図面 (/)

技術 遊技機

出願人 株式会社ニューギン
発明者 神光太郎逵井真嘉
出願日 2008年9月19日 (12年3ヶ月経過) 出願番号 2008-241749
公開日 2010年4月2日 (10年9ヶ月経過) 公開番号 2010-069121
状態 特許登録済
技術分野 弾玉遊技機の表示装置 弾球遊技機(パチンコ等)
主要キーワード 制御コマ 同一設定 同一回数 左側枠 右側枠 希少価値 閉鎖信号 設置設備
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2010年4月2日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (9)

課題

大当り遊技中において、報知演出と大当り遊技専用の演出の実行をバランスよく制御すること。

解決手段

ストーリ演出を開始させるラウンド遊技(13ラウンド)よりも1回前のラウンド遊技において紹介演出演出実行単位:2回分のラウンド遊技)を実行させる場合は、1回前のラウンド遊技が紹介演出の最後の回(2回目)となるように大当り遊技中のラウンド演出を制御する。すなわち、ストーリ演出を開始させるラウンド遊技よりも1回前のラウンド遊技において紹介演出は完結している。したがって、紹介演出の途中からストーリ演出が割り込むように開始されることがなく、違和感のない演出が実現される。

概要

背景

従来、遊技機一種であるパチンコ遊技機では、遊技盤に配設された始動入賞口への遊技球の入球を契機大当り抽選を行い、その大当り抽選の結果を図柄変動ゲーム導出させる図柄によって遊技者報知するようになっている。これにより、遊技者は、図柄変動ゲームで導出された図柄が、大当り図柄の場合には大当りを認識できるとともに、はずれ図柄の場合にははずれを認識できる。

また、パチンコ遊技機には、大当り抽選の当選したことによって付与される大当り遊技の終了後、大当り抽選の当選確率が通常確率である低確率状態から高確率状態に変動する確率変動状態を遊技者に付与するものがある。確率変動状態中は、大当り抽選に当選し易くなることから遊技者にとっては有利な状態であり、遊技者は大当り抽選に当選して大当り遊技を得たならば、その大当り遊技終了後遊技状態として確率変動状態が付与されることを望んでいる。

このような確率変動状態を付与し得るパチンコ遊技機においては、図柄変動ゲームで導出される大当り図柄の種類から、大当り遊技の終了後に確率変動状態が付与されるか否かを認識できるようになっている。具体的に例示すると、大当り図柄を「1」〜「8」までの数字ぞろ目の組み合わせで構成する場合、奇数図柄によるぞろ目の組み合わせを確率変状態が付与されることを認識し得る確変大当り図柄とし、偶数図柄によるぞろ目の組み合わせを確率変動状態が付与されないことを認識し得る非確変大当り図柄としている。しかしながら、大当り図柄の種類から大当り遊技終了後に確率変動状態が付与されるか否かを認識できるようにしたパチンコ遊技機では、図柄変動ゲームにおいて非確変大当り図柄が導出されると、折角、大当り遊技を得ても確率変動状態が付与されないことによって大当り遊技中の興趣が低下する虞がある。

そこで、従来においては、大当り遊技中に、当該大当り遊技終了後に確率変動状態が付与されるか否かを報知する報知演出を行うパチンコ遊技機が提案されている(例えば、特許文献1参照)。このように構成したパチンコ遊技機では、図柄変動ゲームにおいて非確変大当り図柄が導出されて大当り遊技が付与されても、当該大当り遊技中に確率変動状態が付与されるか否かが再び報知されることになるので、大当り遊技中における遊技者の興趣の低下を抑制することができる。すなわち、非確変大当り図柄が導出されて大当り遊技が付与された遊技者は、大当り遊技中に報知演出が行われるか否かに注目し、報知演出が行われた場合には確率変動状態が付与される旨の結果が導出されることに期待し、大当り遊技を行うことができる。
特開2007−236691号公報

概要

大当り遊技中において、報知演出と大当り遊技専用の演出の実行をバランスよく制御すること。ストーリ演出を開始させるラウンド遊技(13ラウンド)よりも1回前のラウンド遊技において紹介演出演出実行単位:2回分のラウンド遊技)を実行させる場合は、1回前のラウンド遊技が紹介演出の最後の回(2回目)となるように大当り遊技中のラウンド演出を制御する。すなわち、ストーリ演出を開始させるラウンド遊技よりも1回前のラウンド遊技において紹介演出は完結している。したがって、紹介演出の途中からストーリ演出が割り込むように開始されることがなく、違和感のない演出が実現される。

目的

この発明は、このような従来の技術に存在する問題を解決するためになされたものであって、その目的は、大当り遊技中において、報知演出と大当り遊技専用の演出の実行をバランスよく制御することができる遊技機を提供することにある。

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
2件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

大当りか否かの大当り抽選を行う大当り抽選手段と、前記大当り抽選に当選した場合に、遊技者に付与する価値が異なる複数の大当りの中から何れの大当りを付与するかを決定する大当り種決定手段と、複数種類の図柄を変動させて行う図柄変動ゲームを表示する表示装置と、を備え、前記大当り抽選に当選した場合には前記図柄変動ゲームにおいて大当り表示結果導出されるとともに、前記図柄変動ゲームの終了後に大入賞口が開放される大当り遊技が付与され、遊技者に付与する価値が高い大当りに当選している場合には前記大当り遊技中に前記価値の高い大当りに当選していることを報知する報知演出が実行される遊技機において、前記価値の高い大当りに当選している場合に、前記大当り遊技を構成する複数回のラウンド遊技の中から前記報知演出を実行させるラウンド遊技の回を決定する報知演出実行決定手段と、各大当り遊技における各ラウンド遊技中に所定の演出を実行させるラウンド演出実行制御手段と、を備え、前記ラウンド遊技は、予め定めたラウンド遊技時間を最大時間として前記大入賞口を開放させる態様で行われ、前記ラウンド遊技中には、前記報知演出と、予め定めた回のラウンド遊技から最終回のラウンド遊技が終了する迄を演出実行単位とする最終演出と、前記最終演出が開始される迄のラウンド遊技を対象に1回のラウンド遊技を演出実行単位とする第1演出と、前記最終演出が開始される迄のラウンド遊技を対象に連続する複数回のラウンド遊技を演出実行単位とする第2演出とからなり、前記報知演出実行決定手段は、前記価値の高い大当りが決定されている場合には前記報知演出を実行させるラウンド遊技の回として、前記価値の低い大当り遊技において前記最終演出が開始されるラウンド遊技の回と前記最終演出が開始される迄のラウンド遊技を含む複数回のラウンド遊技の中から決定し、前記ラウンド演出実行制御手段は、前記最終演出を開始させるラウンド遊技よりも前のラウンド遊技において、前記報知演出を実行させる場合には前記報知演出実行決定手段が決定した回のラウンド遊技で前記報知演出を実行させるとともに、前記第1演出と前記第1演出、及び前記第2演出と前記第2演出とがそれぞれの演出実行単位で連続しないように前記第1演出と前記第2演出を実行させ、かつ前記最終演出を開始させるラウンド遊技よりも1回前のラウンド遊技において前記第2演出を実行させる場合には前記1回前のラウンド遊技が前記第2演出の演出実行単位において最後の回のラウンド遊技となるように実行させることを特徴とする遊技機。

請求項2

前記大当り種決定手段が決定する複数種類の大当りは、前記ラウンド遊技の上限数が異なる大当りであり、前記報知演出では、前記ラウンド遊技の上限数の多い大当りに当選しているか否かが報知されることを特徴とする請求項1に記載の遊技機。

請求項3

前記第2演出には、前記大当りの種類毎に実行可能な演出内容が複数定められているとともに、前記演出内容の種類数は1回の大当り遊技において前記第2演出を実行可能な回数よりも多く設定されており、前記ラウンド演出実行制御手段は、前記第2演出について、1回の大当り遊技中に同一演出内容の第2演出が複数回実行されないように、前記1回の大当り遊技中に実行させる全ての第2演出の演出内容を全て異なる演出内容で選択し、実行させることを特徴とする請求項1又は請求項2に記載の遊技機。

請求項4

前記ラウンド演出実行制御手段は、最初のラウンド遊技において前記報知演出を行わない大当り遊技の全てにおいて前記最初のラウンド遊技の演出を同一種類の演出で実行させることを特徴とする請求項1〜請求項3のうちいずれか一項に記載の遊技機。

技術分野

0001

本発明は、遊技者に付与する価値の異なる複数の大当りを備え、大当り遊技中に価値の高い大当りに当選しているか否かを報知する報知演出を行う遊技機に関する。

背景技術

0002

従来、遊技機の一種であるパチンコ遊技機では、遊技盤に配設された始動入賞口への遊技球の入球を契機大当り抽選を行い、その大当り抽選の結果を図柄変動ゲーム導出させる図柄によって遊技者に報知するようになっている。これにより、遊技者は、図柄変動ゲームで導出された図柄が、大当り図柄の場合には大当りを認識できるとともに、はずれ図柄の場合にははずれを認識できる。

0003

また、パチンコ遊技機には、大当り抽選の当選したことによって付与される大当り遊技の終了後、大当り抽選の当選確率が通常確率である低確率状態から高確率状態に変動する確率変動状態を遊技者に付与するものがある。確率変動状態中は、大当り抽選に当選し易くなることから遊技者にとっては有利な状態であり、遊技者は大当り抽選に当選して大当り遊技を得たならば、その大当り遊技終了後遊技状態として確率変動状態が付与されることを望んでいる。

0004

このような確率変動状態を付与し得るパチンコ遊技機においては、図柄変動ゲームで導出される大当り図柄の種類から、大当り遊技の終了後に確率変動状態が付与されるか否かを認識できるようになっている。具体的に例示すると、大当り図柄を「1」〜「8」までの数字ぞろ目の組み合わせで構成する場合、奇数図柄によるぞろ目の組み合わせを確率変状態が付与されることを認識し得る確変大当り図柄とし、偶数図柄によるぞろ目の組み合わせを確率変動状態が付与されないことを認識し得る非確変大当り図柄としている。しかしながら、大当り図柄の種類から大当り遊技終了後に確率変動状態が付与されるか否かを認識できるようにしたパチンコ遊技機では、図柄変動ゲームにおいて非確変大当り図柄が導出されると、折角、大当り遊技を得ても確率変動状態が付与されないことによって大当り遊技中の興趣が低下する虞がある。

0005

そこで、従来においては、大当り遊技中に、当該大当り遊技終了後に確率変動状態が付与されるか否かを報知する報知演出を行うパチンコ遊技機が提案されている(例えば、特許文献1参照)。このように構成したパチンコ遊技機では、図柄変動ゲームにおいて非確変大当り図柄が導出されて大当り遊技が付与されても、当該大当り遊技中に確率変動状態が付与されるか否かが再び報知されることになるので、大当り遊技中における遊技者の興趣の低下を抑制することができる。すなわち、非確変大当り図柄が導出されて大当り遊技が付与された遊技者は、大当り遊技中に報知演出が行われるか否かに注目し、報知演出が行われた場合には確率変動状態が付与される旨の結果が導出されることに期待し、大当り遊技を行うことができる。
特開2007−236691号公報

発明が解決しようとする課題

0006

ところで、大当り遊技中は、その興趣を向上させるために、大当り遊技専用の様々な演出が行われている。このような演出としては、例えば、演出に登場するキャラクタ紹介や、大当り遊技中しか見ることのできない画像を表示する演出などがある。このため、大当り遊技中に前述した報知演出を行う場合には、当該報知演出を割り込ませることによって大当り遊技専用の演出が中途半端に終了しないように、報知演出と大当り遊技専用の演出の実行を制御する必要がある。

0007

この発明は、このような従来の技術に存在する問題を解決するためになされたものであって、その目的は、大当り遊技中において、報知演出と大当り遊技専用の演出の実行をバランスよく制御することができる遊技機を提供することにある。

課題を解決するための手段

0008

上記問題点を解決するために、請求項1に記載の発明は、大当りか否かの大当り抽選を行う大当り抽選手段と、前記大当り抽選に当選した場合に、遊技者に付与する価値が異なる複数の大当りの中から何れの大当りを付与するかを決定する大当り種決定手段と、複数種類の図柄を変動させて行う図柄変動ゲームを表示する表示装置と、を備え、前記大当り抽選に当選した場合には前記図柄変動ゲームにおいて大当り表示結果が導出されるとともに、前記図柄変動ゲームの終了後に大入賞口が開放される大当り遊技が付与され、遊技者に付与する価値が高い大当りに当選している場合には前記大当り遊技中に前記価値の高い大当りに当選していることを報知する報知演出が実行される遊技機において、前記価値の高い大当りに当選している場合に、前記大当り遊技を構成する複数回のラウンド遊技の中から前記報知演出を実行させるラウンド遊技の回を決定する報知演出実行決定手段と、各大当り遊技における各ラウンド遊技中に所定の演出を実行させるラウンド演出実行制御手段と、を備え、前記ラウンド遊技は、予め定めたラウンド遊技時間を最大時間として前記大入賞口を開放させる態様で行われ、前記ラウンド遊技中には、前記報知演出と、予め定めた回のラウンド遊技から最終回のラウンド遊技が終了する迄を演出実行単位とする最終演出と、前記最終演出が開始される迄のラウンド遊技を対象に1回のラウンド遊技を演出実行単位とする第1演出と、前記最終演出が開始される迄のラウンド遊技を対象に連続する複数回のラウンド遊技を演出実行単位とする第2演出とからなり、前記報知演出実行決定手段は、前記価値の高い大当りが決定されている場合には前記報知演出を実行させるラウンド遊技の回として、前記価値の低い大当り遊技において前記最終演出が開始されるラウンド遊技の回と前記最終演出が開始される迄のラウンド遊技を含む複数回のラウンド遊技の中から決定し、前記ラウンド演出実行制御手段は、前記最終演出を開始させるラウンド遊技よりも前のラウンド遊技において、前記報知演出を実行させる場合には前記報知演出実行決定手段が決定した回のラウンド遊技で前記報知演出を実行させるとともに、前記第1演出と前記第1演出、及び前記第2演出と前記第2演出とがそれぞれの演出実行単位で連続しないように前記第1演出と前記第2演出を実行させ、かつ前記最終演出を開始させるラウンド遊技よりも1回前のラウンド遊技において前記第2演出を実行させる場合には前記1回前のラウンド遊技が前記第2演出の演出実行単位において最後の回のラウンド遊技となるように実行させることを要旨とする。

0009

請求項2に記載の発明は、請求項1に記載の遊技機において、前記大当り種決定手段が決定する複数種類の大当りは、前記ラウンド遊技の上限数が異なる大当りであり、前記報知演出では、前記ラウンド遊技の上限数の多い大当りに当選しているか否かが報知されることを要旨とする。

0010

請求項3に記載の発明は、請求項1又は請求項2に記載の遊技機において、前記第2演出には、前記大当りの種類毎に実行可能な演出内容が複数定められているとともに、前記演出内容の種類数は1回の大当り遊技において前記第2演出を実行可能な回数よりも多く設定されており、前記ラウンド演出実行制御手段は、前記第2演出について、1回の大当り遊技中に同一演出内容の第2演出が複数回実行されないように、前記1回の大当り遊技中に実行させる全ての第2演出の演出内容を全て異なる演出内容で選択し、実行させることを要旨とする。

0011

請求項4に記載の発明は、請求項1〜請求項3のうちいずれか一項に記載の遊技機において、前記ラウンド演出実行制御手段は、最初のラウンド遊技において前記報知演出を行わない大当り遊技の全てにおいて前記最初のラウンド遊技の演出を同一種類の演出で実行させることを要旨とする。

発明の効果

0012

本発明によれば、大当り遊技中において、報知演出と大当り遊技専用の演出の実行をバランスよく制御することができる。

発明を実施するための最良の形態

0013

以下、本発明を具体化した一実施形態を図1図8にしたがって説明する。
図1には、パチンコ遊技機10の機表側が略示されており、機体外郭をなす外枠11の開口前面側には、各種の遊技用構成部材をセットする縦長方形中枠12が開放及び着脱自在に組み付けられているとともに、中枠12の前面側には前枠13が開閉及び着脱自在に組み付けられている。前枠13は、図1に示すようにパチンコ遊技機10を機正面側から見た場合において、中枠12に重なるように組み付けられている。このため、中枠12は、前枠13の後側に配置されており、機正面側からは視認し得ないようになっている。前枠13は、中央部に窓口14を有するとともに、該窓口14の下方にパチンコ遊技機10の遊技媒体となる遊技球を貯留可能な第1貯留皿としての上皿(貯留皿)15を一体成形した構成とされている。前枠13の裏面側には、機内部に配置された遊技盤16を保護し、かつ窓口14を覆う大きさのガラスを支持する図示しないガラス支持枠が着脱及び傾動開放可能に組み付けられている。遊技盤16は、中枠12に装着される。また、前枠13には、窓口14のほぼ全周を囲むように、図示しない発光体ランプLEDなど)の発光点灯や点滅)により発光演出を行う電飾表示部(装飾ランプ)を構成する上側枠用ランプ部17と、左側枠用ランプ部18と、右側枠用ランプ部19とが配置されている。各枠用ランプ部17〜19は、前枠13の前面に装着される複数の発光体を、該各発光体の発する光を透過可能に成形したランプレンズで覆って構成されている。

0014

前枠13には、窓口14の左右上部に、各種音声を出力して音声演出を行う左スピーカ20と、右スピーカ21とが配置されている。左スピーカ20と右スピーカ21は、前枠13の裏面に装着されており、該前枠13の前面であって左スピーカ20及び右スピーカ21の装着部位に対応する部位には図示しない放音孔が複数形成されている。

0015

中枠12の前面側であって前枠13の下部には、上皿15から溢れ出た遊技球を貯留する第2貯留皿としての下皿(貯留皿)22が装着されている。また、中枠12の前面側であって下皿22の右方には、遊技球を遊技盤16に発射させる際に遊技者によって回動操作される遊技球発射用の発射ハンドル23が装着されている。また、前枠13には、下皿22の左方に、各種音声を出力して音声演出を行う下スピーカ24が配置されている。下スピーカ24は、中枠12に装着されている。本実施形態において左スピーカ20、右スピーカ21及び下スピーカ24は、パチンコ遊技機10の機本体に設けられた音声演出手段になる。

0016

上皿15には、その左方側に機内部から払出される遊技球の払出口15aが設けられているとともに、遊技者の保有する遊技球を貯留する凹状の貯留通路15bが連設されており、さらに右方側に貯留通路15b内の遊技球を機内部に取り込む図示しない上皿取込口が設けられている。上皿15に貯留された遊技球は、貯留通路15bにより前記上皿取込口へ案内されるとともに該上皿取込口を介して1球ずつ機内に取り込まれ、遊技盤16に向けて発射される。遊技盤16に向けて発射される遊技球は、発射ハンドル23の回動量に応じて発射の強弱が設定される。また、下皿22には、上皿15から溢れ出て流下した遊技球の出口22aが設けられているとともに、遊技球を貯留する凹状の貯留部22bが遊技球の出口22aに連設されている。

0017

次に、遊技盤16の構成について図2にしたがって詳しく説明する。
遊技盤16の前面には、発射ハンドル23の操作によって発射された遊技球を誘導し、かつパチンコ遊技主体となるほぼ円形遊技領域16aを形成する誘導レール25が円形渦巻き状に敷設されている。この誘導レール25によって遊技盤16には、該遊技盤16の左下方から左上方に向かって延びる遊技球の誘導路25aが形成されるとともに、誘導レール25の内側に遊技領域16aが形成される。また、遊技盤16の前面であって誘導レール25の外側となる遊技領域16a外は、パチンコ遊技に直接関与しない非遊技領域16bとされている。

0018

遊技盤16の遊技領域16aのほぼ中央(センター)には、各種の表示器や各種の飾りを施した表示枠体センター役物)27が装着されている。表示枠体27の略中央には、正面視横長矩形に開口するセット口27aが形成されており、当該セット口27aに整合して表示枠体27には液晶ディスプレイ型の画像表示GHを有する演出表示装置28が装着されている。演出表示装置28には、複数列(本実施形態では3列)の図柄列を変動させて行う図柄変動ゲームを含み、該ゲームに関連して実行される各種の表示演出遊技演出)が画像表示されるようになっている。本実施形態において演出表示装置28の図柄変動ゲームでは、複数列(本実施形態では3列)の図柄からなる図柄組み合わせを導出する。なお、演出表示装置28の図柄変動ゲームは、表示演出を多様化するための飾り図柄演出用図柄)を用いて行われる。

0019

また、表示枠体27の右下方には、表示装置としての特別図柄表示装置29が配置されている。本実施形態の特別図柄表示装置29は、7セグメントLED式の表示装置とされている。特別図柄表示装置29には、複数種類の図柄を変動させて行う図柄変動ゲームが発光表示されるようになっている。なお、特別図柄表示装置29の図柄変動ゲームは、大当りか否かの内部抽選(大当り抽選)の結果を示す報知用の図柄となる特別図柄を用いて行われる。

0020

特別図柄表示装置29と演出表示装置28では、図柄変動ゲームの開始により同時に図柄(特別図柄と飾り図柄)の変動が開始される。具体的には、図柄変動ゲームの開始に伴って、特別図柄表示装置29では特別図柄の変動が開始する一方で、演出表示装置28では各列の飾り図柄の変動が開始する。そして、特別図柄表示装置29と演出表示装置28には、大当り抽選の抽選結果に基づき、図柄変動ゲームの終了によって同時に大当り図柄又ははずれ図柄が確定停止表示される。このとき、特別図柄表示装置29と演出表示装置28では、大当り抽選の抽選結果が大当りである場合には何れの表示装置にも大当り図柄が確定停止表示され、大当り抽選の抽選結果がはずれである場合には何れの表示装置にもはずれ図柄が確定停止表示される。大当り図柄は、大当り抽選の抽選結果が大当りである場合に図柄変動ゲームで確定停止表示されるものであり、はずれ図柄は、大当り抽選の抽選結果がはずれである場合に図柄変動ゲームで確定停止表示されるものである。

0021

本実施形態において特別図柄表示装置29には、複数種類の特別図柄の中から1つの特別図柄が表示されるようになっている。本実施形態における複数種類の特別図柄は、大当りを認識し得る大当り図柄と、はずれを認識し得るはずれ図柄とに分類される。また、大当り図柄には、大当り抽選で大当りに当選し、大当り遊技を構成する規定ラウンド数が15回に設定されている15ラウンド大当り遊技の付与が決定された場合に選択される大当り図柄と、大当り遊技を構成する規定ラウンド数が7回に設定されている7ラウンド大当り遊技の付与が決定された場合に選択される大当り図柄とがある。その一方、本実施形態において演出表示装置28には、各列毎に、複数種類(本実施形態では9種類)の数字図柄が飾り図柄として表示されるようになっている。本実施形態において演出表示装置28に表示される9種類の飾り図柄は、麻雀遊技で使用する遊技媒体としての麻雀牌([一萬]〜[九萬])を模した数字図柄によって構成されている。なお、以下の説明では、[一萬]、[ニ萬]、[三萬]、・・・、[九萬]を、単に数字の[1]、[2]、[3]、・・・、[9]と示す。

0022

また、本実施形態のパチンコ遊技機10では、演出表示装置28の表示領域(画像表示面)を特別図柄表示装置29の表示領域よりも大きく形成し、演出表示装置28を遊技者の正面に目立つように配置している。このため、遊技者は、特別図柄表示装置29よりも自身の目の前で多彩な画像によって表示演出が行われる演出表示装置28の表示内容に注目し、該演出表示装置28の図柄変動ゲームで導出されて確定停止表示される図柄組み合わせから大当り又ははずれを認識することになる。

0023

本実施形態では、全ての図柄列(本実施形態では3列)の飾り図柄を同一種類の飾り図柄で形成した図柄組み合わせを、内部抽選で大当りを決定した場合に演出表示装置28に確定停止表示させる飾り図柄による大当りの図柄組み合わせ(飾り図柄の大当り図柄)としている。そして、本実施形態では、[7]を除く[1]〜[6]、[8]及び[9]による同一の数字図柄からなる図柄組み合わせ(大当り図柄)が、7ラウンド大当り遊技を認識し得る組み合わせとなる。一方、本実施形態では、[7]による同一の数字図柄からなる図柄組み合わせ(大当り図柄)が、15ラウンド大当り遊技を認識し得る組み合わせとなる。本実施形態において[7(七萬)]の数字図柄は、遊技者が、15ラウンド大当り遊技を付与する大当りに当選したことを認識し得る有利図柄となる。

0024

一方、全列の飾り図柄を同一種類とせずに形成した図柄組み合わせを、内部抽選ではずれを決定した場合に演出表示装置28に確定停止表示させる飾り図柄によるはずれの図柄組み合わせ(飾り図柄のはずれ図柄)としている。全列の飾り図柄が同一種類とならない場合には、全列の飾り図柄の全てが異なる場合や複数列(2列)の飾り図柄が同一種類で1列の飾り図柄の種類が異なる場合が含まれる。例えば、飾り図柄のはずれの図柄組み合わせは、[123]、[115]、[767]などである。

0025

そして、演出表示装置28には、特別図柄表示装置29の表示結果に応じた図柄組み合わせが表示されるようになっている。より詳しくは、特別図柄表示装置29の特別図柄による図柄と、演出表示装置28の飾り図柄による図柄組み合わせが対応されており、図柄変動ゲームが終了すると、特別図柄に対応した飾り図柄による図柄組み合わせが確定停止表示されるようになっている。

0026

ここで、演出表示装置28の画像表示部GHについて図2を用いてさらに詳しく説明する。
画像表示部GHには、飾り図柄を表示する3つの図柄表示位置H1,H2,H3が配置(形成)されている。図柄表示位置H1,H2は画像表示部GHの左右に分かれて配置されており、図柄表示位置H1,H2の間に図柄表示位置H3が配置されている。そして、各図柄表示位置H1〜H3には、図柄変動ゲームにおいて各1つの飾り図柄が表示される。これにより、画像表示部GHでは、各図柄表示位置H1〜H3に各1つの図柄列が対応し、3列の飾り図柄からなる図柄組み合わせが表示されるようになっている。本実施形態において図柄表示位置H1には図柄組み合わせを構成する左列の飾り図柄が表示されるとともに、図柄表示位置H2には図柄組み合わせを構成する右列の飾り図柄が表示され、さらに図柄表示位置H3には図柄組み合わせを構成する中列の飾り図柄が表示される。また、画像表示部GHには、各図柄表示位置H1〜H3に対応して、図柄飾り枠W1,W2,W3が画像表示されている。各図柄飾り枠W1〜W3は、各図柄表示位置H1〜H3に表示される飾り図柄を囲む大きさで形成されており、各図柄列の飾り図柄は図柄飾り枠W1〜W3内に表示されるようになっている。

0027

また、画像表示部GHでは、図柄変動ゲームの開始に伴って各図柄列の図柄の変動が開始する。変動を開始した各図柄列は、各図柄表示位置H1〜H3において、予め定めた表示順序にしたがって変動表示される。「変動表示」とは、表示させる図柄の種類を変化させながら表示される変動形態である。本実施形態において各図柄列の表示順序は、[1]〜[9]までの間で数字が昇順となる順序で、[9]に達したら再び[1]に戻って変動表示させるように定められている。

0028

また、画像表示部GHにおいて変動を開始した各図柄列は、予め定めた変動停止順にしたがって変動を停止(変動表示を停止)させ、対応する各図柄表示位置H1〜H3に各1つの飾り図柄を停止表示させるようになっている。本実施形態において各図柄列の変動停止順序は、最初に図柄表示位置H1に対応する図柄列(左列)の変動を停止させ、次に図柄表示位置H2の対応する図柄列(右列)の変動を停止させ、最後に図柄表示位置H3に対応する図柄列(中列)の変動を停止させるように定められている。そして、画像表示部GHでは、左列と右列の2列の変動が停止した際に、両図柄列に同一の飾り図柄(例えば、[1↓1])が停止表示された場合、リーチが形成される。画像表示部GHにリーチが形成された場合、画像表示部GHでは引き続き変動表示されている中列の飾り図柄を導出するためのリーチ演出が行われる。

0029

本実施形態のパチンコ遊技機10は、画像表示部GHに3つの図柄表示位置H1〜H3が配置され、各図柄表示位置H1〜H3に飾り図柄が停止表示された場合に1つの図柄組み合わせが形成されるようになっていることから、図柄組み合わせが有効となる有効ラインを一本備えた1ライン機となる。また、図柄の停止表示には、「一旦停止表示」と「確定停止表示」とがある。そして、図柄変動ゲームが終了する迄の間に図柄列の変動停止によって表示された図柄は、例えば図柄を上下に小刻みに変動させる揺れ変動などの「一旦停止表示」の状態とされ、これらの各図柄列の図柄は図柄変動ゲームの終了によって「確定停止表示」の状態とされる。なお、特別図柄表示装置29では、図柄変動ゲームが開始してから図柄変動ゲームが終了する迄の間、特別図柄の変動表示が継続して行われ、図柄変動ゲームの終了時に特別図柄が確定停止表示される。一方、演出表示装置28では、図柄変動ゲームが開始してから、所定時間の経過毎に各図柄列の変動が停止して飾り図柄が一旦停止表示され、図柄変動ゲームの終了時に各図柄列の飾り図柄が確定停止表示される。

0030

図1及び図2において、表示枠体27の下方であって、特別図柄表示装置29の左横(万点棒を模した飾り部材内)には、機内部で記憶した特別図柄用の保留記憶数を遊技者に報知する特別図柄保留記憶表示装置30が配置されている。本実施形態のパチンコ遊技機10は、表示枠体27の下方に配置される始動入賞口(上始動入賞口33と下始動入賞口34)へ遊技球が入球した場合、その入球した遊技球の個数を記憶し、特別図柄用の保留記憶数として機内部(主制御基板45の主制御用RAM45c)で記憶するようになっている。特別図柄用の保留記憶数は、保留中(図柄変動ゲーム待機中)の図柄変動ゲームの回数を示している。特別図柄用の保留記憶数は、始動入賞口に遊技球が入球することで1加算され、図柄変動ゲームの開始により1減算されるようになっている。したがって、図柄変動ゲーム中に始動入賞口へ遊技球が入球すると、特別図柄用の保留記憶数は更に加算され、所定の上限数(本実施形態では4個)まで累積されるようになっている。

0031

特別図柄保留記憶表示装置30は、2つの保留ランプによって構成されている。そして、特別図柄保留記憶表示装置30は、保留ランプの点灯態様により保留中の図柄変動ゲームの回数を遊技者に報知する構成となっている。本実施形態の特別図柄保留記憶表示装置30では、特別図柄用の保留記憶数が「0()」の場合に2つの保留ランプが消灯し、「1」の場合に1つ目の保留ランプが点滅し、「2」の場合に1つ目の保留ランプが点灯し、「3」の場合に1つ目の保留ランプが点灯し、かつ2つ目の保留ランプが点滅し、「4」の場合に2つの保留ランプが点灯する。

0032

また、表示枠体27の下方であって、特別図柄表示装置29の左横(万点棒を模した飾り部材内)において特別図柄保留記憶表示装置30の上方には、発光型の普通図柄表示装置31が配置されている。本実施形態の普通図柄表示装置31は、2つのランプを上下に並設して構成されている。普通図柄表示装置31には、普通図柄を変動させて行う普通図柄変動ゲームが発光表示されるようになっている。普通図柄変動ゲームは、前述した大当りか否かの大当り抽選とは別に行う当りか否か(開閉羽根35の開動作により下始動入賞口34を開放するか否か)の内部抽選(当り抽選)の抽選結果を表示する。本実施形態においては、当り抽選で当りを決定している場合には普通図柄変動ゲームで当り図柄として上側のランプが点灯し、かつ下側のランプが消灯し、当り抽選ではずれを決定している場合には普通図柄変動ゲームではずれ図柄として上側のランプが消灯し、かつ下側のランプが点灯する。本実施形態において普通図柄表示装置31には、普通図柄表示装置31を構成する2つのランプの点灯態様によって普通図柄が構成される。

0033

また、普通図柄表示装置31の下方には、機内部で記憶した普通図柄用の保留記憶数を遊技者に報知する普通図柄保留記憶表示装置32が配置されている。本実施形態のパチンコ遊技機10は、表示枠体27の左方に配置される普通図柄作動ゲート36へ遊技球が入球した場合、その入球した遊技球の個数を記憶し、普通図柄用の保留記憶数として機内部(主制御基板45の主制御用RAM45c)で記憶するようになっている。普通図柄用の保留記憶数は、保留中(普通図柄変動ゲーム待機中)の普通図柄変動ゲームの回数を示している。普通図柄用の保留記憶数は、普通図柄作動ゲート36に遊技球が入球することで1加算され、普通図柄変動ゲームの開始により1減算されるようになっている。したがって、普通図柄変動ゲーム中に普通図柄作動ゲート36へ遊技球が入球すると、普通図柄用の保留記憶数は更に加算され、所定の上限数(本実施形態では4個)まで累積されるようになっている。

0034

普通図柄保留記憶表示装置32は、2つの保留ランプによって構成されている。そして、普通図柄保留記憶表示装置32は、保留ランプの点灯態様により保留中の普通図柄変動ゲームの回数を遊技者に報知する構成となっている。本実施形態の普通図柄保留記憶表示装置32では、普通図柄用の保留記憶数が「0(零)」の場合に2つの保留ランプが消灯し、「1」の場合に1つ目の保留ランプが点滅し、「2」の場合に1つ目の保留ランプが点灯し、「3」の場合に1つ目の保留ランプが点灯し、かつ2つ目の保留ランプが点滅し、「4」の場合に2つの保留ランプが点灯する。

0035

また、表示枠体27において画像表示部GHの上方には、図柄変動ゲーム中に動作し、可動演出を行う演出用可動体Kが配設されている。本実施形態の演出用可動体Kは、銅鑼を模して形成されている。そして、本実施形態において演出用可動体Kは、初期位置から、画像表示部GHに表示されている画像(飾り図柄や背景など)に重なるように、図2に示す矢印Yに沿って下方位置へ降下する動作を実行可能に構成されている。なお、初期位置は、画像表示部GHに表示されている画像とは重ならない位置に設定されている。演出用可動体Kは、図示しないアクチュエータモータなど)の作動により可動する。

0036

また、表示枠体27の下方の遊技領域16aには、遊技球の入球口33aを有する入球検知手段としての上始動入賞口33と遊技球の入球口34aを有する入球検知手段としての下始動入賞口34が上下方向に並ぶように配置されている。上始動入賞口33は、常時遊技球の入球を許容し得るように入球口33aを常時開放させた構成とされている。一方で、下始動入賞口34は普通電動役物とされ、図示しないアクチュエータ(ソレノイド、モータなど)の作動により開閉動作を行う開閉羽根35を備えており、開閉羽根35が開動作することにより遊技球の入球を許容し得るように入球口34aを開放させる構成とされている。

0037

上始動入賞口33と下始動入賞口34の各奥方には、入球した遊技球を検知する入球検知手段としての始動口スイッチSW1,SW2(図3に示す)が配設されている。上始動入賞口33と下始動入賞口34は、入球した遊技球を検知することにより、図柄変動ゲームの始動条件と予め定めた個数の賞球としての遊技球の払出条件を付与し得る。下始動入賞口34は開閉羽根35が開動作すると、入口が拡大されて遊技球が入球し易い状態とされる一方で、開閉羽根35が閉動作すると、入口が拡大されずに遊技球が入球し難い状態とされる。

0038

また、下始動入賞口34の下方の遊技領域16aには、図示しないアクチュエータ(ソレノイド、モータなど)の作動により開閉動作を行う大入賞口扉37を備えた入賞手段(可変入賞装置)としての大入賞口(特別電動役物)38が配設されている。そして、大当り遊技が付与されると、大入賞口扉37の開動作によって大入賞口38が開放されて遊技球の入球が許容されるため、遊技者は、賞球を獲得できるチャンスを得ることができる。すなわち、大入賞口38は、常には大入賞口扉37によって入球を許容し得ない閉状態とされており、大当り遊技が付与されることによって不利な閉状態から遊技球の入球が許容される有利な開状態に変化する。本実施形態において大当り遊技は、賞球を獲得できるチャンスを得られることから、遊技者に有利な状態となる。そして、この大当り遊技は、内部抽選で大当りが決定し、図柄変動ゲームにて大当り図柄(大当り表示結果)が確定停止表示されることを契機に付与される。

0039

大当り遊技は、内部抽選で大当りを決定し、図柄変動ゲームで大当り図柄が確定停止表示されて該ゲームの終了後、開始される。大当り遊技が開始すると、最初に大当り遊技の開始を示すオープニング演出が行われる。オープニング演出終了後には、大入賞口扉37の開動作により大入賞口38が開放されるラウンド遊技が予め定めた規定ラウンド数を上限(本実施形態では15回又は7回)として複数回行われる。1回のラウンド遊技は、大入賞口扉37の開動作により大入賞口38が開放されてから大入賞口扉37の閉動作により大入賞口38が閉鎖される迄であり、1回のラウンド遊技中に大入賞口38は、入球上限個数(規定入球個数)の遊技球が入球するまでの間、又はラウンド遊技時間(規定上限時間)が経過するまでの間、開放される。そして、大当り遊技は、規定ラウンド数のラウンド遊技の終了後に大当り遊技の終了を示すエンディング演出が行われて終了する。

0040

なお、本実施形態のパチンコ遊技機10の大入賞口38の奥方には、大入賞口38へ入球した遊技球を検知するカウントスイッチSW3(図3に示す)のみが配設されている。すなわち、本実施形態のパチンコ遊技機10の大入賞口38には、大当り遊技を継続させる条件(V入賞)を付与するための特定入球口(「V入賞口」とも呼ばれる)が設けられていない。このため、1回のラウンド遊技は前述した終了条件成立によって終了し、大当り遊技は前記規定ラウンド数のラウンド遊技が行われることによって終了する。したがって、本実施形態のパチンコ遊技機10は、大当り遊技を継続させる条件が成立しなかったことにより、規定ラウンド数のラウンド遊技が行われる前に大当り遊技が終了する、所謂パンクが生じ得ない構成とされている。

0041

また、表示枠体27の左方の遊技領域16aには、普通図柄作動ゲート36が配設されている。普通図柄作動ゲート36の奥方には、該普通図柄作動ゲート36へ入球し通過した遊技球を検知する普通図柄変動スイッチSW4(図3に示す)が設けられている。普通図柄作動ゲート36は、遊技球の通過を契機に、普通図柄変動ゲームの始動条件を付与し得る。

0042

また、遊技盤16の遊技領域16aの最下方(大入賞口38よりも下方)には、遊技領域16aに発射された後、何れの入賞口にも入球しなかった遊技球をアウト球として機外に排出するためのアウト口39が形成されている。アウト口39を通過した遊技球は、パチンコ遊技機10の設置設備遊技島)に配設されたアウト球タンク(図示しない)に排出される。

0043

以下、本実施形態のパチンコ遊技機10に規定する大当り遊技(15ラウンド大当り遊技と7ラウンド大当り遊技)について説明する。
本実施形態のパチンコ遊技機10では、大当り抽選で大当りに当選した場合、2種類の大当りの中から1つの大当りが決定され、その決定された大当りに基づいた大当り遊技が付与されるようになっている。そして、2種類の大当りのうち、何れの大当りを付与するかは、大当り抽選で大当りに当選した際に決定する特別図柄(大当り図柄)の種類に応じて決定されるようになっている。大当り図柄となる特別図柄は、大当り遊技毎に複数種類設定されており、大当り遊技毎に設定される特別図柄の個数によって大当り抽選で大当りに当選した際に決定される大当り遊技の振分け率が規定される。例えば、大当り図柄となる特別図柄の総数を「100」とし、2種類の大当り遊技に対して特別図柄を50種類ずつ振分けた場合、大当り遊技の振分け率は2分の1(100分の50)となる。以下の説明では、説明の便宜上、「15ラウンド大当り遊技」に振分けた特別図柄を特別図柄A(又は特図A)とし、「7ラウンド大当り遊技」に振分けた特別図柄を特別図柄B(又は特図B)とする。

0044

特別図柄Aに基づく15ラウンド大当り遊技は、規定ラウンド数が「15回」に設定されている。また、15ラウンド大当り遊技では、1回のラウンド遊技の入球上限個数(カウント数)が「9球」に設定されている。また、15ラウンド大当り遊技では、1回のラウンド遊技のラウンド遊技時間が「25秒」に設定されている。なお、各ラウンド遊技は、入球上限個数分の遊技球が入球することにより終了する場合もあることから、1回のラウンド遊技のラウンド遊技時間は最大時間となる。そして、15ラウンド大当り遊技における15回のラウンド遊技では、各ラウンド遊技において大入賞口38を「1回」開放させるように設定されている。

0045

特別図柄Bに基づく7ラウンド大当り遊技は、規定ラウンド数が「7回」に設定されている。また、7ラウンド大当り遊技では、1回のラウンド遊技の入球上限個数(カウント数)が「9球」に設定されている。また、7ラウンド大当り遊技では、1回のラウンド遊技のラウンド遊技時間が「25秒」に設定されている。そして、7ラウンド大当り遊技における7回のラウンド遊技では、各ラウンド遊技において大入賞口38を「1回」開放させるように設定されている。

0046

前述したように、本実施形態において15ラウンド大当り遊技と7ラウンド大当り遊技は、規定ラウンド数が相違し、1回のラウンド遊技における入球上限個数、及びラウンド遊技時間は同一設定とされている。このため、15ラウンド大当り遊技と7ラウンド大当り遊技を比較した場合、大入賞口38への1球の入球に対する賞球数(例えば、15球)を同一設定にしたもとで、大入賞口38を閉状態から開状態に変化させる回数が多い15ラウンド大当り遊技の方が遊技者に有利な大当り遊技となる。具体的に言えば、15ラウンド大当り遊技の方が、7ラウンド大当り遊技に比して、1回の大当り遊技で遊技者が獲得可能な賞球総数が多く、遊技者に与えられる価値(獲得賞球数)が高くなる。なお、パチンコ遊技機10では、1分間あたりの遊技球の発射個数がおおよそ「100球」に設定されており、何れの大当り遊技中も当該設定にしたがって同一条件のもとで遊技球は発射される。また、本実施形態において15ラウンド大当り遊技のオープニング時間及びエンディング時間と、7ラウンド大当り遊技のオープニング時間及びエンディング時間は、何れの時間も同一時間に設定されている。

0047

また、本実施形態のパチンコ遊技機10では、再抽選演出再変動演出)と大当り中昇格演出(報知演出)を実行可能に構成されている。再抽選演出と大当り中昇格演出は、何れも大当り抽選で大当りに当選した際に決定された大当り遊技の種類を遊技者に認識させるために行われる演出であり、演出実行時期及び演出態様が相違している。

0048

再抽選演出は、図柄変動ゲーム中を演出実行時期として行われる演出である。この再抽選演出は、図柄変動ゲーム中に仮の大当り図柄(飾り図柄による図柄組み合わせ)を一旦停止表示させた後、最終的に確定停止表示される大当り図柄(飾り図柄による図柄組み合わせ)を導出する演出態様で行われる。具体的に例示すれば、仮の大当り図柄として[111]を一旦停止表示させた後、各図柄列を再び変動させ、最終的に確定停止表示される大当り図柄として[777]を導出する。再抽選演出によれば、図柄変動ゲームで導出された大当り図柄が「7ラウンド大当り遊技」を認識し得る大当り図柄であっても、図柄の再変動によって「15ラウンド大当り遊技」を認識し得る大当り図柄が導出される期待感、すなわち有利な大当り遊技へ昇格する期待感を遊技者に抱かせることができる。本実施形態において再抽選演出は、付与される大当り遊技の種類が「7ラウンド大当り遊技」から「15ラウンド大当り遊技」へ昇格する期待感を遊技者に抱かせることから、昇格演出として位置付けられる。なお、再抽選演出は、例えば、大当り図柄[777]から大当り図柄[888]というように、認識し得る大当り遊技の種類が降格する態様では行われず、前述した大当り遊技の種類が昇格する態様、及び大当り遊技の種類が変化しない態様の何れかで行われる。

0049

一方、大当り中昇格演出は、大当り遊技中を演出実行時期として行われる演出である。この大当り中昇格演出は、大当り遊技中のラウンド遊技において予め定めた特定演出を実行させる演出態様で行われる。本実施形態において特定演出は、演出用可動体K(銅鑼)を画像表示部GHへ向けて降下させる態様で行われる。また、本実施形態において特定演出は、前記演出用可動体Kの降下とともに、画像表示部GHに「超大当り」からなる文字の画像を表示させる態様で行われる。そして、予め定めたラウンド遊技中(本実施形態では1ラウンド〜5ラウンドの何れか)に演出用可動体Kを降下させ、かつ「超大当り」の画像を画像表示部GHに割り込ませて表示させることで、「15ラウンド大当り遊技」に当選していること遊技者に報知する。大当り中昇格演出によれば、図柄変動ゲームで最終的に導出された飾り図柄の大当り図柄が「7ラウンド大当り遊技」を認識し得る大当り図柄であっても、大当り遊技中に「15ラウンド大当り遊技」に当選していたことが報知される期待感、すなわち有利な大当り遊技へ昇格する期待感を遊技者に抱かせることができる。本実施形態において大当り中昇格演出は、付与される大当り遊技の種類が「7ラウンド大当り遊技」から「15ラウンド大当り遊技」へ昇格する期待感を遊技者に抱かせることから、昇格演出として位置付けられる。

0050

次に、パチンコ遊技機10の電気的構成について図3にしたがって説明する。
パチンコ遊技機10の機裏側には、パチンコ遊技機10全体を制御する主制御装置としての主制御基板45が装着されている。主制御基板45は、パチンコ遊技機10全体を制御するための各種処理を実行し、該処理結果に応じて遊技を制御するための各種の制御指令としての制御信号制御コマンド)を演算処理し、該制御信号(制御コマンド)を出力する。また、機裏側には、サブ統括制御基板46と、演出表示制御基板47と、音声・ランプ制御基板48が装着されている。これらのサブ統括制御基板46、演出表示制御基板47及び音声・ランプ制御基板48が、副制御装置となる。

0051

サブ統括制御基板46は、主制御基板45が出力した制御信号(制御コマンド)に基づき、演出表示制御基板47、音声・ランプ制御基板48を統括的に制御する。演出表示制御基板47は、主制御基板45とサブ統括制御基板46が出力した制御信号(制御コマンド)に基づき、演出表示装置28の表示態様(図柄、背景、文字などの表示画像など)を制御する。また、音声・ランプ制御基板48は主制御基板45とサブ統括制御基板46が出力した制御信号(制御コマンド)に基づき、各種ランプ17〜19の発光態様(点灯(点滅)/消灯のタイミングなど)、及びスピーカ20,21,24の音声出力態様(音声出力のタイミングなど)を制御する。

0052

以下、主制御基板45、サブ統括制御基板46、演出表示制御基板47について、その具体的な構成を説明する。
主制御基板45には、制御動作を所定の手順で実行することができる主制御用CPU45aと、主制御用CPU45aのメイン制御プログラムを格納する主制御用ROM45bと、必要なデータの書き込み及び読み出しができる主制御用RAM45cが設けられている。主制御用CPU45aには、主制御用ROM45bと主制御用RAM45cが接続されている。

0053

また、主制御用CPU45aには、上始動入賞口33に入球した遊技球を検知する始動口スイッチSW1と、下始動入賞口34に入球した遊技球を検知する始動口スイッチSW2が接続されている。また、主制御用CPU45aには、大入賞口38に入球した遊技球を検知するカウントスイッチSW3と、普通図柄作動ゲート36を通過した遊技球を検知する普通図柄変動スイッチSW4が接続されている。また、主制御用CPU45aには、特別図柄表示装置29と、普通図柄表示装置31と、特別図柄保留記憶表示装置30と、普通図柄保留記憶表示装置32を搭載する図柄表示基板49が接続されている。また、主制御用CPU45aは、特別図柄用の大当り判定用乱数大当り図柄用乱数、普通図柄用の当り判定乱数変動パターン分用乱数などの各種乱数の値を所定の周期毎に更新し、更新後の値を主制御用RAM45cの設定領域に記憶(設定)することで更新前の値を書き換えており、乱数更新処理(乱数生成処理)を実行する。特別図柄用の大当り判定用乱数は、大当りとするか否かの大当り抽選(大当り判定)で用いる乱数である。大当り図柄用乱数は、大当りとなる場合に特別図柄表示装置29に確定停止表示させる特別図柄としての大当り図柄を決定する際に用いる乱数である。普通図柄用の当り判定用乱数は、普通図柄の当りとするか否かの普通図柄当り抽選(普通図柄当り判定)で用いる乱数である。変動パターン振分用乱数は、変動パターンを選択する際に用いる乱数である。また、主制御用CPU45aは、時間を計測するタイマを更新する。主制御用RAM45cには、パチンコ遊技機10の動作中に適宜書き換えられる各種情報乱数値タイマ値フラグなど)が記憶(設定)されるようになっている。

0054

主制御用ROM45bには、メイン制御プログラムに加え、複数種類の変動パターンと各種判定値大当り判定値、普通図柄当り判定値など)が記憶されている。変動パターンは、図柄(特別図柄及び飾り図柄)が変動を開始(図柄変動ゲームが開始)してから図柄が確定停止表示(図柄変動ゲームが終了)される迄の間の遊技演出(表示演出、発光演出、音声演出)のベースとなるパターンを示すものである。変動パターンには、該変動パターン毎に、図柄変動ゲームの開始から終了までの変動時間が定められている。また、変動パターンは、大当り演出用、はずれリーチ演出用、及びはずれ演出用からなる演出内容毎に分類されている。大当り演出は、図柄変動ゲームが、リーチ演出を経て最終的に大当り図柄を確定停止表示させるように展開される演出である。はずれリーチ演出は、図柄変動ゲームが、リーチ演出を経て最終的にはずれ図柄を確定停止表示させるように展開される演出である。はずれ演出は、図柄変動ゲームが、リーチ演出を経ることなく最終的にはずれ図柄を確定停止表示させるように展開される演出である。なお、リーチ演出は、演出表示装置28の画像表示部GHに画像表示される飾り図柄を用いた図柄変動ゲームで行われる。本実施形態では、図柄変動ゲームの変動内容を特定可能な変動パターンを記憶する主制御用ROM45bが、変動パターン記憶手段となる。

0055

大当り判定値は、大当り抽選で用いる判定値であり、特別図柄用の大当り判定用乱数の取り得る数値の中から定められている。この大当り判定値として定める数値の個数により、大当り抽選で大当りに当選する確率(大当り確率)が定められている。例えば、大当り判定用乱数の値を「0〜599」までの全600通りの整数に定め、大当り判定値を「2個」に設定した場合、大当り確率は600分の2(=300分の1)となる。また、普通図柄当り判定値は、普通図柄当り抽選で用いる判定値であり、普通図柄用当り判定用乱数の取り得る数値の中から定められている。この普通図柄当り判定値として定める数値の個数により、普通図柄当り抽選で当りに当選する確率(当り確率)が定められている。例えば、当り判定用乱数の値を「0〜99」までの全100通りの整数に定め、当り判定値を「2個」に設定した場合、当り確率は100分の2(=50分の1)となる。

0056

次に、サブ統括制御基板46について説明する。
サブ統括制御基板46には、制御動作を所定の手順で実行することができる統括制御用CPU46aと、統括制御用CPU46aの制御プログラムを格納する統括制御用ROM46bと、必要なデータの書き込み及び読み出しができる統括制御用RAM46cが設けられている。統括制御用CPU46aには、統括制御用ROM46bと統括制御用RAM46cが接続されている。そして、統括制御用CPU46aはタイマ機能を搭載しており、所定のタイミング(例えば、図柄変動ゲームを開始するタイミング)で時間を計測する。

0057

次に、演出表示制御基板47について説明する。
演出表示制御基板47には、制御動作を所定の手順で実行することができる表示制御用CPU47aと、表示制御用CPU47aの制御プログラムを格納する表示制御用ROM47bと、必要なデータの書き込み及び読み出しができる表示制御用RAM47cが設けられている。表示制御用CPU47aには、演出表示装置28が接続されているとともに、演出用可動体Kを動作させるアクチュエータを駆動する駆動回路(図示しない)が接続されている。また、本実施形態の表示制御用CPU47aはタイマ機能を搭載しており、所定のタイミング(例えば、図柄変動ゲームを開始するタイミング)で時間を計測する。表示制御用ROM47bには、各種の画像データ(図柄、背景、文字、キャラクタなどの画像データ)が記憶されている。

0058

以下、主制御基板45、サブ統括制御基板46及び演出表示制御基板47が実行する制御内容を説明する。
最初に、主制御基板45について説明する。

0059

主制御基板45の主制御用CPU45aは、上始動入賞口33又は下始動入賞口34へ遊技球が入球し、該遊技球を検知した始動口スイッチSW1,SW2が出力する検知信号を入力すると、主制御用RAM45cに記憶されている特別図柄用の保留記憶数が上限数(本実施形態では4)未満であるか否かの保留判定を行う。保留判定の判定結果が肯定(特別図柄用の保留記憶数<4)の場合、主制御用CPU45aは、特別図柄用の保留記憶数を1加算(+1)し、特別図柄用の保留記憶数を書き換える。また、主制御用CPU45aは、特別図柄用の保留記憶数の書き換えに伴って該書き換え後の前記保留記憶数に対応する数の保留ランプを点灯させる。また、主制御用CPU45aは、保留判定を肯定判定している場合、特別図柄用の大当り判定用乱数の値を主制御用RAM45cから取得し、その値を特別図柄用の保留記憶数に対応付けて主制御用RAM45cの所定の記憶領域に格納する。なお、主制御用CPU45aは、保留判定の判定結果が否定(保留記憶数=4)の場合、上限数を超える特別図柄用の保留記憶数の書き換えを行わないとともに、特別図柄用の大当り判定用乱数の値も取得しない。

0060

また、主制御用CPU45aは、図柄変動ゲームの開始直前に、主制御用RAM45cの所定の記憶領域に格納した特別図柄用の大当り判定用乱数の値を読み出し、該値と主制御用ROM45bに記憶されている大当り判定値とを比較し、大当り遊技を付与するか否かの大当り判定(大当り抽選)を行う。大当り判定の判定結果が肯定(特別図柄用の大当り判定用乱数の値と大当り判定値とが一致)の場合、主制御用CPU45aは、大当りを決定する。大当りを決定した主制御用CPU45aは、特別図柄表示装置29で行われる図柄変動ゲームで確定停止表示させる特別図柄として大当り図柄を決定する。特別図柄の大当り図柄は、前述したように大当り遊技の種類毎に設定されていることから、大当り図柄を決定することによって遊技者に付与する大当り遊技の種類を決定したことになる。また、大当りを決定した主制御用CPU45aは、変動パターン振分用乱数の値を主制御用RAM45cから取得し、その取得した値と特別図柄から特定される大当り遊技の種類をもとに大当り演出用の変動パターンを選択し、決定する。

0061

具体的に言えば、主制御用CPU45aは、特別図柄が15ラウンド大当り遊技に対応する大当り図柄の場合、15ラウンド大当り遊技の当選時に選択可能な大当り演出用の変動パターンの中から一つの変動パターンを選択し、決定する。また、主制御用CPU45aは、特別図柄が7ラウンド大当り遊技に対応する大当り図柄の場合、7ラウンド大当り遊技の当選時に選択可能な大当り演出用の変動パターンの中から一つの変動パターンを選択し、決定する。

0062

一方、主制御用CPU45aは、大当り判定の判定結果が否定(特別図柄用の大当り判定用乱数の値と大当り判定値とが不一致)の場合、はずれを決定する。そして、主制御用CPU45aは、特別図柄表示装置29で行われる図柄変動ゲームで確定停止表示させる特別図柄としてはずれ図柄を決定する。また、はずれを決定した主制御用CPU45aは、はずれリーチ演出を実行するか否かを決定する。この判定結果が肯定(はずれリーチ演出を実行する)の場合、主制御用CPU45aは、変動パターン振分用乱数の値を主制御用RAM45cから取得し、その取得した値をもとに、はずれリーチ演出の当選時に選択可能なはずれリーチ演出用の変動パターンの中から一つの変動パターンを選択し、決定する。一方、主制御用CPU45aは、はずれリーチ演出を実行するか否かの判定結果が否定(はずれリーチ演出を実行しない)の場合、変動パターン振分用乱数の値を主制御用RAM45cから取得し、その取得した値をもとに、はずれ演出の当選時に選択可能なはずれ演出用の変動パターンの中から一つの変動パターンを選択し、決定する。

0063

特別図柄及び変動パターンを決定した主制御用CPU45aは、所定の制御コマンドを生成し、その生成した制御コマンドを所定のタイミングでサブ統括制御基板46(統括制御用CPU46a)に出力する。具体的に言えば、主制御用CPU45aは、変動パターンを指示するとともに図柄変動ゲームの開始を指示する変動パターン指定コマンドを生成し、該変動パターン指定コマンドを図柄変動ゲームの開始に際して最初に出力する。また、主制御用CPU45aは、特別図柄を指示する特別図柄用の停止図柄指定コマンドを生成し、該停止図柄指定コマンドを変動パターン指定コマンドの出力後、次に出力する。そして、主制御用CPU45aは、指示した変動パターンに定められている変動時間の経過時に図柄変動ゲームの終了(図柄の確定停止)を指示する図柄停止コマンドを生成し、該図柄停止コマンドを前記変動時間の経過に伴って出力する。

0064

また、主制御用CPU45aは、図柄変動ゲームの開始時に特別図柄用の保留記憶数を1減算(−1)し、特別図柄用の保留記憶数を書き換える。そして、主制御用CPU45aは、特別図柄用の保留記憶数の書き換えに伴って該書き換え後の前記保留記憶数に対応する数の保留ランプを点灯させる。また、主制御用CPU45aは、図柄変動ゲームの開始に伴って特別図柄表示装置29の表示内容を制御する。すなわち、主制御用CPU45aは、図柄変動ゲームの開始により特別図柄の変動を開始させ、決定した変動パターンに定められている変動時間の経過時に決定した特別図柄(大当り図柄又ははずれ図柄)を確定停止表示させる。

0065

また、主制御用CPU45aは、大当り遊技の各開始時にオープニングコマンドを出力するとともに、各ラウンド遊技の開始時にラウンドコマンドを出力し、さらに終了時にエンディングコマンドを出力する。オープニングコマンドはオープニング演出の開始を指示し、ラウンドコマンドはラウンド遊技(ラウンド演出)の開始を指示し、エンディングコマンドはエンディング演出の開始を指示する。また、主制御用CPU45aは、各大当り遊技において、各ラウンド遊技の開始時に、大入賞口38を開放させるための開放信号を出力する。開放信号は、大入賞口扉37のアクチュエータに対して出力され、前記開放信号によって前記アクチュエータが作動し、大入賞口扉37が開動作される。また、主制御用CPU45aは、各大当り遊技において、ラウンド遊技毎に予め定めたラウンド遊技時間を計測するとともに、大入賞口38に配設されたカウントスイッチSW3からの検知信号を入力してラウンド遊技中に入球した遊技球の入球個数をカウントする。そして、主制御用CPU45aは、各大当り遊技において、ラウンド遊技時間が経過したこと、及び入球上限個数の遊技球が入球したことの何れかの終了条件を満たすことにより、大入賞口38を閉鎖させるための閉鎖信号を出力する。閉鎖信号は、大入賞口扉37のアクチュエータに対して出力され、前記閉鎖信号によって前記アクチュエータが作動し、大入賞口扉37が閉動作される。

0066

そして、大当り遊技を終了させた主制御用CPU45aは、大当り遊技の終了時点の特別図柄用の保留記憶数が「1」以上の場合、その始動保留球をもとに、次の図柄変動ゲームを開始させる。一方、主制御用CPU45aは、大当り遊技の終了時点の特別図柄用の保留記憶数が「0」の場合、始動入賞口に遊技球が入球し、始動条件が成立するまで、図柄変動ゲームを実行させることなく、待機する。

0067

本実施形態では、遊技盤16に配設した始動領域(上始動入賞口33と下始動入賞口34)への遊技球の入球を契機に、大当り抽選(大当り判定)を行う主制御用CPU45aが、大当り抽選手段となる。また、本実施形態では、大当り抽選で大当りに当選した場合に、複数種類の大当り遊技(15ラウンド大当り遊技と7ラウンド大当り遊技)の中から何れの大当り遊技を遊技者に付与するかを決定する主制御用CPU45aが、大当り種決定手段となる。また、本実施形態では、大当り抽選の抽選結果に基づき、変動パターンを選択する主制御用CPU45aが、変動パターン選択手段となる。また、本実施形態では、大入賞口38の開閉制御を行う主制御用CPU45aが、可変制御手段となる。また、本実施形態において主制御用CPU45aは、特別図柄を決定する図柄決定手段、大当り遊技を付与する大当り遊技付与手段にもなり得る。

0068

次に、サブ統括制御基板46が実行する制御内容を説明する。
サブ統括制御基板46の統括制御用CPU46aは、変動パターン指定コマンドを入力すると、該コマンドを演出表示制御基板47、及び音声・ランプ制御基板48に出力する。また、統括制御用CPU46aは、特別図柄用の停止図柄指定コマンドを入力すると、該コマンドに対応する特別図柄の停止図柄指定に応じて演出表示装置28に確定停止表示させる飾り図柄を決定し、決定した飾り図柄を指示する飾り図柄用の停止図柄指定コマンドを演出表示制御基板47に出力する。また、統括制御用CPU46aは、図柄停止コマンドを入力すると、該コマンドを演出表示制御基板47、及び音声・ランプ制御基板48に出力する。また、統括制御用CPU46aは、オープニングコマンド、ラウンドコマンド及びエンディングコマンドを入力すると、これらのコマンドに応じてオープニング演出の演出内容、ラウンド演出の演出内容、及びエンディング演出の演出内容を決定する。そして、統括制御用CPU46aは、決定した演出内容を指示する演出指示コマンドを演出表示制御基板47、及び音声・ランプ制御基板48にそれぞれ出力する。

0069

統括制御用CPU46aは、特別図柄用の停止図柄指定コマンドで指定された停止図柄(特別図柄)が、大当り図柄の場合、飾り図柄の図柄組み合わせとして、大当りを認識し得る図柄組み合わせを決定する。このとき、統括制御用CPU46aは、停止図柄(特別図柄)が15ラウンド大当り遊技に対応する大当り図柄である場合、15ラウンド大当り遊技に当選していることを再抽選演出で報知するか、又は昇格演出で報知するかによって飾り図柄の図柄組み合わせを決定する。すなわち、統括制御用CPU46aは、再抽選演出にて報知する場合、仮の大当り図柄を構成する飾り図柄の図柄組み合わせとして全ての飾り図柄([1])〜[9])の中から1つの飾り図柄を決定するとともに、最終的に確定停止表示させる仮の大当り図柄を構成する飾り図柄の図柄組み合わせとして[7]を決定する。一方、統括制御用CPU46aは、昇格演出にて報知する場合、仮の大当り図柄を構成する飾り図柄の図柄組み合わせとして[7]を除く他の飾り図柄([1]〜[6]、[8]、[9])の中から1つの飾り図柄を決定する。また、統括制御用CPU46aは、昇格演出にて報知する場合、最終的に確定停止表示させる大当り図柄を構成する飾り図柄の図柄組み合わせとして、仮の大当り図柄を構成する飾り図柄の図柄組み合わせと同一の図柄組み合わせを決定する。

0070

また、統括制御用CPU46aは、停止図柄(特別図柄)が7ラウンド大当り遊技に対応する大当り図柄である場合、再抽選演出に用いる仮の大当り図柄と最終的に確定停止表示させる大当り図柄を決定する。具体的に言えば、統括制御用CPU46aは、7ラウンド大当り遊技の場合、仮の大当り図柄を構成する飾り図柄の図柄組み合わせとして[7]を除く他の飾り図柄([1]〜[6]、[8]、[9])の中から1つの飾り図柄を決定する。また、統括制御用CPU46aは、7ラウンド大当り遊技の場合、最終的に確定停止表示させる大当り図柄を構成する飾り図柄の図柄組み合わせとして、仮の大当り図柄を構成する飾り図柄の図柄組み合わせと同一の図柄組み合わせを決定する。

0071

また、統括制御用CPU46aは、特別図柄用の停止図柄指定コマンドで指定された停止図柄(特別図柄)が、はずれ図柄の場合、はずれを認識し得る図柄組み合わせを決定する。このとき、統括制御用CPU46aは、はずれリーチ演出用の変動パターンが指示されている場合、リーチ形成図柄を含むはずれを認識し得る図柄組み合わせを決定する。一方、統括制御用CPU46aは、はずれ演出用の変動パターンが指示されている場合、リーチ形成図柄を含まないはずれを認識し得る図柄組み合わせを決定する。

0072

次に、演出表示制御基板47が実行する制御内容を説明する。
演出表示制御基板47の表示制御用CPU47aは、変動パターン指定コマンドを入力すると、該コマンドに指示される変動パターンに対応する演出内容(ゲーム用の表示パターン)を選択し、該演出内容で図柄変動ゲームを行わせるように画像表示部GHの表示内容を制御する。このとき、表示制御用CPU47aは、選択した演出内容をもとに表示制御用ROM47bの画像データを用いて前記演出内容に沿った画像を表示するための表示用データを生成する。そして、表示制御用CPU47aは、図柄変動ゲームの開始に伴って該ゲームの開始からの経過時間を計時し、その計時した時間と表示用データをもとに画像表示部GHに映し出す画像を所定の制御周期毎切り替える。そして、表示制御用CPU47aは、図柄変動ゲームにおいて飾り図柄用の停止図柄指定コマンドで指示された飾り図柄を導出し、図柄停止コマンドの入力によって飾り図柄による図柄組み合わせを確定停止表示させるように画像表示部GHの表示内容を制御し、図柄変動ゲームを終了させる。例えば、表示制御用CPU47aは、再抽選演出を行う場合、飾り図柄用の停止図柄指定コマンドで指示された仮の大当り図柄を構成する図柄組み合わせを一旦停止表示させる。その後、表示制御用CPU47aは、再抽選にて飾り図柄用の停止図柄指定コマンドで指示された最終的に確定停止表示させる大当り図柄を構成する図柄組み合わせを導出し、当該図柄組み合わせを図柄停止コマンドの入力によって確定停止表示させる。

0073

また、表示制御用CPU47aは、大当り遊技中において、オープニング演出用の演出指示コマンド、ラウンド演出用の演出指示コマンド、エンディング演出用の演出指示コマンドにしたがってオープニング演出、ラウンド演出及びエンディング演出を行わせるように画像表示部GHの表示内容を制御する。すなわち、表示制御用CPU47aは、図柄変動ゲームと同様に、表示制御用ROM47bの画像データを用いて演出内容に沿った画像を表示するための表示用データを生成し、画像表示部GHの表示内容を制御する。

0074

そして、本実施形態のパチンコ遊技機10では、大当り遊技中の所定のラウンド遊技において昇格演出を行わせるように構成されている。このため、表示制御用CPU47aは、ラウンド演出用の演出指示コマンドで指示される演出内容が昇格演出の場合、昇格演出を行わせるように画像表示部GHの表示内容を制御する。また、昇格演出を行わせる場合、表示制御用CPU47aは、画像表示部GHの制御とともに演出用可動体Kを動作させる制御を実行する。すなわち、表示制御用CPU47aは、演出用可動体Kを駆動させる駆動回路に対して動作信号を出力し、演出用可動体Kを動作させる。本実施形態では、上記のように大当り遊技中の制御を実行する表示制御用CPU47aが、ラウンド演出実行制御手段として機能する。

0075

以下、大当り遊技中における統括制御用CPU46aの制御構成について、図4図7を用いてさらに詳しく説明する。
統括制御用ROM46bには、大当り遊技を構成する各ラウンド遊技で実行させるラウンド演出の演出種類を規定した複数の大当りテーブル図4(a)〜(f))が記憶されている。なお、図4(a)〜(f)において、「R」は「ラウンド」を示し、例えば「1R」は「1ラウンドのラウンド遊技」を、「2R」は「2ラウンドのラウンド遊技」を示す。

0076

本実施形態では、ラウンド演出の演出種類として、紹介演出(第2演出)、繋ぎ演出(第1演出)、ストーリ演出(最終演出)、及び大当り中昇格演出(図中、「昇格演出」と示す)の4種類が用意されている。

0077

紹介演出は、図柄変動ゲームで行われる各種演出(リーチ演出など)で登場するキャラクタのプロフィールなどを表示して紹介する演出である。紹介演出は、基本的に連続する2回のラウンド遊技を演出実行単位として実行される。「演出実行単位」とは、当該演出を実行させるラウンド遊技の回数を規定するものである。この紹介演出の種類は、図5に示すように、複数種類(本実施形態では9種類)用意されており、紹介演出の開始時に何れの紹介演出を実行させるか抽選で決定されるようになっている。図5中の「キャラ」は「キャラクタ」を示す。そして、紹介演出は、図5に示すように、大当り遊技の種類(15ラウンド大当り遊技と7ラウンド大当り遊技)、及び大当りの連チャン回数に応じて実行可能な種類が予め規定されている。例えば、連チャン回数が1回〜3回の範囲において15ラウンド大当り遊技(特図A)に当選した場合、当該大当り遊技中に実行可能な紹介演出は、図5中に「○」を付したキャラクタa〜キャラクタhに係る8種類の紹介演出とされている。「連チャン回数」とは、大当り遊技終了後、予め定めた期間内(例えば大当り遊技終了後、100回の図柄変動ゲームが終了する迄)に再び大当りに当選することによってカウントされる回数である。

0078

また、9種類の紹介演出のうち、キャラクタhの紹介演出は、図5から分かるように、15ラウンド大当り遊技(特図A)に当選した場合のみに、実行可能な演出とされている。このため、大当り遊技中に、キャラクタhの紹介演出が実行された場合には、その実行によって15ラウンド大当り遊技に当選していることを認識し得るようになっている。すなわち、キャラクタhの紹介演出は、図柄変動ゲームで[7]からなる大当り図柄が確定停止表示されておらず、かつ大当り遊技中に大当り中昇格演出が実行されていない段階において、15ラウンド大当り遊技に当選しているか否かを遊技者が判断する指標となり得る。また、9種類の紹介演出のうち、キャラクタiの紹介演出は、図5から分かるように、連チャン回数が4回以上の時であって、15ラウンド大当り遊技(特図A)に当選した場合のみに、実行可能な演出とされている。このため、キャラクタiの紹介演出は、特定条件下において実行可能な希少価値の高い特別演出として位置付けられている。また、キャラクタiの紹介演出は、連チャン回数が4回以上の時に限り、キャラクタhの紹介演出と同様に、15ラウンド大当り遊技に当選しているか否かを遊技者が判断する指標となり得る。

0079

繋ぎ演出は、基本的に紹介演出と紹介演出の間に実行される演出である。繋ぎ演出は、1回のラウンド遊技を演出実行単位として実行される。この繋ぎ演出は1種類のみ用意されており、例えば紹介演出では紹介されない特定のキャラクタを登場させて行われる。そして、繋ぎ演出は、図5に示すように、大当り遊技の種類、及び大当りの連チャン回数に関係なく実行される。

0080

ストーリ演出は、予め定めたストーリ物語)を表示する演出である。ストーリ演出は、連続する3回のラウンド遊技を演出実行単位として実行される。そして、本実施形態においてストーリ演出は、予め定めた回のラウンド遊技から最終回のラウンド遊技に亘って実行される。具体的に言えば、15ラウンド大当り遊技では、図4(a)〜(e)に示すように13〜15ラウンドの3回のラウンド遊技を演出実行単位として実行されるとともに、7ラウンド大当り遊技では、図4(f)に示すように5〜7ラウンドの3回のラウンド遊技を演出実行単位として実行される。そして、ストーリ演出は、大当り遊技の終了が近づいたことを報知する演出として実行される。

0081

大当り中昇格演出は、前述したように、15ラウンド大当り遊技に当選していること遊技者に報知する演出である。大当り中昇格演出は、1回のラウンド遊技を演出実行単位として実行される。そして、本実施形態においてラウンド中昇格演出は、1〜5ラウンドのラウンド遊技のうち、何れかのラウンド遊技で実行される。この大当り中昇格演出の演出実行時期(1〜5ラウンドの何れか)は、7ラウンド大当り遊技に当選した際に行われる大当り遊技において、ストーリ演出が開始する開始時期に合わせて規定されている。すなわち、大当り中昇格演出の演出実行時期を6ラウンド〜も含めて設定すると、ストーリ演出が実行された時点で7ラウンド大当り遊技に当選していることが確定的に認識できてしまう。また、逆に5ラウンドのラウンド遊技でストーリ演出が実行されず、紹介演出又は繋ぎ演出が実行されれば、その時点で15ラウンド大当り遊技に当選していることが確定的に認識できてしまう。したがって、6ラウンド〜の大当り中昇格演出は全く意味をなさなくなるので、本実施形態のパチンコ遊技機10では、大当り中昇格演出の演出実行時期を1〜5ラウンドのラウンド遊技の何れかに規定している。これにより、遊技者は、1〜4ラウンドのラウンド遊技において大当り中昇格演出が実行されなかった場合、5ラウンドのラウンド遊技で「大当り中昇格演出」及び「ストーリ演出」の何れが実行されるかにより、「15ラウンド大当り遊技」及び「7ラウンド大当り遊技」の何れに当選していたかを認識し得る。

0082

そして、図4(a)〜(e)に示す15ラウンド大当り遊技に当選した際に用いる5種類の特図A大当りテーブルは、大当り中昇格演出の演出実行時期に合わせて、その他のラウンド遊技におけるラウンド演出(紹介演出、繋ぎ演出、ストーリ演出)が規定されている。なお、図4(a)〜(e)に示す特図A大当りテーブルでは、13〜15ラウンドのラウンド遊技においてストーリ演出を実行させることが固定的に規定されている。

0083

図4(a)は、大当り中昇格演出を「1ラウンドのラウンド遊技」に規定した特図A大当りテーブルである。この特図A大当りテーブルでは、1ラウンド(大当り中昇格演出)と13〜15ラウンド(ストーリ演出)を除く回のラウンド遊技(2〜12ラウンド)において演出実行単位で紹介演出と繋ぎ演出が連続しないように実行させることが規定されている。なお、「紹介演出と繋ぎ演出が連続しない」とは、繋ぎ演出の終了直後のラウンド遊技でも繋ぎ演出が再び実行される場合や、紹介演出の終了直後のラウンド遊技でも紹介演出が再び実行される場合がないことである。すなわち、繋ぎ演出の終了直後のラウンド遊技では紹介演出、大当り中昇格演出、及びストーリ演出の何れかが実行されるとともに、紹介演出の終了直後のラウンド遊技では繋ぎ演出、大当り中昇格演出、及びストーリ演出の何れかが実行される。

0084

図4(b)は、大当り中昇格演出を「2ラウンドのラウンド遊技」に規定した特図A大当りテーブルである。この特図A大当りテーブルでは、2ラウンド(大当り中昇格演出)と13〜15ラウンド(ストーリ演出)を除く回のラウンド遊技(1,3〜12ラウンド)において演出実行単位で紹介演出と繋ぎ演出が連続しないように実行させることが規定されている。図4(c)は、大当り中昇格演出を「3ラウンドのラウンド遊技」に規定した特図A大当りテーブルである。この特図A大当りテーブルでは、3ラウンド(大当り中昇格演出)と13〜15ラウンド(ストーリ演出)を除く回のラウンド遊技(1,2,4〜12ラウンド)において演出実行単位で紹介演出と繋ぎ演出が連続しないように実行させることが規定されている。

0085

図4(d)は、大当り中昇格演出を「4ラウンドのラウンド遊技」に規定した特図A大当りテーブルである。この特図A大当りテーブルでは、4ラウンド(大当り中昇格演出)と13〜15ラウンド(ストーリ演出)を除く回のラウンド遊技(1〜3,5〜12ラウンド)において演出実行単位で紹介演出と繋ぎ演出が連続しないように実行させることが規定されている。図4(e)は、大当り中昇格演出を「5ラウンドのラウンド遊技」に規定した特図A大当りテーブルである。この特図A大当りテーブルでは、5ラウンド(大当り中昇格演出)と13〜15ラウンド(ストーリ演出)を除く回のラウンド遊技(1〜4,6〜12ラウンド)において演出実行単位で紹介演出と繋ぎ演出が連続しないように実行させることが規定されている。

0086

一方、図4(f)に示す7ラウンド大当り遊技に当選した際に用いる特図B大当りテーブルは、大当り中昇格演出が実行されないので、1〜4ラウンドのランド遊技において繋ぎ演出と紹介演出を実行させ、5〜7ラウンドのラウンド遊技においてストーリ演出を実行させることが規定されている。そして、特図B大当りテーブルでは、1ラウンドと4ラウンドで繋ぎ演出を、2,3ラウンドで紹介演出を実行させることが規定されている。

0087

そして、これらの各大当りテーブルは、以下に示す2つの共通点を作り出すように構築されている。第1の共通点として、1ラウンドで大当り中昇格演出を実行させる特図Aテーブル(図4(a))を除く他の5つの大当りテーブルでは、1ラウンドのラウンド遊技(最初のラウンド遊技のラウンド演出)で実行させるラウンド演出が同一種類に規定されている。具体的に言えば、図4(b)〜(f)に示す大当りテーブルにおいて、1ラウンドのラウンド演出は、何れも「繋ぎ演出」に規定されている。この第1の共通点によれば、1ラウンドで大当り中昇格演出が実行される場合を除き、1ラウンドは必ず繋ぎ演出が実行されることになるので、その実行態様からは2ラウンド〜の展開、すなわち大当り中昇格演出が実行されるのか否か(15ラウンド大当り遊技に当選しているか否か)が予測できなくなる。また、前述したように繋ぎ演出と繋ぎ演出は連続しないので、繋ぎ演出の後は紹介演出(又は大当り中昇格演出)となり、大当り中昇格演出の演出実行時期として設定されている5ラウンドまでの間の展開も予測できない。

0088

次に、第2の共通点として、ストーリ演出を開始させるラウンド遊技よりも1回前のラウンド遊技では、ラウンド演出として実行される繋ぎ演出と紹介演出が完結して終了されている。具体的に言えば、ストーリ演出を開始させるラウンド遊技よりも1回前のラウンド遊技で繋ぎ演出を実行させる場合、当該繋ぎ演出の演出実行単位が1回のラウンド遊技に設定されていることにより、前記1回前のラウンド遊技で演出が完結することになる。一方、紹介演出は、演出実行単位が2回のラウンド遊技に設定されている。しかし、本実施形態においては、ストーリ演出を開始させるラウンド遊技よりも1回前のラウンド遊技で紹介演出を実行させる場合、前記1回前のラウンド遊技が紹介演出の演出実行単位を構成する2回目のラウンド遊技に合致するように規定されている。すなわち、図4(c)及び(d)の特図A大当りテーブルに示すように、11ラウンドから紹介演出を開始させ、当該紹介演出が12ラウンドで完結するように、他のラウンド遊技におけるラウンド演出を規定している。

0089

この第2の共通点によれば、各大当りテーブルにおいて開始時期を固定化したストーリ演出の開始によって他の演出が中途半端な状態で終了してしまうことを抑制できる。すなわち、紹介演出の途中からストーリ演出が開始する態様を遊技者側から見た場合、ストーリ演出が強制的に割り込まれて実行されたかのような違和感を抱き、演出の見栄えが低下する。なお、図4(c)に示す特図Aテーブルでは、2ラウンドで開始した紹介演出が完結することなく、3ラウンドで大当り昇格演出が実行されている。この流れは、紹介演出の演出実行単位からすると、紹介演出を途中で終了させていることになるが、大当り中昇格演出は演出実行時期が1〜5ラウンドの何れかに設定され、ストーリ演出とは異なり実行時期動型の演出である。このため、大当り中昇格演出は何時実行されるのか分からないという観点から判断すると、紹介演出の途中で割り込んで実行される態様には何ら違和感を抱かないと考えられる。

0090

また、統括制御用ROM46bには、大当り中昇格演出を実行させる場合において、大当り中昇格演出の演出実行時期を決定する際に用いる昇格振分テーブル図6)が記憶されている。昇格振分テーブルでは、大当り中昇格演出の演出実行時期として設定した1〜5ラウンド毎に、昇格演出実行抽選用乱数の値が所定個数ずつ振分けられている。昇格演出実行抽選用乱数の値(本実施形態では、「0」〜「306」までの全307通りの整数)は、統括制御用CPU46aにより、所定周期ごとに更新され、統括制御用RAM46cの所定の格納領域に格納される。本実施形態の昇格振分テーブルでは、図6から分かるように、5ラウンドの当選確率が最も高くなるように昇格演出実行抽選用乱数の値が振分けられている。その一方で、1ラウンドと3ラウンドの当選確率が最も低くなるように昇格演出実行抽選用乱数の値が振分けられている。なお、2ラウンドと4ラウンドの当選確率は、中間確率に設定されるように昇格演出実行抽選用乱数の値が振分けられている。

0091

また、統括制御用ROM46bには、紹介演出の演出内容を決定する際に用いる複数の演出指定振分テーブル(図7(a)〜(d)が記憶されている。
図7(a)は、15ラウンド大当り遊技(特図A)に当選し、かつ連チャン回数が1回〜3回の場合の演出指定振分テーブルである。この演出指定振分テーブルでは、図5に示したように、上記条件が成立する時に実行可能な8種類の紹介演出(キャラクタa〜h)に対して紹介演出選択用乱数の値が所定個数ずつ振分けられている。紹介演出選択用乱数の値(本実施形態では、「0」〜「112」までの全113通りの整数)は、統括制御用CPU46aにより、所定周期ごとに更新され、統括制御用RAM46cの所定の格納領域に格納される。本実施形態において、図7(a)に示す演出指定振分テーブルでは、8種類の紹介演出の選択確率が略同一確率に設定されるように、紹介演出選択用乱数の値が略均等に振分けられている。

0092

図7(b)は、7ラウンド大当り遊技(特図B)に当選し、かつ連チャン回数が1回〜3回の場合の演出指定振分テーブルである。この演出指定振分テーブルでは、図5に示したように、上記条件が成立する時に実行可能な7種類の紹介演出(キャラクタa〜g)に対して紹介演出選択用乱数の値が所定個数ずつ振分けられている。本実施形態において、図7(b)に示す演出指定振分テーブルでは、7種類の紹介演出の選択確率(選択割合)が略同一確率に設定されるように、紹介演出選択用乱数の値が略均等に振分けられている。

0093

図7(c)は、15ラウンド大当り遊技(特図A)に当選し、かつ連チャン回数が4回以上の場合の演出指定振分テーブルである。この演出指定振分テーブルでは、図5に示したように、上記条件が成立する時に実行可能な8種類の紹介演出(キャラクタa〜d,f〜i)に対して紹介演出選択用乱数の値が所定個数ずつ振分けられている。本実施形態において、図7(c)に示す演出指定振分テーブルでは、8種類の紹介演出の選択確率(選択割合)が略同一確率に設定されるように、紹介演出選択用乱数の値が略均等に振分けられている。

0094

図7(d)は、15ラウンド大当り遊技(特図B)に当選し、かつ連チャン回数が4回以上の場合の演出指定振分テーブルである。この演出指定振分テーブルでは、図5に示したように、上記条件が成立する時に実行可能な7種類の紹介演出(キャラクタa〜g)に対して紹介演出選択用乱数の値が所定個数ずつ振分けられている。本実施形態において、図7(d)に示す演出指定振分テーブルでは、7種類の紹介演出の選択確率(選択割合)が略同一確率に設定されるように、紹介演出選択用乱数の値が略均等に振分けられている。

0095

本実施形態において各演出指定振分テーブルから選択可能な紹介演出の種類数(8種類又は7種類)は、各大当り遊技において紹介演出を実行可能な実行回数よりも多く設定されている。具体的に言えば、1ラウンド、3ラウンド及び4ラウンドで大当り中昇格演出を実行させる15ラウンド大当り遊技では、当該大当り遊技中に「4回」の紹介演出が実行可能とされている(図4(a),(c),(d))。また、2ラウンド及び5ラウンドで大当り中昇格演出を実行させる15ラウンド大当り遊技では、当該大当り遊技中に「3回」の紹介演出が実行可能とされている(図4(b),(e))。また、7ラウンド大当り遊技では、当該大当り遊技中に「1回」の紹介演出が実行可能とされている(図4(f))。

0096

また、本実施形態において1回の大当り遊技中には、同一演出内容の紹介演出が複数回実行されないように制御される。具体的に言えば、例えば、図7(a)に示す演出指定振分テーブルから紹介演出を選択する15ラウンド大当り遊技において、キャラクタaの紹介演出が選択されて実行されたならば、当該大当り遊技中は再度、キャラクタaの紹介演出を選択しない処理が行われる。そして、本実施形態において統括制御用CPU46aは、各演出指定振分テーブルを用いて紹介演出を選択する際、紹介演出選択用乱数の値を取得し、その取得した値が振分けられている紹介演出を選択する手法(乱数抽選)を採用している。このため、1回の大当り遊技において複数回の紹介演出の実行機会を設定した場合、その実行機会に応じて紹介演出を選択する機会も増加することから、上記手法では同一内容の紹介演出を選択してしまう可能性もある。したがって、本実施形態の各演出指定振分テーブルでは、同一内容の紹介演出を選択する割合を低める目的で、各テーブルにおける紹介演出の選択確率を略同一確率に設定している。すなわち、紹介演出の選択確率を略同一確率に設定すれば、特定の紹介演出の選択確率を高めているような場合に比して、同一内容の紹介演出を選択する割合は低くなると考えられる。なお、統括制御用CPU46aが、同一内容の紹介演出を選択してしまった場合の処理については後述する。

0097

以下、大当り遊技中における統括制御用CPU46aの制御内容を説明する。本実施形態では、以下に説明する制御を実行する統括制御用CPU46aが、報知演出実行決定手段、及びラウンド演出実行制御手段として機能する。

0098

まず、統括制御用CPU46aは、大当りの連チャン回数をカウントし、そのカウント数を連チャン回数として統括制御用RAM46cに記憶させているとともに、大当り遊技終了後に行われる図柄変動ゲームの回数をカウントし、そのカウント数をゲーム回数として統括制御用RAM46cに記憶させている。そして、統括制御用CPU46aは、ゲーム回数が所定回数を超えていない時には統括制御用RAM46cに記憶される連チャン中フラグに「1」をセットする。一方、統括制御用CPU46aは、ゲーム回数が所定回数を超えた時点で連チャン中フラグに「0(零)」をセットするとともに、大当りの連チャン回数を「0(零)」クリアする。なお、統括制御用CPU46aは、連チャン中フラグが「1」の時に大当りが生起された場合、大当りの連チャン回数を1加算するとともに、ゲーム回数を「0(零)」クリアする。

0099

そして、統括制御用CPU46aは、大当り遊技の開始に伴い、当該大当り遊技が、15ラウンド大当り遊技であるのか、又は7ラウンド大当り遊技であるのかを確認する。この確認は、大当り遊技の開始直前に行われた図柄変動ゲームで導出された大当り図柄が、特別図柄Aであるか、又は特別図柄Bであるかによって行う。次に、統括制御用CPU46aは、15ラウンド大当り遊技の場合で、かつ大当り中昇格演出を行う場合、昇格演出実行抽選用乱数の値を取得し、その取得した値を用いて図6に示す昇格振分テーブルから大当り中昇格演出を実行させるラウンド遊技を決定する。続いて、統括制御用CPU46aは、大当り中昇格演出を実行させるラウンド遊技の決定に伴い、大当り中昇格演出の演出実行時期に適合する特図A大当りテーブルを選択する。例えば、統括制御用CPU46aは、大当り中昇格演出を実行させるラウンド遊技を「2ラウンド」に決定した場合、図4(b)に示す特図A大当りテーブルを選択する。一方、統括制御用CPU46aは、7ラウンド大当り遊技の場合、図4(f)に示す特図B大当りテーブルを選択する。そして、統括制御用CPU46aは、主制御用CPU45aからラウンドコマンドを入力する毎に、選択した大当りテーブルにしたがってラウンド演出の演出内容を選択し、その選択した演出内容を指示する演出指示コマンドを表示制御用CPU47a(及び音声・ランプ制御基板48)に出力する。

0100

統括制御用CPU46aは、入力したラウンドコマンドで指示されたラウンド遊技で実行すべきラウンド演出が「繋ぎ演出」の場合、繋ぎ演出を指示する演出指示コマンドを表示制御用CPU47a(及び音声・ランプ制御基板48)に出力する。また、統括制御用CPU46aは、入力したラウンドコマンドで指示されたラウンド遊技で実行すべきラウンド演出が「紹介演出」の場合、紹介演出を指示する演出指示コマンドを表示制御用CPU47a(及び音声・ランプ制御基板48)に出力する。また、統括制御用CPU46aは、入力したラウンドコマンドで指示されたラウンド遊技で実行すべきラウンド演出が「大当り中昇格演出」の場合、大当り中昇格演出を指示する演出指示コマンドを表示制御用CPU47a(及び音声・ランプ制御基板48)に出力する。また、統括制御用CPU46aは、入力したラウンドコマンドで指示されたラウンド遊技で実行すべきラウンド演出が「ストーリ演出」の場合、ストーリ演出を指示する演出指示コマンドを表示制御用CPU47a(及び音声・ランプ制御基板48)に出力する。

0101

以下、統括制御用CPU46aが、ラウンドコマンドで指示されたラウンド遊技において「紹介演出」を実行させる場合に紹介演出を決定するための制御内容について詳しく説明する。

0102

統括制御用CPU46aは、ラウンド遊技において「紹介演出」を実行させる場合、大当り遊技の種類と連チャン回数を確認し、その確認結果から1つの演出指定振分テーブルを選択する。例えば、統括制御用CPU46aは、15ラウンド大当り遊技の場合で、かつ連チャン回数が2回の場合、図7(a)に示す演出指定振分テーブルを選択する。また、統括制御用CPU46aは、7ラウンド大当り遊技の場合で、かつ連チャン回数が4回の場合、図7(d)に示す演出指定振分テーブルを選択する。そして、統括制御用CPU46aは、ラウンドコマンドを入力する毎に大当りテーブルを参照し、ラウンド遊技において紹介演出を実行させる場合、その都度、前述同様に演出指定振分テーブルを選択するとともに、紹介演出選択用乱数の値を取得し、その取得した値を用いて選択した演出指定振分テーブルから紹介演出を選択する。

0103

紹介演出を選択するに際して統括制御用CPU46aは、大当りテーブルにしたがって実行される「紹介演出」が1回目である場合、演出指定振分テーブルから選択した紹介演出を示す情報を、統括制御用RAM46cに記憶される演出フラグF1にセットする。例えば、統括制御用CPU46aは、紹介演出(キャラクタa)を選択した場合、その紹介演出(キャラクタa)を示す情報を演出フラグF1にセットする。そして、統括制御用CPU46aは、1回目の紹介演出の場合、その選択した紹介演出を実行させるべき紹介演出として決定し、その紹介演出を指示する演出指示コマンドを表示制御用CPU47a(及び音声・ランプ制御基板48)に出力する。

0104

また、統括制御用CPU46aは、大当りテーブルにしたがって実行される「紹介演出」が2回目である場合、演出指定振分テーブルから紹介演出を選択すると、その選択した紹介演出を示す情報と、演出フラグF1にセットされている紹介演出の情報を比較する。そして、統括制御用CPU46aは、比較した結果、両情報が不一致の場合、すなわち1回目の紹介演出とは異なる紹介演出を選択しているのであれば、その選択した紹介演出を実行させるべき紹介演出として決定する。一方、統括制御用CPU46aは、比較した結果、両情報が一致の場合、すなわち1回目の紹介演出と同じ紹介演出を選択しているのであれば、その選択した紹介演出を実行させるべき紹介演出ではないとし、再度、紹介演出を演出指定振分テーブルから選択し直す。統括制御用CPU46aは、1回目の紹介演出とは異なる紹介演出を選択する迄、紹介演出の選択を繰り返す。そして、統括制御用CPU46aは、選び直しの結果、1回目の紹介演出とは異なる紹介演出を選択したならば、その選択した紹介演出を実行させるべき紹介演出として決定する。その後、統括制御用CPU46aは、「紹介演出」を決定したならば、その紹介演出を示す情報を演出フラグF2にセットする。そして、統括制御用CPU46aは、決定した紹介演出を指示する演出指示コマンドを表示制御用CPU47a(及び音声・ランプ制御基板48)に出力する。

0105

また、統括制御用CPU46aは、大当りテーブルにしたがって実行される紹介演出が3回目である場合、演出指定振分テーブルから紹介演出を選択すると、その選択した紹介演出を示す情報と、演出フラグF1,F2にセットされている紹介演出の情報を比較する。そして、統括制御用CPU46aは、比較した結果、情報が不一致の場合、すなわち1回目及び2回目の紹介演出とは異なる紹介演出を選択しているのであれば、その選択した紹介演出を実行させるべき紹介演出として決定する。一方、統括制御用CPU46aは、比較した結果、情報が一致した場合、すなわち1回目及び2回目の何れかの紹介演出と同じ紹介演出を選択しているのであれば、その選択した紹介演出を実行させるべき紹介演出ではないとし、前述同様に、再度、紹介演出を演出指定振分テーブルから選択し直す。そして、統括制御用CPU46aは、選び直しの結果、1回目及び2回目の紹介演出とは異なる紹介演出を選択したならば、その選択した紹介演出を実行させるべき紹介演出として決定する。その後、統括制御用CPU46aは、紹介演出を決定したならば、その紹介演出を示す情報を演出フラグF3にセットする。そして、統括制御用CPU46aは、決定した紹介演出を指示する演出指示コマンドを表示制御用CPU47a(及び音声・ランプ制御基板48)に出力する。

0106

また、統括制御用CPU46aは、大当りテーブルにしたがって実行される紹介演出が4回目である場合、演出指定振分テーブルから紹介演出を選択すると、その選択した紹介演出を示す情報と、演出フラグF1,F2,F3にセットされている紹介演出の情報を比較する。そして、統括制御用CPU46aは、比較した結果、情報が不一致の場合、すなわち1回目、2回目及び3回目の紹介演出とは異なる紹介演出を選択しているのであれば、その選択した紹介演出を実行させるべき紹介演出として決定する。一方、統括制御用CPU46aは、比較した結果、情報が一致した場合、すなわち1回目、2回目及び3回目の何れかの紹介演出と同じ紹介演出を選択しているのであれば、その選択した紹介演出を実行させるべき紹介演出ではないとし、前述同様に、再度、紹介演出を演出指定振分テーブルから選択し直す。そして、統括制御用CPU46aは、選び直しの結果、1回目、2回目及び3回目の紹介演出とは異なる紹介演出を選択したならば、その選択した紹介演出を実行させるべき紹介演出として決定する。そして、統括制御用CPU46aは、決定した紹介演出を指示する演出指示コマンドを表示制御用CPU47a(及び音声・ランプ制御基板48)に出力する。なお、4回目の紹介演出の選択処理は、図4(a)、(c)、(d)に示す大当りテーブルが選択されている場合に行われる処理である。また、図4(f)の大当りテーブルを選択している場合、すなわち7ラウンド大当り遊技の場合は、紹介演出の選択処理は1回だけ行われる。

0107

図8(a)〜(c)は、大当り遊技中における各演出の実行態様を模式的に示している。図中の「OP」はオープニング演出を、「繋ぎ」は「繋ぎ演出」を、「昇格」は「大当り中昇格演出」を、「紹介」は「紹介演出」を、「ストーリ」は「ストーリ演出」を、「ED」は「エンディング演出」をそれぞれ示す。

0108

図8(a)は、2ラウンドで大当り中昇格演出が実行される場合の特図A大当り(15ラウンド大当り遊技)の実行態様を示す。同図に示すように、大当り遊技が開始すると、最初にオープニング演出が行われ、そのオープニング演出が終了すると、1〜15ラウンドのラウンド遊技が順次行われる。1ラウンドのラウンド遊技では「繋ぎ演出」が行われ、2ラウンドのラウンド遊技では「大当り中昇格演出」が行われる。「大当り中昇格演出」が行われるラウンド遊技では、演出表示装置28の画像表示部GHに「超大当り」からなる文字が画像表示されるとともに、演出用可動体Kが画像表示部GHと重なるように勢いよく降下する。これにより、遊技者は、15ラウンド大当り遊技に昇格したこと、すなわち15ラウンド大当り遊技に当選していたことを把握し得る。

0109

その後、3ラウンドのラウンド遊技では「繋ぎ演出」が、「4ラウンドと5ラウンド」のラウンド遊技ではラウンド遊技を跨いで「紹介演出」が行われる。以降、図8(a)に示す大当り遊技では、大当りテーブル(図4(b))にしたがって6ラウンドからのラウンド遊技においてラウンド演出(「繋ぎ演出」又は「紹介演出」)が繰り返し行われる。そして、「13〜15ラウンド」のラウンド遊技ではラウンド遊技を跨いで「ストーリ演出」が行われるとともに、15ラウンドのラウンド遊技の終了後にエンディング演出が行われ、エンディング演出の終了とともに大当り遊技も終了する。

0110

図8(b)は、5ラウンドで大当り中昇格演出が実行される場合の特図A大当り(15ラウンド大当り遊技)の実行態様を示す。同図に示すように、大当り遊技が開始すると、最初にオープニング演出が行われ、そのオープニング演出が終了すると、1〜15ラウンドのラウンド遊技が順次行われる。1ラウンドのラウンド遊技では、図8(a)に示す大当り遊技と同様に「繋ぎ演出」が行われる。次に、「2ラウンドと3ラウンド」のラウンド遊技ではラウンド遊技を跨いで「紹介演出」が行われ、「4ラウンド」のラウンド遊技では「繋ぎ演出」が行われる。そして、「5ラウンド」のラウンド遊技では「大当り中昇格演出」が行われ、前述同様に、演出表示装置28の画像表示部GHに「超大当り」からなる文字が画像表示されるとともに、演出用可動体Kが画像表示部GHと重なるように勢いよく降下する。

0111

以降、図8(b)に示す大当り遊技では、大当りテーブル(図4(e))にしたがって6ラウンドからのラウンド遊技においてラウンド演出(「繋ぎ演出」又は「紹介演出」)が繰り返し行われる。そして、「13〜15ラウンド」のラウンド遊技ではラウンド遊技を跨いで「ストーリ演出」が行われるとともに、15ラウンドのラウンド遊技の終了後にエンディング演出が行われ、エンディング演出の終了とともに大当り遊技も終了する。

0112

図8(c)は、特図B大当り(7ラウンド大当り遊技)の実行態様を示す。同図に示すように、大当り遊技が開始すると、最初にオープニング演出が行われ、そのオープニング演出が終了すると、1〜7ラウンドのラウンド遊技が順次行われる。1ラウンドのラウンド遊技では、図8(a),(b)に示す大当り遊技と同様に「繋ぎ演出」が行われる。次に、「2ラウンドと3ラウンド」のラウンド遊技ではラウンド遊技を跨いで「紹介演出」が行われ、「4ラウンド」のラウンド遊技では「繋ぎ演出」が行われる。そして、「5〜7ラウンド」のラウンド遊技ではラウンド遊技を跨いで「ストーリ演出」が行われる。「5ラウンド」のラウンド遊技において「スートリ演出」が開始されたこと、すなわち「1〜5ラウンド」のラウンド遊技で「大当り中昇格演出」が実行されなかったことにより、遊技者は、15ラウンド大当り遊技に昇格せず、7ラウンド大当り遊技に当選していたことを把握し得る。

0113

なお、上記実施形態の説明は、15ラウンド大当り遊技において大当り中昇格演出を実行させる場合の説明であったが、15ラウンド大当り遊技に当選したが大当り中昇格演出を実行しない場合は以下のように大当り遊技中の制御が行われる。すなわち、統括制御用ROM46bには、図4(a)〜(e)に示す大当りテーブルに加えて、大当り中昇格演出を実行しない場合の大当りテーブル(以下、「昇格演出なし用の大当りテーブル」と示す)が別途記憶されている。このため、統括制御用CPU46aは、15ラウンド大当り遊技に当選しているが、大当り中昇格演出を実行しない場合、昇格演出なし用の大当りテーブルを用いて各ラウンド遊技のラウンド演出を選択し、その選択した演出を指示する演出指示コマンドを表示制御用CPU47a(及び音声・ランプ制御基板48)に出力する。なお、本実施形態において昇格演出なし用の大当りテーブルは、図4(a)に示す特図A大当りテーブルの1ラウンドのラウンド遊技で「繋ぎ演出」を実行させる態様で構築されている。このため、統括制御用CPU46aは、昇格演出なし用の大当りテーブルを用いて各ラウンド遊技のラウンド演出を選択する場合も、前述同様に「繋ぎ演出」、「紹介演出」及び「ストーリ演出」を選択する。

0114

したがって、本実施形態によれば、以下に示す効果を得ることができる。
(1)ストーリ演出を開始させるラウンド遊技(実施形態では13ラウンド)よりも1回前のラウンド遊技において紹介演出(演出実行単位:2回分のラウンド遊技)を実行させる場合は、前記1回前のラウンド遊技が紹介演出の最後の回(2回目)となるように大当り遊技中のラウンド演出を制御している。すなわち、ストーリ演出を開始させるラウンド遊技よりも1回前のラウンド遊技において紹介演出は、完結している。このため、紹介演出の途中からストーリ演出が割り込むように開始されることがなく、違和感のない演出を実現し得る。したがって、大当り遊技中において、大当り中昇格演出と大当り遊技専用の演出(本実施形態では、繋ぎ演出、紹介演出、ストーリ演出)の実行をバランスよく制御することができる。

0115

(2)大当り中昇格演出では、遊技者にとって利益が大きい15ラウンド大当り遊技に当選していることが報知されるので、大当り中昇格演出が実行されることに対する遊技者の期待感を高めることができる。

0116

(3)1回の大当り遊技において紹介演出が重複して実行されることがないように紹介演出を選択する。これにより、紹介演出の重複実行が抑制されるので、大当り遊技中に複数種類の紹介演出を遊技者に見せることができる。したがって、大当り遊技中には何れの紹介演出が実行されるかという点に遊技者を注目させることができ、大当り遊技中の興趣を向上させることができる。

0117

(4)大当り遊技を開始した時の最初のラウンド遊技におけるラウンド演出を同一種類の演出(本実施形態では繋ぎ演出)で実行させるようにした。これにより、最初のラウンド遊技で行われるラウンド演出の内容から、大当り中昇格演出が実行されるか否か(15ラウンド大当り遊技に当選しているか否か)を推測できなくなる。したがって、遊技者をラウンド演出に注目させることができ、大当り遊技中の興趣を向上させることができる。

0118

(5)大当り遊技は必ず全てのラウンド遊技を行う構成(「パンクなし」の構成)としている。このため、大当り中昇格演出を実行させるラウンド遊技に応じて、何れのラウンド遊技で如何なるラウンド演出を実行させるかを事前テーブル化図4(a)〜(f)の大当りテーブル)しておくことができる。すなわち、大当りテーブルは、大当り遊技が全てのラウンド遊技を行える構成とされていることにより、大当り中昇格演出を必ず実行できることに伴って構築可能となる。そして、大当りテーブルを構築しておくことにより、ラウンド遊技毎に前回のラウンド遊技で実行させたラウンド演出に応じて、今回のラウンド遊技で実行すべきラウンド演出を決定する必要がなく、大当り遊技中の制御を簡素化できる。

0119

(6)また、大当り遊技は必ず全てのラウンド遊技を行える構成としたことにより、大当り中昇格演出を必ず遊技者に見せることができる。
(7)再抽選演出と大当り中昇格演出を併用する構成としたので、図柄変動ゲーム中の昇格チャンスと大当り遊技中の昇格チャンスというように昇格演出の実行機会を遊技者に2度与えることができる。このため、図柄変動ゲーム中に昇格しなかった場合でも、大当り遊技中に昇格するかもしれないという期待感を遊技者に抱かせることができる。

0120

なお、前記実施形態は以下のように変更してもよい。
○ 実施形態を、確率変動(以下、「確変」と示す)機能を備えたパチンコ遊技機に具体化しても良い。確変機能は、大当り遊技終了後に大当りの抽選確率(当選確率)が低確率である通常確率から高確率に変動する確変状態(大当り抽選の高確率状態)を付与する機能である。確変状態は、予め定めた回数(本実施形態では10000回)の図柄変動ゲームが行われる迄の間、又は前記回数に達する前に大当りが生起される迄の間、付与される。確変状態は、大当り抽選で大当りに当選した際に確変状態を付与するか否かの抽選が行われ、その抽選で確変状態を付与することに当選した場合に大当り遊技終了後に付与される。大当り遊技終了後に確変状態を付与する大当りが確変大当りとなり、大当り遊技終了後に確変状態を付与しない大当りが非確変大当りなる。確変大当りに当選すると、大当り遊技終了後、大当りの抽選確率が高確率に変動して大当りが生起され易くなるため、確変状態は遊技者にとって有利であり、遊技者は確変大当りになることを期待しつつ遊技を行っている。なお、確変大当りと非確変大当りにおいて、大当り遊技を構成するラウンド遊技の回数は、異なる回数(例えば、確変15ラウンド大当り遊技と非確変7ラウンド大当り遊技)を設定しても良いし、同一回数(例えば、確変15ラウンド大当り遊技と非確変15ラウンド大当り遊技)を設定しても良い。確変大当りと非確変大当りは、大当り遊技の回数が異なる場合及び同一の場合の何れであっても、大当り遊技終了後に確変状態が付与されるか否かという点で大きな利益差が生じることになるので、確変大当りと非確変大当りは遊技者に付与する価値が異なる大当りとなる。そして、再抽選演出や大当り中昇格演出は、非確変大当りが確変大当りへ昇格するか否かという点に注目させる演出となる。なお、確変機能を搭載したパチンコ遊技機では、確変状態が付与されることにより、大当りが連チャンし易くなるので、演出指定振分テーブルを選択するための連チャン回数の区分を、例えば1回〜10回と11回以上というように回数を増やして設定しても良い。

0121

○ 実施形態を、変動時間短縮(以下、「時短」と示す)機能を備えたパチンコ遊技機(所謂、時短機)に具体化しても良い。時短機能は、大当り遊技終了後に、普通図柄変動ゲームに係る制御を遊技者にとって有利な状態へ移行させる機能である。例えば、時短機能では、普通図柄変動ゲームの変動時間の短縮、当りの抽選確率を低確率である通常確率から高確率に変動させる確率変動、及び1回の当選に基づく開閉羽根35の作動回数の増加や開放時間の延長などが付与される。時短状態は、予め定めた回数の図柄変動ゲームが行われる迄の間、又は前記回数に達する前に大当りが生起される迄の間、付与される。そして、時短状態中は、始動入賞口への入球率が向上することから、遊技者は、持ち球を大幅に減らすことなく、図柄変動ゲームの始動条件(大当り抽選)を付与し得ることから、遊技者にとって有利な状態である。この種のパチンコ遊技機では、大当り遊技終了後に付与される時短状態の継続回数を異ならせており、継続回数が多くなるほど遊技者にとっては有利である。このため、大当り遊技終了後に付与される時短状態の継続回数に応じて利益差が生じることになるので、異なる継続回数を付与する大当りは遊技者に付与する価値が異なる大当りとなる。

0122

○ 実施形態において、最初のラウンド遊技で大当り中昇格演出を実行しない大当り遊技の最初のラウンド演出を紹介演出に設定しても良い。
○ 実施形態において、1回の大当り遊技で同一演出内容の紹介演出を実行させるようにしても良い。

0123

○ 実施形態において、各大当り遊技で実行可能とする紹介演出の種類数を変更しても良い。
○ 実施形態において、大当り中昇格演出を連続する複数回のラウンド遊技を跨いで実行させるようにしても良い。また、実施形態において、大当り中昇格演出を複数回のラウンド遊技で実行させるようにしても良い。

0124

○ 実施形態において、繋ぎ演出、紹介演出、ストーリ演出、大当り中昇格演出の具体的な演出内容を変更しても良い。例えば、ストーリ演出については、「15ラウンド大当り遊技」に当選しているか否かが分かった後に実行されるので、大当り遊技の種類毎に異なる演出内容を設定しても良い。

0125

○ 実施形態において、紹介演出の演出実行単位、ストーリ演出の演出実行単位を変更しても良い。
○ 実施形態を、1回のラウンド遊技中に複数回、大入賞口38を開放させる大当り遊技を付与し得るパチンコ遊技機に具体化しても良い。

0126

○ 実施形態において、演出指定振分テーブルを大当りの種類のみで選択するようにしても良い。また、紹介演出は、大当りの種類のみで選択可能な演出を変化させても良い。
○ 実施形態において、サブ統括制御基板46の処理を演出表示制御基板47で行うように構成しても良い。また、実施形態において、サブ統括制御基板46の処理を主制御基板45で行うように構成しても良い。これらの場合、サブ統括制御基板46は、省略しても良いし、実施形態と同様に装備されていても良い。また、サブ統括制御基板46と音声・ランプ制御基板48を統合した制御基板を搭載し、当該制御基板でサブ統括制御基板46の処理を行うように構成しても良い。

0127

○ 実施形態は、特別図柄と飾り図柄を用いるパチンコ遊技機10に具体化したが、特別図柄のみを用いるパチンコ遊技機に具体化しても良い。また、複数の特別図柄を用いるパチンコ遊技機に具体化しても良い。

図面の簡単な説明

0128

パチンコ遊技機の機表側を示す正面図。
遊技盤の拡大図。
パチンコ遊技機の電気的構成を示すブロック図。
(a)〜(f)は、ラウンド演出の演出種類を規定した大当りテーブル。
ラウンド演出の一覧表
昇格演出を行うラウンド遊技を抽選するための昇格振分テーブル。
(a)〜(d)は、紹介演出を選択するための演出指定振分テーブル。
(a)〜(c)は、大当り遊技の流れを示す模式図。

符号の説明

0129

10…パチンコ遊技機、28…演出表示装置、29…特別図柄表示装置、38…大入賞口、45…主制御基板、45a…主制御用CPU、45b…主制御用ROM、45c…主制御用RAM、46…サブ統括制御基板、46a…統括制御用CPU、46b…統括制御用ROM、46c…統括制御用RAM。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社大一商会の「 遊技機」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】遊技興趣の低下を抑止可能な遊技機を提供する。【解決手段】遊技球が流下可能な遊技領域が形成された遊技盤を有し、始動条件の成立に基づいて抽選を行い、該抽選の結果に基づいて利益を付与する遊技機であっ... 詳細

  • 沖マイクロ技研株式会社の「 遊技機の可動役物の移動機構」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】可動役物を上規定位置から落下させた際、下規定位置の落下点で確実に停止し、かつ静止させ、機構の耐久性の確保と共に遊技者の興趣を損なわせない遊技機の可動役物の移動機構を提供する。【解決手段】遊技機... 詳細

  • 株式会社三洋物産の「 遊技機」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】部材個数を削減することができる遊技機を提供すること。【解決手段】被軸支手段760が電気配線DK2にかかる負荷を減らすよう変位することで、電気配線DK2の変位量自体を減らしたり、電気配線DK2の... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ