図面 (/)

技術 バター容器

出願人 小縣陽子
発明者 小縣陽子
出願日 2009年5月4日 (8年7ヶ月経過) 出願番号 2009-128260
公開日 2010年11月18日 (7年1ヶ月経過) 公開番号 2010-259742
状態 未査定
技術分野 食卓用器具 食卓容器 内容物取出用特殊手段をもつ容器・包装体 環境に敏感な生物、食品又は薬品の包装
主要キーワード 長立方体 縦長部分 縦長方向 バターナイフ 詰め替える 外装箱 内容器 スライドレール

この技術の活用可能性のある市場・分野

関連する未来課題
重要な関連分野

この技術に関連する成長市場

関連メディア astavision

  • 機械学習・深層学習(Deep Learning)

    2012年6月26日、Google Official Blog は、ネコと思しき1枚の画像とともにあ…

  • 生体情報デバイス・バイオセンサ

    「音楽を学習した人工知能は、人間を感動させることができるか?」をテーマに、クラブイベント「2045」…

  • 太陽光発電・太陽電池・人工光合成

    2015年4月30日、米国の電気自動車ベンチャーTesla Motors社や宇宙開発ベンチャーSpa…

後で読みたい技術情報を見つけたら、ブックマークしておきましょう!

ページの右上にあるブックマークボタンからこのページをブックマークできます。
あなたがブックマークした技術情報は、いつでもマイページのリストから閲覧することが出来ます。

この項目の情報は公開日時点(2010年11月18日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (8)

課題

バターナイフを用いることなくパンバターを均一に塗ることが出来、かつ冷蔵庫内収納場所を取らず清潔に保存できる、バターをスライダーで押し出して塗ることが出来るバター容器を提供する。

解決手段

(イ)外装函に短溝を設け、先端の一方を天蓋、他方を外装函の開口部とする。(ロ)内容器に縦長溝を設けてスライドレールとし、内容器の先端の一方を底部、他方を内容器の開口部とする。(ハ)内容器にバターを収容し、内容器のスライドレールの外側より縦長溝を介してスライダーの突出片をバターに差し込む。(ニ)外装函の短溝を内容器に被せ、短溝をスライダーに差し込むことで、外装函が蓋になる。 以上の構成よりなるバター容器。

背景

従来市販されているバターは、長立方体固形物銀紙に包んだうえ紙製包装箱入れ販売されており、バターを購入した後各家庭バターケース詰め替えバターナイフで長立方体の固形バターを削りながらパンに塗って食するのが主である。

概要

バターナイフを用いることなくパンにバターを均一に塗ることが出来、かつ冷蔵庫内収納場所を取らず清潔に保存できる、バターをスライダーで押し出して塗ることが出来るバター容器を提供する。(イ)外装函に短溝を設け、先端の一方を天蓋、他方を外装函の開口部とする。(ロ)内容器に縦長溝を設けてスライドレールとし、内容器の先端の一方を底部、他方を内容器の開口部とする。(ハ)内容器にバターを収容し、内容器のスライドレールの外側より縦長溝を介してスライダーの突出片をバターに差し込む。(ニ)外装函の短溝を内容器に被せ、短溝をスライダーに差し込むことで、外装函が蓋になる。 以上の構成よりなるバター容器。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

(イ)外装函(1)の縦長部分一辺に短溝(2)を設け、先端の一方を天蓋(3)、他方を外装函の開口部(4)とする。(ロ)内容器(5)の縦長部分の一辺に縦長溝(6)を設けてスライドレールとし、内容器(5)の先端の一方を底部(7)、他方を内容器の開口部(8)とする。(ハ)内容器(5)にバターを収容し、内容器(5)のスライドレールの外側より縦長溝(6)を介して、スライダー(10)の突出片(12)をバター(9)に差し込む。(ニ)外装函(1)を内容器(5)に被せ、短溝(2)をスライダー(10)に差し込むことで、外装函(1)が内容器(5)の蓋になる。以上の構成よりなるバター容器

技術分野

0001

本発明は、バターナイフを用いることなくパンバターを均一に塗ることが出来、かつ冷蔵庫内収納しておくのに場所を取らず、清潔に保存出来るバター容器である。さらにバターをスライダーで押し出して塗ることが出来るバター容器に関するものである。

背景技術

0002

従来市販されているバターは、長立方体固形物銀紙に包んだうえ紙製包装箱入れ販売されており、バターを購入した後各家庭バターケース詰め替え、バターナイフで長立方体の固形バターを削りながらパンに塗って食するのが主である。

先行技術

0003

実用新案登録3047279公報

発明が解決しようとする課題

0004

そのために、次のような問題点があった
(イ)バターを購入後ケース詰め替える時手がバターで汚れたり、食事の後ナイフを拭きとったり洗剤で洗ったり、手間がかかる。バターの脂で指がべとついて気持ちの良いものではなかった。
(ロ)従来のバターを入れる容器は保存収納しておくために、冷蔵庫の中である程度の場所を取るものであった。
(ハ)バターは繊細な食品なので、バターナイフが差し込まれたような容器や蓋の緩いものだと他の食品の匂いが移って、バターの香りや味が損なわれるものであった。
本発明はこれらの欠点を解決するためになされたものである。

課題を解決するための手段

0005

(イ)角柱状外装函(1)に短溝(2)を設け、先端の一方を天蓋(3)、他方を外装函の開口部(4)とする。
(ロ)そして内容器(5)の縦長部分一辺に縦長溝(6)を設けてスライドレールとし内容器(5)の先端の一方を底部(7)、他方を内容器の開口部(8)とする。
(ハ)内容器(5)にバター(9)を収容し、内容器(5)の外側より、縦長溝(6)を介してスライダー(10)の突出片(12)をバター(9)に差し込む。
(ニ)外装函(1)を内容器(5)に被せ、短溝(2)をスライダー(10)に差し込むことで外装函(1)が内容器(5)の蓋になる。
本発明は、以上のような構成からなるバターをスライダーで押し出してパンに塗ることが出来るバター容器である。

発明の効果

0006

(イ)バターの容器自体でパンにバターを塗ることが出来る構造なので、バターナイフやバターケースを必要とせず、購入したバターをバターケース等に移す手間もかからない。それゆえ手が脂でべたついたりバターナイフの脂汚れを拭き取ったり洗剤で洗ったりといった手間からも解放される。
(ロ)バターはデリケートな食品なので、バターナイフが差し込まれたままだったり容器の蓋が緩かったりすると、冷蔵庫内の他の食品の臭いが移ってしまうものだが、本発明はバターを収容する内容器に外装函が密着して被さるのでバターを新鮮に保存出来るうえ、バターを簡単に塗ることが出来る。
(ハ)従来のようなバターケース等を必要とせず、形状も簡易で無駄がなくスリムなので、冷蔵庫内で場所も取らずポケットに立てて収納することが出来る。
(ニ)現状のようにバターを銀紙に包んだうえ紙製の外装箱に入れたりせずとも、製造段階で本発明の内容器に直接バターを入れ、蓋となる外装函をパッケージとすることが出来、販売時の包装箱が即食卓でのバター塗り器として活用出来る。
(ホ)プラスチック等の素材でバター塗り器を製造すれば、市販のバターを購入した後バター塗り器に差し込む手間はかかるが、何回でも末長く繰り返し使用出来、使用の際に付いた脂はお湯で簡単に落ちるのでいつまでも清潔に使用出来る。バター塗り器がバターの保存に適した容器としての機能を兼ね備えるものであることに変わりはない。

図面の簡単な説明

0007

本発明の斜視図 本発明の内容器の斜視図 本発明の分離斜視図 本発明の内容器の斜視図 本発明のスライダーの斜視図 本発明の外装函の斜視図 本発明の使用状態を示す斜視図

実施例

0008

以下、本発明の実施の形態について説明する。
(イ)一端を開口して内容器の開口部(8)とし、他端を閉口して底部(7)とする中空直方体からなる内容器(5)の一つ側面の中央に容器の縦長方向に内容器の開口部(8)の口辺より底部(7)までの縦長溝(6)を設ける。
(ロ)一端を開口して外装函の開口部(4)とし、他端を閉口して天蓋(3)とする中空の直方体状からなる外装函(1)の一つの側面の中央に容器の縦長方向に外装函の開口部(4)の口辺より天蓋(3)に向けて短溝(2)を設ける。
(ハ)基台(11)の下面に突出片(12)を設けたスライダー(10)は内容器(5)に収容されているバター(9)に内容器(5)の外側より縦長溝(6)の隙間より差し込む。
(ニ)バター(9)を収納した内容器(5)に外装函(1)を被せておく。その時スライダー(10)は外装函(1)の短溝(2)に嵌める。
本発明は以上のような構成で、これを使用する時は、
(イ)内容器の開口部(8)よりバター(9)を内容器(5)に収容する。
(ロ)内容器(5)の縦長溝(6)介して、スライダー(10)の突出片(12)をバター(9)に差し込み、スライダー(10)を固定する。
(ハ)内容器(5)に収納したバター(9)をパンに塗る時は、内容器(5)に被せた外装函(1)を取りはずし、内容器(5)を握りながら、スライダー(10)を指ですべらせることで、バター(9)は内容器の開口部(8)より外に徐々に押し出されパンに塗ることが出来る。
(ニ)バター(9)はスライダー(10)の基台(11)を、縦長溝(6)に沿って滑らせた長さと同じ長さが押し出されるので、スライダー(10)の基台(11)を指で調節しながら、パンに塗るのに適した長さだけバター(9)を押し出して使用する。
(ホ)バター(9)を使用した後は、スライダー(10)の基台(11)を内容器の開口部(8)から内容器(5)の底部(7)方向に指で押し戻せば、バター(9)を内容器(5)に容易に収納出来る。
(ヘ)一端を開口して外装函の開口部(4)とし他端を閉口して天蓋(3)とする直方体からなる外装函(1)の一側面に外装函の開口部(4)の口辺より中空に向けて設けた短溝(2)を、一端を開口して内容器の開口部(8)とし、他端を閉口して底部(7)とする中空の直方体からなる内容器の開口部(8)の口辺より中空に向けて設けた縦長溝(6)に沿って内容器(5)の底部(7)際まで押し戻されたスライダー(10)の基台(11)に差し込めば、外装函(1)が内容器(5)を完全に覆い、蓋の役割を果たすので、そのまま冷蔵庫に立てて収納する。

0009

(1)外装函
(2) 短溝
(3)天蓋
(4) 外装函の開口部
(5)内容器
(6) 縦長溝
(7) 底部
(8) 内容器の開口部
(9)バター
(10)スライダー
(11)基台
(12) 突出片

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する未来の課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • 超小型モビリティ・パーソナルモビリティ

    軽自動車よりも更にコンパクトな電気自動車で、1人から2人程度の乗車定員のものを超小型モビリティと呼ば…

  • 高度運転支援・自動運転

    2015年1月、米国ラスベガスで開催された「2015 International CES (Cons…

  • 高性能コンピュータ

    2015年4月、理化学研究所は新規のスーパーコンピュータシステム「HOKUSAI GreatWave…

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

新着 最近公開された関連が強い技術

  • 株式会社ジャパンゲートウェイの「流体提供装置」が公開されました。(2017/10/05)

    【課題・解決手段】コネクタが取り付けられた袋を保持する枠体と、前記袋から流体を吸引し吐出する吸引吐出装置と、を備えた流体提供装置であって、前記枠体は、前記枠体の内周壁から下方に向けて延伸するとともに、... 詳細

  • 株式会社鮮冷の「冷凍保存用水産加工品の提供方法」が公開されました。(2017/10/05)

    【課題】冷凍水産加工品をポリ袋などで包装することなく、使い勝手の良い容器に直接収納して需要者に提供する方法を提供する。【解決手段】収納した冷凍水産加工品の量を外部から視認できる透明度を有するプラスチッ... 詳細

  • 株式会社ハタの「吐出容器」が公開されました。(2017/10/05)

    【課題】固定仕切部および回転仕切部を、操作性と気密性を備えた適切な構成とし、かつ、容易に組み立て可能な吐出容器を提供する。【解決手段】容器本体10と、容器本体10に対して回転可能に取り付けられる蓋部2... 詳細

この技術と関連性が強い技術

この技術と関連性が強い人物

この技術と関連する未来の課題

関連する未来の課題一覧

この技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ