図面 (/)

技術 乾燥粉末合わせ調味料及び乾燥粉末合わせ調味料収納する方法.

出願人 長里三雄
発明者 永瀬麻衣子長里こずえ
出願日 2009年9月24日 (11年3ヶ月経過) 出願番号 2009-238712
公開日 2011年4月7日 (9年8ヶ月経過) 公開番号 2011-067184
状態 未査定
技術分野 調味料 発酵液の蒸留、酒類の加工、食酢及びビール みそ、モルト製品
主要キーワード 仕切り枠 青紫蘇 乾燥魚介類 分容積 合わせ調味料 白菜キムチ 乾燥食材 酢味噌
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2011年4月7日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (4)

課題

腐敗しにくく、べたつかないため携帯に便利であり、水っぽくならない水分の吸収力の優れた合わせ調味料を提供する。また、冷蔵庫、テーブルの場所をとらない調味料収納方法を提供する。

解決手段

主な使用法として乾燥すし酢としての利用方法が主流である粉末酢2に、液体合わせ調味料と同様の配合で、塩類、糖類などの粉末を適宜調合してそれに香辛料乾燥具材、健康機能食材を加えて作製し、それぞれの乾燥粉末合わせ調味料の種類に応じて調合した乾燥粉末合わせ調味料。乾燥粉末合わせ調味料を収納するために容器の中が2か所以上分割してあり各種乾燥粉末合わせ調味料を分けて収納し、振り出し口11、12を二か所以上設けてある容器に収納する乾燥粉末合わせ調味料の収納方法。

概要

背景

従来の合わせ調味料においては液体もしくはゲル状態のものである。例えばドレッシング、三酢、ゆずポン酢、胡麻和えの元、キムチの元などである。また粉末酢は主にすし酢の元の原料として用いられている。乾燥粉末合わせ調味料を収納する容器としては内部に仕切り柵を有し蓋をスライドさせることによってそれぞれの仕切り枠に設けた降り注ぎ口が蓋のふりそそぎ口とかさなることにより開口する仕組みのある粉末酢の乾燥粉末合わせ調味料の収納方法は存在しない。

概要

腐敗しにくく、べたつかないため携帯に便利であり、水っぽくならない水分の吸収力の優れた合わせ調味料を提供する。また、冷蔵庫、テーブルの場所をとらない調味料の収納方法を提供する。主な使用法として乾燥すし酢としての利用方法が主流である粉末酢2に、液体合わせ調味料と同様の配合で、塩類、糖類などの粉末を適宜調合してそれに香辛料乾燥具材、健康機能食材を加えて作製し、それぞれの乾燥粉末合わせ調味料の種類に応じて調合した乾燥粉末合わせ調味料。乾燥粉末合わせ調味料を収納するために容器の中が2か所以上分割してあり各種乾燥粉末合わせ調味料を分けて収納し、振り出し口11、12を二か所以上設けてある容器に収納する乾燥粉末合わせ調味料の収納方法。

目的

本発明は、[請求項1][請求項2]にあるように乾燥している粉末酢に塩類、粉末甘味料粉末糖類粉末香辛料、粉末ハーブ、の調味料、[請求項7][請求項8]でしめすような健康美容食品および食材を使用することによって手を汚すことなく、水分量をカットし、従来の液体もしくはゲル状態の合わせ調味料にはなかった機能を有することができさらに小分けして携帯でき食事をする直前に食材に振りかけることによって液体、ゲル状でない形態によって、上記[0003]の従来の問題点を解決して時間と手間とスペースを省き新鮮料理省エネ化と[請求項9]の構造を有する容器に収納することによってさらなる省スペース化を提供することを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

粉末酢塩類粉末甘味料粉末糖類粉末香辛料を従来の液体ゲル状態合わせ調味料と同様の調合に混ぜ合わせた乾燥粉末合わせ調味料。

請求項2

[請求項1]に乾燥動物性蛋白質由来とする粉末片、乾燥農産物粉末片、乾燥ケチャップ粉末乾燥卵粉末、乾燥乳製品粉末、各ビタミン粉末、生姜粉末ニンニク粉末,みょうが粉末、乾燥海藻類粉末片、ゴマ粉末、乾燥キノコ粉末片、大豆由来乾燥加工品粉末片、粉末油脂クエン酸唐辛子粉末、、粉末牡蠣油、粉末味噌の少なくとも1種類を混入させた乾燥粉末合わせ調味料。

請求項3

粉末酢に塩類、粉末甘味料、粉末糖類、粉末香辛料、粉末醤油を混入させた燥粉末合わせ調味料が乾燥粉末ドレッシング、乾燥粉末三酢、乾燥土佐酢、キムチの元、酢味噌胡麻和えのもとである乾燥粉末合わせ調味料。

請求項4

[請求項1]の塩類が、岩塩ミネラル混入塩、多機能塩,梅酢塩、ナトリウムである乾燥粉末合わせ調味料。

請求項5

[請求項1]の粉末甘味料、粉末糖類が、低カロリー粉末甘味料、しょ糖,、羅漢果黒糖を含む多機能を有しミネラルを吟有する粉末甘味料、粉末糖類である乾燥粉末合わせ調味料。

請求項6

[請求項1]の粉末香辛料が生姜、にんにく、唐辛子、みょうが、西ハーブ、日本ハーブ、東洋ハーブ及びわさび、からし粉末片を含む乾燥粉末合わせ調味料。

請求項7

[請求項1]の粉末酢が黒酢香酢ワインビネガーを含む植物を由来とする粉末酢である乾燥粉末合わせ調味料。

請求項8

[請求項1]にビタミンA,B,C,D,E,コラーゲンコエンザイムQ10粉末、難消化性デキストリンロイヤルゼリー葉酸、ロイヤルゼリー、朝鮮ニンジンプロポリス酵母ゼラチンのうち少なくとも1種類を添加した乾燥粉末合わせ調味料。

請求項9

[請求項1]にある乾燥粉末合わせ調味料を収納するために容器の中が2か所以上分割してあり各種乾燥粉末合わせ調味料を分けて収納し、振り出し口を二か所以上設けてある容器に収納する乾燥粉末合わせ調味料の収納方法

技術分野

001

本発明は粉末酢主原料とする乾燥粉末合わせ調味料に関する。乾燥粉末合わせ調味料を収納する方法に関する

背景技術

0002

従来の合わせ調味料においては液体もしくはゲル状態のものである。例えばドレッシング、三酢、ゆずポン酢、胡麻和えの元、キムチの元などである。また粉末酢は主にすし酢の元の原料として用いられている。乾燥粉末合わせ調味料を収納する容器としては内部に仕切り柵を有し蓋をスライドさせることによってそれぞれの仕切り枠に設けた降り注ぎ口が蓋のふりそそぎ口とかさなることにより開口する仕組みのある粉末酢の乾燥粉末合わせ調味料の収納方法は存在しない。

発明が解決しようとする課題

0003

従来の粉末酢では粉末酢を甘味料と塩分を調合してできる乾燥即席粉末すし酢としての利用方法が主流である。またパスタソース焼きそば用粉末ソース、粉末スパゲッティナポリタンソース、酢豚用ソースとしても粉末酢は利用されている。だが粉末酢を利用した合わせ調味料には用いられていないのが現状である。またドレッシングに関しては液体、もしくはゲル状のものに限られていて取り出すときに液だれしたり、手や衣服に付着したり扱いにくく、さらに水分を含んでいるので食材にかけたときに水っぽくなり、そのもの自身酸化しやすく腐敗しやすいという問題点があった。液体もしくはゲル状態のため弁当への使用や携帯にも不便であった。収納する容器としては一つの調味料に一本でたとえばドレッシングに関して、イタリアン中華和風と3種類ならば3本の容器が必要となる。よって冷蔵庫の中や食卓のテーブルでのスペースをとってしまうという欠点があった。また合わせ調味料には食酢以外の健康美容効果が期待できなかった。

0004

本発明は、[請求項1][請求項2]にあるように乾燥している粉末酢に塩類粉末甘味料粉末糖類粉末香辛料、粉末ハーブ、の調味料、[請求項7][請求項8]でしめすような健康美容食品および食材を使用することによって手を汚すことなく、水分量をカットし、従来の液体もしくはゲル状態の合わせ調味料にはなかった機能を有することができさらに小分けして携帯でき食事をする直前に食材に振りかけることによって液体、ゲル状でない形態によって、上記[0003]の従来の問題点を解決して時間と手間とスペースを省き新鮮料理省エネ化と[請求項9]の構造を有する容器に収納することによってさらなる省スペース化を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0005

上記目的を達成するために本乾燥粉末合わせ調味料においては[請求項1]にあるように粉末酢をベースとして塩類、粉末甘味料、粉末香辛料、に加えて[請求項2]にあるように乾燥動物性蛋白質由来とする粉末片、乾燥農産物粉末片、乾燥ケチャップ粉末、乾燥卵粉末、乾燥乳製品粉末、各ビタミン粉末、生姜粉末ニンニク粉末,みょうが粉末、乾燥海藻類粉末片、ゴマ粉末、乾燥キノコ粉末片、乾燥大豆由来加工品粉末片、粉末油脂クエン酸唐辛子粉末、粉末牡蠣油、粉末味噌を乾燥粉末調味料の種類に応じてその適量を各々混入させたものである。

0006

上記乾燥粉末調味料のドレッシングにおいては、和風、中華、イタリアン、フレンチに応じて香辛料を変化させることができる。脂肪分が添加されていない場合は低カロリーであ、別途好みのオイルを食事のときに振りいれることができるので酸化を遅らせて新鮮であり、水っぽさも減少させることができる。

0007

一例として[請求項3]で示すようにイタリアンドレッシングにおいては図1のように、香辛料として.胡椒、乾燥バジル、乾燥パセリ乾燥ニンニクなどのハーブを混入する、和風ドレッシングであれば粉末醤油に、乾燥青紫蘇粉末、乾燥わさび、乾燥ニンニクを混入し、さらに乾燥わかめ小魚小エビキノコベーコン高野豆腐など粉末片を添加することにより旨味増し、乾燥したそれらの食材が生の野菜や食材の水分を吸収するので、食材の水気を吸収し減少させることができる。また乾燥食材においては水分の吸収性が良く戻しやすいフリーズドライ加工されたものが好ましい。

0008

三杯酢においては、[請求項1]に粉末醤油を添加する。さらにシイタケ粉末片、粉末マツタケ粉末片、シメジ粉末片などのキノコ類や乾燥長ネギ粉末片、乾燥魚介類粉末片,麩粉末片などの小片もしくは粉もくわえて、上記[0007]で述べたと同様の効果を得る。

0009

土佐酢においては上記[0008]に加えて鰹節エキスを添加する。また柑橘類の乾燥粉末,例として乾燥ゆず粉末片を添加するなら乾燥ゆず三杯酢となり煮た具材にも直接振りかけて使用することもできる。

0010

酢味噌においては、[請求項1]に乾燥味噌粉末を添加できる、また[0007]で述べたように乾燥具材を添加すれば同様の効果を得る。

0011

胡麻和えにおいては[請求項1]に乾燥ゴマ粉末片、粉末醤油を添加できる。

0012

からし及びわさびあえにおいては[請求項1]に乾燥からし粉末及び乾燥わさび粉末に粉末醤油を添加できる。

0013

キムチの元においては[請求項1]に乾燥粉末魚醤油を添加できる。さらに香辛料として唐辛子粉、具材として乾燥小エビ、乾燥[ミの塩辛、ニンニク粉末片、生姜粉末片、クエン酸、乳酸菌粉末果実粉末片を混合する。キムチ鍋、ハクサ漬に振りかけるなら即席にキムチ鍋、白菜キムチができ上記[0008]と同様の効果を得る。上記各種乾燥粉末合わせ調味料においても[請求項8]の食材を添加することによってさらに健康美容効果をたかめる。

0014

粉末ピザソースおいては[請求項1]に乾燥ケチャップ粉末を添加する。さらに香辛料として唐辛子粉、粉末油脂、バジル、ニンニク粉末片、具材に乾燥ベーコンを添加しできる。またチーズの上から振りかけることができ、従来のゲル状の液体をヘラパンに塗ることがなく調理の手間がはぶけ、また乾燥しているので腐敗しにくいので、長期保存ができる。また具材として、魚介類、キノコ類、玉ねぎの粉末片も混入することができる。

0015

このように添加する調味料の種類、また分量を従来の合わせ調味料にならって適切に調合するならドレッシング、三杯酢,土佐酢、ポン酢、キムチの元、ピザソース、胡麻和えのもと、多種類の乾燥調味料を提供できる。さらに乾燥材量と内部に仕切り柵を有する収納容器利用することによって省スペース化を可能にして冷蔵庫、テーブルの場所をとらず省スペース化を高めることができる。レストランでの使用も可能になり産業効果も高い。

0016

乾燥具材の乾燥農産物としてはねぎ粉末片、高野豆腐粉末、油揚げ粉末、キノコ類粉末片があり、乾燥畜産物としては乾燥ベーコン、ハム、干し肉、乾燥海産物としては干しエビ,干し貝類、わかめ、モズク、畜産物として粉チーズがある。これらを添加することにより旨味を増し余分の水分の吸収を促すことができる。

0017

[請求項4]の、岩塩ミネラル混入塩、多機能塩,梅酢塩、ナトリウム、[請求項5]の低カロリー粉末甘味料、しょ糖羅漢果黒糖、[請求項6]の生姜、にんにく、唐辛子、みょうが、西洋ハーブ、日本ハーブ、東洋ハーブ及びわさび、みょうが、からし粉末片[請求項7]の黒酢香酢ワインビネガー粉末酢を適宜添加することにより、味の向上と健康美容効果を高めることができる。さらに素材の乾燥調味料に粉末油脂を加えることもでき、加えない場合はノンオイルなので低カロリーで健康に良い。また別に好みのオリーブオイルグレープシードオイルひまわり油胡麻油、菜種油、などの好みの油脂を振りかけることもでき、食前にかけるので油の新鮮さを保ち酸化も防ぐことができこの点でも健康にもよい。

発明を実施するための最良の形態

0018

図1における粉末ドレッシングを説明する。容器1には粉末酢、岩塩、糖類及び甘味料、粉末香辛料を混ぜ合わせさらにビタミンA,B,C,D,E,さらに[請求項8]のうちコラーゲンコエンザイムQ10粉末、デキストリンロイヤルゼリー、の少なくとも1種類を添加するなら健康美容ダイエット効果も期待できる。香辛料としてはガーリックタイムセロリオルガノ、パセリ、バジル、粉末玉ねぎをもちいるとよい。

0019

上記と同様に粉末三杯酢には[請求項1]に粉末醤油を加え、香辛料として粉末ゆず粉末乾燥、具としては乾燥わかめ、モズク、雌株を加えてもよい、さらにフリーズドライ加工した長ネギ、アサリシジミを加えてもよい。

0020

[請求項8]にあるようにビタミンA,B,C,D,E,コラーゲン,コエンザイムQ10粉末、難消化性デキストリン、ロイヤルゼリー、葉酸、ロイヤルゼリー、朝鮮ニンジンプロポリス酵母ゼラチンなど健康、美容に作用する食品を添加してもよい。

0020

粉末キムチの元においてはコラーゲン,コエンザイムQ10粉末に唐辛子粉、乾燥朝鮮ニンジン粉、乾燥あみの塩辛、乾燥乳酸菌、を加える。

0021

粉末胡麻ドレッシングにおいては[請求項1]に粉末胡麻、粉末醤油、を加える

0022

粉末酢味噌においては[請求項1]に粉末味噌を加える。それぞれの粉末調味料は従来の液体の合わせ調味料の配合に準じる。

参考文献

0023

出願番号

特願平6−269054

特願2000−170608(P2000−170608

0024

[請求項1][請求項2]にあるように上記に説明したとうりに使用する調味料、香辛料及び具材の種類、分量によっておのうの異なった乾燥粉末合わせ調味料を作成できるので、図2、3で示すように2か所以上に中が分割されている[請求項9]の収納方法で異なった乾燥粉末合わせ調味料を収納して1つの容器に、4種類のたとえばイタリアンドレッシング、胡麻ドレッシング、和風ドレッシングを乾燥粉末であるので水分がない分容積が少なくなるのでコンパクトに収納することを可能にする。よって図2は4種類の乾燥粉末合わせ調味料を収納して1つの容器に入れたところの蓋を取り外した時の平面図である

図面の簡単な説明

0025

乾燥粉末イタリアンドレッシングを容器に入れたときの断面図4種類の乾燥粉末合わせ調味料を収納して容器の蓋をとった時の平面図4種類の乾燥粉末合わせ調味料を収納して収納容器の蓋を付けたときの側面図

0026

1収納容器
2 ○、粉末酢
3 △、香辛料
4 ×、岩塩
5 V、糖類
6 d、難消化性デキストリン
7 C、粉末コラーゲン
8 k、粉末ガーリック
9 T、粉末玉ねぎ
10 収納容器蓋
11 蓋に設けたふりかけ口
12 収納容器本体に設けたふりかけ口
13乾燥粉末イタリアンドレッシング
14 乾燥粉末胡麻ドレッシング
15仕切りつき収納容器
16 乾燥粉末和風ドレッシング
17 乾燥粉末ゆず三杯酢
18乾燥わかめ片
19 乾燥あさり
20 乾燥ゆず片
21 仕切り柵

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 三栄源エフ・エフ・アイ株式会社の「 香料組成物、及びその製造方法」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】香料成分の香気及び/又は香味の保留性に優れた香料組成物、例えば、加熱調理等の加熱工程後や長期保管後等においても香料成分の香気及び/又は香味の保留性に優れた香料組成物及び、それを用いた食品組成物... 詳細

  • 白石良蔵の「 冷凍調味料」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】野菜にかける調味料であるドレッシングに米粉やおからを所定の割合で混合し凍らせたものを削ることで、野菜にかける調味料の量を自由に調節できて、且つ、溶けにくくさせた冷凍調味料の提供。【解決手段】摩... 詳細

  • 岸 雄一郎の「 味噌又は醤油の製造方法」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】 麹(麹菌)に頼ることなく味噌や醤油を作る。更に大豆アレルギーを持つ者でも摂取できる味噌や醤油を提供する。【解決手段】 原料となる穀物に対して、麹に代えて(又は麹と共に)青パパイヤを添加す... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ