図面 (/)

技術 予め装丁されたページで冊子に印刷するシステム

出願人 レヴォプリントリミテッド
発明者 サピル−ハイム,ロニグラフエホウド
出願日 2009年8月4日 (9年4ヶ月経過) 出願番号 2009-181296
公開日 2010年6月24日 (8年5ヶ月経過) 公開番号 2010-137544
状態 拒絶査定
技術分野 本・特殊印刷物
主要キーワード 圧力レバー 枢軸結合 可動ブリッジ 最大許容範囲 真空要素 最小許容値 一体化システム 摩擦ベルト
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2010年6月24日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (12)

課題

各々のページ結合端に沿って予め装丁された印刷可能なページのブロックのページに印刷する装置を提供する。

解決手段

ページが第1の積重ねの上から隣接した第2の積重ねまでめくられる場合に二つの隣接した積重ねが本質的に同一平面上の印刷可能な上面を示すように、二つの隣接した積重ねの印刷可能なページのブロックを支えるための二つの高さ調節可能なテーブルを含むブロック支持構造を含む。また、印刷可能な上面に印刷するように印刷可能な上面において印刷装置を移動するように構成される可動ブリッジと;第1の積重ねの装丁の上部ページを部分的に持ち上げるために構成されるローラと、部分的に持ち上げられた装丁の上部ページは印刷装置が印刷するため新しい印刷可能な上面を示す第2の積重ねまで弾くように部分的に持ち上げられた装丁の上部ページの下で摺動するページ弾きタブとを含むページめくり機構と;を含む。

概要

背景

印刷および結合過程の速度および品質対処する機械化において多くのものが改良されてきた一方で、冊子の印刷およびアセンブリの到達水準は、冊子の印刷およびアセンブリの基本的ステップにおいてほとんど変わっていない。

一般的に言って、過程は次の通りである。まず、ページが印刷される。次に、署名に照合または組立てられるようにページは切られる。それから、テキストブロックは縫製または接着のいずれかにより署名を結合することによって形成される。最後に、カバーが取り付けられる。したがって、テキストブロックを形成する過程は、冊子のページの数のみにおいて実行され、過程は生じられる各々の冊子のために繰り返される。

この過程は大量生産には十分に適しているが、少数の冊子の生産の余地をほとんど残さず、単一の冊子の生産には全く不適当である。

いくつかの特許は、銀行通帳のような予め装丁された冊子に印刷する装置に関する。そのすべては、冊子を平坦に保つ機構を使用する。米国特許第6,036,381号において(Mizukamiその他)、冊子は開かれ、支持表面に置かれ、結合端に平行の供給方向において供給される。冊子の背部のための溝、および、冊子の二つの側部を押圧するローラは、表面を一般に平坦に保つ。米国特許第4,776,711号(Harada)において、二つの印刷装置が、各々の開かれたページの異なる高さを補うために使用される。米国特許第4,029,193号(Kwan)において、小冊子カバーに対して配置されるプラテンの個々のバネ付勢された部分が、変化する高さを補う。

米国特許第5,267,799号(Nukada)において、予め装丁された冊子は、選択されたページに開けられて挿入される。指定されたページは、ページめくり機構によって冊子の他のページに分から分けられ、プラテン・ローラ上へ導かれる。装置は、冊子の縫い目により指定されたページ上へ張力を適用する機構を含む。ページがこのようにプラテン・ローラに対して保たれて、データは指定されたページに印刷される。

米国特許出願公開番号第2001/022911号A1(Kimuraその他)は、通帳のページめくり装置を開示する。挿入されたページがいっぱいであることを検出すると、冊子のローラおよび運動の組み合わされた動作が冊子のページまたは複数のページをめくるために使用される。冊子のページの予め印を付けることによって、一ページのみがめくられたかどうかを装置が決定することができる。

上述した従来技術のすべてにおいて、プリントヘッドの運動は、最大一次元に限られている。したがって、装丁された冊子への印刷は、一つの場所から他の場所までの冊子の物理的な運搬を必要とする。装置が主に小さい銀行通帳に関するものであるので、冊子の動作は深刻な問題を示さない。しかしながら、これらの技術をより大きいサイズの冊子に適応させると、大量の空間を占める装置を必要とする。これによって、おそらく装置は、冊子を印刷する家庭用装置として不適当になる。

米国特許第6,762,356号(McNabその他)は、冊子のページをめくる装置を記載する。選択されたページが自動的にめくられるように、透明なシートまたはディスク手動で冊子のページへ予め挿入される。ページめくり装置は、関連した複写機または類似した装置と連携して使用される意図を有する。しかしながら、透明なシートは、印刷の目的のためにページが開かれるのを防ぐ。

米国特許第5,806,991号(Hubler)は、装丁された冊子全体を印刷するための方法および装置を記載する。ページは吸引装置によって持ち上げられ、移動するプリントヘッドは持ち上げられたページの両側に印刷する。ページが印刷されるとページめくり動作はそれから完了され、ページめくり動作が完了した一方で、次のページが持ち上げられそれへの印刷が始まる。そのような装置では、プリントヘッドが複雑な動作で動く必要がある。このため、そのような装置の製造および維持が困難になる。装置は、垂直ページに印刷する場合、プリントヘッドおよびそれらの支持構造を収めるため、必然的に充分な垂直空間を占めなければならない。これらの制限によっても、そのような装置の家庭での使用を不適当にする。加えて、ページ上でのプリントヘッドおよびローラによる同時の動きにより、インク汚れる可能性がある。

印刷されたページを印刷されていないページから分けることは上述した装置のいずれにおいても想定されていない。決まったサイズの予め装丁された冊子は装置に挿入され、最終的な印刷された冊子は同じページ数を有する。

日本国特許第5162485号A1は、装丁された冊子のページに印刷し、めくる装置を開示する。この装置では、印刷装置が一方向へ移動するときに印刷され、印刷装置が他方に移動するときにページめくりが起こる。また、印刷およびページめくり動作を分けることにより、印刷過程は遅くなる。加えて、スキャンヘッドとプリントヘッドとの間の記載された互換性は、現在の標準の印刷技術では可能ではない。記載されるように摩擦ベルトでのページめくりは、新たな印刷ページをインクで汚す可能性がある。

国際特許公開WO 2006/123338 A2(Haim)は、印刷されていないページを開くように印刷ページを移動させるため、予め装丁された冊子の上面に印刷し、冊子の印刷されていないページから印刷されたページを分ける装置を記載する。冊子がガイドレールに対して確実に保たれなければならないので、装置は新しく開かれた印刷されていないページに印刷する前に、最初にガイドレールから冊子を開放し、ページをめくり、冊子上のガイドレールを別の場所に移す。この動作は印刷過程を減速させ、加えて、装置は過剰な量の空間を占める。

したがって、標準の大きさの予め装丁されたページ・ブロックにおける様々な大きさの冊子にオンデマンドで迅速に印刷し、印刷されていないページから印刷されたページを効果的かつ自動的に分けるためのコンパクトなシステムの必要がある。

家庭での使用に適している、予め装丁された冊子のページを迅速に印刷し、印刷されていないページから印刷されたページを自動分離するためのコンパクトな一体化システムを提供することは、本発明の目的である。

概要

各々のページの結合端に沿って予め装丁された印刷可能なページのブロックのページに印刷する装置を提供する。ページが第1の積重ねの上から隣接した第2の積重ねまでめくられる場合に二つの隣接した積重ねが本質的に同一平面上の印刷可能な上面を示すように、二つの隣接した積重ねの印刷可能なページのブロックを支えるための二つの高さ調節可能なテーブルを含むブロック支持構造を含む。また、印刷可能な上面に印刷するように印刷可能な上面において印刷装置を移動するように構成される可動ブリッジと;第1の積重ねの装丁の上部ページを部分的に持ち上げるために構成されるローラと、部分的に持ち上げられた装丁の上部ページは印刷装置が印刷するため新しい印刷可能な上面を示す第2の積重ねまで弾くように部分的に持ち上げられた装丁の上部ページの下で摺動するページ弾きタブとを含むページめくり機構と;を含む。

目的

家庭での使用に適している、予め装丁された冊子のページを迅速に印刷し、印刷されていないページから印刷されたページを自動分離するためのコンパクトな一体化システムを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

各々のページ結合端に沿った装丁により予め装丁された印刷可能なページのブロックのページに印刷する装置であって:ページが第1の積重ねの上から隣接した第2の積重ねまでめくられる場合に二つの隣接した積重ねが本質的に同一平面上の印刷可能な上面を示すように、該二つの隣接した積重ねの印刷可能なページのブロックを支えるための二つの高さ調節可能なテーブルを含むブロック支持構造と;印刷装置を含む少なくとも一次元での動きに適し、該印刷可能な上面に印刷するように該印刷可能な上面において制御された方法で該印刷装置を移動するように構成される可動ブリッジと;該第1の積重ねの装丁の上部ページを部分的に持ち上げるために構成されるローラと、該ブリッジが動いた場合、該部分的に持ち上げられた装丁の上部ページは、該印刷装置が印刷するため新しい印刷可能な上面を示す該第2の積重ねまで弾くように部分的に持ち上げられた装丁の上部ページの下で摺動するページ弾きタブとを含む該可動ブリッジに連結されるページめくり機構と;を含む装置。

請求項2

前記ページめくり機構が前記ローラを動かすための電気モータを含む、請求項1記載の装置。

請求項3

前記ローラが前記可動ブリッジの動作の方向に対して本質的に垂直である回転軸周りで回転可能である、請求項1記載の装置。

請求項4

前記弾きタブが前記可動ブリッジの先端にある、請求項1記載の装置。

請求項5

前記ブロック支持構造が、コントローラと前記印刷可能な上面および前記高さのいずれかを検出するための少なくとも一つのセンサとを含む、請求項1記載の装置。

請求項6

前記少なくとも一つのセンサが前記可動ブリッジに連結する、請求項5記載の装置。

請求項7

前記少なくとも一つのセンサが前記印刷装置に連結する、請求項6記載の装置。

請求項8

前記少なくとも一つのセンサが少なくとも二つの検出装置を含み、該少なくとも二つの検出装置の一方が、前記印刷可能な上面のいずれかの前記高さが最大許容範囲内の値を上回るかどうか検出するように構成され、該少なくとも二つの検出装置のもう一方が、該印刷可能な上面のいずれかの該高さが最小許容範囲内の値を上回るかどうか検出するように構成される、請求項7記載の装置。

請求項9

ページの前記第1および第2の積重ねの間を分けるための分離機構を含む、請求項1記載の装置。

請求項10

前記分離機構は、ワイヤと、ページの前記第1および第2の積重ねの間で該ワイヤを引くためのワイヤ牽引装置とを含み、それで、ページの該第1および第2の積重ねの間を分離する、請求項9記載の装置。

請求項11

前記ワイヤ牽引装置が前記印刷装置に取り付けられ、それによって、該印刷装置が前記ワイヤを引く、請求項10記載の装置。

請求項12

前記ワイヤを上下させる装置を含む、請求項10記載の装置。

技術分野

0001

本発明は、印刷に関する。特に、本発明は予め装丁されたページでの冊子への印刷に関する。

背景技術

0002

印刷および結合過程の速度および品質対処する機械化において多くのものが改良されてきた一方で、冊子の印刷およびアセンブリの到達水準は、冊子の印刷およびアセンブリの基本的ステップにおいてほとんど変わっていない。

0003

一般的に言って、過程は次の通りである。まず、ページが印刷される。次に、署名に照合または組立てられるようにページは切られる。それから、テキストブロックは縫製または接着のいずれかにより署名を結合することによって形成される。最後に、カバーが取り付けられる。したがって、テキストブロックを形成する過程は、冊子のページの数のみにおいて実行され、過程は生じられる各々の冊子のために繰り返される。

0004

この過程は大量生産には十分に適しているが、少数の冊子の生産の余地をほとんど残さず、単一の冊子の生産には全く不適当である。

0005

いくつかの特許は、銀行通帳のような予め装丁された冊子に印刷する装置に関する。そのすべては、冊子を平坦に保つ機構を使用する。米国特許第6,036,381号において(Mizukamiその他)、冊子は開かれ、支持表面に置かれ、結合端に平行の供給方向において供給される。冊子の背部のための溝、および、冊子の二つの側部を押圧するローラは、表面を一般に平坦に保つ。米国特許第4,776,711号(Harada)において、二つの印刷装置が、各々の開かれたページの異なる高さを補うために使用される。米国特許第4,029,193号(Kwan)において、小冊子カバーに対して配置されるプラテンの個々のバネ付勢された部分が、変化する高さを補う。

0006

米国特許第5,267,799号(Nukada)において、予め装丁された冊子は、選択されたページに開けられて挿入される。指定されたページは、ページめくり機構によって冊子の他のページに分から分けられ、プラテン・ローラ上へ導かれる。装置は、冊子の縫い目により指定されたページ上へ張力を適用する機構を含む。ページがこのようにプラテン・ローラに対して保たれて、データは指定されたページに印刷される。

0007

米国特許出願公開番号第2001/022911号A1(Kimuraその他)は、通帳のページめくり装置を開示する。挿入されたページがいっぱいであることを検出すると、冊子のローラおよび運動の組み合わされた動作が冊子のページまたは複数のページをめくるために使用される。冊子のページの予め印を付けることによって、一ページのみがめくられたかどうかを装置が決定することができる。

0008

上述した従来技術のすべてにおいて、プリントヘッドの運動は、最大一次元に限られている。したがって、装丁された冊子への印刷は、一つの場所から他の場所までの冊子の物理的な運搬を必要とする。装置が主に小さい銀行通帳に関するものであるので、冊子の動作は深刻な問題を示さない。しかしながら、これらの技術をより大きいサイズの冊子に適応させると、大量の空間を占める装置を必要とする。これによって、おそらく装置は、冊子を印刷する家庭用装置として不適当になる。

0009

米国特許第6,762,356号(McNabその他)は、冊子のページをめくる装置を記載する。選択されたページが自動的にめくられるように、透明なシートまたはディスク手動で冊子のページへ予め挿入される。ページめくり装置は、関連した複写機または類似した装置と連携して使用される意図を有する。しかしながら、透明なシートは、印刷の目的のためにページが開かれるのを防ぐ。

0010

米国特許第5,806,991号(Hubler)は、装丁された冊子全体を印刷するための方法および装置を記載する。ページは吸引装置によって持ち上げられ、移動するプリントヘッドは持ち上げられたページの両側に印刷する。ページが印刷されるとページめくり動作はそれから完了され、ページめくり動作が完了した一方で、次のページが持ち上げられそれへの印刷が始まる。そのような装置では、プリントヘッドが複雑な動作で動く必要がある。このため、そのような装置の製造および維持が困難になる。装置は、垂直ページに印刷する場合、プリントヘッドおよびそれらの支持構造を収めるため、必然的に充分な垂直空間を占めなければならない。これらの制限によっても、そのような装置の家庭での使用を不適当にする。加えて、ページ上でのプリントヘッドおよびローラによる同時の動きにより、インク汚れる可能性がある。

0011

印刷されたページを印刷されていないページから分けることは上述した装置のいずれにおいても想定されていない。決まったサイズの予め装丁された冊子は装置に挿入され、最終的な印刷された冊子は同じページ数を有する。

0012

日本国特許第5162485号A1は、装丁された冊子のページに印刷し、めくる装置を開示する。この装置では、印刷装置が一方向へ移動するときに印刷され、印刷装置が他方に移動するときにページめくりが起こる。また、印刷およびページめくり動作を分けることにより、印刷過程は遅くなる。加えて、スキャンヘッドとプリントヘッドとの間の記載された互換性は、現在の標準の印刷技術では可能ではない。記載されるように摩擦ベルトでのページめくりは、新たな印刷ページをインクで汚す可能性がある。

0013

国際特許公開WO 2006/123338 A2(Haim)は、印刷されていないページを開くように印刷ページを移動させるため、予め装丁された冊子の上面に印刷し、冊子の印刷されていないページから印刷されたページを分ける装置を記載する。冊子がガイドレールに対して確実に保たれなければならないので、装置は新しく開かれた印刷されていないページに印刷する前に、最初にガイドレールから冊子を開放し、ページをめくり、冊子上のガイドレールを別の場所に移す。この動作は印刷過程を減速させ、加えて、装置は過剰な量の空間を占める。

0014

したがって、標準の大きさの予め装丁されたページ・ブロックにおける様々な大きさの冊子にオンデマンドで迅速に印刷し、印刷されていないページから印刷されたページを効果的かつ自動的に分けるためのコンパクトなシステムの必要がある。

0015

家庭での使用に適している、予め装丁された冊子のページを迅速に印刷し、印刷されていないページから印刷されたページを自動分離するためのコンパクトな一体化システムを提供することは、本発明の目的である。

0016

このように、本発明のいくつかの実施態様により、各々のページの結合端に沿った装丁により予め装丁された印刷可能なページのブロックのページに印刷する装置が提供される。装置は、ページが第1の積重ねの上から隣接した第2の積重ねまでめくられる場合に二つの隣接した積重ねが本質的に同一平面上の印刷可能な上面を示すように、二つの隣接した積重ねの印刷可能なページのブロックを支えるための二つの高さ調節可能なテーブルを含むブロック支持構造と;印刷装置を含む少なくとも一次元での動きに適し、印刷可能な上面に印刷するように印刷可能な上面において制御された方法で印刷装置を移動するように構成される可動ブリッジと;第1の積重ねの装丁の上部ページを部分的に持ち上げるために構成されるローラと、ブリッジが動いた場合、部分的に持ち上げられた装丁の上部ページは、印刷装置が印刷するため新しい印刷可能な上面を示す第2の積重ねまで弾くように部分的に持ち上げられた装丁の上部ページの下で摺動するページ弾きタブとを含む可動ブリッジに連結されるページめくり機構と;を含む。

0017

さらに、本発明のいくつかの実施態様によれば、ページめくり機構はローラを動かすための電気モータを含む。

0018

さらに、本発明のいくつかの実施態様によれば、ローラは、本質的に可動ブリッジの動作の方向に対して垂直である回転軸周りで回転可能である。

0019

さらに、本発明のいくつかの実施態様によれば、弾きタブは可動ブリッジの先端にある。

0020

さらに、本発明のいくつかの実施態様によれば、ブロック支持構造は、コントローラと印刷可能な上面および高さのいずれかを検出するための少なくとも一つのセンサとを備える。

0021

さらに、本発明のいくつかの実施態様によれば、少なくとも一つのセンサは、可動ブリッジに連結する。

0022

さらに、本発明のいくつかの実施態様によれば、少なくとも一つのセンサは、印刷装置に連結する。

0023

さらに、本発明のいくつかの実施態様によれば、少なくとも一つのセンサは少なくとも二つの検出装置を含み、そこで、その少なくとも二つの検出装置の一つは、印刷可能な上面のいずれかの高さが最大許容値を上回るかどうか検出するように構成され、その少なくとも二つの検出装置の一つは、印刷可能な上面のいずれかの高さが最小許容値を上回るかどうか検出するように構成される。

0024

さらに、本発明のいくつかの実施態様によれば、装置はページの第1および第2の積重ねを分けるための分離機構を含む。

0025

さらに、本発明のいくつかの実施態様によれば、分離機構は、ワイヤと、ページの第1および第2の積重ね間でワイヤを引くワイヤ牽引装置とを含み、それにより、ページの第1および第2の積重ねの間を分ける。

0026

さらに、本発明のいくつかの実施態様によれば、ワイヤ牽引装置は、印刷装置に取り付けられ、それによって、 印刷装置の動きがワイヤを引く。

0027

さらに、本発明のいくつかの実施態様によれば、装置はワイヤを上下させる装置を含む。

図面の簡単な説明

0028

よりよく本発明を理解しかつその実際的な用途を認識するために、以下の図は提供され、以下に参照される。図が例示用のみとして与えられ、本発明の範囲を決して制限しない点に留意する必要がある。類似した構成要素は、類似した参照番号により示される。

0029

図1は、本発明の実施態様による、印刷可能なページのブロックに印刷するためのプリンタ装置の等角図である。

0030

図2Aは、本発明の実施態様による、印刷ブリッジおよび印刷装置の等角図である。

0031

図2B図2Aの印刷ブリッジおよび印刷装置の側面図であり、予め装丁されたページのブロックより上に配置されて示される。

0032

図3Aは、本発明の実施態様による、持ち上げられた状態のページ持ち上げアセンブリの側面図である。

0033

図3Bは、下げられている間の図3Aのページ持ち上げアセンブリの側面図である。

0034

図3Cは、ページの積重ねに降ろされた図3Aのページ持ち上げアセンブリの側面図である。

0035

図4は、本発明の実施態様による、ページ持ち上げおよび弾きを例示する。

0036

図5は、本発明の実施態様による、予め装丁されたブロックの積重ねの分離に備えて構成されたプリンタ装置の構成要素を示す。

0037

図6は、本発明の実施態様による、拡張可能なワイヤ保持アーム、および、拡張機構の等角図を示す。

0038

図7は、拡張状態図6のワイヤ-保持アームの側面図を示す。

0039

図8は、本発明の実施態様による、装丁連結の切断を例示した予め装丁されたブロックの装丁連結の断面図である。

実施例

0040

本発明の実施態様によると、システムは、印刷されていないページの予め装丁されたブロックのページに直接印刷することによって冊子を生成し、印刷ページをブロックにおける印刷されていないページから分離すると説明されている。

0041

前置きとして、本発明は、プリンタ装置およびそのような装置を用いて冊子を生成するための方法に関連する。プリンタ装置は、各々のページの装丁の端に沿った曲げられる装丁により予め装丁された印刷可能なページのブロックのページに印刷するように構成される。印刷可能なページは、本発明のプリンタ装置の実施態様を使用して印刷ができるページを含む。そのようなページが、すかし背景模様挿絵、および、画像で前もって印刷できることは本発明の範囲内であるが、これらに限定されるものではない。ページが印刷前に一緒に装丁されるので、曲げられる装丁でつながれる二つの相互接続する積重ねにブロックを配置する必要がある。

0042

電子構成要素およびプログラム学習を含む一以上の協働するコントローラは、プリンタ装置の構成要素と通信しかつ動作を制御する。そのような構成要素は、可動印刷ブリッジに載置する装置、高さ調節可能な積重ね支持テーブル、および、積重ねを互いに分ける際に使用される装置を含む。

0043

可動印刷ブリッジに載置される可動印刷装置は、各々の積重ねの上面に印刷する。印刷ブリッジはまた、印刷ページをめくる手段を含む。ページめくりは、一つの積重ねの上部ページを持ち上げ、持ち上げられたページの下で印刷されていないページを開くことを含む。持ち上げられたページはそれから、その上に弾かれたページの印刷されていない側が開かれる他の積重ね上へひっくり返される。

0044

印刷ブリッジはまた、印刷装置の下で積重ねの高さを確認するための一以上のセンサを含む。ページがめくられるたびに積重ねの各々の高さが変わるので、プリンタ装置は二つの高さ調節可能な積重ね支持テーブルを含む。各々のテーブルは、二つの積重ねのうちの一つを支える。高さ調節可能なテーブルは、高さ決定センサの出力に応答して作動する。

0045

冊子の印刷が完了したときに、印刷ページの積重ねは曲げられる装丁によって印刷されていないページの積重ねに連結される。プリンタ装置は、分離手段を含む。本発明の実施態様において、分離手段は、強い、曲げられるワイヤを含む。可動印刷装置およびワイヤ上げ下げ装置の構成要素は、印刷されていないページの積重ねに印刷ページの積重ねを連結する曲げられる装丁全体でワイヤを引っ張るために協働する。ワイヤは装丁を切って、積重ねを互いに分ける。

0046

本発明の冊子を生成するシステムの原理および動作は、図および添付の説明を参照することによってよりよく理解される。

0047

図1は、本発明の実施態様による、印刷可能なページのブロックに印刷するためのプリンタ装置の等角図である。プリンタ装置30の構成要素は、装置フレーム31上に取り付けられる。印刷可能なページの予め装丁されたブロック20は、プリンタ装置30において配置されるように示される。ブロック20の印刷可能なページは、曲げられる装丁によって装丁の端に沿って装丁される。印刷過程の間に、ブロック20は、二つの積重ね20Aおよび20Bに配置される。積重ね20Aおよび20Bの装丁の端(図2Bの22Aおよび22B)は、互いに向かいあう。積重ね20Aおよび20Bは、装丁連結28で曲げられる装丁によりつながれる。印刷は、積重ね20Aおよび20Bの印刷可能な上面26Aおよび26Bで実行される。印刷過程の間で、いくつかのページがすでに印刷され、多くは印刷されていないままである場合の時点が存在する可能性がある。そのような時点で、上面26Bの下の積重ね20Bのページは印刷されず、一方で上面26Aの下で積重ね20Aのページはすでに印刷されている。

0048

積重ね20Aおよび20Bはそれぞれ、高さ調節可能なテーブル32Aおよび32Bで支えられる。高さ調節可能なテーブル32Aおよび32Bの上下の動きは、コントローラ(図示せず)によって制御される。テーブル32Aおよび32Bの上下の動きは、電気モータ、空気装置油圧装置または従来技術において公知の本質的に他のいかなる適切な装置によって作動することができるが、これらに限定されるものではない。

0049

本発明の実施態様による高さ調節可能なテーブル32Aまたは32Bを上下させるための機構をここで説明する。テーブル32Aを上げ下げするためのそのような機構は、図1において部分的に示される。示されていない類似した機構は、テーブル32Bを上下するために提供される。テーブル32Aの高さは、はさみ機構92によって上下する。一対のはさみ機構92の脚部の下端は、枢軸結合100で固定される。はさみ機構92の他の二つの脚部の下端は、バー94に取り付けられる。バー94の各々の端は、溝96の中で水平に摺動することができる。ネジ機構88の一端は、バー94のネジ穴に通される。ネジ機構88の他端は、固定される。

0050

コントローラによって指示される場合、モーター(図示せず)はネジ機構88を回す。ネジ機構88が一方向へ回転する場合、ネジ機構88の端はバー94により深く通され、バー94を枢軸結合100の方へ引っ張る。その効果は、枢軸結合100にバー94を近づけ、はさみ機構92を閉じ、テーブル32Aを上げることである。逆方向へのネジ機構88の調整により、バー94からネジ機構88の端が引っ込められる。バー94は枢軸100から押しのけられ、はさみ機構92を開き、テーブル32Aを下げる。

0051

各々のばね98の一端は、バー94に連結する。ばね98の他端は、枢軸結合100近くの位置に連結する。ばね98は、予め装着されることによってテーブル32Aを上下させるのを援助する。予め装着することは、ネジ機構88を回すモータへの荷重を減らす。

0052

印刷ブリッジ42は、二つのスライド軸44に載置される。(一つのスライド軸は図1に示され;図2Aでは両方示される)減摩リング60は、印刷ブリッジ42がスライド軸44に沿って前後にすべることを可能にする。コントローラからの指示に応答して、パワーユニット56はメインベルト34を動かす。メイン・ベルト34の動作は、トルク軸36を回転させる。トルク軸36の回転は、一以上のタイミングベルト58を動かす。タイミングベルト58は、印刷ブリッジ42に取り付けられる。被駆動タイミングベルト58は、スライド軸44に沿って制御された距離印刷ブリッジ42を摺動させる。印刷ブリッジ42の制御動作遂行するための当業者に公知のいかなる他の手段も本発明の範囲内であると理解されるべきである。

0053

図2Aは、本発明の実施態様による印刷ブリッジおよび印刷装置の等角図である。図2Bは、予め装丁されたページのブロック上に配置されるように示される、図2Aの印刷ブリッジの側面図および印刷装置である。印刷装置40は、印刷ブリッジ42のガイド軸54に載置される。印刷装置40は、適用された力に応答してガイド軸54に沿って次のように前後に移動する:コントローラからの指示に応答して、モーター(図示せず)は、ベルト52を動かす。ベルト52は、印刷装置40に取り付けられる。ベルト52の動作により、ガイド軸54に沿って制御された距離印刷装置40を動かす。本発明の実施態様において、軸54に沿った印刷装置40の動作は、スライド軸44に沿ったブリッジ42の動作に対して垂直である。スライド軸44に沿った印刷ブリッジ42、および、ガイド軸54に沿った印刷装置40の組み合わせられた制御動作により、印刷可能な上面26Aおよび26B上での印刷装置40の制御された位置決めを可能にする。印刷装置40のプリントヘッド41はこのように、印刷可能な上面26Aおよび26B上の制御された場所で印刷することができる。印刷装置40の制御動作を遂行するための当業者に公知のいかなる他の手段も本発明の範囲内であると理解されるべきである。

0054

本発明の実施態様による典型的な印刷動作の間、印刷ブリッジ42がスライド軸44に沿った位置で静止したままである一方、印刷装置40はガイド軸54に沿って移動する。印刷装置40のこの動作の間、プリントヘッド41は、印刷可能な表面の一片境界内で印刷することができる。一片の寸法は、プリントヘッド41がガイド軸54に沿って進行する静止プリントヘッドと距離とでおおわれる印刷領域の寸法で測定される。一片の長い寸法は、ガイド軸54に対して平行に向きを定められる。ガイド軸54に沿った印刷装置40の動作が完了した場合、印刷ブリッジ42はスライド軸44に沿って隣接した位置へ移動する。印刷装置40はそれから軸54に沿って移動し、第1の狭い一片と隣接している印刷可能な表面の一片の範囲内で印刷する。

0055

図2Bの矢印は、本発明の実施態様による、典型的な印刷動作の間の印刷ブリッジ42の典型的動作の方向を示す。典型的な印刷動作の間、プリントヘッド41が印刷ブリッジ42の後縁部にあるように、印刷装置40は印刷ブリッジ42に載置される。ページ持ち上げアセンブリ50(図1および図4に示す)は、印刷ブリッジ42の一端で、印刷ブリッジ42の先端に載置される。コントローラからの指示に応答して、ページ持ち上げアセンブリ50は、ローラ66を上下させる。ローラ66が降ろされるときに、ページ持ち上げアセンブリ50はローラ66を回転させる。ローラ66の機能は、ページを持ち上げることである。持ち上げられたページは、さらにページ弾きタブ62により上げられる。本発明の範囲は、ローラ、静電要素、真空要素、または、可動ブリッジに装着可能であり、少なくとも部分的にページを持ち上げることができる技術で公知の他のいかなる要素で構成されるページ持ち上げ要素の使用を含むがこれらに限定されるものではないことに留意する必要がある。

0056

ページ弾きタブ62は、印刷ブリッジ42の先端に載置される。ページ弾きタブ62は、持ち上げられたページの端の下に挿入される。ページ弾きタブ62はプリントヘッド41より進んで持ち上げられたページを上げ、これにより、プリントヘッド41は上げられたページの下の印刷されていない表面に印刷することができる。センサレバー74は、ページ弾きタブ62に置かれる。ページ弾きタブ62が持ち上げられたページの下に挿入される場合、持ち上げられたページはセンサレバー74に対して押圧する。センサレバー74に対して押圧することにより、コントローラに信号を送るセンサが作動される。例えば、圧力レバー74は、圧力レバー74が押圧される場合に回転するタブ75に連結することができる。タブ75の回転は、光線遮断することができる。光電センサは、光線の遮断を感知して、コントローラに信号を送る。

0057

図3A図3B、および、図3Cは、本発明の実施態様によるページ持ち上げアセンブリの動作を例示する。ここでまた、図1に示される構成要素を参照する。ページ持ち上げアセンブリ50を作動する前に、印刷ブリッジ42は、装丁連結28の末端である上面26Bの端の近くに配置される。ページ持ち上げアセンブリ50は印刷ブリッジ42の一端に取り付けられる。一般に、ページ持ち上げアセンブリ50がページを持ち上げるために作動しない場合、ページ持ち上げアセンブリ50のローラ66は高い位置に置かれる。図3Aは、本発明の実施態様による、高い状態のページ持ち上げアセンブリの側面図である。ローラ66がページを持ち上げるために、ローラ66はページ上へ降ろされなければならない。図3Bは、図3Aのページ持ち上げアセンブリ5が下げられている側面図である。ローラ持ち上げ機構63のモータ51(図4で見ることができる)により、伝達アーム67が力をローラアセンブリ69に力を作用し、ローラ66を降ろす。図3Cは、ページの積重ね上へ降ろされた図3Aのページ持ち上げアセンブリの側面図である。ローラ66は、積重ね20Bの上部ページ78に降ろされている。

0058

図4は、本発明の実施態様によりページ持ち上げおよび弾きを例示する。ローラ66は、積重ね20Bの上部ページ78の角の上へ降ろされる。ローラアセンブリ69のモータ65は、作動し始める。ローラアセンブリ69の伝達機構(図示せず)により、モータ65の動作が矢印82によって示された方向にローラ66を回転させる。ローラ66は、ローラ66が載置されるページ78の角で矢印82の方向に摩擦力を作用させる。加えて、装丁連結28は、上部ページ78の近端部が摺動するのを防ぐように上部ページ78上に力を出す。作用された力の組合せの結果、上部ページ78が曲げられる。上部ページ78が曲げられた結果、上部ページ78の角80が持ち上げられる。角80は、ローラ66および装丁連結28の末端である上部ページ78の角である。上部ページ78の角80を持ち上げることにより、積重ね20Bの印刷されていない印刷可能な上側表面26Bが部分的に開かれる。

0059

上部ページ78の角80が持ち上げられ、印刷ブリッジ42は矢印84によって示される方向に移動する。印刷ブリッジ42の動作は、上部ページ78の持ち上げられた角80の下で印刷ブリッジ42の先端に載置される弾きタブ62を矢印84の方向に挿入する。印刷ブリッジ42は、矢印84の方向に移動し続ける。弾きタブ62が上部ページ78と接触する場合、上部ページ78はセンサレバー74を押圧する。センサレバー74を押圧する上部ページ78により、信号がコントローラに送られる。センサレバー74を押圧する上部ページ78による信号は、弾きタブ62の十分な部分が上部ページ78の角80の下に挿入されたことを示す。弾きタブ62が角80の下に十分に挿入された場合、弾きタブ62は、新しく開かれた印刷されていない印刷可能な上面26B上に上部ページ78を保つことができる。

0060

センサレバー74の押圧により、ページ持ち上げアセンブリ50に上部ページ78からローラ66を上げさせる信号が生成される。ローラ66を上げることで、ページ78が自由になる。矢印84の方向の印刷ブリッジ42の連続的な動作により、弾きタブ62は上部ページ78を上げ続ける。最終的には、矢印84の方向の印刷ブリッジ42の動作は、印刷ブリッジ42の後ろ側にあるプリントヘッド41を開かれた印刷可能な上面26Bより上の位置に運ぶ。プリントヘッド40は、印刷可能な上面26Bに印刷し始めることができる。

0061

図2Aおよび図2Bを参照すると、印刷ブリッジ42の先端の近くで、ページ高さセンサ68は、印刷ブリッジ42の下面に置かれる。本発明の実施態様において、ページ高さセンサ68は、二つの別々の本質的に同一の機械的な要素を含む。各々の機械的な要素は、その端に載置される車輪を有するレバーの形である。車輪によって、レバーがページ表面を妨げることなくページ表面上を滑ることができる。レバーは、その下の表面との接触によって上方へ押される。レバーが上方へ押される距離は、その下の表面の付近次第である。代替的に、センサは、一以上の機械的な、電磁光学的または音響センサ、または、ページを妨げることなくページ表面の付近を検出することができる他のいかなるタイプのセンサを含むことができる。

0062

本発明の実施態様において、各々のページ高さセンサ68の各々の機械的な要素は、レバーを含む。レバーが予め定められた距離により上方へ押されるときに、そのページ高さセンサは作動し、コントローラに信号を送る。各々の二つのページ高さセンサを作動させるための予め定められた距離は、互いに異なる。予め定められた距離は、下の表面までの距離が予め定められた許容範囲内である場合、ページ高さセンサ68の一つが起動し、もう一つが起動しないように選ばれる。両方のセンサの起動は、下の表面までの距離が許容範囲よりも小さいことを示す。許容範囲より小さい距離は、下の表面が高すぎ、表面が降ろされなければならないことを示す。どちらのセンサもの起動は、下の表面までの距離が許容範囲より大きいことを示さない。許容範囲より大きい距離は、下の表面が低すぎ、表面が上げられなければならないことを示す。

0063

本発明の実施態様において、用紙平滑化フィン70は、印刷ブリッジ42(図2Bおよび図5で見ることができる)の下側に載置することができる。用紙平滑化フィン70は、印刷ブリッジ42が通過するページの表面に載置される。用紙平滑化フィン70は、わずかな圧力を印刷ブリッジ42の下にあるページ表面に作用させる。ページ表面と接触する用紙平滑化フィン70の端は、滑らかな要素を付けることができる。滑らかな要素は、横にページを引くことなく、用紙平滑化フィン70がページ表面上を滑り、下方への圧力の作用を可能にする。印刷ブリッジ42が印刷動作の間ページ表面上を移動する場合、用紙平滑化フィン70は、短い距離分プリントヘッド41に先行する。用紙平滑化フィン70の機能は、プリントヘッド41によって印刷される印刷可能な表面を平らに準備するのを援助することである。

0064

図5は、本発明の実施態様による、予め装丁された積重ねのブロックを分けることに備えて構成されるプリンタ装置の構成要素を示す。印刷ブリッジ42は、装丁連結28の末端である上面26Aの端の近くで配置され、上面26Bおよび26Aへの印刷を完了した。印刷装置40の後ろの端は、装丁連結28に面する。分離は、切断要素によって遂行される。本発明の実施態様において、切断要素は、強い、曲げられるワイヤ114である。本発明の範囲内で、切断手段は、曲げられるスレッドストリングまたはワイヤ;ナイフ、刃または他の刃;例えば電気抵抗電線、集中的放射またはレーザのような熱的手段化学的手段;または曲げられる装丁を切るために用いることができるいかなる他の手段を含むが、これらに限定されるものではない。

0065

ワイヤ114は、拡張可能なアーム110にプリンタ装置30の一番下の近くの下部の接続ポイント(図示せず)から伸びる。拡張可能なアーム110は、アーム拡張装置112によって上下することができる。一般に、および、特に印刷動作の間、拡張可能なアーム110は、アーム拡張装置112内部で折り畳まれたその降ろされた状態においてある。拡張可能なアーム110が折り畳まれた場合、ワイヤ114はプリンタ装置30の下部の近くに配置される。ワイヤ114がプリンタ装置30の下部の近くにある場合、ワイヤ114は、プリンタ装置30の他の構成要素の動作と干渉しない。特に、ワイヤ114は、印刷ブリッジ42の動作、印刷装置40の動作、または、高さ調節可能なテーブル32Aおよび32Bの動作を妨げない。

0066

本発明の実施態様によれば、図6は拡張可能なワイヤ保持アーム、および、拡張機構の等角図を示す。積重ねの分離の前に、アーム拡張装置112は、次のように拡張可能なアーム110を高くした位置まで拡張する:モータ122は、時計回り方向に車輪115を回転させる。車輪115の時計回りの回転は、伝達アーム109で下方および左に引かれる。伝達アーム109は、結合113で拡張可能なアーム110の一端において下方へ引かれる。結合113で下方へ引くことにより、軸111の周りでの拡張可能なアーム110の時計回りの回転が拡張される。拡張可能なアーム110の時計回りの回転は、拡張可能なアーム110を拡張状態まで上げる。

0067

図7は、拡張状態の図6のワイヤ保持アームの側面図を示す。アーム110の延長により、ワイヤ114はプリンタ装置30の下部の近くの下部連結点(図示せず)からアーム110の最上部の近くの連結点まで延長する。アーム110の最上部の近くの連結点の高さは、装丁連結28の高さより高い。ワイヤ114の一部は、アーム110(示されない接触点)に最も近い装丁連結28の端と接触する。ワイヤ114の大部分の残りは、装丁連結28(図示せず)の下に直接位置する。

0068

アーム110が延長される場合、アーム110のくぼみ118は印刷装置40上のピン116で整列配置する。くぼみ118は、ピン116を収容するような形状およびサイズである。したがって、印刷装置40および印刷ブリッジ42の制御された動きは、ピン116をくぼみ118に挿入することができる。ピン116がくぼみ118に挿入される場合、左の方へのピン116の動き(図7に示される)により、ピン116がワイヤ114を引き、ワイヤ114を上方へおよび左に持ち上げる。装丁連結28(図示せず)とのワイヤ114の接触は、ピン116の動作によってワイヤ114の上方および左への持ち上げに抵抗する。装丁連結28に対するワイヤ114の上方および左への持ち上げにより、ワイヤ114が装丁連結28を切断する。

0069

図8は、本発明の実施態様による装丁連結の切断を例示する予め装丁されたブロックの装丁連結による断面図である。印刷装置40およびピン116は、矢印の方向に移動する。ワイヤ114は、接触点120で装丁分離28と接触する。矢印の方向のピン116の動作により、ワイヤ114が接触点120で装丁分離28に力を作用させる。接触点120で装丁連結28にワイヤ114によって作用される力は、接触点120で装丁連結28を切断する。矢印の方向のピン116の連続的な動作により、接触点120が装丁連結28の全長に沿って矢印の方向に移動する。図8において例示される位置で、接触点120の右への装丁連結28は切断され、一方で接触点120の左への装丁連結28は完全なままである。このように、矢印の方向のピン116の動作により、ワイヤ114はその全長に沿って装丁連結28を切断する。矢印の方向の印刷装置40の連続的な動作は、アーム110から最も遠くの印刷ブリッジ42の端の近くの位置に印刷装置40を持ってくる。この時点で、印刷ブリッジ42は切断された装丁連結28から離れた方向において移動されることができる。ピン116がワイヤ114をもはや持ち上げないように、印刷ブリッジ42のこの動作はピン116を取り除く。ピン116がワイヤ114から取り除かれる場合、拡張装置112はその引っ込んだ状態まで拡張可能なアーム110を降ろす。拡張可能なアーム110の再格納により、ワイヤ114の全長はプリンタ装置の下部の近くに配置される。

0070

その全長に沿った装丁連結28の切断により、ブロック20を埋め合わせる二つの積重ねを装丁のページの二つの別々のブロックに分ける。二つの別々のブロックのうちの一つは完全に印刷されたページから構成され、一方で他のブロックは完全に印刷されていないページから構成される。印刷ページのブロックは、それからプリンタ装置から除去されることができる。

0071

プリンタ装置30の実施態様による冊子の印刷は、ここで図1に関して説明される。プリンタ装置30の動作の間に実行される動作は、一以上のコントローラ(図示せず)によってプリンタ装置30のさまざまな構成要素に送られる指示に応答して実行される。

0072

印刷可能なページの20ブロックは、プリンタ装置30において配置されるように示される。ブロック20は、曲げられる装丁22(図2Bに示される)により予め装丁される。最初に、プリンタ装置30が冊子を印刷し始める場合、ブロック20のすべてのページは単一の積重ね20Bにおいて配列される。印刷動作の間のしばらく後の時点で、ブロック20は、二つの積重ね20Aおよび20Bに配置される。それぞれ、積重ね20Aおよび20Bは、高さ調節可能なテーブル32Aおよび32B上に載置される。印刷は、積重ね20Aおよび20Bの印刷可能な上面26Aおよび26Bにおいて実行される。表面26Aおよび26Bが本質的に同一平面上であるように、テーブル32Aおよび32Bの高さは調整される。上面26Aおよび26Bは、装丁連結28で接続される。

0073

最初に、プリンタ装置30が冊子を印刷し始める場合、印刷は、一つの積重ね20Bのみの印刷可能な上面26Bに実行されることができる。あるいは、後述するページめくり動作は、印刷可能な上面26Aおよび26Bを有して直ちに二つの積重ね20Aおよび20Bを生成して、第1のシートですでに実行されることができる。ページめくりを有する印刷動作の開始により、第1のページが空白になる。そのようなページは、例えば、それが端の紙として役立つような場合、故意に空白のままであってもよい。

0074

印刷動作の間の後の時点で、いくつかのページは印刷され、多くは印刷されていないままである。そのような時点で、上面26Bの下の積重ね20Bのページは印刷されていない一方で、上面26Aの下の積重ね20Aのページはすでに印刷されている。

0075

印刷の間、印刷ブリッジ42および印刷装置40は、印刷可能な上面26Aおよび26Bのさまざまな位置より上に、プリントヘッド41を配置させるために順番に移動する。プリントヘッド41(図2Bに示される)は、上にそれが配置される表面26Aおよび26Bのさまざまな位置に印刷することができる。

0076

印刷動作の間、印刷ブリッジ42の動作の一般の方向は、図2Bの矢印によって示される方向にある。示された動作の結果は、プリントヘッド41が印刷可能な上面26Aに印刷する前に印刷可能な上面26Bに印刷するということである。したがって、上面26Bに印刷し始める場合、印刷ブリッジ42は装丁連結28の末端である上面26Bの端の近くの初期の位置に位置する。印刷の間、ブリッジ42の動作の方向は上面26Aの遠い端の方へ向かい、その端は装丁連結28の末端である。上面26Aへの印刷が完了した場合、印刷ブリッジ42は、表面26Aの末端の近くに位置する。その初期位置に印刷ブリッジを戻す前に、テーブル32Aおよび32Bは、短い予め定められた距離によって、両方とも降ろされる。印刷ブリッジ42は、それから上面26Bの末端近くのその初期の位置に戻される。その初期位置へ印刷ブリッジ42を戻す動作の前にテーブル32Aおよび32Bを降ろす目的は、印刷ブリッジ42の戻り動作が上面26Aおよび26Bを妨げるのを防ぐことである。印刷ブリッジ42がその初期位置に戻された後、テーブル32Aおよび32Bは、その距離がすでに下げられた予め定められた距離によって上げられる。テーブル32Aおよび32Bは、このようにそれらの前の高さに戻される。この時点で、印刷ブリッジ42および印刷装置40は、印刷可能な上面の他の対に印刷する位置にある。

0077

上面26Bおよび26Aへの印刷を再開する前に、新規な印刷されていない表面が開かれなければならない。新規な印刷されていない表面は、ページ持ち上げアセンブリ50によって積重ね20Bの上部ページを持ち上げることにより開かれる。積重ね20Bの上部ページの持ち上げにより、印刷されていない印刷可能な上面26Bが開かれる。持ち上げられたページはそれから積重ね20Aの上部に弾きタブ62によって弾かれ、弾かれたページの印刷されていない側を開く。弾かれた印刷されていない側は、積重ね20Aの印刷可能な上面26Aを形成する。

0078

印刷ブリッジ42の連続的な動作により、弾きタブ62は上部ページ78を上げ続ける。同時に、印刷装置40(図1に示される)は印刷ブリッジ42に沿って前後に移動し、そして、プリントヘッド41(図1に示される)は印刷可能な上面26Bに印刷することができる。弾きタブ62は、最終的にはページ78が装丁連結28に連結されるその端の周りで弾かれるのに十分な量によりページ78を上げ、積重ね20A上に弾かれる。積重ね20A上にページ78を弾くことにより、ページ78の印刷されていない側を開く。積重ね20A上に載置されているページ78の印刷されていない側は、積重ね20Aの新しい印刷可能な上面26Aを形成する。

0079

印刷ブリッジ42の連続的な動作は、プリントヘッド41が印刷可能な領域すべての印刷可能な上面26Bの印刷を可能にする。印刷ブリッジ42の連続的な動作は、プリントヘッド41に装丁連結28を交差させ、新しく開かれた印刷可能な上面26Aに印刷させる。このように、予め装丁された積重ねの上面全体を擦るブリッジ42の単一の動作により、新規な印刷されていない表面が開かれ、印刷されていない表面への印刷が可能になる。

0080

プリントヘッド41と印刷可能な上面26Bまたは26Aとの間の距離が許容範囲内より大きいまたは小さい場合、印刷の品質は悪影響を受ける可能性がある。残りのプリンタ装置30と関連するプリントヘッド41の高さは、固定される。したがって、プリントヘッド41と印刷可能な上面26Bまたは26Aとの間の距離は、印刷可能な上面26Bまたは26Aの高さで決定される。印刷可能な上面26Aまたは26Bとプリントヘッド41との間の距離は、印刷ブリッジ42の下側のページ高さセンサ68で決定される。

0081

積重ね20Bから積重ね20Aへの上部ページの移動により、積重ね20Bの上面26Bの高さを下げ、積重ね20Aの上面26Aの高さを増やす。各々の上面の高さの変化は、1ページの厚さに等しい。本発明の実施態様により、プリントヘッド41と印刷可能な上面26Bまたは26Aの間の許容範囲内の距離は、1ページの厚みより大きくてもよい。この場合、積重ね20Bから積重ね20Aまで1ページを移動させた後、上面26Bおよび26Aの高さは、表面の高さの許容範囲内のままであってもよい。上面26Bおよび26Aの高さが表面の高さの許容範囲内のままである場合、印刷は、上面26Bおよび26Aの高さの調整なしで進行することができる。しかしながら、積重ね20Aへの積重ね20Bからのページの移動の後に、ページ高さセンサ68はプリントヘッド41と印刷可能な上面26Bまたは26Aとの間の距離が許容範囲より大きいまたは小さいと示すことが起こる可能性がある。この場合、高さ調節可能なテーブル32Bおよび32Aは、印刷可能な上面26Bおよび26Aの高さを許容範囲内にするため、それぞれ積重ね20Bおよび20Aの高さを調整する。

0082

本発明の実施態様において、ページ高さセンサ68によって出力される信号は、印刷可能な上面26Bおよび26Aにわたるブリッジ42の動作の間、二つの位置でコントローラによって読まれる。装丁連結28の末端である上面26Bの端の近くにブリッジ42が位置する場合、印刷可能な上面26Bへの印刷の開始の前に第1の位置は起こる。この時点で、ページ高さセンサ68は、プリントヘッド41と積重ね20Bの印刷可能な上面26Bとの間の距離を示すために読まれる。この時点で、ページ高さセンサ68はプリントヘッド41と印刷可能な上面26Bの間の距離が許容範囲内より大きいことを示すべきであり、高さ調節可能なテーブル32Bは予め定められた距離により積重ね20Bを上げる。予め定められた距離は、印刷可能な上面26Bの高さの許容範囲内で上面26Bの高さを上げるように決定される。並行して、テーブル32Aは、同じ予め定められた距離により積重ね20Aを下げる。上面26Aの方への一般方向における印刷ブリッジ42の動作は、それから続く。印刷ブリッジ42の動作の進路の間、印刷装置40は印刷ブリッジ42に沿って前後に移動する。印刷ブリッジ42に沿った印刷装置40の動作は、印刷ブリッジ42の動作の方向に対して垂直である。印刷ブリッジ42と印刷装置40との組み合わせられた動作により、印刷可能な上面26Bのいかなる位置においてもプリントヘッド41を配置することができる。したがって、プリントヘッド41は必要に応じて印刷可能な上面26Bに印刷することができる。

0083

本発明の実施態様によると、ページ高さセンサ68は、印刷可能な上面26Bおよび26A上での印刷ブリッジ42の動作の間第2の位置で読まれる。印刷ブリッジ42の先端が装丁連結28を交差させる場合にこの第2の位置は起こり、ページ高さセンサは26A上面と接触する。この時点で、ページ高さセンサ68は、プリントヘッド41と積重ね20Aの印刷可能な上面26Aとの間の距離を示すために読まれる。ページは、積重ね20Bから積重ね20Aまで移動することができ、上面26Aの高さを増加させる。この時点で、ページ高さセンサ68はプリントヘッド41と印刷可能な上面26Aとの間の距離が許容範囲のより小さいことを示すべきであり、高さ調節可能なテーブル32Aは、予め定められた距離により積重ね20Aを下げる。予め定められた距離は、上面25Aの高さを印刷可能な上面26Aの高さの許容範囲に下げるように決定される。並行して、テーブル32Bは同じ予め定められた距離により積重ね20Bを上げる。印刷可能な上面26A上の印刷ブリッジ42と印刷装置40との動きは、それから続く。印刷ブリッジ42と印刷装置40との動作の進行の間、プリントヘッド41は、印刷可能な上面26Aに印刷することができる。

0084

印刷されていない上面を開き、必要に応じて積重ねの高さを調整するための、一方の積重ねからもう一方へ上部ページを移動させるページの予め装丁された積重ねの印刷可能な上面に印刷する過程は、冊子の内容のすべてが印刷されるまで続く。

0085

図5を参照する。本発明の実施態様によると、印刷が完了した場合、積重ね20Aは印刷された装丁ページから完全に構成され、積重ね20Bは印刷されない装丁のページから完全に構成される。印刷ブリッジ42は、装丁連結28の末端である上面26Aの端の近くで、上面26Aより上に配置される。アーム拡張装置112は、アーム110をその上げられた状態まで拡張する。上げられた場合、拡張可能なアーム110は、装丁連結28の高さより上の高さでワイヤ114の端を保持する。残りのワイヤ114は、装丁連結28の下に位置する。

0086

印刷装置40は、ピン116が拡張可能なアーム110上のくぼみ118と整列配置するように印刷ブリッジ42に沿って配置される。くぼみ118と整列配置されるピン116で、印刷ブリッジ42は拡張可能なアーム110の方へピン116を移動する。ピン116がくぼみ118に挿入されるまで、拡張可能なアーム110の方への印刷ブリッジ42の動作は続く。

0087

くぼみ118で挿入されるピン116で、印刷装置40は印刷ブリッジ42に沿って移動し、拡張可能なアーム110から離れてピン116を運搬する。アーム110から離れたピン116の運搬により、ピン116は上方へワイヤ114を引き、装丁連結28に逆らって引く。アーム110から離れるピン116、および、ワイヤ114を引く連続的な動作により、ワイヤ114が装丁連結28を切断する。アーム110の末端である印刷ブリッジ42の端の方への印刷装置40の連続的な動作は完全に、装丁連結28を切断する。装丁連結28の切断により、印刷されていないページの積重ね20Bから印刷ページの積重ね20Bを分ける。積重ね20Aの積重ね20Bからの分離の後、ピン116がワイヤ114から離れるまで、ブリッジ42はワイヤ114から離れて移動する。拡張装置112は、その折り畳まれた状態に拡張可能なアーム110を格納する。拡張可能なアーム110の格納により、ワイヤ114の全長がプリンタ装置30の下部の近くに配置される。プリンタ装置30の下部の近くでのワイヤ114の配置により、プリンタ装置30のさらなる動作の間、ワイヤ114が移動している構成要素の動作と干渉するのを防止する。

0088

印刷された積重ね20Aが印刷されていない積重ね20Bから分けられた後、印刷された積重ね20Aはプリンタ装置30から取り除かれることができる。

0089

本明細書において記載された実施態様および添付の図の説明は、その範囲を制限せずに、本発明のより良好な理解の用途のためにおいてのみ役立つことは明らかである。

0090

本明細書を読み込んだ後、当業者は、本発明によってなお包含される添付の図および上記に記載された実施態様に対し修正または補正することができることもまた明らかである。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

新着 最近 公開された関連が強い 技術

  • ユニ・チャーム株式会社の「 トイレトレーニングシステム、及び、トイレトレーニング用プログラム」が 公開されました。( 2018/10/18)

    【課題】乳幼児に、飽きることなくトイレトレーニングを継続させることが可能なトイレトレーニング補助具を提供する。【解決手段】乳幼児がトイレトレーニングを行った際に、完了サインを付与するためのトイレトレー... 詳細

  • 名久井精司の「 薬カレンダー」が 公開されました。( 2018/10/18)

    【課題】薬カレンダーにおいて、服用状況が一目でわかる視認性及び薬の取り出しの容易性を有し、多様な設置形態を有し、複雑な状況の薬の服用支援・管理を容易にする。【解決手段】日付表示、曜日表示及びこれらが同... 詳細

  • 一般社団法人日本認知科学研究所の「 精神疾患の治療装置」が 公開されました。( 2018/10/18)

    【課題・解決手段】人間関係に関連した精神疾患の治療を効果的に行う。シート中央には、自己と相手についての特定のシーンを描かせる図描画エリア(140)が配置される。シート左側には、患者に自己の感情に丸印を... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する挑戦したい社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ