図面 (/)

技術 メダル計数装置

出願人 株式会社オリンピア
発明者 都筑崇弘
出願日 2009年3月12日 (11年9ヶ月経過) 出願番号 2009-059262
公開日 2010年9月24日 (10年3ヶ月経過) 公開番号 2010-207512
状態 拒絶査定
技術分野 スロットマシン、カードゲーム、盤上ゲーム
主要キーワード エラーモード 検知順序 投入間隔 励磁作用 各光学センサ 感震センサ 阻止位置 検知間隔
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2010年9月24日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (6)

課題

メダル投入を不正に行う不正器具の使用をより難しくさせる。

解決手段

スロットマシンメダルセレクタ34には、メダル29が流下するメダル通路42が形成されている。メダル通路42には、メダル29の流下を検知するメダル検知部48が設けられている。メダル検知部48には、移動機構54が接続されている。移動機構54は、メダル検知部48をメダル29の流下方向に移動させる。スロットマシンの制御回路は、メダル検知部48の検知結果を基に、メダル29が20枚以上連続して投入されたか否かを判定する。そして、20枚以上連続して投入されたと判定すると、不正器具を用いてメダル29を不正に投入する不正行為が行われた可能性があると検知する。制御回路は、不正行為が行われた可能性があると検知すると、これを契機に移動機構54にメダル検知部48の移動を指示する。

概要

背景

パチンコ店などの遊技場に設置して使用される遊技機としてスロットマシンが知られている。スロットマシンでは、一般的にメダル投入口から1〜3枚のメダル投入して遊技が行われる。スロットマシン内には、投入されたメダルの枚数計数する光学センサが設けられている。計数されたメダルは、ベットされるか、予め設定された枚数(例えば50枚)を限度クレジットされる。

ところで、スロットマシンでは、正規の方法とは異なる方法によってメダルの投入を行う、いわゆる、ゴト行為が問題となっている。こうしたゴト行為には、メダル投入口に挿入可能な板状の部材の先端に複数のLEDを直列に配置した器具(以下、不正器具と称す)が用いられる。不正器具を用いてゴト行為を行う場合には、まず不正器具をメダル投入口から挿入して光学センサの下方に位置させた後、上方に移動させて光学センサの受光部にLEDを対面させる。そして、所定のタイミングで各LEDを点滅させ、各LEDの光を受光部に入射させる。これにより、光学センサにメダルが通過したことを誤って検知させることができ、実際にメダル投入口にメダルを投入することなくメダルのベット及びクレジットを行うことができるようになる。

このようなゴト行為は、遊技場の利益を損なわせるばかりか、適正に遊技を行おうとする遊技者の遊技への興味を失わせてしまうことにも繋がりかねない。このため、上記のような不正器具を用いたゴト行為を防止する対策が、従来より種々提案されている。

例えば、引用文献1には、メダルの流下にともなうメダル通路振動を検知する感震センサを光学センサとは別に設け、各センサ検知順序検知間隔を確認し、適正にメダルが流下した場合と異なる順序、間隔が検知された場合に、不正器具が使用されたと判定する遊技機が記載されている。また、引用文献2には、2つの光学センサをメダルの流下方向に並べて設け、これら2つの光学センサでメダルの投入間隔や通過速度を検知し、この検知結果を基準と比較することで不正器具の使用を判定する遊技機が記載されている。

概要

メダルの投入を不正に行う不正器具の使用をより難しくさせる。スロットマシンのメダルセレクタ34には、メダル29が流下するメダル通路42が形成されている。メダル通路42には、メダル29の流下を検知するメダル検知部48が設けられている。メダル検知部48には、移動機構54が接続されている。移動機構54は、メダル検知部48をメダル29の流下方向に移動させる。スロットマシンの制御回路は、メダル検知部48の検知結果を基に、メダル29が20枚以上連続して投入されたか否かを判定する。そして、20枚以上連続して投入されたと判定すると、不正器具を用いてメダル29を不正に投入する不正行為が行われた可能性があると検知する。制御回路は、不正行為が行われた可能性があると検知すると、これを契機に移動機構54にメダル検知部48の移動を指示する。

目的

本発明は、上記課題を鑑みてなされたものであって、メダルの投入を不正に行う不正器具の使用をより難しくさせることを目的とする

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

投入されたメダル枚数計数するメダル計数装置において、投入されたメダルが流下するメダル通路と、前記メダル通路を流下するメダルを検知するメダル検知手段と、メダルの検知が可能な範囲で前記メダル検知手段を移動させる移動機構と、前記メダル検知手段の検知結果を基に、メダルを不正に投入する不正行為が行われた可能性があることを検知する不正検知手段と、前記不正検知手段が検知を行ったことを契機に前記移動機構に前記メダル検知手段の移動を指示する移動制御手段とを備えたことを特徴とするメダル計数装置。

請求項2

前記不正検知手段は、連続して投入されたメダルの枚数が所定の枚数に達した場合に、前記不正行為が行われた可能性があると検知することを特徴とする請求項1記載のメダル計数装置。

技術分野

0001

本発明は、投入されたメダル枚数計数するメダル計数装置に関する。

背景技術

0002

パチンコ店などの遊技場に設置して使用される遊技機としてスロットマシンが知られている。スロットマシンでは、一般的にメダル投入口から1〜3枚のメダルを投入して遊技が行われる。スロットマシン内には、投入されたメダルの枚数を計数する光学センサが設けられている。計数されたメダルは、ベットされるか、予め設定された枚数(例えば50枚)を限度クレジットされる。

0003

ところで、スロットマシンでは、正規の方法とは異なる方法によってメダルの投入を行う、いわゆる、ゴト行為が問題となっている。こうしたゴト行為には、メダル投入口に挿入可能な板状の部材の先端に複数のLEDを直列に配置した器具(以下、不正器具と称す)が用いられる。不正器具を用いてゴト行為を行う場合には、まず不正器具をメダル投入口から挿入して光学センサの下方に位置させた後、上方に移動させて光学センサの受光部にLEDを対面させる。そして、所定のタイミングで各LEDを点滅させ、各LEDの光を受光部に入射させる。これにより、光学センサにメダルが通過したことを誤って検知させることができ、実際にメダル投入口にメダルを投入することなくメダルのベット及びクレジットを行うことができるようになる。

0004

このようなゴト行為は、遊技場の利益を損なわせるばかりか、適正に遊技を行おうとする遊技者の遊技への興味を失わせてしまうことにも繋がりかねない。このため、上記のような不正器具を用いたゴト行為を防止する対策が、従来より種々提案されている。

0005

例えば、引用文献1には、メダルの流下にともなうメダル通路振動を検知する感震センサを光学センサとは別に設け、各センサ検知順序検知間隔を確認し、適正にメダルが流下した場合と異なる順序、間隔が検知された場合に、不正器具が使用されたと判定する遊技機が記載されている。また、引用文献2には、2つの光学センサをメダルの流下方向に並べて設け、これら2つの光学センサでメダルの投入間隔や通過速度を検知し、この検知結果を基準と比較することで不正器具の使用を判定する遊技機が記載されている。

先行技術

0006

特開2005−287943号公報
特開2005−312820号公報

発明が解決しようとする課題

0007

しかしながら、引用文献1の構成では、不正器具を揺すって感震センサに振動を与えることで適正と判定されてしまう場合がある。また、近年、ゴト行為に用いられる不正器具は、スロットマシンの機種毎にLEDの配置や点滅のタイミングを変化させるなど、スロットマシン側の対策に合わせて益々性能を向上させてきており、引用文献2の構成では、適正と判定されるタイミングで各光学センサの受光部に光を入射させられた際に、不正を検知することができない。このように、各引用文献1、2の対策を施したとしても、比較的容易に不正器具が使用されてしまう。このため、より不正器具の使用が難しくなる対策が望まれていた。

0008

本発明は、上記課題を鑑みてなされたものであって、メダルの投入を不正に行う不正器具の使用をより難しくさせることを目的とする。

課題を解決するための手段

0009

上記目的を達成するため、本発明は、投入されたメダルの枚数を計数するメダル計数装置において、投入されたメダルが流下するメダル通路と、前記メダル通路を流下するメダルを検知するメダル検知手段と、メダルの検知が可能な範囲で前記メダル検知手段を移動させる移動機構と、前記メダル検知手段の検知結果を基に、メダルを不正に投入する不正行為が行われた可能性があることを検知する不正検知手段と、前記不正検知手段が検知を行ったことを契機に前記移動機構に前記メダル検知手段の移動を指示する移動制御手段とを備えたことを特徴とする。

0010

ここで、メダル計数装置とは、例えば、投入されたメダルの枚数を計数し、その結果を報知するメダルカウンタや、投入されたメダルの枚数を計数し、その枚数に応じて遊技の実行を可能にする遊技機などである。

0011

前記不正検知手段は、連続して投入されたメダルの枚数が所定の枚数に達した場合に、前記不正行為が行われた可能性があると検知することが好ましい。ここで、不正検知手段は、例えば、メダル検知手段の検知から次の検知までの間隔が最短である場合に、メダルが連続して投入されたと判断する。そして、この最短の状態が所定の回数以上続いた場合に、連続して投入されたメダルの枚数が所定の枚数に達したと判断する。

発明の効果

0012

本発明では、メダルを不正に投入する不正行為が行われた可能性があることが検知されたことを契機にメダル検知手段を移動させるようにした。こうすれば、不正行為が行われた可能性があることが検知される度に検知手段との位置合わせを再度行わなければならなくなり、メダルの投入を不正に行う不正器具の使用を難しくさせることができる。また、このように頻繁に位置合わせを行うことは、非常に煩わしく、不正を行おうとする意欲減退させ、不正器具の使用自体の防止にも繋がる。さらに、位置合わせを行うために頻繁に不正器具を抜き差しする動作は目立つため、遊技場の従業員などに不正器具の使用を発見させやすくすることもできる。

0013

遊技者が手でメダルを投入する場合には、連続して投入できる枚数に限界(例えば20枚)がある。一方、不正器具を用いて不正にメダルを投入する場合には、クレジットの限界(例えば50枚)まで一気に投入が行われる場合が多い。そこで、連続して投入されたメダルの枚数が所定の枚数に達した場合に不正行為が行われた可能性があると検知し、これを契機にメダル検知手段を移動させるようにすれば、不正行為を正確に検知することができるとともに、大量の投入が一気に行われることを防ぎ、不正器具の使用をより難しくさせることができる。

図面の簡単な説明

0014

スロットマシンの外観を示す斜視図である。
スロットマシンの内部を示す斜視図である。
メダルセレクタの構成を概略的に示す説明図である。
メダルの投入が受け付けられない状態を示す説明図である。
スロットマシンの電気的構成を概略的に示すブロック図である。

実施例

0015

図1に示すように、スロットマシン(メダル計数装置)10は、略開口箱状に形成された筐体10aを備えている。筐体10aの前面には、表示窓11aが設けられた前面扉11が設けられている。表示窓11aの奥には、第1〜第3リール12a〜12cが回転自在に組み込まれたリールユニット26(図2参照)が設けられている。表示窓11aの下方には、MAXベットボタン15、1ベットボタン16、第1〜第3ストップボタン17a〜17c、スタートレバー18、精算ボタン19などの各種の操作部材、及びメダル29(図2参照)を投入するためのメダル投入口20が設けられている。なお、上記各操作部材の機能については周知であるため、説明を省略する。

0016

メダル投入口20の前には、メダル29を連続的に投入するための投入口レール20aが設けられている。また、メダル投入口20の後には、平板部20bが設けられている。投入口レール20aは、メダル29の周面に応じて略円弧状に窪んだ溝である。この投入口レール20aに複数枚のメダル29を乗せ、各メダル29を平板部20bに向けて押しながらメダル投入口20に順次投入していくことで、複数枚のメダル29を連続的に投入することができる。また、投入口レール20aの長さは、20枚分のメダル29の厚みと略一致している。すなわち、投入口レール20aには、20枚のメダル29を乗せることができる。これにより、20枚のメダル29までは、メダル投入口20への連続した投入を容易に行うことができる。

0017

前面扉11の下部には、メダル29の払い出しを行うためのメダル払出口22と、このメダル払出口22から払い出されたメダル29を受けるメダル受け皿23と、遊技中に音楽音声を発するスピーカ24とが設けられている。

0018

第1〜第3リール12a〜12cの外周には、複数種類の図柄が一定ピッチで配列されている。表示窓11aは、第1〜第3リール12a〜12cが停止した状態で、1リール当たり3個の図柄が観察可能となるように構成されている。これにより、第1〜第3リール12a〜12cの図柄を1個ずつ組み合わせた直線状の入賞有効ラインが横3本、斜め2本の合計5本が設定される。遊技開始に先立ってメダル投入口20から1枚のメダル29を投入したときには、中央横1本の入賞有効ラインが有効化され、2枚では横3本、3枚ではさらに斜め2本を加えた5本の入賞有効ラインが有効化される。

0019

スロットマシン10では、50枚を限度に適正なメダル29をクレジット(貯留)することが可能になっている。表示窓11aの下方には、貯留したメダル29の枚数を表示するクレジット枚数表示部13が設けられている。クレジットされるメダル29の最大枚数は50枚であるから、クレジット枚数表示部13は、0〜50の数値表示可能に構成されている。

0020

このように、スロットマシン10には、ベットの上限である3枚にクレジットの上限である50枚を加えた計53枚のメダル29を一度に投入することができる。3枚のメダルがベットされ、かつ50枚のメダル29がクレジットされた状態でメダル投入口20に投入された54枚目以降のメダル29は、ベットもクレジットもされることなくメダル払出口22から排出される。

0021

スロットマシン10は、機械動作遊技動作などに関する各種のエラーを検知した場合、遊技不能な状態にするとともに、検知したエラーを報知するエラーモードになる。クレジット枚数表示部13の側方には、エラーの種類に応じたエラーコードを表示するためのエラー表示部14が設けられている。スロットマシン10は、エラーモードになると、スピーカ24から警告音を発し、遊技者や遊技場の従業員にエラーを検知したことを報知するとともに、検知したエラーの種類に応じたエラーコードをエラー表示部14に表示させ、そのエラーの種類を報知する。

0022

図2に示すように、筐体10aの内部には、制御基板25、リールユニット26、電源ボックス27、貯留タンク28などが設けられている。制御基板25は、スロットマシン10の各部を統括的に制御する。制御基板25は、透明なプラスチックで形成された基板ケース封入されて開放不能となっている。これにより、制御基板25に不正な改造が施されることを防止している。

0023

リールユニット26は、第1〜第3リール12a〜12c、ステッピングモータバックランプフォトセンサなどが組み込まれて構成されている。ステッピングモータ、バックランプ、フォトセンサ(いずれも図示は省略)は、第1〜第3リール12a〜12cのそれぞれに対応して設けられている。

0024

ステッピングモータは、制御基板25からの指示に応じて対応する第1〜第3リール12a〜12cを回転駆動する。バックランプは、当選役などに応じた所定の態様で表示窓11aから露呈する各図柄を個別に照明する。フォトセンサは、対応する第1〜第3リール12a〜12cの回転角を検知し、検知した回転角を制御基板25に出力する。制御基板25は、フォトセンサの検知結果に応じてステッピングモータを制御することにより、第1〜第3リール12a〜12cの停止制御を行う。

0025

電源ボックス27には、スロットマシン10の電源のON/OFF切り替えるための電源スイッチ30が設けられている。電源ボックス27は、電源スイッチ30がONになったことに応答してスロットマシン10の各部に電力を供給し、スロットマシン10を起動させるとともに、電源スイッチ30がOFFになったことに応答して電力の供給を止め、スロットマシン10を停止させる。

0026

また、電源ボックス27には、エラーモードを解除するための解除スイッチ31が設けられている。スロットマシン10がエラーモードになった状態で解除スイッチ31を押圧操作すると、エラーモードが解除され、遊技が可能な通常モードにスロットマシン10が復帰する。なお、解除スイッチ31の取り付け位置は、電源ボックス27に限定されるものではない。但し、スロットマシン10が通常モードからエラーモードに移行する契機には、メダル29を不正に投入する不正器具が用いられた可能性がある場合など、遊技者による不正行為の検知が含まれるため、解除スイッチ31は、従業員以外の者が不正に操作できないよう、従業員しか触れることができない位置(例えば筺体10aの内部)に設けることが好ましい。

0027

貯留タンク28は、メダル投入口20から投入された適正なメダル29を貯留する。貯留タンク28には、貯留したメダル29を払い出すためのメダル出口28aが形成されている。また、貯留タンク28の下方には、ホッパー装置33が設けられている。ホッパー装置33は、メダル29の払い出しを行う際に駆動され、制御基板25の制御の下、貯留タンク28に貯留されたメダル29を所定枚数だけメダル出口28aから送り出す。送り出されたメダル29は、メダル払出口22を介してメダル受け皿23に払い出される。

0028

前面扉11の裏には、メダルセレクタ34、メダル案内部材35、払出シュート36が設けられている。メダルセレクタ34は、メダル投入口20と接続されるように配置され、メダル投入口20から投入されたメダル29を貯留タンク28に貯留するものとメダル払出口22から排出するものとに振り分けるとともに、貯留タンク28に貯留するメダル29の枚数をカウントし、そのカウント結果を制御基板25に出力する。制御基板25は、このカウント結果に応じてベット枚数もしくはクレジット枚数を加算する。

0029

メダル案内部材35は、メダルセレクタ34が貯留タンク28側に振り分けたメダル29を受け、そのメダル29を貯留タンク28に案内する。払出しシュート36は、メダルセレクタ34がメダル払出口22側に振り分けたメダル29を受け、そのメダル29をメダル払出口22に案内してメダル払出口22から排出させる。

0030

また、払出しシュート36には、開口36aが形成されている。この開口36aは、前面扉11を閉じた際に、貯留タンク28のメダル出口28aと対面するように位置が決められている。メダル出口28aから送り出されたメダル29は、開口36aを介して払出しシュート36内に入り込み、払出しシュート36によって案内されることにより、メダル払出口22から払い出される。

0031

図3に示すように、メダルセレクタ34は、略矩形の板状に形成された本体基部40を備えている。本体基部40には、メダル投入口20から投入されたメダル29を流下させるためのメダル通路42が形成されている。メダル通路42は、略L字型屈曲した溝であり、適正なメダル29の直径よりも僅かに広い幅、及び適正なメダル29の厚みよりも僅かに深い深さを有している。また、メダル通路42は、本体基部40の上面に開放された一端がメダル29の進入するメダル入口42a、本体基部40の側面に開放された一端がメダル29の抜け出るメダル出口42bとなっている。

0032

メダルセレクタ34は、メダル投入口20とメダル入口42aとが連通し、メダル案内部材35とメダル出口42bとが連通するように、前面扉11に取り付けられる。これにより、メダル投入口20から投入されたメダル29が、メダル入口42aからメダル通路42内に進入する。そして、メダル通路42を流下してメダル出口42bから抜け出たメダル29が、メダル案内部材35に進入し、メダル案内部材35を介して貯留タンク28に貯留される。

0033

メダル通路42の屈曲部よりも下流側の上方には、投入されたメダル29の振り分けを行うための振分部材44が設けられている。振分部材44は、略T字型に形成された板状の部材であり、その基端部44aに設けられた軸を介して本体基部40に揺動自在に軸支されている。これにより、振分部材44は、図3に示す通過位置と、図4に示す排出位置との間で移動する。

0034

通過位置にある振分部材44は、本体基部40の前面と略平行になり、その先端部44bをメダル通路42内に進入させる。一方、排出位置にある振分部材44は、先端部44bが本体基部40の前面から離れるように紙面手前側に揺動し、先端部44bをメダル通路42から抜け出させる。振分部材44は、このように各位置に移動することにより、メダル入口42aから進入したメダル29をメダル出口42bに向かわせるものと、メダル通路42から落下させるものとに振り分ける。

0035

本体基部40には、捩じりバネ(図示は省略)と、電磁石62(図5参照)とが設けられている。捩じりバネは、振分部材44を排出位置側に付勢する。振分部材44には、強磁性又は常磁性を有する金属材料が用いられている。電磁石62は、振分部材44に励磁作用を付与することにより、捩じりバネの付勢力に抗して振分部材44を排出位置から通過位置に移動させる。このように、振分部材44は、電磁石62の励磁作用が付与されていない場合には、捩じりバネの付勢力によって排出位置に保持され、電磁石62の励磁作用が付与された場合には、その励磁作用によって通過位置に保持される。

0036

本体基部40の前面には、通路カバー38が取り付けられている(図2参照)。通路カバー38には、振分部材44と対面する箇所に切り欠き38aが形成されている。通路カバー38は、メダル通路42の開放された前面を覆い、振分部材44に対応する箇所以外の部分でメダル29がメダル通路42から落下することを防止するとともに、振分部材44が落下させたメダル29を切り欠き38aを介して払出しシュート36に入り込ませる。このように、振分部材44の振り分けによってメダル通路42から落下したメダル29は、払出しシュート36内に入り込み、払出しシュート36に案内されてメダル払出口22に排出される。また、メダルセレクタ34は、振分部材44が払出しシュート36側にメダル29を振り分ける際に、メダル29がメダル通路42から落下しやすいよう、その上端が本体基部40の前面側に僅かに傾いて前面扉11に取り付けられる。

0037

振分部材44が通過位置にある状態では、先端部44bからメダル通路42の底面(流下するメダル29の周面と接触する面)までの距離が、適正なメダル29の直径よりも僅かに小さくなる。これにより、振分部材44が通過位置にある場合、適正なメダル29は、その上部が振分部材44に支持され、振分部材44よりも下流側に流下する。一方、適正なメダル29よりも径が小さい不正なメダル29は、振分部材44による支持が得られず、通路カバー38の切り欠き38aを介して本体基部40の前面側に落下する。また、メダル通路42は、適正なメダル29の直径よりも僅かに広い程度の幅に形成されているので、適正なメダル29よりも径が大きい不正なメダル29は、そもそもメダル入口42aに入らない。

0038

振分部材44が排出位置にある状態では、先端部44bがメダル通路42から抜け出ているので、適正、不正に関わらず投入された全てのメダル29が本体基部40の前面側に落下する。振分部材44は、メダル29の投入が受け付けられる状態のときに通過位置に移動し、メダル29の投入が受け付けられない状態のときに排出位置に移動する。このように、振分部材44は、適正なメダル29と不正なメダル29との振り分けを行うとともに、各位置に移動することによって、メダル29の投入が受け付けられない状態のときに適正なメダル29が貯留タンク28に貯留されてしまうことを防止する。

0039

ここで、メダル29の投入が受け付けられない状態とは、例えば、何らかのエラーが発生してスロットマシン10がエラーモードになったとき、解除スイッチ31の押圧操作に応答してエラーモードを解除し、通常モードに復帰させる処理を実行するとき、ベット及びクレジットされたメダル29の枚数がそれぞれ上限に達しているとき、遊技が実行されているときなどである。そして、メダル29の投入が受け付けられる状態とは、これら以外の状態のときである。

0040

なお、ベットの上限枚数は3枚、クレジットの上限枚数は50枚であり、スロットマシン10には、最大で53枚のメダル29を投入することができる。すなわち、メダル29を53枚投入したときに、メダル29の投入が受け付けられない状態であると判断される。また、遊技が実行されているときとは、スタートレバー18を操作して第1〜第3リール12a〜12cが回転してから、全ての第1〜第3リール12a〜12cが停止されるまでの状態である。

0041

メダル通路42の振分部材44よりも僅かに下流側の下方には、メダル通路42の底面と略直交する方向に移動自在に設けられ、メダル通路42内に進入してメダル29の流下を阻止する阻止位置図4に示す位置)と、メダル通路42から退避してメダル29の流下を許容する退避位置(図3に示す位置)との間で移動するブロッカ46が設けられている。

0042

ブロッカ46は、図示を省略した連結機構を介して振分部材44と連結されており、ブロッカ46の各位置への移動は、電磁石62の励磁消磁にともなう振分部材44の各位置への移動に連動して行われる。ブロッカ46は、図3に示すように、振分部材44が通過位置に移動した際に退避位置に移動し、メダル29の流下を許容する。そして、ブロッカ46は、図4に示すように、振分部材44が排出位置に移動した際に阻止位置に移動し、メダル29の流下を阻止する。これにより、振分部材44が排出位置にある際に、メダル29が勢いでメダル出口42b側に向かってしまうことが防止され、確実にメダル29をメダル通路42から落下させることができる。

0043

メダル通路42のブロッカ46よりも下流側の上方には、振分部材44を通過し、メダル出口42b側に向かって流下するメダル29を検知するためのメダル検知部48が設けられている。メダル検知部48は、第1メダル検知センサ50と第2メダル検知センサ52との一対のセンサで構成されている。各メダル検知センサ50、52は、メダル29の流下方向に並べて配置されている。これらの各メダル検知センサ50、52には、発光部が照射した検知光を受光部で受光し、検知光が遮られたか否かによってメダル29の流下を検知する光学センサが用いられている。

0044

上記のように、メダル検知部48は、メダル通路42の上方に配置されている。これにより、各メダル検知センサ50、52の検知光は、流下するメダル29の上端付近で遮られる。こうすれば、2枚のメダル29が連続してメダル投入口20に投入され、連なって流下してきた際にも、各メダル29の上部に空く隙間によって検知光が遮られた状態が一度解除されるので、各メダル29を正確に検知することができる。

0045

なお、メダル29の中心部分で各メダル検知センサ50、52の検知光が遮られるようにメダル検知部48を配置すると、連続して投入された2枚のメダル29が連なって流下してきた際に、検知光が遮られた状態が各メダル29に跨って維持されてしまうため、各メダル29を正確に検知することができなくなる。従って、メダル検知部48は、メダル29の中心よりも上側又は下側の部分で各メダル検知センサ50、52の検知光が遮られるように上下方向の位置を決めて配置することが好ましく、メダル29の上端付近又は下端付近で各メダル検知センサ50、52の検知光が遮られるように配置することが最適である。

0046

また、各メダル検知センサ50、52は、メダル29の流下方向に並べて配置されているので、メダル通路42を正常にメダル29が流下した場合には、第1メダル検知センサ50がメダル29を検知した後、一定時間経過してから第2メダル検知センサ52がメダル29を検知する。これにより、各メダル検知センサ50、52のメダル29の検知の順序、及び間隔を確認することで、メダルセレクタ34内の異常を検知することができる。

0047

例えば、第2メダル検知センサ52が先に検知を行った場合には、メダル29が逆流していると判断することができる。また、第1メダル検知センサ50又は第2メダル検知センサ52の検知光が所定時間以上遮られた状態のままになった場合には、メダル通路42内にメダル29が滞留していると判断することができる。このように、各メダル検知センサ50、52では、メダル29の流下を検知することができるとともに、メダルセレクタ34内の異常を検知することもできる。なお、流下方向に並べて配置された各メダル検知センサ50、52による異常の検知方法は、例えば特開2005−312820号公報などに詳細に説明されているので、本明細書では、その説明を省略する。

0048

メダル通路42のメダル検知部48に対応する位置には、メダル29の流下方向に溝状に形成されたレール42cが設けられている。メダル検知部は、このレール42cを介してメダル29の流下方向に移動自在に本体基部40に取り付けられており、図3実線で示す第1位置と、図3二点鎖線で示す第2位置との間で移動する。メダル検知部48には、移動機構54が接続されている。移動機構54は、メダル検知部48を各位置に移動させる。なお、この移動機構54には、モータギアなどからなる周知の機構を用いればよい。

0049

図5に示すように、制御基板25には、制御回路(移動制御手段)60が設けられている。制御回路60は、各種のプログラムやデータを記憶したメモリや、このメモリに記憶されたプログラムを読み出して各種の処理を実行するCPUなどを備えており、これらによってスロットマシン10を制御するための様々な回路が構成されている。制御回路60には、リール駆動コントローラ61が接続されている。リール駆動コントローラ61は、制御回路60からの指示に応じて第1〜第3リール12a〜12cの回転を制御する。

0050

また、制御回路60には、クレジット枚数表示部13、エラー表示部14、各メダル検知センサ50、52、移動機構54、電磁石62が接続されている。クレジット枚数表示部13、エラー表示部14、移動機構54、電磁石62の動作は、制御回路60によって制御される。制御回路60は、移動機構54を制御し、メダル検知部48を第1位置と第2位置とのいずれか一方に保持させる。

0051

各メダル検知センサ50、52は、メダル29の検知結果を制御回路60に入力する。制御回路60には、正常に流下するメダル29を各メダル検知センサ50、52が検知した場合の検知パターンを示す検知パターン情報が記憶されている。制御回路60は、各メダル検知センサ50、52がメダル29を検知すると、検知パターン情報を読み出し、検知パターン情報が示す検知パターンと、各メダル検知センサ50、52が検知した検知パターンとを比較し、各検知パターンが一致するか否かを判定する。

0052

制御回路60は、各検知パターンが一致していると判定した場合には、正常に流下するメダル29を各メダル検知センサ50、52が検知したと判断し、前述のようにメダル29の枚数を計数して入賞有効ラインの有効化やクレジット枚数の加算を行う。

0053

一方、制御回路60は、各検知パターンが一致していないと判定した場合には、何らかのエラーが発生したと判断する。制御回路60は、前述のように、第2メダル検知センサ52が先に検知を行った場合には、逆流エラーが発生したと判断し、第1メダル検知センサ50又は第2メダル検知センサ52の検知光が所定時間以上遮られた状態のままになった場合には、滞留エラーが発生したと判断する。

0054

また、制御回路60は、逆流エラーが発生したと判断すると、スロットマシン10をエラーモードに移行させ、スピーカ24から警告音を発するとともに、逆流エラーに対応するエラーコードをエラー表示部14に表示させて、逆流エラーが発生したことを報知する。同様に、制御回路60は、滞留エラーが発生したと判断すると、スロットマシン10をエラーモードに移行させ、スピーカ24から警告音を発するとともに、滞留エラーに対応するエラーコードをエラー表示部14に表示させて、滞留エラーが発生したことを報知する。

0055

前述のように、制御回路60は、スロットマシン10がエラーモードになったとき、エラーモードを解除するとき、ベット及びクレジットされたメダル29の枚数がそれぞれ上限に達しているとき、遊技が実行されているときなどに、メダル29の投入が受け付けられない状態であると判断し、これら以外のときにメダル29の投入が受け付けられる状態であると判断する。

0056

制御回路60は、メダル29の投入が受け付けられる状態であると判断すると、電磁石62を制御し、振分部材44とブロッカ46とをそれぞれ通過位置と退避位置とに移動させる。そして、制御回路60は、メダル29の投入が受け付けられない状態であると判断すると、電磁石62を制御し、振分部材44とブロッカ46とをそれぞれ排出位置と阻止位置とに移動させる。

0057

制御回路60には、さらにスタート信号センサ63、第1ストップ信号センサ64a、第2ストップ信号センサ64b、第3ストップ信号センサ64c、解除信号センサ65などの各種のセンサが接続されている。スタート信号センサ63は、スタートレバー18の押下操作を検知し、この検知に応答して遊技スタート信号を制御回路60に入力する。制御回路60は、スタート信号センサ63から遊技スタート信号が入力されると、リール駆動コントローラ61に第1〜第3リール12a〜12cの回転を指示し、図柄列変動表示を開始させる。

0058

第1〜第3ストップ信号センサ64a〜64cは、第1〜第3ストップボタン17a〜17cの押圧操作を検知し、この検知に応答して第1〜第3リール12a〜12cの停止を指示するストップ信号を制御回路60に入力する。制御回路60は、ストップ信号が入力されたときに第1〜第3リール12a〜12cが回転中であるか否かを判定する。そして、制御回路60は、第1〜第3リール12a〜12cが回転中である場合には、リール駆動コントローラ61を制御し、押圧操作された第1〜第3ストップボタン17a〜17cに対応する第1〜第3リール12a〜12cの停止制御を行う。

0059

解除信号センサ65は、解除スイッチ31の押圧操作を検知し、この検知に応答してエラーモードの解除を指示する解除信号を制御回路60に入力する。制御回路60は、解除信号の入力に応答してスロットマシン10がエラーモードになっているか否かを判定する。そして、制御回路60は、エラーモードになっていると判定すると、スロットマシン10のモードをエラーモードから通常モードに復帰させる。

0060

制御回路60には、当選役抽選部70とタイマ71と不正検知部72とが設けられている。当選役抽選部70は、スタート信号センサ63からの遊技スタート信号の入力に応答して起動し、図示を省略した乱数発生器から乱数値を取得する。そして、取得した乱数値に基づいて当選役抽選を行い、当選役としてのBB(ビックボーナス)、小役リプレイのいずれか又はハズレを決定する。

0061

BB図柄が入賞有効ライン上に揃った状態で停止し、BBに入賞すると、通常モードからBBモード(有利モード)に移行する処理が行われる。小役に入賞すると、規定枚数のメダル29がメダル払出口22からメダル受け皿23に払い出される。リプレイに入賞すると、次遊技をメダル29の投入なしに行うことができる。

0062

BBモードでは、通常モードで3枚であるメダル29の投入枚数が2枚になり、小役の当選確率が通常モードよりも高くなるとともに、小役に入賞したときのメダル29の払い出し枚数も増加する。このため、BBモードでは、通常モードよりもペイアウト率(投入したメダル29の枚数に対する払い出されるメダル29の枚数の割合)が高くなり、遊技者にとって有利になる。

0063

制御回路60は、遊技スタート信号の入力に応答して当選役抽選を行った後、第1〜第3リール12a〜12cを回転させて図柄列の変動表示を開始し、第1〜第3ストップ信号センサ64a〜64cからストップ信号が入力されたことに応答して第1〜第3リール12a〜12cの停止制御を行う。そして、制御回路60は、第1〜第3リール12a〜12cの全てを停止させると、入賞有効ライン上に停止した第1〜第3リール12a〜12cの図柄の組み合わせによって、当選役に入賞したか否かを判定する。制御回路60は、当選役に入賞したと判定すると、BBモードへの移行やメダル29の払い出しなどといった、その当選役に対応した処理を行い、1回の遊技を終了させる。

0064

タイマ71は、各メダル検知センサ50、52がメダル29を検知したことを契機に計時を開始し、各メダル検知センサ50、52が次のメダル29を検知したことを契機に計時を終了することにより、各メダル検知センサ50、52によるメダル29の検知の間隔、すなわちメダル投入口20にメダル29が投入された間隔(以下、投入間隔と称す)を計時する。タイマ71は、計時を終了させると、その計時結果を不正検知部72に入力するとともに、カウント値を一度クリアし、次のメダル29に対する計時を開始する。このように、タイマ71は、メダル29の投入間隔を順次計時し、その計時結果を不正検知部72に入力していく。

0065

不正検知部72には、メダル29の投入間隔の最短時間を示す最短時間情報73が記憶されている。メダル29の投入間隔は、2枚のメダル29を連続してメダル投入口20に投入し、メダル通路42を連なって流下した際に最短となる。最短時間情報73が示す最短時間は、例えば、連続して投入された2枚のメダル29を各メダル検知センサ50、52に検知させた場合のタイマ71の計時結果を複数取得し、これらの平均を取ることによって求められる。

0066

不正検知部72は、タイマ71から計時結果が入力されると、その計時結果と最短時間情報73が示す最短時間とを比較することにより、メダル29が連続して投入されたか否かを判定する。不正検知部72は、計時結果が最短時間と一致している場合に、メダル29が連続して投入されたと判定し、計時結果が最短時間よりも長い場合に、メダル29が連続して投入されていないと判定する。なお、不正検知部72は、例えば、最短時間情報73が示す最短時間に正負誤差を加えた所定の誤差範囲の中に計時結果が入っているか否かを判定し、誤差範囲の中に入っている場合に、計時結果が最短時間と一致していると判断する。そして、不正検知部72は、誤差範囲を超えた場合に、計時結果が最短時間よりも長いと判断する。

0067

不正検知部72には、連続して投入されたメダル29の枚数をカウントするための連続投入枚数カウンタ74が設けられている。不正検知部72は、メダル29が連続して投入されたと判定した際に、連続投入枚数カウンタ74のカウント値を1加算させる。そして、不正検知部72は、メダル29が連続して投入されていないと判定した際に、連続投入枚数カウンタ74のカウント値をクリアさせる。これにより、連続して投入されたメダル29の枚数がカウントされる。

0068

前述のように、投入口レール20aには、20枚のメダル29を乗せることができ、20枚のメダル29までは連続した投入を容易に行うことができる。他方、21枚以上のメダル29を連続的に投入しようとすると、21枚目以降のメダル29は投入口レール20aによる支持が受けられないため、遊技者が手でメダル29をメダル投入口20に投入する場合には、21枚以上のメダル29を連続して投入することが難しい。従って、21枚以上連続してメダル29の流下が検知された場合には、不正器具を用いてメダル29を不正に投入する不正行為が行われた可能性がある。

0069

不正検知部72は、メダル29が連続して投入されたと判定し、連続投入枚数カウンタ74のカウント値を1加算した結果、連続投入枚数カウンタ74のカウント値が「21」に達した場合、不正器具を用いてメダル29を不正に投入する不正行為が行われた可能性があると検知し、不正行為が行われた可能性があることを示す不正検知信号を制御回路60に入力する。

0070

制御回路60は、不正検知部72から不正検知信号が入力されると、これを契機に移動機構54にメダル検知部48の移動を指示し、第1位置又は第2位置に保持されたメダル検知部48を、その他方の位置へと移動させ、その位置で再び保持させる。このように、制御回路60は、不正行為が行われた可能性があることが不正検知部72によって検知される毎に、第1位置と第2位置との間でメダル検知部48を移動させる。

0071

不正器具を用いてメダル29を不正に連続的に投入した場合には、メダル検知部48が移動すると、不正器具の発光部分とメダル検知部48との位置がずれるため、不正器具を用いたとしても、21枚以上連続してメダル29を投入することができない。

0072

一方、20枚以上のメダル29が実際にメダル投入口20に連続的に投入された場合には、メダル検知部48を移動させた際にも流下するメダル29が各メダル検知センサ50、52によって検知される。例えば、第1位置から第2位置に移動させる場合には、21枚目のメダル29の検知から22枚目のメダル29の検知が開始されるまでの間にメダル検知部48を移動させることで、メダル検知部48の第2位置への移動が完了した後に各メダル検知センサ50、52によって22枚目のメダル29が検知される。

0073

この際、メダル検知部48の移動速度が遅すぎると、第2位置に移動する前に22枚目のメダル29の検知が開始されてしまうので、これに対応した検知パターン情報を用意する必要があり、メダル検知部48の移動速度が速すぎると、21枚目のメダル29を再び検知してしまう。このため、第1位置から第2位置に移動させる際の移動機構54によるメダル検知部48の移動速度は、メダル29の流下速度とほぼ同じであることが好ましい。

0074

また、第2位置から第1位置に移動させる場合には、第1位置に移動している途中に検知光が遮られ、各メダル検知センサ50、52によって22枚目のメダル29が検知される。この場合、メダル29の流下速度にメダル検知部48の移動速度分が足し合わされるため、メダル検知部48が停止した状態でメダル29の流下が検知された場合に比べて各メダル検知センサ50、52の検知間隔が短くなる。このため、メダル検知部48が停止した状態でメダル29の流下が検知された場合の各メダル検知センサ50、52の検知パターンを示す検知パターン情報と、メダル検知部48が第2位置から第1位置に移動している状態でメダル29の流下が検知された場合の各メダル検知センサ50、52の検知パターンを示す検知パターン情報とを予め制御回路60に用意しておき、それぞれの場合で適切な検知パターン情報を読み出して各検知パターンが一致するか否かの判定を行う必要がある。

0075

また、第2位置から第1位置に移動させる際の移動機構54によるメダル検知部48の移動速度は、第1位置への移動が完了した際に、連続する2枚のメダル29の間に停止するような速度であることが好ましい。例えば、21枚目のメダル29の検知に応答して第2位置から第1位置に移動させ、連続する22枚目、23枚目のメダル29を検知した後、24枚目のメダル29の検知が開始される前に第1位置への移動を完了させる。こうすれば、検知パターンが複雑化したり、滞留エラーなどの検知エラーが生じたりすることを防ぐことができる。

0076

このように、21枚以上のメダル29が実際にメダル投入口20に連続的に投入された場合には、メダル検知部48を移動させた際にも流下するメダル29が各メダル検知センサ50、52によって検知されるので、22枚目以降のメダル29も正常に計数することができる。なお、22枚以上のメダル29を検知した場合には、適正にメダル29が投入された場合であると判断することができるから、第1位置と第2位置との間でメダル検知部48を移動させるのは、21枚に達したと判定した際の1回だけでよい。

0077

次に、上記構成によるスロットマシン10の作用について説明する。メダル検知部48は、制御回路60による移動機構54の制御の下、第1位置又は第2位置に保持されている。メダル検知部48に設けられた各メダル検知センサ50、52は、検知光が遮られたことを検知すると、その検知結果を制御回路60に入力する。制御回路60は、検知結果が入力されると、メダル29の枚数を計数し、その枚数に応じて入賞有効ラインの有効化やクレジット枚数の加算を行うとともに、タイマ71に計時の開始を指示する。タイマ71は、制御回路60からの指示に応答して計時を開始する。また、タイマ71は、各メダル検知センサ50、52の前回の検知にともなう計時を行っていた場合、その計時を終了し、計時結果を不正検知部72に入力する。そして、カウント値を一度クリアした後、今回のメダル29に対する計時を開始する。

0078

不正検知部72は、タイマ71から計時結果が入力されると、その計時結果と最短時間情報73が示す最短時間とを比較し、メダル29が連続して投入されたか否かを判定する。不正検知部72は、メダル29が連続して投入されていると判定すると、連続投入枚数カウンタ74のカウント値を1加算させ、連続して投入されたメダル29の枚数をカウントする。一方、不正検知部72は、メダル29が連続して投入されていないと判定すると、連続投入枚数カウンタ74のカウント値をクリアさせる。

0079

また、不正検知部72は、メダル29が連続して投入されていると判定し、連続投入枚数カウンタ74のカウント値を1加算させた場合、この加算の後にカウント値が「21」に達したか否かを確認する。不正検知部72は、「21」に達したと確認した場合、不正器具を用いてメダル29を不正に投入する不正行為が行われた可能性があると検知し、不正検知信号を制御回路60に入力する。

0080

制御回路60は、不正検知部72から不正検知信号が入力されると、これを契機に移動機構54にメダル検知部48の移動を指示し、第1位置又は第2位置に保持されたメダル検知部48を、その他方の位置へと移動させ、その位置で再び保持させる。

0081

不正器具を用いてメダル29を不正に投入する不正行為が実際に行われていた場合には、不正器具の発光部分とメダル検知部48との位置がずれるため、22枚以上連続してメダル29の投入を行うことができない。このため、不正行為が行われた可能性があることが検知され、メダル検知部48が移動する度に不正器具の発光部分とメダル検知部48との位置合わせを再度行わなければならなくなり、メダル29の投入を不正に行う不正器具の使用を難しくさせることができる。また、このように頻繁に位置合わせを行うことは、非常に煩わしく、不正を行おうとする意欲を減退させ、不正器具の使用自体の防止にも繋がる。さらに、位置合わせを行うために頻繁に不正器具を抜き差しする動作は目立つため、遊技場の従業員などに不正器具の使用を発見させやすくすることもできる。

0082

また、連続して投入されたメダル29の枚数が21枚に達した場合に不正行為が行われた可能性があると検知し、これを契機にメダル検知部48を移動させるようにすれば、不正器具を用いたとしても50枚のクレジットの限界まで一気にメダル29を投入することができなくなる。

0083

一方で、一度にたくさんのメダル29を投入したいという思いは、適正に遊技を行う遊技者にもある。こうした遊技者が21枚以上のメダル29をメダル投入口20に連続的に投入した場合には、22枚目以降のメダル29も各メダル検知センサ50、52によって正常に検知されるので、適正に遊技を行う遊技者に対して違和感を与える心配もない。

0084

上記実施形態では、連続して投入されたメダル29の枚数が21枚に達した場合に、不正器具を用いてメダル29を不正に投入する不正行為が行われた可能性があると検知するようにしたが、この際のメダル29の枚数は、21枚に限ることなく、遊技者が手で連続的に投入する場合の限度に基づいて任意に設定すればよい。また、常に同じ枚数で検知を行うと、メダル検知部48の移動する契機が読まれてしまう可能性があるため、検知を行う枚数を所定の範囲(例えば、21〜30枚)でランダムに変化させるようにしてもよい。こうすれば、メダル検知部48の移動する契機を読まれ難くし、不正器具の使用をより難しくさせることができる。

0085

また、不正行為が行われた可能性があると検知する契機は、連続して投入されたメダル29の枚数に限定されるものではない。例えば、最短時間情報73が示す最短時間よりもタイマ71の計時結果が短い場合、メダル29の投入が受け付けられない状態(逆流エラーや滞留エラーなどのエラーが発生してスロットマシン10がエラーモードになったとき、エラーモードを解除するとき、ベット及びクレジットされたメダル29の枚数がそれぞれ上限に達しているとき、遊技が実行されているときなど)で各メダル検知センサ50、52が検知を行った場合などに、不正行為が行われた可能性があると検知するようにしてもよい。

0086

最短時間情報73が示す最短時間は、連続して投入された2枚のメダル29を各メダル検知センサ50、52に検知させた場合のタイマ71の計時結果を複数取得し、これらの平均を取ることによって求めているので、流下するメダル29を各メダル検知センサ50、52が検知した場合には、タイマ71の計時結果が最短時間よりも短くなることはない。従って、最短時間情報73が示す最短時間よりもタイマ71の計時結果が短い場合には、不正行為が行われた可能性があると検知することができる。

0087

また、メダル29の投入が受け付けられない状態では、振分部材44とブロッカ46とがそれぞれ排出位置と阻止位置とにあるため、ブロッカ46よりも下流にメダル29が流下することはない。すなわち、メダル29の投入が受け付けられない状態では、各メダル検知センサ50、52がメダル29の流下を検知することはない。従って、メダル29の投入が受け付けられない状態で各メダル検知センサ50、52が検知を行った場合には、不正行為が行われた可能性があると検知することができる。

0088

なお、上記実施形態では、振分部材44の移動に連動してブロッカ46が移動するようにしたが、振分部材44とブロッカ46とをそれぞれ個別に移動させるようにしてもよい。なお、この場合には、ブロッカ46の作動(阻止位置への移動)を契機にメダル29の投入が受け付けられない状態と判断してもよい。

0089

上記実施形態では、不正器具を用いてメダル29を不正に投入する不正行為が行われた可能性があると検知した際に、メダル検知部48の移動のみを行うようにしたが、これに限ることなく、メダル検知部48の移動と同時にスロットマシン10をエラーモードに移行させ、不正行為が行われた可能性があると検知されたことを報知するようにしてもよい。こうすれば、不正器具を用いた不正行為を確実に防止することができる。

0090

また、連続して投入されたメダル29の枚数が21枚に達したことを契機に不正行為が行われた可能性があると検知し、これに応答してエラーモードに移行させる場合には、不正器具によって投入されたと考えられる21枚のメダル29をベットもしくはクレジットの枚数から減算するようにしてもよい。

0091

上記実施形態では、メダル検知部48を第1位置と第2位置との間で移動させ、これらの一方に保持するようにしたが、これに限ることなく、不正器具を用いてメダル29を不正に投入する不正行為が行われた可能性があると検知されたことに応答してメダル検知部48を移動させた後、第1位置と第2位置との間の任意の位置にランダムに停止させ、その位置で保持するようにしてもよい。

0092

第1位置と第2位置との間で周期的にメダル検知部48を移動させていると、メダル検知部48を移動させた後にも、その位置が読まれやすくなるが、上記のようにランダムな位置に保持させるようにすれば、メダル検知部48の位置が読まれ難くなり、不正器具の発光部分とメダル検知部48との位置合わせがより困難になって、不正器具の使用をさらに難しくさせることができる。

0093

上記実施形態では、メダル29の流下方向にメダル検知部48を移動させるようにしたが、メダル検知部48の移動方向は、これに限ることなく、メダル29が検知可能な範囲内における任意の方向でよい。

0094

上記実施形態では、各メダル検知センサ50、52として光学センサを用いたが、各メダル検知センサ50、52は、これに限ることなく、機械式のスイッチ、近接センサ磁気センサなどといった周知のスイッチやセンサでよい。また、上記実施形態では、メダル検知部48に2つのセンサを設けたが、センサの数は、1つでもよいし、3つ以上でもよい。

0095

上記実施形態では、スロットマシン10に本発明を適用した例を示したが、本発明は、これに限ることなく、例えば、メダルの枚数を計数し、その結果を報知するメダルカウンタに適用してもよい。さらには、メダルを用いるゲーム機などに適用してもよい。

0096

10スロットマシン(メダル計数装置)
34メダルセレクタ
42メダル通路
48メダル検知部(メダル検知手段)
54移動機構
60制御回路(移動制御手段)
72 不正検知部(不正検知手段)

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社大都技研の「 遊技台」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】有利状態の終盤の報知に特徴を有する遊技台を提供する。【解決手段】有利状態であってエンディング演出の実行が開始される前の第一の状態において第一の図柄組み合わせが表示された場合に、第一の特典に関す... 詳細

  • 株式会社大都技研の「 遊技台」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】有利状態の終盤の報知に特徴を有する遊技台を提供する。【解決手段】有利状態であってエンディング演出の実行が開始される前の第一の状態において第一の図柄組み合わせが表示された場合に、第一の特典に関す... 詳細

  • 山佐株式会社の「 遊技機」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】可能な限り区間状態が有利区間であることを条件として特典付与のための報知が行われるようにして公平性の担保と興趣の低下の防止とを図りつつ、可能な限り設定変更の有無の見破りを防止ことができる遊技機を... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ