図面 (/)

技術 樹脂製パネル及びその製造方法

出願人 キョーラク株式会社
発明者 遠藤治弘
出願日 2010年11月30日 (11年2ヶ月経過) 出願番号 2010-267783
公開日 2011年4月7日 (10年10ヶ月経過) 公開番号 2011-068135
状態 特許登録済
技術分野 プラスチック等のブロー成形,熱成形
主要キーワード 介在部 蓋パネル シート状パリソン 内装壁 リアパーセルシェルフ ABS樹脂 熱可塑性ポリオレフィンエラストマー 分割金型間
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2011年4月7日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

ガタツキ防止や成形収縮による変形を防止することが可能な樹脂製パネルを提供する。

解決手段

補強材(9)と予め成形した発泡体(8)とが樹脂(2,3,4)に内装された樹脂製パネル(1)であり、補強材(9)と発泡体(8)との間に隙間が形成されている。

概要

背景

自動車航空機などの乗物に用いられるパーセルトレーなどの室内化粧品あるいは屋内の壁などに用いられる化粧板などの内装部品であって、シートブロー成形による内装部品の中間部材として断熱材あるいは吸音材など空気層を有する材料、鋼管フレームなどの補強材を配置した樹脂中空成形品は、特開平10−80982号公報に記載されている。また、シート状パリソンをブロー成形して樹脂中空成形品を成形するとともにブロー成形時に発泡体内装する樹脂中空成形品は、特開2000−218682号公報に記載されている。

概要

ガタツキ防止や成形収縮による変形を防止することが可能な樹脂製パネルを提供する。補強材(9)と予め成形した発泡体(8)とが樹脂(2,3,4)に内装された樹脂製パネル(1)であり、補強材(9)と発泡体(8)との間に隙間が形成されている。

目的

本発明は、上記事情に鑑みてなされたものであり、ガタツキ防止や成形収縮による変形を防止することが可能な樹脂製パネル及びその製造方法を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

補強材と予め成形した発泡体とが樹脂内装された樹脂製パネルであって、前記補強材と前記発泡体との間に隙間が形成されていることを特徴とする樹脂製パネル。

請求項2

前記発泡体は、前記補強材を収容するための収容部を有し、前記収容部に前記補強材が配置されることで、前記隙間が形成されることを特徴とする請求項1記載の樹脂製パネル。

請求項3

前記収容部は、前記発泡体の一方の面から他方の面に向けて窪ませた凹部形状であり、前記凹部形状の前記収容部に前記補強材を嵌め込んで配置されることで、前記隙間が形成されることを特徴とする請求項2記載の樹脂製パネル。

請求項4

前記収容部は、前記発泡体の一方の面から他方の面まで貫通した孔形状であり、前記孔形状の前記収容部に前記補強材を嵌め込んで配置されることで、前記隙間が形成されることを特徴とする請求項2記載の樹脂製パネル。

請求項5

補強材と予め成形した発泡体とが樹脂に内装された樹脂製パネルの製造方法であって、分割金型間に前記樹脂を配置する配置工程と、前記補強材を前記発泡体の収容部に配置させ、前記補強材と前記発泡体との間に隙間が形成された前記発泡体を形成する形成工程と、前記発泡体を前記分割金型間に配置して型締めを行い、前記補強材と前記発泡体とが前記樹脂に内装された樹脂製パネルを成形する成形工程と、を有することを特徴とする樹脂製パネルの製造方法。

技術分野

0001

本発明は、カーゴフロアパネル自動車荷室蓋パネルまたはラゲージボード)またはリアパーセルシェルフなどの自動車用内装品または内装壁パーティション、扉などのパネル状の建築用品などに用いられる樹脂製パネル及びその製造方法に関する。

背景技術

0002

自動車航空機などの乗物に用いられるパーセルトレーなどの室内化粧品あるいは屋内の壁などに用いられる化粧板などの内装部品であって、シートブロー成形による内装部品の中間部材として断熱材あるいは吸音材など空気層を有する材料、鋼管フレームなどの補強材を配置した樹脂中空成形品は、特開平10−80982号公報に記載されている。また、シート状パリソンをブロー成形して樹脂中空成形品を成形するとともにブロー成形時に発泡体内装する樹脂中空成形品は、特開2000−218682号公報に記載されている。

先行技術

0003

特開平10−80982号公報
特開2000−218682号公報

発明が解決しようとする課題

0004

特許文献1に記載されている樹脂成形品は、そのブロー成形時に発泡体や補強材などの中間部材をインサートするものであり、また、特許文献2に記載されている樹脂中空成形品も、予め成形してある発泡体をブロー成形時にインサートし、補強材を内装する場合には成形後に補強材を挿入する加工を要するものである。

0005

このため、樹脂中空成形品に内装する中間部材が複数の場合には、金型間における中間部材の配置や位置決めが容易でなく、成形精度が低下したり、中間部材の充密状態が得られずガタつきが生じたり、金属製の補強材のように収縮を起こさない中間部材の場合には樹脂中空成形品の成形収縮による変形が大きくなるなどの問題点が指摘されている。

0006

本発明は、上記事情に鑑みてなされたものであり、ガタツキ防止や成形収縮による変形を防止することが可能な樹脂製パネル及びその製造方法を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0007

かかる目的を達成するために、本発明は、以下の特徴を有することとする。

0008

本発明にかかる樹脂製パネルは、
補強材と予め成形した発泡体とが樹脂に内装された樹脂製パネルであって、
前記補強材と前記発泡体との間に隙間が形成されていることを特徴とする。

0009

本発明にかかる樹脂製パネルの製造方法は、
補強材と予め成形した発泡体とが樹脂に内装された樹脂製パネルの製造方法であって、
分割金型間に前記樹脂を配置する配置工程と、
前記補強材を前記発泡体の収容部に配置させ、前記補強材と前記発泡体との間に隙間が形成された前記発泡体を形成する形成工程と、
前記発泡体を前記分割金型間に配置して型締めを行い、前記補強材と前記発泡体とが前記樹脂に内装された樹脂製パネルを成形する成形工程と、
を有することを特徴とする。

発明の効果

0010

本発明によれば、ガタツキ防止や成形収縮による変形を防止することができる。

図面の簡単な説明

0011

本発明に係る樹脂製パネルの断面図である。
同上全体斜視図である。
予め成形された熱可塑性樹脂からなる発泡体に補強材を配置する態様を示す斜視図である。
樹脂製パネル内に補強材を配置した発泡体を内装するブロー成形態様を示す断面図である。

実施例

0012

図1は本発明に係る樹脂製パネルの断面図、図2は同上全体斜視図、図3は予め成形された熱可塑性樹脂からなる発泡体に補強材を配置する態様を示す斜視図、図4は樹脂製パネル内に補強材を配置した発泡体を内装するブロー成形態様を示す断面図である。

0013

本発明に係る樹脂製パネル1は、図1および図2に示すように、表壁2と裏壁3および表壁2と裏壁3を繋ぐ周囲壁4からなり、この樹脂製パネル1は中空二重壁構造であって5は中空部である。表壁2の表面には周囲壁4にかけて装飾などのための表皮材6が貼着されている。

0014

樹脂製パネル1の周囲壁4にはその全周に溶着部7を有し、その中空部5内には発泡体8が内装されている。発泡体8は中空部5内の空間と略同一形状に予め成形された熱可塑性樹脂からなるものであって、発泡体8には補強材9、9を配置するための収容部10、10が形成されており、収容部10、10には補強材9、9が配置されている。発泡体8は樹脂製パネル1の表壁2と裏壁3の内壁面溶着されている。このため、補強材9、9は発泡体8に確実に保持させて補強材9、9の位置決めが的確にでき、また、中空部5に内装した発泡体8および補強材9、9のガタツキを防止することができる。

0015

補強材9、9は長尺状であり、丸パイプ角パイプH鋼型などの形状からなる金属製あるいは硬質プラスチック製である。補強材9、9は図3に示すように、発泡体8の収容部10、10に嵌め込み状に配置されるが、補強材9、9の両方の端部9a、9a(少なくとも一方の端部でよい)と周囲壁4との間には発泡体8が介在しており、8a、8aはその介在部分である。

0016

このように、補強材9、9の両方の端部9a、9aと周囲壁4との間には発泡体8を介在させてあるので、成形収縮分を発泡体8の介在部分8a、8aで吸収させて、樹脂製パネル1と補強材9、9の収縮差による変形を起こすことがない樹脂製パネル1を得ることができる。

0017

なお、補強材9、9の少なくとも一方の端部と周囲壁4との間には発泡体8の介在しない空洞部を形成した態様とすることもできる(図示せず)。発泡体8に形成する上記収容部10、10は、図3に示すように、発泡体8の一方の面から他方の面に向けて窪ませた凹部であるが、この収容部10、10は発泡体8の一方の面から他方の面に向けて貫通させた挿通孔であってもよい(図示せず)。

0018

発泡体8および補強材9、9を内装した樹脂製パネル1は、図4に示す態様でブロー成形される。すなわち、樹脂押出ヘッド11から押し出される溶融状態パリソン12を分割金型13、13間に配置し、パリソン12を真空若しくは圧空により金型キャビティ14、14に押圧して成形し、ついで、予め成形してその収容部10、10に補強材9、9を嵌め込んで保持させてある発泡体8を、一方のキャビティ14にシート状パリソン12の内面に接するように配置して型締めを行い、互いのキャビティ14、14に配置されたパリソン12を分割金型13、13のピンチオフ部により樹脂製パネル1の周囲壁4の全周に溶着部7が形成されるように挟み込むとともに溶融状態のパリソン12の内面と発泡体8の外面を溶着させ、補強材9、9を配置してある発泡体8を中空部5に内装された樹脂製パネル1を得るものである。なお、この樹脂製パネル1は、一対の予備成形した樹脂シートをブロー成形する態様で成形することもできる(図示せず)。図4において15は真空チャンバー、16は通気接触面、17はブローピンである。

0019

本発明においてブロー成形とは、筒状のパリソンまたは複数の樹脂シートを溶融押し出し若しくは予備成形した樹脂シートを過熱溶融させるとともに、分割金型間に配置して型締めを行うことにより所望の形状に成形するいわゆるダイレクトブロー成形またはシートブロー成形などをいい、エアの吹込みを伴うか否かについては問わないものである。

0020

樹脂製パネル1の表壁2、裏壁3および周囲壁4を構成する熱可塑性樹脂は、ブロー成形が可能なものであればよく、ポリエチレン樹脂ポリプロピレン樹脂エチレン酢酸ビニル共重合体塩化ビニル樹脂ABS樹脂アクリロニトリル−スチレンブタジエン樹脂)、ポリアミド樹脂ポリスチレン樹脂ポリエステル樹脂ポリカーボネート樹脂変性ポリフェニレンエーテル等のエンジニアリング・プラスチックなどが好適であり、適宜にガラス繊維カーボンファイバー炭酸カルシウムタルクマイカなどの充填材を添加することができる。

0021

発泡体8は、ポリエチレンポリプロピレンポリスチレンなどからなり、表壁、裏壁、周囲壁のパネルを構成する熱可塑性樹脂と同材質であることが望ましい。また、発泡体には適宜、ガラス繊維、カーボンファイバー、炭酸カルシウム、タルク、マイカなどの充填材を添加することができる。

0022

表皮材6は、天然繊維再生繊維半合成繊維合成繊維およびこれらのブレンドからなる繊維を加工して得られる編物織物、不織布、またはポリ塩化ビニルPVC)、熱可塑性ポリウレタンエラストマーTPU)または熱可塑性ポリオレフィンエラストマー(TPO)などの熱可塑性エラストマー(TPE)、ポリエチレンポリオレフィン系樹脂などの熱可塑性樹脂からなる樹脂シートおよびこれらの積層シートから適宜選択可能である。

0023

なお、上述する実施形態は、本発明の好適な実施形態であり、上記実施形態のみに本発明の範囲を限定するものではなく、本発明の要旨を逸脱しない範囲において種々の変更を施した形態での実施が可能である。

0024

1樹脂製パネル
2表壁
3裏壁
4周囲壁
5中空部
6表皮材
7溶着部
8発泡体
8a、8a介在部分
9、9補強材
9a、9a 両方の端部
10、10 収容部
11樹脂押出ヘッド
12パリソン
13、13分割金型
14、14キャビティ
15真空チャンバー
16通気接触面
17 ブローピン

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ