図面 (/)

技術 被印刷材料に印刷を行う方法

出願人 マンローラント・アーゲー
発明者 ペーター・シュールマイスター
出願日 2008年6月24日 (13年6ヶ月経過) 出願番号 2010-513741
公開日 2010年9月30日 (11年2ヶ月経過) 公開番号 2010-531751
状態 特許登録済
技術分野 インクジェット(インク供給、その他) 付属装置、全体制御 印刷方法
主要キーワード コンティニュアス型インクジェット オフセット式 変化形態 インクジェット式印刷 最大印刷速度 新聞印刷機 インクジェット式印刷装置 レーザー印刷
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2010年9月30日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (3)

課題・解決手段

本発明は被印刷材料印刷を行う方法に関する。当該方法では、前記被印刷材料に印刷版ベースとする印刷方法で、特にオフセット式印刷方法で、および当該印刷版をベースとする印刷方法に対してインラインで印刷版のない印刷方法により、特にインクジェット式印刷方法で印刷が行われる。本発明により、前記印刷版をベースとする印刷方法の印刷速度に依存して前記印刷版のない印刷方法の印刷解像度が決定される。

概要

背景

印刷版ベースとする、好適にオフセット印刷方式で作動する印刷機、例えばロール紙輪転印刷機および枚葉紙印刷機において、印刷版のないインクジェット式印刷装置が用いられることが増えている。当該インクジェット式印刷装置は特に、オフセット印刷を介して製造された印刷製品バーコードナンバリング、またはその他の標識によって特徴付けるために用いられる。このようなインクジェット式印刷装置は少なくとも一つのインクジェット用プリントヘッドを有し、当該インクジェット用プリントヘッドはいわゆるコンティニュアス型インクジェット方式、ドロップオンデマンドインクジェット方式サーマル・インクジェット方式、バブル・インクジェット方式またはその他のあらゆるインクジェット方式で形成され得る。

インクジェット式印刷装置の最大印刷速度オフセット式印刷装置の最大印刷速度よりもはるかに小さいので、オフセット式およびインクジェット式被印刷材料インライン印刷を行うことは困難である。

インクジェット式印刷装置の実現可能な最大印刷速度を増大させるために、多数のインクジェット用プリントヘッドを備えるインクジェット式印刷装置を用いることが実践から知られている。すなわち、被印刷材料の搬送方向に対する横断方向もしくは印刷方向に対する横断方向に複数のインクジェット用プリントヘッドを備えるか、被印刷材料の搬送方向もしくは印刷方向に複数のインクジェット用プリントヘッドを備え、当該多数のインクジェット用プリントヘッドはアレー状もしくはマトリックス状に隣接して設けられているインクジェット式印刷装置を用いる。

概要

本発明は被印刷材料に印刷を行う方法に関する。当該方法では、前記被印刷材料に印刷版をベースとする印刷方法で、特にオフセット式印刷方法で、および当該印刷版をベースとする印刷方法に対してインラインで印刷版のない印刷方法により、特にインクジェット式印刷方法で印刷が行われる。本発明により、前記印刷版をベースとする印刷方法の印刷速度に依存して前記印刷版のない印刷方法の印刷解像度が決定される。

目的

本発明は被印刷材料に印刷を行う新規な方法を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

被印刷材料印刷を行う方法であって、前記被印刷材料に印刷版ベースとする印刷方法、特にオフセット式印刷方法で、および当該印刷版をベースとする印刷方法に対してインラインで印刷版のない印刷方法によって、特にインクジェット式印刷方法で印刷が行われる方法において、前記印刷版をベースとする印刷方法の印刷速度に依存して前記印刷版のない印刷方法の印刷解像度が決定されることを特徴とする方法。

請求項2

前記印刷版のない印刷方法の印刷解像度は、前記被印刷材料の搬送方向に対する横断方向において、前記印刷版をベースとする印刷方法の前記印刷速度に依存していないことを特徴とする請求項1に記載の方法。

請求項3

前記印刷版のない印刷方法の印刷解像度は、前記被印刷材料の搬送方向において、前記印刷版をベースとする印刷方法の前記印刷速度に依存して決定されることを特徴とする請求項1または2に記載の方法。

請求項4

前記印刷版のない印刷方法の前記印刷解像度は、前記被印刷材料の搬送方向において、前記印刷版をベースとする印刷方法の前記印刷速度が、前記印刷版のない印刷方法の最大印刷速度であって、当該最大印刷速度において最大印刷解像度で印刷を行うことができる最大印刷速度よりも小さいか、あるいは前記印刷版のない印刷方法の最大印刷速度と同じ大きさである場合、前記印刷版のない印刷方法の前記印刷解像度は、前記被印刷材料の搬送方向において、前記印刷版のない印刷方法の前記最大印刷解像度に一致するように決定されることを特徴とする請求項3に記載の方法。

請求項5

前記印刷版のない印刷方法の前記印刷解像度は、前記被印刷材料の搬送方向において、前記印刷版をベースとする印刷方法の前記印刷速度が、前記印刷版のない印刷方法の最大印刷速度であって、当該最大印刷速度において最大印刷解像度で印刷を行うことができる最大印刷速度よりも大きい場合、前記印刷版のない印刷方法の前記印刷解像度は、前記被印刷材料の搬送方向において、前記印刷版のない印刷方法の前記最大印刷解像度よりも小さいように決定されることを特徴とする請求項3または4に記載の方法。

請求項6

前記印刷版をベースとする印刷方法の前記印刷速度が、前記印刷版のない印刷方法の最大印刷速度であって、当該最大印刷速度において最大印刷解像度で印刷を行うことができる最大印刷速度よりも大きい場合、前記印刷版のない印刷方法の前記印刷解像度は、前記被印刷材料の搬送方向において、以下の数式によって決定され、当該数式において、DAinkjetは、前記被印刷材料の搬送方向における前記印刷版のない印刷方法の前記印刷解像度であり、DAmaxinkjetは、前記印刷版のない印刷方法の前記最大印刷解像度であり、vmaxinkjetは、前記印刷版のない印刷方法の前記最大印刷速度であって、当該最大印刷速度において最大印刷解像度DAmaxinkjetで印刷を行うことができる前記最大印刷速度であり、voffsetは、前記印刷版をベースとする印刷方法の前記印刷速度であることを特徴とする請求項5に記載の方法。

請求項7

前記印刷版のない印刷方法の前記印刷解像度は、前記印刷版をベースとする印刷方法の最大印刷速度に依存して決定され、それによって前記印刷版のない印刷方法の前記印刷解像度は一定であるとともに前記印刷版をベースとする印刷方法の実際の印刷速度に依存しないことを特徴とする請求項1から6のいずれか一項に記載の方法。

請求項8

前記印刷版のない印刷方法の前記印刷解像度は、前記印刷版をベースとする印刷方法の実際の印刷速度に依存して決定され、それによって前記印刷版のない印刷方法の前記印刷解像度は可変であることを特徴とする請求項1から6のいずれか一項に記載の方法。

技術分野

0001

本発明は請求項1のおいて書き部に記載の被印刷材料印刷を行う方法に関する。

背景技術

0002

印刷版ベースとする、好適にオフセット印刷方式で作動する印刷機、例えばロール紙輪転印刷機および枚葉紙印刷機において、印刷版のないインクジェット式印刷装置が用いられることが増えている。当該インクジェット式印刷装置は特に、オフセット印刷を介して製造された印刷製品バーコードナンバリング、またはその他の標識によって特徴付けるために用いられる。このようなインクジェット式印刷装置は少なくとも一つのインクジェット用プリントヘッドを有し、当該インクジェット用プリントヘッドはいわゆるコンティニュアス型インクジェット方式、ドロップオンデマンドインクジェット方式サーマル・インクジェット方式、バブル・インクジェット方式またはその他のあらゆるインクジェット方式で形成され得る。

0003

インクジェット式印刷装置の最大印刷速度オフセット式印刷装置の最大印刷速度よりもはるかに小さいので、オフセット式およびインクジェット式で被印刷材料にインラインで印刷を行うことは困難である。

0004

インクジェット式印刷装置の実現可能な最大印刷速度を増大させるために、多数のインクジェット用プリントヘッドを備えるインクジェット式印刷装置を用いることが実践から知られている。すなわち、被印刷材料の搬送方向に対する横断方向もしくは印刷方向に対する横断方向に複数のインクジェット用プリントヘッドを備えるか、被印刷材料の搬送方向もしくは印刷方向に複数のインクジェット用プリントヘッドを備え、当該多数のインクジェット用プリントヘッドはアレー状もしくはマトリックス状に隣接して設けられているインクジェット式印刷装置を用いる。

発明が解決しようとする課題

0005

このようにしてインクジェット式印刷方法の印刷速度を増大させることができるが、例えば新聞印刷機として形成されたオフセット式ロール紙輪転印刷機であって、印刷版をベースとするオフセット印刷に対して15m/sまでの印刷速度で作動するオフセット式ロール紙輪転印刷機において、被印刷材料にインラインで印刷版のないインクジェット印刷方式による印刷を行うことは従来不可能であった。インクジェット式印刷方法に関しては従来、実現可能な印刷速度が最大で5m/sであるからである。これにより、被印刷材料に印刷版をベースとする印刷方法で印刷を行い、それに加えてインラインで印刷版のないインクジェット式印刷方法による印刷を行う必要がある場合、インクジェット式印刷方法によって塗布された印刷画線部には歪みが生じる結果となる。従って被印刷材料に印刷を行う方法であって、当該方法によって被印刷材料に5m/sより大きな高い印刷速度においてインラインで、もしくは印刷版をベースとする印刷方法と印刷版のないインクジェット式印刷方法とを同時に用いて印刷を行うことができ、しかも当該インクジェット式印刷方法によって塗布される印刷画線部に歪みが生じる危険がない方法が求められている。印刷版のない印刷方法として例えばレーザー印刷が用いられるときも、同様の問題が生じる。

課題を解決するための手段

0006

上記の点に鑑み、本発明は被印刷材料に印刷を行う新規な方法を提供することを課題とする。当該課題は請求項1に記載の方法によって解決される。本発明によれば印刷版をベースとする印刷方法の印刷速度に応じて印刷版のない印刷方法の印刷解像度が決定される。本発明では印刷版のない印刷方法、特にインクジェット式印刷方法の印刷解像度は、印刷版をベースとする印刷方法、特にオフセット式印刷方法の印刷速度によって決定される。印刷版をベースとする印刷方法の印刷速度が、印刷版のない印刷方法の最大印刷速度であって、当該最大印刷速度において最大の印刷解像度で印刷が行われ得る最大印刷速度に対して大きいほど、印刷版のない印刷方法の印刷解像度は小さくなる。

0007

これによって印刷版のない印刷方法によって塗布される印刷画線部が歪むという危険なしに、印刷版のない印刷方法を、当該方法に対して規定されている最大印刷速度よりも高い印刷速度で運転することが可能となる。

0008

好適に、印刷版のない印刷方法の印刷解像度は、被印刷材料の搬送方向に対する横断方向において見た場合、印刷版をベースとする印刷方法の印刷速度に依存していないが、印刷版のない印刷方法の印刷解像度は、被印刷材料の搬送方向において見た場合、印刷版をベースとする印刷方法の印刷速度に応じて決定される。

0009

本発明の好適なさらなる構成は従属請求項および以下の詳細な説明に記載されている。本発明の実施の形態を以下に図面に基づいてより詳細に説明する。図面に示すのは以下の通りである。

図面の簡単な説明

0010

本発明に係る被印刷材料に印刷を行う方法を明らかにするための第一の概略図である。
本発明に係る被印刷材料に印刷を行う方法を明らかにするための第二の概略図である。

実施例

0011

本発明は被印刷材料に印刷を行う方法に関する。当該方法において被印刷材料に、印刷版をベースとする印刷方法により、および、印刷版をベースとする印刷方法に対してインラインで印刷版のないインクジェット式印刷方法により、印刷が行われる。印刷版をベースとする印刷方法は好適にオフセット式印刷方法である。本発明に係る方法は好適に新聞印刷機のようなオフセット式ロール紙輪転印刷機において用いられ、それによってオフセット式ロール紙輪転印刷機内で、インラインでオフセット式印刷に加えてウェブ状の被印刷材料にインクジェット式印刷方法により印刷を行う。

0012

本発明において、被印刷材料に印刷版をベースとする印刷方法により、および同時に印刷版のないインクジェット式印刷方法により、インラインで印刷を行うにあたって、印刷版をベースとする印刷方法、特にオフセット式印刷方法の印刷速度に応じて、インクジェット式印刷方法の印刷解像度が決定されるように印刷が行われる。このとき印刷解像度は好適に、被印刷材料の搬送方向に対する横断方向においては、印刷版をベースとする印刷方法の印刷速度に依存していないが、インクジェット式印刷方法の印刷解像度は、被印刷材料の搬送方向においては、印刷版をベースとする印刷方法の印刷速度に依存しているように決定される。

0013

図1および2を参照しながら前記の点を以下に詳細に説明する。図1は従来のインクジェット式印刷方法によって実現可能な解像度を概略的に示しており、当該解像度は、被印刷材料の搬送方向に対する横断方向(矢印10)において見た場合も、被印刷材料の搬送方向(矢印11)において見た場合も同じである。従って被印刷材料の搬送方向に対する横断方向において見た場合、インクジェット式印刷方法によって印刷可能な画素間の距離xは、被印刷材料の搬送方向において見た場合の画素間の距離yと一致する。

0014

インクジェット式印刷方法の解像度の値は典型的に240×240dpiまたは300×300dpiである。このように被印刷材料の搬送方向に対する横断方向において見た場合も、被印刷材料の搬送方向において見た場合も等しい印刷解像度によって、文字Aは例えば図1に示すような方法で印刷され得る。

0015

印刷版をベースとする印刷方法、特にオフセット式印刷方法の印刷速度が、インクジェット式印刷方法の最大印刷速度であって、当該最大印刷速度においてインクジェット式印刷最大印刷解像度で印刷を行うことができる最大印刷速度よりも小さいか、あるいはインクジェット式印刷方法の最大印刷速度と同じ大きさである場合、被印刷材料の搬送方向および被印刷材料の搬送方向に対する横断方向におけるインクジェット式印刷方法の印刷解像度は、インクジェット式印刷方法の最大印刷解像度と一致する。

0016

これに対して印刷版をベースとする印刷方法、特にオフセット式印刷方法の印刷速度が、印刷版のないインクジェット式印刷方法の最大印刷速度であって、当該最大印刷速度においてインクジェット式印刷の最大解像度で印刷を行うことができる最大印刷速度よりも大きい場合、インクジェット式印刷方法の印刷解像度は、被印刷材料の搬送方向において見たとき、インクジェット式印刷方法の最大印刷解像度よりも小さいように選択される。

0017

印刷版をベースとする印刷方法の印刷速度が、印刷版のないインクジェット式印刷方法の最大印刷速度よりも大きい場合、被印刷材料の搬送方向におけるインクジェット式印刷方法の印刷解像度は以下の数式によって決定される。

0018

0019

前記の数式においてDAinkjetは、被印刷材料の搬送方向におけるインクジェット式印刷方法の印刷解像度であり、DAmaxinkjetは、インクジェット式印刷方法の最大印刷解像度であり、vmaxinkjetは、インクジェット式印刷方法の最大印刷速度であって、当該当該最大印刷速度において最大印刷解像度DAmaxinkjetで印刷を行うことができる最大印刷速度であり、voffsetは、印刷版をベースとする印刷方法の印刷速度である。

0020

従って前記の数式から、被印刷材料の搬送方向におけるインクジェット式印刷方法の印刷解像度は、印刷版をベースとする印刷方法、特にオフセット式印刷方法の搬送速度に依存しており、当該依存はインクジェット式印刷方法の印刷解像度が、印刷版をベースとする印刷方法の印刷速度に対して逆比例もしくは反比例するように行われる。

0021

具体的な実施の形態において、インクジェット式印刷方法の最大印刷解像度は、インクジェット式印刷方法の最大印刷速度が5m/sであるとき、300×300dpiであることを前提としている。このようなインクジェット式印刷方法によって、印刷版をベースとするオフセット式印刷方法であって、15m/sの印刷速度で作動するオフセット式印刷方法に対してインラインで被印刷材料に印刷を行うとすると、インクジェット式印刷方法の印刷解像度の値は、被印刷材料の搬送方向に対する横断方向において300dpiであり、被印刷材料の搬送方向において100dpiであるので、全体の解像度は300×100dpiとなる。

0022

図2はインクジェット式印刷方法の印刷解像度を減少させたものを示している。本図において被印刷材料の搬送方向に対する横断方向(矢印10)において見た場合、画素間の距離xは変わらないが、被印刷材料の搬送方向(矢印11)において見た場合の画素間の距離y*は増大している。従って文字Aは被印刷材料の搬送方向において見た場合、より少ない画素で印刷される。

0023

本発明の第一の変化形態によれば、インクジェット式印刷方法の印刷解像度は、印刷版をベースとする印刷方法、特にオフセット式印刷方法の最大印刷速度に依存して一度で決定され、それによってインクジェット式印刷方法の印刷解像度は一定であり、従って印刷版をベースとするオフセット式印刷方法の実際の印刷速度に依存しない。

0024

これにより、インクジェット式印刷方法によって印刷すべき印刷画線部は、印刷版をベースとするオフセット式印刷方法の速度領域全体にわたって均一な外観を呈することができる。

0025

インクジェット式印刷方法の印刷品質を最適化するために、インクジェット式印刷方法の印刷解像度は、印刷版をベースとするオフセット式印刷方法の実際の印刷速度に応じて決定されてもよい。それによってインクジェット式印刷方法の印刷解像度は可変となり、すなわち、印刷版をベースとするオフセット式印刷方法の、瞬間ごとに実際該当する印刷速度に依存することになる。

0026

本発明に係る印刷方法によって、インクジェット式印刷方法に対して許容される印刷速度を上回る印刷速度においても、オフセット式印刷とともにインラインでインクジェット式印刷によって、被印刷材料に高い印刷品質を有するように印刷を行うことができる。

0027

本発明は他の印刷版のない印刷方法、例えばレーザー印刷が、印刷版をベースとする印刷方法に対してインラインで用いられる場合にも適用可能である。

0028

10被印刷材料の搬送方向に対する横断方向を示す矢印
11 被印刷材料の搬送方向を示す矢印
x 被印刷材料の搬送方向に対する横断方向における画素間の距離
y 被印刷材料の搬送方向における画素間の距離
y* 被印刷材料の搬送方向における画素間の距離

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ