図面 (/)

技術 留守宅を含め一般家庭を中心とした安心安全の御近所相互扶助システム

出願人 株式会社テラボンド
発明者 三浦房紀山崎修西村正文秋本貞光松永州央松永全央
出願日 2009年1月19日 (11年10ヶ月経過) 出願番号 2009-030414
公開日 2010年7月29日 (10年4ヶ月経過) 公開番号 2010-165328
状態 未査定
技術分野 盗難警報装置 異常警報装置 警報システム
主要キーワード タイマー時計 開閉式ドア 家屋周辺 家屋内外 点滅式 入国者 ゴミステーション トイレドア
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2010年7月29日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

近年、安心安全がただでは得がたくなった。次第にご近所同士という連帯感が薄くなり、昨今では独居老人の孤独死など一ヶ月以上も経って、やっと発見されることが新聞紙上では珍しくなくなってきた。少子化と共に独居家庭は益々多くなり、若者都会進出はこれらに拍車をかけ、建物密閉型マンションが普及し連帯感は益々薄くなり特にマンション生活者は隣の人とさえ会話の無いことが普通となり、ご近所同士の挨拶さえ疎遠になり始め、過っての大和は次第に薄れ安心安全はただでは得がたくなってきた。

解決手段

本発明は、以上の課題を解決する一つの手段として、一般家庭においてその家庭の屋外の一定の箇所に、日常と変わらず生活しているといういわゆる元気の確認と異常時の確認が出来る電気サイネージ設備を提供するものである。

概要

背景

昔は部落によっては隣保などがあり或いはご近所同士の助け合いなどがあり、一寸留守をするときなどは隣に頼んで出かけることなど日常飯事であった。今でも地方に行けばその習慣はそのまま残存しているが、日生活習慣都会化するほどこれ等古来の習慣はなくなり、次第にご近所同士という連帯感が薄くなり、昨今では独居老人の孤独死など一ヶ月以上も経ってやっと発見されることが新聞紙上では珍しくなくなってきた。少子化と共に独居家庭は益々多くなり、若者の都会進出はこれらに拍車をかけ、建物はより密閉型マンションが普及し連帯感は薄くなり特にマンション生活者は隣の人とさえ会話の無いことが普通となり、ご近所同士の挨拶さえ疎遠になり始めた。その上最近では振り込め詐欺も、電話詐欺から進化自宅に押しかける詐欺事件までも起こっている。又宅配便を装った殺人事件郵便局の書留便やこれ等の職員制服姿で家屋内に強引に入り込む可能性も十分考えられ、これ等に対応している留守を預かる者は通常女性など弱者の場合が多く、一旦玄関内に入り込まれると密室に近い状態となり非常に危険性が増す。ガードマン会社との契約も有効ではあるが一秒を争うような緊急な場合、精神の動揺も有り、直ちに役立つとは限らない。このような時、スイッチに触るだけで屋外サイレン付きパトライトが点滅すると、かなり役立つ可能性がある。昔のご近所感覚が次第に薄れ、安心安全はただでは得がたくなってきた今日、本発明はこれ等小家族や留守家族の安心安全度機械的に少しでも高めようとするものである。特許分野でも特開2006−501443等があるものの本件は車両とナビの関係で有り本件発明と思想を根本的に異とするものである。

特開2006−501443号

概要

近年、安心安全がただでは得がたくなった。次第にご近所同士という連帯感が薄くなり、昨今では独居老人の孤独死など一ヶ月以上も経って、やっと発見されることが新聞紙上では珍しくなくなってきた。少子化と共に独居家庭は益々多くなり、若者の都会進出はこれらに拍車をかけ、建物は密閉型のマンションが普及し連帯感は益々薄くなり特にマンション生活者は隣の人とさえ会話の無いことが普通となり、ご近所同士の挨拶さえ疎遠になり始め、過っての大和は次第に薄れ安心安全はただでは得がたくなってきた。 本発明は、以上の課題を解決する一つの手段として、一般家庭においてその家庭の屋外の一定の箇所に、日常と変わらず生活しているといういわゆる元気の確認と異常時の確認が出来る電気サイネージ設備を提供するものである。

目的

このように本装置は少子化でもご近所同士の絆を高め、共働きなどによる留守家庭を補い助け合い、安心安全な環境創りの技術を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

手動又は自動スイッチであって、屋内外建具電気製品開閉動作作動スイッチ元とする、タイマー時計付きオンオフ点滅サイネージ若しくは文字や画像又は音声によるデジタルサイネージ屋外に設けることにより、一定時間内に於ける屋内での異常を、屋外の他人が察知し消防署役所警察署などに緊急手配できるサイレン付き警報装置及び当該装置の電気回路からタイマー時計を外した並列の電気回路を持つデジタルサイネージ若しくは文字や画像又は音声によるデジタルサイネージ並びに当該装置を利用したネットワークシステム

請求項2

家族間の異常や異常火気・異常煙霧漏電・ボヤ・ガス漏れ異常気象など家屋内外での異変並びに家屋周辺徘徊する不審人物など危険を感じた時、瞬時に屋外に表示することを可能とした屋内操作型スイッチによる表示機能装備した点滅サイネージ若しくは文字や画像又は音声によるデジタルサイネージ。

請求項3

請求項2に記載の点滅サイネージ若しくは文字や画像又は音声によるデジタルサイネージにおいて、外部の人の気付きに元づいた屋外操作型スイッチによる表示機能を装備した請求項2に記載の点滅サイネージ若しくは文字や画像又は音声によるデジタルサイネージ。

請求項4

携帯電話電話パソコン又はデスクトップ或いはインターネットのソフトに設定された非常時や危機管理用サインタッチ連動して作動する請求項1及び請求項2並びに請求項3に記載の点滅サイネージ若しくは文字や画像又は音声によるデジタルサイネージ及び連動して発動する消防署や役所や警察署などの関係機関に直接連絡する手動若しくは自動の緊急連絡通信機器装置

請求項5

請求項1及び請求項2並びに請求項3に記載の点滅サイネージ若しくは文字や画像又は音声によるデジタルサイネージに連動して作動標示する内のバス停消火栓電柱その他道路脇に建つポール類や建造物等に設けられた当該自治会用のデジタルサイネージ、並びにそれらの情報に元づき警察署などに通報する町内防犯ネットワークシステム

請求項6

広告掲載機能並びに監視カメラを装備しSNS所謂ソーシャルネッワーキングサービスと連動する請求項1及び請求項2並びに請求項3に記載の点滅サイネージ若しくは文字や画像又は音声によるデジタルサイネージ。

請求項7

周辺一定距離内において作動する温熱感知センサ連動カメラや夜間の挙動不振人物や密入国者などの感知記録装置付きカメラ或いはビデオ若しくはこれ等に類する画像の自動録画装置具備した請求項1及び請求項2並びに請求項3に記載の各種デジタルサイネージ。

請求項8

表示部が強化ガラス透明度のある強化合成樹脂材料によって補強され、且つ防水機能を持つ請求項1及び請求項2並びに請求項3に記載の各種デジタルサイネージ。

請求項9

請求項1及び請求項2並びに請求項3に記載の各種サイネージと連動して作動する各町内或は各自治会の会館や町内ゴミステーションに設置されたデジタルサイネージ。

技術分野

0001

国道などでは道路管理者による黄色の点滅標示をするパトロールカーが定期的に走り道点検事故或いは災害復旧保全に勤めている。又一般家庭においての防犯や緊急の災害や災難の場合、通常の電話携帯電話などを利用した通信網に頼ることが多い。或いはガードマン会社との契約により緊急通報システムなどを作動させる機構がある。しかし幼児やお年寄りの場合これ等の通信手段を使えない場合も有り、特に独居家庭親族が近くに居ない場合連絡してもすぐには間に合わないし、脳卒中や疾病など肢体不自由の場合は、異常であることの連絡さえ出来ない可能性があり、これ等の事象は今後益々多くなることが予想される。安心安全な家庭環境を維持する為には少子化の今日、先ずはかっての日本のようにエネルギーコストが最も安い、隣組のような確かで且つ技術的に整備された連絡網を築く必要がある。

背景技術

0002

昔は部落によっては隣保などがあり或いはご近所同士の助け合いなどがあり、一寸留守をするときなどは隣に頼んで出かけることなど日常飯事であった。今でも地方に行けばその習慣はそのまま残存しているが、日生活習慣都会化するほどこれ等古来の習慣はなくなり、次第にご近所同士という連帯感が薄くなり、昨今では独居老人の孤独死など一ヶ月以上も経ってやっと発見されることが新聞紙上では珍しくなくなってきた。少子化と共に独居家庭は益々多くなり、若者の都会進出はこれらに拍車をかけ、建物はより密閉型マンションが普及し連帯感は薄くなり特にマンション生活者は隣の人とさえ会話の無いことが普通となり、ご近所同士の挨拶さえ疎遠になり始めた。その上最近では振り込め詐欺も、電話詐欺から進化自宅に押しかける詐欺事件までも起こっている。又宅配便を装った殺人事件郵便局の書留便やこれ等の職員制服姿で家屋内に強引に入り込む可能性も十分考えられ、これ等に対応している留守を預かる者は通常女性など弱者の場合が多く、一旦玄関内に入り込まれると密室に近い状態となり非常に危険性が増す。ガードマン会社との契約も有効ではあるが一秒を争うような緊急な場合、精神の動揺も有り、直ちに役立つとは限らない。このような時、スイッチに触るだけで屋外サイレン付きパトライトが点滅すると、かなり役立つ可能性がある。昔のご近所感覚が次第に薄れ、安心安全はただでは得がたくなってきた今日、本発明はこれ等小家族や留守家族の安心安全度機械的に少しでも高めようとするものである。特許分野でも特開2006−501443等があるものの本件は車両とナビの関係で有り本件発明と思想を根本的に異とするものである。

0003

特開2006−501443号

発明が解決しようとする課題

0004

家族単位の少子化と共に共働きが多くなり、昼間の留守家庭が増えた上、日常の習慣が都会化するほどご近所の近親間はなくなり、次第にお隣さんという連帯感は薄くなる。或いは社会人となり住み慣れた古里を離れ、都会に就職しても一旦離職するとかっての古里には帰りづらくなり都会で孤立した流浪民となる昨今、田舎においても家庭の少子化は加速度的増している。
少子化と共に独居家庭は益々多くなり、勤労機会の少ない田舎では若者の都会進出はこれら少子化に拍車をかけ、ご近所同士の挨拶など逆に敬遠され始め、人間関係はより疎遠になり始めた。過っての大和は次第に薄れ安心安全はただでは得がたくなってきた今日、本発明はこれ等小家族や留守家族の安心安全度を機械的に少しでも高めようとするものである。

0005

その解決策として通常、屋内で最も頻繁に利用する建具類例えばトイレなどのドア、この場合のドアは開閉式でもスライド式でもいずれの方式のドアでも良いし、障子でもフスマでも構わないが、要は家族が最も頻繁に利用する建具を選別し、そのドアの開閉可動部に屋外の点滅装置並びにタイマー時計電気回路スタータースイッチの取り付けが可能であればよい。またドアの開閉スイッチの規定時間内無作動により、屋内の異常を外部に告知する屋外の点滅装置例えばパトライトなどの取り付け位置については、玄関先でも家屋を取り囲むの上でも良いが要は外部から見え外部に異常を告知できる箇所が好ましい。又電気回路のスタータースイッチの取り付け箇所は建具以外に頻繁に利用する電気製品のドアや、玄関での履き替え用の踏み台下等にセットしても良い。尚電源は家庭の100V電源でも電池式でも良い。

課題を解決するための手段

0006

本発明は、かかる問題点に鑑みてなされたもので、その目的は先ず屋内で通常、最も頻繁に利用する建具や可動物もしくはドアを選び、そのドアには電気回路のスタータースイッチ付を取り付け、そのドアの開閉の都度、電源がONする様にセットし、その電源回路には24時間タイマ時計を組み込む。次にドアの開閉によりタイマー時計の電源がONする度にタイマー時計は最初の0から再スタートする。次にタイマー時計のスイッチのセットされたドアの開閉が全く無い0回の場合にはそのタイマー時計が一定時間進み、例えば12時間を過ぎるとタイマー時計が作動し電源回路が接続され、回路に組みこまれた屋外の点滅告知装置例えばパトライトなどの点滅により、ご近所や、屋外の他人に異常の告知若しくは察知してもらうことが可能となる。例えば頻繁に使用するトイレドアに、あらかじめ回路にタイマー時計の組み込まれたドアスイッチをセットし、例えば夜中の12時頃寝る人の場合で、6時起床習慣の人でも余裕をみて8時間タイマーの起床ベルとした場合、就寝中の事故で起床できない場合朝8時で屋外のパトライトが異常を告げることになる。異常が無い場合パトライトのタイマー回路のスイッチを、毎朝外灯を消すように遮断すれば良い。遮断するとタイマー時計は又ゼロから再びスタートする。又複数の家で点滅告知装置を共用する場合、電気回路はそれぞれの家庭別に配線しパトライトのみご近所同志共用でも良い。このように本装置は少子化でもご近所同士の絆を高め、共働きなどによる留守家庭を補い助け合い、安心安全な環境創りの技術を提供するものである。

0007

これ等の本発明装置の普及により本件装置設置者の関係する町内会自治会或いは交番など、その地区での安心安全の連携が出来る箇所、例えば地域SNSや公民館や自治会館や公的出張所などと連携することにより各自治体はもとより、各県或いは全国レベルのネットワークインフォメーションシステムも可能となる。

発明の効果

0008

本発明により、一人家族や独居老人の事故や異常を、ご近所でもいち早く気付くことが可能となり、自治会長も様子確認の為わざわざねて行かなくても、或いは逆に異常の場合には素早い対応が可能となる。又屋内で倒れた場合でも、或いは詐欺事件や押し売りなど身に危険を感じる場合でも、或いは火の不始末による火災初期時の気が動転した時でも本発明の屋外点滅告知装置の回路に組み込んだ屋内操作用スイッチワンタッチで屋外の他人に告知することが可能となり、自治会長や町内会長も活動し易くなり、過っての隣組の効果もでる。予算が許せば本件装置に監視カメラを組み込めば安心安全度をより高めることが出来る。

0009

実施例によって本発明を説明する。たとえば図1で示すように屋敷を囲む塀上に異常点滅告知装置例えばパトライト3を設置し、同パトライトの電源回路に屋内で通常、最も頻繁に開閉する建具もしくはドア6を選び、そのドアにはスイッチ付きの電気回路を設け、そのドアの開閉の都度、電源がOF・ONする様にセットし、その電源回路には24時間タイマー時計7を組み込む。次にドアの開閉によりタイマー時計7の電気回路がOF・ONする度に、タイマー時計は0時に戻り最初から再スタートする。次にタイマー時計7のスイッチのセットされたドア6の開閉が、全く無い場合にはそのタイマー時計が一定時間進み、例えば12時間を過ぎるとタイマー時計が作動し電源回路が接続され、回路に組みこまれた屋外の点滅装置、例えばパトライト3などの点滅により異常告知が可能となる。特にご近所の人や、屋外の他人に異常を知らせることが可能となる。あらかじめ本件装置の設置を隣組やご近所の親しい人と情報を交換し合っておれば、或いは通行人でも緊急対応や緊急通報が可能となる。例えばいつも夜22時頃に就寝し、翌朝は6時に起床する家庭の場合タイマー時計を、2時間余裕を持って10時間後の朝8時にセットすれば翌朝、予定通りの6時の起床ならばタイマー時計7の回路スイッチ切ればよいし、異常があって8時でも起床できない場合8時で屋外のパトライトが点滅し異常を自動的に告知する。長期の留守期間や、異常が無い場合パトライトのタイマー回路の主電源スイッチ13で遮断し、必要時ONすれば良い。又屋内での異常や非常時、緊急に電話など以外で屋外周辺に告知したい場合は非常時回線11の緊急用スイッチ10を押せばよい。最近特に世情が不安定化し大規模自然災害や通り魔による殺傷事件凶悪犯罪が多発し、安心安全が脅かされている今日、先ずは最小の単位である家庭内から安心安全のシステム構築する必要がある。

0010

この頃、社会全般に不安が蔓延し安心安全が脅かされてきており、かといって警備専門会社に一般家庭が警備を依頼するほどのゆとりも無い世知辛い今日、安い経費で安心安全を図る手段・自衛する手段として、今後大いに利用され普及する可能性が大である。

図面の簡単な説明

0011

家屋周辺の塀の上に点滅式警報装置を取り付け屋内のトイレのドアに取り付けたスイッチを組み込んだ配線回路を接続した概要図である。本発明の開閉式ドアスイッチ上面図の一例である。本発明のスライド式ドアにスイッチを取り付けた例である。本発明の手動スイッチによる場合の配線図例である。

0012

1家屋
2塀
3点滅式告知装置(パトライト)
4開閉式ドアのスタータースイッチ例
5スライド式ドアのスタータースイッチ
スライドドア
7タイマー時計
8 壁
9電源(電池)
10非常用手動スイッチ
11非常時用配線ライン
12 タイマー時計配線ライン
13 主電源スイッチ

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 積水ハウス株式会社の「 安否確認システム」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】居住者の異常を的確に判定し、異常が生じた場合に、より安全に、より確実に、かつ速やかに対応する。【解決手段】住居(10)に設置され、居住者(15)少なくとも心拍数および呼吸数を非接触で検知する第... 詳細

  • アースアイズ株式会社の「 監視装置、監視システム、及び、監視方法」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】2次元画像を用いた監視装置において、監視対象とした「人」が行う監視対象とした「物」に対する不定形な一般的動作を抽出して、監視対象とした「人」が、監視対象とした「物」に対して不審度の高い所定の行... 詳細

  • 株式会社JVCケンウッドの「 車内環境警告装置及び車内環境警告方法」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】車内環境をより正確に把握して適切に改善する。【解決手段】車内環境情報取得部14は、車両室内の環境に関する少なくとも一つの指標を含む車内環境情報を取得する。生体情報取得部10は、車両の乗員の生体... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ