図面 (/)

技術 包着包装材

出願人 株式会社ソフトプラテック
発明者 池口茂高
出願日 2009年5月19日 (11年6ヶ月経過) 出願番号 2009-120924
公開日 2010年12月2日 (9年11ヶ月経過) 公開番号 2010-269803
状態 未査定
技術分野 一体成形容器 緩衝包装 被包材
主要キーワード スリット形成装置 軟質シート材 カップ状成形体 略椀形状 スリット形成 凸曲面状 真空プレス成形 真空吸引孔
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2010年12月2日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (8)

課題

従来に比して店頭での陳列等に適した外観性を得るとともに、通水性通気性をより向上させることができる包着包装材を提供する。

解決手段

全面に断続的な多数のスリット部15を形成した合成樹脂発泡体主体とする軟質シート状物11のカップ状成形体20であって、前記カップ状成形体20は、開口部35の内側中央部に形成された中央座部30と、前記中央座部30から内壁部41及び外壁部46へと一体に連接形成され凸曲面状開口縁部45を有する二重壁部40とを有することを特徴とする。

概要

背景

果物装飾品あるいは日用品または精密製品もしくは各種部品等をその衝撃や表面部の損傷から守るために、該被包装物の外側のほぼ全体を個別的に軟らかく包み込むことができる包着包装材が用いられる(例えば、特許文献1参照。)。

この包着包装材は、合成樹脂発泡体主体とする軟質シート状物よりなり、被包装物の底部が載置される略円形の中央座部と、前記中央座部を上方に持ち上げかつ該中央座部の下降とともに内方へ反転するように、当該中央座部から下部外方へ傾斜をもって延設された反転傾斜部と、前記反転傾斜部より外方へ形成された略円形包着部とからなる。

上記従来の包着包装材では、被包装物を中央座部に配置してその底部を押し付け反転傾斜部を反転させるだけで被包装物を包装することができ、特に、リンゴメロン等の略球形状の果物の包装に適している。また、中央座部の中心部に貫通孔を形成することにより、内部の水分を外部に排出することができる。さらに、この包着包装材は真空成形によって製造可能であるため経済的に有利であり、積み重ねが可能であるため、収納保管の際に省スペース化を図ることができて有利である。

しかるに、従来の包着包装材は、被包装物の包装に際して、そのほぼ全体を包着するものであるため、包装時には被包装物の外観が隠れてしまい、被包装物を包装したまま店頭陳列等する場合には外観上適していない。加えて、より優れた通水性通気性を持たせることができる包着包装材が望まれている。

概要

従来に比して店頭での陳列等に適した外観性を得るとともに、通水性や通気性をより向上させることができる包着包装材を提供する。全面に断続的な多数のスリット部15を形成した合成樹脂発泡体を主体とする軟質シート状物11のカップ状成形体20であって、前記カップ状成形体20は、開口部35の内側中央部に形成された中央座部30と、前記中央座部30から内壁部41及び外壁部46へと一体に連接形成され凸曲面状開口縁部45を有する二重壁部40とを有することを特徴とする。

目的

加えて、より優れた通水性や通気性を持たせることができる包着包装材が望まれている

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

全面に断続的な多数のスリット部を形成した合成樹脂発泡体主体とする軟質シート状物カップ状成形体であって、前記カップ状成形体は、開口部の内側中央部に形成された中央座部と、前記中央座部から内壁部及び外壁部へと一体に連接形成され凸曲面状開口縁部を有する二重壁部とを有することを特徴とする包着包装材

請求項2

前記スリット部が列状に平行に形成されている請求項1に記載の包着包装材。

請求項3

前記スリット部が隣接する列との間で連続部と交互に千鳥状に形成されている請求項2に記載の包着包装材。

請求項4

前記スリット部の長さが5〜20mmである請求項1ないし3のいずれか1項に記載の包着包装材。

請求項5

前記カップ状成形体が、予熱された軟質シート状物を上型及び下型を有する真空成形型に配置して真空プレス成形によって成形されている請求項1ないし4のいずれか1項に記載の包着包装材。

請求項6

前記中央座部が前記外壁部の下端より上方に位置する持上座部として形成されている請求項1ないし5のいずれか1項に記載の包着包装材。

請求項7

前記外壁部が前記開口縁部から上方へ反転可能に形成された請求項1ないし6のいずれか1項に記載の包着包装材。

技術分野

0001

本発明は、被包装物を個別に包装するための軟質包着包装材に関する。

背景技術

0002

果物装飾品あるいは日用品または精密製品もしくは各種部品等をその衝撃や表面部の損傷から守るために、該被包装物の外側のほぼ全体を個別的に軟らかく包み込むことができる包着包装材が用いられる(例えば、特許文献1参照。)。

0003

この包着包装材は、合成樹脂発泡体主体とする軟質のシート状物よりなり、被包装物の底部が載置される略円形の中央座部と、前記中央座部を上方に持ち上げかつ該中央座部の下降とともに内方へ反転するように、当該中央座部から下部外方へ傾斜をもって延設された反転傾斜部と、前記反転傾斜部より外方へ形成された略円形包着部とからなる。

0004

上記従来の包着包装材では、被包装物を中央座部に配置してその底部を押し付け反転傾斜部を反転させるだけで被包装物を包装することができ、特に、リンゴメロン等の略球形状の果物の包装に適している。また、中央座部の中心部に貫通孔を形成することにより、内部の水分を外部に排出することができる。さらに、この包着包装材は真空成形によって製造可能であるため経済的に有利であり、積み重ねが可能であるため、収納保管の際に省スペース化を図ることができて有利である。

0005

しかるに、従来の包着包装材は、被包装物の包装に際して、そのほぼ全体を包着するものであるため、包装時には被包装物の外観が隠れてしまい、被包装物を包装したまま店頭陳列等する場合には外観上適していない。加えて、より優れた通水性通気性を持たせることができる包着包装材が望まれている。

先行技術

0006

特許第2660987号公報

発明が解決しようとする課題

0007

本発明は前記の点に鑑みなされたものであり、従来に比して店頭での陳列等に適した外観性を得るとともに、通水性や通気性をより向上させることができる包着包装材を提供するものである。

課題を解決するための手段

0008

すなわち、請求項1の発明は、全面に断続的な多数のスリット部を形成した合成樹脂発泡体を主体とする軟質シート状物カップ状成形体であって、前記カップ状成形体は、開口部の内側中央部に形成された中央座部と、前記中央座部から内壁部及び外壁部へと一体に連接形成され凸曲面状開口縁部を有する二重壁部とを有することを特徴とする包着包装材に係る。

0009

請求項2の発明は、前記スリット部が列状に平行に形成されている請求項1に記載の包着包装材に係る。

0010

請求項3の発明は、前記スリット部が隣接する列との間で連続部と交互に千鳥状に形成されている請求項2に記載の包着包装材に係る。

0011

請求項4の発明は、前記スリット部の長さが5〜20mmである請求項1ないし3のいずれか1項に記載の包着包装材に係る。

0012

請求項5の発明は、前記カップ状成形体が、予熱された軟質シート状物を上型及び下型を有する真空成形型に配置して真空プレス成形によって成形されている請求項1ないし4のいずれか1項に記載の包着包装材に係る。

0013

請求項6の発明は、前記中央座部が前記外壁部の下端より上方に位置する持上座部として形成されている請求項1ないし5のいずれか1項に記載の包着包装材に係る。

0014

請求項7の発明は、前記外壁部が前記開口縁部から上方へ反転可能に形成された請求項1ないし6のいずれか1項に記載の包着包装材に係る。

発明の効果

0015

請求項1の発明に係る包着包装材は、全面に断続的な多数のスリット部を形成した合成樹脂発泡体を主体とする軟質シート状物のカップ状成形体であって、前記カップ状成形体は、開口部の内側中央部に形成された中央座部と、前記中央座部から内壁部及び外壁部へと一体に連接形成され凸曲面状の開口縁部を有する二重壁部とを有するため、従来に比して店頭での陳列等に適した外観性を得ることができるとともに、通水性や通気性に加え変形性をより向上させることができて、極めて良好に包装することができる。

0016

請求項2の発明は、請求項1において、前記スリット部が列状に平行に形成されているため、スリット部を簡便に形成することができ、製造効率の面で有利である。

0017

請求項3の発明は、請求項2において、前記スリット部が隣接する列との間で連続部と交互に千鳥状に形成されているため、外観性をより向上させることができる。

0018

請求項4の発明は、請求項1ないし3において、前記スリット部の長さが5〜20mmであるため、十分な通水性、通気性、変形性を得ると同時に必要な強度を確保することができ、外観性も損なうことがない。

0019

請求項5の発明は、請求項1ないし4において、前記カップ状成形体が、予熱された軟質シート状物を上型及び下型を有する真空成形型に配置して真空プレス成形によって成形されているため、簡便かつ大量に製造することが可能となり、経済的に有利である。

0020

請求項6の発明は、請求項1ないし5において、前記中央座部が前記外壁部の下端より上方に位置する持上座部として形成されているため、包装時に被包装物の底部が接地することを防止することができる。

0021

請求項7の発明は、請求項1ないし6において、前記外壁部が前記開口縁部から上方へ反転可能に形成されたため、被包装物の全体を簡単かつ確実に包装することができる。

図面の簡単な説明

0022

本発明の一実施例に係る包着包装材の上部側斜視図である。
包着包装材の底部側斜視図である。
包着包装材の断面図である。
外壁部を上方へ反転させた包着包装材の断面図である。
多数のスリット部を形成した軟質シート状物の平面図である。
スリット加工工程の一例を表した概略図である。
包着包装材を成形する真空成形型の断面図である。

実施例

0023

図1図4に示す本発明の一実施例に係る包着包装材10は、全面に断続的な多数のスリット部15を形成した合成樹脂発泡体を主体とする軟質シート状物11のカップ状成形体20であって、中央座部30と、二重壁部40とを有する。図3,4において、符号Mは、桃やリンゴ、メロン等の略球形状の果物からなる被包装物である。

0024

軟質シート状物11は、果物等の被包装物Mの表面を傷付けることなく柔らかく包み込むことが可能な柔軟性を有する材料によって形成される。この軟質シート材11としては、ポリエチレンポリプロピレンポリスチレンポリウレタン等の公知の合成樹脂発泡体を主体とする材料が好適に用いることができる。

0025

スリット部15は、軟質シート状物11を後述するカップ状成形体20に成形した際に多数の貫通孔として開口する部分であって、通水性や通気性の他、当該包着包装材10の変形性を高める利点がある。スリット部15の長さとしては、包着包装材10の大きさに応じて適宜設定されるが、外観性を損なうことなく十分な通水性、通気性、変形性を得ると同時に必要な強度を確保するために、5〜20mmとすることが好ましい。スリット部15の長さが5mm以下の場合、通水性や通気性、変形性の効果を十分に得るためにはスリット部15の数を必要以上に増やさなければならなくなり、外観上好ましくない。長さが20mm以上の場合、包着包装材10に必要な強度を確保するためにはスリット部15の数を必要以上に減らさなければならなくなり、外観上好ましくない。

0026

また、このスリット部15は、図5に示すように、軟質シート状物11の全面に列状に平行に形成されていることが好ましい。実施例のスリット部15は、軟質シート状物11の長さ方向に対して斜め方向となる列15A,15Bで形成されている。これにより、スリット部15を簡便に形成することができ、製造効率の面で有利である。特に、スリット部15が隣接する列15A,15Bとの間で連続部16と交互に千鳥状に形成することが好ましく勧められる。スリット部15を千鳥状に形成すれば、外観性をより向上させることができる。

0027

中央座部30は、開口部35の内側中央部に形成され、被包装物Mの底部が載置可能とされる。この中央座部30は、被包装物Mの形状に応じて、円形状、楕円形状、三角形状や四角形状等の多角形状等、適宜の形状に形成される。実施例の中央座部30は、略円形状である。

0028

二重壁部40は、中央座部30から内壁部41及び外壁部46へと一体に連接形成され凸曲面状の開口縁部45を有する。二重壁部40の開口縁部45にあっては、図1,3に示すように、軟質シート状物11が折り返して形成されるため、開口部35の保形性を高めることができる。

0029

内壁部41は、被包装物Mの外周側部を包着可能に構成される。この内壁部41としては、中央座部30の形状や被包装物Mの外形に応じた適宜の形状に形成されるが、被包装物Mを安定して包着するために、上端が下端より大径とするとともに外側へわずかに膨らんだ縦断面略円弧状とすることが好ましい。実施例では、図1,3に示すように、略椀形状である。

0030

外壁部46は、被包装物Mの包着時に当該包着包装材10を自立可能に構成される。外壁部46としては、開口部35の形状に応じて適宜の形状に形成されるが、安定した自立を可能とするために下端を上端より大径とすることが好ましい。また、この外壁部46は、図4に示すように、開口縁部45から上方へ反転可能に形成される。外壁部46を上方へ反転させることにより、被包装物Mの包着時にその上部を包み込むことが可能となるため、被包装物Mの全体を簡単かつ確実に包装することができる。このように被包装物Mの全体を包装する場合は、輸送時等に最適である。

0031

また、このカップ状成形体20では、図3に示すように、中央座部30が外壁部46の下端より上方に位置する持上座部30Aとして形成されていることが好ましい。この持上座部30Aにあっては、外壁部46の下端より上方に位置することにより、被包装物Mが載置された場合であっても被包装物Mの底部が接地することを防止することができる。これにより、特に、果物等を包装する際に底部の傷み等を抑制することができる。

0032

次に、図6,7を用いて、本発明の包着包装材10の製造工程について説明する。この製造工程では、軟質シート状物11にスリット部15を形成するスリット形成工程と、スリット部15が形成された軟質シート状物11をカップ状成形体に成形するカップ成形工程が実施される。

0033

図6に示すスリット形成工程では、従来公知のスリット形成装置50を使用することができる。この図において、符号12はスリット部が形成される前の軟質シート状物11のロール、13はスリット部15を形成した後の軟質シート状物11のロール、51は軟質シート状物11を供給する送出手段、52はシート状物11を巻き取る巻取手段、53,54は供給された軟質シート状物11を弛まないようにするためのガイドロール、55は軟質シート状物11にスリット部15を形成するための多数の刃56を備えたスリット形成手段である。

0034

スリット形成工程では、まず、軟質シート状物11のロール12が送出手段51からガイドロール53,54を経由して巻取手段52に供給される。その際、供給された軟質シート状物11は、ガイドロール53,54間で弛みがない状態とされている。次いで、所定の供給速度でロール12から随時軟質シート状物11が供給され、前記供給速度と略同一となる回転速度で供給方向と同一の回転方向にスリット形成手段55を回転させることにより、図5に示すように、軟質シート状物11の全面に多数のスリット部15が形成される。このようにして多数のスリット部15が形成された軟質シート状物11は、巻取手段52によってロール13として巻き取られ、次のカップ状成形工程に搬送される。

0035

カップ状成形工程では、成形性や経済性の観点から、図7に示す真空プレス成形が好適に実施され、予熱された軟質シート状物11を上型61及び下型66を有する真空成形型60に配置してカップ状成形体20が成形される。図7において、符号62は中央座部30と内壁部41と開口縁部45と外壁部46の所定形状を規定する上型61の型面、67は中央座部30と内壁部41と開口縁部45と外壁部46の所定形状を規定する下型66の型面、68は型面67に開口して図示しない真空ポンプ等に接続された真空吸引孔である。

0036

この真空プレス成形では、まず、前記スリット形成工程でスリット部15が形成された軟質シート状物11が80〜120℃程度に加熱されて軟化され、下型66の型面67上に載置される。次いで、真空吸引孔68を介して真空ポンプを作動させて軟質シート状物11を型面67に密着させ、該軟質シート状物11に対して上型61の型面62を押圧させることにより、カップ状成形体20に成形される。なお、成形後は、適宜外周のトリミングを行うことによって包着包装材10を得ることができる。

0037

このようにして製造された包着包装材10にあっては、開口部35を介して被包装物Mを中央座部30に載置するだけで、該被包装物Mの外観を全て隠すことなく効果的に包装することができるため、被包装物Mを包装したまま店頭に陳列等した場合であっても外観上好適である。また、多数のスリット部15が形成されているため、適度な通水性や通気性を得ることができ、変形性にも優れるため被包装物Mを安定かつ確実に包装することができる。さらに、必要に応じて外壁部46を反転させて被包装物Mの全体を包み込むことが可能であるため、より効果的に包装することができる。

0038

また、この包着包装材10は、保管や輸送に際して、特に折り畳む等する必要がなく、そのまま積み重ねることが可能であるため、省スペース化を図ることができて有利である。加えて、真空プレス成形によって成形することにより、簡便かつ大量に製造することが可能となり、経済的に有利となる。

0039

なお、本発明の包着包装材は、前述の実施例のみに限定されるものではなく、発明の趣旨を逸脱しない範囲において構成の一部を適宜に変更して実施することができる。例えば、実施例では、包着包装材の製造に際し、スリット形成工程と真空プレス成形とを個別に実施したが、連続的に実施して製造効率の向上を図ることができる。

0040

10包着包装材
11軟質シート状物
15スリット部
20カップ状成形体
30 中央座部
35 開口部
40二重壁部
41内壁部
45開口縁部
46外壁部
M 被包装物

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ