図面 (/)

技術 腫瘍を処置するための組成物およびその製造方法

出願人 国立大学法人広島大学
発明者 藤田耕之輔野村雄二グエンチャングエンハニーエルシェミー
出願日 2008年8月8日 (11年2ヶ月経過) 出願番号 2008-206084
公開日 2010年2月25日 (9年7ヶ月経過) 公開番号 2010-043006
状態 特許登録済
技術分野 植物物質含有医薬 化合物または医薬の治療活性
主要キーワード 超音波照射機 遠心分離処理後 組織臓器 抽出効果 ブドウ由来 サンプル番号 消化管腫瘍 ヤナギ抽出物
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2010年2月25日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

腫瘍細胞に対する高い選択性を有しかつ副作用が小さい抗癌剤を実現する。

解決手段

極性溶媒を用いてヤナギから抽出された抽出物を含有する、腫瘍処置するための医薬組成物であって、ヤナギは、Kogome-Yanagi、Ezonokinu-Yanagi、Inukori-Yanagi、Tachi-Yanagi、Shidare-Yanagi、Neko-Yanagi、Shiro-Yanagi、Yoshino-Yanagi、Ootachi-Yanagi、またはOnoe-Yanagiである。

概要

背景

現在、腫瘍に対する治療法としては、1)腫瘍の外科的な摘出放射線により生物学的損傷を与える治療法、2)抗癌剤を用いた化学療法、3)抗腫瘍効果を発揮する物質などを発現するDNAを組み込んだベクターを用いる遺伝子治療、4)弱毒化および/または改変したウイルス接種し、選択的に腫瘍細胞傷害する方法、などが知られている。

腫瘍に対する実際の治療では、これらを組み合わせて行われることが一般的であり、例えば、外科的摘出後に抗癌剤を用いるケース放射線治療後に抗癌剤を用いるケースなどが挙げられる。

従来の化学合成によって開発された抗癌剤は、「抗腫瘍効果が高い場合には副作用が大きくなり、副作用が小さい場合には抗腫瘍効果が低くなる」というものが一般的である。つまり、化学合成された抗癌剤は、一般的に副作用が大きいという欠点を有している。このため、このような欠点を有さない、腫瘍に対する治療薬の開発が望まれている。

近年、高い抗癌作用を有しかつ深刻な副作用を引き起こさない物質として、植物由来天然成分が注目されている。例えば、ブドウ由来のResveratrolが、癌の発生、促進および進行をインビトロ阻害するとともに、さらにマウス乳房において、腫瘍発生前段階における病変の拡大に関与する細胞内でのプロセスを阻害することが報告されている(例えば、非特許文献1参照)。

ヤナギ(Salix属safsaf種)は、種々の作用(例えば、抗菌活性抗真菌活性抗ウイルス活性、および抗寄生虫活性)を有する生理活性物質を含んでいる。近年、ヤナギの葉から水で抽出して得られた抽出物が、インビトロで白血病細胞を殺傷するという報告がなされている(非特許文献2参照)。非特許文献2によれば、上記抽出物に含まれるサリシンが、白血病細胞を殺傷する効果の主成分である。

また、本願発明者らによっても、ヤナギの葉の抽出物が、固形腫瘍に対して抗腫瘍作用を示すことが明らかになっている(例えば、特許文献1および非特許文献3参照)。
特開2008−44905号公報(公開日:平成20年2月28日)
Science 275: 218−220 (1997)
Journal of Biochemistry and Molecular Biology 36 (4): 387−389 (2003)
P L o S O N E Issue1, e 178: 1−5 (2007)

概要

腫瘍細胞に対する高い選択性を有しかつ副作用が小さい抗癌剤を実現する。極性溶媒を用いてヤナギから抽出された抽出物を含有する、腫瘍を処置するための医薬組成物であって、ヤナギは、Kogome-Yanagi、Ezonokinu-Yanagi、Inukori-Yanagi、Tachi-Yanagi、Shidare-Yanagi、Neko-Yanagi、Shiro-Yanagi、Yoshino-Yanagi、Ootachi-Yanagi、またはOnoe-Yanagiである。なし

目的

本発明は、上記の問題点に鑑みてなされたものであり、その目的は、腫瘍に対して高い抗癌作用を有しかつ副作用が小さい抗癌剤を実現することにある。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

極性溶媒を用いてヤナギから抽出された抽出物を含有する、腫瘍処置するための医薬組成物であって、前記ヤナギは、Kogome-Yanagi、Ezonokinu-Yanagi、Inukori-Yanagi、Tachi-Yanagi、Shidare-Yanagi、Neko-Yanagi、Shiro-Yanagi、Yoshino-Yanagi、Ootachi-Yanagi、またはOnoe-Yanagiであることを特徴とする医薬組成物。

請求項2

前記抽出物は、前記ヤナギの若葉成熟葉、または根から抽出されたものであることを特徴とする請求項1に記載の医薬組成物。

請求項3

前記極性溶媒が水であることを特徴とする請求項1に記載の医薬組成物。

請求項4

前記腫瘍は、膀胱癌腎癌、皮膚扁平上皮癌頭頚部癌肺癌消化管腫瘍神経膠腫中皮腫、または白血病であることを特徴とする請求項1に記載の医薬組成物。

請求項5

経口投与形態であることを特徴とする請求項1に記載の医薬組成物。

請求項6

極性溶媒を用いてヤナギから抽出された抽出物を得る工程を包含する、腫瘍を処置するための医薬の製造方法であって、前記ヤナギは、Kogome-Yanagi、Ezonokinu-Yanagi、Inukori-Yanagi、Tachi-Yanagi、Shidare-Yanagi、Neko-Yanagi、Shiro-Yanagi、Yoshino-Yanagi、Ootachi-Yanagi、またはOnoe-Yanagiであることを特徴とする製造方法。

請求項7

前記抽出物は、前記ヤナギの若葉、成熟葉、茎または根から抽出されたものであることを特徴とする請求項6に記載の製造方法。

請求項8

前記極性溶媒が水であることを特徴とする請求項6に記載の製造方法。

請求項9

前記腫瘍は、膀胱癌、腎癌、皮膚扁平上皮癌、頭頚部癌、肺癌、消化管腫瘍、神経膠腫、中皮腫、または白血病であることを特徴とする請求項6に記載の製造方法。

請求項10

極性溶媒を用いてヤナギの根から抽出された抽出物を含有することを特徴とする腫瘍を処置するための医薬組成物。

技術分野

0001

本発明は、腫瘍処置するための組成物およびその製造方法に関するものであり、より詳細には、植物に含まれる物質を主成分とする抗癌剤およびその製造方法に関するものである。

背景技術

0002

現在、腫瘍に対する治療法としては、1)腫瘍の外科的な摘出放射線により生物学的損傷を与える治療法、2)抗癌剤を用いた化学療法、3)抗腫瘍効果を発揮する物質などを発現するDNAを組み込んだベクターを用いる遺伝子治療、4)弱毒化および/または改変したウイルス接種し、選択的に腫瘍細胞傷害する方法、などが知られている。

0003

腫瘍に対する実際の治療では、これらを組み合わせて行われることが一般的であり、例えば、外科的摘出後に抗癌剤を用いるケース放射線治療後に抗癌剤を用いるケースなどが挙げられる。

0004

従来の化学合成によって開発された抗癌剤は、「抗腫瘍効果が高い場合には副作用が大きくなり、副作用が小さい場合には抗腫瘍効果が低くなる」というものが一般的である。つまり、化学合成された抗癌剤は、一般的に副作用が大きいという欠点を有している。このため、このような欠点を有さない、腫瘍に対する治療薬の開発が望まれている。

0005

近年、高い抗癌作用を有しかつ深刻な副作用を引き起こさない物質として、植物由来天然成分が注目されている。例えば、ブドウ由来のResveratrolが、癌の発生、促進および進行をインビトロ阻害するとともに、さらにマウス乳房において、腫瘍発生前段階における病変の拡大に関与する細胞内でのプロセスを阻害することが報告されている(例えば、非特許文献1参照)。

0006

ヤナギ(Salix属safsaf種)は、種々の作用(例えば、抗菌活性抗真菌活性抗ウイルス活性、および抗寄生虫活性)を有する生理活性物質を含んでいる。近年、ヤナギの葉から水で抽出して得られた抽出物が、インビトロで白血病細胞を殺傷するという報告がなされている(非特許文献2参照)。非特許文献2によれば、上記抽出物に含まれるサリシンが、白血病細胞を殺傷する効果の主成分である。

0007

また、本願発明者らによっても、ヤナギの葉の抽出物が、固形腫瘍に対して抗腫瘍作用を示すことが明らかになっている(例えば、特許文献1および非特許文献3参照)。
特開2008−44905号公報(公開日:平成20年2月28日)
Science 275: 218−220 (1997)
Journal of Biochemistry and Molecular Biology 36 (4): 387−389 (2003)
P L o S O N E Issue1, e 178: 1−5 (2007)

発明が解決しようとする課題

0008

しかしながら、現在のところ、高い抗癌作用を有しかつ副作用が小さい抗癌剤開発が十分には進んでいない。

0009

本発明は、上記の問題点に鑑みてなされたものであり、その目的は、腫瘍に対して高い抗癌作用を有しかつ副作用が小さい抗癌剤を実現することにある。

課題を解決するための手段

0010

本発明の医薬組成物は、上記課題を解決するために、極性溶媒を用いてヤナギから抽出された抽出物を含有する、腫瘍を処置するための医薬組成物であって、前記ヤナギは、Kogome-Yanagi、Ezonokinu-Yanagi、Inukori-Yanagi、Tachi-Yanagi、Shidare-Yanagi、Neko-Yanagi、Shiro-Yanagi、Yoshino-Yanagi、Ootachi-Yanagi、またはOnoe-Yanagiであることを特徴としている。

0011

本発明の医薬組成物では、前記抽出物は、前記ヤナギの若葉成熟葉、または根から抽出されたものであることが好ましい。

0012

本発明の医薬組成物では、前記極性溶媒が水であることが好ましい。

0013

本発明の医薬組成物では、前記腫瘍は、膀胱癌腎癌、皮膚扁平上皮癌頭頚部癌肺癌消化管腫瘍神経膠腫中皮腫、または白血病であることが好ましい。

0014

本発明の医薬組成物は、経口投与形態であることが好ましい。

0015

本発明の医薬の製造方法は、上記課題を解決するために、極性溶媒を用いてヤナギから抽出された抽出物を得る工程を包含する、腫瘍を処置するための医薬の製造方法であって、前記ヤナギは、Kogome-Yanagi、Ezonokinu-Yanagi、Inukori-Yanagi、Tachi-Yanagi、Shidare-Yanagi、Neko-Yanagi、Shiro-Yanagi、Yoshino-Yanagi、Ootachi-Yanagi、またはOnoe-Yanagiであることを特徴としている。

0016

本発明の医薬の製造方法では、前記抽出物は、前記ヤナギの若葉、成熟葉、茎または根から抽出されたものであることが好ましい。

0017

本発明の医薬の製造方法では、前記極性溶媒が水であることが好ましい。

0018

本発明の医薬の製造方法では、前記腫瘍は、膀胱癌、腎癌、皮膚扁平上皮癌、頭頚部癌、肺癌、消化管腫瘍、神経膠腫、中皮腫、または白血病であることが好ましい。

0019

本発明の医薬組成物は、上記課題を解決するために、極性溶媒を用いてヤナギの根から抽出された抽出物を含有することを特徴としている。

発明の効果

0020

本発明を用いれば、副作用を生じさせることなく患者の腫瘍を処置することができる。また、本発明を用いれば、腫瘍に対して高い抗癌作用を有しかつ副作用が小さい医薬を提供することができる。

発明を実施するための最良の形態

0021

(1.医薬組成物、およびその製造方法)
本実施の形態の医薬組成物は、極性溶媒を用いてヤナギから抽出された抽出物を含有するものであって、腫瘍の処置に用いられるものである。なお、本明細書中で使用される場合、用語「ヤナギ抽出物」は「ヤナギから極性溶媒を用いて抽出された抽出物」であることが意図され、「極性溶媒を用いて抽出してヤナギから得られた抽出物」または「極性溶媒を用いてヤナギから抽出された抽出物」と交換可能に使用される。以下に、本実施の形態の医薬組成物およびその製造方法について説明する。

0022

本発明において使用されるヤナギとしては特に限定されず、適宜公知のヤナギを用いることが可能である。例えば、ヤナギとしてはSalicaceae科に属する植物でることが好ましく、Salix属に属する植物であることが更に好ましく、safsaf種に属する植物であることが最も好ましい。ヤナギは、野生種のものであってもよいが、人工的に培養されたものが使用されてもよい。

0023

更に具体的には、ヤナギとしては、Kogome-Yanagi(S. serissaefolia Kimura)、Ezonokinu-Yanagi(S. pet-susu Kimura)、Inukori-Yanagi(S. integra Thunb. ex Murray)、Tachi-Yanagi(S. subfragilis Anderss.)、Shidare-Yanagi(S. babylonica L. var. lavallei Dode)、Neko-Yanagi(S. gracilistyla Miquel)、Shiro-Yanagi(S. jessoensis Seemen)、Yoshino-Yanagi(S. yoshinoi Koidz)、Ootachi-Yanagi(S. pierotii Miquel)、または、Onoe-Yanagi(S. sachalinenss Fr. Schmidt)を用いることが好ましい。

0024

また、抽出物を抽出するためのヤナギの部位としては特に限定されない。例えば、上記ヤナギの部位としては、ヤナギの若葉、成熟葉、茎、または根を用いることが好ましい。なお、本明細書において「若葉」とは、生え出て面積を拡大中の葉を意図し、具体的には生え出てから5日までの葉を意図する。また、本明細書において「成熟葉」とは、上述した若葉よりも、生え出てから時間が経過している葉を意図し、具体的には、生え出てから5日以降の葉を意図する。

0025

後述する実施例にて明示しているが、用いるヤナギの部位によって、抗腫瘍作用を示す機構が異なると考えられる。例えば、「若葉」、「成熟葉」または「茎」を用いて医薬組成物を作製すれば、当該医薬組成物は、主としてアポトーシスに基づいて抗腫瘍作用を示すと考えられる。一方、「根」を用いて医薬組成物を作製すれば、当該医薬組成物は、主として癌細胞から正常細胞への再分化に基づいて抗腫瘍作用を示すと考えられる。したがって、生体への副作用を更に軽減するためには、ヤナギの部位としては「根」を用いることが好ましい。

0026

また、ヤナギは、窒素に富んだ条件下、または窒素が欠乏した条件下で生育させられることが好ましい。なお、ヤナギを窒素に富んだ条件下で生育させるか、または窒素が欠乏した条件下で生育させるかに関しては、医薬組成物の製造に用いるヤナギの種類およびヤナギの部位に応じて選択すればよい。例えば、Kogome-Yanagiの若葉を用いて医薬組成物を作製する場合には、窒素が欠乏した条件下でヤナギを生育させることが好ましい。また、Ezonokinu-Yanagiの若葉を用いて医薬組成物を作製する場合には、窒素に富んだ条件下でヤナギを生育させることが好ましい。上記構成によれば、主として癌細胞から正常細胞への再分化に基づいて抗腫瘍作用を示す医薬組成物を作製することができる。

0027

なお、窒素に富んだ条件とは特に限定されないが、例えば、好ましくは3mM以上、更に好ましくは5mM以上、最も好ましくは10mM以上の窒素濃度(例えば、硝酸としての窒素濃度)の水溶液を1個体あたり毎日0.5L以上潅水することによって、窒素に富んだ条件を実現することができる。一方、窒素が欠乏した条件とは特に限定されないが、例えば、0mMの窒素濃度(例えば、硝酸としての窒素濃度)の水溶液を個体に与えることによって、窒素が欠乏した条件を実現することができる。

0028

抽出に用いる極性溶媒としては特に限定されない。例えば、水、アルコール水溶液(例えば、メタノールエタノールプロパノールなど)、またはこれらの混合溶液を用いることが好ましい。目的とする物質を効果的に抽出するとともに、医薬組成物を簡便に作製するという観点からは、これらの極性溶媒の中では、水を用いることが更に好ましい。

0029

上記極性溶媒の温度は特に限定されないが、温度が高い方が好ましい。上記温度としては特に限定されないが、例えば、50℃〜100℃であることが好ましく、70℃〜100℃であることが更に好ましく、90℃〜100℃であることが最も好ましい。上記構成によれば、抗腫瘍効果を低下させることなく、目的とする物質の抽出効果を上昇させることができる。なお、上述した様々な事項を考慮すれば、極性溶媒としては、熱水(例えば、沸騰水など)を用いることが最も好ましい。

0030

ヤナギから抽出物を抽出するときの具体的な操作も特に限定されず、適宜公知の方法に基づいて行うことが可能である。例えば、超音波照射機攪拌機などを用いて抽出することが可能であるが、これらの方法に限定されない。例えば、上記溶媒として水を用いる場合には、ヤナギを沸騰水によって煮沸することによって、目的とする物質を抽出すればよい。なお、煮沸する時間としては特に限定されないが、例えば、10分間〜30分間であることが好ましく、15分間〜25分間であることが更に好ましく、20分間であることが最も好ましい。上記構成によれば、目的とする物質に無駄な熱をかけることなく、当該物質を効果的に抽出することができる。なお、当該抽出操作の間、抽出液に対して超音波処理を行ったり、当該抽出液を攪拌することが可能である。

0031

本実施の形態の医薬組成物は、腫瘍を処置するために用いられ得る。

0032

「腫瘍」とは新生物(neoplasm)としても知られ、新生物細胞(new growth)を含む。また「新生物細胞」は増殖性疾患の原因となる細胞としても知られており、異常に高速に増殖する細胞が意図される。新生物は異常な組織成長物であり、概して個別の細胞集団を形成し、それらは正常な組織成長物よりもよりも急速な細胞増殖によって成長する。新生物、は部分的または全体的に、正常組織との構造的組織化欠陥、および/または機能的協調の欠陥を呈する。

0033

腫瘍は、良性良性腫瘍)または悪性悪性腫瘍または癌)に分類され得る。悪性腫瘍は、大きく3つの主要タイプに分類され得る。上皮構造から発生した悪性腫瘍は、癌腫と呼ばれる。筋肉軟骨組織脂肪、または骨のような結合組織由来の悪性腫瘍は肉腫と呼ばれ、免疫系成分を含む造血構造(血液細胞形成に関連する構造)に影響を及ぼす悪性腫瘍は白血病またはリンパ腫と呼ばれる。他の新生物としては、神経線維腫を挙げることが可能である。

0034

癌(腫瘍)には、白血病のように造血組織またはリンパ組織であっても、悪性化したあとは常時血液中を移動しながら増殖して、全身の造血組織およびその他の臓器に広がるものが存在する。また、癌(腫瘍)には、白血病以外の多くの腫瘍のように、特定の組織臓器腫瘍塊として存在しているものも存在する。

0035

本実施の形態の医薬組成物が適用され得る腫瘍としては特に限定されないが、例えば、膀胱癌、腎癌、皮膚扁平上皮癌、頭頚部癌(例えば、扁平上皮細胞頭頚部癌)、肺癌(例えば、非小細胞肺癌(NSCLC))、消化管腫瘍(例えば、食道腫瘍、胃癌小腸腫瘍、および大腸腫瘍(例えば、結腸および縁部のポリープならびに肛門直腸癌))、神経膠腫、中皮腫、および白血病などに用いられることがこのましい。なお、これら腫瘍の中では、本実施の形態の医薬組成物は、白血病に用いられることが、更に好ましい。

0036

なお、本明細書において「腫瘍を処置する」とは、腫瘍の成長(増殖)を抑制または阻止することが意図される。つまり、腫瘍を処理することにより、処理されていない同一の腫瘍と比較して、腫瘍が低重量化または小型化することが意図される。

0037

本実施の形態の医薬組成物は、ヤナギ抽出物以外に薬学的に受容可能な担体を含んでもよい。医薬組成物中に使用される薬学的に受容可能な担体は、医薬組成物の投与形態および剤型に応じて選択され得る。

0038

本明細書中で使用される場合、薬学的に受容可能な担体としては、製剤素材として使用可能な各種有機または無機担体物質が用いられ、当該担体物質は、固形製剤における賦形剤滑沢剤結合剤、または崩壊剤、あるいは、液状製剤における溶剤溶解補助剤懸濁剤等張化剤緩衝剤、または無痛化剤などとして医薬組成物中に配合され得る。

0039

上記賦形剤としては特に限定しないが、例えば、乳糖白糖、D-マンニトールキシリトールソルビトールエリスリトールデンプン結晶セルロースなどを用い得る。

0040

上記滑沢剤としては特に限定しないが、例えば、ステアリン酸マグネシウムステアリン酸カルシウムタルクコロイドシリカなどを用い得る。

0041

上記結合剤としては特に限定しないが、例えば、α化デンプン、メチルセルロース、結晶セルロース、白糖、D-マンニトール、トレハロースデキストリンヒドロキシプロピルセルロースヒドロキシプロピルメチルセルロースポリビニルピロリドンなどを用い得る。

0043

上記溶剤としては特に限定しないが、例えば、注射用水アルコールプロピレングリコールマクロゴールゴマ油トウモロコシ油トリカプリリンなどを用い得る。

0044

上記溶解補助剤としては特に限定しないが、例えば、ポリエチレングリコール、プロピレングリコール、D-マンニトール、トレハロース、安息香酸ベンジル、エタノール、トリスアミノメタンコレステロールトリエタノールアミン炭酸ナトリウムクエン酸ナトリウムなどを用い得る。

0046

等張化剤としては特に限定しないが、例えば、塩化ナトリウムグリセリン、D-マンニトールなどを用い得る。

0047

緩衝剤としては特に限定しないが、例えば、リン酸塩酢酸塩炭酸塩クエン酸塩などの緩衝液などを用い得る。

0048

無痛化剤としては特に限定しないが、例えば、ベンジルアルコールなどを用い得る。

0049

防腐剤としては特に限定しないが、例えば、パラオキシ安息香酸エステル類クロロブタノール、ベンジルアルコール、フェネチルアルコールデヒドロ酢酸ソルビン酸などを用い得る。

0050

抗酸化剤としては特に限定しないが、例えば、亜硫酸塩アスコルビン酸などを用い得る。

0051

本実施の形態の医薬組成物は、製薬分野における公知の方法によって製造され得る。

0052

本実施の形態の医薬組成物におけるヤナギ抽出物の含有量は、投与形態、投与方法などを考慮して設定され得る。例えば、当該医薬組成物を用いたときに後述の投与量範囲でヤナギ抽出物を投与し得るような量であれば特に限定されない。

0053

本実施の形態の医薬組成物の形態は、血中にて高濃度をもたらし得る形態、すなわち、静脈内、筋肉内、腹腔内、胸骨内、皮下、または関節内の注射に適切な形態(換言すれば、注入可能な形態)であることが好ましいがこれらに限定されない。

0054

例えば、錠剤カプセル剤ソフトカプセルマイクロカプセルを含むが、徐放性であることが好ましい)、散剤顆粒剤シロップ剤などの経口剤、あるいは、注射剤坐剤ペレット点滴剤などの非経口剤であり得る。本実施の形態の医薬組成物は、毒性が低いので経口的または非経口的に投与され得る。本明細書中において「非経口」とは、静脈内、筋肉内、腹腔内、胸骨内、皮下、および関節内の注射および注入を含む投与の様式をいう。

0055

本実施の形態の医薬組成物が経口剤の形態をとる場合には、例えば、デンプン、乳糖、白糖、マンニット、カルボキシメチルセルロース、コーンスターチ無機塩などが医薬用担体として利用され得る。また経口剤を調製する際に、更に結合剤、崩壊剤、界面活性剤、潤滑剤、流動性促進剤、矯味剤着色剤香料などを配合してもよい。

0056

本実施の形態の医薬組成物が非経口剤の形態をとる場合には、当該分野において公知の方法に従って、希釈剤としての注射用蒸留水生理食塩水ブドウ糖水溶液注射用植物油、ゴマ油、ラッカセイ油ダイズ油、トウモロコシ油、プロピレングリコール、ポリエチレングリコールなどに、本発明の有効成分を溶解ないし懸濁させ、所望により殺菌剤、安定剤、等張化剤、無痛化剤などを加えることにより、本実施の形態の医薬組成物を調製することができる。

0057

本実施の形態の医薬組成物は、製剤形態に応じた適切な投与経路で投与され得る。投与方法も特に限定されず、内用外用、または注射によって投与することができる。本実施の形態の医薬組成物が注射剤としての形態を備えていれば、例えば静脈内、筋肉内、皮下、皮内などに投与し易い。よって、本実施の形態の医薬組成物は、流体であっても固体であってもよく、エアロゾルの形態であってもよい。

0058

本実施の形態の医薬組成物の投与量は、その形態、投与方法、使用目的および当該医薬の投与対象である患者の年齢、体重、症状によって適宜設定され得る。一般的には、製剤中に含有される有効成分の投与量としては、好ましくは成人日当り0.1〜2000mg/kgである。もちろん投与量は、種々の条件によって変動可能であって、上記投与量よりも少ない量で十分な場合もあるし、あるいは上記投与量よりも多い量が必要な場合もある。

0059

投与は、所望の投与量範囲内において、1日内において単回で行ってもよいし、または数回に分けて行ってもよい。また、本実施の形態の医薬組成物は、そのまま経口投与するほか、任意の飲食品に添加して日常的に摂取させることも可能である。

0060

本実施の形態の医薬組成物に使用され得る薬学的に受容可能な賦形剤は、一般に、組成物の重量の5%〜99.9%、好ましくは25%〜80%を構成し、そして、他の補助剤の不存在においては、組成物の残余部分を構成し得る。好ましくは、賦形剤の重量の少なくとも80重量%が水である。好ましくは、水が、医薬組成物の少なくとも50重量%、最も好ましくは60〜80重量%を構成する。

0061

(2.食用組成物
本発明は、ヤナギ抽出物を含有、添加および/または希釈してなる食用組成物(すなわち、食品、飲料または飼料)を提供する。本発明の食用組成物は、ヤナギ抽出物の有する生理作用に起因して極めて有用である。

0062

本発明において、「含有」とは、食用組成物(すなわち、食品、飲料、または飼料)中にヤナギ抽出物が含まれるという態様を、「添加」とは、食用組成物の原料に、ヤナギ抽出物を添加するという態様を、「希釈」とはヤナギ抽出物を、食用組成物の原料で希釈するという態様をいう。

0063

本実施の形態の食用組成物の製造方法は特に限定されるものではなく、調理、加工および一般に用いられている食品または飲料の製造法による製造を挙げることができ、製造された食品または飲料にヤナギ抽出物が含有、添加および/または希釈されていればよい。

0064

本実施の形態の食用組成物としては特に限定はないが、菓子類(例えば、チューインガムキャンディーゼリービスケットチョコレート米菓)、乳製品(例えば、ヨーグルト)、健康食品(例えば、カプセルタブレット粉末)、飲料(例えば、清涼飲料乳飲料野菜果汁飲料)、ドリンク剤などが挙げられるがこれらに限定されない。菓子類は、携行便性の観点から好ましく、乳製品は、菓子類と比較すると1回当たりの摂取量が多く、毎日摂取しやすいという観点からより好ましい。

0065

本実施の形態の食用組成物(食品、飲料または飼料)としては、ヤナギ抽出物が含有、添加および/または希釈されており、その生理作用を発現させるための有効量が含有されていれば特にその形状に限定はなく、タブレット状顆粒状、カプセル状などの経口的に摂取可能な形状物も包含する。

0066

本発明は、以下の実施例によってさらに詳細に説明されるが、これに限定されない。

0067

〔実施例1:ヤナギ抽出物の抗腫瘍作用〕
表1に示す10種類のヤナギの若葉を実験に供した。

0068

0069

ヤナギの若葉10gを、それぞれ100mlの蒸留水浸潤し、20分間煮沸して成分を抽出した。このようにして得た抽出液を滅菌したフィルター(Miracloth)に通した後、濾液に対して15000rpmにて15分間の遠心分離処理を行った。遠心分離処理後上清を、ヤナギ抽出物とした。

0070

次いで、上記ヤナギ抽出物の抗腫瘍効果を検討する対象である細胞について説明する。

0071

カイロ大学国立がん研究所(National Cancer Institute, Cairo University)に承認された白血病患者(18〜65)から分離した細胞を用いて、上記ヤナギ抽出物の抗腫瘍効果を検討した。

0072

更に具体的には、上記白血病患者の血液を、Ficoll hypaque density gradient (Pharmacia, Uppsala, Sweden)に従って行う単核細胞分離に供した。次いで、当該分離操作によって得られた細胞をPBSで3回洗浄し、細胞数を105細胞/0.1mlに調整した(成熟細胞および未成熟細胞の両方を含む)。

0073

培養培地を、1.2g/lの炭酸ナトリウムとL−グルタミン(Gibco, Grand island, USA)、10%非働化ウシ胎仔血清(Gibco)、ペニシリンストレプトマイシンを添加したmodified Earles−saltを用いて調製した。次いで、この培養培地を0.22μm孔のフィルターに通して濾過し、その1mlを1.8mlのスクリューキャップ式滅菌済プラスティックチューブに移した。

0074

次いで、105個の細胞が含まれている細胞懸濁液0.1mlをチューブに加えた。これらのチューブに対して、ヤナギ抽出物0.1mlを加えた。また、陰性コントロールとしては、ヤナギ抽出物の代わりに培養培地を用いた。

0075

これらのチューブを、5%CO2存在下にて37℃で2日間培養した。2日間の培養の後、trypan Blue exclusion test (Bennett et al., 1976)によって、細胞の生存率生存細胞数について試験した。なお、各サンプルにつき200個の細胞を計数し、生存細胞(Alive)および死細胞(Death)の割合を計算した。

0076

その結果を図1に示す。図1から明らかなように、サンプル番号1〜10の何れのヤナギにおいても、陰性コントロール(C)と比較して、有意に死細胞の割合が増加していた。当該死細胞の増加は、アポトーシスによるものであると考えられる。なお、図1中、「Pre」とは、陰性コントロールとして培養培地を細胞に加えた直後、つまり、2日間の培養を行っていない状態での生存細胞(Alive)および死細胞(Death)の割合を示す。

0077

また図2に、上述した2日間の培養の後の、単位培養培地中に含まれる生存細胞数、死細胞数および全細胞数を示す。図2から明らかなように、陰性コントロール(C)では、細胞の増殖能によって全細胞数(特に生存細胞数)が増加していた。当該増加は癌細胞の特徴である異常な細胞増殖活性によるものであると考えられる。

0078

一方、サンプル番号1〜10の何れのヤナギにおいても、陰性コントロール(C)と比較して全細胞数(特に生存細胞数)の増加は認められなかった。例えば、サンプル番号10などにおいては、図1において生存細胞の割合が高いにもかかわらず、図2に示すように全細胞の増加は認められなかった。なお、サンプル番号10以外の他のサンプルについても同様であった。このことは、サンプル番号1〜10の何れのヤナギの抽出物も、癌細胞をアポトーシスに導くのみならず、細胞の増殖活性を低下させる効果を有することを示している。つまり、これらのヤナギ抽出物は、癌細胞を正常細胞へと再分化させて、それによって細胞の増殖活性を低下させる効果を有するものと考えられる。

0079

つまり、ヤナギ抽出物はアポトーシスに基づく抗腫瘍作用と、再分化に基づく抗腫瘍作用との2種類の抗腫瘍作用を有すると考えられた。

0080

〔実施例2:ヤナギの各部位が有する抗腫瘍作用〕
ヤナギ(Kogome-Yanagi、またはEzonokinu-Yanagi)を窒素に富んだ条件下、または窒素が欠乏した条件下にて生育させ、当該ヤナギの各部位が有する抗腫瘍作用について検討した。なお、窒素に富んだ条件は、5mMの窒素濃度(硝酸としての窒素濃度)の水溶液を、1個体のヤナギに対して毎日0.5L潅水することによって実現した。一方、窒素が欠乏した条件は、0mMの窒素濃度(例えば、硝酸としての窒素濃度)の水溶液を、1個体のヤナギ対して毎日0.5L潅水することによって実現した。また、上記ヤナギの各部位としては、若葉(GP)、成熟葉(Leaves)、茎(Stem)、根(Roots)を用いた。

0081

具体的には、各部位10gを、それぞれ100mlの蒸留水に浸潤し、20分間煮沸して成分を抽出した。このようにして得た抽出液を滅菌したフィルター(Miracloth)に通した後、濾液に対して15000rpmにて15分間の遠心分離処理を行った。遠心分離処理後の上清を、ヤナギ抽出物とした。

0082

上記ヤナギ抽出物を細胞に与えて各抽出物の抗腫瘍作用を検討したが、その具体的な方法は実施例1に記載したので、ここではその詳細な説明を省略し、実験結果のみを以下に説明する。

0083

図3は、各ヤナギ抽出物を加えた場合の生存細胞の割合を示すグラフである。なお、図3において「No.1」は、窒素に富んだ条件下で生育したKogome-Yanagiのデータを示し、「No.2」は、窒素に富んだ条件下で生育したEzonokinu-Yanagiのデータを示し、「No.3」は、窒素が欠乏した条件下で生育したKogome-Yanagiのデータを示し、「No.4」は、窒素が欠乏した条件下で生育したEzonokinu-Yanagiのデータを示している。

0084

図3に示すように、ヤナギの各部位の中でも、特に「根」において生存細胞の割合が高いことが明らかになった。つまり、ヤナギの各部位の中でも「根」は他の部位と比較して、癌細胞を正常細胞へと再分化させて、それによって細胞の増殖活性を低下させる効果が高いと考えられた。

0085

また、図4は、各ヤナギ抽出物を加えた場合の死細胞の割合を示すグラフである。なお、図4において「No.1」は、窒素に富んだ条件下で生育したKogome-Yanagiのデータを示し、「No.2」は、窒素に富んだ条件下で生育したEzonokinu-Yanagiのデータを示し、「No.3」は、窒素が欠乏した条件下で生育したKogome-Yanagiのデータを示し、「No.4」は、窒素が欠乏した条件下で生育したEzonokinu-Yanagiのデータを示している。

0086

図4に示すように、ヤナギの各部位の中でも、特に「若葉」、「成熟葉」および「茎」において死細胞の割合が高かった。つまり、ヤナギの各部位の中でも「若葉」、「成熟葉」および「茎」は、「根」と比較して、癌細胞をアポトーシスに導く効果が高いと考えられた。

0087

また、図4からも、「根」が有する抗腫瘍作用は、アポトーシスに基づく抗腫瘍作用よりは、むしろ再分化に基づく抗腫瘍作用に起因することが明らかになった。

0088

また、図5は、2日間の培養の後の、単位培養培地中に含まれる生存細胞数を示すグラフである。なお、図5において「No.1」は、窒素に富んだ条件下で生育したKogome-Yanagiのデータを示し、「No.2」は、窒素に富んだ条件下で生育したEzonokinu-Yanagiのデータを示し、「No.3」は、窒素が欠乏した条件下で生育したKogome-Yanagiのデータを示し、「No.4」は、窒素が欠乏した条件下で生育したEzonokinu-Yanagiのデータを示している。

0089

図5に示すように、ヤナギの各部位の中では、「根」において生存細胞数が高かった。つまり、ヤナギの各部位の中でも「根」は、アポトーシスに基づく抗腫瘍作用よりはむしろ、癌細胞を正常細胞へと再分化させることによる抗腫瘍作用の方が高いと考えられた。

0090

なお本発明は、以上説示した各構成に限定されるものではなく、特許請求の範囲に示した範囲で種々の変更が可能であり、異なる実施形態や実施例にそれぞれ開示された技術的手段を適宜組み合わせて得られる実施形態や実施例についても本発明の技術的範囲に含まれる。

0091

本発明を用いれば、腫瘍に対して高い抗癌作用を有しかつ副作用が小さい医薬を提供することができるので、医薬分野の発展に大いに寄与することができる。また、本発明を用いれば、副作用を生じさせることなく患者の腫瘍を処置することができるので、医学の発展に大いに寄与する。

図面の簡単な説明

0092

10種類のヤナギの若葉が有する抗腫瘍作用を示すグラフである。
10種類のヤナギの若葉が有する抗腫瘍作用を示すグラフである。
ヤナギ抽出物を加えた場合の生存細胞の割合を示すグラフである。
ヤナギ抽出物を加えた場合の死細胞の割合を示すグラフである。
ヤナギ抽出物を加えた場合の単位培養培地中に含まれる生存細胞数を示すグラフである。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ