図面 (/)

技術 無線セルラ通信ネットワークにおいて、ホーム基地局のセル内に位置する移動端末によってホーム基地局を識別できるようにする系列を転送するための方法及びデバイス、無線セルラ通信ネットワークにおいて、1つの基地局又はホーム基地局を識別できるようにする系列が転送されるか否かを移動端末によって判断するための方法及びデバイス、並びにそれらの方法のコンピュータプログラム

出願人 ミツビシ・エレクトリック・アールアンドディー・センター・ヨーロッパ・ビーヴィ
発明者 ロイク・ブルネルムーラド・カンフシ
出願日 2010年8月4日 (8年10ヶ月経過) 出願番号 2010-175439
公開日 2011年2月24日 (8年3ヶ月経過) 公開番号 2011-041271
状態 特許登録済
技術分野 移動無線通信システム
主要キーワード コアデバイス 遠隔通信デバイス アクセスゲートウエイ 同期ステップ 系統立て 頑健性 隣接基地局リスト 周波数領域内
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2011年2月24日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (10)

課題

無線セルラ通信ネットワークにおいて、移動端末によってホーム基地局識別できるようにする系列転送するための方法を提供する。

解決手段

ホーム基地局と移動端末との間で転送されるシンボルガード期間によって分離される。ホーム基地局は、少なくとも1つの隣接するホーム基地局から、該隣接する基地局を識別できるようにする系列を受信し、1つの受信系列を選択し、ホーム基地局のセル内のシンボルのフレームの転送の開始を、選択された受信系列で識別される場合がある隣接するホーム基地局によって転送される場合があるシンボルのフレームの受信の開始から、ガード期間に少なくとも等しい持続時間だけシフトする。該シンボルのフレームは、選択された系列を含む。

概要

背景

無線セルラ通信ネットワークが広く展開されているが、依然として、無線セルラ通信ネットワークの基地局によってサービス提供されないいくつかのエリアがある。

たとえば、基地局によって放射される信号が過度減衰すると、建物内に位置する移動端末は、無線セルラ通信ネットワークにアクセスすることができない場合がある。

現在では解決策が提案されている。ホーム基地局又はフェムト基地局のような特定の基地局が、建物内のサービスエリアを提供する。

ホーム基地局又はフェムト基地局が提供するサービスエリアは限られる。

ホーム基地局によれば、それぞれの資源を通して、移動端末が無線セルラ通信ネットワークにアクセスできるようになるが、その数は限られる場合がある。

各ホーム基地局又は基地局は、その物理層においてホーム基地局HBS特徴付ける、自身のセルに関する物理セル識別(physical cell identity)(PCID)を有する。

ホーム基地局のセルが複数のセクタから構成される場合、ホーム基地局はセクタと同じ数だけPCIDを有することに本明細書では留意されたい。

たとえば、PCIDは2つの系列から構成され、PSC系列と呼ばれる第1の系列は一次同期チャネル(Primary Synchronisation Channel)(PSC)において転送され、SSCと呼ばれる第2の系列は二次同期チャネル(Secondary Synchronisation Channel)(SSC)において転送される。

たとえば、無線セルラ通信ネットワークでは3つのPSC系列が利用可能であり、各系列は良好な時間自己相関特性を有する。

たとえば、無線セルラ通信ネットワークでは168のSSC系列が利用可能であり、各系列は良好な時間自己相関特性を有する。

それゆえ、上記の例によれば、PCIDの全数は504に等しい。

3つの異なる同期セルに対して効率的な時間同期を確保するために、3つのPSC系列は概ね直交する。

たとえば、PSC系列はチャネル推定のために用いられる場合があり、SSC系列をコヒーレントに検出できるようにする。

セルが小さなエリアをカバーするとき、且つ同じエリア内に多数のホーム基地局が配置される場合があるとき、移動端末によって複数のPSC系列が同期して受信される。少なくとも2つのホーム基地局によって同じPSC系列が用いられる場合、その移動端末は、それらのPSC系列を合成したものを受信する場合があり、それらの系列は弱め合う場合がある。

重なり合うエリア内に配置される複数のセクタ又はセルに対して同じ系列が用いられる場合、重なり合うエリア内に位置する移動端末は、そのPSC系列から、複数のチャネルの和に対応する存在しないチャネルを推定し、それによりSSC系列の検出が大きく劣化する。

2つの隣接するホーム基地局によって、又は隣り合うホーム基地局及び基地局によって、同じPSC系列が用いられる場合、PSC系列及びSSC系列による移動端末チャネル推定は大きく劣化する。

系列の数は限られているため、2つの隣接するセル内で同じPSC系列を有する可能性が非常に高い。

さらに、2つの隣接するホーム基地局、又は隣り合うホーム基地局及び基地局が同じPCIDを有する場合、パイロットシンボル又はパイロット信号とも呼ばれる基準信号(reference signals)(RS)によるチャネル推定は大きく劣化し、移動端末が信頼性のある測定を実行すること、及び移動端末が対応するセルのグローバルセル識別(global cell identities)(GCID)を読み取ることは不可能である場合もある。

GCIDは、ホーム基地局又は基地局を一意に識別する。

或るホーム基地局から別のホーム基地局にハンドオーバできるようにするために、その移動端末は、隣接するセルのRSに関するいくつかの測定を実行する。

移動端末は隣接するセルにおいて同期を実行し、その後、たとえば、この隣接するセルの基準信号の受信電力を測定する。基準信号系列、及び時間/周波数領域内の基準信号系列の位置は、この隣接するセルを管理するホーム基地局のPCIDによる。所与の時間期間にわたって測定した後に、移動端末は、その移動端末に現在サービス提供しているホーム基地局に、測定値及び対応するPCIDを含む報告を送信する。

移動端末が或るホーム基地局の資源を通して遠隔通信デバイスとの通信確立又は継続することができるとき、そのホーム基地局は移動端末にサービス提供している。

いくつかのホーム基地局又は基地局が同じPCIDを有し、且つ移動端末にサービス提供しているホーム基地局の近くにある場合、その移動端末にサービス提供しているホーム基地局は、測定値をホーム基地局又は基地局に関連付けることはできない。

その際、移動端末MTにサービス提供しているホーム基地局は、隣接するホーム基地局又は隣接する基地局のGCIDを読み取るように移動端末に要求する必要があり、それは、PCIDを得ることよりも時間を要する。

ホーム基地局は、所与のPCIDに対応するGCIDを読み取り、それを報告するように移動端末に要求することによって、それらの移動端末を通してホーム基地局の環境を調べることができる。

これらの報告に基づいて、ホーム基地局は、PCID−GCID関係を含む、自身の隣接基地局リストを作成することができる。

さらに、ホーム基地局は、ネットワークによって送信され、且つ移動端末報告内へと識別されるPCIDを除去するか、又はホーム基地局の中に備えられるダウンリンク受信機を用いて収集されるPCIDを除去することによって制限されるPCIDのリストに基づいて、自力でそのPCIDを特定することができる。

ホーム基地局のセルのサービスエリアが小さく、その半径が数十メートル程度であることに起因して、隣接するホーム基地局間の伝搬時間は1マイクロ秒未満である。

その伝搬時間は所定の持続時間(time duration)よりも短い。

その持続時間は、シンボル持続時間若しくはシンボル持続時間の倍数、又はガード期間持続時間若しくはガード期間持続時間の倍数とすることができるか、或いはそれらのシンボル直交周波数分割多重化(Orthogonal Frequency Division Multiplexing)(OFDM)シンボルであるときには、その持続時間は、ガード期間とも呼ばれる、OFDMサイクリックプレフィックスとすることができる。

こうして、ホーム基地局が信号を同期させて送信する場合、それらの信号は移動端末においても同期して受信され、種々の伝搬遅延マルチパス伝搬遅延として認識される。

概要

無線セルラ通信ネットワークにおいて、移動端末によってホーム基地局を識別できるようにする系列を転送するための方法を提供する。ホーム基地局と移動端末との間で転送されるシンボルはガード期間によって分離される。ホーム基地局は、少なくとも1つの隣接するホーム基地局から、該隣接する基地局を識別できるようにする系列を受信し、1つの受信系列を選択し、ホーム基地局のセル内のシンボルのフレームの転送の開始を、選択された受信系列で識別される場合がある隣接するホーム基地局によって転送される場合があるシンボルのフレームの受信の開始から、ガード期間に少なくとも等しい持続時間だけシフトする。該シンボルのフレームは、選択された系列を含む。

目的

ホーム基地局又はフェムト基地局のような特定の基地局が、建物内のサービスエリアを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

無線セルラ通信ネットワークにおいて、ホーム基地局セル内に位置する移動端末によって該ホーム基地局を識別できるようにする系列転送するための方法であって、該ホーム基地局と該移動端末との間で転送されるシンボルガード期間によって分離され、該方法は、該ホーム基地局によって実行されるステップであって、少なくとも1つの隣接する基地局又は少なくとも1つの隣接するホーム基地局から、該隣接する基地局又は該隣接するホーム基地局を識別できるようにする系列を受信するステップと、1つの隣接する基地局又は隣接するホーム基地局を識別できるようにする1つの受信系列を選択するステップと、前記ホーム基地局の前記セル内のシンボルのフレームの転送の開始を、前記選択された受信系列で識別される場合がある前記隣接する基地局又は隣接するホーム基地局によって転送される場合があるシンボルのフレームの受信の開始から、前記ガード期間に少なくとも等しい持続時間だけシフトするステップであって、該シンボルのフレームは、前記隣接する基地局又は隣接するホーム基地局を識別できるようにする前記選択された系列を含む、シフトするステップとを含むことを特徴とする、方法。

請求項2

1つの隣接する基地局又は隣接するホーム基地局を識別できるようにする各系列は、フレーム内に含まれる第1の系列及び第2の系列の組み合わせであり、各フレームはサブフレームから構成されることを特徴とし、前記選択された受信系列は前記第1の系列であり、前記方法は、前記選択された受信系列を用いて識別される場合があり、且つ前記ホーム基地局によるシンボルのフレームの転送の開始と同時に、又は該開始からサブフレーム持続時間の倍数において受信され始めるシンボルのフレームを転送する場合がある、隣接する基地局又は隣接するホーム基地局を識別する各第2の系列を検出するステップをさらに含むことを特徴とする、請求項1に記載の方法。

請求項3

前記方法は、検出されない、前記無線セルラ通信ネットワーク内の少なくとも1つの第2の系列が存在する場合、1つの検出されない第2の系列を選択するステップと、前記無線セルラ通信ネットワーク内の各第2の系列が検出される場合、別の第1の受信系列を選択するステップとをさらに含むことを特徴とする、請求項2に記載の方法。

請求項4

前記方法は、前記ホーム基地局の前記セル内のシンボルのフレームの転送の開始をシフトするための複数の時間間隔を特定するステップをさらに含むことを特徴とし、前記持続時間毎に、前記無線セルラ通信ネットワーク内の各第2の系列が検出される場合、別の第1の受信系列が選択されることを特徴とする、請求項3に記載の方法。

請求項5

前記方法は、検出されない、前記無線セルラ通信ネットワーク内の1つの基地局又はホーム基地局を識別できるようにする少なくとも1つの系列が存在するか否かを調べるステップと、検出されない、前記無線セルラ通信ネットワーク内の1つの基地局又はホーム基地局を識別できるようにする少なくとも1つの系列が存在する場合、1つの基地局又はホーム基地局を識別できるようにする1つの検出されない系列を選択するステップと、少なくとも1つの隣接する基地局又は隣接するホーム基地局によって転送される場合があるシンボルのフレームの受信の開始時に、前記ホーム基地局の前記セル内のシンボルのフレームを転送し始めるステップとをさらに含むことを特徴とする、請求項1から請求項4までのいずれか1項に記載の方法。

請求項6

前記持続時間は、サブフレーム持続時間、又はサブフレーム持続時間の倍数とは異なることを特徴とする、請求項1から請求項5までのいずれか1項に記載の方法。

請求項7

前記持続時間は、シンボル持続時間、又はシンボル持続時間の倍数、又はガード期間持続時間、又はガード期間持続時間の倍数であることを特徴とする、請求項6に記載の方法。

請求項8

サブフレームにおいてパイロットシンボルが転送されることを特徴とし、前記持続時間は、前記第1の系列及び前記第2の系列が、1つの隣接するホーム基地局若しくは隣接する基地局によって転送されるパイロットシンボルと重なり合うか、若しくは1つの隣接するホーム基地局若しくは隣接する基地局によって転送される第1の系列若しくは第2の系列と重なり合うのを避けるように、又は前記ホーム基地局によって転送されるパイロットシンボルが、1つの隣接するホーム基地局若しくは隣接する基地局によって転送されるパイロットシンボルと重なり合うか、若しくは1つの隣接するホーム基地局若しくは隣接する基地局によって転送される第1の系列若しくは第2の系列と重なり合うのを避けるように決定されることを特徴とする、請求項7に記載の方法。

請求項9

無線セルラ通信ネットワークにおいて、1つ若しくは複数のホーム基地局、又は1つ又は複数の基地局、又は1つ若しくは複数の基地局及び1つ若しくは複数のホーム基地局が、1つの基地局又はホーム基地局を識別できるようにする系列を転送するか否かを、移動端末によって判断するための方法であって、該移動端末は基地局又はホーム基地局のセル内に位置し、該移動端末と該基地局又はホーム基地局との間で転送されるシンボルは、ガード期間によって分離され、該方法は、該移動端末によって実行されるステップであって、1つの基地局又は1つのホーム基地局を識別できるようにする系列を2回検出するステップと、前記系列の前記2回の受信を分離する持続時間が前記ガード期間よりも長いか否かを調べるステップと、前記系列の前記2回の受信を分離する持続時間が前記ガード期間よりも長い場合、2つのホーム基地局、又は2つの基地局、又は1つの基地局及び1つのホーム基地局が、前記受信系列によって識別されるものと判断するステップと、前記系列の前記2回の受信を分離する持続時間が前記ガード期間よりも短い場合、前記受信系列によって単一の基地局又はホーム基地局が識別されるものと判断するステップとを含むことを特徴とする、方法。

請求項10

無線セルラ通信ネットワークにおいて、ホーム基地局のセル内に位置する移動端末によって該ホーム基地局を識別できるようにする系列を転送するためのデバイスであって、該ホーム基地局と該移動端末との間で転送されるシンボルはガード期間によって分離され、該デバイスは該ホーム基地局内に含まれ、少なくとも1つの隣接する基地局又は少なくとも1つの隣接するホーム基地局から、該隣接する基地局又は該隣接するホーム基地局を識別できるようにする系列を受信する手段と、1つの隣接する基地局又は隣接するホーム基地局を識別できるようにする1つの受信系列を選択する手段と、前記ホーム基地局の前記セル内のシンボルのフレームの転送の開始を、前記選択された受信系列で識別される場合がある前記隣接する基地局又は隣接するホーム基地局によって転送される場合があるシンボルのフレームの受信の開始から、前記ガード期間に少なくとも等しい持続時間だけシフトする手段であって、該シンボルのフレームは、前記隣接する基地局又は隣接するホーム基地局を識別できるようにする前記選択された系列を含む、シフトする手段とを備えることを特徴とする、デバイス。

請求項11

無線セルラ通信ネットワークにおいて、1つ若しくは複数のホーム基地局、又は1つ若しくは複数の基地局、又は1つ若しくは複数の基地局及び1つ若しくは複数のホーム基地局が、1つの基地局又はホーム基地局を識別できるようにする系列を転送するか否かを特定するためのデバイスであって、該デバイスは基地局又はホーム基地局のセル内に位置する移動端末内に含まれ、該移動端末と該基地局又はホーム基地局との間で転送されるシンボルは、ガード期間によって分離され、該デバイスは、1つの基地局又は1つのホーム基地局を識別できるようにする系列を2回検出する手段と、前記系列の前記2回の受信を分離する持続時間が前記ガード期間よりも長いか否かを調べる手段と、前記系列の前記2回の受信を分離する持続時間が前記ガード期間よりも長い場合、2つのホーム基地局、又は2つの基地局、又は1つの基地局及び1つのホーム基地局が、前記受信系列によって識別されるものと判断する手段と、前記系列の前記2回の受信を分離する持続時間が前記ガード期間よりも短い場合、前記受信系列によって単一の基地局又はホーム基地局が識別されるものと判断する手段とを備えることを特徴とする、デバイス。

請求項12

プログラム可能なデバイスに直接ロード可能にすることができるコンピュータプログラムであって、該コンピュータプログラムは、該コンピュータプログラムがプログラム可能なデバイス上で実行されるときに、請求項1から請求項9までのいずれか1項に記載の方法のステップを実施するための命令又はコードの一部を含む、コンピュータプログラム。

技術分野

0001

本発明は包括的には、無線セルラ通信ネットワークにおいて、ホーム基地局セル内に位置する移動端末によってホーム基地局を識別できるようにする系列(シーケンス:sequence)を転送するための方法及びデバイスに関する。

背景技術

0002

無線セルラ通信ネットワークが広く展開されているが、依然として、無線セルラ通信ネットワークの基地局によってサービス提供されないいくつかのエリアがある。

0003

たとえば、基地局によって放射される信号が過度減衰すると、建物内に位置する移動端末は、無線セルラ通信ネットワークにアクセスすることができない場合がある。

0004

現在では解決策が提案されている。ホーム基地局又はフェムト基地局のような特定の基地局が、建物内のサービスエリアを提供する。

0005

ホーム基地局又はフェムト基地局が提供するサービスエリアは限られる。

0006

ホーム基地局によれば、それぞれの資源を通して、移動端末が無線セルラ通信ネットワークにアクセスできるようになるが、その数は限られる場合がある。

0007

各ホーム基地局又は基地局は、その物理層においてホーム基地局HBS特徴付ける、自身のセルに関する物理セル識別(physical cell identity)(PCID)を有する。

0008

ホーム基地局のセルが複数のセクタから構成される場合、ホーム基地局はセクタと同じ数だけPCIDを有することに本明細書では留意されたい。

0009

たとえば、PCIDは2つの系列から構成され、PSC系列と呼ばれる第1の系列は一次同期チャネル(Primary Synchronisation Channel)(PSC)において転送され、SSCと呼ばれる第2の系列は二次同期チャネル(Secondary Synchronisation Channel)(SSC)において転送される。

0010

たとえば、無線セルラ通信ネットワークでは3つのPSC系列が利用可能であり、各系列は良好な時間自己相関特性を有する。

0011

たとえば、無線セルラ通信ネットワークでは168のSSC系列が利用可能であり、各系列は良好な時間自己相関特性を有する。

0012

それゆえ、上記の例によれば、PCIDの全数は504に等しい。

0013

3つの異なる同期セルに対して効率的な時間同期を確保するために、3つのPSC系列は概ね直交する。

0014

たとえば、PSC系列はチャネル推定のために用いられる場合があり、SSC系列をコヒーレントに検出できるようにする。

0015

セルが小さなエリアをカバーするとき、且つ同じエリア内に多数のホーム基地局が配置される場合があるとき、移動端末によって複数のPSC系列が同期して受信される。少なくとも2つのホーム基地局によって同じPSC系列が用いられる場合、その移動端末は、それらのPSC系列を合成したものを受信する場合があり、それらの系列は弱め合う場合がある。

0016

重なり合うエリア内に配置される複数のセクタ又はセルに対して同じ系列が用いられる場合、重なり合うエリア内に位置する移動端末は、そのPSC系列から、複数のチャネルの和に対応する存在しないチャネルを推定し、それによりSSC系列の検出が大きく劣化する。

0017

2つの隣接するホーム基地局によって、又は隣り合うホーム基地局及び基地局によって、同じPSC系列が用いられる場合、PSC系列及びSSC系列による移動端末チャネル推定は大きく劣化する。

0018

系列の数は限られているため、2つの隣接するセル内で同じPSC系列を有する可能性が非常に高い。

0019

さらに、2つの隣接するホーム基地局、又は隣り合うホーム基地局及び基地局が同じPCIDを有する場合、パイロットシンボル又はパイロット信号とも呼ばれる基準信号(reference signals)(RS)によるチャネル推定は大きく劣化し、移動端末が信頼性のある測定を実行すること、及び移動端末が対応するセルのグローバルセル識別(global cell identities)(GCID)を読み取ることは不可能である場合もある。

0020

GCIDは、ホーム基地局又は基地局を一意に識別する。

0021

或るホーム基地局から別のホーム基地局にハンドオーバできるようにするために、その移動端末は、隣接するセルのRSに関するいくつかの測定を実行する。

0022

移動端末は隣接するセルにおいて同期を実行し、その後、たとえば、この隣接するセルの基準信号の受信電力を測定する。基準信号系列、及び時間/周波数領域内の基準信号系列の位置は、この隣接するセルを管理するホーム基地局のPCIDによる。所与の時間期間にわたって測定した後に、移動端末は、その移動端末に現在サービス提供しているホーム基地局に、測定値及び対応するPCIDを含む報告を送信する。

0023

移動端末が或るホーム基地局の資源を通して遠隔通信デバイスとの通信確立又は継続することができるとき、そのホーム基地局は移動端末にサービス提供している。

0024

いくつかのホーム基地局又は基地局が同じPCIDを有し、且つ移動端末にサービス提供しているホーム基地局の近くにある場合、その移動端末にサービス提供しているホーム基地局は、測定値をホーム基地局又は基地局に関連付けることはできない。

0025

その際、移動端末MTにサービス提供しているホーム基地局は、隣接するホーム基地局又は隣接する基地局のGCIDを読み取るように移動端末に要求する必要があり、それは、PCIDを得ることよりも時間を要する。

0026

ホーム基地局は、所与のPCIDに対応するGCIDを読み取り、それを報告するように移動端末に要求することによって、それらの移動端末を通してホーム基地局の環境を調べることができる。

0027

これらの報告に基づいて、ホーム基地局は、PCID−GCID関係を含む、自身の隣接基地局リストを作成することができる。

0028

さらに、ホーム基地局は、ネットワークによって送信され、且つ移動端末報告内へと識別されるPCIDを除去するか、又はホーム基地局の中に備えられるダウンリンク受信機を用いて収集されるPCIDを除去することによって制限されるPCIDのリストに基づいて、自力でそのPCIDを特定することができる。

0029

ホーム基地局のセルのサービスエリアが小さく、その半径が数十メートル程度であることに起因して、隣接するホーム基地局間の伝搬時間は1マイクロ秒未満である。

0030

その伝搬時間は所定の持続時間(time duration)よりも短い。

0031

その持続時間は、シンボル持続時間若しくはシンボル持続時間の倍数、又はガード期間持続時間若しくはガード期間持続時間の倍数とすることができるか、或いはそれらのシンボル直交周波数分割多重化(Orthogonal Frequency Division Multiplexing)(OFDM)シンボルであるときには、その持続時間は、ガード期間とも呼ばれる、OFDMサイクリックプレフィックスとすることができる。

0032

こうして、ホーム基地局が信号を同期させて送信する場合、それらの信号は移動端末においても同期して受信され、種々の伝搬遅延マルチパス伝搬遅延として認識される。

発明が解決しようとする課題

0033

本発明は、セルが互いに重なり合う2つのホーム基地局によって、同期、チャネル推定及び通信を妨げるように同じPSC系列又は同じPCIDが用いられるのを避けることを目的とする。

課題を解決するための手段

0034

このために、本発明は、無線セルラ通信ネットワークにおいて、ホーム基地局のセル内に位置する移動端末によって該ホーム基地局を識別できるようにする系列を転送するための方法であって、該ホーム基地局と該移動端末との間で転送されるシンボルはガード期間によって分離され、該方法は、該ホーム基地局によって実行されるステップであって、
少なくとも1つの隣接する基地局又は少なくとも1つの隣接するホーム基地局から、該隣接する基地局又は該隣接するホーム基地局を識別できるようにする系列を受信するステップと、
1つの隣接する基地局又は隣接するホーム基地局を識別できるようにする1つの受信系列を選択するステップと、
ホーム基地局のセル内のシンボルのフレームの転送の開始を、選択された受信系列で識別される場合がある隣接する基地局又は隣接するホーム基地局によって転送される場合があるシンボルのフレームの受信の開始から、ガード期間に少なくとも等しい持続時間だけシフトするステップであって、該シンボルのフレームは、隣接する基地局又は隣接するホーム基地局を識別できるようにする選択された系列を含む、シフトするステップとを含むことを特徴とする、方法に関する。

0035

本発明は、無線セルラ通信ネットワークにおいて、ホーム基地局のセル内に位置する移動端末によって該ホーム基地局を識別できるようにする系列を転送するためのデバイスであって、該ホーム基地局と該移動端末との間で転送されるシンボルはガード期間によって分離され、該デバイスは該ホーム基地局内に含まれ、
少なくとも1つの隣接する基地局又は少なくとも1つの隣接するホーム基地局から、該隣接する基地局又は該隣接するホーム基地局を識別できるようにする系列を受信する手段と、
1つの隣接する基地局又は隣接するホーム基地局を識別できるようにする1つの受信系列を選択する手段と、
ホーム基地局のセル内のシンボルのフレームの転送の開始を、選択された受信系列で識別される場合がある隣接する基地局又は隣接するホーム基地局によって転送される場合があるシンボルのフレームの受信の開始から、ガード期間に少なくとも等しい持続時間だけシフトする手段であって、該シンボルのフレームは、隣接する基地局又は隣接するホーム基地局を識別できるようにする選択された系列を含む、シフトする手段とを備えることを特徴とする、デバイスにも関する。

0036

それゆえ、隣接する2つの異なるホーム基地局、又は1つの隣接するホーム基地局及び1つの隣接する基地局を識別できるようにする2つの同じ系列は、移動端末において同期して受信されない。

0037

その際、移動端末は、2つの異なるホーム基地局、又は1つの基地局及び1つのホーム基地局を正確に区別し、正確な同期を実行して、チャネル推定を改善することができる。

0038

実際には、隣接する2つの異なるホーム基地局、又は隣接するホーム基地局及び隣接する基地局から同じ系列が到来することを特定しないことによって、たとえば、その系列がチャネル推定のためにも用いられる場合、同期ステップ及びチャネル推定ステップがさらに劣化する場合がある。この場合、2つのホーム基地局、又は1つのホーム基地局及び1つの基地局のチャネルの和が推定されることになり、それが受信機の性能を劣化させる。

0039

移動端末が、隣接する2つの異なるホーム基地局、又は1つの隣接するホーム基地局及び1つの隣接する基地局から、ガード期間よりも大きな遅延を伴って同じ系列を受信する場合、その移動端末が、その遅延がマルチパス伝搬に起因するのではなく、隣接する2つの異なるホーム基地局、又は1つの隣接するホーム基地局及び1つの隣接する基地局に関連付けられるという結論に達するのは容易である。

0040

持続時間が長いほど、大きな遅延スプレッドを有するチャネル、及び大きな伝搬遅延を有する環境に対して大きな頑健性保証する。

0041

特定の特徴によれば、1つの隣接する基地局又は隣接するホーム基地局を識別できるようにする各系列は、フレーム内に含まれる第1の系列及び第2の系列の組み合わせであり、各フレームはサブフレームから構成され、選択された受信系列は第1の系列であり、方法は、選択された受信系列を用いて識別される場合があり、且つ隣接する基地局又は隣接するホーム基地局によるシンボルのフレームの転送の開始と同時に、又は該開始からサブフレーム持続時間の倍数において受信され始めるシンボルのフレームを転送する場合がある、隣接する基地局又は隣接するホーム基地局を識別する各第2の系列を検出するステップをさらに含む。

0042

それゆえ、無線セルラ通信ネットワーク内の第1の系列の数が少ないため、各第1の系列を識別することは容易である。第2の系列を検出することによって、2つのホーム基地局、又は1つのホーム基地局及び1つの基地局が間違って識別される場合があるのが避けられる。

0043

特定の特徴によれば、ホーム基地局は、検出されない、無線セルラ通信ネットワーク内の少なくとも1つの第2の系列が存在する場合、1つの検出されない第2の系列を選択し、無線セルラ通信ネットワーク内の各第2の系列がそれぞれ検出される場合、別の第1の受信系列を選択するステップとをさらに含む。

0044

それゆえ、移動端末が、同じ系列を有する2つのホーム基地局、又は1つの基地局及び1つのホーム基地局からの重なり合う系列を、できる限り受信しない。

0045

特定の特徴によれば、ホーム基地局は、該ホーム基地局のセル内のシンボルのフレームの転送の開始をシフトするための複数の時間間隔を特定する。持続時間毎に、無線セルラ通信ネットワーク内の各第2の系列が検出される場合、別の第1の受信系列が選択される。

0046

それゆえ、本発明によれば、1つの隣接する基地局又は1つの隣接するホーム基地局を識別できるようにする系列毎に、より多くのタイミング可能性が試験される。

0047

特定の特徴によれば、ホーム基地局は、
検出されない、無線セルラ通信ネットワーク内の1つの基地局又はホーム基地局を識別できるようにする少なくとも1つの系列が存在するか否かを調べるステップと、
検出されない、無線セルラ通信ネットワーク内の1つの基地局又はホーム基地局を識別できるようにする少なくとも1つの系列が存在する場合、1つの基地局又はホーム基地局を識別できるようにする1つの検出されない系列を選択するステップと、
少なくとも1つの隣接する基地局又は隣接するホーム基地局によって転送される場合があるシンボルのフレームの受信の開始時に、ホーム基地局のセル内のシンボルのフレームを転送し始めるステップとをさらに含む。

0048

それゆえ、第1の系列が近隣で用いられない場合、そのホーム基地局はその第1の系列を利用して、移動端末がいくつかの異なるホーム基地局から、又は1つのホーム基地局及び1つの基地局からいくつかの第1の系列を受信するのを避けることができ、それにより、いくつかの第1の系列を区別するのを不要にすることができる。

0049

さらに、いくつかのホーム基地局、又は1つのホーム基地局及び1つの基地局の第1の系列を同期させることによって、より系統立てたタイミングが可能となり、その系列の数によって1つの基地局又は1つのホーム基地局を識別できるようにする機会を最大にする。

0050

特定の特徴によれば、持続時間は、サブフレーム持続時間、又はサブフレーム持続時間の倍数とは異なる。

0051

それゆえ、2つの異なるホーム基地局又は1つの基地局及び1つのホーム基地局の場合、移動端末が、1つの基地局又は1つのホーム基地局を識別できるようにする同じ系列を受信する場合、移動端末は、これらのホーム基地局から、又はこのホーム基地局及びこの基地局から、パイロットシンボルのような重なり合うシンボルを受信しない。

0052

特定の特徴によれば、持続時間はシンボル持続時間、又はシンボル持続時間の倍数、又はガード期間持続時間、又はガード期間持続時間の倍数である。

0053

それゆえ、特定された持続時間がシンボル持続時間又はシンボル持続時間の倍数である場合、移動端末は、できる限り、異なる複数のホーム基地局から、又は時間的に重なり合わない基地局及びホーム基地局から第1及び第2の系列を受信する。

0054

その際、或る系列がデータとしか重なり合わない確率が最大にされる。時間平均し、それにより、データからの干渉の影響を小さくすることによって、その系列の系列検出及び電力測定を改善することができる。

0055

持続時間がガード期間持続時間又はガード期間持続時間の倍数である場合、同じ系列を用いる同じ近隣内のホーム基地局及び基地局の数が最大にされる。

0056

特定の特徴によれば、サブフレームにおいてパイロットシンボルが転送され、持続時間は、第1の系列及び第2の系列が1つの隣接するホーム基地局若しくは隣接する基地局によって転送されるパイロットシンボルと重なり合うか、若しくは1つの隣接するホーム基地局若しくは隣接する基地局によって転送される第1の系列若しくは第2の系列と重なり合うのを避けるように、又はホーム基地局によって転送されるパイロットシンボルが、1つの隣接するホーム基地局若しくは隣接する基地局によって転送されるパイロットシンボルと重なり合うか、若しくは1つの隣接するホーム基地局若しくは隣接する基地局によって転送される第1の系列若しくは第2の系列と重なり合うのを避けるように決定される。

0057

それゆえ、移動端末は、できる限り、隣接するホーム基地局の、又は隣接する基地局の第1の系列、第2の系列及びパイロットシンボルと時間的に重なり合わない、ホーム基地局又は基地局からの第1の系列、第2の系列及びパイロットシンボルを受信する。

0058

その際、第1の系列がデータとしか重なり合わず、第2の系列がデータとしか重なり合わず、且つパイロットシンボルがデータとしか重なり合わない確率が改善される。

0059

時間平均し、それにより、データからの干渉の影響を小さくすることによって、第1の系列検出、第2の系列検出、及びパイロットシンボルによるチャネル推定を改善することができる。

0060

本発明は、無線セルラ通信ネットワークにおいて、1つ若しくは複数のホーム基地局、又は1つ若しくは複数の基地局、又は1つ若しくは複数の基地局及び1つ若しくは複数のホーム基地局が、1つの基地局又はホーム基地局を識別できるようにする系列を転送するか否かを、移動端末によって判断するための方法であって、該移動端末は基地局又はホーム基地局のセル内に位置し、該移動端末と該基地局又はホーム基地局との間で転送されるシンボルは、ガード期間によって分離され、該方法は、該移動端末によって実行されるステップであって、
1つの基地局又は1つのホーム基地局を識別できるようにする系列を2回検出するステップと、
系列の2回の受信を分離する持続時間がガード期間よりも長いか否かを調べるステップと、
系列の2回の受信を分離する持続時間がガード期間よりも長い場合、2つのホーム基地局、又は2つの基地局、又は1つの基地局及び1つのホーム基地局が、受信系列によって識別されるものと判断するステップと、
系列の2回の受信を分離する持続時間がガード期間よりも短い場合、受信系列によって単一の基地局又はホーム基地局が識別されるものと判断するステップとを含むことを特徴とする、方法にも関する。

0061

本発明は、無線セルラ通信ネットワークにおいて、1つ若しくは複数のホーム基地局、又は1つ若しくは複数の基地局、又は1つ若しくは複数の基地局及び1つ若しくは複数のホーム基地局が、1つの基地局又はホーム基地局を識別できるようにする系列を転送するか否かを特定するためのデバイスであって、該デバイスは基地局又はホーム基地局のセル内に位置する移動端末内に含まれ、該移動端末と該基地局又はホーム基地局との間で転送されるシンボルは、ガード期間によって分離され、該デバイスは、
1つの基地局又は1つのホーム基地局を識別できるようにする系列を2回検出する手段と、
系列の2回の受信を分離する持続時間がガード期間よりも長いか否かを調べる手段と、
系列の2回の受信を分離する持続時間がガード期間よりも長い場合、2つのホーム基地局、又は2つの基地局、又は1つの基地局及び1つのホーム基地局が、受信系列によって識別されるものと判断する手段と、
系列の2回の受信を分離する持続時間がガード期間よりも短い場合、受信系列によって単一の基地局又はホーム基地局が識別されるものと判断する手段とを備えることを特徴とする、デバイスにも関する。

0062

それゆえ、移動端末は、同じ系列を、2つの異なるホーム基地局から受信するか、1つのホーム基地局及び1つの基地局から受信するかを区別することができる。移動端末は、この知識に基づいて、適切な同期、チャネル推定及び報告を適用することができる。

0063

さらに別の態様によれば、本発明は、プログラム可能なデバイスに直接ロード可能にすることができるコンピュータプログラムであって、該コンピュータプログラムは、該コンピュータプログラムがプログラム可能なデバイス上で実行されるときに、本発明による方法のステップを実施するための命令又はコードの一部を含む、コンピュータプログラムに関する。

0064

コンピュータプログラムに関連する特徴及び利点は、本発明による方法及び装置に関連して上記で説明したのと同じであるため、ここでは繰り返さない。

0065

本発明の特徴は、実施形態の一例に関する以下の説明を読むことからさらに明らかになるはずであり、その説明は、添付の図面を参照しながら行なわれる。

図面の簡単な説明

0066

本発明が実施される無線セルラ通信ネットワークを表す図である。
本発明が実施されるホーム基地局のアーキテクチャを表す図である。
本発明が実施される移動端末のアーキテクチャを表す図である。
本発明の第1の実現形態による、ホーム基地局によって実行されるアルゴリズムの一例を開示する図である。
無線セルラ通信ネットワーク内のフレームの一例を開示する図である。
無線セルラ通信ネットワークの2つの連続した物理資源ブロックの一例を開示する図である。
本発明の第2の実現形態による、ホーム基地局によって実行されるアルゴリズムの一例を開示する図である。
本発明の第3の実現形態による、ホーム基地局によって実行されるアルゴリズムの一例を開示する図である。
本発明による移動端末によって実行されるアルゴリズムの一例を開示する図である。

実施例

0067

図1は、本発明が実施される無線セルラ通信ネットワークを表す。

0068

図1には、無線セルラ通信ネットワークの4つのホーム基地局HBS並びに2つの移動端末MT1及びMT2が示される。

0069

4つのホーム基地局HBS並びに2つの移動端末MT1及びMT2のみが示されるが、さらに多くの数のホーム基地局HBS及び/又はさらに多くの数の移動端末MTが存在するときでも、本発明が機能することを理解することができる。

0070

ホーム基地局HBSは、たとえば、自宅に配置され、ホーム基地局HBSに関連する移動端末MTが無線セルラ通信ネットワークにアクセスできるようにし得る。

0071

ホーム基地局HBSi(ただし、i=1〜4)は、エリアCiに位置する移動端末MTによって転送される信号を受信することができる。ホーム基地局HBSiは、エリアCiに位置する移動端末MTが受信し、処理することができる信号を転送する。エリアCiは、ホーム基地局HBSiのサービスエリア又はセルである。

0072

移動端末MT1は、ホーム基地局HBS1のセルC1内に、且つホーム基地局HBS2のセルC2内に、且つホーム基地局HBS3のセルC3内に、且つホーム基地局HBS4のセルC4内に位置する。

0073

移動端末MT2は、ホーム基地局HBS2のセルC2内に、且つホーム基地局HBS4のセルC4内に位置する。

0074

アクセスゲートウエイAGが無線セルラ通信ネットワークに含まれる場合がある。アクセスゲートウエイAGは、ホーム基地局HBSを制御する場合があり、ホーム基地局HBSと、無線セルラ通信ネットワークの残りの部分とをインターフェースする場合がある。

0075

ここで、少なくとも1つのホーム基地局HBSが、より大きなエリアをカバーするセルを有する基地局によって置き換えられる場合があることに留意されたい。

0076

本発明によれば、各基地局は:
1つの隣接する基地局又は隣接するホーム基地局を識別できるようにする少なくとも1つのPSC系列(シーケンス:sequence)を受信し、
1つの隣接する基地局又は隣接するホーム基地局を識別できるようにする1つの受信した系列PSCを選択し、
ホーム基地局のセル内でのシンボルのフレームの転送の開始を、選択された受信系列を用いて識別される場合がある隣接する基地局又は隣接するホーム基地局によって転送される場合があるシンボルのフレームの受信の開始から、ガード期間に少なくとも等しい持続時間だけシフトする。

0077

各移動端末MTは:
基地局又はホーム基地局を識別できるようにする系列を2回検出し、
その系列の2回の受信を分離する時間間隔がガード期間よりも少なくとも長いか否かを調べ、
その系列の2回の受信を分離する時間間隔がガード期間よりも長い場合、受信された系列によって、2つのホーム基地局、又は1つの基地局及び1つのホーム基地局が識別されるものと判断し、
その系列の2回の受信を分離する時間間隔がガード期間よりも短い場合、受信された系列によって、単一の隣接する基地局又は隣接するホーム基地局が識別されるものと判断する。

0078

図2は、本発明が実施されるホーム基地局のアーキテクチャを表す図である。

0079

ホーム基地局HBSは、たとえば、バス201によって互いに接続される構成要素と、図4図6及び図7において開示されるようなプログラムによって制御されるプロセッサ200とからなるアーキテクチャを有する。

0080

バス201は、プロセッサ200を、リードオンリーメモリROM202、ランダムアクセスメモリRAM203、無線インターフェース205及びネットワークインターフェース206にリンクする。

0081

メモリ203は、図4図6及び図7に開示されるようなアルゴリズムに関連するプログラムの変数及び命令を受信するように構成されるレジスタを含む。

0082

プロセッサ200は、ネットワークインターフェース206及び無線インターフェース205の動作を制御する。

0083

リードオンリーメモリ202は、図4図6及び図7において開示されるようなアルゴリズムに関連するプログラムの命令を含み、それらの命令は、ホーム基地局HBSが起動されるときに、ランダムアクセスメモリ203に転送される。

0084

ホーム基地局HBSは、ネットワークインターフェース206を通して、通信ネットワークに接続される場合がある。たとえば、ネットワークインターフェース206はDSL(デジタル加入者線モデム、又はISDN統合デジタルサービス網)インターフェース等である。

0085

ネットワークインターフェース206を通して、ホーム基地局HBSは、無線セルラ通信ネットワークの他のホーム基地局若しくは基地局BSに、又は無線セルラ通信ネットワークのコアデバイスに、又はアクセスゲートウエイAGにメッセージを転送する場合がある。

0086

無線インターフェース205及びネットワークインターフェース206は、移動端末MTが遠隔通信デバイスとの通信を確立又は受信するときに、無線セルラ通信ネットワークにアクセスするために移動端末MTによって用いられるホーム基地局HBSの資源である。

0087

無線インターフェース205は、ダウンリンク送信モジュール及びアップリンク受信モジュールを備える。無線インターフェース205は、ダウンリンク受信モジュールも備える場合がある。

0088

図3は、本発明が実施される移動端末のアーキテクチャを表す図である。

0089

移動端末MTは、たとえば、バス301によって互いに接続される構成要素と、図8において開示されるようなプログラムによって制御されるプロセッサ300とからなるアーキテクチャを有する。

0090

バス301は、プロセッサ300を、リードオンリーメモリROM302、ランダムアクセスメモリRAM303及び無線インターフェース305にリンクする。

0091

メモリ303は、図8において開示されるようなアルゴリズムに関連するプログラムの変数及び命令を受信するように構成されるレジスタを含む。

0092

プロセッサ300は、無線インターフェース305の動作を制御する。

0093

リードオンリーメモリ302は、図8において開示されるようなアルゴリズムに関連するプログラムの命令を含み、それらの命令は、移動端末MTが起動されるときに、ランダムアクセスメモリ303に転送される。

0094

図4は、本発明の第1の実現形態による、ホーム基地局によって実行されるアルゴリズムの一例を開示する。

0095

より厳密には、本アルゴリズムは各ホーム基地局HBSのプロセッサ200によって実行される。

0096

たとえば、ホーム基地局HBS4のプロセッサ200によって実行されるときの本アルゴリズムが開示される。

0097

ステップS400において、プロセッサ200は、PSC系列検出を実行するように、無線インターフェース205に指示する。

0098

同じステップにおいて、プロセッサ300は、全ての検出されたPSC系列のリストを作成する。全ての検出された系列のリストは、これ以降、適切な系列のリストと呼ばれる。

0099

PSC系列は、図5aを参照しながら説明されるように、フレームの所定の位置に配置される一次同期チャネルに含まれる。

0100

図5aは、無線セルラ通信ネットワーク内のフレームの一例を開示する。

0101

図5aの例では、1つのフレームが10個のサブフレームから構成される。図5aは、先行するフレームの最後のサブフレームSF10’、及び現在のフレームのサブフレームSF1、SF6及びSF10を示す。各サブフレームは、たとえば、1ミリ秒(ms)の持続時間を有する。

0102

周波数帯域は、たとえば、7.68MHzに等しく、OFDMシンボルの512サブキャリアに分解される。

0103

その周波数帯域の中央に位置する300サブキャリアは25個の物理資源ブロック(Physical Resource Blocks)(PRB)に分解され、各PRBは12個のサブキャリアを含む。

0104

PRBの持続時間は0.5msに等しい。それゆえ、1msのサブフレーム持続時間内に2つの連続した物理資源ブロックPRBa及びPRBbが含まれる。

0105

各PRB内に7個の連続したOFDMシンボルが含まれる。

0106

PSC系列は、その周波数帯域の中央に位置する72サブキャリア又は6PRB上の、現在のフレームの第1のサブフレームSF1及び第6のサブフレームSF6の時間領域においてPRBaで表される第1のPRBの第7のOFDMシンボル内にマッピングされる。

0107

SSC系列は、その周波数帯域の中央に位置する72サブキャリア又は6PRB上の、現在のフレームの第1のサブフレームSF1及び第6のサブフレームSF6の時間領域においてPRBaで表される第1のPRBの第6のOFDMシンボル内にマッピングされる。

0108

次のステップS401において、プロセッサ200は、無線セルラ通信ネットワークにおいて利用可能な全てのPSCが検出されたか否かを調べる。

0109

利用可能な全てのPSC系列が検出される場合、プロセッサ200は、ステップS404に進む。そうでない場合、プロセッサ200はステップS402に進む。

0110

ステップS402において、プロセッサ200は、ステップ400において検出されなかった1つのPSC系列を選択し、SSC系列も選択する。

0111

次のステップS403において、プロセッサ200は、無線インターフェース205に対して、選択されたPSC系列及びSSC系列によって形成されるそのPCIDを含む、少なくとも1つのフレームを転送するように指示する。

0112

その後、プロセッサ200は本アルゴリズムを中断する。

0113

たとえば、PSC系列PSC1はホーム基地局HBS1のPSC系列であり、PSC系列PSC2はホーム基地局HBS2のPSC系列であり、PSC系列PSC3はホーム基地局HBS3のPSC系列である。

0114

ステップS404において、プロセッサ200は、適切な系列のリストから1つのPSC系列を選択する。

0115

たとえば、プロセッサ200は、ステップS400において検出されたPSC系列の中で検出回数が少ないPSC系列を選択する。

0116

無線セルラ通信ネットワークにおいて3つのPSC系列PSC1、PSC2及びPSC3のみが利用可能であり、且つそれらの系列が全て隣接するホーム基地局HBS1、HBS2、HBS3によって用いられるときに、プロセッサ200は、たとえばPSC系列PSC2を選択する。

0117

次のステップS405において、プロセッサ200は、少なくとも1つのフレームを転送するのに適したタイミングを特定する。

0118

本発明によれば、そのフレームの転送は、隣接する基地局又はホーム基地局HBSによって転送されるか又は転送される場合があるフレームと比べてシフトされる。

0119

無線セルラ通信ネットワークが所与のフレーム構造を用いており、たとえば、それらのフレームが所定の持続時間を有し、且つ連続して転送されるとき、プロセッサ200は、ステップS400において実行されるPSC系列検出から、隣接する基地局又は隣接するホーム基地局のPSCタイミング、それゆえ、この隣接する基地局又は隣接するホーム基地局がフレームを転送し始めることができる時点を知る。

0120

PSC系列が、隣接するホーム基地局HBSによって転送される同じPSC系列と同時に転送されるのを避けるために、プロセッサ200は、たとえば、フレームの転送を遅らせる。

0121

PSC系列PSC2が、隣接するホーム基地局HBS2によって転送される同じPSC2系列と同時に転送されるのを避けるために、プロセッサ200は、フレームの転送を遅らせる。

0122

移動端末MTが、2つのPSC系列が2つの異なるホーム基地局HBSから到来するのを識別できるようにするために、その遅延は、OFDMサイクリックプレフィックス又はガード期間よりも大きい。

0123

より大きな遅延スプレッドを伴うチャネル、また、より大きな伝搬遅延を伴う環境に対して、その遅延が大きいほど、大きな頑健性を保証する。

0124

その遅延は、14シンボル持続時間、すなわち1サブフレーム持続時間の倍数とは異なる場合もある。これは、同じPSC系列を有するホーム基地局HBSが同じSSC系列も有するときに特に重要である。

0125

PSC系列が互いに重なり合うのを避けるために、且つSSC系列が互いに重なり合うのを避けるために、その遅延は1シンボル持続時間に等しくなるように選択することができる。

0126

PSC系列が互いに重なり合うのを避けるために、SSC系列が互いに重なり合うのを避けるために、且つ或るホーム基地局からのPSC及び別のホーム基地局からのSSCが互いに重なり合うのを避けるために、その遅延は2シンボル持続時間に等しくなるように選択することができる。

0127

無線セルラ通信ネットワークにおいてパイロットシンボルが転送される場合、パイロットシンボル、PSC系列及びSSC系列が互いに干渉するか又は重なり合うのを避けるように、遅延が選択されなければならない。

0128

図5bは、無線セルラ通信ネットワークの2つの連続した物理資源ブロックの一例を開示する。

0129

図5bの例では、それぞれシンボルS1〜S7及びS8〜S14を含む2つの連続したPSRが示される。

0130

それらのPRBはサブキャリアf1〜f12を含む。

0131

PRBにはパイロットシンボル又は基準シンボルが含まれる。

0132

図5bは、ホーム基地局が4つのアンテナを備える例である。

0133

R0で表されるパイロットシンボルはサブフレームを転送するホーム基地局HBSの第1のアンテナのためのパイロットシンボルであり、R1で表されるパイロットシンボルはサブフレームを転送するホーム基地局HBSの第2のアンテナのためのパイロットシンボルであり、R2で表されるパイロットシンボルはサブフレームを転送するホーム基地局HBSの第3のアンテナのためのパイロットシンボルであり、R3で表されるパイロットシンボルはサブフレームを転送するホーム基地局HBSの第4のアンテナのためのパイロットシンボルである。

0134

図5bの例によれば、パイロットシンボルは、各PRBの第1、第2及び第5のシンボルにおいて転送される。

0135

図5bの例によれば、PSC系列及び/又はSSC系列が第1、第2及び第5のシンボル上に存在するのを避けるように、遅延が選択されなければならない。

0136

次のステップS406において、プロセッサ200は、ホーム基地局HBS4の場合に特定されるのと同じPSC系列を使用しており、且つホーム基地局HBS4によって特定されるのと同じ遅延で、又はホーム基地局HBS4によって特定されるのと同じ遅延に、サブフレーム持続時間の整数倍を加えた遅延でフレームを転送する、隣接する基地局又はホーム基地局HBSによって用いられる全てのSSC系列を検出するように、無線インターフェース205に指示する。

0137

次のステップS407において、プロセッサ200は、無線セルラ通信ネットワークにおいて利用可能な全てのSSC系列が検出されたか否かを調べる。

0138

無線セルラ通信ネットワークにおいて利用可能な全てのSSC系列が検出される場合、プロセッサ200はステップS410に進む。そうでない場合、プロセッサ200はステップS408に進む。

0139

ステップS408において、プロセッサ200は、検出されていない、無線セルラ通信ネットワークにおいて利用可能な1つのSSC系列を選択する。

0140

次のステップS409において、プロセッサ200は、特定された遅延に対応するタイミングで少なくとも1つのフレームを転送するように、無線インターフェース205に指示する。そのフレームは、選択されたPSC系列及びSSC系列によって形成されるPCIDを含む。

0141

その後、プロセッサ200は本アルゴリズムを中断する。

0142

ステップS410において、プロセッサ200は、適切なPSC系列のリストから、ステップS404において選択されたPSC系列を削除する。

0143

次のステップS411において、プロセッサ200は、適切なPSC系列のリストが空であるか否か、すなわち、適切なPSC系列のリスト内に少なくとも1つのPSC系列が残っているか否かを調べる。

0144

適切なPSCのリストが空である場合、プロセッサ200はステップS412に進む。

0145

そうでない場合、プロセッサ200はステップS404に進み、別のPSC系列を選択して、既に記述されているステップS404〜S411によって構成されるループを実行する。

0146

ステップS412において、プロセッサ200は、無線インターフェース205によって受信されたPSC系列のうちの1つを選択する。

0147

たとえば、プロセッサ200は、無線インターフェース205によって受信された回数が最も少ないPSC系列、すなわち、ステップS405において特定された対応する遅延を有する最初に選択されたPSC系列と、その選択されたPSC系列を含む対の中で最も低い電力で受信されたPSC−SSC系列対に対応するSSC系列とを選択する。

0148

次のステップS413において、プロセッサ200は、特定された遅延に対応するタイミングで少なくとも1つのフレームを転送するように、無線インターフェース205に指示する。そのフレームは、選択されたPSC系列及びSSC系列によって形成されるPCIDを含む。

0149

その後、プロセッサ200は本アルゴリズムを中断する。

0150

図6は、本発明の第2の実現形態による、ホーム基地局によって実行されるアルゴリズムの一例を開示する。

0151

より厳密には、本アルゴリズムは、各ホーム基地局HBSのプロセッサ200によって実行される。

0152

たとえば、ホーム基地局HBS4のプロセッサ200によって実行されるときの本アルゴリズムが開示される。

0153

ステップS600において、プロセッサ200は、PSC系列検出を実行するように、無線インターフェース205に指示する。

0154

PSC系列は、図5aを参照しながら説明されるように、フレームの所定の位置に配置される一次同期チャネルに含まれる。

0155

同じステップにおいて、プロセッサ200は、全ての検出されたPSC系列のリストを作成する。全ての検出された系列のリストは、これ以降、適切な系列のリストと呼ばれる。

0156

次のステップS601において、プロセッサ200は、無線セルラ通信ネットワークにおいて利用可能な全てのPSC系列が検出されたか否かを調べる。

0157

利用可能な全てのPSC系列が検出される場合、プロセッサ200はステップS604に進む。そうでない場合、プロセッサ200はステップS602に進む。

0158

ステップS602において、プロセッサ200は、ステップS600において検出されない1つの利用可能なPSC系列を選択し、SSC系列も選択する。

0159

次のステップS603において、プロセッサ200は、無線インターフェース205に対して、選択されたPSC系列及びSSC系列によって形成されるそのPCIDを含む、少なくとも1つのフレームを転送するように指示する。

0160

その後、プロセッサ200は本アルゴリズムを中断する。

0161

たとえば、PSC系列PSC1はホーム基地局HBS1のPSC系列であり、PSC系列PSC2はホーム基地局HBS2のPSC系列であり、PSC系列PSC3はホーム基地局HBS3のPSC系列である。

0162

ステップS604において、プロセッサ200は、適切な系列のリスト内の1つのPSC系列を選択する。

0163

たとえば、プロセッサ200は、ステップS600において検出されたPSC系列の中で検出回数が少ないPSC系列を選択する。

0164

無線セルラ通信ネットワークにおいて3つのPSC系列PSC1、PSC2及びPSC3のみが利用可能であり、且つそれらの系列が全て隣接するホーム基地局HBS1、HBS2、HBS3によって用いられるときに、プロセッサ200は、たとえば、PSC系列PSC2を選択する。

0165

次のステップS605において、プロセッサ200は、少なくとも1つのフレームを転送するのに適した複数のタイミングを特定する。特定されるタイミングはそれぞれ、図4のステップS405において開示される条件に対応する。それらの適切なタイミングは、適切なタイミングのリストに格納される。

0166

同じステップにおいて、プロセッサ200は、適切なタイミングのリスト内の特定されたタイミングのうちの1つを選択する。

0167

次のステップS606において、プロセッサ200は、ホーム基地局HBS4と同じSSC系列を使用しており、且つホーム基地局HBS4によって特定されるのと同じ遅延で、又はホーム基地局HBS4によって特定されるのと同じ遅延にサブフレーム持続時間の整数倍を加えた遅延でフレームを転送する、隣接するホーム基地局HBSによって用いられる全てのSSC系列を検出するように、無線インターフェース205に指示する。

0168

次のステップS607において、プロセッサ200は、無線セルラ通信ネットワークにおいて利用可能な全てのSSC系列がステップS606において検出されたか否かを調べる。

0169

利用可能な全てのSSC系列が検出される場合、プロセッサ200はステップS610に進む。そうでない場合、プロセッサ200はステップS608に進む。

0170

ステップS608において、プロセッサ200は、ステップS606において検出されなかった1つのSSC系列を選択する。

0171

次のステップS609において、プロセッサ200は、特定された遅延に対応するタイミングで少なくとも1つのフレームを転送するように、無線インターフェース205に指示する。そのフレームは、選択されたPSC系列及びSSC系列によって形成されるPCIDを含む。

0172

その後、プロセッサ200は本アルゴリズムを中断する。

0173

ステップS610において、プロセッサ200は、適切なタイミングのリストから、選択されたタイミングを削除する。

0174

次のステップS611において、プロセッサ200は、適切なタイミングのリストが空であるか否か、すなわち、適切なタイミングのリスト内に少なくとも1つの適切なタイミングが残っているか否かを調べる。

0175

適切なタイミングのリストが空である場合、プロセッサ200はステップS612に進む。そうでない場合、プロセッサ200はステップS615に進む。

0176

ステップS615において、プロセッサ200は、適切なタイミングのリスト内の別の適切なタイミングを選択し、既に説明されているステップS606に戻る。

0177

ステップS612において、プロセッサ200は、適切なPSC系列のリストから、ステップS604において選択されたPSC系列を削除する。

0178

次のステップS613において、プロセッサ200は、適切なPSC系列のリストが空であるか否か、すなわち、適切なPSC系列のリスト内に少なくとも1つのPSC系列が残っているか否かを調べる。

0179

適切なPSCのリストが空である場合、プロセッサ200はステップS614に進む。

0180

そうでない場合、プロセッサ200はステップS604に進み、別のPSC系列を選択する。

0181

ステップS614において、プロセッサ200は、無線インターフェース205によって受信されたPSC系列のうちの1つを選択する。

0182

たとえば、プロセッサ200は、受信された回数が少ないPSC系列、すなわち、対応する最初に選択された適切なタイミングを有する最初に選択されたPSC系列と、その選択されたPSC系列を含む対の中で最も低い電力で受信された対に対応するSSC系列とを選択する。

0183

同じステップにおいて、プロセッサ200は、特定された遅延に対応するタイミングで少なくとも1つのフレームを転送するように、無線インターフェース205に指示する。そのフレームは、選択されたPSC系列及びSSC系列によって形成されるPCIDを含む。

0184

その後、プロセッサ200は本アルゴリズムを中断する。

0185

図7は、本発明の第3の実現形態による、ホーム基地局によって実行されるアルゴリズムの一例を開示する。

0186

より厳密には、本アルゴリズムは、各ホーム基地局HBSのプロセッサ200によって実行される。

0187

たとえば、ホーム基地局HBS4のプロセッサ200によって実行されるときの本アルゴリズムが開示される。

0188

ステップS700において、プロセッサ200は、PCID検出、すなわちPSC系列及びSSC系列対の検出を実行するように、無線インターフェース205に指示する。

0189

次のステップS701において、プロセッサ200は、無線セルラ通信ネットワークにおいて利用可能な全てのPCID系列が検出されたか否かを調べる。

0190

利用可能な全てのPCID系列が検出される場合、プロセッサ200はステップS703に進む。そうでない場合、プロセッサ200はステップS702に進む。

0191

ステップS702において、プロセッサ200は、ステップS700において検出されなかった1つのPCID系列を選択し、選択されたPCID系列を含む少なくとも1つのフレームを転送するように、無線インターフェース205に指示する。

0192

その後、プロセッサ200は本アルゴリズムを中断する。

0193

ステップS703において、プロセッサ200は、ステップS700において検出されたPSC系列、すなわち、無線セルラ通信ネットワークにおいて利用可能な全てのPSC系列を含む、適切なPSC系列のリストを作成する。

0194

次のステップS704において、プロセッサ200は、適切なPSC系列のリスト内の1つの検出されたPSC系列を選択する。

0195

たとえば、プロセッサ200は、ステップS700において検出されるPSC系列の中で検出回数が少ないPSC系列を選択する。

0196

次のステップS705において、プロセッサ200は、少なくとも1つのフレームを転送するのに適している複数のタイミングを特定する。特定された各タイミングは、図4のステップS405において開示される条件に対応する。その適切なタイミングは、適切なタイミングのリストに格納される。

0197

同じステップにおいて、プロセッサ200は、適切なタイミングのリスト内の特定された適切なタイミングのうちの1つを選択する。

0198

次のステップS706において、プロセッサ200は、ホーム基地局HBS4と同じPSC系列を使用しており、且つホーム基地局HBS4によって特定されるのと同じ遅延で、又はホーム基地局HBS4によって特定されるのと同じ遅延に、サブフレーム持続時間の整数倍を加えた遅延でフレームを転送する、隣接するホーム基地局HBSによって用いられる全てのSSC系列を検出するように、無線インターフェース205に指示する。

0199

次のステップS707において、プロセッサ200は、無線セルラ通信ネットワークにおいて利用可能な全てのSSC系列がステップS706において検出されたか否かを調べる。

0200

利用可能な全てのSSC系列が検出される場合、プロセッサ200はステップS710に進む。そうでない場合、プロセッサ200はステップS708に進む。

0201

ステップS708において、プロセッサ200は、ステップS706において検出されなかった1つのSSC系列を選択する。

0202

次のステップS709において、プロセッサ200は、特定された遅延に対応するタイミングで少なくとも1つのフレームを転送するように、無線インターフェース205に指示する。そのフレームは、選択されたPSC系列及びSSC系列により形成されたPCIDを含む。

0203

その後、プロセッサ200は本アルゴリズムを中断する。

0204

ステップS710において、プロセッサ200は選択されたタイミングを適切なタイミングのリストから削除する。

0205

次のステップS711において、プロセッサ200は、適切なタイミングのリストが空であるか否か、すなわち、適切なタイミングのリスト内に少なくとも1つの適切なタイミングが残っているか否かを調べる。

0206

適切なタイミングのリストが空である場合、プロセッサ200はステップS712に進む。そうでない場合、プロセッサ200はステップS715に進む。

0207

ステップS715において、プロセッサ200は、適切なタイミングのリスト内の別の適切なタイミングを選択し、既に記述されているステップS706に戻る。

0208

ステップS712において、プロセッサ200は、適切なPSC系列のリストから、ステップS704において選択されたPSC系列を削除する。

0209

次のステップS713において、プロセッサ200は、適切なPSC系列のリストが空であるか否か、すなわち、適切なPSC系列のリスト内に少なくとも1つの適切なPSC系列が残っているか否かを調べる。

0210

適切なPSC系列のリストが空である場合、プロセッサ200はステップS714に進む。

0211

そうでない場合、プロセッサ200はステップS704に進み、別のPSC系列を選択する。

0212

ステップS714において、プロセッサ200は、無線インターフェース205によって受信されたPSC系列のうちの1つを選択する。

0213

たとえば、プロセッサ200は、出現回数が少ないPSC系列、すなわち、対応する最初に選択されたタイミングを有する最初に選択されたPSC系列と、選択されたPSC系列を含む対の中の最も低い電力で受信された対に対応するSSC系列とを選択する。

0214

同じステップにおいて、プロセッサ200は、特定された遅延に対応するタイミングで少なくとも1つのフレームを転送するように、無線インターフェース205に指示する。そのフレームは、選択されたPSC系列及びSSC系列によって形成されるPCIDを含む。

0215

その後、プロセッサ200は本アルゴリズムを中断する。

0216

図8は、本発明による移動端末によって実行されるアルゴリズムの一例を開示する。

0217

より厳密には、本アルゴリズムは、各移動端末MTのプロセッサ300によって実行される。

0218

移動端末MT1のプロセッサ300によって実行されるときの本アルゴリズムが開示される。

0219

ステップS800において、プロセッサ300は、PSC系列検出を実行するように、無線インターフェース305に指示する。

0220

移動端末MT1はセルC1、C2、C3及びC4に位置するため、無線インターフェース305は、PSC系列PSC1、PSC2及びPSC3の受信を検出する。

0221

次のステップS801において、プロセッサ300は、1つの同じPSC系列が無線インターフェース305によって2回検出されたか否かを調べる。

0222

無線インターフェース305によってPSC系列が2回検出されていない場合、プロセッサ300は本アルゴリズムを中断する。

0223

無線インターフェース305によってPSC系列が2回検出されている場合、プロセッサ300はステップS802に進む。

0224

ここで、マルチパスの場合、PSC系列を一度だけ転送する場合でも、複数の相関ピークが検出される場合があることに留意されたい。

0225

移動端末MT1は、PSC系列PSC2の2回の受信を検出する。

0226

ステップS802において、プロセッサ300は、そのPSC系列のための最初のピークと最後のピークとの間の検出時間の差が2つのシンボルを分離するガード期間よりも短いか否かを調べる。

0227

ガード期間は移動端末MT1によって予め決定され、知られている。

0228

そのPSC系列の検出時間の差が2つのシンボルを分離するガード期間よりも短い場合、プロセッサ300はステップS803に進む。

0229

そのPSC系列の検出時間の差が2つのシンボルを分離するガード期間以上である場合、プロセッサ300はステップS804に進む。

0230

ステップS803において、プロセッサ300は、2回受信されたPSC系列が同じホーム基地局HBSによって転送されているものと判断する。

0231

その後、プロセッサ300は本アルゴリズムを中断する。

0232

ステップS804において、プロセッサ300は、2回受信されたPSC系列が2つの異なるホーム基地局HBSによって転送されているものと判断する。

0233

その際、移動端末MT1は、ホーム基地局HBS2によって転送されるPSC系列PC2と、ホーム基地局HBS4によって転送されるPSC系列PC2とを区別することができる。

0234

その後、プロセッサ300は、本アルゴリズムを中断する。

0235

本質的に、本発明の範囲から逸脱することなく、上記の本発明の実施形態に対して数多くの変更を行なうことができる。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ