図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2011年3月31日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (4)

課題

総合監視盤操作卓省スペース化でき、かつ誤操作を防止しつつ直感的に監視・操作ができる電力系統監視制御装置を提供することである。

解決手段

監視操作卓を制御する監視操作卓用電子計算機12と、監視制御画面を空間に表示出力する空間操作画面表示装置33と、空間操作卓画面表示装置33により表示された空間映像画面中で運転員により選択された座標を検出する空間座標検出装置35と、運転員の音声入力処理する音声入力処理装置32と、電力系統機器監視制御する監視制御サーバ用電子計算機15とを有し、監視操作卓電子計算機12は、運転員が空間映像画面中で指で触れた座標に表示されている操作対象機器判別し、かつ音声入力処理装置32から当該操作対象機器に対する運転員の音声による操作要求情報を入力したときは監視制御サーバ用電子計算機13に操作要求を出力し、操作対象機器に操作指令を出力する。

概要

背景

一般に、電力系統監視制御装置電子計算機システムで構成され、運転員監視制御操作を行う監視操作卓を制御する監視操作卓用電子計算機電力系統機器を監視制御する監視制御サーバ用電子計算機、電力系統図画面を表示するための総合監視盤を制御する監視盤サーバ電子計算機などから構成される。

図3は従来の電力系統監視制御装置の構成図である。電力系統監視制御装置11は、運転員が監視制御操作を行う監視操作卓を制御する監視操作卓用電子計算機12と、電力系統の機器を監視制御する監視制御サーバ用電子計算機13と、電力系統図画面を表示するための総合監視盤14を制御する監視盤サーバ用電子計算機15とを備えている。

監視操作卓用電子計算機12には電力系統画面などの画面を表示するモニタ装置16、画面上の表示アイテムを操作するためのマウス17及びキーボード18が接続されている。運転員がマウス17を操作することにより、モニタ装置16上で指示された画面名称画面表示要求処理手段19に入力される。画面表示要求処理手段19は、入力された画面名称を中継装置20を経由して監視制御サーバ用電子計算機13に備わっている画面表示受付処理手段21へ通知する。画面表示受付処理手段21は、通知を受けた画面を中継装置20を経由して監視操作卓用電子計算機12の画面表示処理手段22へ表示要求する。画面表示処理手段22は表示要求のあった画面をモニタ装置16へ表示する。

また、マウス17及びキーボード18の操作により、モニタ装置16上で指示された機器操作指令が監視操作卓用電子計算機12の操作要求処理手段23に入力される。操作要求処理手段23は、入力された機器操作指令を中継装置20を経由して監視制御サーバ用電子計算機13に備わっている操作処理手段24へ通知する。操作処理手段24は、通知を受けた機器操作指令を分析し、伝送装置25を介して、電力系統26の機器27の操作を実施する。

総合監視盤14は電力系統図画面を表示する大画面表示装置である。モニタ装置16上で指示された画面名称が、運転員のマウス17を操作することにより、監視操作卓用電子計算機12の総合監視盤画面表示要求処理手段28に入力される。総合監視盤画面表示要求処理手段28は、入力された画面名称を中継装置20を経由して監視盤サーバ用電子計算機15に備わっている総合監視盤画面表示受付処理手段29へ通知する。総合監視盤画面表示受付処理手段29は、通知を受けた画面を総合監視盤画面表示処理手段30へ表示要求する。総合監視盤画面表示処理手段30は表示要求のあった画面を総合監視盤14へ表示する。

このように、従来のものでは、運転員はマウス17やキーボード18というユーザーインターフェース装置を利用して電力系統の監視操作を行うこととなるが、運転員が作業する操作卓にはユーザーインターフェース装置が設置してあるため、スペースが有効活用できない。

そこで、最近の新規技術の発達により、ゴーグル型表示装置及び空間操作画面表示装置を電力系統監視制御装置へ応用することが考えられている。例えば、操作者の左右の手の三次元的な動きを非接触に検知する検知装置と、操作者の左右の目に装着し三次元表示ができる立体表示装置と、立体表示装置に表示する三次元映像を検知装置からの検知情報に基づいて作成する三次元映像作成装置とを具備し、操作者がコンピュータインタフェースに合わせることなくこれまで人間が行ってきた普通の動作をするだけでコンピュータ装置との情報のやりとりを行うことができるようにしたものがある(例えば、特許文献1参照)。

概要

総合監視盤や操作卓を省スペース化でき、かつ誤操作を防止しつつ直感的に監視・操作ができる電力系統監視制御装置を提供することである。監視操作卓を制御する監視操作卓用電子計算機12と、監視制御画面を空間に表示出力する空間操作卓画面表示装置33と、空間操作卓画面表示装置33により表示された空間映像画面中で運転員により選択された座標を検出する空間座標検出装置35と、運転員の音声入力処理する音声入力処理装置32と、電力系統の機器を監視制御する監視制御サーバ用電子計算機15とを有し、監視操作卓電子計算機12は、運転員が空間映像画面中で指で触れた座標に表示されている操作対象機器判別し、かつ音声入力処理装置32から当該操作対象機器に対する運転員の音声による操作要求情報を入力したときは監視制御サーバ用電子計算機13に操作要求を出力し、操作対象機器に操作指令を出力する。

目的

本発明の目的は、総合監視盤や操作卓を省スペース化でき、かつ誤操作を防止しつつ直感的に監視・操作ができる電力系統監視制御装置を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

運転員監視制御操作を行う監視操作卓を制御する監視操作卓用電子計算機と、前記監視操作卓用電子計算機に接続され監視制御画面を空間に表示出力する空間操作画面表示装置と、前記空間操作卓画面表示装置により表示された空間映像画面中で運転員により選択された座標を検出する空間座標検出装置と、運転員の音声入力処理する音声入力処理装置と、電力系統機器を監視制御する監視制御サーバ用電子計算機とを有し、前記監視操作卓電子計算機は、前記空間座標検出装置から運転員が前記空間映像画面中で指で触れた座標を入力したときはその座標に表示されている操作対象機器判別し、かつ前記音声入力処理装置から当該操作対象機器に対する運転員の音声による操作要求情報を入力したときは前記監視制御サーバ用電子計算機に操作要求を出力し、前記監視制御サーバ用電子計算機は、前記監視操作卓用電子計算機からの操作要求のあった操作対象機器に操作指令を出力することを特徴とする電力系統監視制御装置

請求項2

運転員が装着し監視制御対象の電力系統の系統図情報を表示するワイヤレス通信方式ゴーグル型表示装置と、前記監視操作卓電子計算機から表示要求により前記ゴーグル型表示装置に表示する電力系統情報表示処理するゴーグル型表示装置サーバ用電子計算機とを備えたことを特徴とする請求項1記載の電力系統監視制御装置。

請求項3

前記ゴーグル型表示装置は、運転員の切り替え要求に応じて電力系統情報を切り替えて表示出力することを特徴とする請求項2記載の電力系統監視制御装置。

請求項4

前記監視制御サーバ用電子計算機が前記電力系統事故発生を検出したときは、前記ゴーグル型表示装置サーバ用電子計算機は、未装着のゴーグル型表示装置に対して前記ゴーグル型表示装置の装着を促す情報を出力することを特徴とする請求項2記載の電力系統監視制御装置。

技術分野

0001

本発明は、省スペースかつ直感的操作が可能な電力系統監視制御装置に関する。

背景技術

0002

一般に、電力系統監視制御装置は電子計算機システムで構成され、運転員監視制御操作を行う監視操作卓を制御する監視操作卓用電子計算機電力系統機器を監視制御する監視制御サーバ用電子計算機、電力系統図画面を表示するための総合監視盤を制御する監視盤サーバ電子計算機などから構成される。

0003

図3は従来の電力系統監視制御装置の構成図である。電力系統監視制御装置11は、運転員が監視制御操作を行う監視操作卓を制御する監視操作卓用電子計算機12と、電力系統の機器を監視制御する監視制御サーバ用電子計算機13と、電力系統図画面を表示するための総合監視盤14を制御する監視盤サーバ用電子計算機15とを備えている。

0004

監視操作卓用電子計算機12には電力系統画面などの画面を表示するモニタ装置16、画面上の表示アイテムを操作するためのマウス17及びキーボード18が接続されている。運転員がマウス17を操作することにより、モニタ装置16上で指示された画面名称画面表示要求処理手段19に入力される。画面表示要求処理手段19は、入力された画面名称を中継装置20を経由して監視制御サーバ用電子計算機13に備わっている画面表示受付処理手段21へ通知する。画面表示受付処理手段21は、通知を受けた画面を中継装置20を経由して監視操作卓用電子計算機12の画面表示処理手段22へ表示要求する。画面表示処理手段22は表示要求のあった画面をモニタ装置16へ表示する。

0005

また、マウス17及びキーボード18の操作により、モニタ装置16上で指示された機器操作指令が監視操作卓用電子計算機12の操作要求処理手段23に入力される。操作要求処理手段23は、入力された機器操作指令を中継装置20を経由して監視制御サーバ用電子計算機13に備わっている操作処理手段24へ通知する。操作処理手段24は、通知を受けた機器操作指令を分析し、伝送装置25を介して、電力系統26の機器27の操作を実施する。

0006

総合監視盤14は電力系統図画面を表示する大画面表示装置である。モニタ装置16上で指示された画面名称が、運転員のマウス17を操作することにより、監視操作卓用電子計算機12の総合監視盤画面表示要求処理手段28に入力される。総合監視盤画面表示要求処理手段28は、入力された画面名称を中継装置20を経由して監視盤サーバ用電子計算機15に備わっている総合監視盤画面表示受付処理手段29へ通知する。総合監視盤画面表示受付処理手段29は、通知を受けた画面を総合監視盤画面表示処理手段30へ表示要求する。総合監視盤画面表示処理手段30は表示要求のあった画面を総合監視盤14へ表示する。

0007

このように、従来のものでは、運転員はマウス17やキーボード18というユーザーインターフェース装置を利用して電力系統の監視操作を行うこととなるが、運転員が作業する操作卓にはユーザーインターフェース装置が設置してあるため、スペースが有効活用できない。

0008

そこで、最近の新規技術の発達により、ゴーグル型表示装置及び空間操作画面表示装置を電力系統監視制御装置へ応用することが考えられている。例えば、操作者の左右の手の三次元的な動きを非接触に検知する検知装置と、操作者の左右の目に装着し三次元表示ができる立体表示装置と、立体表示装置に表示する三次元映像を検知装置からの検知情報に基づいて作成する三次元映像作成装置とを具備し、操作者がコンピュータインタフェースに合わせることなくこれまで人間が行ってきた普通の動作をするだけでコンピュータ装置との情報のやりとりを行うことができるようにしたものがある(例えば、特許文献1参照)。

先行技術

0009

特開平6−282371号公報

発明が解決しようとする課題

0010

しかし、図3で示した従来のものでは、スペースが有効活用できないことから、作業中に誤ってマウス17やキーボード18を操作することがあり、誤操作などの問題が発生することがある。また、総合監視盤14に必要な画面すべてを表示しきれない場合がある。

0011

一方、特許文献1のものでは、仮想空間ディスクトップ装置であり、電力系統監視制御装置にそのまま適用することは困難である。例えば、電力系統監視制御装置では、監視操作卓に設置されるモニタ及び総合監視盤の双方を監視することが必要となり、また、電力系統の機器への操作指令が誤操作なく出力されることが必要となる。

0012

本発明の目的は、総合監視盤や操作卓を省スペース化でき、かつ誤操作を防止しつつ直感的に監視・操作ができる電力系統監視制御装置を提供することである。

課題を解決するための手段

0013

本発明に係わる電力系統監視制御装置は、運転員が監視制御操作を行う監視操作卓を制御する監視操作卓用電子計算機と、前記監視操作卓用電子計算機に接続され監視制御画面を空間に表示出力する空間操作卓画面表示装置と、前記空間操作卓画面表示装置により表示された空間映像画面中で運転員により選択された座標を検出する空間座標検出装置と、運転員の音声入力処理する音声入力処理装置と、電力系統の機器を監視制御する監視制御サーバ用電子計算機とを有し、前記監視操作卓電子計算機は、前記空間座標検出装置から運転員が前記空間映像画面中で指で触れた座標を入力したときはその座標に表示されている操作対象機器判別し、かつ前記音声入力処理装置から当該操作対象機器に対する運転員の音声による操作要求情報を入力したときは前記監視制御サーバ用電子計算機に操作要求を出力し、前記監視制御サーバ用電子計算機は、前記監視操作卓用電子計算機からの操作要求のあった操作対象機器に操作指令を出力することを特徴とする。

発明の効果

0014

本発明によれば、総合監視盤や操作卓を省スペース化でき、かつ誤操作を防止しつつ直感的に監視・操作ができる。

図面の簡単な説明

0015

本発明の第1の実施の形態に係わる電力系統監視制御装置の構成図。
本発明の第2の実施の形態に係わる電力系統監視制御装置の構成図。
従来の電力系統監視制御装置の構成図。

実施例

0016

以下、本発明の実施の形態を説明する。図1は本発明の第1の実施の形態に係わる電力系統監視制御装置の構成図である。この電力系統監視制御装置は、図3に示した従来例に対し、総合監視盤14、監視サーバ用電子計算機15に代えて、マイク31、音声入力処理装置32を設け、また、モニタ装置16、マウス17、キーボード18に代えて、空間操作卓画面表示装置33、空間操作卓画面表示スイッチ34、空間座標検出器35を設けたものである。図3同一要素には同一符号を付し重複する説明は省略する。

0017

空間操作卓画面表示装置33は、操作卓上の空間に従来のモニタ装置16に表示していた操作卓画面を表示するものであり、例えばレーザー光を空間中に集光して空気をプラズマ化して発光させ、空気以外何も存在しない空間に空間映像画面を表示する。また、空間操作卓画面表示スイッチ34は空間操作卓画面の表示・非表示を切替えるものである。

0018

空間座標検出装置35は、空間操作卓画面表示装置33により表示された空間操作卓画面(空間映像画面)中で運転員により選択された座標を検出するものであり、空間操作卓画面での選択対象箇所の光の屈折度合い・継続時間により当該座標を特定する。

0019

監視操作卓用電子計算機12の空間座標受付処理手段36は、空間座標検出装置35で検出された空間座標を入力し、選択・操作判断処理手段37は、受付けた空間座標より選択の可否を判断することにより画面表示更新や選択・操作要求を実施する。

0020

一方、マイク31は運転員が発した音声情報を入力し、マイク31から入力された運転員が発した音声情報は音声入力処理装置32に入力され、音声入力処理装置32で処理して機器操作情報を求め、監視操作卓用電子計算機12に送信する。音声入力処理装置32の音声登録処理手段38は、運転員の音声情報を予め音声情報記憶部39に登録するものであり、音声認識処理手段40は、マイク31から入力された運転員が発した音声情報を音声情報記憶部39に登録された音声情報と比較し、運転員の音声を認識して機器操作情報を出力するものである。

0021

いま、空間操作卓画面表示装置33により表示される空間操作卓画面が非表示状態のとき、運転員が空間操作卓画面表示スイッチ34を押下することにより、空間操作卓画面表示装置33により当該操作卓上の空間に空間操作卓画面が表示される。一方、空間操作卓画面が表示されている状態のとき、運転員が空間操作卓画面表示スイッチ34を押下することにより、当該操作卓上の空間から空間操作卓画面が消去される。

0022

電力系統26の機器27の選択を実施する際には、運転員が空間操作卓画面に触れるように手を動かすことにより行う。空間座標検出装置35は、例えば、短周期での運転員の指の動きを監視して運転員が指示した座標を検出する。すなわち、運転員の指の座標及び光を屈折させていること及び屈折継続時間を監視し、当該機器27を選択したか否かを監視操作卓用電子計算機12の空間座標受付処理手段36にて受信する。選択・操作判断処理手段37は、空間座標受付処理手段36にて受信した選択情報を基に、選択・操作が行われた否かを判断し、運転員が選択したと判断した場合は当該機器27の選択要求を実施する。その後、画面表示処理手段22により、当該機器27の選択状態が空間操作卓画面へ表示更新される。

0023

一方、音声入力処理装置32の音声登録処理手段38は、予め運転員がマイク31に向かって発声した音声情報を運転員の音声情報記憶部39に登録しておく。そして、運転員が電力系統26の機器27の名称を発声することにより、当該機器27の名称が音声認識処理手段40に送信され、運転員が発声した音声と音声情報記憶部39とを音声認識処理手段40において比較し、運転員が発声したものと判断した場合は電力機器操作要求情報を選択・操作判断処理手段37に送信する。

0024

選択・操作判断処理手段37は、電力機器選択要求情報と電力機器操作要求情報とが合致した場合、画面表示要求処理手段19及び操作要求処理手段23へ電力機器操作要求情報を送信し、中継装置20を経由して監視制御サーバ用電子計算機13の画面表示受付処理手段21及び操作処理手段24へ画面表示要求情報及び操作要求情報をそれぞれ送信する。操作処理手段24により当該電力系統26の機器27の操作要求を実施し、その後、監視操作卓用電子計算機12の画面表示処理手段22により空間操作卓画面表示装置33を画面更新する。

0025

本発明の第1の実施の形態によれば、空間操作卓画面表示装置33により空間操作卓画面を表示するので、モニタ装置16、マウス17、キーボード18を省略でき、また、運転員が画面を表示する必要が無いときには空間操作卓画面を消去できるので、操作卓上のスペースを有効利用できる。また、空間操作卓画面に対して運転員が画面に触れるように指を動かすことで機器27が選択可能となり直感的な運用が可能となる。機器27を操作するには、運転員が当該機器名称を選択し、かつ発声することにより操作を行うようにしているので、機器27の誤操作を防止できる。

0026

次に、本発明の第2の実施の形態を説明する。図2は本発明の第2の実施の形態に係わる電力系統監視制御装置11の構成図である。この第2の実施の形態は、図1に示した第1の実施の形態に対し、ゴーグル型表示装置41、表示情報送信機42、ゴーグル型表示装置サーバ用電子計算機43を追加して設け、監視制御卓用電子計算機12にゴーグル型表示装置画面表示要求処理手段48を追加して設けたものである。図1と同一要素には同一符号を付し重複する説明は省略する。図2では複数個のゴーグル型表示装置41を設けた場合を示している。

0027

ゴーグル型表示装置41は従来の総合監視盤14に相当するものであり、運転員が装着し監視制御対象の電力系統の系統図情報などの電力系統情報を表示するものであり、監視制御卓用電子計算機12のゴーグル型表示装置画面表示要求処理手段48からの表示要求により、ゴーグル型表示装置41に電力系統情報が表示される。ゴーグル型表示装置41はワイヤレス通信方式が採用されており、表示情報送信機42によりゴーグル型表示装置サーバ用電子計算機43と通信が行われる。

0028

空間操作卓画面表示装置33は、従来の総合監視盤14の代わりにゴーグル型表示装置41へ電力系統情報を表示設定することになる。空間座標検出装置35は、空間操作卓画面表示装置33により表示された空間操作卓画面での選択対象箇所の光の屈折度合い・継続時間により当該座標を特定し、監視操作卓用電子計算機12は、受付けた空間座標より選択の可否を判断することにより画面表示更新や選択・操作要求を実施する。

0029

ゴーグル型表示装置サーバ用電子計算機43のゴーグル型表示装置画面表示受付処理手段44は、電力系統情報等の表示情報受け付け、ゴーグル型表示装置画面表示処理手段45はその受け付けた表示情報を表示情報送信機42へ送信する。表示情報送信機42の表示情報受付処理手段46は、ゴーグル型表示装置サーバ用電子計算機43からの表示情報を表示情報受付処理手段46で受け付け、表示情報送信処理手段47は表示情報受付処理手段46で受け付けた表示情報をゴーグル型表示装置41へ送信する。表示情報送信機42と運転員が表示情報を見るために装着するゴーグル型表示装置41とはワイヤレス通信送受信する構成としており、表示情報送信機42は複数のゴーグル型表示装置41と接続可能に構成されている。

0030

ゴーグル型表示装置41へ電力系統情報を表示するには、運転員は空間操作卓画面表示装置33にて電力系統情報の表示画面要求を実施することにより行う。電力系統情報の表示画面要求は、監視操作卓用電子計算機12のゴーグル型表示装置画面表示要求処理手段48に入力され、ゴーグル型表示装置画面表示要求処理手段48からゴーグル型表示装置サーバ用電子計算機43のゴーグル型表示装置画面表示受付処理手段44へ送信され、ゴーグル型表示装置画面表示処理手段45を経由して表示情報送信機42の表示情報受付処理手段46へ表示情報が送信される。そして、表示情報送信機42の表示情報送信処理手段47よりゴーグル型表示装置41へ表示情報がワイヤレス通信で送信される。

0031

表示情報はゴーグル型表示装置41に数種類受信して記憶させることが可能であり、運転員が各画面を自分で切替え可能とする。すなわち、ゴーグル型表示装置41は、表示切替要求処理手段49を有し、運転員の切り替え要求に応じて電力系統情報を切り替えて表示出力する。複数個のゴーグル型表示装置41を有している場合には、各々のゴーグル型表示装置は、運転員の切り替え要求に応じて異なる電力系統情報を切り替えて表示出力することが可能である。これにより、ゴーグル型表示装置41が複数個接続されている場合には、他のゴーグル型表示装置41に表示している表示情報に影響することなく、任意の表示情報を運転員が切り替えることにより表示させることが可能となる。

0032

また、監視制御サーバ用電子計算機13が電力系統に事故が発生したことを検出したときは、ゴーグル型表示装置サーバ用電子計算機43は、未装着のゴーグル型表示装置41に対してゴーグル型表示装置41の装着を促す情報を出力するように構成してもよい。これにより、系統事故発生時に未装着のゴーグル型表示装置41が存在する場合に、担当運転員に対してゴーグル型表示装置41の装着を促すことが可能となる。

0033

本発明の第2の実施の形態によれば、第1の実施の形態の効果に加え、ゴーグル型表示装置41への監視盤表示画面を運転員の装着したゴーグル型表示装置41に送信し、運転員が当該画面を切替えることにより、多くの情報をすばやく把握・共有することが可能となる。

0034

11…電力系統監視制御装置、12…監視操作卓用電子計算機、13…監視制御サーバ用電子計算機、14…総合監視盤、15…監視盤サーバ用電子計算機、16…モニタ装置、17…マウス、18…キーボード、19…画面表示要求処理手段、20…中継装置、21…画面表示受付処理手段、22…画面表示処理手段、23…操作要求処理手段、24…操作処理手段、25…伝送装置、26…電力系統、27…機器、28…総合監視盤画面表示要求処理手段、29…総合監視盤画面表示受付処理手段、30…総合監視盤画面表示処理手段、31…マイク、32…音声入力処理装置、33…空間操作卓画面表示装置、34…空間操作卓画面表示スイッチ、35…空間座標検出器、36…空間座標受付処理手段、37…選択・操作判断処理手段、38…音声登録処理手段、39…音声情報記憶部、40…音声認識処理手段、41…ゴーグル型表示装置、42…表示情報送信機、43…ゴーグル型表示装置サーバ用電子計算機、44…ゴーグル型表示装置画面表示受付処理手段、45…ゴーグル型表示装置画面表示処理手段、46…表示情報受付処理手段、47…表示情報送信処理手段、48…ゴーグル型表示装置画面表示要求処理手段、49…表示切替要求処理手段

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 京セラ株式会社の「 電子機器、制御方法、及びプログラム」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】操作性を向上させた電子機器、制御方法、及びプログラムを提供する。【解決手段】電子機器1は、自機器に接触されないジェスチャを検出する第1センサ(近接センサ18)と、自機器に接触されるタッチを検出... 詳細

  • クリスタルメソッド株式会社の「 推定システム、及び推定装置」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】キー入力を推定する精度の向上を図ることができる推定システム、及び推定装置を提供する。【解決手段】仮想キーボードを用いて入力された文字列を推定する推定システムであって、ユーザが前記仮想キーボード... 詳細

  • 京セラ株式会社の「 電子機器、制御方法、及びプログラム」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】移動体の運転の安全性を向上可能な電子機器、制御方法、及びプログラムを提供する。【解決手段】自動車に搭載可能な電子機器は、自機器に触れられずにジェスチャを検出する第1センサと、自機器に接触される... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ