図面 (/)

技術 食品食器用透明洗剤

出願人 株式会社ダスキン
発明者 森宣紀
出願日 2009年2月24日 (11年8ヶ月経過) 出願番号 2009-040200
公開日 2010年9月9日 (10年2ヶ月経過) 公開番号 2010-195875
状態 特許登録済
技術分野 洗浄性組成物
主要キーワード 複合界面活性剤 JIS規格 除菌性 各性能試験 泡立ち試験 化学組成式 白濁現象 ポリグリセリンラウリン酸エステル
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2010年9月9日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

安全性を第一に、しかも洗浄力及び泡立ち性に優れ、更に外観を損なわない透明性を具備した食品食器用透明洗剤を提供することである。

解決手段

界面活性剤として食品添加物であるポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステルを含有し、他の全成分が食品添加物及び/又は飲用品から構成され、低温で透明性を有する食品食器用透明洗剤である。また、界面活性剤として食品添加物であるポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステル及びポリグリセリン脂肪酸エステルを含有し、他の全成分が食品添加物及び/又は飲用品から構成され、ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステルによりポリグリセリン脂肪酸エステルの低温での白濁を防止する食品食器用透明洗剤である。

概要

背景

例えば、台所用洗剤は、昭和30年代半ばに登場したが、当時は食器洗いと共に野菜果物も洗えることが重要なポイントであった。当時の厚生省からは、野菜や果物を洗剤で洗い、回虫農薬を洗い流すよう通達が各都道府県に出されていた。最近に至っては、食に対する安全性が重要視されており、特に、輸入野菜の残留農薬が不安視される一方、野菜等を洗うにしても、洗剤残りを心配する使用者も増えている。従って、現在、台所用洗剤等の食品食器用洗剤には、野菜等を安心して洗える無害性が重要であると共に、荒れ性湿疹の原因となる刺激性が少ないことも極めて重要となっている。

一般に、台所用洗剤は、界面活性剤と、その補助的成分からなる。補助的成分には洗剤の用途に応じて、保湿剤キレート剤pH調整剤等がある。界面活性剤としては、特開昭50−39707号公報(特許文献1)及び特開平8−56631号公報(特許文献2)等に示されているように、ショ糖脂肪酸エステルが安全性と除菌性に優れていることが知られている。しかしながら、ショ糖脂肪酸エステル等を界面活性剤として洗剤に用いた場合には安全性が高いものの、その洗浄力は、食器洗いに供するには著しく弱く、泡立ちも少ないといった問題があった。

概要

安全性を第一に、しかも洗浄力及び泡立ち性に優れ、更に外観を損なわない透明性を具備した食品食器用透明洗剤を提供することである。界面活性剤として食品添加物であるポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステルを含有し、他の全成分が食品添加物及び/又は飲用品から構成され、低温で透明性を有する食品食器用透明洗剤である。また、界面活性剤として食品添加物であるポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステル及びポリグリセリン脂肪酸エステルを含有し、他の全成分が食品添加物及び/又は飲用品から構成され、ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステルによりポリグリセリン脂肪酸エステルの低温での白濁を防止する食品食器用透明洗剤である。

目的

本発明の目的は、安全性を第一に、しかも洗浄力及び泡立ち性に優れ、更に外観を損なわない透明性を具備した食品食器用透明洗剤を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

界面活性剤として食品添加物であるポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステルを含有し、他の全成分が食品添加物及び/又は飲用品から構成され、低温で透明性を有することを特徴とする食品食器用透明洗剤

請求項2

前記低温が−5℃以上である請求項1に記載の食品食器用透明洗剤。

請求項3

界面活性剤として食品添加物であるポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステル及びポリグリセリン脂肪酸エステルを含有し、他の全成分が食品添加物及び/又は飲用品から構成され、前記ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステルにより前記ポリグリセリン脂肪酸エステルの低温での白濁を防止することを特徴とする食品食器用透明洗剤。

請求項4

前記ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステルの添加量をW1(mass%)及び前記ポリグリセリン脂肪酸エステルの添加量をW2(mass%)としたとき、それらの添加量比W1/W2≧1/3に設定して、3℃以上の低温で白濁を防止する請求項3に記載の食品食器用透明洗剤。

請求項5

前記添加量比W1/W2≧1に設定して、−5℃以上の低温で白濁を防止する請求項4に記載の食品食器用透明洗剤。

請求項6

前記添加量W1(mass%)が7.5〜22.5の範囲にあり、同時に前記添加量W2(mass%)が22.5〜7.5の範囲にある請求項3、4又は5に記載の食品食器用透明洗剤。

請求項7

前記飲用品は、精製飲用水及び/又は醸造アルコールである請求項1、2又は3に記載の食品食器用透明洗剤。

技術分野

0001

本発明は、台所用洗剤等の家庭用あるいは業務用の食品食器用透明洗剤に関する。

背景技術

0002

例えば、台所用洗剤は、昭和30年代半ばに登場したが、当時は食器洗いと共に野菜果物も洗えることが重要なポイントであった。当時の厚生省からは、野菜や果物を洗剤で洗い、回虫農薬を洗い流すよう通達が各都道府県に出されていた。最近に至っては、食に対する安全性が重要視されており、特に、輸入野菜の残留農薬が不安視される一方、野菜等を洗うにしても、洗剤残りを心配する使用者も増えている。従って、現在、台所用洗剤等の食品食器用洗剤には、野菜等を安心して洗える無害性が重要であると共に、荒れ性湿疹の原因となる刺激性が少ないことも極めて重要となっている。

0003

一般に、台所用洗剤は、界面活性剤と、その補助的成分からなる。補助的成分には洗剤の用途に応じて、保湿剤キレート剤pH調整剤等がある。界面活性剤としては、特開昭50−39707号公報(特許文献1)及び特開平8−56631号公報(特許文献2)等に示されているように、ショ糖脂肪酸エステルが安全性と除菌性に優れていることが知られている。しかしながら、ショ糖脂肪酸エステル等を界面活性剤として洗剤に用いた場合には安全性が高いものの、その洗浄力は、食器洗いに供するには著しく弱く、泡立ちも少ないといった問題があった。

先行技術

0004

特開昭50−39707号公報
特開平8−56631号公報

発明が解決しようとする課題

0005

ところで、食品食器用洗剤の商品価値には、上記の安全性を第一として、十分な洗浄力及び泡立ち性具備するのは勿論のこと、洗剤商品として外観を損なわない透明性を具備している必要がある。しかし、上記ショ糖脂肪酸エステル等の界面活性剤は、他の含有成分によっては溶解性が低下しやすく、特に、低温保存時においては沈殿物を生じたり濁ったりするため、洗浄力が低下するうえ、洗剤商品としては不透明液となって、消費者イメージを損なうおそれがあった。

0006

従って、本発明の目的は、安全性を第一に、しかも洗浄力及び泡立ち性に優れ、更に外観を損なわない透明性を具備した食品食器用透明洗剤を提供することである。

課題を解決するための手段

0007

本発明者は、上記課題に鑑み、各種洗剤成分組成を鋭意検討した結果、安全性を有し、且つ外観を損なわない透明性を具備し、食品食器の洗浄力及び泡立ち性も不満のない食品食器用洗剤を得ることに成功した。
本発明の第1の形態は、界面活性剤として食品添加物であるポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステルを含有し、他の全成分が食品添加物及び/又は飲用品から構成され、低温で透明性を有する食品食器用透明洗剤である。

0008

本発明の第2の形態は、前記第1の形態において、前記低温が−5℃以上である食品食器用透明洗剤である。

0009

本発明の第3の形態は、界面活性剤として食品添加物であるポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステル及びポリグリセリン脂肪酸エステルを含有し、他の全成分が食品添加物及び/又は飲用品から構成され、前記ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステルにより前記ポリグリセリン脂肪酸エステルの低温での白濁を防止する食品食器用透明洗剤である。

0010

本発明の第4の形態は、前記第3の形態において、前記ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステルの添加量をW1(mass%)及び前記ポリグリセリン脂肪酸エステルの添加量をW2(mass%)としたとき、それらの添加量比W1/W2≧1/3に設定して、3℃以上の低温で白濁を防止する食品食器用透明洗剤である。

0011

本発明の第5の形態は、前記第4の形態において、前記添加量比W1/W2≧1に設定して、−5℃以上の低温で白濁を防止する食品食器用透明洗剤である。

0012

本発明の第6の形態は、前記第3、第4又は第5の形態において、前記添加量W1(mass%)が7.5〜22.5の範囲にあり、同時に前記添加量W2(mass%)が22.5〜7.5の範囲にある食品食器用透明洗剤である。

0013

本発明の第7形態は、前記第1、第2又は第3の形態において、前記飲用品は、精製飲用水及び/又は醸造アルコールである食品食器用透明洗剤である。

発明の効果

0014

本発明の第1の形態において、ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステルからなる界面活性剤を主要組成とする。ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステル(別名ポリソルベートとも略称する。)は、親水部が非電解質で、イオン化しない親水性部分を有した非イオンノニオン系界面活性剤であり、且つ安全性の高い食品添加物として認定されている(平成20年4月30日付け厚生労働省令第103号による食品衛生法施行規則の一部改正により、4種のポリソルベート、即ち、ポリソルベート20、ポリソルベート60、ポリソルベート65及びポリソルベート80が追加された。)。ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステルは、界面活性剤として、水溶液表面張力を低下させる浸透作用に優れ、良好な洗浄力及び泡立ち性を発揮する。特に、ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステルのラウレ−ト、オレエ−トは、0℃付近の低温下においても良好な溶解性を備えて、洗浄力も低下しないうえ、低温保存下で透明性を維持させることができるので、消費者イメージを損なわない透明洗剤を実現することができる。更に、本形態においては、安全性の高い食品添加物であるポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステルを主組成として、その他の補助組成物を含む全成分が食品添加物及び/又は飲用品から構成されているので、極めて高い安全性を有し、しかも生分解性も有して環境に優しい性質を具備する透明洗剤を提供することができる。

0015

前記食品衛生法施行規則の一部改正により認可された4種のポリソルベートは、上述のように、ポリオキシエチレンソルビタンモノラウリン酸エステル(ポリオキシエチレンソルビタンモノラウレート:ポリソルベート20)、ポリオキシエチレンソルビタンモノステアリン酸エステルポリオキシエチレンソルビタンモノステアレート:ポリソルベート60)、ポリオキシエチレンソルビタントリステアリンエステルポリオキシエチレンソルビタントリステアレート:ポリソルベート65)及びポリオキシエチレンソルビタンオレイン酸エステル(ポリオキシエチレンソルビタンモノオレエート:ポリソルベート80)である。本発明におけるポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステルには、水溶性に特に優れたポリソルベート20、80が透明洗剤に最も好適である。

0016

図1はポリオキシエチレンソルビタンモノラウリン酸エステル(ポリソルベート20)の化学組成を示す。ポリソルベート60、65、80は、ポリソルベート20の化学組成における側鎖の脂肪酸の種類に応じて異なる。

0017

食品食器用洗剤商品としての透明度低温安定性試験は、国内の室内冷暗所での冬場平均温度(3℃)条件下での評価に基づき行う。また、寒冷地における透明度の低温安定性試験も、寒冷地の室内冷暗所での冬場の平均温度(−5℃)条件下での評価に基づき行う。低温安定性の評価は冷暗所に1月間放置したときの濁りの有無によって行われる。

0018

本発明におけるポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステルは、国内の室内冷暗所での冬場の平均温度(3℃)条件下は勿論、寒冷地の室内冷暗所での冬場の平均温度(−5℃)条件下においても、良好な溶解性を備え、低温保存下で安定した透明性を具備している。従って、本発明の第2の形態においては、ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステルを界面活性剤に用いて、前記低温が−5℃以上である食品食器用透明洗剤を実現することができる。

0019

本発明の第3の形態において、ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステル及びポリグリセリン脂肪酸エステルからなる複合界面活性剤を主要組成とする。ポリグリセリン脂肪酸エステルは、ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステルと同様に、食品添加物としての認可されており、安全性が極めて高く、しかも優れた界面活性能と泡立ち性を有し、乳化剤可溶化剤、洗剤として有用である。即ち、ポリグリセリン脂肪酸エステルは、界面活性剤として、水溶液の表面張力を低下させる浸透作用に優れ、良好な洗浄力及び泡立ち性を発揮する。

0020

ところが、安全性が極めて高く、且つ洗浄力及び泡立ち性において優位性を備えるポリグリセリン脂肪酸エステル単体のみで界面活性剤に用いて洗剤を構成したとき、洗剤液の透明度に関する低温安定性試験を実施したところ、洗剤液が白濁し、透明性に劣る試験結果となった。そこで、本発明者が鋭意検討した結果、ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステルを添加してポリグリセリン脂肪酸エステルとポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステルからなる複合界面活性剤を主要組成として洗剤を構成した場合には、低温での上記白濁現象を解消することに成功した。従って、本発明の第3の形態によれば、安全性の高い食品添加物からなる上記複合界面活性剤を用い、且つ他の全成分が食品添加物及び/又は飲用品から構成されているため、極めて安全性が高く、しかも前記ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステルにより前記ポリグリセリン脂肪酸エステルの低温での白濁を防止して商品価値を高め、更に生分解性も有して環境に優しい性質を具備する透明洗剤を提供することができる。

0021

ポリグリセリン脂肪酸エステルは、以下の構造式(1)を有する。


R−C−O−〔CH2−CH−CH2−O〕n−H ・・・(1)

OH
本発明においては、脂肪酸のアルキル基Rが炭素数6〜22、望ましくは8〜14で、ポリグリセリン重合度nが2〜14、望ましくは8〜12のポリグリセリン脂肪酸エステルを使用することができる。複合界面活性剤を構成するポリグリセリン脂肪酸エステルとポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステルにおける夫々の脂肪酸エステルは同種又は異種のものも使用してもよい。

0022

ポリグリセリン脂肪酸エステルは抗菌特性を有しているため、本発明に係る透明洗剤にポリグリセリン脂肪酸エステルを含有する場合には、保存剤防腐剤を添加しなくても抗菌特性を発現させることができる。
本発明に係る透明洗剤には、食品添加物である補助組成物を含有することができる。補助組成物としては、食品添加物で構成された、安定化剤、キレート剤、増粘剤等があり、洗剤用途等に応じて混合使用することができる。必要に応じて、食品添加物で構成された保存剤(防腐剤)を添加してもよい。
食品添加物として適用可能なものとして、例えば、安定化剤には手肌の保護に好適なグリセリンプロピレングリコール等、キレート剤にはクエン酸リンゴ酸グルコン酸など、増粘剤にはキサンタンガムアルギン酸ナトリウム等、保存剤にはエチルアルコール安息香酸安息香酸ナトリウムソルビン酸などを使用することができる。

0023

また、必要に応じて、本発明に係る透明洗剤には、食品添加物であるpH調整剤を添加することができる。食品添加物からなるpH調整剤としては、酸性剤として、クエン酸、アジピン酸、グルコン酸、コハク酸乳酸、dl−リンゴ酸、フマル酸等を、また、アルカリ剤として水酸化ナトリウムを使用することができる。

0024

本発明者の実験によれば、上記複合界面活性剤において、ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステルの添加量に応じて、ポリグリセリン脂肪酸エステルの低温での透明度に影響を与えるといった知見を得た。
本発明の第4の形態に係る透明洗剤は、前記知見に基づき為されたものであり、前記ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステルの添加量をW1(mass%)及び前記ポリグリセリン脂肪酸エステルの添加量をW2(mass%)としたとき、それらの添加量比W1/W2≧1/3に設定することにより、3℃以上の低温で白濁を防止することができる。

0025

本発明の第5の形態によれば、前記知見に基づき、前記添加量比W1/W2≧1に設定することにより、−5℃以上の低温で白濁を防止する食品食器用透明洗剤を実現することができる。

0026

本発明の第6の形態によれば、上記複合界面活性剤を用いて洗剤を構成する場合には、ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステルの添加量W1(mass%)を7.5〜22.5の範囲に、同時にポリグリセリン脂肪酸エステルの添加量W2(mass%)を22.5〜7.5の範囲に設定することにより、低温下で透明性を保持し、安全性及び洗浄性に優れた食品食器用透明洗剤を実現することができる。

0027

本発明では、洗剤用溶剤として水又はアルコールを使用する場合、手肌に優しく、安全性が極めて高い水やアルコールを使用することが要請される。そこで、本発明の第7の形態によれば、精製飲用水及び/又は醸造アルコールを前記飲用品に使用するので、安全な食品食器用洗剤を提供することができる。

図面の簡単な説明

0028

ポリオキシエチレンソルビタンモノラウリン酸エステルの化学組成を示す図である。
実施例1〜4と比較例に対して行った各性能試験の比較結果をまとめた表である。
3℃の恒温槽に1月間放置したときの低温安定性の評価結果を界面活性剤の添加量比W1/W2別に表示したグラフである。
−5℃の恒温槽に1月間放置したときの低温安定性の評価結果を界面活性剤の添加量比W1/W2別に表示したグラフである。

実施例

0029

本発明の実施形態に係る食品食器用透明洗剤を図面を参照して以下に説明する。

0030

本実施形態の食品食器用洗剤である実施例1〜4として、以下の組成に係る洗剤を示す。
実施例1の洗剤は、界面活性剤として食品添加物であるポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステル単体を含有させ、他の全成分が食品添加物(エチルアルコール・グリセリン・キサンタンガム)及び精製水から構成されている。
実施例2〜4の洗剤は、ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステル及びポリグリセリン脂肪酸エステルからなる複合界面活性剤を主要組成とし、他の全成分が食品添加物(エチルアルコール・グリセリン・キサンタンガム)及び精製水から構成されている。実施例2〜4の洗剤における複合界面活性剤の配合比率(W1/W2)が異なる。実施例1の場合には、複合界面活性剤の配合比率(W1/W2)が無限大∞に相当する。実施例2〜4の配合比率は夫々、3、1、1/3である。

0031

ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステルには、図1の化学組成式で表されたポリオキシエチレンソルビタンモノラウリン酸エステル(ポリオキシエチレンソルビタンモノラウレート)を用いた。ポリグリセリン脂肪酸エステルには、前掲の構造式(1)において炭素数が12、ポリグリセリン重合度nが10としたときのポリグリセリンラウリン酸エステルを使用した。

0032

(実施例1:W1/W2=∞)
ポリグリセリン脂肪酸エステル(界面活性剤) 0mass%(=W2)
ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステル(界面活性剤) 30mass%(=W1)
エチルアルコール(保存・防腐剤) 8mass%
グリセリン(安定化剤) 7mass%
キサンタンガム(増粘剤) 0.5mass%
精製水54.5mass%

0033

(実施例2:W1/W2=3)
ポリグリセリン脂肪酸エステル(界面活性剤) 7.5mass%(=W2)
ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステル(界面活性剤)22.5mass%(=W1)
エチルアルコール(保存・防腐剤) 8mass%
グリセリン(安定化剤) 7mass%
キサンタンガム(増粘剤) 0.5mass%
精製水54.5mass%

0034

(実施例3:W1/W2=1)
ポリグリセリン脂肪酸エステル(界面活性剤) 15mass%(=W2)
ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステル(界面活性剤) 15mass%(=W1)
エチルアルコール(保存・防腐剤) 8mass%
グリセリン(安定化剤) 7mass%
キサンタンガム(増粘剤) 0.5mass%
精製水54.5mass%

0035

(実施例4:W1/W2=1/3)
ポリグリセリン脂肪酸エステル(界面活性剤) 22.5mass%(=W2)
ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステル(界面活性剤)7.5mass%(=W1)
エチルアルコール(保存・防腐剤) 8mass%
グリセリン(安定化剤) 7mass%
キサンタンガム(増粘剤) 0.5mass%
精製水54.5mass%

0036

上記実施例の洗剤は食品添加物で構成され、十分な安全性を具備するものであり、更に洗剤として必要な泡立ち性、洗浄力及び透明性を調べるために、以下の比較例を用いて各性能試験を行った。この比較例は、界面活性剤として食品添加物であるポリグリセリン脂肪酸エステルのみを含有させ、他の全成分が上記実施例と同様の配合比からなる食品添加物及び精製水から構成されている。
(比較例:W1/W2=0)
ポリグリセリン脂肪酸エステル(界面活性剤) 30mass%(=W2)
ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステル(界面活性剤) 0mass%(=W1)
エチルアルコール(保存・防腐剤) 8mass%
グリセリン(安定化剤) 7mass%
キサンタンガム(増粘剤) 0.5mass%
精製水 54.5mass%

0037

性能試験は低温安定性試験と洗浄性試験からなる。後者の洗浄性試験においてはミキサー法による泡立ち試験と、リーナツ法による洗浄力試験を実施した。

0038

低温安定性試験は、3℃の恒温槽及び−5℃の恒温槽に1月間放置したときの洗剤の溶液状態を評価して行った。

0039

リーナツ法による洗浄力試験は、JIS規格(K3362 9.2)に準拠した洗浄力評価試験に基づいて行った。JIS規格では5段階評価(洗浄力判定用指標洗剤との比較)であるが、より詳しく差異を知るために洗浄効率(汚除去率)を求めた。洗浄条件として、回転数250rpmの回転洗浄槽標準使用濃度液700ml(洗剤濃度:0.075mass%)を30℃で投入した。すすぎ条件として、回転数100rpmの回転洗浄槽にすすぎ水700mlを30℃で投入した。いずれの水も水道水を使用した。汚垢液の組成は、牛脂20g、大豆油20g、モノオレイン0.5g、オイルレッド0.2g及びクロロホルム120mlからなる。汚垢液にスライドガラスを浸漬し、乾燥処理して溶媒を除去して汚垢サンプルを作成した後、各洗浄液に投入する。3分間の洗浄処理の後、すすぎ水によるすすぎ洗浄を行い、更に乾燥させて乾燥後の重量を計測する。計測された洗浄後の重量と、洗浄前の重量と比較して汚垢重量の減少率(%)を算出した。

0040

泡立ち試験条件は、洗剤濃度2.5mass%の水溶液を100ml、ミキサーに投入し、10秒間攪拌した後、泡の高さを計測した。洗剤の希釈液には水温18℃の水道水を使用した。

0041

図2は実施例1〜4と比較例に対して行った各性能試験の比較結果を示す。低温安定性試験による低温安定性の評価は、白濁発生を×、約透明の場合を△、透明を○で示している。約透明の場合は少し白濁をした半透明状態を含む。リーナツ法による洗浄力試験の評価は、洗浄前後の汚垢重量の減少率(%)で示している。泡立ち試験結果は泡の高さ(cm)で示している。

0042

図3は3℃の恒温槽に1月間放置したときの評価結果を界面活性剤の添加量比W1/W2別に表示したグラフである。図4は−5℃の恒温槽に1月間放置したときの評価結果を添加量比W1/W2別に表示したグラフである。

0043

洗浄前後の汚垢重量の減少率(%)の基準値事業者において適宜設定できるが、ここでは仮に基準値として25%を設定しておく。図2からわかるように、洗浄力は、実施例1〜4につき、56%から35.2%に達しており、いずれも基準値25%を超えている。また、比較例においても基準値を超える29.8%の洗浄力を示した。従って、ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステルのみを含有させた実施例1の洗剤、ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステル及びポリグリセリン脂肪酸エステルからなる複合界面活性剤による実施例2〜4の洗剤、ポリグリセリン脂肪酸エステルのみを含有させた比較例の洗剤は基準値をオーバーし、すべて良好な洗浄力を有する。但し、実施例1〜4及び比較例全体でみれば、ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステルのみの組成のとき(実施例1)が最大で、ポリグリセリン脂肪酸エステル組成が増加するにつれて洗浄力が漸減しており、ポリグリセリン脂肪酸エステル単体のみを界面活性剤としたときには、複合界面活性剤の使用時より洗浄力が低下することがわかる。

0044

泡立ち試験の基準値は事業者において適宜設定できるが、ここでは仮に基準値として4cmを設定しておく。図2からわかるように、泡立ち試験結果からは、実施例1〜4につき、5.1cmから4.2cmに達しており、いずれも基準値4cmを超えている。また、比較例においても基準値を超える4.4cmの泡立ち性を示した。従って、ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステルのみを含有させた実施例1の洗剤、ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステル及びポリグリセリン脂肪酸エステルからなる複合界面活性剤による実施例2〜4の洗剤、ポリグリセリン脂肪酸エステルのみを含有させた比較例の洗剤はすべて良好な泡立ち性を有し、上記洗浄力結果と符合する。

0045

比較例の低温安定性試験においては洗剤液に白濁を生じた。これは、ポリグリセリン脂肪酸エステルの前掲の構造式(1)において、炭素数が小さい低分子量のものが析出して白濁現象を生じた結果である。従って、ポリグリセリン脂肪酸エステル単体のみを界面活性剤としても、洗浄性、安全性が保持されていても、洗剤として商品価値が低下することになる。

0046

実施例1の低温安定性試験の結果からは、ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステルのみを界面活性剤として使用しても、国内の室内冷暗所での冬場の平均温度(3℃)条件下は勿論、寒冷地の室内冷暗所での冬場の平均温度(−5℃)条件下においても、良好な溶解性を備え、低温保存下で安定した透明性を具備していることがわかった。

0047

実施例1〜4の低温安定性試験の結果からは、図3及び図4に示すように、ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステル及びポリグリセリン脂肪酸エステルの添加量比W1/W2に低温透明度が依存していることがわかった。即ち、添加量比W1/W2≧1/3に設定することにより、ポリグリセリン脂肪酸エステルを界面活性剤に用い、且つポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステルを添加することにより、3℃以上の低温で白濁を防止することができる(実施例2〜4参照)。また、実施例1〜3からは、前記添加量比W1/W2≧1に設定することにより、−5℃以上の低温で白濁を防止することができることがわかる。

0048

従って、上記複合界面活性剤を用いて洗剤を構成する場合には、ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステルの添加量W1(mass%)を7.5〜22.5の範囲に、同時にポリグリセリン脂肪酸エステルの添加量W2(mass%)を22.5〜7.5の範囲に設定することにより、低温下で透明性を保持し、安全性及び洗浄性に優れた食品食器用透明洗剤を実現することができる。

0049

尚、本発明は上記実施形態に限定されるものではなく、本発明の技術的思想を逸脱しない範囲における種々変形例、設計変更などをその技術的範囲内に包含するものであることは云うまでもない。

0050

本発明によれば、安全性が高く、洗浄力及び泡立ち性に優れ、しかも白濁や濁り、沈殿物等を生じず、洗剤として商品価値を高める低温下の透明性を保持した食品食器用洗剤を提供することができる。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ