図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2010年11月11日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (9)

課題

転写材先端部を把持しても良好な画像形成を行う。

解決手段

トナー像担持する中間転写ベルトと、転写材33を把持するグリッパを有し、中間転写ベルトに担持された像を転写材33に転写する転写ローラーと、トナー像が転写された転写材33を吸引搬送する転写材搬送ベルト44aと、転写材搬送ベルト44aで搬送された転写材33を定着する定着部46と、転写材搬送ベルト44aで搬送された転写材33を定着部46にガイドするガイド面45a1を有するとともに、ガイド面45a1は転写材搬送ベルト44aの転写材搬送面44a2より、転写材搬送ベルト44aによる転写材33を吸引する側に配設される転写材ガイド部45とを有する画像形成装置1である。

概要

背景

液体現像剤を用いた湿式画像形成装置では、紙等の転写材トナー像側の転写面が中間転写媒体圧接されるため、転写後に転写材は中間転写媒体に張り付き易い。そこで、従来、転写後の転写材の先端に空気を吹き付けて転写材を転写ローラーから剥離させる画像形成装置が提案されている(例えば、特許文献1参照)。

一方、乾式現像剤を用いた画像形成装置において、感光体に圧接される転写ドラムグリッパで転写材の先端部をグリップした状態で、感光体のトナー像を転写材に転写する画像形成装置が提案されている(例えば、特許文献2参照)。転写材の先端部をグリップした状態で転写を行うことで、転写後に転写材を感光体から剥離させることが容易となる。
更に、複数の吸引孔を有する転写材搬送ベルトで転写後の転写材を吸引しながら搬送するとともに、この転写材をガイド定着部にガイドする画像形成装置が提案されている(例えば、特許文献3参照)。転写材搬送ベルトで転写材を定着部に吸引搬送することで、良好な転写材搬送性が得られるとともに良好な定着が得られる。

概要

転写材先端部を把持しても良好な画像形成を行う。トナー像を担持する中間転写ベルトと、転写材33を把持するグリッパを有し、中間転写ベルトに担持された像を転写材33に転写する転写ローラーと、トナー像が転写された転写材33を吸引搬送する転写材搬送ベルト44aと、転写材搬送ベルト44aで搬送された転写材33を定着する定着部46と、転写材搬送ベルト44aで搬送された転写材33を定着部46にガイドするガイド面45a1を有するとともに、ガイド面45a1は転写材搬送ベルト44aの転写材搬送面44a2より、転写材搬送ベルト44aによる転写材33を吸引する側に配設される転写材ガイド部45とを有する画像形成装置1である。

目的

本発明はこのような事情に鑑みてなされたものであって、その目的は、転写材の先端部を転写材把持部材で把持しても良好な画像形成を行うことのできる画像形成装置および画像形成方法を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

像を担持する像担持体と、転写材把持する転写材把持部材を有し、前記像担持体に担持された前記像を前記転写材に転写する転写ローラーと、前記像が転写された前記転写材を吸引搬送する転写材搬送ベルトと、前記転写材搬送ベルトで搬送された前記転写材を定着する定着部と、前記転写材搬送ベルトで搬送された前記転写材を前記定着部にガイドするガイド面を有するとともに、前記ガイド面は前記転写材搬送ベルトの転写材搬送面より、前記転写材搬送ベルトによる前記転写材を吸引する側に配設される転写材ガイド部と、を有することを特徴とする画像形成装置

請求項2

前記転写材ガイド部は、前記転写材搬送ベルトのローラーによる巻き掛け部に対向する位置に曲率部を有する請求項1に記載の画像形成装置。

請求項3

前記転写材ガイド部の前記ガイド面は、前記転写材搬送ベルトの前記転写材搬送面に対して、前記転写材搬送ベルトによる前記転写材を吸引する側に傾斜する請求項1または2に記載の画像形成装置。

請求項4

転写ローラーの転写材把持部材で転写材を把持する転写材把持工程と、前記転写ローラーを前記転写材を介して像担持体と当接させ、前記像担持体に担持された像を転写材に転写する転写工程と、前記像が転写された前記転写材を転写材搬送ベルトにより吸引しながら搬送する転写材搬送工程と、前記転写材搬送ベルトの転写材搬送面より、前記転写材搬送ベルトによる前記転写材を吸引する側に配設されたガイド面により、前記転写材搬送工程で搬送された前記転写材をガイドする転写材ガイド工程と、前記転写材ガイド工程でガイドされた前記転写材を定着する定着工程と、を有することを特徴とする画像形成方法

技術分野

0001

本発明は、転写材把持部が設けられるとともに像担持体の像を転写材に転写する転写ローラーを有する電子写真方式画像形成装置および画像形成方法に関する。

背景技術

0002

液体現像剤を用いた湿式画像形成装置では、紙等の転写材のトナー像側の転写面が中間転写媒体圧接されるため、転写後に転写材は中間転写媒体に張り付き易い。そこで、従来、転写後の転写材の先端に空気を吹き付けて転写材を転写ローラーから剥離させる画像形成装置が提案されている(例えば、特許文献1参照)。

0003

一方、乾式現像剤を用いた画像形成装置において、感光体に圧接される転写ドラムグリッパで転写材の先端部をグリップした状態で、感光体のトナー像を転写材に転写する画像形成装置が提案されている(例えば、特許文献2参照)。転写材の先端部をグリップした状態で転写を行うことで、転写後に転写材を感光体から剥離させることが容易となる。
更に、複数の吸引孔を有する転写材搬送ベルトで転写後の転写材を吸引しながら搬送するとともに、この転写材をガイド定着部にガイドする画像形成装置が提案されている(例えば、特許文献3参照)。転写材搬送ベルトで転写材を定着部に吸引搬送することで、良好な転写材搬送性が得られるとともに良好な定着が得られる。

先行技術

0004

特許第3128067号公報。
特開平3−4241号公報。
特開平6−135613号公報。

発明が解決しようとする課題

0005

ところで、前述の特許文献1に記載の画像形成装置では、転写材の先端部に空気を単に吹き付けているだけであるため、転写材の剥離を確実に行うことは難しい。そこで、特許文献1に記載の液体現像剤を用いる画像形成装置に、特許文献2に記載のグリップによる転写材先端部の剥離技術を適用することが考えられる。また、特許文献1に記載の画像形成装置に、特許文献3に記載の転写材搬送ベルトを適用することが考えられる。しかし、グリップで転写材先端部を把持すると、図8に示すように転写材の把持された部分が波打ち状に変形するとともにトナー像の転写面と反対側に折れ曲がる把持跡が生じる。このため、転写材搬送ベルトで搬送されてきた転写材の先端部がガイドに引っ掛かり、転写材詰まりが発生する可能性が考えられる。

0006

したがって、特許文献1に記載の画像形成装置に特許文献2に記載の転写材の剥離技術および特許文献3に記載の転写材の吸引搬送技術を適用して、良好な定着および良好な画像形成を行うことは難しい。

0007

本発明はこのような事情に鑑みてなされたものであって、その目的は、転写材の先端部を転写材把持部材で把持しても良好な画像形成を行うことのできる画像形成装置および画像形成方法を提供することである。

課題を解決するための手段

0008

前述の課題を解決するために、本発明に係る画像形成装置および画像形成方法では、転
写材を定着部材にガイドする転写材ガイド部のガイド面が、転写材を吸引搬送する転写材搬送ベルトの転写材搬送面より、転写材搬送ベルトによる転写材を吸引する側に配設されている。これにより、転写材に転写材把持部材による把持で折れ曲がり跡が存在しても、転写材を転写材搬送ベルトから転写材ガイド部に引っ掛けることなく、転写材ガイド部のガイド面に確実にかつ安定して移動させることが可能となる。したがって、安定した転写材搬送性を得ることができ、その結果、良好な定着を得ることができる。

0009

また、転写材ガイド部が、転写材搬送ベルトのローラーによる巻き掛け部に対向する位置に曲率部を有する。これにより、最も転写材搬送ベルト側に位置する曲率部の端を、最も定着部側に位置する転写材搬送ベルトのローラーによる巻き掛け部の端より転写ローラー側に位置させることができる。すなわち、転写材ガイド部のガイド面を転写材搬送ベルトに、より接近させて配置することが可能となる。したがって、転写材を転写材ガイド部に引っ掛けることなく、よりスムーズに搬送することができる。

0010

更に、転写材ガイド部のガイド面が、転写材搬送ベルトの転写材搬送面に対して、転写材搬送ベルトによる転写材を吸引する側に傾斜する。これにより、転写材に転写材部材の把持による折れ曲げ跡が存在しても、転写材の先端部が転写材ガイド部に引っ掛かることを抑制することができる。これにより、転写材搬送ベルトによって搬送されてくる転写材をより確実に移動することができる。したがって、転写材の搬送をよりスムーズにかつ安定して行うことが可能となる。

0011

更に、本発明に係る画像形成装置によれば、転写材を転写材把持部材で把持することにより、転写材を転写ローラーから確実に剥離することができる。特に、液体現像剤を用いている画像形成装置において、転写材を転写ローラーからより効果的に剥離することができる。

図面の簡単な説明

0012

本発明にかかる定着装置を備える画像形成装置の実施の形態の第1例を模式的にかつ部分的に示す図である。
(a)はこの例の画像形成装置の二次転写部の部分斜視図、(b)は(a)におけるIIB部の拡大図、(c)は(a)における部分右側面図である。
転写後の転写材の二次転写ローラーからの剥離を説明する図である。
第1例の転写材ガイド部および定着部を模式的に示す図である。
本発明に係る画像形成装置の実施の形態の第2例を模式的にかつ部分的に示す、図4と同様の図である。
本発明に係る画像形成装置の実施の形態の第3例を模式的にかつ部分的に示す、図4と同様の図である。
図6部分拡大図である。
転写材の把持跡を説明する図である。

実施例

0013

以下、図面を用いて本発明を実施するための形態について説明する。
図1は、本発明にかかる定着装置を備える画像形成装置の実施の形態の第1例の一部を模式的にかつ部分的に示す図である。
この第1例の画像形成装置1は、固形分トナーキャリアー液とを含む液体現像剤を用いて画像形成を行う。図1に示すように、画像形成装置1は、水平またはほぼ水平にタンデムに配置されたイエロー(Y)、マゼンタ(M)、シアン(C)およびブラック(K)の像担持体である感光体2Y,2M,2C,2Kを備えている。ここで、各感光体2Y,2M,2C,2Kにおいて、2Yはイエローの感光体、2Mはマゼンタの感光体、2Cはシアンの感光体、2Kはブラックの感光体を表す。また、他の部材についても同じように、部材
の符号にそれぞれ各色のY,M,C,Kを添えて各色の部材を表す。

0014

各感光体2Y,2M,2C,2Kの周囲には、それぞれ、帯電部3Y,3M,3C,3Kが設けられている。また、各帯電部3Y,3M,3C,3Kから、それぞれ、各感光体2Y,2M,2C,2Kの回転方向に向かって、順に、露光部4Y,4M,4C,4K、現像部5Y,5M,5C,5K、一次転写部6Y,6M,6C,6K、および感光体クリーニング部7Y,7M,
7C,7Kが配設されている。

0015

また、画像形成装置1は、転写ベルトである無端状の中間転写ベルト8(像担持体に相当)を備えている。この中間転写ベルト8は、各感光体2Y,2M,2C,2Kの上方に配
置されている。そして、中間転写ベルト8は各一次転写部6Y,6M,6C,6Kで各感光
体2Y,2M,2C,2Kに圧接されている。

0016

図示しないが、中間転写ベルト8は、例えば樹脂等の可撓性の基材と、この基材の表面に形成されたゴム等の弾性層と、この弾性層の表面に形成された表層とを有する3層構造の比較的柔らかい弾性ベルトに形成されている。もちろん、これに限定されることはない。中間転写ベルト8は図示しないモーター駆動力が伝達される中間転写ベルト駆動ローラー9および中間転写ベルトテンションローラー11に巻き掛けられている。そして、中間転写ベルト8はテンションを付与された状態で、矢印方向に回転するようにされている。
なお、各色Y、M、C、Kに対応する感光体等の部材の配置順は、図1に示す例に限定されることはなく、任意に設定することができる。

0017

各一次転写部6Y,6M,6C,6Kより中間転写ベルト8の回転方向に進んだ各一次転
写部6Y,6M,6C,6Kの近傍の中間転写ベルト8の位置には、それぞれ、中間転写
ルトスクイーズ装置12Y,12M,12C,12Kが配設されている。更に、中間転写ベ
ルト8の中間転写ベルト駆動ローラー9側には転写装置である二次転写部13が設けられている。

0018

二次転写部13は、二次転写ローラー14および二次転写ローラークリーニング部15を備えている。二次転写ローラー14の回転軸14aの両端部が一対の二次転写ローラー支持フレーム16に回転自在に支持されている。二次転写ローラー支持フレーム16は図示しない装置本体に支持された回転軸16a(回動支点)を中心に回転揺動するとともに、図示しないスプリング等の付勢手段により、矢印方向に付勢されている。この付勢手段の押圧力で、二次転写ローラー14は中間転写ベルト8に圧接される。このとき、中間転写ベルト駆動ローラー9は二次転写ローラー14の押圧に対するバックアップローラーとして機能する。

0019

更に、二次転写ローラー14は凹部17を有している。図2(a)に示すように、この凹部17は、二次転写ローラー14の軸方向に延設されている。また、二次転写ローラー14は、基材14bの円弧部の外周面に巻かれたシート状の弾性部材14cを有している。この弾性部材14cにより二次転写ローラー14の円弧部の外周面に抵抗層が形成されている。そして、図1および図3に示すように中間転写ベルト8と二次転写ローラー14の弾性部材14cとの間に二次転写ニップ13aが形成される。

0020

更に、二次転写ローラー14は、中間転写ベルト8に転写されたトナー像を、転写紙等の転写材に転写させる転写バイアス印加される。そして、二次転写ローラー14は、中間転写ベルト8の矢印方向の回転時に矢印方向に回転するとともに転写バイアスが印加されることにより、二次転写ニップ13aで中間転写ベルト8のトナー像を転写材に転写する。

0021

凹部17内には、本発明の転写材把持部材としてのグリッパ18およびグリッパ18が着座する転写材把持部材受け部材であるグリッパ支持部19が配設されている。図2(a)および(b)に示すように、グリッパ18は、二次転写ローラー14の軸方向に沿って10個配設されている。もちろん、グリッパ18は10個に限定されることはなく、任意の個数設けることができる。各グリッパ18は金属の薄い帯状板から同じ大きさの2段折り曲げの同じクランク形状に形成される。

0022

各グリッパ18は回転軸20に、この回転軸20と一体に回転するように設けられている。この回転軸20の両端部は、二次転写ローラー14の凹部17に対向する位置に立設された支持板21,22に回転可能に支持されている。

0023

回転軸20の一端部には、第1のグリッパ制御カムフォロワー28が第1のアーム26を介して設けられている。また、回転軸20の他端部には、第2のグリッパ制御カムフォロワー29が第2のアーム27を介して設けられている。そして、二次転写ローラー14が回転することで、第1グリッパ制御カムフォロワー28が第1および第3のグリッパ制御カム30,31により制御される。また、二次転写ローラー14が回転することで、第
2のグリッパ制御カムフォロワー29が第1のグリッパ制御カム30と同様の第2のグリッパ制御カム(不図示)と第3のグリッパ制御カム31と同様の第4のグリッパ制御カム32により制御される。これらの第1および第2のグリッパ制御カムフォロワー28,2
9の制御は同期して行われる。

0024

図2(a)に示すように、グリッパ支持部19は二次転写ローラー14の軸方向に沿って8個配設されている。なお、グリッパ支持部19は8個に限定されることはなく、グリッパ18に対応した個数設けることができる。また、8個のグリッパ支持部19のうち、二次転写ローラー14の両端部側に位置する2つのグリッパ支持部19aは、二次転写ローラー14の軸方向の長さが他のグリッパ支持部19より長く設定されている。これにより、二次転写ローラー14の軸方向の転写材33のサイズに対応するようにされている。

0025

図2(b)および(c)に示すように、グリッパ支持部19,19aには、それぞれ、
グリッパ18が当接するグリッパ当接部19bが設けられている。そして、グリッパ支持部19,19aのグリッパ当接部19bに、対応するグリッパ18が当接および離間する
ようにされている。これらのグリッパ支持部19,19aに対するグリッパ18の当接お
よび離間の制御は、前述の第1および第2のグリッパ制御カムフォロワー28,29の制
御によって行われる。

0026

すなわち、図2(c)に示すようにグリッパ18がゲートローラー40から転写材供給ガイド41を介して給送されてくる転写材33の先端部33aがグリッパ18の段部18cに当接すると、第1および第2のグリッパ制御カムフォロワー28,29の制御により
、グリッパ18はこの先端部33aをグリッパ支持部19,19aのグリッパ当接部19
bとの間に把持する。この転写材33の把持は、凹部17が二次転写ニップ相当位置に到達する直前に行われる。そして、グリッパ18およびグリッパ支持部19,19aにより
、転写材把持部が構成される。ところで、グリッパ18により転写材33の先端部33aが把持された状態では、トナー像が転写される転写材33の転写面33dと反対側に先端部33aが折り曲げられるように把持される。

0027

グリッパ18が転写材33を把持した後、転写材33は後端部33cに向けて順次二次転写ローラー14の外周面に当接するようになる。更に、第1および第2のグリッパ制御カムフォロワー28,29の制御により、凹部17が二次転写ニップ相当位置を通過した
後に、グリッパ18がグリッパ支持部19から離間して転写材33の先端部33aを解放
する。

0028

ここで、二次転写ニップ相当位置とは次の意味である。すなわち、凹部17が中間転写ベルト駆動ローラー9に対向する位置に来ると、二次転写ローラー14の凹部17(具体的には、凹部形成部分)は中間転写ベルト8に当接しない。このため、中間転写ベルト8と二次転写ローラー14との間には、二次転写ニップ13aが形成されない。そこで、二次転写ローラー14が中間転写ベルト8に圧接されて形成されるとともに、二次転写ローラー14および中間転写ベルト8の各回転方向の幅が最大となる二次転写ニップ13aの形成位置を、凹部17がこの二次転写ニップ13aの形成位置に対向したときに二次転写ニップ相当位置という。

0029

転写材33が把持されるときの二次転写ローラー14の回転は、ゲートローラー40から給送されてくる転写材33の移動方向と同じ向きのベクトル成分を有する。したがって、グリッパ18がグリッパ支持部19から離間している状態で、転写材33の先端部33aが移動するグリッパ18を追いかけるようにしてグリッパ18とグリッパ支持部19との間に進入する。その後、グリッパ18がグリッパ支持部19に転写材33の先端部33aを押圧することにより、転写材33が把持される。

0030

図2(c)に二点鎖線で示すようにグリッパ18の先端の把持部がグリッパ支持部19との間に転写材33の先端部33aを把持した状態では、グリッパ18の全体が二次転写ローラー14の弾性部材14cの仮想外形線14fより内側に退避するように設けられている。また、グリッパ18が図2(c)に実線で示す解放位置にあるときは、グリッパ18の先端側の把持部が弾性部材14cの仮想外形線14fより外側に突出するようにされている。

0031

転写材33の先端部33aがグリッパ18で把持された状態で、中間転写ベルト8のトナー像が二次転写ニップ13aで転写材33に転写される(転写工程)。凹部17の二次転写ローラー回転方向の幅部分を除く二次転写ローラー14の周長は、この第1例の画像形成装置1に使用される転写材33の種類のうち、転写材移動方向の長さが最大である転写材33の転写材移動方向の長さより大きく設定されている。これにより、この最大長さを有する転写材33にも、中間転写ベルト8のトナー像が確実に転写されるようになる。

0032

各グリッパ18による転写材33の先端部33aの把持部が二次転写ニップ13aを通過すると、各グリッパ18がグリッパ支持部19から離れる方向に移動開始し、転写材33の先端部33aが解放開始される。

0033

更に、凹部17内には、転写材剥離部材としての突き出し爪34が配設されている。図2(a)および(b)に示すように、突き出し爪34は、二次転写ローラー14の軸方向に沿って9個配設されている。もちろん、突き出し爪34は9個に限定されることはなく、任意の個数設けることができる。各突き出し爪34は金属の薄い帯状平板から同じ形状で同じ大きさに形成されている。各突き出し爪34は、支持板21,22に形成された直
線状のガイド孔にガイドされて一体に直線運動する。一方、支持板21,22には回転軸
35が相対回転するように支持されている。そして、回転軸35の回転が、従来公知の運動変換機構(不図示)により各突き出し爪34の直線運動に変換される。

0034

各突き出し爪34は、直線運動により図2(c)に実線で示す退避位置と、同図に二点鎖線で示す突き出し位置との間で移動するようになっている。その場合、各突き出し爪34は退避位置にあるときは各突き出し爪34の全体が仮想外形線14fより内側つまり凹部17内に位置するとともに、突き出し位置にあるときはその先端が仮想外形線14fより外側、つまり凹部17から外に突出する。そして、突き出し爪34は、退避位置にある
ときは転写材33の背面に当接しないとともに、突き出し位置にあるときは転写材33の背面に当接して転写材33を二次転写ローラー14の外周面から突き出す(つまり、転写材33の背面を二次転写ローラー14の外周面から剥離させる)。

0035

図2(a)および図3に示すように、支持板21を貫通した回転軸35の一端部には、第1の突き出し爪制御カムフォロワー38がアーム37を介して設けられている。また、支持板22を貫通した回転軸35の他端部には、アーム37と同様のアーム(不図示)を介して設けられた第1の突き出し爪制御カムフォロワー38と同様の第2の突き出し爪制御カムフォロワー(不図示)が設けられている。そして、二次転写ローラー14が回転することで、第1の突き出し爪制御カムフォロワー38が第1の突き出し爪制御カム39により制御される。また、二次転写ローラー14が回転することで、第2の突き出し爪制御カムフォロワー(不図示)が第2の突き出し爪制御カム(不図示)により制御される。これらの第1および第2の突き出し爪制御カムフォロワーの制御は同期して行われる。

0036

そして、図3に示すように二次転写ローラー14の回転で凹部17が二次転写ニップ相当位置を通過した後に、グリッパ18による転写材33の先端部33aの解放に相前後して、各突き出し爪34が突き出し位置に移動して、転写材33の背面を二次転写ローラー14の外周面から剥離させる。二次転写ローラー14の更なる回転で、各突き出し爪34が転写材33の背面から離間すると、各突き出し爪34が退避位置に移動する。各突き出し爪34は、次の画像形成動作時に前述と同様にグリッパ18による転写材33の先端部33aの解放に相前後して突き出し位置に移動するまでは、この退避位置に保持される。

0037

図2(a)に示すように、二次転写ローラー14の一端には、当接部材支持部23が二次転写ローラー14と一体回転するように設けられている。この当接部材支持部23には、第1の位置決め部材である第1の当接部材24が立設されている。同様に、二次転写ローラー14の他端にも当接部材支持部23と同じ当接部材支持部が設けられ、この当接部材支持部にも第1の位置決め部材である第1の当接部材25が立設されている。各第1の当接部材24,25は、二次転写ローラー14と一体回転する。これらの第1の当接部材
24,25は、二次転写ローラー14の円弧状外周面の円と同心円の円弧状の外周面24
a,25aを有している。

0038

一方、図示しないが中間転写ベルト駆動ローラー9の両端側の回転軸9aには、それぞれ、第2の位置決め部材である第2の当接部材が設けられている。 そして、第1の当接部材24,25が各第2の当接部材に対向しない位置にあるときは、二次転写ローラー1
4の弾性部材14cが中間転写ベルト8に当接し、二次転写ニップ13aが形成される。その場合、二次転写ローラー14の凹部17は二次転写ニップ相当位置にほとんど対向していない。

0039

また、第1の当接部材24,25が各第2の当接部材に対向する位置にあるときは、第
1の当接部材24,25の外周面24a,25aがそれぞれ対応する第2の当接部材に当接する。このとき、二次転写ローラー14の凹部17の一部または全部が前述の二次転写ニップ相当位置に対向する。このように第1の当接部材24,25と第2の当接部材とが当
接することで、凹部17が二次転写ニップ相当位置に対向しても、二次転写ローラー14は中間転写ベルト8および中間転写ベルト駆動ローラー9に対して大きく位置変化しなく、略一定に位置決めされる。

0040

二次転写ローラークリーニング部15は、クリーニングブレード等のクリーニング部材15aと液体現像剤回収容器15bとを有する。クリーニング部材15aは、二次転写ローラー14の弾性部材14cの外周面に当接してこの弾性部材14cに付着する液体現像剤を除去する。液体現像剤回収容器15bは、クリーニング部材15aで除去された液体
現像剤を回収して貯留する。

0041

更に、図1および図5に示すように画像形成装置1は、第1の気流発生装置42、第2の気流発生装置43、転写材搬送部44、第3の気流発生装置45、および定着部46を備えている。第1の気流発生装置42は、エアーが矢印で示すようにグリッパ18の把持から解放された転写材33の先端部33aに向かって吹き付ける。これにより、転写材33の先端部33aが中間転写ベルト8と一緒連れ動くことが防止される。

0042

第2の気流発生装置43は図示しないが多数のエアー流通孔を有するとともに、これらのエアー流通孔を介して矢印で示す方向にエアーを吸引する。そして、図3に示すように二次転写ローラー14から剥離された転写材33が、その背面(像転写面33dと反対側の面)を第2の気流発生装置43により吸引されながら、第2の気流発生装置43の吸引部材43aのガイド面43a1に沿ってガイドされる。転写材33は中間転写ベルト8と
二次転写ローラー14の回転力で転写材搬送部44の方へ移動する。

0043

転写材搬送部44は、多数のエアー流通孔44a1(図3に図示)を有するとともに矢
印方向に回転する無端状の転写材搬送ベルト44aと吸引部材44bとを有する。第2の気流発生装置43からガイドされてきた転写材33は、その先端部33aがこの転写材搬送部44の転写材搬送ベルト44aに移動する。このとき、凹部17は二次転写ニップ相当位置に対向していなく、弾性部材14cは中間転写ベルト8に当接している。また、転写材33の中間部33bが第2の気流発生装置43の吸引部材43aに当接するとともに、転写材33の後端部33cが二次転写ローラーの弾性部材14cに二次転写ローラーの弾性部材14cに当接している。

0044

図1図3および図4に示すように、吸引部材44bは矢印で示す方向に転写材搬送ベルト44aのエアー流通孔44a1を通してエアーを吸引する。そして、転写材33は吸
引部材44bのエアー吸引により転写材搬送ベルト44aを介して吸着されながら、転写材搬送ベルト44aで第3の気流発生装置45の方へ背面搬送される。なお、図1には転写材搬送ベルト44aが3つの巻架ローラーに巻き掛けられるように示されているのに対して、図4には2つの巻架ローラー44cに巻き掛けられるように示されている。これは、図面の記載の便宜上、図4には2つの巻架ローラー44cしか示されていないが、図4に記載されている転写材搬送ベルト44aは3つの巻架ローラーに巻き掛けられるものである。もちろん、図1に示す転写材搬送ベルト44aを2つの巻架ローラーに巻き掛けられるようにすることもできる。

0045

第3の気流発生装置45は、転写材33をガイドするガイド面45a1を有する吸引部
材45aと気流発生部材45bとを有する。図示しないが、吸引部材45aは、多数のエアー流通孔が設けられている。そして、気流発生部材45bは矢印で示す方向に吸引部材45aのエアー流通孔を通してエアーを吸引する。この吸引部材44bのエアー吸引により、転写材33はその背面を吸引部材45aのガイド面45a1に吸引ガイドされて転写
搬送ベルト44aの搬送力で定着部46の方へガイドされる。この第3の気流発生装置45は転写材搬送ベルト44aによる転写材33を吸引する側に設けられて、本発明の転写材ガイド部を構成している。

0046

ところで、図4に示すようにこの例の画像形成装置1では、転写材搬送ベルト44aの転写材搬送面44a2が水平にされている。また、第3の気流発生装置45における吸引
部材45aのガイド面45a1も同様に水平にされている。その場合、ガイド面45a1は転写材搬送面44a2より鉛直方向の高さ(距離)hだけ上側(転写材33の先端部33
aの折れ曲がり方向と同じ方向の側)に位置している。したがって、転写材33の先端部33aはグリッパ18による把持で折れ曲がっても転写材搬送ベルト44aからガイド面
45a1に確実にかつ安定して移動する。高さhは、転写材搬送ベルト44aの反転部
巻き掛け部)44a3とこの反転部44a3に対向する第3の気流発生装置45の対向側部分45cとの対向距離と転写材33の先端部33aの折れ曲がり量との関係に基づいて、適宜設定される。その場合、転写材33の先端部33aの折れ曲がり量は、この例の画像形成装置1で使用される転写材33のうち、グリッパ18で把持された後解放されたとき、最も大きく折れ曲がる転写材33の折れ曲がり量とするのが好ましい。

0047

定着部46は加熱ローラー46aと加圧ローラー46bとを有している。加圧ローラー46bは加熱ローラー46aに圧接される。加圧ローラー46bが加熱ローラー46aに圧接することにより、加熱ローラー46aと加圧ローラー46bとの間に定着ニップ46cが形成される。そして、この定着ニップ46cは、第3の気流発生装置45のガイド面45a1と同じ高さ位置または若干低い位置に設定される。転写材33のトナー像がこれ
らの加熱ローラー46aおよび加圧ローラー46bにより加熱加圧されて定着される(定着工程)。その後、転写材は図示しない排出トレイに排出される。
この第1例の画像形成装置1の他の構成および他の画像形成動作は、液体現像剤を用いた従来の画像形成装置と同様であるので、その説明は省略する。

0048

この第1例の画像形成装置1によれば、転写材33の先端部33aをグリッパ18で把持することにより、転写材33を二次転写ローラー14から確実に剥離することができる。特に画像形成装置1が液体現像剤を用いているので、転写材33を二次転写ローラー14からより効果的に剥離することができる。

0049

また、第1例の画像形成装置1および画像形成方法によれば、第3の気流発生装置45における吸引部材45aのガイド面45a1が転写材搬送面44a2より高さ(距離)hだけ上側(転写材33の先端部33aの折れ曲がり側)に位置する。これにより、転写材33の先端部33aにグリッパ18による把持で折れ曲がり跡が存在しても、転写材33を転写材搬送ベルト44aから第3の気流発生装置45の吸引部材45aに引っ掛けることなく、ガイド面45a1に確実にかつ安定して移動させることが可能となる。したがって
、転写材搬送部44の転写材搬送性を向上することができる。

0050

第1例の画像形成装置1の具体例について説明する。
図4において、転写材搬送ベルト44aはEPDMから形成される。転写材搬送ベルト44aの2つの巻架ローラー44cはいずれも直径φ40mmのSUMから形成され、これらの巻架ローラー44cの軸間距離は150mmである。

0051

定着部46の加熱ローラー46aは直径φ60mmに設定され、厚さ2mmのアルミニウムから形成される円筒状の芯金と、この芯金の表面に設けられ、厚さ2mmのシリコンゴムから形成される弾性層と、この弾性層の表面に設けられ、厚さ30μmのPFAから形成される離型層(表層)と、円筒状の芯金内に配置されたハロゲンヒーターとを有する。なお、芯金の材質としては、他に鉄、ステンレス真鍮等を使用することができる。また、弾性層の材質としては、他にフッ素ゴムウレタンゴム等を使用することができる。更に、離型層の材質としては、他にPTFE、FEP、ETFE等を使用することができる。

0052

定着部46の加圧ローラー46bは直径φ60mmに設定され、厚さ2mmのアルミニウムから形成される円筒状の芯金と、この芯金の表面に設けられ、厚さ2mmのシリコンゴムから形成される弾性層と、この弾性層の表面に設けられ、厚さ30μmのPFAから形成される離型層(表層)と、円筒状の芯金内に配置されたハロゲンヒーターとを有する。なお、芯金の材質としては、他に鉄、ステンレス、真鍮等を使用することができる。また、弾性層の材質としては、他にフッ素ゴム、ウレタンゴム等を使用することができる。
更に、離型層の材質としては、他にPTFE、FEP、ETFE等を使用することができる。

0053

第3の気流発生装置45の吸引部材45aは厚さ2mmのガラス繊維強化PETから形成され、そのガイド面45a1には多数のエアー流通孔を有する。これらのエアー流通孔
は、転写材33を吸引可能なエアーが流通できる大きさにされている。転写材搬送面44a2からのガイド面45a1の高さhは10mmである。

0054

図5は、本発明に係る画像形成装置の実施の形態の第2例を模式的にかつ部分的に示す、図4と同様の図である。
図5に示すように、この第2例の画像形成装置1では、転写材搬送ベルト44aの転写材搬送面44a2が、第2の気流発生装置43から第3の気流発生装置45に向かって上
昇するように水平に対して傾斜角αだけ傾斜している。第3の気流発生装置45の吸引部材45aのガイド面45a1も同様に傾斜して、転写材搬送面44a2と平行にされている。そして、ガイド面45a1は、転写材搬送面44a2から距離hだけ、転写材33の先端部33aの折れ曲がり側に位置している。この距離hは、転写材搬送面44a2およびガ
イド面45a1に直交する方向の長さである。この例の定着ニップ46cは、ガイド面4
5a1の定着部側端よりも下側(先端部33aの折れ曲がり側と反対側)に位置している
。この第2例の定着部46および画像形成装置1の他の構成は、前述の第1例と同じである。

0055

この第2例の画像形成装置1では、ガイド面45a1によってガイドされてきた転写材
33の先端は、加圧ローラー46bに当接する。そして、加圧ローラー46bの矢印方向の回転により、転写材33の先端部33aが定着ニップ46cの方へ誘導される。このとき、加圧ローラー46bの回転により、転写材33の先端部33aの折れ曲がりが矯正される方向に押圧されるので、転写材33の先端部33aを定着ニップ46cの方へよりスムーズに誘導させることが可能となる。この第2例の定着部46および画像形成装置1の他の作用効果は、前述の第1例と同じである。

0056

この第2例の具体例について説明する。
平方向に対する転写材搬送ベルト44aの転写材搬送面44a2の傾斜角αは、10
度である。第2例の具体例のその他は、前述の第1例の具体例と同じである。

0057

図6は、本発明に係る画像形成装置の実施の形態の第3例を模式的にかつ部分的に示す、図4と同様の図、図7図6の部分拡大図である。
図6に示すように、この第3例の画像形成装置1では、図5に示す第2例において、第3の気流発生装置45の吸引部材45aのガイド面45a1が定着部46に向かって更に
上昇するように転写材搬送面44a2に対して、転写材搬送ベルト44あによる転写材3
3を吸引する側に傾斜角βだけ傾斜している。

0058

また、図7に拡大して示すように第3の気流発生装置45の吸引部材45aは、転写材搬送ベルト44aの反転部44a3に対向する対向側部分45cに曲率部45c1を有している。この曲率部45c1は、巻架ローラー44cに巻き掛けられた転写材搬送ベルト4
4aの反転部44a3の外周面に沿って隙間を有して設けられる。そして、最も転写材搬
ベルト44a側に位置する曲率部45c1の端45c2が、最も定着部46側に位置する反転部44a3の端44a4より距離dだけ二次転写部13側に位置している。すなわち、第3の気流発生装置45の吸引部材45aのガイド面45a1が転写材搬送ベルト44a
に、より接近させて配置される。この第3例の定着部46および画像形成装置1の他の構成は、前述の第2例と同じである。

0059

この第3例の画像形成装置1によれば、転写材33の先端部33aにグリッパ18の把持による折れ曲げ跡が存在しても、転写材33の先端部33aが第3の気流発生装置45の吸引部材45aに引っ掛かることが抑制することができる。これにより、転写材搬送ベルト44aによって搬送されてくる転写材33をより確実に移動することができる。したがって、定着ニップ46cへの転写材33の搬送をよりスムーズにかつ安定して行うことが可能となる。

0060

また、第3の気流発生装置45の吸引部材45aが、転写材搬送ベルト44aの反転部44a3に対向する対向側部分45cに曲率部45c1を有する。これにより、最も転写材搬送ベルト44a側に位置する曲率部45c1の端45c2を、最も定着部46側に位置する反転部44a3の端44a4より距離dだけ二次転写部13側に位置させることができる。すなわち、第3の気流発生装置45のガイド面45a1を転写材搬送ベルト44aに、
より接近させて配置することが可能となる。したがって、転写材33を第3の気流発生装置45の吸引部材45aに引っ掛けることなく、よりスムーズに搬送することができる。この第3例の定着部46および画像形成装置1の他の作用効果は、前述の第2例と同じである。

0061

この第3例の具体例について説明する。
転写材搬送面44a2に対するガイド面45a1の傾斜角βは、5度である。また、曲率部45c1の端45c2と反転部44a3の端44a4との距離dは、5mmである。第3例の具体例のその他は、前述の第2例の具体例と同じである。
第3例の曲率部45c1は、前述の第1および第2例の第3の気流発生装置45の吸引
部材45aにも設けることができる。

0062

なお、本発明の画像形成装置および画像形成方法は、前述の実施の形態の各例に限定されることはない。例えば、前述の各例では、像担持体として中間転写ベルト8を用いているが、中間転写ドラムを用いることもできるし、像担持体として感光体とすることもできる。像担持体に感光体を用いる場合は、感光体のトナー像が転写材に直接転写されることは言うまでもない。また、前述の各例の画像形成装置では、タンデム型の画像形成装置としているが、他の形式の画像形成装置でもよいし、単色の画像形成装置でもよい。要は、本発明は特許請求の範囲に記載されている事項の範囲内で種々の設計変更が可能である。

0063

1…画像形成装置、2Y,2M,2C,2K…感光体、5Y,5M,5C,5K…現像部、6Y,6M,6C,6K…一次転写部、8…中間転写ベルト、9…ベルト駆動ローラー、13…
二次転写部(転写装置)、14…二次転写ローラー、17…凹部、18…グリッパ、19,19a…グリッパ支持部、33…転写材、33a…先端部、34…突き出し爪、42…
第1の気流発生装置、43…第2の気流発生装置、43a…吸引部材、43a1…ガイド
面、43c…エアー流通孔、44…転写材搬送部、44a…転写材搬送ベルト、44a1
…エアー流通孔、44a2…転写材搬送面、44a3…反転部、44a4…反転部44a3の端、44b…吸引部材、44c…巻架ローラー、45…第3の気流発生装置(転写材ガイド部)、45a…吸引部材、45a1…ガイド面、45b…気流発生部材、45c…対向
側部分、45c1…曲率部、45c2…曲率部45c1の端、46…定着部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ