図面 (/)

技術 建設機械の排ガス処理装置

出願人 コベルコ建機株式会社
発明者 藤本吉明
出願日 2009年3月25日 (11年9ヶ月経過) 出願番号 2009-073341
公開日 2010年10月7日 (10年2ヶ月経過) 公開番号 2010-223158
状態 特許登録済
技術分野 排気の固体成分の処理 車両用機関または特定用途機関の制御 ガス中の分散粒子の濾過
主要キーワード 再生開始スイッチ ポンプ吐出管 見込み値 リリーフ管路 停止弁 昇温操作 再生操作中 騒音抑制
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2010年10月7日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (3)

課題

フィルタ再生操作の開始時に、フィルタ内温度設定値以下であれば自動的に昇温させて燃焼条件を整え、フィルタ再生操作を確実に遂行するととも燃料の浪費を防止する。

解決手段

排ガスフィルタ15内に燃料を供給して有害物質燃焼させる強制燃焼方式を前提として、フィルタ内温度を温度センサ23で検出し、再生開始スイッチ22の操作によるフィルタ再生開始時において、フィルタ内温度が燃焼に適した設定値以下のときに、アンロード通路開閉弁12を閉じてリリーフ弁10を作動させることにより、ポンプ圧を上げてエンジン負荷を増加させる昇温操作を自動的に行った上で燃料を供給するようにした。

概要

背景

従来、建設機械において、ディーゼルエンジンから排出される排ガス排ガスフィルタDPF:Diesel Particulate Filter)に導入し、有害物質、とくに等のPM(Particulate Matter:粒子状物質)を除去して浄化する排ガス処理装置が用いられている(特許文献1,2参照)。

この種の排ガス浄化装置において、特許文献2に示されているように、排ガスフィルタの目詰まりを防止して浄化作用を一定に保つために、適時、排ガスフィルタに堆積したPMを燃焼させて除去するフィルタ再生自己再生ともいう)操作が行われる。

また、このフィルタ再生法として、排ガスフィルタ内にエンジン燃料を供給することにより有害物質を強制的に燃焼させる強制燃焼方式が公知である。

概要

フィルタ再生操作の開始時に、フィルタ内温度設定値以下であれば自動的に昇温させて燃焼条件を整え、フィルタ再生操作を確実に遂行するととも燃料の浪費を防止する。排ガスフィルタ15内に燃料を供給して有害物質を燃焼させる強制燃焼方式を前提として、フィルタ内温度を温度センサ23で検出し、再生開始スイッチ22の操作によるフィルタ再生開始時において、フィルタ内温度が燃焼に適した設定値以下のときに、アンロード通路開閉弁12を閉じてリリーフ弁10を作動させることにより、ポンプ圧を上げてエンジン負荷を増加させる昇温操作を自動的に行った上で燃料を供給するようにした。

目的

本発明は、フィルタ再生操作の開始時に、フィルタ内温度が設定値(上記燃焼温度)以下であれば自動的に昇温させて燃焼条件を整え、フィルタ再生操作を確実に遂行できるとともに燃料の浪費を防止することができる建設機械の排ガス処理装置を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
2件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

エンジンと、このエンジンから出た排ガス中の有害物質を除去する排ガスフィルタと、オペレータにより操作されて上記排ガスフィルタの再生開始指令する再生開始スイッチと、上記排ガスフィルタに燃料を供給する燃料供給手段と、上記排ガスフィルタの有害物質の堆積量を検出する堆積量検出手段と、上記排ガスフィルタ内の温度を検出する温度検出手段と、制御手段とを備え、この制御手段は、上記再生開始スイッチが操作されたときに、上記堆積量検出手段によって検出される堆積量が再生を要する値としての設定値以上であること、及び上記温度検出手段によって検出される排ガスフィルタ温度が有害物質の燃焼に適した値としての設定値以上であることを条件として、上記燃料供給手段により上記排ガスフィルタに燃料を供給して、同フィルタに堆積した有害物質を燃焼させるフィルタ再生操作を行い、上記排ガスフィルタ温度が設定値以下のときに、同フィルタ温度を設定値以上まで上昇させる昇温操作を行った後、再生操作を開始するように構成されたことを特徴とする建設機械排ガス処理装置

請求項2

上記エンジンによって駆動される油圧ポンプ吐出管路に、リリーフ弁を備えたリリーフ管路と、油圧ポンプの吐出油のうち余剰油アンロードするアンロード通路とが接続されるとともに、このアンロード通路に、同通路を閉じるアンロード通路遮断手段が設けられ、上記制御手段は、上記昇温操作として、上記アンロード通路遮断手段により上記アンロード通路を遮断して上記リリーフ弁を作動させるように構成されたことを特徴とする請求項1記載の建設機械の排ガス処理装置。

請求項3

上記エンジンの回転数を検出するエンジン回転数検出手段を備え、上記制御手段は、昇温操作として、エンジン回転数を増加させるように構成されたことを特徴とする請求項1または2記載の建設機械の排ガス処理装置。

請求項4

上記エンジンの回転数を検出するエンジン回転数検出手段を備え、上記制御手段は、上記再生操作中、エンジン回転数を設定範囲に制限するように構成されたことを特徴とする請求項1〜3のいずれか1項に記載の建設機械の排ガス処理装置。

請求項5

上記エンジンにより駆動される油圧ポンプとして可変容量型の油圧ポンプが用いられ、上記制御手段は、再生操作中に上記油圧ポンプの容量を設定値以下に制限するように構成されたことを特徴とする請求項1〜4のいずれか1項に記載の建設機械の排ガス処理装置。

請求項6

上記エンジンにより駆動される油圧ポンプと、この油圧ポンプを油圧源とする油圧アクチュエータの作動を制御するコントロールバルブと、このコントロールバルブを操作する操作手段と、上記操作手段の操作による上記コントロールバルブの作動を停止させる操作停止手段とを備え、制御手段は、再生操作中、上記操作停止手段によってコントロールバルブの作動を停止させるように構成されたことを特徴とする請求項1〜5のいずれか1項に記載の建設機械の排ガス処理装置。

請求項7

上記エンジンにより駆動される油圧ポンプと、この油圧ポンプを油圧源とする油圧アクチュエータの作動を制御するコントロールバルブと、このコントロールバルブを操作する操作手段と、上記操作手段の操作の有無を検出する操作検出手段と、上記油圧ポンプの吐出圧を検出するポンプ圧検出手段と、上記エンジンの回転数を検出するエンジン回転数検出手段とを備え、上記制御手段は、再生操作中に、(I)上記操作手段が操作されたとき、(II)上記油圧ポンプの吐出圧の変動幅が設定値以上のとき、(III)上記エンジン回転数の変動幅が設定値以のとき、(IV)上記堆積量検出手段によって検出される堆積量が上記設定値以下となったときの再生停止条件のうち少なくとも一つが適合するときに、上記燃料供給手段による上記排ガスフィルタへの燃料供給を停止させて再生操作を停止するように構成されたことを特徴とする請求項1〜6のいずれか1項に記載の建設機械の排ガス処理装置。

請求項8

上記排ガスフィルタの有害物質の堆積量及び同フィルタ内温度を表示する表示手段を具備することを特徴とする請求項1〜7のいずれか1項に記載の建設機械の排ガス処理装置。

技術分野

0001

本発明は油圧ショベル等の建設機械において、エンジンからの排ガス中の有害物質排ガスフィルタで除去するとともに、適時、同フィルタ堆積した有害物質を焼却して同フィルタを再生させる排ガス処理装置に関するものである。

背景技術

0002

従来、建設機械において、ディーゼルエンジンから排出される排ガスを排ガスフィルタ(DPF:Diesel Particulate Filter)に導入し、有害物質、とくに等のPM(Particulate Matter:粒子状物質)を除去して浄化する排ガス処理装置が用いられている(特許文献1,2参照)。

0003

この種の排ガス浄化装置において、特許文献2に示されているように、排ガスフィルタの目詰まりを防止して浄化作用を一定に保つために、適時、排ガスフィルタに堆積したPMを燃焼させて除去するフィルタ再生自己再生ともいう)操作が行われる。

0004

また、このフィルタ再生法として、排ガスフィルタ内にエンジン燃料を供給することにより有害物質を強制的に燃焼させる強制燃焼方式が公知である。

先行技術

0005

特許第3073380号公報
特開2005−299436号公報

発明が解決しようとする課題

0006

ところが、公知技術では、強制燃焼方式によるフィルタ再生時に、実際のフィルタ内温度に関係なく同フィルタ内に燃料を供給するため、フィルタ内温度が燃焼に適した温度(以下、燃焼温度という)まで上がっていない状態のまま燃料供給が行われる可能性があった。こうなると、フィルタ再生ができない上に燃料の浪費となる。

0007

そこで本発明は、フィルタ再生操作の開始時に、フィルタ内温度が設定値(上記燃焼温度)以下であれば自動的に昇温させて燃焼条件を整え、フィルタ再生操作を確実に遂行できるとともに燃料の浪費を防止することができる建設機械の排ガス処理装置を提供するものである。

課題を解決するための手段

0008

請求項1の発明は、エンジンと、このエンジンから出た排ガス中の有害物質を除去する排ガスフィルタと、オペレータにより操作されて上記排ガスフィルタの再生開始指令する再生開始スイッチと、上記排ガスフィルタに燃料を供給する燃料供給手段と、上記排ガスフィルタの有害物質の堆積量を検出する堆積量検出手段と、上記排ガスフィルタ内の温度を検出する温度検出手段と、制御手段とを備え、この制御手段は、上記再生開始スイッチが操作されたときに、上記堆積量検出手段によって検出される堆積量が再生を要する値としての設定値以上であること、及び上記温度検出手段によって検出される排ガスフィルタ温度が有害物質の燃焼に適した値としての設定値以上であることを条件として、上記燃料供給手段により上記排ガスフィルタに燃料を供給して、同フィルタに堆積した有害物質を燃焼させるフィルタ再生操作を行い、上記排ガスフィルタ温度が設定値以下のときに、同フィルタ温度を設定値以上まで上昇させる昇温操作を行った後、再生操作を開始するように構成されたものである。

0009

請求項2の発明は、請求項1の構成において、上記エンジンによって駆動される油圧ポンプ吐出管路に、リリーフ弁を備えたリリーフ管路と、油圧ポンプの吐出油のうち余剰油アンロードするアンロード通路とが接続されるとともに、このアンロード通路に、同通路を閉じるアンロード通路遮断手段が設けられ、上記制御手段は、上記昇温操作として、上記アンロード通路遮断手段により上記アンロード通路を遮断して上記リリーフ弁を作動させるように構成されたものである。

0010

請求項3の発明は、請求項1または2の構成において、上記エンジンの回転数を検出するエンジン回転数検出手段を備え、上記制御手段は、昇温操作として、エンジン回転数を増加させるように構成されたものである。

0011

請求項4の発明は、請求項1〜3のいずれかの構成において、上記エンジンの回転数を検出するエンジン回転数検出手段を備え、上記制御手段は、上記再生操作中、エンジン回転数を設定範囲に制限するように構成されたものである。

0012

請求項5の発明は、請求項1〜4のいずれかの構成において、上記エンジンにより駆動される油圧ポンプとして可変容量型の油圧ポンプが用いられ、上記制御手段は、再生操作中に上記油圧ポンプの容量を設定値以下に制限するように構成されたものである。

0013

請求項6の発明は、請求項1〜5のいずれかの構成において、上記エンジンにより駆動される油圧ポンプと、この油圧ポンプを油圧源とする油圧アクチュエータの作動を制御するコントロールバルブと、このコントロールバルブを操作する操作手段と、上記操作手段の操作による上記コントロールバルブの作動を停止させる操作停止手段とを備え、制御手段は、再生操作中、上記操作停止手段によってコントロールバルブの作動を停止させるように構成されたものである。

0014

請求項7の発明は、請求項1〜6のいずれかの構成において、上記エンジンにより駆動される油圧ポンプと、この油圧ポンプを油圧源とする油圧アクチュエータの作動を制御するコントロールバルブと、このコントロールバルブを操作する操作手段と、上記操作手段の操作の有無を検出する操作検出手段と、上記油圧ポンプの吐出圧を検出するポンプ圧検出手段と、上記エンジンの回転数を検出するエンジン回転数検出手段とを備え、上記制御手段は、再生操作中に、
(I)上記操作手段が操作されたとき、
(II)上記油圧ポンプの吐出圧の変動幅が設定値以上のとき、
(III)上記エンジン回転数の変動幅が設定値以のとき、
(IV)上記堆積量検出手段によって検出される堆積量が上記設定値以下となったとき
再生停止条件のうち少なくとも一つが適合するときに、上記燃料供給手段による上記排ガスフィルタへの燃料供給を停止させて再生操作を停止するように構成されたものである。

0015

請求項8の発明は、請求項1〜7のいずれかの構成において、上記排ガスフィルタの有害物質の堆積量及び同フィルタ内温度を表示する表示手段を具備するものである。

発明の効果

0016

本発明によると、強制燃焼方式を前提として、フィルタ内温度を検出し、このフィルタ内温度が燃焼に適した温度(燃焼温度)である設定値以下のときに、フィルタ内温度を設定値以上まで昇温させる昇温操作(請求項2ではリリーフ作用によりポンプ圧を上げてエンジン負荷を増加させる操作、請求項3ではエンジン回転数を増加させる操作)を自動的に行った上で燃料を供給するため、フィルタ再生作用を確実に遂行できるとともに、燃料の浪費を防止することができる。

0017

また、請求項4の発明によると、再生操作中、エンジン回転数を設定範囲に制限するため、エンジン回転数を、燃焼が不安定とならないで、かつ、騒音が過大とならない範囲に保つことができる。

0018

請求項5の発明によると、再生操作中、エンジンで駆動される油圧ポンプの容量を設定値以下に制限するため、再生操作中のポンプ容量の変化によるエンジン回転数の変化を防止し、燃焼安定化を図ることができる。

0019

一方、請求項6の発明によると、再生操作中、操作停止手段によってコントロールバルブの作動を停止させるため、燃焼を安定化させることができる。

0020

請求項7の発明によると、再生操作中に、操作手段が操作されたとき、上記油圧ポンプの吐出圧の変動幅が設定値以上のとき、エンジン回転数の変動幅が設定値以上のとき、及び堆積量検出手段によって検出される堆積量が上記設定値以下となったときの再生停止条件のうち少なくとも一つが適合するとき、すなわち、オペレータに機械操作(再生停止)の意思があるとき、またはポンプ圧またはエンジン回転数の変動が大きくて安定した再生操作が困難なときに、再生操作を停止するようにしたから、オペレータの意思に応え、あるいは燃料の浪費を防止することができる。

0021

請求項8の発明によると、排ガスフィルタの有害物質の堆積量及び同フィルタ内温度を表示手段によって表示するため、堆積量の表示によってオペレータに再生時期予報することができる。また、フィルタ内温度を表示することにより、再生開始スイッチの操作後、昇温操作が行われていることをオペレータに認識させることができる。

0022

なお、これらの表示を、それぞれの設定値と比較する形式(たとえば堆積量が設定値の何%か、フィルタ内温度が設定値よりどれだけ低いか)で行うようにしてもよい。

図面の簡単な説明

0023

本発明の実施形態にかかる排ガス処理装置の回路及びブロック構成図である。
同装置の作用を説明するためのフローチャートである。

実施例

0024

実施形態にかかる排ガス処理装置の全体構成を図1によって説明する。

0025

エンジン1によって可変容量型の油圧ポンプ2が駆動され、この油圧ポンプ2の吐出油がコントロールバルブ3を介して複数の油圧アクチュエータ(ここでは一つの油圧シリンダのみを示す)4に供給される。

0026

コントロールバルブ3は、操作手段としてのリモコン弁5,5からのパイロット圧により切換わり作動して油圧アクチュエータ4に対する圧油供給の方向と流量を制御する油圧パイロット切換弁として構成されている。

0027

リモコン弁5,5とその油圧源となるパイロットポンプ6とを結ぶパイロット圧供給ライン7に、同ライン7を開閉してリモコン弁5,5に対してパイロット一次圧を供給/遮断する操作停止弁電磁弁)8が設けられている。Tはタンクである。

0028

また、油圧ポンプ2の吐出管路9に、回路の最高圧力規制するリリーフ弁10が接続されるとともに、ポンプ吐出油余剰分をタンクTにアンロードするアンロード通路11が接続され、このアンロード通路11に、同通路11を開閉するアンロード通路遮断手段としてのアンロード通路開閉弁12と絞り13とが設けられている。

0029

一方、エンジン1からの排ガスを外部に放出する排気通路14に排ガスフィルタ15が設けられ、排ガス中のPM等の有害物質がこの排ガスフィルタ15によって除去される。

0030

また、フィルタ再生(燃焼)のために燃料タンク16内の燃料を排ガスフィルタ15に供給する燃料供給手段としての燃料供給ライン17と同ライン17を開閉する燃料供給弁18とが設けられ、同弁18が開いた状態で図示しないポンプによって排ガスフィルタ15内に燃焼のための燃料が供給される。

0031

制御手段は、エンジン1の回転数を制御するエンジン制御部19と、油圧ポンプ2の吐出量傾転)を制御するポンプレギュレータ20と、コントローラ21とから成り、このコントローラ21から再生開始制御及び再生制御のための各種指令、すなわち、操作停止弁8及びアンロード通路開閉弁12に対する開閉指令、エンジン制御部19に対するエンジン回転数指令、ポンプレギュレータ20に対するポンプ傾転(ポンプ容量=ポンプ流量)指令がそれぞれを出力される。

0032

さらに、オペレータの意思に基づいてフィルタ再生操作を開始させるための再生開始スイッチ22が設けられるとともに、フィルタ再生開始等のための情報を得る検出手段として、排ガスフィルタ15内の温度を検出する温度検出手段としての温度センサ23と、同フィルタ15へのPM等の有害物質の堆積量を検出する堆積量検出手段としての堆積量センサ24と、リモコン弁5,5とコントロールバルブ3とを結ぶパイロットライン25,25のパイロット圧によってリモコン弁5,5の操作の有無を検出する操作検出手段としてのパイロット圧センサ26,26と、ポンプ吐出圧を検出するポンプ圧センサ27とが設けられている。

0033

なお、温度検出手段として、上記温度センサ23によって排ガスフィルタ内温度を直接検出する方式に代えて、エンジン制御部19からエンジン1に送られる回転数指令とその指令に対するエンジン回転数の状態からエンジン負荷を演算し、このエンジン負荷からフィルタ内温度を推測する方式を用いてもよい。

0034

また、排ガスフィルタ15への有害物質の堆積量を検出する手段として、上記堆積量センサ24によって直接検出する方式に代えて、排ガスフィルタ15の前後の差圧やエンジン負荷の累積に基づく見込み値を求める方式を採用してもよい。

0035

さらに、コントローラ21には表示手段28が接続され、温度センサ23及び堆積量センサ24で検出された堆積量とフィルタ内温度がこの表示手段28に表示される。この表示は、単に数値モニタ表示するだけでもよいし、検出値をそれぞれの設定値と比較する形式(たとえば堆積量が設定値の何%か、フィルタ内温度が設定値よりどれだけ低いか)で表示し、さらには堆積量については警報を出してオペレータに再生開始を促すようにしてもよい。

0036

コントローラ21は、上記各検出手段からの信号に基づいて、フィルタ再生を開始し、再生制御を行う。この点の作用を図2のフローチャートを併用して説明する。

0037

テップS1で再生開始スイッチ22が操作されたか否かが判断され、YESとなると、堆積量センサ24によって検出された堆積量が再生を要する値として記憶された設定値以上か否か(ステップS2)、及び温度センサ23によって検出されたフィルタ内温度が、有害物質の燃焼に適した値として記憶された設定値以上か否か(ステップS3)がそれぞれ判断される。

0038

両ステップS2,S3でともにYES(堆積量>設定値でかつ温度>設定値)のときは、再生の条件が整っているとして、ステップS4でアンロード通路開閉弁12を開くとともに、ステップS5で燃料供給弁18を開く。

0039

これにより、排ガスフィルタ15に燃料が供給され、有害物質の燃焼(フィルタ再生)が開始される。

0040

この後、ステップS6でポンプ圧の変動幅が、安定した再生(燃焼)作用を確保し得る値として定められた設定値と比較される。

0041

ここで、ポンプ圧変動幅が設定値以下(NO)であれば、次にステップS7でリモコン弁5,5が操作(機械操作)されたか否かが判断され、NO(非操作)のときに、ステップS8でエンジン回転数の変動幅が、ポンプ圧の変動幅と同様に安定した再生作用を確保するための設定値を超えているか否かが判断される。

0042

ここでNO(超えていない)の場合にステップS9に移り、操作停止弁8を閉じて再生中の機械操作を禁止する。

0043

続くステップS10で、燃焼の安定化と騒音抑制のためにエンジン回転数を高過ぎず低過ぎない設定値に制限し、ステップS11で燃焼の安定化のためにポンプ容量を設定値に制限した後、ステップS1に戻る。

0044

一方、ステップS3でNOのとき、すなわち、再生開始時にフィルタ温度が設定値に達していない場合は、昇温操作が必要としてステップS12に移り、昇温操作としてアンロード通路開閉弁12を閉じる。

0045

この点を詳述すると、フィルタ再生は、作業終了後等に、オペレータが再生開始の意思をもって再生開始スイッチ22をオン操作することによって開始される。従って、リモコン弁5,5は非操作状態でコントロールバルブ3は中立状態にあり、油圧ポンプ2はスタンバイ流量のみを吐出し、このスタンバイ流量は、アンロード通路開閉弁12を通ってタンクTにアンロードされる。

0046

この状態で上記のようにアンロード通路開閉弁12を閉じると、スタンバイ流量の行き場がなくなってポンプ吐出管路9の圧力が最高圧まで上がり、リリーフ弁10がリリーフ作用を行う。

0047

このリリーフ作用によりエンジン負荷を増加させ、再生開始に向けてフィルタ内温度を上げる。

0048

ステップS13では、この段階ではまだ再生不可として燃料供給弁18を開じ、ステップS14で操作停止弁8を開くとともに、ステップS15,S16でエンジン回転数の制限及びポンプ容量の制限を解除する。

0049

この後、上記昇温操作によってフィルタ内温度が設定値以上となるとステップS3でYESとなってステップS4でアンロード通路開閉弁12を開き、ステップS5で燃料供給弁18を開いて再生が開始される。

0050

なお、ステップS1(再生開始スイッチ22がオン操作されたか否か)でNOの場合、ステップS2(堆積量が設定値を超えたか否か)でNOの場合、それにステップS6〜S8でYESの場合も、再生の必要なし、または再生継続不適としてステップS13に移行する。

0051

説明を加えると、ステップS1でNOの場合はオペレータに再生開始、または再生継続の意思がないため再生操作が開始されない。

0052

ステップS2でNOの場合は、堆積量が少なくて再生の必要がないため再生操作が開始されず、あるいは再生操作の結果、堆積量が設定値以下に減少した(再生完了)として再生操作が停止する。

0053

一方、ステップS6〜S8でYESの場合、すなわち、再生操作中に、機械操作(リモコン弁5,5の操作)が行われたとき、ポンプ圧の変動幅が設定値以上のとき、エンジン回転数の変動幅が設定値以上のときのうち少なくとも一つが適合するとき、すなわち、オペレータに機械操作(再生停止)の意思があるとき、またはポンプ圧またはエンジン回転数の変動が大きくて安定した再生操作が困難なときに、再生操作を停止する。

0054

このように、強制燃焼方式を前提として、フィルタ内温度を検出し、このフィルタ内温度が燃焼に適した温度(燃焼温度)である設定値以下のときに、フィルタ内温度を設定値以上まで昇温させる昇温操作(リリーフ作用によりポンプ圧を上げてエンジン負荷を増加させる操作)を自動的に行った上で燃料供給(フィルタ再生操作)を開始するため、フィルタ再生作用を確実に遂行できるとともに、燃料の浪費を防止することができる。

0055

また、再生操作中、エンジン回転数及びポンプ容量を設定範囲に制限し、かつ、操作停止弁8によってコントロールバルブ3の作動(機械操作)を停止させるため、再生作用を安定させることができる。さらに、エンジン回転数の制限によってエンジン騒音を抑制することができる。

0056

一方、再生操作中に、機械操作が行われたとき、上記油圧ポンプの吐出圧の変動幅が設定値以上のとき、エンジン回転数の変動幅が設定値以のとき、及び堆積量検出手段によって検出される堆積量が設定値以下となったときの再生停止条件のうち少なくとも一つが適合するとき、すなわち、オペレータに機械操作(再生停止)の意思があるとき、またはポンプ圧またはエンジン回転数の変動が大きくて安定した再生操作が困難なときに、再生操作を停止するようにしたから、オペレータの意思に応え、あるいは燃料の浪費を防止することができる。

0057

さらに、排ガスフィルタの有害物質の堆積量及び同フィルタ内温度を表示手段によって表示するため、堆積量の表示によってオペレータに再生時期を予報することができる。また、フィルタ内温度を表示することにより、再生開始スイッチの操作後、昇温操作が行われていることをオペレータに認識させることができる。

0058

なお、フローチャートでは省略したが、検出される堆積量及びフィルタ内温度は、表示手段28によって常時表示される。

0059

ところで、再生開始時にフィルタ内温度が設定値以下のときの昇温操作として、上記実施形態ではリリーフ作用を利用する構成をとったが、エンジン回転数を増加させる方法をとってもよい。この場合は、図2のフローチャートにおいて、ステップS4で、上記実施形態の「アンロード通路開閉弁を開く」に代えて「エンジン回転数を増加させる」処理を行うことになる。

0060

あるいは、リリーフ作用とエンジン回転数増加の双方を同時に行ってもよい。

0061

1エンジン
2油圧ポンプ
Tタンク
3コントロールバルブ
4油圧アクチュエータ
5,5リモコン弁(操作手段)
6パイロットポンプ
7パイロット圧供給ライン
8 操作停止弁(操作停止手段)
9ポンプ吐出管路
10リリーフ弁
11アンロード通路
12アンロード通路開閉弁(アンロード通路遮断手段)
14排気通路
15排ガスフィルタ
16燃料供給手段を構成する燃料タンク
17 同、燃料供給ライン
18 同、燃料供給弁
19 制御手段を構成するエンジン制御部
20 同、ポンプレギュレータ
21 同、コントローラ
22再生開始スイッチ
23温度センサ(温度検出手段)
24堆積量センサ(堆積量検出手段)
25パイロットライン
26パイロット圧センサ(操作検出手段)
27ポンプ圧センサ(ポンプ圧検出手段)
28 表示手段

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • スズキ株式会社の「 車両停止制御装置及び車両停止制御方法」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】乗客の不安の解消及び管制担当者の監視業務の効率化を両立できる車両停止制御装置及び車両停止制御方法を提供すること。【解決手段】車両停止制御装置は、前方センサを用いて、車両の周辺に存在する障害物が... 詳細

  • トヨタ自動車株式会社の「 駆動システムの制御装置」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】バッテリの使用態様等によっては、バッテリが劣化しているにも拘らず、内部抵抗が徐々に上昇し、それに応じて端子間電圧も徐々に低下変化をしない場合がある。この場合、バッテリの劣化を適切に判定できない... 詳細

  • 株式会社豊田自動織機の「 排気ガス浄化装置」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】DPFにおける粒子状物質の偏堆積の有無を判定できる排気ガス浄化装置を提供する。【解決手段】排気ガス流量に関連する流量関連量に対する、粒子状物質除去フィルタ(以下、「DPF」という。)の上流側と... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ