図面 (/)

技術 打錠杵の刻印面の洗浄方法

出願人 宇治電化学工業株式会社
発明者 榎一明高橋裕一武内勇
出願日 2009年5月25日 (10年9ヶ月経過) 出願番号 2009-124953
公開日 2010年12月2日 (9年3ヶ月経過) 公開番号 2010-269431
状態 特許登録済
技術分野 仕上研磨、刃砥ぎ、特定研削機構による研削 粉体及び可塑状体プレス
主要キーワード 所定溶液 所定メッシュ 刻印面 所定粒径 洗浄対象物 粉砕器 浸炭処理後 表面洗浄
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2010年12月2日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (8)

課題

打錠刻印面の凸部周辺や刻印面の平坦部に付着した粉末カスを効率よく除去できるとともに、刻印面以外の他の部分も同時に洗浄することが可能な打錠杵の刻印面の洗浄方法を提供する。

解決手段

洗浄すべき打錠杵と、乾式研磨材と、添加剤とを、高速遠心バレル研磨機に入れ、前記高速遠心バレル研磨機を所定時間回転させることにより、前記打錠杵の前記刻印面を洗浄するものである。前記添加剤として、研磨材であるコンパウンドを用いること、前記乾式研磨材として、アプリコットの種子(核)、ピーチの種子(核)、クルミの殻、コーンの芯を含む1つ又は2つ以上の種類の粉砕物を用いること、前記乾式研磨材の量が前記高速遠心バレル研磨機のバレルの総容量の50%程度であり、前記添加剤の量が前記乾式研磨材の量の2%〜5%であること、前記所定時間が約30分であることは、それぞれ本発明の好ましい態様である

概要

背景

錠剤に、その錠剤を特定するマーク、符号、記号、番号などを刻印するために打錠が用いられている。打錠杵は、金属製の太い円柱部と、その先端の細い円柱部からなり、細い円柱部の先端面には刻印すべきマークや番号などが凸部として設けられていて、この先端面は刻印面として機能する。打錠をある程度(10万回〜20万回)繰り返すと、刻印面の凸部の周辺や刻印面の平坦部などに錠剤の粉末カスが付着し、凸部が鮮明でなくなり、刻印が適切にできなくなる。

そこで、刻印面を清掃洗浄して、凸部周辺や刻印面の平坦部などに付着した、錠剤の粉末やカスを取り除く必要がある。従来は、図6に示すように、ハッチングで示す研磨材により打錠杵の刻印面に付着した粉末やカスを研磨・洗浄したり、あるいは他の方法として、図7に示すように、バフ研磨により打錠杵の刻印面の清掃を行っていた。例えば、第一実業株式会社が製作販売する「全自動研磨装置」では、十数本の打錠杵を回転シャフトの先端に取り付けた回転板に垂直に取り付け、回転シャフトが回転することにより、打錠杵の刻印面が研磨材と摩擦されて洗浄される。

下記の特許文献1には、打錠杵などの浸炭処理後の表面へのススの付着と最表層部の酸化による黒色化の対策としてバフ研磨やバレル研磨を行うこと及び所定溶液の酸に浸漬して表面洗浄することが開示されているが、刻印面の洗浄についての開示はない。

概要

打錠杵の刻印面の凸部周辺や刻印面の平坦部に付着した粉末やカスを効率よく除去できるとともに、刻印面以外の他の部分も同時に洗浄することが可能な打錠杵の刻印面の洗浄方法を提供する。洗浄すべき打錠杵と、乾式研磨材と、添加剤とを、高速遠心バレル研磨機に入れ、前記高速遠心バレル研磨機を所定時間回転させることにより、前記打錠杵の前記刻印面を洗浄するものである。前記添加剤として、研磨材であるコンパウンドを用いること、前記乾式研磨材として、アプリコットの種子(核)、ピーチの種子(核)、クルミの殻、コーンの芯を含む1つ又は2つ以上の種類の粉砕物を用いること、前記乾式研磨材の量が前記高速遠心バレル研磨機のバレルの総容量の50%程度であり、前記添加剤の量が前記乾式研磨材の量の2%〜5%であること、前記所定時間が約30分であることは、それぞれ本発明の好ましい態様である

目的

本発明は、打錠杵の刻印面の凸部周辺や刻印面の平坦部に付着した粉末やカスを効率よく除去できるとともに、刻印面以外の他の部分も同時に洗浄することが可能な打錠杵の刻印面の洗浄方法を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

打錠刻印面洗浄方法であって、洗浄すべき打錠杵と、乾式研磨材と、添加剤とを、高速遠心バレル研磨機に入れ、前記高速遠心バレル研磨機を所定時間回転させることにより、前記打錠杵の前記刻印面を洗浄する洗浄方法。

請求項2

前記添加剤として、研磨材であるコンパウンドを用いることを特徴とする請求項1に記載の洗浄方法。

請求項3

前記乾式研磨材として、アプリコットの種子(核)、ピーチの種子(核)、クルミの殻、コーンの芯を含む1つ又は2つ以上の種類の粉砕物を用いることを特徴とする請求項1又は2に記載の洗浄方法。

請求項4

前記乾式研磨材の量が前記高速遠心バレル研磨機のバレルの総容量の50%程度であり、前記添加剤の量が前記乾式研磨材の量の2%〜5%であることを特徴とする請求項1から3のいずれか1つに記載の洗浄方法。

請求項5

前記所定時間が約30分であることを特徴とする請求項1から4のいずれか1つに記載の洗浄方法。

技術分野

0001

本発明は、打錠刻印面洗浄方法に関し、錠剤刻印するための打錠杵の刻印面の洗浄方法の改良に関する。

背景技術

0002

錠剤に、その錠剤を特定するマーク、符号、記号、番号などを刻印するために打錠杵が用いられている。打錠杵は、金属製の太い円柱部と、その先端の細い円柱部からなり、細い円柱部の先端面には刻印すべきマークや番号などが凸部として設けられていて、この先端面は刻印面として機能する。打錠をある程度(10万回〜20万回)繰り返すと、刻印面の凸部の周辺や刻印面の平坦部などに錠剤の粉末カスが付着し、凸部が鮮明でなくなり、刻印が適切にできなくなる。

0003

そこで、刻印面を清掃洗浄して、凸部周辺や刻印面の平坦部などに付着した、錠剤の粉末やカスを取り除く必要がある。従来は、図6に示すように、ハッチングで示す研磨材により打錠杵の刻印面に付着した粉末やカスを研磨・洗浄したり、あるいは他の方法として、図7に示すように、バフ研磨により打錠杵の刻印面の清掃を行っていた。例えば、第一実業株式会社が製作販売する「全自動研磨装置」では、十数本の打錠杵を回転シャフトの先端に取り付けた回転板に垂直に取り付け、回転シャフトが回転することにより、打錠杵の刻印面が研磨材と摩擦されて洗浄される。

0004

下記の特許文献1には、打錠杵などの浸炭処理後の表面へのススの付着と最表層部の酸化による黒色化の対策としてバフ研磨やバレル研磨を行うこと及び所定溶液の酸に浸漬して表面洗浄することが開示されているが、刻印面の洗浄についての開示はない。

先行技術

0005

特開2002−1593号公報(段落0029)

発明が解決しようとする課題

0006

かかる従来の研磨材やバフ研磨による方法では、十分に粉末やカスが除去できなかった。そのため、錠剤へのその後の刻印が不鮮明となってしまうことがあった。また、かかる従来の方法中、刻印面のみを洗浄する方法では、刻印面以外の部分は汚れたままであった。そのため刻印面以外の部分に付着した粉末やカスが二次的に刻印面を汚す原因となったり、作業環境を悪化させるなどの問題点があった。

0007

したがって、本発明は、打錠杵の刻印面の凸部周辺や刻印面の平坦部に付着した粉末やカスを効率よく除去できるとともに、刻印面以外の他の部分も同時に洗浄することが可能な打錠杵の刻印面の洗浄方法を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0008

上記目的を達成するため、本発明の打錠杵の刻印面の洗浄方法は、洗浄すべき打錠杵と、乾式研磨材と、添加剤とを、高速遠心バレル研磨機に入れ、前記高速遠心バレル研磨機を所定時間回転させることにより、前記打錠杵の前記刻印面を洗浄するものである。

0009

前記添加剤として、研磨材であるコンパウンドを用いることは本発明の好ましい態様である。

0010

また前記乾式研磨材として、アプリコットの種子(核)、ピーチの種子(核)、クルミの殻、コーンの芯を含む1つ又は2つ以上の種類の粉砕物を用いることは本発明の好ましい態様である。

0011

また前記乾式研磨材の量が前記高速遠心バレル研磨機のバレルの総容量の50%程度であり、前記添加剤の量が前記乾式研磨材の量の3%〜5%であることは本発明の好ましい態様である。

0012

さらにまた前記所定時間が約30分であることは本発明の好ましい態様である。

発明の効果

0013

本発明の打錠杵の刻印面の洗浄方法によれば、打錠杵の刻印面とそれ以外の部分を効率よく短時間で洗浄することが可能であり、よって、洗浄後の刻印が鮮明となり、従来のように不十分な洗浄による不鮮明な刻印の発生という問題が解決できる。また、本発明によれば刻印面以外の他の部分も同時に洗浄されるので、付着していた粉末やカスによる2次被害汚染)を避けることが可能となった。

図面の簡単な説明

0014

本発明の打錠杵の刻印面の洗浄方法の好ましい実施の形態の工程を示すフローチャートである。
打錠杵を相当回数の打錠に用いた後、本発明の打錠杵の刻印面の洗浄方法の好ましい実施の形態による洗浄を行わない場合の打錠杵示す写真である。
打錠杵を相当回数の打錠に用いた後、本発明の打錠杵の刻印面の洗浄方法の好ましい実施の形態による洗浄を行った場合の打錠杵示す写真である。
打錠杵を相当回数の打錠に用いた後、本発明の打錠杵の刻印面の洗浄方法の好ましい実施の形態による洗浄を行わない場合の打錠杵により続けて打錠して得た錠剤の刻印状態を示す写真である。
打錠杵を相当回数の打錠に用いた後、本発明の打錠杵の刻印面の洗浄方法の好ましい実施の形態による洗浄を行った場合の打錠杵により打錠して得た錠剤の刻印状態を示す写真である。
従来の洗浄(清掃)方法を示す模式図である。
従来の洗浄(清掃)方法の他の例を示す模式図である。

実施例

0015

以下、本発明の打錠杵の刻印面の洗浄方法の好ましい実施の形態について、図面を用いて説明する。本発明の打錠杵の刻印面の洗浄方法の好ましい実施の形態における工程を図1のフローチャートに示す。図1において、ユーザはステップ1で乾式研磨材と添加剤とを高速遠心バレル研磨機のバレル(小型の研磨機ではポットとも言う)に投入する。高速遠心バレル研磨機としては、例えば、出願人会社(宇治電化学工業株式会社)製のDC400TWタイプを用いることができる。次いでステップ2で洗浄すべき打錠杵を1本、高速遠心バレル研磨機のバレル(ポット)に投入する。本実施の形態で用いた打錠杵は、最大直径部の直径が約20mm、長さが約150mmのものである。ステップ1とステップ2は逆の順番でもよいし、同時に行ってもよい。

0016

乾式研磨材としては、アプリコットやピーチの種子(核)、クルミの殻、コーンの芯などの粉砕物を用いることができる。かかる粉砕物は、粉砕器ミキサーにより殻の付いた状態の原料粉砕し、所定メッシュのふるいにかけて、所定粒径にすることにより準備される。アプリコットやピーチの場合は、種子のみを取り出し、乾燥させてから、同様に粉砕する。コーンの場合は、芯のみを用いるが、芯から実である粒を取り外し、芯を乾燥させてから、同様に粉砕する。これらの粉砕物は、単独で用いることもできるし、複数種類所定割合で混合して使用することもできる。この実施の形態では、粒径は#46、すなわち1mm程度である。また添加剤としては、研磨材であるコンパウンドを用いることができる。コンパウンドとしては、例えば、ペースト状の洗浄用専用クリームとして知られているUTクリームNo. 50を用いることができる。乾式研磨材と添加剤の量は、次のようにすることが好ましい。先ず、ポット(バレル)の総容量の50%程度の乾式研磨材を投入し、乾式研磨材量の2%〜5%の添加剤を投入する。

0017

上記投入が完了すると、ステップ3で高速遠心バレル研磨機によるバレル研磨を開始する。この高速遠心バレル研磨機としては、例えば、乾式高速洗浄機として知られている直径120mm×長さ200mmサイズのポットを有し、回転数180rpmで運転するものとする。なお、回転速度は、ポット内の洗浄対象物の量や、研磨材などの量に応じて必要があれば変更するものとする。バレルの回転時間は、上記例の場合は、30分程度が好ましい(ステップ3〜ステップ5)。バレルの回転により、乾式研磨材と添加物が打錠杵の刻印面やその他の部分に衝突することで洗浄が行われる。洗浄が終了するとステップ6で、バレルから打錠杵が取り出される。

0018

図2は、打錠杵を相当回数(例えば10万回)の打錠に用いた後、本発明の打錠杵の刻印面の洗浄方法の好ましい実施の形態による洗浄を行わない場合の打錠杵を示す写真であり、図3は、打錠杵を上記相当回数打錠に用いた後、本発明の打錠杵の刻印面の洗浄方法の好ましい実施の形態による洗浄を行った場合の打錠杵を示す写真である。図2図3の(A)は、それぞれ打錠杵の刻印面を含む打錠杵の先端部を斜視図として示し、図2図3の(B)は、それぞれ打錠杵の刻印面を示す写真である。図2の(B)と図3の(B)の比較からわかるように、本発明の洗浄方法で洗浄した打錠杵の刻印面は、凹凸が鮮明となっているのに対し、洗浄していない打錠杵の刻印面は、凹凸が比較的不鮮明である。

0019

次に、図2図3に示した洗浄前と洗浄後の打錠杵を用いてそれぞれ、打錠を行った場合の比較について説明する。図4は、打錠杵を打錠に用いた後、本発明の打錠杵の刻印面の洗浄方法の好ましい実施の形態による洗浄を行わない場合の打錠杵により続けて打錠して得た錠剤の刻印状態を示す写真である。また、図5は、打錠杵を打錠に用いた後、本発明の打錠杵の刻印面の洗浄方法の好ましい実施の形態による洗浄を行った場合の打錠杵により打錠して得た錠剤の刻印状態を示す写真である。図4では、刻印部の凹凸が不鮮明であるのに対し、図5では、刻印部の凹凸が鮮明であることがわかる。

0020

上記実施の形態では、打錠杵の刻印面には、凸部が設けられていて、錠剤に凹部の刻印がされる場合を例に挙げて説明したが、打錠杵の刻印面には、凹部が設けられていて、錠剤に凸部の刻印がされる場合においても、本発明は適用可能であり、同様の洗浄効果を示すことができる。

0021

以上のように、本発明に係る打錠杵の刻印面の洗浄方法によれば、打錠杵の刻印面が効率的にかつ十分洗浄されるので、刻印面の凸部の周辺や平坦部に付着した粉末やカスが十分清掃、洗浄され、打錠前の状態とほほ同じ状態となり、よって、洗浄後の打錠杵を用いて行った打錠によるマークや数字、記号などの刻印部が鮮明となるので、本発明は打錠杵を用いた打錠作業を伴う製薬業あるいは打錠業において広く利用可能である。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • モリッカ,サルヴァトーレの「 能動的炉分離チャンバ」が 公開されました。( 2019/08/22)

    【課題・解決手段】熱間静水圧プレス処理されるべき構成要素を含有するための炉分離チャンバが、開示される。開示される炉は、チャンバ内の熱勾配を介して、解放された有毒ガスの格納を補助するための、本来の受動的... 詳細

  • 大森機械工業株式会社の「 圧縮成形装置」が 公開されました。( 2019/08/15)

    【課題】駆動部の動力を回転体の回転運動と保持部の移動運動とに共用する。【解決手段】回転体が下部回転盤312、下部フランジ313、テーブル314及び上部取付盤315を有する。その回転体はモーター310に... 詳細

  • 株式会社菊水製作所の「 粉体圧縮成形機とモジュールとの連結構造」が 公開されました。( 2019/08/15)

    【課題】粉体圧縮成形機に成形品を取り出して移送するモジュールを簡便に連結できるようにする。【解決手段】粉体圧縮成形機Aに対して、この成形機Aのテーブル上から成形品を取り出して移送するモジュールB、C、... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ