図面 (/)

技術 ゴルフ靴

出願人 ダンロップスポーツ株式会社
発明者 藤澤光一梅澤育子
出願日 2008年10月17日 (10年9ヶ月経過) 出願番号 2008-268532
公開日 2010年4月30日 (9年2ヶ月経過) 公開番号 2010-094345
状態 特許登録済
技術分野 履物及びその付属品、製法、装置
主要キーワード 硬質弾性体 複合エラストマー 中断点 動的荷重 安定板 防滑性能 EVA組成物 無発泡体
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2010年4月30日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (13)

課題

ゴルフスイングを安定させうるゴルフ靴の提供。

解決手段

1は、靴底3とアッパー5とを備えている。靴底3は、アウトソール7と補強部材11とを有している。補強部材11は、靴底3の土踏まず部に設けられている。補強部材11は、インサイド踵側からアウトサイドつま先側に向かって延びる第一リブR1と、アウトサイド踵側からインサイドつま先側に向かって延びる第二リブR2とを有する。上記第一リブR1の上面には、インサイド踵側からアウトサイドつま先側に向かって延びる溝m1がx本設けられている。上記第二リブR2の上面には、アウトサイド踵側からインサイドつま先側に向かって延びる溝がy本設けられている。ただし、xは1以上の整数であり、yは0以上の整数である。好ましくは、上記xが上記yよりも大きい。靴1は、ゴルフ靴である。

概要

背景

ゴルフ靴は、ゴルフスイングに影響しうる。例えば、滑りやすいゴルフ靴は、不安定なスイングを招く。不安定なスイングは、ショットに悪影響を与える。安定性が高いゴルフ靴は、スイングの安定に寄与しうる。

土踏まず部等の補強により、スイングの安定に寄与しうるゴルフ靴が提案されている。特開2001−218603号公報は、土踏まず部等に硬質弾性体からなる安定板を備えた靴底を開示する。特開2005−143654号公報は、土踏まず部と踵部とを備えた安定板を開示する。
特開2001−218603号公報
特開2005−143654号公報

概要

ゴルフスイングを安定させうるゴルフ靴の提供。1は、靴底3とアッパー5とを備えている。靴底3は、アウトソール7と補強部材11とを有している。補強部材11は、靴底3の土踏まず部に設けられている。補強部材11は、インサイド踵側からアウトサイドつま先側に向かって延びる第一リブR1と、アウトサイド踵側からインサイドつま先側に向かって延びる第二リブR2とを有する。上記第一リブR1の上面には、インサイド踵側からアウトサイドつま先側に向かって延びる溝m1がx本設けられている。上記第二リブR2の上面には、アウトサイド踵側からインサイドつま先側に向かって延びる溝がy本設けられている。ただし、xは1以上の整数であり、yは0以上の整数である。好ましくは、上記xが上記yよりも大きい。靴1は、ゴルフ靴である。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

靴底アッパーとを備え、上記靴底が、アウトソール補強部材とを有し、上記補強部材が、靴底の土踏まず部に設けられており、上記補強部材が、インサイド踵側からアウトサイドつま先側に向かって延びる第一リブと、アウトサイド踵側からインサイドつま先側に向かって延びる第二リブとを有し、上記第一リブの上面に、インサイド踵側からアウトサイドつま先側に向かって延びる溝がx本設けられており、上記第二リブの上面に、アウトサイド踵側からインサイドつま先側に向かって延びる溝がy本設けられているゴルフ靴。ただし、xは1以上の整数であり、yは0以上の整数である。

請求項2

上記xが上記yよりも大きい請求項1に記載のゴルフ靴。

請求項3

上記第一リブが上記第二リブよりも太い請求項1又は2に記載のゴルフ靴。

技術分野

0001

本発明は、ゴルフ靴に関する。

背景技術

0002

ゴルフ靴は、ゴルフスイングに影響しうる。例えば、滑りやすいゴルフ靴は、不安定なスイングを招く。不安定なスイングは、ショットに悪影響を与える。安定性が高いゴルフ靴は、スイングの安定に寄与しうる。

0003

土踏まず部等の補強により、スイングの安定に寄与しうるゴルフ靴が提案されている。特開2001−218603号公報は、土踏まず部等に硬質弾性体からなる安定板を備えた靴底を開示する。特開2005−143654号公報は、土踏まず部と踵部とを備えた安定板を開示する。
特開2001−218603号公報
特開2005−143654号公報

発明が解決しようとする課題

0004

本発明者は、スイングとゴルフ靴との関係について詳細に検討した。右足及び左足のそれぞれについて、スイング中における動きが考察された。その結果、新たな技術思想に基づき、スイングの安定性を高めうるゴルフ靴を得るに至った。

0005

本発明の目的は、スイングの安定性に寄与しうるゴルフ靴の提供にある。

課題を解決するための手段

0006

本発明に係るは、靴底とアッパーとを備えている。上記靴底は、アウトソール補強部材とを有している。上記補強部材は、靴底の土踏まず部に設けられている。上記補強部材は、インサイド踵側からアウトサイドつま先側に向かって延びる第一リブと、アウトサイド踵側からインサイドつま先側に向かって延びる第二リブとを有している。上記第一リブの上面に、インサイド踵側からアウトサイドつま先側に向かって延びる溝がx本設けられている。上記第二リブの上面に、アウトサイド踵側からインサイドつま先側に向かって延びる溝がy本設けられている。ただし、xは1以上の整数であり、yは0以上の整数である。なお、yが0とは、上記第二リブの上面に、アウトサイド踵側からインサイドつま先側に向かって延びる溝が設けられていないことを意味する。

0007

好ましくは、上記xは、上記yよりも大きい。好ましくは、上記第一リブは上記第二リブよりも太い。

発明の効果

0008

互いに交差する第一リブ及び第二リブにより、靴底のねじれ剛性が適度に向上しうる。リブの上面に設けられた溝により、靴底のねじれ剛性が適切に調整されうる。第一リブ及び第二リブにより、スイングが安定しうる。

発明を実施するための最良の形態

0009

以下、適宜図面が参照されつつ、好ましい実施形態に基づいて本発明が詳細に説明される。なお、本願において、「上」は、接地面を下側として靴を水平面上に載置した場合における上を意味する。また「下」は、接地面を下側として靴を水平面上に載置した場合における下を意味する。また本願において、前側とはつま先側と同じ意味であり、後側とは踵側と同じ意味である。

0010

図1及び図2は、本発明の第一実施形態に係る靴1が示された図である。図1は、アウトサイドから見た図である。図2は、インサイドから見た図である。この靴1は、ゴルフ靴である。図3は、靴1を底面側から見た図である。

0011

図1図2及び図3は、左足用の靴1に関する図である。右足用の靴1における接地面の形状は、図3鏡像である。

0012

この靴1は、靴底3とアッパー5とを備えている。靴底3は、アウトソール7とミッドソール9と補強部材11とを備えている。

0013

図3において符号L1で示されているのは、長さ線L1の両端を延長した線である。この長さ線L1は、靴底3の底面の輪郭内に画かれうる線分のうちで最長のものである。この長さ線L1の方向が、前後方向とされうる。

0014

アウトソール7は、接地面を有する。接地面の一部は、アウトソール7の底面である。靴1の下面が、接地面である。

0015

アウトソール7は、分割されている。アウトソール7は、つま先側に位置する前方分割体7aと、踵側に位置する後方分割体7bとからなる(図3参照)。前方分割体7aは、補強部材11のつま先側に位置する。後方分割体7bは、補強部材11の踵側に位置する。靴1の接地面は、前方分割体7a、補強部材11及び後方分割体7bにより構成されている。

0016

図3が示すように、補強部材11は、靴底3の土踏まず部に設けられている。補強部材11の少なくとも一部が土踏まず部の少なくとも一部に配置されている。補強部材11は、土踏まず部よりもつま先側に延在している。補強部材11は、土踏まず部よりも踵側に延在している。

0017

図4は、補強部材11が単独で示された図である。図4は、左足用の靴1の補強部材11である。右足用の靴1における補強部材11の形状は、図4の鏡像である。

0018

図5は、図3のV−V線に沿った靴底3の断面図である。図6は、図3のVI−VI線に沿った靴底3の断面図である。図7は、図3のVII−VII線に沿った靴底3の断面図である。図8は、図3のVIII−VIII線に沿った靴底3の断面図である。図8は、VIII−VIII線に沿った断面の一部のみを示す。この図8は、補強部材11近傍の断面のみを示す。なお図5では、鋲(後述される鋲13及び鋲17)の記載が省略されている。

0019

図3が示すように、アウトソール7には、複数の突起15が設けられている。突起15は、下方に向かって突出している。突起15は、靴1の防滑性能を高める。

0020

アウトソール7は、着脱可能な鋲13を有している。またアウトソール7は、鋲13を取り付けるための台座16を有している(図5参照)。台座16は、ねじ穴16aを有している。鋲13は、台座16にねじ込まれて、固定される。

0021

鋲13は、下方に向かって突出している。本実施形態では、6個の鋲13が設けられている。図1及び図2が示すように、この鋲13は、突起15よりも下方に突出している。鋲13は、靴1の防滑性能を高める。

0022

アウトソール7の材質は、特に制限されない。アウトソール7の材質として、ゴム合成樹脂熱可塑性エラストマー等が例示される。装着者動的荷重を受け止めうるようにする目的で、アウトソール7には、強度と耐摩耗性とが求められる。この観点から、アウトソール7は、気泡を有さない非多孔質の材質とされている。換言すれば、アウトソール7は、無発泡体とされている。好ましいアウトソール7の材質として、いわゆるソリッドのゴム又は樹脂からなる組成物が用いられうる。好ましいアウトソール7の材質として、天然ゴム(NR)、イソプレンゴム(IR)、ブタジエンゴム(BR)、スチレン−ブタジエンゴム(SBR)、アクリロニトリル−ブタジエンゴム(NBR)、ウレタンゴム熱可塑性樹脂とゴムの複合エラストマーが例示される。これらの2種以上が併用されてもよい。クッション性及び屈曲性の観点から、アウトソール7の材質として、加硫されたゴムが最も好ましい。

0023

アウトソール7の硬度は、デュロメーターA硬度で40以上であることが好ましい。硬度が低すぎると、着用者歩行にふらつき感を生じるおそれがある。この観点から、アウトソール7の硬度は50以上がより好ましく、さらに60以上が好ましく、特に70以上であることが好ましい。また硬度が高すぎると、歩行のために必要な屈曲性が低下しうる。また硬度が高すぎると、踵部でのクッション性が不足しやすい。これらの観点からアウトソール7の硬度は、85以下が好ましく、80以下がより好ましい。本願において、デュロメーターA硬度は、JIS−K6253に準拠して測定される。

0024

ミッドソール9は、発泡体よりなる。ミッドソール9は、全体として一体成形されており、分割されていない。ミッドソール9の材質は、エチレン酢酸ビニル共重合体(以下「EVA」という)である。このポリマー基材として、発泡剤又は微少中空球(「マイクロバルーン」等と称される)等の配合されたEVA組成物がミッドソール9用として用いられる。生産性を高める観点から、ミッドソール9の材質は、熱可塑性であるのが好ましい。発泡体のミッドソール9は、スポンジ状である。ミッドソール9は、柔軟性がある。ミッドソール9が発泡体とされることにより、靴底3の衝撃吸収性が高められる。ミッドソール9の発泡倍率は、アウトソール7の材質、アウトソール7の厚さ、ミッドソール9自身の厚さ等が考慮されて決定される。ミッドソール9の発泡倍率は、通常、1.5倍から10倍程度とされる。

0025

ミッドソール9の硬度は、デュロメーターA硬度(JIS−K6253)で30以上が好ましく、40以上がより好ましい。硬度が低すぎると、着用者の歩行にふらつき感を生じるおそれがある。また硬度が高すぎると、クッション性が不足しやすい。この観点からミッドソール9の硬度は、80以下が好ましく、70以下がより好ましい。

0026

図4が示すように、補強部材11は、露出部11aと非露出部11bとを有する。露出部11aは、外部に露出している。非露出部11bは、外部に露出していない。非露出部11bは、補強部材11の前側の縁部と、補強部材11の後側の縁部とに設けられている。後述される2本のリブは、露出部11aに設けられている。

0027

図7及び図8が示すように、非露出部11bは、アウトソール7とミッドソール9とに挟まれている。非露出部11bの上面がミッドソール9の下面に接着されている。非露出部11bの下面がアウトソール7の上面に接着されている。アウトソール7とミッドソール9とで挟まれた部分を有する補強部材11は、靴底3から外れにくい。

0028

本実施形態の靴1において、アウトソール7とミッドソール9と補強部材11とは、それぞれ別個成形されている。靴1では、アウトソール7とミッドソール9とが、接着剤により接着されている。なお、アウトソール7とミッドソール9とが加硫接着されていてもよい。アウトソール7とミッドソール9とが融着していてもよい。

0029

図6及び図8が示すように、補強部材11の上面は、ミッドソール9の下面に接触している。補強部材11の上面とミッドソール9の下面とが接合されている。この接合には、接着剤が用いられている。

0030

図3及び図4が示すように、補強部材11は、インサイド踵側からアウトサイドつま先側に向かって延びる第一リブR1と、アウトサイド踵側からインサイドつま先側に向かって延びる第二リブR2とを有する。第一リブR1は、つま先側ほどアウトサイドとなるように延在している。第二リブR2は、つま先側ほどインサイドとなるように延在している。リブとは、筋状の突出部である。理解を容易とする目的で、図4において、第一リブR1及び第二リブR2が、散点模様ドット)で示されている。

0031

第一リブR1と第二リブR2とは、交差部Kにおいて交差している。交差部Kにおいて、第一リブR1の突出高さは、第二リブR2の突出高さよりも高い。よって交差部Kにおいて、第一リブR1の輪郭線は存在するが、第二リブR2の輪郭線は存在しない。

0032

第一リブR1には、2本の溝m1が設けられている(図3波線参照)。溝m1は、第一リブR1の長手方向に略沿って設けられている。図6が示すように、溝m1は、補強部材11の上面に設けられている。溝m1は、インサイド踵側からアウトサイドつま先側に向かって延びている。溝m1の本数がx本とされるとき、本実施形態では、xが2である。xは、1以上の整数であればよい。溝m1の断面形状は略V字型である。

0033

第二リブR2には、1本の溝m2が設けられている(図3の波線参照)。溝m2は、第二リブR2の長手方向に略沿って設けられている。溝m2は、補強部材11の上面に設けられている。溝m2は、アウトサイド踵側からインサイドつま先側に向かって延びている。溝m2の本数がy本とされるとき、本実施形態では、yが1である。yは、0以上の整数であればよい。なお、yが0であることは、溝m2が設けられないことを意味する。つまり、上記第二リブの上面に設けられ且つアウトサイド踵側からインサイドつま先側に向かって延びる溝m2は、無くてもよい。溝m2の断面形状は略V字型である。

0034

溝m2は、途中で分断されている。溝m2は、交差部Kにおいて分断されている。溝m2は、交差部Kを横断していない。溝m2は、中断点dtを有する(図3参照)。本実施形態の溝m2のように、途中で分断されている溝m2の本数は、1本とみなされる。

0035

溝m1は、途中で分断されていない。溝m1は、交差部Kにおいて分断されていない。溝m1は、交差部Kを横断している。溝m1は、交差部Kの後方から交差部Kの前方にまで連続している。

0036

溝m1が交差部Kにおいて分断されていないのに対し、溝m2は交差部Kにおいて分断されている。この分断の有無に起因して、溝m1による効果は、溝m2による効果よりも高い。この差異は、ねじれ剛性Aをねじれ剛性Bよりも小さくするのに寄与しうる。このねじれ剛性A及びねじれ剛性Bについては、後述される。

0037

第一リブR1の幅W1は、踵側ほど小さくされている。第一リブR1の幅W1は、インサイドほど小さくされている。第二リブR2において、第二リブR2の幅W2がアウトサイドほど大きくなる部分は、第二リブR2の長さの半分以上を占めている。

0038

第一リブR1は、第二リブR2よりも太い。図3に示す平面図において、第一リブR1の幅W1の最大値は、第二リブR2の幅W2の最大値よりも大きい。幅W1の平均値は、幅W2の平均値よりも大きい。

0039

交差部Kよりも前側の領域における幅W2の最大値は、交差部Kよりも前側の領域における幅W1の最小値よりも小さい。

0040

第一リブR1は、つま先側端M1と、後端T1とを有する。第二リブR2は、つま先側端M2と、後端T2とを有する。

0041

補強部材11は、第一リブR1から下方に突出する鋲17を有する。鋲17は、着脱可能である。鋲17は、第一リブR1に対して、着脱可能である。補強部材11は、鋲17を取り付けるための台座18を有している(図5参照)。台座18は、ねじ穴18aを有している。鋲17は、台座18にねじ込まれて、固定される。この鋲17は、突起15よりも下方に突出している。この鋲17は、後述される突起19よりも下方に突出している。本実施形態では、1個の鋲17が設けられている。鋲17の形状は、鋲13の形状に等しい。

0042

なお、第二リブR2から下方に突出する突起は、存在しない。

0043

鋲17は、交差部Kよりも前側に設けられている。鋲17は、交差部Kよりもアウトサイドに設けられている。鋲17は、土踏まず部よりも前側に設けられている。

0044

図3が示すように、補強部材11は、突起19を有している。突起19は、鋲17の近傍に設けられている。突起19は、補強部材11の本体とともに一体成形されている。突起19は、下方に向かって突出している。突起19は、靴1の防滑性能を高める。

0045

突起19は、交差部Kよりも前側に設けられている。突起19は、交差部Kよりもアウトサイドに設けられている。突起19は、土踏まず部よりも前側に設けられている。

0046

補強部材11は、靴底3のインサイドの側面に配置されたインサイド補強部21と、靴底3のアウトサイドの側面に配置されたアウトサイド補強部23とを有する。

0047

インサイド補強部21は、ミッドソール9のインサイドの側面の一部を覆っている。更にインサイド補強部21は、アッパー5のインサイドの側面の一部を覆っている。換言すれば、インサイド補強部21は、アッパー5のインサイドに存在している。

0048

インサイド補強部21は、第一リブR1のインサイドの端から上方に向かって延在している。インサイド補強部21は、第一リブR1の後端T1の上方に存在している(図2参照)。

0049

アウトサイド補強部23は、ミッドソール9のアウトサイドの側面の一部を覆っている。更にアウトサイド補強部23は、アッパー5のアウトサイドの側面の一部を覆っている。換言すれば、アウトサイド補強部23は、アッパー5のアウトサイドに存在している。

0050

アウトサイド補強部23は、第二リブR2のアウトサイドの端から上方に向かって延在している。アウトサイド補強部23は、第二リブR2の後端T2の上方に存在している(図1参照)。

0051

アウトサイド補強部23とアッパー5との接触面積がS1とされ、インサイド補強部21とアッパー5との接触面積がS2とされるとき、S1がS2よりも大きい。S1>S2とされることにより、足が体の内側方向に倒れやすい。S1>S2とされることにより、足が体の外側方向に倒れにくい。S1>S2とされることにより、スイングが安定しやすい。

0052

図2において符号X1で示されているのは、インサイド補強部21の後端点である。後端点X1は、第一リブR1の後端T1よりも後側(踵側)に位置している。この構成により、足の付近が安定しやすい。この構成により、補強部材11に起因する靴1の安定性が向上し、スイングが安定しうる。

0053

交差部Kよりもインサイドの領域において、補強部材11は、第一リブR1と第二リブR2との間に延びる延在部25を有する(図3及び図4参照)。この延在部25により、靴1の安定性が向上し、スイングが安定しうる。

0054

交差部Kよりもアウトサイドの領域において、補強部材11は、第一リブR1と第二リブR2との間に延びる延在部27を有する(図3及び図4参照)。この延在部27により、靴1の安定性が向上し、スイングが安定しうる。

0055

図1において符号X2で示されているのは、アウトサイド補強部23の後端点である。後端点X2は、第二リブR2の後端T2よりも後側(踵側)に位置している。この構成により、足の踵付近が安定しやすい。この構成により、補強部材11に起因する靴1の安定性が向上し、スイングが安定しうる。

0056

図9から図12は、第二実施形態に係る靴29が示された図である。図9は、靴29をアウトサイドから見た図である。図10は、靴29を底面側から見た図である。図11は、図10のF11−F11線に沿った断面図である。図12は、図10のF12−F12線に沿った断面図の一部である。図12は、補強部材41の近傍のみを示す。

0057

図9から図12は、左足用の靴29に関する図である。右足用の靴29における接地面の形状は、図10の鏡像である。

0058

この靴29は、靴底31とアッパー33とを備えている。靴底31は、アウトソール37とミッドソール39と補強部材41とを備えている。

0059

図10が示すように、補強部材41は、靴底31の土踏まず部に設けられている。補強部材41の少なくとも一部が土踏まず部の少なくとも一部に配置されている。補強部材41は、土踏まず部よりもつま先側に延在している。補強部材41は、土踏まず部よりも踵側に延在している。

0060

アウトソール37には、複数の突起43が設けられている。突起43は、下方に向かって突出している。突起43は、靴29の防滑性能を高める。アウトソール37は、鋲に似た形状の突起45を有している。突起45は、靴29の防滑性能を高める。

0061

アウトソール37の材質は、前述した靴1の場合と同様である。ミッドソール39の材質は、前述した靴1の場合と同様である。

0062

図12が示すように、補強部材41は、露出部41aと非露出部41bとを有する。露出部41aは、外部に露出している。非露出部41bは、外部に露出していない。非露出部41bは、補強部材41の前側の縁部と、補強部材41の後側の縁部とに設けられている。後述される2本のリブは、露出部41aに設けられている。

0063

図12が示すように、非露出部41bは、アウトソール37とミッドソール39とに挟まれている。アウトソール37とミッドソール39とで挟まれた部分を有する補強部材41は、靴底31から外れにくい。

0064

図10が示すように、補強部材41は、インサイド踵側からアウトサイドつま先側に向かって延びる第一リブR1と、アウトサイド踵側からインサイドつま先側に向かって延びる第二リブR2とを有する。第一リブR1は、つま先側ほどアウトサイドとなるように延在している。第二リブR2は、つま先側ほどインサイドとなるように延在している。

0065

第一リブR1と第二リブR2とは、交差部Kにおいて交差している。交差部Kにおいて、第一リブR1の突出高さは、第二リブR2の突出高さよりも高い。よって交差部Kにおいて、第一リブR1の輪郭線は存在するが、第二リブR2の輪郭線は存在しない。

0066

第一リブR1には、1本の溝m1が設けられている(図10の波線参照)。溝m1は、第一リブR1の長手方向に略沿って設けられている。図11及び図12が示すように、溝m1は、補強部材41の上面に設けられている。溝m1は、インサイド踵側からアウトサイドつま先側に向かって延びている。溝m1は、つま先側ほどアウトサイドとなるように延在している。溝m1の本数がx本であるとき、本実施形態では、xが1である。溝m1の断面形状は略V字型である。

0067

溝m1は、交差部Kを横断している。溝m1は、交差部Kのつま先側から、交差部Kの踵側にまで連続して延びている。溝m1は、交差部Kにおいて分断されていない。

0068

第二リブR2の上面には、アウトサイド踵側からインサイドつま先側に向かって延びる溝m2が設けられていない。溝m2の本数がy本とされるとき、本実施形態では、yが0である。

0069

第一リブR1は、第二リブR2よりも太い。図10に示す平面図において、第一リブR1の幅W1の最大値は、第二リブR2の幅W2の最大値よりも大きい。幅W1の平均値は、幅W2の平均値よりも大きい。

0070

図10が示すように、第一リブR1は、つま先側端M1と、後端T1とを有する。第二リブR2は、つま先側端M2と、後端T2とを有する。

0071

補強部材41は、第一リブR1から下方に突出する突起47を有している。本実施形態では、6個の突起47が設けられている。突起47は、補強部材41とともに一体成形されている。突起47は、下方に向かって突出している。突起47は、靴29の防滑性能を高める。

0072

図10が示すように、突起47のうちの3個は、交差部Kよりもアウトサイドに設けられている。交差部Kよりもアウトサイドに位置する突起47が存在する。突起47のうちの3個は、交差部Kよりも前側に設けられている。交差部Kよりも前側に位置する突起47が存在する。最も前側の突起47は、土踏まず部よりも前側に設けられている。突起47の体積は、アウトサイドほど大きい。突起47の体積は、前側ほど大きい。

0073

前述の通り、第一リブR1は第二リブR2よりも太い。これにより、スイングが安定しやすい。以下に、この作用についての説明がなされる。

0074

ここでは、右利きのゴルファーの場合が説明される。

0075

先ず、右足の動きが考察される。バックスイングの際に、右側へのスウェイが起こりやすい。この「右側」とは、スイングしているゴルファーにとっての右側である。スウェイとは、横方向への体のふらつきを意味する。スウェイにより、スイングの安定性が阻害されやすい。右側へのスウェイにより、スイングの効率が低下しうる。この効率の低下により、ヘッドスピードが減少しうる。右側へのスウェイは、ミスショットの原因となりうる。

0076

右側へのスウェイを抑制するためには、バックスイングの間、右足は、動かないか、又は、体の内側(スイングするゴルファーの左側)に少し倒れるのが理想である。この右足の動きにより、スウェイが抑制される。逆に、バックスイングにおいて、右足が体の外側方向に倒れた場合、スウェイが発生しやすい。

0077

このように、バックスイングにおけるスウェイを抑制する観点から、右足が体の外側に倒れにくくするのが好ましい。この観点から、右足用の靴1における靴底3のねじれ剛性は、以下のねじれ剛性Bが、ねじれ剛性Aよりも大きいのが好ましい。
[ねじれ剛性A]靴底3の踵部が、靴底3のつま先部に対してインサイドに回転するときのねじれ剛性。
[ねじれ剛性B]靴底3の踵部が、靴底3のつま先部に対してアウトサイドに回転するときのねじれ剛性。

0078

ただし、「インサイドへの回転」とは、右足用の靴1の場合、踵側から見たときの反時計回りの回転を意味する。左足用の靴1の場合、「インサイドへの回転」とは、踵側から見たときの時計回りの回転を意味する。「アウトサイドへの回転」とは、右足用の靴1の場合、踵側から見たときの時計回りの回転を意味する。左足用の靴1の場合、「アウトサイドへの回転」とは、踵側から見たときの反時計回りの回転を意味する。

0079

また、[ねじれ剛性A]及び[ねじれ剛性B]の定義において、「靴底3の踵部」とは、補強部材11よりも踵側の部分を意味し、「靴底3のつま先部」とは、補強部材11よりもつま先側の部分を意味する。

0080

次に、インパクトにおける右足の動きが考察される。インパクトでは、右足が体の内側に倒れ込み、「蹴り」がなされるのが好ましい。この「右足による蹴り」により、体の力がスイングに効率よく変換されうる。この「右足による蹴り」に起因して、ヘッドスピードが向上しうる。

0081

右利きゴルファーの「右足による蹴り」が円滑になされるためには、右足が体の内側に倒れ込む必要がある。この倒れ込みがなされるためには、ねじれ剛性Aがねじれ剛性Bよりも小さいのが好ましい。右利きゴルファーの「左足による踏ん張り」が円滑になされるためには、左足が体の内側に倒れ込むのが好ましい。この倒れ込みがなされるためには、ねじれ剛性Aがねじれ剛性Bよりも小さいのが好ましい。

0082

補強部材11のねじれ剛性が全体的に高すぎると、ねじれ剛性Aが過度に高くなり、「右足による蹴り」が円滑になされにくい。互いに交差するリブR1及びリブR2を設けることにより、ねじれ剛性Aが過大となることが抑制され、且つ、ねじれ剛性Aをねじれ剛性Bよりも小さくすることができる。

0083

次に、左足の動きが考察される。トップからインパクトまでの間、左側へのスウェイが起こりやすい。この「左側」とは、スイングしているゴルファーにとっての左側である。このスウェイにより、スイングの安定性が阻害されやすい。左側へのスウェイは、スイングの効率を低下させうる。この効率の低下により、ヘッドスピードが低下しうる。左側へのスウェイは、ミスショットの原因となりうる。

0084

左側へのスウェイを抑制するためには、トップからインパクトまでの間、左足は、動かないのが理想である。よって、トップからインパクトまでの間、左足には、体の内側に向かう力が作用するのがよい。この体の内側への力により、スウェイが抑制される。しかし、一般的なゴルファーでは、左足が外側に倒れて、スウェイが発生しやすい。また、一般的なゴルファーでは、左足が固定されず、ねじれることがある。

0085

左足が外側(左側)に倒れる場合、左足の靴底3の踵部が、靴底3のつま先部に対してアウトサイドに回転する。左足を安定させ、スウェイを抑制するためには、左足用の靴1において、ねじれ剛性Bが、ねじれ剛性Aよりも大きいのが好ましい。

0086

右利きゴルファーの場合について説明がされたが、左利きゴルファーの場合、左右の足の役割が入れ替わるだけである。本発明は、左利きゴルファーにも有効である。

0087

以上に説明されたように、スイングを安定させるための好ましいねじれ剛性は、左足用の靴と右足用の靴とで共通であることが判明した。即ち、右足用及び左足用のいずれも、ねじれ剛性Aがねじれ剛性Bよりも小さいのがよい。

0088

第一リブR1を第二リブR2より太くすることにより、ねじれ剛性Aがねじれ剛性Bよりも小さくなることが判明した。よって、第一リブR1及び第二リブR2は、その圧縮方向よりも、その伸長方向において、ねじれ剛性の向上に寄与していると考えられる。

0089

第一リブR1のつま先側端M1は、第二リブR2のつま先側端M2よりも前側(つま先側)に位置している(図4及び図10参照)。この構成は、ねじれ剛性Aをねじれ剛性Bよりも小さくするのに寄与している。

0090

ねじれ剛性Aをねじれ剛性Bよりも小さくする観点から、次の(a)が満たされるのが好ましい。
(a)第一リブR1の体積がVaとされ、第二リブR2の体積がVbとされ、第一リブR1の最大長さがLaとされ、第二リブR2の最大長さがLbとされたとき、以下の関係式(1)を満たす。
[Va/La]>[Vb/Lb] ・・・(1)

0091

長さLa及び長さLbが、図4に示される。長さLaは、つま先側端M1と後端T1との間の距離である。長さLbは、つま先側端M2と後端T2との間の距離である。なお、交差部Kの体積は、体積Va及び体積Vbのいずれにも含まれるものとする。

0092

ねじれ剛性Aをねじれ剛性Bよりも小さくする観点から、第一リブR1の断面積の最大値Saは、第二リブR2の断面積の最大値Sbよりも大きいのが好ましい。なお断面積Sa及び断面積Sbは、リブの長手方向に対して垂直な平面による断面積である。

0093

ねじれ剛性Aをねじれ剛性Bよりも小さくする観点から、第一リブR1の体積Vaは、第二リブR2の体積Vbよりも大きいのが好ましい。

0094

ねじれ剛性Aをねじれ剛性Bよりも小さくする観点から、長さLaは長さLbよりも大きいのが好ましい。

0095

ねじれ剛性Aをねじれ剛性Bよりも小さくする観点から、上記交差部Kにおいて、第一リブR1の突出高さは、第二リブR2の突出高さよりも高いのが好ましい。この構成により、交差部Kにおけるリブの効果は、第二リブR2よりも第一リブR1のほうが大きい。この交差部Kの構成により、ねじれ剛性Aがねじれ剛性Bよりも小さくなりやすい。

0096

ねじれ剛性Aをねじれ剛性Bよりも小さくする観点から、交差部Kよりも前側の領域における幅W2の最大値は、交差部Kよりも前側の領域における幅W1の最小値よりも小さいのが好ましい。

0097

ねじれ剛性Aをねじれ剛性Bよりも小さくする観点から、上記溝m1の本数xが、上記溝m2の本数yよりも大きいのが好ましい。つまり、x>yが好ましい。第一リブR1の体積が同一であるという条件の下で比較するとき、上記溝m1が存在する第一リブR1は、溝m1が存在しない第一リブR1と比較して、ねじれ剛性Bをより一層向上させうることが判った。また、第二リブR2の体積が同一であるという条件の下で比較するとき、上記溝m2が存在する第二リブR2は、上記溝m2が存在しない第二リブR2と比較して、ねじれ剛性Aをより一層向上させうることが判った。立体的な溝がリブの変形(主として引っ張り力による変形)を抑制していると考えられる。よって、x>yとすることは、ねじれ剛性Aをねじれ剛性Bよりも小さくするのに寄与する。x>yとすることにより、互いに交差するリブの効果がより一層向上しうる。

0098

溝m1の本数xは、1以上である。xの上限は限定されない。上記溝m1の断面積が過度に小さい場合、溝による上記効果が減少することがある。この観点から、本数xは、5以下が好ましく、4以下がより好ましく、3以下がより好ましい。

0099

溝m2の本数yは、0以上である。前述の通り、好ましくは、x>yとされる。x>yとする観点から、本数yは、4以下が好ましく、3以下がより好ましく、2以下がより好ましい。

0100

ねじれ剛性Aをねじれ剛性Bよりも小さくする観点から、差(x−y)は、1以上が好ましい。上記溝m1の本数xを好ましい範囲とする観点から、差(x−y)は、3以下が好ましく、2以下がより好ましい。

0101

ねじれ剛性Aをねじれ剛性Bよりも小さくする観点から、上記溝m1の断面積の平均値は、上記溝m2の断面積の平均値よりも大きいのが好ましい。この断面積は、溝の延在方向に対して垂直な平面による断面積である。

0102

ねじれ剛性Aをねじれ剛性Bよりも小さくする観点から、上記溝m1の幅(開口幅)の平均値は、上記溝m2の幅(開口幅)の平均値よりも大きいのが好ましい。

0103

ねじれ剛性Aをねじれ剛性Bよりも小さくする観点から、上記溝m1の深さの平均値は、上記溝m2の深さの平均値よりも大きいのが好ましい。

0104

ねじれ剛性Aをねじれ剛性Bよりも小さくする観点から、溝m1の容積Vm1の、第一リブR1の体積Vaに対する比(Vm1/Va)は、0.05以上が好ましく、0.07以上がより好ましい。第一リブR1の厚みが過度に小さい場合、第一リブR1の剛性が過度に低下し、ねじれ剛性Bが過度に低下することがある。この観点から、比(Vm1/Va)は、0.50以下が好ましく、0.20以下がより好ましい。複数本の溝m1が存在する場合、容積Vm1は、それぞれの溝m1の容積の合計である。容積Vm1及び体積Vaの単位は、ccである

0105

ねじれ剛性Aを適切に設定する観点から、溝m2を設ける場合には、溝m2の容積Vm2の、第二リブR2の体積Vbに対する比(Vm2/Vb)は、0.03以上が好ましく、0.05以上がより好ましい。ねじれ剛性Aをねじれ剛性Bよりも小さくする観点から、比(Vm2/Vb)は、0.50以下が好ましく、0.20以下がより好ましい。複数本の溝m2が存在する場合、容積Vm2は、それぞれの溝m2の容積の合計である。容積Vm2及び体積Vbの単位は、ccである

0106

前述したように、第一リブR1の最大長さがLaとされる。ねじれ剛性Aをねじれ剛性Bよりも小さくする観点から、溝m1の両端を結ぶ線分の長さLv1の、長さLaに対する比(Lv1/La)は、0.30以上が好ましく、0.50以上がより好ましい。比(Lv1/La)の上限は、1以下である。複数本の溝m1が存在する場合、長さLv1は、それぞれの溝m1の両端間の長さの合計である。長さLv1及び長さLaの単位は、mmである。

0107

前述したように、第二リブR2の最大長さがLbとされる。第二リブR2の剛性を高める観点から、溝m2の両端を結ぶ線分の長さLv2の、長さLbに対する比(Lv2/Lb)は、0.30以上が好ましく、0.50以上がより好ましい。ねじれ剛性Aをねじれ剛性Bよりも小さくする観点から、比(Lv2/Lb)は、0.90以下が好ましく、0.85以下がより好ましい。複数本の溝m2が存在する場合、長さLv2は、それぞれの溝m2の両端間の長さの合計である。長さLv2及び長さLbの単位は、mmである。

0108

上記溝m1及び上記溝m2は、補強部材の上面に設けられている。上記溝m1及び上記溝m2は、外部に露出していない。上記溝m1及び上記溝m2に芝生等が入り込む心配はない。

0109

補強部材の材質は限定されない。 好ましくは、補強部材は、無発泡体である。補強部材は、ミッドソールの変形を抑制し、靴の安定性を高める。

0110

剛性及び成形性の観点から、補強部材の材質として、熱可塑性樹脂、熱可塑性エラストマー又はEVAが好ましい。剛性、成形性及び経済性の観点から、熱可塑性エラストマーがより好ましい。好ましい熱可塑性エラストマーは、ハードセグメントソフトセグメントとを有する。この熱可塑性エラストマーとしてスチレンブタジエン系熱可塑性エラストマー(TPS)、オレフィン系熱可塑性エラストマー(TPO)、ポリエステル系熱可塑性エラストマー(TPEE)及びポリウレタン系熱可塑性エラストマー(TPU)が例示される。

0111

補強部材のより好ましい材質は、TPUである。TPUは、剛性、成形性及び経済性に優れる。本発明では、補強部材のねじれ剛性が高すぎても低すぎても好ましくない。TPUは、補強部材のねじれ剛性を適度に設定するのに適している。

0112

TPUの具体例として、バイエル社製の商品名「UTC−95」、BASFジャパン社の商品名「XNY585」、「ET690」及び「ET590」が例示される。

0113

スイングの安定性の観点から、補強部材の硬度は、アウトソール7の硬度よりも高いことが好ましい。補強部材のデュロメーターA硬度(JIS−K6253)は、90以上であることが好ましい。補強部材の硬度が低い場合、靴底3のねじれ剛性が不足し、安定性が不足する場合がある。補強部材の硬度が高すぎると、靴底3のねじれ剛性が高すぎて、スイングしにくい。この観点から補強部材のデュロメーターA硬度は、100以下が好ましく、99以下がより好ましく、95以下が特に好ましい。

0114

上記デュロメーターA硬度と同様の観点から、補強部材のショアD硬度は、50以下が好ましく、45以下がより好ましく、42以下が特に好ましい。ショアD硬度は、「ASTM−D 2240−68」の規定に準拠して、自動ゴム硬度測定装置高分子計器社の商品名「P1」)に取り付けられたショアD型スプリング式硬度計によって測定される。測定には、熱プレスで成形された、厚みが約2mmであるスラブが用いられる。23℃の温度下に2週間保管されたスラブが、測定に用いられる。測定時には、3枚のスラブが重ね合わされる。補強部材と同一の組成物からなるスラブが、測定に用いられる。

0115

本発明は、左右の靴の少なくとも一方に適用されうる。好ましくは、本発明は、左右の靴の両方に適用される。前述の通り、左右の靴のいずれについても、本発明は有効である。

0116

本発明は、ゴルフ靴に適用されうる。

図面の簡単な説明

0117

図1は、本発明の第一実施形態に係る靴をアウトサイドから見た図である。
図2は、本発明の第一実施形態に係る靴をインサイドから見た図である。
図3は、図1の靴の接地面を示す図である。
図4は、図1の靴に用いられている補強部材を示す図である。
図5は、図3のV−V線に沿った断面図である。
図6は、図3のVI−VI線に沿った断面図である。
図7は、図3のVII−VII線に沿った断面図である。
図8は、図3のVIII−VIII線に沿った断面図である。
図9は、本発明の第二実施形態に係る靴をアウトサイドから見た図である。
図10は、図9の靴の接地面を示す図である。
図11は、図10のF11−F11線に沿った断面図である。
図12は、図10のF12−F12に沿った断面図の一部である。

符号の説明

0118

1、29・・・靴
3、31・・・靴底
5、33・・・アッパー
7、37・・・アウトソール
9、39・・・ミッドソール
11、41・・・補強部材
13、45・・・アウトソールの鋲
15、43・・・アウトソールの突起
17・・・第一リブから下方に突出する鋲
19、47・・・第一リブから下方に突出する突起
21・・・インサイド補強部
23・・・アウトサイド補強部
25・・・第一リブと第二リブとの間に延びる延在部
27・・・第一リブと第二リブとの間に延びる延在部
R1・・・第一リブ
R2・・・第二リブ
m1・・・第一リブの上面に設けられた溝
m2・・・第二リブの上面に設けられた溝
T1・・・第一リブの後端
T2・・・第二リブの後端

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社ベル・コモンズの「 履物及びその部品」が 公開されました。( 2019/05/23)

    【課題】甲ベルトの色・素材等及び中底・本底の色を付け替え可能な履物を実現する。【解決手段】サンダル100の本底1は上面1USに結合された第1面ファスナーを有し、中底2は下面2LSに結合された第2面ファ... 詳細

  • 平塚清徳の「 縦並列先端傾斜歯の下駄」が 公開されました。( 2019/05/23)

    【課題】従来の、鼻緒を備えた縦長状の台板の裏側面に、横向き並列状に、二本の歯を取り付けた下駄は、地面の突起または石などの障害物に対して、容易に衝突または引っ掛けるなどが発生する構造であるが故に、それに... 詳細

  • ナイキイノベイトシーブイの「 履物設計ツール」が 公開されました。( 2019/05/23)

    【課題】消費者製品、履物物品、ニット製履物甲部などの設計のためのコンピュータベースのシステムおよび方法を提供する。【解決手段】ユーザは、履物設計インターフェースを使用して履物設計を作成および/または修... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ