電磁気的な結合を強化するためのコイルを有する。

0013

好適には、前記内蔵アンテナは、チップアンテナによって形成されている。

発明の効果

0014

本発明によると、アンテナ感度の高い携帯電子機器を提供することができる。

図面の簡単な説明

0015

本発明の実施形態に係る携帯電話機の外観を示す斜視図である。
図1の携帯電話機の信号処理系を示すブロック図である。
ソケットの構成を説明する説明図である。
回路基板のソケットに通信モジュールが挿入される様子の説明図である。
通信モジュールがソケットに挿入された状態の説明図である。
本実施形態の比較例である。
本発明の第1の変形例である。
本発明の第2の変形例である。
本発明の第3の変形例である。
本発明の第4の変形例である。
図10のX−X断面の説明図である。

実施例

0016

図1は、本発明の実施形態に係る携帯電話機1の外観を示す斜視図である。

0017

携帯電話機1は、折り畳み式として構成されている。
携帯電話機1は第1筐体及び第2筐体とで構成されている。
第1筐体2は、第2筐体3と対向する部分を構成する第1筐体フロントケース4と、第2筐体3とは反対側部分を構成する第1筐体リアケース5とを有している。
第2筐体3は、第1筐体2と対向する部分を構成する第2筐体フロントケース6と、第1筐体2とは反対側部分を構成する第2筐体リアケース7とを有している。

0018

第1筐体フロントケース4及び第1筐体リアケース5はネジ等により互いに固定され、第1筐体フロントケース4及び第1筐体リアケース5の間に形成された空間に種々の電子部材を収容する収容空間を構成する。
第2筐体フロントケース6及び第2筐体リアケース7もネジ等により互いに固定され、第2筐体フロントケース6及び第2筐体リアケース7の間に形成された空間に種々の電子部材を収容する収容空間を構成する。
これらの第1筐体フロントケース4、第1筐体リアケース5、第2筐体フロントケース6及び第2筐体リアケース7は、例えば、樹脂により形成されている。

0019

なお、方向を示すときは、第1筐体リアケース5から第1筐体フロントケース4に向かう方向を表面方向(図1においては、紙面手前の方向)といい、第1筐体フロントケース4から第1筐体リアケース5に向かう方向を裏面方向(図1においては、紙面奥手の方向)という。
同様に第2筐体リアケース7から第2筐体フロントケース6に向かう方向を表面方向(図1においては、紙面手前の方向)といい、第2筐体フロントケース6から第2筐体リアケース7に向かう方向を裏面方向(図1においては、紙面奥手の方向)という。

0020

また、第1筐体2においてヒンジ部9に向かう方向を結合部方向(図1の第1筐体2においては、紙面下の方向)といい、その逆を結合部反対方向(図1の第1筐体2においては、紙面上方向)という。
同様に、第2筐体3においても、ヒンジ部9に向かう方向を結合部方向(図1の第2筐体3においては、紙面上の方向)といい、その逆を結合部反対方向(図1の第2筐体3においては、紙面下の方向)という。

0021

さらに、図1のように第1筐体2を上にし、第2筐体3を下にした状態とした時に、右側に来る側面を右側面11とし、左側に来る側面を左側面12という。
そして、右側面11側に向かう方向を右側面方向(図1においては、紙面右の方向)といい、左側面12面に向かう方向を左側面方向(図1においては、紙面左の方向)という。

0022

図1のように、第1筐体フロントケース4には表示部8が配置されている。
この表示部8は、携帯電話機1の状態、ユーザの操作内容発信先電話番号電子メールの内容の表示、ゲーム画面等の様々な情報を表示するためのものである。
また、表示部8はLCD(液晶ディスプレイ)、OLED(Organic light-emitting diode:有機EL)等によって構成されている。

0023

また、図1のように、第2筐体フロントケース6の表面方向には、入力部10が配置されている。この入力部10をユーザが操作することによって、携帯電話機1に命令の入力、文字の入力等がなされる。

0024

図2は、図1の携帯電話機1の信号処理系を示すブロック図である。

0025

図2に示されるように、携帯電話機1は、制御・処理の中枢である制御部57と、電源制御部50と、通信部51と、操作部52と、音声入出力部53と、表示部8と、記憶部56のそれぞれが、アドレス、データ、コントロールのためのライン複数本からなるシステムバス58に共通に接続され、構成される。

0026

電源制御部50は、携帯電話機1が携帯して使用されている場合には、携帯電話機1内の、表示部8及び制御部57等が実装される回路基板等への電力の供給を制御している。
また、充電時には充電回路を制御して、バッテリへの充電開始及び停止、並びに充電の速度等を制御している。

0027

通信部51は、無線通信システム捕捉し、通信ネットワークに接続される基地局200との間で無線通信を行い、各種データの送受信を行う。
各種データとは、Web上のダウンロードサイトからダウンロードされるファイルのデータ、音声通話時の音声データ、メール送受信時のメールデータウェブ閲覧時のウェブページデータ、等である。
通信部51は、通信モジュール100とソケット101(図3を参照のこと)のアンテナ部101aから構成されている。
図3のところで詳説するが、ソケット101は、本来通信モジュール100を保持することを主たる目的としている。
通信モジュール100は、その内部には通信を行うための各種回路、アンテナがユニット化されている。
具体的に通信モジュール100が包含する部品は、通信モジュールアンテナ100a、パワーアンプ100b、変調回路100c、ベースバンド回路100d(Base Band)等である。
ここで、パワーアンプ100b、変調回路100c及びベースバンド回路100dを通信回路100eという。
このように通信モジュール100を用いられるのが最近の携帯電子機器の通信分野においては一般的になっている。
その理由は、パッケージ化されているため、単にスロット101に通信モジュール100を挿入すれば使用可能となるために設計、組立等が容易であるからである。
ベースバンド回路100dが発生する基本となる周波数を、変調回路100cがその位相振幅等を変調させて通信波を作成している。
さらに、変調回路100dが生成した通信波は、パワーアンプ100bによって増幅されて内蔵アンテナ100aから、基地局200に送られる。

0028

通信モジュール100は通信モジュールアンテナ100aを有しており、この通信モジュールアンテナ100aは基地局200と通信を行うためのアンテナである。
通常は、この通信モジュールアンテナ100aのみがアンテナとして作用して基地局100と通信するものである。
しかし、本発明の実施形態では、ソケット101のアンテナ部101aをもアンテナとして作用させるものである。
つまり、本発明の実施形態では、通常であれば通信モジュール100を保持する機能しか有しないソケット101にアンテナ機能をも付与するものである。

0029

操作部52は、入力部10及びその他の部分から入力されるユーザの指示を受け付ける。
入力部10には、例えば、電源キー通話キー数字キー文字キー方向キー決定キー発信キーファンクションキーなど、各種の機能が割り当てられたキーが配置されている。
そして、これらのキーがユーザによって操作された場合に、その操作内容に対応する信号を発生し、これをユーザの指示として制御部57に出力する。

0030

音声入出力部53は、スピーカから出力される音声信号マイクロフォンにおいて入力される音声信号の入出力処理を行う。
すなわち、音声入出力部53は、マイクロフォンから入力された音声を増幅し、アナログデジタル変換を行い、更に符号化等の信号処理を施し、デジタルの音声データに変換して制御部57に出力する。
また、音声入出力部53は、制御部57から供給される音声データに復号化、デジタル/アナログ変換、増幅等の信号処理を施し、アナログの音声信号に変換してスピーカに出力する。

0031

表示部8は、例えばLCDやOLEDを用いて構成されており、制御部57から供給される映像信号に応じた画像を表示する。
表示部8は、例えば、通信部51による無線発信時における発信先電話番号、着信時における発信元の電話番号、受信メール送信メールの内容、日付、時刻電池残量、発信成否、待ち受け画面等を表示する。

0032

記憶部56では、携帯電話機1の各種処理に利用される各種データを記憶する。記憶部56は、例えば制御部57が実行するコンピュータプログラム通信相手の電話番号や電子メールアドレス等の個人情報を管理するアドレス帳着信音アラーム音再生するための音声ファイル、待ち受け画面用画像ファイル、各種の設定データ、プログラムの処理過程で利用される一時的なデータが記憶される。
また、記憶部56ではダウンロードが完了したファイルも記憶する。

0033

制御部57は、携帯電話機1の全体的な動作を統括的に制御する。
すなわち、制御部57は、携帯電話機1の各種処理(回線交換網を介して行われる音声通話、電子メールの作成と送受信、インターネットのWeb上のダウンロードサイトの閲覧など)が操作部52の操作に応じて適切な手順で実行されるように、上述した各ブロックの動作(通信部51における信号の送受信、表示部8における画像の表示等)を制御する。
さらに、制御部57は、記憶部56に格納されるプログラム(オペレーティングシステムアプリケーションプログラム等)に基づいて処理を実行するコンピュータ(マイクロプロセッサ)を備えており、このプログラムにおいて指示された手順に従って上述した処理を実行する。
すなわち、制御部57は、記憶部56に格納されるオペレーティングシステムやアプリケーションプログラム等のプログラムから命令コードを順次受け取って処理を実行する。

0034

図3は、ソケットの構成を説明する説明図である。

0035

携帯電話機1の第1筐体2及び第2筺体3には、回路基板102が配置されている。
そして、この回路基板102にソケット101が設けられている。このソケット101は、通信モジュール100が挿入されて、通信モジュール100を固定する機能を有している。
また、後述するが、通信モジュール100の内蔵アンテナ100aと電磁気的に結合してアンテナの役割をも果たす。

0036

ソケット101は、一つの方向が開口している高さが低い直方体形状を有している。
また、ソケット101は回路基板102に固定されている。そして、ソケット101は通信モジュール100を固定する機能をも有しているのであるから、通信モジュール100も回路基板102に対して固定されていることになる。
ソケット101の開口側から通信モジュール100が挿入される。
ソケット101は、アンテナ部101a及び保持部101bを有している。アンテナ部101a及び保持部101bは直方体を2分割した形状を有している。
そして、保持部101dの挿入方向の奥側位置には、ソケット側コネクタ101fが配置されている。図4のところで詳説するが、通信モジュール100にも挿入方向の先端位置に通信モジュール側コネクタ100fが配置されており、通信モジュール100がソケット101に挿入されると、ソケット側コネクタ101fと通信モジュール側100fとが接合して電気的に結合する。
保持部101bに設けられたソケット側コネクタ101fは、回路基板102のシステムバス58と電気的に接続される(図2参照のこと)。
アンテナ部101aは主として通信モジュール100の通信モジュールアンテナ100aと電磁気的に結合してアンテナ機能を発揮するものである。
もっとも、アンテナ部101aの機能はアンテナ機能のみではなく、通信モジュール100が移動等しないように保持する機能をも有する。
他方で、保持部101bは、通信モジュール100を保持する機能を主に有している。もっとも、この保持部101bは通信モジュール100を保持する機能だけではなく、通信モジュール100と回路基板102とを電気的に結合させる機能をも有する。
つまり、回路基板102上の回路と保持部101bのソケット側コネクタ101fとは結合される。
さらに、保持部101bは、通信モジュール100がソケット101に挿入された場合に、持部101bは通信モジュール100の通信回路100eを覆う構成となっている。その上、保持部101bは基準電位部分と接続される。
このような構成によって、通信モジュール100の通信回路100eを電磁的シールドすることが可能となっている。
以上により、保持部101bは、通信モジュール100を保持する機能、通信モジュール100の通信回路100dと回路基板102を電気的に結合する機能、通信モジュール100の通信回路を電磁シールドする機能を有する。

0037

通信モジュール100の外観は樹脂で形成されている。また、通信モジュール100をソケット101に収納した際に、グランドの一部と接続部101cであるスタブと近接するように構成される。
これによって、接続部101cであるスタブを小型化することが可能となり、かつ、スタブの機能が安定化される。

0038

アンテナ部101aと保持部101bとは、接続部101cによって結合されている。
したがって、低周波的にはアンテナ部101aと保持部101bは電磁的にも結合していることになる。
しかし、この接続部101cは、図3の様に、スタブ形状を有していることから、高周波的にはアンテナ部101aと保持部101bとは電磁的に結合していないといえる。
ここで、図3の様にスタブ形状を有していると高周波的には結合していないことの理由を説明する。
携帯電話機1で使用される高周波数無線電波は、アンテナ部101aにおいて受信されるが、波長が短いため、たとえ電気的に結合されていても、折れ曲がりかつ細いスタブ形状の接続部101を通過することができないからである。
なお、接続部101cの形状は電磁気的に結合させないものであればどのようなものであってもよい。

0039

図4は、回路基板102のソケット101に通信モジュール100が挿入される様子の説明図である。

0040

図4のように、ソケット101の開口部分から通信モジュール100は挿入される。
通信モジュール100の先端部には通信モジュール側コネクタ100fが形成されている。そして、通信モジュール100がソケット101に挿入されると、通信モジュール側コネクタ100fは、ソケット101の奥側に配置されているソケット側コネクタ101fと結合する。
これによって、通信モジュール100の内部に配置されている通信回路100eと回路基板とが電気的に結合される。そして、携帯電話機1は通信が可能となる。

0041

通信モジュール100の通信回路100eの少なくとも一部は、通信モジュール100がソケット101に挿入された際に、保持部101bによって覆われる位置に配置される。

0042

通信モジュール100の内蔵アンテナ100aは、通信モジュール100がソケット101に挿入された際に、アンテナ部101aによって覆われる位置に配置される。
なお、内蔵アンテナ100aの位置は、通信モジュール100の型側面に寄せられるのが好適である。
その理由は、アンテナ部101aをモノポールアンテナとして利用ができるからである。
逆に言うと、万一、内蔵アンテナ100aを通信モジュール100の中央に配置してしまうと、アンテナ部101aはダイポールアンテナとなってしまうからである。

0043

図5は、通信モジュール100がソケット101に挿入された状態の説明図である。
図6は、本実施形態の比較例である。

0044

図5のように、通信モジュール100の通信回路100eの少なくとも一部は、通信モジュール100がソケット101に挿入された際に、保持部101bによって覆われる位置に配置されている。
また、通信モジュール100の内蔵アンテナ100aは、通信モジュール100がソケット101に挿入された際に、アンテナ部101aによって覆われる位置に配置されている。

0045

これに対して、図6のように、ソケット101がアンテナ部101aを有していない場合には、内蔵アンテナ100aはソケット101の外部に配置しなければならない。
その理由は、本発明の実施例の様に接続部101cによって接続されたアンテナ部101aを有さないソケット101によって、内蔵アンテナ100aが覆われてしまうと、電磁シールドされてしまい、通信が困難となってしまうからである。
そして、内蔵アンテナ100aはソケット101の外部に配置してしまうと、通信モジュール100がソケット101によって保持されていない部分が多くなってしまう。
その結果、通信モジュール100を安定的に十分にソケット101が保持できなくなってしまうからである。

0046

以上の様に、本発明の実施形態は、接続部101cによって接続されたアンテナ部101aを有していることから、通信モジュール100を確実に保持することができる。
さらに、内蔵アンテナ100aに加えて、面積及び長さの長いアンテナ部101aを有するのであるから、より通信状態が改善される。

0047

<第1の変形例>
図7は、本発明の第1の変形例である。

0048

図7の様に、アンテナ部101aに交互にスリット101dを設ける。これによって点線の様にアンテナが長くなった場合と同様の効果を発揮することができる。
つまり、スリット101dを設けることによって、アンテナ感度の向上させることができる。

0049

<第2の変形例>
図8は、本発明の第2の変形例である。

0050

アンテナ部101aと内蔵アンテナ100aとは、アンテナ部101aの長さ等を調節して電磁気的に結合されているが、そのままでは十分に電磁気的にな結合が十分ではない場合がありうる。
そこで、アンテナ部101aにコイル101eを配置して、内蔵アンテナ100aとアンテナ部101aとの電磁気的な結合を強化する。
つまり、コイル101eを設けることによって、アンテナ感度の向上させることができる。

0051

<第3の変形例>
図9は、本発明の第3の変形例である。

0052

図9の様に、接続部101cを1個のスタブによって形成する。このスタブ部分を第1のショートスタブ101hという。
この第1のショートスタブ101hは携帯電話機1が使用する電波の波長の4分の1の長さに形成する。
このように、第1のショートスタブ101hが、携帯電話機1が使用する電波の波長の4分の1の長さに形成されることによって、アンテナ部101aと保持部101bとを電磁気的に非結合状態にすることができる。
また、ソケット101の側面にも接続部101cが形成される。この部分を第2のショートスタブ101iという。
この第2のショートスタブ101には、側面スリット101gが形成されている。
このように、側面スリット101gが形成されていることによって、アンテナ部101aと保持部101bとを電磁気的に非結合状態にすることができる。

0053

<第4の変形例>
図10は、本発明の第4の変形例である。

0054

以上の実施例では、通信モジュール100の内蔵アンテナ100aと、ソケット101のアンテナ部101aとは電磁気的には結合していたが、物理的に通電可能とはしていなかった。
しかし、本実施例の上位概念は、通信モジュール100を保持するソケット101にアンテナ機能を持たせるということである。
したがって、通電可能とすることも可能である。
図10のように、通信モジュール100の一部にコネクタ100hを設けて、ソケット101と通電させる。
そして、ソケット101をアンテナとして機能させる。

0055

図11は、図10のX−X断面の説明図である。
図11の様に、コネクタ100hは、バネ100jによって外部方向に付勢されている。
通信モジュール100がソケット101に挿入されると、この付勢によってコネクタ100hはソケット101と密着する。
そうすることによって、コネクタ100hとソケット101が通電する。
また、コネクタ100hとバネ100jとは、通電可能に形成されている。
さらに、バネ100jと通信回路100eとは接続線100iによって通電されている。
したがって、ソケット101と通信回路100eとは電気的に通電しており、ソケット101はアンテナとして機能する。
なお、コネクタ100hは本実施形態においては通信モジュール100側に設けているが、コネクタ100hはソケット101側に形成してもよい。

0056

また、接続部101cを設けずに樹脂等によってアンテナ部101aと保持部101bとを連結してもよい。

0057

以上の実施形態によれば、着脱可能な通信モジュール100と、該通信モジュール100を収納するためのソケット101と、を有している。
そして、ソケット101の少なくとも一部にはアンテナ部が形成され、該アンテナ部と内蔵される通信モジュールとが電磁気的に結合されている。
このように構成したことによって、ソケット101をアンテナとして機能させることができる。
このことは、大きいアンテナを使用することができることを意味し、アンテナ感度の向上という効果が発揮される。

0058

ソケット101は、アンテナ機能を発揮するアンテナ部101aと、通信モジュール100を保持する保持部101bと、を有している。
アンテナ部101aと保持部101bは、電磁気的に非結合状態となるように接続部101cによってスタブ接続されている。
このような構成によって、接続部101cによって接続されたアンテナ部101aを有していることから、通信モジュール100を確実に保持することができる。
さらに、内蔵アンテナ100aに加えて、面積及び長さの長いアンテナ部101aを有するのであるから、より通信状態が改善される。

0059

接続部101cは、通信モジュール100が使用する波長の4分の1の長さの第1のショートスタブ101hによって形成されている
このように、第1のショートスタブ101hが、携帯電話機1が使用する電波の波長の4分の1の長さに形成されることによって、アンテナ部101aと保持部101bとを電磁気的に非結合状態にすることができる。

0060

ソケット101の側面には第2のショートスタブ101iが形成されている。
そして、第2のショートスタブ101iは、千鳥状の側面スリット101gによって、通信モジュール100が使用する波長の4分の1の長さを有する
このように構成することによって、アンテナ部101aと保持部101bとを電磁気的に非結合状態にすることができる。

0061

アンテナ部101aは、スリットが形成されている。
このような構成によって、点線の様にアンテナが長くなったのと同様の効果を発揮することができる。
つまり、スリット101dを設けることによって、アンテナ感度の向上させることができる。

0062

通信モジュール100は、通信モジュール100の少なくとも一部を構成するとともに内蔵アンテナ100aを有している。
アンテナ部101aは、内蔵アンテナ100aと電磁気的に結合されて、アンテナ機能を発揮する。
このように構成したことによって、接続部101cによって接続されたアンテナ部101aを有していることから、通信モジュール100を確実に保持することができる。
さらに、内蔵アンテナ100aに加えて、面積及び長さの長いアンテナ部101aを有するのであるから、より通信状態が改善される。

0063

前記アンテナ部101aは、内蔵アンテナ100aとの電磁気的な結合を強化するためのコイル101eを有する。
このような構成としたことによって、アンテナ部101aと内蔵アンテナ100aとの間の電磁波的な結合を強化することができる。

0064

内蔵アンテナ100aは、チップアンテナによって形成されている。
このように、チップアンテナを用いることによって、より小型な通信モジュール100を用いることができる。
そしてこのことは、携帯電話機1をより小型化することができるという効果がある。
また、通信モジュール100は機能モジュールの一例である。

0065

本発明は、以上の実施形態に限定されず、種々の態様で実施されてよい。

0066

携帯電子機器は、携帯電話機1に限定されない。例えば、携帯電子機器は、ノートパソコン、PDA、ゲーム機カメラであってもよい。また、携帯電子機器は、折り畳み式のものに限定されない。ケースが一体的に構成されたもの(1つのみのケース)であってもよい。

0067

1…携帯電話機、2…第1筐体、3…第2筐体、4…第1筐体フロントケース、5…第1筐体リアケース、6…第2筐体フロントケース、7…第2筐体リアケース、8…表示部、9…ヒンジ部、10…入力部、11…右側面、12…左側面、50…電源制御部、51…通信部、52…操作部、53…音声入出力部、56…記憶部、57…制御部、100…通信モジュール(機能モジュール)、100a…内蔵アンテナ、100b…パワーアンプ、100c…変調回路、100d…バンドベースBB回路、100e…通信回路、100f…通信モジュール側コネクタ、101h…コネクタ、100i…接続線、100j…バネ、101…ソケット、101a…アンテナ部、101b…保持部、101c…接続部、101d…スリット、101e…コイル、101f…ソケット側コネクタ、101g…側面スリット、101h…第1のショートスタブ、101i…第2のショートスタブ、102…回路基板

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • AGC株式会社の「 カバー部材および携帯情報端末」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題・解決手段】本発明は、保護対象を保護する化学強化ガラスからなるカバー部材(1)であって、カバー部材(1)の第1の主面(3)または第2の主面(5)の少なくとも一方には、少なくとも一つの凹部(7)が... 詳細

  • 東営▲ばい▼拉鎖具有限公司の「 振動防止のスマホスタンド」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】本発明は振動防止のスマホスタンドを開示した。【解決手段】左右対称的に設置されたスタンドを含み、右側の前記スタンドの中にはねじ孔が貫通するように設置され、前記ねじ孔の中にはスクリューがネジ山によ... 詳細

  • 済寧延貝塑膠有限公司の「 固定できるスマホホルダー」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】本発明は固定できるスマホホルダーを開示した。【解決手段】ホルダーを含み、前記ホルダーの中には昇降溝が設置され、前記昇降溝の中には昇降ブロックがスライドできるように設置され、前記昇降ブロックの上... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ