図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2010年5月13日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (13)

課題

評価値入力者評価項目やその評価値に精通していない場合でも、容易に各評価値意味内容を知って、容易に評価値を入力できるようにする。

解決手段

リハビリテーションの評価項目への評価値の入力要求に応じて各評価項目に評価値入力欄ヘルプボタン対応付けて表示するための入力画面を表示させ、ヘルプ表示が要求されると(S21;YES)、当該ヘルプボタンに対応する評価項目の各評価値の意味内容を取得してヘルプウインドウに表示させ(S35)、表示された意味内容の何れかが選択されると(S37;YES)、当該意味内容に対応する評価値を当該評価項目の評価値として記録する(S39)、リハビリテーション支援装置

概要

背景

リハビリテーション進捗状況を表す各評価項目への評価値の入力を支援する機能を奏するコンピュータシステムは知られていない。
例えば、特開2005−352686号公報(特許文献1)には、患者運動機能についての履歴全般を管理するリハビリテーション管理装置が記載されているが、各評価項目への評価値の入力を支援する機能についての記載は無い。
特開2005−352686号公報

概要

評価値の入力者評価項目やその評価値に精通していない場合でも、容易に各評価値意味内容を知って、容易に評価値を入力できるようにする。リハビリテーションの評価項目への評価値の入力要求に応じて各評価項目に評価値入力欄ヘルプボタン対応付けて表示するための入力画面を表示させ、ヘルプ表示が要求されると(S21;YES)、当該ヘルプボタンに対応する評価項目の各評価値の意味内容を取得してヘルプウインドウに表示させ(S35)、表示された意味内容の何れかが選択されると(S37;YES)、当該意味内容に対応する評価値を当該評価項目の評価値として記録する(S39)、リハビリテーション支援装置

目的

本発明は、評価値の入力者が評価項目やその評価値に精通していない場合でも、容易に各評価値の意味内容を知ることができるようにすること、また、それにより、容易に評価値を入力できるようにすることを目的とする。
評価項目とは、リハビリテーションの進捗状況を詳細且つ客観的に評価できるようにするために、リハビリテーションの対象となる各種の身体的/精神的な機能について設けられたものであり、例えば、食事,整容,清拭,上又は下の更衣トイレ動作等のセルフケア排尿排泄の管理、ベッド椅子車椅子,トイレ,浴槽等の移乗、移動(歩行/車椅子,階段)、コミュニケーション(理解,表出)、社会的認知社会的交流問題解決,記憶)等の項目を例示することができる。以下、同様とする。
本発明は、また、評価値の入力操作を容易に行い得るようにすることを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

リハビリテーション各評価項目各評価値意味内容記憶装置の所定の領域にて保持する意味内容保持手段と、リハビリテーションの評価項目評価値を入力する評価値入力画面を要求するデータが入力されると、各評価項目にそれぞれ評価値入力欄ヘルプボタンとを対応付けて表示するための入力画面表示データを出力する入力画面制御手段と、前記ヘルプボタンの何れかを介してヘルプ表示を要求するデータが入力されると、当該ヘルプボタンに対応する評価項目の各評価値の意味内容を前記意味内容保持手段から取得して、当該取得した意味内容を当該ヘルプボタンに対応する評価値入力欄を避けた領域に表示するためのヘルプ表示データを出力するヘルプ画面制御手段と、を有することを特徴とするリハビリテーション支援装置

請求項2

リハビリテーションの各評価項目の評価値を患者評価日に対応付けて記憶装置の所定の領域にて保持する評価値保持手段と、リハビリテーションの各評価項目の各評価値の意味内容を記憶装置の所定の領域にて保持する意味内容保持手段と、或る患者に関してリハビリテーションの評価項目に評価値を入力する評価値入力画面を要求するデータが入力されると、各評価項目にそれぞれ評価値入力欄とヘルプボタンとを対応付けて表示するための入力画面表示データを出力する入力画面制御手段と、前記ヘルプボタンの何れかを介してヘルプ表示を要求するデータが入力されると、当該ヘルプボタンに対応する評価項目の各評価値の意味内容を前記意味内容保持手段から取得して、当該取得した意味内容を当該ヘルプボタンに対応する評価値入力欄を避けた領域に選択可能に表示するためのヘルプ表示データを出力するヘルプ画面制御手段と、前記ヘルプ表示データにより表示された意味内容の何れかを選択するデータが入力されると、当該意味内容に対応する評価値を当該患者の当該評価項目の評価値として前記評価値保持手段に記録する評価値制御手段と、を有することを特徴とするリハビリテーション支援装置。

請求項3

リハビリテーションの各評価項目の評価値を患者と評価日に対応付けて記憶装置の所定の領域にて保持する評価値保持手段と、リハビリテーションの各評価項目の各評価値の意味内容を記憶装置の所定の領域にて保持する意味内容保持手段と、或る患者に関してリハビリテーションの評価項目に評価値を入力する評価値入力画面を要求するデータが入力されると、各評価項目にそれぞれ評価値入力欄とヘルプボタンとを対応付けて表示するための入力画面表示データを出力する入力画面制御手段と、前記ヘルプボタンの何れかを介してヘルプ表示を要求するデータが入力されると、当該ヘルプボタンに対応する評価項目の各評価値の意味内容を前記意味内容保持手段から取得して、当該取得した意味内容を当該ヘルプボタンに対応する評価値入力欄を避けた領域に選択可能に表示するためのヘルプ表示データを出力するヘルプ画面制御手段と、前記ヘルプ表示データにより表示された意味内容の何れかを選択するデータが入力されると、当該意味内容に対応する評価値を当該患者の当該評価項目の評価値として前記評価値保持手段に記録して当該ヘルプ表示データによる表示を終了し、前記入画面表示データにより表示された評価値入力欄から評価値が入力されると、当該評価値を当該患者の当該評価項目の評価値として前記評価値保持手段に記録する評価値制御手段と、を有することを特徴とするリハビリテーション支援装置。

請求項4

コンピュータを、請求項1乃至請求項3の何れかのリハビリテーション支援装置として機能させるためのプログラム

技術分野

0001

本発明はリハビリテーション支援装置プログラムに関する。詳しくは、リハビリテーション進捗状況を表す各評価項目への評価値の入力を支援する機能を備えた装置と、コンピュータをそのような装置として機能させるためのプログラムに関する。

背景技術

0002

リハビリテーションの進捗状況を表す各評価項目への評価値の入力を支援する機能を奏するコンピュータシステムは知られていない。
例えば、特開2005−352686号公報(特許文献1)には、患者運動機能についての履歴全般を管理するリハビリテーション管理装置が記載されているが、各評価項目への評価値の入力を支援する機能についての記載は無い。
特開2005−352686号公報

発明が解決しようとする課題

0003

リハビリテーションの進捗状況を評価・記録する装置に於いて、各評価項目に記録する評価値の意味内容は、評価項目毎にそれぞれ異なる。
例えば、或る書式では、評価項目が“食事”の場合、評価値は1点〜7点の7段階に設定されており、各評価値の意味内容は、順に、完全自立修正自立、監視、最小介助中等度介助、最大介助、全介助、とされている。評価項目が異なれば、当然、各評価値の意味内容も異なる。

0004

評価値を入力する医療従事者、例えば、理学療法士看護師等が、評価項目毎にそれぞれ異なる評価値の意味内容に精通している場合には、入力対象の評価項目の各評価値の意味内容を参照しなくても的確に評価値を入力できるかもしれない。しかし、精通していない場合には、その都度、参照が必要となる。
さらに、評価項目が書式毎に異なり、各評価項目の各評価値の意味内容をユーザ(医療機関)が自由に決めることができる場合もあるため、そのような場合には、様々な評価項目やそれらの評価値の意味内容に精通すること自体が困難であり、意味内容を解説した冊子等を参照しなければならなくなるという事情もある。

0005

本発明は、評価値の入力者が評価項目やその評価値に精通していない場合でも、容易に各評価値の意味内容を知ることができるようにすること、また、それにより、容易に評価値を入力できるようにすることを目的とする。
評価項目とは、リハビリテーションの進捗状況を詳細且つ客観的に評価できるようにするために、リハビリテーションの対象となる各種の身体的/精神的な機能について設けられたものであり、例えば、食事,整容,清拭,上又は下の更衣トイレ動作等のセルフケア排尿排泄の管理、ベッド椅子車椅子,トイレ,浴槽等の移乗、移動(歩行/車椅子,階段)、コミュニケーション(理解,表出)、社会的認知社会的交流問題解決,記憶)等の項目を例示することができる。以下、同様とする。
本発明は、また、評価値の入力操作を容易に行い得るようにすることを目的とする。

課題を解決するための手段

0006

本発明は、下記[1]〜[4]のように記述される。
[1] 構成1
リハビリテーションの各評価項目の各評価値の意味内容を記憶装置の所定の領域にて保持する意味内容保持手段と、
リハビリテーションの評価項目に評価値を入力する評価値入力画面を要求するデータが入力されると、各評価項目にそれぞれ評価値入力欄ヘルプボタンとを対応付けて表示するための入力画面表示データを出力する入力画面制御手段と、
前記ヘルプボタンの何れかを介してヘルプ表示を要求するデータが入力されると、当該ヘルプボタンに対応する評価項目の各評価値の意味内容を前記意味内容保持手段から取得して、当該取得した意味内容を当該ヘルプボタンに対応する評価値入力欄を避けた領域に表示するためのヘルプ表示データを出力するヘルプ画面制御手段と、
を有することを特徴とするリハビリテーション支援装置。
[2] 構成2
構成2は、構成1を引用する形式でも記述できるが、ここ(及び請求項2)では、全体構成を把握し易くするために、引用しない形式(独立形式)で記述して示す。
リハビリテーションの各評価項目の評価値を患者と評価日に対応付けて記憶装置の所定の領域にて保持する評価値保持手段と、
リハビリテーションの各評価項目の各評価値の意味内容を記憶装置の所定の領域にて保持する意味内容保持手段と、
或る患者に関してリハビリテーションの評価項目に評価値を入力する評価値入力画面を要求するデータが入力されると、各評価項目にそれぞれ評価値入力欄とヘルプボタンとを対応付けて表示するための入力画面表示データを出力する入力画面制御手段と、
前記ヘルプボタンの何れかを介してヘルプ表示を要求するデータが入力されると、当該ヘルプボタンに対応する評価項目の各評価値の意味内容を前記意味内容保持手段から取得して、当該取得した意味内容を当該ヘルプボタンに対応する評価値入力欄を避けた領域に選択可能に表示するためのヘルプ表示データを出力するヘルプ画面制御手段と、
前記ヘルプ表示データにより表示された意味内容の何れかを選択するデータが入力されると、当該意味内容に対応する評価値を当該患者の当該評価項目の評価値として前記評価値保持手段に記録する評価値制御手段と、
を有することを特徴とするリハビリテーション支援装置。
[3] 構成3
構成3は、構成2を引用する形式でも記述できるが、ここ(及び請求項3)では、全体構成を把握し易くするために、引用しない形式(独立形式)で記述して示す。
リハビリテーションの各評価項目の評価値を患者と評価日に対応付けて記憶装置の所定の領域にて保持する評価値保持手段と、
リハビリテーションの各評価項目の各評価値の意味内容を記憶装置の所定の領域にて保持する意味内容保持手段と、
或る患者に関してリハビリテーションの評価項目に評価値を入力する評価値入力画面を要求するデータが入力されると、各評価項目にそれぞれ評価値入力欄とヘルプボタンとを対応付けて表示するための入力画面表示データを出力する入力画面制御手段と、
前記ヘルプボタンの何れかを介してヘルプ表示を要求するデータが入力されると、当該ヘルプボタンに対応する評価項目の各評価値の意味内容を前記意味内容保持手段から取得して、当該取得した意味内容を当該ヘルプボタンに対応する評価値入力欄を避けた領域に選択可能に表示するためのヘルプ表示データを出力するヘルプ画面制御手段と、
前記ヘルプ表示データにより表示された意味内容の何れかを選択するデータが入力されると、当該意味内容に対応する評価値を当該患者の当該評価項目の評価値として前記評価値保持手段に記録して当該ヘルプ表示データによる表示を終了し、前記入画面表示データにより表示された評価値入力欄から評価値が入力されると、当該評価値を当該患者の当該評価項目の評価値として前記評価値保持手段に記録する評価値制御手段と、
を有することを特徴とするリハビリテーション支援装置。
[4] 構成4
コンピュータを、構成1乃至構成3の何れかのリハビリテーション支援装置として機能させるためのプログラム。

発明の効果

0007

構成1は、リハビリテーションの各評価項目の各評価値の意味内容を記憶装置の所定の領域にて保持する意味内容保持手段と、リハビリテーションの評価項目に評価値を入力する評価値入力画面を要求するデータが入力されると、各評価項目にそれぞれ評価値入力欄とヘルプボタンとを対応付けて表示するための入力画面表示データを出力する入力画面制御手段と、前記ヘルプボタンの何れかを介してヘルプ表示を要求するデータが入力されると、当該ヘルプボタンに対応する評価項目の各評価値の意味内容を前記意味内容保持手段から取得して、当該取得した意味内容を当該ヘルプボタンに対応する評価値入力欄を避けた領域に表示するためのヘルプ表示データを出力するヘルプ画面制御手段と、を有することを特徴とするリハビリテーション支援装置であるため、評価値の入力者が評価項目やその評価値に精通していない場合でも容易に各評価値の意味内容を知ることができる。
構成2は、リハビリテーションの各評価項目の評価値を患者と評価日に対応付けて記憶装置の所定の領域にて保持する評価値保持手段と、リハビリテーションの各評価項目の各評価値の意味内容を記憶装置の所定の領域にて保持する意味内容保持手段と、或る患者に関してリハビリテーションの評価項目に評価値を入力する評価値入力画面を要求するデータが入力されると、各評価項目にそれぞれ評価値入力欄とヘルプボタンとを対応付けて表示するための入力画面表示データを出力する入力画面制御手段と、前記ヘルプボタンの何れかを介してヘルプ表示を要求するデータが入力されると、当該ヘルプボタンに対応する評価項目の各評価値の意味内容を前記意味内容保持手段から取得して、当該取得した意味内容を当該ヘルプボタンに対応する評価値入力欄を避けた領域に選択可能に表示するためのヘルプ表示データを出力するヘルプ画面制御手段と、前記ヘルプ表示データにより表示された意味内容の何れかを選択するデータが入力されると、当該意味内容に対応する評価値を当該患者の当該評価項目の評価値として前記評価値保持手段に記録する評価値制御手段と、を有することを特徴とするリハビリテーション支援装置であるため、評価値の入力者が評価項目やその評価値に精通していない場合でも容易に各評価値の意味内容を知ることができ、さらに、容易に評価値を入力することができる。
構成3は、構成2に於いて、評価値制御手段は、前記ヘルプ表示データにより表示された意味内容の何れかを選択するデータが入力されると当該意味内容に対応する評価値を当該患者の当該評価項目の評価値として前記評価値保持手段に記録して当該ヘルプ表示データによる表示を終了し、前記入力画面表示データにより表示された評価値入力欄から評価値が入力されると当該評価値を当該患者の当該評価項目の評価値として前記評価値保持手段に記録するため、評価値を入力する理学療法士や看護師等が入力対象の評価項目やその評価値の意味内容に精通している場合には直ちに評価値入力欄から評価値を入力し、精通していない場合にはヘルプ表示データにより意味内容が表示された中から選択することにより入力するというように、適切な入力方法で入力できる効果がある。
構成4は、コンピュータを、構成1乃至構成3の何れかのリハビリテーション支援装置として機能させるためのプログラムを提供できる効果がある。

発明を実施するための最良の形態

0008

本発明の実施の形態を、図面を参照して説明する。
図1は実施の形態のリハビリテーション支援装置の構成を示すブロック図である。図示のように、本支援装置は、複数のクライアント10とWebサーバ20とをネットワークで接続して成る。このネットワークは、本例では医療機関内のLANであるが、インターネット上で構築することも可能である。また、ハード間の接続は、有線でもよく、無線でもよい。なお、本リハビリテーション支援装置が奏する機能を、Webサーバ・クライアントに特有の機能を除いて、スタンドアローンの構成に置いて実現することも、当然に可能である。

0009

各クライアント10はそれぞれブラウザ機能を有する。即ち、当該クライアントの入力装置14からの入力に応じて、Webサーバ20へ、データを送信し/所望のデータを要求し/所望の処理の実行とその実行結果の返信を要求し/所望のファイル書き換えるデータを送信する、等を実行できる。また、Webサーバ20から受信したデータに応じた表示を、当該クライアントの表示装置13に行うことができる。
各クライアント10としては、通常のパソコンを用いることができる。

0010

Webサーバ20は、Webサーバとして必要な機能を有する。即ち、任意のクライアントからのデータを受信し、受信したデータを処理し/要求されたデータを返信し/要求された処理を実行して必要に応じて実行結果を返信し/書き換えを指示されたデータを書き換える、等の機能を有する。ここで、要求に応じて実行する処理としては、例えば、機能評価入力処理図2〜3参照)を挙げることができる。

0011

上記機能を実現するため、Webサーバ20は、機能評価入力処理(図2〜3参照)を
実行するプログラム(評価データ入力機能のプログラム,評価データ表示機能のプログラム(評価データ値比較&表示),評価データ編集機能のプログラム,等)を有し、クライアント10からの要求に応じて当該クライアント用に起動して実行する。

0012

また、上記機能を実現するため、Webサーバ20は、評価表管理テーブル,評価表テーブル,患者テーブル職員テーブル(以上,図4)、評価項目−値テーブル,ヘルプデータファイル群表示数データ(以上,図5)等のデータを保持する。
なお、これらのテーブルは例示であり、本願のリハビリテーション支援装置の機能を奏し得るテーブル構成であれば、別のテーブル構成を採用しても良いことは勿論である。
評価表管理テーブル(図4(a))や評価表テーブル(図4(b))には、評価表(評価シート)が新規に作成される毎に、レコードが追加される。

0013

以下、図2〜3のフローチャートに即して、機能評価入力処理を説明する。
或るクライアントのメイン画面(不図示)に於いて機能評価入力が選択されることにより、当該クライアント用の機能評価入力処理が起動される。

0014

まず、新規に評価表を作成して入力するか、又は、既存の評価表を編集する(未記録の評価項目に評価値を入力する)か、を選択する画面を表示する(S01)。

0015

ユーザ入力により新規作成が選択された場合は(S03;新規)、患者を指定する画面を表示して患者の選択をユーザに促し、患者が選択されると、当該患者と当該評価日とに対応付けられる新規レコードを、評価表管理テーブルと、評価表テーブルに、それぞれ追加する(S05)。

0016

一方、既存の評価表の編集が選択された場合は(S03;既存検索)、検索条件の入力をユーザに促す画面を表示し、検索条件が入力されると、当該検索条件に合致する既存の評価表(当然ながら患者が特定されている評価表)の書誌情報を選択可能に表示する。その中からユーザ入力により1の評価表が選択されると、当該評価表のレコード(評価表管理テーブルと評価表テーブルのレコード)を、編集対象として確定する(S07)。

0017

テップS05又はS07からは、ステップS11に進む。ステップS11では、前ステップで確定された患者に対応付けられており、且つ、前ステップで入力/編集対象として確定されたレコード以外のレコードが、評価表テーブルに存在するか否かを調べる。その結果、存在する場合は(S11;YES)、表示数(図5(c)参照)を取得する(S13)。ここで取得する表示数としては、Webサーバ20がディスク上にデフォルト値を保持している表示数を、メモリ上の当該クライアント用の所定の領域に転記したものを用いる。これは、当該クライアントの当該の接続に関する限りは、当該クライアントからの要求により、当該メモリ上に転記した表示数を書き換え可能として、当該クライアントの画面上の評価表(評価シート)の表示数を、動的に変え得るようにするためである。図7から図8への移行は、表示数を“2”から“3”に書き換えた場合の例である。即ち、図7では“過去「2」件”であった表示数が、図8では“過去「3」件”に書き換えられ、これに伴い、図7では2回分(2008/8/30,2008/8/15)並べて表示されていた評価表(評価シート)が、図8では3回分(2008/8/30,2008/8/15,2008/8/1)に増えている。

0018

ステップS13で表示数を取得すると、次に、ステップS15に進み、評価項目別新旧比較処理を実行する。
即ち、まず、ステップS13で取得した表示数に+1を加算した数の直近過去のレコード(当該患者のレコード)のデータ(各評価項目の評価値)を取得する。
次に、各評価項目の評価値を、時間的に隣接する評価日間で比較して、直近過去からの増加/減少/不変の何れであるかを求める。例えば、図8では、患者“徳川家康”の評価日として、2008年8月30日、8月15日、8月1日が示されている。この場合、8月30日の直近過去は、8月15日である。したがって、8月30日としては、8月15日からの増加/減少/不変の何れであるかを求めることになる。なお、8月1日に関しては、図8で不図示の直近過去の評価日からの増加/減少/不変の何れであるかを求めることになる。図示の例では、8月1日の評価表(評価シート)に増加/減少/不変の矢印が示されていないが、これは、当該の患者“徳川家康”にとって、8月1日が評価値入力の初回だったためである。
全ての隣接する評価日間に関して、且つ、全ての評価項目に関して、直近過去の評価日からの増加/減少/不変の何れであるかが求まると、ステップS15を抜けて、ステップS17へ進む。

0019

ステップS17では、ステップS13で取得した表示数の直近過去のレコード(当該患者のレコード)のデータ(各評価項目の評価値)と、ステップS15で求めた比較結果とを、当該クライアントへ返信して、それらを、当該クライアントの表示装置13に表示させる。例えば、図8のように表示させる。図8では、直近過去との比較結果が“増加”の場合は上向き矢印で、“減少”の場合は下向き矢印で、“不変”の場合は右向き矢印で、それぞれ表示している。このように矢印を用いる表示は一例であり、他の表示方法を採用しても良い。例えば、“増加”の場合は当該の領域を青で、“減少”の場合は当該の領域を赤で、“不変”の場合は当該の領域を白で、それぞれ表示するようにしてもよい。即ち、直近過去からの増加/減少/不変を、色で表現してもよい。或いはまた、その旨を示す文字の画像で表現してもよい。要は、直近過去と比較した場合の増加/減少/不変を、ユーザが直感的に把握できるように、視覚的に表現することができればよい。

0020

なお、ステップS11での判断結果が“NO”の場合は、ステップS13〜S17の処理は実行されない。

0021

ステップS19では、今回の入力/編集対象の評価表(評価シート)を、当該クライアントの表示装置13に表示させる。なお、ステップS17により直近過去の表示数のデータが有る場合には、それらに並べて表示することになる。図6新規入力の場合の表示例を示し、図7図8に既存の評価表(評価シート)の編集の場合の例を示す。

0022

ステップS21では、評価項目毎に設けられているヘルプアイコン(ヘルプボタン)がクリックされたか否かを調べる。正確には、当該クライアントから、ヘルプアイコン(ヘルプボタン)がクリックされた旨のデータが入力したか否かを調べる。

0023

その結果、クリックされた場合は(S21;YES)、当該評価項目の各評価値の意味内容を示す文字列(ヘルプデータ)を、評価項目−値テーブル(図5(a))とともに、ヘルプデータファイル(図5(b))から取得する(S31)。また、ヘルプウインドウの表示位置を演算する(S33)。ここでは、ヘルプウインドウによって当該評価項目の右隣の評価値入力欄(コンボボックス)が隠れない位置になるように演算する。

0024

こうして表示位置を演算したヘルプウインドウ内に、当該評価項目の各評価値と、その意味内容を示す文字列とを図9の如く表示させる(S35)。この評価値は、それぞれのヘルプデータファイルにハイパーリンクされている文字列であり、所望の評価値文字列を図11の如くクリックすることにより(S37;YES)、当該のヘルプデータファイルにハイパーリンクされている文字列を解析し、クリックされた評価値を求め、その値(評価値)がWebサーバ20へ送られる。Webサーバ20は、その値(評価値)を、当該評価項目の評価値として評価表テーブルの当該のレコードに記録する(S39)。
図12に、評価項目“食事”に、評価値“5”が記録された様子を示す。
その後、ヘルプウインドウを閉じる(S51)。

0025

ステップS41〜S49は、ヘルプウインドウではなく、評価値入力欄(コンボボックス)から評価値を入力して、評価表テーブル(図4(b))に記録する処理を示す。
即ち、評価項目のコンボボックスがプルダウンされると(S41:YES)、当該評価項目の評価値を評価項目−値テーブルから取得して(S43)、当該評価項目用のプルダウン領域内に、選択可能にプルダウン表示する(S45)。
図10に、その様子を示す。なお、図10ではヘルプウインドウも開いているが、コンボボックスのプルダウン表示は、ヘルプウインドウが開いているか、又は、閉じているかに関わりなく、実行される。

0026

上記の如く表示されたプルダウン領域で値が選択されると(S47:YES)、Webサーバ20は、当該選択された値を評価表テーブル(図4(b))の当該評価項目の評価値として記録する(S49)。
図12に、評価項目“食事”に、評価値“5”が記録された様子を示す。
ユーザ入力により機能評価入力処理が終了されると(S53;YES)、機能評価入力処理から抜ける。

0027

上述の例では、Webサーバ・クライアントシステムに於いて本発明の機能を実現しているため、クライアント側ではブラウザ機能を備えたパソコンを用意するのみで足り、医療機関内のLANでの拡張が容易である。
また、評価表(評価シート)の表示数を当該のクライアントに関して容易に変更できるため、業務に適した所望の表示数を容易に実現できる効果もある。

図面の簡単な説明

0028

実施の形態のリハビリテーション支援装置の構成を示すブロック図。
図1のリハビリテーション支援装置で実行される機能評価入力処理の一部を示すフローチャート。
図1のリハビリテーション支援装置で実行される機能評価入力処理の残部を示すフローチャート。
図1のWebサーバ20に保持されている評価表管理テーブル、評価表テーブル、患者テーブル、職員テーブルを例示する説明図。
図1のWebサーバ20に保持されている評価項目−値テーブル、ヘルプデータファイル群、表示数データを例示する説明図。
評価表を新規に作成して評価値を入力する画面を例示する説明図。
既存の評価表を編集する(評価値を入力する)画面を例示する説明図。
図7の状態で表示数を変更(+1増加)した場合に表示される評価表(評価シート)の数が増加された様子を例示する説明図。
評価項目のヘルプアイコンのクリックにより当該評価項目の評価値の意味内容がヘルプウインドウに表示された様子を例示する説明図。
評価項目のヘルプアイコンのクリックにより当該評価項目の評価値の意味内容がヘルプウインドウに表示された状態で、コンボボックス(評価値入力欄)から評価値を入力する様子を例示する説明図。
評価項目のヘルプアイコンのクリックにより当該評価項目の評価値の意味内容がヘルプウインドウに表示された状態で、当該ヘルプウインドウから評価値を入力する様子を例示する説明図。
図11のヘルプウインドウから評価値を入力することにより移行した画面を例示する説明図。

符号の説明

0029

10クライアント
20 Webサーバ

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ