図面 (/)

技術 遊技台

出願人 株式会社大都技研
発明者 味田亮
出願日 2008年8月20日 (12年3ヶ月経過) 出願番号 2008-211646
公開日 2010年3月4日 (10年8ヶ月経過) 公開番号 2010-046193
状態 特許登録済
技術分野 弾球遊技機(パチンコ等) 弾玉遊技機の表示装置
主要キーワード 真下向き 所定要件 連続図 同一回数 決定回数 場面表示 動作制御データ 左右扉
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2010年3月4日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

弾球遊技機パチンコ機)や回胴遊技機スロットマシン)に代表される遊技台に関し、遊技性を高め、遊技者遊技意欲持続させることができる遊技台を提供する。

解決手段

図柄表示手段114は、図柄の変動表示を行い第1特定図柄態様(特図1,特図2)および第2特定図柄態様(特図4)のうちのいずれか一方の特定図柄態様を停止表示する場合、その一方の特定図柄態様を停止表示する特定図柄変動停止表示における図柄の変動表示を長変動時間に亘って行い、予告報知手段300,400は、上記特定図柄変動停止表示を最後とする連続した複数回の図柄変動停止表示において、上記予告報知を行う。

概要

背景

パチンコ機などの遊技台では、遊技盤遊技領域に遊技球の落下の方向に変化を与える障害物や、遊技球が入賞可能な入賞口、始動口、可変入賞口などを設けているのが一般的である。これらに遊技球が入賞すると賞球を払い出すなど遊技者特典が与えられるようになっている。

また、こういった遊技台では、7セグメントディスプレイ等の図柄表示装置を備え、始動口に遊技球が入賞すると、その図柄表示装置の図柄を所定時間変動して、変動後の図柄が予め定めた特定図柄態様になった場合に、可変入賞口を所定時間開放させる等、遊技者に有利な遊技状態を発生させるようにしている。

遊技台では、この遊技者に有利な遊技状態の発生の有無を制御することにより、遊技者が上述の特典を得る機会を増減させることで遊技台の興趣性を向上させるようにしている。

このような遊技台について、図柄が変動を終了するよりも前に、変動後の図柄が特定図柄態様となることを遊技者に予め報知する遊技台が知られている(例えば、特許文献1参照)。
特開平3−73180号公報

概要

弾球遊技機(パチンコ機)や回胴遊技機スロットマシン)に代表される遊技台に関し、遊技性を高め、遊技者の遊技意欲持続させることができる遊技台を提供する。柄表示手段114は、柄の変動表示を行い第1特定柄態様(特,特)および第2特定柄態様(特)のうちのいずれか一方の特定柄態様を停止表示する場合、その一方の特定柄態様を停止表示する特定柄変動停止表示における柄の変動表示を長変動時間に亘って行い、予告報知手段300,400は、上記特定柄変動停止表示を最後とする連続した複数回の柄変動停止表示において、上記予告報知を行う。

目的

本発明は上記事情に鑑み、遊技性を高め、遊技者の遊技意欲を持続させることができる遊技台を提供することを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
2件
牽制数
10件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

遊技球が所定の始動口に進入したことに基づいて、所定の長変動時間および該長変動時間よりも短い短変動時間のうちのいずれか一方の変動時間に亘って図柄の変動表示を行い第1特定図柄態様および第2特定図柄態様を含む複数種類停止図柄態様のうち1種類の停止図柄態様を該変動時間が経過した後に停止表示する一連図柄変動停止表示を実行する図柄表示手段と、前記図柄変動停止表示によって停止表示した停止図柄態様が第1特定図柄態様である場合には、所定の普通状態より遊技者に有利な第1特別遊技状態移行させ、該図柄変動表示によって停止表示した図柄態様が第2特定図柄態様である場合には、該普通状態よりは遊技者に有利であるが該第1特別遊技状態よりは遊技者に不利な第2遊技状態へ移行させる特別遊技状態移行手段と、前記図柄表示手段が前記図柄変動停止表示によって前記第1特定図柄態様および前記第2特定図柄態様のうちのいずれか一方の特定図柄態様を停止表示する場合に、該停止表示前に、前記図柄表示手段が前記第1特定図柄態様を停止表示する可能性が高いことを示唆する予告報知を所定確率で行う予告報知手段と、を備え、前記図柄表示手段は、図柄の変動表示を行い前記第1特定図柄態様および前記第2特定図柄態様のうちのいずれか一方の特定図柄態様を停止表示する場合、該一方の特定図柄態様を停止表示する特定図柄変動停止表示における図柄の変動表示を前記長変動時間に亘って行い、前記予告報知手段は、前記特定図柄変動停止表示を最後とする連続した複数回の図柄変動停止表示において、前記予告報知を行うものであることを特徴とする遊技台

請求項2

前記予告報知手段は、前記特定図柄変動停止表示を最後とする連続した複数回の図柄変動停止表示において、最初の図柄変動停止表示における図柄の変動表示の変動時間が所定時間よりも長ければ、該最初の図柄変動停止表示を実行する間は、前記予告報知を行わないものであることを特徴とする請求項1記載の遊技台。

請求項3

前記予告報知手段は、前記特定図柄変動停止表示を最後とする連続した複数回の図柄変動停止表示において、前記長変動時間に亘る図柄の変動表示を行う図柄変動停止表示を実行する場合には、該長変動時間に亘る図柄の変動表示において、該短変動時間を超えない間隔で前記予告報知を繰り返し行うことを特徴とする請求項2記載の遊技台。

請求項4

前記図柄表示手段は、前記図柄変動停止表示における図柄の変動表示の最中に、図柄の停止表示とは異なる図柄の仮停止表示を行うものであることを特徴とする請求項3記載の遊技台。

請求項5

前記特別遊技状態移行手段は、前記第2遊技状態の終了を少なくとも条件の1つとして、遊技者に有利な第3遊技状態へ移行させるものであることを特徴とする請求項1から4のうちいずれか1項記載の遊技台。

請求項6

前記図柄表示手段が、通常状態よりも前記第3遊技状態の方が前記第2特定図柄態様を停止表示する確率が高いことを特徴とする請求項5記載の遊技台。

請求項7

前記図柄表示手段が、通常状態よりも前記第3遊技状態の方が前記第1特定図柄態様を停止表示する確率が高いことを特徴とする請求項5記載の遊技台。

技術分野

0001

本発明は、弾球遊技機パチンコ機)や回胴遊技機スロットマシン)に代表される遊技台に関する。

背景技術

0002

パチンコ機などの遊技台では、遊技盤遊技領域に遊技球の落下の方向に変化を与える障害物や、遊技球が入賞可能な入賞口、始動口、可変入賞口などを設けているのが一般的である。これらに遊技球が入賞すると賞球を払い出すなど遊技者特典が与えられるようになっている。

0003

また、こういった遊技台では、7セグメントディスプレイ等の図柄表示装置を備え、始動口に遊技球が入賞すると、その図柄表示装置の図柄を所定時間変動して、変動後の図柄が予め定めた特定図柄態様になった場合に、可変入賞口を所定時間開放させる等、遊技者に有利な遊技状態を発生させるようにしている。

0004

遊技台では、この遊技者に有利な遊技状態の発生の有無を制御することにより、遊技者が上述の特典を得る機会を増減させることで遊技台の興趣性を向上させるようにしている。

0005

このような遊技台について、図柄が変動を終了するよりも前に、変動後の図柄が特定図柄態様となることを遊技者に予め報知する遊技台が知られている(例えば、特許文献1参照)。
特開平3−73180号公報

発明が解決しようとする課題

0006

上記特許文献1記載の遊技台では、図柄の変動を単に行うだけでなく、変動後の図柄が特定図柄態様となることを遊技者に予め報知するため、遊技者に期待感を持たせることが可能になるなど興趣を向上させることがある程度可能となったが、さらに、遊技性を高め、遊技者の遊技意欲持続させることができるようにしなければ、遊技者にすぐに飽きられてしまうといった恐れがある。

0007

本発明は上記事情に鑑み、遊技性を高め、遊技者の遊技意欲を持続させることができる遊技台を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0008

上記目的を解決する本発明の遊技台は、遊技球が所定の始動口に進入したことに基づいて、所定の長変動時間およびその長変動時間よりも短い短変動時間のうちのいずれか一方の変動時間に亘って図柄の変動表示を行い第1特定図柄態様および第2特定図柄態様を含む複数種類停止図柄態様のうち1種類の停止図柄態様をその変動時間が経過した後に停止表示する一連図柄変動停止表示を実行する図柄表示手段と、
上記図柄変動停止表示によって停止表示した停止図柄態様が第1特定図柄態様である場合には、所定の普通状態より遊技者に有利な第1特別遊技状態移行させ、その図柄変動表示によって停止表示した図柄態様が第2特定図柄態様である場合には、その普通状態よりは遊技者に有利であるがその第1特別遊技状態よりは遊技者に不利な第2特別遊技状態へ移行させる特別遊技状態移行手段と、
上記図柄表示手段が上記図柄変動停止表示によって上記第1特定図柄態様および上記第2特定図柄態様のうちのいずれか一方の特定図柄態様を停止表示する場合に、その停止表示前に、上記図柄表示手段が上記第1特定図柄態様を停止表示する可能性が高いことを示唆する予告報知を所定確率で行う予告報知手段と、を備え、
上記図柄表示手段は、図柄の変動表示を行い上記第1特定図柄態様および上記第2特定図柄態様のうちのいずれか一方の特定図柄態様を停止表示する場合、その一方の特定図柄態様を停止表示する特定図柄変動停止表示における図柄の変動表示を上記長変動時間に亘って行い、
上記予告報知手段は、上記特定図柄変動停止表示を最後とする連続した複数回の図柄変動停止表示において、上記予告報知を行うものであることを特徴とする。

0009

また、遊技球が上記始動口に進入したことに基づいて、所定の長変動時間およびその長変動時間よりも短い短変動時間のうちのいずれか一方の変動時間に亘って図柄の変動表示を行い第1特定図柄態様および第2特定図柄態様を含む複数種類の停止図柄態様のうち1種類の停止図柄態様をその変動時間が経過した後に停止表示する一連の図柄変動停止表示を実行する図柄表示手段と、
上記図柄変動停止表示によって停止表示した停止図柄態様が第1特定図柄態様である場合には、所定の普通状態より遊技者に有利な第1特別遊技状態へ移行させ、その図柄変動表示によって停止表示した図柄態様が第2特定図柄態様である場合には、状態変化を行わない特別遊技状態移行手段と、
上記図柄表示手段が上記図柄変動停止表示によって上記第1特定図柄態様および上記第2特定図柄態様のうちのいずれか一方の特定図柄態様を停止表示する場合に、その停止表示前に、上記図柄表示手段が上記第1特定図柄態様を停止表示する可能性が高いことを示唆する予告報知を所定確率で行う予告報知手段と、を備え、
上記図柄表示手段は、図柄の変動表示を行い上記第1特定図柄態様および上記第2特定図柄態様のうちのいずれか一方の特定図柄態様を停止表示する場合、その一方の特定図柄態様を停止表示する特定図柄変動停止表示における図柄の変動表示を上記長変動時間に亘って行い、
上記予告報知手段は、上記特定図柄変動停止表示を最後とする連続した複数回の図柄変動停止表示において、上記予告報知を行うものであることを特徴とする遊技台であってもよい。

0010

ここで、上記長変動時間は、複数ある長変動時間の中から選択された所定の時間であればよく、上記短変動時間も同様に、複数ある短変動時間の中から選択された所定の時間であればよい。また、上記所定確率を100%にして上記予告報知を必ず行う態様にしてもよいし、その所定確率を100%未満にしてその予告報知を行う場合と行わない場合がある態様にしてもよい。さらに、上記予告報知手段は、所定要件満足することを条件に所定確率で上記予告報知を行ってもよい。

0011

また、上記予告報知手段は、上記特定図柄変動停止表示を最後とする連続した複数回の図柄変動停止表示において、上記特定図柄変動停止表示における図柄の変動表示の間に上記予告報知を行うものであってもよい。

0012

こうすることで、上記特定図柄変動停止表示では、上記いずれか一方の特定図柄態様が停止表示され、上記図柄表示手段による連続した複数回の図柄変動停止表示は終了する。したがって、連続した複数回の図柄変動停止表示が終了する直前の図柄の変動表示が上記長変動時間に亘って行われ、クライマックス盛り上がり演出効果が高められる。また、上記予告報知が上記長変動時間に亘る図柄の変動表示の最中になされることを攻略本等で知っている遊技者にとっては、この予告報知がなされることで、遊技状態の移行が近く行われることを察知し、遊技に対する期待度が一層高まる。

0013

さらに、上記予告報知手段は、上記特定図柄変動停止表示を最後とする連続した複数回の図柄変動停止表示において、上記図柄変動停止表示が行われるたびに、上記予告報知を行うものであっても良いし、あるいは所定の要件を満たす上記図柄変動停止表示が行われるたびに、上記予告報知を行うものであってもよい。

0014

ここにいう所定の要件としては、例えば、上記特定図柄変動停止表示を最後とする連続した複数回の図柄変動停止表示において、最初の図柄変動停止表示における図柄の変動表示の変動時間が上記短変動時間以内の時間であるという要件があげられる。

0015

すなわち、上記遊技台において、上記予告報知手段は、上記特定図柄変動停止表示を最後とする連続した複数回の図柄変動停止表示において、最初の図柄変動停止表示における図柄の変動表示の変動時間が上記短変動時間よりも長ければ、その最初の図柄変動停止表示を実行する間は、上記予告報知を行わないものであってもよい。

0016

さらに、上記遊技台において、上記予告報知手段は、上記特定図柄変動停止表示を最後とする連続した複数回の図柄変動停止表示において、上記短変動時間に亘る図柄の変動表示を行う図柄変動停止表示の前に上記長変動時間に亘る図柄の変動表示を行う図柄変動停止表示を実行する場合には、その長変動時間に亘る図柄の変動表示において、その短変動時間を超えない間隔で上記予告報知を繰り返し行うものであってもよい。

0017

加えて、上記遊技台において、上記図柄表示手段は、上記図柄変動停止表示における図柄の変動表示の最中に、図柄の停止表示とは異なる図柄の仮停止表示を行うものであってもよい。

0018

なおここで、上記図柄表示手段が行う仮停止表示とは別に、上記予告報知手段が、上記予告報知として、上記図柄変動停止表示における図柄の変動表示の最中に、図柄の停止表示とは異なる図柄の仮停止表示を行ってもよい。

0019

また、上記予告報知手段は、上記特定図柄変動停止表示を最後とする連続した複数回の図柄変動停止表示において、所定の要件を満たす上記図柄変動停止表示が行われるたびに、上記予告報知を行うものであり、その所定の要件を満たす図柄変動停止表示において行った上記予告報知終了後、上記第2変動時間よりも短い第3変動時間が少なくとも経過してから、次のその所定の要件を満たす図柄変動停止表示において上記予告報知を行うものであってもよい。

0020

また、上記予告報知手段は、上記特定図柄変動停止表示を最後とする連続した複数回の図柄変動停止表示において、その図柄変動停止表示が所定回数以上連続する場合に、上記予告報知を行うものであってもよく、さらに、その図柄変動停止表示が所定回数以上連続する場合に、その図柄変動停止表示が行われるたびに上記予告報知を行うものであってもよい。

0021

また、上記遊技台において、上記特別遊技状態移行手段は、上記第2特別遊技状態の終了を少なくとも条件の1つとして、遊技者に有利な第3特別遊技状態へ移行させるものであってもよい。

0022

さらに、上記図柄表示手段が、記長変動時間が経過した後に上記第2特定図柄態様に含まれる第1の図柄態様を表示し、上記短変動時間が経過した後にその第2特定図柄態様に含まれる第2の図柄態様を表示するものであって、
上記特別遊技状態移行手段は、上記短変動時間に亘って図柄の変動表示が行われたことを少なくとも条件の1つとして、遊技者に有利な第3特別遊技状態へ移行させるものであってもよい。

0023

また、上記遊技台において、上記特別遊技状態移行手段が、上記第3特別遊技状態として、上記第2特別遊技状態への移行確率を高めた遊技状態へ移行させるものであってもよい。

0024

また、上記遊技台において、上記特別遊技状態移行手段が、上記第3特別遊技状態として、上記第1特別遊技状態への移行確率を高めた遊技状態へ移行させるものであることを特徴とする請求項5記載の遊技台。

0025

さらに、上記図柄表示手段が、上記図柄変動停止表示を行っている状態で遊技球が上記始動口に進入すると、現在行っている図柄変動停止表示が終了した後に、その図柄変動停止表示を行っている状態で遊技球がその始動口に進入したことに基づく上記図柄変動停止表示を実行するものであってもよい。

0026

また、上記図柄表示手段が上記第1特定図柄態様および上記第2特定図柄態様のうちのいずれか一方の特定図柄態様を停止表示するか否かに基づいて上記予行報知を行うか否かを判定し、上記予告報知手段に予告報知を行うことを指示する予告報知判定手段を備え、
上記図柄表示手段が、上記図柄変動停止表示を行っている状態で遊技球が上記始動口に進入すると、現在行っている図柄変動停止表示を含む連続した複数回の図柄変動停止表示が一旦終了した後に、上記図柄変動停止表示を行っている状態で遊技球が上記始動口に進入したことに基づく上記図柄変動停止表示を実行するものであり、
上記予告報知判定手段が、現在行っている図柄変動停止表示を含む連続した複数回の図柄変動停止表示において予告報知が行われる場合には上記判定を行わないものであってもよい。

0027

さらにまた、上記予告報知判定手段は、上記判定を、遊技球が上記始動口に進入したことに基づくタイミングで行うものであってもよいし、上記図柄表示手段が上記図柄変動停止表示を開始したことに基づくタイミングで行うものであってもよいし、あるいは、上記図柄表示手段が上記停止図柄態様を停止表示したことに基づくタイミングで指示するものであってもよい。

0028

また、上記予告報知判定手段は、上記予告報知手段に予告報知を行うことを、遊技球が上記始動口に進入したことに基づくタイミングで指示するものであってもよいし、上記図柄表示手段が上記図柄変動停止表示を開始したことに基づくタイミングで指示するものであってもよいし、あるいは、上記図柄表示手段が上記停止図柄態様を停止表示したことに基づくタイミングで指示するものであってもよい。

0029

さらに、上記図柄表示手段は、上記第2特定図柄態様を停止表示する可能性が互いに異なる第1図柄表示手段と第2図柄表示手段とを含み、
上記予告報知手段は、上記第1図柄表示手段および上記第2図柄表示手段のうちの一方の図柄表示手段が上記第1特定図柄態様および上記第2特定図柄態様のうちのいずれか一方の特定図柄態様を停止表示する場合に、上記第1図柄表示手段および上記第2図柄表示手段のうちの他方の図柄表示手段における上記図柄変動停止表示において上記予告報知を行うものであってもよい。

0030

また、遊技球が進入可能な開状態と不可能な閉状態とに変化可能な2つの可変入賞口を備え、
上記特別遊技状態移行手段は、上記予告報知が行われた上記第1特別遊技状態又は上記第2特別遊技状態時に上記2つの可変入賞口の一方を所定態様で開状態とし、上記予告報知が行われない上記第1特別遊技状態又は上記第2特別遊技状態時に上記2つの可変入賞口の他方を所定態様で開状態とするものであってもよい。

0031

なお、上記可変入賞口を3つ以上設けてもよい。

発明の効果

0032

本発明の遊技台によれば、遊技性を高め、遊技者の遊技意欲を持続させることができる。

発明を実施するための最良の形態

0033

以下、図面を用いて、本発明の第1実施形態に係るパチンコ機(遊技台)について詳細に説明する。

0034

まず、図1を用いて、本発明の第1実施形態に係るパチンコ機100の全体構成について説明する。なお、同図はパチンコ機100を正面側(遊技者側)から見た外観斜視図である。

0035

パチンコ機100は、ガラス製または樹脂製の透明板部材152および透明部保持枠154からなるガラス枠156の奥側に、その透明板部材152を通して視認可能に配設した後述する遊技盤(盤面)102を備えている。この遊技盤102は、外枠101に対して開閉自在に設けられた内枠103に取り付けられている。なお、いずれも図示省略したが、パチンコ機100には、ガラス枠156が開放したことを検知するガラス枠開放センサや、内枠103が開放したことを検知する内枠開放センサが設けられている。

0036

ガラス枠156の下方には、後述する発射モータ602によって回動する発射杆138と、この発射杆138の先端部に取り付けて球を後述する遊技領域104に向けて打ち出す発射槌140と、この発射槌140によって打ち出す球を後述する外レール106に導くための発射レール142と、球を一時的に貯留すると共に、貯留している球を順次、発射レール142に供給するための貯留皿144と、遊技者による押下操作が可能であり、所定の時期にその操作を検出した場合に後述する装飾図柄表示装置110等による演出表示を変化させるためのチャンスボタン146を配設している。

0037

また、発射杆138および発射槌140の下方には、発射杆138を制御して遊技領域104に向けて球の発射強度の操作を行うための操作ハンドル148を配設していると共に、貯留皿144の下方には、貯留皿144に貯留できない溢れ球を貯留するための下皿150を設けている。貯留皿144と下皿150を結ぶ内部経路の下皿近傍には、不図示の下皿満タンセンサが設けられている。下皿満タンセンサからが下皿150が満杯になると下皿満タンエラーが出力される。

0038

図2は、遊技盤102を正面から見た略示正面図である。

0039

遊技盤102には、外レール106と内レール108とを配設し、遊技球(以下、単に「球」と称する場合がある。)が転動可能な遊技領域104を区画形成している。

0040

遊技領域104の略中央には、演出装置200を配設している。この演出装置200には、略中央に横長の装飾図柄表示装置110を配設し、その周囲に、普通図柄表示装置112と、特別図柄表示装置114と、普通図柄保留ランプ116と、特別図柄保留ランプ118と、高確中ランプ120を配設している。なお、以下、普通図柄を「普図」、特別図柄を「特図」と称する場合がある。

0041

演出装置200は、可動部を動作して演出を行うものであり、詳細については後述する。

0042

装飾図柄表示装置110は、装飾図柄(図3(b)参照)ならびに演出に用いる様々な画像を表示するための表示装置であり、本実施形態では液晶表示装置(Liquid Crystal Display)によって構成する。この装飾図柄表示装置110は、表示画面を、左図柄表示領域110a、中図柄表示領域110b、右図柄表示領域110cおよび演出表示領域110dの4つの表示領域に分割し、左図柄表示領域110a、中図柄表示領域110bおよび右図柄表示領域110cはそれぞれ異なった装飾図柄を表示し、演出表示領域110dは演出に用いる画像を表示する。さらに、各表示領域110a、110b、110c、110dの位置や大きさは、装飾図柄表示装置110の表示画面内で自由に変更することを可能としている。なお、装飾図柄表示装置110は、液晶表示装置に代えて、ドットマトリクス表示装置7セグメント表示装置、EL(ElectroLuminescence)表示装置、ドラム式表示装置リーフ式表示装置等他の表示デバイスを採用してもよい。

0043

普図表示装置112は、普図(図3(c)参照)の表示を行うための表示装置であり、本実施形態では7セグメントLEDによって構成する。特図表示装置114は、特図(図3(a)参照)の表示を行うための表示装置であり、本実施形態では7セグメントLEDによって構成する。この特図表示装置114が、本発明にいう図柄表示手段の一例に相当する。なお、装飾図柄表示装置110に表示される装飾図柄は、特図表示装置114に表示される図柄を、演出を高めた形で表す図柄であり、装飾図柄表示装置110が本発明にいう図柄表示手段の一例に相当するものとしてもよい。

0044

普図保留ランプ116は、保留している普図変動遊技(詳細は後述)の数を示すためのランプであり、本実施形態では、普図変動遊技を2つまで保留することを可能としている。特図保留ランプ118は、保留している特図変動遊技(詳細は後述)の数を示すためのランプであり、本実施形態では、特図変動遊技を4つまで保留することを可能としている。高確中ランプ120は、遊技状態が特図高確率状態(後述する大当り遊技当選確率を通常の確率よりも高く設定した遊技状態)であること、または特図高確率状態になることを示すためのランプであり、遊技状態を特図低確率状態(後述する大当り遊技の当選確率を通常の確率に設定した遊技状態)から特図高確率状態にする場合に点灯し、特図高確率状態から特図低確率状態にする場合に消灯する。

0045

また、演出装置200の周囲には、一般入賞口122と、普図始動口124と、第1特図始動口126と、第2特図始動口128と、可変入賞口130を配設している。一般入賞口122は、本実施形態では遊技盤102に複数配設しており、この一般入賞口122へ遊技球が進入(入球)したことを所定の球検出センサ(一般入賞口センサ)が検出した場合(一般入賞口122に入賞した場合)、後述する払出装置552を駆動し、所定の個数(本実施形態では10個)の球を賞球として図1に示す貯留皿144に排出する。貯留皿144に排出した球は遊技者が自由に取り出すことが可能であり、これらの構成により、入賞に基づいて賞球を遊技者に払い出すようにしている。なお、一般入賞口122に入球した球は、パチンコ機100の裏側に誘導した後、遊技島側に排出する。本実施形態では、入賞の対価として遊技者に払い出す球を「賞球」、遊技者に貸し出す球を「貸球」と区別して呼ぶ場合があり、「賞球」と「貸球」を総称して「球(遊技球)」と呼ぶ。

0046

普図始動口124は、ゲートスルーチャッカーと呼ばれる。この普図始動口124へ進入(入球)した球は、遊技領域のうち、その普図始動口124からつながる所定領域を通過する。この普図始動口124に入球した球は一般入賞口122に入球した球と違って、遊技島側に排出することはない。遊技盤102には、上記所定領域を通過する球を検出する所定の球検出センサ(ゲートセンサ)が設けられており、そのゲートセンサが遊技球を検出した場合、パチンコ機100は、普図表示装置112による普図変動遊技を開始する。

0047

第1特図始動口126は、本実施形態では遊技盤102の中央に1つだけ配設している。第1特図始動口126へ遊技球が進入(入球)したことを所定の球検出センサ(第1始動口センサ)が検出した場合、後述する払出装置552を駆動し、所定の個数(本実施形態では3個)の球を賞球として図1に示す貯留皿144に排出するとともに、特図表示装置114による特図変動遊技を開始する。なお、第1特図始動口126に入球した球は、パチンコ機100の裏側に誘導した後、遊技島側に排出する。

0048

第2特図始動口128は、本実施形態では第1特図始動口126の真下に1つだけ配設している。第2特図始動口128の近傍には、ソレノイドによって左右に開閉自在な一対の羽根部材1281が設けられており、一対の羽根部材1281と第2特図始動口128を併せて、電動チューリップ電チュー)と呼ばれることがある。一対の羽根部材1281は、第2特図始動口128への入賞の難易度を変更する部材である。すなわち、一対の羽根部材1281が閉鎖したままでは第2特図始動口128への入球は不可能である。一方、普図変動遊技に当選し、普図表示装置112が当たり図柄を停止表示した場合には、一対の羽根部材1281が所定の時間間隔で所定回数開閉し、第2特図始動口128への球の入球が可能になる。第2特図始動口128へ遊技球が進入(入球)したことを所定の球検出センサ(第2始動口センサ)が検出した場合、後述する払出装置552を駆動し、所定の個数(本実施形態では5個)の球を賞球として図1に示す貯留皿144に排出するとともに、特図表示装置114による特図変動遊技を開始する。なお、第2特図始動口128に入球した球は、パチンコ機100の裏側に誘導した後、遊技島側に排出する。

0049

以上説明した第1特図始動口126や第2特図始動口128が、本発明にいう始動口の一例に相当する。

0050

可変入賞口130は、本実施形態では遊技盤102の中央部下方に1つだけ配設している。この可変入賞口130は、ソレノイドによって開閉自在な扉部材1301によって入球可能状態になったり、入球不能状態になったりする。すなわち、その扉部材1301の閉鎖中は可変入賞口130への入球は不可能であるが、特図変動遊技に当選し、特図表示装置114が大当り図柄を停止表示した場合には、扉部材1301が所定の時間間隔、所定の回数で開閉し、可変入賞口130への入球が可能になる。本実施形態のパチンコ機100では、扉部材が、開放時間29秒、閉鎖時間1.5秒の開閉動作(ただし可変入賞口130に10個目の入球があった時点で閉鎖)を、15回連続で行う場合(以下、この場合を15ラウンドと称する)と、開放時間0.9秒、閉鎖時間0.2秒の開閉動作を、2回連続で行う場合(以下、この場合を2ラウンドと称する)とがある。可変入賞口130は大入賞口と呼ばれることがあり、扉部材1301と可変入賞口130を併せてアタッカと呼ばれることがある。可変入賞口130への入球を所定の球検出センサ(カウントセンサ)が検出した場合、後述する払出装置552を駆動し、所定の個数(本実施形態では15球)の球を賞球として図1に示す貯留皿144に排出する。なお、可変入賞口130に入球した球は、パチンコ機100の裏側に誘導した後、遊技島側に排出する。

0051

さらに、これらの入賞口や始動口の近傍には、風車と呼ばれる円盤状の打球方向変換部材132や、遊技釘134を複数個、配設していると共に、内レール108の最下部には、いずれの入賞口や始動口にも入賞しなかった球をパチンコ機100の裏側に誘導した後、遊技島側に排出するためのアウト口136を設けている。

0052

このパチンコ機100は、遊技者が貯留皿144に貯留している球を発射レール142の発射位置に供給し、遊技者の操作ハンドル148の操作量に応じた強度で発射モータ602を駆動し、発射杆138および発射槌140によって外レール106、内レール108を通過させて遊技領域104に打ち出す。ここで、射幸性を低下させない目的、または、部材の耐久性を維持させるために、たとえば、1分間に100発以上発射できないように構成されている。そして、遊技領域104の上部に到達した球は、打球方向変換部材132や遊技釘134等によって進行方向を変えながら下方に落下し、入賞口(一般入賞口122、可変入賞口130)や始動口(第1特図始動口126、第2特図始動口128)に入賞するか、いずれの入賞口や始動口にも入賞することなく、または普図始動口124を通過するのみでアウト口136に到達する。発射された遊技球が始動口に到達するまでの時間は、始動口の位置や、遊技釘134、打球方向変換部材132等の障害物の配置によって変わるが、盤面略中央に設けられた始動口にはどんなに早くても数秒(たとえば2秒)程度はかかる。

0053

<演出装置>
次に、パチンコ機100の演出装置200について説明する。

0054

この演出装置200の前面側には、可動部材210、ワープ装置230および前面ステージ234を配設し、演出装置200の背面側には、装飾図柄表示装置110および遮蔽手段250を配設している。すなわち、演出装置200において、装飾図柄表示装置110および遮蔽手段250は、ワープ装置230および前面ステージ234の後方に位置することとなる。

0055

可動部材210は、人の腕を模した部材であり、図2では装飾図柄表示装置110の右横に配置されている。この可動部材210は、不図示のソレノイドによって、部分を基点にしてガタガタと揺動したり、肘部分を基点にして前腕部が持ち上がったり、あるいは肩部分を基点にして上腕部全体が持ち上がる動作等が可能である。

0056

ワープ装置230は、演出装置200の左上方に設けた入球口232に入った遊技球を演出装置200の前面下方の前面ステージ234に排出し、さらに、前面ステージ234に排出した遊技球が前面ステージ234の中央部後方に設けた第2の入球口236に入った場合は、遊技球を、第1特図始動口126の上方である演出装置200の下部中央に設けた排出口238から第1特図始動口126に向けて排出するものである。この排出口238から排出した遊技球は第1特図始動口126に入球しやすくなっている。

0057

遮蔽手段250は、格子状の左扉250aおよび右扉250bからなり、装飾図柄表示装置110および前面ステージ234の間に配設する。左扉250aおよび右扉250bの上部には、図示しない2つのプーリに巻き回したベルトをそれぞれ固定している。すなわち、左扉250aおよび右扉250bは、モータによりプーリを介して駆動するベルトの動作に伴って左右にそれぞれ移動する。遮蔽手段250は、左右扉250a、250bを閉じた状態ではそれぞれの内側端部が重なり、遊技者が装飾図柄表示装置110を視認し難いように遮蔽する。左右扉250a、250bを開いた状態ではそれぞれの内側端部が装飾図柄表示装置110の表示画面の外側端部と若干重なるが、遊技者は装飾図柄表示装置110の表示の全てを視認可能である。また、左右扉250a、250bは、それぞれ任意の位置で停止可能であり、例えば、表示した装飾図柄がどの装飾図柄であるかを遊技者が識別可能な程度に、装飾図柄の一部だけを遮蔽するようなことができる。なお、左右扉250a、250bは、格子の孔から後方の装飾図柄表示装置110の一部を視認可能にしてもよいし、格子の孔の障子部分を半透明レンズ体で塞ぎ、後方の装飾図柄表示装置110による表示を漠然と遊技者に視認させるようにしてもよいし、格子の孔の障子部分を完全に塞ぎ(遮蔽し)、後方の装飾図柄表示装置110を全く視認不可にしてもよい。

0058

<図柄の種類>
次に、図3(a)〜(c)を用いて、パチンコ機100の特図表示装置114、装飾図柄表示装置110、普図表示装置112が停止表示する特図および普図の種類について説明する。

0059

図3(a)は特図の停止図柄態様の一例を示したものである。

0060

第1特図始動口126に球が入球したことを第1始動口センサが検出したこと、あるいは第2特図始動口128に球が入球したことを第2始動口センサが検出したことを条件として特図変動遊技が開始される。この特図変動遊技が開始されると、特図表示装置114は、7個のセグメントの全点灯と、中央の1個のセグメントの点灯を繰り返す「特図の変動表示」を行う。この「特図の変動表示」が本発明にいう図柄の変動表示の一例に相当する。そして、特図の変動開始前に決定した変動時間(本発明にいう変動時間が相当)が経過すると、特図表示装置114は特図の停止図柄態様を停止表示する。したがって、「特図の変動表示」を開始してから特図の停止図柄態様を停止表示するまでが本発明にいう図柄変動停止表示の一例に相当し、以下、この「特図の変動表示」を開始してから特図の停止図柄態様を停止表示するまでの一連の表示を図柄変動停止表示と称する。後述するように、図柄変動停止表示は複数回、連続して行われることがある。図3(a)には、図柄変動停止表示における停止図柄態様として「特図1」から「特図6」までが示されている。

0061

「特図1」は15ラウンド(15R)特別大当たり図柄であり、「特図2」は15R大当たり図柄である。本実施形態のパチンコ機100では、後述するように、特図変動遊技における大当りか否かの決定はハードウェア乱数抽選によって行い、特別大当りか否かの決定はソフトウェア乱数の抽選によって行う。大当りと特別大当りの違いは、次回の特図変動遊技で、大当りに当選する確率が高い(特別大当り)か低い(大当り)かの違いである。15R特別大当たり図柄および15R大当たり図柄が本発明にいう第1特定図柄態様の一例に相当する。なお、15R特別大当たり遊技終了後および15R大当たり遊技終了後は、時短状態になる。時短については後述する。

0062

「特図3」は2ラウンド(2R)時短無し特別大当たり図柄である。「特図4」は第1小当たり図柄であり、「特図5」は第2小当たり図柄である。ここにいう小当たりは、2R時短無し大当たりと同じものに相当する。また、第1小当り図柄が本発明にいう第2特定図柄態様の一例に相当する。なお、2R時短無し特別大当たり遊技終了後、ならびに第1および第2小当たり遊技終了後は、非時短状態であり、その非時短状態が維持される。また、「特図6」は外れ図柄である。

0063

図3(a)においては、図中の白抜きの部分が消灯するセグメントの場所を示し、黒塗りの部分が点灯するセグメントの場所を示している。なお、本実施形態のパチンコ機100には、15R特別大当たり図柄として「特図1」以外の図柄も用意されており、15R大当たり図柄等の他の図柄についても同様である。

0064

図3(b)は装飾図柄の一例を示したものである。本実施形態の装飾図柄には、「装飾1」〜「装飾10」の10種類がある。第1特図始動口126に球が入球したことを第1始動口センサが検出したこと、あるいは第2特図始動口128に球が入球したことを第2始動口センサが検出したことを第1特図始動口126または第2特図始動口128に球が入賞したことを条件にして、装飾図柄表示装置110の左図柄表示領域110a、中図柄表示領域110b、右図柄表示領域110cの各図柄表示領域に、「装飾1」→「装飾2」→「装飾3」→・・・・「装飾9」→「装飾10」→「装飾1」→・・・の順番で表示を切り替える「装飾図柄の変動表示」を行う。そして、15R大当たりを報知する場合には、図柄表示領域110a〜110cに15R大当たりに対応する図柄組合せ(本実施形態では、同一の数字の装飾図柄の組合せ(例えば、「装飾2−装飾2−装飾2」))を停止表示し、15R特別大当たりを報知する場合には、15R特別大当たりに対応する図柄組合せ(本実施形態では、同一の奇数番号数字の装飾図柄の組合せ(例えば、「装飾1−装飾1−装飾1」))を停止表示する。

0065

また、2R時短無し特別大当たり、第1小当たり、および第2小当たりを報知する場合には、図柄表示領域110a〜110cに、それらに対応する図柄組合せ(例えば、「装飾1−装飾2−装飾3」)を停止表示する。

0066

一方、外れを報知する場合には、図柄表示領域110a〜110cに図3(b)に示す図柄組合せ以外の図柄組合せを停止表示する。

0067

なお、ここでは図示省略したが、普図表示装置112についても、当たり図柄と外れ図柄の2種類が用意されている。普図始動口124を球が通過したことをゲートセンサが検出したことを条件として普図表示遊技が開始される。普図表示遊技が開始されると、普図表示装置112は、7個のセグメントの全点灯と、中央の1個のセグメントの点灯を繰り返す「普図の変動表示」を行う。そして、普図変動遊技の当選を報知する場合には当たり図柄を停止表示し、普図変動遊技の外れを報知する場合には外れ図柄を停止表示する。

0068

<制御部>
次に、図4を用いて、このパチンコ機100の制御部の回路構成について詳細に説明する。なお、同図は制御部の回路ブロック図を示したものである。

0069

パチンコ機100の制御部は、大別すると、遊技の中枢部分を制御する主制御部300と、主制御部300が送信するコマンド信号(以下、単に「コマンド」と呼ぶ)に応じて、主に演出の制御を行う副制御部400と、主制御部300が送信するコマンドに応じて、主に遊技球の払い出しに関する制御を行う払出制御部550と、遊技球の発射制御を行う発射制御部600と、パチンコ機100に供給される電源を制御する電源管理部650によって構成されている。

0070

<主制御部>
まず、パチンコ機100の主制御部300について説明する。

0071

主制御部300は、主制御部300の全体を制御する基本回路302を備えており、この基本回路302には、CPU304と、制御プログラムや各種データを記憶するためのROM306と、一時的にデータを記憶するためのRAM(RWM)308と、各種デバイス入出力を制御するためのI/O310と、時間や回数等を計測するためのカウンタタイマ312と、プログラム処理の異常を監視するWDT313を搭載している。なお、ROM306やRAM308については他の記憶手段を用いてもよく、この点は後述する副制御部400についても同様である。この基本回路302のCPU304は、水晶発振器314bが出力する所定周期クロック信号システムクロックとして入力して動作する。

0072

また、基本回路302には、水晶発振器314aが出力するクロック信号を受信する度に0〜65535の範囲で数値を変動させるハードウェア乱数カウンタとして使用しているカウンタ回路316(この回路には2つのカウンタを内臓しているものとする)と、各種センサ318が出力する信号を受信し、増幅結果基準電圧との比較結果をカウンタ回路316および基本回路302に出力するためのセンサ回路320と、特図表示装置114の表示制御を行うための表示回路322と、普図表示装置112の表示制御を行うための表示回路324と、各種状態表示部326(普図保留ランプ116、特図保留ランプ118、高確中ランプ118等)の表示制御を行うための表示回路328と、第2特図始動口128や可変入賞口130等を開閉駆動する各種ソレノイド330を制御するためのソレノイド回路332を接続している。図4に示す各種センサ318には、上述のガラス枠開放センサや内枠開放センサや下皿満タンセンサ等、また球検出センサである上述の一般入賞口センサ、ゲートセンサ、第1始動口センサ、第2始動口センサ、カウントセンサ等が含まれる。

0073

なお、第1特図始動口126に球が入賞したことを第1始動口センサである球検出センサ318が検出した場合には、センサ回路320は球を検出したことを示す信号をカウンタ回路316に出力する。この信号を受信したカウンタ回路316は、第1特図始動口126に対応するカウンタのそのタイミングにおける値をラッチし、ラッチした値を、第1特図始動口126に対応する内蔵のカウンタ値記憶用レジスタに記憶する。また、カウンタ回路316は、第2特図始動口128に球が入賞したことを示す信号を受信した場合も同様に、第2特図始動口128に対応するカウンタのそのタイミングにおける値をラッチし、ラッチした値を、第2特図始動口128に対応する内蔵のカウンタ値記憶用レジスタに記憶する。

0074

さらに、基本回路302には、情報出力回路334を接続しており、主制御部300は、この情報出力回路334を介して、外部の遊技店コンピュータ(図示省略)等が備える情報入力回路652にパチンコ機100の遊技情報(例えば、遊技状態)を出力する。

0075

また、主制御部300には、電源管理部650から主制御部300に供給している電源の電圧値を監視する電圧監視回路336を設けており、この電圧監視回路336は、電源の電圧値が所定の値(本実施形態では9v)未満である場合に電圧が低下したことを示す低電圧信号を基本回路302に出力する。

0076

また、主制御部300には、電源が投入されると起動信号リセット信号)を出力する起動信号出力回路リセット信号出力回路)338を設けており、CPU304は、この起動信号出力回路338から起動信号を入力した場合に、後述する主制御部メイン処理を開始する。

0077

また、主制御部300は、副制御部400にコマンドを送信するための出力インタフェースと、払出制御部550にコマンドを送信するための出力インタフェースをそれぞれ備えており、この構成により、副制御部400および払出制御部550との通信を可能としている。なお、主制御部300と副制御部400および払出制御部550との情報通信は一方向の通信であり、主制御部300は副制御部400および払出制御部550にコマンド等の信号を送信できるように構成しているが、副制御部400および払出制御部550からは主制御部300にコマンド等の信号を送信できないように構成している。

0078

<副制御部>
次に、パチンコ機100の副制御部400について説明する。

0079

副制御部400は、主に主制御部300が送信したコマンド等に基づいて副制御部400の全体を制御する基本回路402を備えており、この基本回路402には、CPU404と、制御プログラムや各種データを記憶するためのROM406と、一時的にデータを記憶するためのRAM(RWM)408と、各種デバイスの入出力を制御するためのI/O410と、時間や回数等を計測するためのカウンタタイマ412を搭載している。この基本回路402のCPU404は、水晶発振器414が出力する所定周期のクロック信号をシステムクロックとして入力して動作する。

0080

また、基本回路402には、スピーカ416(およびアンプ)の制御を行うための音源IC418と、各種ランプ420の制御を行うための表示回路422と、演出装置200の演出用可動体等を駆動する駆動装置であるソレノイドまたはモータ等が含まれる各種演出用駆動装置424の制御を行うための演出用駆動装置制御回路426と、装飾図柄表示装置(液晶表示装置)110および遮蔽手段250の制御を行うための装飾図柄表示制御部500と、チャンスボタン146の押下を検出して信号を出力するチャンスボタン検出回路380を接続している。

0081

<払出制御部、発射制御部、電源管理部>
次に、パチンコ機100の払出制御部550、発射制御部600、電源管理部650について説明する。

0082

払出制御部550は、主に主制御部300が送信したコマンド等の信号に基づいて払出装置552を制御すると共に、払出センサ554が出力する制御信号に基づいて賞球または貸球の払い出しが完了したか否かを検出すると共に、インタフェース部556を介して、パチンコ機100とは別体で設けられたカードユニット654との通信を行う。

0083

発射制御部600は、払出制御部550が出力する、発射許可または停止を指示する制御信号や、操作ハンドル148内に設けた発射強度出力回路が出力する、遊技者による発射ハンドル148の操作量に応じた発射強度を指示する制御信号に基づいて、発射杆138および発射槌140を駆動する発射モータ602の制御や、貯留皿144から発射レール142に球を供給する球送り装置604の制御を行う。

0084

電源管理部650は、パチンコ機100に外部から供給される交流電源直流化し、所定の電圧に変換して主制御部300、副制御部400等の各制御部や払出装置552等の各装置に供給する。さらに、電源管理部650は、外部からの電源が断たれた後も所定の部品(例えば主制御部300のRAM308等)に所定の期間(例えば10日間)電源を供給するための蓄電回路(例えばコンデンサ)を備えている。

0085

<主制御部メイン処理>
次に、図5を用いて、主制御部300のCPU304が実行する主制御部メイン処理について説明する。なお、同図は主制御部メイン処理の流れを示すフローチャートである。

0086

上述したように、主制御部300には、電源が投入されると起動信号(リセット信号)を出力する起動信号出力回路(リセット信号出力回路)338を設けている。この起動信号を入力した基本回路302のCPU304は、リセット割り込みによりリセットスタートしてROM306に予め記憶している制御プログラムに従って図5に示す主制御部メイン処理を実行する。

0087

テップS101では、初期設定1を行う。この初期設定1では、CPU304のスタックポインタ(SP)へのスタック初期値の設定(仮設定)、割り込みマスクの設定、I/Oポート310の初期設定、RAM308に記憶する各種変数の初期設定、WDT313への動作許可及び初期値の設定等を行う。なお、本実施形態では、WDT313に、初期値として32.8msに相当する数値を設定する。

0088

ステップS102では、WDT313のカウンタの値をクリアし、WDT313による時間計測再始動する。

0089

ステップS103では、低電圧信号がオンであるか否か、すなわち、電圧監視回路336が、電源管理部650から主制御部300に供給している電源の電圧値が所定の値(本実施形態では9v)未満である場合に電圧が低下したことを示す低電圧信号を出力しているか否かを監視する。そして、低電圧信号がオンの場合(CPU304が電源の遮断を検知した場合)にはステップS102に戻り、低電圧信号がオフの場合(CPU304が電源の遮断を検知していない場合)にはステップS104に進む。なお、電源が投入された直後で未だ上記所定の値(9V)に達しない場合にもステップS102に戻り、供給電圧がその所定の値以上になるまで、ステップS103は繰り返し実行される。

0090

ステップS104では、初期設定2を行う。この初期設定2では、後述する主制御部タイマ割り込み処理を定期毎に実行するための周期を決める数値をカウンタタイマ312に設定する処理、I/O310の所定のポート(例えば試験用出力ポート、副制御部400への出力ポート)からクリア信号を出力する処理、RAM308への書き込みを許可する設定等を行う。

0091

ステップS105では、電源の遮断前(電断前)の状態に復帰するか否かの判定を行い、電断前の状態に復帰しない場合(主制御部300の基本回路302を初期状態にする場合)には初期化処理(ステップS107)に進む。

0092

具体的には、最初に、電源基板に設けたRAMクリアスイッチ遊技店店員などが操作した場合に送信されるRAMクリア信号がオン(操作があったことを示す)であるか否か、すなわちRAMクリアが必要であるか否かを判定し、RAMクリア信号がオンの場合(RAMクリアが必要な場合)には、基本回路302を初期状態にすべくステップS107に進む。一方、RAMクリア信号がオフの場合(RAMクリアが必要でない場合)には、RAM308に設けた電源ステータス記憶領域に記憶した電源ステータスの情報を読み出し、この電源ステータスの情報がサスペンドを示す情報であるか否かを判定する。そして、電源ステータスの情報がサスペンドを示す情報でない場合には、基本回路302を初期状態にすべくステップS107に進み、電源ステータスの情報がサスペンドを示す情報である場合には、RAM308の所定の領域(例えば全ての領域)に記憶している1バイトデータを初期値が0である1バイト構成のレジスタに全て加算することによりチェックサムを算出し、算出したチェックサムの結果が特定の値(例えば0)であるか否か(チェックサムの結果が正常であるか否か)を判定する。そして、チェックサムの結果が特定の値(例えば0)の場合(チェックサムの結果が正常である場合)には電断前の状態に復帰すべくステップS106に進み、チェックサムの結果が特定の値(例えば0)以外である場合(チェックサムの結果が異常である場合)には、パチンコ機100を初期状態にすべくステップS107に進む。同様に電源ステータスの情報が「サスペンド」以外の情報を示している場合にもステップS107に進む。

0093

ステップS106では、復電時処理を行う。この復電時処理では、電断時にRAM308に設けられたスタックポインタ退避領域に記憶しておいたスタックポインタの値を読み出し、スタックポインタに再設定(本設定)する。また、電断時にRAM308に設けられたレジスタ退避領域に記憶しておいた各レジスタの値を読み出し、各レジスタに再設定した後、割り込み許可の設定を行う。以降、CPU304が、再設定後のスタックポインタやレジスタに基づいて制御プログラムを実行する結果、パチンコ機100は電源断時の状態に復帰する。すなわち、電断直前にタイマ割り込み処理(後述)に分岐する直前に行った(ステップS108、ステップS109内の所定の)命令の次の命令から処理を再開する。また、図4に示す主制御部300における基本回路302に搭載されているRAM308には、送信情報記憶領域が設けられている。このステップS106では、その送信情報記憶領域に、EHを復電コマンドとしてセットする。この復電コマンドは、電源断時の状態に復帰したことを表すコマンドであり、後述する、主制御部300のタイマ割り込み処理におけるステップS217において、副制御部400へ送信される。

0094

ステップS107では、初期化処理を行う。この初期化処理では、割り込み禁止の設定、スタックポインタへのスタック初期値の設定、RAM308の全ての記憶領域の初期化などを行う。さらにここで、主制御部300のRAM308に設けられた送信情報記憶領域に正常復帰コマンドをセットする。この正常復帰コマンドは、主制御部300の初期化処理(ステップS107)が行われたことを表すコマンドであり、復電コマンドと同じく、主制御部300のタイマ割り込み処理におけるステップS217において、副制御部400へ送信される。

0095

ステップS108では、割り込み禁止の設定を行った後、基本乱数初期値更新処理を行う。この基本乱数初期値更新処理では、普図当選乱数カウンタ、および特図乱数値カウンタの初期値をそれぞれ生成するための2つの初期値生成用乱数カウンタと、普図タイマ乱数値、および特図タイマ乱数値それぞれ生成するための2つの乱数カウンタを更新する。例えば、普図タイマ乱数値として取り得る数値範囲が0〜20とすると、RAM308に設けた普図タイマ乱数値を生成するための乱数カウンタ記憶領域から値を取得し、取得した値に1を加算してから元の乱数カウンタ記憶領域に記憶する。このとき、取得した値に1を加算した結果が21であれば0を元の乱数カウンタ記憶領域に記憶する。他の初期値生成用乱数カウンタ、乱数カウンタもそれぞれ同様に更新する。また、この基本乱数初期値更新処理の終了後に割り込み許可の設定を行ってステップS109に進む。

0096

ステップS109では、演出乱数更新処理を行う。この演出乱数更新処理では、主制御部300で使用する演出用乱数値を生成するための乱数カウンタを更新する。主制御部300のRAM308には、0から127の範囲の値を取り得る予告抽選乱数を生成する予告抽選乱数カウンタや、同じく0から127の範囲の値を取り得る特図決定用乱数を生成する特図決定用乱数カウンタ等が用意されている。このステップS109では、これらのカウンタそれぞれの値を更新する。

0097

主制御部300は、所定の周期ごとに開始するタイマ割り込み処理を行っている間を除いて、ステップS108およびS109の処理を繰り返し実行する。

0098

<主制御部タイマ割り込み処理>
次に、図6を用いて、主制御部300のCPU304が実行する主制御部タイマ割り込み処理について説明する。なお、同図は主制御部タイマ割り込み処理の流れを示すフローチャートである。

0099

主制御部300は、所定の周期(本実施形態では約2msに1回)でタイマ割り込み信号を発生するカウンタタイマ312を備えており、このタイマ割り込み信号を契機として主制御部タイマ割り込み処理を所定の周期で開始する。

0100

ステップS201では、タイマ割り込みスタート処理を行う。このタイマ割り込みスタート処理では、CPU304の各レジスタの値をスタック領域に一時的に退避する処理などを行う。

0101

ステップS202では、WDT313のカウント値初期設定値(本実施形態では32.8ms)を超えてWDT割り込みが発生しないように(処理の異常を検出しないように)、WDTを定期的に(本実施形態では、主制御部タイマ割り込みの周期である約2msに1回)リスタートを行う。

0102

ステップS203では、入力ポート状態更新処理を行う。この入力ポート状態更新処理では、I/O310の入力ポートを介して、上述のガラス枠開放センサや内枠開放センサや下皿満タンセンサ等、また各種の球検出センサを含む各種センサ318の検出信号を入力して検出信号の有無を監視し、RAM308に各種センサ318ごとに区画して設けた信号状態記憶領域に記憶する。球検出センサの検出信号を例にして説明すれば、前々回のタイマ割り込み処理(約4ms前)で検出した各々の球検出センサの検出信号の有無の情報を、RAM308に各々の球検出センサごとに区画して設けた前回検出信号記憶領域から読み出し、この情報をRAM308に各々の球検出センサごとに区画して設けた前々回検出信号記憶領域に記憶し、前回のタイマ割り込み処理(約2ms前)で検出した各々の球検出センサの検出信号の有無の情報を、RAM308に各々の球検出センサごとに区画して設けた今回検出信号記憶領域から読み出し、この情報を上述の前回検出信号記憶領域に記憶する。また、今回検出した各々の球検出センサの検出信号を、上述の今回検出信号記憶領域に記憶する。

0103

また、ステップS203では、上述の前々回検出信号記憶領域、前回検出信号記憶領域、および今回検出信号記領域の各記憶領域に記憶した各々の球検出センサの検出信号の有無の情報を比較し、各々の球検出センサにおける過去3回分の検出信号の有無の情報が入賞判定パターン情報と一致するか否かを判定する。一個の遊技球が一つの球検出センサを通過する間に、約2msという非常に短い間隔で起動を繰り返すこの主制御部タイマ割り込み処理は何回か起動する。このため、主制御部タイマ割り込み処理が起動する度に、上述のステップS203では、同じ遊技球が同じ球検出センサを通過したことを表す検出信号を確認することになる。この結果、上述の前々回検出信号記憶領域、前回検出信号記憶領域、および今回検出信号記領域それぞれに、同じ遊技球が同じ球検出センサを通過したことを表す検出信号が記憶される。すなわち、遊技球が球検出センサを通過し始めたときには、前々回検出信号無し、前回検出信号有り、今回検出信号有りになる。本実施形態では、球検出センサの誤検出やノイズを考慮して、検出信号無しの後に検出信号が連続して2回記憶されている場合には、入賞があったと判定する。図4に示す主制御部300のROM306には、入賞判定パターン情報(本実施形態では、前々回検出信号無し、前回検出信号有り、今回検出信号有りであることを示す情報)が記憶されている。このステップS203では、各々の球検出センサにおいて過去3回分の検出信号の有無の情報が、予め定めた入賞判定パターン情報(本実施形態では、前々回検出信号無し、前回検出信号有り、今回検出信号有りであることを示す情報)と一致した場合に、一般入賞口122、可変入賞口130、第1特図始動口126、および第2特図始動口128への入球、または普図始動口124の通過があったと判定する。すなわち、これらの入賞口122,130や、これらの始動口124,126,128への入賞があったと判定する。例えば、一般入賞口122への入球を検出する一般入賞口センサにおいて過去3回分の検出信号の有無の情報が上述の入賞判定パターン情報と一致した場合には、一般入賞口122へ入賞があったと判定し、以降の一般入賞口122への入賞に伴う処理を行うが、過去3回分の検出信号の有無の情報が上述の入賞判定パターン情報と一致しなかった場合には、以降の一般入賞口122への入賞に伴う処理を行わずに後続の処理に分岐する。なお、主制御部300のROM306には、入賞判定クリアパターン情報(本実施形態では、前々回検出信号有り、前回検出信号無し、今回検出信号無しであることを示す情報)が記憶されている。入賞が一度あったと判定した後は、各々の球検出センサにおいて過去3回分の検出信号の有無の情報が、その入賞判定クリアパターン情報に一致するまで入賞があったとは判定せず、入賞判定クリアパターン情報に一致すれば、次からは上記入判定パターン情報に一致するか否かの判定を行う。

0104

ステップS204およびステップS205では、基本乱数初期値更新処理および基本乱数更新処理を行う。これらの基本乱数初期値更新処理および基本乱数更新処理では、上記ステップS108で行った初期値生成用乱数カウンタの値の更新を行い、次に主制御部300で使用する普図当選乱数値および特図乱数値をそれぞれ生成するための2つの乱数カウンタを更新する。例えば、普図当選乱数値として取り得る数値範囲が0〜100とすると、RAM308に設けた普図当選乱数値を生成するための乱数カウンタ記憶領域から値を取得し、取得した値に1を加算してから元の乱数カウンタ記憶領域に記憶する。このとき、取得した値に1を加算した結果が101であれば0を元の乱数カウンタ記憶領域に記憶する。また、取得した値に1を加算した結果、乱数カウンタが一周していると判定した場合にはそれぞれの乱数カウンタに対応する初期値生成用乱数カウンタの値を取得し、乱数カウンタの記憶領域にセットする。例えば、0〜100の数値範囲で変動する普図当選乱数値生成用の乱数カウンタから値を取得し、取得した値に1を加算した結果が、RAM308に設けた所定の初期値記憶領域に記憶している前回設定した初期値と等しい値(例えば7)である場合に、普図当選乱数値生成用の乱数カウンタに対応する初期値生成用乱数カウンタから値を初期値として取得し、普図当選乱数値生成用の乱数カウンタにセットすると共に、普図当選乱数値生成用の乱数カウンタが次に1周したことを判定するために、今回設定した初期値を上述の初期値記憶領域に記憶しておく。なお、普図当選乱数値生成用の乱数カウンタが次に1周したことを判定するための上述の初期値記憶領域とは別に、特図乱数生成用の乱数カウンタが1周したことを判定するための初期値記憶領域をRAM308に設けている。

0105

ステップS206では、演出乱数更新処理を行う。この演出乱数更新処理では、主制御部300で使用する演出用乱数値を生成するための乱数カウンタを更新する。ここでは上記ステップS109で行った演出用乱数値を生成するための乱数カウンタを更新する。予告抽選乱数カウンタや特図決定用乱数カウンタそれぞれの値も、このステップS206で更新される。

0106

ステップS207では、タイマ更新処理を行う。このタイマ更新処理では、普通図柄表示装置112に図柄を変動・停止表示する時間を計時するための普図表示図柄更新タイマ、特図表示装置114に図柄を変動・停止表示する時間を計時するための特図表示図柄更新タイマ、所定の入賞演出時間、所定の開放時間、所定の閉鎖時間、所定の終了演出期間などを計時するためのタイマなどを含む各種タイマを更新する。

0107

ステップS208では、入賞口カウンタ更新処理を行う。この入賞口カウンタ更新処理では、入賞口122,130や始動口124,126,128に入賞があった場合に、RAM308に各入賞口ごと、あるいは各始動口ごとに設けた賞球数記憶領域の値を読み出し、1を加算して、元の賞球数記憶領域に設定する。

0108

また、ステップS209では、入賞受付処理(詳細は後述)を行う。

0109

ステップS210では、払出要求数送信処理を行う。なお、払出制御部550に出力する出力予定情報および払出要求情報は1バイトで構成しており、ビット7にストローブ情報(オンの場合、データをセットしていることを示す)、ビット6に電源投入情報(オンの場合、電源投入後一回目のコマンド送信であることを示す)、ビット4〜5に暗号化のための今回加工種別(0〜3)、およびビット0〜3に暗号化加工後の払出要求数を示すようにしている。

0110

ステップS211では、普図状態更新処理を行う。この普図状態更新処理は、普図の状態に対応する複数の処理のうちの1つの処理を行う。例えば、普図変動表示の途中(上述する普図表示図柄更新タイマの値が1以上)における普図状態更新処理では、普図表示装置112を構成する7セグメントLEDの点灯と消灯を繰り返す点灯・消灯駆動制御を行う。この制御を行うことで、普図表示装置112は普図の変動表示(普図変動遊技)を行う。

0111

また、普図変動表示時間が経過したタイミング(普図表示図柄更新タイマの値が1から0になったタイミング)における普図状態更新処理では、当りフラグがオンの場合には、当たり図柄の表示態様となるように普図表示装置112を構成する7セグメントLEDの点灯・消灯駆動制御を行い、当りフラグがオフの場合には、外れ図柄の表示態様となるように普図表示装置112を構成する7セグメントLEDの点灯・消灯駆動制御を行う。また、主制御部300のRAM308には、普図状態更新処理に限らず各種の処理において各種の設定を行う設定領域が用意されている。ここでは、上記点灯・消灯駆動制御を行うとともに、その設定領域に普図停止表示中であることを示す設定を行う。この制御を行うことで、普図表示装置112は、当り図柄および外れ図柄いずれか一方の図柄の確定表示を行う。さらにその後、所定の停止表示期間(例えば500m秒間)、その表示を維持するためにRAM308に設けた普図停止時間管理用タイマの記憶領域に停止期間を示す情報を設定する。この設定により、確定表示された図柄が所定期間停止表示され、普図変動遊技の結果が遊技者に報知される。

0112

また、普図変動遊技の結果が当りであれば、後述するように、普図当りフラグがオンされる。この普図当りフラグがオンの場合には、所定の停止表示期間が終了したタイミング(普図停止時間管理用タイマの値が1から0になったタイミング)における普図状態更新処理では、RAM308の設定領域に普図作動中を設定するとともに、所定の開放期間(例えば2秒間)、第2特図始動口128の羽根部材1281の開閉駆動用のソレノイド(330)に、羽根部材1281を開放状態に保持する信号を出力するとともに、RAM308に設けた羽根開放時間管理用タイマの記憶領域に開放期間を示す情報を設定する。

0113

また、所定の開放期間が終了したタイミング(羽根開放時間管理用タイマの値が1から0になったタイミング)で開始する普図状態更新処理では、所定の閉鎖期間(例えば500m秒間)、羽根部材1281の開閉駆動用のソレノイド330に、羽根部材1281を閉鎖状態に保持する信号を出力するとともに、RAM308に設けた羽根閉鎖時間管理用タイマの記憶領域に閉鎖期間を示す情報を設定する。

0114

また、所定の閉鎖期間が終了したタイミング(羽根閉鎖時間管理用タイマの値が1から0になったタイミング)で開始する普図状態更新処理では、RAM308の設定領域に普図非作動中を設定する。さらに、普図変動遊技の結果が外れであれば、後述するように、普図外れフラグがオンされる。この普図外れフラグがオンの場合には、上述した所定の停止表示期間が終了したタイミング(普図停止時間管理用タイマの値が1から0になったタイミング)における普図状態更新処理でも、RAM308の設定領域に普図非作動中を設定する。普図非作動中の場合における普図状態更新処理では、何もせずに次のステップS212に移行するようにしている。

0115

ステップS212では、普図関連抽選処理を行う。この普図関連抽選処理では、普図変動遊技および第2特図始動口128の開閉制御を行っておらず(普図の状態が非作動中)、且つ、保留している普図変動遊技の数が1以上である場合に、上述の乱数値記憶領域に記憶している普図当選乱数値に基づいた乱数抽選により普図変動遊技の結果を当選とするか、不当選とするかを決定する当り判定をおこない、当選とする場合にはRAM308に設けた当りフラグにオンを設定する。不当選の場合には、当りフラグにオフを設定する。また、当り判定の結果に関わらず、次に上述の普図タイマ乱数値生成用の乱数カウンタの値を普図タイマ乱数値として取得し、取得した普図タイマ乱数値に基づいて複数の変動時間のうちから普図表示装置112に普図を変動表示する時間を1つ選択し、この変動表示時間を、普図変動表示時間として、RAM308に設けた普図変動時間記憶領域に記憶する。なお、保留している普図変動遊技の数は、RAM308に設けた普図保留数記憶領域に記憶するようにしており、当り判定をするたびに、保留している普図変動遊技の数から1を減算した値を、この普図保留数記憶領域に記憶し直すようにしている。また当り判定に使用した乱数値を消去する。

0116

次いで、特図状態更新処理を行う(ステップS213)。この特図状態更新処理は、特図の状態に応じて、次の8つの処理のうちの1つの処理を行う。例えば、特図変動表示の途中(上述の特図表示図柄更新タイマの値が1以上)における特図状態更新処理では、特図表示装置114を構成する7セグメントLEDの点灯と消灯を繰り返す点灯・消灯駆動制御を行う。この制御を行うことで、特図表示装置114は特図の変動表示(特図変動遊技)を行う。

0117

また、特図変動表示時間が経過したタイミング(特図表示図柄更新タイマの値が1から0になったタイミング)で開始する特図状態更新処理では、15R大当りフラグがオンで確率変動フラグもオンの場合には図3(a)に示す特図1、15大当りフラグがオンで確率変動フラグがオフの場合には図3(a)に示す特図2、15R大当りフラグがオンで確率変動フラグがオンの場合には図3(a)に示す特図3、第1小当たりフラグがオンの場合には図3(a)に示す特図4、第2小当たりフラグがオンの場合には図3(a)に示す特図5、いずれのフラグもオフの場合には図3(a)に示す特図6の停止図柄態様となるように、特図表示装置114を構成する7セグメントLEDの点灯・消灯駆動制御を行い、RAM308の設定領域に特図停止表示中であることを表す設定を行う。この制御を行うことで、特図表示装置114は、図3(a)に示すいずれか一つの停止図柄態様の確定表示を行う。さらにその後、所定の停止表示期間(例えば500m秒間)その表示を維持するためにRAM308に設けた特図停止時間管理用タイマの記憶領域に停止期間を示す情報を設定する。この設定により、確定表示された特図が所定期間停止表示され、特図変動遊技の結果が遊技者に報知される。また、RAM308に設けられた時短回数記憶部に記憶された時短回数が1以上であれば、その時短回数から1を減算し、減算結果が1から0となった場合は、詳細は後述する時短フラグをオフする。また、大当り遊技中(特別遊技状態中)にも、時短フラグをオフする。さらに、第1小当たりフラグ、および第2小当たりフラグがオン状態になった場合にも、時短フラグをオフしてもよい。また、コマンド設定送信処理(ステップS217)で一般コマンド回転停止設定送信処理を実行させるために上述の送信情報記憶領域に4Hを送信情報一般情報)として追加記憶してから処理を終了する。

0118

また、特図変動遊技の結果が大当りであれば、後述するように、大当りフラグがオンされる。この大当りフラグがオンの場合には、所定の停止表示期間が終了したタイミング(特図停止時間管理用タイマの値が1から0になったタイミング)における特図状態更新処理では、RAM308の設定領域に特図作動中を設定するとともに、所定の入賞演出期間(例えば3秒間)すなわち装飾図柄表示装置110による大当りを開始することを遊技者に報知する画像を表示している期間待機するためにRAM308に設けた特図待機時間管理用タイマの記憶領域に入賞演出期間を示す情報を設定する。また、コマンド設定送信処理(ステップS217)で一般コマンド入賞演出設定送信処理を実行させるために上述の送信情報記憶領域に5Hを送信情報(コマンド種別)として追加記憶する。

0119

また、所定の入賞演出期間が終了したタイミング(特図待機時間管理用タイマの値が1から0になったタイミング)で開始する特図状態更新処理では、所定の開放期間(例えば29秒間、または可変入賞口130に所定球数(例えば10球)の遊技球の入賞を検出するまで。)可変入賞口130の扉部材の開閉駆動用のソレノイド(330)に、扉部材を開放状態に保持する信号を出力するとともに、RAM308に設けた扉開放時間管理用タイマの記憶領域に開放期間を示す情報を設定する。また、コマンド設定送信処理(ステップS217)で一般コマンド大入賞口開放設定送信処理を実行させるために上述の送信情報記憶領域に7Hを送信情報(コマンド種別)として追加記憶する。

0120

また、所定の開放期間が終了したタイミング(扉開放時間管理用タイマの値が1から0になったタイミング)で開始する特図状態更新処理では、所定の閉鎖期間(例えば1.5秒間)可変入賞口130の扉部材の開閉駆動用のソレノイド(330)に、扉部材を閉鎖状態に保持する信号を出力するとともに、RAM308に設けた扉閉鎖時間管理用タイマの記憶領域に閉鎖期間を示す情報を設定する。また、コマンド設定送信処理(ステップS217)で一般コマンド大入賞口閉鎖設定送信処理を実行させるために上述の送信情報記憶領域に8Hを送信情報(コマンド種別)として追加記憶する。

0121

また、この扉部材の開放・閉鎖制御を所定回数(例えば15ラウンド)繰り返し、終了したタイミングで開始する特図状態更新処理では、所定の終了演出期間(例えば3秒間)すなわち装飾図柄表示装置110による大当りを終了することを遊技者に報知する画像を表示している期間待機するように設定するためにRAM308に設けた演出待機時間管理用タイマの記憶領域に演出待機期間を示す情報を設定する。可変入賞口130の開放・閉鎖制御を開始し、15回繰り返して、開放・閉鎖制御を終了するまでの間を「15R大当たり遊技(状態)」という。この15R大当たり遊技の終了と同時に、RAM308に設けられた時短回数記憶部に時短回数100回をセットするともに時短フラグをオンする。この15R大当たり遊技状態が、本発明にいう第1遊技状態の一例に相当する。時短フラグは、主制御部300のRAM308に設けられている。ここにいう時短とは、特図変動遊技における大当りを終了してから、次の大当りを開始するまでの時間を短くするため、パチンコ機が遊技者にとって有利な状態になることをいう。この時短フラグがオンに設定されていると、普図高確率状態である。普図高確率状態では普図低確率状態に比べて、普図変動遊技に大当りすると、変動時間が短くなる可能性が高い。また、普図高確率状態の方が、普図低確率状態に比べて普図変動遊技の変動時間は短くなる。さらに、普図高確率状態では普図低確率状態に比べて、図2に示す一対の羽根部材1281の1回の開放における開放時間が長くなりやすい。加えて、普図高確率状態では普図低確率状態に比べて、一対の羽根部材1281は多く開きやすい。また、上述のごとく、時短フラグは、大当り遊技中(特別遊技状態中)にはオフに設定される。したがって、大当たり遊技中には、普図低確率状態が維持される。これは、大当たり遊技中に普図高確率状態であると、大当たり遊技中に可変入賞口130に所定の個数、遊技球が入球するまでの間に第2特図始動口128に多くの遊技球が入球し、大当たり中に獲得することができる遊技球の数が多くなってしまい射幸性が高まってしまうという問題があり、これを解決するためのものである。

0122

また、可変入賞口130の開放・閉鎖制御を開始し、2回繰り返して、開放・閉鎖制御を終了するまでの間を「2R大当たり遊技(状態)」あるいは「2R小当り遊技状態」という。これらの2R大当たり遊技中および2R小当り遊技中にも、時短フラグがオフになり、2R大当たり遊技や2R小当り遊技が終了しても時短フラグはオフの状態が維持される。ここにいう2R小当り遊技状態が、本発明にいう第2遊技状態の一例に相当する。さらに、コマンド設定送信処理(ステップS217)で一般コマンド終了演出設定送信処理を実行させるために上述の送信情報記憶領域に6Hを送信情報(コマンド種別)として追加記憶する。

0123

また、所定の終了演出期間が終了したタイミング(演出待機時間管理用タイマの値が1から0になったタイミング)で開始する特図状態更新処理では、RAM308の設定領域に特図非作動中を設定する。さらに、特図変動遊技の結果が外れであれば、後述するように、大当りフラグがオフされる。この大当りフラグがオフの場合には、上述した所定の停止表示期間が終了したタイミング(特図停止時間管理用タイマの値が1から0になったタイミング)における特図状態更新処理でも、RAM308の設定領域に特図非作動中を設定する。特図非作動中の場合における特図状態更新処理では、何もせずに次のステップS214に移行するようにしている。

0124

ステップS213における特図状態更新処理が終了すると、今度は、特図関連抽選処理(詳細は後述)を行う(ステップS214)。

0125

続いて、コマンド設定送信処理を行う(ステップS215)。なお、副制御部400に送信する出力予定情報は16ビットで構成しており、ビット15はストローブ情報(オンの場合、データをセットしていることを示す)、ビット11〜14はコマンド種別(0Hの場合は基本コマンド、1Hの場合は図柄変動開始コマンド、4Hの場合は図柄変動停止コマンド、5Hの場合は入賞演出開始コマンド、6Hの場合は終了演出開始コマンド、7Hの場合は大当りラウンド数指定コマンド、EHの場合は復電コマンド、FHの場合はRAMクリアコマンドをそれぞれ示すなどコマンドの種類を特定可能な情報)、ビット0〜10はコマンドデータ(コマンド種別に対応する所定の情報)で構成している。

0126

具体的には、ストローブ情報は上述のコマンド送信処理でオン、オフするようにしている。また、コマンド種別が図柄変動開始コマンドの場合であればコマンドデータに、大当りフラグの値、確率変動フラグの値、特図関連抽選処理で選択したタイマ番号などを示す情報を含み、図柄変動停止コマンドの場合であれば、大当りフラグの値、確率変動フラグの値などを含み、入賞演出コマンドおよび終了演出開始コマンドの場合であれば、確率変動フラグの値などを含み、大当りラウンド数指定コマンドの場合であれば確率変動フラグの値、大当りラウンド数などを含むようにしている。コマンド種別が基本コマンドを示す場合は、コマンドデータにデバイス情報、第1特図始動口126への入賞の有無、第2特図始動口128への入賞の有無、可変入賞口130への入賞の有無などを含む。

0127

また、上述の一般コマンド回転開始設定送信処理では、コマンド種別に1H、コマンドデータにRAM308に記憶している大当りフラグの値、確率変動フラグの値、後述する特図関連抽選処理で選択したタイマ番号、保留している特図変動遊技の数などを示す情報を設定する。上述の一般コマンド回転停止設定送信処理では、コマンド種別に4H、コマンドデータにRAM308に記憶している大当りフラグの値、確率変動フラグの値などを示す情報を設定する。上述の一般コマンド入賞演出設定送信処理では、コマンド種別に5H、コマンドデータに、RAM308に記憶している、入賞演出期間中に装飾図柄表示装置110・各種ランプ423・スピーカ416に出力する演出制御情報、確率変動フラグの値、保留している特図変動遊技の数などを示す情報を設定する。上述の一般コマンド終了演出設定送信処理では、コマンド種別に6H、コマンドデータに、RAM308に記憶している、演出待機期間中に装飾図柄表示装置110・各種ランプ423・スピーカ416に出力する演出制御情報、確率変動フラグの値、保留している特図変動遊技の数などを示す情報を設定する。上述の一般コマンド大入賞口開放設定送信処理では、コマンド種別に7H、コマンドデータにRAM308に記憶している大当りラウンド数、確率変動フラグの値、保留している特図変動遊技の数などを示す情報を設定する。上述の一般コマンド大入賞口閉鎖設定送信処理では、コマンド種別に8H、コマンドデータにRAM308に記憶している大当りラウンド数、確率変動フラグの値、保留している特図変動遊技の数などを示す情報を設定する。また、このステップS215では一般コマンド特図保留増加処理も行われる。この一般コマンド特図保留増加処理では、コマンド種別にAH、コマンドデータにRAM308の送信用情報記憶領域に記憶している予告情報事前予告情報、偽事前予告情報、または事前予告無情報のいずれか)を設定する。

0128

副制御部400では、受信した出力予定情報に含まれるコマンド種別により、主制御部300における遊技制御の変化に応じた演出制御の決定が可能になるとともに、出力予定情報に含まれているコマンドデータの情報に基づいて、演出制御内容を決定することができるようになる。

0129

ステップS216では、外部出力信号設定処理を行う。この外部出力信号設定処理では、RAM308に記憶している遊技情報を、情報出力回路334を介してパチンコ機100とは別体の情報入力回路652に出力する。

0130

ステップS217では、デバイス監視処理を行う。このデバイス監視処理では、ステップ203において信号状態記憶領域に記憶した各種センサの信号状態を読み出して、ガラス枠開放エラーの有無または下皿満タンエラーの有無などを監視し、ガラス枠開放エラーまたは下皿満タンエラーを検出した場合に、副制御部400に送信すべき送信情報に、ガラス枠開放エラーの有無または下皿満タンエラーの有無を示すデバイス情報を設定する。また、各種ソレノイド330を駆動して第2特図始動口128や、可変入賞口130の開閉を制御したり、表示回路322、324、328を介して普図表示装置112、特図表示装置114、各種状態表示部326などに出力する表示データを、I/O310の出力ポートに設定する。また、払出要求数送信処理(ステップS210)で設定した出力予定情報を出力ポート310を介して副制御部400に出力する。

0131

ステップS218では、低電圧信号がオンであるか否かを監視する。そして、低電圧信号がオンの場合(電源の遮断を検知した場合)にはステップS219に進み、低電圧信号がオフの場合(電源の遮断を検知していない場合)にはステップS220に進む。

0132

ステップS219では、タイマ割り込みエンド処理を行う。このタイマ割り込みエンド処理では、ステップS201で一時的に退避した各レジスタの値を元の各レジスタに設定したり、割り込み許可の設定などを行い、その後、図5に示す主制御部メイン処理に復帰する。

0133

一方、ステップS220では、復電時に電断時の状態に復帰するための特定の変数やスタックポインタを復帰データとしてRAM308の所定の領域に退避し、入出力ポートの初期化等の電断処理を行い、その後、図5に示す主制御部メイン処理に復帰する。

0134

<入賞受付処理>
次に、図7および図8を用いて、図6に示す主制御部タイマ割り込み処理におけるステップS209の入賞受付処理について説明する。図7および図8は主制御部300のCPU304が実行する入賞受付処理の流れを示すフローチャートである。

0135

まず、第1特図始動口126および第2特図始動口128(以下、これら2つの特図始動口を総称して単に特図始動口と称する)に関する入賞受付処理を行う。図7は、特図始動口に関する入賞受付処理の流れを示すフローチャートである。この図7に示すステップS1101では、特図始動口への入賞があったか否かを判定する。ここでは、図6に示すステップS203における入賞判定パターン情報と一致するか否かの判定結果を用いて判定する。入賞があった場合にはステップS1102に進み、入賞がなかった場合には図8に示すステップS1151に進む。ステップS1102では、RAM308に設けた特図保留数記憶領域を参照し、保留している特図変動遊技の数が所定数(本実施形態では4)未満であるか否かを判定し、所定数未満の場合はステップS1103に進む。一方、所定数以上の場合は、ステップS1151に進み、この時の第1特図始動口126への入賞による大当たりの抽選は行われない。

0136

ステップS1103では、第1特図始動口126に対応するカウンタ回路316bのカウンタ値記憶用レジスタから値を特図当選乱数値として取得するとともに、上述の特図乱数値生成用の乱数カウンタから値を特図乱数値として取得する。上述のごとく、図4に示すカウンタ回路316bのカウンタ値記憶用レジスタには、第1始動口センサが遊技球を検出したことによって送られてきた信号の受信タイミングでカウンタ回路316においてラッチされた値(ハードウエア乱数値)や、第2始動口センサが遊技球を検出したことによって送られてきた信号の受信タイミングでカウンタ回路316においてラッチされた値(ハードウエア乱数値)が記憶されている。ここで取得したこのハードウエア乱数値(特図当選乱数値)は、詳しくは後述する特図関連抽選処理(ステップS214)において特図変動遊技における大当りか否かの判定に用いられる。また、特図乱数値生成用の乱数カウンタは、図6に示すステップS205において更新された値(ソフトウエア乱数値)になっている。ここで取得したこのソフトウエア乱数値(特図乱数値)は、特図関連抽選処理(ステップS216)において特図の特別大当り(確変大当り)か否かの判定に用いられる。さらに、上述の特図決定用乱数カウンタや予告抽選乱数カウンタは、図6に示すステップS206において更新された値(ソフトウエア乱数値)になっており、更新された、特図決定用乱数の値や予告抽選乱数の値も取得する。加えて、このステップS1103では、RAM308に設けた特図保留数記憶領域の値を更新する。すなわち、特図保留数記憶領域の値に1を加算する。ステップS1103の実行が終了すると、ステップS1104に進む。

0137

主制御部300のRAM308には、乱数値記憶領域が設けられている。ステップS1104では、その乱数値記憶領域に、上述のステップS1103で取得した2種類の値(特図当選乱数値と特図乱数値)を格納する。乱数値記憶領域はさらに、特図変動遊技の保留数に応じた4つの領域に区分けされており、このステップS1104では、これら4つの領域のうちの未格納の領域に格納する。すなわち、乱数値記憶領域のうちの特図変動遊技の保留数に基づいて決定される記憶領域に、ステップS1103で取得した特図当選乱数値と特図乱数値を格納する。また、RAM308には、予告抽選乱数値記憶領域も設けられており、ステップS1103で取得した予告抽選乱数値を、この予告抽選乱数値記憶領域に格納する。ステップS1104の実行が終わると、ステップS1105に進む。

0138

ステップS1105では、コマンド設定送信処理(ステップS217)で一般コマンド特図保留増加設定処理を実行させるために、RAM308に設けた送信情報記憶領域に、特図保留増加を示す情報であるAHを送信情報(コマンド種別)として追加記憶する。また、ステップS1106では、上記送信情報記憶領域に、事前予告無情報を追加記憶する。

0139

主制御部300のROM306には、当り判定テーブルおよびラウンド数決定テーブルが記憶されている。当り判定テーブルには、大当りとする所定の数値範囲を定義した抽選データが含まれており、この大当りの抽選データはRAM308に展開されている。ステップS1107では、ステップS1103で取得した特図当選乱数値が、その大当りの抽選データの数値範囲に属するか否かを判定し、数値範囲に属する場合にはステップS1108に進み、属さない場合にはステップS1112に進む。なお、ここでの判定結果が、特図変動遊技における大当りか否かの判定に用いられることはなく、特図変動遊技における大当りか否かの判定は、この後実行される特図関連抽選処理(ステップS214)において改めて行われ、ここでの判定はいわゆる先読みに相当する。

0140

また、上記ラウンド数決定テーブルには、所定の数値範囲を定義した15R決定乱数データが含まれており、この15R決定乱数データもRAM308に展開されている。ステップS1108では、ステップS1103で取得した特図乱数値が、その15R決定乱数データの数値範囲に属するか否かを判定し、数値範囲に属する場合にはステップS1109に進む。反対に、この数値範囲に属さない場合には後述するステップS1151に進み、この時の特図始動口への入賞に基づく事前予告報知や偽事前予告報知(詳細は後述)は行われないことになる。なお、ここでの判定結果が、特図のラウンド数の決定に用いられることはなく、特図のラウンド数の決定も、この後実行される特図関連抽選処理(ステップS216)において改めて行われ、ここでの判定もいわゆる先読みに相当する。

0141

ステップS1109では事前予告の抽選を行う。ここにいう事前予告は、図2に示す特図表示装置114が、図3(a)に示す、15R特別大当たり図柄である「特図1」あるいは15R大当たり図柄である「特図2」を停止表示する可能性が高いことを示唆するものであり、この事前予告の報知が本発明にいう予告報知の一例に相当する。事前予告の抽選には、図9に示す事前予告決定テーブルが用いられる。図9は、主制御部300のROM306に記憶された事前予告決定テーブルを示す図である。

0142

事前予告の抽選では、主制御部300のCPU304は、ステップS1104においてRAM308の予告抽選乱数値記憶領域に格納した予告抽選乱数値が、図9に示す事前予告決定テーブルの事前予告有りの数値範囲(当選範囲)に属すれば事前予告の抽選に当選とし、反対に、事前予告無しの数値範囲(不当選範囲)に属すれば事前予告の抽選に不当選(外れ)とする。予告抽選乱数値は、0から127の範囲の値を取り得る値である。図9に示すように、事前予告有りの数値範囲は0〜15(数値範囲の大きさは16)であり、15R特別大当たりか15R大当たりになる場合に、事前予告が行われる確率は、本実施形態では16/128=12.5%である。事前予告の抽選に当選すれば、ステップS1110に進む。一方、事前予告の抽選に外れていればステップS1151に進み、この時の特図始動口への入賞に基づく事前予告報知や偽事前予告報知は行われないことになる。

0143

ステップS1110では事前予告の回数を決定する。この事前予告回数の決定には、図10に示す回数決定テーブルが用いられる。図10は、主制御部300のROM306に記憶された回数決定テーブルを示す図である。

0144

図10に示すテーブルは、事前予告の回数決定と後述する偽事前予告の回数決定に共通して使用されるテーブルである。このテーブルは、残り図柄確定回数決定回数の関係が規定されたものである。残り図柄確定回数は、事前予告あるいは偽事前予告が行われている場合の、その事前予告あるいは偽事前予告の情報を追加した保留情報の抽選(特図の変動表示を開始してから特図の停止図柄態様を停止表示するまでの一連の図柄変動停止表示)が行われるまでに実行される抽選回数(図柄変動停止表示の回数)の値に、追加した保留情報の抽選回数である1を足した数に相当し、特図変動遊技の保留においては4回が最大値になる。事前予告回数の決定では、主制御部300のCPU304は、ステップS1103において更新した、RAM308の特図保留数記憶領域の値を参照し、先のステップS1109で用いた予告抽選乱数値を再度用いて決定する。残り図柄確定回数が1回の場合には、事前予告が必ず1回行われることになる。また、残り図柄確定回数が2回以上の場合には、残り図柄確定回数と同じ回数だけ事前予告が行われやすい。ここで、残り図柄確定回数よりも少ない決定回数になった場合には、後に行われる図柄変動停止表示ほど事前予告を行うことが優先される。すなわち、残り図柄確定回数が4回に対して決定回数が1回である場合には、最後の図柄変動停止表示で事前予告が行われ、残り図柄確定回数が4回に対して決定回数が2回である場合には、最後になる4回目の図柄変動停止表示と3回目の図柄変動停止表示それぞれで事前予告が行われる。

0145

ステップS1110に続くステップS1111では、RAM308に設けた送信情報記憶領域に、ステップS1106において追加記憶させた事前予告無情報を事前予告情報に上書き記憶して、ステップS1151に進む。こうして事前予告情報を上書き記憶することで、装飾図柄表示装置110による事前予告の報知は、副制御部400によって行われる。

0146

また、上述した、主制御部300のROM306に記憶されている当り判定テーブルには、大当りとする所定の数値範囲の他に、小当りとする所定の数値範囲を定義した抽選データも含まれており、この小当りの抽選データもRAM308に展開されている。ステップS1107における判定において、特図当選乱数値が特図始動口抽選データの数値範囲に属さないという判定であることによって実行されるステップS1112では、ステップS1103で取得した特図当選乱数値が、今度は、小当りの抽選データの数値範囲に属するか否かを判定し、数値範囲に属する場合にはステップS1113に進み、属さない場合にはステップS1151に進む。なお、ここでの判定結果も、特図変動遊技における小当りか否かの判定に用いられることはなく、特図変動遊技における小当りか否かの判定は、この後実行される特図関連抽選処理(ステップS214)において改めて行われ、ここでの判定もいわゆる先読みに相当する。

0147

図3(a)を参照しながら説明したごとく、小当りには第1小当りと第2小当りが用意されている。主制御部300のROM306には、小当たり当選時の特図決定テーブルも記憶されている。この特図決定テーブルには、特図変動遊技終了後に、大当りに当選する確率が相対的に低い特図低確率状態と、相対的に高い特図高確率状態とに分けて、第1小当りとする所定の数値範囲を定義した抽選データと、第2小当りとする所定の数値範囲を定義した抽選データが含まれており、これらの抽選データもRAM308に展開されている。特図高確率状態では、後述する確率変動フラグがオン状態であり、特図低確率状態では、その確率変動フラグがオフ状態である。主制御部300のCPU304は、ステップS1113において、確率変動フラグを参照し、ステップS1103で取得した特図決定用乱数値が、第1小当りとする所定の数値範囲に属するか否かを判定し、その数値範囲に属する場合にはステップS1114に進み、属さない場合にはステップS1151に進む。なお、ここでの判定結果も、特図変動遊技における第1小当りか否かの判定に用いられることはなく、特図変動遊技における第1小当りか否かの判定は、この後実行される特図関連抽選処理(ステップS214)において改めて行われ、ここでの判定もいわゆる先読みに相当する。

0148

ステップS1114では、偽事前予告抽選を行う。この偽事前予告抽選には、図11に示す偽事前予告決定テーブルが用いられる。図11は、主制御部300のROM306に記憶された偽事前予告決定テーブルを示す図である。ここにいう偽事前予告も、事前予告と同じく、図2に示す特図表示装置114が、図3(a)に示す、15R特別大当たり図柄である「特図1」あるいは15R大当たり図柄である「特図2」を停止表示する可能性が高いことを示唆するものであり、この偽事前予告の報知も本発明にいう予告報知の一例に相当する。偽事前予告の抽選では、主制御部300のCPU304は、ステップS1104においてRAM308の予告抽選乱数値記憶領域に格納した予告抽選乱数値が、図11に示す偽事前予告決定テーブルの偽事前予告有りの数値範囲(当選範囲)に属すれば偽事前予告の抽選に当選とし、反対に、偽事前予告無しの数値範囲(不当選範囲)に属すれば偽事前予告の抽選に不当選(外れ)とする。上述のごとく、予告抽選乱数値は、0から127の範囲の値を取り得る値である。図11に示すように、偽事前予告有りの数値範囲は0〜63(数値範囲の大きさは64)であり、第1小当りになる場合に、偽事前予告が行われる確率は、本実施形態では64/128=50.0%である。偽事前予告の抽選に当選すれば、ステップS1115に進む。一方、偽事前予告の抽選に外れていればステップS1151に進み、この時の特図始動口への入賞に基づく事前予告報知や偽事前予告報知は行われないことになる。

0149

ステップS1115では偽事前予告の回数を決定する。この偽事前予告回数の決定にも、図10に示す回数決定テーブルが用いられ、ステップS1110の事前予告回数の決定と同様にして、偽事前予告回数を決定し、ステップS1116に進む。なお、事前予告の回数決定テーブルと、偽事前予告の回数決定テーブルとを異なるテーブルにしてもよい。

0150

ステップS1116では、RAM308に設けた送信情報記憶領域に、ステップS1107において追加記憶させた予告無情報を偽事前予告情報に上書き記憶して、ステップS1151に進む。こうして偽事前予告情報を上書き記憶することで、装飾図柄表示装置110による偽事前予告の報知は、副制御部400によって行われる。

0151

以上の説明より、入賞受付処理(ステップS209)を実行する主制御部300と、副制御部400とを併せたものが、本発明にいう予告報知手段の一例に相当する。また、本実施形態では、特図変動遊技が15R特別大当たりか15R大当たりに当選する場合には、12.5%の所定確率で事前予告が行われ、第1小当りに当選する場合には、50.0%の所定確率で偽事前予告が行われる。

0152

続いて、普図始動口124および可変入賞口130に関する入賞受付処理を行う。図8は、普図始動口124および可変入賞口130に関する入賞受付処理の流れを示すフローチャートである。この図8に示すステップS1151では、普図始動口124への入賞があったか否かを判定する。ここでは、図6に示すステップS203における入賞判定パターン情報と一致するか否かの判定結果を用いて判定する。入賞があった場合にはステップS1152に進み、入賞がなかった場合にはステップS1156に進む。ステップS1152では、RAM308に設けた普図保留数記憶領域を参照し、保留している普図変動遊技の数が所定数(本実施形態では2)未満であるか否かを判定し、所定数未満の場合はステップS1153に進む。一方、所定数以上の場合は、ステップS1156に進み、この時の普図始動口124への入賞に基づく抽選は行われない。

0153

ステップS1153では、上述の普図当選乱数値生成用の乱数カウンタから値を普図当選乱数値として取得する。普図当選乱数値生成用の乱数は、図6に示すステップS205において更新された値(ソフトウエア乱数値)になっている。ここで取得したこのソフトウエア乱数値(普図当選乱数値)は、普図関連抽選処理(ステップS212)において普図変動遊技の結果を当選とするか、不当選とするかを決定する当り判定に用いられる。ステップS1153の実行が終了すると、ステップS1154に進む。

0154

主制御部300のRAM308には、普図用の乱数値記憶領域が設けられている。ステップS1154では、その普図用の乱数値記憶領域に、上述のステップS1153で取得した普図当選乱数値を格納する。普図用の乱数値記憶領域はさらに、普図変動遊技の保留数に応じた2つの領域に区分けされており、このステップS1154では、普図当選乱数値を、これら2つの領域のうちの未格納の領域に格納する。すなわち、普図用の乱数値記憶領域のうちの普図変動遊技の保留数に基づいて決定される記憶領域に、ステップS1153で取得した普図当選乱数値を格納する。ステップS1154の実行が終わると、ステップS1155に進む。

0155

ステップS1155では、コマンド設定送信処理(ステップS217)で一般コマンド普図保留増加設定処理を実行させるために、RAM308に設けた送信情報記憶領域に、普図保留増加を示す情報であるCHを送信情報(コマンド種別)として追加記憶する。

0156

ステップS1156では、可変入賞口130への入賞があったか否かを判定する。ここでも、図6に示すステップS203における入賞判定パターン情報と一致するか否かの判定結果を用いて判定する。入賞があった場合にはステップS1307に進み、入賞がなかった場合には図6に示す主制御部タイマ割り込み処理に復帰する。

0157

主制御部300のRAM308には、可変入賞口用の入賞記憶領域も設けられている。ステップS1157では、RAM308に設けた可変入賞口用の入賞記憶領域に、可変入賞口130に球が入球したことを示す情報を格納する。

0158

ステップS1158では、コマンド設定送信処理(ステップS217)で一般コマンド可変入賞口入賞処理を実行させるために、RAM308に設けた送信情報記憶領域に、可変入賞口入賞を示す情報であるDHを送信情報(コマンド種別)として追加記憶した後、図6に示す主制御部タイマ割り込み処理に復帰する。

0159

<特図関連抽選処理>
次に、図6に示す主制御部タイマ割り込み処理におけるステップS214の特図関連抽選処理について説明する。図12は主制御部300のCPU304が実行する特図関連抽選処理の流れを示すフローチャートである。

0160

まず、ステップS2101では、RAM308の設定領域に設定される特図変動表示中の設定(詳細は後述)と、図6に示す主制御部タイマ割り込み処理におけるステップS213の特図状態更新処理においてRAM308の設定領域に設定される停止表示中の設定とに関する判定を行う。すなわち、ステップS2101では、RAM308の設定領域を参照し、特図表示装置144が特図変動表示中であるか、または停止表示中であるか否かを判定し、いずれかの表示中である場合には図6に示す主制御部タイマ割り込み処理に戻り、いずれの表示中でもない場合にはステップS2102に進む。

0161

ステップS2102では、特図作動中であるか否かを判定する。上述のごとく、図6の主制御部タイマ割り込み処理における特図状態更新処理(ステップS213)では、RAM308の設定領域に特図作動中か特図非作動中を設定する。このステップS2102では、そのRAM308の設定領域を参照し、特図作動中が設定されているか否かを判定し、いずれかの設定がある場合には図6に示す主制御部タイマ割り込み処理に戻り、いずれの設定もない場合には、今度は、RAM308に設けた特図保留数記憶領域を参照し、特図変動遊技の保留数が0より大きいか否かを判定する(ステップS2103)。すなわち、保留している特図変動遊技の数が1以上であるか否かを判定し、0であれば、図6に示す主制御部タイマ割り込み処理に戻る。

0162

一方、保留している特図変動遊技の数が1以上であればステップS2104に進んで、大当りおよび小当りの判定を行う。ステップS2104では、RAM308の乱数値記憶領域から特図当選乱数値を取得し、その取得した特図当選乱数値について大当りおよび小当りの判定を行う。RAM308の乱数値記憶領域には、図7に示す、特図始動口に関する入賞受付処理におけるステップS1104において、ハードウエア乱数値である特図当選乱数値が格納される。このステップS2104では、その特図当選乱数値を取得し、図13(a)に示す当り判定テーブルを用いて、特図当選乱数値について特図変動遊技の抽選を行い、ステップS2105に進む。

0163

図13(a)は、主制御部300のROM306が記憶している当り判定テーブルを示す図である。

0164

本実施形態のパチンコ機10には、特図変動遊技終了後に、大当りに当選する確率が相対的に低い特図低確率状態(普通状態)と、相対的に高い特図高確率状態とが用意されており、パチンコ機10はいずれか一方の状態をとる。特図高確率状態であることは、確率変動中あるいは確率変動状態と呼ばれ、普通状態よりも、15R特別大当たり図柄や15R大当たり図柄や2R時短なし特別大当たり図柄が出現しやすい。主制御部300のRAM308には、後述する確率変動フラグが用意されている。この確率変動グラグがオンに設定されていると、特図高確率状態(確率変動中)であり、確率変動グラグがオフに設定されていると、特図低確率状態である。

0165

また、大当たりは、その作動で状態を変化させる場合がある。例えば、大当たりになると、本実施形態のパチンコ機10は普図低確状態になる。ただし、第2特図始動口128を開閉する羽根部材1281の開放延長は行わない。一方、小当たりでは状態を変化させない。また、1回の抽選ごとの独立性担保するために、遊技状態を変化させる条件は、特図に特定の図柄組合せが表示された場合に大当たり状態に移行するという条件と、予め定めた遊技状態の期間が終了(15R終了)した場合に時短に移行するという条件の2つとなる。また、特定の図柄組合せの表示は遊技状態を終了させるものと捉えると更に単純化される。すなわち、非大当たり状態(特図低確率状態または特図高確率状態であってもよい)は、特図に特定の図柄組合せが表示された場合に終了(大当り遊技状態に移行)し、大当り遊技状態は、予め定められた回数の可変入賞口130の開放で終了(時短状態(特図高確率状態)に移行)し、時短状態は、予め定められた回数の抽選の実行で終了(非大当たり状態へ移行)する。

0166

図13(a)に示す当り判定テーブルは、特図変動遊技状態(特図低確率状態,特図高確率状態)と、特図始動口126,128に球が入賞したことに基づいて使用する抽選データ(特図始動口用抽選データ)との関係を規定したものである。ステップS2104における大当りの判定では、取得した特図当選乱数値が、図13(a)の当り判定テーブルに示す特図始動口用抽選データの大当たりの数値範囲に属すれば特図変動遊技の大当りに当選と判定し、小当たりの数値範囲に属すれば特図変動遊技の小当りに当選と判定し、いずれの数値範囲にも属さなければ特図変動遊技の不当選(外れ)と判定する。

0167

ここでは、RAM308に用意された確率変動フラグを参照し、特図変動遊技状態が特図低確率状態の場合、取得した特図当選乱数値が10001〜10187であるときには大当たりに当選と判定し、取得した特図当選乱数値が20001〜21092であるときには、小当りに当選と判定する。一方、取得した特図当選乱数値がこれらの数値範囲以外の数値である場合には、特図変動遊技の外れと判定する。本実施形態では、特図当選乱数値の取り得る数値範囲は0〜65535(数値範囲の大きさは65536)、特図低確率状態における大当たりの抽選データが示す数値範囲は10001〜10187(数値範囲の大きさは187)であるから、特図低確率状態の特図始動口126,128への球の入賞に基づく特図変動遊技の大当たり当選確率は、約1/350.4(=187/65536)である。これに対して、特図高確率状態における大当たりの抽選データが示す数値範囲は30001〜31092(数値範囲の大きさは1092)であるから、特図高確率状態での特図変動遊技における大当たり当選確率は約1/60.0(=1092/65536)であり、特図変動遊技における大当たり当選確率は、特図低確率状態よりも特図高確率状態の方が高くなるように設定している。また、特図低確率状態における小当りの抽選データが示す数値範囲は20001〜21092(数値範囲の大きさは1092)であり、特図高確率状態における小当りの抽選データが示す数値範囲は40001〜41092(数値範囲の大きさは1092)であるから、特図低確率状態においても特図高確率状態においても、特図変動遊技の小当り当選確率は、約1/60.0(=1092/65536)であり、特図変動遊技の小当り当選確率は、特図低確率状態であっても特図高確率状態であっても同じである。

0168

さらに、このステップS2104では、小当りに当選していれば、第1小当りと第2小当りのいずれに当選したかを判定する。

0169

図13(b)は、主制御部300のROM306が記憶している小当たり当選時の特図決定テーブルを示す図である。

0170

図13(b)に示す特図決定テーブルは、特図変動遊技状態(特図低確率状態,特図高確率状態)と、小当りに当選したことに基づいて使用する抽選データ(特図決定用データ)との関係を規定したものである。ここでの判定では、ステップS1103で取得した特図決定用乱数値が、図13(b)の特図決定テーブルに示す特図決定用データの第1小当りの数値範囲に属すれば第1小当りに当選したと判定し、第2小当たりの数値範囲に属すれば第2小当りに当選したと判定する。

0171

ここでも、RAM308に用意された確率変動フラグを参照し、特図変動遊技状態が特図低確率状態の場合、取得した特図決定用乱数値が0〜63あるときには第1小当りに当選したと判定し、取得した特図決定用乱数値が64〜127であるときには、第2小当りに当選したと判定する。本実施形態では、特図決定用乱数値の取り得る数値範囲は0〜127(数値範囲の大きさは128)、特図低確率状態における、第1小当りの特図決定用データが示す数値範囲は0〜63(数値範囲の大きさは64)であり、第2小当りの特図決定用データが示す数値範囲は64〜127(数値範囲の大きさは64)であるから、特図低確率状態では、第1小当りの当選確率と第2小当りの当選確率は同じである。また、特図高確率状態における第1小当りの特図決定用データが示す数値範囲は0〜95(数値範囲の大きさは96)であり、特図高確率状態において第1小当りに当選する確率は約1/1.3(=96/128)である。一方、特図高確率状態における第2小当りの特図決定用データが示す数値範囲は96〜127(数値範囲の大きさは32)であり、特図高確率状態において第2小当りに当選する確率は約1/4(=32/128)である。上述のごとく、50%の確率で偽事前予告が行われるのは第1小当りの方であり、特図高確率状態では、偽事前予告が行われやすく設定されているといえる。また、特図高確率状態と特図低確率状態を比べてみると、特図高確率状態の方が、偽事前予告が行われやすい。

0172

ステップS2105は、外れに当選したか否かについて判定し、外れであれば後述するステップS2118に進み、外れでなければ第1小当りに当選したか否かについて判定する(ステップS2106)。ここで、第1小当りに当選していれば、主制御部306のRAM306に用意された第1小当りフラグをオンに設定し(ステップS2107)、後述するステップS2118に進み、第1小当りに当選していなければ、今度は、第2小当りに当選したか否かについて判定する(ステップS2108)。第2小当りに当選していれば、主制御部306のRAM306に用意された第2小当りフラグをオンに設定し(ステップS2109)、後述するステップS2118に進み、第2小当りにも当選していなければ、大当たりに当選していることになり、RAM306に用意された大当たりフラグをオンに設定する(ステップS2110)。ここで大当りフラグがオンに設定されると、特図変動遊技終了後に大当り遊技が開始される。

0173

続いて、RAM308の乱数値記憶領域から今度は特図乱数値を取得し、その取得した特図乱数値についてラウンド数の判定を行う(ステップS2111)。RAM308の乱数値記憶領域には、図7に示す、特図始動口126,128に関する入賞受付処理におけるステップS1104において、ソフトウエア乱数値である特図乱数値も格納される。このステップS2111では、その特図乱数値を取得し、図13(c)に示すラウンド抽選テーブルを用いて、特図乱数値がいずれのラウンド数の数値範囲に属しているかを判定し、ステップS2112に進む。

0174

図13(c)は、主制御部300のROM306が記憶している、大当り当選時のラウンド数決定テーブルを示す図である。

0175

特図変動遊技において大当り当選すると、図2に示す可変入賞口130を開閉する扉部材1301が所定の回数開閉する。上述のごとく、この扉部材1301が開閉する回数(ラウンド数)には、15ラウンド(R)と2ラウンド(R)が用意されている。図13(c)に示すラウンド数決定テーブルは、ラウンド数と、大当りに当選したことに基づいて使用する抽選データ(ラウンド数決定用データ)との関係を規定したものである。ここでは、取得した特図乱数値が0〜99であるときには、ラウンド数は15Rになり、15R大当りに当選したと判定する。一方、取得した特図乱数値が100〜127であるときには、ラウンド数は2Rになり、2R大当りに当選したと判定する。本実施形態では、特図乱数値の取り得る数値範囲は0〜127(数値範囲の大きさは128)、15Rのラウンド数決定用データが示す数値範囲は0〜99(数値範囲の大きさは100)であるから、大当りに当選したことに基づく15Rの当選確率は、約1/1.3(=100/128)である。一方、2Rのラウンド数決定用データが示す数値範囲は100〜127(数値範囲の大きさは28)であるから、大当りに当選したことに基づく2Rの当選確率は、約1/4.6(=28/128)である。

0176

ステップS2112は、15R大当りに当選したか否かについて判定する。主制御部300のRAM308には、2R大当りフラグと、15R大当りフラグが用意されており、2R大当りに当選していれば、その2R大当りフラグを設定して(ステップS2113)、後述するステップS2117に進み、15R大当りに当選していれば、その15R大当りフラグを設定して(ステップS2114)、ステップS2115に進む。

0177

ステップS2115では、RAM308の乱数値記憶領域から再び特図乱数値を取得し、その取得した特図乱数値について確率変動の判定を行う。ここでは、ステップS2111におけるラウンド数の判定にも用いた特図乱数値を用いているが、ステップS2104における大当り判定に用いた特図当選乱数値を用いてもよい。このステップS2115では、特図乱数値を取得し、図13(d)に示す特図高確率状態移行判定テーブルを用いて、特図乱数値が特図低確率状態の数値範囲と、特図高確率状態の数値範囲とのいずれに属しているかを判定し、ステップS2113に進む。

0178

図13(c)は、主制御部300のROM306が記憶している、大当り当選時の特図高確率状態移行判定テーブルを示す図である。

0179

図13(c)に示す特図高確率状態移行判定テーブルは、特図変動遊技の終了後の確率状態(特図低確率状態,特図高確率状態)と、大当りに当選したことに基づいて使用する抽選データ(移行判定用データ)との関係を規定したものである。主制御部300のCPU304は、この特図高確率状態移行判定テーブルを用いて、特図変動遊技の終了後に大当り遊技を開始する(特図低確率状態)か、または特別大当り遊技を開始する(特図高確率状態)かの判定、すなわち確変移行判定を行う。ここでは、取得した特図乱数値が64〜127の数値である場合には、特別大当り遊技に当選(確率変動当選)と判定する。一方、取得した特図乱数値が0〜63の数値である場合には、特別大当り遊技に不当選(確率変動不当選)と判定する。なお、本実施形態では、特図乱数値の取り得る数値範囲は0〜127(数値範囲の大きさは128)、特図高確率状態への移行判定用データの数値範囲は64〜127(数値範囲の大きさは64)であるから、大当り判定の結果が当選である場合に確変移行判定の結果を当選にする確率、すなわち特別大当りを開始する確率は1/2(=64/128)である。

0180

ステップS2116では、確率変動に当選したか否かを判定し、確率変動に不当選(特別大当り遊技に不当選)ならば後述するステップS2118に進み、確率変動に当選(特別大当り遊技に当選)していれば、RAM308に用意された上述の確率変動フラグを設定する(ステップS2117)から、ステップS2118に進む。本実施形態においては、2R大当たりに当選した場合には、特図高確率状態への確率変動が必ず行われ、ステップS2117が必ず実行される。

0181

ステップS2118では、上述のステップS2104における大当たりおよび小当りの判定で使用した特図当選乱数値を用いて、タイマ番号を決定して記憶する。タイマ番号は、特図表示装置114による特図の変動表示を開始してから停止表示をするまでの変動時間(本発明にいう変動時間に相当)を示す番号である。このステップS2118では、RAM308の乱数値記憶領域から特図当選乱数値を再び取得し、図14(a)に示すタイマ番号決定テーブルを用いて、特図当選乱数値がタイマ番号1〜5のいすれの番号の数値範囲に属しているかを判定し、タイマ番号を決定する。RAM308にはタイマ番号格納領域が用意されており、決定したタイマ番号をそのタイマ番号格納領域に記憶させる。さらに、そのタイマ番号に対応する変動時間を、特図変動表示時間として、上述の特図表示図柄更新タイマにも記憶させる。

0182

図14(a)に示すタイマ番号決定テーブルは、上述したステップS2114において設定される15R大当りフラグ、ステップS2113において設定される2R大当りフラグ、ステップS2107において設定される第1小当りフラグ、およびステップS2109において設定される第2小当りフラグと、タイマ番号、およびそのタイマ番号に応じた変動時間と、そのタイマ番号を決定するための抽選に使用する抽選データとの関係が規定されている。主制御部300のCPU304は、まず、15R大当りフラグ、2R大当りフラグ、第1小当りフラグ、および第2小当りフラグそれぞれの設定状況を参照し、取り得る数値範囲が0〜65535(数値範囲の大きさは65536)の特図当選乱数値が、いずれの抽選データの数値範囲に属するかによって、タイマ番号の決定を行う。

0183

図14(a)に示すように、本実施形態では、タイマ番号1では変動時間が5秒になり、タイマ番号4では変動時間が40秒になる。5秒の変動時間は、本発明にいう短変動時間の一例に相当し、40秒の変動時間は、本発明にいう長変動時間の一例に相当する。なお、タイマ番号2では変動時間が10秒になり、タイマ番号3では変動時間が20秒になる。これらの10秒や20秒の変動時間を、本発明にいう短変動時間の一例にしてもよい。また、タイマ番号5では変動時間が50秒になり、この50秒の変動時間を、本発明にいう長変動時間の一例にしてもよい。

0184

本実施形態では、15R大当りフラグが設定されている状態、すなわち15R特別大当たりか15R大当たりの場合では、タイマ4か5のタイマ番号になり、変動時間が長くなる(40秒か50秒)。また、第1小当りフラグが設定されている状態(第1小当りの場合)でも、タイマ4のタイマ番号になり、変動時間が長くなる(40秒)。上述のごとく、15R特別大当たりか15R大当たりの場合には、12.5%の所定確率で事前予告が行われ、第1小当りの場合には、50.0%の所定確率で偽事前予告が行われる。したがって、図3(a)に示す、15R特別大当たり図柄である「特図1」あるいは15R大当たり図柄である「特図2」や、第1小当り図柄である「特図4」を停止表示する図柄変動停止表示(以下、特定図柄変動停止表示と称する)における変動時間が長くなる。この特定図柄変動停止表示は、図柄変動停止表示を複数回連続する場合には、最後の図柄変動停止表示になり、最後の図柄変動停止表示における変動時間が長いものになる。その結果、クライマックスが盛り上がり、演出効果がより高まる。また、最後の図柄変動停止表示において事前予告や偽事前予告がなされることを攻略本等で知っている遊技者にとっては、これらの事前予告や偽事前予告がなされることで、遊技状態の移行が近く行われることを察知し、遊技に対する期待度が一層高まる。ここで、図柄変動停止表示が複数回連続する場合に、最後の図柄変動停止表示における停止図柄態様について、それより前の図柄変動停止表示において予告(事前予告および偽事前予告)することを、連続図変動停止表示における事前予告(連続予告)と呼ばれることがある。なお、事前予告や偽事前予告は、特定図柄変動停止表示の図柄の変動中にも行われる。

0185

また、第1小当りの場合には、変動時間が確実に長いため、その長い変動時間の間に事前予告や偽事前予告を1回又は複数回行うことができる。さらに、2R大当たりフラグが設定されている状態(2R時短無し特別大当たりの場合)と、第2小当りフラグが設定されている状態(第2小当りの場合)では、いずれもタイマ1のタイマ番号に確実になり、図柄の変動が確実に短い(5秒)といった特徴がある。このため、2R時短無し特別大当たりの場合には図柄の変動時間が短くなることを攻略本等で知っている遊技者に対して、第2小当りの場合の短い図柄変動は、2R時短無し特別大当たりを期待させ、2R時短無し特別大当たりの偽装になる。なお、2R時短無し特別大当たりの場合も第2小当りの場合も、タイマ4か5のタイマ番号にし、変動時間を長くとれば、その長い変動時間の間に事前予告や偽事前予告が可能になる。遊技者にとっては事前予告と偽事前予告は見分けがつかず、偽事前予告が終了して小当たりで終わっても、遊技者は、2R時短無し特別大当たりによって確率変動状態(特図高確率状態)になっているのではないかといった期待を持って、遊技を楽しむことができる。なお、タイマ1のタイマ番号により変動時間が確実に短くなる、2R大当たりの場合や第2小当りの場合には、その短い変動時間の間に事前予告や偽事前予告を行うことは困難であるため、事前予告や偽事前予告は行わない。

0186

ステップS2118に続いて実行されるステップS2119では、ステップS2118と同じく、特図当選乱数値を用いて、擬似連タイマ番号を決定してRAM308に記憶する。このステップS2119では、図14(b)に示す擬似連タイマ番号決定テーブルを用いて、特図当選乱数値が擬似連タイマ番号1〜5のいすれの番号の数値範囲に属しているかを判定し、擬似連タイマ番号を決定する。RAM308には擬似連タイマ番号格納領域も用意されており、決定した擬似連タイマ番号をその擬似連タイマ番号格納領域に記憶させる。擬似連タイマ番号は、図柄変動開始コマンドに含まれて、主制御部300から副制御部400に送られる。ここで説明する擬似連は、主制御部300が決定する擬似連である。

0187

図14(b)に示す擬似連タイマ番号決定テーブルは、ステップS2118において決定したタイマ番号に応じて設けられた抽選データと、擬似連タイマ番号、その擬似連タイマ番号に応じた変動時間、および擬似連回との関係が規定されている。ここでの抽選データは、タイマ1〜3の、相対的に短い変動時間に応じたタイマ番号の組と、タイマ4および5の、相対的に長い変動時間に応じたタイマ番号の組とに分けられている。擬似連が実行されると、後述する変動態様リーチ)とは別に、その変動態様が行われる前に、仮停止を入れた図柄の変動が行われ、遊技者は、実際の図柄変動の回数よりも多くの図柄変動が行われているように思う。例えば、先のステップS2118でタイマ番号4が決定され、特図当選乱数値が51200であった場合、擬似連タイマ番号は擬似連タイマ4になり、変動時間は15秒、擬似連3回になる。まず、擬似連タイマ4に応じた15秒の変動を行い、この15秒の変動の中で、約5秒おきに3回の仮停止を行い、次にタイマ番号4に応じた図柄の変動を続けて行って、最後に停止表示する。

0188

図2に示す装飾図柄表示装置110の左図柄表示領域110a、中図柄表示領域110bおよび右図柄表示領域110cはそれぞれに表示される装飾図柄は、特図表示装置114の図柄変動停止表示に合わせて変動表示され、最後に停止表示される。ここでは、この装飾図柄表示装置110に表示される装飾図柄を用いて説明する。ここでは、装飾図柄の変動時間を40秒として説明する。

0189

まず、擬似連回数が無しの場合には、装飾図柄表示装置110に、40秒の装飾図柄の変動が表示された後、最後に1回の停止表示が行われる。

0190

図15は、擬似連が1回行われたときの装飾図柄の変動の様子を段階的に示す図である。

0191

擬似連回数が1回の場合には、まず、図15(a)に示すように装飾図柄の変動が開始され、5秒弱の間変動表示が行われると、図15(b)に示すように図柄の仮停止が1回行われる。この時、特図表示装置114は変動中の状態である。その後、図15(c)に示すように40秒の装飾図柄の変動が表示された後、図15(d)に示すように停止図柄(ここでは「装飾4−装飾2−装飾3」の外れの図柄組合せ)を停止表示(確定停止)する。この時、特図表示装置114には、図3(a)に示す外れ図柄である「特図6」が表示されている。擬似連回数が1回の場合には、遊技者は、図柄変動が2回(図15(a)と(c))行われているように思う。

0192

図16は、擬似連が2回行われたときの装飾図柄の変動の様子を段階的に示す図である。

0193

擬似連回数が2回の場合にも、まず、図16(a)に示すように装飾図柄の変動が開始され、5秒弱の間変動表示が行われると、図16(b)に示すように図柄の仮停止が1回行われる。この時の特図表示装置114は変動中の状態である。続いて、図16(c)に示すように装飾図柄の変動が再開され、5秒弱の間変動表示が行われると、図16(d)に示すように2回目の図柄の仮停止が行われ、この時の特図表示装置114も変動中の状態である。その後、図16(e)に示すように40秒の装飾図柄の変動が表示された後、図16(f)に示すように停止図柄(ここでも「装飾4−装飾2−装飾3」の外れの図柄組合せ)を停止表示(確定停止)する。この時、特図表示装置114には、図3(a)に示す外れ図柄である「特図6」が表示されている。擬似連回数が2回の場合には、遊技者は、図柄変動が3回(図16(a)と(c)と(e))行われているように思う。

0194

図17は、擬似連が3回行われたときの装飾図柄の変動の様子を段階的に示す図である。

0195

擬似連回数が2回の場合にも、まず、図17(a)に示すように装飾図柄の変動が開始され、5秒弱の間変動表示が行われると、図17(b)に示すように図柄の仮停止が1回行われる。この時の特図表示装置114は変動中の状態である。続いて、図17(c)に示すように装飾図柄の変動が再開され、5秒弱の間変動表示が行われると、図17(d)に示すように2回目の図柄の仮停止が行われ、この時の特図表示装置114も変動中の状態である。続いて、図17(e)に示すように装飾図柄の変動が三度行われ、5秒弱の間変動表示が行われると、図17(f)に示すように3回目の図柄の仮停止が行われる。この時の特図表示装置114も変動中の状態である。そして、図17(g)に示すように40秒の装飾図柄の変動が表示された後、図17(h)に示すように停止図柄(ここでも「装飾4−装飾2−装飾3」の外れの図柄組合せ)を停止表示(確定停止)する。この時、特図表示装置114には、図3(a)に示す外れ図柄である「特図6」が表示されている。擬似連回数が3回の場合には、遊技者は、図柄変動が4回(図17(a)と(c)と(e)と(f))行われているように思う。

0196

図14(b)の擬似連タイマ番号決定テーブルに示すように、タイマ1〜3の、相対的に短い変動時間に応じたタイマ番号の組では、擬似連タイマ1のタイマ番号が決定される可能性が非常に高い。一方、タイマ4および5の、相対的に長い変動時間に応じたタイマ番号の組では、擬似連タイマ3のタイマ番号が決定される可能性が非常に高い。したがって、長い変動時間に対しては最初に仮停止を入れた図柄変動を行い、長い変動時間の変動をより盛り上げることができる場合がある。

0197

続いて、各種の情報をRAM308に設けた送信情報記憶領域に追加記憶する(ステップS2120)。具体的には、コマンド設定送信処理(ステップS217)で一般コマンド回転開始設定送信処理を実行させるために上記送信情報記憶領域に変動開始を示す情報である1Hを送信情報(コマンド種別)として追加記憶する。また、2R大当りフラグあるいは15R大当りフラグが設定されている情報や、確率変動フラグが設定されている情報や、上述のタイマ番号の情報や擬似連タイマ番号も追加記憶する。このステップS2120の実行が終了すると、ステップS2121において、RAM308に設けた特図保留数記憶領域に記憶されている特図変動遊技の保留数を1つデクリメントし、ステップS2122に進む。

0198

ステップS2122では、RAM308の乱数値記憶領域から特図当選乱数値と特図乱数値の双方を削除するとともに、予告抽選乱数値記憶領域から予告抽選乱数値も削除し、ステップS2123に進む。

0199

ステップS2123では、RAM308の設定領域に、特図変動表示中の設定を行い、図6に示す主制御部タイマ割り込み処理に戻る。

0200

以上説明した特図関連抽選処理を行う主制御部300が、本発明にいう遊技状態移行手段の一例に相当する。

0201

なお、本実施形態では、大当たりの抽選、大当たり当選時のラウンド抽選、大当たり当選時の特図高確率状態移行抽選およびタイマ番号の抽選を、図7のS1104で取得した特図当選乱数値と特図乱数値の2つの乱数値を用いて行っていたが、これに限られない。たとえば、大当たりの抽選は本実施形態の通りにハード乱数カウンタにより取得し、大当たり当選時のラウンド抽選、大当たり当選時の特図高確率状態移行抽選およびタイマ番号の抽選は、それぞれ異なる記憶部に記憶したソフトウェア乱数カウンタを用いて取得してもよい。また、その取得タイミングも、本実施形態に限られない。たとえば、大当たりの抽選、大当たり当選時のラウンド抽選および大当たり当選時の特図高確率状態移行抽選のための乱数の取得は、入賞受付に基づいて行ってもよいし(図6のS209)、タイマ番号の抽選に基づいて行ってもよい。また、上記記載に限られず、各々の乱数値を他の乱数値と共用したり、各々の乱数の取得タイミングを入賞時または抽選時のいずれかにするかは、いずれの組み合わせでもよい。

0202

<副制御部メイン処理>
次に、図18(a)を用いて、副制御部400のCPU404が実行する副制御部メイン処理について説明する。なお、同図は副制御部メイン処理の流れを示すフローチャートである。

0203

副制御部400には、電源が投入されるとリセット信号を出力するリセット信号出力回路を設けている。このリセット信号を入力した基本回路402のCPU404は、リセット割り込みによりリセットスタートしてROM406に予め記憶した制御プログラムに従って図18(a)に示す副制御部メイン処理を実行し、まず、ステップS301で各種の初期化を行う。この初期化では、入出力ポートの初期設定や、各種変数の初期化等を行う。

0204

ステップS302では、コマンド入力処理(詳細は後述)を行う。

0205

ステップS303では、後述するタイマ変数記憶領域の値が10以上であるか否かを判定する。タイマ変数記憶領域の値が10以上である場合はステップS304に進み、タイマ変数記憶領域の値が10未満である場合にはステップS302に進む。

0206

ステップS304では、タイマ変数記憶領域に0を格納する。

0207

ステップS305では、演出データ更新処理を行う。この演出データ更新処理では、後述する変動パターン選択処理で記憶する変動番号仮停止図柄の組合せ、および停止図柄の組合せの種別の更新を行うと共に、装飾図柄の変動表示を開始してからの経過時間に基づいて装飾図柄表示装置110、遮蔽手段250、スピーカ416、各種ランプ420および演出装置200の演出用可動体(可動部材210)等による演出を制御するための動作制御データの更新を行う。

0208

ステップS305では、決定された演出情報が示している態様で装飾図柄変動表示を行うように、装飾図柄表示制御部500に出力するコマンド(例えば左に装飾7を停止することを指示するコマンドや遮蔽手段250を動作させるコマンド等)をRAM408に設けた液晶コマンド格納領域に格納する等、後述するステップS306、307、308、309による装飾図柄表示制御部500、スピーカ416、各種ランプ420、および演出用可動体を制御する準備を行う。また、所定の条件が成立している場合には所定の演出を実行するか否か、例えばチャンスボタンを用いた演出を行うか否か等の抽選を行う。

0209

ステップS306では、装飾図柄表示装置制御処理を行う。この装飾図柄表示装置制御処理では、I/O410の出力ポートを介して装飾図柄表示制御部500にコマンドを出力する。ここでは、上記ステップS305で準備した装飾図柄表示制御用の情報に含まれる装飾図柄表示制御部500に出力する表示データをI/O410の出力ポートに設定し、装飾図柄表示装置110の表示制御を装飾図柄表示制御部500に行わせる。

0210

ステップS307では、音出力処理を行う。この音出力処理では、上記ステップS305で準備したスピーカ制御用の情報に含まれるスピーカ416に出力する音声データをI/O410の出力ポートに設定し、スピーカ416の出力制御を音源IC418に行わせる。

0211

ステップS308では、ランプ制御処理を行う。このランプ制御処理では、上記ステップS305で準備した各種ランプ制御用の情報に含まれる各種ランプ420に出力するランプの点灯・消灯を示すデータ等をI/O410の出力ポートに設定し、各種ランプ420の点灯や消灯の制御を表示回路422に行わせる。

0212

ステップS309では、演出用駆動装置制御処理を行う。この演出用駆動装置制御処理では、上記ステップS305で準備した演出用可動体の制御用の情報に含まれる動作タイミングを示すデータ等をI/O410の出力ポートに設定し、演出用可動体等を駆動する各種演出用駆動装置424の制御を演出用駆動回路426に行わせる。

0213

副制御部400は、後述するストローブ処理、チャンスボタン処理、または副制御部タイマ割り込み処理による中断を除いて、以降、ステップS302〜S304の処理を繰り返し実行する。

0214

<コマンド入力処理>
次に、図18(b)を用いて、上記副制御部メイン処理におけるコマンド入力処理(ステップS302)について説明する。同図はコマンド入力処理の流れを示すフローチャートである。

0215

図4に示す副制御部400における基本回路402に搭載されているRAM408には、コマンド記憶領域が設けられている。副制御部400は、図6に示す主制御部タイマ割り込み処理におけるステップS217において、主制御部300から副制御部400に送信されてきた各種コマンドを、後述するストローブ割り込み処理を実行することで、そのコマンド記憶領域に未処理コマンドとして格納する。コマンド記憶領域には、図柄変動開始コマンドや図柄変動停止コマンド、RAMクリアコマンド、さらには特図保留増加コマンド等が格納される。図18(b)に示すステップS401では、RAM408に設けられたコマンド記憶領域の内容を確認し、未処理のコマンドが残っているか否かを判断する。そして、コマンド記憶領域に未処理のコマンドが残っている場合にはステップS402に進み、コマンド記憶領域に未処理のコマンドが残っていない場合には処理を終了して副制御部メイン処理に復帰する。

0216

ステップS402では、ステップS401においてその存在を肯定した未処理コマンドに応じた処理にジャンプする。以下に、未処理コマンドに応じた処理のいくつかについて詳述する。

0217

また、図18(c)に示す図柄停止処理のステップS601では、RAM408に用意された図柄記憶領域に記憶している停止図柄の組合せを構成する3つの装飾図柄を装飾図柄表示装置110の左、中、右図柄表示領域110a〜110cの3つの表示領域に表示するように設定して処理を終了する。

0218

また、上記ラウンド開始処理では未処理コマンドに含まれている上記大当り開始後の可変入賞口130の開放回数を示す情報を抽出し、RAM408の記憶領域に記憶する。

0219

<ストローブ割り込み処理>
次に、図18(d)を用いて、副制御部400のストローブ割り込み処理について説明する。なお、同図はストローブ割り込み処理の流れを示すフローチャートである。

0220

このストローブ割り込み処理は、副制御部400が、主制御部300が出力するストローブ信号を検出した場合に実行する処理である。すなわち、上述の如く、ストローブ信号は、副制御部400に送信されるコマンドにストローブ情報として含まれており、図6に示す主制御部タイマ割り込み処理のコマンド設定送信処理(ステップS217)において、主制御部300から副制御部400にコマンドが送信され、副制御部400が、送信されてきたコマンドにストローブ信号を検出した場合に、このストローブ割り込み処理が実行される。ストローブ割り込み処理のステップS701では、主制御部300が出力したコマンドを未処理コマンドとしてRAM408に設けた上記コマンド記憶領域に記憶する。

0221

<チャンスボタン割り込み処理>
次に、図18(e)を用いて、副制御部400のチャンスボタン割り込み処理について説明する。なお、同図はチャンスボタン割り込み処理の流れを示すフローチャートである。

0222

このチャンスボタン割り込み処理は、副制御部400がチャンスボタン検出回路364によってチャンスボタン146の操作を検出した場合に実行する処理である。

0223

チャンスボタン割り込み処理のステップS801では、RAM408の検知カウンタ記憶領域に記憶している、チャンスボタン146の押下回数を計測するための検知カウンタから値を取得し、取得した値に1を加算してから元の検知カウンタ記憶領域に記憶する。

0224

<変数更新割り込み処理>
次に、図18(f)を用いて、副制御部400のCPU404によって実行する変数更新割り込み処理について説明する。なお、同図は変数更新割り込み処理の流れを示すフローチャートである。

0225

副制御部400は、所定の周期(本実施形態では2msに1回)でタイマ割り込みを発生するハードウェアタイマを備えており、このタイマ割り込みを契機として、副制御部タイマ割り込み処理を所定の周期で実行する。

0226

変数更新割り込み処理のステップS901では、図18(a)に示す副制御部メイン処理におけるステップS304において説明したRAM408のタイマ変数記憶領域の値に、1を加算して元のタイマ変数記憶領域に記憶する。従って、ステップS304において、タイマ変数の値が10以上と判定されるのは20ms毎(2ms×10)となる。

0227

次に、図19を用いて特図保留増加処理について説明する。なお、同図は特図保留増加処理の流れを示すフローチャートである。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社三共の「 遊技機」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】健全な遊技性を実現するとともに遊技の興趣を向上させる遊技機を提供する。【解決手段】遊技状態が高確/高ベース状態である場合に、変動表示結果が「はずれ」となるときに、第1期間では、「非リーチはずれ... 詳細

  • 株式会社三共の「 遊技機」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】特別状態における興趣を向上させる遊技機を提供する。【解決手段】スーパーリーチを伴う変動パターンでは、リーチ状態が成立した後に味方キャラクタと敵キャラクタとがバトルを行うことにより大当りに当選し... 詳細

  • 株式会社三共の「 遊技機」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】設定値を示唆する演出の興趣を向上させる遊技機を提供する。【解決手段】遊技状態が高確/高ベース状態である場合に、変動表示結果が「はずれ」となるときに、第1期間におけるスーパーリーチをともなう変動... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ