図面 (/)

技術 釣針

出願人 株式会社シントワ
発明者 花田耕次
出願日 2009年6月11日 (10年5ヶ月経過) 出願番号 2009-140207
公開日 2010年9月24日 (9年1ヶ月経過) 公開番号 2010-207210
状態 拒絶査定
技術分野 魚釣り(1)(釣針、釣糸)
主要キーワード 発光塗料 発光シート 夜光塗料 蓄光塗料 蛍光塗料 ホログラムシール 布繊維 結び目
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2010年9月24日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

解決手段

釣針本体1においては、繊維をより合わせ留め糸4aを針元2に結び付けて形成された結び目5の表面に発光体蛍光塗料6aを塗布した蛍光部6や、蛍光塗料を含有した発光シート)が設けられ、発光体の外周に通光可能な保護カバー7が被せられている。保護カバー7は、発光体の外周に直接、または、発光体の外周に被せたオーロラシートなどの通光シートの外周に通光チューブ8を被せたものである。

効果

種用途の釣針において、釣針本体1自体が針元2で発光するため、より一層釣針本体1への食い付きを良くして集魚効果を高め、釣果アップに繋げることができる。

概要

背景

従来、下記特許文献1に記載された釣針では、釣糸が結び付けられる針元から針先へ延設された釣針本体から外れた釣糸に発光性チューブ挿通されている。このような発光性チューブにより、光量の少ない深度のある場所での釣りにおいて集魚効果があり、釣果アップに繋がることは知られている。

概要

釣針本体1においては、繊維をより合わせ留め糸4aを針元2に結び付けて形成された結び目5の表面に発光体蛍光塗料6aを塗布した蛍光部6や、蛍光塗料を含有した発光シート)が設けられ、発光体の外周に通光可能な保護カバー7が被せられている。保護カバー7は、発光体の外周に直接、または、発光体の外周に被せたオーロラシートなどの通光シートの外周に通光チューブ8を被せたものである。各種用途の釣針において、釣針本体1自体が針元2で発光するため、より一層釣針本体1への食い付きを良くして集魚効果を高め、釣果アップに繋げることができる。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

釣糸が結び付けられる針元から針先へ延設された釣針において、その針元に発光体を有することを特徴とする釣針。

請求項2

前記発光体は針元における釣糸の結び目に設けられていることを特徴とする請求項1に記載の釣針。

請求項3

前記発光体は、針元における釣糸の結び目に蛍光塗料または蓄光塗料または夜光塗料である発光塗料を塗布したものであることを特徴とする請求項2に記載の釣針。

請求項4

前記発光体は、針元における釣糸の結び目の外周に発光シートを巻いたものであることを特徴とする請求項2に記載の釣針。

請求項5

前記発光体には通光可能な保護カバーが被せられていることを特徴とする請求項1から請求項4のうちいずれか一つの請求項に記載の釣針。

請求項6

前記保護カバーは、前記発光体の外周に被せる通光チューブを有していることを特徴とする請求項5に記載の釣針。

請求項7

前記保護カバーは、前記発光体の外周に巻いた通光シートを有していることを特徴とする請求項5に記載の釣針。

請求項8

前記保護カバーは、前記通光シートの外周に被せる通光チューブを有していることを特徴とする請求項7に記載の釣針。

請求項9

前記釣糸において針元に結び付けられる部分には、繊維をより合わせ紐状留め糸を有していることを特徴とする請求項1から請求項8のうちいずれか一つの請求項に記載の釣針。

技術分野

0001

本発明はルアー等に取り付けられる釣針に関するものである。

背景技術

0002

従来、下記特許文献1に記載された釣針では、釣糸が結び付けられる針元から針先へ延設された釣針本体から外れた釣糸に発光性チューブ挿通されている。このような発光性チューブにより、光量の少ない深度のある場所での釣りにおいて集魚効果があり、釣果アップに繋がることは知られている。

先行技術

0003

特開平7ー107887号公報

発明が解決しようとする課題

0004

上記特許文献1では、釣針本体自体が発光せず、針元から外れた釣糸でチューブが発光するだけであるため、釣針本体への食い付きが悪くなるおそれがあった。
この発明は、各種用途の釣針において、より一層釣針本体への食い付きを良くして集魚効果を高め、釣果アップに繋げることを目的としている。

課題を解決するための手段

0005

後記実施形態の図面(図1に示す第1実施形態、図2に示す第2実施形態、図3に示す第3実施形態、図4に示す第4実施形態)の符号を援用して本発明を説明する。
請求項1の発明にかかる釣針は、第1〜4実施形態に対応し、釣糸4が結び付けられる針元2から針先3へ延設され、その針元2に発光体6,9を有する。請求項1の発明では、釣針本体1自体が針元2で発光体6,9により発光するため、釣針本体1への食い付きが良くなる。

0006

請求項1の発明を前提とする請求項2の発明(第1〜4実施形態に対応)において、前記発光体6,9は針元2における釣糸4の結び目5に設けられている。請求項2の発明では、釣糸4の結び目5を有効に利用して発光体6,9を簡単に設けることができる。

0007

請求項2の発明を前提とする請求項3の発明(第1,3実施形態に対応)において、前記発光体6は、針元2における釣糸4の結び目5に蛍光塗料または蓄光塗料または夜光塗料である発光塗料を塗布したものである。請求項3の発明では、発光塗料の塗布により結び目5に発光体6を簡単に設けることができる。

0008

請求項2の発明を前提とする請求項4の発明(第2,4実施形態に対応)において、前記発光体は、針元2における釣糸4の結び目5の外周に発光シート9を巻いたものである。請求項4の発明では、発光シート9の巻装により結び目5に発光体を簡単に設けることができる。

0009

請求項1から請求項4のうちいずれか一つの請求項の発明を前提とする請求項5の発明(第1〜4実施形態に対応)において、前記発光体6,9には通光可能な保護カバー7が被せられている。請求項5の発明では、保護カバー7により発光体6,9を保護することができる。

0010

請求項5の発明を前提とする請求項6の発明(第1〜4実施形態に対応)において、前記保護カバー7は、前記発光体6,9の外周に被せる通光チューブ8を有している。請求項6の発明では、通光可能な保護カバー7を通光チューブ8により簡単に設けることができる。

0011

請求項5の発明を前提とする請求項7の発明(第3,4実施形態に対応)において、前記保護カバー7は、前記発光体6,9の外周に巻いた通光シート10を有している。請求項7の発明では、通光シート10の色合を各種変更すれば、発光色に変化を付けて、釣針本体1への食い付きをより一層良くすることができる。

0012

請求項7の発明を前提とする請求項8の発明(第1〜4実施形態に対応)において、前記保護カバー7は、前記通光シート10の外周に被せる通光チューブ8を有している。請求項8の発明では、通光可能な保護カバー7を通光シート10及び通光チューブ8により簡単に設けることができ、その通光シート10により発光体6,9を保護することができるとともに、その通光チューブ8により通光シート10を保護することができる。

0013

請求項1から請求項8のうちいずれか一つの請求項の発明を前提とする請求項9の発明(第1〜4実施形態に対応)において、前記釣糸4において針元2に結び付けられる部分には、繊維をより合わせ紐状留め糸4aを有している。請求項9の発明では、繊維のより合わせにより、発光体6,9の付着性を高めることができる。

発明の効果

0014

本発明は、各種用途の釣針において、釣針本体1自体が針元2で発光するため、前述した従来の釣針と比較して、より一層釣針本体1への食い付きを良くして集魚効果を高め、釣果アップに繋げることができる。

図面の簡単な説明

0015

(a)(b)(c)(d)(e)はそれぞれ第1実施形態にかかる釣針の製造工程を示す正面図である。
(a)(b)はそれぞれ第2実施形態にかかる釣針の製造工程を示す正面図である。
(a)(b)はそれぞれ第3実施形態にかかる釣針の製造工程を示す正面図である。
(a)(b)はそれぞれ第4実施形態にかかる釣針の製造工程を示す正面図である。

実施例

0016

まず、本発明の第1実施形態にかかる釣針について図1を参照して説明する。
図1(a)に示す釣針本体1においては、金属線材が針元2から針先3へ湾曲されて延設され、その針元2でつけ根2aに引掛部2bが形成されている。図1(a)に示す釣糸4は、繊維をより合わせた布紐状の留め糸4aを有している。図1(b)に示すように、この釣糸4の留め糸4aを釣針本体1の針元2に結び付けると、その針元2に留め糸4aの結び目5が形成される。図1(d)に示すように、その結び目5の表面側に発光塗料の一種である蛍光塗料6aを塗布すると、その結び目5に発光体としての蛍光部6が設けられる。また、図1(c)に示すように、表面側に蛍光塗料6aを塗布した留め糸4aを釣針本体1の針元2に結び付けると、図1(d)に示すように、その針元2に形成された結び目5に蛍光部6が設けられる。図1(e)に示すように、通光可能な保護カバー7は樹脂により成形された通光チューブ8からなり、その通光チューブ8をこの蛍光部6に挿通して熱風により収縮させると、蛍光部6にこの通光チューブ8が被せられる。

0017

次に、本発明の第2実施形態にかかる釣針について図2を参照して説明する。
図2(a)に示すように、発光体としての発光シート9は蛍光塗料を含有してシート状にした樹脂フィルムであって、その樹脂フィルムの裏側に粘着剤が塗布されている。この発光シート9は、図1(b)に示す留め糸4aの結び目5の外周に蛍光部として巻かれて粘着剤により接着されている。図2(b)に示すように、通光可能な保護カバー7は樹脂により成形された通光チューブ8からなり、その通光チューブ8をこの発光シート9に挿通して熱風により収縮させると、発光シート9にこの通光チューブ8が被せられる。

0018

次に、本発明の第3実施形態にかかる釣針について図3を参照して説明する。
図3(a)に示すように、図1(d)に示す蛍光部6の外周に通光シート10が巻かれている。この通光シート10は通光可能なオーロラシートである。図3(b)に示すように、通光可能な保護カバー7はこの通光シート10と前記通光チューブ8とからなり、その通光チューブ8をこの通光シート10に挿通して熱風により収縮させると、通光シート10にこの通光チューブ8が被せられる。

0019

次に、本発明の第4実施形態にかかる釣針について図4を参照して説明する。
図4(a)に示すように、図2(a)に示す発光シート9の外周に通光可能なオーロラシートである通光シート10が巻かれている。図4(b)に示すように、通光可能な保護カバー7はこの通光シート10と前記通光チューブ8とからなり、その通光チューブ8をこの通光シート10に挿通して熱風により収縮させると、通光シート10にこの通光チューブ8が被せられる。

0020

本実施形態は下記の効果を有する。
(1)釣針本体1自体が針元2で蛍光部6や発光シート9などの発光体により発光するため、釣針本体1への食い付きを良くして集魚効果を高め、釣果アップに繋げることができる。

0021

(2)針元2に対する釣糸4の結び目5を有効に利用して蛍光部6や発光シート9などの発光体を簡単に設けることができる。
(3) 蛍光部6や発光シート9や通光シート10に被せた通光チューブ8により、蛍光部6の蛍光塗料6aや発光シート9や通光シート10の剥離を防止することができる。また、蛍光部6や発光シート9に巻いた通光シート10により、蛍光部6の蛍光塗料6aや発光シート9の剥離を防止することができる。

0022

(4)通光可能な保護カバー7を通光チューブ8や通光シート10により簡単に設けることができる。
(5)蛍光塗料6aの塗布により結び目5に蛍光部6を簡単に設けることができる。

0023

(6)発光シート9の巻装により結び目5に発光体を簡単に設けることができる。
(7) 発光シート9は、蛍光塗料6aを塗布した蛍光部6と比較して、平坦な発光面により均一な発光を得ることができる。

0024

(8) 各種の通光シート10によりその色合を変更すれば、発光色に変化を付けて、釣針本体1への食い付きをより一層良くすることができる。例えば、暗い場所以外であっても太陽光をオーロラシートにより反射させて集魚効果をより一層高めることができる。

0025

(9) 繊維をより合わせた布紐である留め糸4aによる結び目5に蛍光塗料6aを塗布したり発光シート9を巻装したりしたため、蛍光塗料6aや発光シート9の付着性を高めて蛍光塗料6aや発光シート9の剥離を防止することができる。

0026

前記実施形態以外にも例えば下記のように構成してもよい。
・ 第3,4実施形態において、通光シート10としては、前記オーロラシート以外に、ホログラムシールや、あわび等の天然素材を含有してシート状にした樹脂フィルムなど、色合の変化を与えることができる各種のものに変更してもよい。

0027

・ 第1,3実施形態において、針元2の蛍光部6については、針元2における留め糸4aの結び目5の表面側に蛍光塗料6aを塗布することに代えて、蛍光塗料6a以外の発光塗料、例えば蓄光塗料または夜光塗料を塗布してもよい。

0028

・ 第2,4実施形態において、針元2の発光シート9については、蛍光塗料6a以外の発光塗料、例えば蓄光塗料または夜光塗料を含有して成形してもよい。
・ 第1〜4実施形態において、通光チューブ8については、樹脂に発光塗料を含有して成形してもよい。

0029

・ 繊維をより合わせた材質については、布繊維以外に金属繊維であってもよい。
・ルアーに取り付ける釣針以外の釣針にも応用することができる。

0030

1…釣針本体、2…針元、3…針先、4…釣糸、4a…留め糸、5…結び目、6…発光体としての蛍光部、6a…蛍光塗料、7…保護カバー、8…通光チューブ、9…発光体としての発光シート、10…通光シート。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 三吉秀征の「 魚釣り装置」が 公開されました。( 2019/09/19)

    【課題】浮子本体又はルアー本体に容易に組み込むことができ、しかも集魚効果を高めるための構成を簡単なものとした魚釣り装置を提供する。【解決手段】集魚装置本体1は、加振及び加音する偏心マスつきモータ3と電... 詳細

  • 立和田美登里の「 ヤエン」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】イカ釣りに用いられる釣り具で、イカが捕食した時に、イカまでスムーズに到達させることができるヤエンを提供する。【解決手段】本体部2と、本体部2を道糸に係止可能な係止部3F,3Rと、本体部2に取付... 詳細

  • ゴリーカンパニー,リミテッド.の「 ショックリーダースイベル」が 公開されました。( 2019/09/05)

    【課題・解決手段】本考案の第一実施例によるショックリーダースイベルは、一端が釣竿の道糸と結合され、引張力を有するショックリーダー部と、一端が前記ショックリーダー部の他端に回転可能に結合されて道糸とショ... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ