図面 (/)

技術 空気調和機の室外機

出願人 三菱重工業株式会社
発明者 井上清司
出願日 2009年3月12日 (11年0ヶ月経過) 出願番号 2009-060174
公開日 2010年9月24日 (9年6ヶ月経過) 公開番号 2010-209898
状態 未査定
技術分野 圧縮機の細部 防振装置 その他の空気調和方式 空気流制御部材
主要キーワード 回転脚 筐体底 接続角度 取付ナット 減衰部材 筐体側面 組み立て工数 中間基板
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2010年9月24日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (4)

課題

圧縮機の振動を効果的に減衰させることができる空気調和機室外機を提供することを目的とする。

解決手段

筐体と、筐体内に設けられ、駆動モータによって駆動される冷媒を圧縮する圧縮機構を備えた圧縮機2と、圧縮機2の上部に接続され、この圧縮機2から吐出された冷媒が流れる吐出配管9と、を備えた空気調和機の室外機において、この圧縮機2は、圧縮機2の高さ方向における中央位置から上方に固定される圧縮機側固定端部7と、筐体底部5に固定される底部側固定端部8とを有する支持体によって支持されること特徴とする。

概要

背景

一般に、空気調和機室外機は、筐体内に、室外熱交換器圧縮機、ファンモータ室外ファン等を備えている。圧縮機には、冷媒を圧縮する圧縮機構を駆動する駆動モータが内蔵されており、この駆動モータが振動源となっている。また、圧縮機の上部には、圧縮された冷媒を吐出する吐出配管が接続されているため、圧縮機が振動すると、吐出配管に振動が伝達され、吐出配管に応力が発生してしまい、また、配管変位させてしまう。

このような問題に対して、特許文献1には、圧縮機と筐体とを減衰ゴムを介して取付具によって固定する取付構造が開示されている。特許文献2には、中間基板に圧縮機を挿入し取付具によって固定して、中間基板と筐体とをその筐体を支持する回転脚支持具取付けて、その回転脚を天井や床に設置する取付構造が開示されている。特許文献3には、支持部材の形状が弾性を有することによって圧縮機の振動の伝播減衰し、筐体全体の振動を抑制する発明が開示されている。

概要

圧縮機の振動を効果的に減衰させることができる空気調和機の室外機を提供することを目的とする。筐体と、筐体内に設けられ、駆動モータによって駆動される冷媒を圧縮する圧縮機構を備えた圧縮機2と、圧縮機2の上部に接続され、この圧縮機2から吐出された冷媒が流れる吐出配管9と、を備えた空気調和機の室外機において、この圧縮機2は、圧縮機2の高さ方向における中央位置から上方に固定される圧縮機側固定端部7と、筐体底部5に固定される底部側固定端部8とを有する支持体によって支持されること特徴とする。

目的

本発明は、上記課題に鑑み、圧縮機の振動を効果的に減衰させることができる空気調和機の室外機を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

筐体と、該筐体内に設けられ、駆動モータによって駆動される冷媒圧縮する圧縮機構を備えた圧縮機と、該圧縮機の上部に接続され、該圧縮機から吐出された冷媒が流れる吐出配管と、を備えた空気調和機室外機において、前記圧縮機は、該圧縮機の高さ方向における略中央位置から上方に固定される圧縮機側固定端部と、前記筐体の底部に固定される底部側固定端部とを有する支持体によって支持されること特徴とする空気調和機の室外機。

請求項2

前記支持体は、前記圧縮機側固定端部と前記底部側固定端部とを有する支持脚を3つ備え、これら3つの支持脚は、前記圧縮機を平面視した場合に、該圧縮機の周りに略均等に配置されていることを特徴とする請求項1に記載の空気調和機の室外機。

請求項3

前記圧縮機側固定端部と前記圧縮機との間には、減衰部材が設けられていることを特徴とする請求項1又は請求項2に記載の空気調和機の室外機。

技術分野

0001

本発明は、空気調和機室外機に関し、特に、空気調和機の室外機の筐体内に設けられた圧縮機の取付構造に関するものである。

背景技術

0002

一般に、空気調和機の室外機は、筐体内に、室外熱交換器、圧縮機、ファンモータ室外ファン等を備えている。圧縮機には、冷媒を圧縮する圧縮機構を駆動する駆動モータが内蔵されており、この駆動モータが振動源となっている。また、圧縮機の上部には、圧縮された冷媒を吐出する吐出配管が接続されているため、圧縮機が振動すると、吐出配管に振動が伝達され、吐出配管に応力が発生してしまい、また、配管変位させてしまう。

0003

このような問題に対して、特許文献1には、圧縮機と筐体とを減衰ゴムを介して取付具によって固定する取付構造が開示されている。特許文献2には、中間基板に圧縮機を挿入し取付具によって固定して、中間基板と筐体とをその筐体を支持する回転脚支持具取付けて、その回転脚を天井や床に設置する取付構造が開示されている。特許文献3には、支持部材の形状が弾性を有することによって圧縮機の振動の伝播減衰し、筐体全体の振動を抑制する発明が開示されている。

先行技術

0004

実開昭61−104158号公報
特開平6−82064号公報
実開昭61−178161号公報

発明が解決しようとする課題

0005

しかし、特許文献2に記載の発明では、筐体と圧縮機を固定する支持部材である中間基板を、取付具を用いて圧縮機に固定し、中間基板の左右端を筐体側面に筐体と共に筐体を支持する回転脚と支持具に取付けてその回転脚を天井や床に設置する構造であるため、圧縮機の振動が筐体全体に伝播してしまうという問題があった。また、特許文献3に記載の発明では、筐体と圧縮機を固定する支持部材の形状をS字形とし、上面の中央部に圧縮機を挿入し固定する構造となっており、支持部材の構造が複雑となるという問題があった。

0006

本発明は、上記課題に鑑み、圧縮機の振動を効果的に減衰させることができる空気調和機の室外機を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0007

そこで、上記課題を解決するために、本発明の空気調和機の室外機は、以下の手段を採用する。

0008

すなわち、本発明の空気調和機の室外機は、筐体と、該筐体内に設けられ、駆動モータによって駆動される冷媒を圧縮する圧縮機構を備えた圧縮機と、該圧縮機の上部に接続され、該圧縮機から吐出された冷媒が流れる吐出配管と、を備えた空気調和機の室外機において、前記圧縮機は、該圧縮機の高さ方向における略中央位置から上方に固定される圧縮機側固定端部と、前記筐体の底部に固定される底部側固定端部とを有する支持体によって支持されること特徴とする。

0009

本発明によれば、駆動モータにより冷媒を圧縮する時に生じる圧縮機の振動は、支持体の圧縮機側固定端部から底部側固定端部を介して、筐体の底部へと導かれる。従って、圧縮機の振動が筐体の側板に伝達されて筐体の振動を引き起こすことを防止できる。
通常、室外機は地面や床上に設置されるので、筐体の底部へと導かれた振動は地面や床に吸収される。

0010

また、支持体は、圧縮機側固定端部と底部側固定端部によって構成されるので、構造が単純であり、組み立て工数が少なくなる。従って、省力化、簡素化を図ることができる。

0011

また、支持体は、圧縮機の高さ方向における中央位置から上方の圧縮機側固定端部において圧縮機と固定されるので、圧縮機の上部における振動を効果的に減衰する。従って、圧縮機の上部に接続された吐出配管に生じる変位変動や応力を抑えることができる。

0012

さらに、本発明の空気調和機の室外機によれば、前記支持体は、前記圧縮機側固定端部と前記底部側固定端部とを有する支持脚を3つ備え、これら3つの支持脚は、前記圧縮機を平面視した場合に、該圧縮機の周りに略均等に配置されていることを特徴とする。

0013

支持体は、3つの支持脚によって構成されるので、設置に多くの場所を必要としない。従って、室外機内の空間を有効に利用できる。

0014

また、3つの支持脚は、圧縮機を平面視した場合に、圧縮機の周りに均等に配置される。従って、圧縮機を安定して支持することができる。

0015

さらに、本発明の空気調和機の室外機によれば、前記圧縮機側固定端部と前記圧縮機との間には、減衰部材が設けられていることを特徴とする。

0016

圧縮機は、振動源である圧縮機の近傍で減衰部材を介して圧縮機側固定端部と固定されるので、圧縮機全体の振動を減衰する。従って、圧縮機の上部に接続された吐出配管に生じる変位変動や応力を抑制することができる。

発明の効果

0017

本発明によると、支持体は、圧縮機の振動を圧縮機側固定端部から底部側固定端部を介して筐体の底部へと導く。従って、筐体の振動を引き起こすことを防止することができる。

図面の簡単な説明

0018

本発明の空気調和機の室外機の一実施形態を示した室外機の斜視図である。
図1に示した室外機内に設けられた圧縮機の取付構造を示した斜視図である。
図2に示した圧縮機の取付構造を示した分解斜視図である。

実施例

0019

以下に、本発明にかかる実施形態について、図面を参照して説明する。
図1には、本発明の一実施形態にかかる空気調和機の室外機の斜視図が示されている。

0020

室外機1は、室内機(図示せず)に対して冷媒配管を介して接続されており、横長の直方体形状の筐体1を備えている。この筐体1内には、駆動モータにより冷媒を圧縮する圧縮機2、室外熱交換器3、ファンモータ(図示せず)、室外ファン4等が設けられている。

0021

筐体1内には、支持体を介して圧縮機2が筐体1の底部に固定され、室外熱交換器3が筐体1の背面部に設置されている。ファンモータは筐体1の背面部に螺子で固定され、そのファンモータの駆動軸延長した端部には室外ファン4が固定されている。

0022

圧縮機2内には、上部に設けられ、冷媒を圧縮するための圧縮機構と、この圧縮機構を駆動するファンモータとが設けられている。圧縮機構としては、例えばスクロール型圧縮機構が用いられる。ファンモータは、圧縮機構の下方に設けられる。ファンモータとしては、電動モータが好適に用いられる。このファンモータが、圧縮機2の主たる振動源となる。

0023

図2には、室外機内に設けられた圧縮機の取付構造の斜視図が示されている。
圧縮機2の上部には、圧縮機2から吐出された冷媒を流すための吐出配管9が接続されている。また、圧縮機2は、圧縮機2の側周面に対して溶接によって固定された圧縮機側固定具10を有している。

0024

支持体は、圧縮機2の高さ方向における中央位置から上方に設けた圧縮機側固定端部7と底部側固定端部8とを有する支持脚6によって構成される。圧縮機側固定端部7は、圧縮機側固定具10に対して取付ボルト11及び取付ナット12によって固定される。底部側固定端部8は、筐体底部5に対して取付ボルト11及び取付ナット12によって固定される。

0025

圧縮機側固定端部7と圧縮機側固定具10は、圧縮機2の高さ方向における中央位置から上方で接続されるので、圧縮機側固定端部7から吐出配管9までの距離が短く設定されている。

0026

また、圧縮機側固定端部7と圧縮機側固定具10は、圧縮機2によって発生する振動を防止する減衰部材13を介して取付ボルト11と取付ナット12によって固定される。

0027

3つの支持脚6は、圧縮機側固定具10から筐体底部5に向かって垂直下または下広がりになるように角度をつけて接続される。なお、この支持脚6を接続する接続角度は、圧縮機2の高さ方向の軸から下広がりに0°以上45°以下を許容範囲とし、30°を標準とする。本実施形態では、支持脚6が圧縮機側固体具10から筐体底部5に向けて下広がりに角度を持って接続されているので、支持体の剛性が増加し、圧縮機2を一層安定して支持することができる。

0028

図3には、圧縮機の取付構造の分解斜視図が示されている。
3つの支持脚6には、長方形鋼材が用いられる。支持脚6の両端は、圧縮機2から筐体底部5に向かって接続する支持脚6の接続角度に応じて直角または適切な角度に折り返した折り返し部である圧縮機側固定端部7と底部側固定端部8を有している。それら圧縮機側固定端部7と底部側固定端部8には、各々取付孔14が設けられている。

0029

圧縮機側固定具10は、その切断面がL字型をした2つのフランジ部(10a,10b)を有したL鋼材が用いられており、圧縮機2の側周面に沿うリング形状をしている。また、圧縮機側固定具10の圧縮機2の側周面と接するフランジ部10aは、圧縮機2と溶接によって固定される。さらに、圧縮機側固定具10の他方のフランジ部10bには、圧縮機2を平面視した場合に、圧縮機2の周りに均等になるように配された3つの取付孔14が設けられる。

0030

以上の通り、本実施形態の空気調和機の室外機によれば、以下の効果を奏する。
冷媒を圧縮する時に生じる圧縮機2の振動は、圧縮機2に溶接によって固定された圧縮機側固定具10から圧縮機側固定端部7、底部側固定端部8を介して、筐体の底部5へと導かれるので、圧縮機2の振動が筐体の側板に伝達されて筐体の振動を引き起こすことを防止できる。

0031

また、圧縮機2は、圧縮機2の高さ方向における中央位置から上方の側周面に圧縮機側固定具10が溶接によって固定され、減衰部材13を介して圧縮機側固定具10と支持体が固定されるので、圧縮機2の上部における振動を効果的に減衰する。従って、圧縮機2の上部に接続された吐出配管9に生じる変位変動や応力を抑制することができる。

0032

また、支持体は、圧縮機側固定端部7と底部側固定端部8と支持脚6とから構成される単純な構造であり、組み立て工数が少なくなるため、省力化、簡素化を図ることができる。さらに、支持脚6は、圧縮機2の周りに均等に配置されるので、圧縮機2を安定して支持することができる。

0033

なお、本実施形態では、支持体として3つの支持脚6を用いて説明したが、本発明はこれに限定されるものではなく、支持脚6を4つ以上としても良い。また、本実施形態では、圧縮機側固定具10として切断面がL字型のL鋼材を用いて説明したが、本発明はこれに限定されるものではなく、圧縮機2の側周面を加工して圧縮機側固定端部7を固定しても良い。

0034

1室外機
2圧縮機
5筐体底部
7圧縮機側固定端部
8 底部側固定端部
9 吐出配管

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • エヌエイチケー・インターナショナル・コーポレーションの「 ダンパー装置」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】低加速度領域でも動作することができ、しかも複数方向の振動を抑制することができるダンパー装置を提供する。【解決手段】ダンパー装置15は、制振対象物に固定されるベース部材20と、第1のコイルばね2... 詳細

  • 株式会社カンネツの「 空調装置」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】室内を効率良く温度管理でき、省エネルギーの点で優れた空調装置を提供する。【解決手段】一般的な構造物の室内に配設される空調用の室内機1と、室内機1に接続され室外に配設される空調用の室外機2と、室... 詳細

  • ダイキン工業株式会社の「 圧縮機ユニット、熱源ユニット及び空調装置」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】設置が容易な空調装置用の圧縮機ユニットを提供する。【解決手段】圧縮機ユニット(32)は、第一のケース内に配置した圧縮機(37)と、空調装置の熱源側熱交換器ユニット(31)の熱源側熱交換器(5)... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ