図面 (/)

技術 安定化ボディケア製品、家庭用品、織物材料及び織物

出願人 チバホールディングインコーポレーテッド
発明者 ルピア,ジョセフ・アンソニースハドルニク,ジョセフ
出願日 2010年7月1日 (10年6ヶ月経過) 出願番号 2010-151413
公開日 2010年11月11日 (10年1ヶ月経過) 公開番号 2010-254706
状態 特許登録済
技術分野 化粧料 洗浄性組成物
主要キーワード ツーインワン インク製剤 色彩安定性 アクリラート樹脂 本添加剤 ヒンダードニトロキシル アフターサン製品 サビン
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2010年11月11日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

スキンケア製品ヘアーケア製品歯磨剤化粧品洗濯洗剤及び柔軟仕上げ剤、無洗剤系織物ケア製品、家庭用クリーナー及び織物材料ケア製品などの染色された製品及び物品を、褪色に対して効果的に安定化される方法の提供。

解決手段

概要

背景

概要

スキンケア製品ヘアーケア製品歯磨剤化粧品洗濯洗剤及び柔軟仕上げ剤、無洗剤系織物ケア製品、家庭用クリーナー及び織物材料ケア製品などの染色された製品及び物品を、褪色に対して効果的に安定化される方法の提供。ビス(1−オキシル−2,2,6,6−テトラメチルピペリジン−4−イルセバカートに代表される、特定のヒンダードニトロキシル化合物ヒンダードヒドロキシルアミン化合物、及びヒンダードヒドロキシルアミン塩化合物を含む安定化された組成物。なし

目的

本発明の安定剤(C)、(D)及び(E)は、現状技術の安定剤(A)及び(B)よりもはるかに優れた色彩安定性を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

(a)ボディケア製品家庭用品織物材料又は織物、並びに(b)(i)式(I)のヒンダードニトロキシル化合物、(ii)式(II)のヒンダードヒドロキシルアミン化合物、及び(iii)式(III)のヒンダードヒドロキシルアミン塩化合物[式中、G1及びG2は、独立して炭素原子数1〜4のアルキルであるか、又は一緒になってペンタメチレンであり、Z1及びZ2は、それぞれメチルであるか、又はZ1及びZ2は、一緒になってエステルエーテルヒドロキシオキソシアノヒドリンアミドアミノカルボキシ若しくはウレタン基により更に置換されてもよい結合部分を形成し、Xは、無機又は有機陰イオン、例えばホスファートホスホナートカルボナート、ビカルボナート、ニトラート、クロリドブロミドビスフィットスルフィット、ビスルファート、スルファートボラートホルマートアセタートベンゾアートシトラートオキサラートタルトラートアクリラートポリアクリラート、フマラート、マレアート、イタコナート、グリコラートグルコナート、マラート、マンデラート、チグラート、アスコルバートポリメタクリラートニトリロ三酢酸ヒドロキシエチルエチレンジアミン三酢酸エチレンジアミン四酢酸若しくはジエチレントリアミン五酢酸カルボキシラートジエチレントリアミンペンタメチレンホスホナート、アルキルスルホナート又はアリールスルホナートであり、そして式中、陽イオンhの全電荷は、陰イオンjの全電荷に等しい]からなる群から選択される少なくとも一つの化合物の有効安定化量を含む安定化組成物

請求項2

Xが、ホスファート、ホスホナート、カルボナート、ビカルボナート、ニトラート、クロリド、ブロミド、ビスルフィット、スルフィット、ビスルファート、スルファート、ボラート、ホルマート、アセタート、ベンゾアート、シトラート、オキサラート、タルトラート、アクリラート、ポリアクリラート、フマラート、マレアート、イタコナート、グリコラート、グルコナート、マラート、マンデラート、チグラート、アスコルバート、ポリメタクリラート;ニトリロ三酢酸、ヒドロキシエチルエチレンジアミン三酢酸、エチレンジアミン四酢酸若しくはジエチレントリアミン五酢酸のカルボキシラート;ジエチレントリアミンペンタメチレンホスホナート、アルキルスルホナート又はアリールスルホナートである、請求項1記載の組成物

請求項3

成分(b)の化合物が、式A〜EE及びA*〜EE*:[式中、Eは、オキシル又はヒドロキシルであり、Rは、水素又はメチルであり、式A及びA*において、nは、1又は2であり、nが1である場合、R1は、水素、炭素原子数1〜18のアルキル、炭素原子数2〜18のアルケニルプロパルギルグリシジル酸素原子1〜20個により中断されている炭素原子数2〜50のアルキル、ヒドロキシル基1〜10個により置換されているか、又は前記酸素原子による中断及び前記ヒドロキシル基による置換の両方がされている前記アルキルであるか、あるいはR1は、カルボキシ基により、又は−COOZ(式中、Zは、水素、炭素原子数1〜4のアルキル若しくはフェニルであるか、又は式中、Zは、−(COO−)nMn+(式中、nは1〜3であり、Mは、周期律表の第一、第二若しくは第三族からの金属イオンであるか、又はZn、Cu、Ni若しくはCoであるか、又はMは、基Nn+(R2)4(式中、R2は、炭素原子数1〜8のアルキル若しくはベンジルである)である)により置換されている前記アルキルである)により置換されている炭素原子数1〜4のアルキルであり、nが2である場合、R1は、炭素原子数1〜12のアルキレン、炭素原子数4〜12のアルケニレンキシリレン、又は酸素原子1〜20個により中断されているか、ヒドロキシル基1〜10個により置換されているか、若しくは前記酸素原子による中断及び前記ヒドロキシル基による置換の両方がされている炭素原子数1〜50のアルキレンであり、式B及びB*において、mは、1〜4であり、mが1である場合、R2は、炭素原子数1〜18のアルキル、−COO−により中断されている炭素原子数3〜18のアルキルであるか、又はR2は、−CH2(OCH2CH2)nOCH3(式中、nは、1〜12である)であるか、又はR2は、炭素原子数5〜12のシクロアルキル、炭素原子数6〜12のアリール、若しくは炭素原子数1〜4のアルキル基1〜4個により置換されている前記アリールであるか、又はR2は、−NHR3(式中、R3は、炭素原子数1〜18のアルキル、炭素原子数5〜12のシクロアルキル、炭素原子数6〜12のアリール、若しくは炭素原子数1〜4のアルキル1〜4個により置換されている前記アリールである)であるか、又はR2は、−N(R3)2(式中、R3は、上記で定義したとおりである)であり、mが2である場合、R2は、炭素原子数1〜12のアルキレン、炭素原子数4〜12のアルケニレン、キシリレン、−COO−により中断されている炭素原子数2〜12のアルキレンであるか、又はR2は、−CH2(OCH2CH2)nOCH2−(式中、nは、1〜12である)であるか、又は、R2は、炭素原子数5〜12のシクロアルキレン、炭素原子数7〜15のアラルキレン若しくは炭素原子数6〜12のアリーレンであるか、又はR2は、−NHR4NH−(式中、R4は、炭素原子数2〜18のアルキレン、炭素原子数5〜12のシクロアルキレン、炭素原子数8〜15のアラルキレン若しくは炭素原子数6〜12のアリーレンである)であるか、又はR2は、−N(R3)R4N(R3)−(式中、R3及びR4は、上記で定義したとおりである)であるか、又はR2は、−CO−若しくは−NH−CO−NH−であり、mが3である場合、R2は、炭素原子数3〜8のアルカントリイル又はベンゼントリイルであり、あるいはmが4である場合、R2は、炭素原子数5〜8のアルカンテトライル又はベンゼンテトライルであり、式C及びC*において、R10は、水素、炭素原子数1〜18のアルキル、炭素原子数5〜12のシクロアルキル、炭素原子数7〜15のアラルキル、炭素原子数2〜18のアルカノイル、炭素原子数3〜5のアルケノイル又はベンゾイルであり、xは、1又は2であり、xが1である場合、R11は、水素、炭素原子数1〜18のアルキル、炭素原子数2〜18のアルケニル、プロパルギル、グリシジル、酸素原子1〜20個により中断されている炭素原子数2〜50のアルキル、ヒドロキシル基1〜10個により置換されているか、若しくは前記酸素原子による中断及び前記ヒドロキシル基による置換の両方がされている前記アルキルであるか、又はR11は、カルボキシ基により、若しくは−COOZ(式中、Zは、水素、炭素原子数1〜4のアルキル若しくはフェニルであるか、又は式中、Zは、−(COO−)nMn+(式中、nは1〜3であり、Mは、周期律表の第一、第二若しくは第三族からの金属イオンであるか、又はZn、Cu、Ni若しくはCoであるか、又はMは、基Nn+(R2)4(式中、R2は、水素、炭素原子数1〜8のアルキル若しくはベンジルである)である)により置換されている前記アルキルである)により置換されている炭素原子数1〜4のアルキルであり、あるいはxが2である場合、R11は、炭素原子数1〜12のアルキレン、炭素原子数4〜12のアルケニレン、キシリレン、又は酸素原子1〜20個により中断されているか、ヒドロキシル基1〜10個により置換されているか、若しくは前記酸素原子による中断及び前記ヒドロキシル基による置換の両方がされている炭素原子数1〜50のアルキレンであり、式D及びD*において、R10は、上記で定義したとおりであり、yは、1〜4であり、そしてR12は、上記R2と定義され、式E及びE*において、kは、1又は2であり、kが1である場合、R20及びR21は、独立して炭素原子数1〜12のアルキル、炭素原子数2〜12のアルケニル若しくは炭素原子数7〜15のアラルキルであるか、又はR20は、更に水素であるか、又はR20及びR21は、一緒になって炭素原子数2〜8のアルキレン、若しくはヒドロキシルにより置換されている前記アルキレンであるか、又は炭素原子数4〜22のアシルオキシ−アルキレンであるか、あるいはkが2である場合、R20及びR21は、一緒になって(−CH2)2C(CH2−)2であり、式F及びF*において、R30は、水素、炭素原子数1〜18のアルキル、ベンジル、グリシジル又は炭素原子数2〜6のアルコキシアルキルであり、gは、1又は2であり、gが1である場合、R31は、nが1である場合の上記R1と定義され、gが2である場合、R31は、nが2である場合の上記R1と定義され、式G及びG*において、Q1は、−NR41−又は−O−であり、E1は、炭素原子数1〜3のアルキレンであるか、又はE1は、−CH2−CH(R42)−O−(式中、R42は、水素、メチル若しくはフェニルである)であるか、又はE1は、−(CH2)3−NH−であるか、又はE1は、直接結合であり、R40は、水素又は炭素原子数1〜18のアルキルであり、R41は、水素、炭素原子数1〜18のアルキル、炭素原子数5〜12のシクロアルキル、炭素原子数7〜15のアラルキル、炭素原子数6〜10のアリールであるか、又はR41は、−CH2−CH(R42)−OH(式中、R42は、上記で定義したとおりである)であり、式H及びH*において、pは、1又は2であり、T4は、xが1又は2である場合にR11に対して定義したとおりであり、M及びYは、独立してメチレン又はカルボニルであり、例えば、Mは、メチレンであり、そしてYは、カルボニルであり、式I及びI*において、この式は、ポリマー繰り返し構造単位を意味し、式中、T1は、エチレン若しくは1,2−プロピレンであるか、又はアルキルアクリラート若しくはメタクリラートとのアルファーオレフィンコポリマーから誘導される繰り返し構造単位であり、そして式中、qは、2〜100であり、Q1は、−N(R41)−又は−O−(式中、R41は、上記で定義したとおりである)であり、式J及びJ*において、rは、1又は2であり、T7は、式Aにおいてnが1又は2である場合に、R1に対して定義したとおりであり、例えば、T7は、rが2である場合、オクタメチレンであり、式L及びL*において、uは、1又は2であり、T13は、式Aにおいてnが1又は2である場合に、R1に対して定義したとおりであるが、但し、uが1である場合、T13は水素ではなく、式M及びM*において、E1及びE2は、異なっており、それぞれ−CO−又は−N(E5)−(式中、E5は、水素、炭素原子数1〜12のアルキル又は炭素原子数4〜22のアルコキシカルボニルアルキルである)であり、例えば、E1は、−CO−であり、そしてE2は、−N(E5)−であり、E3は、水素、炭素原子数1〜30のアルキル、フェニル、ナフチル塩素により若しくは炭素原子数1〜4のアルキルにより置換されている前記フェニル若しくは前記ナフチル、又は炭素原子数7〜12のフェニルアルキル、又は炭素原子数1〜4のアルキルにより置換されている前記フェニルアルキルであり、E4は、水素、炭素原子数1〜30のアルキル、フェニル、ナフチル、又は炭素原子数7〜12のフェニルアルキルであるか、あるいはE3及びE4は、一緒になって炭素原子数4〜17のポリメチレン、又は炭素原子数1〜4のアルキル1〜4個により置換されている前記ポリメチレン、例えばメチルであり、式Nにおいて、R1は、nが1である場合に、式AにおいてR1に対して定義したとおりであり、G3は、直接結合、炭素原子数1〜12のアルキレン、フェニレン、又は−NH−G1−NH−(式中、G1は、炭素原子数1〜12のアルキレンである)であり、式O及びO*において、R10は、式CにおいてR10に対して定義したとおりであり、式P及びP*において、E6は、脂肪族若しくは芳香族四価の基、例えばネオペンタンテトライル又はベンゼンテトライルであり、式T及びT*において、R51は、水素、炭素原子数1〜18のアルキル、炭素原子数5〜12のシクロアルキル、又は炭素原子数6〜10のアリールであり、R52は、水素又は炭素原子数1〜18のアルキルであるか、あるいはR51及びR52は、一緒になって炭素原子数4〜8のアルキレンであり、fは、1又は2であり、fが1である場合、R50は、xが1である場合に、式CにおいてR11に対して定義したとおりであるか、又はR50は、−(CH2)zCOOR54(式中、zは、1〜4であり、そしてR54は、水素若しくは炭素原子数1〜18のアルキルであるか、又はR54は、周期律表の第一、第二若しくは第三族からの金属イオンであるか、若しくは基−N(R55)4(式中、R55は、水素、炭素原子数1〜12のアルキル若しくはベンジルである)である)であり、fが2である場合、R50は、xが2の場合に、式CにおいてR11に対して定義したとおりであり、式U及びU*において、R53、R54、R55及びR56は、独立して炭素原子数1〜4のアルキルであるか、又は一緒になってペンタメチレンであり、式V及びV*において、R57、R58、R59及びR60は、独立して炭素原子数1〜4のアルキルであるか、又は一緒になってペンタメチレンであり、式W及びW*において、R61、R62、R63及びR64は、独立して炭素原子数1〜4のアルキルであるか、又は一緒になってペンタメチレンであり、R65は、炭素原子数1〜5のアルキルであり、Mは、水素又は酸素であり、式X〜CC及びX*〜CC*において、nは、2〜3であり、G1は、水素、メチル、エチルブチル又はベンジルであり、mは、1〜4であり、xは、1〜4であり、xが1である場合、R1及びR2は、独立して炭素原子数1〜18のアルキル、酸素原子1〜5個により中断されている前記アルキル、ヒドロキシル基1〜5個により置換されている前記アルキル、若しくは前記酸素原子による中断及び前記ヒドロキシル基による置換の両方がされている前記アルキル;炭素原子数5〜12のシクロアルキル、炭素原子数7〜15のアラルキル、炭素原子数6〜10のアリール、若しくは炭素原子数1〜8のアルキル1〜3個により置換されている前記アリールであり、又はR1は、更に水素であるか、又はR1及びR2は、一緒になってテトラメチレン、ペンタメチレン、ヘキサメチレン若しくは3−オキサペンタメチレンであり、xが2である場合、R1は、水素、炭素原子数1〜8のアルキル、酸素原子1若しくは2個により中断されている前記アルキル、ヒドロキシル基により置換されている前記アルキル、又は酸素原子1若しくは2個による中断及びヒドロキシル基による置換の両方がされている前記アルキルであり、R2は、炭素原子数2〜18のアルキレン、酸素原子1〜5個により中断されている前記アルキレン、ヒドロキシル基1〜5個により置換されている前記アルキレン、又は前記酸素原子による中断及び前記ヒドロキシル基による置換の両方がされている前記アルキレン;o−、m−若しくはp−フェニレン、又は炭素原子数1〜4のアルキル1若しくは2個により置換されている前記フェニレンであるか、あるいはR2は、−(CH2)kO[(CH2)kO]h(CH2)k−(式中、kは、2〜4であり、そしてhは、1〜40である)であるか、あるいはR1及びR2は、それらが結合している2個の窒素原子と一緒になってピペラジン−1,4−ジイルであり、xが3である場合、R1は、水素であり、R2は、窒素原子1個により中断されている炭素原子数4〜8のアルキレンであり、xが4である場合、R1は、水素であり、R2は、窒素原子2個により中断されている炭素原子数6〜12のアルキレンであり、R3は、水素、炭素原子数1〜8のアルキル、酸素原子1若しくは2個により中断されている前記アルキル、ヒドロキシル基により置換されているか、又は酸素原子1若しくは2個による中断及びヒドロキシル基による置換の両方がされている前記アルキルであり、Pは、2又は3であり、そしてQは、アルカリ金属塩アンモニウム、又はN+(G1)4であり、式DD及びDD*において、mは、2又は3であり、mが2である場合、Gは、−(CH2CHR−O)rCH2CHR−、(式中、rは、0〜3であり、そしてRは、水素又はメチルである)であり、そしてmが3である場合、Gは、グリセリルであり、式EE及びEE*において、G2は、−CN,−CONH2又は−COOG3(式中、G3は、水素、炭素原子数1〜18のアルキル又はフェニルである)であり、Xは、無機又は有機の陰イオン、例えばホスファート、ホスホナート、カルボナート、ビカルボナート、ニトラート、クロリド、ブロミド、ビスルフィット、スルフィット、ビスルファート、スルファート、ボラート、ホルマート、アセタート、ベンゾアート、シトラート、オキサラート、タルトラート、アクリラート、ポリアクリラート、フマラート、マレアート、イタコナート、グリコラート、グルコナート、マラート、マンデラート、チグラート、アスコルバート、ポリメタクリラート;ニトリロ三酢酸、ヒドロキシエチルエチレンジアミン三酢酸、エチレンジアミン四酢酸若しくはジエチレントリアミン五酢酸のカルボキシラート;ジエチレントリアミンペンタメチレンホスホナート、アルキルスルホナート又はアリールスルホナートであり、そして式中、陽イオンhの全電荷は、陰イオンjの全電荷に等しい]の化合物である、請求項1記載の組成物。

請求項4

Xが、ホスファート、ホスホナート、カルボナート、ビカルボナート、ニトラート、クロリド、ブロミド、ビスルフィット、スルフィット、ビスルファート、スルファート、ボラート、ホルマート、アセタート、ベンゾアート、シトラート、オキサラート、タルトラート、アクリラート、ポリアクリラート、フマラート、マレアート、イタコナート、グリコラート、グルコナート、マラート、マンデラート、チグラート、アスコルバート、ポリメタクリラート;ニトリロ三酢酸、ヒドロキシエチルエチレンジアミン三酢酸、エチレンジアミン四酢酸若しくはジエチレントリアミン五酢酸のカルボキシラート;ジエチレントリアミンペンタメチレンホスホナート、アルキルスルホナート又はアリールスルホナートである、請求項3記載の組成物。

請求項5

成分(b)の化合物が、式A、A*、B、B*、C、C*、D、D*、Q、Q*、R、R*、S、S*、X、X*、Y、Y*、Z及びZ*[式中、Rは、水素であり、式A及びA*において、nは、1又は2であり、nが1である場合、R1は、水素、炭素原子数1〜6のアルキル、炭素原子数2〜6のアルケニル、プロパルギル、グリシジル、酸素原子1〜10個により中断されている炭素原子数2〜20のアルキル、ヒドロキシル基1〜5個により置換されているか、又は前記酸素原子による中断及び前記ヒドロキシル基による置換の両方がされている前記アルキル基であるか、あるいはR1は、カルボキシ基により、又は−COOZ(式中、Zは、水素若しくは炭素原子数1〜4のアルキルである)により置換されている炭素原子数1〜4のアルキルであり、nが2である場合、R1は、炭素原子数1〜8のアルキレン、炭素原子数4〜8のアルケニレン、酸素原子1〜10個により中断されているか、ヒドロキシル基1〜5個により置換されているか、又は前記酸素原子による中断及び前記ヒドロキシル基による置換の両方がされている炭素原子数1〜20のアルキレンであり、式B及びB*において、mは、1又は2であり、mが1である場合、R2は、炭素原子数1〜4のアルキルであるか、又はR2は、−CH2(OCH2CH2)nOCH3(式中、nは、1〜12である)であるか、又はR2は、フェニル、若しくはメチル基1〜3個により置換されている前記フェニルであるか、R2は、−NHR3(式中、R3は、炭素原子数1〜4のアルキル、フェニル、又はメチル基1若しくは2個により置換されている前記フェニルである)であり、mが2である場合、R2は、炭素原子数1〜8のアルキレン、炭素原子数4〜8のアルケニレンであるか、又はR2は、−CH2(OCH2CH2)nOCH2−(式中、nは、1〜12である)であるか、R2は、−NHR4NH−(式中、R4は、炭素原子数2〜6のアルキレン、炭素原子数8〜15のアラルキレン又は炭素原子数6〜12のアリーレンである)であるか、R2は、−CO−又は−NH−CO−NH−であり、式C及びC*において、R10は、水素、又は炭素原子数1〜3のアルカノイルでありxは、1又は2であり、xが1である場合、R11は、水素、炭素原子数1〜6のアルキル又はグリシジルであるか、R11は、カルボキシ基により、又は−COOZ(式中、Zは、水素若しくは炭素原子数1〜4のアルキルである)により置換されている炭素原子数1〜4のアルキルであり、xが2である場合、R11は、炭素原子数1〜6のアルキレンであり、式D及びD*において、R10は、水素であり、yは、1又は2であり、R12は、上記R2と定義され、式Y,Y*,Z及びZ*において、xは、1又は2であり、xが1である場合、R1及びR2は、独立して炭素原子数1〜4のアルキルであるか、又はR1及びR2は、一緒になってテトラメチレン若しくはペンタメチレンであり、R2は、水素若しくは炭素原子数1〜4のアルキル、ヒドロキシル基により置換されている前記アルキル基であり、xが2である場合、R1は、水素、炭素原子数1〜4のアルキル、ヒドロキシル基により置換されている前記アルキルであり、R2は、炭素原子数2〜6のアルキレンであり、R3は、上記で定義したとおりである]の化合物である、請求項3記載の組成物。

請求項6

成分(b)の化合物が、式A、A*、B、B*、C、C*、D、D*、Q、Q*、R及びR*[式中、Rは、水素であり、式A及びA*において、hは、1であり、R1は、水素、炭素原子数1〜4のアルキル、グリシジル、酸素原子1若しくは2個により中断されている炭素原子数2〜4のアルキル、ヒドロキシル基1若しくは2個により置換されているか、又は前記酸素原子による中断及び前記ヒドロキシル基による置換の両方がされている前記アルキルであるか、あるいはR1は、−COOZ(式中、Zは、水素又は炭素原子数1〜4のアルキルである)により置換されている炭素原子数1〜4のアルキルであり、式B及びB*において、mは、1又は2であり、R2は、炭素原子数1〜4のアルキルであるか、又はR2は、−CH2(OCH2CH2)nOCH3(式中、nは、1〜4である)であり、mが2である場合、R2は、炭素原子数1〜8のアルキレンであり、式C及びC*において、R10は、水素又は炭素原子数1若しくは2のアルカノイルであり、xは、1又は2であり、xが1である場合、R11は、水素、炭素原子数1〜4のアルキル又はグリシジルであるか、R11は、−COOZ(式中、Zは、水素又は炭素原子数1〜4のアルキルである)により置換されている炭素原子数1〜4のアルキルであり、xが2である場合、R11は、炭素原子数1〜6のアルキレンであり、式D及びD*において、R10は、水素であり、yは、1又は2であり、R12は、上記R2と定義される]の化合物である、請求項5記載の組成物。

請求項7

成分(b)の化合物が、ビス(1−オキシル−2,2,6,6−テトラメチルピペリジン−4−イル)セバカート、ビス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチルピペリジン−4−イル)セバカート、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトキシペリジニウムシトラート、1−オキシル−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトアミドピペリジン、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトアミドピペリジン、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトアミドピペリジニウムビスルファート、1−オキシル−2,2,6,6−テトラメチル−4−オキソ−ピペリジン、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−オキソ−ピペリジン、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−オキソ−ピペリジニウムアセタート、1−オキシル−2,2,6,6−テトラメチル−4−メトキシ−ピペリジン、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−メトキシ−ピペリジン、1−ヒドロキシル−2,2,6,6−テトラメチル−4−メトキシ−ピペリジニウムアセタート、1−オキシル−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトキシピペリジン、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトキシピペリジン、1−オキシル−2,2,6,6−テトラメチル−4−プロポキシ−ピペリジン、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−プロポキシ−ピペリジニウムアセタート、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−プロポキシ−ピペリジン、1−オキシル−2,2,6,6−テトラメチル−4−(2−ヒドロキシ−4−オキサペントキシ)ピペリジン、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−(2−ヒドロキシ−4−オキサペントキシ)ピペリジニウムアセタート、1−オキシル−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジン、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジン、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウムクロリド、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウムアセタート、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウムビスルファート、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウムシトラート、ビス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウム)シトラート、トリス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウム)シトラート、テトラ(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウム)エチレンジアミンテトラアセタート、テトラ(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトアミドピペリジニウム)エチレンジアミンテトラアセタート、テトラ(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−オキソピペリジニウム)エチレンジアミンテトラアセタート、ペンタ(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウム)ジエチレントリアミンペンタアセタート、ペンタ(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトアミドピペリジニウム)ジエチレントリアミンペンタアセタート、ペンタ(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−オキソピペリジニウム)ジエチレントリアミンペンタアセタート、トリ(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウム)ニトリトリアセタート、トリ(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトアミドピペリジニウム)ニトリロトリアセタート、トリ(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−オキソピペリジニウム)ニトリロトリアセタート、ペンタ(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウム)ジエチレントリアミンペンタメチレンホスホナート、ペンタ(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトアミドピペリジニウム)ジエチレントリアミンペンタメチレンホスホナート及びペンタ(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−オキソピペリジニウム)ジエチレントリアミンペンタメチレンホスホナートからなる群から選択される、請求項3記載の組成物。

請求項8

成分(b)の化合物が、1−オキシル−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジン、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジン、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウムクロリド、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウムアセタート、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウムビスルファート、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウムシトラート、ビス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウム)シトラート、トリス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウム)シトラート、テトラ(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウム)エチレンジアミンテトラアセタート、テトラ(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトアミドピペリジニウム)エチレンジアミンテトラアセタート、テトラ(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−オキソピペリジニウム)エチレンジアミンテトラアセタート、ペンタ(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウム)ジエチレントリアミンペンタアセタート、ペンタ(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトアミドピペリジニウム)ジエチレントリアミンペンタアセタート及びペンタ(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−オキソピペリジニウム)ジエチレントリアミンペンタアセタートからなる群から選択される、請求項3記載の組成物。

請求項9

成分(b)の化合物が、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウムシトラート、ビス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウム)シトラート、トリス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウム)シトラート、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウムDTPA、ビス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウム)DTPA、トリス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウム)DTPA、テトラキス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウム)DTPA、ペンタキス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウム)DTPA、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウムEDTA、ビス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウム)EDTA、トリス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウム)EDTA、テトラキス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウム)EDTA、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−オキソ−ピペリジニウムシトラート、ビス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−オキソ−ピペリジニウム)シトラート、トリス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−オキソ−ピペリジニウム)シトラート、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−オキソ−ピペリジニウムDTPA、ビス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−オキソ−ピペリジニウム)DTPA、トリス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−オキソ−ピペリジニウム)DTPA、テトラキス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−オキソ−ピペリジニウム)DTPA、ペンタキス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−オキソ−ピペリジニウム)DTPA、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−オキソ−ピペリジニウムEDTA、ビス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−オキソ−ピペリジニウム)EDTA、トリス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−オキソ−ピペリジニウム)EDTA、テトラキス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−オキソ−ピペリジニウム)EDTA、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトアミドピペリジニウムシトラート、ビス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトアミドピペリジニウム)シトラート、トリス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトアミドピペリジニウム)シトラート、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトアミドピペリジニウムDTPA、ビス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトアミドピペリジニウム)DTPA、トリス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトアミドピペリジニウム)DTPA、テトラキス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトアミドピペリジニウム)DTPA、ペンタキス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトアミドピペリジニウム)DTPA、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトアミドピペリジニウムEDTA、ビス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトアミドピペリジニウム)EDTA、トリス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトアミドピペリジニウム)EDTA、テトラキス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウム)EDTA、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトキシピペリジニウムシトラート、ビス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトキシピペリジニウム)シトラート、トリス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトキシピペリジニウム)シトラート、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトキシピペリジニウムDTPA、ビス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトキシピペリジニウム)DTPA、トリス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトキシピペリジニウム)DTPA、テトラキス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトキシピペリジニウム)DTPA、ペンタキス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトキシピペリジニウム)DTPA、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトキシピペリジニウムEDTA、ビス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトキシピペリジニウム)EDTA、トリス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトキシピペリジニウム)EDTA及びテトラキス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトキシピペリジニウム)EDTAからなる群から選択される、請求項3記載の組成物。

請求項10

更に(c)紫外線吸収剤酸化防止剤トコフェロール、トコフェロールアセタート、ヒンダードアミン光安定剤錯体形成剤蛍光増白剤界面活性剤及びポリオルガノシロキサンからなる群から選択される少なくとも一つの化合物を含む、請求項1記載の組成物。

請求項11

紫外線吸収剤が、2H−ベンゾトリアゾール類、s−トリアジン類ベンゾフェノン類、α−シアノアクリラート類、オキサニリド類ベンゾオキサジノン類、ベンゾアート類及びα−アルキルシンナマート類からなる群から選択される、請求項10記載の組成物。

請求項12

更に(d)染料を含む、請求項1記載の組成物。

請求項13

成分(b)の化合物が、全製剤に基づき、約5〜約10000ppmの濃度でボディケア製品又は家庭用品に存在する、請求項1記載の組成物。

請求項14

成分(b)の化合物が、約10〜約5000ppmの濃度で存在する、請求項13記載の組成物。

請求項15

ボディケア製品が、スキンケア製品風呂及びシャワー製品液状石鹸固形石鹸芳香性及び発香性物質を含有する製剤、ヘアケア製品歯磨き剤脱臭及び発汗抑制剤美容製剤、光保護製剤及び活性物質を含有する製剤から選択される、請求項1記載の組成物。

請求項16

スキンケア製品が、ボディオイルボディローション、ボディゲルトリートメントクリーム皮膚保護軟膏シェービング製剤及びスキンパウダーから選択される、請求項15記載の組成物。

請求項17

芳香性及び発香性物質を含有する製剤が、香水香料化粧水及びシェービングローションから選択される、請求項15記載の組成物。

請求項18

ヘアケア製品が、シャンプーヘアコンディショナーツーインワンコンディショナーリーブイン及びリンスオフコンディショナー、髪のスタイリング及び手入れのための製剤、パーマ剤緩和剤ヘアスプレー及びヘアーラッカー毛髪染色ステム永久的、半永久的及び一時的毛髪染色システム、並びに毛髪脱色剤から選択される、請求項15記載の組成物。

請求項19

美容製剤が、リップスティックマニキュアアイシャドウマスカラ乾性及び湿性メーキャップルージュ、パウダー、脱毛剤サンケア及びアフターサン製品から選択される、請求項15記載の組成物。

請求項20

活性成分を含有する製剤が、ホルモン剤ビタミン剤植物エキス剤及び抗菌剤から選択される、請求項15記載の組成物。

請求項21

家庭用品が、家庭用クリーニング及びトリートメント剤から選択される、請求項1記載の組成物。

請求項22

家庭用クリーニング剤及びトリートメント剤が、洗濯洗剤及び柔軟仕上げ剤、無洗剤系織物ケア製品、液状洗浄及び研磨剤ガラス洗浄剤中性クリーナー(多用途クリーナー)、酸性家庭用クリーナー(浴槽)、バスルームクリーナー、洗浄剤、リンス剤及び食器洗い剤、台所用及びオーブン用クリーナー、クリアリンス剤、食器洗い用洗剤靴墨、磨き用ワックス床用洗剤及び床用磨き剤、金属クリーナー、ガラスクリーナー及びセラミッククリーナー、織物材料ケア用品ラグクリーナー及びカーペットシャンプー、錆、色及び染みを落とすための薬剤染み抜き塩)、家具及び多目的用磨き剤、並びに及びビニールの仕上げ剤(革及びビニール用スプレー)、並びに固形及び液状エアーフレッシュナーから選択される、請求項21記載の組成物。

請求項23

請求項1記載の式(I)、(II)及び(III)の少なくとも一つの化合物をその中に組み込むこと又そこに塗布することを含む、ボディケア製品、家庭用品、織物材料又は織物を安定化させる方法。

請求項24

請求項3記載の式A〜EE及びA*〜EE*の少なくとも一つの化合物をその中に混合すること又はそこに塗布することを含む、ボディケア製品、家庭用品、織物材料又は織物を安定化させる方法。

請求項25

請求項1記載の式(I)、(II)及び(III)の少なくとも一つの化合物をその中に混合すること又はそこに塗布することを含む、各々が染料を含有するボディケア製品、家庭用品、織物材料又は織物を安定化させる方法。

請求項26

請求項3記載の式A〜EE及びA*〜EE*の少なくとも一つの化合物をその中に混合すること又はそこに塗布することを含む、各々が染料を含有するボディケア製品、家庭用品、織物材料又は織物を安定化させる方法。

技術分野

0001

本発明は、光、熱及び酸素の悪影響に対してボディケア製品家庭用品織物材料及び織物を保護するための選択されたヒンダードニトロキシルヒドロキシルアミン及びヒドロキシルアミン塩化合物の使用に関する。

0002

安定化組成物は、例えば色の変化に対して安定化された染料を含む。

0003

背景
同時係属の、2002年5月1日に出願された米国特許出願第09/830,788号及び2001年5月1日に出願された第09/830,787号は、ボディケア製品及び家庭用品の安定化を目標とする。

0004

WO01/07550は、ヒンダードアミン安定剤を用いる織物の処理を教示する。

0005

米国特許番号第6254724号は、ヒンダードアミン系化合物を用いるパルプ及び紙の安定化を教示する。

0006

詳細な開示内容
本発明は、
(a)ボディケア製品、家庭用品、織物材料又は織物、並びに
(b)(i)式(I)のヒンダードニトロキシル化合物
(ii)式(II)のヒンダードヒドロキシルアミン化合物、及び
(iii)式(III)のヒンダードヒドロキシルアミン塩化合物




[式中、
G1及びG2は、独立して炭素原子数1〜4のアルキルであるか、又は一緒になってペンタメチレンであり、
Z1及びZ2は、それぞれメチルであるか、又はZ1及びZ2は、一緒になってエステルエーテルヒドロキシオキソシアノヒドリンアミドアミノカルボキシ若しくはウレタン基により更に置換されてもよい結合部分を形成し、
Xは、無機又は有機陰イオン、例えばホスファートホスホナートカルボナート、ビカルボナート、ニトラート、クロリドブロミドビスフィットスルフィット、ビスルファート、スルファートボラートホルマートアセタートベンゾアートシトラートオキサラートタルトラートアクリラートポリアクリラート、フマラート、マレアート、イタコナート、グリコラートグルコナート、マラート、マンデラート、チグラート、アスコルバートポリメタクリラートニトリロ三酢酸ヒドロキシエチルエチレンジアミン三酢酸エチレンジアミン四酢酸若しくはジエチレントリアミン五酢酸カルボキシラートジエチレントリアミンペンタメチレンホスホナート、アルキルスルホナート又はアリールスルホナートであり、そして
式中、陽イオンhの全電荷は、陰イオンjの全電荷に等しい]からなる群から選択される少なくとも一つの化合物の有効安定化量
を含む安定化組成物に関する。

0007

例えば、Xが、クロリド、ビスルフィット、ビスルファート、スルファート、ホスファート、ニトラート、アスコルバート、アセタート、シトラート、又はエチレンジアミン四酢酸若しくはジエチレントリアミン五酢酸のカルボキシラートであり;例えばXが、ビスルファート又はシトラートである。

0008

成分(b)のヒンダードニトロキシル、ヒドロキシルアミン及びヒドロキシルアミン塩化合物が、例えば式A〜EE及びA*〜EE*:

0009

[式中、
Eは、オキシル又はヒドロキシルであり、
Rは、水素又はメチルであり、
式A及びA*において、
nは、1又は2であり、
nが1である場合、
R1は、水素、炭素原子数1〜18のアルキル、炭素原子数2〜18のアルケニルプロパルギルグリシジル酸素原子1〜20個により中断されている炭素原子数2〜50のアルキル、ヒドロキシル基1〜10個により置換されているか、又は前記酸素原子による中断及び前記ヒドロキシル基による置換の両方がされている前記アルキルであるか、あるいは
R1は、カルボキシ基により、又は−COOZ(式中、Zは、水素、炭素原子数1〜4のアルキル若しくはフェニルであるか、又は式中、Zは、−(COO−)nMn+(式中、nは1〜3であり、Mは、周期律表の第一、第二若しくは第三族からの金属イオンであるか、又はZn、Cu、Ni若しくはCoであるか、又はMは、基Nn+(R2)4(式中、R2は、炭素原子数1〜8のアルキル若しくはベンジルである)である)により置換されている前記アルキルである)により置換されている炭素原子数1〜4のアルキルであり、
nが2である場合、
R1は、炭素原子数1〜12のアルキレン、炭素原子数4〜12のアルケニレンキシリレン、又は酸素原子1〜20個により中断されているか、ヒドロキシル基1〜10個により置換されているか、若しくは前記酸素原子による中断及び前記ヒドロキシル基による置換の両方がされている炭素原子数1〜50のアルキレンであり、
式B及びB*において、
mは、1〜4であり、
mが1である場合、
R2は、炭素原子数1〜18のアルキル、−COO−により中断されている炭素原子数3〜18のアルキルであるか、又はR2は、−CH2(OCH2CH2)nOCH3(式中、nは、1〜12である)であるか、又は
R2は、炭素原子数5〜12のシクロアルキル、炭素原子数6〜12のアリール、若しくは炭素原子数1〜4のアルキル基1〜4個により置換されている前記アリールであるか、又は
R2は、−NHR3(式中、R3は、炭素原子数1〜18のアルキル、炭素原子数5〜12のシクロアルキル、炭素原子数6〜12のアリール、若しくは炭素原子数1〜4のアルキル1〜4個により置換されている前記アリールである)であるか、又は
R2は、−N(R3)2(式中、R3は、上記で定義したとおりである)であり、
mが2である場合、
R2は、炭素原子数1〜12のアルキレン、炭素原子数4〜12のアルケニレン、キシリレン、−COO−により中断されている炭素原子数2〜12のアルキレンであるか、又はR2は、−CH2(OCH2CH2)nOCH2−(式中、nは、1〜12である)であるか、又は、
R2は、炭素原子数5〜12のシクロアルキレン、炭素原子数7〜15のアラルキレン、若しくは炭素原子数6〜12のアリーレンであるか、又は
R2は、−NHR4NH−(式中、R4は、炭素原子数2〜18のアルキレン、炭素原子数5〜12のシクロアルキレン、炭素原子数8〜15のアラルキレン、又は炭素原子数6〜12のアリーレンである)であるか、又は
R2は、−N(R3)R4N(R3)−(式中、R3及びR4は、上記で定義したとおりである)であるか、又は
R2は、−CO−若しくは−NH−CO−NH−であり、
mが3である場合、
R2は、炭素原子数3〜8のアルカントリイル又はベンゼントリイルであり、あるいは
mが4である場合、
R2は、炭素原子数5〜8のアルカンテトライル又はベンゼンテトライルであり、
式C及びC*において、
R10は、水素、炭素原子数1〜18のアルキル、炭素原子数5〜12のシクロアルキル、炭素原子数7〜15のアラルキル、炭素原子数2〜18のアルカノイル、炭素原子数3〜5のアルケノイル又はベンゾイルであり、
xは、1又は2であり、
xが1である場合、
R11は、水素、炭素原子数1〜18のアルキル、炭素原子数2〜18のアルケニル、プロパルギル、グリシジル、酸素原子1〜20個により中断されている炭素原子数2〜50のアルキル、ヒドロキシル基1〜10個により置換されているか、若しくは前記酸素原子による中断及び前記ヒドロキシル基による置換の両方がされている前記アルキルであるか、又は
R11は、カルボキシ基により、若しくは−COOZ(式中、Zは、水素、炭素原子数1〜4のアルキル、若しくはフェニルであるか、又は式中、Zは、−(COO−)nMn+(式中、nは1〜3であり、Mは、周期律表の第一、第二若しくは第三族からの金属イオンであるか、又はZn、Cu、Ni若しくはCoであるか、又はMは、基Nn+(R2)4(式中、R2は、水素、炭素原子数1〜8のアルキル若しくはベンジルである)である)により置換されている前記アルキルである)により置換されている炭素原子数1〜4のアルキルであり、あるいは
xが2である場合、
R11は、炭素原子数1〜12のアルキレン、炭素原子数4〜12のアルケニレン、キシリレン、又は酸素原子1〜20個により中断されているか、ヒドロキシル基1〜10個により置換されているか、若しくは前記酸素原子による中断及び前記ヒドロキシル基による置換の両方がされている炭素原子数1〜50のアルキレンであり、
式D及びD*において、
R10は、上記で定義したとおりであり、
yは、1〜4であり、そして
R12は、上記R2と定義され、
式E及びE*において、
kは、1又は2であり、
kが1である場合、
R20及びR21は、独立して炭素原子数1〜12のアルキル、炭素原子数2〜12のアルケニル、若しくは炭素原子数7〜15のアラルキルであるか、又はR20は、更に水素であるか、又は
R20及びR21は、一緒になって炭素原子数2〜8のアルキレン、若しくはヒドロキシルにより置換されている前記アルキレンであるか、又は炭素原子数4〜22のアシルオキシ−アルキレンであるか、あるいは
kが2である場合、
R20及びR21は、一緒になって(−CH2)2C(CH2−)2であり、
式F及びF*において、
R30は、水素、炭素原子数1〜18のアルキル、ベンジル、グリシジル、又は炭素原子数2〜6のアルコキシアルキルであり、
gは、1又は2であり、
gが1である場合、R31は、nが1である場合の上記R1と定義され、
gが2である場合、R31は、nが2である場合の上記R1と定義され、
式G及びG*において、
Q1は、−NR41−又は−O−であり、
E1は、炭素原子数1〜3のアルキレンであるか、又はE1は、−CH2−CH(R42)−O−(式中、R42は、水素、メチル又はフェニルである)であるか、又はE1は、−(CH2)3−NH−であるか、又はE1は、直接結合であり、
R40は、水素又は炭素原子数1〜18のアルキルであり、
R41は、水素、炭素原子数1〜18のアルキル、炭素原子数5〜12のシクロアルキル、炭素原子数7〜15のアラルキル、炭素原子数6〜10のアリールであるか、又はR41は、−CH2−CH(R42)−OH(式中、R42は、上記で定義したとおりである)であり、
式H及びH*において、
pは、1又は2であり、
T4は、xが1又は2である場合にR11に対して定義したとおりであり、
M及びYは、独立してメチレン又はカルボニルであり、例えば、Mは、メチレンであり、そしてYは、カルボニルであり、
式I及びI*において、
この式は、ポリマー繰り返し構造単位を意味し、式中、T1は、エチレン若しくは1,2−プロピレンであるか、又はアルキルアクリラート若しくはメタクリラートとのアルファオレフィンコポリマーから誘導される繰り返し構造単位であり、そして式中、
qは、2〜100であり、
Q1は、−N(R41)−又は−O−(式中、R41は、上記で定義したとおりである)であり、
式J及びJ*において、
rは、1又は2であり、
T7は、式Aにおいてnが1又は2である場合に、R1に対して定義したとおりであり、例えば、T7は、rが2である場合、オクタメチレンであり、
式L及びL*において、
uは、1又は2であり、
T13は、式Aにおいてnが1又は2である場合に、R1に対して定義したとおりであるが、但し、uが1である場合、T13は水素ではなく、
式M及びM*において、
E1及びE2は、異なっており、それぞれ−CO−又は−N(E5)−(式中、E5は、水素、炭素原子数1〜12のアルキル、又は炭素原子数4〜22のアルコキシカルボニルアルキルである)であり、例えば、E1は、−CO−であり、そしてE2は、−N(E5)−であり、
E3は、水素、炭素原子数1〜30のアルキル、フェニル、ナフチル塩素により若しくは炭素原子数1〜4のアルキルにより置換されている前記フェニル若しくは前記ナフチル、又は炭素原子数7〜12のフェニルアルキル、又は炭素原子数1〜4のアルキルにより置換されている前記フェニルアルキルであり、
E4は、水素、炭素原子数1〜30のアルキル、フェニル、ナフチル、又は炭素原子数7〜12のフェニルアルキルであるか、あるいは
E3及びE4は、一緒になって炭素原子数4〜17のポリメチレン、又は炭素原子数1〜4のアルキル1〜4個により置換されている前記ポリメチレン、例えばメチルであり、
式Nにおいて、
R1は、nが1である場合に、式AにおいてR1に対して定義したとおりであり、
G3は、直接結合、炭素原子数1〜12のアルキレン、フェニレン、又は−NH−G1−NH−(式中、G1は、炭素原子数1〜12のアルキレンである)であり、
式O及びO*において、
R10は、式CにおいてR10に対して定義したとおりであり、
式P及びP*において、
E6は、脂肪族若しくは芳香族四価の基、例えばネオペンタンテトライル又はベンゼンテトライルであり、
式T及びT*において、
R51は、水素、炭素原子数1〜18のアルキル、炭素原子数5〜12のシクロアルキル、又は炭素原子数6〜10のアリールであり、
R52は、水素又は炭素原子数1〜18のアルキルであるか、あるいは
R51及びR52は、一緒になって炭素原子数4〜8のアルキレンであり、
fは、1又は2であり、
fが1である場合、
R50は、xが1である場合に、式CにおいてR11に対して定義したとおりであるか、
又はR50は、−(CH2)zCOOR54(式中、zは、1〜4であり、そしてR54は、水素若しくは炭素原子数1〜18のアルキルであるか、又はR54は、周期律表の第一、第二若しくは第三族からの金属イオンであるか、又は基−N(R55)4(式中、R55は、水素、炭素原子数1〜12のアルキル若しくはベンジルである)である)であり、
fが2である場合、R50は、xが2の場合に、式CにおいてR11に対して定義したとおりであり、
式U及びU*において、
R53、R54、R55及びR56は、独立して炭素原子数1〜4のアルキルであるか、又は一緒になってペンタメチレンであり、
式V及びV*において、
R57、R58、R59及びR60は、独立して炭素原子数1〜4のアルキルであるか、又は一緒になってペンタメチレンであり、
式W及びW*において、
R61、R62、R63及びR64は、独立して炭素原子数1〜4のアルキルであるか、又は一緒になってペンタメチレンであり、
R65は、炭素原子数1〜5のアルキルであり、
Mは、水素又は酸素であり、
式X〜CC及びX*〜CC*において、
nは、2〜3であり、
G1は、水素、メチル、エチルブチル又はベンジルであり、
mは、1〜4であり、
xは、1〜4であり、
xが1である場合、
R1及びR2は、独立して炭素原子数1〜18のアルキル、酸素原子1〜5個により中断されている前記アルキル、ヒドロキシル基1〜5個により置換されている前記アルキル、若しくは前記酸素原子による中断及び前記ヒドロキシル基による置換の両方がされている前記アルキル;炭素原子数5〜12のシクロアルキル、炭素原子数7〜15のアラルキル、炭素原子数6〜10のアリール、若しくは炭素原子数1〜8のアルキル1〜3個により置換されている前記アリールであり、又はR1は、更に水素であるか、又はR1及びR2は、一緒になってテトラメチレン、ペンタメチレン、ヘキサメチレン若しくは3−オキサペンタメチレンであり、
xが2である場合、
R1は、水素、炭素原子数1〜8のアルキル、酸素原子1若しくは2個により中断されている前記アルキル、ヒドロキシル基により置換されている前記アルキル、又は酸素原子1若しくは2個による中断及びヒドロキシル基による置換の両方がされている前記アルキルであり、
R2は、炭素原子数2〜18のアルキレン、酸素原子1〜5個により中断されている前記アルキレン、ヒドロキシル基1〜5個により置換されている前記アルキレン、又は前記酸素原子による中断及び前記ヒドロキシル基による置換の両方がされている前記アルキレン;o−、m−若しくはp−フェニレン、又は炭素原子数1〜4のアルキル1若しくは2個により置換されている前記フェニレンであるか、あるいは
R2は、−(CH2)kO[(CH2)kO]h(CH2)k−(式中、kは、2〜4であり、そしてhは、1〜40である)であるか、あるいは
R1及びR2は、それらが結合している2個の窒素原子と一緒になってピペラジン−1,4−ジイルであり、
xが3である場合、
R1は、水素であり、
R2は、窒素原子1個により中断されている炭素原子数4〜8のアルキレンであり、
xが4である場合、
R1は、水素であり、
R2は、窒素原子2個により中断されている炭素原子数6〜12のアルキレンであり、
R3は、水素、炭素原子数1〜8のアルキル、酸素原子1若しくは2個により中断されている前記アルキル、ヒドロキシル基により置換されているか、又は酸素原子1若しくは2個による中断及びヒドロキシル基による置換の両方がされている前記アルキルであり、
Pは、2又は3であり、そして
Qは、アルカリ金属塩アンモニウム、又はN+(G1)4であり、
DD及びDD*において、
mは、2又は3であり、
mが2である場合、
Gは、−(CH2CHR−O)rCH2CHR−、(式中、rは、0〜3であり、そしてRは、水素又はメチルである)であり、そして
mが3である場合、
Gは、グリセリルであり、
式EE及びEE*において、
G2は、−CN,−CONH2又は−COOG3(式中、G3は、水素、炭素原子数1〜18のアルキル、又はフェニルである)であり、
Xは、無機又は有機の陰イオン、例えばホスファート、ホスホナート、カルボナート、ビカルボナート、ニトラート、クロリド、ブロミド、ビスルフィット、スルフィット、ビスルファート、スルファート、ボラート、ホルマート、アセタート、ベンゾアート、シトラート、オキサラート、タルトラート、アクリラート、ポリアクリラート、フマラート、マレアート、イタコナート、グリコラート、グルコナート、マラート、マンデラート、チグラート、アスコルバート、ポリメタクリラート;ニトリロ三酢酸、ヒドロキシエチルエチレンジアミン三酢酸、エチレンジアミン四酢酸若しくはジエチレントリアミン五酢酸のカルボキシラート;ジエチレントリアミンペンタメチレンホスホナート、アルキルスルホナート又はアリールスルホナートであり、そして
式中、陽イオンhの全電荷は、陰イオンjの全電荷に等しい]の化合物である。

0010

例えば、成分(b)の化合物は、式A、A*、B、B*、C、C*、D、D*、Q、Q*、R、R*、S、S*、X、X*、Y、Y*、Z及びZ*
[式中、
Rは、水素であり、
式A及びA*において、
nは、1又は2であり、
nが1である場合、
R1は、水素、炭素原子数1〜6のアルキル、炭素原子数2〜6のアルケニル、プロパルギル、グリシジル、酸素原子1〜10個により中断されている炭素原子数2〜20のアルキル、ヒドロキシル基1〜5個により置換されているか、又は前記酸素原子による中断及び前記ヒドロキシル基による置換の両方がされている前記アルキル基であるか、あるいは
R1は、カルボキシ基により、又は−COOZ(式中、Zは、水素若しくは炭素原子数1〜4のアルキルである)により置換されている炭素原子数1〜4のアルキルであり、
nが2である場合、
R1は、炭素原子数1〜8のアルキレン、炭素原子数4〜8のアルケニレン、酸素原子1〜10個により中断されているか、ヒドロキシル基1〜5個により置換されているか、又は前記酸素原子による中断及び前記ヒドロキシル基による置換の両方がされている炭素原子数1〜20のアルキレンであり、
式B及びB*において、
mは、1又は2であり、
mが1である場合、
R2は、炭素原子数1〜4のアルキルであるか、又はR2は、−CH2(OCH2CH2)nOCH3(式中、nは、1〜12である)であるか、又は
R2は、フェニル、若しくはメチル基1〜3個により置換されている前記フェニルであるか、
R2は、−NHR3(式中、R3は、炭素原子数1〜4のアルキル、フェニル、又はメチル基1若しくは2個により置換されている前記フェニルである)であり、
mが2である場合、
R2は、炭素原子数1〜8のアルキレン、炭素原子数4〜8のアルケニレンであるか、又はR2は、−CH2(OCH2CH2)nOCH2−(式中、nは、1〜12である)であるか、
R2は、−NHR4NH−(式中、R4は、炭素原子数2〜6のアルキレン、炭素原子数8〜15のアラルキレン、又は炭素原子数6〜12のアリーレンである)であるか、
R2は、−CO−又は−NHCONH−であり、
式C及びC*において、
R10は、水素、又は炭素原子数1〜3のアルカノイルであり
xは、1又は2であり、
xが1である場合、
R11は、水素、炭素原子数1〜6のアルキル又はグリシジルであるか、
R11は、カルボキシ基により、又は−COOZ(式中、Zは、水素若しくは炭素原子数1〜4のアルキルである)により置換されている炭素原子数1〜4のアルキルであり、
xが2である場合、
R11は、炭素原子数1〜6のアルキレンであり、
式D及びD*において、
R10は、水素であり、
yは、1又は2であり、
R12は、上記R2と定義され、
式Y,Y*,Z及びZ*において、
xは、1又は2であり、
xが1である場合、
R1及びR2は、独立して炭素原子数1〜4のアルキルであるか、又は
R1及びR2は、一緒になってテトラメチレン若しくはペンタメチレンであり、
R2は、水素若しくは炭素原子数1〜4のアルキル、ヒドロキシル基により置換されている前記アルキル基であり、
xが2である場合、
R1は、水素、炭素原子数1〜4のアルキル、ヒドロキシル基により置換されている前記アルキルであり、
R2は、炭素原子数2〜6のアルキレンであり、
R3は、上記で定義したとおりである]の化合物である。

0011

例えば、成分(b)の化合物は、式A、A*、B、B*、C、C*、D、D*、Q、Q*、R及びR*
[式中、
Rは、水素であり、
式A及びA*において、
hは、1であり、
R1は、水素、炭素原子数1〜4のアルキル、グリシジル、酸素原子1若しくは2個により中断されている炭素原子数2〜4のアルキル、ヒドロキシル基1若しくは2個により置換されているか、又は前記酸素原子による中断及び前記ヒドロキシル基による置換の両方がされている前記アルキルであるか、あるいは
R1は、−COOZ(式中、Zは、水素又は炭素原子数1〜4のアルキルである)により置換されている炭素原子数1〜4のアルキルであり、
式B及びB*において、
mは、1又は2であり、
R2は、炭素原子数1〜4のアルキルであるか、又はR2は、−CH2(OCH2CH2)nOCH3(式中、nは、1〜4である)であり、
mが2である場合、
R2は、炭素原子数1〜8のアルキレンであり、
式C及びC*において、
R10は、水素又は炭素原子数1若しくは2のアルカノイルであり、
xは、1又は2であり、
xが1である場合、
R11は、水素、炭素原子数1〜4のアルキル又はグリシジルであるか、
R11は、−COOZ(式中、Zは、水素又は炭素原子数1〜4のアルキルである)により置換されている炭素原子数1〜4のアルキルであり、
xが2である場合、
R11は、炭素原子数1〜6のアルキレンであり、
式D及びD*において、
R10は、水素であり、
yは、1又は2であり、
R12は、上記R2と定義される]の化合物である。

0012

例えば、成分(b)のヒンダードニトロキシル、ヒドロキシルアミン及びヒドロキシルアミン塩化合物は、ビス(1−オキシル−2,2,6,6−テトラメチルピペリジン−4−イル)セバカート、ビス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチルピペリジン−4−イル)セバカート、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトキシペリジニウムシトラート、1−オキシル−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトアミドピペリジン、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトアミドピペリジン、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトアミドピペリジニウムビスルファート、1−オキシル−2,2,6,6−テトラメチル−4−オキソ−ピペリジン、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−オキソ−ピペリジン、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−オキソ−ピペリジニウムアセタート、1−オキシル−2,2,6,6−テトラメチル−4−メトキシ−ピペリジン、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−メトキシ−ピペリジン、1−ヒドロキシル−2,2,6,6−テトラメチル−4−メトキシ−ピペリジニウムアセタート、1−オキシル−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトキシピペリジン、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトキシピペリジン、1−オキシル−2,2,6,6−テトラメチル−4−プロポキシ−ピペリジン、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−プロポキシ−ピペリジニウムアセタート、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−プロポキシ−ピペリジン、1−オキシル−2,2,6,6−テトラメチル−4−(2−ヒドロキシ−4−オキサペントキシ)ピペリジン、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−(2−ヒドロキシ−4−オキサペントキシ)ピペリジニウムアセタート、1−オキシル−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジン、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジン、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウムクロリド、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウムアセタート、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウムビスルファート、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウムシトラート、ビス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウム)シトラート、トリス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウム)シトラート、テトラ(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウム)エチレンジアミンテトラアセタート、テトラ(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトアミドピペリジニウム)エチレンジアミンテトラアセタート、テトラ(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−オキソピペリジニウム)エチレンジアミンテトラアセタート、ペンタ(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウム)ジエチレントリアミンペンタアセタート、ペンタ(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトアミドピペリジニウム)ジエチレントリアミンペンタアセタート、ペンタ(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−オキソピペリジニウム)ジエチレントリアミンペンタアセタート、トリ(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウム)ニトリトリアセタート、トリ(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトアミドピペリジニウム)ニトリロトリアセタート、トリ(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−オキソピペリジニウム)ニトリロトリアセタート、ペンタ(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウム)ジエチレントリアミンペンタメチレンホスホナート、ペンタ(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトアミドピペリジニウム)ジエチレントリアミンペンタメチレンホスホナート及びペンタ(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−オキソピペリジニウム)ジエチレントリアミンペンタメチレンホスホナートから選択される。

0013

例えば、成分(b)のヒンダードニトロキシル、ヒドロキシルアミン及びヒドロキシルアミン塩化合物は、1−オキシル−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジン、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジン、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウムクロリド、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウムアセタート、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウムビスルファート、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウムシトラート、ビス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウム)シトラート、トリス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウム)シトラート、テトラ(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウム)エチレンジアミンテトラアセタート、テトラ(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトアミドピペリジニウム)エチレンジアミンテトラアセタート、テトラ(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−オキソピペリジニウム)エチレンジアミンテトラアセタート、ペンタ(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウム)ジエチレントリアミンペンタアセタート、ペンタ(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトアミドピペリジニウム)ジエチレントリアミンペンタアセタート及びペンタ(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−オキソピペリジニウム)ジエチレントリアミンペンタアセタートから選択される。

0014

例えば、成分(b)の化合物は、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウムシトラート、ビス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウム)シトラート、トリス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウム)シトラート、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウムDTPA、ビス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウム)DTPA、トリス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウム)DTPA、テトラキス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウム)DTPA、ペンタキス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウム)DTPA、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウムEDTA、ビス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウム)EDTA、トリス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウム)EDTA、テトラキス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウム)EDTA、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−オキソ−ピペリジニウムシトラート、ビス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−オキソ−ピペリジニウム)シトラート、トリス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−オキソ−ピペリジニウム)シトラート、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−オキソ−ピペリジニウムDTPA、ビス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−オキソ−ピペリジニウム)DTPA、トリス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−オキソ−ピペリジニウム)DTPA、テトラキス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−オキソ−ピペリジニウム)DTPA、ペンタキス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−オキソ−ピペリジニウム)DTPA、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−オキソ−ピペリジニウムEDTA、ビス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−オキソ−ピペリジニウム)EDTA、トリス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−オキソ−ピペリジニウム)EDTA、テトラキス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−オキソ−ピペリジニウム)EDTA、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトアミドピペリジニウムシトラート、ビス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトアミドピペリジニウム)シトラート、トリス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトアミドピペリジニウム)シトラート、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトアミドピペリジニウムDTPA、ビス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトアミドピペリジニウム)DTPA、トリス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトアミドピペリジニウム)DTPA、テトラキス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトアミドピペリジニウム)DTPA、ペンタキス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトアミドピペリジニウム)DTPA、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトアミドピペリジニウムEDTA、ビス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトアミドピペリジニウム)EDTA、トリス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトアミドピペリジニウム)EDTA、テトラキス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジニウム)EDTA、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトキシピペリジニウムシトラート、ビス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトキシピペリジニウム)シトラート、トリス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトキシピペリジニウム)シトラート、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトキシピペリジニウムDTPA、ビス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトキシピペリジニウム)DTPA、トリス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトキシピペリジニウム)DTPA、テトラキス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトキシピペリジニウム)DTPA、ペンタキス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトキシピペリジニウム)DTPA、1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトキシピペリジニウムEDTA、ビス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトキシピペリジニウム)EDTA、トリス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトキシピペリジニウム)EDTA及びテトラキス(1−ヒドロキシ−2,2,6,6−テトラメチル−4−アセトキシピペリジニウム)EDTAから選択される。

0015

上記の対イオンは、エチレンジアミン四酢酸(EDTA)、ジエチレントリアミン五酢酸(DTPA)、ヒドロキシエチルエチレンジアミン三酢酸(HEDTA)、ニトリロ三酢酸(NTA)又はジエチレン−トリアミンペンタメチレンホスホン酸(DTPMPA)である。

0016

組成物は、更に従来の添加物、例えば紫外線吸収剤及び酸化防止剤を含んでもよい。

0017

従って、更に、本発明は、
(a)ボディケア製品、家庭用品、織物材料又は織物、
(b)(i)式(I)のヒンダードニトロキシル化合物、
(ii)式(II)のヒンダードヒドロキシルアミン化合物、及び
(iii)式(III)のヒンダードヒドロキシルアミン塩化合物
からなる群から選択される少なくとも一つの化合物の有効安定化量、並びに
(c)紫外線吸収剤、酸化防止剤、トコフェロール、トコフェロールアセタート、ヒンダードアミン光安定剤錯体形成剤蛍光増白剤界面活性剤及びポリオルガノシロキサンからなる群から選択される少なくとも一つの化合物
を含む安定化組成物に関する。

0018

本成分(c)の補助的な添加剤は、例えば2001年5月1日に出願された同時係属の米国特許出願第09/830,788号及び第09/830,787号に開示されているものである。これらの同時係属出願の開示内容を参考のためこの明細書に取り込まれる。

0019

紫外線吸収剤は、例えば2H−ベンゾトリアゾール、s−トリアジンベンゾフェノン、α−シアノアクリラート、オキサニリド、ベンゾオキサジノン、ベンゾアート及びα−アルキルシンナマートからなる群から選択される。

0020

紫外線吸収剤は、例えば2,4,6−トリス(2−ヒドロキシ−4−オクチルオキシフェニル)−1,3,5−トリアジン、2−(2,4−ジヒドロキシフェニル)−4,6−ビス(2,4−ジメチルフェニル)−1,3,5−トリアジン、2,4−ビス(2−ヒドロキシ−4−プロピルオキシフェニル)−6−(2,4−ジメチルフェニル)−1,3,5−トリアジン、2−(2−ヒドロキシ−4−オクチルオキシフェニル)−4,6−ビス(4−メチルフェニル)−1,3,5−トリアジン、2−(2−ヒドロキシ−4−ドデシルオキシフェニル)−4,6−ビス(2,4−ジメチルフェニル)−1,3,5−トリアジン、2−〔2−ヒドロキシ−4−(2−ヒドロキシ−3−ブチルオキシプロピルオキシ)フェニル〕−4,6−ビス(2,4−ジメチルフェニル)−1,3,5−トリアジン、2−〔2−ヒドロキシ−4−(2−ヒドロキシ−3−オクチルオキシプロピルオキシ)フェニル〕−4,6−ビス(2,4−ジメチルフェニル)−1,3,5−トリアジン、2−〔2−ヒドロキシ−4−(2−ヒドロキシ−3−トリデシルオキシ−プロピルオキシ)フェニル〕−4,6−ビス(2,4−ジメチルフェニル)−1,3,5−トリアジン、5−クロロ−2−(2−ヒドロキシ−3,5−ジ−tert−ブチルフェニル)−2H−ベンゾトリアゾール、2−(2−ヒドロキシ−3−ドデシル−5−メチルフェニル)−2H−ベンゾトリアゾール、5−クロロ−2−(2−ヒドロキシ−3−tert−ブチル−5−メチルフェニル)−2H−ベンゾトリアゾール、ビス−(3−(2H−ベンゾトリアゾール−2−イル)−2−ヒドロキシ−5−tert−オクチル)メタン、2−(2−ヒドロキシ−3,5−ジ−tert−ブチルフェニル)−2H−ベンゾトリアゾール、2−(2−ヒドロキシ−3,5−ジ−tert−アミルフェニル)−2H−ベンゾトリアゾール、2−(2−ヒドロキシ−3,5−ジ−α−クミルフェニル)−2H−ベンゾトリアゾール、2−(2−ヒドロキシ−3−α−クミル−5−tert−オクチルフェニル)−2H−ベンゾトリアゾール、2−(2−ヒドロキシ−5−tert−オクチルフェニル)−2H−ベンゾトリアゾール、3−(2H−ベンゾトリアゾール−2−イル)−4−ヒドロキシ−5−(1−メチル−プロピル)−ベンゼンスルホン酸モノナトリウム塩、3−tert−ブチル−4−ヒドロキシ−5−(2H−ベンゾトリアゾール−2−イル)−ヒドロケイヒ酸及びナトリウム塩、12−ヒドロキシ−3,6,9−トリオキサドデシル3−tert−ブチル−4−ヒドロキシ−5−(2H−ベンゾトリアゾール−2−イル)−ヒドロシンナマート、オクチル3−tert−ブチル−4−ヒドロキシ−5−(2H−ベンゾトリアゾール−2−イル)−ヒドロシンナマート、4,6−ビス(2,4−ジメチルフェニル)−2−(4−(3−ドデシルオキシ*−2−ヒドロキシプロポキシ)−2−ヒドロキシフェニル)−s−トリアジン(*は、C12-14オキシ異性体の異性体混合物である)、4,6−ビス(2,4−ジメチルフェニル)−2−(4−オクチルオキシ−2−ヒドロキシフェニル)−s−トリアジン、2,4−ジヒドロキシベンゾフェノン、2,2′−ジヒドロキシ−4,4′−ジメトキシ−5,5′−ジスルホベンゾフェノン−ジナトリウム塩、2−ヒドロキシ−4−オクチルオキシベンゾフェノン、2−ヒドロキシ−4−ドデシルオキシベンゾフェノン、2,4−ジヒドロキシベンゾフェノン、2,2′,4,4′−テトラヒドロキシ−ベンゾフェノン、4−アミノ安息香酸、2,3−ジヒドロキシプロピル−4−アミノ安息香酸、3−(4−イミダゾリルアクリル酸、2−フェニル−5−ベンズイミダゾールスルホン酸、N,N,N−トリメチル−α−(2−オキソ−3−ボルニリデン)−p−トルイジニウムメチルスルファート、5−ベンゾイル−4−ヒドロキシ−2−メトキシベンゼンスルホン酸−ナトリウム塩、3−(4−ベンゾイル−3−ヒドロキシフェノキシ)−2−ヒドロキシ−N,N、N−トリメチル−1−プロパンアミニウムクロリド、3−[4−(2H−ベンゾトリアゾール−2−イル)−3−ヒドロキシフェノキシ]−2−ヒドロキシ−N,N,N−トリメチル−1−プロパンアミニウムクロリド、2−(2−ヒドロキシ−5−メチルフェニル)−2H−ベンゾトリアゾール及び2,2′−ジヒドロキシ−4,4′−ジメトキシベンゾフェノン(Uvinul(登録商標)3049)である。

0021

例えば、適切な紫外線吸収剤は、3−(2H−ベンゾトリアゾール−2−イル)−4−ヒドロキシ−5−(1−メチルプロピル)−ベンゼンスルホン酸モノナトリウム塩、3−tert−ブチル−4−ヒドロキシ−5−(2H−ベンゾトリアゾール−2−イル)−ヒドロケイヒ酸及びナトリウム塩、2−(2−ヒドロキシ−3,5−ジ−tert−ブチルフェニル)−2H−ベンゾトリアゾール、2−(2−ヒドロキシ−3,5−ジ−tert−アミルフェニル)−2H−ベンゾトリアゾール、4,6−ビス(2,4−ジメチルフェニル)−2−(4−(3−ドデシルオキシ*−2−ヒドロキシプロポキシ)−2−ヒドロキシフェニル)−s−トリアジン(*は、C12-14オキシ異性体の異性体混合物である)、12−ヒドロキシ−3,6,9−トリオキサドデシル3−tert−ブチル−4−ヒドロキシ−5−(2H−ベンゾトリアゾール−2−イル)−ヒドロシンナマート、2,4−ジヒドロキシベンゾフェノン、2,2′−ジヒドロキシ−4,4′−ジメトキシ−5,5′−ジ−スルホベンゾフェノンジナトリウム塩、2,2′,4,4′−テトラヒドロキシベンゾフェノン、3−(4−べンゾイル−3−ヒドロキシフェノキシ)−2−ヒドロキシ−N,N,N−トリメチル−1−プロパンアミニウムクロリド、3−[4−(2H−ベンゾトリアゾール−2−イル)−3−ヒドロキシフェノキシ]−2−ヒドロキシ−N,N,N−トリメチル−1−プロパンアミニウムクロリド、5−ベンゾイル−4−ヒドロキシ−2−メトキシ−ベンゼンスルホン酸ナトリウム塩及び2−(2−ヒドロキシ−3−α−クミル−5−tert−オクチルフェニル)−2H−ベンゾトリアゾールから選択される。

0022

適切な補助的酸化防止剤は、例えばヒンダードフェノール及びベンゾフラノン安定剤から選択される。

0023

適切な酸化防止剤は、例えば下記式:








からなる群から選択される。

0024

成分(c)のヒンダードアミン光安定剤(HALS)は、例えば公知の市販化合物である。それらは例えばビス(2,2,6,6−テトラメチルピペリジン−4−イル)セバカート、ビス(2,2,6,6−テトラメチルピペリジン−4−イル)スクシナート、ビス(1,2,2,6,6−ペンタメチルピペリジン−4−イル)セバカート、n−ブチル−3,5−ジ−tert−ブチル−4−ヒドロキシベンジルマロン酸−ビス(1,2,2,6,6−ペンタメチルピペリジル)エステル、1−ヒドロキシエチル−2,2,6,6−テトラメチル−4−ヒドロキシピペリジン及びコハク酸縮合物、N,N′−ビス(2,2,6,6−テトラメチル−4−ピペリジルヘキサメチレンジアミン及び4−tert−オクチルアミノ−2,6−ジクロロ−1,3,5−s−トリアジンの縮合物、トリス(2,2,6,6−テトラメチル−4−ピペリジル)ニトリロトリアセタート、テトラキス(2,2,6,6−テトラメチル−4−ピペリジル)−1,2,3,4−ブタンテトラオアート、1,1′−(1,2−エタンジル)−ビス(3,3,5,5−テトラメチルピペラジノン)、4−ベンゾイル−2,2,6,6−テトラメチルピペリジン、4−ステアリルオキシ−2,2,6,6−テトラ−メチルピペリジン、ビス(1,2,2,6,6−ペンタメチルピペリジル)−2−n−ブチル−2−(2−ヒドロキシ−3,5−ジ−tert−ブチルベンジル)マロナート、3−n−オクチル−7,7,9,9−テトラメチル−1,3,8−トリアザスピロ[4.5]デカン−2,4−ジオン、N,N−ビス(2,2,6,6−テトラメチル−4−ピペリジル)ヘキサメチレンジアミン及び4−モルホリノ−2,6−ジクロロ−1,3,5−トリアジンの縮合物、2−クロロ−4,6−ジ(4−n−ブチルアミノ−2,2,6,6−テトラメチルピペリジル)−1,3,5−トリアジン及び1,2−ビス(3−アミノプロピルアミノ)エタンの縮合物、2−クロロ−4,6−ジ(4−n−ブチルアミノ−1、2,2,6,6−ペンタメチルピペリジル)−1,3,5−トリアジン及び1,2−ビス(3−アミノプロピルアミノ)エタンの縮合物、8−アセチル−3−ドデシル−7,7,9,9−テトラメチル−1,3,8−トリアザスピロ−[4.5]デカン−2,4−ジオン、3−ドデシル−1−(2,2,6,6−テトラメチル−4−ピペリジル)ピロリジン−2,5−ジオン、3−ドデシル−1−(1,2,2,6,6−ペンタメチル−4−ピペリジル)−ピロリジン−2,5−ジオン、4−ヘキサデシルオキシ及び4−ステアリルオキシ−2,2,6,6−テトラメチルピペリジンの混合物、N,N′−ビス(2,2,6,6−テトラメチル−4−ピペリジル)ヘキサメチレンジアミン及び4−シクロヘキシルアミノ−2,6−ジクロロ−1,3,5−トリアジンの縮合物、1,2−ビス(3−アミノプロピルアミノ)エタン及び2,4,6−トリクロロ−1,3,5−トリアジン及び4−ブチルアミノ−2,2,6,6−テトラメチルピペリジンの縮合物(CAS登録番号[136504−96−6])、(2,2,6,6−テトラメチル−4−ピペリジル)−n−ドデシルスクシンイミド、(1,2,2,6,6−ペンタメチル−4−ピペリジル)−n−ドデシルスクシンイミド、2−ウンデシル−7,7,9,9−テトラメチル−1−オキサ−3,8−ジ−アザ−4−オキソ−スピロ[4.5]デカン、7,7,9,9−テトラメチル−2−シクロウンデシル−1−オキサ−3,8−ジアザ−4−オキソスピロ[4.5]デカン及びエピクロロヒドリン反応生成物、テトラ(2,2,6,6−テトラメチルピペリジン−4−イル)−ブタン−1,2,3,4−テトラカルボキシラート、テトラ(1,2,2,6,6−ペンタメチルピペリジン−4−イル)−ブタン−1,2,3,4−テトラカルボキシラート、2,2,4,4−テトラメチル−7−オキサ−3,20−ジアザ−21−オキソ−ジスピロ[5.1.11.2]−ヘンエイコサン、8−アセチル−3−ドデシル−1,3,8−トリアザ−7,7,9,9−テトラメチルスピロ[4.5]−デカン−2,4−ジオン、又は下記式:




〔式中、mは、5〜50の値である〕、




からなる群から選択される。

0025

成分(c)の錯体形成剤は、例えば窒素含有錯体形成剤又はポリアニオン性由来天然多糖類、例えばホスファート、ホスホナート又はメチルホスホナート基を含有するもの、例えばキチン誘導体(例えばスルホキチンカルボキシメチルキチン、フォスフォキチン)又はキトサン誘導体(例えば、スルホキトサン、カルボキシメチルキトサン又はフォスフォキトサン)である。

0026

錯体形成剤は、例えばエチレンジアミン四酢酸(EDTA)、ニトリロ三酢酸(NTA)、β−アラニン二酢酸(EDETA)又はエチレンジアミンジコハク酸(EDDS)




及び式

0027

と一致するアミントリメチレンリン酸ATMP)、式

0028

と一致するセリン二酢酸(SDA)、式

0029

と一致するアスパラギン二酢酸、及び式

0030

と一致するメチルグリシン二酢酸(MGDA)からなる群から選択される。

0031

本安定剤系は、特にボディケア製品を安定化するのに、特にスキンケア製品風呂及びシャワー製品芳香性及び発香性物質を含有する製剤、ヘアケア製品歯磨き剤脱臭及び発汗抑制剤美容製剤、光保護製剤及び活性物質を含有する製剤での使用に適する。

0032

適切なスキンケア製品は、特に、ボディオイルボディローション、ボディゲルトリートメントクリーム皮膚保護軟膏シェービングフォーム又はシェービングゲルのようなシェービング製剤、ベビーパウダーのようなスキンパウダー保湿ゲル、保湿スプレー活性化ボディスプレーセルライトゲル及びピーリング製剤である。

0033

芳香性及び発香性物質を含有する製剤は、特に、香水香料化粧水及びシェービングローションアフターシェーブ製剤)である。

0034

適切なヘアケア製品は、例えば、ヒト及び動物用、特に犬用シャンプーヘアコンディショナー毛髪スタイリング及び手入れするための製品、パーマ剤ヘアスプレー及びヘアラッカーヘアーゲル、毛髪定着剤、並びに毛髪染料又は毛髪脱色剤である。

0035

適切な歯磨剤は、特に、歯磨き用クリーム、歯磨き用ペーストマウスワッシュ、マウスリンス抗プラーク製剤及び入れ歯洗浄剤である。

0036

適切な美容製剤は、特に、リップスティックマニキュアアイシャドウマスカラ乾性及び湿性メーキャップルージュ、パウダー、脱毛剤及びサンタンローションである。

0037

活性成分を含有する適切な化粧品製剤は、特に、ホルモン剤ビタミン剤植物エキス剤及び抗菌剤である。

0038

本ボディケア製品は、クリーム、軟膏、ペースト、フォーム、ゲル、ローション、パウダー、メーキャップ、スプレー、スティック又はエアロゾルの形態であることができる。本安定剤系は、油相若しくは水相に、又は水/アルコール相に存在してもよい。

0039

成分(b)の添加剤は、全製剤に基づき、約5〜約10000ppm、例えば約10〜約5000ppm、例えば約100〜約1000ppmの濃度で、例えばボディケア製品及び家庭用品に存在する。例えば、成分(b)の添加剤は、全製剤に基づき、約5,10,15,20,25,35,40,45又は50ppmの濃度で、ボディケア製品及び家庭用品に存在する。例えば、成分(b)の添加剤は、本発明の製剤(組成物)に約5〜約1000ppm存在する。

0040

成分(b)の添加剤が、使用により織物上への付着を意図する洗濯洗剤、柔軟仕上げ剤又は他の製品は、本発明の家庭用品と考えられ、上記の濃度レベルもまた、これらに適切である。成分(b)の本添加剤は、洗濯洗剤及び柔軟仕上げ剤はもちろん、これらで処理される織物もまた安定化することに効果的である。

0041

クリームは、水50%以上を含有する水中油形エマルションである。本発明で使用される油含有ベースは、通常、主に脂肪アルコール、例えばラウリルセチル若しくはステアリルアルコール脂肪酸、例えばパルミチン酸若しくはステアリン酸、液−固体ワックス、例えばミリスチン酸イソプロピル若しくはミツロウ及び/又は炭化水素化合物、例えばパラフィン油である。適当な乳化剤は、主として親水性を有する界面活性剤、例えば対応する非イオン乳化剤、例えばエチレンオキシド付加物ポリアルコール脂肪酸エステル、例えばポリグリセロール脂肪酸エステル若しくはポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エーテル(商標Tween);ポリオキシエチレン脂肪アルコールエーテル若しくはそれらのエステル又は対応するイオン乳化剤、例えば脂肪アルコールスルホナートのアルカリ金属塩、セチル硫酸ナトリウム若しくはステアリル硫酸ナトリウムであり、これらは通常、脂肪アルコール、例えばセチルアルコール又はステアリルアルコールとともに使用される。加えて、クリームは、蒸発による水分損失を減らす薬剤、例えばグリセロールソルビトールプロピレングリコール及び/又はポリエチレングリコールのようなポリアルコールを含有する。

0042

軟膏は、水又は水相を70%まで、例えば20%〜50%以下含有する油中水形エマルションである。油含有相は、主として炭化水素、例えば、ヒドロキシ化合物、例えば脂肪アルコール若しくはそれらのエステル、例えばセチルアルコールを含有するパラフィン油及び/又は固形パラフィン又は吸水性を改善するための羊毛ロウを含有する。乳化剤は、対応する親油性物質、例えばソルビタン脂肪酸エステルである。加えて、軟膏は、加湿剤、例えばポリアルコール、例えばグリセロール、プロピレングリコール、ソルビトール及び/又はポリエチレングリコール並びに防腐剤を含有する。

0043

濃厚なクリームは、無水配合物であり、炭化水素化合物、例えばパラフィン天然若しくは部分合脂肪、例えばココナッツ脂肪酸トリグリセリド又は例えば硬化油及びグリセロール部分脂肪酸エステルに基づいて製造される。

0044

ペーストは、分泌物を吸収する粉末化成分、例えば金属酸化物、例えば二酸化チタン又は酸化亜鉛並びに水分又は吸収された分泌物を結合する獣脂及び/又はケイ酸アルミニウムを含有するクリーム及び軟膏である。

0045

フォームは、エアロゾル形態の液状の水中油形エマルションである。油含有相には、とりわけ炭化水素化合物、例えばパラフィン油、脂肪アルコール、例えばセチルアルコール、脂肪酸エステル、例えばミリスチン酸イソプロピル及び/又はワックスが使用される。適当な乳化剤は、とりわけ、主として親水性を有する乳化剤の混合物、例えばポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステル並びに主として親油性を有する乳化剤、例えばソルビタン脂肪酸エステルである。通常、市販の添加物、例えば防腐剤が更に使用される。

0046

ゲルは、特に、ゲル形成剤が分散又は膨潤している活性物質、特にセルロースエーテル、例えばメチルセルロースヒドロキシエチルセルロースカルボキシメチルセルロース又は植物性ヒドロコロイド、例えばアルギン酸ナトリウムトラガカント又はアラビアゴム、並びにポリアクリラート増粘剤系の水溶液又は懸濁液である。ゲルは、加湿剤としてポリアルコール、例えばプロピレングリコール又はグリセロール並びに湿潤剤、例えばポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステルを更に含む。ゲルは更に、市販の防腐剤、例えばベンジルアルコールフェネチルアルコールフェノキシエタノールなどを含む。

0047

以下は、本発明のボディケア製品の例及びそれらの成分の表である:

0048

0049

本ボディケア製品、家庭用品、織物材料又は織物は、これらの製品中に存在する成分の変色及び化学的分解に対して高い安定性を有する。例えば、染料を含む本組成物は、優れた色彩安定性を有することが見出されている。

0050

従って、更に、本発明は、
(a)ボディケア製品、家庭用品、織物材料又は織物、
(b)(i)式(I)のヒンダードニトロキシル化合物、
(ii)式(II)のヒンダードヒドロキシルアミン化合物、及び
(iii)式(III)のヒンダードヒドロキシルアミン塩化合物
からなる群から選択される少なくとも一つの化合物の有効安定化量、並びに
(d)染料
を含む安定化組成物に関する。

0051

本発明に係る染料は、例えば:
無機顔料、例えば、酸化鉄(酸化鉄赤(Iron Oxide Red)、酸化鉄黄(Iron Oxide Yellow)、酸化鉄黒(Iron Oxide Black)等)、ウルトラマリン(Ultramarines)、酸化クロム緑(Chromium Oxide Green)又はカーボンブラック
−天然又は合成有機顔料
−HC型の直接ヘアーダイのような溶媒中に可溶化されることができる分散染料、例えば、HCレッドNo.3、HCブルーNO.2、及びInternational Cosmetic Ingredient Dictionary and Handbook, 7th edition 1997に記載されている全ての他のヘアーダイ又はColor Index International若しくはSociety of Dyers and Colouristsに記載されている分散染料、
カラーワニスアニオン性染料の多くのCa塩、Ba塩又はAl塩のような可溶性染料不溶性の塩)、
酸性染料アニオン性)、塩基性染料カチオン性)、直接染料反応染料又は溶媒染料のような可溶性アニオン性又はカチオン性染料である。

0052

一般的には、家庭用品及びボディケア製品の呈色のため、電磁放射線可視光線波長約4000〜700nm)における吸収を有する全ての物質が適切である。吸収は、しばしば下記の発色団:アゾ−(モノ−、ジ−、トリス−、又はポリ−)スチルベン−、カロテノイド−、ジアリールメタン−、トリアリールメタン−、キサンテン−、アクリジン−、キノリン−、メチン−(同じくポリメチン−)、チアゾール−、インダミン−、インドフェノール−、アジン−、オキサジン−、チアジン−、アントラキノン−、インジゴイド−、フタロシアニン−、及び更なる合成、天然及び/又は無機発色団によって生じる。

0053

本安定剤は、家庭用クリーニング剤及びトリートメント剤、例えば、洗濯洗剤及び柔軟仕上げ剤、液状洗浄及び研磨剤ガラス洗浄剤、中性クリーナー(多用途クリーナー)、酸性家庭用クリーナー(浴槽)、バスルームクリーナー、例えば洗浄剤、リンス剤及び食器洗い剤、台所用及びオーブン用クリーナー、クリアリンス剤、食器洗い用洗剤靴墨、磨き用ワックス、床用洗剤及び床用磨き剤、金属クリーナー、ガラスクリーナー及びセラミッククリーナー、織物材料ケア用品ラグクリーナー及びカーペットシャンプー、錆、色及び染みを落とすための薬剤(染み抜き塩)、家具及び多目的用磨き剤、並びに及びビニール仕上げ剤(革及びビニールスプレー)、並びにエアーフレッシュナーにも用いられる。

0054

本発明はまた、ホームケア及び織物ケア製品、例えば排水管洗浄剤消毒液室内装飾品洗浄剤、カーケア製品(例えば、塗料、タイヤクロム、ビニール、皮、織物、ゴムプラスチック及び織物を清掃し及び/又は磨き並びに保護するためのもの)、脱脂剤光沢剤(ガラス、木、皮、プラスチック、大理石グラナイト及びタイルなど)、及び金属光沢剤及び洗浄剤である。酸化防止剤は、上記製品及び乾燥シート芳香を守るのに適している。本発明はまた、ホームケア製品、例えばキャンドル、ゲルキャンドル、エアフレッシュナー及び芳香油(家庭用)に関する。

0055

本発明の安定剤は、織物ケアと呼ばれる、織物の使用後に行われる織物処理において使用されてもよい。そのような処理は、洗剤及び/又は仕上げ剤を使用する洗浄、並びに無洗剤系織物ケア製品、例えばスプレー式製品の適用を含む。この方法で使用される場合、本安定剤は、織物上への付着を意図され、上記のこれらの織物に使用される繊維、着色料及び芳香剤を周囲の損傷から守るために使用される。

0056

家庭用クリーニング剤及びトリートメント剤の代表例:

0057

本安定剤は、必要ならば高温で、例えば油相又はアルコール相又は水相への溶解によって混合される。

0058

本発明はまた、ボディケア製品、家庭用品、織物材料又は織物を安定化する方法であって、式(I)、(II)及び(III)の少なくとも一つの化合物、例えば式A〜EE及びA*〜EE*の少なくとも一つの化合物をその中に混合すること又はそこに塗布することを含む方法に関する。

0059

安定化された織物、例えば着色された織物の場合、本安定剤は、例えば洗剤、仕上げ剤、又は無洗剤系織物ケア製品からの付着を通してそれらに塗布される。

0060

本織物は、天然又は合成であり、織ったものでも不織のものでもよい。

0061

本発明はまた、各々が染料を含有するボディケア製品、家庭用品、織物材料又は織物を安定化する方法であって、式(I)、(II)及び(III)の少なくとも一つの化合物、例えば式A〜EE及びA*〜EE*の少なくとも一つの化合物をその中に混合すること又はそこに塗布することを含む方法に関する。式(I)、(II)及び(III)の安定剤は、本組成物における染料の安定化に対し大変効果的である。

0062

本発明の織物材料は、例えば織物繊維材料、例えば窒素含有又はヒドロキシ基含有繊維材料、例えばセルロース、羊毛、合成ポリアミド皮革及びポリウレタンから選択される織物繊維材料である。綿、リネン及び大麻、パルプ及び再生セルロースが含まれる。セルロース混紡、例えば綿とポリアミドの混合物又は綿とポリエステルの混紡も含まれる。

0063

本発明の添加剤は、例えば染色法又は印刷法又は仕上げ法において織物材料に適用される。例えば、添加剤を、染色製剤の一部として適用してもよい。添加剤は、例えばインクジェット印刷法において織物材料に適用されてもよい。添加剤は、染料水溶液又は捺染糊の一部として適用される。それらは、浸染(exhaust)法又はパッダー式(padder)染色法による染色において適用されてもよく、そこでは、塩を含む染料水溶液に織物材料を含浸させ、そしてアルカリ処理後又はアルカリの存在下、適切な場合には熱作用又は数時間の室温での保管により、染料及び添加剤を定着させる。定着後、適切な場合には分散作用を有し、非定着部分の拡散を進める薬剤の添加により、冷水及び温水染物印刷物を完全にすすぐ

0064

織物材料への適用のための染料又はインク製剤は、例えば米国特許第6281339号、第6353094号及び第6323327号に開示されているように、更に通例の添加剤、例えば界面活性剤、消泡剤抗菌薬などを更に含有してもよく、この開示内容は、参考のためこの明細書に取り込まれる。

0065

下記の実施例は、本発明を説明する。%は、他に指示がない限り、重量%である。

0066

下記安定剤が実施例で使用される:

0067

水系の試験製剤を、下記のとおり調製する:

0068

ラウレス硫酸ナトリウム(30%、TEXAPON NSO、Cognis)30%
コカミドプロピルベタイン(30%、DEHYTON K、Cognis)10%
着色料0.001%
安定剤 0.05%
クエン酸(10%水溶液) pH6まで
脱イオン水100%まで

0069

各々の水系試験製剤およそ20mlをホウケイ酸ガラス瓶に入れる。

0071

上記の瓶をまた、加速蛍光灯デイライトデラックス(D65)、40ワットフィリップス、光へ全曝露、に曝露する。

0072

ハンターウルトラスキャンXE分光光度計で、色測定を行う。デルタL、デルタa及びデルタbの値は、初期値と間隔ごとの値との差である。デルタ(Δ)Eは、下記のとおり計算される:

0073

[(デルタL)2+(デルタa)2+(デルタb)2]1/2=デルタE

0074

実施例1:PURICOLORBLUE ABL9を用いる水性モデル製剤
着色料がPURICOLOR BLUE ABL9(FD& C Blue No. 1)である水性製剤を調製する。ウェザオメーターでの曝露を行う。20時間間隔でデルタEを測定する。結果は下記のとおりである。

0075

0076

本発明の安定剤(C)、(D)及び(E)は、現状技術の安定剤(A)及び(B)よりもはるかに優れた色彩安定性を提供することがわかる。

0077

実施例2:PURICOLOR RED ARE33(D & C Red No.33)を用いる水性モデル製剤
着色料がPURICOLOR RED ARE33である水性製剤を調製する。ウェザオメーターでの曝露を行う。20時間間隔でデルタEを測定する。結果は下記のとおりである。

0078

0079

本発明の安定剤(C)、(D)及び(E)は、現状技術の安定剤(A)及び(B)よりもはるかに優れた色彩安定性を提供することがわかる。

0080

実施例3:FD& C Red No. 40を用いる水性モデル製剤
着色料がFD & C Red No. 40である水性製剤を調製する。ウェザオメーターでの曝露を行う。20時間間隔でデルタEを測定する。結果は下記のとおりである。

0081

0082

本発明の安定剤(C)、(D)及び(E)は、現状技術の安定剤(A)及び(B)よりもはるかに優れた色彩安定性を提供することがわかる。

0083

実施例4:PURICOLORBLUE ABL9を用いる水性モデル製剤
着色料がPURICOLOR BLUE ABL9である水性製剤を調整する。蛍光灯への曝露を行う。週間隔でデルタEを測定する。結果は下記のとおりである。

0084

0085

本発明の安定剤(C)、(D)及び(E)は、現状技術の安定剤(A)及び(B)よりもはるかに優れた色彩安定性を提供することがわかる。

0086

実施例5:D&C Red No.33を用いる水性モデル製剤
着色料がPURICOLOR RED ARE33(D&C Red No.33)である水性製剤を調製する。蛍光灯への曝露を行う。週間隔でデルタEを測定する。結果は、下記のとおりである:

0087

0088

本発明の安定剤(C)、(D)及び(E)は、現状技術の安定剤(A)及び(B)よりもはるかに優れた色彩安定性を提供することがわかる。

0089

実施例6:FD& C Red No.40を用いる水性モデル製剤
着色料がFD&C Red No.40である水性製剤を調製する。蛍光灯への曝露を行う。週間隔でデルタEを測定する。結果は、下記のとおりである:

0090

0091

本発明の安定剤(C)、(D)及び(E)は、現状技術の安定剤(A)及び(B)よりもはるかに優れた色彩安定性を提供することがわかる。

0092

実施例7:保湿クリームの調製

0093

75〜80°Cで10分間、ホモジナイザーでA相の成分を徹底的に混合する。同様に前もって75〜80°Cに加熱した水相Bを、ゆっくりと添加し、混合物を1分間均質化する。上記混合物を撹拌しながら、40°Cまで冷却した後、C相及びE相を添加して混合物を一分間均質化する。引き続いて、D相を添加し、混合物を30秒間均質化し、撹拌しながら室温まで冷却する。優れた結果が達成される。

0094

実施例8:化粧水の調製(重量%)
成分 重量%
エタノール、96% 60
d−リモネン
セドレン1.5
シトロネロール0.5
サビン0.5
安定剤(C)、(D)又は(E) 0.08
紫外線吸収剤0.1
S,S−EDDS 0.005
着色料(D&CイエローNo.5) 0.02
水 100まで

0095

前記順序で成分を50°Cで徹底的に混合し、明澄均一溶液を得る。紫外線吸収剤は、本開示内容の一つ、例えば3−(2H−ベンゾトリアゾール−2−イル)−4−ヒドロキシ−5−(1−メチルプロピル)−ベンゼンスルホン酸モノナトリウム塩である。優れた結果が達成される。

0096

実施例9:ヘアスタイリングスプレーの調製
成分 重量%
無水アルコール96.21
オクチルアクリルアミド/アクリラート/ブチルアミノエチルメタクリラートコポリマー
2.52
ヒドロキシプロピルセルロース0.51
アミノメチルプロパノール(95%) 0.46
安定剤(C)、(D)又は(E) 0.05
紫外線吸収剤0.05
香油0.20

0097

ヒドロキシプロピルセルロースをまずアルコールの半分に予め溶解し(Vortexミキサ)、アミノメチルプロパノールを充填した。他の成分(アクリラート樹脂を除く)をアルコールに溶解し、この溶液を、攪拌しながら、ヒドロキシプロピルセルロースに加えた。続いて、アクリラート樹脂を加え、完全に溶解するまで攪拌した。ベンゾフェノン−4は、5−ベンゾイル−4−ヒドロキシ−2−メトキシベンゼンスルホン酸ナトリウム塩である。優れた結果が達成される。

0098

実施例10:油性ヘア用シャンプーの調製
成分 重量%
レス硫酸ナトリウム50.00
TEAアビエトイルコラーゲン加水分解物3.50
ラウレス−3 3.00
着色料(D&CレッドNo.33) 0.20
安定剤(C)、(D)又は(E) 0.05
紫外線吸収剤0.15
ホスホノメチルキトサン、ナトリウム塩0.01
香油0.10
水 100まで

0099

成分を室温で攪拌しながら完全に溶解するまで混合する。pHは、6.5である。紫外線吸収剤は、本開示内容の一つ、例えば2−(2−ヒドロキシ−3−ドデシル−5−メチルフェニル)−2H−ベンゾトリアゾールである。優れた結果が達成される。

0100

実施例11:皮革仕上げ及び洗浄剤の調製
成分 重量%
合成石鹸(Zetesap 813) 7.85
グリセロール6.00
アニオン界面活性剤(Lumorol 4192、MulsifanRT13) 22.00
ワセリン11.00
パラフィン52/54 20.00
タルク2.00
レンジテルペン4.00
安定剤(C)、(D)又は(E) 0.02
水 27.13

0101

安定剤を予めテルペンに溶解する。次いで、前記順序で成分を約65℃で均質になるまで攪拌する。その後、混合物を室温まで冷却する。優れた結果が達成される。

0102

実施例12:ガラス洗浄剤の調製
成分 (重量)%
アニオン性/両性界面活性剤(Lumorol RK) 0.7
ブチルグリコール5.0
イソプロパノール20.0
d−リモネン4.00
安定剤(C)、(D)又は(E) 0.02
脱イオン水100まで

0103

安定剤をテルペンに予め溶解する。次いで、明澄な均質混合物を得るまで、成分を前記順序で溶解する。優れた結果が達成される。

0104

実施例13:織物の染料の保護
綿の重量に基づき、0.05、0.1、0.2、0.5、及び1.0重量%で、安定剤(C)、(D)及び(E)を各々、染色された綿織物に(水中から)付着させる。染色された織物は、綿の重量に基づき、0.05、0.1、0.2及び0.5重量%で下記の染料を含む。これは、結果的に、記載された各々の染料に対して個別の製剤60個をもたらす。

0105

0106

綿織物を、アトラスCi−65キセノンアークウェザオメーター及び加速蛍光灯に曝露する。本安定剤は、染色された織物に対して顕著な色彩保護を提供する。この実験は、例えば安定剤を含有する洗濯洗剤又は仕上げ剤を使用した処理経由での本安定剤の付着により達成できる染色保護を模擬する。

0107

同様な染色保護は、羊毛、絹、皮革、セルロース誘導体及びポリアミド類などの織物材料に対しても提供される。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い法人

関連性が強い法人一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ