図面 (/)

技術 カバー部品を有する自動車

出願人 ドクターエンジニールハーツェーエフポルシェアクチエンゲゼルシャフト
発明者 マルティングラマーホルガーザンダー
出願日 2010年2月17日 (11年0ヶ月経過) 出願番号 2010-031965
公開日 2010年10月7日 (10年4ヶ月経過) 公開番号 2010-221998
状態 特許登録済
技術分野 旅客車・荷物車の上部構造
主要キーワード 通気ホース 閉鎖部品 取外し位置 周辺フレーム 空気入口開口 ラッチ止め フィッタ 閉鎖部分
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2010年10月7日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (9)

課題

カバー部品を提供する。

解決手段

本発明は、ウィング(3)を有する自動車であって、ウィング(3)が、その中に設けられたカットアウト(16)を覆うためのカバー部品を備え、カバー部品が、外側から見ることができるパネル(10)と、パネル(10)をカットアウト(16)に対し内部から保持する閉鎖部品(11)とによって形成される、自動車に関する。カバー部品の機能性をさらに高めるために、閉鎖部品(11)及び/又はパネル(10)と、ヘッドライトユニットランプユニット(2)との間の流れに関する結合を行うことが提案される。

概要

背景

車両の連続製造から、ホイールハウスの背後のウィングカットアウトを設けることが公知であり、前記カットアウトはカバーによって装飾的に覆われ、駆動エンジン、例えば内燃機関通気のために設けられる。

さらに、特許文献1から、表示器等をカバー部品一体化することが公知である。

概要

カバー部品を提供する。 本発明は、ウィング(3)を有する自動車であって、ウィング(3)が、その中に設けられたカットアウト(16)を覆うためのカバー部品を備え、カバー部品が、外側から見ることができるパネル(10)と、パネル(10)をカットアウト(16)に対し内部から保持する閉鎖部品(11)とによって形成される、自動車に関する。カバー部品の機能性をさらに高めるために、閉鎖部品(11)及び/又はパネル(10)と、ヘッドライトユニットランプユニット(2)との間の流れに関する結合を行うことが提案される。

目的

本発明の基本的な構想は、ウィングに設けられるカットアウトの分離縁部と、走行方向の上流側に取り付けられたヘッドライトユニット、又は他の照明ステムで支配する圧力との間の圧力差を使用することである

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

ウィング(3)を有する自動車であって、前記ウィング(3)が、その中に設けられたカットアウト(16)を覆うためのカバー部品を備え、前記カバー部品が、外側から見ることができるパネル(10)と、前記パネル(10)を前記カットアウト(16)に対し内部から保持する閉鎖部品(11)とによって形成される、自動車において、前記閉鎖部品(11)及び前記パネル(10)の両方又はいずれか一方と、ヘッドライトユニット又はランプユニット(2)との間の流れに関する結合が行われることを特徴とする自動車。

請求項2

流れに関する前記結合が、前記カバー部品の結合片(12)と、前記ヘッドライトユニット又はランプユニット(2)内の通気開口部(14)とに結合されるホース又は成形管(13)によって形成されることを特徴とする、請求項1に記載の自動車。

請求項3

前記結合片(12)が前記閉鎖部品(11)に設けられることを特徴とする、請求項2に記載の自動車。

請求項4

前記閉鎖部品(11)及び前記パネル(10)が、前記結合片(12)の少なくとも近傍にチャネルを形成することを特徴とする、請求項3に記載の自動車。

請求項5

前記カットアウト(16)を形成する前記ウィング(3)の境界領域が、エンボス加工部(9)によって形成されることを特徴とする、請求項1〜4のいずれか1項に記載の自動車。

請求項6

前記パネル(10)が、パネルの周辺境界領域(36)によって取付位置の前記エンボス加工部(9)に当接することを特徴とする、請求項5に記載の自動車。

請求項7

位置決めリブ(17)が、前記パネル(10)を車両の長手方向に位置決めするために設けられることを特徴とする、請求項6に記載の自動車。

請求項8

Z位置決めリブ(45、46)が、前記パネル(10)を車両の垂直方向に位置決めするために設けられることを特徴とする、請求項6又は7に記載の自動車。

請求項9

前記閉鎖部品(11)が、保持タブ(24)によって前記パネル(10)のラッチフック(23)にラッチ止め可能であることを特徴とする、請求項1〜8のいずれか1項に記載の自動車。

技術分野

0001

本発明は、請求項1の前提部分によるウィングを有する自動車用カバー部品に関する。

背景技術

0002

車両の連続製造から、ホイールハウスの背後のウィングにカットアウトを設けることが公知であり、前記カットアウトはカバーによって装飾的に覆われ、駆動エンジン、例えば内燃機関通気のために設けられる。

0003

さらに、特許文献1から、表示器等をカバー部品に一体化することが公知である。

先行技術

0004

独国特許第10 2005 042 688 A1号明細書

発明が解決しようとする課題

0005

本発明の目的は、この種類のカバー部品の機能性をさらに高めることである。

課題を解決するための手段

0006

上記目的は、本発明に従って請求項1に記載の特徴によって達成される。

0007

本発明の有利な改良は、従属請求項の特徴から理解される。

0008

本発明の基本的な構想は、ウィングに設けられるカットアウトの分離縁部と、走行方向の上流側に取り付けられたヘッドライトユニット、又は他の照明ステムで支配する圧力との間の圧力差を使用することである。このため、カットアウトを覆うためにカバー部品が設けられ、同時に、例えば通気ホースを介して流れに関しヘッドライトユニットに結合される。運転モードの間、ウィングのカットアウトにおけるよりも大きな圧力がヘッドライトユニットの流入開口部で支配する。前記圧力差は、ヘッドランプ曇りを有効に最小にするためにかつ融解/通気を加速するために十分である。

0009

本発明の好ましい改良において、流れに関する結合は、閉鎖部分結合片通気開口部に結合するホースによって行うことができる。通気開口部はヘッドライトユニットにいずれの場合にも設けられる。

0010

通気開口部から分離縁部への流れを補助するために、閉鎖部品及びパネルは、結合片の少なくとも近傍にチャネル(又は経路)を形成できる。

0011

製造上の理由で、カットアウトを形成するウィングの境界領域を、周辺エンボス加工部によって形成することができる。

0012

したがって、パネルは、パネルの周辺境界領域によって取付位置のエンボス加工部に当接することができる。

0013

パネルを車両の長手方向に位置決めするために、再現可能な取付けを可能にするX位置決めリブを設けることができる。

0014

さらに、パネルを車両の垂直方向に位置決めするために、カットアウトの対応するストッパ相互作用して、車両の垂直方向での変位を防止するZ位置決めリブを設けることができる。

0015

工具なしの取付けのため、閉鎖部品の保持タブによって、閉鎖部品がパネル(10)のラッチフックラッチ止めされることが提案される。

0016

本発明の有利な改良について、図面を参照して以下により詳細に説明する。

図面の簡単な説明

0017

自動車前端の側面図である。
パネルがエンボス加工部のカットアウトに挿入された図1によるウィングの後部側面の図面である。
図2による細部Aの図面である。
図2による細部Bの図面である。
パネル及び閉鎖部品が挿入された図1によるウィングの後部側面の図面である。
図5による細部Cの図面である。
図5によるラッチ止めされた取付位置の細部Dの図面である。
図7による取外し位置の細部Dの図面である。

実施例

0018

図1は、自動車の前端1の側面図(これ以上図示せず)を示している。ヘッドライトユニット2は、前端1の前部領域に配置される。ウィング3は、前記ヘッドライトユニットの背後に結合される。ウィング3は、ホイールハウス4の上方でAピラー5(図示せず)まで延在する。ウィング3は、2つの締結タブ7と8によって下向きにドアシル6(同様に図示せず)に結合される。

0019

パネル10によって装飾的に覆われるカットアウト(図1では見えない)を有する細長いエンボス加工部9は、ホイールハウス4の背後のウィング3に設けられる。

0020

パネル10は、閉鎖部品11によってエンボス加工部9のカットアウトに保持される。パネル10と閉鎖部品11の構造及びその取付けについて、以下により詳細に説明する。

0021

閉鎖部品11には、その上端に、好ましくはその上に一体形成される結合片12が設けられる。

0022

結合片12は、好ましくは可撓性のホース13又は成形管によって結合することができ、次に、ホース13又は成形管はヘッドライトユニット2の通気開口部14に結合される。ヘッドライトユニット2は、さらに空気入口開口部を有する。ヘッドライトユニット内の曇りを最小にするために、空気は、矢印方向Aに従って空気入口開口部15からヘッドライトユニット2を通して通気開口部14に流れることが望ましい。

0023

自動車の移動中、エンボス加工部9によって形成された分離縁部のため、負圧がエンボス加工部9の領域に生成される。前記負圧は、矢印Bによって概略的に示されている。運転モード中、より高い圧力が、ヘッドライトユニット2の前部空気入口開口部15に生成される。空気が矢印方向Aに従ってヘッドライトユニット2を通して流れるように、矢印方向Cに従うホース13内の流れを発生するために、空気入口開口部15とエンボス加工部9との間に結果として生じる圧力差が使用される。前記通過流は、内部からのヘッドランプユニットの曇りを有効に最小にするために十分であることが示されている。

0024

パネル10及び閉鎖部品11の取付けについて、図2図8を参照して以下により詳細に説明する。

0025

上に既述したように、エンボス加工部9はカットアウト16を備える。パネル10は、フィッタによってエンボス加工部9のカットアウト16に外側から挿入される。パネル10は、互いに上下に配置されかつ互いに隣接する複数の中空形状部30〜35を有する。中空形状部30〜35は、エンボス加工部9に当接する周辺フレーム36によって互いに結合される。中空形状部30〜35は、リブ37〜41によって互いに分離される。

0026

車両の長手方向(X)にパネル10を位置決めするために、X位置決めリブ17がパネル10に設けられる。各々の位置決めリブ17は、ランオンスロープ18及びラッチ突起部19を有する。挿入時、ランオンスロープ18は、カットアウト16の縁部の上方で押圧され、ラッチ突起部19によってカットアウトの背後にラッチ止めする。

0027

さらに、Z位置決めリブがパネル10に設けられ、車両の垂直方向(Z)のパネル10の変位を制限する。このため、上方のZ位置決めリブ45及び下方のZ位置決めリブ46が設けられ、前記位置決めリブのそれぞれは、カットアウト16に形成されたストッパ47と48と相互作用する。

0028

複数のラッチフック23は、パネル10の後部側面から閉鎖部品11の方向に突出する。閉鎖部品11は、少なくとも上方領域で、結合片12に開くチャネルをパネル10と共に形成する。閉鎖部品11をパネル10に締結するために、ラッチフック23に対応する保持タブ24が設けられ、前記保持タブは、ラッチフック23によって取付位置に保持される。ラッチフック23の片側には、パネル10上の閉鎖部品11の確実なラッチ止めが保証されるように、取付位置の保持タブ24の背後に係合する突起部50が設けられる(図7参照)。

0029

車両の長手方向(X)の許容公差補償するために、可撓性の支持脚部25が閉鎖部品11に設けられ、カットアウト16に面する閉鎖部品の側面で、前記支持脚部がラッチ止めの際にエンボス加工部9に対し支持される。

0030

パネル10のラッチフック23は、突起部50によって片側にのみ形成されるので、突起部50は、閉鎖部品11が垂直に下方に変位させられると、閉鎖部品11の保持タブ24との係合から外れる。次に、閉鎖部品11は、走行方向(X)に対し反対方向に取り外すことができる。したがって、破壊することなく閉鎖部品11を取り外すことが可能である。

0031

2ヘッドライトユニット又はランプユニット
3ウィング
10パネル
11閉鎖部品
16 カットアウト

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • マツダ株式会社の「 車両の下部構造」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題】走行風を整流する機能を損なうことなく、アンダーカバー8の脱落を防止できる車両1の下部構造を提供することを目的とする。【解決手段】左右一対のリヤサイドフレーム2を連結する第2リヤクロスメンバ5と... 詳細

  • 日本トレクス株式会社の「 着脱ウイングボデー」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題】貨物室の容積を狭くすることなく、ウイングを自動的に開閉駆動することができる着脱ウイングボデーを提供する。【解決手段】着脱ウイングボデー10は、正面フレーム15と、背面フレーム16と、正面フレー... 詳細

  • 西川ゴム工業株式会社の「 シャッター付きトラック荷台のシール構造」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題】シール性に優れるシャッター付きトラック荷台のシール構造を提供する。【解決手段】トラックの荷台上方にスライドするシャッター100が荷台1の左右両側壁2,3に設けたガイドレール201,301間に取... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ