図面 (/)

技術 パルパ−

出願人 相川鉄工株式会社
発明者 相川叔彦
出願日 2009年7月22日 (11年0ヶ月経過) 出願番号 2009-170757
公開日 2011年2月10日 (9年6ヶ月経過) 公開番号 2011-026715
状態 未査定
技術分野 紙(4)
主要キーワード ディンプルプレート スラッシング 製紙原料 処理原料 硬化材料 ディンプル ストレーナー パルパー
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2011年2月10日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (9)

課題

ストレーナー目詰まり防止を図ったパルパーを提供する。

解決手段

パルパーを、上部に原料投入口、下部に排出口をそれぞれ有する槽と、この槽の排出口に設けられたストレーナーと、このストレーナーの上にあって回転可能に設けられたローターとから構成し、このローターの裏面にディンプルを設ける。更に好ましくは、ローターを複数ので構成し、この翼の裏面であって、翼の長手方向に沿って複数のディンプルを設ける。

概要

背景

従来、パルプ、古紙等の製紙原料離解させるパルパーがある(例えば、特許文献1参照)。
パルパーは、周知のように、上部に原料投入口、下部に排出口をそれぞれ有する槽が有り、この槽の排出口にストレーナーが、このストレーナーの上にローターが、それぞれ設けられている。
そして、ローターの回転により槽内に回流を起こし、原料を離解させるようにしている。

概要

ストレーナーの目詰まり防止をったパルパーを提供する。パルパーを、上部に原料投入口、下部に排出口をそれぞれ有する槽と、この槽の排出口に設けられたストレーナーと、このストレーナーの上にあって回転可能に設けられたローターとから構成し、このローターの裏面にディンプルを設ける。更に好ましくは、ローターを複数ので構成し、この翼の裏面であって、翼の長手方向に沿って複数のディンプルを設ける。なし

目的

本発明は、上記の問題点を除去するようにしたパルパーを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

上部に原料投入口、下部に排出口をそれぞれ有する槽と、この槽の排出口に設けられたストレーナーと、このストレーナーの上にあって回転可能に設けられたローターとを備え、前記ローターの裏面にディンプルを設けたことを特徴とするパルパー

請求項2

ローターは、複数のを有し、前記翼の裏面であって、前記翼の長手方向に沿って複数のディンプルが設けられていることを特徴とする請求項1記載のパルパー。

技術分野

0001

本発明は、パルパー係り、特に、ストレーナー目詰まり防止を図ったパルパーに関する。

背景技術

0002

従来、パルプ、古紙等の製紙原料離解させるパルパーがある(例えば、特許文献1参照)。
パルパーは、周知のように、上部に原料投入口、下部に排出口をそれぞれ有する槽が有り、この槽の排出口にストレーナーが、このストレーナーの上にローターが、それぞれ設けられている。
そして、ローターの回転により槽内に回流を起こし、原料を離解させるようにしている。

先行技術

0003

特開2003−49376号公報

発明が解決しようとする課題

0004

しかしながら、上述のパルパーにあっては、原料中の未離解繊維等によりストレーナーが目詰まりを生じ、ストレーナーを通過する原料の量が低下するという問題点があった。

0005

本発明は、上記の問題点を除去するようにしたパルパーを提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0006

請求項1記載のパルパーは、上部に原料投入口、下部に排出口をそれぞれ有する槽と、この槽の排出口に設けられたストレーナーと、このストレーナーの上にあって回転可能に設けられたローターとを備え、前記ローターの裏面にディンプルを設けたものである。

0007

また、請求項2記載のパルパーは、請求項1記載のパルパーにおいて、複数のを有し、前記翼の裏面であって、前記翼の長手方向に沿って複数のディンプルが設けられているものである。

発明の効果

0008

請求項1記載のパルパーによれば、ローターの裏面にディンプルを設けたため、ローターの裏面のディンプルの凹みにより圧力変動を生じ、ストレーナーに目詰まりした原料を槽内に戻し、目詰まりを解消すると共に、原料が槽内に戻る循環作用により、該原料の離解が促進される等の効果を奏する。

0009

また、請求項2記載のパルパーによれば、上述した請求項1記載の発明の効果に加え、翼の裏面であって、前記翼の長手方向に沿って複数のディンプルが設けられているため、ローターの裏面のディンプルの凹みにより圧力変動を起こして、ストレーナーの目詰まりと、原料を槽内に戻る循環作用により該原料の離解とをより促進させることができる。

図面の簡単な説明

0010

図1は、本発明の一実施例のパルパーの一部を破断して示す概略的一部破断正面図である。
図2は、図1の内部構造を示す概略的断面図である。
図3は、図1のローターの概略的平面図である。
図4は、図3の4−4線による概略的断面図である。
図5は、図3のローターの裏面を示す概略的裏面図である。
図6は、図5の6−6線による概略的断面図である。
図7は、ストレーナー上に位置するローターを分解して示す概略的分解斜視図である。
図8は、図3のローターを斜め下方から見た概略的斜視図である。
図9は、図2の一部を拡大して示す概略的一部拡大断面図である。

実施例

0011

本発明の一実施例のパルパーを図面を参照して説明する。
図1に示すPはパルプ、古紙等の製紙原料を離解させるパルパーで、パルパーPは、上部に原料投入口1、下部に排出口2をそれぞれ有する槽3を有する。
4は、槽3の排出口2に設けられたストレーナーで、ストレーナー4は、例えば、丸孔を多数形成した円板状のものである。

0012

このストレーナー4の上には、近接して回転可能にローター5が設けられている。ローター5は回転軸6に連結され、該回転軸6は、モーター7によって回転されるようになっている。
回転軸6に接続されたプーリー8とモーター7に接続されたプーリー9とに掛け渡されたベルト10を介して、モーター7の動力が回転軸6に伝達されるようになっている。

0013

ローター5は、複数の翼51、52、53、54、55、56を有し、翼51、52、53、54、55、56の裏面には、それぞれ、翼51、52、53、54、55、56の長手方向に沿って複数のディンプルDが設けられている。
ディンプルDは、ディンプルプレート部材50に設けられ、各翼51、52、53、54、55、56の裏面に図示しないボルト着脱自在に取り付けられている。
ディンプルDは摩耗するため、硬化材料(例えば、ローター5より硬いステンレス材で形成されている。)で形成され、摩耗した場合には、ディンプルプレート部材50を交換できるようになっている。
本実施例のディンプルDの形状は、平面視、円となっているが、本願発明にあっては、これに限らず、例えば、三角形四角形菱形等でも良い。
ローター5の各翼51、52、53、54、55、56の回転によって、原料の大きな回流が槽3内に生じ、 原料中の有用繊維が離解され、処理原料はストレーナー4を通過して排出管100から槽3外へと排出される。

0014

本実施例のパルパーPによれば、ローター5の裏面にディンプルDを設けたため、ロータ5の裏面のディンプルDの凹みによりローター5とストレーナー4との間で圧力変動を生じ、ストレーナー4に目詰まりした未離解繊維等の原料を槽3内に戻し、目詰まりを解消すると共に、原料が槽3内に戻る循環作用により、該原料の離解が促進される。
また、ローター5の裏面とストレーナー4との間のスラッシング効果で原料の離解が促進される。
翼51、52、53、54、55、56の長手方向に沿って複数のディンプルDが設けられているため、ローター5の裏面のディンプルDの凹みにより圧力変動を起こして、ストレーナー4の目詰まりと、原料を槽3内に戻る循環作用により該原料の離解とをより促進させることができる。

0015

Pパルパー
1原料投入口
2 排出口
3 槽
4ストレーナー
5ローター
D ディンプル

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 竹本油脂株式会社の「 抄紙用分散剤及び抄紙用分散組成物」が 公開されました。( 2020/06/04)

    【課題】無機繊維又は有機繊維を抄紙する際、優れた分散性を付与する抄紙用分散剤を提供する。【解決手段】本発明は、所定の構成単位Aが0.1〜50モル%、及び所定の構成単位Bが50〜99.9モル%から構成さ... 詳細

  • 王子ホールディングス株式会社の「 薄葉紙の製造方法および薄葉紙」が 公開されました。( 2020/06/04)

    【課題】切断し易くかつ切断による紙粉の発生を抑制し得る薄葉紙の製造方法、および複数枚の紙基材同士が剥離し難い薄葉紙を提供する。【解決手段】薄葉紙10の製造方法は、切断により紙基材に分割される2枚の長尺... 詳細

  • リンテック株式会社の「 高不透明度紙」が 公開されました。( 2020/06/04)

    【課題】紙力の低下が少ないながらも、裁断刃の摩耗が低減され、裁断応力を低く維持できる高不透明度紙を提供することを目的とする。【解決手段】JIS P 8149:2000に準じて測定した不透明度が97... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ