図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2011年3月10日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (8)

課題

画像形成装置の限られた面積操作パネル上でユーザの使い勝手のよいウェブ検索入力及びウェブ検索結果の出力を行うことができない問題を解決すること。

解決手段

本発明の画像形成装置は、操作パネルに合わせた検索入力のための表示画面を生成して当該検索入力を受け付けGUI入出力部と、当該検索入力を検索サイトに送信して検索結果を受信するHTTP送受信部と、当該検索結果を操作パネルに合わせて編集するHTML部を有して、操作パネルに合わせた検索入力の受付及び検索結果の表示を行うことにより課題を解決した。

概要

背景

複合機など画像形成装置において、インターネット上のページ印刷する場合、パソコン等のコンピュータを用いてインターネット上のページデータを取り込み、印刷データを生成し、これをプリンタインタフェースネットワークインタフェース経由でプリンタに送って印刷する方法が行われている。しかし、この方法では、パソコン等のコンピュータを用意しないとできないので、印刷時にそれを立ち上げる必要なため、インターネット上のデータの印刷ができれば十分な用途にはコンピュータが必要な分コスト高となり、資源の無駄になるという問題がある。

従来技術として、プリンタ、ディジタル複写機FAXまたはこれらの複合機能を持つ画像処理装置の操作入出力部をインターネットアクセスに用いることにより所望ページアドレス入力を容易にし、またインターネットから得られたページデータを一旦操作表示部に表示することにより、印刷すべきページの確認が可能なインターネット対応型画像処理装置およびインターネットプリントシステムを提供する方法がある(特許文献1参照)。この方法では、インターネット表示ソフトを起動し、操作入力部からページアドレスを入力する。サイトから通信インタフェースを介して受信したページの一部を操作表示部に表示し印刷対象を選択する。選択された必要なページのみをプリントエンジンで印刷する。

この方法により外部の端末装置を使わずともインターネット上のウェブページの表示・印刷は可能となるが、画像形成装置上の表示部である操作パネルは一般的に表示面積が限られており、この操作パネルを用いてウェブページでの検索及び検索結果の表示を行うと検索ページが制限された操作パネルに見易く配置されていないため、検索項目の入力がしにくい問題や、取得した検索結果に広告等の多くの情報が含まれており、操作パネル上での検索結果の表示が見難い問題がある。

概要

画像形成装置の限られた面積の操作パネル上でユーザの使い勝手のよいウェブ検索入力及びウェブ検索結果の出力を行うことができない問題を解決すること。 本発明の画像形成装置は、操作パネルに合わせた検索入力のための表示画面を生成して当該検索入力を受け付けGUI入出力部と、当該検索入力を検索サイトに送信して検索結果を受信するHTTP送受信部と、当該検索結果を操作パネルに合わせて編集するHTML部を有して、操作パネルに合わせた検索入力の受付及び検索結果の表示を行うことにより課題を解決した。

目的

従来技術として、プリンタ、ディジタル複写機、FAXまたはこれらの複合機能を持つ画像処理装置の操作入出力部をインターネットアクセスに用いることにより所望ページのアドレス入力を容易にし、またインターネットから得られたページデータを一旦操作表示部に表示することにより、印刷すべきページの確認が可能なインターネット対応型画像処理装置およびインターネットプリントシステムを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

ウェブ検索の為の入力を受け付け検索結果を表示する操作パネルと、前記操作パネルに合わせて前記ウェブ検索の為の表示画面の出力と当該表示画面からの検索キーワードの入力を受け付けるGUI(Graphic User Interface)入出力部と、前記GUI(Graphic User Interface)入出力部により受け付けた検索キーワードを検索サイトに送信して前記検索サイトから検索結果を受信するHTTP(Hyper Text Transfer Protocol)送受信部と、前記HTTP(Hyper Text Transfer Protocol)送受信部が受信した前記検索結果を前記操作パネルに合わせて編集するHTML(Hyper Text Markup Language)フィルタ部とを有することを特徴とする画像形成装置

請求項2

請求項1の画像形成装置であって、前記HTML(Hyper Text Markup Language)フィルタ部は、前記検索サイトから受信した検索結果から、所定のタグに基づいて抽出開始位置抽出終了位置を決定し前記検索結果を編集することを特徴とする画像形成装置。

請求項3

請求項1又は2の画像形成装置であって、前記HTML(Hyper Text Markup Language)フィルタ部は、前記検索結果から広告データを除外して抽出することを特徴とする画像形成装置。

技術分野

0001

画像形成装置において、インターネット上のページ内容分析・表示・印刷する技術に関するものである。

背景技術

0002

複合機など画像形成装置において、インターネット上のページを印刷する場合、パソコン等のコンピュータを用いてインターネット上のページデータを取り込み、印刷データを生成し、これをプリンタインタフェースネットワークインタフェース経由でプリンタに送って印刷する方法が行われている。しかし、この方法では、パソコン等のコンピュータを用意しないとできないので、印刷時にそれを立ち上げる必要なため、インターネット上のデータの印刷ができれば十分な用途にはコンピュータが必要な分コスト高となり、資源の無駄になるという問題がある。

0003

従来技術として、プリンタ、ディジタル複写機FAXまたはこれらの複合機能を持つ画像処理装置の操作入出力部をインターネットアクセスに用いることにより所望ページアドレス入力を容易にし、またインターネットから得られたページデータを一旦操作表示部に表示することにより、印刷すべきページの確認が可能なインターネット対応型画像処理装置およびインターネットプリントシステムを提供する方法がある(特許文献1参照)。この方法では、インターネット表示ソフトを起動し、操作入力部からページアドレスを入力する。サイトから通信インタフェースを介して受信したページの一部を操作表示部に表示し印刷対象を選択する。選択された必要なページのみをプリントエンジンで印刷する。

0004

この方法により外部の端末装置を使わずともインターネット上のウェブページの表示・印刷は可能となるが、画像形成装置上の表示部である操作パネルは一般的に表示面積が限られており、この操作パネルを用いてウェブページでの検索及び検索結果の表示を行うと検索ページが制限された操作パネルに見易く配置されていないため、検索項目の入力がしにくい問題や、取得した検索結果に広告等の多くの情報が含まれており、操作パネル上での検索結果の表示が見難い問題がある。

先行技術

0005

特開2001−022539号公報

発明が解決しようとする課題

0006

解決しようとする課題は、外部の端末装置等を用いずに画像形成装置の限られた表示面積の操作パネルでユーザの使い勝手のよい検索入力及び検索結果の出力を行うことができなかった点である。

課題を解決するための手段

0007

本発明の画像形成装置は、ウェブ検索の為の入力を受け付けて検索結果を表示する操作パネルと、前記操作パネルに合わせて前記ウェブ検索の為の表示画面の出力と当該表示画面からの検索キーワードの入力を受け付けるGUI(Graphic User Interface)入出力部と、前記GUI(Graphic User Interface)入出力部により受け付けた検索キーワードを検索サイトに送信して前記検索サイトから検索結果を受信するHTTP(Hyper Text Transfer Protocol)送受信部と、前記HTTP(Hyper Text Transfer Protocol)送受信部が受信した前記検索結果を前記操作パネルに合わせて編集するHTML(Hyper Text Markup Language)フィルタ部とを有することを特徴とする。

発明の効果

0008

このため、ウェブ検索を行う際に外部の端末装置を必要とせずに、画像形成装置単独でウェブ検索を行なうことが可能となる。又、画像形成装置の限られた表示面積の操作パネルを用いて、ウェブ検索のための表示画面を操作パネル上に表示し、又、ウェブ検索のためのキーワードの入力を操作パネル上から入力することが可能である。又、当該キーワードにより検索された結果が、操作パネルに合わせたユーザにより認識しやすい表示となって表示される。

図面の簡単な説明

0009

MFP(Multi Functional Peripheral;複合機)のシステム構成を示す機能ブロック図である。
検索アプリの機能ブロック図である。
操作パネル上での検索アプリ操作画面の例図で、(A)は、検索起動画面、(B)は、検索入力画面、(C)は、検索結果画面である。
(A)HTTP送信要求文の例、(B)受信したHTML文の抽出の説明図である。
編集されたHTML文の例である。
MFP(Multi Functional Peripheral;複合機)の動作のフローチャートである。
検索アプリの動作のフローチャートである。

0010

画像形成装置の限られた面積の操作パネル上でユーザの使い勝手のよいウェブ検索入力及びウェブ検索結果の出力を行うことができないという問題点を操作パネルに合わせて検索入力を受け付けるGUI(Graphic User Interface)入出力部と、当該検索入力を検索サイトに送信して検索結果を受信するHTTP(Hyper Text Transfer Protocol)送受信部と、当該検索結果を操作パネルに合わせて編集するHTML(Hyper Text Markup Language)フィルタ部を有して、操作パネルに合わせた検索入力の受付及び検索結果の表示を行うことにより問題を解決した。

0011

本発明実施例の画像形成装置であるMFP(Multi Functional Peripheral;複合機)について、以下に説明する。

0012

[構成]
図1にMFP(Multi Functional Peripheral;複合機)のシステム構成を示す機能ブロック図を示す。MFP51は、コントローラ53、記憶装置55、コントローラAPI57、検索アプリ59、操作パネル61、プリンタ63、スキャナ65、通信インタフェース67、JVM(Java(登録商標) Virtual Machine)69、OS(Operating System)71を有する。

0013

コントローラ53は、CPU上で記憶装置55にある各種のソフトを動作させることにより、スキャナ65、プリンタ63、通信インタフェース67の各種機能モジュールの制御を行い、通信処理画像処理印刷制御などを行う。又、コントローラ53のCPUが前記記憶装置55中に記録された検索アプリ59のプログラムを実行することにより、後述の検索アプリ59の各機能部(GUI(Graphic User Interface)入出力部59a、HTTP(Hyper Text Transfer Protocol)送受信部59b、HTML(Hyper Text Markup Language)フィルタ部59c;詳細は事項で説明)を実現する。

0014

記憶装置55は、ROM、RAM、HDD等で構成され、各種実アプリ通信で得られたデータや画像処理後画像イメージデータなどが記憶される。

0015

コントローラAPI(Application Program Interface)57は、Java(登録商標)アプリがMFP51のもつ機能(印刷・スキャン・送信など)を使用するためのインタフェースである。

0016

検索アプリ59は、インターネット検索・分析・印刷の機能をもつJava(登録商標)アプリケーションである。検索アプリ59を実行することにより、ウェブ検索のキーワード入力、ウェブ検索サイトへのキーワード送信、検索結果取得、検索結果の操作パネルに合わせた編集を行なう。検索アプリ59の実際の動作の流れ及びその内部構成とその動作の詳細は次項で説明する。

0017

操作パネル61は、ユーザとコントローラをつなぐためのインタフェースで、操作内容の表示とコントローラへの指示入力を受け付ける。又、検索アプリの入力受付のための表示及び入力を受け付けて、検索結果を表示する。

0018

プリンタ63は、印刷エンジンを有して印刷を行う。又、検索結果の印刷を行なうことも可能である。

0019

スキャナ65は、画像データをスキャンして電子データに変換する。

0020

通信インタフェース67は、通信インタフェースとしてはプリンタインタフェースとして標準的なIEEE1284、ローカルエリアネットワークとして一般的なイーサネット(登録商標)インタフェース、公衆回線用モデム(FAXも含む)、USB等、様々な通信インタフェースを採ることができる。

0021

JVM(Java(登録商標) Virtual Machine)69は、Java(登録商標)アプリを実施するための環境である。

0022

OS(Operating System)71は、画像形成装置のソフトウェアを動作させるための基本プログラムであり、入出力機能を受け持つインタフェースを備えディスクメモリ等のやり取りに関して、ソフトウェアがハードウェアに依存しない共通インタフェースを介して動作可能とさせる。

0023

[検索アプリ]
次に本発明の本質的な機能部である検索アプリ59の有する機能を記載した機能ブロック図を図2に示し、以下に各機能について説明する。

0024

検索アプリ59は、GUI(Graphic User Interface)入出力部59a、HTTP(Hyper Text Transfer Protocol)送受信部59b、HTML(Hyper Text Markup Language)フィルタ部59cを有する。

0025

GUI(Graphic User Interface)入出力部59aは、操作パネル61上に検索アプリのGUI(Graphic User Interface)画面を出力してユーザからの入力を受け付ける。具体的には、後述する図3(A)に示す検索起動画面及び図3(B)の検索入力画面を表示して、これらのGUI画面での入力を受け付ける。

0026

HTTP(Hyper Text Transfer Protocol)送受信部59bは、GUI入出力部59aが受け付けたユーザの入力をインターネット上の検索サイトに送信して、検索サイトからの検索結果の回答を受信する。HTTPの送信要求の例を図4(A)に示す。受信した検索結果の回答例を図4(B)及び図5に示す。

0027

HTML(Hyper Text Markup Language)フィルタ部59cは、HTTP送受信部59bが受信した検索結果のHTML文から操作パネルに表示する為に必要な箇所を抽出する。その際には広告などのユーザが一次的には必要ないと思われる情報をフィルタリングして除く処理が行われる。抽出されたHTML文は、操作パネルに表示する為に必要であれば編集が行われる。HTML文の抽出については、詳細をフローチャートの項で後述する。

0028

[画面遷移
図3に操作パネル61上に表示される検索アプリ59の画面(A):検索起動画面、(B):検索入力画面、(C):検索結果画面を示し、以下に画面の表示について説明する。

0029

図3の検索アプリ59画面上には以下の各部が表示される。

0030

操作パネルの表示部10:画面によって表示内容が変わる。

0031

操作パネルの操作部11:画面によって操作ソフトキーが変わる。

0032

矢印ソフトキー12:画面を移動して、検索結果ページの各部分を表示できる。

0033

キャンセルソフトキー13:検索アプリが終了する。

0034

検索分野ソフトキー14: 検索分野によって各検索入力画面を移動する。

0035

戻りソフトキー15: 前画面に戻る。

0036

検索ソフトキー16:インターネットで検索を行う。

0037

検索キーワード入力ボックス17:検索キーワードを入力する。

0038

印刷ソフトキー18:検索結果ページの印刷を行う。

0039

次に検索アプリ59の画面の遷移動作について説明する。

0040

MFP51にて検索アプリ59を起動し、操作パネル61に検索起動画面(図3(A))を表示する。検索起動画面には検索分野を選択する検索分野ソフトキー14が表示されており、そのキーを押して、操作パネルの検索入力画面(図3(B))に遷移する。図3(B)では、電車乗り換え検索入力画面を表示している。

0041

操作パネル61の検索入力画面(図3(B))の検索キーワード入力ボックス17の中に検索キーワード(図3(B)では、出発駅到着駅及び日時)を入力し、検索ソフトキー16を押して操作パネル61の検索結果画面(図3(C))に遷移する。ここでは、検索の結果、所要時間、運賃乗車時間、出発駅、使用路線・電車行先、到着駅の候補が示されている。

0042

操作パネル61の検索結果画面(図3(C))にて、矢印ソフトキー12で表示画面を移動して検索結果ページを確認できる。印刷ソフトキー18を押して検索結果ページを印刷する。

0043

[フローチャート]
検索アプリ59が検索サイトから受信した検索結果をどのようにフィルタリング及び編集を行うかについて、図4(A)のHTTP要求送信文の例、図4(B)のHTML受信文の例、図5のHTML編集文の例、図6図7のフローチャートを用いて説明する。

0044

まず、MFP51全体の動作について図6のフローチャートを用いて説明する。

0045

S101:検索アプリ59を起動して検索アプリ起動画面(図3(A))を表示する。

0046

S102−S104:インターネットにて検索を開始する場合は、検索分野の選択と検索キーワードの入力を実施し(S102)、通信インタフェース67を介して検索情報図4(A)参照)をウェブサイトに送信して検索を行う(S103)。ウェブサイトから返送されてきた所望ページデータを含むパケットを通信インタフェース67と通信ソフトを介して受信し、受信データ(図4(B)参照)をメモリ上に保管する(S104)。

0047

S105−S106:次に、受信ページの中に不要な情報(広告など)を除いて、表示したいデータだけ抽出して検索結果ページ(図5参照)を作成し(S105)、作成した検索結果ページを操作パネルに転送して表示する(S106)。

0048

S107:そして、印刷前に検索結果ページを確認して、画像処理装置に装備されている印刷ソフトを用いてメモリ中に検索結果ページの印刷データを生成し、印刷データをプリンタに送信して印刷する。

0049

上記の動作中においては、検索分野によって、指定するウェブページで検索を行う。指定するウェブページに応じて、異なるページデータの分析・抽出のアルゴリズム方法を有する。

0050

検索結果ページの作成は、MFP51のブラウザだけが認識できるタグを作ることである。

0051

検索アプリ59のより詳細な動作に関して、特に電車の経路検索を例にとってそのフローチャートを図7に示し、以下に説明する。

0052

S201:GUI入出力部59aは、ユーザからの入力キーワード図3(B))に基づいて図4(A)に例として示す様なURLを作成する。

0053

S202:HTTP送受信部59bは、URLへの接続を確立し、その接続から読み込みを行うためのInputStreamを作成する。

0054

S203:InputStreamを利用して、URLのコンテンツをStringBufferに読み込む。

0055

S204:電車情報セクションが存在するかどうかを判断する。存在する場合は動作をS205に移行する。存在しない場合は動作をS221に移行する。

0056

S205:StringBufferから「」検索キーで電車情報セクションの開始位置を取得する(図4(B)参照)。

0057

S206:StringBufferから「」検索キーで電車情報セクションの終了位置を取得する(図4(B)参照)。

0058

S207:電車情報セクションの開始位置と終了位置によって、セクション文字列を取得する。

0059

S208:セクション文字列から「検索キーで利用時間の開始位置を取得する。

0060

S209:セクション文字列から「」検索キーで利用時間の終了位置を取得する。

0061

S210:利用時間の開始位置と終了位置によって、利用時間の値を取得する。

0062

S211:時間情報の値を電車情報(TransitInfo)に設定する。

0063

S212:セクション文字列から「nation">」検索キーで電車方向の開始位置を取得する。

0064

S213:セクション文字列から「」検索キーで電車方向の終了位置を取得する。

0065

S214:電車方向の開始位置と終了位置によって、電車方向の値を取得する。

0066

S215:電車方向の値を電車情報(TransitInfo)に設定する。

0067

S216:セクション文字列から「」検索キーで運賃の開始位置を取得する。

0068

S217:セクション文字列から「」検索キーで運賃の終了位置を取得する。

0069

S218:運賃の開始位置と終了位置によって、運賃の値を取得する。

0070

S219:運賃の値を電車情報(TransitInfo)に設定する。

0071

S220:設定した電車情報(TransitInfo)を電車情報リスト(TransitInfoList)に追加する。

0072

S221:電車情報リスト内の要素が存在するかを判断する。要素が存在する場合は、S222に動作を移行する。存在しない場合は動作を終了する。

0073

S222:電車情報リスト(TransitInfoList)から電車情報(TransitInfo)を取得する。

0074

S223:電車情報リスト(TransitInfoList)から表示データ(利用時間、電車方向、運賃)を取得する。

0075

S224:表示データをパネルページテンプレートに設定し、表示を作成する。

0076

S225:電車情報リスト(TransitInfoList)に次の要素を読み込む。

0077

以上の一連の動作により、検索サイトに検索の為の情報を送信し、その検索結果を受信して、操作パネルに表示する為に必要な情報を抽出し、操作パネルに合わせた検索結果の表示ページ図5)を作成する。作成した表示ページをこの後プリンタ63にて印刷することも可能である。

0078

[実施例の効果]
本発明実施例の画像形成装置により以下のことが可能となる。

0079

画像形成装置において、コンピュータ等の端末装置を必要とせずに、画像形成装置単独でウェブサイトでの検索と検索結果の印刷が可能である。

0080

画像形成装置の操作パネルの矢印ソフトキーで画面移動を可能とし、制限された操作パネル面積上で大きなウェブページ画面の確認が可能である。

実施例

0081

ページ画面の中の不要な内容(例えば広告)を削除し、印刷ページ数を削減してコストの低減が可能である。

0082

51MFP(画像形成装置)
59検索アプリ
59aGUI入出力部
59bHTTP送受信部
59c HTMLフィルタ部
61 操作パネル

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • シチズン時計株式会社の「 プリンタ」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】 ファンで発生した風を無駄なくサーマルヘッドの狙いの位置に当てることができるプリンタを提供する。【解決手段】 ケース2の縦壁に配置されるファン41と、ケース2の開口部2aを開閉するカバー(... 詳細

  • 富士ゼロックス株式会社の「 メッセージ提供装置、プログラム、及び表示制御方法」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】チャットルームでユーザがチャットボットとメッセージをやり取りする場合において、ユーザが意図しないチャットボットがメッセージに応答する事態を抑制する技術を提供する。【解決手段】複数のユーザがそれ... 詳細

  • 東芝テック株式会社の「 画像処理装置および画像処理方法」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】 本発明が解決しようとする課題は、所定の条件を満たした場合に宛先やアドレスを全桁表示することで適切な宛先を選択できるようにすることである。【解決手段】 上記課題を解決するために、本実施形態... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ