図面 (/)

技術 タイムスタンプ

出願人 セイコープレシジョン株式会社
発明者 松本悟
出願日 2008年10月8日 (11年6ヶ月経過) 出願番号 2008-261567
公開日 2010年4月22日 (10年0ヶ月経過) 公開番号 2010-092264
状態 特許登録済
技術分野 タイムレコーダ、ドライブレコーダ、入出管理 タイムレコーダ・稼動の登録
主要キーワード 挿入スロット タイムレコーダ タイムカード 接着材 モータ出力 送り機構 スロット レイアウト
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2010年4月22日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

小型化したタイムスタンプにおいてタイムカードの挿入を容易にする。

解決手段

タイムスタンプ11は、設置状態においてタイムカード挿入スロット14にタイムカード15が挿入され、挿入されたタイムカード15に時刻情報印字する装置である。タイムカード挿入スロット14は、設置面21を基準として、正面からの背面に向かって下方へ8°から10°程度傾斜して形成されている。また、タイムスタンプ11は、壁面に取り付けられるための取り付け部17を備え、タイムカード挿入スロット14はタイムスタンプ11の背面に直交する方向に設置されている。

概要

背景

特許文献1には、上面にタイムカード挿入口を備え、タイムカードを上方から挿入するタイプのタイムレコーダが開示されている。しかし、この種のタイムスタンプは、タイムカードを上方から挿入する構造のため、高い場所に設置するとタイムカードの挿入に支障をきたす等、設置場所に制限があり、また、装置も大型化してしまうという問題がある。

一方、特許文献2には、正面または側面側からタイムカードを挿入するタイプのタイムスタンプが開示されている。この構成によるタイムスタンプの場合、印字ヘッドや印字ヘッドの送り機構が上方に位置し、タイムカード挿入スロットはその下方に位置するレイアウトになるのが自然である。

実開平5−4284号公報
特開平9−62883号公報

概要

小型化したタイムスタンプにおいてタイムカードの挿入を容易にする。タイムスタンプ11は、設置状態においてタイムカード挿入スロット14にタイムカード15が挿入され、挿入されたタイムカード15に時刻情報印字する装置である。タイムカード挿入スロット14は、設置面21を基準として、正面からの背面に向かって下方へ8°から10°程度傾斜して形成されている。また、タイムスタンプ11は、壁面に取り付けられるための取り付け部17を備え、タイムカード挿入スロット14はタイムスタンプ11の背面に直交する方向に設置されている。

目的

この発明は、上記実情に鑑みてなされたものであり、小型化したタイムスタンプにおいてタイムカードの挿入を容易にすることを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

タイムカード挿入スロットタイムカードが挿入され、挿入されたタイムカードに時刻情報印字するタイムスタンプであって、前記タイムカード挿入スロットが、設置面を基準として、奥側に向かって下方へ傾斜して形成されていることを特徴とするタイムスタンプ。

請求項2

前記タイムカード挿入スロットが、前記タイムスタンプの下面に対して、5°以上30°以下の角度で傾斜して形成されていることを特徴とする請求項1に記載のタイムスタンプ。

請求項3

前記タイムカード挿入スロットが、前記タイムスタンプの下面に対して、8°以上10°以下の角度で傾斜して形成されていることを特徴とする請求項2に記載のタイムスタンプ。

請求項4

前記タイムスタンプの背面に、壁面に取り付けられるための取り付け部を備え、前記タイムカード挿入スロットが、前記タイムスタンプの背面に直交する方向に延在することを特徴とする請求項1に記載のタイムスタンプ。

技術分野

0001

本発明は、タイムスタンプに関する。

背景技術

0002

特許文献1には、上面にタイムカード挿入口を備え、タイムカードを上方から挿入するタイプのタイムレコーダが開示されている。しかし、この種のタイムスタンプは、タイムカードを上方から挿入する構造のため、高い場所に設置するとタイムカードの挿入に支障をきたす等、設置場所に制限があり、また、装置も大型化してしまうという問題がある。

0003

一方、特許文献2には、正面または側面側からタイムカードを挿入するタイプのタイムスタンプが開示されている。この構成によるタイムスタンプの場合、印字ヘッドや印字ヘッドの送り機構が上方に位置し、タイムカード挿入スロットはその下方に位置するレイアウトになるのが自然である。

0004

実開平5−4284号公報
特開平9−62883号公報

発明が解決しようとする課題

0005

特許文献2に開示されている構成のタイムスタンプの高さを低く構成しようとすると、タイムカードが挿入しにくくなる。具体的には、タイムカード挿入スロットが下側にあるので、タイムスタンプの高さを低くするとタイムカード挿入スロットの位置も低くならざるを得ず、従ってタイムカード挿入スロットが認識しづらくなる。それに加えて、タイムカードを挿入するためにはタイムカードを指で把持する必要があるが、タイムカード挿入スロットとタイムカードが置かれている上との間の距離が小さいと指が邪魔になってタイムカードを挿入しづらくなる。これを防ぐためには、タイムカード挿入スロットを上方に移動させればよいが、タイムカード挿入スロットを上方に移動させた分、印字ヘッドや印字ヘッド送り機構も上方に移動するため、小型化が達成できなくなる。印字ヘッドや印字ヘッド送り機構を反転させると、タイムカード挿入スロットは一番上に配置することができるが、このような配置にするとタイムカードの印字面まで反転してしまうので、印字面を目視することができなくなるなど作業性が悪くなる。

0006

この発明は、上記実情に鑑みてなされたものであり、小型化したタイムスタンプにおいてタイムカードの挿入を容易にすることを目的とする。

課題を解決するための手段

0007

上記目的を達成するため、本発明の第1の観点に係るタイムスタンプは、
設置状態においてタイムカード挿入スロットにタイムカードが挿入され、挿入されたタイムカードに時刻情報を印字するタイムスタンプであって、
前記タイムカード挿入スロットが、設置面を基準として、奥側に向かって下方へ傾斜して形成されていることを特徴とする。

0008

例えば、前記タイムカード挿入スロットが、前記タイムスタンプの下面に対して、5°以上30°以下の角度で傾斜して形成される。

0009

例えば、前記タイムカード挿入スロットが、前記タイムスタンプの下面に対して、8°以上10°以下の角度で傾斜して形成される。

0010

また、前記タイムスタンプの背面に、壁面に取り付けられるための取り付け部を備え、前記タイムカード挿入スロットが、前記タイムスタンプの背面に直交する方向に延在するように構成してもよい。

発明の効果

0011

本発明によれば、タイムカード挿入スロットのタイムカードを挿入する側が持ち上がっているため挿入スロットの位置を認識することが容易になり、タイムカードを挿入しやすくなる。次に、タイムカード挿入スロットは奥側になるにつれて下方へ傾斜して形成されているため、タイムカードを挿入スロットに挿入すると、タイムカードは挿入スロット奥側に向かって傾斜するように挿入される。すなわち、タイムカードの挿入スロット口側の端部は挿入スロット奥側の端部よりも上部に位置する。この傾斜角の分だけ、机等の台と指との距離が離れるので、タイムカードを挿入しやすくなる。特にタイムカードを挿入スロットに挿入しようとする際には、タイムカードの幅の分だけ机上と台との距離が、さらに離れることになるので、指との間に十分なクリアランスを確保することができ、タイムカードが挿入しやすくなる。

発明を実施するための最良の形態

0012

以下、この発明の実施の形態に係るタイムスタンプ11について図面を参照しつつ説明する。
この実施の形態にかかるタイムスタンプ(装置)11は、図1に示すように、印字ヘッド12と、印字ヘッド送り機構13とを筐体内に備える。
タイムスタンプ11は、台(又は脚部)18を有し、ほぼ水平な設置面21上に設置されるように設計されている。

0013

タイムスタンプ11の正面部には、タイムカード挿入スロット14が形成されている。

0014

図2に示すように、タイムスタンプ11の正面側図2における左側)から、タイムカード挿入スロット14にタイムカード15が挿入される。挿入されたタイムカード15は、マイクロスイッチ16によって検出される。マイクロスイッチ16の検出に応答して、モータ等から構成される印字ヘッド送り機構13が印字ヘッド12の位置を調節し、続いて、印字ヘッド12がタイムカード15に時刻情報等を印字する。

0015

タイムカード挿入スロット14は、挿入方向、即ち、タイムスタンプ11の背面側(図2における右側)に向かって、下方へ傾斜している。具体的には、図3に示すように、タイムカード挿入スロット14の前端部においてタイムカード挿入スロット14と設置面との距離D1は約33mmであり、この位置から、タイムスタンプ11の奥側(タイムカードを挿入していく方向)に約8°の傾斜角θで形成されている。タイムカード15は、タイムカード挿入スロット14に挿入する際には、10cm程度突出した状態にある。このため、タイムカード15の突出分と傾斜角θとの関係により指(手)と設置面とが離れ、その距離D2は、47mm程度となる。この様な構造により、タイムカード15のタイムカード挿入スロット14への挿入が、さらに容易になる。

0016

一方、タイムスタンプ11の背面には、フックなどの壁面への取り付け部17が形成されており、図4に例示するように、鉛直方向に伸びる壁面に取り付けられるように構成されている。

0017

本実施形態においてタイムスタンプ11の背面が、台18の下面に対し垂直に形成されているとすると、タイムスタンプ11を鉛直な壁面に取付けた際には、タイムカード挿入スロット14が上方に持ち上がるため、タイムスタンプ11の取付け位置によっては、タイムカード15をタイムカードスロット14に挿入するのが困難になる。このため、タイムスタンプ11の取付け位置が制約される。

0018

そこで本実施形態は、タイムスタンプ11を鉛直な壁面に取付けた際にも、タイムカード15を容易に挿入できるような構成上の工夫を施した。

0019

タイムスタンプ11の背面(壁面に当接する面)は、台18の下面に約8°で傾いており、タイムカード挿入スロット14にほぼ垂直に形成されている。このため、図4に示すように、タイムスタンプ11を鉛直な壁面に取り付けた際には、背面が壁面に沿い、タイムカード挿入スロット14は、水平に配置される。

0020

一般に、タイムスタンプ11を壁面に設置する際には、ある程度の高さに設置される。このため、タイムカード挿入スロット14がタイムスタンプ11の下側に配置されていても指(手)と設置面に触れる事態が発生せず、タイムカード挿入スロット14にタイムカード15を容易に挿入することができる。さらに、タイムカードスロット14が上方に持ち上がっている場合に比べて取付け位置の自由度が高い。

0021

タイムスタンプを壁面に取り付ける方法はフックの他、磁石接着材などによるものでも良い。

0022

上記構成によればタイムカード挿入スロット14をタイムスタンプ11の下端部に配置しても、タイムカード挿入スロット14を8°傾けて形成しているので、タイムスタンプ11を設置面21上に載置して使用する場合には、タイムカード挿入スロット14が下端部に形成されているにもかかわらず、タイムカード15を扱うための空間を広く取ることができる。従って、タイムカード15の取りまわしが楽になり、手や指の設置面21への干渉を防止できるので、タイムカード15をタイムカード挿入スロット14へ挿入することが容易になる。また、タイムカード挿入スロット14の上方に印字ヘッド12及び印字ヘッド送り機構13を配置することが可能である。そのため、タイムカード挿入スロット14が単に水平に配置されている場合に比べて、より下側にタイムカード挿入スロット14を配置できる。従って、装置を小型化できる。

0023

なお、上記実施の形態では、タイムカード挿入スロット14の傾斜角θを8°としたが、これに限定されるものではない。しかし、傾斜角θが小さすぎると、手が設置面に接触したりして、好ましくなく、一方、傾斜角θが大きすぎると、タイムカードが挿入しにくく、また、装置が大型化してしまう。また、傾斜角θが大きすぎると、印字ヘッドを持ち上げる方向に移動する場合の負荷が大きくなり、これに対応するため大きなモータ出力が求められ、モータサイズが大型化するので、これも装置の大型化をまねく。このため、タイムカード挿入スロット14の傾斜角θは、前記タイムスタンプの下面(設置面21)に対して、5°以上30°以下とすることが望ましい。さらに好ましくは、タイムカード挿入スロット14は、タイムスタンプ11の下面(設置面21)に対して、8°以上10°以下とすることが望ましい。この場合、タイムスタンプ11の背面(壁面に設置した際に、壁面に当接する面)は、壁面に設置された際にほぼ水平となるように、傾斜角θに応じた角度で傾斜するように形成されることが望ましい。

0024

また、タイムカード15の取り回しの観点からは、タイムカード15の先端と設置面21との距離D2は、35mm以上、望ましくは、45mm以上とすることが望ましい。

0025

この発明は、上記実施の形態に限定されず、種々の変形及び応用が可能である。
例えば、上記実施の形態においては、タイムカード挿入スロット14をタイムスタンプ11の正面に形成したが、右側面又は左側面に形成し、タイムカード15を、右側面から左方向に、又は、左側面から右方向に、挿入するように構成してもよい。

0026

また、タイムスタンプ11を設置する手法等は、任意であり、台18に代えて脚を設けたり、壁面への取り付け部17に代えて壁に設置されたフックに係合する穴などを形成してもよい。
また、タイムカードの挿入を認識する方法は、マイクロスイッチ16の他、光センサなどによるものでも良い。
印字ヘッド12、印字ヘッド送り機構13の構成などは任意である。

図面の簡単な説明

0027

実施の形態に係るタイムスタンプの机上使用時の側面図である。
タイムカードが挿入された状態でのタイムスタンプの側面図である。
タイムスタンプの筐体下部の拡大図である
壁面に取り付けられた状態でのタイムスタンプの側面図である。

符号の説明

0028

11タイムスタンプ
12印字ヘッド
13 印字ヘッド送り機構
14タイムカード挿入スロット
15タイムカード
16マイクロスイッチ
17 壁面への取り付け部
18 台
21 設置面

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ